アンテナ・まとめ RSS

久保建英、期待の若手選手ランキングで「ティア4」の評価!英メディアの動画で選出「マジョルカで大きな輝きを放っている」(関連まとめ)

【サッカー】久保建英は「ティア4」 英選出“期待の若手ランク”入り「マジョルカで大きな輝き」 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1594730038/
久保ドリブルマジョルカ.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/07/14(火) 21:33:58.31 ID:4p5873K79.net

怪物ハーランドらとともに英メディアが注目「ドリブル成功数も多い」
 海外サッカー、スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英。リーガ・エスパニョーラで非凡な才能を見せつける19歳は、他国の期待の若手とも比肩する存在と評価されているようだ。ドルトムントのFWアーリング・ハーランドらとともに、英メディアが格付けしたランキングに登場。ティア4に分類され、「マジョルカで大きな輝きを放っている」と報じられている。

 久保ら期待の若手をランク付けしたのは、英サッカー専門メディア「フットボール・デイリー」のYouTubeチャンネルだった。司会を務めるジョー・ソムリンソン氏が、14選手を5つのティア(段階)で分類。怪物ハーランドやバイエルンのMFアルフォンソ・デイヴィスらが最高評価のティア1に入る中、久保はティア4に名前があげられている。

 ソムリンソン氏は動画内で、「クボはまだ19歳ですが、レンタル先のマジョルカで大きな輝きを放っています。4ゴール4アシスト、ドリブル成功数も多い」と評価している。

 しかし一方で、まだレンタル元のレアル・マドリードで成績を残していないことを理由に「ティア2や3の選手のレベルにまでは達していないのではないでしょうか」とも言及されている。

上位のティアに分類すべきとの声も「センセーショナルな活躍を見せている」
 英メディア「ギブミースポーツ」は、ソムリンソン氏のランク付けを記事で紹介。久保の評価については、もっと上のティアに分類されるべきだと伝えている。

「ここ最近のパフォーマンスに基づけば、タケフサ・クボを少なくともティア3にランクさせるべきだという議論になるだろう。レアル・マドリードからマジョルカへレンタルされている日本の攻撃的MFは今季、時折ではあるがセンセーショナルな活躍を見せている」

 いずれにしても、久保の実力は英国でも注目されているようだ。なお、ソムリンソン氏のランク付けは以下の通り。

◇ティア1
 ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
 アルフォンソ・デイヴィス(バイエルン)
 アーリング・ハーランド(ドルトムント)

◇ティア2
 フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)
 メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)

◇ティア3
 ブカヨ・サカ(アーセナル)
 アンス・ファティ(バルセロナ)
 ロドリゴ(レアル・マドリード)
 ガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル)

◇ティア4
 エドゥアルド・カマヴィンガ(レンヌ)
 デヤン・クルゼフスキ(パルマ)
 久保建英(マジョルカ)
 ウィリアン・サリバ(アーセナル)

◇ティア5
 ドワイト・マクニール(バーンリー)

https://news.yahoo.co.jp/articles/89961f187a51cd1943caf7557fd9f5abeb93aa9f



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、パルマ戦失点に絡むも伊紙で及第点「6」の評価「冷静に注意深くプレーしていたが、同点弾は冨安のミスだった」(関連まとめ)

【サッカー】冨安、“本職”センターバックで好プレーも終盤に失点関与 伊紙「冨安のミスだった」 [数の子★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1594713759/
冨安2020第32節02.jpg
1: 数の子 ★ 2020/07/14(火) 17:02:39.59 ID:nszwI2bz9.net

セリエA第32節が12日に実施され、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャはパルマと対戦した。この試合について、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が選手評価を発表している。

 この試合も、冨安は右サイドバックで先発出場。試合は開始早々、DFダニーロ・ラランジェイラのゴールでボローニャが先制点を手にする。そして16分には冨安が右サイドを突破。深い位置からクロスを送ると、受けたMFロベルト・ソリアーノが得点しボローニャが2点目を奪取。冨安は今季3アシスト目を記録した。

 しかし前半終了間際、ボローニャはセンターバックの一角マッティア・バーニが足を負傷。交代でDFイブラヒマ・エムバイェが右サイドバックに投入され、冨安がセンターバックに回った。

