アンテナ・まとめ RSS

久保建英、スペイン1部10クラブ以上+他国クラブが獲得打診!AS紙記者が現時点での有力候補2クラブを答える

「現時点で有力候補は2クラブ」久保建英の去就をマドリー番記者に直撃!トップチーム入りの可能性は何%?【現地発】
https://news.yahoo.co.jp/articles/640b8e63fa789b038e75f02c175cbaf9008b61e9
久保2020第30節準備.jpg

 マジョルカの久保建英の周辺が日増しに騒がしくなっている。ラ・リーガ挑戦1年目の今シーズン、欧州サッカーへの驚異的な適応力を見せている若きサムライに対しては、この数か月の間に多くのクラブがレンタル元のレアル・マドリーに獲得を打診している。

 しかしだからこそマドリーの首脳陣は来シーズンのレンタル先を仔細に吟味しており、様々な条件を鑑みたうえで、現時点で久保に提示する腹積もりなのがレアル・ソシエダとミランのオファーだ。

 久保の成長に対して誰よりも驚きと喜びを持って見守っているのは他でもないマドリーの首脳陣だ。才能と将来性を見込んで昨夏に獲得に踏み切ったわけだが、スペインではフベニールの年齢に当たる19歳。当の本人たちもさすがにここまでスムーズに適応できるとは想像していなかった。

 事実、昨夏プレシーズンキャンプが始まった時点では2部B(実質3部)に所属するカスティージャで1年間プレーさせる構想だったが、プリメーラクラスの実力をアピールしたことで急遽レンタルさせる方針に舵を切った経緯がある。

 そして1年足らずの間にその移籍先として選択したマジョルカでもチームの枠に収まらない輝きを見せており、次のステップとして今度はヨーロッパカップ戦に出場するクラブを条件に移籍先を検討しているのだ。
 
 マドリーはレンタル修行中の若手に対して、シーズン中も密に連絡を取り合う方針を取っている。久保ももちろんその例に漏れないが、その中で首脳陣が評価しているのが意見を素直に聞き入れる柔軟性だ。

 あらゆる決定事柄が双方の話し合いのうえで進められており、代理人などの取り巻きの人間の意見を優先し、2019年冬に入団して以来、すでに3度クラブからのレンタル移籍の提案を断っているFWブライム・ディアスとは対照的だ。久保のそうした姿勢をマドリーが構築するキャリアルートを辿りながら順調な成長を見せているマルティン・ウーデゴーと重ね合わせる幹部は少なくない。

ミランは年明けにボバンがマドリードに入り…
 くしくもそのウーデゴーが現在在籍しているのがレアル・ソシエダだ。ラ・リーガの1部のクラブから届いた10以上の打診の中でマドリーがこのバスクの名門を久保のレンタル先として優先的に検討するに至ったのは、カンテラを重視するクラブの方針に支えられ、ウーデゴーをはじめミケル・オジャルサバル、ミケル・メリーノといった若手が主力に君臨しているチーム環境にある。

 フロントも現場も若手を抜擢することに躊躇がなく、久保に対しても同様の起用を行うという言質を関係者からすでに得ている。現在ラ・リーガで6位につけ、来シーズンの欧州カップ戦の出場権獲得に近づいている点もマドリーのニーズと合致する。

 マドリーがソシエダと並んで久保の移籍先として推しているもう1つのクラブがミランだ。ミランサイドもCEO(チーフフットボールオフィサー)を務めていたズボニミール・ボバン(3月に退任)が年明けにマドリード入りし、正式にレンタルの打診をしており、強い関心を寄せている。

 マドリーとしても、近年低迷しているとはいえ、欧州屈指の名門クラブというステータスを評価しており、一流のレベルを肌で感じることができる環境は久保の成長をさらに後押しする要因になりうる。ただ肝心の久保自身が、ラ・リーガに上陸して1年足らずのこの段階で、再び国と主戦場を変えることに否定的な見解を示しており、ソシエダと比べれば可能性はかなり低下する。
 
 同じラ・リーガのクラブとしてはセビージャも候補に挙がっている。セビージャ側が強くプッシュしており、久保自身もクラブの規模でソシエダをさらに上回るアンダルシアの雄に好印象を抱いている。

 ただその分、メディアやファンの要求レベルが高く、自ずと若手が台頭する機会も限られてくる。ソシエダとの比較においてマドリーが懸念している点もまさにそこにあるが、現在順位は4位と来シーズンのチャンピオンズ・リーグの出場権獲得を視界に入れている。ソシエダがヨーロッパカップ戦の出場権を逃せば一気に本命に浮上する可能性もある。


マジョルカ残留、マドリーのトップチーム入りの可能性は?
 もちろん選択肢の一つとしてマジョルカ残留の線も完全に消えたわけではない。ただ2部に降格するとその時点で可能性は消滅。1部に残留できたとしても、来シーズン、チーム状況が劇的に変化するとは考えにくく、それがぬるま湯になって久保の成長にブレーキをかける要素になりかねない。久保自身は愛着を感じているが、魅力的な選択肢が他にある中、レンタル延長を選択する可能性は低い。

