アンテナ・まとめ RSS

【動画有】久保建英、今季3ゴールを中西哲夫氏が徹底解説!軸足を抜いて、蹴り足で着地するとは? GETSports

5月18日 久保建英18歳 3ゴールに隠された技術と判断力! 久保建英〜スペインリーグでの活躍を中西哲生が徹底解説
https://www.youtube.com/watch?v=x9oGnrgqYsc
久保ベティス戦ゴール.jpg

  



【RCD】久保建英応援スレ part 197【Mallorca】
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1588902144/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:07 | 大阪 ☔ | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田麻也、サンプドリアが買取りに向け交渉!来季もセリエAでプレーか?ラニエリ監督から高評価

【サッカー】ラニエリ高評価の吉田麻也、来季もセリエAでプレー?サンプドリアが買取に動くと報道 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589796628/
吉田2020サンプじゃージ.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/05/18(月) 19:10:28.24 ID:OR7sPVBv9.net

サンプドリアは、日本代表DF吉田麻也の買い取りに近づいているようだ。イタリア『Sampnews 24』などが伝えた。

今冬の移籍市場で、7シーズン半を過ごしたサウサンプトンからサンプドリアに半年間の期限付きで加入した吉田。新型コロナウイルスの影響によるセリエA中断により、加入以降は公式戦1試合の出場にとどまっているが、自宅待機期間中もジェノヴァ地方の方言を披露したりと、サポーターの心を掴んでいる。

しかし、サンプドリアと吉田の契約期間は6月末まで(セリエA延期により契約期間はシーズン終了まで延長される可能性あり)。さらに今夏の移籍市場では、サウジアラビアのアル・ナスルなどが関心を寄せると報じられており、今後の去就は不透明だ。

そんな中、『Sampnews 24』によると、吉田はすでにクラウディオ・ラニエリ監督の信頼を勝ち取っており、サンプドリアは買い取りに向けて交渉中の模様。さらに、イタリア『Club Doria 46』は、同指揮官がクラブ首脳陣に対して日本代表DFの残留を要求しており、今夏の最初のビジネスとして完全移籍の確定に向けて動いていると報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-00010019-goal-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:30 | 大阪 ☔ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇佐美貴史と柿谷曜一朗が天才論について語る!宇佐美が衝撃を受けた柿谷の象徴的なゴールとは?

【サッカー】<宇佐美×柿谷>天才が語る“天才論”「あのゴールは象徴」と語った衝撃の瞬間とは? [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589796515/
宇佐美と柿谷.jpg

1: Egg ★ 2020/05/18(月) 19:08:35.69 ID:hXL7RTZR9.net

大阪の宿敵2チームが誇る“天才”同士の対談が初めて実現した。新型コロナウイルスの影響でJリーグが中断するなか、ガンバ大阪FW宇佐美貴史とセレッソ大阪FW柿谷曜一朗が、オンラインでFootball ZONE webの独占インタビューに応じた。アカデミー出身で、幼少期から“天才”と呼ばれ続けてきた2人。G大阪とC大阪という強烈なライバル関係を持つ両クラブのエースは、互いのプレーをどのような目で見てきたのか。そして「天才が語る天才論」とは――。

柿谷「(天才と呼ばれることに対して)嫌ではないよ。でも、自分より上手い選手とか、自分よりアイデアを持っている人もいっぱいいる。でも、小さい時から自分も面白いことができると思っていた。それでも、自分の中でミスのほうが多いのは分かってるから、成功することもあるけど、それ(成功)を見た人はそういう(失敗の)イメージを持たへんと思うし、いいところばっかり見てくれてんねんな、という感じ。

 俺が思う天才はまず左利き。レフティーっていうのが8割占めている。クリスティアーノ・ロナウドって『天才』かと聞かれたら、『ん?』って思う人多いと思う。でも、(アンドレス・)イニエスタは天才。イニエスタの左利きが一番凄いと思う」

宇佐美「僕は(自分を天才と)思ったことがないから、心底。いいように言うてくれているな、とは思うけど。でも、曜一朗くんを見ていると、天才ってこういうことなんやな、と思う。『こういうこと、こういうこと、これ天才』っていうのがあって。キンチョウ(スタジアム)の群馬戦かな」