 後半、ボローニャは安定した試合運びを見せ、冨安も“本職”センターバックで上々のプレーを披露。試合はこのままボローニャが勝利するかと思われた。しかしアディショナルタイムに1点を失うと、ラストプレーで冨安が痛恨のプレー。パルマDFリッカルド・ガリオーロがクロスを供給すると、冨安は中央でFWロベルト・イングレーゼと競り合う。イングレーゼの寄せに冨安はバランスを失ってしまい、同選手にゴールを決められてしまう。ボローニャは土壇場で同点に追いつかれた。試合はそのまま終了し、ボローニャは勝ち点2が指先からこぼれ落ちる結果となった。

『ガゼッタ』紙は試合を通じての冨安のパフォーマンスを評価し、採点は「6」とした。しかし、終了間際の失点には言及し、「積極的でタイミングのいい攻撃参加。途中からセンターバックにポジションを移し、冷静で、注意深くプレーした。ただ、2−2の同点弾は冨安のミスだった」と寸評を記した。

 なお、ボローニャ内での最高評価はMFガリー・メデルの「7」。パルマではイングレーゼの「5.5」が最高点となっている。

 ボローニャは次節、15日にホームでナポリとの一戦を迎える。
SOCCER KING

https://news.yahoo.co.jp/articles/3b274326f5bc17362862a830660cf8d018c1867a



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラン、スソを移籍金29億円で売却へ!セビージャがCL出場権確保でスソの買い取り義務発生(関連まとめ)

ミランが移籍金29億円を獲得へ。セビージャがCL出場権獲得でスソの買い取り義務発生
https://news.yahoo.co.jp/articles/3ef1c67059f4cc08ed78941438d9e1c412b0fb01
スソセビージャ.jpg


 ミランからの期限付き移籍で加入している26歳のスペイン代表MFスソがセビージャへ完全移籍することになった。13日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 今年1月に半年間の期限付きでミランからセビージャへ移籍したスソ。加入後にリーガエスパニョーラでは15試合に出場し1得点1アシスト、ヨーロッパリーグでは2試合に出場している。

 同メディアによると、セビージャが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したため、スソの買い取り義務が発生したという。完全移籍に伴いセビージャは2400万ユーロ(約29億2000万円)を支払うことになるようだ。

■□■□╋ AC MILAN パート744☆
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1594624419/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIFA、新潟FWホニの契約解除問題で裁定!ホニ側に移籍禁止や賠償金の支払いの処分下す(関連まとめ)

元アルビレックス新潟FWホニ、契約解除問題でFIFAから裁定。移籍禁止や賠償金の支払いなど
https://news.yahoo.co.jp/articles/3d8e4674eea093cc4d53b73598a20e0d0eea714e

ホニ新潟.jpg

 J2のアルビレックス新潟は14日、2018年9月に契約を解除したブラジル人FWホニに対して国際サッカー連盟(FIFA)から裁定が下ったことを発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

 2017年2月にクルゼイロから期限付き移籍で新潟に加入したホニ。新潟はその年にJ2に降格する結果となったが、ホニはチーム最多の7ゴールを挙げる活躍を見せていた。そして翌年年3月に新潟がホニを登録選手に加えたことをJリーグから発表されていた。しかし、ホニは「契約期間中に一方的な理由で契約解除」を新潟に申し出てブラジルへ帰国。新潟と契約期間中であったにも関わらず、ブラジルのアトレチコ・パラナエンセと契約に至った。

 これに関して新潟は2019年3月にFIFAへ提訴。そして、FIFAからパラナエンセとホニに対しての処分が下された。新潟の発表によると、ホニへの処分は「ホニ選手に対する4か月間の移籍の禁止」、「CAP(パラナエンセ)に対する今後2回の移籍ウィンドーにおける、新規選手登録の禁止」、「両者に対して、当クラブへの賠償金の支払い」であるという。

 また、新潟は「本裁定を受けまして臨時取締役会を開催(開催日未定)し、今後の対応を検討する意向です」と発表している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13065
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1594650589/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、今夏大型補強へ!CL出場可となりクリバリ、アラバなど獲得に200億円投入か

