アンテナ・まとめ RSS

本田圭佑、『両腕に時計』の理由を明かす「1つめの高級時計を家に置いておくのはもったいなくて…」

【サッカー】<#本田圭佑 >『両腕に時計』の秘密を#長友 に語る「1つめの高級時計を家に置いておくのはもったいなくて…」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592215662/
本田圭佑両腕時計.jpg

1: Egg ★ 2020/06/15(月) 19:07:42.92 ID:pbn9Ka549.net

ブラジルのサッカー1部リーグに所属する元日本代表MF本田圭佑が13日、プレミアム音声サービス「ナウボイス」を使って日本代表DF長友佑都(トルコ1部ガラタサライ)にメッセージを送り、自身が両腕に腕時計をしていることの理由などを改めて説明した。

 本田が同日に34歳の誕生日を迎え、長友が祝福してくれたことから「佑都、メッセージありがとう。僕の誕生日なんかのために8分ぐらいかな、ボイスメッセージを送ってくれたのは、本当に心からうれしく思っています」と感謝の思いを示した。

 晴れていない場合でもサングラスをしていることについて長友との間で誤解が生じていたようで「高校の時からやってました。いわゆるかっこつけてました。変わったんやなくて、もともとそうやったということを伝えておきます」と語った。

 両腕に時計をはめていることは「名古屋グランパスにいたときに、1つめの高級時計を家に置いておくのはもったいなくて、見せびらかすつもりで2つめをつけてました。単純にその時に思った感情のまま動いて結果的にそうなった」とした。

 長友は同日に自身のツイッターで本田とのやりとりについてつづり、「サングラスも両腕に時計の理由もそうだったんか。Keisuke Hondaのことまだまだ知らないことばかりやな」と驚きを隠せない様子だ。

6/14(日) 0:05
https://news.yahoo.co.jp/articles/b856c2f06100b14b8b8c986db8fb30f16ac088f5



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:07 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ガーナ代表MFトーマス・パーティ獲得が決定的か?アトレティコが承諾 ライプツィヒDFウパメカノとも獲得合意か

アトレティコ、パルティ退団を承諾…今夏のアーセナル入りが決定的
https://news.yahoo.co.jp/articles/25d34f984975bc25e8a590bc2025b5189d96f509
トーマス・パーティアトレティコ.jpg

 アトレティコ・マドリードは今夏の移籍市場でガーナ代表MFトーマス・パルティの退団を承諾したようだ。15日にイギリス紙『メトロ』がスペインラジオ局『Cadena COPE』の放送を引用して報じている。

 パルティは今夏の移籍市場でアーセナルへの移籍が決定的であると複数メディアにより報じられていた。同選手の契約解除金は5000万ユーロ(約60億円)に設定されており、アーセナルはその金額の支払いに前向き姿勢であった。

 同局によると、アトレティコ・マドリードはパルティの売却を望んでいなかったが、新型コロナウィルスの影響で経済的な負担を抱えていることから、退団を承諾することになったという。これを受け、同選手のアーセナル加入は決定的となった模様だ。

 パルティ自身は以前から同クラブへの移籍を希望していると述べており、加入に前向きな姿勢であった。残すところはクラブのフロントが同選手の望む内容の契約を提示できるかにかかっているという。果たしてパルティのアーセナル移籍は本当に実現するのであろうか。

今夏の大人気銘柄ライプツィヒDFウパメカノ、アーセナル移籍で合意か
https://news.yahoo.co.jp/articles/505a8306578741f4c44659fb54891d761478444c
ウパメカノRB.jpg

ライプツィヒに所属するDFダヨ・ウパメカノは、アーセナル移籍で合意に達したようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。

21歳のウパメカノはすでにブンデスリーガ屈指のCBとして知られており、欧州で最も有望な選手との評価を確立している。今夏はバイエルン・ミュンヘンやミランなども興味を示していたが、以前から狙っていたアーセナル移籍に近づいているようだ。