柿谷が4年前の群馬戦で決めた衝撃のヒール弾に宇佐美も驚愕
 宇佐美が切り出した試合は2016年3月12日、J2第3節ザスパクサツ群馬戦(1-0)。スイスの強豪バーゼルからC大阪へ復帰したこの年、第2節水戸ホーリーホック戦(1-0)で復帰後初ゴールを挙げて迎えた一戦だった。0-0の後半14分、ブラジル人FWリカルド・サントスのヘディングでの折り返しを相手ゴール正面で受けた柿谷だったが、ゴールに背中を向けた状態。しかし、右足でトラップするやいなや左足にボールを送ると、ヒールキックで、相手GK清水慶記の虚を突いた。衝撃のヒールシュートは、ふわりとした軌道を描いてゴールネットを揺らした。

宇佐美「ダブルヒールみたいなの、あんなのやっちゃダメ(笑)。衝撃。俺も声『えっ』て出たし、あのシーンで一番見て欲しいのは、(相手の)センターバックとGKが、曜一朗くんが点を取ってゴールセレブレーションに向かう背中を、ずっと後ろから『えーっ』て顔で追いかけていて」

柿谷「見られていたね」

宇佐美「相手がとりあえず脱帽していて。あの顔をさせられるゴールって普通の人じゃ取れない。想像を上回るレベルを、さらにもう1個、2個上回ってこないとあのリアクションってさせられへんと思うねんな。どの世界でも相手にあんなリアクションをさせるゴールって、あんまりない。あれを見た時にアイデアとして出てきて、実行しようとしたのも凄い。左足でずらして右ヒールならまだ分かるけど、右足でずらして左ヒール。利き足じゃないし。

 実はあのゴールを見た後に、次の日やってみたんよ。でも、右足でずらして左ヒールは当てられへんかった。普通は当てられへんのに、あんなに飛ばしてGKのタイミングをずらして打つ。こういう天才という人を見て、『自分はそうじゃない、そうじゃない』と、思える。天才の象徴なんじゃない、あのゴールは」

 柿谷が見せた技術だけではなく、相手のリアクションからも“凄さ”を感じたという宇佐美。その衝撃は忘れられないようで、表情も生き生きしていた。宇佐美“記者”の取材は止まらず、当時のヒールシュートの秘話に迫った。

5/18(月) 10:50 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/247681910f3cbd23d1eb61c885b6705b326a224b

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_siggctsy_ma_KnqLnVEzNSHgyA---x640-y427-q90-exp3h-pril/amd/20200518-00262446-soccermzw-000-7-view.jpg


2: Egg ★ 2020/05/18(月) 19:09:24.27 ID:hXL7RTZR9.net

「0.5秒ぐらいの間での判断」 柿谷の衝撃ヒール弾に「This is ジーニアス」

写真

宇佐美と柿谷02.jpg


宇佐美「あれ、どういうつもりでやったんですか?」

柿谷「あのシュートの前、俺ちょこんってジャンプしているの知っている?」

宇佐美「右でのタッチでずらす前?」

柿谷「そう。リカルドがヘディングする時ぐらいに俺、ほわってジャンプしてるねんやんか。(当時)たぶん、ヘディングであそこに落とすと思わへんかってん。前にいるDFを越えて俺もヘディングでいこうと思っていて。でも、ジャンプした時ぐらいからもう(ボールが)右足に向かって来ていた。めっちゃゴール近いのは分かっていたし、前に(杉本)健勇おるのも分かっていたけど、健勇に落とすコースもない。右に敵おる、左から(DFが)戻って来ている、ぐらいまでは覚えているねんけど、0.5秒ぐらいの間での判断やったんかな」

宇佐美「咄嗟でしょ。気付いたらやっていた」

柿谷「右足に(ボールが)止まった瞬間に『あっ』みたいな。そこから咄嗟やと思う。相手の場所に合わせて(シュートを打ったの)やと思う」

宇佐美「説明できひんゴールがいいんですよ。俺は大体『GKがこうきましたから打ちました』っていう、そういうゴールが多いけど、『分からへん』『それぐらいまでは覚えているねんけど』とか言ってみたい(笑)。あれ、文字に起こしても伝わらないよな。『天才とはなんぞや』というのには、この動画を貼り付けたらいい。This is ジーニアス」

