アンテナ・まとめ RSS

【速報】CSKA西村拓真、ポルティモネンセにレンタル移籍が決定!CSKA公式が発表(関連まとめ)

CSKA西村拓真がポルティモネンセへ期限付き移籍 GK権田 DF安西とチームメート リーグ17位と低迷 得点源として期待
https://sakanowa.jp/topics/26924
西村拓真19-20CSKAアウェー.jpg

 サッカーのロシア1部リーグのCSKAモスクワは10日、FW西村拓真(23)がポルトガル1部のポルティモネンセに期限付き移籍することで合意したと発表した。移籍期間は今季末まで。西村は2018年8月にJ1仙台からCSKAモスクワへ完全移籍。昨季はロシア1部で2得点を挙げ、欧州チャンピオンズリーグでもプレーしたが、今季は出場機会を得られず、今冬の移籍が確実視されていた。

 ポルティモネンセには日本代表GK権田修一(30)、同DF安西幸輝(24)が在籍しており、西村の加入で日本人選手は3人となる。チームはリーグ17位(全18チーム)と低迷しており、西村は新たな得点源として期待されている。



※CSKA公式が19/20シーズン終了までのレンタル移籍を発表。買い取りOP付き

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12714
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1578657840/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:42 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島育成チームでいじめか?外国人兄弟が提訴…チームメートから「金髪」「国に帰れ」(関連まとめ)

「金髪」「国に帰れ」J1鹿島の育成チームでいじめか、外国人兄弟が提訴
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00050291-yom-soci
鹿島2019先発.jpg

 サッカーJ1・鹿島アントラーズの育成チームに在籍していた外国人の兄弟が、人種を巡ってチームメートからいじめを受けるなどしたとして、運営会社「鹿島アントラーズ・エフ・シー」(茨城)などに計300万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。10日に開かれた第1回口頭弁論で同社側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

 訴状によると、弟は小学生だった2017年4月に「鹿島アントラーズつくば校」のジュニアチームに入団。チームメートから「金髪」「国に帰れ」などと言われるいじめを受けたが、監督はほとんど対策を講じなかったという。

 ジュニアユースチームに在籍した中学生の兄も、監督が理由を明かさずに公式戦に出場させないなど、差別的扱いをされたと主張。原告側は「深く傷つき、言い表せない屈辱感を味わった」と訴えている。

 同社側は取材に「指導内容に問題はなかったと考えている」と回答している。

※一部編集し直しました。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12714
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1578657840/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:33 | 大阪 ☀ | Comment(40) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磐田、ブラジル人MFルリーニャの獲得内定を発表!Kリーグで43試合12ゴール6アシスト(関連まとめ)

磐田がブラジル人MFルリーニャの完全移籍加入内定を発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00368050-usoccer-socc
ルリーニャ韓国時代.jpg

ジュビロ磐田は10日、キプロスのパフォスからブラジル人MFルリーニャ(29)の完全移籍加入内定を発表した。メディカルチェック後に正式契約を結ぶ。

ルリーニャは、コリンチャンスでキャリアをスタート。その後は、ポルトガルのエストリルやオリャネンセでプレー。その後ブラジルに戻り、バイーア、セアラー、クリシューマ、レッドブル・ブラジル、ボタフォゴ、モジミリンでプレー。2016年には韓国の浦項スティーラースへ加入すると、2017年にはUAEのシャールジャFCでプレー。2018年からパフォスに所属していた。

パフォスでは今シーズンのキプロスリーグで6試合に出場し1ゴールを記録していた。通算ではブラジル・セリエAで71試合5ゴール7アシスト、セリエBで70試合16ゴール5アシスト、ポルトガル・プリメイラリーガで14試合1アシスト、Kリーグ1で43試合12ゴール6アシストを記録していた。

「皆さん初めまして。私はルリーニャです。ジュビロ磐田でプレーをすることができてとても誇りに思います。そして、このユニフォームを着るのが楽しみです。みんなで戦いましょう。よろしくお願いします」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12710
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1578580252/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:11 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京、レバノン代表DFオマリの獲得合意を発表!神戸や鳥栖でプレー(関連まとめ)

