アンテナ・まとめ RSS

久保建英、ビジャレアルがレンタル延長を打診?両クラブ首脳陣は話し合いか?(関連まとめ)

【サッカー】ビジャレアルが久保建英のレンタル延長を打診と現地メディアが報道! 今冬の強制復帰説から一転? [豆次郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1606120815/
久保20-21第10節.jpg
1: 豆次郎 ★ 2020/11/23(月) 17:40:15.52 ID:CAP_USER9.net

11/23(月) 17:27
配信
THE DIGEST
ビジャレアルが久保建英のレンタル延長を打診と現地メディアが報道!今冬の強制復帰説から一転?

 2009年夏にレアル・マドリーに加入した久保建英は、すぐにマジョルカにレンタル移籍して1シーズンを過ごした後、今季からはビジャレアルで“武者修行”を続けている。

 この「イエローサブマリン」でのレンタル期間も1年間となっているが、これを延ばそうという動きがあると、スペインのメディア『TODOFICHAJES.COM』が報じた。

「ビジャレアルが久保のレンタルの延長を望んでいる」という記事において、同メディアは「今季終了後に他のクラブとの争奪戦が始まるのを待ちたくないビジャレアルは、マドリーに対し、レンタル延長の可能性について相談した」と綴っている。

 マドリーは、久保について綿密なプロジェクトを立てており、来季は彼を呼び戻して「白い巨人」の一員としてデビューさせる可能性もあるだけに、このレンタル先クラブからの申し出にも首を縦に振ることはなかったという。
 
 しかし、「ベティス、バジャドリー、レアル・ソシエダといった他クラブからのオファーがありながらも、久保のレンタルを勝ち取った」ビジャレアルだけに、マドリーとの関係はこの先も続く可能性があると、同メディアは見ている。そしてその理由は、何より久保自身の希望によるものだという。

「ビジャレアルでは困難を伴うスタートを切った久保だが、プレー時間は徐々に増え、ヨーロッパリーグではスタメンの座を確保しているため、ウナイ・エメリ監督の起用についても満足しており、もしマドリーに復帰してもピッチに立てる可能性が低いのであれば、このままカステジョンのクラブに滞在することも問題なしとしている」

 ビジャレアルはここまで上位をキープし、順位ではマドリーを上回っている。財政的にも増収を記録し、選手への給与アップを発表するなど、スペインでは最も明るい話題の多いクラブだ。エメリ監督については賛否両論ありながらも、久保を大切に扱っているという好意的な見方もあり、急いでマドリーに戻るより、このまま残留するのが得策という考えも否定はできないだろう。

「両クラブの首脳陣は、近いうちに再度話し合いの場を設けるということで同意した」と報じた後、同メディアは「数週間前には、エメリの起用法に不満を持ったマドリーが、来年1月でレンタルを強制終了させるともいわれていた。物事は変わるものだ」と締めている。

『TODOFICHAJES.COM』といえば、これまでにも「マドリーが今冬でのレンタル終了を決意し、新たなクラブを探している」「バジャドリーが久保の新天地候補に名乗り」といったニュースを報じるなど、やや“先走り”感が否めないところはあるが、果たして今回はどうだろうか?

構成●THE DIGEST編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/427421b12cbf50ddc316111ea2d8435762ec371a



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エバートン、C・ルーウィン2発・ドゥクレ弾でフラムに3-2勝利!4試合ぶりの白星!(関連まとめ)

エヴァートンが5試合ぶり白星! C・ルーウィン2発、フルアムとの打ち合い制す
https://news.yahoo.co.jp/articles/201b416bc81755630f1a14ecb2b117ce146258f4
Cルーウィン20-21第9節ゴール.jpg

プレミアリーグ第9節が22日に行われ、フルアムとエヴァートンが対戦した。

 開幕4連勝の後に失速し、3連敗で試合を迎えたエヴァートンは、前節マンチェスター・U戦からスタメンを4人変更。3試合の出場停止処分が明けたリチャーリソンは再びスタメンに名を連ねた。

