アンテナ・まとめ RSS

柴崎岳、今節マルカ紙の2部ベストイレブンに選出!「デポルティボでのベストゲーム」(関連まとめ)

【サッカー】柴崎岳、スペイン紙で今節2部ベストイレブンに。「デポルティボでのベストゲーム」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579519077/
柴崎デポルティボ指示.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/01/20(月) 20:17:57.52 ID:o8Gs/o669.net

スペイン紙『マルカ』は、先週末に行われたセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第24節のベストイレブンを選出し、20日に発表を行った。デポルティボの日本代表MF柴崎岳も選出されている。

 デポルティボは前節まで首位に立っていたカディスと現地時間19日に対戦し、ホームで1-0の勝利を収めた。柴崎はボランチとして先発でフル出場し、決勝点となるゴールを絶妙なスルーパスでアシストするなど好プレーをみせていた。

 デポルティボからは他に、柴崎からのパスで決勝点を決めたFWサビン・メリノもベストイレブンに選出。柴崎については「デポルティボでのベストゲームを戦った」と評されている。

 今季前半戦は開幕戦での活躍以降は低調な試合が続き、負傷などの影響もあって出場機会を失っていた柴崎だが、ここのところ公式戦3試合連続でフル出場を果たして復調の気配をみせている。チームもリーグ戦4連勝で最下位を抜け出し、3部降格圏からの脱出が見えてきた状況だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200120-00358735-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:55 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊東純也、2戦連続ゴールなど2得点に絡む活躍!ベルギーメディアでMOMにも選出!「魔法を生み出した」(関連まとめ)

【サッカー】伊東純也が2試合連続ゴール!ベルギーメディアでMOM選出も
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579489726/
伊東純也2020第21節ドリブル.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/01/20(月) 12:08:46.13 ID:o8Gs/o669.net

ベルギー1部リーグ第21節のズルテ・ワレヘム対ヘンク戦が現地時間19日に行われ、アウェイのヘンクが3-0で勝利を収めた。ヘンクの日本代表FW伊東純也は先発でフル出場し、1得点を記録している。

 前半23分には伊東が起点となってヘンクが先制点を奪う。右サイドの伊東からのクロスに対してゴール前で両チームの選手が競り合い、ゴール正面にこぼれたボールを新加入のノルウェー人MFクリスティアン・トルストヴェトが蹴り込んだ。

 ヘンクが1-0のリードで前半を折り返したあと、55分には伊東が追加点。浮き球をヒールパスで繋ぐ技ありプレーで攻撃の起点となったあとゴール前へ走り込み、味方選手のシュートがGKに弾かれたところを蹴り込んだ。2019年最終戦のオイペン戦に続いての2試合連続ゴールであり、今季3得点目となった。

 ベルギーメディア『スポルザ』では伊東をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出。「伊東純也は非常に満足な試合をした。右サイドで脅威となり、その足から魔法を生み出し、2-0のゴールでヘンクの勝利に大きく寄与した」と評している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200120-00358676-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:28 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギグス氏、脱毛症を告白「雨の日は試合に出たくなかった」

【サッカー】長年秘密にしていたギグス“最大の敵”脱毛症を告白「雨の日は試合に出たくなかった」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579519379/
ギグスレーザー治療.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/01/20(月) 20:22:59.96 ID:o8Gs/o669.net

ライアン・ギグスが自身のスポーツキャリアを通じて直面した最悪のライバルの1つは脱毛症であろう。
『The Sun』が報じたMRHヘアクリニックによるユナイテッドのレジェンドの記事から、少なくともそう感じ得る文章が公開されている。

【ギグスのレーザー治療の様子を公開】
https://sport-japanese.com/uploads/media/news/0001/34/8b44a59bc80518737a45b2f0479da83b4f6c01e4.jpeg

その記事の中で現ウェールズ代表監督は、23年間のプロキャリアにおいて、終わりの10年間で彼のイメージの一つとなった脱毛症と戦うために受けた、あらゆる種類の治療について、詳しく説明している。

