アンテナ・まとめ RSS

元日本代表MF名波浩氏が現役時代に「衝撃を受けた」スター選手2名「オーラが凄かった」

【サッカー】元日本代表の“司令塔”が「衝撃を受けた選手」 2人の名手を選出「オーラが凄かった」 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613559143/
ジダンとロナウジーニョ.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/02/17(水) 19:52:23.50 ID:CAP_USER9.net

名波浩氏が現役時代に対戦して度肝を抜かれた選手を回想「ジダンは凄かった」

 1990年代後半から2000年代前半にかけてジュビロ磐田の黄金期を支え、1998年フランス・ワールドカップ(W杯)に“10番”を背負って出場した元日本代表MF名波浩氏は、これまで数多くのビッグマッチに出場してきた。海外の名手とも対戦してきたが、華麗なキャリアのなかで「衝撃を受けた選手」について振り返ってもらうと、一時代を築いた2人のスーパースターの名前を挙げてくれた。(取材・文=Football ZONE web編集部・谷沢直也)

【動画】“天才司令塔”だったジダン、レアル&ユーベ時代の「芸術スキル」

   ◇   ◇   ◇

 日本代表として67試合に出場した名波氏は、1995年のAマッチデビュー以来、98年フランスW杯をはじめ強豪国とも対戦してきた。また1999-2000シーズンにはイタリアのヴェネツィアに移籍し、当時「世界最強リーグ」と言われていたセリエAに参戦。各国スーパースターと毎週のようにピッチ上で対峙してきたなか、「間違いなく衝撃を受けた」として真っ先に名前を挙げたのが、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンだった。

「4回対戦したんです。ユベントスと2回、フランス代表と2回やって一度も勝てなかった。とにかく凄かったな、と。サンドニ(2001年3月の国際親善試合/0-5)もそうですし、ヴェネツィアでのホームのユベントス戦にも0-4で負けるんですが、(アレッサンドロ・)デル・ピエロと(フィリッポ・)インザーギが2トップにいて自由に操っている感じでした」

 1998年フランスW杯で母国を初の世界一に導き、同年のバロンドールも受賞したジダンは、名波氏が対戦した当時はまさに「世界最高の司令塔」として君臨していた。身長185センチ、体重80キロという中盤の選手としては恵まれた体躯を持つなかで、名波氏は「あの体のサイズでどれだけ動けるのだろう」と思っていたそうだが、ピッチ上で見たジダンは「攻撃時には特にハードワークをするし、あの大きな体で繊細なボールタッチもできた」という。

 そして同じ“司令塔”として何よりも感銘を受けたのが、ジダンから放たれる圧倒的な“オーラ”だった。

「仲間の信頼が物凄かったですね。特にセンターバックやサイドバックの選手がボールを持ってパッとインサイドに顔を向けた時、だいたいみんなジダンを見ている。どうやってジダンにボールを経由しようかというルート探し。こうやってボールが集まるんだなと改めて思わせてくれた選手だったし、実際にボールを持った時のオーラというか、仲間の期待感を一身に受けている感じが凄かった。それは対戦相手である我々や、観客も含めたスタジアムにいる何万人も含めて、みんなが『ジダン、何するんだろう?』と見ているような、そんな華のある選手でした」

https://news.yahoo.co.jp/articles/008ab525e5e5f649073b27bb098de16b389f9f59
2/17(水) 19:05配信


2: 名無しさん@恐縮です 2021/02/17(水) 19:53:15.88 ID:u1obzcXU0.net

ロナウジーニョはドリブルのキレだけでなく「理詰めでプレーしていた」

 そして名波氏がもう1人、衝撃を受けた選手として名前を挙げたのが元ブラジル代表FWロナウジーニョだ。2004年8月、バルセロナがシーズン開幕前のプレシーズンツアーで来日。静岡県のエコパスタジアムで磐田と対戦した。

 この試合に先発フル出場した名波氏は、バルセロナ在籍2年目で全盛期に突入していたロナウジーニョとピッチ上で対峙。圧倒的なテクニックに度肝を抜かれたという。

「バルサのスピードアップには必ずロナウジーニョが絡んでいて、ノールックパスやフェイントからのトップスピードへの加速、ストップやターン、ドリブルなどとにかくボールコントロールで物凄く魅せる選手だなと。あのドリブルのキレは、やっぱり自分が持っていないものなので、これは絶対に追いつけない選手だなと思いましたね」