 久保の去就を考察するうえでもう一つ重要なファクターが、来シーズンの日程が変則的になることが決定的である点だ。新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、今シーズンのラ・リーガは来月下旬まで日程が組まれている。さらにマドリーが8月に予定されているCLで上位に進出すれば、オフがほぼない状態で来シーズンの開幕を迎える可能性すらある。

 久保自身は昨夏がそうだったようにトップチームのプレシーズンキャンプに帯同しながら去就を模索する希望を持っていたが、現状そうした時間的余裕は取れそうにない。
 
 最後にマドリーのトップチーム入りの可能性については、ほぼないと言っていいだろう。才能のある若手をベンチに置き続けるのならば積極的にレンタル修行に出すというのが近年クラブが採っている手法である。その方針に照らし合わせれば、伸び盛りで現状出場時間を確保できそうにない久保は、まさにその対象に該当する。

 久保には少なくとももう1年はレンタルに出すことがマドリーの考えであり、現時点で選択肢として提案する意向なのがレアル・ソシエダとミランの2クラブだ。

 去就の可能性を割合で表わすなら、このような感じになるだろう。

●マドリーのトップチーム入り【5%】
●他のチームにレンタル【75%】
 ・ソシエダ(40%)
 ・ミラン(10%)
 ・ラ・リーガの他のチーム(20%)
 ・他国リーグのミラン以外のチーム(5%)
●マジョルカでレンタル延長【20%】
※1部残留の場合。2部降格の場合は0%。

文●セルヒオ・サントス(アス紙)
翻訳●下村正幸

https://news.yahoo.co.jp/articles/640b8e63fa789b038e75f02c175cbaf9008b61e9?page=2
https://news.yahoo.co.jp/articles/640b8e63fa789b038e75f02c175cbaf9008b61e9?page=3

【RCD】久保建英応援スレ part216【Mallorca】
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1592828271/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 | Comment(23) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、ユベントス戦で伊ガゼッタ紙6.5などチーム最高評価!「C・ロナウドをよく抑えた」「ボローニャのMVPは彼」「成長が見られた」(関連まとめ)

【サッカー】<DF冨安健洋>ユヴェントス戦フル出場!最高評価「C・ロナウドをよく抑えた」「ボローニャのMVPは彼」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592887536/
冨安Cロナウドマッチアップ.jpg
1: Egg ★ 2020/06/23(火) 13:45:36.99 ID:muMwi6MC9.net

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_sigge11K6LkG3sN8tQpuS2UxYA---x640-y360-q90-exp3h-pril/amd/20200623-00010011-goal-000-1-view.jpg

22日のユヴェントス戦にフル出場したボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋について、イタリア紙『レプブリカ』のボローニャ版などが評価を下した。

ボローニャは22日、セリエA第27節で王者ユヴェントスとホームで対戦。22分にステファノ・デンスヴィルがPKを献上してクリスティアーノ・ロナウドに先制点を許すと、36分にパウロ・ディバラに強烈なミドルシュートで追加点を決められた。ボローニャはこのまま0-2で敗れている。

21歳の冨安は右サイドバックとしてフル出場。35歳のポルトガル人スーパースター、C・ロナウドとマッチアップして奮闘した。イタリア紙のボローニャ版は冨安のパフォーマンスについて及第点の「6」と採点。

「(リッカルド)オルソリーニのサポートも受け、C・ロナウドとのデュエルでは規律のとれたプレーを見せた。相手にチャンスを与えすぎることもなかった」と綴り、ポルトガル代表FWをある程度抑え込んだことを評価した。

また、『ボローニャ・トゥデイ』や『ユーロスポーツ』はチーム内最高評価となる「6.5」を与えて称えた。

前者は「おそらくボローニャのMVPは彼。パフォーマンスは最高とは言えないが、間違いなく良かった」とコメント。後者は「全体的にC・ロナウドをよく抑えていた。開始直後のシーンは別として、それほど簡単にすり抜けさせなかった」との見解を示した。

『トゥット・メルカートウェブ』も同様にチーム内最高点の「6.5」を与え、「C・ロナウド相手には上手く立ち回り応対するしかない。相手のレベルを考慮すれば本当によくやっていた」と賛辞を贈った。

伊メディアの辛口評価も

一方、『メディアセット』や『コリエレ・デッラ・セーラ』は及第点に満たない「5.5」と採点。

辛口の評価となった。前者は「彼のサイドにはC・ロナウドがおり、前半は苦労していた。後半に入り良くなったが、(シニシャ)ミハイロヴィッチは彼に対し、攻撃参加やパーソナリティをより求めている」と課題を提示。後者は、「C・ロナウドのフェイントに何度も引っかかってしまった」と寸評した。

