アンテナ・まとめ RSS

久保建英、練習中に負傷も幸い軽傷!既に練習復帰し1月5日のグラナダ戦は出場へ

久保建英、練習中に負傷…
https://football-tribe.com/japan/2019/12/30/158934/
久保建英腰に手.jpg

 レアル・マドリードからマジョルカにレンタルで加入している日本代表MF久保建英が昨日の練習で負傷したようだ。スペインラジオ局『オンダ・セロ』が伝えている。

 今回の報道によると久保は、現地時間29日に行われたマジョルカの練習中に負傷した模様。チームメイトが練習を終えるより早く練習を切り上げたようだ。しかし、同ラジオ局によると久保は怪我は幸いにも軽傷だったとのこと。日本時間1月5日に行われるグラナダ戦には十分に間に合うようだ。

【RCD】久保建英応援スレ part151【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1577135330/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:06 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1湘南、U22日本代表FW岩崎悠人を札幌から期限付き移籍で獲得!仙台退団のFW石原直樹が12年ぶりに復帰(関連まとめ)

札幌FW岩崎が湘南へ期限付き移籍「成長のため」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-12300469-nksports-socc
岩崎2019札幌.jpg

北海道コンサドーレ札幌は30日、U−22日本代表FW岩崎悠人(21)の湘南ベルマーレへの期限付き移籍を発表した。J2京都サンガから今季完全移籍で加入。

リーグ戦8試合、カップ戦10試合に出場し、無得点だった。代表入りを目指す東京オリンピック(五輪)に向けても出場機会を求め、新天地での挑戦を決めた。「自分自身の成長のため、新しい環境でチャレンジすることに決めました。皆様に成長した姿を見せられるように全力で頑張ってきます」とコメントした。

移籍期間は来年2月1日から21年1月31日までで、札幌との公式戦出場はできない。

「ただいま!」「とてもワクワクしています」仙台退団のFW石原が12年ぶりに湘南復帰
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-43476310-gekisaka-socc
石原仙台2019.jpg

 湘南ベルマーレは30日、ベガルタ仙台のFW石原直樹(35)が完全移籍で加入することを発表した。

 石原は仙台で今季J1リーグ戦20試合に出場し、1得点を記録。14日にクラブから契約満了による退団が発表されていた。石原にとって湘南は2003年にプロ生活をスタートさせたクラブであり、12年ぶりの古巣復帰となる。

 クラブ公式サイトを通じて「ただいま!湘南ベルマーレに加入することになりました石原直樹です。プロキャリアをスタートし、選手として育ててくれた湘南に再び戻ってくることができ今からとてもワクワクしています!感謝するとともに今まで経験してきたことをチームに伝え、しっかりプレーで示せるように努力していきたいと思います。2020年、楽しみましょう!」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●FW石原直樹
(いしはら・なおき)
■生年月日
1984年8月14日(35歳)
■身長/体重
173cm/63kg
■出身地
群馬県
■経歴
片岡中-高崎経済大付高-湘南-大宮-広島-浦和-仙台-浦和-仙台
■出場歴
J1リーグ:279試合65得点
J2リーグ:143試合41得点
カップ戦:36試合7得点
天皇杯:31試合8得点

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12641
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1577677220/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:07 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、冨安所属ボローニャが獲得に関心 イタリア紙報道(関連まとめ)

【サッカー】長友佑都にボローニャ関心か…イタリアメディア報じる
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577666660/
長友2019ガラタサライドリブル.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/30(月) 09:44:20.01 ID:GZ3+a10m9.net

長友佑都にボローニャ関心か…イタリアメディア報じる

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(33)に対して、イタリア復帰の可能性が浮上している。

長友はチェゼーナ、インテルでプレー後、2018年1月からガラタサライに加入。それ以降、トルコで公式戦通算65試合3得点7アシストの数字を収めるガラタサライの主力として、スュペル・リグ2連覇に貢献している。

その長友は今シーズンもレギュラー格として公式戦24試合2得点の活躍を披露しているが、来夏に契約が失効する状況。今シーズンのここまでリーグ戦7位に甘んじるチーム状況も相まって、今冬の放出候補に挙がっている。

