アンテナ・まとめ RSS

リバプール、シャルケDFカバク獲得で交渉!シャルケがアーセナルDFムスタフィら代役確保できるかが合意条件に(関連まとめ)

リバプール、カバクを巡ってシャルケと交渉中…合意の条件は?
https://news.yahoo.co.jp/articles/e469f7a08ec60251d55b93f867ea25925082eecc
カバク20-21シャルケ練習.jpg

リバプールが、トルコ代表DFオザン・カバク(20)の移籍に関してシャルケと交渉中のようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

所属センターバックの度重なる負傷で窮地に立たされているリバプール。MFファビーニョやMFジョーダン・ヘンダーソンを起用して不足をカバーしているが、急ごしらえの域を出ない状況だ。

冬の移籍市場の閉幕が迫るにつれて、噂の信憑性が高まる中、センターバックを探すリバプールが交渉中なのがカバクだ。同選手は昨シーズンからシャルケでプレーしているセンターバックで、すでにトルコ代表デビューもしている逸材。今季はブンデスリーガ14試合に出場している。

リバプールは買い取りオプション付きのレンタルをシャルケに提案しており、情報では買い取りオプションは2500万ユーロ(約31億6700万円)から3000万ユーロ(約38億円)程度になると推測されており。

だが、交渉が成立するには、シャルケが代役を確保できるかどうかにかかっており、それまでリバプールは待つしかないという状況のようだ。

一方でリバプールは、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレストン・ノースエンドに所属するDFベン・デイビス(25)の獲得に漕ぎ着けた模様。イギリス『インデペンデント』によれば、200万ポンド(約2億9000万円)という手頃な価格に加え、年齢やポテンシャル、左サイドバックでもプレーできることなどが評価されたとのことだ。

シャルケのカバクがリヴァプール、代わりにムスタフィ獲得か
https://kicker.town/schalke/2021/02/153181.html

今冬の移籍市場にてオザン・カバクは、どうやらFCシャルケ04を後にすることになりそうだ。そしてその穴埋めとして、FCアーセナルとの契約最終年度にある元ドイツ代表、シュコドラン・ムスタフィの獲得を目指している模様。

 今冬の移籍市場にてオザン・カバクは、1年半のシャルケ時代に終止符を打ち、カバクはゲルゼンキルヒェンから一路リヴァプールにて、プレミアリーグでの新たなキャリアをスタートさせることになりそうだ。

 CBに離脱者が続き大きな問題に直面しているプレミア王者は、トルコ代表CBのレンタルを模索。さらにkickerが得た情報によれば、そのレンタル契約には買取オプションも付随。その金額は2000ポンド(約2300万ユーロ)へと設定されている模様。
 
 2019年にVfBシュトゥットガルトから移籍金1500万ユーロで加入した同選手は、これまで42試合に出場して3得点1アシストをマーク。ただシーズン当初ではブレーメンのアウグスティンソンに対して、唾を吐きつけたとして5試合の出場停止処分を受けている。(今季14試合出場、kicker採点平均4.75)

※当記事はコメントを承認後に表示する設定にしております。管理人の確認後の表示となるために他記事と比べ、表示は遅くなりますがご了承ください。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1303 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1612117153/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:22 | 大阪 ☔ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和DF槙野智章、サウジ強豪アルアハリと移籍交渉開始?本人はYoutubeでチャンネル開設(関連まとめ)

【J1浦和】DF槙野智章が再び海外移籍? 中東の雄・アルアハリが「獲得交渉」報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/b8ab2e6d73abf44b9debbf1ce276d0e947f7f3f5
槙野浦和サムズアップ2020.jpg

 J1浦和の元日本代表DF槙野智章(33)に海外移籍が浮上した。サウジアラビアメディア「アル・ワタン」は、同国1部アルアハリが獲得に向けて「交渉を開始した」と報じた。

