アンテナ・まとめ RSS

【南野最高や!】南野拓実、チェルシー戦で技有先制ゴール!移籍後2得点目!サウサンプトンは1-1ドローで連敗ストップ!(関連まとめ)

【サッカー】南野拓実がチェルシー相手に技ありゴール! [live★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613830098/
南野20-21第25節ゴール.jpg

1: live ★ 2021/02/20(土) 23:08:18.82 ID:CAP_USER9.net

サウサンプトンの日本代表FW南野拓実がまたやってみせた。

サウサンプトンは20日、プレミアリーグ第25節でホームにチェルシーを迎えた。

この試合で3試合連続でスタメン出場となった南野。ホームでの2試合目となった試合だが、強豪相手に結果を残す。

互いにスコアを動かせないまま迎えた33分、ネイサン・レドモンドからのスルーパスをセンターバックの間で受けた南野は、そのまま独走する。

ボックス内に侵入した南野は、GKエドゥアール・メンディと一対一に。すぐにシュートを打たずにフェイントをかけると、追いかけて来たセサル・アスピリクエタを滑らせることに成功。さらに、クル・ズマも追いかけるのを諦めていたため、空いたコースに冷静に流し込んだ。

南野はこれで移籍後2点目。一方のチェルシーはトーマス・トゥヘル監督就任後2失点目。1失点目はオウンゴールだったため初めて失点を喫したこととなった。

南野のホーム初ゴールで先制したサウサンプトンは前半を終えて1-0でリードしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210220-00391991-usoccer-socc


南野拓実がクールな先制弾! サウサンプトン、チェルシーと引き分け6連敗ストップ
https://news.yahoo.co.jp/articles/6bc33d05cdc9b42e6b628d19c64540dc23e43085

 プレミアリーグ第25節が20日に行われ、MF南野拓実が所属する13位サウサンプトンと4位チェルシーが対戦した。南野は3試合連続の先発起用となり、左の攻撃的MFとしてプレー。33分にゴールを挙げ、76分まで出場した。

 6連敗中のサウサンプトンが、4連勝中のチェルシーをホームに迎えての一戦。23日にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリード戦を控えるチェルシーは、クル・ズマとエンゴロ・カンテがトーマス・トゥヘル監督就任後初のリーグ戦先発となり、足首の状態が心配されていたタミー・アブラハムもスタメンに名を連ねた。

 サウサンプトンは序盤から相手のDFラインに対するハイプレスを試みたが、連動性に欠いて上手くハマらず、チェルシーがボールを握る展開となる。だが、チェルシーもゴール前での精彩を欠いて攻めあぐね、スコアレスで試合は推移する。そんななか迎えた33分、南野がネイサン・レドモンドのスルーパスを上手く収めてゴール前に侵入。シュートモーションで寄せてきた相手DFと相手GKの体勢を崩させると、最後は右足のアウトサイドを使って冷静に流し込んだ。サウサンプトンに先制点をもたらした南野は、2試合ぶりのゴールで加入後2点目となり、今季公式戦では通算6点目となった。

 ビハインドで折り返したチェルシーは、53分にメイソン・マウントがエリア内で倒されてPKを獲得する。マウント自らキッカーを務めると、相手GKの逆を突いて試合を振り出しに戻す。

 サウサンプトンは71分、コーナーキックの2次攻撃から決定機を迎える。レドモンドが左サイドからクロスを送ると、ボールは手前のDFに当たってファーサイドのヤニク・ヴェステルゴーアに渡る。ヴェステルゴーアが頭で合わせると、相手GKエドゥアール・メンディは一歩も反応できなかったが、シュートは惜しくもクロスバーに阻まれた。対するチェルシーは73分、カラム・ハドソン・オドイとのパス交換からマウントが右足を振り抜いたが、相手GKアレックス・マッカーシーの好セーブに阻まれる。

 76分、チェルシーは後半の頭から途中出場したハドソン・オドイを下げてハキム・ツィエクを投入。同時に、マテオ・コヴァチッチとの交代でジョルジーニョがピッチに入った。一方のサウサンプトンは、南野に代えてネイサン・テラを投入する。