6/23(火) 11:40 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/81770298d6759d20c9d126b5b025a2f3c65fc27a


ユーヴェ戦でC・ロナウドと対決の冨安健洋、伊主要紙から最高評価と賛辞「成長が見えた」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a90f64d8d2850d45e0c024acf7b2ed131e3c52ac

22日のユヴェントス戦にフル出場したボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋に対し、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が賛辞を贈った。

ボローニャは22日、セリエA第27節で王者ユヴェントスとホームで対戦。22分にステファノ・デンスヴィルがPKを献上してクリスティアーノ・ロナウドに先制点を許すと、36分にパウロ・ディバラに強烈なミドルシュートで追加点を決められた。ボローニャはこのまま0-2で敗れている。

21歳の冨安は右サイドバックでフル出場。35歳のポルトガル人スーパースター、C・ロナウドと初めてのマッチアップに奮闘した。イタリアの主要紙は若き日本代表DFを高く評価。冨安の成長を認め、チーム内で最高評価となる「6.5」を与えて賛辞を贈った。

「C・ロナウドが仕掛けた『ボールはある?ボールはない?』に何度も耐えた。油断することなく、活動的にプレー。(逆サイドのミチェル)ダイクスと比べて低い位置でプレーすることが多かったが、ボールを足元に持っているときも持っていないときも、カウンターにはアクティブに参加していた。ミスを引きずらなかったところに成長が見えた」

なおチーム内最低評価は、DFマタイス・デ・リフトのシャツを引っ張り、PKを献上したDFステファノ・デンスヴィルの「4」だった。

一方、『コリエレ・デッロ・スポルト』は、冨安を評価しつつ課題となる場面も指摘。「C・ロナウドの素早いフェイントに騙されず、前半は彼をコントロールし、素晴らしい能力を見せた。後半の立ち上がりはやや劣りC・ロナウドに簡単に置き去りにされていたが、その後は修正した」との見解を示した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:08 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1名古屋、「グランパスくん」マスク発売!グランパスくんを全面に出した大胆デザイン(関連まとめ)

【サッカー】これは大胆デザイン…「グランパスくん」マスク発売 J1名古屋がMIZUNOの「マウスカバー」とコラボ [THE FURYφ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592886420/
グランパスくんマスク.jpg
1: THE FURYφ ★ 2020/06/23(火) 13:27:00.38 ID:y8LjnUDS9.net

名古屋グランパスは23日、クラブパートナーであるMIZUNOの「マウスカバー」とのコラボマスクを公式オンラインショップで発売すると発表した。

水着や陸上のウエアで採用される素材を使った「マウスカバー」は、5月、購入希望者が殺到したため特設サイトのサーバーがダウンした人気商品。 現在、MIZUNOは抽選販売の申し込みを受け付けている。

今回は通常バージョンと、プロスポーツチームのコラボマスクとしては初となる清涼感のある「アイスタッチ」バージョンを用意。3枚セットで、赤、 グレーのほか公式マスコット「グランパスくん」の顔を前面に押し出した大胆デザインのモデルも含まれる。

試合当日には選手やスタッフも装着予定。販売は1会員あたり1回1セットの制限付きで、ファンクラブ会員向けは26〜28日、一般向けが29日から行われるが、ファンクラブ先行販売で完売すれば一般販売は行わない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7632ea3daa24b674c84b28b3eac454f04c142141

画像
https://amd.c.yimg.jp/im_sigg9nGPrf9rbU.a7B7WVIZg5w---x900-y405-q90-exp3h-pril/amd/20200623-00010012-chuspo-000-2-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューカッスル、サウジ政府系資本に400億円で売却が認めれる方向!まもなく成立へ

【サッカー】<ニューカッスル>400億円の売却が「認められる方向」と英報道...約3兆4400億円以上の資産を持つサウジアラビア政府系企業 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592874054/
ニューカッスルとサウジ皇子.jpg
1: Egg ★ 2020/06/23(火) 10:00:54.77 ID:muMwi6MC9.net

FW武藤嘉紀の所属するプレミアリーグのニューカッスルは、今夏のクラブ売却が報じられているものの、いまだ決定には至っていない。そんななか、英紙「デイリー・メール」は交渉が成立に近付いていると報道。3億ポンド(約400億円)での売却が間もなく成立する見込みだという。

 ニューカッスルは2007年から現オーナーのマイク・アシュリー氏が保有しているが、サウジアラビア政府系企業のPCPキャピタルパートナーズへの売却が進んでおり、成立は秒読みと伝えられてきた。同企業は260億ポンド(約3兆4400億円)以上の資産を持つとされ、買収後の大型補強の可能性も盛んに報じられている。

 先月にはリーグ側からの承認が下り、交渉成立間近と報じられていたものの、それから約1カ月が経過しても進展はなし。買収を試みているのはサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子がチェアマンを務める政府系企業「パブリック・インベストメント・ファンド」。しかし、サウジアラビア政府が世界貿易機関(WTO)の定める法律違反に関与している可能性が指摘され、プレミアリーグが調査に乗り出したことで、交渉は暗礁に乗り上げることとなった。

