アンテナ・まとめ RSS

【珍試合】マンU、試合終了ホイッスル後に再開し勝利するまさかの展開に…ブルーノ劇的PK弾でブライトンに3-2辛勝!5度のポスト・バー直撃に救われる

試合終了ホイッスル後に再開する珍事…5度ポストとバーに救われたマンチェスター・Uが劇的な初勝利
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f4b1717777da9f1567f8f58b882f80b16c20da5
ブルーノ20-21第3節ゴール.jpg


マンチェスター・ユナイテッドは26日、プレミアリーグ第3節でブライトン・ホーヴ・アルビオンとのアウェー戦に臨んだ。

今季初戦のクリスタル・パレス戦で1-3と躓いたユナイテッド。スールシャール監督は、その試合からフォス・メンサーとマクトミネイ、ダニエル・ジェームズに代えてワン=ビサカとマティッチ、グリーンウッドを起用する3点を変更して試合に臨んだ。

前半はブライトンが効率よくチャンスを作り続ける。9分にトロサールがペナルティアーク付近からポスト直撃のシュートを放つと、21分にも決定機。再びミドルレンジからゴールを狙ったトロサールのシュートが今度は右ポストに直撃する。さらに30分にもボックス右奥からモペイが入れたクロスに正面のウェブスターが合わせると、このヘディングシュートがバーに阻まれる。

枠に阻まれ続けたブライトンだが、40分には先制する。ボックス右で仕掛けたランプティが後方からブルーノ・フェルナンデスに倒されてPKを獲得。このPKをモペイがGKデ・ヘアのタイミングをずらすキックで冷静に決めて先手を取る。

それでも、43分にはユナイテッドがワンチャンスを活かして追いつく。左サイドからブルーノが入れたFKをファーのマティッチが折り返すと、これが正面のダンクに当たってゴールイン。相手のオウンゴールで、ユナイテッドが1-1とした。

迎えた後半序盤、ポグバのPK献上とラッシュフォードのゴールがいずれもVARで取り消しになった中、勝ち越したのはユナイテッドだった。55分、ブルーノの素晴らしいスルーパスから左サイドで抜け出したラッシュフォードがボックス内に侵入。DFを見事なフェイントで巧みにかわし、最後は左足でネットを揺らして2-1とした。

それでも、ブライトンは気落ちせずにすぐさま反撃に出る。60分には右サイドから中央へと完全に崩して、最後はゴールエリア左付近のマーチがシュート。しかし、ここも右ポストに弾かれる。さらに76分にはトロサールのシュートがこの日自身3度目、チーム5度目の枠に嫌われる。

その後、バイリーを投入して守備を固めたユナイテッドだが、ブライトンに主導権を握られる。するとアディショナルタイム5分、右サイドのクロスからファーのマーチに決められて失点。土壇場で2−2とされてしまう。

そして、試合終了のホイッスルが鳴る。しかし、マンチェスター・Uのラストプレーでマグワイアのヘディングがモペイの手に当たっていたことがVARで確認され、再び試合が続いてPK判定に。このPKをブルーノが決めたユナイテッドが、5度にわたって枠に助けられながら劇的な試合をモノにして、今季リーグ戦初白星を手にした。

■試合結果
ブライトン 2-3 マンチェスター・ユナイテッド

■得点者
ブライトン:モペイ(40分)、マーチ(90+5分)
マンチェスター・U:OG(43分)、ラッシュフォード(55分)、ブルーノ・フェルナンデス(90+10分)

† Red Devils Manchester United 1471 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1601122206/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:12 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸、イニエスタ3得点演出・古橋2戦連続2ゴールなど札幌に4-0完勝!三浦監督初陣を勝利で飾る J1第19節(関連まとめ)

【サッカー】J1第19節土曜夜2 神戸×札幌 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601121569/
古橋2020第19節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/09/26(土) 20:59:29.95 ID:CAP_USER9.net

神戸 4−0 札幌
[得点者]
19'古橋 亨梧 (神戸)
45'郷家 友太 (神戸)
62'古橋 亨梧 (神戸)
90'小田 裕太郎(神戸)

スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
入場者数:5,335人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/092627/live#live



