アンテナ・まとめ RSS

レアルDFセルヒオ・ラモス、左ひざを手術へ…全治最大6週間の離脱か?

最大6週間の離脱? レアルに痛手、欠場続くDFセルヒオ・ラモスが左ヒザの手術へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c05abeace943f0445b08e293c807ddfa7dce7b9
セルヒオ・ラモス20-21-02-4.jpg

結果がなかなか出ないレアル・マドリーに大きな痛手だ。

チームのキャプテンを務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、ヒザの手術を受ける可能性が高いようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

セルヒオ・ラモスは今シーズンもキャプテンとしてチームを牽引。ここまでラ・リーガで14試合に出場し2ゴール、チャンピオンズリーグでは3試合で1ゴール1アシストを記録している。

しかし、11月には筋肉系のケガで離脱すると現在はヒザを負傷。スーペル・コパ準決勝のアスレティック・ビルバオ戦の出場を最後に、リーグ戦2試合とコパ・デル・レイ1試合を欠場している。

6日に行われるラ・リーガ第22節のウエスカ戦のメンバーからも外れたセルヒオ・ラモスだが、近日中に左ヒザの手術を行うとのことだ。

なお、手術による離脱期間は約6週間とみられており、3月の下旬までは欠場する見込み。チャンピオンズリーグのラウンド16・アタランタ戦は2試合とも欠場するとみられている。

◆◇El Blanco Real Madrid 1094◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1612022747/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

檀崎竜孔、2ゴール1アシストの大活躍でMOMに選出!豪州ブリスベン・ロアー移籍後3得点目

檀崎竜孔がオーストラリアで大活躍。2得点1アシストでマン・オブ・ザ・マッチ選出
https://news.yahoo.co.jp/articles/c9b26c6e7be7e61db27cda2ae5ceeccf150363bd
檀崎20-21Aリーグ3点目.jpg

 オーストラリア・Aリーグのブリスベン・ロアー対メルボルン・ビクトリー戦が6日に行われ、ホームのブリスベンが5-2の勝利を収めた。ブリスベンのMF檀崎竜孔は2得点1アシストを記録する活躍で勝利に貢献している。

 北海道コンサドーレ札幌からの期限付き移籍で今季ブリスベンに加入して背番号「10」を背負う檀崎は、リーグ開幕から5試合連続の先発で出場して89分までプレー。チームメートの元日本代表FW工藤壮人はベンチ入りしたが出場しなかった。

 試合は序盤からブリスベンがゴールを重ねていく。檀崎は前半9分に先制点をアシストしたのに続いて、17分にはゴール前でのこぼれ球を至近距離から押し込んでチームの3点目を挙げた。

 その後は両チームがゴールを奪い合い、前半はブリスベンが4-2でリード。後半立ち上がりの49分には檀崎がこの日2点目のゴールを挙げて5-2と突き放し、そのままブリスベンが勝利を収めた。

 試合後には2得点1アシストの活躍をみせた檀崎がマン・オブ・ザ・マッチに選出されたことも発表された。これで檀崎は移籍後5試合に出場して3得点。チームも開幕戦に敗れたあと4連勝と好調で、暫定首位に位置している。

秒刊コンサドーレ3386日目☆★☆札幌総合スレ☆★☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1612359196/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1大分、ブラジル人MFマテウス・ペレイラにレンタル移籍での獲得オファーか(関連まとめ)

大分がブラジル人を補強か? アトレチコ・ゴイアニエンセのMFマテウス・ペレイラにオファー
https://news.yahoo.co.jp/articles/52aa6a2c279e82f6c2e273dc26f714e9e4db6115
マテウス・ペレイラ練習.jpg

大分トリニータが新たなブラジル人選手を獲得するかもしれない。

ブラジル『sagres』によると、アトレチコ・ゴイアニエンセに所属するMFマテウス・ペレイラ(24)がレンタル移籍で加入するとのことだ。

マテウス・ペレイラは、フィゲイレンセの下部組織出身で、2020年11月にアトレチコ・ゴイアニエンセへと完全移籍で加入した。

ボランチを主戦場にセンターバックでもプレーができるマテウス・ペレイラは、今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで10試合に出場し1ゴール。フィゲイレンセではセリエBで18試合に出場し1ゴールを記録していた。

