アンテナ・まとめ RSS

アーセナルGKレノ、SNSでの誹謗中傷に非難「エンケのように自殺しろと言われた」「SNSは馬鹿な人間にあふれている」

【サッカー】「SNSはバカな人間で溢れている。時間の無駄」アーセナル守護神が語る [伝説の田中c★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613645005/
レノ20-21アーセナル.jpg

1: 伝説の田中c ★ 2021/02/18(木) 19:43:25.36 ID:CAP_USER9.net

アーセナルGKベルント・レノが、昨今のSNS事情について語っている。

2021年に入り、人種差別被害が相次ぐプレミアリーグ。特にSNS上での問題が多発しており、先日にもマンチェスター・ユナイテッドFWアントニー・マルシャルが第24節ウェストブロム戦(1-1)後に差別被害にあったことが報告された。その他アクセル・トゥアンゼベやリース・ジェームズらや、解説者のイアン・ライト氏まで被害に。イングランドサッカー協会(FA)も撲滅のために様々な施策を講じているが、一向に数は減らない状況が続いている。

そんなSNS事情について、アーセナル守護神が『スカイスポーツ』で言及。ドイツでプレーしていた時代には、元ドイツ代表でうつ病と戦いながらも2009年に自ら命を絶ったロベルト・エンケ氏の名前を出されて批判されたことを明かし、「意味がない」と断言している。

「もちろん、僕は色々なことを経験してきたよ。ここイギリスでも、ドイツでもね。だけど、1つだけ僕の心に残るクレイジーな出来事がある」

「僕は非常に悪いパフォーマンスをした。そしてSNS上である人物に『エンケのようにやれよ』と言われたんだ。これを読んでから、SNS上はバカな人間が溢れてることに気づいたんだ。だからこそ、良い時にも読まないことにした。僕には必要ない。時間の無駄だ」

「パソコンの陰に隠れ、相手の気分を害するような偽物の人間が多いんだ。人種差別、家族への批判、僕は好きじゃない。読まないよ。人生に影響を与えるとして、何の意味があるんだ?」

https://news.yahoo.co.jp/articles/993fb036414a56359ae529b00a653d95ce685f0f


「エンケのように自殺しろと…」アーセナル守護神レノがSNSで受けた誹謗中傷を激白「馬鹿野郎ばかりだ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/b6cc398547e2220e0e2e96d1ce80c5c639d99272

 日頃から大衆の視線にさらされるプロフットボーラーの切実な訴えだ。

 現地時間2月16日、アーセナルに所属するドイツ代表GKのベルント・レノは、英衛星放送『Sky Sports』のインタビューで、問題視されているSNS上の誹謗中傷について「多くの馬鹿野郎たちがいる」と痛烈に非難した。

 SNSが発展を遂げている昨今、サッカー界では選手や監督が誹謗中傷の的となるケースが少なくない。“母国”イングランドでも試合でミスを犯した選手に対し、ツイッターやインスタグラムで容赦のないメッセージが殺到。昨年12月にはクリスタル・パレスに所属するウィルフリード・ザハが12歳の少年から人種差別的投稿を受けたことを告白し、小さくない物議を醸した。

 そうしたなかで、「ドイツでも、ここ(イングランド)でも、多くの経験をした」と告白したレノは、「心に深く残って、忘れられないものがある」とかつて自身が受けた非情なメッセージを明かした。

「僕がとても酷いパフォーマンスをした試合の後だ。ある男がSNSで、『お前もエンケのように自殺しろよ』と言ってきたんだ。それを読んでから、ここには馬鹿野郎ばかりがいると思ったんだ。それ以来、SNSは見なくなった。たとえ、コメントの全てが良い時でさえも見ない」

 かつてドイツ代表GKとして活躍しながらも、うつ病を患った末に2006年に32歳の若さで自ら命を絶ったロベルト・エンケ。そんな悲運の名手をもけなしたメッセージに心を痛めたというレノは、「(SNSは)必要ない。時間の無駄なんだよ」とキッパリと断言した。

「コンピューターやスマホの後ろに隠れて、人が気分を悪くすることばかりをやってるフェイクな人間が山ほどいて、画面は人種差別や家族への罵声に溢れている。そんなの見る必要がない。人生に影響を及ぼすし、何の意味があるんだ?」