こうした状況を受け、冬の動向に注目が集まる長友に対して、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記者で、移籍市場に精通するニコロ・シラ氏によると、日本代表DF冨安健洋を擁するボローニャが興味を示しているという。

ボローニャ移籍が成立すれば、長友は約8年間を過ごしたイタリア帰還に。以前にセリエA復帰の可能性としてサンプドリアも候補に挙がった長友だが、果たして…。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00367236-usoccer-socc
12/30(月) 8:35配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、デブライネ1G1Aの活躍で2-0勝利!主審が先制点に絡みシェフィールドの選手は猛抗議(関連まとめ)

デ・ブライネが1G1Aの活躍! 好調ブレイズを破ったペップ・シティがプレミア最速100勝を達成!《プレミアリーグ》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00367231-usoccer-socc
デブライネ2019第20節ゴール.jpg

プレミアリーグ第20節、マンチェスター・シティvsシェフィールド・ユナイテッドが29日に行われ、2-0でシティが勝利した。

前節ウォルバーハンプトンに敗れ、早くも今季5敗目を喫したシティ。グアルディオラ監督も認めるように優勝が大きく遠のいた中で、2019年ラストマッチはブレイズとの上位対決。先発はウルブズ戦から3人変更。退場したエデルソンに代わり、今日はブラーボがゴールマウスに立つ。そのほか、メンディとオタメンディをジンチェンコとエリック・ガルシアに変更した。

序盤から圧倒的なポゼッションで相手を押し込むシティだが、[5-3-2]の陣形をコンパクトに保つブレイズの守備に手を焼いてしまう。その中で決定機となったのは17分。ロドリのスルーパスでボックス右に抜け出したマフレズが相手の股下を狙ったシュートを打つも、上手くいかずに枠を外れた。

対して、第8節以降わずか1敗のブレイズの攻撃はやはりロングボールかカウンターに。25分、自陣からのロングボールをカラム・ロビンソンが頭で落とすと、ボックス右でボールを受けたムセがシュートへ。さらに29分には、カウンターでフレックが左サイドから送ったパスにムセが反応。最終ラインの裏を突きGKとの一対一も制したが、VARでオフサイドの判定となった。

41分にもムセがゴールに迫るなど狙い通りのフットボールを展開するブレイズ。しかし52分、前半同様にしっかりした守備を構築する中で、自陣中央辺りで主審がブラインドとなってボールをロスト。これをデ・ブライネに拾われ、最後はスルーパスを受けたアグエロのゴールを許してしまった。

これにブレイズの選手らは、主審がプレーの妨げになったとして抗議。今季からのルールでは、主審にボールが当たった場合、その場からリスタートすることになっているのだが、今回はそのルールは適用されなかった。

ようやくネットを揺らしたシティ。70分に左サイドでマフレズとスイッチしたアグエロがボックス手前のスターリングに預けてゴール前へ走り、この動きで空いたボックス左のスペースに侵入したマフレズにスターリングがすかさずパス。マフレズは切り返しから右足でシュートを狙ったが、相手のブロックに遭い追加点は生まれなかった。

それでも82分、相手が点を取りに前がかりになる中で自陣でボールを奪ってカウンターに繋げると、中央を持ち上がったマフレズのパスを受けたデ・ブライネが、ボックス左で切り返しから相手の股の下を抜くシュートをニアに突き刺し、勝利を手繰り寄せる2点目を奪った。

その後、後半アディショナルタイムにブレイズの途中出場のシャープのヘディングシュートが左ポストを叩く場面があったシティだが、きっちり勝利を収め、2試合ぶり白星で2019年を締めくくった。また、この勝利でグアルディオラ監督はプレミア史上最速となる134試合目で100勝を達成。一方、敗れたブレイズは今季のアウェイ戦初黒星となった。

※主審は当たってないという事ですので、一部タイトルを変更しました。

BLUEMOON マンチェスターシティ 357cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1576954560/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1名古屋、「タイトル請負人」川崎MF阿部浩之の獲得を公式発表!川崎ではリーグ連覇・ルヴァン杯初優勝に貢献(関連まとめ)

タイトル請負人であり、シュートの名手が名古屋へ! 阿部浩之が川崎Fから完全移籍
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00367300-usoccer-socc