 先の見えない状況に陥っていたクラブ売却問題だが、「デイリー・メール」によるとついに完了の発表が近付いているという。同紙は今週にも交渉成立となる可能性を指摘したうえで、「3億ポンドのディールは、サウジアラビアとの連係を強化したいイギリス政府の関与もあり、認められる方向だ」と伝えている。

 サウジアラビア当局は前述の「法律違反」に該当するプレミアリーグを放映する海賊版サイトを封鎖することを明言しており、これこそがクラブ売却が完了に向かっている証拠であると見る向きもあるようだ。早期の決着となれば、規模縮小が予想される今夏の移籍市場で、“金満”ニューカッスルの派手な動きが見られるかもしれない。

6/23(火) 8:40 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/847f914dda06bd2352c46758f97e77a46818e380

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_siggTnPAhYUK.Z5Qsnm4g0P89w---x640-y427-q90-exp3h-pril/amd/20200623-00268502-soccermzw-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジルリーグ、新型コロナ8割陽性のチームも…本田所属ボタフォゴは5人感染

【サッカー】ブラジル サッカー選手のコロナ感染相次ぐ 8割陽性のチームも…本田圭佑選手が所属「ボタフォゴ」でも5人の感染 [ばーど★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592863108/
本田ボタフォゴデビュー戦.jpg
1: ばーど ★ 2020/06/23(火) 06:58:28.28 ID:geVjE98I9.net

新型コロナウイルスの感染が急速に拡大している南米ブラジルでは、一部の地域でプロサッカーリーグの試合が再開されましたが、チームの中には再開前の検査で選手の8割が陽性と判定されるなど、選手の間でも感染の確認が相次いでいて、懸念の声があがっています。

ブラジルでは貧困地区を中心に感染が急速に拡大していて、感染者は累計で100万人を大きく超え、歯止めがかからない状況が続いています。

こうした中、ブラジルでは、今月中旬から経済活動が段階的に再開されていて、リオデジャネイロでは先週から、国内のプロサッカーリーグの試合が再開されたほか、最大都市のサンパウロでも、22日から練習が再開されました。

しかし、各チームが再開前に検査したところ、サンパウロに本拠地を置く名門チームの「コリンチャンス」では、登録メンバー27人のうち21人が陽性と判定されるなど、多くのチームで選手の感染が相次いで確認されています。

また、サッカー元日本代表の本田圭佑選手が所属するチーム「ボタフォゴ」でも、所属選手5人の感染が確認され、試合を取りやめる事態となっています。

ブラジルでは、今後、各地でサッカーの試合が再開される予定で、選手の感染確認が相次ぐ中、専門家の間からは懸念の声があがっています

2020年6月23日 1時39分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200623/k10012480191000.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200623/K10012480191_2006230138_2006230139_01_02.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英にも影響?レアルFWヴィニシウス、スペイン国籍取得有力!EU圏外枠に現地注目

【サッカー】<久保がリード>」ヴィニシウスがスペイン国籍取得有力!レアル・マドリードのEU圏外枠に現地注目 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592836618/
久保とヴィニシウス.jpg
1: Egg ★ 2020/06/22(月) 23:36:58.71 ID:EzXMx4t+9.net

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_siggOlz9MVneLyfBlmyZcfch4w---x640-y427-q90-exp3h-pril/amd/20200622-00268521-soccermzw-000-2-view.jpg

レアル・マドリードは早くも来季のチーム編成が注目を集めている。マジョルカに期限付き移籍中の日本代表MF久保建英はEU圏外枠の兼ね合いもあり、来季もレンタルに出されることが濃厚とされてきた。

しかし、スペインメディアは3枠のうちの一つに“空き”が出る可能性に注目している。

 2019年夏にFC東京から名門レアルに完全移籍した久保は、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げると、一度はベンチ要員に降格するも再びスタメンの座をつかみ、ここまでリーグ戦27試合で3得点2アシストをマークしている。

 レンタル期間が満了するシーズン終了後の去就が注目を集めているが、現在レアルから期限付き移籍している元ノルウェー代表FWマルティン・ウーデゴールの代わりに、レアル・ソシエダ行きとなる報道も出ている。

久保本人はレアルでのプレーを目標とし、スペイン紙「AS」で「あそこで居場所を勝ち取るのはとても難しいけど、しっかり練習し続けてチャンスを待つ。その機会が訪れた時には、それを無駄にしない」と力強く語っていた。

 レアルは現在、ブラジル人トリオのFWヴィニシウス・ジュニオール、FWロドリゴ、DFエデル・ミリトンが限られた3つの外国人枠を使用。

さらにイギリスのEU離脱の影響から、ウェールズ国籍のFWギャレス・ベイルがEU圏外選手となる可能性もある。これが久保の去就にも関係すると指摘されていたが、EU圏外枠を巡って状況が進展する可能性があるようだ。

