アンテナ・まとめ RSS

新潟MF高木善朗、コロナ感染の片岡篤史氏にエール!父・高木豊氏の元同僚 父の代わりに運動会に参加も

【サッカー】J2新潟・高木善朗、コロナ感染片岡篤史氏にエール 幼稚園の運動会では父・豊氏に代わりに片岡が父親役で参加
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1587127169/
高木善朗新潟.jpg
1: ニーニーφ ★ 2020/04/17(金) 21:39:29.60 ID:FxD+rTbY9.net

左ひざのけがで別調整が続いていたJ2アルビレックス新潟のMF高木善朗(27)が16日、聖籠町のクラブハウスで行われたグループ練習に参加。

約1カ月ぶりのピッチ練習で軽快な動きを見せた。

新型コロナウイルス感染予防のため、少人数グループでの練習を行っている新潟はこの日、フィールドプレーヤーとゴールキーパー合わせて12人の選手が約1時間の練習に参加。 負傷が癒えた高木も、ドリブルやシュートを取り入れたフィジカルトレーニングなど全てのメニューを消化した。 高木は「体力的にはハードだったが、ひざの痛みは全くない。楽しくできた」と笑顔を見せたが「試合に向けた調整と、ただ練習を続けるための調整に違いはある」とリーグ戦再開のめどが立たない状態でのコンディション調整の難しさを語った。

「身近な人がコロナウイルスに感染した。人ごとではない」と気にかけるのは、元プロ野球選手で14日に自身のYouTubeチャンネルで感染を公表した片岡篤史氏(50)。 父の高木豊氏(61)とは94年に日本ハムで同僚だった。現在も片岡氏の番組に父がゲスト出演するなど交流が続いている。 高木は「昔からお世話になっている。幼稚園の時には、用事がある父の代わりに片岡さんが運動会に来てくれ、おんぶで騎馬戦に出てくれたり、家族旅行でハワイにも行った仲。(感染公表の)動画も見た。いつも元気な人なだけに心配」と早期の回復を祈った。【小林忠】

https://www.nikkansports.com/soccer/news/202004160000529.html


片岡コロナ入院.jpg
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:07 | 大阪 ☁ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファーガソンがC・ロナウドやルーニーを主将にしなかった理由…元マンU主将ガリー・ネヴィル氏語る

【サッカー】ファーガソンがC・ロナウド&ルーニーをキャプテンにしなかった理由
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1587119068/
Cロナとルーニー.jpg
1: 豆次郎 ★ 2020/04/17(金) 19:24:28.88 ID:OY+Xdb7Z9.net

20/4/17 19:17

 現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元イングランド代表DFギャリー・ネビル氏が、同クラブのキャプテンにまつわるエピソードを話した。

 1992年から2011年までクラブ歴代5位となる602試合に出場したユナイテッドのレジェンドであるG・ネビル氏。8度のプレミアリーグ優勝や2度のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇を経験した中で、2005年からは5年にわたって主将を務めた。

 ユナイテッドは2007-08シーズンに素晴らしい選手を揃えてCLを制覇するなど、隆盛を極めた。そんな中、自身の衰えを感じていたというG・ネビル氏は、キャプテンを務めることについて、「プレシーズンにサー・アレックス(ファーガソン)に会いに行った」という。当時の様子をイギリス『スカイスポーツ』で以下のように振り返っている。

「キャプテンとして貢献できていないように感じていたんだ。当時の我々には、クリスティアーノ・ロナウド、ウェイン・ルーニー、カルロス・テベス、ライアン・ギグス、ポール・スコールズ、マイケル・キャリック、リオ・ファーディナンド、ネマニャ・ヴィディッチ、パトリス・エブラ、エドウィン・ファン・デル・サールといった素晴らしい選手たちがいた」

