アンテナ・まとめ RSS

久保建英、来季はベティスにレンタル移籍か?ソシエダなども候補に

「クボは再びマドリーを離れる」久保建英の新天地はベティスか?現地メディアが報じる!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200514-00073274-sdigestw-socc
久保マジョルカ振り向く.jpg

R・ソシエダへのレンタルも取り沙汰されている
 レアル・マドリーからマジョルカにレンタル中の久保建英は来シーズン、どのチームでプレーするのか。その去就が注目を集めている。

 同じくマドリーが保有するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーの代わりにレアル・ソシエダにレンタルされるプランが有力視されるなか、移籍を中心に取り扱うウェブメディア『Fichajes.net』は5月13日、「クボは再びマドリーを離れる」としてベティスへのレンタルの可能性を伝えている。

 記事によれば、18歳の日本代表MFは初めてリーガの舞台に立っているにもかかわらず、ビセンテ・モレーノ監督が指揮するマジョルカで「完璧な成功」を収めている。だが、ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリーのトップチームに加わる準備はまだできておらず、再レンタルされる可能性が高いという。

 その候補のひとつがベティスで、コロナ禍でクラブの財政が逼迫するなか、ローンで獲得できる久保に興味を抱いているようだ。
 
『Fichajes.net』は、マドリーが長期的な目で大きな期待をかけている久保にとって、ベニート・ビジャマリン(ベティスのホームスタジアム)での経験が、将来的に“白い巨人”の一員となるためのデモンストレーションの新たなステップとなる可能性がある、と報じている。

 昨シーズン、乾貴士(現エイバル)が半年間だけプレーしたベティスで、日本代表の後輩がプレーすることになるのか。その動向に注目が集まる。

【RCD】久保建英応援スレ part 197【Mallorca】
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1588902144/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:05 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国代表DF、日本代表MF橋岡大樹へのカンフーキックを謝罪!昨年E-1選手権で危険なプレー「あるまじき行為でした」

【サッカー】中国代表DF、日本代表MF橋岡に衝撃カンフーキックで公開初謝罪「あるまじき行為でした」 [久太郎★]
https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589452303/
橋岡と中国ジャン・ジーポン.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/05/14(木) 19:31:43.78 ID:rdTdVJtE9.net

昨年12月のE-1選手権で危険プレー、中国代表DFジャン・ジーポンがMF橋岡大樹に謝罪
 昨年12月のE-1選手権で日本が中国に2-1と勝利した一戦で、MF橋岡大樹(浦和レッズ)の頭に危険な飛び蹴りを見せたDFジャン・ジーポンがテレビ番組に出演し、「あるまじき行為でした」と公開謝罪した。香港紙「明報」が報じている。

【動画】「あるまじき行為でした」と公開謝罪! 中国代表DF、日本代表MF橋岡大樹の後頭部に「カンフーキック」をお見舞いした衝撃シーン

 衝撃のプレーが生まれたのは、19年12月10日に行われたE-1選手権初戦の日本対中国戦だ。国内組で臨んだ日本は前半29分にFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)の代表初ゴールで先制し、後半25分にCKからDF三浦弦太(ガンバ大阪)が追加点。試合終了間際に1点を返されるも2-1で逃げ切った。

 その一戦で戦慄が走ったのは前半31分だ。右サイドでロングボールを受けようとした橋岡に対し、中国代表DFジャン・ジーポンが左足を大きく振り上げる“カンフーキック”を後頭部に見舞った。当時、香港英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は「日本の若者は乱暴なプレーの標的となった」と伝えている。

 それから約半年が過ぎ、テレビ番組に出演したジャン・ジーポンは自身のプレーを振り返り、「とても危険なものだった」と回想。「橋岡大樹選手に会ったら、何を話したいか?」と聞かれると、「橋岡選手、こんにちは。中国代表のジャン・ジーポンです」と改めて自己紹介しつつ、次のように謝罪の意を示している。

「試合後に映像を見て、危険だと思いました。あるまじき行為でした。幸いにも怪我をしなかったことに安堵しています。そうでなかったら、自分を責め、恥じていたと思います。謝罪いたします。また機会があれば、その時はお手柔らかにお願いします」

 記事では「中国代表のジャン・ジーポンが、“カンフーキック”事件で橋岡大貴に初謝罪したのは5カ月後」と伝えており、公開謝罪に注目が集まっているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200514-00261730-soccermzw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、イタリアが讃える才能「ボローニャに収まる器じゃない」

【サッカー 】イタリアが称える冨安健洋の才能。「ボローニャに収まる器じゃない」 [砂漠のマスカレード★]
https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589432828/
冨安2019開幕戦.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/14(木) 14:07:08.20 ID:gCmpYwcj9.net

ボローニャDF冨安健洋が再始動した。

 5月4日、イタリア政府による国民の活動制限が一部解禁され、セリエAの各クラブが選手を練習場に呼び集めつつ、少人数単位での練習を実施することが可能になった。

 翌5日にはボローニャのカステルデボレ練習場にも第一陣として14人が集まり、その中に冨安の姿もあった。チーム全体の団体練習解禁は18日以降とされている。

 ボローニャの他にセリエAの3クラブを抱えるエミリア・ロマーニャ州は、感染中心地として最初に移動制限がかかった北部4州の1つだ。2月中旬、ジェノア戦を取材に行った際、1人暮らしで自炊していると聞いた冨安の身を心配していただけに、クラブ広報から元気だと伝え聞いて、ほっとした。