 スペインメディア「ドン・バロン」は、「ビッグニュース! フロレンティーノに幸運。問題が一つ解決」と見出しを打ち、かねてからスペイン国籍取得の噂のあったヴィニシウスについてレポートしている。

ヴィニシウスがスペイン国籍を取得すれば、久保とレイニエルで争う外国籍枠が一つ空く

「フロレンティーノ・ペレスが最終的に将来へ向けた大きなニュースを手にするかもしれない。ヴィニシウスが他の将来を約束されている選手たちへ、レアル・マドリードのトップチームへの道を譲ることになる。

すでに決定は下され、ホワイトハウス(レアル)はヴィニシウスがスペイン国籍を取得するための適切な手続きをすることになる。7月にブラジル人選手が2021年にスペインパスポートを得るための手続きを始め、前向きに考えれば2020年終了前にそれが完了することもあり得る。

7月12日はヴィニシウスの誕生日で、スペインの首都で2年が経過する。マドリードはすでに出身国のパスポート、外国人のIDカード、出生証明、またCCSEテストおよびCCSES承認といった各種文書の準備を始めている」

 記事では、これが久保やU-23ブラジル代表MFレイニエルにも関係してくることに触れている。

「サン・ゴンサロ出身の若きアタッカーの申請が認められれば、レイニエルとタケフサ・クボの間で争われる外国籍選手の枠一つが空くことになる。2人とも来季(ジネディーヌ・)ジダン監督のチームでチャンスを得るためのレースを戦っている。

現時点ではラ・リーガでより多くの試合に出ている分、クボがリードしている。レイニエルにとってはカスティージャ(Bチーム)でプレーしただけで、ヨーロッパに適応しているところだけにすべてが厳しい状況。

しかし、次のプレシーズンでそれぞれが2020-21シーズンをどこで過ごすことになるかが決まる。残りの外国人枠はロドリゴとエデル・ミリトンで、まだ資格があるところまで達していない」

 久保の去就に関する報道は、今後一層過熱していくことになりそうだ。

6/22(月) 19:50 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/06e71eaa5b009755c553a953261da179239bacee



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お笑い芸人パンサー尾形さん、仙台育英サッカー部の元10番「自分を作ったのはサッカー」

【芸能】仙台育英の元10番・パンサー尾形のサッカー史、指導者への思い。「自分を作ったのはサッカー」 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592848936/
パンサー尾形ドルトムント.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/06/23(火) 03:02:16.44 ID:29TU+ZYa9.net

お笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘は名門・仙台育英高校で10番を背負い、中央大学の体育会サッカー部に所属。

川崎フロンターレに所属する中村憲剛選手の先輩でもある(尾形が4年生のとき、中村選手は1年生)。
昨年よりボルシア・ドルトムントのブランドアンバサダーを務め、「自分の人間性を作ったのはサッカー」と豪語するほど尾形に、サッカーとの思い出を語ってもらった。

ドリブルの楽しさ"に引き込まれた

僕は宮城県の東松島で育ったのですが、野球やサッカーといったスポーツをやっている人がほぼいない田舎でした。サッカーとの出会いは小学1、2年生の時。神社の鳥居をゴールにしてボールを蹴っている年上のお兄ちゃん方がいて、彼らに誘われて仲間に入れてもらいました。そこで、お兄ちゃん達全員を抜いたんですよ。

「こんな気持ちいことってあるのか!」と感じたのを鮮明に覚えています。あまりに楽しくて、帰ってから家族に「サッカーをやりたい」と伝えました。すると父親がすぐにサッカークラブを探してくれたんです。地元の小学校のクラブは5年生からしか入れなかったのですが、少し離れた町にチームを発見して、そこに入りました。

放課後、赤いジャージに着替えてボールを持って、毎日電車で通っていました。漫画みたいな話ですけど、最前の車両から最後尾の車両までドリブルで乗車客を抜いたり、リフティングしたり、と。移動中も練習をしていて、地元では有名でした。高校生になった時に「電車でサッカーをやっていたあの子か!」と何度も言われました。

サッカーを始めた原点が"人を抜く楽しさ"だったので、小学生の時からずっとドリブラー。パスはしないで、全員抜いて自分でゴールまでボールを運んでいました。

中学も高いレベルでサッカーをしたい思っていた中、松島の学校の監督にお声がけいただき、単身で乗り込みました。中1から一人暮らしをしてたんですよ。

ただ、チームではスイーパーをやらされました。ドリブルが好きだったので前線をやりたかったのですが、後ろを任されたんです。「なんで後ろなんだよ」と思いながらプレーしていたんですけど、結果的に後々に生きました。高校に入ると自分のドリブルは通用しなくなって、ボランチに落ち着いたのですが、中学時代にポジショニングやディフェンスを学んでおいてのがここで活かされました。当時の先生には感謝ですね。でも、チームで一番点をとっていたのは僕だったんですよ!後ろからドリブルで全員抜いて、と。