こうしたレノのような声が、後を絶たないSNSの問題の改善に繋がることを祈るばかりだ。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:29 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルゼンチン代表の新ユニフォームが酷評!空色と白色の迷彩柄「氷が溶けているよう」

【サッカー】アルゼンチン代表の新ユニフォーム流出、迷彩柄に海外酷評 「スキャンダル」 [愛の戦士★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613640501/
アルゼンチン2021ユニ04.jpg
1: 愛の戦士 ★ 2021/02/18(木) 18:28:21.61 ID:CAP_USER9.net

Football ZONE web編集部 2/18(木) 7:30

 アルゼンチン代表のユニフォームと言えば、空色と白色のストライプによるデザインが伝統とされている。その最新モデルがリークされたなか、これまでとは一線を画した模様に批判の声が殺到。海外メディアは「新ユニフォームでスキャンダル」と伝えている。

 ワールドカップ(W杯)で2度の優勝を誇る南米の雄・アルゼンチンは、古くから国旗に由来する空色と白色の縦縞のシャツをホームユニフォームとして着用。初優勝した母国開催の1978年W杯で大会得点王とMVPを受賞したマリオ・ケンペス、86年W杯で2度目の優勝に貢献したディエゴ・マラドーナ、そして、現在の代表チームで絶対的エースに君臨するリオネル・メッシといった選手たちがこのシャツを来て躍動してきた姿はファンの記憶にも刻まれている。

 そんな伝統的なユニフォームの最新モデルがリークされたなか、これまでとは一線を画したデザインに批判の声が挙がっている。スペイン紙「AS」アルゼンチン版は「アルゼンチンの新ユニフォームでスキャンダル。”恐ろしい”」と見出しを打ち、「2021年に着用するシャツの新デザインは、ストライプを維持しつつも、誰もが好んではいないディテールが施されている」と驚きを持って伝えた。

 実際に流出したデザイン画像を見ると、「アディダス社」により制作されたモデルは伝統の「空色×白色ストライプ」柄ではあるものの、空色の縦縞は迷彩柄となっており、違和感は拭えない。「AS」紙の公式インスタグラムは「アルゼンチンの新ジャージがリークされた 意見は?」と綴り画像をアップすると、コメント欄には「冗談だろう」「何て恐ろしいんだ…それを私たちのシャツにしないでくれ!!!!」「これではワールドカップで優勝できない」「気に入らん」「氷が溶けているよう」「くだらないことはもういい」など、酷評する声が多数寄せられている。

 時代が進むにつれ、機能性とともにデザインも刷新されている近年のユニフォームだが、南米の強豪国が着用するユニフォームの変貌ぶりに、ファンは納得していないようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210218-00308576-soccermzw-socc

アルゼンチン2019ユニ.jpg


※こちらは2019年ユニフォーム
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:16 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、MFセバージョスとGKマシュー・ライアンの完全移籍での買い取りを希望!間もなく交渉か

アーセナル、レンタル移籍中の2選手の本加入を希望…間も無く交渉か
https://news.yahoo.co.jp/articles/72b079977868071b29cd09db12f3bfa85c38e1d1
セバージョスとライアン.jpg

 アーセナルはスペイン代表MFダニ・セバージョスとオーストラリア代表GKマシュー・ライアンの完全移籍を希望しているようだ。17日にイギリス紙『サン』が報じた。

 セバージョスとライアンは現在、ともにアーセナルにレンタル移籍で加入中である。両選手ともに今シーズン限りで契約期間が満了するため、親クラブへと帰還することになる。

 しかし、同紙によるとアーセナルはこの2選手の完全移籍を希望しており、獲得に向けて交渉を開始する予定だという。ライアンは今シーズン限りで親クラブであるブライトンとの契約が満了するため、フリー移籍での獲得が可能となっている。

 一方のセバージョスは、レアル・マドリードが移籍金2200万ポンド(約32億円)を要求している中、アーセナルは減額を希望しているため、交渉がやや困難となることが予想されている。果たしてアーセナルはこれらの補強で来シーズン、かつてのようにトップ4争いに参戦することができるのであろうか。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1602】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1613325272/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、エムバペ獲得は困難に?PSGはエムバペ放出なら2億ユーロを要求か

「レアルにとってバッドニュース」。バルサ戦ハットでムバッペ獲得は困難とスペイン紙指摘【欧州CL】
https://news.yahoo.co.jp/articles/17a9caa50699097468790f4ddc00d73e4c013ff9
エムバペ20-21CLベスト16第1戦goal.jpg