「2003年にアンフィールドで試合をした後に初めて気付いた。2つのゴールを決め、チームメイトとパブへ行った時、“よくやった!”と迎えられると期待していた。だが最初に聞いた言葉は、“カールした髪の毛がなくなってきてるぞ”だった」

そのエピソードはギグスにとってトラウマとなった。
「特に雨が降るとの予報が出ている日に試合の中継がある時は、被害妄想にとりつかれていた。雨が降っていたら、“今日は試合に出たくないな”と思った時もあるよ。それから髪を少しずつ短くしてくことに決めたんだ。髪が短ければ短くなるほど、外見も醜くなっていく気がした」

ギグスは誠実な発言の中で、この問題はサッカーエリートとして評された過度なストレスが原因だと述べている。
「サッカーは非常にストレスが多い。常にプレッシャーにさらされているんだ。試合結果に影響される。勝てば常に脚光を浴び、負ければ批判にさらされる」

ギグスは当時の自分の髪の毛について、周囲からからかわれたと明かしてる。
「私はかなり控えめな人間であり、自分自身の胸に封じて置きたかった。私はそれについて話したくなかった。だが、周囲の人々が私に言うんだ。“何かしたのかい?髪の移植とか?”とね」

2009年増毛手術や2011年にはレーザー治療、育毛シャンプーやマッサージ治療など、薄毛治療に約400万円を費やしたギグスは、最終的に2017年に大掛かりな髪の移植を行うことを決定した。

その手術は今まで彼の秘密として守られてきた。
「その手術は簡単なもので、約半日で終わった。当時人々からはそれまで以上にジロジロ見られたよ。事実、私は誰にもこのことを知らせなかったんだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00010013-sportes-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:01 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナポリ・ガットゥーゾ監督、早くも退任の噂…ラウレンティス会長がアンチェロッティ氏解任を後悔 リーグ戦1勝4敗

ナポリのガットゥーゾ監督、就任1ヶ月で早くも辞任の噂。リーグ戦1勝4敗
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200120-00358722-footballc-socc
ガットゥーゾ監督ナポリ2019.jpg

 昨年12月にナポリの新指揮官に就任したジェンナーロ・ガットゥーゾ監督だが、早くも辞任の噂が浮上している。低調なチームの立て直しを託されたが、状況は改善されていない。

 セリエAで7位に位置していたナポリは、先月10日にカルロ・アンチェロッティ前監督を解任。その翌日にミランなどの元監督であるガットゥーゾ氏を新監督に迎えることが発表された。

 だが就任後の初戦でパルマに敗れたあと、サッスオーロには勝利を収めたが、そこからインテル、ラツィオ、フィオレンティーナに3連敗。ナポリは11位にまで順位を下げ、優勝争いはおろかチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ出場圏からも大きく遠ざかっている。

 伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えたところによれば、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長はガットゥーゾ監督への怒りを募らせており、可能ならアンチェロッティ氏を呼び戻したいと考えているという。だがアンチェロッティ氏はすでにエバートンの新監督に就任してしまっている。

 一方で、ガットゥーゾ監督の側も辞任を考え始めているとの報道もある。だが同監督は「私が辞任するかもしれないという噂が流れていると聞いたが、そういう考えは全く浮かばない」とその可能性を否定した。

 21日にはコッパ・イタリア準々決勝でラツィオ戦、26日にはセリエAでユベントス戦と厳しい試合が続く。ここで結果が出せなければガットゥーゾ監督の周辺はさらに騒がしくなってくるかもしれない。

セリエAをみるぞ!No.224
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1579017747/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水、DF松原后のベルギー1部シント・トロイデン移籍内定を発表「僕の心はエスパルスと共にあります」(関連まとめ)

【サッカー】清水DF松原后が ベルギー シント=トロイデンへ完全移籍内定!23歳で初の海外挑戦へ 34試合2得点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579505164/
松原后2019清水02.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/20(月) 16:26:04.58 ID:cBgJ491d9.net

