アンテナ・まとめ RSS

冨安健洋、ボローニャのミハイロビッチ監督がアーセナル移籍を惜しむ「最も信頼していた選手を…」(関連まとめ)

【サッカー】<ボローニャを率いるミハイロヴィッチ監督>冨安健洋のアーセナル移籍を惜しむ「最も信頼していた選手を…」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631538922/
ミハイロビッチと冨安.jpg
1: Egg ★ 2021/09/13(月) 22:15:22.60 ID:CAP_USER9.net

ボローニャを率いるシニシャ・ミハイロヴィッチ監督が、日本代表DF冨安健洋のアーセナル移籍について語っている。イタリア『TUTTOmercatoWEB』が伝えた。

2021年夏の移籍市場最終日にアーセナルに完全移籍した冨安。直近2シーズンにわたってボローニャでプレーし、複数の守備的なポジションで好パフォーマンスを発揮しており、移籍市場においても評価が高まる中で動向が注目されていた。

イングランドへ向かうこととなった冨安について、ミハイロヴィッチ監督は選手にとってはポジティブな移籍だったと口にしている。

「冨安の移籍に関しては見方次第だろう。選手の立場から見れば非常に良かったはず。2年前にボローニャにやって来た時は事実上無名の存在だったが、ヨーロッパサッカーを代表するビッグクラブから声がかかったのだからね」

一方で「私の視点から見れば、最も信頼していた守備のすべてのポジションをカバーしてくれる選手を、メルカート終了の数時間前に失ったんだ」とこぼし、惜しむ感情を吐露した。

「(移籍が決まったことが)最高であるはずがない。しかし、彼が短期間でアーセナルまでたどり着けたことは、ボローニャのスカウトチームだけでなく、私やスタッフの功績であることも事実だろう」

さらに、冨安のサクセスストーリーを見本にして成長していくべきだと、ボローニャの選手たちに呼びかけている。

「冨安の成長路線は、ここにいるすべての選手たちが見習うべきだ。あの精神力や学習意欲があったおかげで、2年間で大きくクオリティが飛躍した。彼と同時期からここにいる選手たちにも同じことができるはずだ。もし実現できればチーム全体にとって有益で、さらに強いチームになるだろう」
  
9/13(月) 19:13 DAZN
https://news.yahoo.co.jp/articles/ebb0b9f4177bbf290934b346dff0704e30d1c2fc

写真 https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210913-00010011-dazn-000-1-view.jpg?w=640&h=360&q=90&exp=10800&pri=l



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:36 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2首位磐田、ルキアン2発など千葉に逆転勝利!2位京都も琉球に逆転勝利!大宮は愛媛との打ち合いを3-3ドロー J2第29節(関連まとめ)

【サッカー】J2第29節 水戸×秋田、千葉×磐田、東V×松本、新潟×山形、京都×琉球、岡山×栃木、山口×町田、北九×金沢、長崎×相模 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631362167/
ルキアン21-22第29節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/09/11(土) 21:09:27.33 ID:CAP_USER9

水戸 0−3 秋田
[得点者]
02'吉田 伊吹(秋田)
36'武 颯  (秋田)
64'中村 亮太(秋田)PK

スタジアム:ケーズデンキスタジアム水戸
入場者数:1,833人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/091110/live/#live/


千葉 1−3 磐田
[得点者]
45+1'見木 友哉(千葉) PK
65'小川 大貴 (磐田)
84'ルキアン  (磐田)
90+2'ルキアン (磐田)

スタジアム:フクダ電子アリーナ
入場者数:3,841人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/091111/live/#live/


東京V 2−0 松本
[得点者]
30'小池 純輝     (東京V)
82'ンドカ ボニフェイス(東京V)

スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:3,505人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/091112/live/#live/


新潟 1−2 山形
[得点者]
10'谷口 海斗        (新潟)
35'ヴィニシウス アラウージョ(山形)
61'山田 康太        (山形)

スタジアム:デンカビッグスワンスタジアム
入場者数:9,754人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/091113/live/#live/


京都 2−1 琉球
[得点者]
16'阿部 拓馬   (琉球)
41'ピーター ウタカ(京都)PK
90+3'イスマイラ  (京都)

スタジアム:サンガスタジアム by KYOCERA
入場者数:4,405人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/091114/live/#live/


