アンテナ・まとめ RSS

レアルFWベンゼマ、同僚FWヴィニシウスを見切る?DFメンディに「アイツを相手にするな」

「アイツを相手にするな」、ベンゼマが同僚ヴィニシウスを見切る
https://news.yahoo.co.jp/articles/b9d8ef73d4478522aa92c204fbb5364b23f48ee6

ベンゼマとヴィニシウス.jpg


レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマは、同僚であるブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに対して見切りを付けたようだ。

マドリーは27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節でボルシアMGと対戦し、2-2のドローに終わった。

ベンゼマとブラジル代表MFカゼミロの試合終了間際の連続ゴールによって2点差を追いつく劇的な展開となったが、シャフタールとの初戦に続く勝ち点逸によってグループ最下位に沈んでいる。

そういった苦境の中、チーム内においても軋轢が生まれているようだ。フランス『テレフット』は、ボルシアMG戦のハーフタイムのトンネル内におけるベンゼマとフランス代表DFフェルラン・メンディのやり取りに注目。

両選手はフランス語でやり取りをしていた際、ベンゼマは近くにいたヴィニシウスを見ながらメンディに対して、「アイツ(ヴィニシウス)は自分のやりたいようにやっている」、「アイツを相手にするな、兄弟。アイツはまるで俺たちに対して戦っているようなもんだ」と発言。ヴィニシウスにパスを出せないように要求していた。

ヴィニシウスに関しては決定力の問題に加え、判断の拙さから自己完結型のプレーが多く、周囲とのリンクアップで輝きを放つベンゼマにとって、ボルシアMG戦を含めここ最近の同選手のプレーに憤りを感じていたようだ。

なお、後半開始前にヴィニシウスとコミュニケーションを取っていたベンゼマだが、スペイン『OptaJose』によると、ボルシアMG戦の後半にはブラジル代表FWに対して1本のパスも出さなかったという。(前半は3本)



◆◇El Blanco Real Madrid 1080◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1603555246/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:33 | 大阪 | Comment(27) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏、クリスティアーノ2発などFC東京に3-1快勝!神戸は仙台に3-2競り勝ち!広島はペレイラ先制弾など横浜FMに3-1勝利 J1第30節32節前倒し分(関連まとめ)

【サッカー】J1第30節32節前倒し分 仙台×神戸、FC東京×柏、広島×横浜FM 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1603886556/
クリスティアーノ2020第30節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/10/28(水) 21:02:36.68 ID:CAP_USER9.net

仙台 2−3 神戸
[得点者]
47'古橋 亨梧 (神戸)
51'郷家 友太 (神戸)
53'長沢 駿  (仙台)
76'飯尾 竜太朗(仙台)
77'ドウグラス (神戸)

スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
入場者数:4,071人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/102814/live#live



FC東京 1−3 柏
[得点者]
28'江坂 任    (柏)
46'クリスティアーノ(柏)
49'アダイウトン  (FC東京)
75'クリスティアーノ(柏)

スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:6,632人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/102815/live#live



広島 3−1 横浜FM
[得点者]
33'レアンドロ ペレイラ(広島)
62'オウンゴール    (広島)
90'永井 龍      (広島)PK
90+5'チアゴ マルチンス(横浜FM)PK

スタジアム:エディオンスタジアム広島
入場者数:1,984人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/102816/live#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


FC東京は3連敗…柏が“前哨戦”制しルヴァン杯決勝に弾み!!江坂先制弾にクリスティアーノ2発
https://news.yahoo.co.jp/articles/13407d439fa46ec67987e48a1834ee72c6e74456

[10.28 J1第30節 FC東京1-3柏 味スタ]

J1第30節が行われ、味の素スタジアムでFC東京と柏レイソルが対戦した。ルヴァン杯決勝の“前哨戦”は柏が3-1で勝利し、11月7日の決戦に弾みをつけた。4位FC東京は今季初の3連敗を喫した。