 結局、試合はこれ以上動かず引き分けのまま終了。サウサンプトンのリーグ戦連敗が「6」で止まった一方、チェルシーのリーグ戦連勝は「4」でストップした。サウサンプトンの次戦は23日に行われ、第18節延期分としてリーズとアウェイで対戦する。チェルシーはルーマニアでアトレティコ・マドリードと対戦後、28日のプレミアリーグ第26節でマンチェスター・Uとホームで対戦する。

【スコア】
サウサンプトン 1−1 チェルシー

【得点者】
1−0 33分 南野拓実(サウサンプトン)
1−1 54分 メイソン・マウント(チェルシー)
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:44 | 大阪 | Comment(28) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CL出場名門CSKAソフィア、あわやニセ選手が入団!正体はただの素人だった!PSGのリザーブチーム在籍と偽りテスト受ける

【サッカー】CL出場名門チームにあわや“ニセ選手”が入団 正体はただの素人だった! [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613820295/
ニセ選手.jpg
※ニセ選手ことグレゴワール・アクセロッド氏
1: 久太郎 ★ 2021/02/20(土) 20:24:55.35 ID:CAP_USER9.net

 欧州の名門チームが、過去にズブの素人のニセ選手≠ニ入団合意する珍事件が起きていた。

 英紙「デーリースター」は「ニセのサッカー選手が、ニセ履歴書で、欧州チャンピオンズリーグ(CL)に出場経験のあるチームと契約を結ぶ寸前までいった」と報じた。

 驚きの事件が起きたのは2009年。グレゴワール・アクセロッド氏は子どもの頃にサッカー選手になってCLに出場する夢を抱いていたが、そのプレーは「あまりにもひどかった」ため、父親にサッカーをやめさせられた。

 しかし、サッカーが好きだった同氏は、成人してからマクドナルドでバイトしながら、フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)が運営するアマチュアクラブに入ってプレーしていた。

 プレーするうちにかつての夢を思い出してCLへの思いが募っていった同氏は、同クラブのリザーブチームに在籍したように見せかけた自身のサイトを作成。他の選手の新聞記事を自分の名前と差し替えて掲載したり、本拠地スタジアムに忍び込んで撮影した映像や写真を紹介した。

 こうした資料を基に欧州全土のクラブに入団テストを申し込み、イングランドのスウィンドン、ノリッジ、ボーンマスなどのクラブでテストを受けたが、すぐにバレて不合格となった。

 しかし、ブルガリアで優勝やCL出場経験もある名門CSKAソフィアでは「私は2日間のテストを行い、コーチから『サインしたい』と言ってきた」とまさかの合格となり、入団合意に至ったのだった。

 合格が報じられ、同クラブのファンがPSGのファンに「どんな選手なのか」と尋ねたことから、ニセ選手であることが発覚。正式サイン直前に破談となったという。

 同氏はその後、心を入れ替えてサッカーの代理人となり、現在は少年サッカーの支援などを行っている。後日談として過去の過ちを明かしたようだが、衝撃的な事件≠ェサッカー界で話題を呼んでいる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7b40d05f9af975a515dfaeffe837333761a70112



ニセ選手02.jpg
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:05 | 大阪 | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2水戸、栃木退団のDF温井駿斗の加入を発表「全身全霊をかけて闘いたい」(関連まとめ)

水戸が栃木退団のDF温井を獲得「全身全霊をかけて闘いたい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/29e099ce36439f6ec8e8eacf2a0d80e72c71f8cf
温井2020栃木.jpg

 水戸ホーリーホックは20日、2020年シーズンまで栃木SCに所属していたDF温井駿斗(24)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は23に決定している。

 C大阪U-18出身の温井は2種登録選手を経て、2015年にトップチームへ昇格した。栃木には2018年から在籍。昨季はJ2リーグ戦の出場がなく、シーズン終了後に契約満了となっていた。

