アンテナ・まとめ RSS

アーセナル、フラメンゴDFマリ獲得は土壇場で破談か?本人はブラジルに帰国へ

アーセナル、スペイン人CB獲得が破談危機?メディカルチェック受けるも…
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00359679-footballc-socc
マリフラメンゴ.jpg

フラメンゴのスペイン人DFパブロ・マリを獲得する可能性が高くなっていると報じられていたアーセナルだが、交渉は破談に終わるかもしれない。英紙『デイリー・メール』が27日に伝えている。

 過去にマンチェスター・シティに所属していたこともある26歳のパブロ・マリは、昨年夏に加入したフラメンゴでレギュラーとしてブラジル全国選手権優勝とコパ・リベルタドーレス優勝の2冠達成に貢献。12月のFIFAクラブ・ワールドカップにも出場していた。

 冬の移籍市場でアーセナルに加入するため、すでにロンドンに到着してメディカルチェックを受けたとみられる。だが英紙によれば土壇場で何らかの不都合が発生し、加入決定には至っていないとのことだ。

 パブロ・マリは一旦ロンドンを離れてリオデジャネイロへ戻るとの見通し。だがアーセナルは同選手の獲得を完全に諦めたわけではなく、引き続き交渉を続けていると伝えられている。

 アーセナルでは先日のチェルシー戦でミスを犯したDFシュコドラン・ムスタフィや退場処分を受けたDFダビド・ルイスに対する批判も強まっている。新たなDFの補強は実現するのだろうか。

※一部追記しました。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1469】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1579839191/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:02 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴崎岳、ハンドでPK献上もGKヒメネスがビッグセーブ!デポルティボは1-0勝利し5連勝!スペイン紙は柴崎に一定評価

柴崎岳、PK献上も守護神がビックセーブ!好調デポルティボは1-0勝利で5連勝
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00359586-footballc-socc
柴崎2020デポルティボ拍手.jpg

【アルバセテ 0-1 デポルティボ セグンダ・ディビシオン第24節】

 セグンダ・ディビシオン第24節、アルバセテ対デポルティボ・ラ・コルーニャが現地時間26日に行われた。試合アウェイのデポルティボが1-0の勝利を収めた。

 現在20位のデポルティボはリーグ戦4連勝中。デポルティボに所属する日本代表MF柴崎岳はこの日もボランチで起用され、3試合連続のスタメン入りを果たした。

 先制したのは好調デポルティボ。カウンターから右サイドに展開すると、中央にクロスを供給。これは相手DFに阻まれるが、クリアしたボールが近くにいたメリノに当たり、ボールがゴールに吸い込まれた。

 1-0で前半を折り返したデポルティボだったが、柴崎が痛恨のミスを犯す。相手左CKでニアに立っていた柴崎。相手のボールを手で触れてしまい、ハンドの判定が下る。PKを献上してしまったデポルティボだったが、GKヒメネスが柴崎のミスを帳消しにするファインセーブで得点を与えず。最大のピンチを逃れた。

 その後、デポルティボはアルバセテの攻撃に耐える時間帯が続く。結局、デポルティボが前半の1点を守り抜き、1-0で勝利。デポルティボは2試合連続の無失点で5連勝を果たした。

【得点者】
35分 0-1 メリノ(デポルティボ)

柴崎岳、PK献上も守備での奮闘には一定の評価。攻撃面では輝けず
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00359648-footballc-socc

 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第24節のアルバセテ対デポルティボ戦が現地時間26日に行われ、アウェイのデポルティボが1-0で勝利を収めた。デポルティボのMF柴崎岳は先発でフル出場している。

 負傷からの復帰後、公式戦4試合連続となるスタメンに入った柴崎はボランチでプレー。前半を1-0でリードで折り返したあと、後半には柴崎がエリア内で犯したハンドによりPKを与えてしまう場面もあったが、GKダニ・ヒメネスのファインセーブに救われる形となった。

 スペイン『アス』紙では「愚かなPK」とそのハンドに言及しつつ、柴崎のパフォーマンスに対しては0から3までの4段階評価で「1」と低めの採点。ヒメネスには「3」の満点評価を与えている。

『エル・デスマルケ』では柴崎に10点満点で「7」をつけ、「目を引いた」とポジティブに評価。クラブ専門メディア『リアソール.org』では「5.9」とやや低めの採点で、「攻撃では輝かなかったが守備では奮闘した」とコメントしている。