CL出場停止撤回のシティ、今夏大型補強へ “大物”獲得に200億円投入と英紙報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/e6b6a7d7b09775dd5c9481378ae6027b456924a0
ペップクリバリアラバ.jpg

CASの処分撤回が決定、守備陣強化へアラバ、クリバリの獲得に動く可能性を英紙指摘

 マンチェスター・シティは現地時間13日にUEFAから科されていた2年間のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場停止処分が撤回された。これを受け、今夏は予算1億5000万ポンド(約202億円)を投じた大型補強に動く可能性があると、英紙「ガーディアン」が報じている。

 シティは今年2月にファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に関する違反で2年間のUEFA主催大会出場の禁止処分が言い渡された。シティは処分を不服としてCAS(スポーツ仲裁裁判所)へ提訴。そして13日、CASはシティの主張を認めて、処分の撤回を決定した。

 これでシティは来季以降もCL出場が可能となった。また罰金処分も当初の3000万ユーロ(約37億円)から1000万ユーロ(約12億円)に減額。およそ選手1人の年俸に相当する罰金の軽減も助けとなり、CL出場禁止から一転して今夏に大型補強の可能性が浮上している。

 ガーディアン紙は「ペップ・グアルディオラはスカッドを補強するために1億5000万ポンドを手にする」と報じた。今季のチームのアキレス腱とされていた守備陣強化のためにセンターバックと左サイドバックの補強に動くと指摘されている。

 ターゲットして名前が挙がっているのはバイエルン・ミュンヘンのオーストリア代表DFダビド・アラバと、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリの大物2人だ。さらに来夏に退団の可能性があるアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに代わるストライカー補強の可能性もあるという。

 今回の処分撤回を受けてFFPルールそのものが機能していていないと批判も噴出しているが、チャンスを手にしたシティは嬉々として移籍市場に乗り込む構えのようだ。

BLUEMOON マンチェスターシティ 369cityzens
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1593969813/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(33) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あのブラジル人Jリーガーは今 ビスマルク「これからも大好きな日本との縁を大切にしたい」

【サッカー】<あのブラジル人J戦士のいま【第1回】ビスマルク>「これからも大好きな日本との縁を大切にしたい」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1594600199/
ビスマルクヴェルディ.jpg
1: Egg ★ 2020/07/13(月) 09:29:59.53 ID:aDOPENBl9.net

フットボール王国のエリートコースを歩んだ
https://amd.c.yimg.jp/im_siggMsW7PVt_kNMxRUU3kVTUwQ---x640-y514-q90-exp3h-pril/amd/20200713-00076186-sdigestw-000-4-view.jpg


93年の第2ステージからヴェルディに加入したビスマルク。黄金時代を築き上げた。(C)SOCCER DIGEST

 Jリーグ創成記に眩いばかりの輝きを放った超大物ブラジル人選手。もしビスマルクが日本へ来ていなければ、Jリーグの最初の9年間の歴史は違っていたかもしれない。

 精巧なテクニックの持ち主で、ほとんどミスをしない。派手さはないが、状況判断が素晴らしく、常に最適のプレーをやってのけた。勝負強さも群を抜いていた。

 カリオカ(リオっ子)だが、ブラジル人の一般的なイメージとは正反対で、生真面目で物静か。

 敬虔なクリスチャンで、得点後、跪いて眉の間を右手でつまんで神に祈りを捧げるポーズが一世を風靡した(本人は、「点を取ったことにではなく、神様に日本という素晴らしい国でプレーする機会を与えてもらえたことへの感謝だった」と打ち明ける)。

 8歳の時、リオの名門ヴァスコ・ダ・ガマの下部組織に入り、16歳にしてトップチームからデビュー。あのロマリオとも一緒にプレーした。1989年のワールドユースでMVPに選ばれ、1990年ワールドカップに20歳で招集される、というフットボール王国のエリートコースを歩んだ。

