アンテナ・まとめ RSS

酒井宏樹、フランス語を話せない批判に「ここで仕事をする以上、覚えるべきことは覚えないといけない」

【サッカー】酒井宏樹、フランス語を話せない批判について「覚えるべきことは覚えないといけない」 [伝説の田中c★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1611659326/
酒井宏樹練習着.jpg

1: 伝説の田中c ★ 2021/01/26(火) 20:08:46.29 ID:CAP_USER9.net

マルセイユの酒井宏樹は、22日の会見の中で、フランス語を話せないことへの批判について言及した。

2016年のマルセイユ加入から、5シーズン目を迎えた酒井。フランスの名門でサイドバックの主力としてここまで公式戦172試合でプレーするが、その間試合中のパフォーマンスのみならず、言語面に関しても何度が批判の矛先を向けられたことがある。

23日のモナコ戦前のプレスカンファレンスに出席し、冒頭でフランス語を披露した酒井は、クラブ首脳陣やアンドレ・ヴィラス=ボアス監督からフランス語を話せないことを指摘されたことについて「ここで仕事をする以上、覚えるべきことは覚えないといけないと思います」と批判を認める。

それでも「ただ、僕はフランス語を話せないときも、今も、自分のすべてを懸けて戦っています。そのことに関しては、フランス語を喋られる、喋られないで変わったことはありません」と常に全力でマルセイユのために戦っていることを強調した。

さらに、直近のリーグ戦7試合で1勝のみと調子を落とす現状を受けて「もちろん、結果が出ていないことがすべてですし、1勝がすべてを変えるので、みんなが一つになって進んでいくしかないと思います」と話した日本代表DFは「去年も監督を信じてやって来て、僕らは2位という結果を掴みましたし、信頼性に関してはまったくぶれていないです」と指揮官への信頼を強調している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d153dce109e8125cde163dac96572ba297e62d0



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:03 | 大阪 ☔ | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、伊紙がユベントス戦を称賛「C・ロナウド相手に偉大な仕事。威信示した」「本当に優れた選手」

ユーヴェ戦の冨安健洋の活躍を伊紙も評価「C・ロナウド相手に偉大な仕事。威信示した」
https://news.yahoo.co.jp/articles/b089e67be422bf1e2b219bf170d156aed4edcf5b
冨安とCロナ20-21第19節.jpg

24日のユヴェントス戦にフル出場したボローニャの日本代表DF冨安健洋について、地元紙『コリエレ・ディ・ボローニャ』などが25日に見解を示した。

セリエA全試合に出場している冨安は、24日のユヴェントス戦においても先発。前半、DFダニーロとのコンビでセンターバックとしてプレーしたのち、後半は右サイドバックに回って試合終了まで出場した。前節のヴェローナ戦において完璧に近いパフォーマンスを見せ、高い評価を受けた冨安。FWクリスティアーノ・ロナウド擁するユヴェントスとのビッグマッチにおいても、一定の評価を得ている。

地元紙はチームの採点において、最高評価のGKウカシュ・スコルプスキの「8.5」に次ぐ「6.5」の評価を冨安に与えている。「CBとしてプレーした前半、(代償を払うことは避けられたが)中盤で酷いミスがあった」と前半のミスを指摘しつつも、後半のパフォーマンスを評価。「SBに移った後半は、C・ロナウドに対して偉大な仕事をして見せた。チャンスをほとんど与えなかった」と称えた。

試合前から冨安に対し、C・ロナウド封じのカギとして期待を寄せていた全国紙『コリエレ・デロ・スポルト』も、「トミヤスは威信を示した」などと綴り、日本代表DFに賛辞を贈っている。「前半はCB、後半は右SB。パーソナリティのあるプレーを見せ、スペースがあれば前線へと飛び込んだ」と分析した。また『リーベロ』も、「トミヤスは賢くCR7(C・ロナウド)をマークした」と称えている。

ボローニャの次戦は、30日に予定されている39歳FWズラタン・イブラヒモヴィッチ擁するミランとのビッグマッチ。22歳冨安の活躍は今後も期待されるところだ。

「本当に優れた選手」 “二刀流”冨安健洋、C・ロナウドに突破許さず伊メディア絶賛
https://news.yahoo.co.jp/articles/24e2606a7bd47ac8d3e6edb2145e7645c6abcf76

ユベントスに0-2で完敗も…CB→右SBにポジションを変えた冨安は好プレー
 ボローニャの日本代表DF冨安健洋は、現地時間24日のセリエA第19節ユベントス戦にフル出場を果たした。前半と後半で違う役目を与えられチームは0-2の完敗だったが、イタリアメディアでは「本当に優れた選手だ」と高い評価を受けた。

