アンテナ・まとめ RSS

吉田麻也、インテル戦でサンプドリアの今季第1号ゴール!サンプドリアはインテルと2-2ドロー(関連まとめ)

吉田麻也がサンプドリアの今季第1号!…ドローでインテルの開幕3連勝阻止
https://news.yahoo.co.jp/articles/71d503a4a16a97d0765e5b9d6ddbcdac987a3a02
吉田21-22第4節ゴール.jpg

 セリエA第3節が12日に行われ、DF吉田麻也が所属するサンプドリアとインテルが対戦した。吉田は開幕から3試合連続のスタメンフル出場を果たした。

 序盤からサンプドリアの好守に苦しんだインテルだったが、18分にセットプレーで先制に成功する。ペナルティエリア手前でフリーキックを獲得すると、フェデリコ・ディマルコがキッカーを担当。左足を振り抜き、鋭い一撃をゴール左上隅へと突き刺した。

 33分、サンプドリアが試合を振り出しに戻す。右コーナーキックの流れからゴール前で混戦になると、相手のクリアボールにペナルティエリア中央の吉田が反応。左足で合わせたシュートはインテルのエディン・ジェコに当たってコースが変わり、ゴール左に吸い込まれた。サンプドリアは今シーズンの初ゴールとなり、吉田にとっては2021年1月24日のパルマ戦以来となる加入後2点目となった。

 インテルは44分に勝ち越しゴールを奪う。自陣中央でハカン・チャルハノールがボールを奪い、ショートカウンターを展開。右で受けたニコロ・バレッラはドリブルで寄せてきた相手2人をかわし、ゴール前にピンポイントのクロスを供給する。中央のラウタロ・マルティネスは左足ダイレクトボレーで押し込んだ

 ビハインドで折り返したサンプドリアは、後半立ち上がりの47分に再び追いつく。右サイドの深い位置でフランチェスコ・カプートの落としを受けたバルトシュ・ベレシンスキは、キックフェイントで相手をかわし、左足でペナルティエリア左にクロスを供給。待ち構えていたトンマーゾ・アウジェッロは左足ダイレクトボレーでゴール左上に突き刺した。

 サンプドリアは74分に決定機。ペナルティエリア左からミッケル・ダムスゴーが左足でゴール右下を狙うが、相手DFダニーロ・ダンブロージオのカバーに阻まれる。

 インテルは75分、シュートを吉田にブロックされた際にステファノ・センシが右ひざを負傷。インテルは交代枠を使い切っていたためセンシはしばらくプレーを続けたが、87分にプレー再開を断念してインテルは残り時間を10人で戦う。

 試合はこのまま終了し、サンプドリアは2試合連続ドローで2分1敗、インテルは今季初ドローで2勝1分となった。次節、サンプドリアは19日にアウェイでエンポリと、インテルは18日にホームでボローニャと対戦する。

【スコア】
サンプドリア 2−2 インテル

【得点者】
0−1 18分 フェデリコ・ディマルコ(インテル)
1−1 33分 吉田麻也(サンプドリア)
1−2 44分 ラウタロ・マルティネス(インテル)
2−2 47分 トンマーゾ・アウジェッロ(サンプドリア)

【サッカー】<DF吉田麻也(サンプドリア)>王者インテル相手に今季セリエA初ゴール! 日本代表戦明け... [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631445592/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:03 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台、富樫2ゴール&西村決勝弾でG大阪下し12試合ぶり勝利!柏は細谷決勝ゴールでFC東京に勝利 J1第28節(関連まとめ)

【サッカー】J1第28節日曜 G大阪×仙台、FC東京×柏 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631447935/
富樫2021第28節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/09/12(日) 20:58:55.99 ID:CAP_USER9.net

G大阪 2−3 仙台
[得点者]
37'富樫 敬真(仙台)
39'矢島 慎也(G大阪)
42'富樫 敬真(仙台)
60'パトリック(G大阪)PK
79'西村 拓真(仙台)
スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数:4,777人
https://www.jleague.jp/match/j1/2021/091213/live/#live


