アンテナ・まとめ RSS

日本代表MF橋本拳人、前半だけで2ゴールの大活躍!ロストフはアウェイで3-2勝利(関連まとめ)

【サッカー】<橋本拳人>リーグ戦3試合ぶりのスタメンで2得点の活躍!ロストフは連勝で6試合負けなし [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601212509/
橋本拳人20-21第9節ゴール.jpg
1: Egg ★ 2020/09/27(日) 22:15:09.81 ID:CAP_USER9.net

【アルセナル・トゥーラ 2-3 ロストフ ロシア・プレミアリーグ第9節】

 ロシア・プレミアリーグ第9節、アルセナル・トゥーラ対 ロストフが現地時間27日に行われた。アウェイのロストフが2-3の勝利を収めた。

 リーグ戦2試合連続で欠場となった日本代表MF橋本拳人は、この日3試合ぶりのスタメン入り。橋本は前半に2点を決め、これで今季4得点。ロストフの勝利に大きく貢献した。


 先制したのはアルセナル。89分、アルセナルがカウンターを発動。自陣でボールを奪うと、一気に前線のカングワにスルーパス。GKとの1対1を制し、先制ゴールを決めた。

 だが、すぐにロストフが同点に追いつく。13分、右サイドのイオノフがファーサイドへクロスを供給。ファーサイドに待ち受けていたチェルノフがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 すると40分、橋本が逆転ゴールを決める。前線まで上がってきたハジカドゥニッチがこぼれ球を拾い右サイドからクロスを供給。中央で橋本がヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。体勢を崩しながらの難しいヘディングだったが、見事に決めて見せた。さらに前半AT、左CKからニアでショムロドフがヘディングシュート。このこぼれ球を橋本が押し込んで追加点を決めた。

 2点リードのロストフだが、66分にグレボフがこの日2枚目のイエローカードを受け退場処分。ロストフは一人少ない状態で残り時間を戦うことになった。数的不利となったロストフはしばらく相手にボールを保持され、攻め込まれる。ロストフは後半ATに1点を失うも、リードを守り切った。

 勝利したロストフは2連勝。これで6試合負けなしとなっている。

【得点者】
9分 1-0 カングワ(アルセナル・トゥーラ )
13分 1-1 チェルノフ(ロストフ)
40分 1-2 橋本拳人(ロストフ)
45+1分 1-3 橋本拳人(ロストフ)
90+4分 アブドゥル・カディリ(アルセナル・トゥーラ )

9/27(日) 21:59配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c5e20c04d28719e38511f67f1f0e60c8f0a08f7

橋本拳人
http://www.fc-rostov.ru/imgs/filestore/76262.medium.jpg

ロストフ
http://www.fc-rostov.ru/season/games/3012



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:07 | 大阪 ☀ | Comment(19) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜FM、エリキ5戦連発で柏に3-1勝利!柏はMF戸嶋が激しい接触で負傷交代 川崎は小林悠先制ゴール守り湘南に勝利 J1第19節(関連まとめ)

【サッカー】J1第19節日曜夜 柏×横浜FM、湘南×川崎 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601208002/
エリキ2020第19節ドリブル.jpg

1: 久太郎 ★ 2020/09/27(日) 21:00:02.31 ID:CAP_USER9.net

柏 1−3 横浜FM
[得点者]
40'オルンガ  (柏)
77'エリキ   (横浜FM)
82'オウンゴール(横浜FM)
90+2'前田 大然(横浜FM)

スタジアム:三協フロンテア柏スタジアム
入場者数:2,715人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/092716/live#live


湘南 0−1 川崎
[得点者]
18'小林 悠(川崎)

スタジアム:Shonan BMW スタジアム平塚
入場者数:4,189人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/092717/live#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


10: 久太郎 ★ 2020/09/27(日) 21:02:03.00 ID:CAP_USER9.net

>>1
3試合ぶりオルンガ弾で柏先制も…4試合連続の3ゴールで横浜FMが4連勝!!