 同メディアは「アルアハリの経営陣は最近のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)で彼のレベルを監視しており、アジアで最も著名なディフェンダーの1人とみている」とした上で「槙野智章との交渉を開始しました。槙野は得点に非常に熟練していることを証明している」とし、かねて高い守備力とともに、決定力の高さにも注目していたと伝えている。

 J1広島の下部組織出身の槙野は2006年にトップでデビューし、10年にドイツ1部ケルンに移籍、12年から浦和でプレーしている。日本代表の常連で2016年には中国1部のスター軍団として知られる広州広大からオファーを受けるなど、かねてアジア圏では注目されていた。今回、アルアハリも今季のACLに出場することから、戦力アップとして槙野に白羽の矢を立てたとみられる。

浦和DF槙野がユーチューバーデビュー「いろんな人を笑顔に」第2回は宮迫博之と対談
https://news.yahoo.co.jp/articles/d6b1fb642cc39b9fee2c159bd18aa1f53630e6e5
槙野youtube始動.jpg

 W杯ロシア大会日本代表でJ1浦和のDF槙野智章(33)が1日、自身のYouTubeチャンネル「槙野智章の俺じゃけん」を開設。ユーチューバーデビューを飾った。

 「コロナウイルスの中でいろんな人が夢や希望や笑顔を失った。自分でできることを考えたら、サッカーで伝えることはもちろん、動画で伝えるのも1つのツールかなと思った」と開設した意図を明かした。

 YouTubeチャンネルでは普段表にでないサッカー界の裏方の紹介や、実業家や芸能人などサッカー以外の人材とコラボしていく方針。「いろんな人と絡んだり接することで、いろんな人たちを笑顔にさせる、元気にさせることができるんじゃないかなと思った」とし、「熱いオファー待っています」と訴えた。

 「現役のサッカー選手だからこそ意味があるYouTubeに出来ると思っている。最初の目標として10万人を突破したい。毎週来て頂けるような動画を作りたい」と熱く語っている。

 また、次回予告で雨上がり決死隊の宮迫博之との対談シーンをアップしていた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13609
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1612054809/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:07 | 大阪 ☔ | Comment(13) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレンシア、ウルブスFWクトローネをレンタル移籍で獲得!1月にフィオレンティーナから復帰したばかり(関連まとめ)

1月にウルブスに復帰したクトローネ、早くも新天地バレンシアへ移籍
https://news.yahoo.co.jp/articles/7db0348e9dc79088ff090ad774f57718299efb0d
クトローネウルブス.jpg

バレンシアは1月31日、ウォルバーハンプトンからイタリア人FWパトリック・クトローネ(23)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

ミランの下部組織出身のクトローネは2019年夏にウルブスに加入するも、出場機会に恵まれず半年後にフィオレンティーナへ買い取り義務が付いた18カ月のレンタルで移籍した。

しかし今年1月、前線の選手を大ケガで失ったウルブスが、フィオレンティーナで出番を減らしていたクトローネをリコール。プレミアリーグ2試合、FAカップ2試合に出場していた。

だが、それから1カ月も経たないうちに今度はバレンシアへレンタル。バレンシアでは同日、FWルベン・ソブリーノ(28)のカディスへのレンタル移籍を発表している。

【中下位専用】ENGLAND Premier League 34
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1606835237/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:01 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライプツィヒDFウパメカノ、今夏バイエルンorプレミアリーグに移籍か?代理人が言及

若手トップDFウパメカノの新天地はバイエルンかプレミアリーグに…契約解除金は54億円
https://news.yahoo.co.jp/articles/7dbec3ea72fe9d734ab96841e51c91c75c891440

ウパメカノバイエルン噂.jpg


ライプツィヒのDFダヨ・ウパメカノの代理人は、バイエルン・ミュンヘンへの移籍かプレミアリーグへの移籍かを迫られていることを明かした。『シュポルト1』が伝えている。

22歳のウパメカノはライプツィヒで主軸を担い、欧州トップクラスの若手DFに成長。バイエルンかプレミアリーグへ向かう可能性が高いと伝えられている。先日には、バイエルンのハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)が「代理人といいミーティングを行った」と明かし、興味を公然と示している。

