アンテナ・まとめ RSS

香川真司、Jリーグ復帰も選択肢?スペイン紙が米国、カタール、トルコ、日本を新天地候補に挙げる

【サッカー】香川真司、Jリーグ電撃復帰も選択肢? 現地紙注視「日本も排除されるべきではない」 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1591183844/
香川サラゴサ笑顔.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/06/03(水) 20:30:44.03 ID:zfkPlLM09.net

香川の去就にスペイン紙が注目 アメリカ、カタール、トルコ、日本が新天地候補に

スペイン2部サラゴサに所属するMF香川真司の去就を巡って、様々な新天地候補が浮上している。スペイン紙「Eldesmarque」は複数の選択肢を挙げつつ、「アイドルのままである日本復帰など他の提案も排除されるべきではない」と報じた。 現在31歳の香川は昨季途中にドイツのドルトムントから、トルコのベジクタシュに期限付き移籍。その後、2年契約でサラゴサに加入した。今季リーグ戦23試合2ゴールにとどまっているなか、その立場は安泰とは言えないようだ。

「今シーズンの終了は、香川真司のサラゴサの選手としての再確認を意味する。真のスターとなった日本のミッドフィールダーは輝く機会がほとんどなく、彼の未来はエスタディオ・デ・ラ・ロマレダ(サラゴサ本拠地)から遠ざかっている」

 記事では、香川が苦しい立場に置かれている状況に言及。サラゴサと2年契約を結んでいるが、今季終了後の去就は不透明としている。「香川真司は31歳で素晴らしい経歴を持っており、選手としての未来もあるため、夏のマーケットで契約しても不思議ではない」と指摘。古巣ベジクタシュ復帰も選択肢として挙げるなか、その他の候補地にも触れている。

「彼の将来はアメリカのMLS、カタールリーグにあるように見えるが、トルコへの再上陸、彼がアイドルのままである日本復帰など他の提案も排除されるべきではない。いずれにせよ今シーズンの終わりは、次の移籍市場で取る方向性と大いに関係しそうだ」

 スペイン2部は6月12日から本格的に再開し、サラゴサは13日に本拠地でアルコルコンと対戦する。香川はシーズン終盤戦で結果を残し、自らの価値を高められるだろうか。

6/3(水) 19:50
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200603-00265205-soccermzw-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU移籍も噂のアトレティコMFサウール、意味深な予告ツイートも「新クラブ」は育成組織

マンU移籍も噂されるアトレティコMF、発表を予告していた「新クラブ」は育成組織
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e98f64de701fb8edcfce8670cb929bea64f6402

saulnigez.jpg

「新クラブ」を発表することを数日前に予告して大きな注目を集めていたアトレティコ・マドリードのスペイン代表MFサウール・ニゲス。そのクラブとは、新たな育成組織の設立であることを3日に明らかにした。


 サウールは5月31日に、自身の公式SNSで「新クラブ」を「3日後に発表」するというメッセージを投稿。その後もカウントダウンを行っていた。

 以前からマンチェスター・ユナイテッドが獲得への関心を示していると噂されていたこともあり、移籍発表の可能性もあるのではないかとして注目が集まった。一方で、実際には何らかのマーケティング関連のキャンペーン、あるいはEスポーツ関連ではないかとの予想もあった。

 3日には、その「答え」がインスタグラムで発表された。マラガに所属する兄のFWアーロン・ニゲスと共同で、故郷のエルチェに「クラブ・コスタ・シティ」という新たな育成組織を設立するという発表だった。

 クラブ・コスタ・シティは同地域の30以上のチームの約500人の選手たちを統合する形で、2020/21シーズンから始動。4歳から18歳までの男女のプレーヤーたちを対象に、スポーツ選手としても人間としても成長する助けとなることを目指していくという。

† Red Devils Manchester United 1440 †
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1590417907/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:14 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ代表MFハフェルツ、レアルが争奪戦に参加か?本人はバイエルン移籍を希望?(関連まとめ)

選手本人はバイエルン希望と報じられるも…レアルもハフェルツ争奪戦に参戦か
https://news.yahoo.co.jp/articles/019acd043c6b8d87c91a9db19b2e4cbf7ead18d3
ハフェルツ2020第28節ゴール.jpg

