アンテナ・まとめ RSS

南野拓実、セビージャMFオカンポスとのトレードも?リバプールがオカンポス獲得に興味

南野拓実とトレードも? リバプールがセビージャのアルゼンチン代表MFに関心か
https://news.yahoo.co.jp/articles/231e089af405be5f51dd4f316df3feedf1bdb8e2
南野とオカンポス.jpg

リバプールがセビージャのアルゼンチン代表MFルーカス・オカンポスの獲得に関心を示しており、移籍金を引き下げるためトレードの形で南野拓実をセビージャへ移籍させる可能性があるのではないかとも予想されている。

 現在26歳のオカンポスは過去にモナコやマルセイユ、ジェノア、ミランなどでプレー。2019年にセビージャへ移籍すると、昨季はキャリアハイのリーグ戦14得点を挙げるなどの活躍をみせ、アルゼンチン代表デビューも飾った。


 スペイン紙『ラ・ラソン』が19日付で伝えたところによれば、リバプールがそのオカンポスの獲得に関心を示しているとのこと。だがセビージャとの契約に設定された6500万ユーロ(約83億円)という高額の契約解除金の全額をリバプールが支払うかどうかは疑問視されている。

 オカンポスの獲得費用を引き下げるため、リバプールは南野をセビージャに譲渡することも考えられるとスペイン紙は言及している。セビージャは南野の獲得に関心を示し、移籍金として1000万ユーロ(約12億8000万円)を支払う意思があると先日スペインメディアで報じられていた。

 リバプールで出場機会獲得に苦戦していた南野は冬の移籍市場でサウサンプトンへレンタル。来季はリバプールに復帰することが見込まれるが、ポジション争いが厳しい状況が変わらなければ移籍に向けた憶測も強まってくるかもしれない。

【聖闘士タキ】Southampton FC 南野拓実 68タキ
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1613833621/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和レッズ、FWレオナルドの中国・山東魯能泰山への移籍合意を発表「『さよなら』ではなく『またね』でありますように」(関連まとめ)

浦和、FWレオナルドの中国・山東魯能泰山への移籍合意を正式発表 「開幕直前ですが…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/c0d03827da9c1e096330fcf089ed85e989052125
浦和レオナルド2020-02.jpg


レオナルドは「『さようなら』ではなく、『またね!』でありますように」とメッセージ
 浦和レッズは22日、ブラジル人FWレオナルドが中国1部・山東魯能泰山へ移籍することでクラブ間合意に達したと発表した。

 浦和の戸苅淳フットボール本部長は、16日の記者会見で「レオナルドはチームはまだ発表できないが、移籍で合意している。これからメディカルチェックで正式発表となる」と、チーム離脱が既定路線であることを明らかにしていた。

 レオナルドは2018年にJ3のガイナーレ鳥取に入団すると、初年度に得点王。翌年はJ2のアルビレックス新潟へ移籍すると、ここでも得点王に輝いた。そして昨季に浦和へ加入して3カテゴリー、3年連続得点王という偉業達成も期待されたが、守備的な戦術やチーム全体の攻撃に機能性が低かったことも影響して、11ゴールにとどまった。

 浦和の西野努テクニカル・ダイレクター(TD)は、「クラブとしては目標達成する上で重要な戦力であり、監督を含め本人とも話し合いましたが、本人の挑戦したい、という固い意志もあり、シーズン開幕直前ですが中国のクラブへ移籍することとなりました。クラブのために全力で戦ってくれたレオナルド選手の新天地での活躍を応援しています」とコメントを発している。

 また、レオナルドは「チームの目標を達成することができずに、浦和を去ることになったことを悲しく感じています。しかし同時に、みんなに歓迎され、愛され、サポートいただいたことを幸せに思っています。これまでの温かい応援ありがとうございました。いつかこのチームに戻ってきて、浦和での物語の続きを再開できればと思います。『さようなら』ではなく、『またね!』でありますように」との惜別のメッセージを発した。

 これで、浦和は外国籍選手がオーストラリア五輪代表で主将のDFトーマス・デンのみに。西野TDは「今後の戦力補強については、焦点を絞り、的確な戦力を迎え入れるために情報収集を行っております。チームの目標達成に向け、4月2日までの移籍ウインドーと夏の移籍ウインドーで色々な可能性を引き続き検証し、最善を尽くしていきます」としている。