J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


5: 久太郎 ★ 2020/09/26(土) 21:00:30.78 ID:CAP_USER9.net

>>1
イニエスタが3ゴール演出! 三浦新体制の神戸が4-0快勝で2連勝、古橋は2戦連続の2得点

 ヴィッセル神戸は26日、J1リーグ第19節で北海道コンサドーレ札幌をホームに迎え4-0で勝利。三浦淳寛新監督の就任初戦を白星で飾り、2連勝を果たした。

 21日にトルステン・フィンク監督の電撃退任とコーチ3人の契約解除を発表した神戸は、マルコス・ビベス・アシスタントコーチが暫定で指揮を執ったなか、前節のサガン鳥栖戦に4-3で競り勝ち、8試合ぶりの勝利を収めた。そして24日には、強化責任者のスポーツダイレクターを務めていた三浦氏の新監督就任を発表し、ホームでの札幌戦を迎えた。

 試合は前半19分に動く。4試合連続のスタメン出場となった元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、敵陣左サイドで元日本代表DF酒井高徳にパス。リターンを受けると今度はダイレクトで酒井にスルーパスを通すと、折り返しから最後は日本代表FW古橋亨梧がきっちりと決めて神戸が先制した。

 さらに同45分、再びイニエスタがゴールを演出する。ハーフウェーライン手前でこぼれ球を拾ったイニエスタは、ワントラップ後にすぐさま右足で約40メートルのスルーパスを供給。これに反応した古橋はシュートモーションに入ろうとするが、相手DFに阻まれてしまう。しかし、そのこぼれ球を後方から詰めたMF郷家友太がダイレクトで右足を一閃し、ゴールネットを揺らした。

 2-0で試合を折り返すと、後半14分にはCKから相手に決定的なシュートを許すも、クロスバーを直撃し辛くも失点を免れる。前がかりになって波状攻撃を仕掛ける相手に対し、その隙を突いたのは三たびイニエスタだった。

 同17分、自陣ペナルティーエリア外でクリアボールを拾ったイニエスタは、トラップするやいなや左足で左サイド前方にロングパスを送ると、フリーで待ち構えていた古橋が独走。最後は相手GKの股を抜いて決定的な3点目を奪った。これで古橋は2試合連続の2ゴールで、二桁得点となる今季10ゴールとした。

 試合はその後、同45分に途中出場のMF小田裕太郎が追加点を決めて4-0で終了。イニエスタが3得点に絡み、守備面でも第6節のセレッソ大阪戦(0-0)以来、リーグ戦15試合ぶりの無失点に抑えて、神戸が三浦新体制の初陣を会心の勝利で飾った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e7443fa4e4273760436b823d2d8b74866310482



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:01 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜FC、元浦和ユース松尾佑介「恩返し弾」2発で浦和に2-0快勝!3試合ぶり勝利 J1第19節(関連まとめ)

【サッカー】J1第19節土曜夜 浦和×横浜FC 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601117905/
松尾2020第19節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/09/26(土) 19:58:25.18 ID:CAP_USER9.net

浦和 0−2 横浜FC
[得点者]
16'松尾 佑介(横浜FC)
35'松尾 佑介(横浜FC)
スタジアム:埼玉スタジアム2002
入場者数:6,401人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/092623/live#live



J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


8: 久太郎 ★ 2020/09/26(土) 20:00:44.16 ID:CAP_USER9.net

>>1
松尾佑介が“恩返し弾”2発!! 浦和に完封勝利の横浜FC、3試合ぶり白星

[9.26 J1リーグ第19節 浦和0-2横浜FC 埼玉]

 J1リーグは26日、第19節を開催し、埼玉スタジアムでは浦和レッズと横浜FCが対戦。前半16分と同35分にMF松尾佑介がゴールを奪って2点をリードした横浜FCが、そのまま逃げ切って2-0の完封勝利を収め、3試合ぶりの白星を獲得した。

 ホームの浦和は9月23日の前節・清水戦(○2-1)から先発5人を入れ替え、FW杉本健勇、MF関根貴大、MFエヴェルトン、MF柏木陽介、DFトーマス・デンらを先発起用。一方、2連敗中の横浜は前節・川崎F戦(●2-3)から松尾、DF小林友希、GK六反勇治を除くフィールドプレーヤー8人を入れ替え、この一戦を迎えた。

 前半12分にゴールに迫ったのは横浜FC。松尾とのパス交換からMF安永玲央がPA外から放った鋭いシュートはポストを叩いてしまう。しかし、同16分に横浜FCが先制に成功する。GK西川周作のパスをカットしたMF手塚康平が松尾につなぐと、松尾がPA外から鮮やかな右足シュートを突き刺してスコアを1-0とした。

