アンテナ・まとめ RSS

久保建英、ヘタフェ監督が試合後に笑顔で長いハグ!切り札起用の信頼に応える

久保建英、加入数日でヘタフェ監督が“信頼のハグ” 解任論を封じた「才能を解き放つ」好プレー集【激写】
https://news.yahoo.co.jp/articles/6a7fc94ed1e80aa18ab0b63618837e195eaf55ca
久保ヘタフェ監督ハグ.jpg

 ラ・リーガの試合撮影などを精力的に行っている現地在住の日本人フォトグラファー中島大介氏のオリジナル写真を定期的に掲載している(※写真は関連記事からもご覧になれます)。

【激写】殊勲の久保にヘタフェ監督が“信頼のハグ”…初陣で大活躍の神トラップなど好プレー集を見る(計15枚)

 この週末は現地時間8日にヘタフェへの期限付き移籍が決まったばかりの久保建英の“ヘタフェ初陣”を撮影するため、バレンシア州のエルチェへと足を運んだ。スペインではこの週末、マドリードを中心とした大雪によって延期になった試合があり、エルチェvsヘタフェも当初の日曜日開催から1日ずれた。

 久保自身も全体練習をしないまま公式戦に臨んだものの、途中出場ながらいきなり2得点に絡む活躍を見せた。現地紙でも「才能を解き放った」(AS紙)、「新たな主役候補」(ムンド・デポルティーボ紙)などの賛辞が並ぶ中、実際にファインダー越しに捉えた久保はどんな様子だったのか、見ていこう。

地元カメラマン「なんで久保は5番なの?」
 スペインにはめずらしく、エルチェの本拠地は住宅街からはずいぶん離れたところにポツンとあります。ちょうど夕焼けが反射して綺麗でした。

 移籍発表から3日、マドリーを中心に起きた雪害のせいで、久保は一度も全体練習をできませんでした。それでもベンチ入りとなり、期待の大きさが表れていました。撮影する限りでは特に気負った表情はなく、その時点では出場はないかもなと感じました。

 また地元カメラマンも、メンバーが発表された際、久保がメンバーに入っているのか気にしていました。そして……「なんで背番号は5番なんだ? !」とも笑っていました。

 ヘタフェはアップの際から本格的に1対1で仕掛ける練習をしており、結構珍しく感じました。戦術的に、ドリブルが得意なサイドアタッカーの重要性があり、ヘタフェでの久保の立ち位置に期待できそうです。また久保と同じタイミングで加入したアレニャはところどころ、練習法を確認しながらこなしており、チームへの融合が間近であることを感じさせました。

 雨の無観客はやはり寂しさを感じます。スタジアムに入る直前から雨が降り始め、「全く雨予報ではないのに!」と現地カメラマンも困惑気味でした。個人的には以前にも何度か記しているかもしれませんが、雨の試合で久保の印象的なプレーを撮影できていることを思い出して、“もしかしたら”という思いを持ってキックオフを迎えました。

先制を許すもバルサ下部組織出身ククレジャが
 先制点はエルチェのラウール・グティが挙げました。サラゴサで香川の同僚だったようです。格下相手の先制点献上ということもあり、徐々に久保出場の可能性の高まるのでは――そう計算しながら様子をうかがっていました。

 ヘタフェで同点ゴールを奪ったのはククレジャ。アレニャ、久保とともにバルサの下部組織出身のアタッカーは、試合終了まで神出鬼没の動き。撮影していても分かるほどの精力的な運動量でした。

 前半を終えると、他の選手がベンチに向かう中、久保だけはハーフタイム終了とともにロッカーの方に下がり、一番にアップに入りました。現在は各チーム3人しか一度にアップできないため、この段階で久保の起用を決めていたのでは――と思います。遅れて来たのが、アンヘルとニョム。アンヘルがアップの流れを教えているようでした。

 実績を見てもアンヘルから交代かと予想してましたが、ボルダラス監督は1枚目のカードとして久保を切ってきました。ボルダラスから直接、またスタッフからも指示を受けています。気合の入った表情が印象的でした。

 ピッチに入るとククレジャと一言交わし、また他のメンバーにも指示を伝えていました。この指で指し示す仕草は、マジョルカ時代にもよく見たなと思い出しました。また集中する際にこめかみを押さえるのが一種のルーティーンかなと思います。

絶対的エースの勝ち越しゴールをお膳立て
 ファーストプレーは、サイドから中に持ち込みパス。その直後のプレーでは足裏、またぎを使ったドリブルから、中に持ちこんでそのままシュート。こぼれ球をマタが詰めて、勝ち越しゴールが生まれました。