 外国人選手は新型コロナウイルスの影響により入国が困難で、さらには隔離期間も設けられる。27日にはリーグ開幕戦のFC東京戦を控えるが、緊急補強は現実的ではなく、しばらくは現有戦力での戦いを余儀なくされることになりそうだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part13648
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1613924942/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

INAC神戸、ゲルト・エンゲルス監督の退任を発表…11〜12年リーグ連覇の星川敬氏が監督復帰

【INAC神戸】エンゲルス監督が退任 11〜12年に連覇の星川敬氏が復帰
https://news.yahoo.co.jp/articles/35e50b24865e0aef38f37663eb731963638ddbde

エンゲルス監督INAC.jpg

9月開幕のWEリーグに参入するINAC神戸が22日、ゲルト・エンゲルス監督(63)との契約を終了したことを発表した。

 エンゲルス前監督は昨季に就任。2013年以来のリーグ優勝を託されたが、リーグ戦は2位に終わった。エンゲルス氏は「別れはいつも残念なこと。みんなも、僕もWEリーグに向かって楽しみだった。2020年は複雑な年だったけど、INAC神戸ファミリーが団結しました。ファン、サポーターや皆さんにとても感謝します」などとコメントした。

 後任は2010年11月から指揮を執り、11〜12年に無敗でのリーグ連覇を達成した星川敬氏(44)が就任。新指揮官もクラブを通じ「2021年はWEリーグ元年。そして東京五輪。そのような年に声を掛けてくださった意味と自分が期待されている事は理解しています。神戸から離れて8年、その間に欧州のチームで指導者として培った経験を活かして、またみんなで世界一を目指していきたいと思います」などと意気込みを語った。

星川敬監督.jpg

INAC神戸レオネッサ 115
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1611067092/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏FW村田和哉、現役引退を表明…C大阪や清水などでプレー 地元滋賀でJリーグクラブ創設を目指す

【サッカー】J1柏FW村田和哉が現役引退 野洲高で乾貴士と同学年 夢は「滋賀にJクラブ」 [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613962172/
村田和哉柏.jpg
1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/02/22(月) 11:49:32.38 ID:CAP_USER9.net

2/22(月) 11:40配信
デイリースポーツ
 J1柏は22日、FW村田和哉(32)が現役を引退すると発表した。

 滋賀県出身の村田は滋賀・野洲高で元日本代表MF乾貴士(32)=エイバル=と同学年で、2年時には全国高校選手権優勝を経験した。大体大から2011年にC大阪入り。清水を経て19年に柏へ完全移籍した。同年7月に当時J2の福岡に期限付き移籍。昨季はJ2山口に期限付き移籍し、昨季で柏との契約が満了となっていた。

 今後は出身地である滋賀県にJリーグクラブを創設することを目指して活動していくという。

 村田は「このたび、村田和哉は現役引退を決意致しました。22歳からプロサッカー選手としてキャリアをスタートさせていただき、10年間を一つの目標としてプレーしてきました。自分が取り組んできた活動に何の未練もありませんし、後悔もありません。心から最幸すぎる10年間だったと思います。

 5つのクラブで出会えたサポーターの皆様、監督、選手、チームスタッフの関係者の方々、各スポンサー企業様、マネージメントをしていただいたJSP様、村田和哉後援会の皆様、家族を含めて仲良くしてくださった地域の皆様、関わってくださった全ての方々と同じ時間を共有できたことが人生の大切な財産になりました。

 最後にこれまで一番のサポーターであり、一緒に戦ってくれた妻と二人の息子たち、どこにでも応援に駆けつけてくれた母、いつも天国から見守り続けてくれた父に心から感謝しています。

 人生第2章は、滋賀県にJリーグクラブを創設するという夢に挑戦し、愛する故郷に夢と希望と元気を与えていきます。32歳でその壮大な夢に挑戦できることに今はワクワクしています。滋賀県の未来のため、日本の未来のために頑張りますので、今後とも引き続き夢への挑戦を応援していただけると嬉しいです。

 プロサッカー選手だったから華があったのではなく、村田和哉が居る限り花を咲かせ続けられるように頑張ります。10年間本当にありがとうございました。人生最幸!!」

https://news.yahoo.co.jp/articles/7039eec8d562b77c9770be51c06cfd85b73d3439



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モイーズ・ウエストハム、リンガード決勝ゴールでトッテナム撃破!リーグ戦2連勝で4位浮上(関連まとめ)