 浦和の下部組織で育ち、大槻毅監督から指導を受けた松尾の“恩返し弾”で先制すると、前半35分には再び松尾がネットを揺らす。MFレアンドロ・ドミンゲスが自陣から送ったスルーパスで最終ライン裏を突いてPA内に侵入すると、狙いすました右足のシュートでゴールを陥れ、横浜FCがリードを2点差に広げた。

 2-0と横浜FCがリードしたまま後半を迎えると、2点のビハインドを背負う浦和はMF汰木康也とDF宇賀神友弥を投入。さらに同14分にはFW興梠慎三をピッチへと送り込み、状況を打開しようと試みる。同26分には右サイドから関根が送ったクロスを興梠が落とし、反応したFWレオナルドがループ気味に狙うもボールは枠上に外れた。

 さらに後半34分には、柏木の縦パスをレオナルドがワンタッチではたき、PA内に侵入した興梠が左足シュートを放つがGK六反勇治の守備範囲に飛んでしまうなど、浦和にゴールは生まれず。逃げ切った横浜FCが2-0の完封勝利を収めた

https://news.yahoo.co.jp/articles/9203bc45ecc50faf819d2db939d9f04aa9a9dbfe



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、リヨンMFアワール獲得に前進!本人と個人合意しクラブ間交渉

アーセナル、リヨンMF獲得に前進? 選手とは合意済みとも…
https://news.yahoo.co.jp/articles/96b1d5aff885d77511bcf9ccaa41332d747bfc60
アワールアーセナル噂02.jpg

アーセナルがリヨンのMFフセム・アワールの獲得に近づいているようだ。フランス『テレフット』の報道をもとに英『デイリー・メール』が伝えている。

 22歳のアワールは、昨季のチャンピオンズリーグで活躍し、大きな注目を集めた。中でもアーセナルは同選手の獲得に熱心だと言われている。

 報道によると、アワールはアーセナルと合意済み。クラブ間の話し合いがまとまれば、移籍が成立するという。

 アワールに対してはユベントスやバルセロナも関心を示していたが、正式なオファーは届いていない。そこで、アーセナルとの交渉が進むとみられている。

 ただし、リヨンのジャン・ミシェル=オラス会長は、「フセムは我々とともにいることがベストだ」と話しており、クラブ間の交渉は一筋縄ではいかないかもしれない。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1533】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1600891167/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカーはコロナ後も「5人交代制」を継続すべきか?交代枠が増えたことで、試合は間違いなく変化に富んで面白くなった

【サッカー】<コロナ後も『5人交代制』は継続すべき?>交代枠が増えたことで、試合は間違いなく変化に富んで面白くなった。 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601090407/
5人交代C大阪.jpg
1: Egg ★ 2020/09/26(土) 12:20:07.30 ID:CAP_USER9.net

試合は従来よりもずっと面白くなったが…」

国際サッカー評議会(IFAB)は、1試合の交代枠を3人から5人に増やす、パンデミック下における一時的な規則改正を今季も適用可能とすると発表している。
「5人交代制」には賛否両論あるようだが、今季だけでなく、それ以降も継続し、これをスタンダードとすべきなのか。サッカージャーナリストの後藤健生氏に検証してもらった。(※『サッカーダイジェスト8月27日号(同12日発売)』より転載)

―――◆―――◆―――

新型コロナウイルスの感染拡大によって中断していた各国リーグ。その再開後の過密日程を乗り切るために暫定採用されたのが、「5人交代制」だった。
本来なら、来季以降は3人交代制に戻すべきだ。しかし、一度でも5人交代制を経験してしまったら、誰でも3人の交代では物足りなくなってしまうはずだ。5人交代制は、いわば“禁断の果実”だったのだ。
 
選手交代はローテーションのためでもあるが、これを駆使することで戦術変更の幅も大きく広がった。
取材者としては、5人交代制になってからメモを取るのが非常に忙しくなった印象だ。同時に複数のカードが切られてシステムが変化すると、それを図にして書き留める。
さらに相手チームが新しい選手を投入してこれに対応すると、再びシステムを見極めてメモを取る…。
 