ウパメカノとライプツィヒの契約は来夏までとなっているため、クラブは移籍金を確保するために今夏の売却を決断。6000万ユーロ(約72億4000万円)の放出条項があり、すでにアーセナルが支払うことで合意に達したという。

ウパメカノは今シーズン、ライプツィヒの全33試合に出場し、いずれも先発。チームの躍進に貢献しており、脆弱なアーセナルの守備陣改善に期待がかかるところだ。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1489】
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1592027866/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:07 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブンデス古豪カイザースラウテルン、コロナ影響で財政難に破産申請へ リーグ優勝2回 かつてクローゼらが所属

【サッカー】<ブンデスリーガの古豪カイザースラウテルン>コロナ禍で財政難、破産申請へ [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592215333/
カイザースラウテルンサポ.jpg
1: Egg ★ 2020/06/15(月) 19:02:13.76 ID:pbn9Ka549.net

ブンデスリーガの古豪で、現在は3部のカイザースラウテルンが地方裁判所に破産を申請することが分かった。独『キッカー』など複数メディアが報じた。

 報道によると、新型コロナウイルスの影響を受けて、クラブの財政状況はさらに悪化。現在、カイザースラウテルンは2000万ユーロ(約24億円)以上の負債を負っている。財政難に陥る中で新たな投資家を見つけられず、破産を決断した。きょう15日の記者会見で現状を報告し、今週にも破産手続きの申請書を提出する予定だという。

『SWR Sport』によると、クラブは自己管理による破産手続きを求め、取締役がサポートを受けて組織を再構築し、立て直しを目指す「計画倒産」を採用する。ただし、今回の破産申請はクラブの消滅危機ではなく、来季も3部でシーズンを迎えられるようだ。

 ドイツサッカー協会(DFB)はコロナ危機の中で破産を申し立てたクラブに対して、通常であれば9ポイント剥奪といったペナルティを一時停止すると発表している。『キッカー』は「破産は恐ろしいシナリオではない」と指摘。「伝統的なクラブにとって、最初からやり直すユニークな機会にもなる」としている。

 カイザースラウテルンは1990-91シーズンと97-98シーズンにブンデスリーガを制覇し、89-90シーズンと95-96シーズンにDFBポカールを優勝している。直近10年はブンデスリーガから2部、3部へと降格し、2017-18シーズンからは3部を戦っている。

6/15(月) 12:36
https://news.yahoo.co.jp/articles/1783c73b129772d5ab52d793c9b4bae057e2518b



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ、今季の全対戦カードを発表!8月から東西地区また遠方対決解禁へ

Jリーグ今季の全対戦カードが決定! 8月から東西またぎ”遠方対決”を解禁へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/4f5b21c816d655d078826f12013fd84df1d9526a
Jリーグ2020プレカン.jpg

J1〜J3の対戦カードが発表 J2、J3は6月27日から、J1は7月4日から再スタート

 Jリーグは15日、J1〜J3の今季対戦カードを発表した。J2、J3は6月27日から、J1は7月4日から再スタートを切る。近隣での対戦を優先するなかで、J1再開戦は浦和レッズ対横浜F・マリノスや川崎フロンターレ対鹿島アントラーズ、西地区では大阪ダービーなど多くの観客動員が見込まれたカードも無観客で行われる。

 世界中に蔓延する新型コロナウイルスの影響で、Jリーグは2月にJ1、J2の開幕節を迎えたあと、中断が決定。その後、4月25日にJ3、5月2日にJ2、5月9日にJ1が再開予定だったが、4月3日に白紙に戻すことで合意した。また4月から5月にかけて政府から緊急事態宣言が出されたため、再開時期は未定のままだった。