ウパメカノは2023年までライプツィヒと契約を結んでいるが、代理人のフォルカー・シュトルース氏は4250万ユーロ(約54億円)の契約解除条項があることを認めた。

「リリース条項は、ウパメカノがどこかの時点で次のステップに進みたいと判断したために合意されたものだ。それは夏になる可能性が非常に高い。まだ最終的なことは何も決まっていない。彼が夏にクラブを去る可能性は高いだろう。契約解除金は4250万ユーロ。それはコロナウイルス時代の非常識な金額だ。2019年夏には別のものになっていた。移籍金の割合が変わった。選手を売却する際には、市場価値に別れを告げなければならないクラブもあると思う」

また、シュトルース氏は「(ブンデスリーガ以外では)プレミアリーグだけだ。スペインのクラブは財政的に厳しい。プレミアリーグの2クラブから関心を持たれていることは周知の事実だ」ともコメントしている。

【3冠王者】FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 300
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1611095473/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スアレス、絶妙先制FK弾など2発で3戦連続ゴール!アトレティコはカディスに4-2勝利しリーグ戦8連勝で首位キープ

【サッカー】アトレティコ、カディスを4発で破り8連勝! 2得点の得点王 スアレスは3戦連発 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1612114323/
スアレス20-21第21節ゴール.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/02/01(月) 02:32:03.28 ID:CAP_USER9.net

 リーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)第21節が31日に行われ、カディスとアトレティコ・マドリードが対戦した。

 前節のセビージャ戦に0−3で敗れた暫定13位のカディスと首位アトレティコ・マドリードの一戦。アトレティコ・マドリードは前節のバレンシア戦に3−1で勝利してリーグ戦8連勝を飾っている。

※前節の時点ではリーグ7連勝

 ホームのカディスが開始早々にアトレティコ・マドリードのゴールを脅かす。1分、ファリからボールを受けたアルベルト・ペレアが相手エリア手前から右足でシュートを放つ。ボールは枠を捉えたが、GKヤン・オブラクが弾き出した。

 アトレティコ・マドリードは14分、右サイドから崩して中央へ折り返すと、これを受けたルイス・スアレスが反転から左足でシュート。これは相手ディフェンダーに防がれたが、こぼれ球をつないで最後はサウール・ニゲスがエリア手前から右足でシュートを放つ。しかし、ボールは惜しくもクロスバーを越えた。

 試合を動かしたのはアトレティコ・マドリードだった。28分、相手エリア手前でFKを獲得すると、ルイス・スアレスがこれを直接狙う。ボールは鮮やかな弧を描き、ゴール左上に吸い込まれた。しかし、カディスもすぐに同点に追いつく。35分、右サイドでパスを受けたサルヴィ・サンチェスが縦パスを入れる。これを受けたアルバロ・ネグレドがエリア内右からカットインして左足を振り抜き、ゴール左に決めた。

 アトレティコ・マドリードは前半終了間際の44分、勝ち越しに成功する。右サイドでボールを受けたトマ・レマルが切り返して左足でクロスを上げると、これにサウール・ニゲスが左足で合わせる。ループ気味になったボールはゴール左に吸い込まれた。カディスは前半アディショナルタイム2分、相手エリア内で突破を試みたペレアがコケのハンドを誘発したかに思われたが、VARの結果、PKは与えられなかった。

 1点リードで後半へ折り返したアトレティコ・マドリードは49分、相手エリア内左をドリブル突破しようとしたレマルが相手ディフェンダーに倒され、PKを獲得する。50分、スアレスがこれをゴール右下に決め、リードを広げた。

 カディスは59分、右サイドでパスを受けたアントニー・ロサノのクロスがそのままクロスバーを直撃する。カディスは71分、左サイドからクロスを上げると、こぼれたところをネグレドが右足でゴール左に決め、1点差とする。リズムをつかむカディスは79分、右サイドからのアーリークロスをネグレドがヘディングで折り返すと、これにイヴァン・シャポニッチがヘディングで合わせる。しかし、強烈なシュートはGKオブラクの正面を突いた。