そして、地元でドリブルという武器で結果を残し続けたことによって、宮城県選抜に入ることが出来ました。選抜の練習場所は仙台だったのですが、そこで大きな衝撃を受けましたね。

仙台は東北でも都会なので、かっこいいチームメイトが多かった。アシックスやプーマのジャージを着ているんですよ。僕が着ているのはノーブランドで、野球のスパイクみたいなものを履いていて。恥ずかしくなり、プレーも消極的に。劣等感があったせいで、得意なドリブルをせずにバックパスばかりで自分の特徴を全く出せない。辛い日々が続きました。

■気持ちを取り戻させた父親の一言

ある日、選抜の練習に行く途中に車の中で親父から「勘違いしていないか。お前に誰も期待していないし、お前がサッカーが上手いとかはどうでもいい。楽しくやればいいんだよ!」と言われたんです。その一言がガツーンと来て。その日の練習は吹っ切れて全員をドリブルで抜いて、レギュラーにもなりました。この経験は本当に大きかったです。大学、そして社会人までサッカーを続けられたのは親父のこの一言のおかげです。

仙台育英へ進んだのは中学校の県大会がきっかけです。結果は良くなかったのですが、当時の監督であるブラジル人のムニールさんが声をかけてくれて、育英のサッカー部に入ることが出来ました。特待生ではないのですが、優遇がとても良かったんです。合宿や練習着、1年生16人だけが行けるドイツへのサッカー留学にもお金がかかりませんでした。

6/22(月) 18:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/d2a051f1d0d179268fecd099aadb5586e6a4f950


4: 名無しさん@恐縮です 2020/06/23(火) 03:07:04.07 ID:29TU+ZYa0.net

当時の宮城県にはチームメイトだった中島浩司(ジェフユナイテッド千葉やサンフレッチェ広島に所属)や、東北高校の平間智和(横浜F・マリノスやベガルタ仙台に所属)、東北学院の千葉直樹(ベガルタ仙台などに所属)のようにすごい選手がたくさんいて。彼らを見て「ドリブルやテクニックで勝つのは無理だ」と思いました。そこで、「自分は上手い選手のサポートに回ろう」と。ドリブラーとしてのプライドを捨て、ボランチになりました。プレースタイルもファイターになって。負けず嫌いな性格も相まって、チームメイトの浩司とよくやり合ってましたね。

高校時代は選手権もインターハイもいけませんでした。印象的なのが3年生のインターハイ予選。平間擁する東北高校と決勝で当たり、引き分け。この試合、延長後半でPKを取ったのですが、チームメイトがそれを外してしまい再試合になったんです。それもまた引き分けて、最後のPK戦で負けました。本当に紙一重の差で優勝できなかったんです。サッカー人生で一番、悔しかった試合です。

中央大学は声をかけてもらい進学したのですが、高校の時以上に周りの人は上手いし、挫折をしたことがないのでプライドが高い。その中で、試合に出られないことを監督や周りのせいにする選手が多かったと思います。プライドが邪魔をするんです。


6: 名無しさん@恐縮です 2020/06/23(火) 03:07:37.20 ID:29TU+ZYa0.net

僕も最初はプロは目指していましたけど、周囲の凄さを見て諦めましたね。印象的だったのはセレッソ大阪のサテライトと試合をしたとき。当時、レギュラーだった西澤明訓(元日本代表)選手が怪我明けで、調整としてサテライトの試合に出場したんです。僕はCBで彼をマークしていたのですが、西澤さんが目の前でジャンプしたとき、僕がヘディングでも届かない高さのボールを胸でトラップしたんですよ。ジャンプが高すぎて、スパイクの裏が見えました(笑)。このとき「プロは無理だな」と思いました。本当に飛び抜けている人、どうあがいても追いつかないものを持っている人はいるんだな、と。

■ドイツでプレーしていた可能性も...

2019年からドルトムントのブランドアンバサダーをさせてもらっているのですが、サッカーの仕事がこういう形でできて嬉しく思っています。

実は先程話した高校1年生の時のドイツ遠征で、体がキレキレでドリブルもめちゃくちゃ成功していたんです。その時、ドイツのチームから「残ってください」と引き抜かれそうになったみたいなんですよ。これは後から聞いた話なのですが。だから、今回の件は不思議な縁を感じましたね。ドイツに縁があるのかな、と。


7: 名無しさん@恐縮です 2020/06/23(火) 03:07:53.31 ID:29TU+ZYa0.net

ドルトムントの試合はちゃんとチェックしてます。好きなのはサンチョやブラント。ブラントに関してはトップ下もボランチもできますし、贅沢な使い方ができる。こんな選手いるのか!と思いました。