 思わず宇佐美が前のめりになってしまうような芸術的なシュートだったが、柿谷自身も引き出しからアイデアを選別する感覚はなかったようだ。まさに体が勝手に動いた一発。“天才”としてその名を知らしめてきた2人だが、共通して豊かな感性を表現するプレーに心を打たれるようだ。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:20 | 大阪 ☔ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラン、ラングニック氏に復活プラン託す?強化部門に右腕入閣の可能性!マルディーニSDは退団を否定

ミラン、新監督濃厚のラングニック氏に”復活プラン”託す 強化部門に右腕入閣の可能性
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200515-00261814-soccermzw-socc
ラングニック記者会見RB.jpg

 イタリア・セリエAの名門ACミランは来季の監督にドイツの名将ラルフ・ラングニック氏が就任することが濃厚とされるなか、強化部門にもその右腕が入閣する可能性が高まっているという。ドイツ紙「ビルト」が報じている。

 ミランの来季監督を巡っては内紛が伴った。ラングニック氏の就任を推す経営権を持つ米ファンド「エリオット・マネジメント」と昨年1月にアーセナルからやってきたイヴァン・ガジディス最高経営責任者(CEO)が、イタリア路線の継続を推す元クロアチア代表ズボニミール・ボバン氏と元イタリア代表パオロ・マルディーニ氏の黄金時代を知る強化部門の幹部2人で対立した。

 しかし、結果的にはボバン氏が解任となり、マルディーニ氏も今季終了後の退団が濃厚とされる。そして、この内紛の“勝者”となった経営サイドは順調にラングニック氏の招聘に向けて歩みを進めているとされる。

 そして、強化部門には空白が生まれるミランだが、そこにはラングニック氏の右腕でありかつてマンチェスター・ユナイテッドの強化部門やライプツィヒで人事部門のトップを務めたポール・ミッチェル氏が入閣する可能性が高いという。それが実現すれば、完全にラングニック氏の人脈で強化が掌握される流れになりそうだ。

 黄金期を知るようなOBと決別する姿勢を鮮明にした現経営陣は、ラングニック氏に全てを託す模様だ。強化部門から含めて完全にミランを掌握する形になるとみられる名将は、名門復活の道筋を作り上げることができるだろうか。

退団噂のマルディーニ氏「ミランにおけるマルディーニ家の歴史が終わることは難しい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-00010013-goal-socc


ミランのテクニカルディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏が17日、イタリア国営放送『Rai』のテレビ番組に出演し、自身の去就などについて語った。

2018年夏に幹部としてミランに復帰し、昨年からTDを務めるマルディーニ氏。今シーズンは息子の18歳ダニエルもミランのトップチームでデビューを飾り、マルディーニ一家は父チェーザレ氏から3世代にわたり、ミラノの名門クラブで活躍を続けてきた。

そんな中、イタリアで新型コロナウイルスが流行。マルディーニ氏は息子のダニエルとともに陽性が確認されたが、「私と妻、息子2人と家族全員でウイルスに感染してしまった。つらい2週間だったが、今はみんな元気だ」と現状を報告している。

またミランのレジェンドは、中断中のセリエAについて言及。再開を目指すことが必要であることを改めて強調した。

「日程を消化できるよう努力するべきだ。カルチョは50億ユーロ(約5800億円)にも上る経済を動かしている。まさに1つの企業のようなもの。スポーツだけでなく、社会的な重要性もある。完全に安全を保った上で、再開を目指すことを最優先しなければならない」

そして、自身の将来にも言及。来シーズンに向けて、ミランはドイツ人指導者ラルフ・ラングニック氏の招へいを検討していると見られている。同氏は補強も含めた運営上の全権を求めているとされ、マルディーニ氏がミラノを去る可能性がささやかれていた。

しかし、マルディーニ氏は「ミランにおける私の家族の歴史は極めて長い。終わりがやってくることは難しいだろう」と主張。退団報道を一蹴している。

■□■□╋ AC MILAN パート743☆
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1583646263/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元伊代表FWデルピエロ氏、腎結石で入院「わずか3mmのものがこんな痛いなんて」

【サッカー】<デル・ピエロ>腎結石で入院していることをSNSで報告 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589758356/
デルピエロ2020.jpg