レバノン代表DFジョアン・オマリがヴィッセル神戸からFC東京に完全移籍!「とても光栄」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00010024-goal-socc

オマリ2019神戸最終戦.jpg

FC東京は10日、レバノン代表DFジョアン・オマリ(31)のヴィッセル神戸からの完全移籍加入について合意したことを発表した。メディカルチェック後に正式契約となる。

ドイツ生まれながらもレバノン代表を選択したJ・オマリは、フュクセ・ベルリン(ドイツ)でキャリアをスタートさせ、フランクフルト(ドイツ)など出身国のクラブを渡り歩く。2018年には、アル・ナスル(UAE)からサガン鳥栖に期限付き移籍で加わり、Jリーグデビュー。その後、一度はアル・ナスルに戻ったが、昨年夏にヴィッセル神戸に完全移籍していた。2019シーズンは明治安田生命J1リーグ4試合に出場して1ゴールを決めている。

J・オマリはFC東京加入に際し、クラブ公式サイトを通じて「東京に加入できることになり、とても光栄であり、感謝しています。クラブの目標を達成できるよう、全力でプレーしたいと思います。東京で会いましょう!」と挨拶。

また、神戸に向けては「短い間でしたが、ヴィッセル神戸の選手、スタッフ、ファン、サポーターの皆さま、ありがとうございました。皆さまに輝かしい未来があることを願っています」と感謝を伝えた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12712
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1578625045/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2徳島、横浜FMのDFドゥシャンの獲得を発表!「みんなの力でJ1に行きましょう」(関連まとめ)

徳島、横浜FMからDFドゥシャンを獲得! 「みんなの力でJ1に行きましょう」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-01021307-soccerk-socc
ドゥシャン2019マリノス指示.jpg

 徳島ヴォルティスは10日、横浜F・マリノスからセルビア人DFドゥシャンを完全移籍で獲得したと発表した。クラブ公式サイトで伝えている。

 現在31歳のドゥシャンは、2018年の7月から横浜F・マリノスに加入しJリーグの2シーズンで公式戦25試合に出場し1得点を記録。今回の移籍で、初めてJ2の舞台でプレーすることになる。

 また、同選手は徳島の公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「徳島ヴォルティスのファン・サポーター、関係者の皆さま、初めまして。このクラブに加入することが決まりとても嬉しく思います。皆さまと一緒に多くの勝利を重ね、楽しく幸せな時間をより多く共有できることを願っています。そしてみんなの力でJ1に行きましょう」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12712
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1578625045/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表FW田中達也、J2新潟と再契約!「再びチャンスを与えてくれたクラブのため…」(関連まとめ)

契約満了から一転、37歳FW田中達也が新潟と再契約!「チャンスを与えてくれたクラブのため…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-43476999-gekisaka-socc
田中達也2019新潟02.jpg

 アルビレックス新潟は10日、FW田中達也(37)と再契約に至ったと発表した。昨年11月26日には契約満了が発表されていたが、来季も引き続きプレーすることが決まった。

 1982年生まれの田中は2001年、帝京高から浦和に加入。12年から新潟に移籍し、昨季まで7シーズンにわたってプレーしてきた。

 田中はクラブを通じて「またオレンジのユニホームを着てプレーできることを誇りに思います。そして、再びサッカーをするチャンスを与えてくれたクラブのために必死に戦い、J1昇格という目標をみんなで勝ち取りたいと思います」と意気込みを述べている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12711
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1578589373/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:16 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】アルテタさんのおかげで○○ができるようになりました!!他、アルテタ監督FA杯のハーフタイムで「喝」

アーセナル、アルテタ監督流の“喝”で後半変貌 「異なる2チームを目の当たりにした」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200107-00239380-soccermzw-socc
アルテタ監督.jpg

2部リーズ相手に苦戦するもハーフタイムの指揮官の檄で後半に本領発揮
 アーセナルは現地時間6日に行なわれたFAカップ3回戦で英2部リーズ・ユナイテッドと対戦。苦戦を強いられながらも1-0で辛勝し、4回戦へ駒を進めた。ハーフタイムに選手を一喝したミケル・アルテタ新監督は「異なる2チームを目の当たりにした」と試合を振り返った。英公共放送「BBC」が報じた。