 そんななか、緊急事態宣言も解除され、ようやく再開日程が決定。すでに各クラブは入念なウイルス対策を講じて、練習を再開している。選手のフィジカル的な負担も考慮して、1カ月以上の練習期間を確保したうえで、リーグ戦は6月27日にJ2とJ3から始め、J1は7月4日から行う。再開から2試合は無観客で行われるものの、新型コロナウイルスの感染状況を見ながら7月10日から観客を5000人またはスタジアム収容人数の50%(人数の小さいほう)を動員する「超厳戒態勢時」と、8月1日からは50%の動員を目指す「厳戒態勢時」に分けられ、段階的に有観客試合を開催する。

 J1再開カードは以下のとおり。

■J1第2節/7月4日(土)
18:00 横浜FCvs北海道コンサドーレ札幌(ニッパツ)
18:00 清水エスパルスvs名古屋グランパス(アイスタ)
18:00 ガンバ大阪vsセレッソ大阪(パナスタ)
18:30 大分トリニータvsサガン鳥栖(大銀ド)
19:00 浦和レッズvs横浜F・マリノス(埼玉)
19:00 柏レイソルvsFC東京(三協F柏)
19:00 川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ(等々力)
19:00 湘南ベルマーレvsベガルタ仙台(BMWス)
19:30 ヴィッセル神戸vsサンフレッチェ広島(ノエスタ)

■J2第2節/6月27日(土)
18:00 東京ヴェルディvsFC町田ゼルビア(味スタ)
18:00 ヴァンフォーレ甲府vsアルビレックス新潟(中銀スタ)
18:00 ツエーゲン金沢vs松本山雅FC(石川西部)
18:00 愛媛FCvs徳島ヴォルティス(ニンスタ)
19:00 モンテディオ山形vs栃木SC(NDスタ)
19:00 ザスパクサツ群馬vs水戸ホーリーホック(正田スタ)
19:00 ジェフユナイテッド千葉vs大宮アルディージャ(フクアリ)
19:00 ファジアーノ岡山vsレノファ山口FC(Cスタ)
19:00 V・ファーレン長崎vsキラヴァンツ北九州(トラスタ)

■J2第2節/6月28日(日)
18:00 京都サンガF.C.vsジュビロ磐田(サンガS)
18:30 FC琉球vsアビスパ福岡(タピスタ)

■J3第1節/6月27日(土)
15:00 いわてグルージャ盛岡vsブラウブリッツ秋田(いわスタ)
15:00 福島ユナイテッドFCvsヴァンラーレ八戸(とうスタ)
16:00 アスルクラロ沼津vs藤枝MYFC(愛鷹)
17:00 SC相模原vsY.S.C.C.横浜(ギオンス)
18:00 FC岐阜vsFC今治(長良川)
18:00 ロアッソ熊本vs鹿児島ユナイテッドFC(えがおS)
18:00 セレッソ大阪U-23vsガイナーレ鳥取(ヤンマー)

■J3第1節/6月28日(日)
18:30 カターレ富山vsAC長野パルセイロ(富山)
19:00 カマタマーレ讃岐vsガンバ大阪U-23(ピカスタ)

明治安田生命J1リーグ日程(PDF)

明治安田生命J2リーグ日程(PDF)

明治安田生命J3リーグ日程(PDF)

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13006
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1592136645/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:04 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、コウチーニョ放出なら週給2700万円の給与を一部肩代わりへ 本人はリバプールへの復帰を希望?