柏は前半24分にビッグチャンスを迎える。幅を使った攻撃から右サイドに開いたDF北爪健吾が鋭いクロス。FWオルンガが高い打点から強烈なヘディングシュートを放ったが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。先制機をひとつ逸したものの、先手を取ったのは柏だった。

 前半28分、中盤でハイボールを収めたMF仲間隼斗がドリブルで一気に持ち上がると、DF森重真人をかわしてPA右手前から右足を振り抜く。強烈なシュートはGK波多野豪に阻まれたが、こぼれ球をFW江坂任が左足で流し込んだ。

 1-0で折り返した後半開始早々に柏が追加点を奪った。相手のパスミスを突いたオルンガが高い位置でボールを奪い、ペナルティエリア内に進入。マイナス方向にラストパスを届けると、MFクリスティアーノが右足で流し込んだ。

 FC東京もその3分後、FKの流れからクリアボールをDF中村拓海が回収し、MF高萩洋次郎がPA右手前からクロスを入れ、FWアダイウトンがヘッドで叩き込んだ。1点差に詰め寄ったが、反撃はここまでだった。

 柏は攻撃の手を緩めず、後半30分にはMF三原雅俊が相手のパスをカットし、オルンガが斜めにスルーパスを通す。抜け出したクリスティアーノがワンタッチでPA内に侵入し、右足シュートでネットを揺らした。後半37分にはオルンガのシュートが惜しくも左ポストを叩いた。柏が3-1で勝利し、4試合ぶりの白星を飾った。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:00 | 大阪 | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元女子日本代表FW永里優季、来季米女子参入の新規クラブに加入決定!9月に神奈川2部の男子チームに期限付き移籍

【女子サッカー】男子チーム加入の元女子日本代表FW永里優季が米移籍、クラブ寝耳に水 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1603880133/
永里はやぶさ加入.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/10/28(水) 19:15:33.52 ID:CAP_USER9.net

サッカーの米女子プロリーグNWSLで、来季から参入するレーシング(ケンタッキー州ルイビル)は28日までに、シカゴ・レッドスターズから元女子日本代表FW永里優季(33)の加入が決まったと発表した。永里は自身のツイッターに突然の移籍決定への驚きと、「ファンとチームにお礼を言いたい」などと古巣チームへの感謝の言葉をつづった。

永里は9月にレッドスターズから神奈川県2部リーグの男子チーム「はやぶさイレブン」に期限付き移籍した。今月18日のリーグ戦では日本協会の第1種(一般・大学)に登録された女子プロ選手として初の公式戦出場。後半ロスタイムには自身のパスから実兄のFW永里源気の得点も演出。約8分間、男子選手と対等にプレーし、3−1の勝利に貢献した。今後への期待も大きかっただけに、チーム関係者は「まったく聞いていない」と寝耳に水の様子だった。

永里は11年女子W杯優勝や、12年ロンドン五輪銀メダルの立役者の1人として活躍していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c99e1ba9ed35289de91490ad37a0d464e90abee0


元なでしこFW永里優季がNWSLの新規参入クラブへ移籍決定、9月に神奈川県2部のはやぶさイレブン加入
https://news.yahoo.co.jp/articles/7e87ebbee2449792b12817897fcb6d414c4cac45

ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のレーシング・ルイビルFCは、元なでしこジャパンのFW永里優季(33)の獲得を発表した。

クラブの発表によると、永里の保有元であるシカゴ・レッドスターズとのトレードで獲得したとのこと。アメリカ女子代表FWサバンナ・マカスキル(24)と合わせて2人が移籍することになるようだ。

レーシング・ルイビルは新シーズンからNWSLに参入するクラブ。そのため、選手を補強している段階のようだ。

クリスティ・ホリー監督は永里について「試合での功績、そして貢献という点で、無限の称賛がある」とコメント。「彼女はそのレベルの経験があり、このチームを構築する上でインパクトがあるものになるでしょう」とコメントした。

永里は9月に神奈川県2部リーグのはやぶさイレブンに加入。女子選手が男子チームに加入したことは世界中でも大きな話題となっていた。

※一部追記いたしました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:09 | 大阪 | Comment(6) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、新型コロナの3度目の検査も陽性…CLバルセロナ戦の欠場が決定 メッシとの2年半ぶり対決はならず