 水戸のクラブ公式サイトを通じ、「本日より加入する事になりました温井駿斗です。 水戸ホーリーホックの為に 全身全霊をかけて闘いたいと思います!」と挨拶している。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF温井駿斗
(ぬくい・はやと)
■生年月日
1996年11月14日(24歳)
■出身地
大阪府
■身長/体重
177cm/70kg
■経歴
高槻第九中-C大阪U-18-C大阪-FC鈴鹿ランポーレ-C大阪ー栃木
■出場歴
J2リーグ:13試合
J3リーグ:50試合1得点
天皇杯:2試合

粘れ!水戸ホーリーホック530〜緊急事態延長発令中
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1612367765/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎ヴィヴィくん、マスコット総選挙7年ぶり2度目の優勝!Jリーグマスコット総選挙2021結果発表!(関連まとめ)

【サッカー】Jリーグマスコット総選挙の結果が発表! ヴィヴィくんが2度目の頂点に [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613808055/
マスコット総選挙2021上位3名.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/02/20(土) 17:00:55.58 ID:CAP_USER9.net

 Jリーグマスコット総選挙2021の結果が、『FUJI XEROX SUPER CUP 2021』のハーフタイムにて発表された。

 マスコット総選挙は、Jリーグ・J1・J2・J3クラブのマスコットにより争われる人気投票だ。今年度は合計55のマスコットがエントリー。2月1日から2月12日までの約2週間にわたって、Jリーグ公式アプリ、Twitter、LINEから投票を募り、その結果をもとに“人気ナンバーワン”のJリーグマスコットが決定する。

 既に4位以下の順位は公開されており、『FUJI XEROX SUPER CUP 2021』のハーフタイムではトップ3の発表となった。注目の順位は1位がV・ファーレン長崎のヴィヴィくん、2位が横浜F・マリノスのマリノスケ、3位が名古屋グランパスのグランパスくんとなった。頂点に立ったヴィヴィくんは、2014年以来2度目の総選挙1位に。昨年の覇者マリノスケ、2018年から2連覇を成し遂げていたグランパスくんは惜しくも優勝を逃した。

 Jリーグマスコット総選挙2021の結果、歴代1位のマスコットは以下の通り。

■『Jリーグマスコット選挙2021』結果

▼1位〜10位
1位:ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)
2位:マリノスケ(横浜F・マリノス)
3位:グランパスくん(名古屋グランパス)
4位:ニータン(大分トリニータ)
5位:ガンズくん(松本山雅FC)
6位:サンチェ(サンフレッチェ広島)
7位:ベガッ太(ベガルタ仙台)
8位:しかお(鹿島アントラーズ)
9位:ドーレくん(北海道コンサドーレ札幌)
10位:パルちゃん(清水エスパルス)

▼11位〜20位
11位:ふろん太(川崎フロンターレ)
12位:ジュビロくん(ジュビロ磐田)
13位:東京ドロンパ(FC東京)
14位:レノ丸(レノファ山口FC)
15位:リヴェルン(東京ヴェルディ)
16位:ガンバボーイ(ガンバ大阪)
17位:ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府)
18位:ギッフィー(FC岐阜)
19位:ゼルビー(FC町田ゼルビア)
20位:アビーくん(アビスパ福岡)

https://news.yahoo.co.jp/articles/bd9f3af1447a66488931421d7f66ba193abe8243


2: 久太郎 ★ 2021/02/20(土) 17:01:38.74 ID:CAP_USER9.net

>>1
▼21位〜30位
21位:ウィントス(サガン鳥栖)
22位:ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC)
23位:レイくん(柏レイソル)
24位:ロビー(セレッソ大阪)
25位:フリ丸(横浜FC)
26位:アルディ(大宮アルディージャ)
27位:アルビくん(アルビレックス新潟)
28位:キングベルI世(湘南ベルマーレ)
29位:トッキー(栃木SC)
30位:モーヴィ(ヴィッセル神戸)

