アンテナ・まとめ RSS

遠藤航、元独代表マリオ・ゴメスが不遇期間支える「何度か『君の時期がやって来る』と…」他、遠藤をシュツットガルトが完全移籍で買い取りへ

遠藤航、起用されなかった加入後3カ月間を振り返る…支えてくれたのは元ドイツ代表FW
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00010019-goal-socc
遠藤航シュツットガルト試合後.jpg

日本代表MF遠藤航がドイツ紙『ビルト』のインタビューに応じ、ブンデスリーガ2部シュトゥットガルトで出場機会が与えられなかった最初の数カ月間を振り返った。

遠藤は昨夏にベルギーのシント=トロイデンから買い取りオプション付きのレンタルでシュトゥットガルトに加入。しかし、ティム・ワルター前監督の下では移籍がシーズン開始後にもつれ込んだことや代表ウィークによる離脱などが影響し、ベンチを温める状況が続いた。新天地デビューを迎えたのは昨年11月の第12節ディナモ・ドレスデン戦、第14節カールスルーエとのダービーマッチでようやく初のスタメン。そこからボランチとしてすべての公式戦にフル出場している。

そんな遠藤だが、シュトゥットガルトでの最初の3カ月間について「もちろんあの時は辛かったです」と当時の心境に言及。しかし、「諦めることは考えにありませんでした。絶対にチャンスが訪れると信じていましたし、自分の力を信じ続けました」と前向きにアピールし続けていた。

そんななか、支えてくれたチームメイトは元ドイツ代表FWのマリオ・ゴメスだったようだ。「マリオとはドレッシングルームでロッカーが隣同士ですが、何度か『君の時期がやって来る』と話しかけてくれて、とても元気づけられました」と明かした。

一方、178センチとドイツのサッカーでは長身ではない遠藤だが、その空中戦の強さには周囲も驚かされた模様。自身のヘディング能力について「タイミングが一番重要です。それにジャンプ力が結構あります。身につけるためにたくさんの練習を積み重ねてきました」とも説明し、アイドルに元スペイン代表DFカルラス・プジョルや元イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロ、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルと身長が自身とあまり変わらない選手たちを挙げている。

また、今冬にはホッフェンハイムでアシスタントを務めていたペレグリーノ・マタラッツォ氏を新監督に招へいしたシュトゥットガルトだが、監督交代は遠藤の起用法にも多少の影響を及ぼすかもしれない。遠藤は、3バックの導入を考える新監督とのやり取りについて「センターバックでプレーする自信はあるか聞かれ、『もちろんです。まったく問題ありません』と答えましたよ」とも明かしている。

なおシュトゥットガルトでは家族とともの生活を送る4児の父だが、インタビューではもっと多くの子供を希望している考えをうかがわせつつ、「妻は今はそうではないようで(笑)」と返答。いずれにせよ「シュトゥットガルトには大きな日本人のコミュニティーがあるし、美味しい和食レストランもあります」とピッチ外でも新たな環境に馴染んでいる様子を示している。

遠藤航、シュトゥットガルトに完全移籍へ…約2億円でオプション行使か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-01025754-soccerk-socc

 日本代表MF遠藤航は、シュトゥットガルトへの完全移籍が近づいているようだ。ドイツ紙『ビルド』が20日に伝えている。

 遠藤は1993年生まれの26歳。2010年に湘南ベルマーレでプロデビュー。2018年にFIFAワールドカップ ロシアの日本代表メンバーに選出されると、同年には自身初の海外挑戦となるシント・トロイデン(STVV)移籍を果たした。

 遠藤は2019年夏にシント・トロイデンから1年間のレンタルでシュトゥットガルトに加入。11月3日に行われたブンデスリーガ2部のドレスデン戦でドイツデビューを飾ると、ここまでリーグ戦6試合に出場している。

 今回の報道によると、シュトゥットガルトは遠藤について、買い取りオプションの行使をすでに決断している模様。移籍金は150万ユーロ(約1億8200万円)と推定されている。

※レスは少なめですがご容赦下さい

【シント=トロイデンVV】遠藤航 Part1
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1533012756/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、ACLプレーオフで豪州メルボルン・ビクトリーと対戦が決定!3年連続の本大会出場かけ28日に対戦へ(関連まとめ)

鹿島アントラーズ、ACLプレーオフの相手はメルボルン・ビクトリーに決定!本戦出場をかけ28日に対戦
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200121-00358862-footballc-socc
メルボルンビクトリー2020ACLPO勝利.jpg

AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフの鹿島アントラーズの対戦相手がオーストラリア1部のメルボルン・ビクトリーに決定した。

 ACLプレーオフ予選2回戦メルボルン・ビクトリー対ペルシサム・プトラ・サマリンダ(バリ・ユナイテッド)が21日に行われた。試合はホームのメルボルンVが5-0で勝利し、鹿島と対戦するプレーオフに進出した。