 ヴァスコで5年間プレーした後、新たな挑戦をしたいと考え、Jリーグが開幕した1993年、23歳の若さでヴェルディ川崎へ。三浦知良、ラモス瑠偉、武田修宏らと創造性豊かな攻撃陣を構成し、、二年連続でJリーグとナビスコ杯の二冠を達成。黄金時代を築いた。
 
 1997年に“宿敵”鹿島アントラーズへ移籍すると、今度は小笠原満男、本山雅志、中田浩二らと共に5シーズンで3度、J王者に輝く。2000年には、Jリーグ、ナビスコ杯、天皇杯の三冠達成という初の偉業を成し遂げた。

 2003年、ヴィッセル神戸を最後に引退すると、ブラジル有数の敏腕代理人と共同で代理人事務所を設立。リオとポルトアレグレにオフィスがあり、約60人の選手を日本、中国、欧州各国など約10カ国に送り込んで、忙しい日々を過ごしている。

 日本には、2005年にFWアレックス・ミネイロを古巣の鹿島へ、2019年に右SBマギーニョを川崎フロンターレ(今季から横浜FC)へ送った。

 引退後、代理人になることは現役時代から考えていたという。

「指導者になることは考えなかった。数十人の選手を管理し、クラブ関係者、メディア、サポーターらと良い関係を築かなければならないし、常に勝利を求められることは大変なプレッシャーだからね。

 選手時代、僕は代理人がいなくて苦労したので、かつての自分のような選手を助けてあげたいと考えた。代理人には色々なタイプがいるが、自分はあくまでも誠実に仕事をするのがモットー。誰に対しても決して嘘をつかず、約束は必ず守る。これは僕の父親の教えでもある」

つづく

サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e7c16cae5f2e05f5a1b797b07f87c228c6aefc0


2: 名無しさん@恐縮です 2020/07/13(月) 09:30:48.41 ID:aDOPENBl0.net

「これからも大好きな日本との縁を大切にしたい」
ビスマルク鹿島.jpg

この仕事の醍醐味については、「才能がある選手を発掘し、その成長を助けて、成功に導くところ。選手が活躍したら、クラブとサポーターにも感謝してもらえるのも大きな喜びだ」と説明する。

 そして、選手が外国で成功するための条件として、「技術、フィジカル能力、戦術的な柔軟性はもちろんだけど、その国の人々、文化、フットボールのスタイルを尊重し、チームと監督にとって役に立つ選手になること」を挙げる。

「これまで、主にブラジル人選手を外国のクラブへ移籍させてきた。今後は、日本人選手を欧州クラブへ送り込む手助けもしたい。

 また、近年、ブラジルの大学などで、『世界のフットボール』などをテーマに講演を行なっている。今後、日本の大学や高校などでも同様の話をして、日本の若者たちに世界と世界のフットボールへの目を開かせてあげたい」

 毎年、何度か日本を訪れているそうで、「これからも大好きな日本との縁を大切にしたい」と語る。  

 選手時代はほっそりして精悍な顔つきだったが、現在はかなりふくよかな風貌に変わった。しかし、フットボールへの情熱は若い頃も50歳になった今も全く変わっていない。




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、W杯アジア人選手のベストゴール最終候補に、唯一2つのゴールが選ばれる

【サッカー】<本田圭佑>「さすが“W杯男”!アジア人選手でただ1人の..」W杯におけるアジア人選手のベストゴール」を決める投票 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1594686782/
本田圭佑デンマーク戦FK.jpg

1: Egg ★ 2020/07/14(火) 09:33:02.59 ID:QBSyHRhD9.net

アジアサッカー連盟(AFC)が公式サイトで「FIFAワールドカップにおけるアジア人選手のベストゴール」を決める投票を行っている。最終候補として10個のゴールを挙げ、その中でMF本田圭佑(ボタフォゴ)が唯一、2つのゴールがノミネートされた。

 1つ目は、2010年南アフリカ大会のグループリーグ第3戦のデンマーク戦(○3-1)で決めた無回転の直接FK。「全盛期の選手による、大胆で壮大な一撃。誰もが得点を狙うことすらしなかったであろう位置から、本田は簡単に得点できるように見せた」と評価されている。