 元日のプレミアリーグ第21節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-0)でアルテタ監督体制初勝利を収めたアーセナルだが、下部リーズとの対戦では試合開始から調子が上がらず、得点が奪えないまま前半を終えた。

 エースのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンら一部主力は休養させたとはいえ、元ドイツ代表MFメスト・エジルやブラジル代表DFダビド・ルイスらは先発しており、不本意な内容の45分となった。それを見た指揮官はハーフタイムにロッカールームで吠えたという。先発出場したフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットは「(アルテタ)監督は怒鳴っていた」と試合後に明かしている。

 それに鼓舞された選手たちは後半になると本来のパフォーマンスを取り戻し、10分にはU-21イングランド代表FWリース・ネルソンが決勝点をマーク。最少得点差できっちりと勝利をつかみ取った。

「非常に嬉しいが、我々は異なる2チームを目の当たりにした。一つは最初の30分、もう一つがそれ以降のチーム。私は起きていたことことをありのままに伝えようとした。32分までに我々はデュエルに1回しか勝てていなかったと思う。我々はハーフタイムに自分たちの姿勢や心、チーム構成を変えた。そこから完全に変わった」

 リーズの試合を何度も繰り返しチェックしていたというアルテタ監督の的確な指示が、チームに明らかな変化をもたらした。監督交代直後は結果が出なかったがアーセナルだが、着実にアルテタ流の戦いが浸透し始めているようだ。


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1463】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1578351593/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌田大地、足首靭帯断裂の大怪我…合宿先で負傷し精密検査へ(関連まとめ)

【サッカー】鎌田大地、合宿でじん帯断裂の大ケガか…フランクフルト指揮官が明かす 11試合0得点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578627101/
鎌田大地2019ランニング.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/10(金) 12:31:41.71 ID:3HdOUtBH9.net

フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は、FW鎌田大地がじん帯断裂の大ケガを負ったことを明かしたようだ。
10日、ドイツ紙『Kicker』日本語版が伝えた。

フランクフルトは現在、ウィンターブレイク期間を利用してアメリカでキャンプを行なっている。 ヘルタ・ベルリンとのテストマッチに出場した鎌田は、相手選手との対人戦で負傷した模様。これからドイツに戻り、精密検査を受ける予定だ。

フランクフルトは、合宿でスイス代表MFジェルソン・フェルナンデスもでん部の腱を断裂し、3カ月の離脱が見込まれている。ヒュッター監督は、「(今冬の移籍市場で)何も考えないのはあまりに軽率だ。負傷離脱した2人の選手は、ともに出場時間は決して少なくなく、むしろ多い方だった」と補強を示唆している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-01021108-soccerk-socc
1/10(金) 12:23配信


日本代表MF鎌田大地が足首負傷。フランクフルトの指揮官も不安気「重傷でないことを祈る」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00357219-footballc-socc

 フランクフルトに所属する23歳の日本代表MF鎌田大地が負傷した。9日に独紙『キッカー』が報じている。

 同紙によると、フランクフルトがヘルタ・ベルリンと親善試合を行なったという。鎌田は先発出場を果たしたが、試合中に右足首を負傷したとのこと。試合後、フランクフルトを率いるアドルフ・ヒュッター監督が鎌田について言及し「MRI検査で確認する必要がある。そのため、まだ診断を下すには早すぎる。重傷でないことを祈る」と語り、検査を行ってから判断すると明かした。

 昨年7月にレンタル先のシント=トロイデンからフランクフルトに復帰した鎌田。今季は公式戦30試合に出場し4得点6アシストを記録していた。昨年3月のコロンビア戦で代表デビューを果たし、現在までに4試合出場で1得点決めている。調子が良かっただけに長期離脱は避けたいところだ。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏、元神戸の韓国代表GKキム・スンギュの獲得合意を公式発表(関連まとめ)

柏が韓国代表GKキム・スンギュを獲得! 19年夏まで神戸でプレー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-43477001-gekisaka-socc
キム・スンギュ神戸.jpg