疲労を考慮した単なる選手の入れ替えだけでなく、戦術的な交代も多いから、それでメモを取るのが忙しくなったわけだが、同時に試合は従来よりもずっと面白くなった。
例えば、FC東京が横浜F・マリノスに3−1で快勝した4節の試合。FC東京は前線に俊足の永井謙佑、田川亨介、ディエゴ・オリヴェイラを並べて横浜陣内の大きなスペースを利用しようとした。
ただ、故障明けの永井は最初から後半に交代させるプランだったはずだ。ところが、PKを獲得した場面で田川が負傷して、早くも17分に交代を余儀なくされてしまう。
 
3人交代制だったら、長谷川健太監督のプランは狂っていたかもしれない。だが、今は5人の交代ができるのだ。慌てる必要はない。
後半、予定通りに永井を下げるなど着実に交代を重ね、最後はD・オリヴェイラに代えてDFのジョアン・オマリを投入するなどリードを守り切った。「5人交代制」があったからこその完勝劇だった。
J2では徳島ヴォルティスに3点をリードされた愛媛FCが、ハーフタイムの3枚替えで流れを変え、大逆転した2節の試合が話題になった。
 
この試合では得点のほとんどがセットプレーからだったが、同様の展開となったJ3のY.S.C.C.横浜対カターレ富山戦(2節)では、流れの中から多くの点が生まれ、5人交代制の効果がより強く感じられた。
YS横浜に3点をリードされた富山は、前半に1人、ハーフタイムに2人を交代し、システムも4−2−3−1から3−4−3に変更。するとリズムが一変し、後半に4点を奪って大逆転に成功したのだった。

9/26(土) 11:54配信   サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/d582e0f1b27f750a46c7f0aed4e31de45e285e34

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200926-00079377-sdigestw-000-4-view.jpg


2: Egg ★ 2020/09/26(土) 12:20:38.41 ID:CAP_USER9.net

交代枠拡大は歴史的な流れ

 交代枠が増えたことで、試合は間違いなく変化に富んで面白くなった。
 
 せっかくこんなに面白くなったのに元へ戻したら、「5人交代制」を経験した監督たちもサポーターも、満足できるはずはない。
 
 ただ、保守派からは、「そんなものはフットボール本来の面白さではない」という反対の声が聞こえてきそうだ。
 
 そもそもフットボールというのは、選手交代がいっさい認められないスポーツだった。ワールドカップで初めて交代(当時は2人)が認められたのは、ちょうど50年前の1970年メキシコ大会からだった。その後、徐々に枠は拡大され、2018年のロシア大会では、交代枠は3人までだが、延長に入ればもう1人の交代ができるようになった。
 
 ラグビーで選手交代が認められるようになったのはサッカーより遅いが、今では8人も交代できる。
 
 つまり、交代枠拡大は歴史的な流れなのだ。来季に限らず、“コロナ後”のサッカーは思い切って「5人交代制」に移行すべきではないか。
 
 ところで、交代枠は5人に拡大されたものの、Jリーグのベンチ入りメンバーは7人のままだ。試合をもっと面白くするには、欧州主要リーグのように、より多くの控え選手をベンチに置けるようにすべきだろう。
 
文●後藤健生(サッカージャーナリスト)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(17) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋、阿部先制ゴールなど清水に3-1快勝!前節激怒のフィッカデンティ監督も称賛「ほぼパーフェクト」J1第19節(関連まとめ)

【サッカー】J1第19節土曜昼 名古屋×清水 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601103409/
阿部2020第19節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/09/26(土) 15:56:49.74 ID:CAP_USER9.net

名古屋 3−1 清水
[得点者]
02'阿部 浩之       (名古屋)
25'前田 直輝       (名古屋)
74'丸山 祐市       (名古屋)
88'カルリーニョス ジュニオ(清水)

スタジアム:豊田スタジアム
入場者数:11,002人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/092626/live#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


名古屋が阿部、前田、丸山の3ゴールで清水に快勝!連敗を回避し上位戦線に踏みとどまる
https://news.yahoo.co.jp/articles/2aff76903ffe00cdbf2c3254a601b99b995e85fb
 J1リーグは9月26日、第19節の3試合を各地で開催。14時3分キックオフ、豊田スタジアムで行なわれた名古屋グランパスと清水エスパルスの一戦は、3−1でホームの前者が勝利を収めた。

 名古屋は、前節の前半終了間際に負傷交代したボランチ米本拓司が先発で登場。また、U-19のトレーニングキャンプに参加するなど9月9日の横浜戦以来メンバー外となっていた右SBの成瀬竣平もスタメン復帰となった。