阿部浩之名古屋ユニ.jpg

名古屋グランパスは30日、川崎フロンターレに所属する元日本代表MF阿部浩之(30)の完全移籍加入を正式発表した。

阿部は2012年に関西学院大学からガンバ大阪に入団後、2014年の国内3冠を含む計4つの主要タイトル獲得に貢献。2017年から川崎Fに活躍の場を移した。その川崎Fでもタイトルに恵まれ、移籍初年から明治安田生命J1リーグ連覇の原動力となり、今年もJリーグカップ初優勝に貢献した。

また、個人としても川崎Fに加入して以降、シュートセンスに磨きがかかり、移籍初年度のJ1リーグでキャリア初の二桁得点となる10ゴールを記録すると、同年のEAFF E-1サッカー選手権で日本代表デビュー。今年はJ1リーグ23試合の出番にとどまったが、チーム2位の7得点を挙げた。

来シーズンから名古屋で新たなキャリアを歩む決断を下した阿部は両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

◆名古屋グランパス
「名古屋グランパスに加入できて嬉しく思います! やるからには勝つことと、タイトルを取ることしか考えていません! クラブとファン・サポーターが一丸になって頑張りましょう! よろしくお願いします!」

◆川崎フロンターレ
「名古屋に移籍することになりました。ファン、サポーターの皆さんにはどんなときも温かく、そしてアツい声援をしてもらえて本当に感謝してます。そんな皆さんと一緒に、選手、スタッフのみんなで3年連続でタイトルを取れて喜びを分かち合えたことが最高に嬉しかったです! 3年間本当にありがとうございました!!」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12642
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1577688258/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:52 | 大阪 ☔ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元マンU監督モイーズ氏、降格危機のウエストハムの新監督に就任!1年半ぶりの再登板(関連まとめ)

降格危機のウエスト・ハム、“残留請負人”モイーズ氏の再登板を発表「重要なことは…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-43476264-gekisaka-socc
モイーズ2019ウエストハム再就任.jpg

 ウエスト・ハムは29日、デイビッド・モイーズ氏(56)が新監督に就任したことを発表した。クラブ公式サイトによると、契約期間は1年6か月。初陣は来年1月1日に行われるプレミアリーグ第21節のボーンマス戦となる。

 ウエスト・ハムは28日の第20節レスター・シティ戦で1-2の敗戦を喫した直後、マヌエル・ペジェグリーニ前監督(66)の解任を発表していた。チームは現在2連敗中。降格圏内の18位アストン・ビラと1ポイント差の17位となっている。

 モイーズ氏は2017-18シーズン途中にもウエスト・ハムを率い、チームの降格を阻止した経歴を持つ。ウエスト・ハムは同シーズン終了後にモイーズ氏との契約を延長せず、新監督としてペジェグリーニ氏を迎えたが、降格危機を受けて再びモイーズ氏に残留の命運を託すことになった。

 約1年半ぶりの復帰となったスコットランド人指揮官は、クラブ公式サイトを通じて「ウエスト・ハムに戻ってこれたことをとても誇りに思っている。しかし、もっと重要なことは、自分に何ができるか、何を改善できるかだ」とコメント。「今のチームは、前回就任した時よりも優れた選手がいるチームだと思う。彼らと一緒に仕事ができるのを楽しみにしているよ」と述べた。

【中下位専用】ENGLAND Premier League 27
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1575130185/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食野亮太郎、衝撃ミドル弾で今季3得点目!ハーツはアバディーンと1-1ドロー

【サッカー】ハーツ食野亮太郎、2019年ラストゲームで華麗ミドル! 今季3ゴール目に《スコティッシュ・プレミアシップ》
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577668387/
食野2019第21節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/12/30(月) 10:13:07.97 ID:BU+eByxO9.net

ハーツに所属するU-22日本代表FW食野亮太郎がゴールを記録した。最下位に沈むハーツは29日に本拠地で行われたスコティッシュ・プレミアシップ第21節で、4位のアバディーンと対戦。食野は2試合連続の先発入りを果たした。

前半からこう着状態が続いたゲームは食野のひと振りで動く。49分、アーヴィングが相手陣側のハーフウェイライン付近左でセカンドボールを頭で繋ぐと、ヘンダーソンの落としを受けた食野がバイタルエリア中央に持ち込み、右足でフィニッシュ。カーブするボールがゴール右に突き刺さり、ハーツが先制した。