報道によると、大分が最初にオファーを出した際は、クラブがセリエAの残留争いをしていたために拒否。しかし、1月31日に行われたサンパウロ戦で勝利したことで残留が決定。そのため、レンタル移籍を検討しているという。

大分からのオファーは1年間のレンタル移籍で100万レアル(約2000万円)と見られている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13619
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1612538436/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、36歳誕生日迎えキャリア20周年「あと20年やると約束できなくて申し訳ないが…」

【サッカー】祝36歳C・ロナウドが全力宣言! 「あと20年やると約束できなくて申し訳ないが…」 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1612586938/
Cロナ20-21インテル戦ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/02/06(土) 13:48:58.75 ID:CAP_USER9.net

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが自身の誕生日を受け、これまでの歩みを振り返るとともに、決意を新たにした。

5日はフットボール界のスーパースターとして第一線を走り続けるC・ロナウドにとって、36歳のバースデー。年齢的にキャリアの折り返し地点を過ぎたが、衰えるどころか進化しているようにさえ映り、今季もここまでセリエA得点ランキングトップを走る。

まだまだ世界のトップを走り続けていきそうなC・ロナウドは5日、自身のインスタグラム(cristiano)でファンにメッセージを発信した。

「36歳だなんて、アンビリーバブルだ! すべての物事がつい昨日、始まったような感覚だが、この旅はすでに記憶に残る冒険と物語でいっぱい。初めてのボール、初めてのチーム、初めてのゴール…時間が経つのはあっと言う間さ!」

「マデイラからリスボン、リスボンからマンチェスター、マンチェスターからマドリード、マドリードからトリノ。何よりも心の底から世界に向けて…すべてを捧げてきた。決してためらわず、常にベストバージョンの自分を届けようとね」

「そのお返しとして、君たち(ファン)は愛情や称賛、そして無条件のサポートを僕にくれた。感謝しても感謝し切れないよ。君たちの存在なしじゃ、何も成し得なかったはずだ」

「36歳の誕生日やプロフットボーラーとしての20周年を祝うが、あと20年やると約束できなくて申し訳ない。でも、現役である限り、100%以下の僕を届けることはないと約束する!」

「この日までのみんなのサポートや優しいメッセージに改めて感謝したい。それらは僕にとって、大きな意味を持つものであり、君たちは僕の心の特別な場所にいる」

なお、C・ロナウドはこれまでのクラブキャリア通算で873試合に出場して660得点226アシスト。ポルトガル代表としても170試合の出場で102得点を記録している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e18fde42823dd4b0679c7214258768794c0ae95



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島ヴォルティス、元U21伊代表MFバトッキオの加入内定を発表!入国可能になり来日後正式契約へ(関連まとめ)

徳島がMFバトッキオの加入内定を発表! イタリアU-21代表プレー経験を持つ28歳
https://news.yahoo.co.jp/articles/201517c3402d28d2a378cd85079c60f98ccd0f27
バットッキオ2019ブレスト.jpg

 徳島ヴォルティスは6日、イタリア人MFクリスティアン・バトッキオの完全移籍での加入内定を発表した。同選手はリーグ・アン(フランス1部)のスタッド・ブレストからの移籍となる。

 かつてイタリアU-21代表としてのプレー経験も持つバトッキオは、これまでイタリア、イングランド、そしてイスラエルなどでのプレー経験を持つ28歳。今シーズンはここまでリーグ戦15試合に出場を果たしている。

 徳島での背番号は「38」と発表された同選手は「徳島の皆さんこんにちは!このような新しいチャレンジができることにとても幸せを感じています。徳島ヴォルティスのために、全員が一致団結して、持っている力全てをチームに捧げたいと思います。皆さん早くお会いしたいです。Vamos!!」とコメントを発表。

 なお徳島は、今後同選手について「日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日し、メディカルチェックを経て、正式契約の見込みとなっております」とも伝えている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13619
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1612538436/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:41 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムッソリーニの曾孫、セリエAラツィオU-23チームに昇格!トップチームでの出場待ち