「私はサー・アレックスに『自分はもうキャプテンではなくていいと思います。自分が率いるレベルのチームではないくらい素晴らしくなっています』と話したんだ。でも彼には、『君にキャプテンを続けてもらう。ギグスとローテーションしながらね』と言われたよ」

「彼は、『もしロナウドをキャプテンにしたら、ルーニーが追い出される。ルーニーにしたら、ロナウドが追い出される。ヴィディッチに託したら、ファーディナンドは幸せに思わないだろう』と話していた。そして、その後の3〜4年、私とギグスがキャプテンを共有したんだ。それはドレッシングルームでの友情のためだった。サー・アレックスはチーム最優先で考えていたんだ」

 なお、G・ネビル氏の引退後、2011年から2014年まではヴィディッチがキャプテンマークを引き継いだ。その後はルーニー、マイケル・キャリック、アントニオ・バレンシア、アシュリー・ヤングが務め、今季途中からはハリー・マグワイアが主将に就任している。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?300950-300950-fl
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/301000/300950/news_300950_1.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪、新型コロナ感染のGK永石拓海が退院!2度のPCR検査で陰性に

コロナ感染のC大阪GK永石が退院、2度のPCR検査で陰性
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-43479701-gekisaka-socc
永石2020指示.jpg

 セレッソ大阪は17日、新型コロナウイルスに感染していたGK永石拓海が退院したことを発表した。

 永石は3月28日に食欲不振や倦怠感を訴え、37.9度の発熱の症状が出た。翌29日には同22日に食事をした3人の友人のうち一人から新型コロナウイルスの陽性反応が確認された。28日から自宅待機していた永石は熱は下がったものの、同31日になって大阪府内の病院でPCR検査を実施したところ、1日に陽性であることが分かった。

 大阪府内の医療機関に入院していたが、2回のPCR検査で陰性判定となり、退院に至った。なお、永石と濃厚接触の疑いのある選手・スタッフは現在、保健所の健康管理下から外れているという。

 今後について、クラブは公式サイトを通じて「緊急事態宣言が発令されている状況を重く受け止め、当面は、全選手、在宅トレーニングを継続いたします。クラブとして、これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、より一層、感染拡大防止に努めて参ります」としている。

セレッソ大阪(1520)@ただしいポジションをとる
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1586229083/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マテラッツィ氏、バロテッリへの鉄拳制裁告白「ぶっ飛ばしてやったよ」

【サッカー】マテラッツィ“兄貴”、インテル時代にバロテッリへ鉄拳制裁を下したと告白
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1587110210/
バロテッリとマテラッツィ01.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/17(金) 16:56:50.18 ID:DY7tRxZ+9.net

マテラッツィ“兄貴”、インテル時代にバロテッリへ鉄拳制裁を下したと告白
(写真:Getty Images)

インテルのレジェンドである元イタリア代表DFマルコ・マテラッツィが、インテル時代のマリオ・バロテッリとのやり取りを回顧した。

マテラッツィは2001年から2011年インテルで活躍したDFで、ロッカールームをまとめる兄貴分としてチームの統率をとり、ファンからも愛されたレジェンドだ。

そんなマテラッツィが16日、インスタグラムのライブ配信を使用したインタビューに応え、インテルでの経験を振り返り、2010年のチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナとの準決勝で起こったバロテッリとの事件についても回顧している。

この試合、途中交代で入ったバロテッリはピッチ上で精細を欠くパフォーマンスを見せたあげく、試合終了後にユニフォームを地面に投げつけていた。
その後、ロッカールームに引き上げるバロテッリをマテラッツィが追いかけていく姿が目撃されている。