▼31位〜55位
31位:ギラン(ギラヴァンツ北九州)
32位:ヴォルタくん(徳島ヴォルティス)
33位:キヅール(いわてグルージャ盛岡)
34位:ホーリーくん(水戸ホーリーホック)
35位:ディーオ(モンテディオ山形)
36位:ユニティ(ジェフユナイテッド千葉)
37位:ブラウゴン(ブラウブリッツ秋田)
38位:ナンシー(ツエーゲン金沢)
39位:パーサくん(京都サンガF.C.)
40位:ガミティ(SC相模原)
41位:ファジ丸(ファジアーノ岡山)
42位:ロアッソくん(ロアッソ熊本)
43位:ジンベーニョ(FC琉球)
44位:ヴァン太(ヴァンラーレ八戸)
45位:ライオー(AC長野パルセイロ)
46位:さぬぴー(カマタマーレ讃岐)
47位:湯友(ザスパクサツ群馬)
48位:ライカくん(カターレ富山)
49位:ガイナマン(ガイナーレ鳥取)
50位:レディア(浦和レッズ)
51位:Jリーグキング(Jリーグ)
52位:福嶋火之助(福島ユナイテッドFC)
53位:オ〜レくん(愛媛FC)
54位:蹴っとばし小僧(藤枝MYFC)
55位:ハマピィ(Y.S.C.C.横浜)

■歴代1位
2013年:ベガッ太(ベガルタ仙台)
2014年:ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)
2015年:サンチェ(サンフレッチェ広島)
2016年:ベガッ太(ベガルタ仙台)
2017年:サンチェ(サンフレッチェ広島)
2018年:グランパスくん(名古屋グランパス)
2019年:グランパスくん(名古屋グランパス)
2020年:マリノスケ(横浜F・マリノス)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪退団のアデミウソン、中国2部武漢三鎮に加入へ!中国メディア報じる(関連まとめ)

元ガンバ大阪のFWアデミウソンが中国移籍へ、2部昇格の武漢三鎮の加入迫る
https://news.yahoo.co.jp/articles/49d4de728834bc006a392aa66024e2cb5d8100a5
アデミウソンG大阪.jpg

昨シーズン途中にガンバ大阪との契約が解除されたFWアデミウソン(27)が、中国でプレーすることになるようだ。中国『新浪』が報じた。

アンダー世代のブラジル代表としてもプレーし、Jリーグでは横浜F・マリノス、ガンバ大阪でプレーしたアデミウソン。Jリーグで6シーズンプレーし、154試合42得点を記録していた。

しかし、10月末に道路交通法違反(酒気帯び運転、報告義務違反)を犯し書類送検。その後は被害者との示談が成立。クラブは12月28日にアデミウソンと契約を解除していた。

自らの過ちでクラブを去ることとなったアデミウソンだが、新天地は中国になるようだ。

報道によると、アデミウソンの獲得に動いているのは武漢三鎮という中国2部のクラブになるようだ。

一方で、代理人は山東泰山(かつて山東魯能)への移籍をアデミウソンに勧めたとのことだが、クラブが浦和レッズのFWレオナルドの獲得を選んだとのこと。その際に、武漢三鎮が獲得に動いたようだ。

クラブとアデミウソンは1月に基本合意に達していたとのこと。3部から昇格した武漢三鎮にとっては、実績ある選手の獲得は大きな補強となる。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13643
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1613716564/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王者・川崎、ゼロックス杯制覇!三笘薫2ゴールと小林悠決勝ゴールでG大阪に3-2競り勝ち(関連まとめ)

【サッカー】川崎フロンターレが今季初タイトル!三笘薫2発&小林悠劇的弾でガンバ大阪下す【FUJI XEROX SUPER CUP】 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613803765/
三笘20-21ゼロックス杯ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/02/20(土) 15:49:25.90 ID:CAP_USER9.net

【川崎フロンターレ 3-2 ガンバ大阪 FUJI XEROX SUPER CUP】

 FUJI XEROX SUPER CUP2021の川崎フロンターレ対ガンバ大阪戦が21日に行われ、川崎Fが3-2で勝利を収めた。

 昨季は圧倒的な強さでJ1のリーグ戦を制し、天皇杯でも悲願の初優勝を飾った川崎F。新シーズンの開幕を告げるスーパーカップでは、その両タイトルを最後まで争ったG大阪と再び激突することになった。


 試合は序盤から川崎Fが猛攻を繰り出し、立て続けにG大阪ゴールに迫る。前半3分にはレアンドロ・ダミアンのオーバーヘッド弾がDFの頭で弾かれ、こぼれ球を三笘薫が狙ったが至近距離からのシュートをGK東口順昭がファインセーブ。6分にも三笘のシュートが惜しくもサイドネットに外れた。