2019シーズンはリーグ戦全試合に出場
清水エスパルスに所属するDF松原后が20日、ベルギーのシント=トロイデン(STVV)へ移籍することが内定した。今後、メディカルチェックを経て正式契約を結ぶ。


松原は2015年に浜松開誠館高校を卒業後、清水エスパルスへと加入。同年にプロデビューを果たした。以降は主力のサイドバックとしてチームに貢献しており、2019シーズンはチーム唯一となる全試合出場を達成していた。発表に際し、このようにコメントしている。

「報告が遅くなりすみません。このたび、ベルギーのシントトロイデンVVに移籍することになりました。僕にきたチャンスを尊重し、快く送り出してくれるエスパルスには感謝しかありません。と同時にこのクラブを背負うような気持ちで挑戦してきます。高校を出て、何もできなかった僕とサポーターの皆さんとは5年間喜怒哀楽あり、色々な経験をさせてもらい成長させて頂きました。一番伝えたいことは、僕はエスパルスが本当に大好きということ。静岡で育ち、このクラブでサッカーができて幸せでした。僕の心はエスパルスと共にあります。本当にありがとうございました」

23歳の松原にとってSTVV加入は初の移籍であり、初の海外挑戦となる。なお、STVVではすでにシュミット・ダニエルや鈴木優磨といった日本人選手がプレーする。

STVVは小池裕太が2019シーズンは鹿島アントラーズへ期限付き移籍していたが、その後セレッソ大阪へと完全移籍。左サイドバック獲得が急務となっており、そこで同じく左利きの松原に白羽の矢が立つこととなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00010019-goal-socc
1/20(月) 16:00配信

DF松原 后
フリガナマツバラ コウ
背番号25
身長/体重182cm/72kg
生年月日1996年8月30日
出身地静岡
血液型A
所属チーム名FCエストレージャ-ジュビロ磐田Jrユース-浜松開誠館高
主な経歴-



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「鈴鹿ポイントゲッターズ」誕生!JFL鈴鹿アンリミテッドがチーム名を改定「あなたのポイントがクラブを強くする」(関連まとめ)

鈴鹿、新チーム名は「鈴鹿ポイントゲッターズ」に決定! 2月より改定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-01025232-soccerk-socc
ポイントゲッターズロゴ01.jpg

 鈴鹿アンリミテッド(JFL)は20日、2020年シーズンより使用する新チーム名が「鈴鹿ポイントゲッターズ」に決定したことを発表した。

 新チーム名の決定に伴い、新チームロゴと新チームエンブレムも併せて発表されている。また、「鈴鹿ポイントゲッターズ」への改定は2020年2月1日からとなっている。

 同クラブは公式HP上で、以下のようにチーム名を説明している。

「あなたのポイントがクラブを強くする」

「旧・鈴鹿アンリミテッドは、新たにチーム名『鈴鹿ポイントゲッターズ』と共に、ポイントサポーターズクラブとして生まれ変わります」

「選手やチームが勝ち点を奪いに行くという意志はもちろん、ファン・サポーターのみなさんと一緒になってクラブ運営費を稼いでいく全く新しい仕組みです。新しい名称の元、日本のスポーツクラブ経営をまったく新しい方法で塗り替えていきます」


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12767
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1579492211/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(18) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋、長谷川アーリアージャスールが全治6ヶ月の離脱…ミニゲーム中に同僚と交錯し右足骨折(関連まとめ)

【サッカー】J1名古屋の長谷川アーリアジャスール(31)、ミニゲームでチームメートと交錯して全治6ヶ月の骨折
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579485278/
長谷川アーリア名古屋.jpg

1: ニーニーφ ★ 2020/01/20(月) 10:54:38.93 ID:bYhUiMlq9.net

名古屋グランパスは19日、MF長谷川アーリアジャスール(31)が、右脛骨(けいこつ)骨幹部骨折で全治6カ月と診断されたと発表した。FWなどもこなす主力が、前半戦絶望の見通しとなった。長谷川は、18日のミニゲームでボールを追ってチームメートと交錯し、右脚を強打。スタッフの肩を借りてカートに乗せられ、ピッチを離れていた。