 得点につながるプレーというだけでなく、絶対的なエースフォワードへのお膳立てをしたことで大きな信頼を得たのは、今後の久保を快適にすると思います。

 守備面でも練習参加ができてないにも関わらず、しっかり一度センターラインあたりまで戻りブロックを作って、チーム全体で守れているように見えました。

 ヘタフェの久保はまだ1試合しか撮っていないですが、自陣からカウンターで仕掛ける姿などマジョルカ時代に撮影したものに似た写真が多く撮れました。久保はその後もアンヘルへのセンタリングがPKを誘発したほかにも、ペナルティエリア内で果敢にドリブルでチャレンジ。ゴールを感じさせるプレーが何度もありました。

 エルチェは、ちょっと久保を止められる雰囲気ではありませんでした。

激しいタックルを案じる同僚、指揮官の信頼
 その中で久保は激しいタックルを浴びたシーンがあってヒヤリとしましたが、偶然なのか、元バルサカンテラの2人が真っ先に駆けつけ、また久保のシュートからゴールしたマタも状態を案じていました。

 久保の活躍もあって3-1で勝利した試合後、ボルダラス監督が通路で選手たちを迎えていましたが、久保にだけ、特別長いハグをしていました。

 ボルダラス監督自体、久保の起用という“危ない橋”を渡っていたんだなと思います。キックオフ前には降格圏に近い順位ということもあり、獲得したばかりの久保を切り札として使って負けていたら、解任論が出てもおかしくない――そんな状況でした。

 タケにかけた大きな期待、そしてそれに見事に答えたタケ。

 2人の張り詰めた緊張が解けた瞬間のハグと笑顔だったんだと思います。

【Getafe】久保建英応援スレ part492
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1610516144/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:32 | 大阪 ☀ | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島、東京VのU19日本代表MF藤田譲瑠チマを完全移籍で獲得!MF梶川諒太が東京Vに期限付き移籍で復帰(関連まとめ)

U-19日本代表MF藤田譲瑠チマが徳島に完全移籍! 「全力で戦うので応援よろしくお願いします」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5d9ef5377d01a7950028f127c9a6cb37988c66a0
藤田譲瑠チマ東京V02.jpg

徳島ヴォルティスは13日、U-19日本代表MF藤田譲瑠チマ(18)の完全移籍加入内定を発表した。今後行われるメディカルチェック後に正式契約を結ぶ。

東京Vの下部組織で育った藤田は、2種登録された2019年にトップチームデビュー。正式昇格となった昨季はルーキーイヤーながら明治安田生命J2リーグ41試合で3ゴールの成績を収めた。

また、世代別代表として昨年にはU-17ワールドカップにも出場していた藤田。J1へ昇格した徳島へ活躍の場を移すことが決まり、両クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆徳島ヴォルティス
「東京ヴェルディから来ました。藤田譲瑠チマです。全力で戦うので応援よろしくお願いします」

◆東京ヴェルディ
「育成から含め長い間本当にお世話になりました。このチームで学んだものを最大限に活かし自分の活躍している姿を多くの方々に見てもらえるよう頑張ります。ありがとうございました」


徳島MF梶川が東京Vに期限付き移籍…2年ぶり3度目復帰「この気持ちをヴェルディの昇格のために」
https://news.yahoo.co.jp/articles/eeeaf68d081392da3f5d4dd9f820b879c9162ab9
梶川徳島2020.jpg

 東京ヴェルディは13日、徳島ヴォルティスからMF梶川諒太(31)を期限付き移籍で獲得することが決まったと発表した。移籍期間は2022年1月31日まで。両チームが対戦する全ての公式戦には出場できない契約となっている。

 梶川は昨季、東京Vから徳島に加入。J2リーグ15試合に出場した。今回は2年ぶり3度目の復帰。東京Vを通じて「二度もヴェルディに戻れると思っていなかったので、移籍にあたり関わってくださった方々に本当に感謝しています。この気持ちをヴェルディの昇格のために全て捧げられるように頑張ります。また、昇格するチームの雰囲気を肌で感じることができ、多くのことを学んできたのでヴェルディに還元できるように努めていきます!そして、結果と内容に拘って走り回りたいと思います!ヴェルディに熱いご声援をよろしくお願いします」とコメントしている。