【サッカー】ムッソリーニnoひ孫 ラツィオU-23に昇格 トップチームでの出場心待ち [数の子★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1612582173/
ムッソリーニと曾孫.jpg
1: 数の子 ★ 2021/02/06(土) 12:29:33.75 ID:CAP_USER9.net

ラツィオ(イタリア・セリエA)のU-23チームに、イタリアの独裁者として知られたムッソリーニ元首相のひ孫ロマーノ・フロリアーニ・ムッソリーニ(18)が昇格して話題になっている。
 サイドバックとセンターバックをこなすDFで目標はプロ。注目を集める状況に「ここラツィオではムッソリーニという名前ではなくプレーで判断される」と話し「いつかデビューしたい」とトップチームでの出場を心待ちにしている。


4: 名無しさん@恐縮です 2021/02/06(土) 12:31:29.30 ID:zQpLhRFO0.net

>>1
すみません途中送信してしまいました
スレタイはムッソリーニno→ムッソリーニの

ソースはhttps://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2021/02/05/kiji/20210205s00002019657000c.html
です



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、プレミアリーグの印象と日本人の可能性に言及…日本人選手がプレミアで苦戦する3つの理由

【サッカー】岡崎慎司が核心つく指摘も…日本人がプレミアリーグで苦戦する“3つの理由”〈dot.〉 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1612525463/
岡崎慎司レスター2016.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/02/05(金) 20:44:23.05 ID:CAP_USER9.net

「プレミアリーグは、日本人選手にとって鬼門である──」。

 いつからか、そんな風に言われるようになった。プレミアリーグで出場歴のある選手は、稲本潤一、中田英寿、戸田和幸、宮市亮、吉田麻也、香川真司、岡崎慎司、武藤嘉紀の8人。出場機会を求めてリバプールからサウサンプトンへのレンタル移籍が決まった南野拓実を入れると、これまで9選手がプレミアの門を叩いた。

 レスターの岡崎のようにレギュラーとしてリーグ優勝に貢献した選手もいれば、志半ばでイングランドを離れた選手も少なくない。イタリアで大きな実績を残した中田や、ドイツで特大のインパクトを放った香川にいたっては、他国ではトップクラスの結果を残しながらプレミアリーグでは苦戦した。

 では、なぜ日本人選手はイングランドで苦しむのか。3つのポイントから理由を探ってみたい。

【1】「個の力」を重視するサッカー

 1つ目の理由は、プレミアリーグでは「個の力」が重視される点。近年は外国人監督が多数流入し、チーム戦術も緻密、かつ高度になってきたが、戦いの根本にあるのは選手ひとりひとりの「個の力」だ。プレミアは、個人能力への比重が極めて高いリーグだろう。

 実際、ピッチに目を向けると、敵をぶっちぎるスピードや、マーカーを翻弄するドリブル、1対1の局面で当たり負けしない体の強さなど、はっきりとした特長を持つ選手が多い。レスター在籍時の岡崎は、ドイツのブンデスリーガと比べながら、「プレミアリーグの印象」と「日本人プレーヤーの可能性」について次のように語っていた。

「プレミアには、個の力がバケモノみたいな選手がいる。印象で言えば、あまり戦術を気にせず、個の力だけでやってしまう選手が活躍できるリーグ。『どんだけドリブルするねん!』って選手も多いし、それぞれ自分の得意とする形を持っている。ただ日本人は、自分の形を持っていない選手が多い。ドイツでハマるのは、周囲の選手が(日本人選手に)合わせてくれるから。あと、ブンデスには個の力がバケモノみたいな選手がそこまでいないからだと思う」

「自分の場合は、能力を平均的に持っていると思う。ある程度走れるし、体も持つし、ケガにも強い。ただ、プレミアでは、ちょっと抜き出たところで勝負しないといけない。プレミアは、(ひとつの能力が)突出しているような選手ばかりじゃないですか。ドリブルに自信を持っている選手がいたり、それぞれの特徴がはっきりしている。でも、自分の場合は『これだったら勝てる』というのがないんですよね。だから、俺がプレミアで1トップのCFとして勝負するのは無理だなって思う。でも(レギュラーCFの)ジェイミー・バーディーには絶対的な速さがある」

https://news.yahoo.co.jp/articles/061a986bce74ddf6e4ba89ff30acb015890e2c6c
2/5(金) 17:00配信