マッシモ・フィッカデンティ監督(52)は、19日の練習後に「すごく重要な選手の1人が長く離脱することになり、チームとしては痛いが、彼自身のためにも治して早く戻ってほしい」と語った。

https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/202001/CK2020011902100041.html




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:07 | 大阪 ☀ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、ドッピエッタで7戦連続ゴール!ユベントスはパルマに2-1勝利し首位キープ

【サッカー】セリエA第20節 34歳C・ロナウドが圧巻2発!! 7戦連続弾で今季16点目(17試合)! ユーベは5連勝で首位キープ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579471835/
CR2020第20節goal.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/20(月) 07:10:35.01 ID:dB4RPUE49.net

[1.19 セリエA第20節 ユベントス2-1パルマ]

セリエAは19日に第20節を行った。ユベントスはホームでパルマと対戦し、2ー1で勝利。FWクリスティアーノ・ロナウドが2得点を挙げた。

首位を走るユベントスは4-3-1-2の布陣を敷き、トップ下にはMFアーロン・ラムジー、前線にはC・ロナウドとFWパウロ・ディバラを起用。
5連勝を狙う王者だったが、前半21分にDFアレックス・サンドロが負傷してしまい、DFダニーロを投入する。

しかしこの男が独力で均衡を破る。前半43分、C・ロナウドは左サイドでボールを収め、そのままPA左に進入。カットインから右足シュートを放つと、ボールは相手DFに当たりながらゴールに吸い込まれた。
C・ロナウドはリーグ戦7試合連続ゴール。データサイト『opta』によると、これは2005年にFWダビド・トレゼゲが記録して以来のものだという。

前半を1-0で折り返したユベントスだが、後半10分にセットプレーから失点。
パルマの右CKをFWアンドレアス・コーネリウスに頭で決められ、1-1と試合を振り出しに戻された。しかし再びC・ロナウドが得点を挙げる。

ユベントスは後半13分、中盤のMFミラレム・ピャニッチから右サイドのディバラへ。
ディバラはそのままPA右にドリブルで入り込んで中央に折り返すと、良いタイミングで入り込んだC・ロナウドが右足ダイレクトでゴールに流し込んだ。

ドッピエッタ(1試合2得点)のC・ロナウドは今季リーグ戦16ゴール目を記録。34歳ながら7試合11ゴールという決定力を見せつけた。ユベントスは2-1で勝利をつかみ取み、2位インテルと勝ち点4差となった。
22日にはコッパ・イタリア準々決勝でローマと、26日にはセリエA第21節でナポリと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-43477400-gekisaka-socc
1/20(月) 6:43配信

https://giwiz-content.c.yimg.jp/im_sigg.yYBXDi9eWeWm07dFfPE9A---priy-x259-y195-yc0-xc18-hc192-wc192-n1/r/iwiz-amd/20200120-43477400-gekisaka-000-1-view.jpg

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20081298
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/53
得点ランキング

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/53
順位表



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【神試合】ミラン、レビッチ2ゴールなどウディネーゼに3-2劇的勝利!イブラ効果で勝負強さ取り戻し公式戦3連勝(関連まとめ)

ミラン、劇的勝利で公式戦3連勝!レビッチ2発でウディネーゼに競り勝つ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00010038-goal-socc
レビッチ2020第20節ゴール.jpg


現地時間19日、イタリア・セリエAは第20節が行われ、ミランはホームのジュゼッペ・メアッツァにウディネーゼを迎えた。

8シーズンぶりにミラン復帰を果たしたズラタン・イブラヒモヴィッチが復帰後初先発&初ゴールを決め、良い形で前半戦を終えたミラン。名門復活に欠かせないキャラクターであることを改めて証明して見せた“王”の帰還で復調への機運が高まる中、リーグ3連勝中のウディネーゼを迎えた。