マテラッツィ氏は当時を振り返り、バロテッリを殴っていたことを明かした。

「彼をぶっ飛ばしたよ。本当だ。彼を愛しているが、あの日の彼はそれに相応しかった。今は友人だし、兄弟のような関係だが、マリオはあの日やってはいけないことをした」

「ベンチから出てきた後、カウンターのチャンスがあったのに彼はハーフウェイラインからロングシュートを打ったりしていた。ディエゴ・ミリートはカンカンだったよ」

「みんなマリオのポテンシャルを信じていたし、多くのゴールを決めて勝利にも貢献した。
でも、その事件の1週間後、トレーニングで彼とマッチアップさせるようにモウリーニョに頼んだんだ。(対戦した後)一瞬で医務室送りにしてやったよ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00373362-usoccer-socc
4/17(金) 16:30配信


バロテッリとマテラッツィ02.jpg

マテラッツィ腕入れ墨.jpg

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:04 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸フィンク監督、日本でカルチャーショック「負けてもブーイングしない」

【サッカー】<神戸・ドイツ人監督>日本で受けたカルチャーショック!「負けてもブーイングしない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1587047594/
フィンク監督.jpg
1: Egg ★ 2020/04/16(木) 23:33:14.20 ID:xE6KqaQ29.net

J1ヴィッセル神戸で指揮するドイツ人のトルステン・フィンク監督は、今季でJリーグ2シーズン目を迎えるなか、英衛星放送「スカイ・スポーツ」オーストリア版が「“カルチャーショック”とコロナ危機の狭間のトルステン・フィンク」と特集を組み、「敬意を表すべき文化について語っている」と報じた。

 フィンク監督は昨年6月に神戸の監督に就任。苦戦が続いたチームを徐々に立て直してリーグ戦を8位で終えると、元日の天皇杯ではクラブ史上初のタイトルをもたらすなど、卓越した手腕を発揮している。

 そんなフィンク監督に注目したのが「スカイ・スポーツ」オーストリア版だ。新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、「“カルチャーショック”とコロナ危機の狭間のトルステン・フィンク」と報じた。

 記事では「日本でもサッカーは足踏み状態。フィンクはコロナ危機にある困難な状況と、予期していなかった敬意を表すべき文化について語っている」と言及。感染拡大が広がるなか、Jリーグも中断しているなか、フィンク監督も「決して簡単な状況ではない」と語っている。

 また日本の文化についても触れており、フィンク監督は「生活自体はドイツとなんら変わらないよ。確かに違う文化だし、それは明確だ。ただ、お店やレストランに行くと、人々はとても礼儀正しい。選手たちも同じように礼儀正しいんだ」と驚きを語る。

 その一方、サッカーファンの対応は日本とドイツで異なると指摘。「ただ日本とドイツでファンの対応は違う。負けてもブーイングしないんだ。連敗などしなければね。負けても最善を尽くしたと思ってくれる文化なんだ」と口にしており、良い意味での“カルチャーショック”だったようだ。

 すっかり日本の文化に魅せられた様子のフィンク監督。シーズン再開後、ポジティブな発見となったファンに対して勝利を届けられるだろうか。

4/16(木) 8:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200416-00257230-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200416-00257230-soccermzw-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、500万円寄付!マスクを医療従事者に届けるプロジェクトに 大谷翔平らも協力

【サッカー】日本代表DF長友佑都が”太っ腹” マスクを医療従事者に届けるプロジェクトに『500万円』寄付
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1587085804/
長友2020ガラタサライ.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/04/17(金) 10:10:04.15 ID:/WeslrHW9.net

 サッカーのトルコ1部ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(33)が16日、自身の公式ツイッターで、新型ウイルス禍で不足しているマスクを医療従事者に届けるクラウドファンディングに500万円を寄付したことを明かした。

 「院内感染の恐怖の中で自分の危険もかえりみず、かけがえのない命を救ってくださっている医療従事者の皆様に心から感謝します」と医師や看護師など不眠不休で稼働する医療従事者に謝意を示すとともに、「少しでも支えることができればと思い、500万円を寄付させていただきました。みんなの力でマスクを届けましょう!」とつづった。