 また徳島を通じては「一年間という短い時間でしたがありがとうございました。コロナ禍で難しい状況の中、目標であった昇格を掴み、シャーレを掲げることが出来て嬉しかったです。個人的にはピッチ内でチームに貢献することができず、申し訳ない気持ちと悔しい気持ちでいっぱいでしたが、昇格するチームの雰囲気や、選手だけでなくコーチングスタッフやフロントスタッフ、そしてヴォルティスに関わる全ての人が目標に向かって同じ方向を向いている一体感を肌で感じることができ、多くのことを学ばさせていただきました。また、パンチくん(佐藤晃大)やヤツくん(島屋八徳)やセグさん(瀬口拓弥)といったベテラン選手たちが、メンバー外の練習でも誰よりも全力でやっている姿勢があったからこそ昇格を掴めたのではないかと思います!
徳島で学んだことをこれからのサッカー人生に役立てられるように頑張ります!そしてどんな時も応援していただいたサポーターの皆さん、本当にありがとうございました」とサポーターに別れを告げている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13563
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1610506729/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:08 | 大阪 ☀ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アビスパ福岡、元C大阪FWブルーノ・メンデスの期限付きでの獲得を公式発表「戦う姿勢を全面に出してチームの力になります」(関連まとめ)

福岡が元C大阪のFWブルーノ・メンデスを獲得!「戦う姿勢を全面に出してチームの力になります」
https://news.yahoo.co.jp/articles/603278a35e0a8a4efc63798a14e8fd1bc6009185
ブルーノ・メンデス2020C大阪02.jpg

「日本にすぐ馴染むことができました」と古巣セレッソに感謝
 アビスパ福岡は1月13日、クラブの公式ホームページでFWブルーノ・メンデスの期限付きでの獲得を発表した。

 ウルグアイのデポルティボ・マルドナドが保有権を持つブラジル出身の26歳FWは、ブラジルやポルトガルのクラブを渡り歩き、2019年にセレッソ大阪にレンタルで加入。得点力以外にポストプレーやプレス時の献身性も併せ持ち、初年度は24試合・6ゴールを記録し移籍期間を延長。昨季はチーム内トップの9ゴールを叩き出していた。

 ACL出場権は獲得したものの、クラブはロティーナ監督からレヴィ―・クルピ監督へ政権交代するなど、変化を選択した。そんななかで、ブルーノ・メンデスは昨年末にレンタル期間を満了し退団することが発表されていた。

 C大阪のクラブを通して助っ人FWは、「ブラジルから新たな国にチャレンジをする事になった一日目から、全ての人に暖かく迎えていただいたことで日本にすぐ馴染むことができました。この旅に携わってくださったスポンサーの皆様、チーム関係者の皆様、そしていつも僕のチャントをスタジアムで歌ってくれたサポーターの皆様に感謝したいと思います。

 今年でセレッソ大阪を離れてしまう事になってしまいましたが、セレッソ大阪という素晴らしい宝物を心に秘めて行きたいと思います。これからも皆様の応援をしています。
本当にありがとうございました」と2年間の感謝を綴った。
 
 新天地となった福岡では、「アビスパ福岡のユニホームを着てプレーすることを誇り高く嬉しく思います。今季アビスパ福岡にとって素晴らしい一年になる為に、自分の戦う姿勢を全面に出してチームの力になります。必ずチームが目指す目標を達成しましょう。Vamos Juntos Avispa Fukuoka!(共に行こうアビスパ福岡!)」とコメントした。

 J2リーグを優勝した徳島ヴォルティスと並ぶ勝点84の2位で、5年ぶりとなるJ1昇格を果たした福岡。リーグ最少の29失点と鉄壁を誇っただけに、新シーズンの課題は得点力の向上にある。ブルーノ・メンデスは、昇格組・福岡の救世主となれるか。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13563
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1610506712/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表FW中山雅史氏、古巣磐田のコーチ就任!沼津を退団「全力でサポート」(関連まとめ)

【サッカー】中山雅史氏が磐田のコーチ就任 12年ぶりの磐田復帰に「J1昇格に向けて、鈴木監督を全力でサポート」 [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1610520653/
ゴン中山沼津.jpg
1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/01/13(水) 15:50:53.91 ID:CAP_USER9.net

1/13(水) 15:38
スポニチアネックス

中山雅史氏が磐田のコーチ就任 12年ぶりの磐田復帰に「J1昇格に向けて、鈴木監督を全力でサポート」
中山雅史
 J2磐田は13日、サッカー元日本代表の中山雅史氏(53)がトップコーチに就任すると発表した。