上位相手に食野の今シーズン3得点目で先制したハーツだが、68分にクレアが退場処分を受けると、その直後に直接FKからマクギンにゴールを決められてしまい、同点に。76分に食野をベンチに下げたハーツは勝ち点1を上積みするにとどまったが、連敗を「5」で止め、ウィンターブレイクに入っている。

ハーツ 1-1 アバディーン
【ハーツ】
食野亮太郎(後49)
【アバディーン】
マクギン(後23)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00367235-usoccer-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜FMポステコグルー監督、J1優勝で中国・中東・英チャンピオンシップからオファーを受けていた

2. BIG OFFERS COME FOR ANGE
https://www.heraldsun.com.au/sport/football/duvas-xi-aaron-mooy-on-his-way-to-becoming-an-australian-great-after-another-masterful-display-in-the-english-premier-league/news-story/c9c009dc7b038dd9ed9af5cb778f9c51
ポステコ・グルー監督J1優勝.jpg

概要:誤訳御免でお願いします。

アンジェにビッグオファー 豪州「ヘラルドサン」紙

・アンジェ・ポステコグルーは横浜F・マリノスでJリーグタイトルを獲得後、いくつかの海外クラブからのオファーきている。
・ポステコグルーは過去1カ月間に中国、UAE、サウジアラビアからオファーを受けた。
・また、ここ数カ月にイングランド・チャンピオンシップクラブからもアプローチがあり、日本での偉業が世界中で注目されている
・ただ、ポステコグルーはマリノスとの契約延長を既に締結しており、2019年の大成功を再度挑戦したいと思っているので、これらのオファーに揺らぐことは無いだろう。
・明らかなことは、ポステコグルーの日本での成功は2015年にオーストラリア代表でアジアカップを優勝した時よりも世界的な信頼を得ていることである。

◆◇◆ 横浜F・マリノス part1820 ◆◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1577453303/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(16) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、チェルシーとのダービー戦で逆転負け…GKレノの痛恨ミスや物議醸す判定が響く

チェルシーが逆転でビッグロンドン・ダービーを制す!アーセナルはレノのミスが響き…1-2敗戦
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191230-00355750-footballc-socc
アーセナル2019第20節失点.jpg

【アーセナル 1-2 チェルシー プレミアリーグ第20節】

 イングランド・プレミアリーグ第20節、アーセナル対チェルシーが現地時間29日に行われた。試合はアウェイのチェルシーが2-1で逆転勝利を収めた。

 ロンドンをホームタウンとするクラブ同士の対決となるビッグロンドン・ダービー。アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督はホーム初陣となった。12位のアーセナルはラカゼット、エジル、オーバメヤン、トレイラらを先発に起用。ぺぺはベンチスタートとなった。対する4位チェルシーはアブラハム、マウント、ウィリアン、カンテらが先発となった。

 試合を動かしたのはホームのアーセナルだった。13分、エジルの左CKからニアでチャンバースがヘディングで合わせ、中央でオーバメヤンが相手の前に入りヘディングシュートを突き刺した。

 だが、出場停止明けで先制点をアシストしたチャンバースが左足を負傷し、23分にムスタフィとの交代を余儀なくされた。

 攻め手に欠くチェルシーは34分、エメルソンに代えジョルジーニョを投入。交代直後にウィリアンが右サイドを突破し、中央にクロスを送るもDFに阻まれてしまった。

 後半に入ると、チェルシーがチャンスを作れるようになり、激しさが増していくビッグロンドン・ダービー。チェルシーは59分にトモリに代え、19歳のタリック・ランプティを投入した。この瞬間、ランプティはトップチームデビューを果たした。

 すると83分、チェルシーは左サイドでFKを獲得。マウントが蹴ったボールはGKレノが憶測を誤り、キャッチできず。ファーサイドのジョルジーニョがダイレクトでゴールネットを揺らした。

 さらに87分、カウンターからチェルシーが逆転に成功する。中央で受けたアブラハムがドリブルから右サイドのウィリアンに展開。ウィリアンは右サイドから中央にパスを供給。ボールを受けたアブラハムはトラップから右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