試合は早々に動く。6分、右サイドへのロングパスに抜け出したケヴィン・ラザーニャに対し、GKジャンルイジ・ドンナルンマがエリアを飛び出してクリアを試みるも、互いに競り合う形になり接触。ボールだけがペナルティーエリア右に残される形となり、このルーズボールにいち早く反応したイェンス・ラーセンが無人のゴールに流し込んでウディネーゼが早くも先制する。

その後もシンプルなカウンターでミランゴールを脅かすウディネーゼに対し、ミランはイブラヒモヴィッチまでボールを運ぶことができず、シュートチャンスを作ることができない。33分にエリア内右でボールを受けたサムエル・カスティジェホのシュートはGKファン・ムッソの守備範囲。35分には、テオ・エルナンデスの低く速い左クロスにイブラヒモヴィッチが滑り込むも、DFにブロックされてしまう。

ウディネーゼが1点をリードして迎えた後半、追いかけるミランがジャコモ・ボナベントゥーラに代えてアンテ・レビッチを投入するが、開始早々に決定機を作ったのはウディネーゼ。46分、カウンターからラザーニャが抜け出してシュートを放つも、ここはGKドンナルンマが好セーブでピンチを救う。

すると迎えた48分、右サイドをドリブルで持ち上がったアンドレア・コンティがエリア内をえぐって折り返すと、ゴール前に飛び込んできたレビッチが押し込んでミランが同点に追いつく。

采配ピタリで試合を振り出しに戻したミランだが、53分にはステファノ・オカカのパスに抜け出したラザーニャが決定機を得るも、シュートはGKドンナルンマがファインセーブで切り抜ける。

逆転を狙うミランと、カウンターから勝ち越しを狙うウディネーゼ。一進一退の拮抗した展開が続く中、72分にミランが左CKを獲得する。これはニアサイドで跳ね返されるものの、ペナルティーエリア手前でフリーとなっていたテオ・エルナンデスがダイレクトボレーで捉えると、低く抑えの利いたシュートがゴール前の密集地帯と抜けてネットに突き刺さり、ミランが逆転に成功する。

逆転したミランは77分、カスティジェホに代えてラデ・クルニッチを投入。84分にはラファエル・レオンのパスからイブラヒモヴィッチに決定機が訪れるが、シュートは枠を外れる。

すると85分、ロドリゴ・デ・パウルとのワンツーでペナルティーエリア右を崩したラーセンの折り返しを、ゴール前でラザーニャが頭で合わせ、ウディネーゼが再び試合を振り出しに戻す。

残り少ない時間で決勝点を狙う両者だが、このまま勝ち点1を分け合うかに思われた終了間際、ペナルティーエリア手前でのイブラヒモヴィッチの仕掛けはDFにブロックされるが、こぼれ球を拾ったレビッチが左足でゴール右へと流し込み、土壇場でミランが勝ち越しに成功。劇的な幕切れで公式戦3連勝を飾った。

■試合結果
ミラン 3-2 ウディネーゼ

■得点者
ミラン:レビッチ(48分、90+3分)、テオ・エルナンデス(71分)
ウディネーゼ:ラーセン(6分)、ラザーニャ(85分)

ミラン連勝! 加入後初弾のレビッチが劇的ドッピエッタ、イブラ効果で勝負強さ取り戻す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-43477405-gekisaka-socc

[1.19 セリエA第20節 ミラン3-2ウディネーゼ]

 セリエAは19日に第20節を行った。ミランはホームでウディネーゼと対戦し、3-2で勝利。FWアンテ・レビッチが終了間際に劇的ゴールを挙げた。

 FWズラタン・イブラヒモビッチ加入から2020年はいまだ公式戦3試合無敗となっているミラン。好調を維持したいところだったが、前半7分に失点を喫する。ウディネーゼの右サイドへのロングフィードにGKジャンルイジ・ドンナルンマがPA外に飛び出して対応。しかしDFイェンス・ストリガー・ラーセンにこぼれ球を無人のゴールへと決められ、0-1とされてしまう。

 追いかけるミランはイブラヒモビッチを中心に攻撃を展開。すると前半はそのまま0-1で折り返すが、後半開始からFWジャコモ・ボナベントゥーラに代えてレビッチを投入し、一気に流れを掴んでいく。