モイーズ・ハマーズが止まらない!連勝でついに4位浮上…トッテナムは6戦5敗と不振極まる
https://news.yahoo.co.jp/articles/1388ff79a5114415c63c910a9c7097b89374acc5
リンガード20-21第25節ゴール.jpg

プレミアリーグは21日に第25節が行われ、ウェスト・ハムとトッテナムが対戦した。

現在勝ち点42で、リヴァプールらを抑えて5位につける好調ウェスト・ハム。対するトッテナムは直近5試合で4敗と調子を落とし、9位でロンドン・ダービーを迎えた。

試合はいきなり動く。5分、右サイドからボーウェンがクロスを送ると、反応したアントニオがつま先で触る。GKロリスが一度止めたが、こぼれ球を自ら押し込んだ。公式戦3試合ぶりに復帰したエースの得点で、ウェスト・ハムが先手を取る。

勢いに乗るホームチームは、11分にもビッグチャンスを作る。その後一度危ないシーンも作られたが、低い位置でのブロックからカウンターで効果的に攻めると、39分にはCKからドーソンのヘッド。しかし、ここはGKロリスの好守に阻まれた。43分にはラメラのシュートを許したが、GKファビアンスキがセーブ。前半はリードして折り返す。

劣勢のトッテナムは、後半開始からラメラとタンガンガを下げ、ベイルとドハーティを投入。勝負に出る。しかし47分、フォルナルスの落としを受けたリンガードがそのままボックス内に侵入し、ネットを揺らす。VARレビューが行われたが、ゴールは認められた。逆転を目指すトッテナムはまたも立ち上がりで失点。出鼻をくじかれる。

苦しい状況に追い込まれたトッテナムは、59分にケインがゴール前で得たFKを直接狙うが、わずかに枠の右へ。それでも64分、ベイルのCKにモウラがヘッドで合わせて1点を返す。その後も相手を押し込み、チャンスを迎える時間が続く。73分にもケインがゴール前でシュートを狙うが、左へ外れた。

好機を生かしたいトッテナムは、77分にレギロンを下げてアリを投入。モウリーニョ監督は、最後の交代で攻撃的なカードを切った。78分にはアリ、ベイルと立て続けにビッグチャンスを迎えたが、DFのブロックとバーに阻まれた。

諦めないトッテナムはリスク覚悟で最後まで攻め続けたが、後半アディショナルタイムにソン・フンミンに当たって跳ね返ったボールがポストを叩くなど、一歩及ばず。1点のリードを守り切ったウェスト・ハムが、2-1でトッテナムを下した。

この結果、4戦無敗(3勝1分け)としたウェスト・ハムが勝ち点を45まで伸ばし、チェルシーをかわして4位に浮上した。一方のトッテナムは、リーグ戦直近6試合で5敗目を喫した。

【DAZN】プレミアリーグ総合 ★37
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1613906901/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、ハーゼンヒュットル監督がゴールを称賛!「典型的なタキ」課題について指摘も

「典型的なタキ」…サウサンプトン指揮官、南野のゴールを高く評価
https://news.yahoo.co.jp/articles/d95794832d029b2065db70df0198edfc1f077f3b
南野20-21第25節ゴール03.jpg

 サウサンプトンを率いるラルフ・ハーゼンヒュットル監督が、同クラブ加入後2ゴール目を挙げた日本代表FW南野拓実についてコメントした。地元メディア『デイリー・エコー』が伝えている。

 プレミアリーグ第25節が20日に行われ、サウサンプトンはホームにチェルシーを迎えた。南野は3試合連続のスタメン出場。強豪相手に押し込まれる時間帯が続き、なかなかチャンスをつくり出せなかったものの、スコアレスで迎えた33分に輝きを放つ。イングランド人MFネイサン・レドモンドからのスルーパスから相手の背後に抜け出した南野は、キックフェイントで相手DFとGKの体制を崩し、右足のアウトサイドで冷静にネットを揺らした。最終的に試合は1−1のドローで終わったものの、南野はチームの連敗ストップに大きく貢献していた。

 試合後、ハーゼンヒュットル監督は先制点をマークした南野に対して「ボールを持っている時の彼は素晴らしいよ。彼は良い動きを繰り返すことができるし、ボックス付近で素晴らしいフィニッシュもできる。良い判断力も持ち合わせている」と称賛の言葉を送った。「オフ・ザ・ボールの部分ではまだまだ改善しなければならない。学ぶことも多い」と課題を口にしつつも、「時間はかかると思うが、彼は意欲的に取り組んでいくれている」とコメント。「今日は上手く試合に入れていない印象だったが、ゴールはタキらしい典型的なものだったよ」と話し、ゴールシーン評価した。