 中山は藤枝東高、筑波大を経て90年に前身のヤマハ発動機に入団。その後、2009年まで磐田に所属していた。

 中山氏はクラブを通して「この度ジュビロ磐田のコーチとして帰ることになりました。J1昇格に向けて、鈴木監督を全力でサポートしていきます。よろしくお願いいたします!!」とコメントした。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210113-00000184-spnannex-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b11ac8a58cbdc98081022518f70f302aa12aa129



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

INAC神戸、衝撃!なでしこDF鮫島彩、DF仲田歩夢、GKスタンボー華の主力3名が大宮に完全移籍(関連まとめ)

INAC神戸のなでしこDF鮫島彩、DF仲田歩夢、GKスタンボー華が大宮アルディージャVENTUSに完全移籍
https://news.yahoo.co.jp/articles/68e8ad806108e4ab1ecc092d192bc03ad2e2b210
鮫島仲田スタンボー.jpg

大宮アルディージャVENTUSは13日、INAC神戸レオネッサからなでしこジャパンDF鮫島彩(33)、DF仲田歩夢(27)、GKスタンボー華(22)が完全移籍で加入することを発表した。

今年9月に始まる女子プロサッカーリーグのWEリーグに向けて、女子チームを発足した大宮。チーム名も決定した中、大型補強を敢行した。

鮫島はベガルタ仙台レディースでもプレーした他、フランスのモンペリエでもプレー経験があり、なでしこリーグのベストイレブンは4回受賞している。また、2011年の女子ワールドカップ優勝メンバーの1人で、なでしこジャパンとして113試合に出場し5得点を記録している。

仲田は常盤木学園高校から2012年にINAC神戸に加入。U-19女子代表として2011年のAFC U-19選手権で優勝。また、U-17、U-20としてワールドカップにも出場している。

スタンボー華は、アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフで、2017年にJFAアカデミー福島からINAC神戸に加入。2010シーズンはなでしこリーグで18試合に出場していた。また、U-20日本女子代表として2018年のU-20ワールドカップで優勝した経験がある。

3選手はクラブを通じてコメントしている。

◆DF鮫島彩
・大宮アルディージャVENTUS
「このたび、大宮アルディージャVENTUSに加入することになりました、鮫島彩です。ゼロから作り上げるチームにスタートから携わらせていただけること、大変光栄に思っております。大宮の皆さんに応援していただけるチームを、そして女子サッカー界を盛り上げていけるチームを、新たな仲間とともに作り上げていけたらと思っております。クラブに貢献できるよう全力を尽くしていきますので、どうぞよろしくお願いします」

・INAC神戸レオネッサ
「このたび、大宮アルディージャVENTUSに移籍することになりました。今年こそは、今年こそはとリーグ優勝を切望し走り続けていたら、いつの間にか6年もの月日が流れていました。INAC神戸ファミリー全員でリーグ優勝のカップを掲げて喜ぶ姿を夢見てきましたが、この想いは一度も叶えることができず、クラブのタイトル獲得に全く貢献することができなかったことに自分の無力さを痛切に感じています」

「しかし、自身のサッカー人生で初となる皇后杯優勝を2度も経験できたりと、INAC神戸では今までに見たことのない多くの素晴らしい景色を見させていただきました。新たな挑戦を応援するよと背中を押してくださり、またいつでも神戸に遊びにおいでと温かい声を掛けてくださったチーム関係者の皆様、クラブの活動を日々支えてくださっているスポンサーの皆様、良いときも苦しいときも常に一緒に闘ってきた同志であるチームメイトに、この場をお借りして感謝の想いをお伝えさせていただきます。本当にお世話になりました、ありがとうございました」

「そしてファン・サポーターの皆さん。“応援する、応援してもらう”という関係性だけではなく、チームメイトやスタッフと同じく共に戦う“仲間”であり、とても心強い存在でした。勝利後は勝利の歌で一緒に喜び合い、満足のいく結果を出せないときにも私たちを決して見放さずに一緒に闘い続けてくださった皆さんには、この感謝の想いを伝えられる言葉が見つかりません。対戦相手、他クラブのサポーターの方々に常に敬意を欠かさない雷音さんの姿勢も大好きです。そんな素晴らしいサポーターに支えられているINAC神戸の一員であったことを誇りに思います」

「雷音の皆さん、INAC神戸ファンの皆さんと6年間共に闘ってきたことを誇りに思います。リオ五輪予選敗退後からずっと掲げてくださっていた『皆で女子サッカーを盛り上げ続けよう!』の横断幕を毎試合しっかりと目に焼き付けていました。これからは女子サッカー界をINAC神戸と共に盛り上げていけるように、大宮の地から私なりに精一杯努めていきたいと思います!直接ご挨拶をできる場がないため長文になってしまいましたが、6年間本当にありがとうございました」