 ミランは後半3分、中盤でのパス回しからDFアンドレア・コンティがPA右に入り込み、中央に折り返す。PA外から一直線に走り込んだレビッチが右足ダイレクトで合わせ、ゴールに突き刺した。レビッチは加入後初ゴールとなった。

 1-1と振り出しに戻したミランだが、その後はウディネーゼの猛攻に遭う。しかし先制点につながるミスをしてしまったドンナルンマが汚名返上のスーパーセーブを連発し、ゴールを守っていく。

 すると後半26分にミランが逆転に成功。左CKはPA内で跳ね返されるが、PA手前のDFテオ・エルナンデスが豪快な左足ボレーを放ち、地を這う弾道でゴール右隅に突き刺した。今季5点目でチーム最多スコアラーとなった左SBの活躍で、ミランが2-1とリードする。

 しかしウディネーゼも諦めない。後半40分、右サイドからのクロスをFWケビン・ラザーニャが技ありのヘディングシュートでゴールに流し込み、再び2-2の同点に追いついてみせた。

 試合はそのまま終わるかと思われたが、好調ミランが隙を突く。後半アディショナルタイム3分過ぎ、後方からのロングボールをレビッチが落とし、イブラヒモビッチが疲拾う。再びボールがレビッチに渡ると、相手DFをかわしながらPAに入り込み、左足を一閃。ゴール右隅に突き刺し、ドッピエッタ(1試合2得点)を達成した。

 ミランが3-2で連勝を成し遂げ、前節終了時点の10位から8位に浮上。イブラヒモビッチ加入から低迷脱出のきっかけを少しずつ掴み始めている。24日には第21節・ブレシア戦を敵地で行う。

【DAZN】セリエA 2019/21 総合
http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1579433927/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴崎岳、絶妙スルーパスで決勝アシスト!監督が大絶賛「才能がある選手にはどうしたって才能がある」首位カディス戦1-0勝利に貢献

【サッカー】セグンダ・ディビシオン第24節 柴崎岳、絶妙スルーパスで移籍後初アシスト!首位撃破に貢献…デポルティボは4連勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579452913/
柴崎2020第24節競り合い.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/20(月) 01:55:13.00 ID:oG+eNKyW9.net

【デポルティボ 1-0 カディス セグンダ・ディビシオン第24節】

セグンダ・ディビシオン第24節、デポルティボ・ラ・コルーニャ対カディス が現地時間19日に行われた。試合はホームのデポルティボが1-0で勝利を収めた。

デポルティボに所属する日本代表MF柴崎岳は、ボランチで先発。2試合連続の先発となった。柴崎は正確なパスでゲームを組み立て、決勝点をアシストした。

現在リーグ21位のデポルティボが首位カディス相手に善戦。前半は得点を与えず、0-0で折り返した。60分、浮き球に対して相手DFの裏に抜け出したモジェホがペナルティエリア内で後ろから倒されたように見えたが、笛は鳴らず。デポルティボはPK獲得とはならなかった。だが、後半はホームのデポルティボがボールを保持する時間が続く。

均衡が破れたのは65分。デポルティボが先制に成功する。ペナルティエリア手前の左でボールを受けた柴崎が、エリア内に走り込んできたメリノに絶妙なスルーパス。メリノがGKとの1対1を制し、デポルティボが先制に成功した。柴崎はこれで移籍後初アシストとなった。

先制に成功したデポルティボは、その後もボールを保持し試合を優位に進めていく。柴崎も中盤で果敢にディフェンスにいき、カディスにリズムを作らせない。

結局デポルティボが1点を守りきり、1-0で勝利を収めた。勝利したデポルティボは4連勝となった。

【得点者】
65分 1-0 メリノ(デポルティボ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200120-00358621-footballc-socc
1/20(月) 1:51配信



「才能がある選手には、どうしたって才能がある」1アシストの柴崎岳をデポルティボ監督が大絶賛!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00010006-goal-socc