岡山 0−1 栃木
[得点者]
73'柳 育崇(栃木)

スタジアム:シティライトスタジアム
入場者数:3,777人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/091115/live/#live/


山口 0−1 町田
[得点者]
84'ドゥドゥ(町田)

スタジアム:維新みらいふスタジアム
入場者数:2,369人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/091116/live/#live


北九州 1−0 金沢
[得点者]
52'橋 大悟(北九州)

スタジアム:ミクニワールドスタジアム北九州
入場者数:2,451人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/091117/live/#live/


長崎 0−0 相模原
[得点者]
なし

スタジアム:トランスコスモススタジアム長崎
入場者数:3,964人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/091118/live/#live/

※各スタジアムは新型コロナ感染の影響で入場制限有り


J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


【サッカー】J2第29節日曜 群馬×甲府、愛媛×大宮 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631448279/

1: 久太郎 ★ 2021/09/12(日) 21:04:39.32 ID:CAP_USER9.net

群馬 0−3 甲府
[得点者]
06'浦上 仁騎   (甲府)
47'荒木 翔    (甲府)
66'ウィリアン リラ(甲府)
スタジアム:正田醤油スタジアム群馬
入場者数:1,234人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/091201/live/#live/

愛媛 3−3 大宮
[得点者]
06'奥抜 侃志 (大宮)
38'藤本 佳希 (愛媛)
42'西岡 大志 (愛媛)
58'オウンゴール(大宮)
62'石井 快征 (愛媛)
66'河田 篤秀 (大宮)

スタジアム:ニンジニアスタジアム
入場者数:1,827人
https://www.jleague.jp/match/j2/2021/091202/live/#live

※各スタジアムは新型コロナ感染の影響で入場制限有り

J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/



首位磐田と2位京都がともに逆転勝利…東京Vは9戦ぶり白星/J2第29節
https://news.yahoo.co.jp/articles/879a96f6c90964581eaf2d91ff40902915273ea5

 J2リーグ第29節が11日と12日に行われた。

 ジュビロ磐田は敵地でジェフユナイテッド千葉と対戦。前半アディショナルタイムにPKを決められて千葉の先制を許したが、65分に相手のクリアミスから小川大貴がネットを揺らして追いつく。磐田は83分、高野遼の折り返しをルキアンが押し込み逆転すると、終了間際にもルキアンが追加点。磐田は3−1の逆転勝利で首位をキープした。

 ミッドウィークの第25節延期分・松本山雅FC戦で痛恨のドローに終わり、首位復帰のチャンスを逃した京都サンガF.C.。FC琉球との上位対決でも、16分に先制を許して追いかける展開となる。それでも、京都は41分にピーター・ウタカのPKで追いつくと、後半アディショナルタイム3分に白井康介のクロスにイスマイラが合わせて逆転成功。2−1の勝利で3試合ぶりの白星となった。

 アルビレックス新潟とモンテディオ山形の上位対決は、10分に谷口海斗の得点で新潟が先制。それでも山形は35分、ヴィニシウス・アラウージョが試合を振り出しに戻すと、61分に山田康太が逆転ゴールをマーク。リードを守り切って2−1で勝利した山形は4試合ぶりの勝利を収めた。

 FC町田ゼルビアはレノファ山口FCと対戦し、84分にドゥドゥが挙げた1点で勝利。町田は3連勝で4位に浮上した。ヴァンフォーレ甲府はザスパクサツ群馬を3−0で下し、2連勝で5位につけている。

 栃木SCは73分に柳育崇が挙げた1点を守り切ってファジアーノ岡山を下し、3連勝を収めた。東京ヴェルディは松本を2−0で下し、9試合ぶり白星。松本は5戦未勝利となった。ギラヴァンツ北九州はツエーゲン金沢を1−0で下して3試合ぶり白星を収め、金沢は10戦未勝利となった。

 大宮アルディージャと愛媛FCの下位直接対決は、6分に大宮が先制。しかし愛媛は38分に追いつくと、42分に逆転。ビハインドで折り返した大宮は58分、ラッキーな形でのオウンゴールで同点に。62分には愛媛が勝ち越すが、大宮は66分に再び試合を振り出しに戻す。試合はこのまま3−3で終わった。

