アンテナ・まとめ RSS

久保建英、ラウール・レアルB監督が今冬「再獲得」を熱望か?レアルBが3部で低迷 立ちはだかる2つの壁とは(関連まとめ)

レアルBラウール監督、久保の“再獲得”を会長に要望と報道 立ちはだかる“二つの壁”とは?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191227-00237113-soccermzw-socc
久保とラウール.jpg

地元メディアが報道 カスティージャの低迷受けペレス会長に「今冬取り戻すように進言」
 日本代表MF久保建英は、今夏FC東京からスペイン1部の強豪レアル・マドリードへ完全移籍し、トップチームでプレシーズンを過ごした後、マジョルカへ期限付き移籍をした。マジョルカでは現在、7試合連続で先発出場しており、15試合1得点。着実に成長を遂げる18歳に対して、レアルのBチームにあたるカスティージャ(3部相当)を率いるラウール・ゴンザレス監督が久保の“再獲得”を熱望したという。レアルの専門メディア「ディフェンサ・セントラル」が報じた。

 今夏、スペインの地へ渡った久保は、当初カスティージャでプレーするとされていたが、プレシーズンを過ごすトップチームの北米遠征とアウディカップに同行。5試合中4試合に途中出場し、存在感を発揮した。その後、トップチームのオーストリア遠征からは外れてカスティージャに合流し、ラウール監督の下でデビューを飾ったが、マジョルカへの1年間の期限付き移籍が発表された。

 そんななか、久保やトップチームで活躍する18歳のブラジル代表FWロドリゴが不在のカスティージャが低迷している。スペイン3部グループ1で17試合を終えた時点での勝ち点は22で12位。降格プレーオフ圏内までわずか3ポイント差となっており、昇格という目標からはかなり遠ざかっている。

 同メディアが伝えるには、シーズン当初は戦力となるはずだった2人の“才能”を失ったラウール監督は、フロレンティーノ・ペレス会長に「今冬での下部組織チームの豪華な“補強”として取り戻すように進言した」という。しかし、現時点でマジョルカからの“再獲得”は難しく、その理由は2点あるようだ。

「久保は1部リーグでより良くなっている(7試合連続先発出場)。さらに、1月に取り戻すのはペナルティー(罰金)を払うことになるため現状でマドリードの計算には入っていない」

 ラウール監督の熱望も虚しく、半年でのレアル復帰は厳しい模様。マジョルカでは欠かせない存在として存在感を高めているだけに、今後も久保の動向からは目が離せない。

【サッカー】<レアル・マドリードBラウール監督>久保建英の“再獲得”を会長に要望と報道!立ちはだかる“二つの壁”とは?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577449839/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:07 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜FM、また補強!徳島MF杉本竜士の獲得を発表「伝統的なクラブでプレー出来ることを楽しみにしています」(関連まとめ)

横浜FM、徳島MF杉本竜士を完全移籍で獲得「伝統的なクラブで…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00010030-goal-socc
杉本竜士2019徳島.jpg

横浜F・マリノスは27日、MF杉本竜士(26)が徳島ヴォルティスから完全移籍で加入することを発表した。

東京ヴェルディの育成出身の杉本は、2010シーズンに同クラブでトップチームデビュー。その後、FC町田ゼルビアへの期限付き移籍を経て2017年に名古屋グランパスに完全移籍していた。徳島には2018年から加わり、今シーズンは明治安田生命J2リーグ33試合4ゴールに出場している。

杉本は、クラブ公式サイトを通じて「横浜F・マリノスのような伝統的なクラブでプレー出来ることを楽しみにしています。チームの勝利のために精一杯頑張ります。よろしくお願いします」とJ1リーグ王者に加入する喜びを伝えた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12622
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1577421584/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:06 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エバートン、アンチェロッティ新監督初陣は1-0勝利!キャルバート決勝ヘッド弾でバーンリー下す(関連まとめ)

キャルバート弾で逃げ切ったエバートンがアンチェロッティ新監督の初陣を白星で飾る!《プレミアリーグ》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00366965-usoccer-socc
DCL2019第19節ゴール.jpg