 冬の移籍市場でサウサンプトンに加入してから、南野はプレミアリーグ3試合の出場で2ゴールを挙げている。次戦は23日に行われ、敵地でリーズと対戦する予定だ。

【聖闘士タキ】Southampton FC 南野拓実 68タキ
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1613833621/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテル、ミランとの首位攻防ダービー戦はラウタロ2発&ルカク弾で3-0完勝(関連まとめ)

首位攻防のダービーはインテルに軍配! ラウタロ2発などでミランに完勝、勝ち点差は「4」に
https://news.yahoo.co.jp/articles/2a795beefe4ac09d584eccb19d3b505cc141500d
ラウタロとルカク20-21第23節ゴール.jpg

 セリエA第23節が21日に行われ、2位ミランと1位インテルが対戦した。

 10年ぶりに、“ミラノ・ダービー”が首位攻防戦の舞台となった。ここ最近失速傾向にあるミランは、18日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のツルヴェナ・ズヴェズダ戦から中2日。一方、リーグ戦3連勝と好調を維持しているインテルはすでにカップ戦から敗退しており、万全の状態で伝統の一戦に臨んだ。

 試合は開始早々の5分、インテルが先制に成功する。アクラフ・ハキミからのロングボールに抜け出したロメル・ルカクは、グラウンダーで折り返すが、これは味方につながらない。それでもセカンドボールに素早く反応したルカクが左足でゴールに向かうボールを供給すると、相手DFの間に上手くポジションをとったラウタロ・マルティネスが頭で押し込んだ。

 試合が動いた後はお互いに決定機を迎えるが、得点には至らない。ミランは33分、ゴール前での混戦からボールを拾ったテオ・エルナンデスが右足でゴール左下に流し込もうとしたが、惜しくも枠の外。インテルは前半アディショナルタイム、クリスティアン・エリクセンのフリーキックにミラン・シュクリニアルが頭で合わせたが枠の上へと飛び、1点のリードで試合は折り返した。

 ミランは後半の立ち上がりに複数の決定機を迎える。ズラタン・イブラヒモヴィッチのヘディングシュートやサンドロ・トナーリの強烈なシュートで立て続けに相手のゴールに迫ったが、相手GKサミール・ハンダノヴィッチの好セーブに阻まれてネットを揺らせない。すると57分、ピンチを守護神の活躍で耐え凌いだインテルが追加点を獲得する。ハキミ、エリクセン、イヴァン・ペリシッチとつないでゴール前に押し込むと、最後はペリシッチの折り返しをL・マルティネスが押し込んだ。

 さらに66分、インテルがミランを突き放す1点を奪う。ハーフウェーライン付近でボールを拾ったルカクは、そのまま単独でゴール前まで運ぶ。力強いドリブルでペナルティエリアに到達すると、最後は豪快に左足でゴール左下隅に突き刺した。より苦しい状況となったミランは攻勢を強めてゴールを目指すが、ハンダノヴィッチの牙城を崩すことはできない。

 公式戦通算228回目の“ミラノ・ダービー”はこのまま終了。リーグ戦4連勝となったインテルが、リーグ戦2連敗となったミランとの勝ち点差を「4」に広げ、2009−10シーズン以来となるスクデット獲得に一歩近づいた。

 次節、ミランはELツルヴェナ・ズヴェズダ戦のセカンドレグを挟んで28日にアウェイでローマと、インテルは同日にホームでジェノアと対戦する。

【スコア】
ミラン 0−3 インテル

【得点者】
0−1 5分 ラウタロ・マルティネス(インテル)
0−2 57分 ラウタロ・マルティネス(インテル)
0−3 66分 ロメル・ルカク(インテル)

【DAZN】セリエA 4
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1613854304/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、D・ジェームス決勝ゴールでニューカッスルに3-1快勝!リーグ戦2位キープ!17歳FWショアタイアがデビュー(関連まとめ)

マンU、3発でニューカッスル下し2位キープ…17歳FWショアタイアがデビュー
https://news.yahoo.co.jp/articles/a890bb24eadfc1c07247255f94d8e90ea96e4390
DJ20-21第25節ゴール.jpg

