アンテナ・まとめ RSS

ブラジルのサッカー選手に悲劇…中断期間中に凧あげで遊ぶも送電線に触れ感電死

【サッカー】ブラジルで21歳のサイドバックに悲劇…遊んでいた凧が送電線に触れ感電死 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1588238566/
フェリペ・カイオ.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/30(木) 18:22:46.98 ID:Jbeg35pb9.net

ブラジルで21歳の若手選手が、不慮の事故で他界するという痛ましい悲劇が起こった。

ブラジルのカンペオナート・パウリスタ・セリエB(4部相当)のインデペンデンテFCに所属する21歳のサイドバック、カイオ・フェリペが現地時間28日に急死したという。 複数のブラジルメディアが伝えたところによると、遊んでいたカイト(凧)が送電線に触れたことにより感電死したとのこと。

所属クラブであるインデペンデンテFCは公式SNSを通し「インデペンデンテのプレーヤー、カイオ・フェリペが他界した。我々は彼の家族、友人たちに心からお悔やみ申し上げる」との声明を発表している。

1999年生まれのカイオは先月21歳になったばかり。AAインテルナシオナル育ちの同選手は2019年よりインデペンデンテに加わり、新天地ではここまで22試合6ゴールの成績を残していた。

ブラジルフットボール界は他国と同様、新型コロナウイルスの影響により中断期間へと突入している。ちょうど再開に向けた動きを見せていたところだったが、その矢先の悲劇となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-00010014-goal-socc
4/30(木) 16:02配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:18 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガン鳥栖・竹原社長、サポーターに釈明「優勝できなければスポンサー撤退」否定(関連まとめ)

鳥栖・竹原社長がサポーターに釈明「V逸したからスポンサー撤退」否定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-00010013-nishispo-socc
竹原社長オンライン会議.jpg

J1サガン鳥栖は30日、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」上でサポーターミーティングを開いた。クラブからは竹原稔社長らが参加。2回に分けて行われた。1回に参加できるサポーターは定員50人で、抽選で選ばれた計約100人が参加した。

 竹原社長がオンラインミーティングで全選手、スタッフに対し、優勝を逃したことでスポンサーが撤退したと説明したとする一部報道について、同社長は「優勝できないからスポンサーがいなくなったとは言わないし(現場の)努力不足とか結果責任とは断じてありえない」と否定した。

 また、息子・哲平氏が社長を務めているバスケットボール男子のBリーグ「佐賀バルーナーズ」との関係について「関わっているバスケット(ボール)チームに資金の流用はまったくございません」と断言した。

涙ぐむ竹原社長「私に原因」経営難の鳥栖がウェブ上サポーターミーティング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-00010012-nishispo-socc

 J1サガン鳥栖は30日、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」上でサポーターミーティングを開いた。クラブからは竹原稔社長らが参加。2回に分けて行われた。1回に参加できるサポーターは定員50人で、抽選で選ばれた計約100人が参加した。

 26日の株主総会で承認された19年度決算報告で約20億円超の赤字を計上。竹原稔社長は、クラブ消滅の危機が報じられていることに「そういう記事を招いてしまったことは私に原因がある。深くおわび申し上げます」と陳謝した上で「一部で報道されていたクラブ消滅、クラブライセンス失効に伴うJ3降格やJFL降格はありません」と断言。涙ぐみながら話す一幕もあった。

 「19年度は厳しい数字が並んでいるのは事実です。反省、改善し確実な未来を築けるようにしたい」と反省の弁。「背伸びしてご心配をおかけしたことについても見つめ直す」と身の丈経営を誓った。「コロナがなければ黒字になる計画」と強調。「間近に控えたスポンサーの発表を期待してください」とも述べた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12963
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1588176309/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:19 | 大阪 | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜フリューゲルス、最後の試合 天皇杯決勝をNHKBSで放送 5/2(土)午前8時から

【Jリーグ】横浜フリューゲルス最後の試合、伝説の天皇杯決勝の放送が決定![5/2(土) 8:00-9:50] [アレ浦和★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1587971012/
横浜フリューゲルス天皇杯優勝.jpg

1: アレ浦和 ★ 2020/04/27(月) 16:03:32.28 ID:j5Xq1t7q9.net

あの試合をもう一度!スポーツ名勝負 ▽天皇杯サッカー名作選「横浜F」対「清水」

2020年5月2日(土) 午前8:00〜午前9:50(110分)
横浜マリノスへの吸収合併で事実上のチーム消滅となった横浜フリューゲルスが最後の大会となった天皇杯で優勝。選手、サポーター一丸となって戦った伝説の決勝をもう一度。