 アトレティコ・マドリードも反撃に出る。88分、右サイドから相手エリア内に侵入した途中出場のアンヘル・コレアが中央へ送り、これにコケが右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 試合はこのまま終了。アトレティコ・マドリードがカディスを下し、リーグ戦8連勝。消化試合が1試合少ないなか、暫定2位のレアル・マドリードとの勝ち点差を10ポイントとした。また、スアレスは3試合連続ゴールを決め、今季公式戦の得点数を14に伸ばしている。カディスは2連敗となった。

 次節、カディスは2月7日にアウェイでレアル・ソシエダと、アトレティコ・マドリードは同月8日にホームでセルタと対戦する。

【スコア】
カディス 2−4 アトレティコ・マドリード

【得点者】
0−1 28分 ルイス・スアレス(アトレティコ・マドリード)
1−1 35分 アルバロ・ネグレド(カディス)
1−2 44分 サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリード)
1−3 50分 ルイス・スアレス(PK/アトレティコ・マドリード)
2−3 71分 アルバロ・ネグレド(カディス)
2−4 88分 コケ(アトレティコ・マドリード)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2688e31a1e413a15e81d711a95d466f9306b3de6
2/1(月) 2:15配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20115099
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/67
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/67
得点ランキング



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、英2部プレストンDFベン・デイビスの獲得で合意!CBに負傷者続出で緊急補強

リバプール、移籍市場最終日に新CB補強か。2部プレストンの25歳DF獲得合意と報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b437ff7cceb85264477c52aa11a9ca4cde298d7
ベン・デイビス20-21プレストン.jpg

リバプールは、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレストンに所属するDFベン・デイビスの獲得に向けてクラブ間で合意に達したようだ。英『スカイ・スポーツ』など複数メディアが伝えている。

 今季リバプールはセンターバック陣に負傷が相次ぎ、フィルジル・ファン・ダイクやジョー・ゴメスが長期離脱。ジョエル・マティプやファビーニョも負傷し、1月31日に行われたプレミアリーグ第21節のウェスト・ハム戦では本来MFのジョーダン・ヘンダーソンがCBを務めた。


 冬の移籍市場で新たなCBを補強する可能性も予想され、様々な候補が噂となっていたが、そのターゲットが固まったようだ。プレストンに所属する25歳のDFを獲得することが合意に達し、移籍市場最終日となる1日にメディカルチェックと正式契約が行われることになると見込まれている。

 現在25歳のデイビスは下部リーグへのレンタルで経験を積んだあと2017年からプレストンでレギュラーとしてプレー。これまでプレミアリーグでのプレー経験はない。

 今季でプレストンとの契約が満了するデイビスは来季セルティックに加入することが合意に達していたとみられているが、リバプールは移籍金200万ポンド(約2億8800万円)を支払うことで同選手を冬のうちに獲得することが合意したという。リバプールからは19歳のオランダ人DFセップ・ファン・デン・ベルフがプレストンにレンタルされることになるとも伝えられている。

※当記事はコメントを承認後に表示する設定にしております。管理人の確認後の表示となるために他記事と比べ、表示は遅くなりますがご了承ください。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1302 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1611903614/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:33 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッシ、超絶FK弾でクラブ通算650得点目!バルセロナはビルバオに2-1勝利しスーパー杯のリベンジ達成

ビルバオ撃破で5連勝のバルセロナ、レアル・マドリー抜いて2位浮上!破格契約流出のメッシがFKから650得点目
https://news.yahoo.co.jp/articles/407f8910ae47224ec80b29c5628c89a24bb584db
メッシ20-21第20節goal.jpg

31日のラ・リーガ第21節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのアスレティック・ビルバオ戦を2-1で制した。