 これで試合は終了し、チェルシーが2-1で勝利を収めた。

【得点者】
13分 1-0 オーバメヤン(アーセナル)
83分 1-1 ジョルジーニョ(チェルシー)
87分 1-2 アブラハム(チェルシー)

ジョルジーニョ、退場免れた“疑惑の判定”に言及「ファウルだったけど…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-01014178-soccerk-socc

 チェルシーに所属するイタリア代表MFジョルジーニョが、29日に行われたプレミアリーグ第20節アーセナル戦を振り返った。同日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 ジョルジーニョはベンチスタートとなったが、34分に戦術的理由からDFエメルソン・パルミエリと交代してピッチイン。すると83分、フリーキックに合わせて同点ゴールを挙げ、チームの2−1の勝利に貢献した。

 しかし、ジョルジーニョのゴールは本来なら存在しないものだったとの指摘が相次いでいる。55分にイエローカードを貰っていたジョルジーニョは、76分にマテオ・ゲンドゥージを背後から掴んでアーセナルのカウンターを阻止。しかし、目の前でファウルを目撃していたクレイグ・ポーソン主審は同選手にカードを出さず、抗議したアーセナルのアレクサンドル・ラカゼットにイエローカードを提示した。

 ジョルジーニョは試合後のインタビューで76分のシーンについて聞かれると、「僕の責任ではない。フットボールにおける接触はよくあること。ファウルだったけど、それ以上ではなかったと僕は思うよ」とコメント。あくまで正当なチャレンジで、イエローカードを提示されるほどのプレーではなかったと主張した。

 ジョルジーニョについては、得点のシーンも物議を醸している。同選手はボールに合わせる前、自身のマークについていたルーカス・トレイラを押し倒したようにも見えたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定はノーファウルだった。

 2度の“疑惑の判定”に救われたチェルシーは、リーグ戦2試合ぶりの勝利で4位維持。一方、後味の悪い結末を迎えてしまったアーセナルは4戦未勝利となった。次節は1月1日に行われ、アーセナルはホームでマンチェスター・Uと、チェルシーはアウェイでブライトンとそれぞれ対戦する。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1459】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1577634786/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、サバティーニTD「マンUでプレーできる選手」伊紙絶賛「ボローニャの柱の一人」「今やリーダー。右の矢」

【サッカー】<ボローニャDF冨安健洋は「今やリーダー」>辛口の伊紙も称賛!TD「マンチェスター・ユナイテッドでプレーできる選手」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577616320/
冨安ボローニャダッシュ.jpg
1: Egg ★ 2019/12/29(日) 19:45:20.54 ID:leatJanH9.net

https://amd.c.yimg.jp/amd/20191229-00237343-soccermzw-000-1-view.jpg

日本代表DF冨安健洋はセリエAのボローニャに加入してシーズン半分が経過した。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、「この日本人は今リーダーとなった。右の矢となって、ロッソブルーを高く押し上げる」と絶賛している。

 冨安はプレシーズンのキャンプに途中合流すると、開幕からスタメン出場を重ねた。途中、日本代表戦での負傷で約1カ月の離脱があったが、復帰後もレギュラーポジションを奪還して順調なシーズンを過ごしている。

 その冨安に対して、「10試合の後、この選手はチャンピオンなのか、ゴミ箱行きかが分かる」という尺度で新加入選手を見るイタリアメディアは賛辞を惜しまなかった。

「ボローニャのユニフォームを着て、12試合に出場して、タケ・トミヤスは、よりよくやった選手だった。彼の積極性とポジティブな才能で、みんなを納得させた。今やボローニャの柱の一人となった。よりチームを代表する選手となった。夏の移籍メルカートでこの日本人の獲得は一番的中した。より活躍し、よりいいプレーをした選手だった」

 そして記事では、クラブのテクニカル・ディレクターを務めるワルテル・サバティーニ氏の「トミはマンチェスター・ユナイテッドでプレーできる選手だ」というコメントも紹介している。

“想定外”のSB起用にも適応「攻撃力のクオリティーが高く、押し上げるのも上手い」

 冨安はボローニャで右サイドバックを務めているが、それは当初の構想とは違ったものだという。

「日本代表の一人であっても、すぐに落ち着いて、実力を発揮するには、相当肝が据わっていなければならない。サイドバックとしてプレーしたが、やったことがあったポジションにせよ、ボローニャの構想ではなかった。トミはセンターバックとして入団した。攻撃のクオリティーが高く、押し上げるのも上手いので、サイドバックが適性に合っているとみんなが納得した」