「パーフェクトだ」
デポルティーボ・ラ・コルーニャのフェルナンド・バスケス監督が、日本代表MF柴崎岳を絶賛した。スペイン『ラ・ボス・デ・ガリシア』が伝えている。

19日に行われたリーガ2部第24節で、首位カディスとの一戦に臨んだデポルティーボ。そんな大一番で2試合連続のスタメン入りを果たした柴崎は65分、アタッキングサードで前を向くと右足で絶妙なパスでサビン・メリノのシュートをアシスト。チームはこの1点を守り切り、首位チームを破っている。

一時期は最下位に低迷していたデポルティーボだが、これでリーグ戦4連勝(F・バスケス監督就任以降は3連勝)を記録。未だ20位と苦しむものの、復調の兆しを見せている。そして、前半戦は負傷などの影響もあって不振に陥っていた柴崎もきっかけを掴んだのかもしれない。直近公式戦3試合でフル出場を果たすなど、指揮官からの信頼を得ることに成功している。

試合後バスケス監督は、柴崎について以下のように絶賛。さらなる期待も込めた。

「柴崎に期待すること? ただ彼であることを期待している。ヘタフェと日本代表でのプレーを見たが、とても優れた選手であることに疑いの余地はない。信じられないほどのダイナミズムがあり、フィジカル的にも素晴らしく、中盤なら中央、右、左、トップ下と、どこでも適応することができる。パーフェクトだよ」

「彼はどんな監督にとっても、大きな評価を与えるべき選手なんだよ。以前にどうであったのかは知らないが、才能がある選手には、どうしたって才能がある。私にとって、彼がここ最近の試合で見せているプレーはまだまだ普通だ。もっと上向く必要があるね」
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:00 | 大阪 ☀ | Comment(25) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、右SBで攻守に奮闘も…10人のボローニャは終盤追い付かれヴェローナと1-1ドロー

【サッカー】冨安健洋、攻守に奮闘も…一人少ないボローニャは終盤に追いつかれ3試合ぶりの勝利逃す
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579450130/
冨安2020第20節.jpg

1: 久太郎 ★ 2020/01/20(月) 01:08:50.56 ID:o8Gs/o669.net

ボローニャ 1-1 ベローナ セリエA第20節】

 イタリア・セリエA第20節、ボローニャ対ベローナが現地時間19日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。

 ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋はこの日も右サイドバックで先発に名を連ね、8試合連続の先発となった。冨安は堅い守備を見せ、果敢に攻撃参加するなど攻守でチームに貢献した。

 先制したのはボローニャ。20分、右CKから相手DFがヘディング。ゴールに向かったボールはシルべストリが弾くも、こぼれ球をバニが押し込んだ。

 後半開始早々にチャンスを作る。ロングボールに抜け出したサンタンデールと競り合ったダヴィドビッチがハンド。一度はレッドカードが提示されたが、VARの介入によりハンドは取り消し。レッドカードも取り消された。

 リードしているボローニャに不運が襲う。66分、相手にタックルされたバニが、審判に抗議しこの日2枚目のイエローカード。退場処分となってしまった。

 すると81分、ベローナが同点に追いつく。左サイドからラゾビッチがクロスを送ると、ボリーニがヘディングでゴールに突き刺した。ボリーニはこれで移籍後初ゴールとなった。

 試合はこのまま終了し、1-1の同点に終わった。ボローニャは3試合ぶりの勝利を逃した。

【得点者】
20分 1-0 バニ(ボローニャ)
81分 1-1 ボリーニ(ベローナ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200120-00358612-footballc-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【エジプト王サラー】リバプール、マンU撃破!サラー独走ドリブルゴールで2-0完封勝利し13連勝!南野はベンチ入りも出場せず(関連まとめ)

リヴァプール、マン・U撃破でプレミアリーグ13連勝!南野拓実は出番なし
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00010002-goal-socc
サラー2020第23節ゴール.jpg