 地元紙『ラ・ボス・デ・ガリシア』では柴崎に対して「6」の及第点。「明らかなハンドでPKを与え、攻撃ではほとんど存在感がなかった。アルバセテの支配により輝けなかった」としながらも、守備面では献身的に貢献していたと評した。

 この勝利でリーグ戦5連勝としたデポルティボはついに降格圏を脱出して17位に浮上。次節は2月1日にラス・パルマスをホームに迎える。


RC Deportivo 柴崎岳 part22
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1579488411/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白熱のローマダービー、ローマが終始圧倒もラツィオと1-1ドロー!今季躍進のラツィオは連勝を「11」でストップ

ローマ圧倒のデルビーは前回対戦に続きドロー決着! 進撃ラツィオの連勝が11試合でストップ…《セリエA》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00369025-usoccer-socc
ローマダービー2020第21節.jpg

セリエA第21節、ローマとラツィオによる“デルビー・デッラ・カピターレ”が26日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-1のドローに終わった。

熾烈なトップ4争いに身を置く4位のローマ(勝ち点38)と、クラブ新記録の11連勝でユベントスとインテルの2強を追う3位のラツィオ(勝ち点45)による、今季2度目の首都決戦。
前節、ジェノア相手に新年初白星を手にしたローマだが、ミッドウィークに行われたコッパ・イタリアでは宿敵ユベントス相手に敵地で1-3の完敗となった。コッパ敗退からのバウンスバックが求められるホーム開催のデルビーに向けては先発4人を変更。フロレンツィとコラロフの両サイドバックをサントン、スピナッツォーラに変更し、負傷のディアワラに代えてヴェレトゥ、カリニッチに代わってエースのジェコが復帰した。

一方、昨年10月末のフィオレンティーナ戦以降、ユベントスやナポリ、ミランを退けクラブ記録のリーグ11連勝と現在のセリエAにおいて最も勢いのあるラツィオ。ただ、直近のコッパ・イタリアでナポリ相手に国内のコンペティションで16戦ぶりの黒星を喫し、連覇の可能性が消滅。対戦相手同様に勝ち点3奪取が求められる一戦に向けてパローロとカイセドに代えてルイス・アルベルト、コレアを起用しベストメンバーを揃えた。

両クルヴァに荘厳なコレオグラフィが飾られるなど、厳かな空気の中でスタートしたセリエA通算152回目のデルビー・デッラ・カピターレ。2トップをシンプルに使った攻めを見せるラツィオに対し、ローマは右サイドバックのサントンを3バックに残す形の左肩上がりの[3-4-2-1]の布陣で後方から丁寧にビルドアップを行う。

立ち上がりは睨み合いの状況がしばらく続いたが、遅攻の精度で勝るローマがアンカー気味の立ち位置を取るクリスタンテからの鋭い縦パスをペッレグリーニ、クライファートがうまくハーフスペースで引き出して良いリズムで攻撃を展開。セットプレーの流れからジェンギズ・ウンデルやジェコがフィニッシュに絡んでいく。

すると、時間の経過とともにペースを掴んだローマが先制点を奪う。26分、相手陣内中央左でボールを受けたクリスタンテが高精度のフィードをゴール前に送ると、DF2枚とGKに競り勝ったジェコが巧みなバックヘッドで合わせると、右ポストの内側を叩いたボールがゴールネットに吸い込まれた。

エースの一撃で先手を奪って勢いづくローマは直後の27分にも鋭いカウンターを発動。中央を持ち上がったジェコからラストパスを受けたジェンギズがボックス右で左足に持ち替えてシュートもゴール前でDFのブロックに遭う。このこぼれをジェコがゴール右で押し込みにかかるが、これも相手のブロックに遭った。

何とか連続失点を逃れたラツィオはビルドアップの機能不全、2トップへのロングボールも屈強な相手センターバックに潰されて攻撃がうまくいかない。それでも、34分にはアルベルトの左CKからファーのサントンのヘディングクリア、GKパウ・ロペスのパンチングがいずれもミスとなってゴール前にこぼれると、これをアチェルビが蹴り込む。パンチングの時点でゴールラインを割ったか微妙なところだったが、最終的にゴールが認められた。

ローマのミスで再びイーブンに戻った試合はハーフタイムにかけて互いの持ち味が出る、がっぷり四つの展開に。その中でよりゴールに迫ったのは優勢のホームチーム。44分にはボックス手前左からペッレグリーニが豪快に右足を振り抜くと、これがファーポストに吸い込まれるかに思われたが、これは惜しくも右ポストを叩いた。