アウェー8連戦を終えて、ようやく今年初となるカンプ・ノウでの試合にたどり着いたバルセロナ。クーマン監督は出場停止のブスケッツの代わりにピャニッチを起用し、GKテア・シュテーゲン、DFミンゲサ、アラウホ、ユムティティ、ジョルディ・アルバ、MFピャニッチ、デ・ヨング、デンベレ、ぺドリ、グリーズマン、FWメッシでスタメンを組んでいる。

スペイン・スーパーカップ決勝でアスレティックに不覚を取ったバルセロナだが、この試合では良質なパフォーマンスを披露。デ・ヨングがアラウホとユムティティの間に入り、その前方にピャニッチが位置するビルドアップから、効率的にアスレティックゴールに迫っていった。

バルセロナは20分に先制点を記録。得点者は、スーパーカップ決勝でバルセロナで初となる退場処分となり、この試合の前日にはバルセロナとの巨額契約をリークされたメッシだった。ペナルティーアーク手前からのフリーキック、10番が左足で叩き、強烈な斜め回転がかかったボールは、壁を越えてから急降下していき枠内右のサイドネットを揺らしている。バルセロナの歴代最多得点者メッシにとって、このゴールは同クラブでの通算650得点目となった(755試合で達成)。

しかし、マルセリーノ監督率いるアスレティックも食い下がる。後半開始から4分後、左サイドを突破したラウール・ガルシアのアーリークロスから、ボールに追いつこうとしたデ・マルコスがジョルディ・アルバと競り合い、バルセロナDFのオウンゴールを誘発している。

スコアをタイに戻されたバルセロナはその後、引いて守るアスレティックの4-4ブロックを前に攻めあぐねる状況が続く。クーマン監督は67分、ピャニッチとの交代でセルジ・ロベルトを投入している。

そしてバルセロナが待望の勝ち越し弾を決めたのは74分のこと。デンベレのスルーパスから右サイドを突破したミンゲサがボールを折り返し、アスレティックのDFラインを巧みに抜け出したグリーズマンが左足でそれを押し込んだ。

終盤、バルセロナは再び前に出てきたアスレティックの攻勢に苦しむも、グリーズマンをラングレに代えるなど守備に力を入れ、1点リードを最後まで守り切っている。5連勝のバルセロナは前日にレバンテに敗れたレアル・マドリーと勝ち点40で並び、得失点差で抜き去り2位に浮上(最終的な順位は当該対決の成績で決定)。1試合消化が少ない首位アトレティコ・マドリーとの勝ち点10差を維持している。。

》╋||||《Blaugrana F.C.バルセロナ27》╋||||《
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1609885699/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】柿谷曜一朗、リフティング勝負で圧巻スキル魅せる 名古屋公式SNSが公開

名古屋SNSに驚嘆の声多数…FW柿谷曜一朗がリフティング勝負で圧巻スキル披露
https://news.yahoo.co.jp/articles/732ed6d4c3a82c7c743b0afe31d4e3a2644edfc9
柿谷2020名古屋練習.jpg

 名古屋グランパスは1月31日にツイッター(@nge_official)を更新。FW柿谷曜一朗を映した動画を投稿している。

 動画は練習後の自主練の風景。DF木本恭生とともに、落としたほうが負けのリフティング勝負を行った柿谷は、木本からのボールをすべて拾い切り、勝利を手にした。

 難なくこなす柿谷のスキルはどれも圧巻。難しい場所に飛んだボールも巧みに拾い上げ、また両足の外側、内側、かかとなど様々な部位を使い切り、異名通りの“ジーニアス”らしさを見せつけた。

 ツイッターでは「えっぐ!」「これはジーニアス」と驚嘆の声が多数。GK西川周作も「うますぎっ!!さすがの神トラップ」とコメントするなど、ツイッターアカウントを持つ多くのJリーガーも驚きの声を上げていた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13609
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1612054809/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【エジプト王サラー】リバプール、サラー圧巻2ゴールなどウエストハムに3-1快勝!リーグ2連勝で3位浮上