 冨安は4バックの左センターバックでスタメン出場。ユベントスの中央から左サイドに流れていく傾向のあるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとのマッチアップ機会は多くなかったが、スウェーデン代表FWデヤン・クルゼフスキとのマッチアップで破綻する場面はなかった。

 また、右サイドバックにポジションを移し、流れてくるロナウドやイタリア代表MFフェデリコ・ベルナルデスキらとのマッチアップの場面でも決定的な突破を許すことはなかった。

 ボローニャは前半にブラジル代表MFアルトゥール・メロのミドルシュートがDFに当たってゴールに吸い込まれるやや不運な失点。後半にもセットプレーでアメリカ代表MFウェストン・マッケニーに決められた。試合全体を見ればユベントスがほぼゲームを支配し、ボローニャから見れば内容的には完敗だった。

 そうしたなかでも、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は冨安に「6.5点」をつけ、「この日本人DFは本当に優れた選手だ。それをスタジアムで証明している」と高い評価だった。

 また、サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は「6点」ながら「センターバックに始まり、右サイドバックへ。2つのポジションだが、優れた勤勉さと戦術的な実行を見せた」と、こちらでもマイナス評価はなかった。

 9連覇中の王者の前線は当然ながらタレント軍団だが、冨安が明確にマッチアップ負けをするような場面はほぼなかった。セリエAでも最高峰の相手に見せたパフォーマンスは、イタリアでの評価をさらに高めることにつながりそうだ。

Bologna FC 冨安健洋 Part19
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1609976240/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:03 | 大阪 ☔ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2長崎、柏退団のFW山崎亮平の加入を発表!「必ずJ2優勝、J1昇格できるように頑張ります」(関連まとめ)

柏退団のFW山崎亮平は長崎へ!「必ずJ2優勝、J1昇格できるように頑張ります」
https://news.yahoo.co.jp/articles/3a7583b9d3e97b3f4b7f68170b88ce0a254b27a6
山崎亮平2020柏.jpg


 V・ファーレン長崎は26日、昨季限りで柏レイソルを退団することが決まっていたFW山崎亮平(31)が新たに加入することになったと発表した。

 山崎は柏で3年目の昨季、J1リーグ戦1試合の出場にとどまっていた。柏を通じて「カテゴリーは違いますが、来年また、日立台に帰ってきてレイソルと対戦できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」とコメント。長崎を通じては「自分のすべてを出して、必ずJ2優勝、J1昇格できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!」と意気込みを述べている。

●FW山崎亮平
(やまざき・りょうへい)
■生年月日
1989年3月14日(31歳)
■身長/体重
173cm/76kg
■出身地
新潟県
■経歴
JOGO UNITED-FC千葉なのはなジュニアユース-八千代高-磐田-新潟-柏

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13600
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1611611639/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元ブラジル代表FWタルデッリ、Jリーグ移籍か?今季は怪我でプレー無し(関連まとめ)

元ブラジル代表ストライカーがJリーグへ? 今季はケガでプレーなし
https://news.yahoo.co.jp/articles/63b122fa3a5d7fc3ce5cd3e0d15a5db23dd78ca9
タルデッリブラジル代表ゴール.jpg

元ブラジル代表のFWジエゴ・タルデッリ(35)がJリーグでプレーするかもしれない。ブラジル『Jornal Hoje em Dia』が報じた。

現在はアトレチコ・ミネイロに所属しているジエゴ・タルデッリ。しかし、トレーニング中に負傷すると、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグ戦が中断。その際に手術を受けていたジエゴ・タルデッリは、12月18日からグラウンドに戻り、チームトレーニングに参加している。

ジエゴ・タルデッリは、アトレチコ・ミネイロと2月末までの契約を結んでいるものの、現在のチームではプレーしていない。

ホルヘ・サンパオリ監督は、ジエゴ・タルデッリが最終戦に出場するようになるには、1月が重要であるとコメントしていた。

リーグ戦が延期されたことで契約が延長されていたが、そのまま退団の可能性が高いとのこと。日本からのオファーがあるとされているが、果たして日本にやってくるだろうか。

ジエゴ・タルデッリは、サンパウロやレアル・ベティス、PSV、アンジ、アル・ガラファ、山東魯能などでプレー。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは177試合で52ゴール15アシスト、中国スーパーリーグで73試合に出場し41ゴール19アシストを記録。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では17試合に出場し6ゴール3アシストを記録していた。