プレミアリーグ第19節のエバートンvsバーンリーが26日に行われ、1-0でエバートンが勝利した。

5日にマルコ・シウバ前監督(42)を解任した15位のエバートン(勝ち点19)が、10位バーンリー(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。

21日に就任が発表されたカルロ・アンチェロッティ新監督の初陣となるエバートンは、前節のアーセナル戦から先発メンバーを2人変更。2トップにリシャルリソンとキャルバート=ルーウィンを起用した[3-4-1-2]を採用し、トップ下にはベルナールを配置した。

そのエバートンは、開始6分にセットプレーから決定機を迎える。中盤からのFKでシグルドソンがクロスを供給すると、ボックス左のミナがヘディングシュート。これをゴール前で拾ったホルゲイトがシュート狙ったが、GKポープのファインセーブに阻まれた。

その後もボールを保持するエバートンだが、集中した守りを見せるバーンリー守備陣をを崩すには至らず、なかなか決定機まで持ち込めない。それでもエバートンは32分、ドリブルで中央を持ち上がったベルナールのラストパスをボックス右で受けたシディベがシュート。GKポープが右足で弾いたボールが相手DFに当たったが、ボールはゴール右に外れた。

後半に入っても主導権を握りながらも決め切れない流れが続くエバートンは、78分にベルナールを下げてケアンを投入。すると80分、シディベの右クロスをニアに走り込んだキャルバート=ルーウィンがダイビングヘッドで合わせると、左ポストに当たったボールがゴールに吸い込まれた。

先制したエバートンは、86分にリシャルリソンを下げてトム・デイビス、90分にシディベを下げてウォルコットを投入。危なげなく逃げ切りに成功したエバートンが、アンチェロッティ新監督の初陣を白星で飾った。

アンチェロッティ2019第19節ゴール.jpg

【中下位専用】ENGLAND Premier League 27
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1575130185/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:03 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏、G大阪FW呉屋大翔と鳥栖DF三丸拡の獲得を発表!呉屋のレンタル先の長崎は町田FW富樫敬真を完全移籍で獲得(関連まとめ)

柏レイソル、FW呉屋大翔とDF三丸拡を獲得。来季のJ1へ向け積極補強!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191227-00355446-footballc-socc
呉屋2019長崎.jpg

 J1に昇格した柏レイソルが27日、ガンバ大阪からFW呉屋大翔、サガン鳥栖からDF三丸拡を完全移籍で獲得したことを発表した。クラブの公式サイトで発表されている。

 呉屋は流経大柏高校から関西学院大学に進学。2016年にガンバ大阪に加入した。2018年には徳島ヴォルティス、今季はV・ファーレン長崎に期限付き移籍をしていた。

 三丸は真岡高校から筑波大学に進学。2016年にサガン鳥栖へ加入となった。リオデジャネイロ五輪のU-23日本代表メンバーからは外れたが、直前のトゥーロン国際大会に臨むU-23日本代表メンバーには選出されていた。

 DF大南拓磨、DF高橋祐治、MF神谷優太などを獲得し、積極補強を行っている柏レイソル。史上初となるJ1とJ2の両ディビジョンで優勝を果たした2011年以来のJ1制覇に期待がかかる。

長崎がFW富樫敬真を完全移籍で獲得! 1年で町田に別れ「温かいホーム感が好きでした」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-43476039-gekisaka-socc

 V・ファーレン長崎は27日、FC町田ゼルビアからFW富樫敬真を完全移籍で獲得したことを発表した。

 横浜F・マリノスでプロ生活をスタートした富樫は今季、町田に完全移籍で加入。19シーズンはJ2リーグ30試合出場5得点だった。長崎を通じて、「来年こそJ1に戻るよう、僕はFWとして仕事をすることと、長崎の子どもたちに夢を与えれるよう、ベストを尽くしていきたいです」と意気込んだ。町田を通じて、以下のコメントを発表している。