1-1で折り返した後半も引き続きローマが主導権を握る。48分にはボックス左で仕掛けたスピナッツォーラの折り返しをゴール前のヴェレトゥがシュートするが、これはわずかに枠の左。さらに、直後の51分にはゴール前に飛び込んだクライファートが後半頭から投入されたDFパトリックとの交錯でPKを獲得。だが、VARのレビューの結果、判定が覆ってノーファウルに。

一方、後半も守備の修正が機能せず、押し込まれる状況が続くラツィオだが、相手の運動量低下によって徐々にカウンターを繰り出せるようになる。61分にはここまで存在感を欠いたコレアが持ち味のドリブル突破からボックス付近でシュートを放つが、これは相手DFのブロックに遭う。

後半半ばから終盤にかけてはやや膠着状態に陥るが、依然としてローマ優勢の状況が続く。69分にはゴール前のジェコが決定的なシュートを放つが、これはGKストラコシャの気迫の顔面セーブに遭う。さらに、ペロッティ、コラロフと攻撃的なカードを切ったローマは試合終了間際にもジェコに2つの決定機が訪れるが、最後までGKストラコシャの牙城を破ることはできず。

そして、試合は前回対戦同様に1-1のスコアでタイムアップを迎え、終始ローマペースも痛み分けのドローに。この結果、ラツィオのセリエA連勝記録が「11」でストップした。

【スコア】
ローマ 1−1 ラツィオ

【得点者】
1−0 26分 エディン・ジェコ(ローマ)
1−1 34分 フランチェスコ・アチェルビ(ラツィオ)

◇SS.Lazio-Bianco・Celeste〜ラツィオスレ67
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569136755/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、伊紙でまたも高評価!スーパークリアに「決定的な場面でチームを救った事が、この採点のすべてに値する」

フル出場の冨安に高評価…決定機阻止のスーパークリアは「採点のすべてに値する」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-01027256-soccerk-socc
冨安2020第21節守備.jpg

 日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは25日にセリエA第21節でSPALと対戦し、3−1で勝利を収めた。試合後、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が選手採点を発表した。

 ボローニャは23分に先制を許したものの、1分後にオウンゴールで同点に追いつく。前半終了間際の41分にはSPALのアルカディウシュ・レツァがGKと一対一の局面を迎え、シュートはGKの脇下を抜けたが、カバーに戻った冨安が起死回生のクリアでピンチを防いだ。勝ち越しを阻止したボローニャは59分に逆転すると、63分には3点目を奪い、4試合ぶりの白星を手にした。

 冨安はフル出場で勝利に貢献。『ガゼッタ』は「6.5」の高評価をつけ、「レツァの決定的な場面でチームを救ったことが、この採点すべてに値するもの」と、見事なクリアで勝ち越しゴールを防いだ点を評価した。

 次節、ボローニャはホームでブレシアと対戦する。

Bologna FC 冨安健洋 Part9
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1579000724/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル・マドリード、公式戦19戦無敗で首位浮上!ナチョ決勝ヘッド弾でバジャドリードに1-0勝利!(関連まとめ)

レアル・マドリー、公式戦19試合無敗と止まらない!バジャドリー撃破でバルセロナ抜き単独首位に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00010008-goal-socc
ナチョとジダン監督2020第21節.jpg

26日、リーガ・エスパニョーラ第21節が行われ、バジャドリードとレアル・マドリードが対戦した。

 レアル・マドリードは前節のセビージャ戦からスタメンを5人変更。ケガから復帰したDFセルヒオ・ラモスをはじめ、FWカリム・ベンゼマ、MFイスコらが起用された。

 12分、レアル・マドリードはMFトニ・クロースのFKをファーサイドでMFカゼミーロが頭で合わせる。前節に続くカゼミーロの先制弾が決まったかに思われたが、VARでオフサイドのジャッジが下され、これは取り消された。

 カウンターからチャンスをうかがうバジャドリードは16分、MFミチェルがCKから直接ゴールを狙う。しかしこれはGKティボー・クルトワがなんとか右手で弾き出し、ゴールを許さなかった。互いに決定的なチャンスを作ることはできず、前半はスコアレスで折り返す。