【サッカー】C・ロナウド、最新検査でもコロナ陽性…メッシとの2年半ぶりの対決は実現せず [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1603865075/
Cロナウド20-21ユベントス.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/10/28(水) 15:04:35.13 ID:CAP_USER9.net

期待されていたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの世紀の対決は水の泡となってしまったようだ。

現フットボール界の二大巨頭であるC・ロナウドとメッシ。前者がかつてレアル・マドリーに在籍していた頃は、ラ・リーガで幾度となくしのぎを削ってきた両雄だが、ユベントスに移籍した2018年夏以来、2人がピッチの上で顔を合わせることはなかった。

そんな中、今季のチャンピオンズリーグ(CL)ではユベントスとバルセロナが同じグループGに入り、最後に戦った2018年5月から2年半ぶりの対決が期待されていた。

しかし、C・ロナウドは今月13日に新型コロナウイルスに感染。その後、21日の検査でも陽性反応が確認されると、イタリア『メディアセット』によれば、28日のバルセロナ戦前の検査でも三度陽性に。この結果、ポルトガル代表FWはバルセロナ戦の欠場が確定。メッシとの共演は持ち越しとなってしまった。

ユベントスとバルセロナは、互いにCL開幕節で白星を飾っており、連勝を懸けた一戦になる。なお、両チームの次の対戦は12月8日に予定されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cb45ef660b11091362c860ee890d80e39406a275



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島翔哉、絶妙スルーパスで追加点の起点に!ポルトはオリンピアコスに勝利!アトレティコはザルツブルクに競り勝ち!アタランタはアヤックスとドロー CL第2節(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL第2節 ボルシアMG×レアル・マドリード、リバプール×ミッティラン、マルセイユ×マンCなど結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1603835989/
中島20-21CL第2節.jpg

1: 久太郎 ★ 2020/10/28(水) 06:59:49.47 ID:CAP_USER9.net

グループA
ロコモティヴ・モスクワ 1−2 バイエルン
[得点者]
レオン・ゴレツカ   (前半13分)バイエルン
アントン・ミランチュク(後半25分)ロコモティヴ
ヨシュア・キミヒ   (後半34分)バイエルン
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20118435


アトレティコ・マドリード 3−2 ザルツブルク
[得点者]
マルコス・ジョレンテ (前半29分)アトレティコ
ドミニク・ソボスライ (前半40分)ザルツブルク
メルギム・ベリシャ  (後半02分)ザルツブルク
ジョアン・フェリックス(後半07分)アトレティコ
ジョアン・フェリックス(後半40分)アトレティコ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20118436


グループB
シャフタール 0−0 インテル
[得点者]
なし
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20118438


ボルシアMG 2−2 レアル・マドリード
[得点者]
マルクス・テュラム(前半33分)ボルシアMG
マルクス・テュラム(後半13分)ボルシアMG
カリム・ベンゼマ (後半42分)レアル・マドリード
カゼミロ     (後半48分)レアル・マドリード
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20118437


グループC
FCポルト 2−0 オリンピアコス
[得点者]
フェレイラ・ビエイラ(前半11分)ポルト
セルジオ・オリベイラ(後半40分)ポルト
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20118439
※中島翔哉は後半15分から出場


マルセイユ 0−3 マンチェスター・シティ
[得点者]
フェラン・トーレス  (前半18分)マンC
イルカイ・ギュンドアン(後半31分)マンC
ラヒム・スターリング (後半36分)マンC
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20118440
※酒井宏樹は先発フル出場



グループD
リバプール 2−0 ミッティラン
[得点者]
ディオゴ・ジョッタ(後半10分)リバプール
モハメド・サラー (後半48分)リバプール
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20118441
※南野拓実は先発、後半15分まで出場