 今節の試合結果と順位表、今後の対戦カードは以下の通り。

■試合結果
▼9月11日(土)
水戸ホーリーホック 0−3 ブラウブリッツ秋田
ジェフユナイテッド千葉 1−3 ジュビロ磐田
東京ヴェルディ 2−0 松本山雅FC
アルビレックス新潟 1−2 モンテディオ山形
京都サンガF.C. 2−1 FC琉球
ファジアーノ岡山 0−1 栃木SC
レノファ山口FC 0−1 FC町田ゼルビア
ギラヴァンツ北九州 1−0 ツエーゲン金沢
V・ファーレン長崎 0−0 SC相模原

▼9月12日(日)
ザスパクサツ群馬 0−3 ヴァンフォーレ甲府
愛媛FC 3−3 大宮アルディージャ

■順位表
1位 磐田(勝ち点62/得失点差+21)
2位 京都(勝ち点61/得失点差+22)
3位 新潟(勝ち点51/得失点差+20)
4位 町田(勝ち点51/得失点差+20)
5位 甲府(勝ち点51/得失点差+18)
6位 琉球(勝ち点51/得失点差+14)
7位 山形(勝ち点49/得失点差+13)※1試合未消化
8位 長崎(勝ち点48/得失点差+6)※1試合未消化
9位 水戸(勝ち点40/得失点差+7)
10位 東京V(勝ち点40/得失点差−5)
11位 秋田(勝ち点37/得失点差−1)
12位 千葉(勝ち点37/得失点差−1)
13位 岡山(勝ち点35/得失点差−2)
14位 栃木(勝ち点32/得失点差−7)
15位 山口(勝ち点29/得失点差−12)※1試合未消化
16位 群馬(勝ち点29/得失点差−15)
17位 北九州(勝ち点28/得失点差−17)
18位 大宮(勝ち点27/得失点差−5)
19位 金沢(勝ち点27/得失点差−13)※1試合未消化
20位 愛媛(勝ち点26/得失点差−19)
21位 松本(勝ち点26/得失点差−27)
22位 相模原(勝ち点25/得失点差−17)
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:08 | 大阪 ☁ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国紙「日本が正解じゃない!」「サウジは全員国内組だ」 中国代表FWウーレイが唱えた夢の欧州組イレブンに異論

【サッカー】<中国紙>「日本が正解じゃない!」中国代表FWウー・レイが唱えた“夢の欧州組イレブン”に異論!「サウジは全員国内組だ」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631451810/
中国代表2021日本戦前.jpg
1: Egg ★ 2021/09/12(日) 22:03:30.07 ID:CAP_USER9.net

「サウジアラビアに帰化選手はひとりもいない」

完勝を収めたわけではない。それでも、手堅い試合運びで3ポイントを奪取した。

 現地火曜日にカタール・ドーハで行なわれたワールドカップ・アジア最終予選、日本は中国と第2節を戦い、大迫勇也の決勝点で1−0の勝利を飾った。敵にゴールチャンスを与えることなく、スタッツ上も圧倒する試合内容だったが、攻守の歯車はかならずしも噛み合っていない。まだまだ今後に向けて、課題が残るチームパフォーマンスだった。

 そんな試合の翌日、中国代表で唯一の欧州組であるFWウー・レイが投稿したSNS記事が話題をさらった。スペインへ戻るためにドーハ空港に到着したウー・レイは、同じく欧州に飛び立つ大勢の日本代表選手たちに遭遇。その様子を動画で紹介しつつ、「僕の隣では、日本代表のほぼ全員がヨーロッパのそれぞれのクラブに戻る準備をしています。本当に感動しました! 僕たちとアジアのトップチームとの差はたしかに非常に大きい。素直にこの差に向き合おう! 一日一日を無駄にしないで!」と正直な想いを綴った。

 森保ジャパンに今回招集された23名中、実に17名が欧州組だった。

 ウェイボー上でも好意的に受け止められた投稿だったが、全国スポーツ紙『新浪体育』はウェブサイトでひとつの異論を展開する。「日本の選手たちが欧州で、しかもほとんどがレベルの低くないリーグでプレーしている。間違いなく代表チームの強さの源である、手本とするのは良いだろう」と前置きしつつ、「だからといってそれが(いまの中国にとって)正解ではない。日本にしても現在のようになるまでには長い時間がかかった」と指摘。好例として、最終予選で同じグループBに属するサウジアラビアを取り上げた。