 柏レイソルは10日、韓国代表GKキム・スンギュ(29)の完全移籍での獲得が合意に至ったと発表した。現在は蔚山現代に所属する同選手は2015年から19年夏までの間、ヴィッセル神戸でプレーしていた。

 クラブの発表によると、メディカルチェックの後に正式契約する見込み。同選手はJ1リーグ通算107試合出場の実績を持つ。

●GKキム・スンギュ
(KIM Seung-Gyu)
■生年月日
1990年09月30日
■身長/体重
187cm/84kg
■出身地
韓国
■経歴
現代高-蔚山現代-神戸-蔚山現代

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12712
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1578625045/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:44 | 大阪 ☀ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イニエスタ「ヴィッセル神戸で引退したい」神戸での現役引退を改めて明言(関連まとめ)

【サッカー】<イニエスタ>母国イベントで明言!「ヴィッセル神戸で引退したい」とコメント。日本で選手としての人生を全うすると宣言
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578608420/
イニエスタ2019最終節.jpg
1: Egg ★ 2020/01/10(金) 07:20:20.62 ID:mH14b+zs9.net

天皇杯で初優勝を飾ったヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタはスペインで束の間の休暇を過ごしており、バルセロナ市内のショッピングモールで行われたイベントに参加した。そこで行われた記者会見で、「ヴィッセル神戸で引退したい」とコメント。日本で選手としての人生を全うすると宣言した。

 元日に行われた天皇杯決勝の鹿島アントラーズ戦に先発したイニエスタは後半43分までプレーし、巧みにゲームを組み立てて2-0での勝利に貢献。神戸に初タイトルをもたらすとともに、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を獲得した。

 シーズン最後に栄冠を勝ち取ったイニエスタはスペインに帰郷し、束の間の休暇を過ごしている。そんななか、バルセロナ市内のショッピングモールで行われたイベントに参加。そこで行われた記者会見でイニエスタは、元同僚のシャビ監督が率いるアル・サッドとACLで対戦する可能性について聞かれ、天皇杯優勝後にシャビ監督と話したことを明かした。

「天皇杯決勝後に話したよ。ACLの出場権を得られるとは思ってもいなかったけど、この冒険がどうなるか見ていてほしい。ACLに出場できるのは素晴らしい出来事。彼にとっても素晴らしいことになることを願っているよ」

 続けて、シャビが引退して監督業を始めたことを受け、イニエスタは自身の今後について語っている。

「ヴィッセル神戸で引退したい。(契約の切れる)1年後、もう1年現役を続ける力が残っているかは分からない。その後、指導者の道へと進むというのは魅力的だ。バルサにはいつか戻りたいと思っている。なぜなら、バルサは僕の人生だからだ。ただ、今はまず選手としての最大限を出し切りたいね」

 現行の契約は2020年シーズンいっぱいまでとなっているイニエスタだが、神戸で現役引退する意思を改めて明言。世界屈指の名手は、そう遠くない未来にJリーグでそのキャリアを終えることになりそうだ。

1/10(金) 6:01配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00239940-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200110-00239940-soccermzw-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:53 | 大阪 ☀ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保裕也、米国シンシナティFC移籍が正式決定!特別指定選手で3年+1年で契約(関連まとめ)

【サッカー】久保裕也 MLSシンシナティ移籍が決定「シーズンのスタートが待ち遠しい」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578590073/
久保裕也シンシナティ加入.jpg

1: 豆次郎 ★ 2020/01/10(金) 02:14:33.42 ID:+1RcWzUO9.net

スポニチアネックス
1/10(金) 2:03配信

 MLSシンシナティは9日、ベルギー1部ヘントからFW久保裕也(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。年俸制限のない「特別指定選手」として、3年契約+1年の契約延長オプション付き。背番号は「7」に決定した。3月1日(日本時間2日)のリーグ開幕ニューヨーク・レッドブルズ戦でアメリカデビューする可能性が高い。

 すでに現地入りし、メディカルチェックもパスした久保は「チームがしっかりした興味を持ってくれて、素晴らしいプロジェクトを示してくれた。成長過程のアメリカで自分も一層の成長をしたいと思えた」と新天地に選んだ理由を明言。ベルギーリーグでは負傷の影響もあって今季公式戦12試合3得点に留まり「個人としてはFWとして、10得点10アシストを目標にしたい」と巻き返しを期す。