 特に左ウイングに入っていたロナウジーニョが、左サイドのペナルティーエリア脇のエリアに入ると手が付けられなかったと振り返る。

「あそこに入った時の彼を止めようとしたら、もうファウル以外は難しいなと。一回、ジュビロの誰かが激しく奪いにいったんだけど、ロナウジーニョは体を横にスライドさせながら、トントンって感じでボールを浮かせてスライディングをかわしていった。体もめちゃくちゃ強い選手だったけど、やっぱり相手に触らせないほうが自分の選択どおりにプレーできる。そういう部分では感性だけでなく、考えながら理詰めでプレーしているんだなと感じました」

 代名詞の一つである“エラシコ”をはじめ、まるでボールが足に吸い付いているかのようなテクニックを再三披露していたロナウジーニョ。「ボールが右足、左足、自分の体の中心線のどこに置かれていたら、どんなプレーで観る人を楽しませることができるのか。常にそういう空気感を出していた」と、キャリア全盛期に突入していた“天才”のプレーを名波氏は改めて称えていた。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:24 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、ベネヴェント戦ファン投票のMOMに選出!伊メディアでもチーム最高点タイの評価

冨安健洋、前節ベネヴェント戦のチームMOMに選出。ファンからも高評価
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c23f20a3790bc2b9a4e338fee3a4aeea387848e

冨安20-21正面.jpg

 イタリア・セリエAのボローニャは16日、先週末に行われたベネヴェント戦のファン投票によるマン・オブ・ザ・マッチに日本代表DF冨安健洋が選出されたことを発表した。

 ボローニャは12日に行われたセリエA第22節の試合でベネヴェントと対戦して1-1のドロー。右サイドバックとして出場した冨安は攻守両面で好プレーを見せ、イタリアメディアでもチーム最高タイの採点がつけられるなど高評価を受けていた。


 ボローニャがファンを対象として行ったマン・オブ・ザ・マッチ投票では、冨安は最多となる約44%の票を獲得。約24%のFWニコラ・サンソーネ、約20%のDFアダマ・スマオロを抑えてのチームMOM選出となった。

 ボローニャはセリエAで22試合を終えて現在12位。今週末の次節はアウェイで8位サッスオーロと対戦する。

Bologna FC 冨安健洋 Part20
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1612092028/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:11 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英サッカー選手、引退後40%が4年以内に破産…1/3が1年以内に離婚 サッカー選手の引退後の現実とは

サッカー選手“引退後”の現実とは イングランドでは40%が4年以内に破産、3分の1が1年以内に離婚 [愛の戦士★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613535538/
ヘスキー.jpg
1: 愛の戦士 ★ 2021/02/17(水) 13:18:58.33 ID:CAP_USER9.net.net

NUMBER WEB

華々しい舞台で眩いばかりの光を放つプロスポーツ選手たち。誰もが憧れる世界だろう。しかし、そこは転落と隣り合わせの世界でもある。

 現実社会とつながりがあることから目を背けてしまうと、転がり落ちたときになかなか歯止めをかけることができない。そんな怖さをはらんでいる。

 プロスポーツ選手として活躍できる時期は決して長くはない。そして、引退後も人生は続いていく。いや、引退後の時間の方が基本的には長い。圧倒的に長い。

 終わってからのことは終わってから考えたらいい、と考える人はいるだろうし、それでうまくいく人もいるだろう。でも、うまくいかない例は僕らが思っている以上に多い。

アスリートが陥る引退後の苦悩
 現役時代にどれだけ優れた選手であっても、引退後に目標を見失ってしまったり、鬱に悩まされたり、“仲間”と思っていた人に誘われて始めた仕事で失敗したりという例は、それこそ後を絶たない。

 プロ選手のセカンドキャリアをサポートする『Player 4 Player』という組織を設立した元イングランド代表のエミール・ヘスキーは、キャリア引退後の様子について次のように話している。