FC東京 0−1 柏
[得点者]
09'細谷 真大(柏)

スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:4,987人
https://www.jleague.jp/match/j1/2021/091207/live/#live


※各スタジアムは新型コロナ感染の影響で入場制限有り

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


5: 久太郎 ★ 2021/09/12(日) 21:00:13.75 ID:CAP_USER9.net

>>1
仙台が12試合ぶり勝利で降格圏脱出へ前進!冨樫が“3年ぶり”弾含む2発、西村決勝点でG大阪との打ち合い制す

[09.12 J1第28節 G大阪2-3仙台 パナスタ]

 J1第28節が12日に行われ、パナソニックスタジアム吹田ではガンバ大阪がベガルタ仙台と対戦し、仙台が3-2で勝利した。FW富樫敬真がJ1で3年ぶりとなるゴールを含む2得点を挙げ、FW西村拓真が決勝ゴール。打ち合いを制した仙台は12試合ぶりに勝利を挙げ、降格圏脱出に望みをつなぐ勝ち点3を手にした。

 最初に決定機を迎えたのはG大阪だった。前半9分、相手に競り勝ったMF小野裕二のボールに反応したFWパトリックが潰れると、小野がゴール前に素早く抜け出し、右足シュート。決定的な形だったが、シュートはわずかに枠を外れた。しかし、小野は足を負傷するアクシデントに見舞われ、ピッチに座り込むと、16分にMF矢島慎也との交代を余儀なくされた。

 試合を動かしたのは仙台だった。前半37分、右サイド深い位置からDF蜂須賀孝治が高精度のクロスを供給し、冨樫がヘディングシュート。これが右ポストを叩いてネットを揺らし、先制に成功。冨樫はJ1ではFC東京時代の2018年以来、3年ぶりとなるゴールを挙げた。

 G大阪も反撃に出ると、前半39分、FW宇佐美貴史とのワンツーで抜け出したDF藤春廣輝がPA左からクロス。矢島がヘッドで押し込み、すぐさま試合を振り出しに戻した。一進一退の展開が繰り広げられ、次の1点は仙台が奪った。42分、MF加藤千尋が相手に倒され、右サイド深い位置でFKを獲得。MF上原力也が右足で鋭いクロスを入れると、またも冨樫が強烈ヘッドで合わせた。

 仙台が1点リードで前半を折り返すと、松波正信監督はミラーゲームを選択し、布陣を4-4-2に変更した。すると後半14分、矢島のキックが蜂須賀の手に当たり、G大阪がPKのチャンスを獲得する。キッカーのFWパトリックは右足でゴール左隅に突き刺し、再び試合を振り出しに戻した。

 互いに交代カードを切りながら終盤に向かうと、仙台が決勝点を奪った。後半34分、MF中原彰吾が斜めにスルーパスを出すと、西村がドリブルで持ち上がる。西村はPA手前で対峙したDF昌子源をかわし、鋭い右足シュートでネットを揺らした。そのまま仙台が3-2で逃げ切り、12試合ぶりとなる勝利を飾った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5fa0a222137c2ee08dcb5b8f33e25a4e8478ea33



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:34 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、アルテタ監督がデビュー戦を称賛「本当に集中し、決心し、自分の役割をよく理解していた」途中交代の理由も明かす

【サッカー】<冨安健洋(アーセナル)>合流2日で先発デビュー!監督も称賛「役割をよく理解していた」途中交代の理由も明かす [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631402129/
冨安21-22アーセナルデビュー戦交代.jpg
1: Egg ★ 2021/09/12(日) 08:15:29.71 ID:CAP_USER9.net

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、プレミアリーグデビューを果たした日本代表DF冨安健洋について言及した。クラブ公式サイトが伝えた。

アーセナルは11日、プレミアリーグ第4節でノリッジと対戦した。開幕3連敗と最悪のスタートを切ったアーセナル。中断期間前にはマンチェスター・シティを相手に0-5で大敗するなど、アルテタ監督の進退問題にも発展していた。