 シンシナティは19年シーズンからMLSに参入。昨季は東地区12チーム中最下位ながら、シーズン平均2万7336人を動員した。同地区は秋山翔吾(前西武)が新加入するMLBレッズやNFLベンガルズが本拠地を置くなどスポーツが盛んな地。「サポーターの数や雰囲気はかなり良いと感じる。シーズンのスタートが待ち遠しい」と自身5カ国目の挑戦を心待ちにした。

 18年3月以降は日本代表招集なし。だがアメリカでゴールを量産すれば、再び日の丸の舞台に戻る可能性はある。リオ五輪世代エースストライカーの新しい物語が始まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000201-spnannex-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U23日本代表、サウジアラビアに敗戦…GK大迫敬介はビッグセーブ連発も2失点に反省「自分を中心に守ってFWが点を取る展開にしないと」まとめその4(関連まとめ)

超絶セーブ連発のGK大迫、2失点黒星に悔しさ露わ 「そういうGKを理想にしている」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00239908-soccermzw-socc
大迫敬介2020サウジアラビア戦.jpg

ビッグセーブで窮地を救い続けた大迫 「ゼロで耐えれば今日のようにFWは点を取ってくれる」
 U-23日本代表は現地時間9日、東京五輪のアジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権の初戦でサウジアラビア代表と対戦し、1-2で敗れた。GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)は幾度もビッグセーブで危機を救ったが、最終的に2失点を喫しての黒星に反省の弁を述べている。

 3-4-2-1システムで臨んだ日本は、序盤からサウジアラビアに押し込まれる展開に。そんななかで際立った存在感を示したのが守護神の大迫だった。前半9分に自陣ペナルティーエリア右でのカットインから鋭いシュートに見舞われるが、大迫が見事なセーブで弾き出して難を逃れた。

 さらに同29分、自陣ペナルティーエリア手前で2人のDFが振り切られるフェイントから強烈な右足の一撃を放たれるも、またも大迫が驚異的なファインセーブでチームを救った。しかし、最終的には2失点を喫し、黒星スタートに。試合後、大迫は「試合前からスタートの試合が大事なるとチームで理解していたが、大事な試合を落として悔しい」と振り返った。

「前半はチームとして何とか辛抱したのに、後半の立ち上がりと最後の時間帯に失点したのは反省しなければいけないし、次につなげないといけない。自分の感覚は良かったし、だからこそこういうゲームに関して、自分を中心に守ってFWが最後に点を取る展開にしないといけない。自分としてもそういうGKを理想にしているので」

 反省の弁を口にした大迫は「まずは2失点しているので、GKとしてはそこをゼロにすること。耐えれば今日のようにFWは点を取ってくれる」と強調し、「まだ終わっていないので次の試合も来るので、反省をしてそれを生かしてグループリーグ突破を決められるようにやっていきたい」と前を向いた。

↑↑↑サンフレッチェ広島Part1897↑↑↑
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1578393708/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:51 | 大阪 | Comment(11) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U23日本代表、サウジアラビアに1-2敗戦 札幌加入の田中駿汰が縦パスでチャンス創出 まとめその3(関連まとめ)

五輪イヤー初戦黒星…U-23日本代表、食野弾で一時追い付くもサウジに敗れる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-43476971-gekisaka-socc
田中2020サウジアラビア戦.jpg

[1.9 AFC U-23選手権GL第1節 U-23日本代表1-2U-23サウジアラビア代表]

 U-23日本代表は9日、タイのタマサート・スタジアムでAFC U-23選手権初戦・U-23サウジアラビアを迎えた。前半を0-0で折り返した試合は、後半3分にサウジアラビアに先制を許しながらも、同11分にMF食野亮太郎(ハーツ)の得点で追い付く。しかし、後半43分に決勝点となるPKを沈められて1-2で敗れた。