 


2: 名無しさん@恐縮です 2021/02/05(金) 20:44:43.30 ID:AM7WC/aT0.net

岡崎の言うように、日本人選手は能力が平均して高い。だが、際立った武器や特性を持たない選手が多いのも事実だ。特に前線の選手は、ドリブルやスピード、決定力、高さ、強さなど、どれかひとつ強力な特色がないと、インパクトを放つのはなかなか難しい。

 岡崎の場合は、「ハードワーク」と「前線からの守備」を自身のアピールポイントにすることで、レギュラーの座を確保。その上で、貪欲にゴールを目指すスタイルをレスターで確立した。「個の力」がモノをいうプレミアで、献身的な動きでチームを支えないことには、まず試合に出場できないと考えたからだ。

 少し乱暴な言い方をすれば、味方と良い距離感を保ちながらチーム全体で連携・連動し、その中で自分の持ち味を出していくのが日本人選手のスタイルだろう。日本代表が世界と戦う際もここが武器になるが、個々の選手がプレミアで戦うには、自分の持っている「個の力」を全面に押し出す必要がある。

 反対に、ここができないと、チームメートや指揮官の信頼を掴むのは難しい。出場機会は増えず、結果もついてこない。

【2】プレミアリーグの資金力

 巨額のテレビ放映権により、各クラブが莫大な選手補強費を有しているのも、日本人選手にとっては大きな障壁である。下位クラブや昇格クラブであっても積極的な選手補強が可能で、それゆえチームが求めるのは即戦力となる。結果を出さなければ、すぐに代わりの選手がやってくるのもプレミアの大きな特徴だろう。

 実際、プレミアリーグの選手補強費は、他国と比べて群を抜いている。コロナ禍前の18年夏の市場では、リーグ全体で約1790億円の補強費を投下。イタリア・セリエAの約1280億円、スペイン・リーガの約980億円に比べても、プレミアの資金力は突出している。

 在籍8季で日本人最多のプレミア154試合に出場した吉田は、レギュラーの座を掴んだ後でさえ、「毎年、毎年がサバイバル。まったく気が抜けない」と、安泰の時期などなかったとこぼしていた。岡崎も「新シーズンになれば、新しい選手がバーッと入ってくる。そういう意味では、またイチからのスタート。毎年、イチになる」と、常に危機感を抱きながらプレーしていると話していた。


3: 名無しさん@恐縮です 2021/02/05(金) 20:44:49.45 ID:AM7WC/aT0.net

【3】フィジカル重視のプレミア。当たりも空中戦も激しい

 最後の理由は、イングランド伝統のフィジカル重視のサッカースタイル。接触プレーやマーカーの寄せが非常に厳しく、審判も極力ファウルを取らない。欧米の選手に比べると線の細い日本人選手は、球際で激しく寄せられるとボールロストしてしまうシーンが少なくない。

 実際、前出の吉田や岡崎は、プレミアリーグ参戦を機に肉体改造に着手した。体のキレを失わないように注意しながら、筋力トレーニングを軸に簡単には屈しない鋼の体をつくった。吉田はオランダ時代から8キロ、岡崎もドイツ時代から5キロほど体重を増やしたという。

 イングランドへの移籍を機に、「プレミア仕様」に体を鍛え直す必要もありそうだ。

■サウサンプトン移籍が決まった
南野拓実

 以上3つの視点から南野を考察してみると、いずれの点においても壁にぶち当たっていたように思う。

 特に、南野が身を置いていたのは世界王者のリバプールだ。サディオ・マネ、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノの強力3トップを擁しているところに、夏の移籍期間にポルトガル代表FWのディオゴ・ジョタが加わった。南野は、限られた出番の中で自身をアピールするのに苦戦しているように見えた。

 日本代表FWとしてはサウサンプトン移籍を転機にしたい。ダニー・イングスやテオ・ウォルコットなど優れた選手が多数在籍しており、南野の出番が確約されているわけではないが、リバプール時代より出番は増えるだろう。実戦経験を積んでプレミアのプレースタイルに馴染み、特に攻撃面でゴール前でのターンやフリーランといった自身の持ち味を存分に出していきたい。