歴代で一番好きな選手はレドンド(元アルゼンチン代表、レアル・マドリードなどに所属)です。芸人になって初めて組んだコンビ名をレドンドにするくらいくらい好きでした。ボランチですけど前のポジションもできますし、テクニックもある。アウトで持って方向転換する動作がかっこよくて、真似をしていました。今の子達にもぜひ見てほしいですね。

■将来的には指導者も

自分の人間性はサッカーが形成してくれました。将来的にはコーチのライセンスも取ろうと考えています。プロを目指す大学生や高校生に「プライドを気にするな、サッカーが好きなら楽しくやれ!」ということを伝えたいです。講演会で話もしてみたいですね。プライドがサッカーの成長を妨げていることに気づいていない人は多いと思いますし、挫折したことがない人は特にそう。大学生で初めて挫折した時に、這い上がり方をわからないということはあるのかな、と。


8: 名無しさん@恐縮です 2020/06/23(火) 03:08:05.08 ID:29TU+ZYa0.net

あと、いつか地元に戻って指導者もしたいなと考えています。すごく田舎で、サッカーを教えてもらえる環境がなかったですから。そういった地域の子どもたちに教えてあげたいな、と。

僕は毎日毎日、サッカーしかやってきませんでした。サッカーが僕の人格を作ったと言っても過言ではないです。諦めないことやパワーの出し方とかは、サッカーで培ってきました。その精神力を活かして芸人をやっています(笑)

そして、プロになることの難しさを肌で感じたので、サッカー選手を見ると「凄い...!」と思うんです。すごく尊敬しています。有名な俳優さんや歌手の方に会うよりも、サッカー選手に会ったときが1番緊張します。

彼らはいま、次の試合のため、みんなの前に出るために家で努力していると思います。次に選手たちを見た時、ファンはこれまで観戦していなかった分、感動が強くなることは間違いないです。それは楽しみにしていてもらいたいです。

あとは、今だからこそ、昔の選手の動画、例えば白黒の時のペレのスーパープレーやマラドーナの緩急あるドリブルとかを見てほしいですね。レドンドの動画も見てください、アウトでボールを持ってターンするプレーが本当に凄いので!

今でもやること、できることはたくさんあります。だから、変に悲しまないで、昔のサッカーを振り返ったりして、その時が来るのを待って欲しいですね。あとは、尾形軍団のYouTubeも見てください!

・YouTube「パンサー尾形の尾形軍団チャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UCwjidOKo0GH6fa3KyTgAS4w




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、フォーデン絶妙ミドルなど2ゴールでバーンリーに5-0大勝!アグエロが前半で負傷交代

マンチェスター・Cが5発大勝!ゴールラッシュでバーンリーを粉砕
https://news.yahoo.co.jp/articles/413db6da2069232b9b9d8ff18fc2ed49ad7a9cf1
フォーディン2020第30節ゴール.jpg


現地時間22日、イングランド・プレミアリーグ第30節が行われ、マンチェスター・シティはホームのエティハド・スタジアムにバーンリーを迎えた。

立ち上がりは両者ともに静かな立ち上がり。シティが70%のボールポゼッションで主導権を握り、バーンリーは守備を固めて迎え撃つ。シティはバーンリーの守備ブロックを揺さぶりながら、じっくりと攻めどころを窺う。

15分、大きく枠を外れたカンセロのミドルシュートがこの試合最初のシュートとなり、続く17分にはダビド・シルバのラストパスをエリア内右に走り込んだベルナルド・シウバが受ける。ややトラップがズレてからのシュートはゴール右へと外してしまう。

徐々にシティがバーンリーゴールへの圧力を強めていき、迎えた22分。右CKをショートでつなぎ、ペナルティーエリア手前で受けたフォーデンが左足を振り抜く。抑えの利いた強烈なシュートがゴール右へと突き刺さり、シティが先制に成功する。

その後もボールを支配して試合のペースを握ったシティは43分、右サイドで大きなサイドチェンジを受けたマフレズがカットイン。鋭い切り返しで対峙したDF2人を置き去りにすると、そのまま右足で逆サイドネットを揺らし、シティが追加点を挙げた。

さらに前半終了間際には、エリア内でアグエロが倒された場面がVARの結果、PKの判定に。これをマフレズがゴール左へと決め、3-0とリードを広げた。

前半だけで試合の大勢を決めたシティにとって、唯一ケチがついたのは足を痛めたアグエロがジェズスとの交代を余儀なくされたこと。それ以外はバーンリーにシュートを1本も打たせず、ほぼ完璧な内容で試合を折り返すことに成功した。

後半もシティのペースは変わらず。51分には、右のショートコーナーからフォーデンのパスをエリア内右で受けたベルナルド・シウバの折り返しをダビド・シルバが難なく沈めて4点目を挙げた。

80%ものボールポゼッションで試合を支配するシティに対し、バーンリーは攻守において圧倒され、シュートを打つことすらままならない。シティは61分、フェルナンジーニョとマフレズを下げてラポルテ、デ・ブライネを投入する。