 U-23日本代表は3-4-2-1のシステムを採用し、GKに大迫敬介(広島)、最終ラインは右からDF渡辺剛(FC東京)、DF岡崎慎(FC東京)、DF古賀太陽(柏)、ボランチにMF田中碧(川崎F)とMF田中駿汰(大阪体育大→札幌)を配置。アウトサイドは右にMF橋岡大樹(浦和)、左にMF杉岡大暉(湘南→鹿島)、インサイドハーフにMF旗手怜央(順大→川崎F)とMF食野亮太郎(ハーツ)を並べ、1トップにはFW小川航基(水戸→磐田)が入った。

 序盤はサウジアラビアにゴールに迫られるシーンを作られる。前半7分にはMFアリに鋭いミドルシュートを放たれるがわずかに枠を外れ、同9分には右サイドから切れ込んだFWアルハムダンに強烈なシュートを枠内に飛ばされるが、大迫の好セーブで得点を許さなかった。

 すると、徐々に日本がリズムを生み始める。最終ラインの中央に入る岡崎、ボランチの田中駿汰、田中碧が積極的に縦パスを打ち込んで攻撃をスピードアップさせ、ワンタッチを織り交ぜた素早いパスワークでサウジアラビアゴールに迫る。前半24分には左サイドから切れ込んだ食野、同26分には田中駿汰のスルーパスを受けた旗手がフィニッシュまで持ち込むがネットを揺らすには至らなかった。

 前半30分にはカウンターから危機を招き、MFガリーブに決定的なシュートを放たれるが横っ飛びした大迫が右手1本で弾き出すスーパーセーブ。同37分には日本が決定機を創出する。橋岡のパスを呼び込んだ田中駿汰が縦パスを打ち込むと、小川がヒールで流して旗手が完全に最終ライン裏に抜け出す。GKヤミとの1対1を迎え、GKまでかわしたものの、角度のない位置からシュートまで持ち込めなかった。

 ともに好機を生み出しながらも0-0のまま後半を迎えると、同3分に先制点を献上。PA内までドリブルで運んだガリーブに岡崎と古賀が寄せると、ドリブルが長くなったところに走り込んだフライフに蹴り込まれ、スコアを0-1とされてしまう。

 1点のビハインドを背負った日本は同7分、食野のCKのこぼれ球に反応した橋岡が狙うも、相手選手のブロックに遭う。しかし同11分、杉岡のパスを受けた食野が中央に持ち出して放ったシュートが、相手選手に当たってコースが変わるとゴールマウスに収まり、試合を振り出しに戻した。

 後半27分には日本ベンチが動き、小川に代わってFW上田綺世(鹿島)がピッチへと送り込まれる。同33分にはこぼれ球を拾った杉岡が強烈な左足シュートでゴールを脅かすが、GKの正面を突いてしまった。しかし同40分、バックパスのミスを奪われ、PA内に侵入を許したFWブライカーンを岡崎が倒してしまい、VARが介入した結果、サウジアラビアにPKが与えられると、ガリーブに沈められて1-2で敗れた。

秒刊コンサドーレ3218日目☆★☆札幌総合スレ☆★☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1578580956/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:24 | 大阪 | Comment(0) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U23日本、サウジアラビアに1-2敗戦…FW小川航基、無得点に反省「FWが点を取れなかった。敗戦は僕の責任」まとめその2(関連まとめ)

小川航基、無得点に反省「FWが点を取れなかった。敗戦は僕の責任」【AFC U-23選手権
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00357120-footballc-socc
小川2020サウジアラビア戦.jpg

【U-23日本代表 1-2 U-23サウジアラビア代表 U-23アジア選手権・グループB組第1節】

 AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)・グループB組第1節、サッカーU-23日本代表対U-23サウジアラビア代表の試合が現地時間9日に行われ、U-23日本代表は1-2で敗れる結果に終わった。

 後半立ち上がりにサウジアラビアに先制を許した日本は、56分に食野亮太郎のシュートが決まって一旦は同点に追いつく。だが終盤に入ったところでゴール前に抜け出した相手選手を岡崎慎が倒してPKを与え、88分に決勝ゴールを奪われてしまった。