「アジアのトップレベルでも、サウジアラビアは全選手が国内でプレーしている。それでも常にアジアの覇権争いに食い込み、日本やオーストラリア、韓国と遜色ない実力を維持してきた。今回の最終予選でも2連勝を飾っており、今年に入って7連勝をマークしている。

 そんな彼らの国内リーグを見ると、得点ランキングはほぼ外国籍選手で埋められ、ゴールキーパーも大半が助っ人だ。どのクラブも7人の外国籍選手を抱えているが、それでも中盤は国内選手が幅を利かせているという。中国のスーパーリーグとどこか似ていないだろうか。国内リーグを充実させ、代表選手をいかに育成して代表チームを強化できるか。中国がサウジアラビアからヒントを得る部分は小さくないはずだ」
 
 たしかにアジアのワールドカップ出場常連国で、いまだ招集メンバーが国内組オンリーなのはサウジアラビアだけだろう。だが一方で、国のシステム上、選手たちが内心は望んでいても容易に国外へ出ていけないリアルな事情もある。

 最後に『新浪体育』紙は「もちろんサウジアラビアに帰化選手はひとりもいない」と皮肉を込めつつも、「アジアのレベルはどんどん拮抗してきている。それは明白だ」と、連敗スタートとなった母国代表チームの巻き返しに期待を寄せた。

サッカーダイジェスト 9/9(木) 5:03
https://news.yahoo.co.jp/articles/80baf3e9c81b221ca4b0dc733d5fd2c30a222938


【サッカー】<中国のエースが空港で遭遇した森保ジャパン一行に“感動”>「僕の横で日本の選手はほぼ全員が欧州に」「この差は大きい」 [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1631136328/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三笘薫、ぬるぬるドリブルをベルギーメディアが注目「ウナギのようにすり抜けた」

【サッカー】<三笘薫>上々デビュー!得意の“ぬるぬるドリブル”にベルギーメディアも注目!「ミトマがウナギのようにすり抜けた!」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631520182/
三笘ユニオン加入.jpg
1: Egg ★ 2021/09/13(月) 17:03:02.01 ID:CAP_USER9.net

ついに海外デビューを果たしたドリブラーの技巧に、注目が集まっている。

 今夏にプレミアリーグのブライトンの契約を結び、ベルギー1部に昇格したユニオン=サンジロワーズにレンタルされた三笘薫が、新天地デビューを飾った。

【動画】「ウナギのよう」と現地メディアも注目!三笘がデビュー戦で披露したキレッキレのドリブル

 現地時間9月12日に開催されたベルギー・リーグの第7節、伊東純也が先発したヘンクとの対戦で、三苫に出番がやってきたのは0‐1と1点ビハインドで迎えた82分だった。

 川崎フロンターレでJリーグを席巻した24歳は、“ぬるぬるドリブル”とも評される持ち味の仕掛けでいきなり魅せる。

 84分、左サイドからドリブルで仕掛けると、対峙したヘンクの主将ブライアン・ヘイネンを見事な切り返しでかわし、深く抉って折り返し。味方DFがこれを決めきれず、アシストにはならなかったものの、決定機を作り出した。

 
 ベルギー・メディア『sporza』は、この場面を取り上げ、「ニューカマーのミトマはウナギのようにハイネンをすり抜けた」と伝えている。

 後半アディショナルタイムには、自陣でボールを奪ってカウンターに繋げ、結果的にこれがCKからの劇的な同点ゴールを呼び込んだ。わずか10分程度の出場ながら、上々のデビュー戦だったと言えるだろう。

サッカーダイジェスト 9/13(月) 16:28
https://news.yahoo.co.jp/articles/ce13aaad35c256f03b7165b7ee6a81da32042f0b

写真
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210913-00097953-sdigestw-000-7-view.jpg?w=640&h=484&q=90&exp=10800&pri=l



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田麻也、チーム初得点&守備の奮闘を伊メディアが絶賛「吉田がインテルを驚かす」「最も安全なDF、後方のリーダー」

【サッカー】<吉田麻也>現地絶賛!守備も高評価「ヨシダがインテルを驚かす」「最も安全なDF、後方のリーダー」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631480536/
吉田21-22第4節ゴール02.jpg