「僕もそうだが、サッカーでは何をどうしなければならないかをずっと言われてきていた。そして、引退して初めて、自分で考えるということを始めなければならなくなる。それに、世間一般では当たり前と思えることを、まったく知らない選手も少なくないんだ。例えば朝食の準備だよ。別に何も難しくないと思われるだろうけど、それさえも難しいと感じる元選手はいるんだ。だって、引退するまで一度もやったことがなかったりするんだから」

 食事もそうだし、掃除も洗濯もやり方がわからないという。

 特に最近では、欧州トップレベルでプレーする選手は移動の連続。家でプライベートな時間を過ごすよりも、ホテル暮らしの時間が長く、必要なものはすべて準備されている。

 僕らにとって日常的で当たり前だと思われることも、彼らにとっては当たり前ではない。仕事に必要なスキルがないどころか、エクセルやワードの使い方がわからない、メールが書けない、税金の仕組みがわからない、という場合もある。

 資金はあるけど知識がない。あるのはイメージだけ。引退後すぐに商売を始めようとし、寄ってくる“仲間”の甘い言葉に誘われて言われるがままお金を出してしまう……。

 ヘスキーは大学施設による数年にわたる研究報告を挙げ、警鐘を鳴らしている。

「イングランドではプロ引退後の選手の40%が4年以内に破産している。(アメリカの)NFLではもっと顕著で70%という数字が出ている。そして、3分の1が1年以内に離婚している」

 これは衝撃的な数字だ。

 高給取りの選手の場合、毎月手取りで10万ユーロ(約1300万円)を稼ぐこともある。一月に3万ユーロ(約390万円)を使ったとしても痛くも痒くもない。なんといっても、翌月にはまた10万ユーロが入ってくるのだから。

 そうした状況で、日々の生活を規則正しく、健全にプランニングするのは難しい。特に若いころは本当に難しい。よほど意識しなければ感覚は鈍り続けていく。引退してからも現役時代の感覚を払拭できず、生活水準を下げられないパターンが多いようだ。

 金銭問題だけではない。世間からの注目も大きく変わってしまう。シャルケで活躍した元ドイツ代表DFベネディクト・ヘベデスはこのように語っている。

「選手時代は常にメディアから注目されて、SNSではファンからたくさんのフィードバックをもらう。でも引退した瞬間それがピタッとなくなるんだ。誰からも褒められないし、誰からも批判されない。そうするとおかしな気持ちになってしまうんだ。選手はそうした時期に備えて準備をしておくべきだと思う」

※続きはリンク先で
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210215-00846992-number-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現役ボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKピリッチ、Jリーグ移籍へ

現役ボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKがJリーグ移籍へ、現在はスロベニアでプレー
https://news.yahoo.co.jp/articles/f5a990a91d98fe73a94f9aca3e0d1895f8a5fa11
ピリッチ.jpg

現役のボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKがJリーグへとやってくるようだ。ボスニア・ヘルツェゴビナの『Oslobodjenje』が報じた。

報道によると、Jリーグへの移籍が噂されているのは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKケナン・ピリッチ(26)とのこと。クラブ名は明かされていないがオファーを受けるつもりだという。

ピリッチは、ボスニア・ヘルツェゴビナのグラディーナでキャリアをスタート。その後、ヘントのU-21へと移籍すると、2014年7月にスロボダ・トゥズラ、2017年2月にズリニスキ・モスタルと母国クラブへと移籍してプレーした。

2018年7月からマリボルへと移籍。これまで公式戦60試合に出場していたが、今シーズンはメンバー外の状態が続いていた。

U-21ボスニア・ヘルツェゴビナ代表として12試合でプレーし、A代表でも3試合に出場している。

『Oslobodjenje』によれば、現在年俸が50万ユーロ(約6400万円)とされる中、Jリーグクラブは違約金10万ユーロ(約1300万円)を支払う予定のようだ。

これまでボスニア・ヘルツェゴビナ出身選手はJリーグで5名プレー。現役では大宮アルディージャのFWネルミン・ハスキッチがプレーしている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13639
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1613465240/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルビンカザンMF齊藤未月、足首靭帯損傷で全治4カ月…合宿での練習中に負傷し手術(関連まとめ)