試合は開始早々の1分に先制点が生まれる。高い位置でボールを奪ったリチャーリソンが左から折り返し、中でドミニク・カルヴァート・ルーウィンが押し込んだ。

 フルアムは15分、トム・ケアニーとのダイナミックなワンツーパスで相手のDFラインを割ったボビー・リードが豪快に決めて試合を振り出しに戻す。だが29分、エヴァートンは勝ち越しに成功。右サイドで相手3人を剥がしたアレックス・イウォビから、ボールはハメス・ロドリゲスを経由して左サイドのリュカ・ディニュに渡る。ディニュはグラウンダーで折り返すと、再びカルヴァート・ルーウィンが押し込んだ。カルヴァート・ルーウィンにとっては、今季リーグ戦での10ゴール目となった。

 さらに35分、エヴァートンがリードを広げる。左サイドからディニュが柔らかいクロスを送ると、中でフリーになったアブドゥライェ・ドゥクレが頭で流し込んだ。試合はエヴァートンの2点リードで折り返した。

 フルアムは69分、ルベン・ロフタス・チークがエリア内で倒されてPKを獲得。キッカーを務めたのはイヴァン・カヴァレイロだったが、ペナルティスポットで足を滑らせてしまい、ボールはポストの上へと外れた。だが、フルアムは70分に点差を1点に縮める。右サイドをえぐったアデモラ・ルックマンがグラウンダーで折り返し、ニアサイドでロフタス・チークが合わせると、シュートは相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。チェルシーからの期限付き移籍でフルアムに加入しているロフタス・チークにとっては、今夏の後初得点となった。

 試合はこのまま終了。勝利したエヴァートンは5試合ぶりの白星で今季5勝目となり、勝ち点を「16」に伸ばした。一方のフルアムは2連敗で今季7敗目となった。次節、フルアムは30日にアウェイでレスターと、エヴァートンは28日にホームでリーズと対戦する。

【スコア】
フルアム 2−3 エヴァートン

【得点者】
0−1 1分 ドミニク・カルヴァート・ルーウィン(エヴァートン)
1−1 15分 ボビー・リード(フルアム)
1−2 29分 ドミニク・カルヴァート・ルーウィン(エヴァートン)
1−3 35分 アブドゥライェ・ドゥクレ(エヴァートン)
2−3 70分 ルベン・ロフタス・チーク(フルアム)

【中下位専用】ENGLAND Premier League 33
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1603530540/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:59 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武藤嘉紀、4試合ぶり先発し攻撃を牽引!エイバルとヘタフェは0-0ドロー!(関連まとめ)

武藤嘉紀、ついにラ・リーガで光明を見出す…スコアレスのヘタフェ戦でエイバルの攻撃を牽引する活躍
https://news.yahoo.co.jp/articles/b1649cab0b1af387f96c7106334072fa62ff95ae
武藤嘉紀20-21第8節.jpg

22日のラ・リーガ第10節、エイバルは本拠地イプルーアでのヘタフェ戦をスコアレスドローで終えている。MF武藤嘉紀は4試合ぶりに先発出場を果たして77分までプレー。MF乾貴士は今季初めてベンチスタートとなり、出場機会はなかった。

今季イプルーアでは勝ち点15の内、わずか2しか獲得できていないエイバル。ヘタフェを迎えたこの試合では、初勝利に近づくパフォーマンスを見せる。

4-4-2を駆使するエイバルで目立っていたのは左サイドのブライアン・ヒル、2トップの一角である武藤だ。フィジカル的に調子が良さそうな日本人MFは、ブライアン・ヒルと巧みな連係を見せ、スピードあふれる突破、ライン間でのチャンスメイク、積極的なプレッシングと随所に存在感を発揮していった。18分にはシュートまで持ち込むも、GKソリアののセーブに遭った。

エイバルは決定機を決め切れず、スコアレスのまま試合を折り返す。後半もヘタフェより深く相手ゴールまで食い込んでいくが、しかし得点は奪えぬ状況は変わらず。エイバルのメンディリバル監督は77分に2枚目の交代カードを切り、武藤を下げてエンリクを投入。コンスタントにヘタフェを脅かすプレーを見せた武藤は、ようやくラ・リーガで光明を見出したようだった。スペインの現地実況でも「武藤は素晴らしかった」「素晴らしいスピードがある」「エイバルにようやくフィットし始めたようだ」などとコメントされている。