アルテタ監督は、今夏加入の5選手をピッチへと送り込み、冨安も先発出場。すると立ち上がりから鋭い出足で試合の主導権を握るが、なかなかゴールを奪えず。それでも、後半にピエール=エメリク・オーバメヤンが待望のチーム初ゴールを記録。1-0で逃げ切り勝利を収めた。

右サイドバックとも、3バックの右とも言えるポジションで先発出場した冨安は62分までプレー。積極的に攻撃参加も見せ、前半終了間際にはあわやというボレーシュートも放っていた。攻守に渡り抜群のパフォーマンスを見せていた中、アルテタ監督もそのプレーを称賛した。

「本当にポジティブだ。彼に会った時の第一印象は、ただの喜びと幸せ、そして良いエネルギーだった。彼がピッチに立った瞬間、本当に集中し、決心し、自分の役割をよく理解していた」

一方で、途中交代の理由については「彼は痙攣していた」と足を攣りかけていたと明かし、「彼は1日半しかトレーニングしていないし、移動もしなければならず、最初の試合でもあったから、休ませる必要があった」と説明した。

また、試合後に涙していたようにも見えたという質問に対しては「そんなことはない。試合に勝てたことが嬉しい。それだけだ。みんなが、自分の中に持っている」とし、冨安は勝利が嬉しかったのだろうと語った。

9/12(日) 7:40 超ワールドサッカー
https://news.yahoo.co.jp/articles/aa6f926526776184081567e64f43abc6a155f59d

写真https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210912-00403324-usoccer-000-1-view.jpg?w=640&h=411&q=90&exp=10800&pri=l



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本初の女子プロリーグ「WEリーグ」が開幕!浦和L、なでしこ塩越柚歩の逆転ゴラッソ弾で日テレベレーザとの名門対決を制す(関連まとめ)

【サッカー】<日本初の女子プロリーグ「WEリーグ」>なでしこ塩越柚歩が値千金の逆転弾! 浦和Lが2-1でベレーザとの名門対決を制す [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631428079/
塩越2021開幕戦.jpg
1: Egg ★ 2021/09/12(日) 15:27:59.38 ID:CAP_USER9.net

後半に菅澤が同点弾、塩越が逆転弾!

写真 
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210912-00097900-sdigestw-000-2-view.jpg?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l

日本初の女子プロリーグとして9月12日に幕を開けたWEリーグ。味の素フィールド西が丘で行なわれた日テレ・東京ヴェルディベレーザ対三菱重工浦和レッズレディースの一戦はチケット完売。名門同士のビッグマッチは、2-1で浦和Lが勝利した。

 お互いにボールを大事につなぎながら、攻守の切り替えも素早く、局面ごとに見応えのある攻防を展開。浦和Lの清家貴子がセットプレーのチャンスに惜しいヘッドを放てば、ベレーザの清水梨紗が果敢な攻め上がりから決定機を迎えるなど、それぞれが相手ゴールに迫るも、なかなかスコアボードが動かない。

 時間の経過とともにペースを握ったのはベレーザ。そして33分に均衡を破る。自陣からのロングボールに右サイドで抜け出した植木理子が、同じく走り出していた小林里歌子に横パス。小林はシュートを打つかと思わせて、ラストパスを選択。これを植木が確実に押し込み、ベレーザが先制に成功する。

 リードを奪われた浦和Lは、敵陣のバイタルエリアまではボールを運ぶものの、もうひと押しが足りず、前半は無得点で折り返す。

 迎えた後半、浦和Lが試合を振り出しに戻す。49分、右サイドを突破した安藤梢のクロスから、途中出場の菅澤優衣香が豪快なボレーで同点弾を突き刺す。
 
 その後は両チームともチャンスを作りながらも“2点目”が奪えなかったが、終了間際に浦和Lが勝負を決するゴールを奪う。88分、エリア内でキープした塩越柚歩が右足を振り抜き、逆転ゴールを叩き込む。