【サッカー】齊藤未月、足首じん帯の損傷で約4カ月の離脱に…練習中に負傷し手術実施 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613463437/
齊藤未月ルビンカザン練習.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/02/16(火) 17:17:17.98 ID:CAP_USER9.net

ロシア1部のルビン・カザンは16日、MF齊藤未月の負傷についてクラブ公式サイトで発表した。

 齊藤は2週間前、合宿でのトレーニング中に味方のスライディングタックルを受けて負傷していた。クラブの発表によると、同選手は足首じん帯の損傷と診断され、フィンランドにて手術を行った。回復には約4カ月を要する見込みだという。

 現在22歳の齊藤は湘南の育成組織出身で、世代別の日本代表にも名を連ねている。2015年に湘南のトップチーム登録となり、2016年の高校3年生時にJ1デビュー。2020シーズンの明治安田生命J1リーグでは33試合に出場し2ゴールを挙げた。2021年1月1日から2022年6月30日までの1年半契約でルビン・カザンに期限付き移籍しており、先月21日に行われたパルチザン(セルビア)との練習試合で実戦デビューを果たしていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/23ea7456af53bc22b9e536ab25e82285a1f37e49



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1大分、元U20ブラジル代表DFエンリケ・トレヴィザンとブラジル人MFペレイラの獲得を発表

大分が元U-20ブラジル代表DFエンリケ・トレヴィザン、MFペレイラのブラジル人2選手を獲得
https://news.yahoo.co.jp/articles/add9b7f41fe6442b2e7492276de45f16b1d979ae
トレヴィザンとペレイラ.jpg


大分トリニータは17日、ブラジル人DFエンリケ・トレヴィザン(24)、ブラジル人MFペレイラ(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。


エンリケ・トレヴィザンは、フィゲイレンセやポンチ・プレッタでプレーしたのちにポルトガルへと渡り、エストリル・プライア、ファマリカンでプレー。エストリル・プライアから期限付き移籍で加入した。

大分はプレーの特徴として「精度の高い左足のキックで最終ラインからゲームを組み立てることが出来るセンターバック。クレバーで、的確なポジショニングと危機察知能力に長ける」と紹介。今シーズンはファマリカンでセンターバックとしてプレーし、プリメイラ・リーガで4試合に出場していた。また、U-20ブラジル代表でもプレー経験がある。

ペレイラは、フィゲイレンセでプレーしていたが、昨年11月にアトレチコ・ゴイアニエンセでプレー。今シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで10試合に出場し1得点を記録。フィゲイレンセではカンピオナート・ブラジレイロ・セリエBで18試合に出場し1得点を記録していた。

大分は「ボランチ、センターバックをこなすポリバレントな選手。豊富な運動量を活かした守備範囲の広さと、身体の強さとスピードを活かしたボール奪取力が特徴」とプレーの特徴を紹介している。

なお、両選手のチーム合流は未定。日本政府の新規外国人入国の許可が下り次第、新型コロナ感染症隔離期間を経てチームに合流予定となっている。

また、エンリケ・トレヴィザンは背番号「14」、ペレイラは「31」を着用する。両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆DFエンリケ・トレヴィザン
「ファン、サポーターの皆さんこんにちは!この度大分トリニータに新しく加入することになったエンリケ トレヴィザンです。日本でプレーできる事がとても嬉しいです」

「入国可能になり次第チームに合流して、チームメメイトと共に勝利を目指します! 一致団結して共に戦い、良いシーズンにしましょう。それではまたすぐに会いましょう」

◆MFペレイラ
「大分サポーターの皆さん、ペレイラです。大分トリニータという素晴らしいクラブに移籍できてとても嬉しいです」

「私は守備的なボランチですが、状況を見ながら攻撃にも参加し、チームが得点を奪えるように貢献したいと思います」

「また、献身的なプレーをし、チームのコミットメントや意志を尊重することを約束し、決して諦めない闘いを見せます」

「新しいチームメイトとすぐに一緒になって、簡単なことではないですがこの新しい挑戦を成功させ、チームに貢献できるように頑張ります!」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13640
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1613482428/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:30 | 大阪 ☔ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、DFアラバが今季限りでの退団を正式発表「新たなクラブはまだ決めてない」レアルなどが候補に