アタランタ 2−2 アヤックス
[得点者]
デュサン・タディッチ(前半30分)アヤックス
ラッシーナ・トラオレ(前半38分)アヤックス
ドゥヴァン・ゼパタ (後半09分)アタランタ
ドゥヴァン・ゼパタ (後半15分)アタランタ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20118442


UEFA-CLグループステージ 結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41


中島翔哉が途中出場で追加点の起点に!…ポルト、オリンピアコスを破り今季CL初白星
https://news.yahoo.co.jp/articles/497ab166749be542954d26fbb6be772080aa6109

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、FW中島翔哉が所属するポルトはホームでオリンピアコスと対戦した。中島はベンチスタートで61分から途中出場し、追加点に絡んだ。

 ポルトは前節、敵地でマンチェスター・Cに1−3で敗れて黒星スタート。今節は、第1節でマルセイユに1−0で勝利したオリンピアコスをホームに迎えた。

 試合は11分、ポルトが高い位置からプレスをかけると、相手のパスミスを誘い、セカンドボールをセルジオ・オリヴェイラがペナルティエリア左から折り返す。DFに当たったこぼれ球をファビオ・ヴィエイラが押し込んで先制点を挙げた。

 1点リードで折り返したポルトは61分、ファビオ・ヴィエイラを下げて中島を送り出す。2列目の左サイドに入った中島は74分にペナルティエリア前右で左足を振り抜いたが、シュートは相手DFにブロックされた。

 さらに中島は85分、敵陣中央でパスを受けると、前を向いてエリア右へスルーパス。これを受けたムサ・マレガがクロスを上げると、ゴール前のセルジオ・オリヴェイラが頭で合わせて追加点を挙げた。

 ポルトはこのまま完封勝利を収めて、今シーズンCL初白星を飾った。次節は11月3日に行われ、ポルトはホームでDF長友佑都とDF酒井宏樹が所属するマルセイユと、オリンピアコスはアウェイでマンチェスター・Cと対戦する。

【スコア】
ポルト 2−0 オリンピアコス

【得点者】
1−0 11分 ファビオ・ヴィエイラ(ポルト)
2−0 85分 セルジオ・オリヴェイラ(ポルト)
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2磐田、MF針谷岳晃がJ2北九州に期限付き移籍!元日本代表MF今野泰幸が右膝負傷し全治6週間の離脱(関連まとめ)

磐田MF針谷岳晃、北九州への期限付き移籍が決定「成長できる機会」
https://news.yahoo.co.jp/articles/8cf86835e9d809a14f7167924bd14b5c5627d23b

針谷2020磐田.jpg

 ジュビロ磐田に所属するMF針谷岳晃がギラヴァンツ北九州へ期限付き移籍することが決定した。28日、両クラブが発表している。なお、移籍期間は2021年1月31日までで、同選手は磐田と対戦する公式戦には出場できない。

 針谷は1998年生まれの22歳。昌平高校出身で、2017年から磐田でプレーしている。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで7試合に出場していた。

 期限付き移籍に際し、針谷は磐田の公式サイト上で以下のようにコメントを発表している。

「この時期に移籍させてくれるジュビロに感謝したいですし、自分にとって成長できる機会だと思うので、また成長した姿で戻って来られるように頑張るので、応援していただけたら嬉しいです」

 そして、加入する北九州の公式サイト上では以下のようにコメントしている。

「ギラヴァンツ北九州のサポーターの皆さん、初めまして針谷岳晃です。 早くチームの力になれるように頑張るので、応援よろしくお願いします!」


ジュビロ磐田MF今野泰幸が負傷離脱。右膝内側側副靭帯損傷で全治約6週間
https://news.yahoo.co.jp/articles/95890d9f0023159f44c9ffeace5ae6446c869637
今野2020磐田.jpg

 J2のジュビロ磐田は28日、MF今野泰幸が右膝内側側副靭帯損傷と診断されたことを発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

 今野は21日に行われた2020明治安田生命J2リーグ第28節の東京ヴェルディ戦に先発。しかし65分過ぎに藤田譲瑠チマとの接触で右膝を負傷し、担架で運ばれ交代を余儀なくされた。