 一方、前節の浦和レッズ戦に1−2と敗れた清水は、その試合で終了間際に一矢を報いたティーラシン・デーンダーを先発起用。一方、守備の要であるヴァウドを出場停止で欠いた。

 試合は立ち上がりから積極的な姿勢を見せたホームチームが、幸先良く先制する。

 2分、敵陣右サイドの高い位置でボールを奪った成瀬からパスを受けたマテウスが、逆サイドの阿部浩之へ展開。これを受けた11番は、左SB吉田豊の猛烈なオーバーラップを囮に相手DFをずらすと、右足で弧を描いたシュートを選択。これがゴール右のポストに当たりネットに吸い込まれた。

 先制した名古屋は、19分にマテウスの直接FK、20分にはCKからの山ア凌吾のシュートと立て続けに絶好機を迎えたが、相手GK大久保択生のファインセーブで追加点を挙げることが出来ない。

 前節も1点リードで迎えた後半に2失点、逆転負けを喫している名古屋は、嫌な雰囲気が漂い始める。しかし25分に、前田直輝がこのムードを払拭する。
 
 山アが身体を張って敵陣中央でボールを収めると、ディフェンスライン裏にスルーパス。抜群の反応で飛び出した前田がGKをかわし無人のゴールにシュートを叩き込み、2−0とリードを広げた。

 後半に入っても名古屋は、清水の反撃を手堅い守備で防ぎ、相手のパスミスを突いて効果的なショートカウンターを仕掛けるなど、ゲームをコントロールする。

 清水はジュニオール・ドゥトラ、鈴木唯人、成岡輝瑠らアタッカーを次々に投入し反撃を試みるが、74分にCKから丸山祐市に得点を許し、0−3とリードを広げられる。88分にカルリーニョス・ジュニオがヘディングで1点を返したものの、1−3で幕を閉じた。

 この結果、連敗を回避した名古屋は勝点を33に伸ばし、暫定ながら4位に浮上。連敗となった清水は同12で16位となっている。

 次節は、ACL参加チームは変則的に9月30日の平日開催となる。名古屋は中3日でヴィッセル神戸とアウェーで激突。清水は1週間後の10月3日に大分トリニータと敵地で対戦する。

【名古屋】「“ほぼ”パーフェクトだった」前節“激怒”のフィッカデンティ監督。3発快勝を飾ったチームを称賛
https://news.yahoo.co.jp/articles/e83afa194294c0e42440cb6afa3b177d02b85716

J1リーグ19節]名古屋3−1清水/9月26日(土)/豊田スタジアム

 前節アウェーのガンバ大阪戦も前半は充実の内容だった。しかし後半に失点を重ねて逆転負け。試合後の会見でマッシモ・フィッカデンティ監督は「汚い言葉で申し訳ですけど、同点のシーンはバカなんじゃないかと。そういった表現しかできないような、残念すぎる失点の仕方だった」と嘆いた。

 先制しながら、追加点が奪えなかったことが一つの要因だろう。中2日で迎えたこの日は前節の反省点を活かし、効果的に得点を重ねた。

 開始2分に「試合が始まってすぐという事もあって、自分の形になったので、思い切ってシュートを打っていい結果に繋がってよかったです」と阿部浩之が振り返ったゴールで先制すると、25分には前田直輝の抜群の飛び出しから追加点を奪う。

「心配性なのでできるだけ近くまで寄ってゴールしたかった」と語ったように、GKを抜き去り、無人のゴールにシュートを叩き込んだ。


 さらに74分、CKからキャプテンの丸山祐市がヘディングでゴールを決め3−0とリードを広げた。

 だが、終盤に清水に攻め込まれると左サイドの西澤健太のクロスから、カルリーニョス・ジュニオにヘディングで押し込まれ、88分に失点を喫してしまう。

 それでも、フィッカデンティ監督は「今日は1点取られてしまったことについて長く話すより、その前のところでは本当に素晴らしいゲームだったと選手たちには言ってあげたい。それぐらい“ほぼ”パーフェクトだった。ただこの“ほぼ”がつくところは忘れてはいけない」とチームを称賛した。

 この日の勝利で“ホーム3連勝”となった名古屋は次節、敵地でヴィッセル神戸と対戦する。苦手なアウェー戦で、次こそパーフェクトな試合を披露できるか。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:05 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元J得点王オルデネビッツ氏の語る「日本最高のストライカー」と絶賛した選手は?(関連まとめ)