 レアル・マドリードは、レヴァークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツの獲得に興味を示しているようだ。5月31日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ハフェルツはブンデスリーガ再開後の4試合で5得点を記録するなど、今シーズンここまでチームトップの11得点を挙げている。現在20歳の同選手には、ヨーロッパの数多くのビッグクラブが獲得に興味を示しているようだ。そんな中、レアル・マドリードもハフェルツに注目している模様。ドルトムントのFWアーリング・ハーランドやレンヌのMFエドゥアルド・カマヴィンガらと共に、今夏のトップターゲットの1人に数えられている。

 しかし報道によると、ハフェルツは同リーグのバイエルンへの移籍を希望しているという。同選手はすでに来シーズンのチャンピオンズリーグでプレーする希望を明言しており、現在所属するレヴァークーゼンも4位につけているが、国内でのステップアップを視野に入れているようだ。

 果たして、レアル・マドリードはハフェルツをチームに迎え入れることができるのだろうか。

◆◇El Blanco Real Madrid 1054◇◆
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1589182676/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」発足!21年の秋スタート 最低年俸も設定

【サッカー】日本初の女子プロサッカーリーグ『WEリーグ』の概要発表 21年秋開幕、最低年俸も設定 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1591169918/
weleague.jpg

1: 久太郎 ★ 2020/06/03(水) 16:38:38.99 ID:qsyzzL1y9.net

 日本サッカー協会は3日、2021年に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグの名称、ビジョン、大会方式などを発表した。

 リーグ名は「WEリーグ」(Women Empowerment League)と名付けられ、サッカーを超えて、女性活躍社会の象徴となることなどの思いが込められた。現存する「なでしこリーグ」はアマチュアリーグとして継続し、WEリーグが日本のトップリーグとなる。

 参入クラブは現在、申し込みを受け付けている最中で、審査を経て、今年10月頃に6〜10クラブでの決定を予定している。欧州などの主要リーグに合わせ、21年秋スタート。リーグが安定するまでの複数年は、昇降格なしとなる。

 参入基準も発表され、プロA契約選手が5人以上在籍すること、最低年俸などが設定された。選手が競技に集中する環境を作ることで、リーグの全体のレベルアップも見込んでいる。

 25日には日本も立候補している2023年の女子W杯開催国が決定する予定。オンラインで行われた会見で、なでしこジャパンの高倉麻子監督は、「東京五輪、WEリーグの開幕、W杯が日本で行われるとして、大きな波が日本に来て、さらに代表チームがいい成績を取るということになれば、女子サッカーが日本に根付いていく。強い期待、希望がある。簡単ではないが、なでしこの良さを知ってもらうような機会になるといい」とコメントした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/33123f9298f6ee350f92623d530d039569830bed




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表DF栗原勇蔵氏「ワシントンは強烈。日本人では止められないと思った」

【サッカー】「ワシントンは強烈。日本人では止められないと思った」【栗原勇蔵が選ぶJ歴代最強チーム|未公開編2】 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1591158655/
栗原とワシントン.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/06/03(水) 13:30:55.88 ID:tBXypcO59.net

「錚々たるメンバーで、ワクワクしてくる」

5月28日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代最強チーム」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“歴代で最強だと思うチームトップ3”を選んでもらった。

昨季限りで“横浜一筋”の現役生活にピリオドを打ち、今季から横浜の「クラブシップ・キャプテン」を務める栗原勇蔵氏にも選者を依頼。栗原氏が選んだベスト3は、1位が「2019年の横浜F・マリノス」、2位が「2006年の浦和レッズ」、3位が「2002年のジュビロ磐田」という結果となった。

 自身のプロ5年目、レギュラーに定着したシーズンに「叩きのめされましたね」と回想する相手が、2位に選んだ06年の浦和だ。「武闘派が多くて、威圧感があった」という当時の浦和について、本誌では掲載できなかった未収録分をお届けする。

――◆――◆――

 帰化した(田中マルクス)闘莉王さんや三都主(アレサンドロ)さんを含めれば、ある意味、助っ人が5人ぐらいいるチームですからね。その時点で反則かと思いましたけど(笑)、とにかくガタイの良い選手が多くて、パワーに秀でるチームでした。