 後半もボールを握ったレアル・マドリードは66分、FWロドリゴの右サイドからのクロスを、ゴール前で競り勝ったベンゼマが頭で合わせるも、ボールはわずかに左へ外れる。徐々にシュートチャンスが増えてくると78分、CKのこぼれ球をクロースが拾いクロスを上げる。これをDFナチョ・フェルナンデスがヘディングでファーサイドに流し込み、とうとうバジャドリードゴールをこじ開けた。

 その後バジャドリードは反撃を開始し、FWセルジ・グアルディオラがCKのこぼれ球を押し込むもこれはオフサイドの判定。そのままレアル・マドリードが虎の子の1点を守りきり、リーグ首位に浮上した。

 次節のリーガ・エスパニョーラ第22節、バジャドリードは2月1日にアウェイでマジョルカと、レアル・マドリードは同日にホームでアトレティコ・マドリードと対戦する。

【スコア】
バジャドリード 0−1 レアル・マドリード

【得点者】
0−1 78分 ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリード)

◆◇El Blanco Real Madrid 1045◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1577966886/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、マグワイア&ダロト移籍後初ゴールなど3部トランメアに6-0大勝!FA杯5回戦進出

マンU、3部クラブを終始圧倒!大量6得点で5回戦進出【FAカップ】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00010001-goal-socc
マグワイア2020FA杯4回戦ゴール.jpg

FAカップ4回戦が26日に行われた。マンチェスター勢が揃って5回戦に進出している。

マンチェスター・ユナイテッドは、アウェーでトランメア・ローヴァーズ(3部相当)と対戦した。マグワイア、マルシャルなど一部主力を起用したユナイテッドは立ち上がり、劣悪ピッチに苦しみホームチームに押されるも、主将の一撃で先行する。10分、ボックス手前で仕掛けたマグワイアが右足を一閃。強烈なシュートをゴール右上に突き刺し、マグワイアの加入後初ゴールでユナイテッドが先手を取る。

勢いづいたユナイテッドは先制点の3分後、マルシャルとのパス交換からボックス右に侵入したダロットがゴール左にシュートを突き刺す。こちらも加入後初ゴールとなり、ユナイテッドがリードを2点に広げる。さらにユナイテッドは16分、ペナルティアーク付近からリンガードがコントロールシュートを流し込んで3点目。41分にはCKからフィル・ジョーンズがヘディングシュートを沈めると、45分にマルシャルもコントロールシュートを決めて5−0で前半を終える。

ハーフタイム明け、マルシャルとマティッチを下げてタヒス・チョンとフレッジを投入したユナイテッドは、56分にそのチョンがPKを獲得。グリーンウッドが右足で冷静にこれを決めて6点目を挙げる。その後、64分にマグワイアも休養のためお役御免としたユナイテッドだが、そのまま相手をシャットアウトして大勝。最高の内容で5回戦へ駒を進めた。

また、マンチェスター・シティは、ホームでフルアム(2部)と対戦。8分にボックス内でガブリエウ・ジェズスが倒されてPKを獲得したマン・Cは、これをギュンドアンが決めて先制する。さらにファウルを犯したリアムが決定機阻止で一発退場となり、数的有利に。試合を支配するマン・Cは続く19分、正面からベルナルド・シウバが鋭いシュートを突き刺し、2−0とした。

迎えた後半、マン・Cは72分、敵陣深くでのボール奪取からクロスに合わせたG・ジェズスがヘディングシュートを突き刺し、リードを3点に広げる。さらに75分にも高い位置でボールを奪うと、フォーデンのシュートをGKが弾いたところにG・ジェズスが詰めて4−0。そのまま快勝したマン・Cが危なげなく5回戦に進出した。


【得点者】
10分 1-0 マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド)
13分 2-0 ダロト(マンチェスター・ユナイテッド)
16分 3-0 リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
41分 4-0 ジョーンズ(マンチェスター・ユナイテッド)
45分 5-0 マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド)
56分 6-0 グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)
† Red Devils Manchester United 1425 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1580052698/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルFWベイル、古巣トッテナムに完全移籍で復帰へ(関連まとめ)

【サッカー】レアルで不遇のベイル(30)、今冬にトッテナム復帰へ…完全移籍が濃厚か 12試合2得点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580045446/
ベイル2019CL.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/26(日) 22:30:46.12 ID:3XFh7qJc9.net

レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルは今冬の移籍市場で古巣トッテナムへと復帰するようだ。26日にイギリス紙『エクスプレス』が報じている。