 「#マスクを医療従事者に」のハッシュタグで特定非営利活動法人ジャパンハートが展開しているクラウドファンディングで16日午後11時に募集が終了。寄付者は計算1万5195人で総額1億5271万2000円が集まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00010000-chuspo-socc


大谷、長友ら 医療従事者への“マスク支援”に協力「支え合っていきましょう」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200416-00000249-spnannex-base

 新型コロナウイルスの感染拡大による深刻なマスク不足を受け、特定非営利活動法人ジャパンハートが、医療従事者向けのマスク購入費を募るプロジェクト「#マスクを医療従事者に」をクラウドファンディングサイト「READY FOR(レディーフォー)」で4月15日から実施した。エンゼルス・大谷やサッカー日本代表の長友らがプロジェクトに協力し、寄付期限の4月16日23時までに総額1億5271万2000円が集まった。

 大谷は「みなさん大変だと思いますが医療機関をはじめ多くの人達が問題解決に精一杯動いてくれています。そんな方々の助けになれればと思っています。感謝と思いやり、そしてお互いを助け合う気持ちをもって支え合っていきましょう」と呼びかけた。

 長友は「医療の最前線で昼夜問わずに自らの危険をかえりみず闘ってくださっている医療従事者の皆様、本当にありがとうございます!院内感染の恐怖の中、かけがえのない命を救ってくれている医療従事者の皆様を少しでも支えることができればと思い、この活動に賛同し応援します!みんなで乗り越えよう!」と医療関係者に感謝した。

※一部追記しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島エゼキエウ、コロナ禍で鬱症状に…1月に結婚したばかりの妻も日本に呼べず「生きる意味が無いように感じた」「でも今はもう大丈夫」

Jリーガーの苦悩、コロナ禍で鬱症状を激白 「辛く悲しい」「生きる意味がないと…」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200417-00257353-soccermzw-socc
エゼキエウブラジル.jpg

広島加入のブラジル人MFエゼキエウ、試合を待ちわびる日々「プレーするために来た」
 今季からJ1サンフレッチェ広島に加入したブラジル人MFエゼキエウは、新型コロナウイルス騒動を受けて「辛く悲しい」「まるで生きる意味がないように感じた」と鬱の傾向が出ていたことを激白し、「でも今はもう大丈夫だよ」と気丈に語っている。ブラジルメディア「Esporte Interativo」が報じた。

 22歳のエゼキエウは今季、母国クルゼイロから広島へ加入。2月23日のJリーグ開幕節・鹿島アントラーズ戦(3-0)ではベンチ外となったものの、今後の活躍が期待される海外助っ人の1人だ。

 記事では「ブラジル国外でプレーすることはエゼキエウの夢だったが、日本サッカー界でのキャリアの始まりがこれほど複雑なものになるとは想像もしていなかった」と言及。新型コロナウイルスの影響でリーグ戦開幕後にシーズンは中断しており、いまだ再開の目途は立っていない。エゼキエウが置かれた状況に触れつつ、「ブラジルに帰ることができず、1人で日本にいる」と記している。

 エゼキエウは「正直に言うと、プレーするためにここに来たんだ、僕らを幸せにするのはサッカーをすることだ」と試合を待ちわびている。その一方、「先の見えないなかでのトレーニング、コロナウイルスの感染リスクを避ける日々が続き、もし怪我をしてしまったらと思うと、辛く悲しい気持ちになる」と苦悩を吐露した。

 エゼキエルは今年1月に結婚し、妻のジュリアナさんと広島で一緒に暮らす予定だったという。ところが、今回の騒動ですべてが一転した。記事では「夫婦はビザ取得に苦労したが、その後すぐに空港の閉鎖や欠航が相次ぎ、旅行は実現不可能となった。ストライカーは将来への不安を抱え、家族を恋しく思っている」と伝えている。