アラバ、今季限りでのバイエルン退団を明言…「新たなクラブはまだ決めていない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/81aed7e5284bb8843ee45e2fdd8a2bc2f80422c7
アラババイエルンガッツポーズ.jpg

 バイエルンは16日に会見を実施し、オーストリア代表DFダヴィド・アラバが2020−21シーズン限りで退団することを発表した。

 アラバのバイエルンとの現行契約は2021年6月30日までとなっていたものの、契約延長交渉の難航が伝えられ、今シーズン終了後の退団が濃厚と見られていた。新天地は未定だが、レアル・マドリードのほか、パリ・サンジェルマンやバルセロナ、マンチェスター・C、マンチェスター・Uなどプレミアリーグ勢が関心を示していることが報じられている。

 会見に出席したアラバは、「今シーズンを終えたあと、新たなことをするためクラブを去ることにしました。簡単な決断ではありませんでしたが、13年間ここにいて、クラブは私の心の近くにあります。新天地はまだ決めていなません」と語り、今シーズン限りでバイエルンを去ることを明言した一方、新天地が未定であることも明かした。

 また、アラバは「この13年間、信じられないほど美しい瞬間を経験することができ、とても感謝しています。この13年間は言葉では言い表せないほど美しく、強烈な時間でした。もちろん(決断に)時間はかかったが、『新しいことをしよう、新しいものを見よう、新しい挑戦をしよう』と、自分のために決めました。そのため(発表)に時間がかかりました。私の代理人が他クラブと連絡を取り合っていることは周知の事実です。あとは、今後のことを考えて決めていくことになります」ともコメントしている。

 現在28歳のアラバは2008年に母国を離れてバイエルンの下部組織に加入し、2010年にトップチームへ昇格。同年2月10日に行われたDFBポカールのグロイター・フュルト戦でデビューを果たし、当時のクラブ史上最年少出場記録を樹立。2011年1月から6月まではホッフェンハイムへのレンタル移籍を経験。現在のチームでは元ドイツ代表FWトーマス・ミュラー(2008年8月15日デビュー)に次ぐ最古参選手となっている。

 クラブ通算ではここまで公式戦415試合に出場し、33ゴール50アシストを記録。外国人選手としてはバイエルン史上2位の出場試合数を誇っており、今シーズン中に元フランス代表MFフランク・リベリーが記録した425試合という外国人選手の最多出場記録を超える可能性もある。

 なお、バイエルンは同選手の後釜として、ライプツィヒに所属するフランス代表DFダヨ・ウパメカノが2021年7月1日から5年契約で加入することを14日に発表している。

【3冠王者】FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 301
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1613069627/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マラドーナ、隠し財産105億円が判明?親友が重要証言

【サッカー】マラドーナ氏に隠し財産≠P05億円!親友が重要証言 [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613399664/
マラドーナ笑顔.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/02/15(月) 23:34:24.93 ID:CAP_USER9.net

急死したサッカー元アルゼンチン代表FWの英雄<fィエゴ・マラドーナ氏(享年60)に1億ドル(約105億円)の隠し財産≠ェ判明した。

 およそ9000万ドル(約91億円)前後とみられるマラドーナ氏の遺産を巡って泥沼の相続争いが展開されているが、驚がくの新事実が明らかになった。

 アルゼンチンメディア「テレショー」は、現在明らかになっている9000万ドルとみられる資産のほかに、さらに莫大な財産があると報道。マラドーナ氏の親友であるマリアーノ・イスラエリット氏の話として「彼が1億ドルを持っていたと私に言っていた。ただ、それがどこにあるかは誰も知らない」と語ったという。

 同メディアは「高セキュリティーの銀行なのか、自宅なのか。これは、アルゼンチンサッカーのレジェンドの死を取り巻くすべての人々にとって、新たに加わった謎だ」とこの重要証言に注目している。

 マラドーナ氏の財産はまだ算定が続いており、全貌が明らかになっていない。本当に英雄の埋蔵金≠ェ存在するのか注目が集まる。

2/15(月) 22:56
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210215-02762412-tospoweb-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、サラー&マネのゴールでライプツィヒに2-0先勝!貴重なアウェイゴールでCLベスト8進出に前進(関連まとめ)