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペのレアル・マドリード移籍は難しいかもしれない。17日付のスペイン『マルカ』がムバッペのレアル移籍に関して言及している。

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、バルセロナ対パリ・サンジェルマン(PSG)が現地時間16日に行われた。ムバッペのハットトリックの活躍などでアウェイのPSGが4-1の勝利を収めた。


 以前からマドリーからの興味が伝えられているムバッペ。2022年までPSGとの契約を残しているが、今夏の移籍も噂されていた。しかし、ムバッペがハットトリックを達成したことにより、マドリー移籍は現実味がなくなったと言及されている。

 同メディアは「レアルにとってバッドニュース」と題し、ムバッペのマドリー移籍の噂に関して言及。新型コロナウイルスの影響で多くのクラブが財政難となっている状況だが、PSG側はムバッペの移籍金の減額はしないだろうと伝えた。

 さらに、PSGはリオネル・メッシ獲得が噂されているが、33歳のメッシよりも22歳のムバッペを残留させる方が現実味があると指摘している。

 ムバッペのマドリー移籍はさらに困難になったと言えるだろう。

エムバペ放出するなら移籍金250億円とスペイン紙
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0dfcf8d9402aa0c25bb343968c90c5be5a49398


パリ・サンジェルマンFWエムバペ(21年2月撮影=ロイター)

パリ・サンジェルマンがフランス代表FWキリアン・エムバペ(22)を今夏手放す場合の売却価格を決定したと、スペイン紙アス電子版が17日に報じた。

エムバペは16日にアウェーで行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦でバルセロナ相手にハットトリックを記録して4−1の勝利に大きく貢献。自身の価値をさらに高め、改めて世界最高の選手の1人であることを証明した。

そんな中、同紙はフランス紙ル・パリジャンの情報を引用し、パリ・サンジェルマンの第1希望は契約延長で説得することだが、放出しなければならない場合、獲得を望むクラブに対して2億ユーロ(約250億円)もの莫大(ばくだい)な移籍金を要求するつもりだと伝えた。

エムバペの契約は2022年6月30日までと1年半を切っているにもかかわらず、パリ・サンジェルマンはその天文学的な金額がエムバペの能力に一致しているものと考え、2億ユーロ以下で手放すつもりはないとのことだ。

しかし全てのクラブが新型コロナウイルスの影響を財政面に受けているため、今現在、その金額を支払うことができるクラブは存在しないという。さらに手取り3000万ユーロ(約37億5000万円)という高額な年俸が、獲得を狙うクラブにとってもう1つの大きな障害となるとみられている。

一方、エムバペは現在、自身の将来についてまだ考えている最中であり、退団するかどうかの最終的な決断をまだ下していないと同紙は伝えている。(高橋智行通信員)

◆◇El Blanco Real Madrid 1096◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1613515673/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:04 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、バイエルン戦の負傷は「軽度の靭帯損傷」次節の出場は不透明 独地元紙報じる 

堂安律は「軽度の靭帯損傷」 怪我の状況を独紙報道、次節出場の可否は不透明
https://news.yahoo.co.jp/articles/f951e6ea5d001eb166384072504a3b4c1930de80
堂安律20-21第21節試合前.jpg

バイエルン戦で負傷交代、19日のヴォルフスブルク戦に向けて地元紙も動向に注目

 ビーレフェルトの日本代表MF堂安律は、現地時間15日に行われたブンデスリーガ第21節バイエルン・ミュンヘン戦(3-3)で負傷により前半途中で交代したが、怪我の具合についてドイツ地元紙「ヴェストファーレン・ブラット」が報じている。それによると、同選手は右膝靭帯を負傷していて、19日の次節ヴォルフスブルク戦に出場できるかは今のところ不透明のようだ。

 右サイドハーフで先発し、積極的にオーバーラップしてくるバイエルンの左SBアルフォンソ・デイビスをケアするために自陣深くまで戻ってくるなど、主に守備面でチームに貢献していた堂安だったが、試合中に右膝を負傷。自ら交代を促すサインを出し、前半41分にピッチを退いていた。