 9分には川崎Fの新戦力ジョアン・シミッチがヘディングで初ゴールを狙うも、東口に弾かれたボールは惜しくも右ポストを叩く。14分にパトリックのオーバーヘッドが枠を捉えたのを除けば川崎Fの一方的な攻勢が続いた。

 その流れのまま、前半29分にはついに川崎Fが均衡を破る。左サイドの田中碧から内側へのパスを受けた三笘がゴール前に侵入し、東口との1対1から右足でゴール。ルーキーイヤーの昨季大きく飛躍した23歳が今季も最高のスタートを切ることに成功した。

 さらにそのわずか3分後、田中のクロスからエリア右にこぼれたボールに山根視来が反応し、シュートが当たりそこねたボールをゴール前の三笘が押し込む。VARによる判定が行われたが得点が認められ、三笘の2点目で川崎Fがリードを広げた。

 後半も立ち上がりは川崎FにCKが続いたが、徐々にG大阪も反撃に転じる。60分には川崎Fがゴール前でクリアしきれなかった浮き球から、最後は矢島慎也がワントラップから強烈な左足シュートを突き刺して1点を返した。

 勢いに乗るG大阪はその数分後、エリア左に攻め込んだプレーで山根のハンドを誘ってPKを獲得。パトリックが右足で豪快に蹴り込んで2-2の同点とする。

 G大阪は新戦力のレアンドロ・ペレイラとチアゴ・アウベス、川崎Fは小林悠や期限付き移籍から復帰の遠野大弥らを交代で投入してお互い勝ち越しゴールを狙いにいく。それぞれ決定機もあったがGKの好守などに阻まれてゴールはならず、昨年に続いてのPK戦に突入するかと思われた。

 だが6分間の長いアディショナルタイムも終わりかけたところで劇的な結末が待っていた。川崎Fの速攻から、遠野のスルーパスを受けた小林がエリア外からグラウンダーのシュートをゴール左へ流し込む。事実上のラストプレーで決勝点を奪い、川崎Fが今季の初タイトルを手にした。

【得点者】
29分 1-0 三笘薫(川崎F)
32分 2-0 三笘薫(川崎F)
60分 2-1 矢島慎也(G大阪)
67分 2-2 パトリック(G大阪)
90+6分 3-2 小林悠(川崎F)

https://news.yahoo.co.jp/articles/57b6704c0d75a3eff34558a8e45aa38b02c2174d



※一部追記編集し直しました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:21 | 大阪 | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2琉球、U23タイ代表FWシティチョーク・パソを期限付き移籍で獲得発表!2017年に鹿児島に所属(関連まとめ)

琉球、Uー23タイ代表FWシティチョークを期限付きで獲得…17年に鹿児島に在籍
https://news.yahoo.co.jp/articles/bcdf9c305d0a7450419b812a47f1ca398bfa4dc3
シティチョーク・パソ琉球加入02.jpg

FC琉球はチョンブリーFCからUー23タイ代表シティチョーク・パソを完全移籍で獲得したと発表した。移籍期間2021年12月31日までの予定となっている。

 22歳の同選手は2014年からチョンブリーFCでプレー。シーラーチャーやパーントーン、2017年には鹿児島ユナイテッドFCへの期限付き移籍を経験した。

 シティチョーク・パソはクラブの公式サイト上で以下のようにコメントしている。

「この度、FC琉球と仮契約が出来た事を、大変嬉しく思ってます。このような機会を与えてくれたFC琉球ならびに、幼少から育ててくれたチョンブリーFC関係者とファンの皆様に感謝しております。FC琉球に1日も早く合流して、琉球一員としてファンの期待に応えられるよう頑張ります」

「コロナ禍の影響で、まだ合流出来ないのは非常にもどかしいですが、いつ合流しても力を発揮出来るように準備は怠っておりません。Jリーグには2回目の挑戦となりますが、10代だった頃と違って、試合に出てチームの攻撃的なプレーで、勝利に貢献出来る心構えはあるので、沖縄に渡航出来る日が待ち遠しいです。日本で早くチーム関係者並びにファン達にハイサーイと挨拶したいです。沖縄の皆さん、お会い出来るのを楽しみにしてますので、よろしくお願いします‼️」