1: Egg ★ 2020/05/18(月) 08:32:36.15 ID:Fy+mijw29.net

ユベントスとイタリア代表のレジェンドであるアレッサンドロ・デル・ピエロ氏(45)が、腎結石で入院していることを自身のインスタグラムで明かしている。

現在ロサンゼルスに滞在しているデル・ピエロ氏は、17日に腎臓部の痛みを訴え緊急入院した模様。

デル・ピエロ氏は病院のベッドでくつろぐ写真と共に「私はまだ、わずか3mmの小さなものがこんなに痛いなんて信じられない」と、腎結石の苦しみを語った。

1993年から在籍し、ユべントスにおける公式戦の最多得点記録を保持するデル・ピエロ氏。現役引退後は解説者として活動しながら、アメリカ4部相当のUPSL(ユナイテッドプレミアサッカーリーグ)に所属するLA10のオーナーを務めている。

5/18(月) 8:15 超ワールドサッカー
https://news.yahoo.co.jp/articles/ca394a9d29b4829bb90571da36340d8d71e0dae2

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_sigg80e2ltRkgClt96zQRe0seA---x640-y410-q90-exp3h-pril/amd/20200518-00374763-usoccer-000-1-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元コートジボワール代表ヤヤ・トゥーレの選ぶ歴代ベスト11…マンC時代の同僚は一人も選ばず

【サッカー】ヤヤ・トゥーレが選ぶベストイレブン…マン・C時代の同僚は一人も選出されず [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589767597/
ヤヤトゥーレ2019mancity.jpg

1: 久太郎 ★ 2020/05/18(月) 11:06:37.98 ID:OR7sPVBv9.net

バルセロナやマンチェスター・シティなどでプレーし、現在は中国の青島黄海足球倶楽部に所属するMFヤヤ・トゥーレがベストイレブンを明かしている。スペイン『マルカ』が伝えた。

マンチェスター・シティで2010年から2018年までプレーし、2011-12シーズンにはプレミアリーグ優勝に貢献するなど、レジェンドの一人にも数えられるヤヤ・トゥーレ。だが、自身が選ぶベストイレブンにはシティ時代の同僚は一人も選ばず、バルセロナ時代にともにプレーしたアンドレス・イニエスタやシャビなど5名を選出している。

また、現代のレジェンドであるリオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウドも当然のようにFWとして選出している。

ヤヤ・トゥーレが選んだベストイレブンは以下の通り。
GKイケル・カシージャス
DFダニエウ・アウヴェス
DFジェラール・ピケ
DFセルヒオ・ラモス
DFマッツ・フンメルス
MFシャビ
MFバスティアン・シュバインシュタイガー
MFアンドレス・イニエスタ
MFハメス・ロドリゲス
FWリオネル・メッシ
FWクリスティアーノ・ロナウド

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-00010008-goal-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、DFセメドとユベントスMFピャニッチ&DFデシリオの3選手トレードで口頭合意か

バルサとユヴェントス前代未聞の3選手トレードが口頭合意
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-00010003-sportes-socc
セメドピャニッチデシリオ.jpg

2選手+30億とセメドの移籍交渉
FCバルセロナとユヴェントスは、ネルソン・セメドのイタリアチームへの移籍と、ミラレム・ピャニッチとマッティア・デ・シリオのカンプ・ノウへの到着を伴う交渉で、すでに口頭での合意に達している。

3者のトレード移籍は、セメドの高額な価値により、ユヴェントスからバルセロナへの2,500万ユーロ(約29億円)の支払いによって補完されている。

契約は最終段階にある。バルセロナとユヴェントスの契約はすでに現実のものとなっており、最終的なゴーサインを出すためにはポルトガル人DFが同意する必要がある。

交渉関係者によると、セメドがアルトゥールと同じように退団を拒否することはないという。彼の代理人であるジョルジュ・メンデスは、すでにこの契約の最終合意となるべき基礎を築いている。

セメドの市場価値は5,000万ユーロ(約58億円)程である。バルセロナは実力者2選手の到着と、さらにはラウタロ・マルティネスの一部を支払うために役立つ2,500万ユーロまで手にすることで、非常に納得している。

27歳のデ・シリオはACミランで鍛えられた右サイドバックで、3シーズン前にユヴェントスに850万ユーロ(約9億9,000万円)で移籍している。あらゆるレベルの国際試合を経験しており、イタリア代表でも39キャップを数えるデ・シリオは、多くの怪我でチーム内での存在感が薄れ、奇妙なシーズンを過ごしてきた。今季公式戦出場は12試合のみとなっている。