 今季ここまでリーグ戦全20試合に先発出場し、チームを牽引してきた堂安は、ビーレフェルトにとって欠くことの出来ない攻撃の軸だ。しかし、「ヴェストファーレン・ブラット」紙は、「リツ・ドウアンが金曜日に行われるヴォルフスブルクとの試合に出場できるかどうかは分からない。この日本人選手は、ミュンヘンでの試合で右膝の内側側副靭帯に軽度の怪我を負った」と堂安の怪我について報じ、ヴォルフスブルク戦での出場が危ぶまれていると伝えている。

 前節バイエルン戦から中3日の過密日程、さらに相手は今季好調で現在4位のヴォルフスブルクというのは、残留争いの真っ只中にいるビーレフェルトにとっては厳しい条件下での試合とも言えるため、堂安の怪我の状態には現地メディアも注目しているようだ。

Arminia Bielefeld 堂安律応援スレ Part17
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1602917139/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怪物ハーランド、ドルトムント加入後にCL7試合で10得点!1クラブでのCL最速二桁得点を達成

【サッカー】ドルトムントFWが凄すぎる! 加入後7試合で10得点達成。大会史上最速の記録に【欧州CL】 [幻の右★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613604388/
ハーランド20-21CLベスト16第1戦ゴール03.jpg
1: 幻の右 ★ 2021/02/18(木) 08:26:28.93 ID:CAP_USER9.net

【セビージャ 2-3 ドルトムント CL決勝トーナメント1回戦1stレグ】

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、セビージャ対ドルトムントの試合が現地時間17日に行われ、ドルトムントが3-2の勝利をおさめている。この試合でドルトムントに所属する20歳のノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドが大会新記録を樹立した。

 8分、セビージャのスソに先制点を決められてしまう。それでも19分、ハーランドからパスを受けたモハメド・ダウドが同点ゴールを決めた。27分には、ジェイドン・サンチョとのワンツーパスで抜け出したハーランドが逆転ゴール。43分にもハーランドが得点し2点差に。84分にセビージャのルーク・デ・ヨングに1点を返されるも、ドルトムントが3-2の勝利をおさめている。


 サッカーのデータ分析を手がける『Opta』によると、ハーランドはドルトムントに加入後、CLの7試合に出場して10点を決めたという。1クラブで二桁得点に達したCL最速記録になったようだ。

 なお、これまではロイ・マカーイ氏がバイエルン・ミュンヘンに在籍していた2003年から2004年の間に10試合で10得点決めた記録が最速だった。ハーランドはザルツブルク在籍時に6試合で8得点決めており、CLデビューから合計13試合で18得点を記録したことになる。

フットボールチャンネル編集部
2/18(木) 8:20
https://news.yahoo.co.jp/articles/4b9c016645081df9150415b7d9117683a6381704



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥栖FW金森健志、古巣・福岡に完全移籍で電撃復帰!「福岡の街を熱く盛り上げましょう!」(関連まとめ)

「福岡の街を熱く盛り上げましょう!」FW金森健志が鳥栖から福岡に電撃復帰!
https://news.yahoo.co.jp/articles/d3ffd642fe63df17429ac4f8940561d64e68332b
金森2020鳥栖.jpg

1月8日には鳥栖で契約更新も発表されていたが…
昨季は鳥栖で2ゴールを決めている金森。5年ぶりとなる古巣福岡をJ1に定着させられるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

 アビスパ福岡は2月18日、クラブの公式ホームページでサガン鳥栖のFW金森健志を完全移籍で獲得したことを発表した。

 現在26歳の金森は、2019年途中に鳥栖に加入。昨季はリーグ戦26試合に出場し、2ゴールを記録していた。1月8日には鳥栖での契約更新が発表されていたものの、一転して古巣福岡への電撃復帰となった。

 金森は、鳥栖の公式ホームページで以下のようにコメントした。

「サガン鳥栖ファン、サポーターの皆様、1年半ありがとうございました。鳥栖のファン、サポーターの皆様の優しさと温かさは、この先忘れる事はありません。鳥栖のユニフォームを着て戦えた事を誇りに思います。本当にありがとうございました」
 
 福岡県出身の金森は、筑陽学園の中、高を経て当時J2の福岡で2013年にプロデビュー。初年度から37試合に出場し、レギュラーとして活躍。その後チームのJ1昇格にも貢献し、17年に鹿島アントラーズへ移籍した。強豪・鹿島では出場機会に恵まれなかったものの、2018年のアジア・チャンピオンズリーグ決勝では2戦ともアディショナルタイムからだったもののピッチに立ち、アジア制覇にも貢献した。