 プレミアリーグ第25節が21日に行われ、マンチェスター・Uとニューカッスルが対戦した。

 暫定3位のマンチェスター・Uと首位マンチェスター・Cとの勝ち点差は13ポイントとなっている。対するニューカッスルは直近のリーグ戦8試合で2勝6敗となっており、17位に沈んでいる。リーグ戦3試合ぶりの勝利を狙うマンチェスター・Uがニューカッスルをホームに迎えた。

 また、マンチェスター・UはMFポール・ポグバ、MFスコット・マクトミネイ、FWエディンソン・カバーニが負傷により招集外となっている。

 試合を動かしたのはマンチェスター・Uだった。30分、左サイドでボールを受けたマーカス・ラッシュフォードがカットインから右足を振り抜くと、低い弾道のシュートがゴール左に突き刺さった。

 ニューカッスルは35分、アラン・サン・マクシマンがエリア手前から右足で強烈なミドルシュートを放つが、GKダヴィド・デ・ヘアにセーブされた。しかし、ニューカッスルは36分、続く右サイドのCKからパスをつなぐと、最後はアラン・サン・マクシマンが右足で押し込んで同点とした。

 マンチェスター・Uとニューカッスルは37分、ブルーノ・フェルナンデスへのファウルがきっかけとなり、一時つかみ合いになる。多少荒れた展開となった。

 1−1で後半へ折り返すと、ニューカッスルは50分、FKの流れからマクシマンがこぼれ球を拾い、エリア手前から右足でボレーシュートを放つ。しかし、これはGKデ・ヘアの正面を突いた。ボール保持率で上回るマンチェスター・Uは57分、勝ち越しに成功する。左サイドから崩すと、エリア内右でフリーでボールを受けたダニエル・ジェームズが右足を振り抜き、ゴール右に決めた。

 さらにマンチェスター・Uは60分、右サイドの高い位置でボールを受けたアンソニー・マルシャルがエリア内に侵入し、右足で強烈なシュートを放つ。しかし、GKカール・ダーロウに弾かれた。

 マンチェスター・Uは74分、ラッシュフォードがエリア内でジョー・ウィロックに倒され、PKを獲得する。75分、これをブルーノ・フェルナンデスがゴール左に決め、2点差とした。試合を支配するマンチェスター・Uは83分、右サイドのCKからハリー・マグワイアがヘディングで合わせるが、相手GKに辛うじて弾き出された。

 マンチェスター・Uは89分、ラッシュフォードに代えて17歳のショラ・ショアタイアを投入する。トップチームでの公式戦デビューとなった。

 試合はこのまま終了。同点で前半を終えたマンチェスター・Uが後半に2得点を奪い、ニューカッスルに勝利した。マンチェスター・Uはリーグ戦3試合ぶりの勝利で勝ち点を49ポイントとし、2位をキープ。首位マンチェスター・Cとは勝ち点差10ポイントとなっている。ニューカッスルは2連敗で17位となっている。

 次節、マンチェスター・Uは28日にアウェイでチェルシーと、ニューカッスルは27日にホームでウルヴァーハンプトンと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・U 3−1 ニューカッスル

【得点者】
1−0 30分 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)
1−1 36分 アラン・サン・マクシマン(ニューカッスル)
2−1 57分 ダニエル・ジェームズ(マンチェスター・U)
3−1 75分 ブルーノ・フェルナンデス(PK/マンチェスター・U)

† Red Devils Manchester United 1517 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1613936887/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、アーセナルに1-0快勝し怒涛の公式戦18連勝!スターリングが開始2分で決勝ヘッド弾(関連まとめ)

マンC、アーセナル破り公式戦18連勝…スターリングの開始2分弾が決勝点
https://news.yahoo.co.jp/articles/c76a954e5b14867fbff64a40eb2485dcf05f9244
スターリング20-21第25節ゴール.jpg

 プレミアリーグ第25節が21日に行われ、アーセナルとマンチェスター・Cが対戦した。

 前節のリーズ戦に勝利し、リーグ戦4試合ぶりの勝利を収めた10位アーセナルと、公式戦17連勝中と勢いが止まらない首位マンチェスター・Cの一戦。シーズン前半戦ではマンチェスター・Cが1−0で勝利しており、アーセナルはリーグ戦での過去7度の対戦で全敗している。アーセナルがマンチェスター・Cをホームに迎え、試合はスタートした。

 アウェイのマンチェスター・Cが立ち上がりに試合を動かす。2分、右サイドの高い位置でロングボールを受けたリヤド・マフレズがドリブルで中央へ仕掛け、エリア内に入ったところでクロスをあげる。これにラヒーム・スターリングがヘディングで合わせ、ゴール左に決めた。