【サッカー】<“元得点王”の大物助っ人が語るJリーグ>「日本最高のストライカー」と絶賛した選手は? [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601047133/
オルテネヴィッツ市原.jpg
1: Egg ★ 2020/09/26(土) 00:18:53.28 ID:CAP_USER9.net

【元J得点王・オルデネビッツ氏インタビュー|第1回】盟友リトバルスキー氏の熱心な説得で来日を決意

今から26年前の1994年、ジェフユナイテッド市原(当時)で強烈な左足のシュートを武器に得点を量産し、Jリーグ得点王に輝いた男がいた。

フランク・オルデネビッツ。「オッツェ」の愛称で親しまれ、アルシンド(鹿島アントラーズ)やラモン・ディアス(横浜マリノス)、トニーニョ(清水エスパルス)ら並居る強力な外国人選手を押しのけて、得点王のタイトルを獲得したドイツ人ストライカーだ。
現在は現役時代に奥寺康彦氏らとともにプレーしたブレーメンでスカウトを務めている。創成期のJリーグを助っ人として過ごし、今もスカウトとしてアンダー世代を中心に日本サッカーの動向を追い続けている同氏に、来日当時の思い出と現在の日本サッカーについて語ってもらった。

オルデネビッツ氏が市原に加入したのは、Jリーグ開幕から2カ月ほどが経った1993年7月。プロリーグが発足したばかりであることに加えて、代表チームがワールドカップ(W杯)に出場したことがなかった当時の日本は、「サッカー不毛の地」とも言える国だった。ブレーメンでブンデスリーガ優勝を経験し、毎年コンスタントに結果を残してきた選手が新天地として選ぶような場所ではなかったはずだが、ケルン時代のチームメートで先に市原でプレーしていたピエール・リトバルスキー氏の熱心な説得によって、来日を決意したという。

「リティとはケルンで一緒だったし、同じ部屋で生活していたこともある。それである時、彼から『日本に来てみないか』と誘われたんだ。リティは日本についてたくさん話してくれた。素晴らしい親友でもあったし、それで単純に『分かった、日本に行くよ』と返事をしたんだ。ただし、自分がジェフでどういう役割を期待されているのかといったことは、全く分からなかったけどね」

実は市原に移籍する7年前の1986年に、オルデネビッツ氏はキリンカップに参加するブレーメンの一員として来日している。しかし、その時の滞在期間はわずか10日前後であり、さらにホテルと練習場や試合会場の往復がほとんどだったこともあって、日本に関する予備知識は実質ゼロ。来日当初は日常生活で苦労することも多かったという。

「日本に来る前に、リティから日本で使うサッカー用語が書かれた4ページぐらいの量の単語集をもらった。それを飛行機の中で見て覚えながら日本に来たんだけど、日常生活で使う言葉は全然知らなかったから、最初は買い物に行っても砂糖と塩の区別がつかなくて困ったよ。日本食はほとんど試してみたし気に入ったけど、納豆だけは難しかった。あと、ドイツ風のパンが手に入らないのも問題だった。あちこち探し回って、舞浜市内にドイツの製法でパンを作っている店をようやく一軒見つけたなんてこともあったね」

9/25(金) 19:20配信 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/2a39dcc9741443d2b0e94940019d66c96ceb8b07

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200925-00284519-soccermzw-000-3-view.jpg


2: Egg ★ 2020/09/26(土) 00:19:27.67 ID:CAP_USER9.net

「カズは動きにキレがあったし、テクニックも素晴らしかった」
オルデネビッツ氏は日本のスタジアムの雰囲気に驚いたことがあったそうだ【写真:土佐堅志】

 当時のJリーグ、もしくは日本サッカー全般についての印象を尋ねると、オルデネビッツ氏はスタジアムの雰囲気にとても驚いたという。

「スタンドにいる観客の60%ぐらいは若い女性だった。そんな光景は、ドイツでは見たことがなかったから驚いたよ。あと、ジェフがホームゲームで0-3で負けてしまったことがあったんだけど、その時も試合後にスタジアムをチームのみんなと一周してサポーターに挨拶したんだ。それも経験したことのない出来事だったから戸惑った」