 長谷部(誠)や(鈴木)啓太君が中心で、ワシントンにポンテ、(小野)伸二さんもいたし、岡野(雅行)さん、永井(雄一郎)さん、田中のたっちゃん(達也)と、錚々たるメンバーで、ワクワクしてきますよね。レギュラーに定着して、調子にノッている若造がいきなり対戦するチームじゃないですよ(笑)。

 MVPはワシントン。強烈なFWでした。ボンバー(中澤佑二)やマツさん(故・松田直樹)も苦戦していたし、“川崎山脈”と言われるほど手強いフロンターレの3バック相手にひとりで4点も取るし。Jリーグで止められるDFはいないんじゃないかと思いました。

 07年にレッズはクラブワールドカップでミランと対戦するんですけど、ミランにはイタリア代表でも活躍した(アレッサンドロ・)ネスタがいて、あのワシントンをどうやって止めるのか注目して見ていたんです。そこで何かヒントが掴めるのではないか、と。

 そうしたら、ネスタも普通にやられていましたからね(笑)。これはもう、日本人では止められないと改めて思いました。

 競り合いとか、本当に強い。一言で言うなら“岩”ですよ。身体の幅があるから、回り込んでボールを取ろうとすると、くるっとターンされてかわされる。ステップワークは大雑把に見えて、キックフェイントもそこまで上手い感じはしないのに、モーションが大きい分、余計に引っかかる。サイズがあるから、ヘディングでガンガン勝負してきそうだけど、むしろ足もとを警戒しないとやられる。

 うちのシン(畠中槙之輔)とか今の若手にも、ワシントンぐらいのレベルの選手と対峙してほしいと思います。絶対に得るものがあるはずですから。

6/3(水) 11:33 Yahoo!ニュース 24
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200603-00074239-sdigestw-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オルンガとエムボマ、どっちが凄いか?

【サッカー】新旧“怪物”比較。オルンガとエムボマはどっちがスゴイのか? [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1591095886/
オルンガとエムボマ.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/06/02(火) 20:04:46.56 ID:hJ8Gqmty9.net

オルンガを見ていると、97年にG大阪で活躍したエムボマと重なる

昨年、本サッカーダイジェストwebの「19年の5大ニュース」で、オルンガ(柏)はエムボマ以来の衝撃だと書いた。

オルンガは、久しぶりに見た個で組織を破壊できる選手。エムボマと同じく単独でゴールを奪い取れるストライカーであり、それが最大の魅力だ。

 昨年、J2最終節・京都戦での8得点はもちろん、30試合・27得点のゴールは、どれも相手を寄せ付けない、相手が防ぎ切れないゴールだった。

「反則ですよ。すべてが規格外で、防ぎようがない」

 昨年、3−0で敗れた東京Vの山本理仁は呆れた口調で、そう言っていた。

 規格外という言葉を紐解くと、「強くて、でかくて、速い」の3拍子に加え、巧くて、決定力が高い、ということだろう。個人能力の5本の柱が揃った怪物だ。
 193センチ、85キロ、ケニアの大地で磨かれたフィジカルの強さと走力は、日本人選手ひとりではとても太刀打ちができない。裏のスペースにボールを出されるとトップスピードに入るまで時間が早く、しかもリーチが長いので先にボールに触れられて持っていかれる。横から身体をぶつけても体幹が強く、倒れない。優れた武器満載の重戦車がF1レベルのスピードで走るのだから、パワーに劣る日本人選手が何もできないのは当たり前と言えば当たり前だ。

 しかも両足、頭とバランス良くゴールを決めており、決定力が高い。軽くジャンプしただけで頭ふたつ抜け出ているので、フリーで当たるのと同じ状況でのヘディングが可能になる。身体を寄せてもぶつけても鋼の肉体はフラつきもしない。シュートは常に落ち着いているし、ゴールの再現性を持っている。

 それらのシーンを見ていると、97年にG大阪で活躍したエムボマと重なる。

 今や伝説にもなったデビュー戦の平塚戦で見せた一撃は、まさに衝撃的だった。186センチ・86キロの大きな身体ながら軽やかな動きを見せ、リフティングでボールをコントロールしながら左足のボレーを決めた。その後も裏にスペースにボールが出ればエムボマが5本の柱を駆使して、相手を置き去りにしてゴールを決めていった。