何としてもコウチーニョ売りたいバルセロナ、週給2700万円の一部肩代わりへ
https://news.yahoo.co.jp/articles/e78ed395a97bbe00a813f42545ef84486e5817c4
コウチーニョバルサ.jpg

バルセロナにフィリペ・コウチーニョのサラリーの一部を肩代わりする考えがあるようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。

2018年冬にリヴァプールからクラブ史上最高額でバルセロナに加入したコウチーニョ。しかし、カンプ・ノウで移籍金に見合うだけの活躍ができず、非難を浴びると、昨夏からは活躍の場をバイエルン・ミュンヘンに移す。ドイツの地で復調を見せた同選手だが、ブンデスリーガ王者に買取オプションを行使する考えがないとされており、今夏の去就に大きな注目が集まる。

新型コロナウイルスによる財政難に直面するバルセロナは、人員整理に取り掛かることが濃厚で、コウチーニョも放出候補の1人。しかし、高額な移籍金に加え、週給20万ポンド(約2700万円)のサラリーを支払えるクラブは限られており、先行き不透明な今夏の移籍市場で買い手が現れるか定かではない。

そんな中、ブラジル代表MFとの別れを見据えるバルセロナは、新型コロナウイルス危機により財政面で影響を受けるクラブがコウチーニョとの契約を交わしやすくするために、サラリーの一部を肩代わりする考えがあるようだ。

なお、コウチーニョの将来に関しては、期限付き移籍の延長でバイエルンに留まる可能性もまだ残されており、複数のプレミアリーグ勢も獲得に興味を持つと考えられている。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1222 〓〓
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1591013731/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:01 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル退団噂のオーバメヤン、自らの去就に言及「大きなターニングポイントになる」

退団噂のオーバメヤン、自身の去就に言及「カギを握るのはクラブ側」
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c4170107a22b3d2475d060fe0714941eb56e85f

オバメヤン拍手2020.jpg

 アーセナルに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンは自身の去就についてコメントを残している。14日にフランスメディア『Telefoot』が報じた。

 オーバメヤンは2018年1月にドルトムントからアーセナルへと加入。同選手にとってキャリア初のプレミアリーグ上陸であったにもかかわらず、すぐに適応し、同クラブでは公式戦通算97試合の出場で61ゴール13アシストを記録している。

 チームのエース格として活躍を繰り返してきたオーバメヤンの現行契約は来シーズン限りで満了する。現在、契約更新に向けての交渉を行っているが、進展を遂げていないことから退団の噂も浮上している。

 同選手は自身の去就について次のように語った。

「最近ではクラブから新しいオファーを受けていないよ。でも数カ月前に契約延長の件で話し合いを行ったし、フロントは僕が提示された契約にサインしていない理由も知っている」

「カギはアーセナルが握っている。後は彼らがクラブ側の役割を果たすだけだ。そこからどのような進展を遂げるかだね」

「以前も言ったように、これは僕のキャリアにおいて大きなターニングポイントになるだろう。はっきり言うとこれはとても難しい決断で、僕はまだその決断を下していないんだ。確実に僕のキャリアにおいて最も重要な決断になると思うよ」

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1489】
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1592027866/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:43 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、レベルが上がるほど洗剤能力が引き出される

【サッカー】底が知れん!冨安健洋は レベルが上がるほど洗剤能力が引き出される [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592190179/
冨安2019ナポリ戦アウェー指示.jpg

1: 久太郎 ★ 2020/06/15(月) 12:02:59.30 ID:w8ahe+MD9.net

東京五輪&パラリンピック注目アスリート「覚醒の時」第24回 サッカー・冨安健洋代表の主力に定着したアジアカップ(2019年)

 アスリートの「覚醒の時」――。

 それはアスリート本人でも明確には認識できないものかもしれない。

 ただ、その選手に注目し、取材してきた者だからこそ「この時、持っている才能が大きく花開いた」と言える試合や場面に遭遇することがある。

 東京五輪での活躍が期待されるアスリートたちにとって、そのタイミングは果たしていつだったのか......。筆者が思う「その時」を紹介していく――。

***

 男子サッカーにおけるオリンピックは、世界一を決める頂上決戦である他の競技とは異なり、ある意味で特殊な大会だ。

 オリンピックの出場資格があるのは、原則として23歳以下。大会登録メンバー18人のうち、3人までは24歳以上(オーバーエイジ枠)の選手を入れることが可能だが、2020年東京五輪の場合で言えば、基本的には1997年以降生まれの選手が対象となる(開催が1年延期になっても、この基準には変更がなく、来年は24歳以下が対象となる予定だ)。