1: Egg ★ 2021/09/13(月) 06:02:16.91 ID:CAP_USER9.net

 今シーズンのチーム初得点を奪ったのは、頼れるCBだった。

 9月12日に開催されたセリエA第3節で、吉田麻也が所属するサンプドリアは、ホームでインテルと対戦した。

【動画】左足のボレー炸裂!吉田が王者インテルから決めた今季初ゴール

 開幕2試合は無得点で、1分け1敗のサンプドリアは18分、フェデリコ・ディマルコのゴールで昨季王者にいきなり先制を許す。

 嫌なムードが流れるなか、貴重な同点ゴールを挙げたのが吉田だった。33分、CKの流れから、敵MFイバン・ペリシッチがヘッドでクリアしたボールを左足でボレー。これが相手のエディン・ジェコに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。


 その後は両軍が1点ずつを取り合い、2‐2のドローで終了。守備でも奮闘を見せ、王者から1ポイント奪取に貢献した吉田は、現地でも高く評価されている。

 サンプドリア専門サイト『SAMPNEWS24.COM』は、マッチレポートの中で「ヨシダがインテルを驚かせる。サンプドリアのシャツを着て2ゴール目」と紹介。採点では、2点目を決めたDFトンマーゾ・アウジェッロの8点に次ぐ7.5点の高評価を与え、次のように寸評を添えた。

「この日本人は最も安全なDFであり、ジェコの不本意な協力により、同点にしてみせた。彼は後方のリーダーで、前方に気を配り、DFラインを高く保つようにした。(ジェコの)リフレクションによるゴールは、当然の褒賞だった」

 攻守に絶大なパフォーマンスを見せつけた吉田。33歳の存在感は増すばかりだ。

写真
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210913-00097945-sdigestw-000-6-view.jpg?w=640&h=511&q=90&exp=10800&pri=l

https://news.yahoo.co.jp/articles/bd6db0ec8f4625d174b156ab448319b03d3b6dca



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イブラヒモビッチ、左膝手術から4カ月ぶり復帰戦でいきなりゴール!ミランはラツィオに2-0快勝(関連まとめ)

超人イブラ、4カ月ぶり復帰→今季初ゴール! 一本の三編みの新ヘアスタイルも披露
https://news.yahoo.co.jp/articles/95496e7971c4123ba16538a80b4fc246a5ddb5de
イブラ21-22第3節ゴール.jpg


左膝の怪我から約4カ月ぶりに戦列復帰、後半23分にはカウンターから追加点を奪取
 ACミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが現地時間12日のセリエA第3節ラツィオ戦で約4カ月ぶりに戦列復帰を果たし、ピッチに立ってわずか7分で今季初ゴールをマーク。まもなく40歳を迎えるストライカーが健在ぶりを示した

 イブラヒモビッチは今年5月9日に行われた20-21シーズンのセリエA第35節ユベントス戦(3-0)で左膝を負傷し、戦線離脱。3月にはスウェーデン代表復帰を果たしていたが、6月に膝の手術を受けたため、出場が期待されていた欧州選手権(EURO)への参加も断念した。

 そんなイブラヒモビッチがリハビリ期間を経て、4カ月ぶりの実戦復帰を果たした。39歳のカリスマは後半15分にFWラファエル・レオンとの交代でピッチに登場。長く伸びた髪をお団子にまとめた“マンバンヘア”がトレードマークのイブラだが、この日は一本の三編みにまとめた新ヘアスタイルも披露。心機一転の復帰戦となった。

 そして出場からわずか7分後の後半23分にはカウンターからFWアンテ・レビッチの左クロスに合わせてチーム2点目をゲット。いきなりゴールを決める千両役者ぶりを発揮し、2-0の勝利に貢献してみせた。

 伊紙「コリエレ・デッロ・スポルト」によれば、イブラヒモビッチはスパイクの紐が解けたままの状態でゴールを決めていたという。イブラヒモビッチは靴紐を締め直そうとピッチにしゃがみこんだが、その直後にカウンターが発動したため、紐が解けた状態のままゴール前まで猛ダッシュし、ゴールを決めた。

 イブラヒモビッチは試合後にツイッターを更新。手術を行った2021年6月19日と、約3カ月後の復帰戦となった2021年9月21日の日付と写真を投稿し、自身の回復力をアピール。投稿されたゴールセレブレーション時の写真を見ると、確かにスパイクの靴紐が解けていることが確認できる。

 イブラヒモビッチはマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていた2016年にも右膝前十字靭帯損傷の重傷を負ったが、そのときもわずか7カ月でスピード復帰を果たした。10月3日で40歳を迎えるが、“超人”ストライカーの肉体にまだ限界はないようだ。

■□■□╋ AC MILAN パート758☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1631461699/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、セルタに5-2快勝!ベンゼマ圧巻ハット&カマヴィンガ移籍後初ゴール&ヴィニシウスが自己記録更新シーズン4得点目

レアル・マドリー、1年半ぶりのベルナベウでの一戦で5発大勝!ベンゼマがハット、ヴィニシウスが自己記録更新のシーズン4点目
https://news.yahoo.co.jp/articles/60bb06bdd3e0938b0d557631919e0a2a2da44599
ベンゼマとヴィニシウス21-22第4節ゴール.jpg


12日のラ・リーガ第4節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのセルタ戦に5-2で勝利した。

バルセロナとのクラシコ以来、1年6カ月11日ぶりとなるベルナベウでの有観客試合に臨んだレアル・マドリー。アンチェロッティ監督はGKクルトワ、DFカルバハル、ミリトン、ナチョ、ミゲル、MFバルベルデ、モドリッチ、カセミロ、ヴィニシウス、FWアザール、ベンゼマを先発として、4-4-2と4-3-3の変則システムを使用している。

試合はこのパンデミック下で亡くなったチャンピオンズリーグ7〜8回目の優勝を成し遂げたロレンソ・サンス元会長の追悼セレモニー、この期間に亡くなったマドリーの関係者、ソシオたちへの追悼後にキックオフ。コウデ監督率いるセルタはいつも通りにハイプレスを仕掛けてきたが、マドリーは4分に絶対に警戒すべきそれの餌食となった。自陣ペナルティーエリア内でI・アスパスにボールを奪われると、サンティ・ミナのゴールを許してしまいスコアを0-1とされている。

いきなり失点したマドリーは、その後リスクを引き受けながら攻撃を仕掛けていく。つまり前線の右にバルベルデ、中央にアザール&ベンゼマ、左にヴィニシウスを置いてセルタのDFラインと4対4の状況をつくると、中盤でモドリッチらが行うビルドアップで危険に晒されながらも、彼ら4人の縦への突破からチャンス創出を目指していった。

マドリーがその攻撃からリターンを得たのは25分、カセミロのロングボールをペナルティーエリア内右のバルベルデが中央に折り返し、そこに詰めたベンゼマが右足のダイレクトシュートでネットを揺らした。しかし30分にはリスク通りにさらなる失点……。ウーゴ・マージョの折り返しから、今度はセルビのゴールを許してしまった。

1点ビハインドで試合を折り返したマドリーだが、後半の早い段階でスコアをひっくり返すことに成功する。まず46分、左サイドを駆け上がったミゲルが精度の高いクロスを送ると、ベンゼマがヘディングシュートでこの日2点目。さらに54分にはベンゼマのスルーパスからヴィニシウスがペナルティーエリア内左に侵入し、精度の高いシュートでもって逆転ゴールを記録した(歓喜のヴィニシウスはスタンドに飛び込み主審からイエローカードを提示されている)。なおベンゼマは今季ラ・リーガの個人成績を4ゴール4アシストとして、さらにヴィニシウスはこれが同リーグ4ゴール目で自己記録を1点更新している。

楽になったアンチェロッティ監督は65分に最初の交代カードを切り、アザールを下げてカマヴィンガをデビューさせる。すると72分、この18歳のフランス代表MFがいきなりゴールを記録。アタッキングサードでボールを持ったモドリッチが猛然とペナルティーエリア内に入り込み、アウトサイドのシュートをGKディトゥロに止められると、そのこぼれ球をカマヴィンガが押し込んだ。アンチェロッティ監督は78分、この4点目の場面のほか試合を通じて際立つゲームメイクを見せたモドリッチとの交代で、アセンシオをピッチに立たせる。

萎縮していくセルタを横目に、マドリーの勢いは止まらない。いや、止まらないのはヴィニシウス、そしてベンゼマか。86分、ヴィニシウスがその強烈なドリブルでもってペナルティーエリア内に侵入すると、D・スアレスに倒されてPKを獲得。ベンゼマがキッカーを務めると、この試合3点目(今季5点目)を決めてセルタに引導を渡している。前半に苦戦も終わってみれば大勝を飾ったレアル・マドリーは、今季ラ・リーガの成績を3勝1分けとして、アトレティコ・マドリー、バレンシアと勝ち点10で並んだ。