解説は楢崎正剛が務める。

https://www.nhk.or.jp/hensei/sp/program/article/?area=400&date=2020-05-02&ch=11&eid=27506&f=etc
天皇杯アンセム
https://m.youtube.com/watch?v=aCOJjin_2B4




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ、セントラル方式で再開も一つの案?8月再開がギリギリのライン 再開にこぎつける「慎重策」

それでも無理と言えないJリーグ、再開にこぎつける「慎重策」
https://ironna.jp/article/14838?p=1
J1プレカン2020.jpg
※一部引用です。全文は上記リンク先でお願いします。


 8月再開はギリギリの防衛ラインだろう。再び中止に追い込まれる事態も想定するなら、早めに再開したい。

 もちろん、安全の確保は必須だ。闇雲に「安心」を求める行為ではなく、安全、つまりリスクを社会が受容可能なレベルまで極小化した状態を得られるか、そこが再開の焦点である。6〜8月に再開する場合は、最初の1カ月を無観客で行うことも視野に入っている。

 しかし、果たしてそれで済むだろうか。4月初旬にリーグの再延期を決めたとき、「市中の蔓延期であることや、移動などで選手をリスクにさらすと考えると無観客試合も難しい」と否定した経緯を踏まえれば、6〜8月になって、状況が自然クリアされているとは考えにくい。正直、無理だろう。

 単なる無観客では再開が見通せない。そこで参考になるのは、イングランドのプレミアリーグで検討されている「セントラル方式」だ。一つのスタジアムに全チームを集め、集中的に無観客試合を行う。

 この合宿方式なら、試合に関わる選手の移動リスクは抑えられる。Jリーグもこのセントラル方式=合宿隔離方式を、単なる無観客以上の対策として準備してはどうか。

 セントラルの場所は東北や九州など、感染者数が少ない地域とする。なおかつ無観客でも周辺に集まろうとするファンの接触を遮断可能な大きめのスタジアムがいい。

 選手やスタッフは街への外出を禁止する。また、サポーターが絶対に現地へ行かないよう、各クラブが注意喚起し、制止を振り切る者には無期限の入場禁止処分を課す。


https://ironna.jp/article/14838?p=2

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12963
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1588176309/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:05 | 大阪 ☀ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「フッキはサッカーを分かっていなかった」元ポルトガル代表メイレレスが回顧

【サッカー】「フッキは馬鹿げていた…」元ポルトガル代表MFが日本からやってきた“怪物”を回想「サッカーを分かってなかった」 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1588161273/
フッキポルト.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/29(水) 20:54:33.09 ID:yQr96Ucx9.net

最初の練習で見せたフッキのプレーは…

Jリーグで異彩を放った助っ人外国人たちは枚挙に暇がない。そのなかでも記録よりも記憶に残るストライカーとして、ファンに巨大なインパクトを残したのが、かつて川崎フロンターレ、コンサドーレ札幌、東京ヴェルディを渡り歩いたフッキだ。

鍛え上げた筋骨隆々な肉体を武器にしたパワフルかつアグレッシブなプレーで、 2005年からおよそ3年間に渡ってJリーグを沸かせたスターは、その才能を買われ、08年7月にポルトガルの強豪ポルトへステップアップしていった。

だが、欧州へ渡った当初の彼は粗削りで、チームメイトからも驚かれていたようだ。 現地時間4月28日にポルトの公式メディア『Porto TV』で、元ポルトガル代表MFのラウール・メイレレスが語っている。

その当時、ポルトのレギュラー格だったメイレレス。ポルトガル代表にも名を連ねていた名手にとって、東京Vからやってきたフッキは「驚きのあった選手だった」という。

「ポルトに加入してきた選手の中には、『何しに来たんだ』って思ったヤツもいたよ。

とくに驚きがあったのはフッキだね。あいつは馬鹿げていた」

メイレレスは、練習時のエピソードを面白おかしく振り返ってもいる。

「ポルトでの最初のトレーニングで、フッキは自分が何をすればいいのか、サッカーが何なのかをまるで分かっていなかったんだ。 とにかくボールを受けたらターンして突き進むのみ。あとはボールを蹴り飛ばすだけだったな」