 5年ぶりに古巣復帰となった金森は、クラブのホームーページで以下のように意気込みを語っている。

「アビスパ福岡のファンサポーターの皆様。5年ぶりに復帰となりました。生まれ育った福岡の街でまたプレーできる事をとてもとても嬉しく思います!ピッチで結果を出して皆さんに気持ちよく、ただいまと言いたいです。コロナを吹っ飛ばすくらい福岡の街を熱く盛り上げましょう!」

 新シーズンからJ1を舞台に戦う福岡にとって、地元出身でトップリーグで戦い続けてきた金森の帰還は大きな助けとなるはずだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13641
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1613550642/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、破竹の公式戦17連勝!マフレズ絶妙決勝ゴールなどエヴァートンに3-1快勝(関連まとめ)

マンC、マフレズの決勝弾でエヴァートンに3発勝利!…公式戦17連勝を達成
https://news.yahoo.co.jp/articles/421d0b107cc2ec182e67b83b475e20de137776f8
マフレズ20-21第16節ゴール.jpg


 プレミアリーグ第16節(延期分)が17日に行われ、エヴァートンとマンチェスター・Cが対戦した。

 エヴァートンの本拠地に乗り込んだマンチェスター・Cは、立ち上がりから敵地でのゲームをコントロールする。序盤にジョアン・カンセロ、ベルナルド・シウヴァらにシュートチャンスが訪れると、その後もリヤド・マフレズらを起点として崩しの機会を伺う。すると32分、マフレズがあげたクロスのこぼれ球にフィル・フォーデンが右足を振り抜くと、ディフレクトしたボールがそのままゴールへと吸い込まれ、マンチェスター・Cが先制に成功する。

 リードされたエヴァートンは38分、右サイドを崩すと、シェイマス・コールマンのクロスをリュカ・ディニュがハーフボレーで合わせる。ポストに直撃したボールは、目の前のリチャーリソンに当たってゴールへと入った。エヴァートンがすぐさま同点に追いつき、1−1で試合はハーフタイムを迎える。

 後半に入ると、勝ち越しとなる次のゴールを奪ったのはマンチェスター・C。63分、エリア右でB・シウヴァがボールを持つと、丁寧な落としを受けたマフレズがそのまま左足を振り抜く。カーブを描いたボールはポストを弾いてゴールネットを揺らし、マンチェスター・Cが再びリードを奪う。

 さらに77分、マンチェスター・Cはマフレズ、ガブリエル・ジェズス、B・シウヴァとリズムよく繋がると、そのまま持ち運んだB・シウヴァのシュートはGKの手を弾いてゴール。その差を2点に広げ、マンチェスター・Cがゲームの行方を決定づける3点目を手にした。

 試合はこのまま終了。公式戦17連勝を達成したマンチェスター・Cは、残り試合数が同じとなった2位のマンチェスター・Uに、勝ち点10の差をつけている。一方のエヴァートンは、勝ち点を伸ばすことができず7位にとどまることとなった。

 次節、エヴァートンは20日にリヴァプールと、マンチェスター・Cは21日にアーセナルとそれぞれアウェイで対戦する。

【スコア】
エヴァートン 1−3 マンチェスター・C

【得点者】
0−1 32分 フィル・フォーデン(マンチェスター・C)
1−1 38分 リチャーリソン(エヴァートン)
1−2 63分 リヤド・マフレズ(マンチェスター・C)
1−3 77分 ベルナルド・シウヴァ(マンチェスター・C)

BLUEMOONマンチェスターシティ 394citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1613236937/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユベントス、ポルトに1-2敗戦…キエーザが貴重なアウェイゴールを奪い望みつなぐ CL決勝T1回戦第1戦(関連まとめ)

ユベントスがポルトに1-2敗戦! キエーザが終盤に貴重なアウェイゴール奪う 【欧州CL】
https://news.yahoo.co.jp/articles/a13925b54e9fe6b68c0a530dcb1576ec1f6b7698
マレガ20-21CLベスト16ゴール.jpg

【ポルト 2-1 ユベントス CL決勝トーナメント1回戦1stレグ】

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、ポルト対ユベントスの試合が現地時間17日に行われた。ユベントスが1-2の敗戦を喫している。