また、ブラジル代表としても14試合に出場し3ゴールを記録している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13600
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1611611639/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2昇格の秋田、仙台MF飯尾竜太朗を完全移籍で獲得(関連まとめ)

J2参戦の秋田が仙台MF飯尾竜太朗を完全移籍で獲得
https://news.yahoo.co.jp/articles/2eff4567114cacaa983435a6576677095fd92e8d
飯尾2020仙台.jpg

ブラウブリッツ秋田は26日、ベガルタ仙台を退団していたMF飯尾竜太朗(29)が完全移籍で加入することを発表した。

飯尾は、ヴィッセル神戸の下部組織出身。阪南大学から2013年に松本山雅FCへ入団。4シーズンを過ごすと、2017年からV・ファーレン長崎でプレー。2019シーズンに仙台に加入した。

2019シーズンはリーグ戦の出場機会はなかったが、2020シーズンは明治安田J1で18試合に出場し1得点を記録していた。

「こんにちは!飯尾竜太朗です。自分の持っている全ての力で、ブラウブリッツ秋田の勝利のために闘います。宜しくお願いします」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13600
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1611611639/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原口元気、絶妙ミドル弾で2戦連続ゴール!独誌のブンデス2部今節MVPとベスト11に選出!

原口元気、強烈ミドルで2試合連続ゴール! 室屋成も出場のハノーファーが5発大勝
https://news.yahoo.co.jp/articles/194f26a2205c29ae90a376ed7cbea86892d87399
原口20-21第17節ゴール.jpg


 ブンデスリーガ2部第17節が24日に行われ、MF原口元気とDF室屋成が所属するハノーファーは敵地でニュルンベルクと対戦した。原口と室屋はともにスタメン出場を果たし、原口は87分までプレー。室屋はフル出場を果たした。

 ハノーファーは20分にマーヴィン・ドゥクシュがPKを成功させて先制。24分には右からのコーナーキックにティモ・ヒュバースが頭で合わせてリードを広げる。35分にニュルンベルクが1点を返したが、ハノーファーがリードで折り返した。

 すると58分、中盤で受けた原口がゴールから20メートル以上離れた位置で右足一閃。強烈なシュートをゴール左下に突き刺してリードを広げた。前節2得点を記録した原口は、2試合連続のゴールで今季得点数を「4」に伸ばした。

 ハノーファーは72分にフローレント・ムスリヤが直接フリーキックを沈めて4点目。85分にパトリック・トゥマシがカウンターを仕上げて5点目を奪う。89分に1点を返されたものの、5−2で勝利した。

 ハノーファーは2試合ぶりの白星で今季8勝目となり、順位を6位に上げている。次節は27日に行われ、アウェイでカールスルーエと対戦する。

【スコア】
ニュルンベルク 2−5 ハノーファー

【得点者】
0−1 20分 マーヴィン・ドゥクシュ(ハノーファー)
0−2 24分 ティモ・ヒュバース(ハノーファー)
1−2 35分 マヌエル・シェフラー(ニュルンベルク)
1−3 58分 原口元気(ハノーファー)
1−4 72分 フローレント・ムスリヤ(ハノーファー)
1−5 85分 パトリック・トゥマシ(ハノーファー)
2−5 89分 ヨハネス・ガイス(ニュルンベルク)

2戦連発でMOMの原口元気、独誌の2部第17節MVP&ベストイレブンにも選出
https://news.yahoo.co.jp/articles/14d7ff2f7cc19ce61e6a0aa6e6eab3fe8b51a972

 ハノーファーに所属するMF原口元気が、ドイツ誌『kicker』によるブンデスリーガ2部第17節のベストイレブンと最優秀選手(MVP)に選ばれた。

 原口は24日に敵地で行われたニュルンベルク戦に先発出場し、2−1で迎えた58分に強烈なミドルシュートを沈めて今シーズン4点目をマーク。16日の前節ザンクト・パウリ戦での2ゴールに続いて2試合連続得点を達成し、87分までプレーして5−2の大勝に貢献した。

『kicker』誌は同試合の採点で、原口に単独最高点の「1.5」(最高1点、最低6点)を付けてマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出。さらに第17節全体でのベストイレブンとMVPにも選び、「ドッペルパック(1試合2得点)を達成したザンクト・パウリ戦から1週間後、彼はニュルンベルクでまた卓越したスキルを見せ、ハノーファーのマッチウィナーとなった」と記した。

 原口は、昨年10月3日に行われた第3節のブラウンシュヴァイク戦以来となる今シーズン2度目のベストイレブンとMVPの選出となった。同試合では1ゴール1アシストで4−1の勝利に貢献していた。