 練習再開を誰より喜んでいるのはミハイロビッチ監督かもしれない。

 白血病を患う身でありながらホテルでじっとしているのを心底嫌う闘将は、練習解禁と同時にグラウンドに顔を出し、腹筋運動やランニングで汗を流している。9日には、ソーシャルディスタンスを保ちながら選手たちと2カ月ぶりに再会した。慣れ親しんだ芝の上で、彼らもようやく自分たちの職場に帰ってきた実感を得たことだろう。

ローマが獲得に向けて熱視線?
 そんな折、「ローマが冨安獲得に熱入れる」という報道が出た。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などの現地メディアが報じたもので、“1000万ユーロあたりでの買取りを打診したローマに、最低2000万は積んでもらわないと話にならん! とボローニャが突っぱねた”という内容だった。

 セリエA再開の可否は18日の団体練習解禁を経て、この先、何らかの道筋がつけられる見込みだが、その前に冨安に対する現在の評価を考えてみたい。

“ボローニャの日本人テルツィーノ(=サイドバック)”は、今季のセリエAに新鮮なサプライズをもたらした。

 3月9日に中断した第26節までに20試合に出場し(すべて先発)、決めたアシストは2本。188cmのサイズを備えた冨安は、将来有望な本格派DFとして評価を固めつつある。

守備だけでなく展開力も目を見張る。
 カタログスペック止まりではなく、実戦で期待以上の働きを見せてきた。対人守備能力や当たりの強さはもちろん、縦へのスピードとドリブルでの展開力には目を見張る。攻撃の組立ては大きな武器で、ゲーム中に右サイドから前線を見通す冨安が放つ最初のパスが、チームにとって攻撃の足がかりとなる場面も多かった。

 敵地で強豪に逆転勝ちした第14節ナポリ戦は出色のパフォーマンスだった。細心の注意で危険の芽を正確に潰し、ボールキープの場面では肉弾戦も厭わない。攻めでも守りでも積極性を見せた。度胸も新人離れしていて、本当に今季セリエAデビューの21歳かと何度も目を疑った。

 マルチタスクを課されているせいで集中力が落ちる時間帯のあることや、ハイボールの競り合いなどに向上の余地があるとはいえ、SBもCBもできる冨安のような人材が1人いれば戦術の幅は大きく広がるのだから、彼を欲しがらない指導者は少ないだろう。

 現地紙記者が「まるでイタリアで生まれ育ったようにクラブにも新生活にもすぐに馴染んだ」と驚くように、順応性も問題ない。

 各クラブの強化担当者の頭にはすでに「トミヤス」の名が刻まれているはずだ。今年2月の対戦で煮え湯を飲まされたローマが、食指を動かしても何の不思議もない。

5/14(木) 11:41
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200514-00843496-number-socc


2: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/14(木) 14:07:38.79 ID:gCmpYwcj9.net

冨安以上に強烈な新人DFクムブッラ。
 もし今夏に予定通り東京五輪が開催されていたら、冨安は開催国チームの守備の柱となるはずだった。

 果たして、彼と同じレベルでプレーする同世代が今季のカンピオナートにどれだけいるだろうか。

 今季、冨安以上のインパクトを与えた新人DFといえば、2000年生まれでベローナ生え抜きのクムブッラだろう。

 昇格組ながら現在8位と躍進するベローナは、2月上旬の第23節で8連覇王者ユベントスに2-1で逆転勝ちし、国中を仰天させた。

D・コスタ、ディバラを完封。
 そんな中、ことさら注目を浴びたのが試合当日に20歳の誕生日を迎えたクムブッラだった。

 ボローニャとの今季開幕戦でセリエAデビューしたばかりの無名のセンターバックにもかかわらず、FWドウグラス・コスタやFWディバラといった欧州トップレベルのアタッカーたちをことごとく完封した。

 ここから移籍市場でのクムブッラ株は一気に急上昇。マンチェスターの2大クラブやリバプールはリストアップ済みで、冬の市場ではナポリが総額2500万ユーロを交渉のテーブルに乗せたが、ベローナは首を縦に振らなかった。

 インテルの最終ラインでは、冨安と同じ21歳のDFバストーニが絶賛売り出し中だ。

 国際経験豊かなビッグネームのベテランDFゴディンを控えに追いやり、闘将コンテの信頼を勝ち取った。14試合に出場してクリーンシートは2度しかないが、3バックの一角を占め、大一番であるユーベ戦でも先発フル出場した


3: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/14(木) 14:07:59.17 ID:gCmpYwcj9.net

マテラッツィに憧れるマンチーニ。
「悪童マテラッツィこそ史上最高のDF」と公言してやまないのは、ローマの最終ラインで頭角を現わすマンチーニだ。

 彼はバストーニと同じくアタランタで育ち、23歳だった昨年の夏、レンタル料200万ユーロ+保有権買取義務オプション1900万ユーロの合計2100万ユーロというビジネスでローマに入団した。1年目ながらリーグ戦とカップ戦合わせて31試合に出場し、新天地で着々と足場を築いている。

 前述の2人は、東京五輪の欧州予選も兼ねた昨夏のU-21欧州選手権にイタリア代表として出場していた。地元イタリア開催の大会に臨んだ彼らの意気込みは高く、グループリーグでは後に大会優勝を果たすスペインを3-1で破るパフォーマンスを披露。しかしながら準決勝進出を逃し、五輪切符は失ってしまった。

 アピールの場を失った彼らが所属クラブでのし上がろうとする覚悟は、冨安以上かもしれない。

 もちろん出世争いの相手は同世代に限らず、セリエAにおけるサイドバックのポジションには、34歳の今もなお第一人者とされるDFコラロフ(ローマ)やインテルの新兵器A・ヤング、得点力で気を吐くDFテオ・エルナンデス(ミラン)など、強力なライバルたちがひしめく。冨安はこれらビッグネームたちを蹴落としていかねばならないのだ。