[9.27 J1第19節 柏1-3横浜FM 三協F柏]

 勝ち点30で並ぶ6位柏レイソルと、7位横浜F・マリノスによる三協フロンテア柏スタジアムでの一戦は、横浜FMが逆転勝利をおさめた。

 3試合ぶりに勝ち点3を手にした前節・札幌戦(○1-0)と同じ11人でスタートした柏。札幌戦、前々節・広島戦(△1-1)に続き3試合連続で、FWオルンガ1トップにFW江坂任とFW仲間隼斗をシャドーに並べた3-4-2-1の布陣を敷いた。

 3ゴールを奪っての3連勝と好調の横浜FM。古巣戦となるMF小池龍太が4試合ぶりに先発に入った。今夏に柏から期限付き移籍中し、11試合7ゴールと結果を残しているFWジュニオール・サントスは、柏との公式戦には出場できないためベンチ外となった。


 ミラーゲームとなったこの試合で、最初のシュートは4戦6ゴールのFWエリキだった。小池がゴールライン際から折り返したボールを狙ったが、枠をとらえることはできず。対する柏も仲間、江坂がペナルティエリア外からシュートを放つもGK梶川裕嗣の正面を突いてしまう。

 しかし、その後は横浜FMが攻めの時間を増やしていく。19分にはDF松原健が裏に抜けた小池に浮き球を通すも、ラストパスはMF戸嶋祥郎にクリアされる。さらに22分、小池が右サイドから斜めに入れたボールを、ファーサイドのFWマルコス・ジュニオールが折り返してエリキがゴールネットを揺らしたが、判定はオフサイドとなりゴールとはならなかった。

 前半34分、柏は仲間が左に開いた江坂へサイドチェンジ。ためをつくった江坂はオーバーラップしてきた戸嶋へ。戸嶋がタッチライン際まで切り込んでゴール前に送るもCKに逃れられてしまう。このプレーで負傷した戸嶋は続行不能となりDF三丸拡と交代。40分の左CKで三丸がキッカーを務めると、オルンガの頭に合わせ柏が先制に成功した。

 1点を追う横浜FMは、ハーフタイムに2枚替え。FW仲川輝人をシャドー、MF扇原貴宏をボランチに配置した。14分にはカウンターで仲川が抜け出すと、ゴール前のティーラトンに送る。すべりこんだ柏DFを外してシュートに持ち込んだが、カバーに入ったDF古賀太陽とMF大谷秀和にクリアされてしまった。

 さらに、MF渡辺皓太が中盤で相手をかわすと、柏の3バックの間を走るエリキへスルーパス。そのまま決定機を迎えたが、シュートは枠をとらえられない。それでも32分、左サイドから崩しにかかると、仲川のパスは一度柏守備陣に止められるが、仲川がすぐさま取り返すと、ゴール前でエリキに横パス。エリキは体制を崩しながらも右足で蹴り込んで、試合は振り出しに戻った。

 ここから横浜FMがたたみかける。37分、小池がエリキにスルーパスを送ると、エリキはゴール中央の仲川へ合わせる。仲川の前に入ったDF大南拓磨が先にボールにさわるも、そのままゴールに吸い込まれ、オウンゴールで横浜FMが試合をひっくり返した。

 柏は後半もチャンスを重ねるも決めきることができず。アディショナルタイムには、仲川のラストパスから途中出場のFW前田大然がダメ押し。3試合連続の4ゴールで、横浜FMが今季初の4連勝を飾った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8169f66b7af561dfc31535e928da1550d715310c




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:08 | 大阪 ☀ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大分、小塚先制ゴールなど鹿島に2-0快勝!鹿島は連勝を「7」でストップ!G大阪は倉田・パトリック弾で広島に2-1勝利 J1第19節(関連まとめ)

【サッカー】J1第19節日曜夕2 鹿島×大分、広島×G大阪 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601204290/
大分2020第19節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2020/09/27(日) 19:58:10.83 ID:CAP_USER9.net

鹿島 0−2 大分
[得点者]
57'小塚 和季(大分)
80'澤 優也(大分)

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:6,982人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/092714/live#live


広島 1−2 G大阪
[得点者]
16'倉田 秋      (G大阪)
20'パトリック     (G大阪)
70'レアンドロ ペレイラ(広島)

スタジアム:エディオンスタジアム広島
入場者数:4,104人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/092715/live#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


4: 久太郎 ★ 2020/09/27(日) 19:59:46.36 ID:CAP_USER9.net

>>1
7連勝・鹿島がついに止まった!! 大分が2発完封勝利、昨季開幕に続き敵地カシマで金星

[9.27 J1第19節 鹿島0-2大分 カシマ]

 J1リーグは27日、第19節を各地で行い、大分トリニータが鹿島アントラーズを2-0で破った。鹿島は7連勝がストップ。大分は昨季の開幕節(○2-1)に続き、2年連続で敵地カシマでのアウェーゲームを制した。