30歳のミラレム・ピャニッチもブラウグラナに所属し、中盤のいずれかのポジションを占めるようになるだろう。フランスで修行を積み、リヨンで優秀な成績を収め、ルイス・エンリケが指揮したローマと契約し活躍すると、2016年にユヴェントスに3,500万ユーロ(約40億円)で移籍した。スポーツキャリアの最終段階にあるが、今シーズンはサッリのラインアップに定着している。フリーキックの名手であり即戦力になるはずだ。

バルセロナとユヴェントスの間で交わされた口頭での合意は、シーズン終了後に正式契約に至るだろう。ただし、8月にチャンピオンズリーグが9月まで先送りされる場合に限り、セメドはユヴェントスに、ピャニッチとデ・シリオはバルセロナの選手となる。

》╋||||《Blaugrana F.C.バルセロナ10》╋||||《
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1583378301/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川、内田、高原、長谷部ら…ブンデス1部でプレーした日本人選手のリアル評 ドイツ人記者に訊く

【サッカー】<ドイツ人記者に訊く>香川、内田、高原、長谷部…ブンデス1部でプレーした日本人選手の「リアル評」は? [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589758101/
香川内田高原長谷部.jpg
1: Egg ★ 2020/05/18(月) 08:28:21.01 ID:Fy+mijw29.net

奥寺が好印象を残したにもかかわらず…
https://amd.c.yimg.jp/im_sigg3see2AmLwAfJU56putInqg---x640-y599-q90-exp3h-pril/amd/20200518-00073425-sdigestw-000-4-view.jpg

 5月16日にようやくブンデスリーガが再開したが、コロナ禍のなか、いつもなら熱狂に包まれるドルトムントとシャルケのダービーも、無観客で行なわれた。

 そのレビア・ダービーでファンの心を掴んだのが、香川真司だった。ドルトムントのユニホームを纏って初めて臨んだシャルケ戦でいきなり2得点を決め、チームを敵地での勝利に導いたのだ。試合後、チームバスでドルトムントへ帰った日本人MFは英雄として迎えられ、歓喜するファンたちに肩車されたものだ。

 香川が愛されたのは、ダービーに強かったからだけではない。成功を収めたチームの重要な柱のひとりだったからだ。ユルゲン・クロップ監督の下で、攻撃的MFとして2010-11、11-12シーズンとブンデスリーガ連覇、11-12にはDFBカップとの2冠を達成。世界中から注目され、マンチェスター・ユナイテッドへと羽ばたいていった。

 そのイングランドの名門では本領を発揮できなかったサムライ戦士を、14年夏の移籍市場最終日にドルトムントが買い戻した。それは、ソーシャルメディアで「#freeShinji」キャンペーンを行なうなど、香川を連れ戻してほしい訴えたファンの願いを叶えるためでもあった。どれだけこの男が愛されていたかが分かるだろう。
 
 香川と同様に、ブンデスリーガでもトップのカテゴリーに入る名手だったのが、内田篤人だ。17年にウニオン・ベルリンへ移籍するまでシャルケで7シーズンに渡ってプレーした右SBは、攻守両面でハイレベルだった。

 そのふたりが活躍する随分前、1977年の夏にブンデスリーガの日本人第1号となったのが、ケルンへやってきた奥寺康彦だった。ドイツの3チームでプレーし、ケルンでの1シーズン目には、リーグとカップ戦で2冠を獲得した。その後にビーレフェルトでプレーした尾崎加寿夫が続いたが、正直、ほとんど記憶に残っていない。

 奥寺が好印象を残したにもかかわらず、尾崎以降はブンデスリーガではしばらく日本人不在の時代が続き、3人目の高原直泰がハンブルクにやってきたのは03年冬だった。当初は懐疑的な見方もあったが、ハンブルクとフランクフルトで計5年間プレーし、135試合に出場して25ゴール。エキゾチックな存在だった“スシボンバー”は、クオリティーの高さを証明し、その後に続く多くの日本人選手のために道を切り拓いたとも言える。

つづく

5/18(月) 6:00 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e86c29cb4ef7ba84f588017b88f7811c7df19a2


2: Egg ★ 2020/05/18(月) 08:29:20.24 ID:Fy+mijw29.net

香川に続く存在としてバイエルンが獲得に動いたのは――
https://amd.c.yimg.jp/im_sigggD_BxpuG3xIroLVH114fMw---x640-y463-q90-exp3h-pril/amd/20200518-00073425-sdigestw-001-4-view.jpg