■ブンデスリーガ2部第17節のべストイレブン
(1月22〜24日開催)
▼GK
ミヒャエル・エッサー(ハノーファー)

▼DF
マルコ・マイヤーヘファー(グロイター・フュルト)
ロビン・ボームート(カールスルーエ)
ケヴィン・ダンソ(デュッセルドルフ)
ジョン・パトリック・シュトラウス(エルツゲビルゲ・アウエ)

▼MF
アマドゥ・オナナ(ハンブルガーSV)
ダヴィド・キンソンビ(ハンブルガーSV)
原口元気(ハノーファー)

▼FW
オマル・マーモウシュ(ザンクト・パウリ)
ケナン・カラマン(デュッセルドルフ)
ゾニー・キッテル(ハンブルガーSV)

◆Hannover96 原口元気10◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1600101362/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元柏FWオルンガ、移籍後初ゴールなどハットトリック達成!カタール国内杯

【サッカー】オルンガがカタール移籍後初ゴール!…PK弾を皮切りにハットトリックまで達成 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1611613059/
オルンガ2020カタール国内杯ハット.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/01/26(火) 07:17:39.25 ID:CAP_USER9.net

 アル・ドゥハイルに所属するケニア代表FWオルンガは、25日のアル・アハリ戦で移籍後初ゴールを含む3ゴールを達成した。

 アル・ドゥハイルは25日、カタールの国内カップ戦であるアミール・カップでアル・アハリと対戦。先発出場を果たしたオルンガは、開始6分にチームがさっそくPKを獲得すると、そのキッカーを任される。これを左足でしっかりと決め、待望のカタール移籍後初ゴールを記録する。

 序盤の得点で勢いに乗ったチームは、続く22分にも追加点を奪うと、43分には右からのCKにまたしてもオルンガ。一瞬の動きでマークを外すと、ヘディングでゴールネットを揺らした。さらに後半に入って69分には、カウンターからアル・ドゥハイルが右サイドを攻略すると、折り返しを受けたオルンガがこれを落ち着いて仕上げ、ハットトリックを達成した。

 チームはその後2点を加え、最終的には6−0で圧勝。先制弾を含む3ゴールをあげその得点力を見せつけたオルンガは、これを柏時代のような爆発のきっかけとすることができるだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/81cdd60af86bf979fc36a301d9719daf11fb088a
1/26(火) 7:06配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京、元ブラジル代表DFブルーノ・ウビニと獲得交渉!過去にトッテナムやナポリにも所属し現在はフリー(関連まとめ)

【F東京】CB補強へ元ブラジル代表と交渉中 長谷川健太監督、リーグ王者へ「全身全霊」
https://news.yahoo.co.jp/articles/30fce760a639643d6e746048bd1fbb0977c328f8
ウビニ04.jpg

 4日のルヴァン杯で優勝したF東京が25日、新シーズンを始動しオンラインで新体制を発表した。4季目の長谷川健太監督(55)は「リーグチャンピオンに向かって全身全霊で戦っていきたい」と意気込んだ。

 コロナ禍で、大金直樹社長(54)は今期3億5000万円程度の赤字を見込んでいると説明。過密日程を考慮し「今後、補強を考えることもあり得る」という。センターバックで187センチの元ブラジル代表DFブルーノ・ウビニ(29)と交渉中。持ち味はフィード力とカバーリングで、昨季から在籍するサウジアラビアのアル・イテハドが経営難で契約解除となっているが、契約には至っていない。また、去就が未発表のFW原大智は「海外移籍も含めて調整中」と話すにとどめた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13599
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1611562832/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

守田英正、ポルトガルデビュー戦で決勝ゴール&MOM選出!食野亮太郎も鮮烈ゴールで今季3点目!サンタクララはリオ・アヴェに2-1勝利

【サッカー】サンタ・クララ加入の守田英正、デビュー戦で初ゴール&MOMに! 対峙した食野亮太郎も今季3点目をゲット [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1611603126/
守田サンタクララデビュー戦初ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/01/26(火) 04:32:06.74 ID:CAP_USER9.net

 現地時間1月25日、ポルトガルリーグ第15節が行なわれ、食野亮太郎が所属するリオ・アベと、守田英正が新加入したサンタ・クララが対戦。食野は4-2-3-1の2列目、デビュー戦となった守田は4-4-2の中盤の底の一角でともに先発し、日本人対決が実現した。