 2分、ロドリゴ・ベンタンクールがGKヴォイチェフ・シュチェスニーに出したパスをポルトのメーディ・タレミにカットされて先制点を決められてしまう。追いかける展開となったユベントスも16分にフェデリコ・キエーザがシュートするが相手に防がれた。


 23分には、GKシュチェスニーのパスがポルトのセルジオ・オリベイラに渡り、シュートを打たれる。これはユベントスの選手が防いで失点を免れる。41分、アドリアン・ラビオがオーバーヘッドでゴールを狙うもポルトのGKアウグスティン・マルチェシンにセーブされた。

 45分には、ベンタンクールのクロスにメリフ・デミラルが頭で合わせるもゴール右に外れて同点ならず。すると46分、ウィルソン・マナファがゴール前に折り返したパスにポルトのモウサ・マレガが反応して追加点。83分にフェデリコ・キエーザが1点を返すも、ユベントスは1-2の敗戦を喫している。

【得点者】
2分 1-0 タレミ(ポルト)
46分 2-0 マレガ(ポルト)
83分 2-1 キエーザ(ユベントス)


【サッカー】UEFA-CLベスト16第1戦 ポルト×ユベントス、セビージャ×ドルトムント [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613598857/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【怪物ハーランド】ドルトムント、ハーランド2ゴール1アシストでセビージャに3-2先勝!貴重なアウェイゴール3得点でCLベスト8進出に前進 CL決勝T1回戦第1戦(関連まとめ)

ハーランド2G1Aと爆発のドルトムントが敵地で逆転先勝! 8戦ぶり失点のセビージャは終盤の粘りで2ndレグに望みつなぐ《CL》
https://news.yahoo.co.jp/articles/76077bd9dfecd33b0190a168df191f4e5312279e
ハーランド20-21CLベスト16第1戦ゴール.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、セビージャvsドルトムントが17日にサンチェス・ピスフアンで行われ、アウェイのドルトムントが2-3で先勝した。

昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)王者として今大会に臨んだセビージャは、チェルシーとFCクラスノダール、スタッド・レンヌと同居したグループEを順当に2位で突破。さらに、ラ・リーガで4位に付けるアンダルシアの雄は、直近ラ・リーガ5連勝を含む公式戦9連勝と絶好調だ。CLでは初対決となるドルトムントとの初戦では1-0で辛勝したウエスカ戦から大幅にメンバーを入れ替え、キャプテンのヘスス・ナバスが負傷から戻ってきたことで、オカンポス、アクーニャを除く現状のベストメンバーが揃った。

一方、ラツィオ、クラブ・ブルージュ、ゼニトと比較的恵まれたグループEに入ったドルトムントは順調に勝ち点を重ねて首位通過を果たした。ただ、国内リーグでは昨年12月にファブレ前監督を電撃解任し、アシスタントコーチを務めていたテルジッチを暫定指揮官に任命も、直近の5試合で1勝3敗1分けと調子が上向くことなく6位に低迷。

テルジッチ体制で初のCLに向けては2-2のドローに終わったホッフェンハイム戦から先発3人を変更。妻の出産立ち合いのためにドイツに残ったデラネイ、ブラント、レイナに代えてモレイ、ダフード、ロイスを起用した。

セビージャが通常の[4-3-3]を採用したのに対して、ドルトムントはアンカーにジャン、右にロイス、左にサンチョを置く[4-1-4-1]の布陣を採用。開始直後は前から果敢にプレッシャーをかけるアウェイチームが守備でリズムを掴みかけるが、早い時間帯にゴールをこじ開けたのはホームのセビージャだった。

開始7分、相手陣内左サイドで細かくボールを動かして相手の守備を寄せ、フェルナンドが逆サイドでフリーのスソに横パスを通す。スソは深い切り返しでサンチョを冷静にかわすと、ペナルティアーク右から利き足とは逆の右足のシュート。これをゴール前のDFフンメルスが足で触ってコースが変わると、GKヒッツの反応の逆を突く形でゴール中央に決まった。

勢いを持って試合に入ったものの相手のファーストチャンスで先制点を奪われたドルトムントは、やや気落ちした雰囲気もあって以降数分間は相手に主導権を握られる。だが、この苦境を救ったのが、頼れる若きエースとビッグマッチで先発に抜擢された伏兵だった。