 互いに前節から中3日での一戦。ホーム鹿島は劇的な勝利を収めた湘南戦(○1-0)から6人を入れ替えた。DF山本脩斗が今季初出場、MF名古新太郎が初先発を果たし、DF町田浩樹、DF永戸勝也、MFファン・アラーノ、MF三竿健斗が新たに入った。対する大分は広島戦(●0-2)で3連勝がストップ。同じく6人を変更し、DF小出悠太、MF長谷川雄志、MF島川俊郎、DF星雄次、MF小塚和季、MF田中達也が起用された。

 試合の序盤は鹿島が一方的に主導権を握った。サイドを広く使いながら大分を押し込み、ボールを奪われてもハーフコートで即時奪回。前半9分には名古が惜しいシュートを放つと、19分にはアラーノのパスからFWエヴェラウドが抜け出し、ゴール左斜め前からの右足キックで大分DFを強襲した。

 それでも前半26分、鹿島はMF和泉竜司のゴールが枠を捉えられずにいると、大分もカウンターからチャンスを作り出す。28分、FW渡大生からのスルーパスに抜け出した田中が右サイドをえぐってクロスを供給し、これを鹿島のGK沖悠哉がキャッチできず。こぼれ球を拾った星が惜しいシュートを放った。また37分にもチーム得点王の田中がシュートを放ち、一進一退のままハーフタイムを迎えた。

 後半開始時、鹿島は名古とエヴェラウドを下げてMF荒木遼太郎とFW上田綺世、大分は渡を下げてFW高澤優也を投入。すると12分、ついにスコアが動いた。大分は右サイドでボールを受けた田中がカットインから左足を振り抜き、これは相手DFにブロックされたものの、こぼれ球を拾った小塚が右足でシュート。永戸に当たったボールが軌道を変え、沖の逆を突いてゴールマウスに吸い込まれた。

 ビハインドを負った鹿島も後半25分すぎからは徐々にゴール前で惜しい場面をつくれるようになり、三竿をCBに回して攻撃の枚数を増やす強硬策に出る。ところが35分、大分は相手のクリアボールを島川、MF羽田健人、三竿がワンタッチの浮き球でつなぎ、MF野村直輝が意表を突いた右足アウトでのスルーパスを供給。これに抜け出した高澤が落ち着いた駆け引きから左足で流し込み、リードを2点に広げた。

 その後は鹿島がシンプルに前線へとボールを入れて攻勢を試みたが、大分はここまでフルタイム出場を続けているDF鈴木義宜、シーズン途中に正守護人となったGKムン・キョンゴンを中心とした守備陣がシャットアウト。2試合ぶりの白星を収めた。鹿島は9試合ぶりの無得点で7連勝が止まった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/68e6a5ef17d67d4df484e35eea0501937d450312>>1



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガン鳥栖、20歳石井先制ゴールなどゴラッソ弾3発でFC東京に3-0完勝!6試合ぶりに完封勝利達成 J1第19節(関連まとめ)

【サッカー】J1第19節日曜夕 鳥栖×FC東京 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601197155/
石井鳥栖2020第19節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/09/27(日) 17:59:15.38 ID:CAP_USER9.net

鳥栖 3−0 FC東京
[得点者]
26'石井 快征(鳥栖)
59'森下 龍矢(鳥栖)
74'内田 裕斗(鳥栖)

スタジアム:駅前不動産スタジアム
入場者数:4,434人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/092713/live#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


2: 久太郎 ★ 2020/09/27(日) 18:00:01.35 ID:CAP_USER9.net

>>1
20歳石井が吠えた!! 23歳森下も吠えた!! 25歳内田のJ1初ゴールも生まれた鳥栖、FC東京に3発快勝

[9.27 J1リーグ第19節 鳥栖 3-0 FC東京 駅スタ]

 J1リーグは27日、第19節を開催し、駅前不動産スタジアムではサガン鳥栖とFC東京が対戦。前半26分にFW石井快征の得点で鳥栖が先制すると、後半14分にDF森下龍矢、同29分にMF内田裕斗が加点して3-0の完封勝利を収めた。連敗を3でストップさせ、4試合ぶりの白星を獲得している。