 今野は東京V戦後に浜松市内の医療機関で検査を受け、右膝内側側副靭帯損傷と診断された。全治は約6週間を要する見込みだという。

 今野はここまでリーグ戦6試合に出場。負傷交代となった東京V戦まで5試合に先発していた。現在8位の磐田にとって今野の離脱は痛手となるだろう。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13328
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1603774362/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、デブライネ2アシストの活躍で酒井宏樹フル出場のマルセイユに3-0完勝!今季CL2連勝(関連まとめ)

マンC、マルセイユに3発完勝でCL2連勝…酒井はフル出場、長友は出番なし
https://news.yahoo.co.jp/articles/2b359d69a03f47959afd2b29f2f89a057fd934fd
デブライネ20-21CL第2節ハイタッチ.jpg


 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、DF長友佑都とDF酒井宏樹が所属するマルセイユとマンチェスター・Cが対戦した。酒井は右ウイングバックでフル出場。長友はベンチスタートで出番はなかった。

 マルセイユは第1節でオリンピアコスに0−1で敗れて黒星スタート。マンチェスター・Cはホームでポルトに3−1で勝利を収めて白星発進となった。

 試合は開始18分、マンチェスター・Cが先制に成功した。相手のパスミスに反応したケヴィン・デ・ブライネがペナルティエリア右からダイレクトで折り返す。これをゴール前に飛び出したフェラン・トーレスが合わせて先制点を挙げた。

 先手を取ったマンチェスター・Cはその後もゲームを支配。35分にはトーレスが相手エリア内でDFからボールを奪うと、最後はデ・ブライネがエリア左からシュートを打ったが、わずかに枠の右に逸れた。

 後半に入ってもマンチェスター・Cの支配は変わらず。マルセイユも意地の守備で得点を許さず、膠着状態が続いたが、終盤に入って76分にマンチェスター・Cが追加点。フィル・フォーデンが左サイドを抜けてクロスを送り、ファーのラヒーム・スターリングが頭で合わせる。これをイルカイ・ギュンドアンが押し込んで追加点を挙げた。

 さらにマンチェスター・Cは81分、エリア右に抜け出したデ・ブライネが折り返し、ゴール前に走り込んだスターリングが合わせてダメ押しゴール。試合はこのまま終了し、マンチェスター・Cが完勝で2連勝。マルセイユは2連敗を喫した。

 次節は11月3日に行われ、マルセイユはアウェイでFW中島翔哉が所属するポルトと、マンチェスター・Cはホームでオリンピアコスと対戦する。

【スコア】
マルセイユ 0−3 マンチェスター・C

【得点者】
0−1 18分 フェラン・トーレス(マンチェスター・C)
0−2 76分 イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・C)
0−3 81分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)


BLUEMOONマンチェスターシティ 383citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1602959501/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、バルトメウ会長の辞任を発表…11月の不信任投票を待たずして退任(関連まとめ)

【サッカー】バルセロナのバルトメウ会長が辞任を発表…前日の続投宣言から一転 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1603838796/
バルトメウ会長20-21記者会見.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/10/28(水) 07:46:36.13 ID:CAP_USER9.net

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が辞任を発表した。27日、クラブ公式サイトが伝えている。

 バルトメウ氏は27日に会見を開き、その様子をライブ映像で伝えた。スペイン紙『アス』によると会見の冒頭で、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で投票プロセスが複雑になり、現在の状況では取締役会が問責決議を行うことができないため取締役会が辞任を決定したことを明らかにした。

 昨シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)で歴史的敗退を喫し、変革の必要性が浮き彫りになったバルセロナ。生え抜きの絶対的エースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが退団を申し出たが、バルトメウはこれを認めず結局残留。会長に対するファンの不安は次第に高まり、不信任決議に必要な署名は必要な数を大幅に上回り2万以上を集めた。

 不信任投票を目前に控えた26日の会見では改めて辞任の可能性を否定していた。しかし、カタルーニャ州が新型コロナウイルスのパンデミック下にも関わらず11月1日または2日の投票実施を要請したため、不信任投票を待たずしてついに会長の座を退くことを決めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1b51abf1ea70ce6d3f215bdd6626ab88938015d9