部活の鬼監督的なミハイロビッチ。
 だから、“後見人”とも言える指揮官ミハイロビッチの存在は大きい。

 病に侵されているとはいえミハイロビッチは計算高く、執念深い男だ。ユーゴスラビア内戦を生き延びた本物のタフガイだからこそ、サッカーにだけは決して嘘をつかないことを誰もが知っている。

 闘将ミハイロビッチは、冨安のポテンシャルを本物と見込んだからこそSBへコンバートし、レギュラー起用という形で成長を担保しつつ、彼を一級品のDFとして鍛え上げている。

 昨年秋の筋肉故障から復帰した後、冨安が言っていた。

「開幕から(レギュラーで)使ってもらってますし、監督の信頼を感じますね。ベンチにミハイロビッチ監督がいるといないとでは、いや、もう全然違います。練習の締まり方も違いますし、もうまったく別のチームです」

 まるで日本の部活の鬼監督じゃないですか、と冗談っぽく返したら、冨安はフフッと笑った。冨安がボローニャのスケールに収まる器でないことは、地元ファンの多くが気づいているはずだ。いつになるかはわからないが、必ずやステップアップしていく予感が誰の頭にもある。


4: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/14(木) 14:08:19.38 ID:gCmpYwcj9.net

冨安は新世代のハイブリッドDF。
 開幕から冨安を見てきて、過去のセリエAプレーヤーでモデルになるような先達はいないかと少し考えてみたが、どうにもうまく思いつかない。同業者たちにも尋ね、皆で考えを巡らせてみたが、誰もがう〜んと頭をひねり、答えに詰まった。

 伝説の男マルディーニでも、優雅だが技の切れるネスタでもない。「あえて現役で喩えるならデフライ(インテル)が近いかも」と記者の1人がヒントらしきものをくれたが、これもまた少し違う気がする。

 高さとスピードがあり、サイドもセンターも両方こなせる組立て役のDF。それは、これまでのDF像に当てはまらない、新世代のハイブリッド型DFだろう。

EL出場チャンスがあるなら狙う。
 4大リーグの中でリーグ戦再開を決めたドイツと異なり、コロナ禍による被害が甚大で今も油断ならない状況にあるイタリアでは、セリエA再開に慎重論も大きい。

 再開の可否は今週中にも決まるとされ、感染状況を睨むイタリア政府がGOを出すとすれば「6月13日再開、8月2日に最終節」という日程案が今のところ有力とされている。

 カンピオナートが再開されれば、中断前に勝点34で10位につけていたボローニャにとっての目標はやはりEL出場枠だ。6位ナポリとの勝点差は5しかない。

 冨安の言葉にも決意が表れていた。

「残りのシーズン、個人的には怪我なくしっかり試合に出続けることが第一です。その中で今よりチームに貢献できるような働きをしたい。チームとしてはELを狙えるポジションにいるんで、チャンスがある以上そこを狙うべきだと思います」

 セリエA再開となれば、ボローニャの初戦の相手は王者ユベントスだ。

 FWディバラやMFマテュイディといったコロナ肺炎から回復した選手を抱え、C・ロナウドも再始動するユーベとボローニャとの一戦は、世界中の注目を集めるだろう。

 各クラブの強化担当者たちも冨安から目を離すことはできないはずだ。




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜Fマリノス、歴代ガッカリ外国人選手6人!お騒がせSNS芸人、4日で解雇など謎多き外国人選手の系譜(関連まとめ)

【サッカー】横浜F・マリノス、歴代ガッカリ外国籍選手6人。SNS中毒で追放、4日で解雇…謎多き助っ人たちの系譜 [久太郎★]
https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589433350/
カイケマリノス.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/05/14(木) 14:15:50.86 ID:rdTdVJtE9.net

1993年の開幕から28年目を迎えたJリーグでは、数多くの外国籍選手がプレーしてきた。活躍した選手もいる中で、期待を大きく裏切って帰っていった選手も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、横浜F・マリノスで活躍できなかった外国籍選手を5人紹介する。※年齢は加入当時のもの

現ディナモ・ザグレブ監督
イゴール・ヨビチェビッチ(クロアチア出身)

生年月日:1973年11月30日(当時25歳)
在籍期間:1999年
J1通算成績:1試合出場/0得点

 世界的名門レアル・マドリードのBチームでもプレー経験を持つFWは、1999年に来日して練習生から横浜F・マリノスと正式契約を結んだ。しかし、将来を嘱望された過去の経歴による期待には応えられず、リーグ戦出場は1試合のみだった。

 その唯一の出場機会は1999年の2ndステージ第14節・清水エスパルス戦の終盤85分からだった。1-2でリードを許していた展開で同点ゴールが期待されながらノーインパクト。そしてホーム最終戦で優勝争いをしていた首位・清水に振り切られ、目の前で2ndステージ優勝を決められてしまった。

 もちろんマリノス は1999年で限りで退団となり、ブラジルのグアラニへ移籍する。そこからクロアチア時代の古巣NKザグレブ、フランスのメス、中国の瀋陽東進や上海連城(のちに上海申花に合併)、ウクライナのカルパティといったクラブを渡り歩き、選手としては不思議なキャリアを送った。

 それでも現役引退後は指導者としてステップアップしていき、今年4月からは数々の実力者を輩出してきたクロアチア屈指の名門ディナモ・ザグレブの監督を任されている。

●1999年J1・2ndステージ第14節:清水エスパルス戦の先発メンバー

▽GK
川口能活

▽DF
波戸康広
上野良治
小村徳男

▽MF
深澤仁博
遠藤彰弘
神田勝夫
永井秀樹
三浦淳宏

▽FW
ユ・サンチョル
城彰二

※ヨビチェビッチは85分から永井秀樹に代わって途中出場

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200514-00010003-footballc-socc
>>2以降に続く