その後、欧州でも指折りの名門で、粗削りなプレーが洗練されていったフッキ。 09年の9月にブラジル代表に選出され、同年11月のイングランド戦でデビューを飾り、瞬く間に飛躍していった。

フッキの他にもラダメル・ファルカオ(コロンビア代表FW)やルイス・ゴンサレス(元アルゼンチン代表MF)といった後のスターたちの欧州初挑戦の場に居合わせたメイレレスは、彼らとのプレーをこうまとめた。

「ファルカオも加入したばかりの頃は“迷子”だったね(笑)。ルチョ(ルイス・ゴンサレス)やパウロ・アスンソン、フェルナンドも恥ずかしくなるようなことをしていた。 でも、フッキもそうだけど、彼らはやってきた時はシャイだったのに、素晴らしい進化を見せたんだ」

10-11シーズンにはポルトガル・リーグで得点王を獲得するなど活躍したフッキ。1
2年9月から加入したロシアの強豪ゼニトで活躍した後、16年6月からは中国に活躍の場を移している“怪物”は、今後どのようなキャリアを辿るのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200429-00010003-sdigestw-socc
4/29(水) 15:40配信




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸DF酒井高徳、退院後初コメント「コロナウィルスの恐ろしさを痛感しました」「医療関係者の皆さまに感謝」

【サッカー】<酒井高徳(ヴィッセル神戸)>退院後初コメント!「コロナウィルスの恐ろしさを痛感しました」「医療関係者の皆さまに感謝」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1588167267/
酒井高徳2019アウェーガッツポーズ.jpg
1: Egg ★ 2020/04/29(水) 22:34:27.14 ID:lddLQTvj9.net

新型コロナウイルスに感染、闘病したヴィッセル神戸のDF酒井高徳が、29日に退院後初めてSNSを通じてコメントを発表した。

 酒井は3月30日に行ったPCR検査で陽性が発覚。Jリーガーとして初の新型コロナウイルス感染者となってしまった。兵庫県内の医療機関に入院していたが、今月25日になってようやく退院が発表になっていた。

 酒井は自身のインスタグラム(@sakai_go1123)を更新。「今の世の中の状態を考えたら間違った情報や伝えるべきではない事も伝わってしまう恐れもある」と第一声をインスタグラムで発信した理由を語った。

 また「今回の入院で改めてコロナウィルスの恐ろしさを痛感しました」「コロナの終息を一刻も早く願っています。今自分達のできる自粛や感染防止を皆で協力していきましょう」と呼びかけた。

 以下、コメント全文。(原文ママ)

退院して数日が経ちました。

自分の言葉で、すぐに皆さんへ発信出来ずすみませんでした。

きっと動画や自分の口で皆さんに伝えた方がいいんだろうと思いましたが、今の世の中の状態を考えたら間違った情報や伝えるべきではない事も伝わってしまう恐れもあると思いインスタグラムで発信したいと思いました。

まず最初に、自身にもコロナ感染の危険がある中、入院時に、勤務し対応して頂いた医療関係者の皆様に本当に心から感謝したいと思います。今も昼夜を問わず最前線で対応頂いている医療関係者の皆さまに感謝と共に敬意を表したいです。並びに自分を支えてくれた家族、友人、サポーター、自分を心配し沢山のメッセージをくれた全ての方に感謝します。

今回の入院で改めてコロナウィルスの恐ろしさを痛感しました。約1ヵ月におよぶ入院生活で、今までの自分にとって当たり前にあった時間や環境、身の回りの人々の大切さが分かりました。

今サッカー選手の自分にできることは、ピッチの上で全力でプレーするために、最高の準備をすることです。まだJリーグ再開も見えないタイミングですが、ファン、サポーターをはじめ今回メッセージをくれた全ての方に、ピッチで躍動する姿を見せられるようにしていきます。

最後にコロナの終息を一刻も早く願っています。今自分達のできる自粛や感染防止を皆で協力していきましょう‼?