 3連敗中の鳥栖は9月23日の前節・神戸戦(●3-4)から先発3人を入れ替え、FW林大地、石井、MF松岡大起らを先発起用。一方、2連勝中のFC東京は前節・C大阪戦(○2-0)から先発6人を入れ替え、FWアダイウトン、FW田川亨介、MF内田宅哉、MF品田愛斗、DFジョアン・オマリ、そしてJ1デビューとなる19歳のDFバングーナガンデ佳史扶らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 前半26分に試合を動かしたのはホームの鳥栖だった。左サイドで林が粘ってキープしてDF高橋秀人に戻すと、高橋の縦パスをPA内で受けた石井が巧みなターンで前を向く。相手選手に対応されながらも中央に切れ込みながらMF金森健志に預け、リターンパスを呼び込むと、右足ダイレクトで合わせた鮮やかなシュートを突き刺してスコアを1-0とした。得点を決めた石井はファン・サポーターの元に駆け寄り、歓喜の咆哮をとどろかせた。

 1点のビハインドを背負ったFC東京は前半38分、品田のスルーパスからPA内に侵入したアダイウトンが左足で狙うも、シュートはゴール右に。さらに同43分には左サイドの内田宅哉が送ったクロスを田川がヘディングで叩き付けるが、好反応を見せたGK守田達弥に阻まれてしまった。

 1-0と鳥栖がリードしたまま後半を迎えると、同3分に鳥栖をアクシデントが襲い、負傷した高橋がプレー続行不可能と判断され、森下との交代を余儀なくされた。

 前半7分には鳥栖がゴールを襲うが、MF樋口雄太がPA外から放った枠を捉える鋭いシュートはGK林彰洋は弾き出されてしまう。しかし同14分、右サイドでボールを受けた森下がPA内まで持ち込むと、左足のシュートでニアサイドを抜いてゴールを陥れ、鳥栖がリードを2点差に広げる。ネットを揺らしたことを確認した森下は何度も雄叫びを上げて喜びを爆発させた。

 リードを2点差に広げられたFC東京は後半18分、FW原大智、FWレアンドロ、MF安部柊斗を同時に投入して状況を打開しようと試みる。

 しかし、再びスコアを動かしたのは鳥栖だった。後半29分、右サイドから樋口が送ったクロスをPA内のFW小屋松知哉がワンタッチで後方に流すと、走り込んだ内田裕斗が左足を強振。凄まじい勢いで飛び出したボールは一直線にゴールネットに突き刺さり、3点目を奪取。内田裕斗にとって、嬉しいJ1初ゴールとなった。

 その後、鳥栖に追加点こそ生まれなかったものの、FC東京の反撃を許さずに3-0の完封勝利。敗れたFC東京は3試合ぶりの黒星を喫している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/58c1c8a312e6378fc8041ecbbf91c86802dc0c8f




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ベンフィカDFルベン・ディアス獲得でクラブ間合意か?金銭+オタメンディとのトレードへ

マンC、DFディアス獲得でベンフィカと合意か…金銭+オタメンディのトレード実現へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/62a46baad76c0a2f7da77ec7bb818f41e2f68ca4
ルベン・ディアスとオタメンディトレード.jpg

 マンチェスター・Cは、ベンフィカに所属するポルトガル代表DFルベン・ディアスの獲得に迫っているようだ。26日、大手メディア『スカイスポーツ』のファブリツィオ・ロマノ記者が伝えた。

 マンチェスター・Cは以前から今夏のセンターバック補強が噂されていたが、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリやセビージャのU−21フランス代表DFジュール・クンデらの獲得交渉は難航。代わりに、マンチェスター・Uなどのビッグクラブも関心を寄せるR・ディアスに白羽の矢が立った。

 報道によると、マンチェスター・Cは金銭の支払いに加え、アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディをベンフィカに売却することで同クラブとクラブ間合意に至った模様だ。R・ディアスの移籍金は5500万ユーロ(約68億円)、オタメンディの移籍金は1500万ユーロ(約19億円)になると見られている。

 また、R・ディアスはマンチェスター・Cと2025年6月30日までの契約を結び、オタメンディはベンフィカと2023年6月30日までの契約を結ぶことになりそうだ。R・ディアスはすでに、マンチェスターでメディカルチェックを受けるためにリスボンを発っており、同選手のガールフレンドもInstagramのストーリー上にそのことを投稿していた。

 R・ディアスはベンフィカ生え抜きの現在23歳。2017年9月にトップチームデビューを果たし、ここまで公式戦137試合に出場している。また、2018年5月にはポルトガルのA代表デビューも果たし、ここまで19キャップを記録。第1回UEFAネーションズリーグの優勝などに貢献した。