 アーセナルは18分、左サイドからの折り返しにエリア内中央でブカヨ・サカが左足で合わせると、シュート性のボールをピエール・エメリク・オーバメヤンが収める。しかし、オフサイドの判定となった。1点返したいアーセナルは積極的な攻めを見せる。30分、グラニト・ジャカからボールを受けたキーラン・ティアニーがエリア手前から左足でミドルシュート。しかし、GKエデルソンの正面を突いた。

 1点リードで後半へ折り返したマンチェスター・Cは48分、左サイドからの折り返しをエリア内左で受けたケヴィン・デ・ブライネが左足の柔らかいタッチでループシュートを放つが、ボールはわずかにゴール右に外れた。さらにマンチェスター・Cは56分、エリア手前でボールを拾ったイルカイ・ギュンドアンが右足で狙いすましたシュートを放つが、これもゴール右に外れた。

 マンチェスター・Cは63分、デ・ブライネに代えてガブリエル・ジェズスを投入する。アーセナルは72分、相手GKエデルソンのクリアボールにモハメド・エルネニーがダイレクトで右足でシュートを放つが、ゴール左に外れた。

 アーセナルは直後の73分、マルティン・ウーデゴーアに代えてアレクサンドル・ラカゼットを投入し、1点を奪いに行く。マンチェスター・Cは80分に決定機。相手エリア内右に侵入したジェズスが折り返すと、これをフリーで受けたジョアン・カンセロがキックフェイントで相手ディフェンダーを交わし、右足のアウトサイドキックでシュート。しかし、ボールはゴール左に外れた。

 試合はこのまま終了。試合立ち上がりにゴールを奪ったマンチェスター・Cがリードを守り切り、アーセナルを下した。首位マンチェスター・Cは暫定2位レスターとの勝ち点差を10ポイントとした。アーセナルはリーグ戦2連勝を逃し、10位のままとなっている。また、マンチェスター・Cはアーセナルとの直近のリーグ戦8試合を全勝としている。

 次節、アーセナルは28日にアウェイでレスターと、マンチェスター・Cは27日にホームでウェストハムと対戦する。

【スコア】
アーセナル 0−1 マンチェスター・C

【得点者】
0−1 2分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)

BLUEMOONマンチェスターシティ 395citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1613595538/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、62分から途中出場しチャンス演出 PAOKはラミアに4-0完勝し2位浮上

PAOK香川真司、リーグ戦3試合連続で途中出場 移籍後最多タイの28分間プレーも不発
https://news.yahoo.co.jp/articles/753377982d81c6699fb542a90d221f7d6a2d46f8
香川20-21PAOKアウェーユニ.jpg

 ギリシャ1部PAOKは現地時間21日、本拠地でのリーグ第23節でラミアと対戦し、4-0と勝利した。今年1月に新加入したMF香川真司は、3試合連続でベンチスタート。後半17分から途中出場し、ボールを持つ機会自体はあったが、個人としては不完全燃焼に終わった。

 PAOKは前半18分、ガーナ代表DFババ・ラーマンがギリシャ代表FWクリストス・ツォリスのパスをペナルティーエリア内で受けると、密集地帯を切り裂いてフィニッシュ。新天地デビュー戦で見事に先制ゴールを奪った。

 ホームのPAOKは、後半にギアを上げる。後半3分、セルビア代表MFアンドリヤ・ジヴコヴィッチのスルーパスを受けたツォリスが、スライディングシュートを決めて追加点。その3分後には、ブラジル人DFロドリゴ・アウベスが右サイドからゴールライン際をえぐり、中央で待ち構えていたエジプト代表MFアムル・ワルダが冷静にネットを揺らして3点目を手にした。

 香川は3点リードで迎えた後半17分にワルダに代わって登場。直後の後半21分、PAOKは右サイドから崩しを試み、MFカロル・シフィデルスキが落としたところをA・ジヴコヴィッチが左足で弾丸シュートを突き刺して4点目を奪った。

 移籍後最多タイの28分間プレーした香川は、軽快な反転ターンから持ち上がる場面もあり、後半40分には左サイドからのクロスで味方のシュートを演出したが、ゴールには絡めず。4-0とラミアを圧倒したチームのなかで、アピール不足に終わった。

【DAZN】PAOK×アポロン・スミルニ【香川ベンチ】
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1612699916/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)