19分、相手陣内右サイドでDF2枚を相手にキープしたハーランドがそのまま内向きにドリブルを仕掛けて3人目のDFまで剥がし、ボックス手前中央で浮いていたダフードに横パスを繋ぐ。ここでダフードは周囲の味方の動き出しをオトリにシュートコースを作り出すと、会心の右足のミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、公式戦7試合連続クリーンシート中だったセビージャの堅守に風穴を開けた。

貴重なアウェイゴールを奪って完全に息を吹き返したドルトムントは引き続き相手にボールを握られながらも、自陣での粘り強い守備とハーランドを起点とした鋭いカウンターで相手を押し返していく。すると27分、相手陣内中央で縦パスを引き出したハーランドが鋭いターンからそのままドリブルでボックス手前まで運んでいく。そして、サンチョに預けてゴール前に飛び出すと、絶妙な浮き球のリターンパスをGKブヌの寸前で左足ボレーで流し込んだ。

ハーランドを起点とした鮮やかな攻撃を止めきれず、瞬く間に逆転を許したセビージャは、圧倒的にボールを握って相手を押し込んでいくが、なかなか危険なエリアまで入っていくことができず。ボールを持たされて引き込まれている印象が目立つ。それでも、セットプレーの流れからパプ・ゴメスの強烈なボレーシュート、ジエゴ・カルロスのヘディングシュートートと散発ながら決定機を創出していく。

一方、良い距離感でパスコース、スペースを消しながら焦れた相手のミスを誘う形でロングカウンターを繰り出すドルトムントは、その狙い通りの形から再びエースが魅せる。44分、ハーフウェイライン付近でパプ・ゴメスに強く寄せてボールを奪ったロイスがそのまま持ち上がって3対2の数的優位を生かした状況の中で自身の右を追い越したハーランドに丁寧なラストパスを送ると、これをハーランドがすかさず左足でゴール左下隅の完璧なコースに流し込んだ。

ドルトムントの2点リードで折り返した後半、先に動いたのはホームチーム。疲労の影響か攻守に躍動感を欠いたラキティッチに代えて守備的MFのグデリを投入。この交代でフェルナンドを最終ラインに下げて[3-4-2-1]の布陣に変更した。

この並びの変更と2点リードで無理をしないドルトムントの戦い方の影響もあり、後半はセビージャが押し込む時間が続く。だが、前半同様に相手に強度の高い守備を崩し切れず、完全に攻撃が停滞してしまう。

これを受けて、ロペテギ監督は60分、パプ・ゴメス、スソ、エン=ネシリを下げてルーク・デ・ヨング、オリベル・トーレス、ムニルと前線を総入れ替えするギャンブルに出る。64分には右サイドで仕掛けたヘスス・ナバスの低くて速いクロスがファーに流れたところを、絞ってきた左ウイングバックのエスクデロがダイレクトで合わすが、これは枠の右に外れる。

後半半ばから終盤にかけてはドルトムントの運動量低下によってセビージャの時間が続くが、ドルトムントもパスラックやブラントとフレッシュな選手をピッチに送り込みながら要所で鋭いカウンターを繰り出し、前がかる相手をきっちりとけん制する。

そういった流れの中、84分にはセビージャがセットプレーから1点を返す。相手陣内左サイドで得たFKの場面で途中出場のオスカルがゴール前のスペースに入れた浮き球のボールをデ・ヨングがワンタッチで合わせた。

残り時間を考えれば、セビージャに十分追いつく時間が残された中、試合終盤は球際でバチバチとやり合う荒れ模様の展開となる。90分にはドルトムントのカウンターからサンチョ、後半アディショナルタイムにはセビージャが攻め残したジエゴ・カルロスのシュートでゴールに迫るが、試合はこのままタイムアップを迎えた。

この結果、劣勢必至という下馬評を見事に覆したドルトムントが堅守セビージャからアウェイゴール3つを奪っての逆転勝利で大きなアドバンテージを持ち帰ることになった。一方、敗れたセビージャも試合終盤に2点目を奪ったことで、2ndレグでの逆転に望みを繋いでいる。

【スコア】
セビージャ 2−3 ドルトムント

【得点者】
1−0 7分 スソ(セビージャ)
1−1 19分 マフムド・ダフード(ドルトムント)
1−2 27分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)
1−3 43分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)
2−3 84分 ルーク・デ・ヨング(セビージャ)

【サッカー】UEFA-CLベスト16第1戦 ポルト×ユベントス、セビージャ×ドルトムント [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613598857/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:36 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)