 メルボルンVは2018年から2019年までMF本田圭佑が在籍していたクラブ。2年連続でACL本大会に出場し、3年連続の本大会出場を目指す。

 ACL本大会出場をかけたプレーオフは28日に行われ、鹿島対メルボルンVは茨城県立カシマサッカースタジアムで日本時間19:00キックオフ。また、同じくプレーオフを戦うFC東京は、日本時間21日21:00キックオフのポートFC(タイ)対セレス・ネグロス(フィリピン)の勝者と対戦する。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12770
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1579601113/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:23 | 大阪 ☀ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英と香川真司、今夜国王杯で激突へ!日本人対決にスペイン紙も注目 日本時間22日03時キックオフ

香川、久保が国王杯で激突…今夜実現の日本人対決にスペイン紙も注目

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-01025746-soccerk-socc
久保と香川02.jpg

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)ラウンド32で、香川真司と久保建英の対決が実現。レアル・サラゴサが本拠地ラ・ロマレダにマジョルカを迎える。スペイン紙『マルカ』が20日、日本人対決の展望を語った。

 まず、同紙は「デポルティーボと対戦した際には柴崎岳が出場機会を得られなかったため、香川と柴崎の対決は実現しなかった。その後、香川はアラゴン・ダービーで岡崎慎司がプレーしているウエスカの前に立ちはだかった。今回、香川は国王杯で戦いに挑む。明日、マジョルカの一員として久保がラ・ロマレダを訪れる」と述べた。

 また、久保については「素晴らしい才能を持っており、わずか18歳でレアル・マドリードへ加入した。将来が有望であることを自身のプレーで既に示している。前節の試合は途中出場だったため、明日の試合でスタメンに入る可能性は高い」とコメントしている。

 最後に、「この試合は日本でも注目を集めるだろう。サラゴシスタは日本のアイドルで、マジョルキニストは日本の未来を背負う選手だ。香川と久保が公式戦で対戦するのは初めてだ。加えて、香川はサラゴサ加入後初の1部チームとの対戦になる。香川のシーズンは期待通りに進んでいるとは言い難いが、状況を好転させる時間は多く残されている」と記し、日本人対決の注目度の高さを強調した。

 香川、久保ともにピッチに立ち、日本人対決は実現するのだろうか。レアル・サラゴサとマジョルカの一戦は21日の19時(日本時間22日の早朝3時)にキックオフを迎える

【RCD】久保建英応援スレ part158【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1579442990/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水、昨季ブラジル得点ランク3位のFWジウベルトに獲得オファー(関連まとめ)

昨季のブラジル・セリエA得点ランク3位のFWジウベルトにJリーグクラブがオファー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00368701-usoccer-socc
ジルベルト清水噂.jpg

バイーアに所属するブラジル人FWジウベルト(30)にJリーグクラブが興味を示しているようだ。ブラジル『UOL』が伝えた。

報道によると、ジウベルトに対して日本のクラブからオファーが来ているとのこと。オファーを出したのは清水エスパルスで、オファーは契約解除金と同じ250万レアル(約6600万円)とのことだ。

ジウベルトはインテルナシオナルやスポルチ・レシフェ、ポルトゥゲーザなどでプレー。2013年12月からはMLS(メジャーリーグ・サッカー)のトロントFCへと移籍。2015年2月にヴァスコ・ダ・ガマへレンタル移籍で復帰すると、2015年7月にはシカゴ・ファイアーへと完全移籍。その後、サンパウロへと移籍すると、2018年1月からはトルコのイェニ・マラティヤスポルでプレー。2018年7月からバイーアでプレーしていた。

2019シーズンはブラジル・セリエAで32試合に出場し14ゴール3アシストを記録。リーグ3位のゴールを記録している。

通算でもブラジル・セリエAで161試合に出場し49ゴール10アシスト、MLSでは47試合で12ゴール8アシストを記録。スュペル・リグでも12試合で2ゴールを記録していた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12768
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1579524114/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:01 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大宮、ラトビア代表DFマクシメンコを獲得へ!初のラトビア人Jリーガー誕生か 所属元オリンピアが契約解除を発表(関連まとめ)

現役ラトビア代表DFマクシメンコが大宮加入へ…オリンピアがメディカル受診と発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00368677-usoccer-socc
マクシメンコオリンピア.jpg


スロベニアのオリンピア・リュブリャナは20日、ラトビア代表DFビターリース・マクシメンコ(29)との契約解除を発表した。クラブ公式サイトが発表した。

なお、この契約解除は他クラブとの契約締結が前提とされており、マクシメンコは21日に来日。大宮アルディージャのメディカルチェックを受けることも発表されている。

マクシメンコは、母国のダウヴァガ・リガやスコント・リガでプレー。また、CSKAモスクワのセカンドチームにも所属した過去がある。

2013年1月にイングランドへ渡り、ブライトン&ホーヴ・アルビオンに加入すると、ヨービル・タウンやスコットランドのキルマーノック、オランダのVVVフェンロでプレー。2015年7月に母国のリアパーヤへと移籍した。