◆DF仲田歩夢
・大宮アルディージャVENTUS
「2021シーズンより大宮アルディージャVENTUSでプレーすることになりました、仲田歩夢です。強い覚悟を持ち、チャレンジする気持ちで大宮への移籍を決めました。新しい環境でプレーすることをとても楽しみにしています。個人としてもチームとしても、たくさんの方々に愛され、『応援したい!』と思っていただけるように頑張ります。よろしくお願いいたします」

・INAC神戸レオネッサ
「このたび、INAC神戸レオネッサを退団することになりました。高校卒業から9年間お世話になり、私を育ててくれたクラブには感謝の気持ちでいっぱいです。もちろん寂しさもあり、色々な思いが交差しますが、もう一度チャレンジする気持ちで自ら移籍を決意しました」

「INAC神戸に入団して9年間、いろいろな立場を経験し、辛く苦しい時期もありましたが、それを上回るほどの楽しく幸せな瞬間や貴重な経験はこのクラブでしか味わえなかっただろうな、と思います。INAC神戸の選手として戦い続けられたことを誇りに思っていますし、素晴らしい仲間達とプレーできたことは私にとってとても大きな財産です」

「サポーターの皆様には時期的な関係もあり、直接お話ができずこのような形でのご報告になってしまったことを申し訳なく思っています。どんな時も前向きで明るいサポーターの皆様にいつも支えられていました。コロナウイルスの影響でなかなか皆様にお会いできない時も、SNSのメッセージやコメントで前向きな言葉をくださったり、皆様の温かみをとても感じていました。いつもたくさんのパワーを本当にありがとうございました」

「引き続き、私達と共に女子サッカー界を盛り上げてくれたら嬉しいです。新天地でも神戸での経験を糧に、選手としても1人の人間としても成長していきたいです。また試合会場でお会いできるのを楽しみにしています。9年間ありがとうございました」

◆GKスタンボー華
・大宮アルディージャVENTUS
「このたび、大宮アルディージャVENTUSに加入することになりました、スタンボー華です。新しい場所でチャレンジできることを本当にうれしく思います。大宮の力になれるように全力でプレーしていきます! よろしくお願いします!」

・INAC神戸レオネッサ
「今シーズンをもってINAC神戸から大宮アルディージャVENTUSに移籍することになりました。強化選手時代も含め、この5年間で本当にたくさんの事を学ばせていただきました。ここまで成長できたのはこの神戸でのたくさんの応援と支えがあったからだと思います。本当に幸せでした。これからも私らしく明るく元気に突っ走っていきます!たくさんの応援ありがとうございました」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13563
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1610506712/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルFWヨビッチ、古巣フランクフルトにレンタル移籍で復帰へ フランクフルト幹部が明言(関連まとめ)

レアル・マドリーFWヨヴィッチ、レンタルでのフランクフルト帰還が確実に…幹部ボビッチが明言
https://news.yahoo.co.jp/articles/301d31a3b782d9fc89b81487503c02eea490aa07

ヨビッチ20-21バストアップ.jpg

セルビア代表FWルカ・ヨヴィッチのフランクフルト帰還がほぼ確実となった。

現地時間12日、DFBポカール2回戦レヴァークーゼンvsフランクフルトの試合直前、チーム幹部のフレディ・ボビッチ氏が『Sky Sport』のマイクを通じ、ヨヴィッチの復帰がすでにまとまっていることを明かした。

「ヨヴィッチはオプションなしの期限付き移籍で戻ってくる。すでに話し合いはほぼ完了しているよ。メディカルチェックだけはまだだけどね」

「このようなことを可能にしてくれたレアル・マドリーには感謝したい。まもなく、ヨヴィッチは我々のところに来る」

1997年生まれ、現在23歳のヨヴィッチは18−19シーズンにフランクフルトで公式戦27ゴールをマークし、2019年夏にレアル・マドリーへとステップアップしていた。だがスペインの名門では十分な出場機会に恵まれず、不本意な状況が続いていた。

今冬の移籍市場では元オランダ代表FWバス・ドストをクラブ・ブルージュに放出したフランクフルト。元エースであるヨヴィッチが1年半ぶりに帰還し、その代案を務めることになりそうだ。

◆◇El Blanco Real Madrid 1091◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1610170771/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウドが神対応した「なぜ笑うんだい?」の少年、山梨学院の選手権優勝メンバーに(関連まとめ)