 2つ目にノミネートされたのは、2014年ブラジル大会のグループリーグ初戦のコートジボワール戦(●1-2)で決めた左足の強烈なシュートだ。AFCは「4年前のデンマーク戦のFKとは全く違っていたが、それと同じくらい素晴らしかった」と紹介した。

 本田は続く2018年ロシア大会でもメンバーに選ばれ、3試合に途中出場。グループリーグ初戦のコロンビア戦(○2-1)でCKからFW大迫勇也の決勝ゴールを演出し、アジア人初となるW杯3大会連続アシストを記録した。さらに第2戦のセネガル戦(△2-2)では貴重な同点弾を奪い、日本人初のW杯3大会連続ゴールを達成。W杯通算4ゴール目でアジア人の大会最多得点も更新するなど、“W杯男”ぶりを発揮した。

 そのほか最終候補には、元オーストラリア代表FWのティム・ケーヒル氏が2014年ブラジル大会のオランダ戦で決めたボレー弾、韓国代表FWソン・フンミン(トッテナム)が2018年ロシア大会のメキシコ戦で決めた左足のミドルシュートなどがノミネート。投票の締め切りは17日となっている。

7/14(火) 8:29 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4ef5993a7b6c83e6ee97aeb83149e82255d122a



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、サウサンプトンと痛恨ドローで3位浮上逃す…一時逆転も2人負傷し10人となり後半ATで失点許す

一時逆転のユナイテッド、3位浮上のチャンス逃す 終了間際被弾でドロー《プレミアリーグ》
https://news.yahoo.co.jp/articles/31dccb60450b9ed7f846fabe8713c5cf6dfe757e
マンU2020第35節失点.jpg

マンチェスター・ユナイテッドは13日、プレミアリーグ第35節でサウサンプトンをホームに迎え、2-2で引き分けた。

前節アストン・ビラ戦を3-0と快勝して4連勝とし、勝利すればチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位浮上となるユナイテッド(勝ち点58)は、リーグ戦ここ4試合同様のスタメンで臨んだ。

ここ3試合2勝1分けの12位サウサンプトン(勝ち点44)に対し、ユナイテッドは10分に決定機。ウォード=プラウズのボールロストを突いたマルシャルが独走。しかし、GKマッカーシーとの一対一をセーブされた。

すると2分後、失点する。ポグバの自陣でのボールロストから、ボックス左に侵入したレドモンドのクロスをファーサイドで受けたアームストロングにネットを揺らされた。

それでも20分に追いつく。ポグバの右サイドからのアーリークロスをゴール前のマルシャルがキープして落とし、ボックス左のラッシュフォードが左足で蹴り込んだ。

さらに3分後、ブルーノ・フェルナンデスのパスを左サイドで受けたマルシャルがカットインからボックス左へ侵入。豪快にゴール左上へ蹴り込み、ユナイテッドが一気に逆転に成功した。

逆転後はユナイテッドがボールを保持し、試合をコントロール。前半を1点リードして終えた。

迎えた後半もユナイテッドが押し込む中、ラッシュフォードのミドルシュートなどで3点目に迫るも、75分にハムストリングを負傷したショーがプレー続行不可能となってピッチを後に。

86分にはボックス左からレドモンドに際どいシュートを打たれたが、ここはGKデ・ヘアがファインセーブで阻止。試合終了間際にはウィリアムズが負傷するアクシデントがあった中、このまま逃げ切るかと思われたが、追加タイム6分に落とし穴。

左CKからニアサイドのベドナレクにヘッドで逸らされ、ファーサイドのオバフェミに押し込まれた。勝ち点1獲得に留まったユナイテッドは3位浮上のチャンスを逸し、CL圏外の5位のままとなっている。


† Red Devils Manchester United 1449 †
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1594673106/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、メンディ天井突き刺す快速ゴラッソ弾&ベンゼマ絶妙ゴールでグラナダに2-1快勝!リーグ優勝に王手!