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、キミッヒ絶妙決勝ボレー弾でCL13連勝!敵地でロコモティフ・モスクワに苦しみながらも2-1勝利

王者バイエルン、キミッヒの技あり決勝弾でCL2連勝…敵地でロコモティフに競り勝つ
https://news.yahoo.co.jp/articles/1b662cfbbdbfddf4c7772e816c091aa5894fa815
キミッヒ20-21CL第2節ゴール.jpg


 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、ロコモティフ・モスクワとバイエルンが対戦した。

 昨季王者のバイエルンは第1節でアトレティコ・マドリードに4−0で快勝し白星スタート。ロコモティフ・モスクワはザルツブルクと2−2で引き分けてドロー発進となっていた。

 試合はホームのロコモティフが先に決定機を作り、3分にゴール前へ飛び出したフョードル・スモロフがフリーでヘディングシュートを放ったが、これは惜しくもGK正面。一方のバイエルンも8分、左CKでロベルト・レヴァンドフスキが頭で合わせにいったが、直前にボールの軌道が変わって反応しきれずにシュートミスで枠を捉えなかった。

 両者が立ち上がりにチャンスを作ったが、先制に成功したのはバイエルン。14分、コランタン・トリッソがペナルティエリア右へ浮き球パスを送ると、フリーのベンジャマン・パヴァールがジャンプしながら右足ダイレクトで折り返す。これをニアに飛び出したレオン・ゴレツカが頭で叩き込んで先制点を奪った。

 バイエルンは25分にも同じような形で追加点のチャンス。エリア前のトリッソが右サイドへ浮き球パスを送り、パヴァールがダイレクトでジャンピングクロス。今度は中央のキングスレイ・コマンが右足ボレーで合わせたが、これは左ポストに弾き返された。

 1点リードで折り返したバイエルンはハーフタイムにゴレツカとトーマス・ミュラーを下げて、ハビ・マルティネスとセルジュ・ニャブリを投入。ニャブリは20日に新型コロナウイルス陽性反応が出て2試合を欠場したが、その後の検査で陰性が確認されて25日に隔離が解除されていた。

 バイエルンは57分、ニャブリの折り返しにゴール前のジョシュア・キミッヒが右足で合わせたが、目前のDFにブロックされる。ロコモティフは68分、左サイドからのクロスにウラジスラフ・イグナティエフが合わせたが、GKマヌエル・ノイアーに阻まれる。バイエルンも直後にコマンがキミッヒとのワンツーでエリア左に抜けたが、シュートは枠の上に外れた。

 すると70分、ロコモティフが同点に追いつく。ゼ・ルイスが右サイドを抜け出し、エリア右からグラウンダーのクロス。これをアントン・ミランチュクが左足でニアに沈めて同点ゴールを挙げた。ロコモティフは77分にもカウンターでゼ・ルイスが抜け出してチャンスを迎えたが、エリア左から打ったシュートは枠の右に外れた。

 しかしバイエルンは79分、エリア前中央のキミッヒがJ・マルティネスの縦パスをターンしながら受けると、トラップでバウンドしたボールを右足で叩き、鮮やかなボレーシュートをゴール左隅に沈めた。キミッヒの技ありゴールがこのまま決勝点となり、バイエルンが敵地で競り勝って2連勝。ロコモティフは2試合未勝利となった。

 次節は11月3日に行われ、ロコモティフ・モスクワはホームでアトレティコ・マドリードと、バイエルンはアウェイでMF奥川雅也が所属するザルツブルクと対戦する。

【スコア】
ロコモティフ・モスクワ 1−2 バイエルン

【得点者】
0−1 13分 レオン・ゴレツカ(バイエルン)
1−1 70分 アントン・ミランチュク(ロコモティフ)
1−2 79分 ジョシュア・キミッヒ(バイエルン)

バイエルンCL13連勝 キミヒ鮮やかボレーでV弾
https://news.yahoo.co.jp/articles/f611bcebcc7e4dd15d60630d518ae63cedf801b6