現地時間19日、イングランド・プレミアリーグは第23節が行われ、南野拓実の所属するリヴァプールはホームのアンフィールドにマンチェスター・ユナイテッドを迎えた。

プレミアリーグ21試合を戦って20勝1分。圧倒的な数字で首位を独走しているリヴァプールにとって、ユナイテッドは今シーズンのプレミアクラブの中で唯一ドローに終わった相手だ。負傷者も多くまだまだ不安定なユナイテッドに対し、悲願のリーグ制覇に向けて年が明けても快調に飛ばしているリヴァプールはここで伝統のライバルを叩いておきたいところ。

しかし、立ち上がりから積極的な入りを見せたのはユナイテッド。互いにカウンターが最も得意とする攻撃の形だが、まずはユナイテッドが前からプレスをかけて仕掛けようという意図が見られた。

しかし、先制したのはホームのリヴァプール。14分、トレント・アレクサンダー=アーノルドの右CKをフィルジル・ファン・ダイクが頭でピタリと合わせてネットを揺らした。

リードしたリヴァプールはさらに24分、ファン・ダイクがGKダビド・デ・ヘアと競り合い、こぼれ球をつないで最後はロベルト・フィルミーノが見事なコントロールショットでネットを揺らすも、デ・ヘアへのファールを取られてノーゴールとなった。35分にも、アレックス・オックスレイド=チェンバレンのスルーパスにジョルジニオ・ワイナルドゥムが抜け出してネットを揺らすもオフサイドによりノーゴールとなる。

守勢の続くユナイテッドは40分、枠を外れたアントニー・マルシャルのシュートでようやくこの試合最初のシュートを放つと、41分には左サイドからのクロスをファーサイドのアーロン・ワン=ビサッカが折り返し、最後はアンドレアス・ペレイラが滑り込むも一歩合わず。リヴァプールが1点をリードして試合を折り返した。

後半、1点リードのリヴァプールが畳み掛けるようにユナイテッドゴールへと迫る。47分、左サイドを抜けたアンドリュー・ロバートソンの折り返しをモハメド・サラーが流し込むだけの場面をミートできずゴール右へ。49分には、ジョーダン・ヘンダーソンのシュートが右のポストを直撃するなど、後半の10分間でリヴァプールが猛攻を続けた。

追いつきたいユナイテッドは57分、フレッジがカウンターからドリブルで持ち込みシュートもゴール左へ。59分には、アンドレアス・ペレイラとのワンツーでエリア内左に侵入したマルシャルが同点の絶好機を得るも、肝心のシュートは力み過ぎたのか枠を捉えることができない。

66分、オックスレイド=チェンバレンに代えてアダム・ララーナを投入したリヴァプールに対し、ユナイテッドは74分にペレイラ、ブランドン・ウィリアムズを下げてフアン・マタ、メイソン・グリーンウッドを投入。互いに次の1点を目指し、非常に攻守の切り替えが速くインテンシティの高い攻防が続く。

82分、リヴァプールはサディオ・マネとフィルミーノを下げ、ディヴォック・オリギとファビーニョを投入。より守備の安定を図る采配で交代枠を使い切り、南野のプレミアデビューはまたもお預けとなった。

決定機の数では圧倒的にリヴァプールだが、リードはまだ1点。ユナイテッドもルーク・ショーに代えてディオゴ・ダロットを投入し交代枠を使い切る。まずは同点を目指して少ない時間の中、サイドを起点にシンプルなクロスでチャンスを窺うが、やはりリヴァプールの守備陣も固く、ことごとく跳ね返されてしまう。

アディショナルタイムの3分間も猛攻を続けたユナイテッドだったが、最後までGKアリソンの牙城を崩すには至らず。逆に終了間際にはアリソンの素早いキックからサラーが抜け出し、DFのチェックを受けながらもGKデ・ヘアを破り、リヴァプールが決定的な追加点を奪って勝負あり。伝統の一戦を制したリヴァプールが、悲願のリーグタイトルへまた一歩前進した。

■試合結果
リヴァプール 2-0 マンチェスター・U

■得点者
リヴァプール:ファン・ダイク(14分)、サラー(90+3分)

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1193 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1579457257/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 04:03 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)