 一方、現在32歳のオタメンディは、母国のべレス・サルスフィエルドでデビュー。ポルトで欧州上陸を果たし、バレンシアを経て、2015年8月に4450万ユーロ(当時レートで約62億円)の移籍金でマンチェスター・Cに加入した。ここまで公式戦210試合に出場し、2度のプレミアリーグ優勝などを経験している。しかし、近年は序列が低下しており、今シーズンもここまでの公式戦2試合で出場がない。

BLUEMOON マンチェスターシティ 380citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1600720048/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山雄太、強烈ヘッドで今季初ゴール!ズヴォレの今季初勝利に貢献

【サッカー】ズヴォレ中山雄太が今季初スタメンで初ゴール!…CKから強烈ヘッド決めチームも初勝利 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601171817/
中山雄太20-21第3節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/09/27(日) 10:56:57.13 ID:CAP_USER9.net

エールディヴィジ(オランダ1部)第3節が26日に行われ、DF中山雄太とDFファン・ウェルメスケルケン・際が所属するズヴォレとスパルタ・ロッテルダムが対戦した。この試合、スタメン出場となった中山は74分にピッチを退き、ファン・ウェルメスケルケンはフル出場を果たしている。

 試合は45+3分、ズヴォレがCKを獲得すると、ゴール前で競り勝った中山がヘディングシュート。これをゴールライン上でロッテルダムDFが手でブロックしてしまい、PKが与えられる。これをFWグザ・グーチャンネジャドが決めて、ホームのズヴォレが先制に成功した。

 この後2点を追加したズヴォレは71分、またしてもCKから中山が、今度はフリーでヘディング。これがゴールに突き刺さり、ダメ押しとなるチーム4得点目となった。

 試合はこのまま終了。中山は今季初スタメンとなったこの試合で、今季の自身初ゴールを決めてその存在感をアピールすることに成功した。ズヴォレにとってもこれが嬉しいシーズン初勝利となり、勝ち点4の7位に順位を上げている。

 次節、ズヴォレはRKCとアウェイで対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/685266f48956b635d417db62b61a57ab701e6605




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清武弘嗣、劇的スーパーゴールなど1G1A!C大阪が仙台に3-2逆転勝利 J1第19節(関連まとめ)

【サッカー】J1第19節日曜昼 仙台×C大阪 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601186273/
清武2020第19節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2020/09/27(日) 14:57:53.19 ID:CAP_USER9.net

仙台 2−3 C大阪
[得点者]
44'ブルーノ メンデス(C大阪)
57'西村 拓真    (仙台)
67'西村 拓真    (仙台)PK
82'マテイ ヨニッチ (C大阪)
90+1'清武 弘嗣   (C大阪)

スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
入場者数:2,789人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/092712/live#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


4: 久太郎 ★ 2020/09/27(日) 14:59:10.93 ID:CAP_USER9.net

>>1
C大阪、清武弘嗣の鮮やかゴールでシーソーゲーム制し3戦ぶり白星!仙台は泥沼6連敗抜け出せず

明治安田生命J1リーグは27日に第19節が行われ、ベガルタ仙台がセレッソ大阪をホームのユアテックスタジアム仙台に迎えた。

J1第19節|仙台 vs C大阪|スタッツ・結果

8試合未勝利で5連敗中とどん底に沈む仙台の勝ち点は17試合消化時点で「11」。最下位湘南ベルマーレ(勝ち点9)との勝ち点差は「2」となっており、敗北すれば最下位転落もある中で今節に臨む。

一方の2位・C大阪(勝ち点39)も前節の上位直接対決で3位・FC東京(勝ち点38)に屈して連敗。FC東京よりも消化試合数が1試合少ない状況ではあるが、順位を落とす可能性が出ている。

リーグテーブル上でも重要なこの一戦に、C大阪はMF柿谷曜一朗やMF坂元達裕、FWブルーノ・メンデスらを先発起用。MF清武弘嗣はベンチからのスタートとなっている。対する仙台はFWアレクサンドレ・ゲデスやFW西村拓真、MF浜崎拓磨らを送り出した。

一進一退の攻防が続く前半は仙台がサイドから積極的にクロスを蹴り込んでいくものの、強固な守備を構築するC大阪がDFマテイ・ヨニッチを中心に跳ね返し続ける。33分には西村がボックス手前左のミドルレンジから狙ったが、GKキム・ジンヒョンに弾かれた。

バランスを崩さずに落ち着いた対応を続けるC大阪は44分にチャンスを迎える。左サイド深い位置の柿谷がクロスを入れると、飛び込んだのはB・メンデス。ニアでヘディングシュートを放ってネットを揺らした。