<欧州チャンピオンズリーグ:ロコモティフ・モスクワ1−2Bミュンヘン>◇1次リーグA組◇27日◇モスクワ

前回覇者のバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)がアウェーでロコモティフ・モスクワ(ロシア)に2−1で辛勝し、欧州CLでの最多連勝記録を13に伸ばしA組首位を守った。

前半13分、MFトリッソのサイドチェンジのパスを右からDFパバールが右足ボレーで折り返し、ニアでMFゴレツカが綺麗にに頭を合わせて先制に成功。後半25分にMFミランチュクに決められて同点に追いつかれたが、同34分、DFマルティネスのくさびのパスを中央でゴールを背にして受けたMFキミヒが、左足トラップで浮かせ反転しながらの右足ハーフボレーでゴールへたたき込んで勝ち越した。

【3冠王者】FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 294
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1600966217/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、ジョタ先制ゴールなどミッティランに2-0勝利しCL2連勝!南野拓実は先発し60分までプレー CL第2節(関連まとめ)

リヴァプール、ジョタ&サラーのゴールでCL2連勝!先発の南野拓実は60分までプレー
https://news.yahoo.co.jp/articles/0ea5306f0ac452b63e6e905f11dd402488a1a23e
ジョタ20-21CL第2節ゴール.jpg


現地時間27日、UEFAチャンピオンズリーグは第2節が行われ、グループDでは南野拓実の所属するリヴァプールがホームのアンフィールドにミルティランを迎えた。

開幕戦でアヤックスに競り勝ち白星スタートを切ったリヴァプールは、連勝を狙うこの試合で前線のメンバーを総入れ替え。ミルティランとの力関係を踏まえ、オリギ、シャチリ、ジョタの3トップに、南野がトップ下で先発出場を果たした。

南野を含む前線のメンバーにとってはポジション争いのアピールの場となるが、開始早々に決定機を作り出したのはアウェーのミルティラン。最終ラインからのロングパスにドレイヤーが抜け出し、GKアリソンと1対1を迎える。しかし、ここはGKアリソンが足でブロック。ファン・ダイク不在の最終ラインは直近のリーグ戦に続いてゴメスとファビーニョが組んだが、早くも不安定さを露呈してしまった。

リヴァプールの反撃は14分、アレクサンダー=アーノルドの右クロスに絶妙なタイミングで抜け出した南野が合わせに行くも、これは空振り。さらにファーサイドでオリギが詰めたが、ここはDFにクリアされる。

南野はトップ下というスタートポジションに囚われず、オリギを追い越して前線に飛び出したり、最前線でプレスを掛けたりと比較的自由にプレー。そのせいかミルティランにとっては捕まえにくい選手となり、度々フリーになる場面が散見された。

27分には、南野が右サイドからのクサビのパスをエリア内右で受けるも、トラップが流れてシュートは打てず。

すると直後、接触プレーのないところでファビーニョが足を痛め、プレー続行不可との判断で30分にリース・ウィリアムズとの交代を余儀なくされた。ファン・ダイクが長期離脱を強いられた中で、センターバックの要として期待されていたファビーニョの負傷は、クロップ監督にとっても頭痛の種になりそうだ。

前半終了間際には、アレクサンダー=アーノルドの右クロスに再び南野が飛び込むが、点で合わせたヘディングはゴール左へと外れ、互いに無得点で試合を折り返した。

拮抗した展開となった前半に対し、後半は立ち上がりに試合が動く。55分、ペナルティーエリア右でDFを一人かわしたアレクサンダー=アーノルドがシャチリとのワンツーでエリア内に侵入。折り返したボールをジョタが押し込み、リヴァプールが均衡を破る。

先制したリヴァプールは60分、南野とオリギを下げてサラーとマネを投入。シュートチャンスに絡めなかった南野は悔しそうな表情でベンチに下がった。

サラーとマネを投入したリヴァプールは、その後もボールを回して試合をコントロールしながら、追加点のチャンスを窺う。しかし決定的なチャンスは作れず、逆にミルティランのカウンターに晒される場面も迎えたが、急遽の出場となったR・ウィリアムズを含む最終ラインが懸命に対応しゴールを許さず。