2015年8月からはオーストリアのマッテルスブルクでプレー。2017年7月にポーランドのテルマリツァ・ナイサイクザーへ移籍すると、2018年7月からオリンピアでプレーしていた。

ヴィルスリーガ(ラトビア1部)では87試合に出場し3ゴール3アシスト。プルヴァリーガ(スロベニア1部)では42試合に出場し2得点を記録。オーストリア・ブンデスリーガでも37試合に出場し1アシストを記録していた。

2019-20シーズンはプルヴァリーガで13試合、ヨーロッパリーグ予選で1試合に出場していた。

また、2013年からラトビア代表としてもプレー。これまで51試合に出場し1ゴールを記録。昨年のユーロ2020予選にも両サイドバックやセンターバックで主力としてプレーしていた。

なお、オリンピアは大宮でプレーし現在は代理人のドラガン・ムルジャ氏が現役最後に所属したクラブでもある。マクシメンコが大宮に加入となれば、Jリーグ初のラトビア人選手となる。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12768
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1579524114/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イニエスタ、現行契約満了後も日本でプレーを希望「現役続行なら日本じゃないと」(関連まとめ)

【サッカー】イニエスタ、神戸との現行契約が切れる2021年以降も日本でプレーか「現役続行ならば日本じゃないと」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579578564/
イニエスタ2020天皇杯決勝.jpg

1: 幻の右 ★ 2020/01/21(火) 12:49:24.49 ID:Zm/XbS3Q9.net

ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタが、同クラブとの現行の契約が切れる2021年以降も日本でプレーする意向を示している。

現在、オフシーズンで母国スペインに滞在するイニエスタは、スペイン『カデナ・セール』とのインタビューで神戸と2021年まで結ぶ契約を全うする意向を口に。「契約は2年残っている。約束を果たしたいと思っている」と語った。

現在35歳の元スペイン代表MFはまた、「今なおプレーに臨むモチベーションは持ち続けている。1年毎に進んでいきたいと考えているけど、今後の2年も同じようにモチベーションを保てたらいいね」と今なおプレーに臨む意欲が失われていないことを強調し、さらに「その後も力が残っているならば、プレーし続けたい」と2021年以降もスパイクを脱がない可能性があることを示唆。そして2021年以降も現役生活を続けるならば、家族も気に入っている日本が第一候補であるとの見解を示している。

「まだ確かなことは分からない。でも、僕たちは日本でとても快く過ごしているし、何も起きることがなければ、プレーするのはあの国でなければいけないだろう」

GOAL
1/21(火) 12:00
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00010008-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J3グルージャ盛岡、ドルトムントとのパートナーシップ協定締結を発表!(関連まとめ)

【クラブ】ボルシア・ドルトムントとのパートナーシップ協定締結のお知らせ
http://grulla-morioka.jp/tab09_club/news-018/

盛岡秋田監督就任.jpg


このたび、いわてグルージャ盛岡は、ブンデスリーガのボルシア・ドルトムント(以下、BVB)と、トップクラスの育成部門への発展とアカデミー選手およびスクール生に対するサポートを主目的としたパートナーシップ協定の締結が決定いたしましたのでお知らせ致します。

なお、本日16時より盛岡市内にて本パートナーシップ協定締結に関する記者会見を行います。記者会見の模様は追ってご案内いたします。

<業務提携契約 概要>

■ボルシア・ドルトムントについて

世界屈指のトップクラブチーム

ドイツはFIFAランキングで常にトップクラスに位置する、言わずと知れた世界を代表するサッカー強豪国。ボルシア・ドルトムント(以下、BVB)は、そのサッカー大国のプロサッカーリーグ「ブンデスリーガ」で確固たる地位を築き上げています。

強さの秘密は選手育成にあり

世界最高峰のクラブチームへと登り詰めた要因の一つが、「選手育成」にあります。 BVBはブンデスリーガの中で最も「育成」に成功しているチームと評されており 、国内外のトップリーグへ多数のスター選手を輩出し続けています。もちろん、BVBのトップチームで活躍している選手にも下部組織・アカデミー出身者が数多くおり、中でもマリオ・ゲッツェ選手やマルコ・ロイス選手、マルセル・シュメルツァー選手はドイツ代表としても活躍。 BVBの強さの根源は、「幼少期からの育成」 にあります。


http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1579572724/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、フラメンゴの逸材18歳ヘイニエルを獲得発表!U-23ブラジル代表にも選出!移籍金40億円超か