2: 久太郎 ★ 2020/05/14(木) 14:16:36.34 ID:rdTdVJtE9.net

>>1
たった4日間で…
アブデルジャリル・ハッダ(元モロッコ代表)

生年月日:1972年3月21日(当時27歳)
在籍期間:2000年
J1通算成績:0試合出場/0得点

 モロッコ代表の9番を背負い、1998年フランスワールドカップで2得点を挙げた実績を持つFWだったが、マリノスでは公式戦に一度も出場することなく終わった。それどころか加入から契約解除までたった4日間という前代未聞のスピード退団だったのである。

 キャンプに合流したハッダは、オズワルド・アルディレス監督から早々に構想外を告げられ、イスラム教とゆえに日本の食事も合わなかったことも解雇につながった。横浜にたどり着くことなくクラブを去ることとなったのだ。

 マリノス 退団後はレンタル元のスポルティング・ヒホンに戻り、チュニジアやモロッコのクラブでプレーしたのち2004年夏に現役を引退した。なお、世界中の選手情報を網羅するウェブサイト『transfermarkt』には、マリノス在籍歴が掲載されていない。あまりに短すぎた在籍4日間はなかったことになっているようだ。

●2000シーズンの基本先発メンバー

▽GK
川口能活

▽DF
波戸康広
松田直樹
小村徳男

▽MF
永山邦夫
上野良治
遠藤彰弘
三浦淳宏
中村俊輔

▽FW
エジミウソン
ユ・サンチョル

レコバの元相棒と香港リーグ得点王
マルセロ・リパティン(ウルグアイ出身)

生年月日:1977年1月28日(当時24歳)
在籍期間:2001年
J1通算成績:1試合出場/0得点

 ウルグアイの世代別代表でアルバロ・レコバとコンビを組んでいたという触れ込みで来日したが、その片鱗を見せることはなかった。結局、1年間の在籍でリーグ戦の出場は1試合のみ。しかも途中出場で延長Vゴールを奪われるまでの18分間のみだった。

 前年に4日間の在籍で解雇になったハッダとは違い、横浜までたどり着いたが、ホームの日産スタジアムのピッチに立つことは叶わず。離日後はメキシコのクラブ・アメリカへ移籍し、のちにセリエBのバーリやポルトガル1部のマリティモ、CDナシオナル、トロフェンセといったクラブでプレーした。日本で輝けなかったにもかかわらず欧州ではそれなりに結果を残している、謎多い選手だった。

レアンドロ(ブラジル出身)

生年月日:1974年9月29日(当時26歳)
在籍期間:2001年
J1通算成績:3試合出場/0得点

 1999/2000シーズンの香港リーグ得点王という肩書きを持つストライカーで、2000年に開催されたカールスバーグカップの日本代表戦に、香港リーグ選抜の一員として出場していた。日本の中継映像で紹介された登録名はファーストネームの「レアンドロ」ではなく姓の「シミオニ」だった。

 そこでのプレーが評価されたのか、2001年に来日してマリノスに加入する。しかし、ヘディングの強さ以外に目立った武器はなく、リーグ戦では3試合の出場のみ。ノーゴールで同年7月に契約解除となった。2001年のマリノスはヤマザキナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)こそ制したものの、開幕前の外国籍選手の補強にことごとく失敗し、シーズン中の監督交代やリーグ戦の残留争いなど大いに苦しんだ。

 レアンドロはマリノス退団後、一度ブラジルに戻ったが、2003年夏から2シーズンにわたってドイツ2部のオーバーハウゼンで活躍。ブラジルやイスラエルでのプレーを経て現役を引退した。

●2001年J1・1stステージ第8節:柏レイソル戦の先発メンバー

▽GK
川口能活

▽DF
波戸康広
松田直樹
小村徳男

▽MF
永山邦夫
遠藤彰弘
上野良治
石川直宏
中村俊輔

▽FW
田原豊
城彰二

※レアンドロは74分から田原豊に代わって途中出場
※リパティンはベンチ外

>>3以降に続く


3: 久太郎 ★ 2020/05/14(木) 14:17:43.84 ID:rdTdVJtE9.net

>>1
>>2
アルゼンチン路線への回帰は…
パブロ・バスティアニーニ(アルゼンチン出身)

生年月日:1982年11月9日(当時27歳)
在籍期間:2010年〜2011年
J1通算成績:6試合出場/0得点

 かつてのマリノスのようなアルゼンチン路線の復活となるかに思われたが、バスティアニーニの補強は明らかな失敗だった。イングランド3部やギリシャ、ベネズエラでのプレー経験を持つ変わり種ストライカーは練習試合でも全く通用しない有様で、リーグ戦は6試合の途中出場のみだった。

 網膜剥離で戦線離脱を強いられた時期もあったが、身長187cm体重80kgという大柄な体格がピッチ上で活かされることはなく、もちろん6試合で1つのゴールも奪えなかった。

 それでも2011年もマリノスに残留する。だが、同年3月11日に発生した東日本大震災を受けて「生まれたばかりの子どもがいるため、震災後に帰国した家族の強い要望もあり、帰国して家族のもとで新たな道を歩み続けることを決断しました」というコメントを残して4月15日付で契約解除に。アルゼンチンへ帰国した。

●2010年J1第5節:清水エスパルス戦の先発メンバー

▽GK
飯倉大樹

▽DF
波戸康広
中澤佑二
栗原勇蔵
田中裕介

▽MF
兵藤慎剛
小椋祥平
清水範久
中村俊輔
山瀬功治

▽FW
渡邉千真

※バスティアニーニは後半開始から栗原勇蔵に代わって途中出場

お騒がせSNS芸人
カイケ(ブラジル出身)