【サッカー】C・ロナウドが神対応した「なぜ笑うんだい?」の少年、山梨学院の高校サッカー選手権優勝メンバーに [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1610512070/
C・ロナウドと岩岡君.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/01/13(水) 13:27:50.45 ID:CAP_USER9.net

 2014年7月、来日したユベントス所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに神対応された1人の少年がいた。その少年が、第99回全国高校サッカー選手権大会で山梨学院高校の優勝メンバーとなり、SNSで話題を呼んでいる。

 2014年7月に健康美容器具メーカーのPRイベントで来日したロナウド。イベントでは、1万人以上の応募者の中から選ばれた3人だけが同選手に質問できる機会が設けられた。その時、ロナウドに質問し、神対応されたのが山梨学院高校MFの岩岡遼太だ。同選手はロナウドに「僕の夢はプロサッカー選手になることです。どうしたら良いかアドバイスをください」と練習してきたポルトガル語で質問。流暢ではなかったため、報道陣から笑い声が挙がっていたという。それに対し、ロナウドは「なぜ笑うんだい?彼のポルトガル語は素晴らしいよ」と岩岡をフォローした。それから6年半の月日が流れ、ロナウドの神対応を受けた岩岡は山梨学院の一員として高校サッカー選手権の優勝メンバーとなった。

 岩岡は高校サッカー選手権優勝後、自身のTwitterに「日本一取りました!!! 3年間支えてくれた方々、選手権を無事行ってくれた方々のおかげで優勝することが出来ました。 この仲間とサッカー出来て最高です」と投稿している。同選手の今後に注目していきたい。

https://football-tribe.com/japan/2021/01/13/199498/



岩岡君山梨学院.jpg

C・ロナウドと岩岡君02.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:02 | 大阪 ☀ | Comment(11) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜FM、FWエリキの退団を公式発表!中国・長春亜泰に移籍へ(関連まとめ)

完全移籍も噂されたFWエリキが横浜FMを退団「またいつか戻って笑顔で幸せを分かち合いたい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a00f434de84f82a9431425270ee0cf2026f21629

エリキ横浜FM手を振る.jpg


横浜F・マリノスは13日、パウメイラスから期限付き移籍で加入していたFWエリキ(26)の期限付き移籍満了を発表した。

エリキはゴイアスやパウメイラス、アトレチコ・ミネイロ、ボタフォゴでプレー。2019年8月にパウメイラスから横浜FMへ期限付き移籍で加入すると、1シーズン半プレーした。

横浜FMでは明治安田J1で41試合に出場し21得点8アシスト、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で3試合に出場し1得点1アシストを記録。2020シーズンは、公式戦35試合で15得点6アシストを記録していた。

パウメイラスと横浜FMが完全移籍に向けて話をしていたが、1月に入って中断されていたと報じられており、そのまま退団となった。

エリキはクラブを通じてコメントしている。

「横浜F・マリノスファミリーのみなさん。日産スタジアム、ニッパツ三ツ沢球技場、そしてアウェイゲーム。どの試合でも、そこにはいつも素晴らしいサポートがあり、いま思い返してもすべての方への感謝の気持ちでいっぱいです」

「2019年の夏に加入した時、クラブにはJリーグ優勝という目標がありました。F・マリノスらしいサッカーとたくさんのゴールで連勝し、その目標を達成することができました。F・マリノスのサッカーはとても楽しくて、自然と笑顔になりましたし、ここで得たタイトルは私にとっても特別なものであり、これからも心の中に残り続けます」

「アンジェ・ポステコグルー監督、ありがとうございました。またチームスタッフや関係者、クラブスタッフの皆さん、ありがとうございました。そしてこのチームを一つにまとめた素晴らしいキャプテンである喜田選手、扇原選手、マルコス選手、ありがとうございました。共に戦った仲間たち一人ひとりにも名前をあげて感謝を伝えたいですが、この仲間たちとサッカーを出来たことは私にとって光栄なことで、本当に感謝しています」

「これから自分にとって新たな挑戦が始まりますが、クラブを離れてもF・マリノスのことを常に応援し続けます。日本を愛していますし、またいつか戻って笑顔で幸せを分かち合いたいです。このクラブへの愛情を忘れることはありません」

「最後にお願いがあります。共に戦ってリーグ優勝を勝ち取った、2019年12月7日のことを決して忘れないでください。F・マリノスファミリーをずっと応援しています。いつの日か、またこの素敵なユニフォームを着れたら幸せです。今まで熱い応援をありがとうございました」