@§・ω・§ FC琉球Part49 §゚∀゚§@
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1609568886/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルFWベンゼマ、足首負傷の模様…CLアタランタ戦出場は微妙に

ケガ人続出のレアルに大打撃…ベンゼマも負傷、CLアタランタ戦に黄信号
https://news.yahoo.co.jp/articles/af1616281b63a87392b2db3d400e9b68dff81908
ベンゼマ20-21渋顔.jpg

 レアル・マドリードに所属しているフランス人FWカリム・ベンゼマが負傷した模様だ。スペインメディア『マルカ』が19日に報じている。

 14日に行われたリーガ・エスパニョーラ第23節バレンシア戦にスタメンで出場したベンゼマは、12分に技ありのミドルシュートで先制弾を沈め、チームの勝利に貢献していた。しかし、同試合で相手選手とペナルティエリア内で接触した際に足首を痛めたという。現時点で負傷の詳細などは明らかになっていないが、20日に行われる第24節バジャドリード戦の欠場は確実視されている。また、24日に控えているチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦ファーストレグのアタランタ戦を欠場する可能性もあるようだ。

 現在、レアル・マドリードでは主力に負傷者が続出している状況だ。キャプテンのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスを筆頭に、ベルギー代表FWエデン・アザール、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデ、ブラジル代表FWロドリゴ、ブラジル代表DFエデル・ミリトンなど多くの選手が戦列を離れている。スペイン代表DFダニエル・カルバハルは前述のバレンシア戦で約1カ月ぶりの復帰を果たしたものの、試合中に再び負傷し、最大2カ月ほどの離脱になる模様だ。

 今シーズン、ベンゼマは押しも押されもせぬ“エース”としてレアル・マドリードをけん引してきた。ここまで行われた公式戦31試合中28試合に出場し、17ゴール5アシストをマークしている。CLの再開も迫る中、レアル・マドリードが相次ぐ負傷者に悩まされている。

◆◇El Blanco Real Madrid 1096◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1613515673/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥川雅也、新天地デビュー戦で見せ場作る!堂安律先発のビーレフェルトはヴォルフスブルクに0-3完敗(関連まとめ)

奥川雅也がデビュー戦で見せ場を作る!堂安律も先発したビーレフェルトは好調ヴォルフスブルクに完敗
https://news.yahoo.co.jp/articles/483bb71589924c54e3db1bd4d79bc8ab3fdbab20
奥川雅也20-21ビーレフェルト加入.jpg

 現地時間2月19日に行なわれたブンデスリーガ第22節で、堂安律と奥川雅也が所属する16位のビーレフェルトは、ホームでチャンピオンズ・リーグ出場圏内の4位につけるヴォルフスブルクと対戦。開幕から全試合でスタメン入りを続けている堂安は、前節に負傷で交代したため状態が心配されたが、この日も右サイドハーフで先発出場、奥川はベンチスタートとなった。

 ゲームは立ち上がりから、公式戦8戦無敗と好調のヴォルフスブルクに支配され、29分には一本の縦パスから、最後はレナト・シュテフェンに先制点を許してしまう。

 ビーレフェルトも直後の31分にビッグチャンス。ルーズボールをペナルティエリア中央で拾ったミヘル・フラップが右足でシュートを放つが、ここは惜しくも枠の右に外れる。

 以降もホームチームが押し込み、右サイドで積極的にボールを受けた堂安と最前線ファビアン・クロスの連携などで、たびたび敵陣深くへ攻め込むも、リーグで2番目に失点の少ない堅守を前に、決定的な場面は作り出せず。前半は1点ビハインドで終える。
 
 迎えた後半、47分にFKの流れから再びシュテフェンに押し込まれると、54分にもマキシミリアン・アーノルドに強烈なミドルシュートを被弾。あっという間にリードを3点に広げられてしまう。

 どうにか状況を打開したいビーレフェルトは60分に3枚替えを敢行。ついに奥川がピッチへ送り込まれ、新天地デビューを飾った。一方、堂安はこのタイミングでお役御免となった。