【動画】日本人選手が1点ずつを奪い合う熱戦! 食野の今季3点目&守田の決勝ゴールはこちら!
https://www.instagram.com/p/CKecaCDg_oI/

https://www.instagram.com/p/CKelM1KAyGK/



 先制はサンタ・クララのカルロスが24分、流れの中から得点してリードを奪うが、26分に食野が味方のシュートが跳ね返されたところを捉え、豪快に右足を振り抜いてネットを揺らす。リーグ戦では通算3点目となる。

 前半を1-1で引き分けた両チームは、激しい攻防を続けた末に試合は終盤へ。ピッチ上は濃い霧に覆われ始めているなか、食野は63分にピッチを退くが、守田は最後までピッチに立ち続けた。

 そして迎えた89分、右サイドに開いたコスティーニャからの浮き球のパスを走り込みながら胸でトラップした守田が、濃霧のなかでもGKの位置を確認しながら右足を振り抜き、ゴールに流し込んだ。

 結果、2-1とサンタ・クララが勝ち越した状態で試合終了のホイッスルが鳴り、アウェーチームが勝利を収めた。

 デビュー戦でチームの勝利を導く決勝弾を決めた守田は、この試合のマン・オブ・ザ・マッチにも選出。記念のトロフィーを手にし、インタビューには「とても幸せです。オブリガード」とコメントした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a34b0b8019f45be6a94fcdbb2c3a1f824bde55cc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、先制ゴールに絡むも移籍後初の敗戦…ヘタフェはビルバオに1-5大敗

久保建英は先発で開始18秒弾に絡むも…ヘタフェはビルバオに5失点大敗
https://news.yahoo.co.jp/articles/18ab6ac4f5f8b9b4b9a7d29fc989605f9c6aa81c
久保建英20-21第20節競り合い.jpg


リーガ・エスパニョーラ第20節が25日に行われ、MF久保建英が所属するヘタフェはアスレティック・ビルバオと対戦した。久保は2試合連続のスタメンで69分に途中交代となった。

 2連勝中で暫定12位のヘタフェ。今節は、勝ち点2ポイント差で13位のアスレティック・ビルバオとのアウェイゲームに臨んだ。試合は開始18秒で動いた。ヘタフェは久保が右サイドの高い位置でボールをカットすると、ペナルティエリア内のハイメ・マタを経由し、カルレス・アレニャが右サイドからクロス。これにファーポストのマルク・ククレジャが頭で合わせて電光石火の先制点を奪った。

 しかし、アスレティック・ビルバオもすぐに反撃。12分、イケル・ムニアインが左サイドからクロスを送ると、ゴール前に飛び込んだラウール・ガルシアが右足ボレーでゴール左隅に沈めて同点に追いついた。ヘタフェは29分、相手のハンドでPKを得ると、キッカーのハイメ・マタがゴール右下を狙ったが、これは相手GKウナイ・シモンに読まれて痛恨の失敗に終わった。

 スコアは後半に入って再び動く。アスレティック・ビルバオは50分、左サイドのFKでムニアインがボールを送ると、イェライ・アルバレスが頭でゴール右隅に流し込んで逆転に成功。61分には、ミケル・バレンシアガが左サイドからクロスを上げると、エリア中央フリーのラウール・ガルシアがヘディングシュートをゴール左隅に沈めてリードを2点に広げた。

 さらにアスレティック・ビルバオは75分、イニャキ・ウィリアムスがエリア右からグランダーのクロスを送ると、ファーポストで待ち構えていたアレックス・ベレンゲルが合わせて追加点。82分にはカウンターから最後はオスカル・デ・マルコスがクロスに右足で合わせてダメ押しゴールを挙げた。

 試合はこのまま終了し、ヘタフェは開始18秒で先制したものの、大敗で3試合ぶりの黒星。アスレティック・ビルバオは2試合ぶりの勝利を収めた。次節、ヘタフェは31日にホームでアラベスと、アスレティック・ビルバオは同日にアウェイでバルセロナと対戦する。

【スコア】
アスレティック・ビルバオ 5−1 ヘタフェ

【得点者】
0−1 1分 マルク・ククレジャ(ヘタフェ)
1−1 12分 ラウール・ガルシア(アスレティック・ビルバオ)
2−1 50分 イェライ・アルバレス(アスレティック・ビルバオ)
3−1 61分 ラウール・ガルシア(アスレティック・ビルバオ)
4−1 75分 アレックス・ベレンゲル(アスレティック・ビルバオ)
5−1 82分 オスカル・デ・マルコス(アスレティック・ビルバオ)

※一部追記いたしました。

【Getafe】久保建英応援スレ part506
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1611602298/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:28 | 大阪 | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)