リヴァプールがサラー&マネ弾で先勝!…貴重なアウェイゴールでベスト8へ大きく前進
https://news.yahoo.co.jp/articles/ea6b91ffb5e5e39e54c5a6b327161ab04fe6ed75
サラー20-21CLベスト16第1戦ゴール.jpg

チャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦ファーストレグが16日に行われ、ライプツィヒ(ドイツ)とリヴァプール(イングランド)が対戦した。

 ハンガリー・ブダペストを舞台に行われたこの一戦は、序盤からインテンシティーの高い展開が続く。ライプツィヒは5分、アンヘリーニョのクロスにダニ・オルモが頭で合わせるも、これはポストに弾かれた。リヴァプールも15分、トレント・アレクサンダー・アーノルドのスルーパスに抜け出したモハメド・サラーが決定機を迎えるも、これはグラーチのセーブに阻まれる。

 24分には、サラーのボール奪取からフィルミーノがクロスをあげると、中央でマネが打点の高いヘディングで狙うも、これは枠外に。さらに32分、GKペーテル・グラーチがエリア外に飛び出して処理したところをアンドリュー・ロバートソンがロングシュートで狙うも、わずかにバーを超えてしまった。試合はスコアレスでハーフタイムを迎える。

 後半に入ると47分、ライプツィヒはオルモのパスにエンクンクが抜け出してチャンスを迎えるも、これにはGKアリソンが立ちはだかる。すると53分、ライプツィヒは自陣でサビツァーのパスミスが出ると、これに素早く反応したサラーが一対一に。これを左足で流し込み、一瞬のスキを逃さなかったリヴァプールが先制に成功する。

 さらに58分には、ロングボールの処理を誤ったノルディ・ムキエレが転倒すると、ボールを拾ったマネがまたも一対一の状況を迎える。冷静に右足で逆をとったマネがゴールを揺らし、またしてもミスが発生したライプツィヒを相手に2点のリードを奪う。

 その後、ライプツィヒはユスフ・ポウルセンやファン・ヒチャンら切り札を次々に投入し、流れを変えにかかる。大柄なY・ポウルセンを起点に徐々に主導権を取り戻していくも、集中の途切れないリヴァプールの守備を前に決定的なチャンスを掴むには至らない。90+3分にはスルーパスに反応したファン・ヒチャンがようやく決定機を迎えるも、チップキックはゴールの枠を捉えられなかった。

 試合はこのまま終了。2つのミスを逃さなかったリヴァプールが、貴重なアウェイゴールで大きくベスト8進出に前進した。リヴァプールのホームで行われるセカンドレグは、3月10日の29時(日本時間3月11日の午前5時)にキックオフを迎える。

【スコア】
ライプツィヒ 0−2 リヴァプール

【得点者】
0−1 53分 モハメド・サラー(リヴァプール)
0−2 58分 サディオ・マネ(リヴァプール)

【スターティングメンバー】
ライプツィヒ(3−4−3)
グラーチ;ムキエレ(64分 オルバン)、ウパメカノ、クロステルマン;アダムス、カンプル(73分 ファン・ヒチャン)、サビツァー、アンヘリーニョ;ハイダラ(64分 Y・ポウルセン)、オルモ、エンクンク

リヴァプール(4−3−3)
アリソン;アレクサンダー・アーノルド、カバク、ヘンダーソン、ロバートソン;ワイナルドゥム、チアゴ(72分 シャチリ)、K・ジョーンズ;サラー(90分 N・ウィリアムス)、フィルミーノ(72分 オックスレイド・チェンバレン)、マネ

※当記事はコメントを承認後に表示する設定にしております。管理人の確認後の表示となるために他記事と比べ、表示は遅くなりますがご了承ください。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1310 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1613295871/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☔ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【エムバペ無双】PSG、エムバペ圧巻ハットトリックでバルセロナに4-1逆転勝利!アウェー大量得点でCLベスト8進出に大きく前進 CL決勝T1回戦第1戦(関連まとめ)

エンバペが3発! PSG、メッシ先制のバルセロナをアウェイで逆転…CL1回戦先勝
https://news.yahoo.co.jp/articles/9125dadb8a8ce0f7574056f5a2825b400d09bb77