エイバルは89分にエンリクがヘディングシュートからゴールをうかがうが、これは惜しくもポストに直撃。また、その直後にキケ・ガルシアがソリアとやり合い、2枚目のイエローカードで退場となった。数的不利となったエイバルはヘタフェに攻められる場面も増え、結局0-0で勝ち点1を分け合っている。

ホーム初勝利をまたも逃したエイバルは、勝ち点10で暫定14位に位置している。

【DAZN】ラ・リーガ総合 ★15
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1605964507/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、DFピケが右膝重傷で最低2カ月以上の離脱へ…セルジ・ロベルトも太もも負傷し2カ月の離脱

【サッカー】バルセロナ、ピケが右膝重症で数か月離脱へ [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1606106021/
ピケ20-21第8節負傷交代.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/11/23(月) 13:33:41.89 ID:CAP_USER9.net

【AFP=時事】スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)は22日、DFジェラール・ピケ(Gerard Pique)の膝のけがは重症だったと発表。最低でも2か月離脱する見込みとなった。

21日に0-1で敗れたアトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)とのリーグ戦でピケは、アンヘル・コレア(Angel Correa)との接触で負傷し、涙を流しながらピッチを後にした。

 ピケのけがについてバルセロナは、「検査の結果、右膝の内側側副靱帯(じんたい)に重度3の捻挫、および前十字靱帯の部分損傷が見つかった」と発表している。

 クラブはピケの復帰時期を明示しなかったものの、スペインメディアは復帰まで2か月から6か月程度を要すると報じている。

 またバルセロナは、右サイドバックや中盤で起用可能なセルジ・ロベルト(Sergi Roberto Carnicer)の太ももの筋断裂も発表。同じく2か月戦列を離れる見通しとなった。

 サミュエル・ウムティティ(Samuel Umtiti)とロナルド・アラウホ(Ronald Araujo)が負傷中のため、ピケの離脱によりバルセロナでCBが本職の選手はクレマン・ラングレ(Clement Lenglet)ただ一人となった。

 最近はフレンキー・デ・ヨング(Frenkie de Jong)がディフェンスラインに下りるケースもあるものの、アトレティコに今季3敗目を喫したバルセロナを率いるロナルド・クーマン(Ronald Koeman)監督にとっては理想とは程遠い事態となった。

 リーグ戦では12位に低迷するバルセロナだが、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2020-21)では3戦全勝でグループGのトップに立っており、24日にはアウェーでディナモ・キエフ(Dynamo Kiev)と戦う。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/31ba5d06ae023474035655e8377d64b1bd46b291



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルDFセルヒオ・ラモス、日本移籍の噂が浮上!PSG、中東、MLSからもオファーか(関連まとめ)

【サッカー】セルヒオ・ラモスに日本移籍の噂が浮上。レアル最強のCB、東京五輪のOAも視野 [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1606093266/
セルヒオ・ラモス20-21.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2020/11/23(月) 10:01:06.91 ID:CAP_USER9.net

スペイン1部リーグのレアル・マドリードのキャプテンでもあるスペイン代表センターバックのセルヒオ・ラモスに、Jリーグ移籍の可能性が浮上か!?

 スペインの雑誌『Que』電子版が11月22日に報じた。内容的には、これまでの噂をまとめる形で、そこに「日本」が登場している。

セルヒオ・ラモスは2021年6月までレアル・マドリードと契約を結び、その後に関する正式発表が注目を集めている。そうしたなか、34歳の闘将にやはり多くのクラブが興味を示し、とりわけUEFA欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝を目指すプレミアリーグのトッテナム・ホットスパーズが最有力候補に浮上。レアルでともに戦ったジョゼ・モウリーニョ監督が欲しているというのだ。

さらに「セルヒオ・ラモスはカタール、サウジアラビア、日本からのオファーについても検討している。またパリ・サンジェルマンも獲得を考えていると言われてきた。 MLS(メジャーリーグサッカー)のインテル・マイアミも、ラモスがフリートランスファーになった場合に獲得に乗り出すという」と報じている。

パリSG、インテル・マイアミの噂に関しては、すでにスペインの複数メディアに取り上げられてきた。高額オファーを出したというパリSGの報道については、フランスサイドで否定もされている。