「もっと1人になりたいと思った。電話やSNSに喜びを感じず、全部消した」
 エゼキエウは「1月に結婚して、妻が来るのを楽しみにしていた」と明かす。新型コロナウイルスの感染拡大で事情が変わり、いつ会えるか分からない不透明な状況を嘆く。

「ビザ取得に力を尽くしたけど、様々な問題が起きて、今年中に会えるかどうか分からない。もしかしたら年末かもしれないし、来年かもしれない。それにシーズンが再開されるかどうかも分からない状況だ。この不確実な状況は決して良いとは言えない」

 広島移籍はエゼキエウにとって初の海外挑戦であり、異国で生活し始めたばかりの22歳は、不安は日々に心を苛まれたという。

「僕は本来とても明るく外交的な性格なんだ、悪いことが起きてもね。例えば、サッカーでも難局を何度も経験してきたけど、大きな怪我をしていないことに感謝していたぐらいだ。今回の騒動を受けて練習に行く気力がなかなか湧かない時、友人から話をしようというメッセージが来たけど、それに応じる気力もなかったよ。その時すでに孤独を感じていたけど、もっと1人になりたいと思っていた。電話やSNSに喜びを感じず、全部消したんだ。まるで生きる意味がないように感じていたんだ」

 鬱のような症状に苦しんだと告白するエゼキエウだが、「でも今はもう大丈夫だよ。家族とかとたくさん話をして、だいぶ元気になったんだ」と前向きな姿勢を見せた。

 Jリーグでは6月、7月、8月の再開案がそれぞれ協議されており、新型コロナウイルスが拡大するか収束するかで状況も変わる。日本全体に不安が広がるなか、選手のメンタルケアも重要になってきそうだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12950
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1586954282/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペインリーグ、打ち切りなら…来季CL出場権はバルサ、レアル、セビージャ、ソシエダに(関連まとめ)

【サッカー】リーガ打ち切りなら…来季のCL出場権はバルサ、レアル、セビージャ、ソシエダが獲得
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1587077177/
2020CL出場圏選手.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/17(金) 07:46:17.22 ID:DY7tRxZ+9.net

スペインサッカー連盟(RFEF)が16日、2019/20シーズンが打ち切りとなる場合のチャンピオンズリーグ(CL)出場権、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得するクラブについて明かした。

新型コロナウイルスの感染者が発生したスペインでは、感染拡大を防ぐためにリーガエスパニョーラが無期限延期となっている。
新規感染者数の増加が鈍化傾向にあることを考慮し、ロックダウン(都市封鎖)を一部緩和する見通しだが、リーグ再開の目処は立っていない状況だ。

発表によると、CL出場権を獲得するのは現在の1位から4位に当たるバルセロナ、レアル・マドリード、セビージャ、レアル・ソシエダになるという。
また、EL出場権を獲得するのは5位ヘタフェと6位アトレティコ・マドリードだ。いずれも、シーズン打ち切りとなった場合のシナリオを想定している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200417-00370938-footballc-socc
4/17(金) 7:40配信




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、減給合意へ!アルテタ監督が選手達を説得

アーセナル選手がようやく減給で合意へ…アルテタ監督が説得、34億円分の年俸削減
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00010002-goal-socc
アルテタ監督練習.jpg

全従業員の給与補償を受け…
アーセナルの選手たちは、上層部からの減俸要求を受け入れる構えを見せている。『Goal』の取材で明らかとなった。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界各国のリーグ戦も3月で中断。各クラブは活動停止に追い込まれている。放映権収入やマッチデー収入など収入源の多くを断たれたクラブは、財政的な危機に陥り、様々な策を講じている。ブンデスリーガ複数クラブやバルセロナらは、選手が一時的な減俸を受け入れたことを発表した。

しかしアーセナルでは、首脳陣と選手の攻防戦が2週間にわたり繰り広げられている。クラブは財政的に深刻な状況に陥ることを明白にしているが、依然として選手の減給には合意できていない。すでに複数の案が提示されているが、13日の時点では、12.5%の年俸削減案も選手から拒まれ、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できればサラリーを全額を支払うという案も投票の結果、受け入れられなかったことがわかっている。