 先発1トップで出場し、72分に上田綺世と交代するまでプレーしたFW小川航基は、「今日の試合に関してはFWが点を取れなかったので。敗戦は僕の責任かなと思っています」と試合後に反省の弁を述べた。

「あれだけ固められた相手にどういった形で点を取っていくのか、しっかりと選手の中で話し合うことが大事だと思います」と今後に向け、選手間のコミュニケーションを高めていくことを小川は課題として挙げている。

「フォーメーション云々より、相手の方が球際だったりとか勝利への執念とか、そういうものが勝っていたんじゃないかなと思います」と小川。「この試合を無駄にしないように、次の試合は戦うところからしっかりとやっていきたい」と次節のシリア戦に向けた改善を誓った。

ジュビロ磐田 part1114
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1578104434/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:28 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U23日本、食野同点ゴールも終盤にPK弾許しサウジアラビアに1-2敗戦…U-23選手権 まとめその1(関連まとめ)

【サッカー】日本代表、1−2でサウジアラビアに敗れる! AFC U-23選手権
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578582454/
食野2020サウジアラビア戦ゴール.jpg
1: 豆次郎 ★ 2020/01/10(金) 00:07:34.42 ID:+1RcWzUO9.net

AFC U-23選手権 グループステージ

2020/1/9(木)22:15
タンマサート スタジアム



U-23日本 vs U-23サウジアラビア


【得点者】
0-1 アイマン アルクライフ 後半3分
1-1 食野 亮太郎 後半11分
1-2 アブドゥルラフマン ガリーブ 後半43分

https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2020010902
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200109-11020937-soccerk-000-2-view.jpg


U-23アジア選手権初戦、日本はサウジに1-2敗戦…10番・食野亮太郎の同点弾も終盤にPKを献上
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00068617-sdigestw-socc

後半立ち上がりに中央を破られ失点。一度は追いつくも…
 東京五輪予選を兼ねたU-23アジア選手権は1月9日、グループリーグ第1戦のU-23日本対U-23サウジアラビアの一戦がタイのタマサートスタジアムで行なわれ、日本は1-2で敗れ、初戦を落とした。

 2大会ぶりの優勝を目指す日本は立ち上がり、すでにA代表で得点も挙げているFWアルハムダンを擁し、優勝候補の一角とされるサウジアラビアに押し込まれる。7分にアリ、9分にアルハムダンに際どいシュートを放たれるが、守護神の大迫敬介の好守などでゴールを許さない。日本も15分すぎから徐々にリズムが出始め、ボランチの田中碧、田中駿を中心に安定したビルドアップからチャンスを窺う。

 しかし29分、日本はカウンターから大ピンチ。ガリーブにペナルティエリア内に侵入されると、DFふたりがマークをかわされ強烈なシュートを打ち込まれる。だが、ここは大迫がファインセーブでCKに逃れ、なんとか凌ぎ切る。

 前半は一進一退の攻防の末に、0-0で終了。スコアレスでハーフタイムを迎えた。

 迎えた後半、日本はいきなり失点。48分、中央をガリーブにドリブルで持ち運ばれると、最後はアルクライフに右足で叩き込まれた。サウジアラビアに先制を許す展開となる。

 しかし日本もすぐさま反撃。56分、左サイドから持ち込んだ食野亮太郎が右足を振り抜くと、これが相手DFに当たってコースが変わり、そのままゴールに吸い込まれた。食野のゴールで日本が同点に追いつく。

 その後、日本はボールを保持するものの膠着状態に。すると72分、日本は先発した小川航基に代えて上田綺世を投入。推進力を上げて勝ち越しを狙いに行く。

 しかし日本は88分、最終ラインの古賀太陽から岡崎慎へのパスが大きく乱れ、これをアルブリカンにドリブルで運ばれると、GK大迫、岡崎が交錯してアルブリカンが転倒。主審はPKを宣告するもVAR判定に。しかし、判定は変わらず岡崎のファウルとされてPKに。これをガリーブに決められ、サウジアラビアに勝ち越し点を許した。

 日本は結局、1-2でサウジアラビアに敗れ、初戦を落とした。日本は12日にカタールとの第2戦に臨む。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:43 | 大阪 ☀ | Comment(24) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)