4/29(水) 21:23ゲキサカhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-43479943-gekisaka-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20200429-43479943-gekisaka-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妄想だった最強ザックジャパン「やれるという自信が、いつしか慢心に変わっていた。それに、誰も気づいていなかった」

【サッカー】<妄想だった最強ザックジャパン>「やれるという自信が、いつしか慢心に変わっていた。それに、誰も気づいていなかった」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1588168798/
ザックジャパンコートジボワール戦.jpg

1: Egg ★ 2020/04/29(水) 22:59:58.56 ID:lddLQTvj9.net

強いはずだった。ただ、後になって思えば、それは思い込みでしかなかった。史上最強とも言われたザックジャパンは、たまったうみを抱えたまま集大成の14年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会を迎えた。1次リーグ初戦、コートジボワール戦(14年6月14日)で、そのうみは痛みを伴って噴出する。それは会場の記者席にまで伝わっていた。

日本は前半16分にMF本田のゴールで先制した。1点リードの後半14分。ザッケローニ監督はFW大久保を投入しようとした。交代を待つ、その時、コートジボワールもエースFWドログバを送り込もうとしていた。横目で見た同監督は、大久保がピッチに入るのに待ったをかけた。ベンチも選手も動揺した。

ドログバが入った2分後の後半18分48秒に同点、同20分28秒には勝ち越しを許す−。悪夢の100秒間。

その背景は、大久保の投入で突き放すか。それともMF香川に代えて今野を入れる、もしくは長友を1列前の左MFに上げることで中盤の守備を安定させるか。そんな迷いだった。守備的で16強入りした10年南アフリカ大会後の4年間、日本は美しいパス回しから攻撃をするポゼッションサッカーへと理想を追い求めていた。ドログバが入ることを察知した瞬間、ザックの脳裏をかすめたのは守り切ること。だが、理想を捨てる決心がつかなかった。

「交代でチームの動きを良くしようとしたが、試みは失敗に終わった。積極的に、攻撃的にプレーすべきだった。残念ながら通常のプレーができなかった」

大久保の投入は勝ち越されてから。手遅れだった。冷静さを失ったチームは、秩序さえ崩れた。最後は1度も試したことのない、DF吉田を前線に上げてのロングボールでの攻撃しか手がなかった。

史上最強は妄想だった。我々、番記者もそう思い込もうとしていただけにすぎなかった。前年の13年コンフェデレーションズ杯は3戦全敗。同年10月の東欧遠征もW杯出場権を逃したセルビア、ベラルーシに完敗。その頃、終盤に身長のあるFWハーフナーを入れてロングボールでの攻撃を試そうとした。しかし理想に執着するあまり、ロングボールを蹴らずにパス回しを続けていたこともあった。

逆サイドの速攻を警戒し、ザッケローニ監督はサイドチェンジを禁じていたが、選手からの要望で解禁されたのはW杯1年前のこと。対話を重視し、Jリーグ得点王のFW大久保をW杯にサプライズ選出した際も長谷部主将に相談したほど。選手に信頼され、人望も厚かったように思う。

ただ「いい人」で勝てるほど甘くはない。11年アジア杯で優勝。13年10月の東欧遠征で不穏な空気が流れても、その1カ月後にあった欧州遠征で10年W杯準優勝国オランダと2−2で引き分け、当時1年間無敗でFIFAランク5位のベルギーには3−2で勝った。

収穫と課題、光と影、希望と不安−。両面あっても収穫が課題の解決にふたをし、根拠のない光と希望が影と不安を打ち消していた。

理想を貫きW杯は1勝もできずに敗退。選手から漏れた言葉は印象的だった。

「やれるという自信が、いつしか慢心に変わっていた。それに、誰も気づいていなかった」

ザックジャパン最後の日。ブラジルの合宿地イトゥで最後の会見を終えた同監督を、番記者みんなで見送った。それほど、報道陣からも愛されていた。弱々しい後ろ姿、ふと振り返り、見せた悔しそうな表情。あの光景が、今でも忘れられない。【益子浩一】

[2020年4月29日12時0分] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/202004280000314_m.html?mode=all



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(37) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲッツェ、マテウス氏が新天地を勧める「スピードが無い。セリエAなら適しているかも」

【サッカー】ゲッツェはブンデスでは限界?マテウス「スピードがない。セリエAなら適しているかも」 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1588161547/
ゲッツェ19-20.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/29(水) 20:59:07.20 ID:yQr96Ucx9.net

元ドイツ代表MFローター・マテウス氏は、ドルトムントMFマリオ・ゲッツェについてブンデスリーガでプレーするにはスピードが足りないと考えているようだ。

ゲッツェは今シーズン、ドルトムントで19試合に出場しているが、先発は6試合のみ。ドルトムントとの契約が今季で満了するため、退団は濃厚とみられている。

ゲッツェにはミランやローマといったセリエAのクラブが興味を寄せる中、マテウス氏は『スカイ』のコラムの中で、より特性に合ったリーグに移るべきとの見解を示した。

「ドルトムントでの時間は終わったと思っている。今後の交渉で延長となったら、とても驚くだろう。今日、彼のスタイルはもはや需要がない。ドルトムントや他の多くのトップクラブで実践しているサッカーに追いつくためのスピードがないからだ。バイエルンへの移籍は彼が夢見ていたものではなかった。復帰後もドルトムントで最高の状態に戻ることはなかった」