生年月日:1988年4月1日(当時27歳)
在籍期間:2016年
J1通算成績:23試合出場/4得点

 フラメンゴの下部組織で将来を嘱望されたストライカーは欧州挑戦こそ失敗したものの、ブラジルの下部リーグで揉まれて成長を遂げ、徐々に国内でも名の知られた存在になっていた。2015年にフラメンゴに復帰すると当時チームを率いていたオズワルド・オリヴェイラ監督にも重用された。

 しかし、2016年に加入したマリノスでは期待を裏切り続けた。背番号9を与えられたが、試合に出場してもゴールを決められず、度重なる規律違反で同年9月末にはチーム練習への参加を禁止されるまでに。練習への遅刻や、ベンチ外になった公式戦の試合中にSNSに全く関係のない投稿をするなど、完全にネタ外国人となっていた。

 もはや“SNS芸人”と化していた中、信頼を失う決定打となったのが2016年9月25日の川崎フロンターレ戦だった。その試合でベンチ外になっていたカイケは、チームメイトたちが2-3の激闘を演じている最中に自身のインスタグラムへ「Enjoy life in GINZA」と酒瓶の絵文字などとともに妻とのツーショットを投稿したのだった。

 マリノスで構想外になったものの、長期契約は残されており、2017年以降は母国ブラジルのクラブへ期限付き移籍を繰り返す。2017年はサントスへ、2018年はバイーアとフルミネンセに在籍。それらのクラブではことごとく結果を残せていなかったが、2019年3月にようやくマリノスとの契約が解除になり、次の移籍先となったゴイアスで復活を遂げ、同年9月からはカタールでプレーしている。

 カイケ唯一のファインプレーは、2018年にフルミネンセで同僚だったマルコス・ジュニオールが移籍先にマリノスを選ぶ際の助言者の1人になったことだ。

●2016年J1・1stステージ第7節:ジュビロ磐田戦の先発メンバー

▽GK
飯倉大樹

▽DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
下平匠

▽MF
喜田拓也
中町公祐
クエンティン・マルティノス
中村俊輔
齋藤学

▽FW
カイケ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200514-00010003-footballc-socc&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200514-00010003-footballc-socc&p=3



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベフェレン小林祐希、心境吐露「理想と現実のギャップが大きすぎて自分が嫌になる」

【サッカー】<小林祐希>心境を吐露「理想と現実のギャップが大きすぎて自分が嫌になる」 [Egg★]
https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589415282/
小林祐希ベフェレン.jpg
1: Egg ★ 2020/05/14(木) 09:14:42.84 ID:aZiw+zm59.net

ベルギー1部のベフェレンに所属するMF小林祐希が14日に自身のツイッター(@iamyuuki4424)を更新し、現在の心境を語った。

 小林はウエイトトレーニングを行う自身の様子を動画で投稿。併せて「理想の自分と現実の自分のギャップが大きすぎて自分が嫌になる。でも、理想の自分になる為に日々努力してるこの状況が理想の状態。理想や目標に向かって1ミリでも近付く努力を続けることがプロの使命」とつづった。

 現在28歳の小林は東京V、磐田を経て2016年夏にオランダ1部のヘーレンフェーンに移籍。3シーズンで公式戦101試合に出場し、3得点を記録した。そして今季からベフェレンに加入し、背番号10を着けて公式戦21試合で2得点をマーク。先日、代理人がイタリア『トゥット・メルカート』のインタビューに応じ、小林にイタリアの3クラブが興味を示していると明かしていた。

5/14(木) 8:30 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/3a0a4535df3e3cb4df647cc9f289853816883c72

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_sigg_683cgasBhfjL_jShmTy3Q---x640-y480-q90-exp3h-pril/amd/20200514-43480242-gekisaka-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンCグループ、ベルギー2部ロンメルを買収…全世界で9クラブ目に(関連まとめ)

マンCの親会社、ベルギー2部ロンメルの買収で合意…全世界で9クラブ目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200511-01068809-soccerk-socc
CFG傘下.jpg

マンチェスター・Cの親会社であるシティ・フットボール・グループ(CFG)は11日、ベルギー2部ロンメルSKの買収で合意したことをグループ公式サイトで発表した。

 ロンメルは2003年、破産した前身のKFCロンメルSK(1932年創立)とKVVオーフェルペルト・ファブリークが合併し、KVSKユナイテッド・オーフェルペルト・ロンメルとして再出発した。2010年にはKFCラシン・モル・ウェッツェルと合併し、ロンメル・ユナイテッドに改称。2017年から現在のロンメルSKに改称した。KFCロンメルSK時代の2001年にはベルギーカップ決勝に進出し、1997年と1998年にはUEFAインタートトカップに出場したこともある。

 CFGはマンチェスター・C(イングランド)、ニューヨーク・シティ(MLS)、メルボルン・シティ(オーストラリア)、横浜F・マリノス(日本)、モンテビデオ・シティ・トルケ(ウルグアイ)、ジローナ(スペイン)、四川九牛(中国)、ムンバイ・シティ(インド)、ロンメルと、世界各国の9クラブを傘下に収めることになった。

 CFGのファビアン・ソラーノCEOは今回の買収発表に際し、「私たちはロンメルSKを歓迎し、ファンや町と協力してクラブを発展させることを楽しみにしています。ベルギーは代表チームの成功と世界的に有名な選手の育成によって実証された、ヨーロッパで最も優れたサッカー国の一つです。この投資は、主要なサッカー国に存在し、美しいサッカーで才能を伸ばすという、私たちの長期戦略の一部です。私たちはロンメルの育成文化、練習施設、青少年育成の取り組みに魅了されました。彼らのアプローチから学び、数カ月、数年先のクラブの発展を支援できることを楽しみにしています」とコメントした。