「日本」については具体的な話がなく、とりあえず候補に入れてきた印象が否めない。ただ、ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタはスペイン代表のチームメイトであり、二人は2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)、12年のEUROの優勝を果たしている。レアル・マドリードとFCバルセロナで戦ってきた最大のライバルであり、 戦友でもある(最後のクラシコのあとユニフォーム交換もしている)。

また、唯一獲得できていない国際タイトルであるオリンピック制覇の野望を掲げ、東京オリンピックに臨むスペイン五輪代表へのオーバーエイジ(OA)での参戦を希望。今年開催されていた場合、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督も参戦を容認する考えを示していた。

全文はソースで
https://sakanowa.jp/topics/37343



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊東純也、1ゴール1アシストで3得点に絡む活躍!ヘンクの4-1逆転勝利に貢献(関連まとめ)

【サッカー】伊東純也が華麗な個人技で今季3点目。1ゴール1アシストなど3得点に絡む活躍で逆転勝利に貢献 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1606093818/
伊東20-21第13節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/11/23(月) 10:10:18.01 ID:CAP_USER9.net

【ヘンク 4-1 ムスクロン ベルギー1部第13節】

 ベルギー1部リーグ第13節のヘンク対ムスクロンが現地時間22日に行われた。試合は4-1でホームのヘンクが勝利した。ヘンクのFW伊東純也が今季3点目となるゴールを挙げている。

 最下位ムスクロンに先制を許したヘンクは、前半終了間際に伊東の個人技で追いついた。


 中央で縦パスを受けた伊東は、反転してドリブルでペナルティーエリア左に運ぶと、切り返してDFをかわして右足でシュート。2人のDFがスライディングでブロックに入った間を抜いて、ゴール右隅に決めた。

 良い形で折り返したヘンクは55分に逆転に成功すると、さらに伊東がゴールに絡んでいく。63分、伊東がペナルティーエリア手前から右足で強烈なシュートを放つと、GKが真上に弾いたボールをオヌアチュが押し込んで3点目。81分には伊東のアシストでボンゴンダが決めて4-1とした。

 ヘンクはリーグ戦5連勝で暫定3位につけている。

【得点者】
34分 0-1 ダ・コスタ(ムスクロン)
45+2分 1-1 伊東純也(ヘンク)
55分 2-1 ボンゴンダ(ヘンク)
63分 3-1 オヌアチュ(ヘンク)
81分 4-1 ボンゴンダ(ヘンク)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5a427cd48abb62745d666c48d14b4cf5304117f3



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米サッカーで珍事!PK戦でGKが退場!DFが急造GKとなり見事PKストップ!MLSカップ戦

【サッカー】衝撃のPK戦!GKが退場の大ピンチ、MLSカップで急造GKがスーパーセーブでチームを救う [幻の右★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1606002986/
オーランドシティDFGK歓喜.jpg
1: 幻の右 ★ 2020/11/22(日) 08:56:26.62 ID:CAP_USER9.net

アメリカで史上稀に見る珍事が起こった。

それは21日に行われたMLSカップのカンファレンス準々決勝でオーランド・シティvsニューヨーク・シティFCでの出来事。1人のディフェンダーが大活躍を見せたのだ。

MLSカップは年間王者を決めるMLSのプレーオフ。その初戦で両チームは激突した。

オーランド・シティは5分に元ポルトガル代表FWナニがPKを決めて先制。しかし、ニューヨーク・シティFCも8分にDFマクシム・シャノがゴールを奪い、1-1のタイスコアとなる。

その後はスコアが動かないものの、激しさを増す試合。オーランド・シティは87分にDFルアンが退場に。数的不利になりながらも延長戦でも粘り強く戦い、勝負はPK戦にもつれ込んだ。

そのPK戦では先行のニューヨーク・シティFCの1人目、モラレスがクロスバーに直撃させてしまい失敗。その後は互いに成功を重ね、ニューヨーク・シティFCの5人目のバレンティン・カステジャーノスがシュート。これを、GKペドロ・ガジェセが横っ飛びでセーブ。オーランド・シティの勝ち上がりが決定した。

監督はピッチサイドを駆け巡り、ベンチの選手も飛び出した中、主審が耳元に手を。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入し、ガジェセがシュートの前にラインを出ていたことが判明。このPKがやり直しとなった。