横浜FMのブラジル人助っ人、中国リーグへ"急転"移籍か 母国メディア報道「3億円で売却」
https://news.yahoo.co.jp/articles/63e1391adb64571b03f0d7eb2fafb47383df93ce

FWエリキ、長春亜泰足球倶楽部への移籍を母国メディアが伝える
 横浜F・マリノスのブラジル人FWエリキが、中国リーグへ移籍する可能性があることが分かった。ブラジルの複数メディアが報じている。

 エリキは2019年8月にパルメイラスから横浜FMへ期限付き移籍すると、シーズン途中での加入ながら8得点をマーク。2シーズン目となった昨季はJ1リーグで29試合に出場し、チームトップタイとなる13ゴールを奪うなど、得点源として活躍した。

 来シーズン以降の去就に関して、ブラジルメディアでは横浜FMへの完全移籍の可能性が伝えられていたが、ブラジルメディア「UOLエスポルチ」は「パルメイラスは中国チームへエリキを3億円で売却」と見出しを打ち、中国リーグの長春亜泰足球倶楽部へ移籍することを伝えた。同メディアによると、長春亜泰はパルメイラスに対して250万ユーロ(約3億1000万円)を支払うという。

 エリキの中国移籍に関しては、同国メディア「グローボ・エスポルチ」も伝え、記事では「エリキは横浜FMへの残留に近づいていた。購入条件まで話し合っており、クリスマスには取引が白熱した。しかし、最終的には中国のクラブの方がパルメイラスの条件を満たし、同選手を獲得した」と綴られ、急転移籍だったことが窺える。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13561
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1610445930/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、プレミア単独首位に浮上!ポグバ絶妙決勝ボレー弾でバーンリーに1-0勝利しリーグ戦3連勝で3年4カ月ぶりの首位

マンUが単独首位浮上! ポグバ弾でバーンリー下してリーグ戦3連勝
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac584cc4dd5cd253ea8090b35b140d6de898f916
ポグバ20-21第1節延期分ゴール.jpg


延期分のプレミアリーグ第1節が12日に行われ、バーンリーとマンチェスター・Uが対戦した。

 1試合未消化ながら首位のリヴァプールと勝ち点33で並ぶマンチェスター・U。リーグ戦10試合無敗(8勝2分)と絶好調を維持しており、暫定16位のバーンリーとのアウェイゲームで引き分け以上だと、単独首位浮上となるチャンスを迎えた。なお、同試合は昨年9月に行われる予定だったが、マンチェスター・Uが同8月に昨季のヨーロッパリーグを戦っていたため延期となっていた。

 オープニングシュートはバーンリー。キックオフ直後、マシュー・ロートンのアーリークロスにロビー・ブレイディがダイレクトで合わせるも、シュートは惜しくもバーの上を超える。

 一方のマンチェスター・Uは17分、ルーク・ショーが左サイドからフラットで鋭いクロスを供給すると、エリア内中央のブルーノ・フェルナンデスが右足で合わせるがGKの正面。19分にはアントニー・マルシャルがオーバーヘッドでゴールを狙うもDFの壁に阻まれる。

 ボールを支配するマンチェスター・Uは45分にも相手ゴールに迫る。ミドルサードでボールを受けたマルシャルはそのままコースを狙ったミドルシュート。ゴール右上へ向かったシュートはバーンリーの守護神ニック・ポープのファインセーブに阻まれ、両者得点のないままハーフタイムを迎えた。

 後半に入ってからもマンチェスター・Uが分厚い攻撃を見せるがバーンリーの堅守を崩すことができない。60分にはブルーノ・フェルナンデスが後半2本目のシュートを狙うも立ちはだかるのは再びGKポープの壁。

 その後はエディソン・カヴァーニが何度かシュートを放つも枠を捕えることができない。それでも71分、マーカス・ラッシュフォードが挙げたクロスにポール・ポグバがダイレクトで合わせると、シュートはDFに当たってコースが変わりゴールイン。ついに均衡を破った。

 バーンリーは試合終盤、交代策を講じるなどしてジョシュ・ブラウンヒルやマチェイ・ヴィドラなどのシュートで徐々に相手ゴールに迫る。しかし反撃は及ばず試合はそのまま終了。ポグバの先制点を守り切ったマンチェスター・Uがバーンリー相手にしっかり勝ち点3を積み上げ単独首位に浮上した。

 次戦、マンチェスター・Uは17日にアウェイでリヴァプールと直接対決。バーンリーは16日にアウェイでウェストハムと対戦する。

【スコア】
バーンリー 0−1 マンチェスター・U

【得点者】
0−1 71分 ポール・ポグバ(マンチェスター・U)