サラー2発のリヴァプールが3位浮上…ウェストハムの連勝は『4』でストップ
https://news.yahoo.co.jp/articles/c67ce7fb0f89bc25eb648623d9084866d2a6b824
サラー20-21第22節ゴール.jpg

 プレミアリーグ第21節が31日に行われ、ウェストハムとリヴァプールが対戦した。リヴァプールに所属する日本代表FW南野拓実はリーグ戦7試合連続のベンチスタートとなり、出番は訪れなかった。

 リーグ戦4連勝中と好調の暫定5位ウェストハムが、前節のトッテナム戦でリーグ戦6試合ぶりの勝利を収めた暫定4位リヴァプールをホームに迎えた。両チームの勝ち点差は2ポイントとなっており、ウェストハムが勝利すれば順位は入れ替わる状況だ。リヴァプールのセンターバックにはジョーダン・ヘンダーソンとナサニエル・フィリップスが入り、サディオ・マネが招集外となっている。

 主導権を握るリヴァプールは5分、ジェルダン・シャチリからパスを受けたディヴォック・オリジが相手エリア手前から左足で狙う。しかし、ボールはわずかにゴール左上へ外れた。さらにリヴァプールは8分にジョルジニオ・ワイナルドゥムが、17分にチアゴ・アルカンタラがエリア外から狙うが、いずれも得点には結びつかない。

 一方のウェストハムは24分にパブロ・フォルナルスがエリア内中央から、さらにその直後にデクラン・ライスがエリア外からシュートを放つが、GKアリソンにセーブされた。リヴァプールは45分、チアゴが左サイドからカットインし、エリア内へ縦パスを入れる。これに走りこんだオリジが左足で合わせるが、枠を捉えることはできない。

 スコアレスで後半へ折り返したリヴァプールは57分、試合を動かす。前線でボールを収めた途中出場のカーティス・ジョーンズが右サイドに展開する。ボールを受けたモハメド・サラーがカットインから左足でシュートを放つと、ボールはゴール左上に吸い込まれた。

 さらにリヴァプールは68分、追加点を奪う。相手のCKからボールを奪い、カウンターを発動すると、左サイド前方でボールを受けたシャチリが逆サイドへロングボールを送る。これを受けたサラーが左足でゴール左に流し込んだ。

 2点のリードを奪ったリヴァプールは84分、途中出場のロベルト・フィルミーノがワンツーパスでエリア内右を抜け、中央へ折り返す。これをワイナルドゥムが難なく決め、リードを3点に広げた。しかし、ウェストハムもこのままでは終わらない。87分、右サイドのCKからクレイグ・ドーソンが右足で押し込み、1点を返した。

 試合はここで終了。リヴァプールが2連勝を飾り、3位に浮上した。ウェストハムの連勝は4でストップし、暫定5位のままとなっている。

 次節、ウェストハムは2月3日にアウェイでアストン・ヴィラと、リヴァプールは同日にホームでブライトンと対戦する。

【スコア】
ウェストハム 1−3 リヴァプール

【得点者】
0−1 57分 モハメド・サラー(リヴァプール)
0−2 68分 モハメド・サラー(リヴァプール)
0−3 84分 ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リヴァプール)
1−3 87分 クレイグ・ドーソン(ウェストハム)

※当記事はコメントを承認後に表示する設定にしております。管理人の確認後の表示となるために他記事と比べ、表示は遅くなりますがご了承ください。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1302 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1611903614/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:32 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏レイソル、ボタフォゴ長身FWペドロ・ラウールに獲得交渉!ブラジル複数メディアが合意寸前と報道(関連まとめ)

「すでに2億円のオファーが…」柏レイソルが“怪物”オルンガの後釜に本田圭佑の元同僚FWを獲得へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/c688c473e4d53a2ab1266a53ae2ba84398d8530a
ペドロ・ラウール2020ボタフォゴ02.jpg