しかし、そこでこの話は終わらず、ガジェセにはイエローカードが提示されたが、遅延行為ですでに1枚もらっていたために退場に。控えGKであるブライアン・ロウを投入し、やり直しのPKの準備に入った。

救われたカステジャーノスだったが、なかなか蹴り出さない。すると主審が引き続きなにやら指示を受けている状況。なんとこの交代が認められず、途中出場していたDFロドリゴ・シュレーゲルがPK戦でGKを務めることになってしまったのだ。

当然急造GKであるシュレーゲルの動きはぎこちなく、カステジャーノスは難なくPKを成功。それでもオーランド・シティは最後にキッカーであるナニが決めれば勝利だったところ、なんとナニのシュートがセーブされてしまい失敗に。サドンデスに入り、オーランド・シティは万事休すの状態となった。

6人目はともに成功。失敗するのを待つしかないような状況となったなか、急造GKシュレーゲルが奇跡を起こす。7人目、グドムンドゥル・トラリンソンが右上を狙った強烈なシュートを見舞うが、完璧なコースへのシュートをまさかのシュレーゲルが完璧にセーブ。一気に盛り上がるオーランド・シティはすでに勝ったかのような喜びを見せた。

なお、オーランド・シティの7人目のベンジ・ミシェルがしっかりと決めてオーランド・シティは勝利。カンファレンス準決勝に駒を進めた。

超WORLDサッカー!
11/22(日) 8:45
https://news.yahoo.co.jp/articles/e86ddc13f78bbf489f04a51ca6945253c2eef15b
動画



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イブラヒモビッチ、圧巻2ゴールで今季10得点目!セリエA2桁得点の最年長記録を78年ぶりに10歳塗り替える ミランはナポリに3-1快勝

【サッカー】イブラヒモビッチは今季4度目のドッピエッタ…セリエA開幕8試合10得点の最年長記録を78年ぶりに10歳分も塗り替える [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1606093091/
イブラ20-21第8節ゴール.jpg
1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/23(月) 09:58:11.69 ID:CAP_USER9.net

ミランのFWズラタン・イブラヒモビッチは22日の第8節・ナポリ戦で2得点を挙げた。今季10ゴール目となり、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドに並ばれていた得点ランクでも再び単独トップに立っている。

 39歳の躍進は止まらない。ミランをリーグ首位に牽引するイブラヒモビッチは今節も躍動。前半20分、左サイドからクロスが出ると、ディフェンスの名手DFカリドゥ・クリバリのマークを受けながらもヘディングシュートで合わせ、先制点を叩き込んだ。

 さらに後半9分にはPA左から浮き球パス。イブラヒモビッチは相手守備陣のマークをかいくぐり、ファーサイドから膝でゴールに押し込んだ。

 イブラヒモビッチは自身が出場したリーグ6試合すべてで得点を記録。ドッピエッタ(1試合2得点)は今季4度目に。リーグ唯一の10点台突破を果たし、得点ランク首位に再び立った。

 データサイト『opta』によると、セリエA開幕8試合で10得点を奪った最年長プレーヤーにもなった。塗り替えた記録は1942-43シーズンに、シルヴィオ・ピオラ氏がラツィオで達成したもの。しかし当時のピオラ氏の年齢は29歳。イブラヒモビッチは78年ぶりに、10歳も記録を上回ってみせた。

 圧倒的な活躍を残したイブラヒモビッチだが、後半34分には途中交代。プレー中に左足の太もも裏を痛め、そのままピッチ外に出ている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d9d47e6a8395e7d21fc076e74333a2f9dff201c6
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201123-43730181-gekisaka-000-1-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ペペ頭突きで一発退場&サカ負傷交代でリーズに苦戦し0-0ドロー

ペペ愚行退場にサカ負傷交代…リーズの猛攻耐え抜きドローもアーセナルの今後に不安…《プレミアリーグ》
https://news.yahoo.co.jp/articles/38111d5279cf372dde77f5bfe72e505c6f2b030f
ぺぺ20-21第9節レッド.jpg


プレミアリーグ第9節、リーズ・ユナイテッドvsアーセナルが22日にエランド・ロードで行われ、0-0のドローに終わった。

インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節でアストン・ビラに完敗した11位のアーセナルが、連敗中で15位に沈むリーズのホームに乗り込んだ一戦。