 試合はそのままタイムアップ。浦和Lが2-1でベレーザとの名門対決を制した。

サッカーダイジェスト 9/12(日) 15:23
https://news.yahoo.co.jp/articles/6a5b3e0f4f4aef7f81fc2bcb2a995a6601b0a0e3



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(13) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ベルナルド・シウバ決勝ゴールでレスターに1-0勝利!3連勝で暫定2位浮上(関連まとめ)

マンC、レスター下して3連勝!…B・シルヴァの決勝点守り切る
https://news.yahoo.co.jp/articles/bb715751340890b22f527a7807ef827481900095
ベルナルド・シウバ21-22第4節ゴール.jpg

 プレミアリーグ第4節が11日に行われ、レスターとマンチェスター・Cが対戦した。

 マンチェスター・Cは6分に決定機。左サイドを突破したベルナルド・シルヴァが浮き球で折り返し、ファーサイドから飛び込んだガブリエウ・ジェズスが頭で合わせたが、相手GKカスパー・シュマイケルの好セーブに阻まれる。

 対するレスターは8分、カウンターからチャンスを迎える。ロングボールに抜け出したジェイミー・ヴァーディが右サイドからグラウンダーで折り返し、中央に飛び込んだハーヴェイ・バーンズが体勢を崩しながら合わせる。しかし、飛び出した相手GKエデルソンに防がれた。

 マンチェスター・Cは45分、左サイドの深い位置からジャック・グリーリッシュが浮き球で折り返し、ファーサイドのG・ジェズスが胸トラップを挟んで右足を振り抜く。しかし、強烈なシュートはGKシュマイケルに防がれた。前半はお互いに得点が生まれず、試合はスコアレスで折り返した。

 レスターは49分、中盤でのボール奪取からカウンターを展開。ウィルフレッド・ディディのスルーパスに抜け出したヴァーディは、相手GKをかわして流し込んだ。しかし、オフサイドで得点は認められない。

 62分、マンチェスター・Cが待望の先制点を獲得する。ジョアン・カンセロのミドルシュートが相手に当たってゴール前にこぼれると、反応したB・シルヴァが押し込んだ。

 レスターは反撃を試みたが及ばず、試合はこのまま終了。レスターは2試合ぶりの黒星で2勝2敗となった。マンチェスター・Cは3連勝で3勝1敗となり、暫定2位に浮上した。次節、レスターは19日にアウェイでブライトンと、マンチェスター・Cは18日にホームでサウサンプトンと対戦する。

【スコア】
レスター 0−1 マンチェスター・C

【得点者】
0−1 62分 ベルナルド・シルヴァ(マンチェスター・C)

BLUEMOONマンチェスターシティ 431citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1630512401/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、18歳ムシアラ1G1Aなどライプツィヒに4-1快勝!サビッツァーは古巣戦でデビュー

バイエルン、エース弾などライプツィヒに4発快勝!…サビッツァーは古巣戦でデビュー
https://news.yahoo.co.jp/articles/47dfdd9b8509b17228eb0537b2e9bea8bf9c33b2
ムシアラ21-22第4節ゴール.jpg

ブンデスリーガ第4節が11日に行われ、ライプツィヒとバイエルンが対戦した。

 昨季までライプツィヒの監督を務めたユリアン・ナーゲルスマン監督率いるバイエルンは、ライプツィヒから引き抜いたDFダヨ・ウパメカノが先発。同じくライプツィヒから加入したマルセル・サビッツァーはベンチスタートとなり、59分からの出場でデビューを飾った。

 試合は12分、ケヴィン・カンプルのハンドでライプツィヒがPK献上。バイエルンはロベルト・レヴァンドフスキがキッカーを務めると、相手GKの逆を突いてゴール右下に流し込んだ。レヴァンドフスキはブンデスリーガで14試合連続ゴールとなり、ゲルト・ミュラー氏のリーグ記録まで残り2試合に迫った。