ベイルは今シーズン、レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督と衝突し、出場機会の獲得に苦しんでいる。昨夏の移籍市場では中国への移籍を目前としていたが、最終的に交渉は破断しスペイン残留が決定した。

トッテナムの指揮官を務めるジョゼ・モウリーニョ監督はベイルの獲得に関心を示しているという。当初はレンタル移籍が濃厚であると複数メディアにより報じられていたが、同紙によるとベイルはトッテナムへの完全移籍を果たすようだ。

同選手はレアル・マドリードにて公式戦通算246試合に出場し105ゴール67試合をマーク。チャンピオンズリーグ決勝でも得点するなど、クラブの成功に貢献してきたベイルだが、今冬の移籍市場でレアル・マドリード退団を強いられるのであろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200126-01027249-soccerk-socc
1/26(日) 21:41配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コービー・ブライアント氏の事故死に、ネイマールやイニエスタら多くのサッカー選手らが追悼(関連まとめ)

世界中が悲しみに暮れたNBAスター・コービーの死…多くの選手らが追悼
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00369046-usoccer-socc
コービーブライアント.jpg

26日、NBAのスター選手であり、バスケットボール界以外でも世界中に多くのファンを持つコービー・ブライアント氏が帰らぬ人となった。41歳だった。

世界中で一斉に報道されたコービーの死。26日、バスケットボールの試合観戦に向かおうとしたコービー一行は、ロサンゼルス近郊でヘリコプターに搭乗。しかし、ロサンゼルス近郊の山に墜落し、全員が死亡した。コービー本人の他、13歳の娘・ジャンナさんも同乗していた。なお、墜落の原因は現時点で不明だという。

1996年に若くしてNBAの世界に入り、ロサンゼルス・レイカーズ一筋で2016年の引退までプレー。盟友であるシャキール・オニールとのコンビで3連覇を達成するなど、輝かしい功績を残し、その後も一線で活躍。レイカーズではコービーが背負った「8」と「24」の両背番号が永久欠番となっている。

そんなコービーは、父親が好きだった「神戸」から名前をつけられたことでも有名だろう。世界中に多くのファンを持つコービーの死は、サッカー界でも多くの選手やレジェンドが追悼した。

17日には、 MLSのFCシンシナティに移籍した元日本代表FW久保裕也とスポーツドリンクのイベントで顔を合わせるなど、元気な姿も見せていた。

パリ・サンジェルマン(PSG)のネイマールは訃報を耳に。大のNBAファンでもあるネイマールは、26日に行われたリーグ・アン第21節のリール戦で、チーム2点目となるPKを決めた際、コービーの背番号である「24」をゴールパフォーマンスで表現。哀悼の意を示した。

◆ティエリ・アンリ氏
「文字通り、非常にショックで悲しいニュースを聞いた。コービー・ブライアント、彼の娘・ジャンナとヘリコプターに登場していたすべての人々。私の考えと祈りは、彼の家族だけでなく、他の犠牲者にもあります」

◆ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)
「ヒーローは現れ、そして去っていった。伝説は、永遠に。RIP。コービーと娘のジャンナとすべての犠牲者家族へ私は祈りを送ります」

◆クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
「コービーと彼の娘のジャンナの死という悲しいニュースを聞くのは、本当に悲しい。コービーは多くの人々にとって真のレジェンドであり、インスピレーションだった。彼の家族や友人、そして事故で命を失ったすべての人の家族に哀悼の意を表します」

◆リオネル・メッシ(バルセロナ)
「言葉がありません。コービーの家族と友人へ、僕の愛を。会えたこと、楽しい時間を一緒に共有できたことを嬉しく思います。僕たちにとって、数少ない天才でした」

◆ロメル・ルカク(インテル)
「僕にとって、最大のスポーツ界のアイドルはこの人だった。仕事への倫理観とメンタリティは、僕がプロになるために必要なことをすぐに理解してから、とても刺激をくれました。あなたは人生の新しいステージを楽しんでいたのに、僕たちが大きなショックを受けるように去る事になりました」

◆本田圭佑
「彼は世界中の人々のために、素晴らしいことをしてきた。バスケットボールの世界だけではない。ありがとうございました」

「一番大切なことは、彼の哲学を守り、それを世界に広めることです」

※ネイマール選手の試合後のメッセージ
https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=369033&from=yahoonews_extra
プライベートでもコービー氏と親交のあったネイマール。リール戦後、フランス『Canal+』のインタビューに対して、こうコメントしている。