直近4戦3敗と低調な戦いが続くアーセナルはアルテタ監督への風当たりも強くなり、批判を払しょくするうえでは勝ち点3が必須。鬼才ビエルサ率いる難敵との一戦ではビラ戦から先発4人を変更。負傷のトーマス、新型コロナウイルスの陽性判定が出たエルネニーの代役にジャカとセバージョス、ブカヨ・サカとラカゼットに代えてジョー・ウィロックとペペを起用した。また、布陣を[3-4-3]から[4-2-3-1]に変更した。

注目の戦術家同士による試合は経験で勝るアルゼンチン人指揮官の率いるホームチームが立ち上がりから主導権を握る。

いつも通り、強度が高いマンマーク守備でアーセナルの攻撃をうまく封じ込めるリーズは中央のフィリップスやクリッヒを経由したサイドアタックを起点に序盤から押し込んでいく。

12分には左サイドを深くえぐったアリオスキのマイナスの折り返しをゴール前のバンフォードがワンタッチで合わせるが、ここはGKレノの守備範囲。その後もサイドバックの攻撃参加を生かしてサイドで数的優位を作り出し、際どいクロスを浴びせ続けるが、最後の場面で精度を欠く。

一方、なかなか守備がハマらず、攻撃のターンを与えてもらえないアーセナルは散発ながらカウンターから相手陣内深くまで侵攻するが、セバージョスやオーバメヤンらのシュートは枠を捉え切れず。

前半半ばから終盤にかけては完全にリーズペースとなり、31分にはエイリングのクロスのこぼれ球をゴール前のバンフォードが左足でシュート。だが、枠を捉えたこのシュートはGKレノの好守に遭う。結局、前半に相手の2倍以上となる13本のシュートを放ったが、ゴールをこじ開けることはできなかった。

失点こそ免れたものの、前半枠内シュート0に終わったアーセナルは守備に終われていたウィリアンを下げてネルソンをハーフタイム明けに投入。だが、立ち上がりの52分に思わぬアクシデントが発生する。

前半からフラストレーションを溜めていたペペが、流れの中でのポジション取りの場面でアリオスキに押された際に頭突きを敢行。すると、オンフィールドレビューでこれが暴力行為と判断され、レッドカードが掲示された。ペペの愚行により、前半からの劣勢に加えて数的不利を背負うことになり、アルテタ監督はウィロックを下げて、より個で打開できるサカを57分に投入した。

一方、相手が10人での戦いに慣れる前にゴールをこじ開けたいリーズはリスクを冒して攻勢を強めると、64分には右サイドからドリブルで内へ切り込んだラフィーニャからパスを受けたダラスがボックス手前から強烈な左足のシュートを枠の左上隅に飛ばすが、ここはGKレノの見事なワンハンドセーブに阻まれる。

完全に押し込みながらも最後の一押しが足りないリーズはロドリゴ、ポベダとアタッカーを続けて投入。79分にはロドリゴがボックス右角から得意の左足を振り抜くが、これは惜しくもクロスバーを叩く。直後の83分にもボックス右で仕掛けたポベダがシュートまで持ち込むが、今度はGKレノのセーブに遭う。

一方、勝ち点1を念頭に置きながらも虎視眈々とカウンターを狙うアーセナルは84分、ベジェリンの長い持ち上がりからの絶妙なスルーパスにサカが抜け出すが、ボックス内でのGKとの一対一はメリエの冷静な対応もあり、決め切ることができない。

試合終盤にかけてはリーズが猛攻に打って出るが、バンフォードのヘディングシュート、ラフィーニャのゴール至近距離からのシュートがいずれも枠に嫌われるなど、最後までツキに恵まれず、試合は0-0のままタイムアップ。

敵地で最低限の勝ち点1を持ち帰ることになったアーセナルだが、ペペの複数試合でのサスペンションに試合終了間際には途中投入のサカが負傷交代するアクシデントにも見舞われ、今後に向けて大いに不安を残す結果となった。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1563】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1606066662/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、主力多数欠場もジョタ&フィルミーノ弾等でレスターとの上位対決に3-0完勝!ホーム64戦無敗のクラブ新記録樹立!南野は終盤途中出場(関連まとめ)