「ひとりでゴールまで完結できる選手はそういないと思う」

 宮本恒靖は当時、エムボマの神がかり的な能力をそう語った。

 その頃は、日本がまだフランス・ワールドカップに出場する前で、Jリーグ全体のレベルは今ほど高くはなかった。それでも攻撃をひとりで牽引して28試合・25得点で得点王になり、関西のお荷物クラブと言われたガンバを97年の第2ステージで優勝争いに導いたことは彼の功績だ。

 その背景には、エムボマのピッチ上での厳しさにあった。

 エムボマは優しい笑顔と神対応でファンに愛されていたが、その一方でピッチでは妥協を許さなかった。1本のパスのずれ、タイミングのずれには、選手を容赦なく叱責した。
パリSGなどでプレーしてきたが監督の信頼を得られず、出番は限られていた。
1本のパスが自分の生死を分ける、そんな厳しい環境でプレーしていたので、味方には厳しく要求した。
ガンバの選手もその要求に徐々に応えていったことでチーム力が上がり、戦える集団になっていった。

オルンガが「カメルーンの雄」を越えられるかどうかは…

オルンガの“インパクト”はエムボマ級だったが、実際に「カメルーンの雄」を越えられるかどうかは、「これから」にかかっている。

 柏ではクリスティアーノや江坂任から良いパスが出てくるので、それをしっかりと料理し、得点を取ることに集中。それが昨年は良い結果につながった。もちろん攻撃だけではなく、守備もハードワークをこなし、「チームのために犠牲になることが多い展開の時こそ、何ができるかだと思う」とチームの勝利に貢献する意欲と意識が高い。

 だが、J1の選手はやられっ放しにはならないので、研究され、思うようにいかないことが出てくるだろう。性格的に真面目ゆえに悩みの淵に落ち込むとプレーに影響が出るかもしれない。また、現実に自分が点を取りにくくなった時、味方の攻撃をどのようにサポートし、チームを活かすことができるか。
 それは個人戦術の引き出しがポイントになるが、その点、エムボマは多彩な才能を見せた。当時のガンバは戦術らしいものがなかったので、ある意味、自らが戦術となり、攻撃パターンを組み立てた。そうして結果を出し、チームメイトに多くの財産を残した。エムボマは、ガンバに1年半しか在籍していなかったが、今もなおファンに愛され、記憶に残る選手になった。
 

https://i.imgur.com/hg0GWYo.jpg

6/2(火) 17:00
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200602-00074184-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、英メディアの「将来有望な若手7人」に選出「世界のどのチームにとっても宝」

久保建英は「世界のどのチームにとっても宝」 “将来有望な若手7人”に英メディア選出
https://news.yahoo.co.jp/articles/687c9875a1ff363a98c5ee1ba79a529421929889
久保マジョルカ振り向く.jpg

アメリカ17歳MFレイナやカナダの19歳FWデイビスら逸材がノミネート

 将来有望な若手の出現は、サッカー界で楽しみにされていることの一つだ。英サッカーサイト「90min」は、世界各国で注目を集める若手7人を取り上げ、現所属クラブが彼らにとっては小さくなってしまったと言及。マジョルカの日本代表MF久保建英も選出されている。


 2019年夏にFC東京から名門レアル・マドリードに完全移籍した久保は、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げると、一度はベンチスタートに降格するも再びスタメンの座をつかみ、ここまでリーグ戦24試合で3得点2アシストをマークしている。

「チームがすでに小さくなりすぎてしまった7人の若きフットボーラー」と題した記事では、久保を“2人目”として紹介。「この日本人はバルセロナのアカデミーで育ち、現在はレアル・マドリードが保有権を持つ。スペクタクルな左足を持つ18歳は、大きな存在感を示している。世界のどのチームにとっても宝になる可能性があるものの、国際試合では日本代表でそのキャリアをプレーする」と称賛した。

 久保以外では、ビジャレアルのナイジェリア代表MFサムエル・チュクウェゼ(21歳)、ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド(19歳)、ドルトムントのアメリカ人MFジョバンニ・レイナ(17歳)、アヤックスのアメリカ代表DFセルジーニョ・デスト(19歳)、レアル・ソシエダのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(21歳)、そして“大取り”にはバイエルンのカナダ代表FWアルフォンソ・デイビス(19歳)が取り上げられている。

 アルフォンソ・デイビスに関しては、「すでにカナダ史上最高の選手と考えられている」と紹介されているが、この7選手のうち何人がサッカー界を象徴するスタープレーヤーとなるだろうか。