 男子サッカーの世界一決定戦はあくまでもワールドカップであり、五輪は23歳以下の世界大会という位置づけになっている。

 つまり、五輪に出場する選手は、よくも悪くも発展途上。まだまだ未熟とも言えるが、裏を返せば、底知れぬ成長力を秘めているとも言える。

 だからこそ、面白い。

 若く伸び盛りの選手というのは、時に大きな大会で突如化ける。高いレベルに触れることで、それまで眠っていた力が引き出されるからだろう。

 1試合ごとに、いや、1プレーごとにさえ、選手がみるみるたくましくなっていくこともあるほどだ。

東京五輪での活躍が期待されるDF、冨安健洋もそうだった。

 2017年5月、当時18歳の冨安はU−20日本代表の一員として、U−20ワールドカップに出場した。

 結果から言えば、日本はベスト16敗退。南アフリカ、ウルグアイ、イタリアと強豪がそろったグループリーグは辛うじて3位で突破したものの、最終的にこの大会で準優勝するベネズエラとの決勝トーナメント1回戦で、延長戦の末に0−1と敗れた。

 悔しさのなかにも、世界との差を肌で感じることのできた充実の4試合。とりわけ、際立つ適応能力を見せたのが、冨安だった。

 センターバックとして全4試合に先発フル出場した冨安は、初戦こそ緊張もあったのか、バタバタしたところを見せたものの、その後の試合ではさらに相手が強くなったにもかかわらず、彼自身の出来は右肩がりの曲線を描いた。

 吸収力の高さを裏づけるように、冨安は当時、こんなことを話している。

「自分は(この大会で通用した部分に)自信を持つよりも、課題を見つけて取り組むタイプなので。また(この大会で)課題が出たし、それに取り組むだけだと思う」

 日本人選手の中には、国内の試合では高い能力を発揮するものの、国際試合になると相手のスピードやパワー、あるいはリーチの長さに戸惑い、力を出せなくなる選手が少なくない。ところが、冨安の場合はむしろ逆。国際試合でこそ、彼の価値――大きくて、強くて、しかもうまい――は一段と高まる。

 事実、冨安にはJリーグでの、とくにJ1の実績がほとんどない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/64c766f890037e7bf16e31cdac89b86e0697e77d?page=1

>>2以降に続く


2: 久太郎 ★ 2020/06/15(月) 12:03:39.65 ID:w8ahe+MD9.net

>>1
アビスパ福岡U−18から高校卒業を待たずにトップチームへ昇格した冨安は、福岡がJ1にいた2016年シーズンを除き、J2でしかプレーしていない。その2016年にしても、まだ高3だった冨安はJ1で10試合に出場しただけだ。

 2017年シーズンはJ1クラブに引き抜かれることもなく、J2に降格した福岡でプレー。そして2018年、Jリーグでは無名に近い存在のまま、ベルギーのシント・トロイデンへ移籍している。

 しかし、ここからの階段の上がり方は早かった。

 シント・トロイデン移籍後、半年間はほとんど出番がなかったが、新たに2018−2019シーズンが始まると、主力の座をがっちりとキープ。シーズン終了後の昨夏には、イタリア・セリエAの名門、ボローニャへの移籍を勝ち取っている。

 こうして振り返ってみると、U−20ワールドカップでの経験にしても、シント・トロイデンへの移籍にしても、彼にとっては覚醒のきっかけに値する十分な出来事だったと言えるのだろう。

 だがしかし、冨安が21歳にして現在の地位――A代表の主力センターバック――を築くに至ったという意味では、覚醒の瞬間はまだ他にあるのではないだろうか。それが、2019年1月にUAEで開かれた、アジアカップである。