「ハーフタイムにそのメッセージを目にした。スポーツ界にとって、計り知れない悲しみだ。バスケットボールファンだけじゃない。彼のことを知っている。あのセレブレーションは彼のためのもの。安らかに眠ってほしい」


コービーの死にサッカー界からも追悼相次ぐ…イニエスタ「なんてひどい。とても悲しい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-43477600-gekisaka-socc

アメリカ・プロバスケットボール(NBA)で活躍したスター選手のコービー・ブライアント氏(41)が26日朝、ヘリコプターの墜落事故により死去。世界中に哀しみが広がる中、サッカー界でも追悼のメッセージが送られている。

 コービー氏は26日の朝にヘリコプターに乗っていたが、カリフォルニア州南部で墜落。13歳になるコービーの娘も含む計9人は全員死亡した。事故当時、現場付近には濃い霧が発生しており、山中に墜落したとみられている。1996年にロサンゼルス・レイカーズでデビューしたコービー氏は、2016年の引退まで数々の栄誉を手にしたバスケ界のスーパースター。その早すぎる死を惜しむ声はサッカー界からも届いている。

 ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタは自身のツイッター(@andresiniesta8)を更新。コービー氏もファンだったというバルセロナで交流したときの写真を投稿し、「なんてひどい。とても悲しい。どうか安らかに眠れるよう、お祈りします」とコメントしている。

 パリSGのFWネイマールは26日の試合で2得点を挙げ、2点目にはコービー氏が着用していた背番号24にちなみ、「24」を示すゴールパフォーマンスを行った。さらに自身のツイッター(@neymarjr)も更新し、「スポーツ界、私たちファン、そして彼の家族や友人にとって悲しい日だ。伝説は彼の手でつくられた。どうか神が彼の家族や友人に安らぎを与えますように」と哀悼の意を伝えた。

 また、2016年11月に飛行機墜落事故によって多くの選手やスタッフを失ったブラジルのシャペコエンセも追悼のメッセージ。ツイッター(@ChapecoenseReal)で「スポーツ界においてこれ以上のない哀しみです」と伝え、「私たちの祈りはあなたとともあります」とコメントしている。



コービーの死にサッカー界からも追悼相次ぐ…イニエスタ「なんてひどい。とても悲しい」
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1580052288/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィッセル神戸、チェルシーFWペドロに獲得オファーか?バルサやスペイン代表でイニエスタとプレー(関連まとめ)

神戸に大物FW加入か 元スペイン代表ペドロに“日本移籍”浮上「最も目立つオファー」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00243131-soccermzw-socc
ペドロチェルシー.jpg

バルサや代表でイニエスタと共闘、チェルシーFWペドロに神戸移籍の可能性
 元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが所属するJ1ヴィッセル神戸に再びビッグネーム加入の噂が急浮上している。バルセロナや代表でイニエスタと共闘経験を持つチェルシーの元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスに複数のクラブが興味を示すなか、「最も目立つオファーはヴィッセル神戸」とスペイン紙「スポルト」が報じた。

 現在32歳のペドロは、2009-10シーズンにバルセロナの下部組織からトップチームに昇格し、2014-15シーズンまで主力としてフル稼働。その間、リーグ優勝5回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝3回、コパ・デル・レイ優勝3回を経験した。またスペイン代表としても2010年南アフリカ・ワールドカップ、2012年の欧州選手権優勝に貢献。バルセロナと代表の両方でイニエスタと共演している。

 チェルシー移籍後もリーグやFAカップ優勝を飾るなど華々しいキャリアを誇るペドロに移籍話が浮上。スペイン紙「スポルト」は複数のクラブが興味を示していると伝えた一方、「最も目立つオファーはヴィッセル神戸」と記している。

 昨季限りで現役から退いた元スペイン代表FWダビド・ビジャに触れつつ、「イニエスタが所属するチームで、ダビド・ビジャの引退後、新たな力を求めている」と報じた。ペドロは欧州でのプレーを望んでいる模様で、チェルシーを率いるフランク・ランパード監督も貴重な戦力として見ているという。

 記事では「ペドロは多くのクラブにとって非常に魅力的な選手」と指摘。今夏にチェルシーとの契約が切れるペドロには、スペインの強豪セビージャも興味を示しており、争奪戦の様相を呈している。