「チーム、個人として、どんな状況でも、いつも変わらずポジティブな応援をしてくださってありがとうございました。FC町田ゼルビアの温かいホーム感が好きでした。チームの力になりきれないまま、移籍する事は悔やまれますが、自分のベストなプレーや姿を皆さんにお見せできるよう頑張ってきます。短い1年間でしたが、本当にたくさんのサポート、ありがとうございました」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12622
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1577421584/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、18歳グリーンウッドが絶妙ミドルで今季8得点目!マルシャル2発・ラッシュフォードのヘッド弾でニューカッスルに4-1逆転勝利(関連まとめ)

18歳グリーンウッドが今季8ゴール目! マルシャル2発&ラッシュフォード弾のマンチェスター・Uが4発快勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00010003-goal-socc
マルシャルラッシュグリーンウッド2019第19節.jpg


マンチェスター・ユナイテッドは26日、プレミアリーグ第19節でニューカッスル・ユナイテッドをホームに迎えた。

勝ち点25で8位に甘んじているユナイテッドと、同勝ち点で9位のニューカッスルが相まみえた。先にチャンスをつくったのはアウェーチーム。15分、中盤でのボール奪取からボックス左に抜け出したゲイルがフリーでシュートを放つ。しかし、このシュートはバーの上にはずれ、GKデ・ヘアとの一対一を制することができない。

それでも、ニューカッスルは直後のチャンスをモノにする。17分、再び中盤でボールを奪って縦に速く仕掛けると、ボックス内でキープしたジョエリントンのポストプレーから正面のマシュー・ロングスタッフがシュート。これが決まり、ニューカッスルが先手を取った。

しかし、ユナイテッドもすぐさま反撃すると、24分に追いつく。ボックス左で仕掛けたラッシュフォードの折り返しを正面のペレイラが落とす。最後はマルシャルが狙いすましたシュートでニアサイドを破り、ユナイテッドが試合を振り出しに戻した。

これで勢いを得たユナイテッドは、36分に相手のミスから追加点。高い位置でミスパスを拾ったグリーンウッドがペナルティアーク右手前で左足を振る。相手DFにディフレクトしたシュートがバーの下を叩いてネットを揺らし、18歳の今季公式戦8ゴール目でユナイテッドが逆転した。

さらにユナイテッドは41分、右サイドで縦突破を仕掛けたワン=ビサカのクロスに正面のラッシュフォードがヘッド。これが決まり、ユナイテッドが3-1として前半を終えた。

ハーフタイム明け、スールシャール監督は前半に足を痛めていたマクトミネイを下げてポグバを投入。すると、51分に試合を楽にする4点目を挙げる。シェアーのバックパスが短くなると、最終ライン裏でボールを拾ったマルシャルがGKと一対一に。これを冷静に制したマルシャルのこの日2ゴール目でユナイテッドがリードを3点に広げる。

マルシャルはさらに63分、鋭いミドルシュートを放つも右ポストに嫌われてハットトリックとはならず。その後、ユナイテッドは過密日程を意識し、無理せず試合をコントロール。開幕節チェルシー戦以来のリーグ戦4得点で勝ち点3を上乗せした。

■試合結果
マンチェスター・ユナイテッド 4-1 ニューカッスル・ユナイテッド

■得点者
ユナイテッド:マルシャル(24分、51分)、グリーンウッド(36分)、ラッシュフォード(41分)
ニューカッスル:M・ロングスタッフ(17分)

† Red Devils Manchester United 1416 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1577377893/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京、鹿島レアンドロ獲得濃厚!磐田MFアダイウトンの獲得発表(関連まとめ)

東京が鹿島からレアンドロ獲得濃厚 攻撃活性化へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-12260747-nksports-socc
レアンドロ鹿島.jpg

FC東京が、鹿島アントラーズの元ブラジル代表MFレアンドロ(26)を獲得することが26日、濃厚となった。

今季リーグ22試合出場で3得点。右サイドを主戦場に、個での打開力が特長。アタッカーとしての迫力ある仕掛けにとどまらず、労を惜しまずに守備にも走る。攻守に運動量が求められる長谷川監督のスタイルにマッチする。