「ゲッツェはクラブを見つけなければならない。何よりもプランを彼に合わせてくれる監督を見つけないとね。イタリアが彼に適したリーグである可能性はある。少なくともイタリアのプレースピードはそれほど速くないし、彼にとって有益なことだろう」

さらにゲッツェについて「彼が無気力で野心がないと非難することはできない」とも語ったマテウス氏。かつて国内の英雄となったゲッツェは海外でもう一花咲かすことができるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00010011-goal-socc
4/29(水) 12:32配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ、夏の移籍期間(7〜8月)の後ろ倒し検討 再開時は4週間の準備期間設定

Jリーグ、夏の移籍可能期間を後ろ倒しも
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-04290187-sph-socc
J1プレカン2020.jpg

Jリーグが夏の移籍可能期間(7月17日〜8月14日)を後ろ倒しする方向で検討に入ったことが29日、分かった。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で欧州各国リーグ戦が中断。シーズン終了が遅れる見通しで、Jリーガーの欧州移籍や海外組のJリーグ復帰の際、現状のままでは欧州の移籍可能期間との重複する期間が短くなるため、移籍の障害となることが懸念されていた。次回のJリーグ実行委で検討される。

 また、Jリーグ再開時には、クラブに遅くても4週間の準備期間を設けることになった。これまで村井満チェアマンは「3週間」としていたが、クラブから「3週間では期間が短く、準備としては厳しい」「5週間は欲しい」との指摘を受け、再開の4週間前には通達することをクラブに伝えた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12962
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1588072371/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:37 | 大阪 | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モウリーニョ監督、史上最高の選手に怪物ロナウドを挙げる「誰もロナウドを超えられない」

【サッカー】「誰もロナウド(元祖)を超えられない」 世界の名将モウリーニョ、史上最高の選手は“怪物”と断言 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1588163753/
ロナウドブラジル代表.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/29(水) 21:35:53.92 ID:yQr96Ucx9.net

「史上最高のサッカー選手」について回答 「才能やスキルに特化するなら…」

プレミアリーグでトッテナムを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督が、史上最高の選手に“フェノーメノ”(怪物)の異名で知られた元ブラジル代表FWロナウド氏を挙げた。スペイン紙「AS」が報じている。

ロナウドはバルセロナ在籍時の1996-97シーズンに、リーガ・エスパニョーラで37試合34得点の活躍を見せて得点王を獲得。世界的スーパースターの仲間入りを果たした。わずか1年でインテルに移籍し、世界最強FWとしての地位を確立。膝の大怪我により苦難も味わったが、ブラジル代表のエースとして2002年日韓ワールドカップ(W杯)で復活を遂げ、チームを世界一に導くとともに自身も得点王に輝いた。

大会後にレアル・マドリードに移籍した“怪物”は、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンや元ブラジル代表DFロベルト・カルロスらを擁し、“銀河系軍団”と呼ばれたチームで加入1年目にして31試合23得点をマーク。 同年に2回目のバロンドール受賞も果たしている。

モウリーニョ監督はスポーツ専門サイト「LiveScore」で、“史上最高のサッカー選手”について問われると、レアル時代に指導したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)でも、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシでもなく、“怪物”ロナウドと答えている。

「“エル・フェノーメノ”ロナウドだ。クリスティアーノ・ロナウドとレオ・メッシのほうがキャリアは長いし、彼らはこの15年間、常にトップに立ってきた。しかし、才能やスキルに特化するならば、誰もロナウドを超えられない。
彼がボビー・ロブソンと一緒にバルセロナにいた時、これまでピッチで見たなかで最高の選手だと気がついた」

そして、「故障がなければ、もっと素晴らしいキャリアになっていたかもしれない」とし、「あの19歳が持っていた才能は驚くべきものだった」と続けた。
チェルシーやレアル、インテルで数多くの世界的名手を指導してきたモウリーニョ監督だが、自身がバルセロナのアシスタントコーチを務めていた当時に見たロナウドを超える選手は現れていないようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200429-00259286-soccermzw-socc
4/29(水) 8:20配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)