BLUEMOON マンチェスターシティ 367cityzens
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1585668661/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、バイエルンMFコマン獲得に興味…ベイルの後釜候補に

レアル・マドリー 既にベイルの代役をリストアップ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00010016-sportes-socc
コマン2019バイエルン.jpg


今シーズンはまだ完了していないが、移籍市場は勢いを増しており、ビッグクラブは2020/2021シーズンに向けて動き始めている。

そして、レアル・マドリーは売却する予定であるガレス・ベイルの代役を探している。

ニューカッスルはウェールズ人アタッカーに6,000万ユーロ(約70億円)を出す準備をしており、クラブが買収された時の資金を活用しようとしている。

一方のマドリーはキングスレイ・コマンをベイルの代役と考えているようだ。彼は今季5ゴール5アシストを記録しており、『Sky Sports』によると、マドリーへの移籍を希望しているという。

ただ、この移籍はバイエルン・ミュンヘンがマンチェスター・シティのレロイ・サネの獲得を決めた場合だという。


◆◇El Blanco Real Madrid 1054◇◆
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1589182676/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元柏FWエジウソン「メッシやC・ロナウドより私の方が上だ」

【サッカー】決定的な理由も挙げる…元Jリーガー「メッシやC・ロナウドより私が上だ」 [久太郎★]
https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589420593/
エジウソン柏.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/05/14(木) 10:43:13.27 ID:rdTdVJtE9.net

 現役時代に柏レイソルなどで活躍した元ブラジル代表FWのエジウソン氏が、現代サッカーの3大スターと言われるバルセロナFWリオネル・メッシ、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド、パリSGFWネイマールよりも自分の方が優れていた主張した。スペイン『FCバルセロナ・ノティシアス』が伝えている。

 過去にブラジルの複数クラブや柏でプレーしたエジウソン氏。ブラジル代表では2002年の日韓W杯メンバーに選ばれ、得点こそなかったものの、4試合の出場で優勝に貢献した。

 母国テレビに出演したエジウソン氏は自身と3選手の決定的な違いとして、W杯の優勝経験を挙げている。

 ネイマールとの比較では「私の全盛期はネイマールよりも優れていた」と振り返り、「私よりも優れているとするなら、ワールドカップで優勝しなければならない。私には個性がある」と付け加えた。

 続けてメッシに対しても「私を超えるには、同じく世界チャンピオンでなければならない」と指摘し、C・ロナウドについては「彼はパワーだけだよ。右からも左からもシュートを打つんだ。彼よりも私の方が上手い」と批判的に述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-43480244-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エメルソン、日本に謝罪と感謝「中澤は素晴らしいDF」「俊輔は魔法の左足」「小野は南米の超一流選手のようだった」

【サッカー】<悪童エメルソン>日本に謝罪&感謝「中澤に俊輔、小野は超一流だ」実年齢21歳の“18歳”が札幌に。 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589374308/
エメルソン浦和.jpg
1: Egg ★ 2020/05/13(水) 21:51:48.11 ID:f9zdk0cl9.net

写真
エメルソンボランティア.jpg
でもブラジルでも問題児だったエメルソンだが、現在はコロナ禍のブラジルで慈善事業に取り組んでいる。

 とにかくスピードがあり、とにかく点を取り、とにかく問題を起こす――。あらゆる点で、規格外の男だった。

 まるで背中に羽でも生えているような軽やかな足取りでマーカーを引きちぎり、右足から強烈なシュートやぐにゃりと曲げたシュートを叩き込んだ。勝負強さも、群を抜いていた。

 その一方で、ラフプレーや審判へのクレームなどでFWとしては異常な枚数のカードを集め、大事な試合を欠場する。練習に遅刻したりすっぽかしたりは、日常茶飯事。不可思議な理由をでっち上げて母国へ帰ると、期日までに戻ってくることはほとんどなかった。

 本名は、マルシオ・パッソス・デ・アウブケルキ(「エメルソン」の名はどこにもない! )。1978年12月6日、リオ郊外の貧しい家庭に、2人兄弟の末っ子として生まれた。

 一家の住居は、町で最も危険な地区にある小さなバラック。床は土が剥き出しで、トイレすらなかった。小さなパンやわずかなご飯を皆で分け合い、空腹を抱え、土の上に敷いた薄いマットレスの上に雑魚寝した。

母が実年齢より3歳近く若返らせた。
 小さい頃からボールを蹴るのが大好きで、地元の名門中の名門フラメンゴの大ファン。プロ選手になって貧困から抜け出すことを夢見たが、栄養不足のため体が貧弱。周囲の評価は低かった。

「このままでは、息子はプロになれない。一家もこの状況から抜け出せない」と考えた母親が、窮余の一策を思いつく。彼が17歳のとき、「1981年12月6日生まれのマルシオ・エメルソン・パッソス」として出生証明書を作り直した。実年齢より2歳9カ月若い「エメルソン」が出現したのである。

 ブラジルでも公文書偽造は重大な犯罪だ。

 しかし、母親は法を犯してでも息子の未来をこじ開けようとした。後に「息子の年齢を偽ったことは全く後悔していないわ。もしそれをせず彼の将来を閉ざしていたら、その方が後悔していたでしょうね」と涙ながらに語っている。

 そして1996年、「エメルソン」はこの偽の証明書を持って名門サンパウロFCのU-15の入団テストを受けて合格した。

つづく

5/13(水) 20:01 ナンバー
https://news.yahoo.co.jp/articles/71e9791c09c40d62f4094ead10f18e56720f0917