 大型ストライカーの獲得を模索していた柏レイソルは、“サッカー王国”から実力派の助っ人を確保しようとしているようだ。

 現地時間1月30日、有力紙『O Dia』をはじめとするブラジルの複数のメディアが、現在ボタフォゴに所属するブラジル人FWペドロ・ラウールと柏が合意寸前に至っていると一斉に報じた。

 現在24歳のP・ラウールは、193センチの巨躯を利したパワフルなプレーが自慢の大型CFだ。日本代表MFの本田圭佑とも共闘した今シーズンは、降格圏に沈むチームにあって、24試合で7ゴールをマークするなど、孤軍奮闘を続けている。

 今冬に昨季のJ1得点王&MVPで主砲オルンガがカタールのアル・ドゥハイルに移籍したため、その後釜探しに奔走していたとされる柏にとっては願ってもないタレントだろう。「日本の柏レイソルがボタフォゴとの交渉を開始した」と報じる『O Dia』は、その詳細をこう伝えている。

「クラブ間の交渉はまだ初期的な段階だが、今後数日中に他クラブから有力なオファーが来ない限り、近いうちに選手との契約にゴーサインが出るだろう。すでに柏はボタフォゴへ移籍金200万ドル(約2億900万円)を提示。ペドロ・ラウールの保有権30パーセントを持つヴィトーリア・ギマラエス(ポルトガル)との交渉も始めている」

 60パーセントの試合で先発出場した場合に150万ユーロ(約1億8750万円)を支払い、さらに契約延長をすることが保証される契約を交わしていたP・ラウールとボタフォゴ。両者は2021年6月、2022年1月と6月の3度に分けて50万ユーロずつ支払うと合意していたが、クラブが新型コロナウイルス禍での深刻な財政難に陥ったため、売却する必要があると報じられていた。

 そうしたなかで、財政の負担を減らせる有益なオファーが舞い込み、ボタフォゴも売却を視野に入れているようだ。この冬に柏はドッジとアンジェロッティという2人のブラジル人MFを補強していたが、新たに頼もしい助っ人を迎え入れられそうだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13608
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1611990660/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、3戦連続で先発出場し初のシャドー起用も連携に課題…ヘタフェはアラベスと0-0ドロー

“シャドー”で初起用の久保建英、先発で79分までプレーも決定機で連携に課題…ヘタフェは“直接対決”に無得点ドロー
https://news.yahoo.co.jp/articles/ca4b2ea18223d43664de63654bb10ce3c3648447
久保建英20-21第21節ドリブル.jpg

 1月31日に開催されたラ・リーガ第21節で、久保建英が所属する13位のヘタフェが、18位のアラベスをホームに迎えた。

 この残留争い直接対決で、久保は3試合連続のスタメン出場。ボルダラス監督が、CBジェネの出場停止や怪我人続出の影響で驚きの3-4-2-1を採用したため、これまでの右サイドハーフではなく、同じく新戦力のアレニャとともに2シャドーの一角に入った。

 試合は、前節に大敗を喫している両チームが慎重なゲーム運びをしたため、なかなかチャンスを作り出せない。

 32分には、MFアランバリが左サイドから持ち上がり、フリーで並走した久保がボールを要求するも、なかなか出して貰えず。最終的にエリア内でパスを受けたが、DFに囲まれて窮屈な形になり、シュートはGKにキャッチされた。

 39分には久保のCKのマタが頭で触り、こぼれ球をマタが狙うも、ゴールライン上で惜しくもDFにクリアされる。

 後半に入って57分には、カウンターでボールを持ち運んだククレジャから、右サイドでパスを受けた久保が切り返しでかわそうとするが、敵の主将マヌ・ガルシアに激しいタックルでファウルを受ける。このプレーにはイエローカードが提示された。

 その後も厳しいマークを受けた久保は、そのなかでも違いを作り出そうと奮闘したが、決定的な仕事を果たせず。79分にアレニャとともにベンチに下がった。

 結局、両軍とも最後まで決め手を欠き、試合はスコアレスドローに終わっている。

【Getafe】久保建英応援スレ part511
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1612100892/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:34 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)