選手たちは他の従業員が100%の給与を受け取れることを願っているが、プロサッカー選手協会(PFA)が減給ではなく受け取り保留のみ検討するよう通達したことなどが理由と見られている。一部選手は減給を受け入れる姿勢があったものの、必要とされた全体の75%の合意までには至らなかった。一方クラブ幹部は、これを機に財政を圧迫し続ける選手への人件費を抑えたいと考えており、上記案が受け入れられた場合、年間2億3000万ポンド(約309億円)に上る人件費の内、2500万ポンド(約34億円)の削減が見込まれていた。

だが、依然として交渉は継続しており、12.5%の年俸削減を中心とした減給で合意に近づいていることが『Goal』の取材でわかった。

ミケル・アルテタ監督は、15日に選手たちと電話で会談。スペイン人指揮官は選手たちの立場を理解しつつも、クラブが深刻な財政状況に置かれていることを認識しており、説得にあたったと見られる。

なお、以前から選手たちは減給自体は受け入れる姿勢を見せていたものの、資金繰りに疑念を抱いていたことも複数メディアで報告されていた。そして、クラブが14名の幹部の減給、並びに全従業員の給与を5月まで補償すると発表したことを受け、今回の減給合意に同意したと見られている。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1486】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1586315962/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:47 | 大阪 | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、再びマンCサネ獲得に動く!代理人が関心認める 移籍金94億円でオファー準備か(関連まとめ)

バイエルン 再びマンチェスター・シティのFWサネ獲得に関心
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200416-00010017-sportes-socc
サネマンC.jpg

レロイ・サネは昨夏にバイエルン・ミュンヘン行きが濃厚と見られていたが、負傷もあり、結局残留した。だが、この夏に再びバイエルンが獲得に動くという。

マンチェスター・シティの24歳ウィンガーは昨夏にコミュニティ・シールドで十字靭帯に怪我を負い、長期離脱を強いられていた。しかし、彼の残りの契約が1年になったこともあり、再び獲得に乗り出すようだ。

「彼と一緒に、今後どのようになるかについてマンチェスター・シティと話す」とサネの代理人Damir Smoljanは『Bild』にコメントしている。

「バイエルンからの関心はある。しかし、他のトップクラブのレロイについて問い合わせてきている」と代理人は語った。

「バイエルンは、ドイツでレロイがステップアップできる唯一のクラブである。彼はチャンピオンズリーグ(CL)で優勝するという大きな目標を達成したいと考えている」と代理人はサネがCLを制覇したいことを明かしている。


バイエルン、ザネ獲得へ。マンCへ約94億円のオファー提示を準備か?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200416-00370895-footballc-socc

 マンチェスター・シティに所属するドイツ代表FWレロイ・ザネは今夏、同クラブを退団することになりそうだ。英メディア『ミラー』が現地時間15日に報じた。

 ザネは昨年8月4日に行われたFAコミュニティ・シールドの対リバプール戦で右膝を負傷。十字靭帯断裂の大怪我を負い、手術を行った。昨夏にはバイエルンへの移籍が報じられていたが、長期離脱を余儀なくされたことにより、移籍は白紙に戻ったかと思われた。だが、バイエルンは同選手の獲得を諦めていない。

 同メディアによると、ザネはバイエルン移籍に近づいていて、今夏のシティ退団は確実となっているようだ。バイエルン側は7000万ポンド(約94億円)のオファーを提示する準備をしているという。

 また、新型コロナウイルスの影響により、各クラブの財政に打撃となっていることから、各選手の市場価値も下がっている。バイエルンはザネをより安い金額で獲得できるとも伝えられている。

 果たして、ザネは母国ドイツのクラブに戻ることになるのだろうか。

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 287
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1584000450/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)