現在フランクフルトでプレーする長谷部誠は、日本人選手の最多出場記録(305試合)を持つ。08年に浦和レッズからウォルフスブルクへ加入し、翌年にはブンデスリーガ制覇を経験。ニュルンブルクを経て、14年に移籍したフランクフルトへでも、18年にDFBカップ優勝に貢献した。

 常にチームの中心で、36歳の今も先発メンバーに入ることが少なくない。持ち味の堅実なプレーに加え、フレンドリーで謙虚な性格のために、フランクフルトでは最も人気のある選手のひとりだ。ただ、もっと派手な選手であれば、ドイツにおけるステータスもさらに高かっただろう。

 人気があると言えば、ケルンでの大迫勇也もそうだった。16ー17年シーズンの最終節マインツ戦、87分に大迫が決めたチーム2点目がスタジアムを揺さぶった。このゴールで、翌シーズンの欧州カップ戦出場が決まったからだ。なにしろケルンのファンは、この舞台に出るのを25年間も待っていたのだ。この瞬間に、大迫の名前がケルンのクラブ史にしっかり刻み込まれたのは間違いない。ただ、残念なのはブレーメンではケルン時代のようなパフォーマンスを発揮できていない点だ。
 
 両サイドバックでプレーした酒井高徳は、シュツットガルト、そして降格してしまったとはいえハンブルクでも、手堅いパフォーマンスでポジティブな印象を残した。

 ドルトムントが破格で獲得した香川がいきなりブレイクした1年後、それに続こうとしたバイエルンは、ガンバ大阪のトップタレントと言われた宇佐美貴史をレンタルで獲得した。ブンデスリーガの次の日本人スター選手として歓迎されたが、バイエルンで3試合でしかプレーできずに1年後にホッフェンハイムへ。アウグスブルクとデュッセルドルフでもプレーしたが、ノーインパクトに終わった。

 とはいえ、総じてブンデスリーガにおける日本人選手の評判は上々だ。技術が高く、何より真面目でプロ意識が高く、エキセントリックなチームメイトが少なくないなか、ネガティブに目立つことはほとんどない。それは岡崎慎司、清武弘嗣、細貝萌、酒井宏樹、武藤嘉紀、原口元気、乾貴士、鎌田大地といった選手たちについても、言うことができる。

文●マルクス・バーグ
翻訳●円賀貴子

【著者プロフィール】
長年ドルトムントを中心に取材を続け、ドイツ公共放送の人気スポーツ番組「Sportschau」のウェブ版でドイツ代表番も務める。ドルトムント在住。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、レヴァンドフスキ先制PK弾など再開初戦は2-0快勝!ブンデス8連覇に向け前進(関連まとめ)

【サッカー】ブンデス第26節 レワンドフスキが再開祝う26点目! 8連覇目指す王者バイエルンは白星リスタート [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589738616/
レヴァンドフスキ2020第26節PK.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/18(月) 03:03:36.41 ID:SZUF6Ing9.net

[5.17 ブンデスリーガ第26節 ウニオン・ベルリン0-2バイエルン]

ブンデスリーガは17日、第26節2日目を各地で行い、首位バイエルンはアウェーでウニオン・ベルリンと対戦し、2-0で勝利した。負傷から復帰したエースFWロベルト・レワンドフスキがPKで先制点を挙げると、DFベンジャマン・パバールが追加点。ブンデスリーガをリードする王者が前人未到の8連覇へ、リスタートを切った。

新型コロナウイルスの影響により、3月半ばから中断していたブンデスリーガがいよいよ再開し、ドイツ王者がアウェーに乗り込んだ。バイエルンは前半20分にセットプレーからビッグチャンスを迎える。

右コーナーキックをDFヨシュア・キミッヒが蹴り込むと、MFレオン・ゴレツカ、MFセルジュ・ニャブリが頭でつなぐ。ラストパスをMFトーマス・ミュラーがプッシュし、ゴールネットを揺らした。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入でミュラーのオフサイドが認められ、得点は取り消された。

それでも、先手を取ったのはバイエルンだった。前半36分にゴレツカがファウルを獲得し、PKのチャンスを獲得する。キッカーはレワンドフスキ。右足できっちりと沈め、チームの再開“1号”となる今季リーグ26得点目をマークした。