チームの今季リーグ2位ながら46得点(7位)と、攻撃力に課題を残した。開幕当初、右サイドはMF久保建が攻撃を活性化させていたが、6月にRマドリードに移籍。その後はMF大森らがこなしていた。アジア・チャンピオンズリーグを戦う可能性もある来季に向け、前線の層をさらに厚くすることが強化のポイントとなっていた。Jリーグを熟知し、18年にはACL優勝も経験したレアンドロには即戦力としての期待がかかる。また磐田FWアダイウトン(29)の獲得も決定的となった。

磐田アダイウトンが東京移籍「皆さんの応援に感謝」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-12270441-nksports-socc

来季J2降格のジュビロ磐田は27日、MFアダイウトン(29=ブラジル)がFC東京に完全移籍することを発表した。

アダイウトンは2015年にJ2磐田に加入し、17得点を挙げて翌年のJ1復帰に貢献。磐田に5年間所属し、J1通算103試合出場で22得点を稼いだ。

「皆さんの応援やサポートに感謝しています。磐田が再びJ1に復帰することを願い、応援しています」などとコメントした。

※アダイウトン選手の移籍が決まったので編集し直しました

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12619
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1577366448/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イブラヒモビッチ、ミラン復帰で合意!伊複数メディアが報道(関連まとめ)

【サッカー】イブラヒモビッチが古巣ACミラン復帰に合意か 伊メディア報道
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577408666/
イブラミラン時代.jpg
1: ばーど ★ 2019/12/27(金) 10:04:26.52 ID:mqtolUYT9.net

【AFP=時事】イタリアの複数メディアは26日、サッカー元スウェーデン代表のスター選手ズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimovic)が、イタリア・セリエAのACミラン(AC Milan)と6か月間の契約に合意したと報じた。

 伊紙ガゼッタ・デロ・スポルト(Gazzetta dello Sport)や同国スカイ・スポーツ(Sky Sport Italia)によると、イブラヒモビッチは欧州の元強豪クラブであるミランからのオファーを受け入れ、古巣復帰に向けて2日以内に6か月総額300万ユーロ(約3億6000万円)の契約にサインするとみられている。契約内容には、得点数や出場試合数などに応じた、来季の契約更改オプションも含まれているという。

 米メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー(Los Angeles Galaxy)でプレーしていた38歳のイブラヒモビッチは先月、同クラブがプレーオフで敗退したことを受けて退団を発表。ステファノ・ピオリ(Stefano Pioli)監督が率いるミランには、早ければミラネッロ(Milanello、ミランのトレーニング施設)で練習が再開される30日にも合流する見通しとなっている。

 ミランは、21日のアタランタ(Atalanta)戦で21年ぶりの大敗となる0-5での黒星を喫するなどリーグ11位に沈んでおり、現在はチームの立て直しを図っている。ウインターブレーク後の最初の試合は1月6日に行われるサンプドリア(Sampdoria)戦となっており、イブラヒモビッチにはチーム内にそのリーダーシップと勝利への士気をもたらすことが期待されている。

 ミランの元名MFで現在はクラブ幹部を務めるズボニミール・ボバン(Zvonimir Boban)氏は、アタランタ戦でのチームのプレーを「恥ずべきパフォーマンス」と糾弾し、「目を覚まして対処しなければならない。良いクリスマスは迎えられない」と述べた。

 イブラヒモビッチは2010年から2012年にかけ、ミランで2シーズンにわたりプレー。リーグ戦では61試合に出場して42得点を挙げており、クラブにとって最後となっているセリエA優勝にも貢献した。また、インテルで3度、ユベントスで2度のリーグ優勝を経験しているが、ユベントス時代の両タイトルは「カルチョポリ(Calciopoli)」と呼ばれる八百長スキャンダルにより剥奪されている。【翻訳編集】 AFPBB News

12/27(金) 9:55
AFP=時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000004-jij_afp-socc
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20191227-00000004-jij_afp-000-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪MF水沼宏太、横浜FMに移籍決定!実質的に10年ぶりの復帰「ひたむきに戦いたい」(関連まとめ)

水沼宏太が10年ぶり横浜復帰「とても嬉しく感謝」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-12270323-nksports-socc
水沼宏太2019C大阪.jpg