 今でこそブンデスリーガの試合でも、スタンドに女性や子供の姿をよく目にするが、オルデネビッツ氏が現役だった1980年代から90年代にかけては男性サポーターしかおらず、ホームゲームで大敗しようものなら彼らから容赦ないブーイングを浴びせられるのが当たり前。その殺伐とした雰囲気の中で戦ってきた同氏からすると、黄色い声援が飛び交い、負けても選手たちに優しい当時のJリーグの試合の雰囲気は相当特異なものに感じたようだ。

 また、「当時のJリーグで印象に残った選手はいたか」という質問には、「1人だけいたよ。たしかまだ現役でプレーしていると聞いたけど……」との答えが返ってきた。「それはカズヨシ・ミウラのことですか?」と聞き返すと、「そう、カズだ!」と言って、“キング・カズ”こと三浦知良について語ってくれた。

「カズは動きにキレがあったし、テクニックも素晴らしかった。本当に良いストライカーだったし、『絶対にゴールを決めてやる』という姿勢を前面に出してプレーしていた。他の日本人FWは、チャンスの場面で味方にパスすることが多いと私は感じていたのだが、カズは全く違った。貪欲にゴールを狙っていた。そこが他の日本人選手とカズとの違いであり、カズは当時の日本で最高のストライカーだった」

 Jリーグ初代MVPにして、53歳となった今もなお現役を続けるカズの若かりし頃の姿は、同氏の記憶に鮮明に残っているようだ。




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ポルトガル代表DFルベン・ディアスを獲得か?ベンフィカと交渉開始!クリバリらからターゲット変更か

新CB望むマンチェスター・C、23歳ベンフィカDF獲得へ交渉開始…クリバリらからターゲット変更か
https://news.yahoo.co.jp/articles/c50520b1c5f9a3721ef36bf2e4ca42342502785e
ルベン・ディアス2020ポルトガル代表.jpg

マンチェスター・シティがルベン・ディアス獲得に向けて交渉中のようだ。イギリス『BBC』が伝えている。

昨シーズンにプレミアリーグ3連覇を逃したマンチェスター・Cは、今夏の移籍市場でDFのテコ入れを敢行。すでにボーンマスからナタン・アケを獲得した同クラブだが、2019年夏に退団したヴァンサン・コンパニの穴を埋められる右利きの新センターバックの補強をさらに目指すと考えられている。

ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるクラブは、ナポリのカリドゥ・クリバリをトップターゲットするも、イタリアのクラブが8000万ポンド(約108億円)を要求するようで交渉は難航。その他にも、セビージャのジューレス・クンデやアトレティコ・マドリーのホセ・ヒメネスに高額な移籍金のオファーを送ったとされるも、こちらも拒否されている。

そんな中、同メディアによると、マンチェスター・Cは、ベンフィカでプレーするディアスに強い関心を寄せる模様。さらに、獲得を目指してクラブや選手側との交渉を開始したようだ。

現在23歳のディアスは、3シーズンにわたりベンフィカで印象的なパフォーマンスを残している。さらに、ポルトガル代表としても2年前のワールドカップのメンバーに入るなど将来を期待されるセンターバックだ。

BLUEMOON マンチェスターシティ 380citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1600720048/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜FM仙頭啓矢、古巣J2京都に期限付き移籍で電撃復帰が決定!昨季まで3年間所属「また自分を必要としてくれたクラブに感謝」

J2京都、横浜MF仙頭の加入を発表 昨季まで3年間所属「また自分を必要としてくれたクラブに感謝」
https://news.yahoo.co.jp/articles/eb81a5cc84ebf1474f193b52827c60d3f263b869
仙頭横浜FM.jpg

J2京都は26日、昨季まで在籍した横浜MF仙頭啓矢(25)が期限付き移籍で加入すると発表した。期間は来年1月31日まで。契約により、横浜と対戦する全ての公式戦に出場できない。

 技術と戦術眼に優れる仙頭は京都で3年間プレーし、J2リーグ99試合16得点を記録。昨年は36試合10得点を挙げて主軸として活躍した。だがJ王者・横浜では厚い選手層に阻まれ、リーグ3試合出場にとどまっていた。

 京都を通じて「また、自分を必要としてくれたクラブに感謝しています。チームのJ1昇格を達成する為に、自分の力を全部注ぎます」とコメント。横浜を通じては「F・マリノスで学んだことをしっかりと活かしていきたいと思っております。引き続き応援していただけると嬉しいです。ありがとうございました」と談話を発表した。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13250
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1601053773/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌田大地、2アシスト!長谷部誠と共にフル出場しフランクフルトの今季リーグ戦初勝利に貢献!(関連まとめ)