 追いかける展開となったライプツィヒは36分、フリーキックの流れから混戦のなかコンラッド・ライマーが鋭いヘディングシュートを放つが、これは相手GKマヌエル・ノイアーの正面。45分にはクリストファー・エンクンクの落としを受けたダニ・オルモが左足で狙うが、これもノイアーのセーブに阻まれる。

 リードで折り返したバイエルンは、47分に追加点。レヴァンドフスキのスルーパスに抜け出したアルフォンソ・デイヴィスが左から折り返す。低くて速いクロスを中央で収めたジャマール・ムシアラは、左足で正確に流し込んだ。

 ライプツィヒは51分、スルーパスに抜け出したアンドレ・シウヴァがネットを揺らすが、オフサイドで得点は取り消される。

 すると54分、バイエルンがさらにリードを広げる。レヴァンドフスキのパスを受けたムシアラがペナルティエリア右から浮き球で折り返し、レロイ・サネが押し込んだ。追い込まれたライプツィヒは、58分にライマーが強烈なミドルシュートを突き刺して1点を返す。

 バイエルンは試合終了間際、ジョシュア・キミッヒのスルーパスに抜け出したエリック・マキシム・チュポ・モティングがダメ押しの4点目を獲得する。試合はこのまま終了し、ライプツィヒは2連敗で1勝3敗、バイエルンは3連勝で3勝1分となった。

 次節は18日に行われ、ライプツィヒはケルンとアウェイで対戦。バイエルンはホームにFW浅野拓磨が所属するボーフムを迎える。

【スコア】
ライプツィヒ 1−4 バイエルン

【得点者】
0−1 12分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
0−2 47分 ジャマール・ムシアラ(バイエルン)
0−3 54分 レロイ・サネ(バイエルン)
1−3 58分 コンラッド・ライマー(ライプツィヒ)
1−4 90+2分 エリック・マキシム・チュポ・モティング(バイエルン)


【メガクラブ】FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 310
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1631132167/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、FC東京に11年ぶり復帰が正式決定「ボンジョルノ!」「経験全てを東京の勝利のために還元していきたい」35歳誕生日に会見(関連まとめ)

日本代表DF長友がFC東京に11年ぶり復帰!「ボンジョルノ! 味スタで会いましょう」
https://news.yahoo.co.jp/articles/7301035ecd6e3bf8046d605c2e0c0ff6a754ac0c

長友FC東京復帰03.jpg

FC東京は11日、日本代表DF長友佑都(35)を獲得したと発表した。背番号は50に決まった。

 長友は明大在学中の2008年にFC東京に入団。10年夏にイタリア1部チェゼーナに移籍するまで、J1では72試合に出場し、5得点を記録した。11年からはイタリアの名門インテルで、主力として約7年間プレーした。その後はトルコ1部ガラタサライ、フランス1部マルセイユと強豪クラブを渡り歩いていた。

 日本代表としても歴代2位となる国際Aマッチ127試合に出場。今月2日のカタールW杯アジア最終予選・オマーン戦、7日の同中国戦にも共に先発していた。

 長友はクラブを通じてコメントした。

「ボンジョルノ! FC東京ファミリーのみなさんお久しぶりです。11年ぶりに僕の愛するこの場所に帰ってくることができとてもうれしく思います。

 この間にイタリア、トルコ、フランスと様々な国でそれぞれのチームと自分の成長のために戦ってきました。そこで得た経験全てを東京の勝利のために還元していきたいです。

 ふと目を閉じて11年前を思い出してみると、野心あふれていた当時が思い出されます。そして今、それ以上の思い、情熱を持って日々取り組んでいく覚悟です。

 感染症の影響で困難な状況は続いていますが、青赤のユニフォームを着てプレーする姿を見ていただき、少しでも元気になってもらえるように取り組んでいきますので、応援よろしくお願いします!味スタで会いましょう!」


長友佑都 FC東京復帰 35歳誕生日に青空会見 「感動しています。心が震えるとはこういうことかと」
https://news.yahoo.co.jp/articles/227bf1b4bcc5e242a714c1b383a0847d8f974b08