貴重な先制点を手にして前半を終えたC大阪だったが、折り返して迎えた57分に仙台がゴールをこじ開ける。パラが低く速い弾道のボールを左サイドから中央に折り返すと、走り込んだ西村がゴール前で合わせる。右足のアウトにかけた技ありのシュートでファーに流し込んだ。

さらに67分にもボックス右で西村がボールを受けてドリブル突破を図る。切り返したところで対峙していた松田陸が身体を投げ出すようにして進路を阻もうとしたが、PKの判定。これを西村が自ら決めた仙台が逆転する。失点直後、C大阪は柿谷に代えて清武を送り出す。

82分、C大阪の右CKの場面でキッカーは清武。ボックス中央にクロスを蹴り込むと飛び上がったマテイ・ヨニッチが打点の高いヘディングシュートを叩きつける。ボックス左下隅の完璧なコースに飛んだボールが同点弾となる。

そして試合終了間際、ボックス左に入り込んだ清武が右足を一閃。美しい軌道を描いた鋭いシュートがファーのネットを揺らし、C大阪が土壇場で逆転する。

試合はこのまま終了。この結果、仙台は泥沼の6連敗で最下位転落の危機に晒されることに。対するC大阪は3試合ぶりの勝利で2位を維持している。

■試合結果
ベガルタ仙台 2-3 セレッソ大阪

■得点者
仙台:西村拓真(57分、67分)
C大阪:ブルーノ・メンデス(44分)、マテイ・ヨニッチ(82分)、清武弘嗣(90+1分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b4df0bf37af0a90d53187f5551081968d88af7a4



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エバートン、カルバート・ルーウィン3戦連続ゴールでC・パレスに勝利!開幕3連勝は27年ぶり

エヴァートンが27年ぶりの開幕3連勝! C・ルーウィンが3戦連発、好調C・パレス撃破
https://news.yahoo.co.jp/articles/81ff8eb0b396bb61fa71812a5ce3985ef3a41f96
カルバートルーウィン20-21第3節ゴール.jpg


プレミアリーグ第3節が26日に行われ、クリスタル・パレスとエヴァートンが対戦した。

 ホームのクリスタル・パレスは、開幕節でサウサンプトンを下し、前節はマンチェスター・U相手に金星。2部チャンピオンシップに所属していた2006−07シーズン以来となる開幕連勝スタートを飾った。一方、エヴァートンはトッテナムとの初戦を1−0で制し、第2節ウェスト・ブロムウィッチ戦は5−2の大勝。こちらも2012−13シーズン以来8年ぶりの開幕2連勝となった。

 試合が動いたのは10分、アウェイのエヴァートンが先制する。アブドゥライェ・ドゥクレからパスを受けたハメス・ロドリゲスからワンタッチで絶妙なスルーパスを通すと、反応したシェイマス・コールマンは深い位置までえぐってから折り返す。前節ハットトリックを記録したドミニク・カルヴァート・ルーウィンがこれに合わせてネットを揺らし、開幕から3試合連続ゴールを記録した。

 対するクリスタル・パレスは26分に試合を振り出しに戻す。右サイドのコーナーキックからアンドレス・タウンゼントがインスイングのボールを供給すると、シェイク・クヤテが頭で合わせてゴール右上隅に突き刺した。追いつかれたエヴァートンは40分、リチャーリソンが相手DFジョエル・ウォードのハンドを誘ってPKを獲得する。リチャーリソン自らキッカーを務めると、ゴール右隅に突き刺して勝ち越しに成功。エヴァートンの1点リードで試合は折り返した。

 後半に得点は生まれず、試合はこのまま終了。勝利したエヴァートンは1993−94シーズン以来、27年ぶりとなる開幕3連勝を飾った。次節は3日に行われ、クリスタル・パレスはアウェイでチェルシーと、エヴァートンはホームでブライトンと対戦する。

【スコア】
クリスタル・パレス 1−2 エヴァートン

【得点者】
0−1 10分 ドミニク・カルヴァート・ルーウィン(エヴァートン)
1−1 26分 シェイク・クヤテ(クリスタル・パレス)
1−2 40分 リチャーリソン(エヴァートン)

【The Toffees】 Everton FC part22
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1580707430/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、スーパーボレーは惜しくもバー直撃に…ウエスカはバレンシアと1-1ドロー(関連まとめ)