 冨安は2018年9月、森保一監督就任とともにA代表に初選出されると、シント・トロイデンでの活躍もあって、ほどなく主力に定着。アジアカップでは、キャプテンの吉田麻也とともにセンターバックを務めた。

とはいえ、当時20歳の冨安にとっては、A代表として初めて臨む公式戦。それも、4年に一度のアジア王者を決める重要なタイトルマッチである。それなりの壁にぶつかったとしても不思議はなかった。

 ところが、冨安はこの大会でもU−20ワールドカップ同様、初戦こそ落ち着かない一面を見せたものの(この試合だけは、ボランチでの出場だった)、2試合目以降は、みるみるトップレベルのスピードにも慣れていった。

 DFラインの背後をカバー。あるいは、相手の前に出てパスカット。試合を重ねるごとに、冨安は相手の先手を取る機会を増やし、安定したプレーを披露した。

 アジアの強豪国が一堂に会する大会は、アジア限定の大会と言えども、ヨーロッパのメディアやクラブ関係者も多数訪れる。まして、この年は中東での開催だったこともあり、利便性のよさも手伝って注目度はさらに高まっていた。

 そんな大会で、足元の技術にも優れた身長188cmの、しかも、まだ20歳のDFが日本に現れたのである。ヨーロッパのスカウトたちが放っておかないのも当然だった。

 2019年夏、冨安がわずか1年半でベルギーに別れを告げ、イタリアへ戦いの場を移したことはすでに記したが、そこにアジアカップでの活躍が影響していたことは想像に難くない。

 日本人選手としては恵まれた体格の冨安は、それでいて、大柄な選手にありがちな鈍重さはなく、キックの精度も高い。左右両足を同等に扱い、長短のパスを正確に蹴り分ける技術は、小柄なテクニシャンにも見劣らないほどだ。

ボローニャ移籍後は右サイドバックを務めることも多いが、軽やかなフットワークにぎこちなさは感じられない。わずか2年ほど前まではJ2でプレーする一若手に過ぎなかった選手が、たちまちヨーロッパのビッグクラブも注目する有望株へと成長したのである。

 あたかも自らのステージがレベルアップすればするほど、潜在能力がどんどんと引き出されるかのようだ。秘めたる力にまだまだ底は見えない。

 1年後に東京五輪が開かれるとき、はたして冨安はどのクラブに所属しているのだろうか。

 それが、過去にチャンピオンズリーグを制したことのあるようなクラブだったとしても、もはや誰も驚くまい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/64c766f890037e7bf16e31cdac89b86e0697e77d?page=2


※現在は「潜在能力」に訂正されております。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北川航也、リーグ戦初ゴール!ラピド・ウィーンは2-1勝利し優勝プレーオフ3連勝(関連まとめ)

【サッカー】北川航也がついにリーグ初得点!ラピド・ウィーンは2-1勝利で優勝PO3連勝 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592154161/
北川航也2020リーグ戦初ゴール.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/06/15(月) 02:02:41.91 ID:uFfZDOzo9.net

【ラピド・ウィーン 2-1 ヴォルフスベルガーAC オーストリア1部第26節】

 オーストリア1部第26節、ラピド・ウィーン対ヴォルフスベルガーACが現地時間14日に行われた。試合はホームのラピド・ウィーンが2-1で勝利を収めた。

 レギュラーシーズンを終え、プレーオフに突入したオーストリアリーグ。レギュラーシーズンの成績を継続して行うプレーオフで3試合を終え、現在ラピド・ウィーンはザルツブルクに次いで2位に位置している。

 ラピド・ウィーンに所属する日本代表FW北川航也は、再開後4試合連続の出場。6試合ぶりの先発となった北川は63分までプレー。前半36分にリーグ初ゴールとなる先制弾を叩き込んだ。