1-0で前半を折り返したバイエルンは後半35分にダメ押しゴール。キミッヒが右コーナーキックを蹴り込み、パバールがヘディングシュートでネットを揺らした。バイエルンは2-0で完封勝利をおさめ、2位ドルトムントを4差に突き放した。中断期間を挟んで5連勝を飾り、12試合無敗(11勝1分)とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-43480337-gekisaka-socc
5/18(月) 2:58配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20076973
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/56
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/56
得点ランキング



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:29 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮市亮、再開初戦も好調!ザンクトパウリは1-0勝利!遠藤航フル出場のシュツットガルトは終盤PK許し1-2敗戦(関連まとめ)

【サッカー】<宮市亮>再開後初戦も好調維持!26試合連続出場。ザンクトパウリは終盤のゴールで1-0勝利 [Egg★]
https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589724107/
宮市ザンクトパウリドリブル.jpg
1: Egg ★ 2020/05/17(日) 23:01:47.16 ID:oUNXHhw+9.net

ザンクトパウリ 1-0 ニュルンベルク ブンデスリーガ2部第26節】

 ドイツ・ブンデスリーガ2部第26節、ザンクトパウリ対ニュルンベルクが現地時間17日に行われた。試合はホーム のザンクトパウリが1-0で勝利を収めた。

 中断明け後の初戦でザンクトパウリに所属するMF宮市亮はスタメンに名を連ねた。ここまでリーグ開幕から26試合連続出場となっている。得意のドリブル突破やスルーパス、クロスなどで見せ場を作った。

 開始7分、右サイドを抜け出した宮市が中央へクロスを供給。ファーサイドの味方に渡るが、ミートせず。相手に当たりCKとなった。その後2回連続でCKを奪ったが、ザンクトパウリは決め切ることができなかった。

 後半開始早々にザンクトパウリがチャンスを作る。52分、スルーパスに抜け出したベールマンがペナルティエリア手前の中央で相手GKに倒される。VARの判定により、決定機を阻止したとみなされ、ニュルンベルクのGKにレッドカードが提示される。ザンクトパウリは後半のほとんどの時間を数的優位で戦うことになった。

 78分、ペナルティエリア外の右でこぼれ球を拾った宮市がドリブルから左足でシュート。これは相手DFに当たりCKとなった。一人少ないニュルンベルクゴールに迫るザンクトパウリだが、中々ゴールを奪うことができない。

 だが84分、ペナルティエリア手前の左でギョケレスがボールを受けると、ギョケレスは中に切れ込み右足を振り抜く。するとボールはゴール右に吸い込まれた。試合はこのまま終了し、ザンクトパウリが1-0の勝利を収めた。

【得点者】
84分 1-0 ギョケレス(ザンクトパウリ)

5/17(日) 22:38 フットボールチャンネル
https://news.yahoo.co.jp/articles/6c76a2c453c0741415c5bf4a997d16fe4f9233bf

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20200517-00374161-footballc-000-1-view.jpg


中盤の底に遠藤航、中断挟み13戦連続フル出場! シュツットガルトは自動昇格圏から後退
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200517-43480336-gekisaka-socc
遠藤航シュツットガルト.jpg

[5.17 ブンデスリーガ2部第26節 ビースバーデン2-1シュツットガルト]

 ブンデスリーガ2部は17日、各地で第26節を行い、日本代表MF遠藤航が所属するシュツットガルトはホームでビースバーデンと対戦し、1-2で敗れた。遠藤はアンカーの位置で先発し、約2か月の中断を挟んで13試合連続でフル出場した。

 新型コロナウイルスの影響で中断していたブンデスリーガは1部、2部が無観客での再開に踏み切った。スコアレスで前半を折り返したシュツットガルトは後半5分にFWマヌエル・シェフラーのゴールで失点した。

 遠藤は鋭い縦パスをつけるなど、中盤の底で攻守に奮闘。チームは5人の交代枠を使ったが、遠藤はフル出場した。

 シュツットガルトはGKグレゴール・コベルのファインセーブなどで窮地を凌ぐと、後半38分に試合を振り出しに戻す。後半38分、鋭い縦パスから左サイドのFWロベルト・マッシモがクロスを配給し、FWニコラス・ゴンサレスが左足で合わせた。

 1-1のまま試合終了かと思われたが、90+7分にラストプレーのPK弾を決められ、土壇場で黒星を喫したシュツットガルト。ハンブルガーSVにかわされ、自動昇格圏の2位から3位に後退した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)