 記事では、想定以上に攻撃への貢献度があったと高く評価している。

 イタリアでのプレーは初めてになる冨安だが、「言葉は障害となるが、トミはイタリア語を学んでいる。ボローニャの市民としても溶け込んでいる。サポーターから愛されている。彼のユニフォームはより売れているユニフォームの一つ。ボローニャでは持続性を持った、安定的な存在となった」と、環境への順応にも問題はなさそうだ。

 シーズン後半戦に入るイタリアだが、冨安が前半戦で見せたパフォーマンスは現地メディアでの評価も上々。シーズン終了後には東京五輪での活躍も期待されるだけに、さらなる飛躍の時期を過ごしたいところだ。

12/29(日) 9:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191229-00237343-soccermzw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:25 | 大阪 ☔ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、VARに助けられウルブスに苦しみながらも勝利!年内無敗で首位独走(関連まとめ)

マネが決勝弾!リヴァプール、“大物食い”ウルヴス相手に苦戦も2019年を白星で終える
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00010002-goal-socc
マネ2019第20節ゴール.jpg


現地時間29日、イングランド・プレミアリーグは第20節が行われ、リヴァプールはホームのアンフィールドにウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズを迎えた。

いまだ無敗を続け首位を独走するリヴァプールに対し、欧州カップ戦圏内も視野に入れようかというウォルヴァーハンプトンは一昨日の試合でマンチェスター・シティを破り、シティ相手にシーズンダブル(ホーム&アウェーで勝利)を達成。昨シーズンから“大物食い”として名を馳せるウルヴス(ウォルヴァーハンプトンの愛称)が、リヴァプールにリーグ初黒星をつけるかどうかに注目が集まった。

しかし、クラブワールドカップを制した証としてユニフォームの胸部にエンブレムを施した限定デザインのユニフォームで試合に臨むリヴァプールは、立ち上がりから容赦なくウルヴスゴールに襲い掛かる。

開始わずか3分、トレント・アレクサンダー=アーノルドのクロスからモハメド・サラーがゴール前で合わせるもゴール上へ。決まってもおかしくない場面だった。

その後もリヴァプールが攻勢に試合を進める中、ウルヴスも高いインテンシティに加えて守護神ルイ・パトリシオの好守もありリヴァプールの畳み掛けるような攻撃を跳ね返していく。

70%を超えるボールポゼッションも、ゴールが遠い時間帯が続いたリヴァプールだったが、42分に試合が動く。フィルジル・ファン・ダイクのロングパスに呼応したアダム・ララーナが肩にボールを当ててつなぐと、受けたサディオ・マネがGKパトリシオを破ってネットを揺らす。一旦はララーナのハンドが取られたが、VARの結果、腕ではなく肩でのパスと認められ、リヴァプールが待望の先制点を手にした。

しかし前半終了間際、ウルヴスが右CKの跳ね返りを再び右サイドから入れ直すと、ゴール前の密集地帯を抜けたパスがファーサイドでフリーとなっていたペドロ・ネトへと渡り、この絶好機をきっちり決めて同点に追いついた…かに見えたが、VARでわずかなオフサイドを取られ、ノーゴールとなった。

これにはヌーノ・エスピリート・サント監督を含むウルヴス陣営が抗議したものの覆らず、リヴァプールが1点をリードして試合を折り返した。

迎えた後半、追加点を狙って右サイドを中心に攻めるリヴァプールに対し、1点を追うウルヴスはカウンター気味にチャンスを見出す。58分には、追いつきたいウルヴスがレアンデル・デンドンケルに代えてアダマ・トラオレ、ルーベン・ネヴェスに代えてロマン・サイスを投入する。

リヴァプールも67分、ララーナに代えてナビ・ケイタを投入する。するとその直後、ファン・ダイクからボールを奪ったディオゴ・ジョタがそのままエリア内に持ち込みシュート。しかし、これはやや角度に欠けGKアリソンがはじきピンチをしのいだ。