岡崎慎司、ダイレクトボレーもクロスバー直撃。ウエスカはバレンシアと1-1ドローで3戦未勝利
https://news.yahoo.co.jp/articles/1d409713606ffe74adeb4110a2fffc05459f260a
岡崎20-21第3節ダッシュ.jpg


【バレンシア 1-1 ウエスカ リーガエスパニョーラ第3節】
 
 リーガエスパニョーラ第3節、バレンシア対ウエスカの試合が現地時間26日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わった。

 ウエスカに所属する岡崎慎司は先発出場を果たした。7分、ハイメ・セオアネのクロスに岡崎が頭で合わせるがシュートはゴール左に外れる。すると38分、バレンシアのダニエル・ヴァスが放ったフリーキックが、誰にも触れずに直接ゴールに流れ込みバレンシアに先制点が入った。

 58分には、ペナルティーエリアの外から岡崎がシュートを放ってゴールを狙うが大きく右に外れる。63分、コーナーキックからディミトリス・シオヴァスがヘディングシュートを決めてウエスカが同点に追いついた。

 71分には、ペドロ・ロペスのクロスに岡崎がダイレクトボレーで合わせるも、クロスバーに弾かれてゴールならず。その岡崎は80分にハビ・オンティベロスとの交代でベンチに下がった。試合は1-1の引き分けに終わり、ウエスカは3戦未勝利となっている。

【得点者】
38分 1-0 ヴァス(バレンシア)
63分 1-1 シオヴァス(ウエスカ)

岡崎慎司、バー直撃の“スーパーボレー”披露で地元紙高評価 「運がよかったことを祝福すべき」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ad3fdcdffcee5cc613beda80087126ccfcfd5bb0

 スペイン1部ウエスカに所属するFW岡崎慎司は現地時間26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第3節バレンシアとのアウェーマッチに先発出場し、後半途中までプレーした。この日は積極的にゴールを狙う場面が多く、スーパーボレーも放つなど奮闘。地元紙の評価も高くなっている。

 7分には右サイドのクロスに点で合わせるヘディングシュート。17分にも左サイドからのクロスに飛び込むなど岡崎らしい動きでゴールへの意欲を見せた。

 試合は37分にセットプレーからバレンシアが先制。後半にはいってウエスカは後半17分にコーナーキックからのヘディングシュートで同点に追いつく。そして岡崎にとって最大の見せ場がやってきたのは後半27分のことだった。

 右サイドに展開されたボールはフリーのDFペドロ・ロペスのもとへ。ここからロペスは鋭いアーリークロスを選択。これに対して最前線のオカザキは鋭い動き出しを見せると、ゴール正面ペナルティエリア内に入るかのポジションでボールを迎え入れ、右足でボレーシュートを放つ。後ろ側からくるボールを合わせる難易度の高い動きながらジャストミートしたボールはGKが一歩も動けなかったが、シュートはクロスバーにはじかれてしまった。

 岡崎は後半35分に交代。チームも1-1のまま勝ち点1を分け合う展開となった。とはいえ地元紙「マルカ」では上位候補のバレンシアに対してウエスカが健闘したことを称える論評となっており、各選手の評価も総じて高く、岡崎も3点満点で「2点」の高評価を得ている。またボレーシュートのシーンについては「オカザキは天を見上げたが、(相手GKジャウメとしては)運がよかったことを祝福すべき」と、決まっていれば完璧な一撃だったと評価している。

 リーガ3試合で2分け1敗とまだ勝ち星がないウエスカだが、岡崎は3試合連続で先発起用を果たしている。主力の地位を固めている中で結果を出せば更なる信頼を得られるはずだ。

【DAZN】バレンシア×ウエスカ★1
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/livefoot/1601125800/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴木武蔵、絶妙同点ヘッド弾で2戦連続ゴール!途中出場でベールスホットの3-2逆転勝利に貢献(関連まとめ)

【サッカー】<鈴木武蔵>途中出場から同点弾で2試合連続ゴール!逆転勝利の立役者に [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601153074/
鈴木武蔵20-21第7節ゴール.jpg
1: Egg ★ 2020/09/27(日) 05:44:34.83 ID:CAP_USER9.net

出場から5分でゴール


ベールスホットのFW鈴木武蔵が今季2ゴール目を挙げている。

ベールスホットは26日、ジュピラーリーグ第7節でワースランド・ベフェレンと対戦。ここ3試合先発が続いていた鈴木だが、この日はベンチからのスタートとなった。

試合は、ベールスホットが前半に2点を許す苦しい展開に。それでも、前半終了間際に1点を返し、1-2で前半を折り返す。すると、1点ビハインドの74分に鈴木が交代でピッチに入る。それからわずか5分後、鈴木がピッチに入ってからのファーストタッチでゴールネットを揺らし、チームに価値ある同点ゴールをもたらす。