横浜F・マリノスは27日、セレッソ大阪MF水沼宏太(29)の完全移籍での加入を発表した。10年ぶりの復帰となる。

元日本代表で日産、横浜Mで活躍し、横浜F・マリノスの監督も務めた水沼貴史氏を父に持つ水沼は横浜ユース時代の07年にトップデビュー。08年にトップ昇格。10年途中から栃木SCへ移籍し、12年からはサガン鳥栖、16年はFC東京でプレーし、17年からC大阪に所属していた。J1通算252試合32得点、J2通算50試合7得点、J3通算9試合3得点。

水沼はクラブを通じ「2019年Jリーグチャンピオンのマリノスの仲間に加えて頂きとても嬉しく、感謝しています。またトリコロールのユニフォームを着て戦えることが今からとても楽しみです。自分らしくポジティブに、ひたむきに全力でマリノスのために戦いたいと思います。目標達成に向けて、一緒に戦いましょう!」とコメントした。

※栃木SCと2012年鳥栖はレンタル移籍でした。2013年から鳥栖に完全移籍。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12621
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1577403590/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊東純也、絶妙先制ゴールなど2得点に絡む活躍!ゲンクはオイペンに2-1勝利し年内最終戦勝利で飾る(関連まとめ)

【サッカー】伊東純也の今季2ゴール目などで逃げ切ったヘンクが年内最終戦を勝利で飾る!《ジュピラー・プロ・リーグ》
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577374999/
伊東2019第21節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/12/27(金) 00:43:19.95 ID:C8/qTA/19.net

ジュピラー・プロ・リーグ第21節のヘンクvsオイペンが26日に行われ、2-1でヘンクが勝利した。ヘンクのFW伊東純也はフル出場し12分に今季2ゴール目をマーク。オイペンのFW豊川雄太はベンチ外となった。

試合が動いたのは13分、ベルゲのスルーパスで右サイドを駆け上がったメーレの折り返しをボックス内で受けた伊東が切り返しで相手マークを剥がすと、左足でゴール左にシュートを流し込んだ。

先制点で勢いに乗るヘンクは、21分にも伊東とのワンツーでボックス内に侵入したメーレが決定機を迎えたが、シュートは相手GKの正面を突いた。
迎えた後半も主導権を握るヘンクは51分、伊東の右クロスからオヌアチュがヘディングシュート。さらに53分にもサマタがミドルシュートでオイペンゴールに迫ったが、共にシュートは枠を外した。

攻勢を続けるヘンクは60分、相手CKのこぼれ球からカウンターを仕掛けるとドリブルで持ち上がったメーレのパスをバイタルエリア右で受けたベルゲがボックス内へラストパス。ボックス右に駆け上がった伊東の折り返しが相手DFにディフレクトすると、流れたボールをゴール左のオヌアチュが押し込み、ヘンクが待望の追加点を奪った。

その後、63分に1点を返されたヘンクだが、伊東とオヌアチュのゴールで逃げ切り、年内最終戦を白星で飾った。

ヘンク 2-1 オイペン
【ヘンク】
伊東純也(前13)
オヌアチュ(後15)
【オイペン】
ラザール・アマニ(後18)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00366960-usoccer-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オイペン豊川雄太、セレッソ大阪に移籍!クラブ公式が発表「ユウタに多大なる感謝を」(関連まとめ)

【サッカー】豊川雄太、C大阪に移籍「オイペンを離れて日本に」 オイペンが発表
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577395489/
豊川雄太ハット.jpg
1: ばーど ★ 2019/12/27(金) 06:24:49.15 ID:mqtolUYT9.net

ベルギー1部KASオイペンは26日(日本時間27日)、FW豊川雄太(25)がJ1セレッソ大阪に移籍すると発表した。

【写真】FW豊川雄太
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20191227-12270028-nksports-000-view.jpg

公式サイトで「ユウタ・トヨカワはオイペンを離れて日本に戻ります。欧州で2年間を過ごした後、25歳の日本人は母国でキャリアを続けたいと考えました。我々はこの希望を尊重することにし、日本の1部リーグのセレッソ大阪に移籍させることに同意しました」と報告した。