 左サイドに入った奥川は積極的にボールに絡み、85分には斜めの動きからペナルティエリア右でパスを受け、右足でシュートを放つが、GKの正面に飛んでしまう。

 結局、前節にバイエルンから3点を奪いながら、この日は終始攻撃がかみ合わなかったビーレフェルトは、なす術なく0-3で完敗。4試合ぶりの白星とはならなかった。

【スカパー】ブンデスリーガ総合★10

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1612710556/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、81分から途中出場…ヘタフェはPK弾許しベティスに0-1敗戦 監督解任危機(関連まとめ)

久保建英、ベティス戦でわずか10分の出場時間しか与えられず…ヘタフェは0-1敗戦で監督の解任危機
https://news.yahoo.co.jp/articles/952f02feacd23a17d2beb265319f4eea03ee8b9b
久保20-21第24節.jpg

19日のラ・リーガ第24節、ヘタフェは敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦を0-1で落とした。MF久保建英は3試合連続でベンチスタートとなり、81分から出場を果たしている。

ここ5試合の成績が1分け4敗。4試合無得点で、直近2試合では枠内シュートなしとクライシスに陥っているヘタフェは、この試合に敗れればボルダラス監督解任の可能性が一気に高まる事になる。ヘタフェ指揮官はこの窮状で、久保とアレニャーをまたもベンチに置き、これまで何度も成功を呼び寄せてきたフィジカル重視のフットボールに懸けている。

試合は予想通りベティスがボールを保持して、ヘタフェが強度あるプレッシングからカウンターを狙う展開に。ベティスの方が試合を優勢に運び、シュートチャンスも築いていったが、13分には攻撃の要であるフェキルが負傷し、ペジェグリーニ監督は代わりにテジョをピッチに立たせている。以降、試合はより手堅いものとなり、スコアレスのまま前半は終了した。

後半、相変わらずボールを保持して攻め込むベティスは、ロレンやカナレスが決定機を迎えるなど、攻撃の緒が見つからない様子のヘタフェよりも得点の可能性を感じさせる。ボルダラス監督は67分に1枚目の交代カードを切り、2トップの一角だったアンヘルをアレニャーに代え、4-4-2からアレニャーをトップ下とする4-2-3-1にシステムを変更した。

ゲームメーカーをピッチに置いたヘタフェの攻撃は、やや改善を見せる。71分にはククレジャのフリーキックにチャクラが頭で合わせ、GKジョエルに止められたものの3試合ぶりの枠内シュートを記録。さらに72分には速攻からアランバリがわずかに枠を外れるシュートも放っている。

勢いを増すヘタフェだったが、75分にはチャクラがペナルティーエリア内でボルハ・イグレシアスの顔に打撃を加えたとしてベティスにPKを献上。しかしキッカーのカナレスのシュートはGKソリアがセーブして事なきを得た。ボルダラス監督は81分にニョムとの交代で久保を投入。久保は前2試合では50分台での投入だったが、今回は10分間のみの出場となった。

久保をいつも通り右サイドハーフに据えて攻勢を見せようとしたヘタフェだが、この交代策の直後にゴールを決めたのはベティスだった。83分、再びチャクラのB・イグレシアスに対するファウルを取られてPKになると、今度はB・イグレシアス自身がキッカーを務め、シュートを決め切られた。

ヘタフェは終盤、死に物狂いでベティスのゴールに迫ったが、決定機を迎えることはできず。久保は一度ドリブル突破でペナルティーエリア内に侵入することがあったが、それもチャンスには結びつかなかった。後半アディショナルタイムには、ベティスのウィリアム・カルバーリョが退場となったが、結局1点ビハインドのまま試合終了のホイッスルを聞いている。

ここ6試合の成績を1分け5敗としたヘタフェは、勝ち点を24から伸ばせず暫定で14位に位置。降格圏18位バジャドリーとの勝ち点は3となっており、ボルダラス監督解任の可能性がいよいよ現実味を帯びてきた。

【DAZN】ラ・リーガ Part.11
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1613315551/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:23 | 大阪 | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)