主力多数不在の王者リバプール、今季首位相手に貫録の完勝! リーグ戦ホーム64戦無敗のクラブ新記録樹立《プレミアリーグ》
https://news.yahoo.co.jp/articles/f533b2d79c4e0a9b5a8afaf209a2e7a910cfe80a
フィルミーノ20-21第9節ゴール.jpg

プレミアリーグ第9節、リバプールvsレスター・シティが22日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが3-0で快勝した。なお、リバプールのFW南野拓実は89分から途中出場した。

前節、マンチェスター・シティとの優勝候補対決を1-1のドローで終えた3位のリバプールだが、その試合で負傷したアレクサンダー=アーノルドに加え、今回のインターナショナルマッチウィークでは長期離脱のジョー・ゴメス、新型コロナウイルスの陽性判定が出たサラー、軽傷を抱えるキャプテンのヘンダーソンと新たに4人の離脱者を出している。それでも、ファビーニョの復帰に伴い、シティ戦からはミルナー、カーティス・ジョーンズ、ナビ・ケイタと最低限の変更に留まった。

一方、リーグ3連勝で首位に立つレスターは、エンディディ、ソユンク、カスターニュと一部主力を欠くものの、連勝中とほぼ変わらないメンバーを揃え、[3-4-2-1]の前線には絶好調のヴァーディ、バーンズ、マディソンとイングランド産タレントが並んだ。

立ち上がりの2分にミルナーの左CKからマネが際どいヘディングシュートを放つなど、攻勢の入りを見せたリバプールは、以降もボックス付近でC・ジョーンズ、ナビ・ケイタ、ジョタと立て続けにフィニッシュまで持ち込み、GKシュマイケルに襲い掛かっていく。

そして、相手を完全に押し込むことに成功したホームチームはやや幸運な形から先制点を奪う。21分、右CKの場面でミルナーが入れたボールをニアのDFフックスが被る形になると、後方のDFエバンスの後頭部に当たり、これが絶妙なバックヘッドの形でゴールネットを揺らした。

敵地で先制を許したレスターだが、直後の23分に最初の決定機を作り出す。左サイド深くに抜け出したヴァーディが角度を付けてマイナスに折り返すと、後方から走り込んできたフリーのバーンズが右足のダイレクトシュート。しかし、このシュートは枠の右に外れた。

その後も両サイドバックの攻撃参加、前線の流動的な動き出しで相手守備に的を絞らせないリバプールが、[5-4-1]のブロックを敷くレスターを押し込んで積極的に2点目を狙う。対するレスターも幾度か良い形でボールを奪った際はバーンズ、ヴァーディのスピードを生かした攻めで相手を引っくり返す場面を作り出す。

そして、互いに惜しい場面を作り合う中、リバプールの絶好調男が決定的な仕事を果たす。前半終了間際の41分、C・ジョーンズからのサイドチェンジを受けたロバートソンが後手の対応を踏んだオルブライトンを冷静にかわして鋭いクロスを供給。絶妙な斜めのランニングでゴール前に飛び出したジョタが冷静に頭で合わせ、クラブ史上初となるデビューからのリーグ戦ホーム4試合連続ゴールとした。

リバプールの2点リードで折り返した試合は前半の流れを踏襲する形の展開が続く。しかし、54分にはリバプールにアクシデントが発生。右ハムストリングを痛めたナビ・ケイタがプレー続行不可能となり、ネコ・ウィリアムズが緊急投入される。この交代によりウィリアムズが右サイドバック、ミルナーが左のインサイドハーフにポジションを移した。

更なる負傷者を出したことで、少し嫌な空気が漂うかに思われたが、タフなユルゲン・クロップ率いるチームは全く動揺を見せない。交代直後にはルーズボールに反応したミルナーのダイレクトスルーパスに抜け出したマネが決定的な枠内シュート。直後の57分にはC・ジョーンズのお膳立てからジョタ、そのこぼれ球にフィルミノと連続で決定機を作るが、GKシュマイケルのビッグセーブ、右ポストに阻まれて3点目とはならず。