レアル・マドリーが前半に芸術的攻撃、後半に泥臭い守備を見せてグラナダに勝利!次節勝利で2季ぶりVが決定
https://news.yahoo.co.jp/articles/879446d77d99df0f0b6fd95a1551c7233261b371
メンディ2020第36節ゴール.jpg

13日のラ・リーガ第36節、レアル・マドリーは敵地ロス・カルメネスでのグラナダ戦に2-1で勝利した。

ラ・リーガ再開から怒涛の8戦全勝を記録し、2シーズンぶりの優勝に迫るマドリー。ジダン監督はこのグラナダ戦で久しぶりに中盤に5枚を置く4-5-1システムを採用し、GKクルトワ、DFカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、メンディ、MFカセミロ、バルベルデ、モドリッチ、クロース、イスコ、FWベンゼマをスタメンとしている。

スーペル・コパのバレンシア戦で衝撃を与え、その後には機能しない試合もあった同システムだが、この試合の前半にはしっかりとはまった。マドリーは、グラナダを言葉通り圧倒する。モドリッチを王とする中盤(+ベンゼマ)は有機的に動き回って相手のマークをずらし、個人技で意表を突き、5バックを敷いた相手を翻弄していった。

マドリーの先制点は時間の問題だった。決めたのはメンディ、いや、ロベルト・カルロス2世と言うべきか。10分、ペナルティーエリア手前でボールを持ったメンディは、マークにつくビクトール・ディアスと睨み合ったと思いきや、突如として縦に一気に加速。強烈なスピードでグラナダDFを振り切ると、角度のないところから左足のシュートを突き刺した。

マドリーの勢いは先制後も収まらない。今季の特徴である堅守はそのままに、有機的な連係による攻撃を繰り返した。そうして16分、ベンゼマの今季ラ・リーガ19点目が決まる。マドリーはカセミロの自陣でのボール奪取からカウンターを開始。イスコがヒールパスでモドリッチにつなぎ、モドリッチからパスを受けてペナルティーエリア内右に入り込んだフランス代表FWが、V・ディアスを翻弄する巧みなステップから右足のシュートでネットを揺らした。

ここに来て今季最高レベルのパフォーマンスを披露したマドリーだが、後半には失速。前半の給水タイムから4バックに変更して、前線からプレッシングを仕掛けるようになったグラナダ相手にビルドアップを阻害され、51分には1点を返される。中盤でカセミロがボールを奪われ、マチスにGKクルトワの股を抜くシュートを決められてしまった。

その後、グラナダにボールを保持される状況を受けたジダン監督は、イスコ&バルベルデとの交代でロドリゴ&アセンシオをピッチに立たせる。しかしながら前半にはがっちりはまっていたギアを再び噛み合わせることはできず、以降もグラナダの攻勢にさらされることになった。しかしながら86分にS・ラモスがゴールライン際でグラナダのシュートをクリアするなど、同点に追いつかれる最後の一線を泥臭い守備で越えさせず、ロス・カルメネスから何とか勝ち点3を持ち帰ることに成功している。

9連勝の首位レアル・マドリーは2位バルセロナとの勝ち点4差を維持。次節、ホームでのビジャレアル戦で勝利を収めれば、バルセロナの結果に関係なく優勝を決めることができる。

【スコア】
グラナダ 1−2 レアル・マドリード

【得点者】
0−1 10分 フェルランド・メンディ(レアル・マドリード)
0−2 16分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
1−2 50分 ダルウィン・マチス(グラナダ)

◆◇El Blanco Real Madrid 1063◇◆
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1594416617/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:29 | 大阪 ☔ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪FW唐山翔自(17)、U-19日本代表候補合宿をチーム事情により不参加(関連まとめ)

G大阪FW唐山翔自がU19代表候補合宿不参加
https://news.yahoo.co.jp/articles/ce5e332822570d9844f35e89dd0c5e1545312f6b
唐山2020G大阪.jpg

日本サッカー協会は13日、U−19日本代表候補合宿(11日〜15日、千葉)に招集されていたガンバ大阪FW唐山翔自(17)が、所属チームの事情により不参加になったと発表した。追加の選手招集はないという。

同世代は21年のU−20ワールドカップ(W杯)インドネシア大会や24年パリオリンピック(五輪)への出場を目指す“パリ世代”で、現在は10月にウズベキスタンで開催予定のU−19アジア選手権に向けてトレーニングしている。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13063
https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1594563975/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)