エムバペ20-21CLベスト16第1戦goal.jpg


チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦のファーストレグが16日に行われ、バルセロナとパリ・サンジェルマン(PSG)が対戦した。

 19シーズン連続で決勝トーナメント進出を決めたバルセロナと、ライプツィヒやマンチェスター・Uが同居するグループステージを突破したPSGの一戦。試合はバルセロナの本拠地『カンプ・ノウ』で行われた。なお、バルセロナのDFジェラール・ピケは約3カ月ぶりの戦列復帰を果たし、スタメン入りした。一方、PSGはFWネイマールが負傷で招集外となっている。

 バルセロナは14分、アントワーヌ・グリーズマンがペドリからのスルーパスをエリア内で受け、滑り込みながら左足でなんとかシュートに持ち込むが、GKケイラー・ナバスに防がれる。バルセロナは26分、前線へのロングボールに反応したフレンキー・デ・ヨングがレイヴァン・クルザワに倒され、PKを獲得する。28分、これをリオネル・メッシがゴール右上に決め、先制した。

 バルセロナは直後の29分、エリア手前をドリブル突破したメッシが横パスを送ると、これをウスマン・デンべレが右足でダイレクトシュート。しかし、うまく合わせることはできず、GKの正面を突く。

 1点ビハインドのPSGは32分、試合を振り出しに戻す。左サイドの高い位置でロングボールを受けたクルザワが中央へ折り返す。マルコ・ヴェラッティを経由してキリアン・エンバペに渡ると、素早く相手ディフェンダーを交わし、左足で強烈なシュートをゴール左に叩き込んだ。バルセロナは37分、カウンターからメッシがグリーズマンにスルーパスを送ると、ゴール前まで独走して左足でグラウンダーのシュートを放つ。しかし、これはわずかにゴール左に外れる。

 PSGは45分、右サイドのCKからマウロ・イカルディがヘディングで合わせるが、ボールは右のサイドネットに飛び、逆転弾とはならなかった。同点で後半へ折り返したPSGは47分、エリア手前からエンバペが右足で狙いすましたシュートを放つが、ボールはわずかにゴール右に外れる。

 後半立ち上がりから勢いづくPSGは50分、エリア内右に走りこんだモイーズ・キーンが右足でダイレクトシュートを放つ。しかし、相手ディフェンダーに当たって軌道が変わったボールはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの好セーブに阻まれた。バルセロナは62分、エリア内右でボールを受けたデンべレがカットインから左足でシュートを放つが、GKにキャッチされる。

 PSGは65分、逆転に成功する。エリア内右でスルーパスを受けたアレッサンドロ・フロレンツィが中央へ折り返すと、こぼれ球をエンバペが左足で押し込んでゴールネットを揺らした。フロレンツィにオフサイドの疑惑があったが、VARの結果、PSGの得点が認められた。

 さらにPSGは70分、左サイドでFKを獲得すると、レアンドロ・パレデスのクロスにゴール前でフリーとなっていたキーンがヘディングで合わせる。これがゴール右下に決まり、2点差とした。試合を優位に進めるPSGは86分、カウンターを発動すると、途中出場のユリアン・ドラクスラーがエリア手前までドリブルで独走し、左のエンバペに送る。これを右足のダイレクトシュートでゴール右に決め、3点差とした。

 試合はこのまま終了。PSGがエンバペのハットトリックやキーンの公式戦2試合連続ゴールなどで、アウェイでバルセロナに逆転勝利。決勝トーナメント準々決勝進出へ大きく近づく形となった。バルセロナは2006−2007シーズン以来、14シーズンぶりのCL決勝トーナメント1回戦敗退の危機となった。

 セカンドレグは3月10日、PSGのホームで行われる。

【スコア】
バルセロナ 1−4 パリ・サンジェルマン

【得点者】
1−0 28分 リオネル・メッシ(PK/バルセロナ)
1−1 32分 キリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン)
1−2 65分 キリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン)
1−3 70分 モイーズ・キーン(パリ・サンジェルマン)
1−4 85分 キリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン)

※一部追記編集し直しました。

【サッカー】UEFA-CLベスト16第1戦 ライプツィヒ×リバプール、バルセロナ×PSG [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613512490/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:27 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)