一方、後半に入ってもなかなか流れを変えられないレスターは62分、フックスとバーンズを下げてプラートとジェンギズ・ウンデルを同時投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。この交代により、ボールを持つ時間はやや増えたが、相手を脅かすような攻撃を仕掛けるまでには至らず。

後半半ばを過ぎてもインターナショナルマッチウィーク明けの疲労を感じさせないダイナミックなパフォーマンスを継続するリバプールは77分にジョタのお膳立てからフィルミノに3点目のチャンスも、ゴール至近距離からのシュートは左ポストを叩く。さらに、跳ね返りを押し込みに行くが、今度はオルブライトンにゴールライン上でかき出される。

それでも、86分にはここまで2度枠に嫌われてきた背番号9に3度目の正直でゴールが生まれる。右CKの場面でミルナーが入れたアウトスウィングのクロスを打点の高いヘディングで合わせたフィルミノのシュートがゴール左隅に決まった。

これで勝利を確信したクロップ監督は89分に殊勲のジョタとマネに代えてオリジと3戦ぶりの出場となる南野を同時にピッチへ送り込み、このまま試合をクローズ。多くの主力を欠く中、今季首位チームを相手に昨季王者の強さを遺憾なく見せつけたリバプールが、3-0の快勝を収めた。なお、この勝利により、リーグ戦でのホームゲーム64戦連続無敗(53勝11分け)というクラブ新記録を樹立することになった。

【スコア】
リヴァプール 3−0 レスター

【得点者】
1−0 21分 オウンゴール(リヴァプール)
2−0 41分 ディオゴ・ジョッタ(リヴァプール)
3−0 86分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)

※当記事はコメントを承認後に表示する設定にしております。管理人の確認後の表示となるために他記事と比べ、表示は遅くなりますがご了承ください。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1279 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1606073906/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:31 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、吉田フル出場のサンプドリア戦でボローニャの2-1逆転勝利に貢献!日本代表CB対決を制す(関連まとめ)

日本代表CB対決は冨安に軍配!…ボローニャ、吉田フル出場のサンプドリアに逆転勝利
https://news.yahoo.co.jp/articles/0bb7b165476f24d917c7bf8717071ef36786bd25
冨安20-21第8節.jpg


 セリエA第8節が22日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサンプドリアと同DF冨安健洋が所属するボローニャが対戦した。吉田は6試合連続、冨安は8試合連続となる先発フル出場を果たした。

 試合は開始早々の7分に動く。右サイドのコーナーキックを獲得したサンプドリアは、アントニオ・カンドレーヴァがキッカーを担当。インスイングのボールを供給すると、ファーサイドから中央に突進してきたモーテン・トルスビーは、冨安のマークを外して頭で合わせる。強烈なヘディングシュートは、相手GKの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

 1点を追うボローニャは24分、マティアス・スバンベリのスルーパスから抜け出したリッカルド・オルソリーニがループシュートを狙ったが、クロスバーに弾かれる。それでも、ボローニャは44分に試合を振り出しに戻す。右サイドのコーナーキックからオルソリーニがインスイングで供給すると、ボールは相手DFヴァスコ・レジーニに当たってゴールに吸い込まれた。

 同点で折り返すと、51分にボローニャが逆転に成功する。左サイドのムサ・バロウが切り返しから右足でゴールに向かうクロスを送ると、ファーサイドから飛び込んだオルソリーニが頭で押し込んだ。

 追いつきたいサンプドリアだが、攻撃のアイディアに欠いて決定機を生み出せない。そんななか、86分にクラウディオ・ラニエリ監督が審判に対する抗議でレッドカードを提示されて退席処分となってしまった。

 試合はボローニャがリードを守り切ったまま終了。サンプドリアは2連敗となり、今季4敗目。ボローニャは3試合ぶりの白星で今季3勝目となった。次節はコッパ・イタリア4回戦を挟んで行われ、サンプドリアは30日にアウェイでトリノと、ボローニャは29日にホームでクロトーネと対戦する。

【スコア】
サンプドリア 1−2 ボローニャ

【得点者】
1−0 7分 モーテン・トルスビー(サンプドリア)
1−1 44分 オウンゴール/ヴァスコ・レジーニ(ボローニャ)
1−2 51分 リッカルド・オルソリーニ(ボローニャ)

【DAZN】セリエA総合
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1605967671/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)