 イニエスタやビジャをはじめ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキなどビッグネームを補強してきた神戸だが、再び日本サッカー界を賑わせる補強を見せるのだろうか。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12782
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1580052288/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:05 | 大阪 ☔ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、後半途中出場し攻守に奮闘も…マジョルカはソシエダに0-3完敗

マジョルカ、上位ソシエダに3失点完敗…久保建英はまたも途中出場
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-43477591-gekisaka-socc
ソシエダ2020第21節勝利.jpg

[1.26 リーガ・エスパニョーラ第21節 ソシエダ3-0マジョルカ]

 リーガ・エスパニョーラは26日、第21節を各地で行い、MF久保建英所属のマジョルカがソシエダに0-3で敗れた。降格圏転落こそ免れたが、上位チームを相手に良いところを見せられずに完敗。久保は2試合続けてベンチスタートとなり、後半26分からピッチに立った。

 マジョルカは前半9分、FWラゴ・ジュニオールの強烈なミドルシュートが相手GKアレックス・レミーロを襲い、波状攻撃が始まるもゴールには至らず。ソシエダは41分、左サイドからのクロスを胸でトラップしたFWアレクサンデル・イサクがハーフボレーで狙ったが、GKマノロ・レイナのビッグセーブに阻まれた。

 ハーフタイムはスコアレス。ところが後半開始早々の1分、ソシエダがスコアを動かした。左サイドを攻め上がったDFアイエン・ムニョスのクロスがファーに流れると、MFポルトゥがワンタッチで折り返し。これに反応したA・イサクが強烈な飛び込みからダイレクトシュートを押し込んだ。

 ソシエダはさらに後半13分、右サイドからの浮き球パスに反応した途中出場FWアンデル・バレネチェアのボレーシュートがDFフラン・ガメスの足に当たって軌道が変わり、このボールがゴールマウスに吸い込まれて2点目。同20分過ぎ、ここでようやく久保がピッチ脇に呼ばれ、プレーが切れた26分にL・ジュニオールとの交代で左サイドに入った。

 久保は中盤までボールを受けに下がり、何度かファウルをもらって時間をつくったが、次の得点もソシエダ。途中出場MFアドナン・ヤヌザイを起点とした攻撃からFWマルティン・ウーデゴーアが強烈なシュートでレイナを強襲すると、跳ね返りに反応したポルトゥがワンタッチで押し込んだ。

 なんとか一矢報いたいマジョルカは久保が右サイドにも顔を出すようになり、あらゆる攻撃を牽引。やや推進力を取り戻し、セットプレーを中心にゴールに迫る場面もあった。しかし、落ち着いたボールポゼッションで時間を使ったソシエダはしたたかに試合を締め、そのままタイムアップ。ソシエダは5位のA・マドリーと勝ち点2差の6位に浮上した。

【RCD】久保建英応援スレ part161【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1579974203/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、先発し先制点に絡むも…リバプールは3部クラブに2点差追いつかれ2-2ドロー FA杯痛恨の再試合に(関連まとめ)

南野拓実が先制点に絡むも…リバプール、3部クラブと痛恨ドローでFA杯再試合に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-43477590-gekisaka-socc
南野2020FA杯4回戦.jpg

[1.26 FA杯4回戦 シュルーズベリー2-2リバプール]

 日本代表FW南野拓実の所属するリバプールは26日、FAカップ(国内杯)4回戦でシュルーズベリー(3部相当)と対戦し、2-2で引き分けた。南野は3トップの中央で先発出場。先制点に絡むなど後半40分までプレーした。

 3回戦でエバートンを下したリバプールは、DFデヤン・ロブレンやDFジョエル・マティプ、MFファビーニョといった怪我明け組がスタメンに名を連ね、南野やFWディボック・オリギのほか、MFハービー・エリオット(16)やMFカーティス・ジョーンズ(18)ら若手も起用された。

 格下相手に当然のようにボールを支配するリバプールは前半15分に先制点。敵陣中央で南野が浮き球を処理し、MFペドロ・チリベジャがダイレクトでスルーパスを送ると、抜け出したC・ジョーンズがPA左から左足シュートを沈め、先制のゴールネットを揺らした。

 南野は前線からチェイス、中盤まで下がって攻撃の組み立てに絡むなど、積極的にボールに関与。だが、チームとして追加点を奪えず、苦しい時間が続く。さらに守備ではGKアドリアンの好セーブもあったが、シュルーズベリーに最終ラインの裏を突かれ、カウンターからもチャンスを与えてしまい、前半は1点にとどまった。