レアル・マドリーが“ニュー・カカ”獲得発表!18歳ながら移籍金40億円超か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00010000-goal-socc
ヘイニエルU23ブラジル代表.jpg

将来的に久保のライバルに?
レアル・マドリーがフラメンゴからMFヘイニエルを獲得したことを発表した。

2019シーズンのブラジル・セリエA王者と南米王者に輝き、12月のFIFAクラブ・ワールドカップで決勝進出を果たしたフラメンゴ。その中で、昨シーズンにトップチームデビューを果たしたヘイニエルは、公式戦15試合で6ゴールをマークする活躍を見せ、多くのビッグクラブを惹きつけていた。

ヘイニエルへ最も強い関心を示したのがレアル・マドリー。近年、ヴィニシウスやロドリゴなどブラジルの若手を積極的に獲得する同クラブは、“ニュー・カカ”と称されるフラメンゴの17歳の逸材が18歳の誕生日を迎えるタイミングでの契約締結に向けて動き出したことが報じられていた。

そして20日、先日から報じられていたように、レアル・マドリーはフラメンゴに対して3500万ユーロ(約43億円)と見られる移籍金を支払い、19日に18歳の誕生日を迎えたばかりのヘイニエルを獲得することが決まった。なお、双方は2026年までの長期契約を結び、当面はカスティージャに籍を置くことになるようだ。

18歳のヘイニエルは東京オリンピック南米予選を戦うU-23ブラジル代表にも召集されており、セレソンが出場権を獲得すれば今夏に日本でその雄姿を目にできる可能性も。攻撃的な中盤を主戦場とする18歳は、将来的には久保建英のライバルとなるかもしれない。

◆◇El Blanco Real Madrid 1044◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1576703575/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水、スイス1部ルガーノFWカルリーニョスを獲得へ!2年連続2桁得点!ルガーノ公式が退団を発表(関連まとめ)

清水がスイス1部の25歳ブラジル人FWを獲得へ…ルガーノが交渉中と発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-43477433-gekisaka-socc
カルリーニョスルガーノ.jpg

 スイス1部のルガーノに所属するブラジル人FWカルリーニョス・ジュニオール(25)が清水エスパルスへの移籍に向けて、同クラブを退団した。クラブ公式サイトが伝えている。

 昨季チームトップの14得点を記録したFWドウグラスがヴィッセル神戸に移籍した清水がブラジル人ストライカーの補強に動いているようだ。

 母国リーグのパラナでキャリアをスタートさせたカルリーニョスは、2017年1月にボタフォゴからルガーノに完全移籍。今季はここまで公式戦19試合で2ゴールを記録していた。

 クラブは清水と交渉を行っていることを明かし、20日にカルリーニョスの記者会見を実施。ブラジル人FWは「ここで多くのことを学んだ。僕のキャリアと人生で重要な瞬間を過ごした。いつか海外でプレーすることを夢見ていた子どものとき、日本は人気の目的地の一つだった」と語った。

「今、幸せだ。僕は去ることを決めた。僕の心は常にここにあり、ビアンコネリ(ルガーノの愛称)を応援している。だけど、これは専門的で経済的な理由によって決定される選択だ。自分の人生を手に入れなければいけない」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12768
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1579524114/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:43 | 大阪 ☀ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菅原由勢、AZが完全移籍で買い取り決断!AZ幹部「OPを行使するつもりだ。考えるまでもない」(関連まとめ)

菅原由勢、完全移籍移行へ!AZ幹部が名古屋からの買い取りを明言「考えるまでもない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00010028-goal-socc
菅原AZゴール.jpg

オランダのAZは、レンタルで加わったU-20日本代表DF菅原由勢を完全移籍で獲得することを決断したようだ。クラブのマックス・フイバーツTD(テクニカルディレクター)が明言した。

AZはエールディビジ第19節消化時点で2位につけ、ヨーロッパリーグでも決勝ラウンドに進出するなど好調。そんななか、昨夏に名古屋グランパスから今シーズン終了までの期限付きで加わった菅原は、主にベンチスタートとはいえ公式戦28試合(3ゴール1アシスト)に出場するなど、順調な欧州での1年目を過ごしている。

そして、クラブも19歳のこれまでのパフォーマンスに満足しているようだ。フイバーツTDは地元紙『Noordhollands Dagblad』で、名古屋とのレンタル契約に盛り込まれている買い取りオプションについて、「我々はそのオプションを行使するつもりだ。考えるまでもない」と明言。同選手の完全移籍移行が近々発表されることになるかもしれない。

本職の右サイドバックのほか右ウィングでの起用も多い菅原は、加入半年間のプレーでクラブの信頼を完全に勝ち取った模様。また同紙では「順応が非常に早かった」とも伝えられているが、それも買い取りの決断につながったようだ。

※レスは少な目ですがご容赦ください

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12768
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1579524114/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)