 FC東京は12日、日本代表DF長友佑都(35)を獲得したと発表した。08年から10年まで所属した古巣に11年ぶりに復帰することとなった。背番号は「50」。同日、屋外で会見した。

 この日、35歳の誕生日を迎えた長友は赤と青のストライプのユニホームを着て会見に臨み「FC東京の長友佑都です。とにかくうれしいです。非常に心から僕の愛するクラブに帰ってこられてうれしく思います。11年間、海外でイタリア、トルコ、フランスで培ってきた経験をクラブに還元できるよう、貢献できるよう頑張っていきたい」と意気込みを語った。

 11年ぶりの復帰に「感動しています。心が震えるということはこういうことなのかと。11年前の思いが蘇ってきて、若い時も野心があったなと思うんですけど、今の方がより一層野心とか情熱が沸き上がってきている。必ずこのクラブに貢献できると確信しています」と感激の面持ち。

 古巣復帰を決めた理由として「移籍期限の中で国外国内興味示してくださったチームはありましたけど、僕の大好きなFC東京から熱烈なオファーをいただき、ビジョンや思いに本当に感動して帰ってきたいと決意した。決め手は愛するクラブだからです。それ以外にない。ビジョンとか以上に、心あるクラブに、スタッフや選手含めた人に心が動かされたという感じです」と語った。

 「僕はこのチームで優勝したい。Jリーグで優勝できるようにモチベーター、チームを支えるようなメンター的な存在になりたい。35歳の誕生日、こんな記念すべき日に東京と契約できて非常にうれしい。35歳、サッカーではベテランという年だけどハタチくらいのエネルギーと野心を持って戦います」と熱をこめた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14151
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1631371783/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【堂安最高や!】堂安律、スーパーゴールで今季初得点!PSVは菅原途中出場のAZ下し開幕4連勝(関連まとめ)

【サッカー】<堂安律(PSVアイントホーフェン)>1得点!勝利で開幕4連勝!DF菅原由勢(AZアルクマール)は後半途中出場... [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631397154/
堂安21-22第4節ゴール.jpg
1: Egg ★ 2021/09/12(日) 06:52:34.46 ID:CAP_USER9.net

堂安律が1得点、PSV勝利で開幕4連勝 AZ菅原由勢は後半途中出場 
[2021年9月12日6時2分]
<オランダリーグ:AZ0−3PSV>◇11日◇アルクマール

DF菅原由勢が所属するAZアルクマールはホームでMF堂安律が所属するPSVアイントホーフェンに0−3で敗れた。

前半14分、PSVのDFボスカリに決勝点となる先制ゴールを決められた。ベンチスタートの菅原は後半27分から出場した。ベンチスタートの堂安は後半10分から出場し2−0の後半38分に追加点を挙げた。

AZは1勝2敗、PSVは開幕から4連勝となった。

得点経過 前半14分【PSV】ボスカリ、後半24分【PSV】ヴェルテッセン、後半38分【PSV】堂安

日刊スポーツ 2021年9月12日6時2分
https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/news/202109120000042_m.html?mode=all



PSV復帰の堂安律が今季初ゴール! 右サイドカットインから豪快左足ミドル
https://news.yahoo.co.jp/articles/e92b1101eece87c0922a9359e9c33d07aae20eb1

 オランダ・エールディビジは11日に第4節を行った。MF堂安律が所属するPSVは、DF菅原由勢が所属するAZと対戦し、3-0で勝利。2選手はともに後半から出場。堂安は後半38分にチーム3点目を決めた。菅原は同27分に出場している。

 日本人2選手はともにベンチスタート。堂安は後半10分からピッチに出ると、2-0で迎えた同38分にダメ押し点を挙げる。右サイドからボールを運び、一瞬の隙を突いて左足を一閃。PA手前から放った弾道はゴール左隅に突き刺さった。