 だが、後半開始早々にラッキーな形で追加点。リバプールは1分、右サイドからDFネコ・ウィリアムズがクロスを入れると、ファーサイドのスペースを埋めていたDFドナルド・ラブが自陣ゴールに流し込み、オウンゴールで2-0とリードを広げた。

 しかし、リバプールは後半13分にFWカラム・ラングにGKと1対1のシーンを作られ、マティブのパスミスからピンチを招くなど、不安定な守備を露呈。すると、20分にDFヤセル・ラルーチがMFジョシュ・ローレンを倒してしまい、FWジェイソン・カミングスにPKを冷静に決められて1点差とされた。

 リバプールは後半26分にエリオットを下げてMFアレックス・オクスレード・チェンバレンを投入。4-3-3から4-2-3-1に変更し、オリギを頂点に右に南野、左にチェンバレン、トップ下にC・ジョーンズが入った。ここから突き放したいところだったが、30分にロブレンの軽率なプレーからカミングスに抜け出され、同点に追いつかれてしまう。

 すると、ユルゲン・クロップ監督は後半35分にマティプを下げてFWモハメド・サラーを送り込み、システムを再び4-3-3に変更。サラーが右ウイングに入り、南野がインサイドハーフ、ファビーニョがセンターバックにそれぞれポジションを変えた。さらに40分には南野に代えてFWロベルト・フィルミーノを投入。フィルミーノ、サラーのコンビからチャンスを作ったが、2-2で引き分けに終わり、再試合となっている。

※一部追記しました。


〓〓 Liverpool FC 〓〓 1197 〓〓

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1579964192/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 04:30 | 大阪 | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国、延長戦の末にサウジ下しU-23選手権初優勝!サウジの堅守に苦しみながらも1-0勝利(関連まとめ)

【サッカー】韓国がU-23アジア選手権初優勝! サウジアラビアの堅守に苦戦も延長の末に1−0でファイナルを制す!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580051605/
韓国U23選手権決勝ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/01/27(月) 00:13:25.53 ID:+kk3Nste9.net

サウジアラビアは韓国の猛攻に堅守で対応も…
 1月26日、東京五輪アジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権の決勝、U-23韓国代表対U-23サウジアラビア代表の一戦が、タイの首都・バンコクにあるラジャマンガラ・スタジアムで行なわれ、延長戦の末に韓国が1−0で激戦を制し、初優勝に輝いた。
 
 上位3チームに与えられる五輪出場権を獲得した両者のアジア王者を懸けた戦いは、序盤からともに球際で激しくぶつかり合う。最終ラインでパスを回し、ゆっくりとビルドアップするサウジアラビアに対し、韓国は激しいプレスでボールを奪い、枚数をかけて縦に速い攻撃に転じる。
 
 最初の決定機は20分、韓国がカウンターから左サイドに大きく展開すると、フライブルク(ドイツ)に所属するMFチョン・ウヨンがドリブルで敵陣深くまで持ち上がり、DFを股抜きで交わす。GKとの1対1を迎えるが、好セーブに遭い得点とはならなかった。
 
 サウジアラビアは、韓国の猛攻にもダブルボランチのムフタール・アリと、アリ・アルハッサンが絶妙なポジショニングでスペースを埋めて相手に自由を与えず、前半は0−0で折り返した。

 後半も見応えのある攻防戦となった。立ち上がりこそ、サウジアラビアに押し込まれる展開となったものの、韓国が徐々に主導権を握る。
 
 すると57分、ハーフタイムから出場したFWイ・ドンジュンが魅せる。同じく途中投入のMFイ・ドンギョンから左サイドでパスを受けると、得意のドリブルでペナルティーエリア内に切り込み、左足で巻いたシュートを放つ。しかし、GKに右手1本で防がれる。

 77分にも決定機が訪れるが決め切ることができず、スコアレスのまま延長戦に突入する。

 お互いに疲れからラストパスの精度を欠き、膠着状態が続いたが、延長後半の113分についに試合が動く。敵陣深くの左サイドで獲得したFKからのクロスのチョン・テウクが頭で合わせて決勝ゴールを挙げた。試合はこのまま終了し、9大会連続での五輪出場権を獲得した韓国が大会初優勝を飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00069207-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:26 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)