81分にはジョタを下げてフィルミーノを投入し、“いつもの”3トップに戻ったリヴァプールが攻勢を強めるものの、ミルティランも粘り強い守備で対応。89分にはドレイヤーが鋭い切り返しでリヴァプールの最終ラインを突破し決定機を得るも、ループシュートは枠を外れる。

すると迎えたアディショナルタイム、カウンターからアレクサンダー=アーノルドの縦パスに抜け出したサラーがエリア内で倒されてPKを獲得。これをサラー自ら豪快に決めて勝負あり。互いにチャンスの試合展開となったが、リヴァプールが決めるところを決めて2-0で勝利し連勝を飾った。

■試合結果
リヴァプール 2-0 ミルティラン

■得点者
リヴァプール:ジョタ(55分)、サラー(90+3分PK)


〓〓 Liverpool FC 〓〓 1272 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1603572363/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(28) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルマドリード、終盤0-2から2点差追い付きボルシアMGと2-2ドロー!カゼミロ劇的AT同点弾で今季CL初の勝ち点 CL第2節(関連まとめ)

前節黒星のレアル、ボルシアMGと土壇場ドロー…87分から2点差追いつく
https://news.yahoo.co.jp/articles/c255cb690602bd59fcf1584a34084f29dbfd0657
カゼミロ20-21CL第2節ゴール.jpg

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、レアル・マドリードがアウェイでボルシアMGと対戦した。

 レアル・マドリードは序盤から一方的に相手ゴールに迫るも、シュートはなかなか枠を捕えることができない。29分にはトニ・クロースがようやく枠内の無回転ミドルシュートを放つが、守護神ヤン・ゾマーのセーブに阻まれ先制点とはならない。

 対するボルシアMGは33分、アラサン・プレアのクロスは相手DFの股を抜き、左サイドに走りこんでいたマルクス・テュラムのダイレクトシュートはゴール右上に突き刺さった。数少ないチャンスを物にしたボルシアMGが先制に成功し、1点リードで前半を終えた。

 後半もレアル・マドリードの一方的な展開が続くが決定力を欠き1点が遠のく。すると58分、ボルシアMGはプレアがシュートを放つとレアルのGKティボー・クルトワがセーブ。しかし弾いたボールがテュラムの足元に収まると、そのまま押し込まれ追加点が決まった。勢いづいたボルシアMGはその後2度相手ゴールを脅かすがクルトワのビッグセーブなどで追加点とはならない。

 後がなくなったレアル・マドリードだが87分、フェデリコ・バルベルデのクロスは大きくなったもののカゼミーロが渾身のヘディングで折り返すと、最後はカリム・ベンゼマが左足を大きく振り上げたシュートが決まりスコアを1点差とした。

 さらに90+3分、ルカ・モドリッチのクロスをセルヒオ・ラモスが頭でゴール前に折り返すと、詰めていたカゼミーロが合わせて同点弾。

 試合はそのまま終了し、終盤に2点差を追いついたレアル・マドリードがなんとか勝ち点1を手にした。なお、インテルとシャフタール・ドネツクの試合も引き分けたため、シャフタールが勝ち点4で首位、ボルシアMGとインテルが勝ち点2で並び、レアルが勝ち点1で最下位となっている。

【スコア】
ボルシアMG 2−2 レアル・マドリード

【得点者】
1−0 33分 マルクス・テュラム(ボルシアMG)
2−0 58分 マルクス・テュラム(ボルシアMG)
2−1 87分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
2−2 90+3分 カゼミーロ(レアル・マドリード)

グループB
シャフタール 0−0 インテル
[得点者]
なし
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20118438

【サッカー】UEFA-CL第2節 ボルシアMG×レアル・マドリード、リバプール×ミッティラン、マルセイユ×マンCなど結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1603835989/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:42 | 大阪 | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)