続けて「オイペンは彼の献身性、プロフェッショナルな姿勢、親しみやすさ、そして偉大な試合をしてくれたことに感謝します」。その「試合」とは18年3月11日のムスクロン戦。加入1年目の1部リーグ最終節だった。4点差をつけて勝たなければ2部降格という崖っぷちの後半12分から途中出場。わずか16分間で3得点1アシストという離れ業をやってのけ、4−0の勝利に導いて残留。「オイペンの奇跡」と現地で語り継がれるドラマの主役になった。

クラブも「あの日は忘れられません」と称賛し「スピード、努力、そして勝負強さでユウタは数週間のうちにファンのお気に入りになりました」。在籍2年間で67試合に出場して17得点の成績だったことを伝え、最後に「ユウタに多大なる感謝を。最高の未来になることを祈っています」と賛辞で送り出した。

豊川は2年ぶりのJリーグ復帰となる。プロのキャリアは13年にスタート。熊本・大津高から鹿島アントラーズに入団し、2年目の14年に開幕スタメンをつかんだ。当時19歳。クラブの高卒10代プレーヤーではDF内田篤人以来となる抜てきで注目された。

その後は負傷などもあって定位置を確保し切れず、16年にJ2ファジアーノ岡山へ期限付き移籍。2年間で公式戦20得点の成績を残した。17年の冬、日本の2部リーグからは異例の欧州1部リーグ移籍を果たし、オイペンへ。「伝説」となったムスクロン戦で、主な欧州1部リーグ戦では日本人初となる「途中出場ハットトリック」を達成した。

U−23日本代表だった16年のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選でも、準々決勝イラン戦に途中出場して決勝ヘッド。延長戦にもつれ込んだ死闘を制し、五輪切符をつかむ立役者になった。日本代表DF植田直通(25)とは高校、鹿島、そして世代別代表でも同じチームに。植田が豊川の半年後にベルギー1部セルクル・ブルージュへ移籍したことで、海外挑戦の国までも同じだった縁が話題になっていた。

セレッソ大阪からの正式発表はまだないが、オイペン側が豊川への感謝のあまり、フライング発表してしまった形となった。

12/27(金) 5:59
日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-12270028-nksports-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【戦術アーノルド】リバプール、2位レスターを4-0粉砕!アーノルド1G2A・フィルミーノ2発で敵地で完勝し首位独走(関連まとめ)

アーノルド1G2Aのリバプールが敵地でレスターを4発粉砕! 独走態勢に拍車《プレミアリーグ》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00366976-usoccer-socc
アーノルド2019第19節ゴール.jpg

プレミアリーグ第19節、レスター・シティvsリバプールが26日に行われ、0-4でリバプールが完勝した。

5日前に行われた前節マンチェスター・シティとの上位対決に敗れ、10試合ぶりの敗戦を喫した2位レスター(勝ち点39)は、アジョセ・ペレスがベンチスタートとなり、プラートが先発となった。

一方、リーグ戦8連勝中で首位を独走するリバプール(勝ち点49)は、クラブ・ワールドカップを制した中、負傷明けのワイナルドゥムが先発となり、現状のベストメンバーを送り込んだ。

開始早々にアーノルドがGK強襲のシュートを浴びせたリバプールが攻勢に出る入りとなった中、11分にはロングカウンターからサラーがボックス外に飛び出したGKシュマイケルをかわしてボックス左まで侵入。しかし、角度が厳しくシュートは枠に飛ばせなかった。

その後も圧力をかけるリバプールに対し、レスターも持ち前の構成力で応戦。互角の攻防が続いた中、31分にリバプールが先制した。CKの流れからボックス手前左のアーノルドがクロスを上げると、ボックス右のフィルミノがヘッドで叩き込んだ。先制後はリバプールが押し込む時間が増えた中、1点のリードで前半を終えた。

前半にシュートを打てなかったレスターに対し、リバプールが引き続きボールを動かして時間を進めると、55分に追加点のチャンス。高い位置でボールを奪ったロバートソンのクロスにフィルミノが合わせたが、シュートは枠に飛ばしきれなかった。