2: Egg ★ 2020/05/13(水) 21:52:24.20 ID:f9zdk0cl9.net

実年齢21歳の“18歳”が札幌に。

 育成年代で、2年9カ月のアドバンテージは絶大だ。当時同じチームにいた後のブラジル代表MFカカより将来性がある、とまで評価され、1998年、17歳(実年齢は20歳)でトップチームに昇格。翌年のブラジルリーグで8試合に出場して2得点をあげた。

 もし本当に18歳なら、どのクラブも「金の卵」として大事に育てる。しかし、サンパウロFCの役員が彼の年齢詐称を察知する。ブラジルサッカー連盟から処罰を受けることを恐れ、期限付き移籍を画策。そのレーダーにかかったのが、コンサドーレ札幌(J2)だった。当時のチームは1998年ワールドカップで日本代表を率いた岡田武史が1999年から指揮していた。

 1999年末、札幌への1年間の期限付き移籍が決まる。18歳という触れ込みだったが、本当は21歳だった。

 年齢は偽っていても、「カカより上」と評された実力は本物だった。J2では別格の存在で、ピッチを縦横に駆け回り、面白いように得点を重ねた。34試合に出場して31得点。ぶっちぎりの得点王に輝き、チームを優勝とJ1昇格に導いた。

 サンパウロFCはエメルソンの完全移籍を求め、激しい争奪戦の末、川崎フロンターレ(当時J2)へ。2001年には川崎でも18試合で19得点と大暴れしたが、あまりにも問題行動が多く、8月に浦和レッズへ移籍した。

浦和でもゴール量産したが……。
 舞台がJ2からJ1へ変わったが、この男には全く関係なかった。

 2003年、ナビスコカップで8得点をあげてクラブ史上初のタイトル獲得の立役者となり、Jリーグで18得点をあげて年間MVPを獲得。2004年はJリーグで26試合に出場して27得点と大爆発し、チームのセカンドステージ優勝に貢献した。しかし2005年7月、ファンの思いをよそにアルサッド(カタール)へ去った。

 日本での成績はJ2で52試合に出場して50得点。1試合当たりの得点は、実に0.96点である。

 そのうちJ1では100試合に出場して71得点。1試合当たり0.71点で、50試合以上に出場した選手の中で4位。J1とJ2を合算すると、152試合で121得点。1試合当たり0.796得点というとてつもない数字になる。

つづく


3: Egg ★ 2020/05/13(水) 21:52:51.74 ID:f9zdk0cl9.net

母国で大失態から世界の頂点へ。

 その後は、レンヌ(フランス)などを経て2009年、子供の頃から憧れていたフラメンゴに入団。この年のブラジルリーグ優勝に貢献する。アルアイン(UAE)を挟んで2010年6月、フルミネンセへ入団し、ここでもブラジルリーグを制覇する。

 しかし2011年4月、コパ・リベルタドーレスの試合前、スタジアムへ向かうバスの中で宿敵フラメンゴのファンの間でヒットした歌(「フラメンゴ列車は止まらない」)を歌ってクラブ関係者を激怒させ、チームから追放されてしまう。やむなく、サンパウロのコリンチャンスへ移籍した。

 ところが、この大失態が結果的に吉と出る。またしてもブラジルリーグで優勝し、翌2012年、コパ・リベルタドーレスの決勝第2レグ(対ボカ・ジュニオルズ)でチーム全得点(2点)を叩き出して優勝の立役者となる。さらに、クラブ・ワールドカップでも決勝でチェルシーを撃破して世界の頂点を極めた。

 その後、ボタフォゴなどを経て2018年、コリンチャンスに復帰し、この年の末、40歳で引退。以後クラブのテクニカル・コーディネーターを務めていたが昨年末、辞任した。そんな流浪のサッカー人生を送るエメルソンに、日本時代の思い出、自身のキャリアなどを聞いてみた。

札幌、浦和……最高の勲章だ。
――日本でプレーしていた頃の最大の思い出は? 

「若くして日本へ渡ったわけだけど、この選択は俺にとって大正解だった。

 日本人は皆、とても礼儀正しくて、他人への思いやりがある。日本で過ごした5年半で、俺は選手としても人間としても大きく成長した。

 札幌で優勝と昇格に貢献できたし、浦和でも重要なタイトルを取ってファンに喜んでもらえた。彼らの笑顔が、僕にとって最高の勲章だ」

――とはいえ、日本ではピッチ内外の問題行動で話題を集めました。頭を抱えたクラブ関係者が少なくなかったようです。

「ああ、あれね……怪我の治療で遅れたこともあったし、家族の問題で来日できないこともあった……」

――当時の自分を振り返って、今、どう思いますか? 

「若かったから、多少の間違いをしたかもしれない。そのことで周囲の人に迷惑をかけたのであれば、謝るしかないな……」

――日本で最も苦しめられたディフェンダーは? 

「横浜F・マリノスの中澤(佑二)。大柄で、パワフルで、インテリジェンスもあった。でも、ハードではあっても汚いプレーはしない。素晴らしいディフェンダーだった」

――当時の選手で最も評価していた選手は? 

「一番好きだったのは、中村(俊輔。当時横浜F・マリノス)。魔法のような左足の持ち主で、状況判断も素晴らしかった。シンジ(小野伸二、当時浦和)は、とてつもないテクニシャン。まるで南米の超一流選手のようだった」


4: Egg ★ 2020/05/13(水) 21:53:23.12 ID:f9zdk0cl9.net

俺にとっての重圧とは銃撃戦だ!