【RCD】久保建英応援スレ part 199【Mallorca】
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1590563585/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怪物ロナウド、16歳の頃から別次元だった 元PSVコーチ「宇宙人だった」

【サッカー】「宇宙人だった」「年齢を疑った」“怪物”ロナウドは16歳の時から別次元だった!? 元PSVコーチの証言 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1591096113/
ロナウドPSV.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/06/02(火) 20:08:33.87 ID:hJ8Gqmty9.net

ロナウドを初めて見出したコーチが語る怪物の若き日

圧倒的な身体能力と決定力の高さから“フェノーメノ(怪物)”の異名を持つ元ブラジル代表FWロナウド。そのポテンシャルの高さは、ティーンエージャーの時からずば抜けていたようだ。


 その事実を語ったのは、PSVでロナウドを指導した元アシスタントコーチのアーニー・ブランツ氏だ。現地時間6月1日にオランダ・メディア『Voetbal International』のインタビューで、元ブラジル代表FWの凄みを語った。

 ロナウドがPSVにやってきたのは、1994年の夏。ブラジルが制したアメリカ・ワールドカップに17歳でメンバー入りし、その非凡な才能に注目が集まっていた中で、代表の先輩ロマーリオ(当時PSV)のススメもあり、クルゼイロから欧州初上陸を果たしたのである。

 ただ、「PSVで最初にロナウドを見つけたのは私だ」と力説するブランツ氏は、ロナウドが16歳だった1993年時点でスカウトを始めていたことを明かした。

「ロナウドを最初に発見したのは私なんだ。ピート・デフィセル(ロマーリオをPSVに連れてきた名スカウト)は常に信頼性と注意することを要求していたが、なぜ彼が1993年の時点でロナウドの獲得をクラブに提示しなかったのかなと思うね。その年に私はブラジルに1か月間ほど滞在して、彼のトレーニングとプレーを何度もチェックし続けた」

 ブラジルで原石を見出したオランダの名コーチは、若き日のロナウドのプレーを興奮気味に振り返っている。

「とてもフィジカルが強く、アグレッシブで、信じられないほどの加速力と強烈なシュート、得点能力を持っていた。本当にロナウドは他の惑星からやって来たのかと思ったね。宇宙人のようだったんだ。それですぐに年齢を疑ったよ。16歳にしてはあまりに凄すぎて、ありえないプレーばかりしていたからね」

 PSVで約2年に渡ってプレーして声価を高めたロナウドは、96年にバルセロナに移籍。名将サー・ボビー・ロブソンに「戦術はロナウド」と言わしめる、世界屈指のストライカーに成長したのだった

6/2(火) 15:30 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200602-00010008-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋FW金崎夢生がコロナ感染 J1の7/4再開には小西社長「影響なし」 チームは当面練習中止(関連まとめ)

J1名古屋・FW金崎が新型コロナ感染 7月4日のJ1再開は…小西社長「影響ない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/f0c0c64b9eade32860637f85b555fb7ce5996fc9
金崎2020名古屋練習02.jpg

 J1名古屋は2日、オンラインによる緊急記者会見を開き、元日本代表FW金崎夢生(31)が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

 会見した小西社長によると、金崎は5月29日のグループ練習後に発熱と倦怠感を訴え、体温を計ったところ38・5度だったという。その後も微熱が続いていたが、全体練習が再開された1日に38・0度の発熱があったため、全体練習を欠席。同日、PCR検査を受け、2日に陽性反応が出たという。金崎は5月14、15日に神奈川県内の親戚宅へ出かけていたという。

 小西社長は「万全の態勢でコロナ対策をやってきたつもりでしたが、トップである私の責任を強く感じています」と謝罪。JリーグはJ1を7月4日に再開することを5月29日の臨時実行委員会で決めたばかりだが、小西社長は「(J1の)日程への影響はないと思っています」とした。チームは当面の間、練習を中止し、選手は自宅待機となるが、「そこに追いつけるように頑張りたい」と話した。

再開決定、直後に新型コロナ感染者 Jリーガーに求められる自覚
https://news.yahoo.co.jp/articles/362a4314744dffde590f02b2538d5e784dea7b97

再開日程を発表したばかりのJリーグで、名古屋の金崎夢生選手に新型コロナウイルスの陽性反応が出た。入念な感染対策を重ね、各クラブが本格的に再始動したばかりのタイミングだ。