攻め手のないレスターがバーンズに代えてオルブライトンを投入したのに対し、引き続き主導権を渡さないリバプールは、70分に2枚代えを敢行。サラーとN・ケイタに代えてオリジとミルナーを投入した。すると直後、CKの流れでソユンクのハンドによりPKを獲得。これをミルナーが決めてリードを広げた。

さらに75分、アーノルドの正確なクロスを受けたフィルミノがトラップから確実にシュートを蹴り込み、リバプールが決定的な3点目を挙げた。止まらないリバプールは78分にもマネのパスに反応したアーノルドがボックス右からゴール左にダイレクトで蹴り込んで4-0。

アーノルドの1ゴール2アシストの大活躍により敵地で2位レスターを粉砕したリバプールが勝ち点差を13に広げ、独走態勢に拍車をかけている。

【得点者】
31分 0-1 フィルミーノ(リバプール)
71分 0-2 ミルナー(リバプール)
74分 0-3 フィルミーノ(リバプール)
77分 0-4 アレクサンダー・アーノルド(リバプール)

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1177 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1577289918/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:03 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、アルテタ監督初陣は1-1ドロー!オバメヤン同点ゴールでボーンマスに追い付く

アーセナル、アルテタ監督初陣飾れずドロー…内容向上も公式戦4試合勝利なし
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00010001-goal-socc
オバメヤン2019第19節goal.jpg

プレミアリーグは26日に第19節が行われ、アーセナルはボーンマスと対戦した。

成績不振によってエメリ前監督を解任、ユングベリ暫定体制でも苦しんでいたアーセナルは、先日アルテタ新監督就任を発表。トップチームでの監督経験のない37歳に未来を託すこととなった。そのアルテタ新監督の初陣は、敵地でのボーンマス戦。ケガ人が続出する中、アルテタ監督はエジルをトップ下に置き、オーバメヤンとラカゼットを同時起用。中盤底にはトレイラとジャカが入り、センターバックはソクラティスとルイスがコンビを組んだ。

選手たちにはまず「ハードワーク」を求めたアルテタ監督の下、アーセナルは積極的な入りを見せる。しかし、最初のチャンスはボーンマス。5分、ボックス内への縦パスから最後はフレイザーがシュートを放つ。ここは飛び出したGKレノが防いだ。その後はアーセナルの時間が続き、ラカゼットが3度ボックス内に侵入したが、シュートまでは持ち込めない。

だが、先制したのはボーンマス。35分、右高い位置でボールを奪うと、最後はスミスのクロスをゴスリングがGK前で触って押し込んだ。ホームチームがリード奪う。ボーンマスはその後もカウンターからキングがチャンスを作った。アーセナルはテンポ良くボールを動かすも決定機まで持ち込めず、前半は1点ビハインドで折り返す。

アーセナルは後半もボールを動かし、48分にはボックス内でオーバメヤンが惜しいシュートを放つ。前半よりも高い位置でプレスをかけ、相手を押し込んでいく。

すると63分、アーセナルが同点に追いつく。ジャカの縦パスでスピードアップし、一度ブロックされるもこぼれ球を拾う。最後はネルソンのシュートが相手に当たってコースが変わり、オーバメヤンが押し込んだ。背番号14は、スタンドのファンと抱き合って喜んでいる。

その後も押し込むアーセナルは70分、ルイスの鋭いパスをラカゼットが巧みにコントロールして前を向く。しかし、飛び出したGKラムズデールに防がれた。勝ち越したいアーセナルは、75分にエジルを下げてウィロックを投入。しかしソクラティスが頭部を打って負傷し、ムスタフィと交代となった。81分、ボーンマスはウィルソンがネットを揺らすも、オフサイドの判定で取り消しとなった。

アーセナルは82分、最後のカードでペペを投入し、得点を目指す。最後まで攻め込んだがネットは揺らせず、試合は1-1のドロー決着となった。アーセナルはこれで公式戦4試合勝利なしとなっている。

■試合結果
ボーンマス 1-1 アーセナル

■得点者
ボーンマス:ゴスリング(35分)
アーセナル:オーバメヤン(63分)

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1456】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1577376777/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☔ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)