さらに、ベールスホットはアディショナルタイムに劇的な逆転ゴールが奪い、3-2と試合をひっくり返す。そのまま逃げ切り、2試合ぶりの白星で暫定2位へと浮上した。


9/27(日) 1:13
https://news.yahoo.co.jp/articles/feb813c542481259614d3ca33e2ef8455e533e3e

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_siggtzyHIaj3Ez8zJtY_rBTovA---x640-y426-q90-exp3h-pril/amd/20200927-00010002-goal-000-2-view.jpg



鈴木武蔵2戦連発で逆転勝ち貢献 途中出場で同点弾
https://news.yahoo.co.jp/articles/f6be8f0e05706dd60d7876453233b19d3f220875

<ベルギーリーグ:ベールスホット3−2ワースランドベベレン>◇26日◇アントワープ

FW鈴木武蔵が途中出場で2試合連続となる今季2得点目を決め、ベールスホットはアウェーでワースランドベベレンに3−2で逆転勝ちした。

鈴木は1−2とリードされた後半29分から出場。同35分に右からのFWブローニョのアーリークロスをペナルティーエリア中央で相手DFと競りながら頭を合わせてゴールネットを揺らし、前節のシャルルロワ戦に続く2試合連続弾を決めた。

同点に追いついたチームは同ロスタイムにブローニョが勝ち越しゴールを決め、5勝2敗で勝ち点を15と伸ばし暫定2位に浮上した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:41 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠藤航、絶妙スルーパスで逆転ゴールを演出!シュツットガルトはマインツに4-1逆転勝利し今季初白星(関連まとめ)

遠藤航がフル出場で今季初戦初勝利に大きく貢献!決勝点演出の絶妙スルーパスを披露
https://news.yahoo.co.jp/articles/93622894444fdf26a77e1129274d65b033b31c55
遠藤航2020第2節競り合い.jpg


現地時間9月26日、ブンデスリーガの第2節が行なわれ、日本代表MF遠藤航が所属するシュツットガルトは、アウェーでマインツと激突。遠藤はアンカーで開幕から2試合連続の先発出場を果たした。

 今季初勝利を目指すシュツットガルトは、立ち上がりからペースを握る。4分には遠藤がCKからファーでヘッド。強烈なシュートが枠を捉えるも、GKに防がれ先制点とはならない。

 優勢に試合を進めていたが、12分に一瞬の隙をつかれ、クアイソンのヘッドで被弾。先制を許してしまう。

 リードを奪われたシュツットガルトは、先制弾で意気上がるホームチームの守備を、なかなか崩せない。35分にも、GKコベルのパントキックに反応したワマンギトゥカがディフェンスに競り勝って抜け出し、ペナルティエリア左からシュートを放つが、枠を外してしまう。

 このまま前半終了かと思われた45分、シュツットガルトが同点ゴールを奪う。ハーフウェイライン付近で遠藤からパスを受けたカストロが長い距離を持ち上がり、右サイドへパス。これを受けたワマンギトゥカが冷静にゴールに流し込んだ。

 前半は1-1の同点で折り返す。
 
 後半は、アウェーチームが勢いそのままに攻勢をかけるが、決定機は作れず。しばらく膠着状態が続く。

 その均衡を打ち破ったのは、遠藤のパスだった。61分、敵陣でボールを持つと、ゴール前へ完璧なスルーパス。これに反応したカライジッチが右サイドからゴール前へグラウンダーのクロスを送り、最後はディダヴィが合わせてネットを揺らした。

 逆転に成功したシュツットガルトは、落ち着いた守備でマインツの反撃をシャットアウト。そして、80分に見事なカウンターから、クリモビッチが貴重な追加点を奪うと、86分にもカライジッチがゴールが決め、勝負を決めた。

 結果的に昇格組のシュツットガルトが4-1で大勝を飾り、今季2戦目にして初勝利。フル出場の遠藤は球際で強さを見せたほか、長短のパスを供給してチームの攻撃のリズムを生み出すなど、確かな存在感を示した。

 次節は10月3日(土)にホームでレバークーゼンと対戦する。

【スカパー】ブンデスリーガ総合★1
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/livefoot/1600452139/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)