 先制したのはラピド・ウィーン。36分、左サイドを抜け出したフォウンタスが右足アウトでグラウンダーのパスを供給。走りこんできた北川がダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。これで北川はオーストリアリーグ初ゴールとなった。

 だが、ラピド・ウィーンは後半開始早々に相手にFKを与えてしまう。ペナルティエリア手前右寄りの位置からのFKにワイズマンが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 その後、膠着状態が続きこのまま試合終了するかと思われた87分、ラピド・ウィーンがウルマンのゴールで勝ち越しに成功。試合はこのまま終了し、ラピド・ウィーンが2-1の勝利を収めた。勝利したラピド・ウィーンは優勝プレーオフ3連勝となった。

【得点者】
36分 1-0 北川航也(ラピド・ウィーン)
50分 1-1 ワイズマン(ヴォルフスベルガー)
87分 2-1 ウルマン(ラピド・ウィーン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/7d0592d557ba2a516becc225bbd78803b6e2e076
6/15(月) 1:49配信




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル・マドリード、再開戦は前半3得点でエイバルに3-1快勝!長髪の乾貴士は終盤途中出場(関連まとめ)

【サッカー】小さな本拠地で戦うレアル・マドリードが3発白星リスタート! エイバル・乾貴士は終盤に途中出場 [豆次郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592163082/
クロース2020第28節ゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2020/06/15(月) 04:31:22.35 ID:2+u3RFB59.net

20/6/15 04:25

 リーガ・エスパニョーラは14日、再開初戦となる第28節を行い、レアル・マドリーがMF乾貴士所属のエイバルを3-1で破った。首位のバルセロナとは再び勝ち点2差。ベンチスタートの乾は後半32分から途中出場したが、残留争いを優位に運ぶ勝利は届けられなかった。

 R・マドリーは3月8日に行われた第27節ベティス戦(●1-2)以来3か月ぶりの公式戦。負傷から復帰したFWエデン・アザールが左ウイングで先発し、FWカリム・ベンゼマ、FWロドリゴ・ゴエスと3トップを構成した。今季はホームのサンチャゴ・ベルナベウが改修工事に入っているため、普段はカスティージャが使う収容人数6000人規模のエスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノを使用した。

 前半3分、R・マドリーが早くもスコアを動かした。左サイドで浮き球のスルーパスを受けたFWカリム・ベンゼマは相手ディフェンスに阻まれたが、クリアボールを待っていたMFトニ・クロースがダイレクトのままインサイドキック。このトリッキーなシュートがGKの届かないゴール右上隅に吸い込まれ、貴重な先制点が入った。

 エイバルは前半14分、MFパブロ・デ・ブラシスのふわりとした横パスからFWキケ・ガルシアが右足ハーフボレーで狙ったが、DFダニエル・カルバハルにギリギリでカバーされる。すると30分、R・マドリーはベンゼマのスルーパスがアザールに通り、横パスに反応したのはフリーで攻め上がっていたDFセルヒオ・ラモス。これを落ち着いて決め、追加点を奪った。

 R・マドリーは前半36分、アザールがベンゼマとのワンツーで右サイドを切り裂くと、シュートはGKマルコ・ドミトロビッチに阻まれたが、こぼれ球を拾ったDFマルセロが左足を一閃。強烈な低空シュートがゴール左隅に突き刺さり、前半のうちに3点のリードを確保した。エイバルは攻撃の形をつくれないまま前半を終えた。

 R・マドリーは後半、カルバハルを下げてDFフェルラン・メンディを起用。立ち上がりの4分、レアルGKティボー・クルトワのキックがデ・ブラシスに当たり、エイバルにビッグチャンスが訪れる。だが、このボールをMFエドゥ・エスポージトが狙ったが、ゴール右隅を狙ったボールはクルトワがセーブし、自らのミスで招いたピンチをしっかりと回収した。