† Red Devils Manchester United 1504 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1610478732/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:44 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏レイソル、FWオルンガのアルドゥハイル移籍とGK中村航輔のポルティモネンセ移籍を公式発表…オルンガは正式発表前にまさかのスタメン入り(関連まとめ)

柏FWオルンガ、アル・ドゥハイル完全移籍が決定!…正式発表前に異例の新天地デビュー
https://news.yahoo.co.jp/articles/072e3071671785757d18dce74723311ae6b00f0e
オルンガ柏ゴール.jpg

 柏レイソルは12日、ケニア代表FWオルンガがカタールのアル・ドゥハイルに完全移籍したことを発表した。なお、アル・ドゥハイルは同日にカタール・スターズリーグ第14節でアル・サッドと対戦。正式な加入発表前にオルンガは同試合のスタメンに名を連ね、異例の新天地デビューを飾っている。

 オルンガは柏のクラブ公式サイトを通じ、「柏レイソルのファンの皆様、今までのサポートに対して、心から感謝したいと思います」とコメントしている。「レイソルという素晴らしいクラブで在籍した期間は本当に楽しく過ごすことができました。今後、このクラブがもっともっと発展できることを願い、これから迎える大会でも成果を挙げられるように応援しています。将来いつかまた、この美しいクラブでプレーできることを願っています。2021年シーズン、クラブの成功を祈っています。ありがとうございます!」

 1994年生まれで26歳のオルンガは、ケニアのリバティ・スポーツ・アカデミーでユース年代を過ごした後、国内で数クラブを渡り歩いた。2016年にスウェーデン1部のユールゴーデンへ移籍すると、リーグ戦27試合出場で12得点を記録。2017年1月に中国の貴州智誠へ移籍し、同年9月に当時スペイン1部のジローナへ加入。リーガ・エスパニョーラで14試合3得点を記録した。その後、2018年8月に柏レイソルへ加入してケニア人初となるJリーガーに。Jリーグ1年目はJ1リーグ10試合3得点にとどまったが、J2でのプレーとなった2019シーズンは30試合27得点と大ブレイク。柏のJ2優勝および1年でのJ1復帰に貢献し、最終節ではJリーグ新記録となる1試合8得点をマークして大きなインパクトを残した。

 2020シーズンはJ1リーグで32試合に出場し、28ゴールをマーク。得点王とMVPのダブル受賞を果たした。現行の34試合制となった2005年以降のJ1では、2005年にアラウージョが決めた33ゴールに次いで歴代2番目となるゴール数で、得点王にも輝いていた。

 新天地のアル・ドゥハイルは、カタールリーグで7度の優勝を誇る強豪クラブの一つ。過去には日本代表MF中島翔哉、元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチなどが在籍。現在は現役時代にインテルやパルマでプレーしたサブリ・ラムシ氏が監督を務め、元モロッコ代表DFメフディ・ベナティアや北朝鮮代表FWハン・グァンソンが所属している。

柏GK中村航輔、ポルティモネンセに完全移籍「すべての方々に感謝の思いでいっぱい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/311fae5cfed22f50f3e2925cf4fd292a2b53d9c6
中村航輔柏2020.jpg

 柏レイソルは12日、GK中村航輔がポルトガルのポルティモネンセに完全移籍することを発表した。

 中村は柏の公式サイトを通じ、「このたび、ポルトガルのクラブに移籍することになりました」と報告し、感謝と意気込みを記した。「レイソルではジュニア時代から、本当に長い間、お世話になりました。チームメイト、監督やコーチ、スタッフの皆さん、サポーターの皆さんをはじめ、関わっていただいたすべての方々に感謝の思いでいっぱいです。自分はレイソルを離れることになりますが、柏レイソルがさらに強く、さらに輝くことを祈っています。自分も皆さんに良い報告ができるように新しいクラブで頑張ります。今まで本当にありがとうございました」

 現在25歳の中村は柏の下部組織出身で、2013シーズンからトップチームに昇格。2020シーズンはケガの影響により、公式戦11試合にとどまった。柏のトップチームでは、J189試合、J261試合を含む公式戦通算166試合に出場した。

 ポルティモネンセも同日に加入を発表しており、すでにポルトガルにわたている中村は入団会見にも出席。チームの練習にも参加しているという。新天地では日本代表DF安西幸輝などとチームメイトになる。チームはプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)第13節を終えて、3勝2分8敗で昇降格プレーオフ圏内の16位に沈んでいる。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13561
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1610445930/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)