 2021年は、南野にとってプレミア挑戦2年目。サウサンプトンで迎えるシーズン後半戦は、まさに正念場だろう。(文・田嶋コウスケ・英国ロンドン在住ライター)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、18歳FWアンス・ファティが膝を再手術…経過次第で3度目の手術の可能性も(関連まとめ)

【サッカー】バルサFWファティが2週間前に膝の再手術実施 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1612535652/
アンス・ファティ20-21バルセロナ.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/02/05(金) 23:34:12.47 ID:CAP_USER9.net

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティ(18)が2週間前に膝の再手術を受けたことを、スペイン紙ムンド・デポルティボ電子版が5日に報じた。

アンス・ファティは昨年11月7日に行われたベティス戦で左膝内側半月板を損傷し、その2日後に手術を受け、復帰までに4カ月かかると伝えられていた。

同紙はバルセロナの地元テレビ局TV3の情報を引用し、術後の回復が予想していたよりも順調ではなかったため再手術が決定され、2週間前に行われたことを明かしている。

現時点で明確な復帰時期は明らかになっていない。当初復帰戦に考えていた1回目の手術から約4カ月後となる3月10日、アウェーで行われる欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦パリ・サンジェルマン戦に間に合うことは、ほぼ不可能とみられている。(高橋智行通信員)

2/5(金) 23:28
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210205-32050980-nksports-socc


バルセロナ若手FWに不安。先月2度目の手術、経過しだいで3度目の可能性も…
https://news.yahoo.co.jp/articles/307061e60788d50f6162793699db6f646bd0d1f9

 バルセロナのFWアンス・ファティは、回復が順調ではないという。スペイン『TV3』の報道をもとに『アス』などが伝えた。

 シーズン序盤に多くのゴールを決めた18歳のアンス・ファティは、昨年11月に半月板を痛めて離脱。手術を受けていた。だが回復は順調ではなく、2週間前に秘密裏に再手術が行われていたとのことだ。


 さらに問題なのは、2度目の手術のあとも状況が大きく改善していないという点だという。選手はまだプールでリカバリーを続けるだけで、ピッチの上でトレーニングを再開する見通しは立っていない。今後数週間経っても同じような状況であれば、3度目の手術に踏み切る可能性も除外されていないという。
 当初は全治4カ月と言われていたアンス・ファティの負傷。復帰はいつ頃になるのだろうか。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:22 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1徳島、元U21伊代表MFバットッキオ獲得が確実に!本人はSNSで所属する仏1部ブレスト退団を報告(関連まとめ)

徳島ヴォルティス、元U21イタリア代表MF獲得が確実に!1年契約でサインも…
https://football-tribe.com/japan/2021/02/05/201301/
バットッキオ弓パフォ.jpg


 明治安田生命J1リーグの徳島ヴォルティスはリーグアン(フランス1部)のスタッド・ブレストに所属する元イタリアU-21代表MFクリスティアン・バットッキオの獲得が確実になったようだ。5日、フランスのサッカー誌『フランス・フットボール』が伝えている。

 バットッキオは2011年にウディネーゼの下部組織からトップチームに昇格した後、2012年夏にワトフォードへ移籍する。その後、2015年夏にフリーでスタッド・ブレストに加わると、一度イスラエルの強豪クラブであるマッカビ・テルアビブへ移籍した後、2019年1月にスタッド・ブレストへ復帰。同選手は今季リーグアンで15試合に出場しているものの、先発メンバーに名を連ねたのはわずか2試合にとどまっているほか、1月24日に行われた第21節・スタッド・ランス戦以降はベンチ外となっている。

 スタッド・ブレストとの契約期間を今年6月まで残している同選手の去就を巡っては、2月に入って一部のフランス国内メディアが徳島ヴォルティス加入で個人合意に至ったと報じていた。その中、バットッキオ本人は4日、自身のSNSアカウントにおいてスタッド・ブレストの今冬退団を明言している。

 そして『フランス・フットボール』は同選手が徳島ヴォルティスと2021シーズン終了までの1年契約でサインを交わすと報道。また、今回の契約では1年の契約期間延長のオプションも付いているものとみられる。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13618
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1612474969/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)