 堂安は昨季、PSVからブンデスリーガのビーレフェルトにレンタル移籍。全34試合に出場し、5ゴール3アシストを記録していた。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:44 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、プレミア復帰戦で2ゴール!マンUはニューカッスルに4-1快勝し暫定首位浮上(関連まとめ)

【サッカー】C・ロナウド、12年ぶりマン・U復帰戦で殊勲の2ゴール! 千両役者ぶりを見せつける [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631376140/
CロナウドマンU復帰戦ゴール02.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2021/09/12(日) 01:02:20.44 ID:CAP_USER9.net

マンチェスター・ユナイテッドは11日、プレミアリーグ第4節でニューカッスルをホームに迎えた。この試合でデビューしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2ゴールを挙げた。

ここまで2勝1分けのマンチェスター・Uでは、今夏の移籍市場でユヴェントスから電撃加入し、12年ぶりに復帰を果たしたC・ロナウドが早速スタメンに。C・ロナウドは4-2-3-1の最前線に入った。

前半は終始マンチェスター・Uが攻め続けるが、自陣に引くニューカッスルをなかなか崩しきれない。それでもアディショナルタイム、C・ロナウドが試合を動かす。
ボックス右手前で仕掛けたグリーンウッドが枠内シュートを放つと、GKがボールをこぼす。これを見逃さなかったC・ロナウドがストライカーらしく詰めて、復帰戦を自らゴールで祝った。

迎えた後半、前半よりも前に出たニューカッスルは56分にワンチャンスをモノにする。アルミロンが自陣からボールを持ち運ぶと、
最後はボックス右に走り込んだマンキージョがサン=マクシマンからボールを受けてシュート。GKデ・ヘアの牙城を崩し、試合を振り出しに戻す。

それでも、拮抗した展開でこそ力を発揮する千両役者が魅せる。62分、カウンターからショーが持ち運ぶと、ボックス左手前でボールを受けたC・ロナウドが縦に仕掛けて左足シュート。
これがGKの股を射抜いてネットを揺らし、C・ロナウドの2ゴール目でマンチェスター・Uが2-1と再びリードする。

さらにマンチェスター・Uは80分、幼少期にC・ロナウドに憧れて育ったB・フェルナンデスが強烈なミドルシュートを突き刺して3点目を記録。
アディショナルタイムにリンガードも決めたマンチェスター・Uが4-1で勝利し、トッテナムをかわして暫定首位に浮上した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/03cf74f4a8d1eda3a965de4a002f646f7be21f18



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(22) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、トップ下で先発出場し78分までプレー!マジョルカはビルバオに敵地で0-2敗戦 イガンインと5分共演を果たす

マジョルカがビルバオ戦で今季初黒星…先発の久保建英は78分までプレー、イ・ガンインと5分だけ共演を果たす
https://news.yahoo.co.jp/articles/6bb57fbf5b34e9b289a3f3466df9b01581401b13
久保21-22第4節.jpg


11日のラ・リーガ第4節、マジョルカは敵地サン・マメスでのアスレティック・ビルバオ戦を0-2で落とした。MF久保建英は3戦連続となる先発出場で、78分までプレーしている。

第3節までの成績が2勝1分けのマジョルカ、1勝2分けのアスレティックと無敗を貫く両チームの対戦。マジョルカのルイス・ガルシア・プラサ監督はこの試合でもいつもの4-2-3-1を使用し、久保は1トップのフェル・ニーニョの後方、つまりトップ下に配している。

試合は予想通り、地力で勝るアスレティックがボールを保持して主導権を握り、マジョルカが防戦から隙を見て速攻を仕掛けていく展開。久保は開始3分にボールを浮かして相手をかわし、そのスキルの高さを見せつけた。が、その後は攻撃的長所を発揮するよりも、プレッシングに忙殺される時間がはるかに長くなる。マジョルカはF・ニーニョやレイナの好守によってアスレティックのゴールを何とか防ぎ切り、スコアレスのまま試合を折り返した。