――母国ブラジルでは、異なるチームで個人としてリーグ3連覇という偉業を達成。コリンチャンスでは南米王者、世界王者となり、サポーターからは永遠のヒーローとして敬愛されています。

「ずっと外国でプレーしていたから、2009年にブラジルへ戻ってきたとき、国内では全く無名だった。でも、結果的にブラジルを代表する複数の超ビッグクラブで活躍し、母国でも認めてもらえた。これまでの苦労がすべて報われた思いだ」

――コリンチャンスでは、重要な試合でことごとくゴールを決めました。試合前、プレッシャーは感じなかったのですか? 

「プレッシャーだって? 俺にとってのプレッシャーとは、周囲で銃撃戦が起きているあばら家で、怖さとひもじさに震えながら、横になっても全く眠れない夜のことを言うのさ。

 狂ったような形相の相手サポーターに『殺してやる』と罵られたところで、本当に殺されるわけじゃない。きれいな芝生の上で、真新しいユニフォームを着て、数万人の観衆の前でフットボールができる。そんなの、俺にとってはプレッシャーでも何でもない」

――日本と同様、母国でもトラブルメーカーとして名を馳せました。フルミネンセでいろいろあったし、コリンチャンスでもチーム練習に再三遅刻して罰金を科せられ、ついにはヘリコプターで練習場に駆けつけて話題になりました。

「フルミネンセでは、当時の流行歌をちょっと口ずさんだだけ。ヘリコプターで練習場へ行ったのは、時間に遅れそうになったからさ」

今は慈善活動に力を注いでいる。
――現在の活動について教えてください。

「2018年末、リオ郊外に貧しい子供、青少年らを援助するNGO『エメルソン・シェイキ基金』を設立した。以来、慈善活動に力を注いでいる」

――また何らかの形でフットボールの世界へ戻ってくる気持ちは? 

「人生では、何が起きるかわからない。チャンスがあれば、また何かやるかもしれない」

――日本のファンへのメッセージを。

「4つの外国でプレーしたけれど、最も印象深いのが日本。いつか戻って、多くの知人、友人と旧交を温めたい」

 リオで、元ブラジル代表CFロナウドの生家を取材したことがある。貧しくて危険な地域にある小さくて粗末な家だったが、それでも床にはタイルが敷いてあり、もちろんトイレもあった。

 ブラジル人選手の多くは貧しい家庭の出だが、その中でもエメルソンが強いられた環境は飛び抜けて過酷だった。

 十分な学校教育と家庭教育を受ける機会に恵まれなかったことは、容易に想像できる。現役時代、彼が多くのトラブルを起こした最大の理由は、そこにあるはずだ。


6: Egg ★ 2020/05/13(水) 21:53:42.51 ID:f9zdk0cl9.net

危なっかしいコメントもあるが。

 何が何でも成り上がろうと、あちこちに頭をぶつけ、痛い思いをたっぷり味わった。年齢を偽って名門クラブに潜り込み、相手選手の手に噛みつき(2012年コパ・リベルタドーレス決勝のボカ・ジュニオルズ戦)、気に食わない判定をする審判を罵倒したりしながら、なりふり構わず上を目指した。

 そして日本でも、中東でも、母国でも――見事な結果を出した。子供時代に夢想した富と名声を手に入れた。

 現役を退いた今は、「かつての自分のような恵まれない子供たちを助けたい」と優しい眼差しで語る。

 ただし、決して聖人君子になったわけではないようだ。いくつかのコメントには、危なっかしさを感じた。

 それでも、彼が絶望的な状況をひとつひとつ乗り越えた勇気と根性、そして積み重ねてきた努力には、脱帽するしかあるまい。


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:46 | 大阪 ☀ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元英代表MFベッカム、薄毛に…!?

「まるで…」 貴公子ベッカム、変わり果てた激写ショットに世界衝撃「なんてことだ」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200513-00261711-soccermzw-socc
ベッカム比較.jpg

ベッカム氏の現在の姿に海外注目 「髪の毛の薄さが目立っていた」
「貴公子」と称された元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏の変わり果てた姿に驚きが広がっている。英紙「デイリー・メール」が激写ショットを公開すると、「まるで老人だ」「なんてことだ」「20歳は老けた」などの声が上がっている。

 ベッカム氏といえば、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードで活躍し、イングランド代表としても115試合17ゴールをマーク。甘いマスクも相まって世界中で高い人気を誇り、アイドル的プレーヤーとして一世を風靡した。

 現在45歳のベッカム氏。国民的スターの現在の姿が話題となっており、英紙「デイリー・メール」は「彼は髪の毛を維持するため、2018年に植毛を受けたと噂されている。しかし、日曜日にコッツウォルズでのショッピング中に撮影された写真では、ベッカムの髪の毛の薄さが目立っていた」と記している。

 車から降りた私服姿のベッカム氏を激写。以前より薄くなった頭部にクローズアップし、「自分のトレードマークである帽子をかぶらずに、抜け出した」と説明している。

 イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」も「ベッカムと抜け毛の謎」と報道。「抜け毛は多くの男性にとって悩みの種となる。元サッカー選手のデイビット・ベッカムのようなセックスシンボルで、世界で最も美しい男性の1人とされている彼にとっても問題だ」と続けている。

 英紙の報道を受けてコメント欄では様々な意見が上がり、「まるで老人だ」「驚くべきことが起こった」「去年はフサフサだったのに」「なんてことだ」「20歳は老けた」とファンも衝撃を受けた様子。その一方、「誰も気にしないよ」「それでもハンサムだ」などの声も並んだ。男まで知られるベッカム氏の激変ショットが反響を呼んでいる。

【サッカー】<貴公子ベッカム>変わり果てた激写ショットに世界衝撃「なんてことだ」「去年はフサフサだったのに」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589383115/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)