 さらに後半12分にも、エスポジトのミドルシュートがゴール左上隅を鋭く襲ったが、これもクルトワが大きな身体を伸ばしてセーブ。なかなか守護神の牙城を崩せないエイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督は3枚替えを敢行し、DFペドロ・ビガス、MFペドロ・レオン、FWセルジ・エンリクを一気に投入した。

 すると後半15分、エイバルの交代策がラッキーな形で的中する。P・レオンのコーナーキックに反応したデ・ブラシスが右足を振り抜くと、MFカゼミーロと交錯したボールがP・ビガスに当たってゴール方向へ。軌道が変わったボールをクルトワが収めきれず、股下を通ったボールはそのままゴールラインを越えた。

 1点を返されたR・マドリーは直後の後半16分、こちらも3枚替えを敢行。ラモス、アザール、ロドリゴを一気に下げ、DFエデル・ミリトン、FWビニシウス・ジュニオール、FWガレス・ベイルを投入した。一方のエイバルは33分、ようやく乾を投入。中断前の3月10日に行われた第24節延期分のソシエダ戦(○)以来3か月ぶりの出場で左サイドハーフの位置に入った。

 乾は後半38分、左サイドのドリブル突破から左足でクロスを送ったが、タイミングよく飛び出したクルトワが横っ飛びでセーブ。その後もアーリークロスで見せ場をつくったが、R・マドリーの守備陣を崩せないまま試合が終わった。降格圏との勝ち点差は依然として2のままとなっている。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?303194-303194-fl
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/304000/303194/news_303194_1.jpg


※一部レスを追記致しました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:51 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原口元気、ドリブル突破からアシストも負傷交代…ハノーファーは終盤失点しダルムシュタットに敗戦

原口元気、ドリブル突破から2点目をアシストも負傷交代。ハノーファーは終盤に失点…3連勝ならず
https://news.yahoo.co.jp/articles/c68796b1ce710f0fb7d5f0b227e595e9c2d759c3
原口元気2020第31節パス.jpg

【ダルムシュタット 3-2 ハノーファー ブンデスリーガ2部第31節】

 ドイツ・ブンデスリーガ2部第31節、ダルムシュタット対ハノーファーが現地時間14日に行われた。試合はアウェイのハノーファーが2-3で敗戦を喫した。

 現在2連勝と好調を維持しているハノーファーに所属する日本代表MF原口元気は、トップ下で先発出場。7試合連続でスタメンに名を連ねた。後半に逆転弾をアシストし、今季4アシスト目を記録した。

 先制したのはホームのダルムシュタット。24分、右サイドのクロスがファーサイドに流れ、ドゥルスンがダイレクトボレー。これは一度相手に阻まれるが、ドゥルスンが拾い右足を振り抜くと、ボールはゴールに吸い込まれた。

 後半開始早々にハノーファーがチャンスを作る。右サイドのクロスにニアで原口がスルー。最後はこぼれ球をプリブが押し込み、ハノーファーが振り出しに戻す。

 すると原口が逆転弾を演出する。58分、右サイドでボールを受けた原口はドリブルでペナルティエリア手前の中央に侵入。左サイドのドゥクシュにラストパスを送ると、ドゥクシュは右足でゴール右に流し込んだ。しかし、ハノーファーは4分後の62分に失点してしまい、2-2の同点となってしまう。

 勝ち越したいハノーファーだったが、逆転弾をアシストした原口が足を痛めてしまい、79分にオストルツォレクとの交代を余儀なくされた。

 その後、ハノーファーは試合終了間際に失点。ハノーファーは3試合ぶりの敗戦となった。

【得点者】
24分 1-0ドゥルスン(ダルムシュタット)
47分 1-1 プリブ(ハノーファー)
58分 1-2 ドゥクシュ(ハノーファー)
62分 2-2 ファビアン(ダルムシュタット)
90分 3-2 パトリック(ダルムシュタット)

ネットでサッカー観戦◇2020-08
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/livefoot/1592080338/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)