後半立ち上がりはマジョルカが効果的な攻撃を見せる。まず47分、久保が左サイドを巧みに突破してグラウンダーのクロスを送ったが、これは惜しくもイニゴ・マルティネスのクリアに遭う。その後もオフサイドになりはしたもののガラレタの強烈なミドルや、久保のスルーパスからのダニ・ロドリゲスのサイド突破など、アウェーチームが勢いを見せた。

しかしながら先制点を決めたのは、 1万4566人の観客の後押しを受けるアスレティックだった。69分に迎えた左サイドからのフリーキックの場面、ムニアインがペナルティーエリア内に送ったボールをビビアンが頭を振り抜いて枠内に押し込んだ。

ビハインドを負ってしまったマジョルカ。ガルシア・プラサ監督は73分に交代カードを切り、ガラレタ、ムブラ、ババを下げてバッタリア、フェバス、そしてイ・ガンインをピッチに立たせる。マジョルカデビューを果たした韓国人MFはトップ下に位置し、久保はムブラが位置していた右サイドにスライドしている。

しかし74分、スコアを動かしたのはまたしてもアスレティックだった。ハイプレスを仕掛けたムニアインがヴァルイェントからボールを奪い、そのままグラウンダーのクロスを送ると、イニャキ・ウィリアムスがその長い足で合わせてネットを揺らしている。I・ウィリアムスは、記念すべきアスレティックでの300試合出場を自ら祝った格好だ。

ガルシア・プラサ監督は78分に久保とヴァルイェントを下げてサストレとアブドン・プラッツを投入。久保とイ・ガンインの共演は、まずは5分間のみにとどまった。その後、4-4-2にシステムを変更したマジョルカだったが(イ・ガンインは右サイドに回る)、マルセリーノ監督率いるアスレティックの堅守を破ることはかなわず、完封で今季初黒星を喫した。

【RCD】久保建英応援スレ part647【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1631387145/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 06:31 | 大阪 | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、プレミアデビュー戦で攻守に奮闘!63分までプレー!アーセナルはオバメヤン決勝弾でノリッジ下し今季初勝利(関連まとめ)

冨安健洋がプレミアリーグで堂々デビュー!アーセナルもオーバ弾で今季初勝利
https://news.yahoo.co.jp/articles/fffbaf8dc052d98e5bf8908873fc43e4c54f9622
冨安21-22アーセナルデビュー戦.jpg

プレミアリーグ第4節が11日に行われ、最下位アーセナルと19位ノリッジ・シティが対戦した。

ともに3連敗スタートとなったアーセナルとノリッジ・シティ。アーセナルは今夏に獲得した冨安健洋、ベン・ホワイト、アーロン・ラムズデール、マルティン・ウーデゴール、サンビ・ロコンゴがいずれも先発。冨安はプレミアリーグデビュー戦で、3バックの一角に入った。

冨安は高さのある空中戦と、スピードを備えた対応で安定した守備を披露。攻撃面でも積極的にオーバーラップを見せ、前線に厚みを加える。さらに前半終了間際には、右サイドからのクロスのこぼれ球をジャンピングボレー。惜しくもボールは枠の上に外れたが、前半最大のチャンスを演出し、ホームのファンを沸かせた。

後半に入ってもアーセナルは攻勢をかけ続けるが、決定機はノリッジDFが体を張って阻止。ゴールは生まれずにいると、63分に選手交代。トーマス・パーティー、スミス=ロウを投入し、デビュー戦の冨安はここでお役御免となった。

すると66分についにスコアが動く。トーマスの楔のパスを受けたサカが右サイドへ。ペペがシュートを放つと、左ポストに嫌われる。こぼれ球を自ら狙うと、最後は混戦の中をオーバメヤンが押し込み、アーセナルが今季初ゴールを奪う。

87分には高い位置で奪ったサカからスミス=ロウへ。巧みなステップから右足で狙うが、GKティム・クルルの好セーブで追加点は生まれない。

それでも、アーセナルが1点を守りきり、今季初白星。冨安もデビュー戦で勝利に貢献する形となった。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1683】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1631374710/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:26 | 大阪 ☁ | Comment(29) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)