72分にジョタを下げてラウール・ヒメネスを投入し交代枠を使い切ったウルヴスは、高いインテンシティを維持してリヴァプール相手に臆せず挑み、“大物食い”の名に相応しい互角の戦いを繰り広げる。

しかしリヴァプールも攻守の切り替えが非常に速く、追加点を狙いつつも前線の選手が一切守備をサボらない。

83分、ロングパスに抜け出したヒメネスが走りながらも胸でうまくコントロールし、そのままエリア内左からシュート。しかし、ここはGKアリソンがまたしても立ちはだかる。

86分にロベルト・フィルミーノを下げてディヴォック・オリギ、ジョルジニオ・ワイナルドゥムに代えてジェームズ・ミルナーを投入し、交代枠を使い切って試合を終わらせにいったリヴァプール。ウルヴスも劣らぬ運動量で最後まで抵抗したが、シュートがことごとく枠に飛ばず。逃げ切ったリヴァプールが年内最後の試合で勝ち点3を手にした。

■試合結果
リヴァプール 1-0 ウォルヴァーハンプトン

■得点者
リヴァプール:マネ(42分)

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1180 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1577637856/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 04:19 | 大阪 ☔ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、南野元同僚ハーランドの獲得を公式発表!2024年までの契約(関連まとめ)

【サッカー】欧州注目の新星ハーランドを手にしたのはドルトムント!破格年俸で19歳迎え入れる
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577632235/
ハーランドドルトムント加入.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2019/12/30(月) 00:10:35.38 ID:2rNW2U+69.net

ドルトムントはザルツブルクからFWアーリング・ハーランドを獲得したことを発表した。契約期間は2024年まで。

19歳のハーランドは欧州注目の逸材で、今季はリーグ戦14試合で16ゴール6アシストを記録。チャンピオンズリーグの舞台でも南野拓実(現リヴァプール)らと躍動し、6試合で8ゴールをマークした。マンチェスター・ユナイテッドなどビッグクラブも獲得に興味を寄せていたが、ドルトムントが今冬の争奪戦を制することとなった。

獲得に際し、ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは「欧州トップクラブからのオファーがあったが、ハーランドはドルトムントで次の挑戦、々の展望を選んだ。私たちの一貫性は報われた」と喜んだ。

さらに、ハーランドは「8万人のサポーターの前で、信じられない雰囲気でフットボールをしたいという気持ちがあった」と決断の要因を明かしている。

ザルツブルクにとっては南野に続き、前線の柱を失うことに。一方、本職のセンターフォワードを欠いていたドルトムントにとっては大きな戦力となりそうだ。 なお、一部報道によると、ハーランドの年俸は19歳にして1800万ポンド(約25億7000万円)と伝えられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00010043-goal-socc


※上記の年俸は誤訳の可能性があります

“新怪物”ハーランド、ドルトムントへの移籍が決定! 今季公式戦22試合で28得点
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-01014151-soccerk-socc

 ドルトムントは29日、ザルツブルクからノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを獲得したことをクラブ公式Twitterを通じて発表した。契約期間は2024年6月末までとなっている。

 ハーランドは2000年7月21日生まれの現在19歳。父親のアルフ・インゲ・ハーランド氏も元サッカー選手で、母国のブラインFKでキャリアをスタートさせた。その後、ノルウェーの名門モルデを経て、2019年1月にザルツブルクへ移籍した。

 類稀な決定力と恵まれた体躯を誇るハーランドは、今夏行われたFIFA U−20ワールドカップ・ポーランドのホンジュランス戦で1試合9ゴールの離れ技を披露して一躍脚光を浴びる。今シーズンは公式戦22試合で28得点をマークし、自身初出場となったチャンピオンズリーグでも8得点を記録。グループステージの得点王ランキング2位にランクインした。

 同選手の獲得にはドルトムントのほかにもマンチェスター・Uやユヴェントスなど各国のビッグクラブも関心を示し、1月の移籍市場での争奪戦が予想されていた。イギリス紙『サン』によると、ドルトムントは移籍金2200万ユーロ(約27億円)をザルツブルクに支払い、ハーランドが受け取る週給はおよそ15万ユーロ(約1850万円)となる模様だ。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:49 | 大阪 ☔ | Comment(25) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)