63分にはカウンターからデ・ブライネの縦パスを右のダビド・シルバが折り返し、中央のジェズスが合わせるも横に流れてしまうが、ここに走り込んでいたフォーデンが押し込んで5-0と大きくリードを広げる。

その後もまったく手綱を緩めず、試合を支配するシティは79分、フォーデンに代えてサネを投入。シーズン直前に大ケガを負ったサネはこれが今シーズン初出場となった。

バーンリーはシュートわずか1本にとどまり、一矢報いることも叶わず。最後まで試合を支配し続けたシティが5得点で大勝した。勝利したシティは次節、敵地でチェルシーと対戦。その後、ニューカッスルとのFAカップ準々決勝を挟み、次々節にはリヴァプールとの直接対決が控えている。

■試合結果
マンチェスター・C 5-0 バーンリー

■得点者
マンチェスター・C:フォーデン(22分、63分)、マフレズ(43分、45+3分PK)、D・シルバ(51分)

BLUEMOON マンチェスターシティ 368cityzens
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1592428868/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1名古屋退団のジョー、チーム活動休止中に無断でブラジルに帰国していた(関連まとめ)

【サッカー】名古屋・ジョー、新型コロナによるチーム活動休止中に無断でブラジル帰国していた   [ニーニーφ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592783203/
ジョー振り向く.jpg

1: ニーニーφ ★ 2020/06/22(月) 08:46:43.44 ID:ljpaLHcw9.net

J1名古屋は21日、元ブラジル代表のFWジョーとの契約を解除したと発表した。 ブラジル1部のコリンチャンスが17日に獲得を発表しているが、名古屋は「契約解除の条件やプロセスでクラブと本人で見解の相違がある」として国際サッカー連盟(FIFA)の紛争解決室に仲裁を依頼した。 名古屋の関係者によると、4月に新型コロナウイルスの影響でチーム活動が休止となった後、ジョーはクラブに無断で家族のいるブラジルに帰国した。

日本への再入国が制限される中、リーグ再開に間に合わない可能性のある帰国を重くみた名古屋はその後、ジョーに契約解除を伝えた。 年俸の扱いなど金銭を巡って両者の間に隔たりがあるとみられる。

ジョーは2018年にコリンチャンスから名古屋に移籍。加入1年目にJ133試合に出場し24得点で得点王となった。 昨季はけがもあり32試合6得点だった。 契約最終年で3年目の今季は左膝の痛みを訴えて開幕前のキャンプに参加しておらず、フィッカデンティ監督の構想外となっていた。

https://www.chunichi.co.jp/article/76511
引用元:中日新聞




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、C・ロナウドとマッチアップし奮闘!ユベントスはボローニャに2-0快勝し首位キープ(関連まとめ)

【サッカー】冨安健洋がC・ロナウドとマッチアップ! ユーベがC・ロナウド&ディバラ弾で首位キープ!《セリエA》 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1592862720/
冨安Cロナウド背負う.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/06/23(火) 06:52:00.28 ID:ukmWOprs9.net

セリエA第27節、ボローニャvsユベントスが22日に行われ、0-2でユベントスが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。

中断前、1分け2敗と3戦勝利のなかった10位ボローニャ(勝ち点34)は、今季のユベントスとの1stマッチを負傷欠場していた冨安が[4-2-3-1]の右サイドバックで先発となった。

一方、再開後のコッパ・イタリア2試合で低調な試合を演じ、ナポリ相手に優勝を逃した首位ユベントス(勝ち点63)は、2位ラツィオに1ポイント差とされている中、ナポリ戦で負傷したアレックス・サンドロが欠場。3トップは右からベルナルデスキ、ディバラ、C・ロナウドで形成した。

冨安がC・ロナウドとマッチアップした中、まずはユベントスに決定機。7分、ボックス左から中に切れ込んだC・ロナウドがオンターゲットのシュートを放ったが、GKスコルプスキの好守に阻まれた。

オープンな立ち上がりとなった中、ユベントスは21分にPKを獲得する。左CKの流れでデ・リフトがデンスウィルに倒され、VARの末にPKとなった。このPKをC・ロナウドが決めてユベントスが先制した。

先制後はユベントスが敵陣でのプレーを増やした中、36分に加点する。ベルナルデスキのパスを受けたペナルティアーク中央のディバラが左足を一閃。パーフェクトなシュートがゴール左上に突き刺さった。

ユベントスが2点をリードして迎えた後半、開始7分に決定機。冨安の背後でスルーパスを受けたボックス左のC・ロナウドがシュートに持ち込むも枠を捉えきれなかった。

1分後にもベルナルデスキのミドルシュートが左ポストに直撃したユベントスは、65分に負傷したデ・シリオに代えてダニーロを投入。

前がかるボローニャに対し、終盤にかけては守備に徹したユベントスがダニーロの退場があったものの、シャットアウト。リーグ再開初戦を制し首位をキープしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/074fab93d66108be3743823d350ef98b786df8ab



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:45 | 大阪 | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)