【サッカー】<鎌田大地>2アシストでフランクフルトの今季リーグ戦初勝利に貢献!長谷部誠とともにフル出場 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601079979/
鎌田大地20-21第2節パス.jpg
1: Egg ★ 2020/09/26(土) 09:26:19.00 ID:CAP_USER9.net

現地時間25日、ブンデスリーガ第2節ヘルタ・ベルリンvsフランクフルトの一戦が行われ、鎌田大地が2アシストの活躍を見せ、チームを今季リーグ戦初勝利に導いた。 

金曜開催のこの一戦では、長谷部誠、鎌田大地はそろって先発出場。29分にフランクフルトはPKを得ると、アンドレ・シウヴァがこのチャンスを冷静に沈め、0−1とアウェーのフランクフルトが先制する。

直後の37分にはゴールエリア右から鎌田がFKを放り込むと、長身FWバス・ドストがヘディングでゴールへとねじ込み、スコアは0−2となる。 

後半に入り、71分には鎌田のはたいたボールをセバスチャン・ローデがゴールエリア外から左足でゴール左へ決め、フランクフルトはアウェー戦ながら3点をリード。

78分にはオウンゴールで1点を失ったが、試合は1−3でフランクフルトに軍配。今季リーグ戦初勝利をマークしている。この試合で長谷部と鎌田はそろってフル出場を果たした。

■ブンデスリーガ第2節
ヘルタ・ベルリン 1−3 フランクフルト
得点者
ヘルタ・ベルリン:OG(78分)
フランクフルト:A・シウヴァ(30分/PK)、ドスト(37分)、ローデ(71分)

9/26(土) 7:43配信 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/796e467bcf4af2d83f5b0d482be9164b0d0b58df

写真
https://images.daznservices.com/di/library/GOAL/c9/43/2020-09-26-kamada-daichi-frankfurt_1fgynhrnu1mrv1x0myp0to2tbw.jpg?t=-868639708&quality=60&w=700




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:40 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、ボランチ出場し攻守で躍動!ブラジル紙で高評価!「非常に存在感があった」ボタフォゴはブラジル杯ベスト16進出

【サッカー】<キャプテン・本田圭佑(ボタフォゴ)>現地ブラジル紙が高評価!ファンからも絶賛の声「怪物だ」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1600947129/
本田2020ヴァスコダガマ戦ドリブル.jpg

1: Egg ★ 2020/09/24(木) 20:32:09.08 ID:CAP_USER9.net

現地時間9月23日、ブラジル杯4回戦の第2レグが行なわれ、本田圭佑が所属するボタフォゴはヴァスコ・ダ・ガマとのアウェー戦に臨み、0-0で引き分けた。 この結果、第1レグを1-0で勝利したボタフォゴがベスト16に駒を進めている。

本田は第1レグ、第2レグともにキャプテンマークを巻いて先発。中盤の底でプレーし、攻守の要となってチームを牽引した。 

現地紙『Lance!』は、「ボタフォゴの勇敢なる勝利だ。ホンダはこの試合のハイライトであり、中盤の目玉だった。素晴らしい働きだ」と称えた。 また、現地メディア『globo』も「ホンダは非常に存在感があった」と評し、採点ではDFカヌの「7.5」に次ぐ高評価の「7.0」をつけている。

「日本人プレーヤーは他と差のつくクオリティーの試合をし、第1レグに引き続いて良いレベルを維持している。彼は意欲をもってプレーし、ボタフォゴの試合を整理しながらチームを導いていた」

また、現地サポーターもこの勝利を絶賛。ベスト16進出を報告するクラブの公式SNSには2000件以上のコメントが殺到した。

特に本田の活躍に言及したものが多く、「キャプテン・ホンダ!すばらしいパーティー」「ありがとう、ホンダ」「今日のホンダは異次元だった。彼の創ったゲームは一体なにが起きたのか分からない!」 「ホンダは怪物だ!間違いない」「素晴らしいプレーだった」などの声が相次いでいる。

ブラジルでキャプテンとして奮闘する本田。チーム初の日本人プレーヤーに対する信頼は、着実に積み重ねられているようだ。

9/24(木) 15:44配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9546a2e812f668d94d325bdda9b37e1863a37dee

写真
https://img.sportsbull.jp/raw/2020092415590338412700.jpg


※やや遅い記事ですが、ご容赦をお願いします
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)