 Jリーグは、新たに感染者が出ることを織り込み済みで準備を進めてきた。7月4日のJ1再開に影響する可能性はそれほど大きくはないだろう。今季のJ1とJ2に「降格なし」の特例ルールを設けている。チームで一人でも感染者が出れば、濃厚接触者の隔離が想定され、練習に支障が出る。戦力に格差が生じるため、先手は打ってある。

 村井チェアマンが「競技の不公平性をのみ込んでも、試合を続ける」と話していたように、各クラブも覚悟は決めている。ただ、金崎選手は緊急事態宣言の発令中に自家用車で神奈川県を訪れていたという。軽率な行動との批判は出そうだ。

 Jリーグは選手らに対し、健康状態と行動履歴の報告を徹底してきた。それでも、感染を防ぐことは難しい。名古屋は練習を当面見合わせるが、再開まで1カ月を残す時期だったのは不幸中の幸いか。各クラブが再開へ向けて、自覚を新たにする必要がある。 

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12992
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1591112097/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:47 | 大阪 | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプールMFエリオット、加入前にセルヒオ・ラモスとの面会断っていた「サラーにあんな事した後じゃ…」

「サラーにあんなことした後じゃ…」リヴァプール17歳MF、S・ラモスとの面会拒否を明かす
https://news.yahoo.co.jp/articles/b26657e28ca2fd96ff76888071ca3e6075398855
エリオットとサラーとラモス.jpg

リヴァプールMFハーヴェイ・エリオットには、レアル・マドリー加入の可能性もあったようだ。しかし、本人はある出来事がきっかけでオファーを拒絶したのかもしれない。

昨季フラムでプレミアリーグ史上最年少の16歳60日にしてデビューを果たし、世界中の注目を集めたエリオット。昨夏にはリヴァプールと契約し、クラブ史上最年少出場記録を更新するなど順調な成長を見せている。

しかし『The Athletic』によると、エリオットにはレアル・マドリーと契約する可能性もあったようだ。リヴァプールとの契約前に、イングランドの将来を担う若手選手をサンチャゴ・ベルナベウに招待。あらゆる手段を尽くしたという。そして主将セルヒオ・ラモスと面会する機会も提供したようだが、エリオットは拒絶したようだ。その時を以下のように振り返っている。

「いや、いい。モウ・サラーにあんなことをした後では好きになれない」

エリオットが言及したのは、2018年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝リヴァプール対レアル・マドリー戦での出来事。30分にモハメド・サラーと競り合ったS・ラモスは、相手の腕を巻き込む形で倒れこんだ。すると、サラーはプレー続行不可能に。涙を流しながらピッチを後にしている。試合は3-1でレアル・マドリーが勝利し、CL三連覇を達成した。

現在17歳のエリオットは2年前のCL決勝以降、S・ラモスに対して不信感を抱いているのかもしれない。


〓〓 Liverpool FC 〓〓 1222 〓〓
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1591013731/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】名古屋FW金崎夢生、新型コロナ感染…練習再開後に判明(関連まとめ)

J1名古屋・FW金崎が新型コロナ感染 7月4日のJ1再開は…小西社長「影響ない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/60efe3d17080a247aae93079095c761aa346d09c
金崎2020名古屋練習.jpg


J1名古屋は2日、オンラインによる緊急記者会見を開き、元日本代表FW金崎夢生(31)が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

 会見した小西社長によると、金崎は5月29日のグループ練習後に発熱と倦怠感を訴え、体温を計ったところ38・5度だったという。その後も微熱が続いていたが、全体練習が再開された1日に38・0度の発熱があったため、全体練習を欠席。同日、PCR検査を受け、2日に陽性反応が出たという。金崎は5月14、15日に神奈川県内の親戚宅へ出かけていたという。

 小西社長は「万全の態勢でコロナ対策をやってきたつもりでしたが、トップである私の責任を強く感じています」と謝罪。JリーグはJ1を7月4日に再開することを5月29日の臨時実行委員会で決めたばかりだが、小西社長は「(J1の)日程への影響はないと思っています」とした。チームは当面の間、練習を中止し、選手は自宅待機となるが、「そこに追いつけるように頑張りたい」と話した。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part12991
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1591087323/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)