【スコア】
レアル・マドリード 5−2 セルタ

【得点者】
0−1 4分 サンティ・ミナ(セルタ)
1−1 24分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
1−2 31分 フランコ・セルビ(セルタ)
2−2 46分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
3−2 55分 ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)
4−2 72分 エドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリード)
5−2 87分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)

◆◇El Blanco Real Madrid 1131◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1630875965/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、サラーのプレミア100得点目など3-0完勝も…エリオットが足首脱臼の重傷で手術へ

サラーがプレミア100得点!! リバプールが3発快勝も…18歳エリオットが負傷交代
https://news.yahoo.co.jp/articles/db4f42743a5b123bc34c652e14a72bf199e000fd

サラー21-22第4節ゴール.jpg

[9.12 プレミアリーグ第4節 リーズ 0-3 リバプール]

 プレミアリーグは12日、第4節を行い、リバプールがリーズのホームに乗り込み、3-0の完封勝利を収めた。日本代表を怪我のために途中離脱していたFW南野拓実はベンチ外だった。

 前半5分にホームのリーズがゴールを脅かす。右サイドを駆け上がったFWラフィーニャのラストパスをPA内で受けたFWロドリゴがフリーでフィニッシュ。しかし、シュートはGKアリソン・ベッカーの正面を突いてしまい、ネットを揺らすには至らなかった。

 すると、徐々に攻勢を強めるリバプールが前半20分に先制に成功する。FWモハメド・サラーとのパス交換で前線に上がったDFジョエル・マティプが右サイドに展開。DFトレント・アレクサンダー・アーノルドのグラウンダーのクロスをサラーが左足で巧みに流し込み、スコアを1-0とした。サラーにとって、記念すべきプレミア通算100ゴール目となった。

 1-0のまま後半を迎えると、同5分にリバプールが追加点を奪取。アレクサンダー・アーノルドが蹴り出したCKをDFフィルヒル・ファン・ダイクがヘディングで合わせると、こぼれ球をMFファビーニョが右足で蹴り込んでリードを2点差に広げた。

 しかし、後半14分にリバプールにアクシデント。DFパスカル・ストライクの危険なタックルを受けたFWハービー・エリオットが負傷し、MFジョーダン・ヘンダーソンとの交代を余儀なくされた。このプレーでストライクは一発退場となり、2点のビハインドを背負うリーズが数的不利に陥ってしまった。

 数的優位に立ったリバプールは後半アディショナルタイム、MFチアゴ・アルカンタラのラストパスを受けたFWサディオ・マネがダメ押しゴールを奪い、3-0で快勝した。

躍動のリヴァプール18歳MFが足首脱臼の重傷…クロップも心配「ひどいケガだ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/433f1fa5d841307ee014d3c060ad9ba5fb89aa44
エリオット21-22第4節担架.jpg

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、負傷したMFハーヴェイ・エリオットの状態について語った。

昨季レンタル先のブラックバーンで結果を残し、今季はリヴァプールで戦うエリオット。プレミアリーグ開幕戦で途中出場を果たすと、以降は3試合連続で先発出場。そのパフォーマンスはクロップ監督他、現地メディアでも称賛されていた。

しかし第4節リーズ戦の58分、ドリブルで持ち上がっている際にパスカル・ストライクのやや後方からのタックルを受けて負傷。プレーはそのまま流れたが、近くにいたモハメド・サラーが異変を察知し、すぐに試合を止めるようにアピール。担架でピッチを後にした。

状態が心配される18歳について、クロップ監督は『スカイスポーツ』で「足首のひどいケガだよ」と語った。

「脱臼したと聞いたが、(骨を)戻すことはできた。今は病院にいるので、待たなければならない」

「彼は信じられないような選手で、信じられないようなプレーをしていた。我々は(復帰を待つために)ここにいなければならなし、そうするつもりだ。確かに彼がいなくてもプレーはできるが、待っているよ。なぜなら、彼はトッププレーヤーだからだ」

また、フィルジル・ファン・ダイクは試合後「何よりもまず、すべての感情と祈りをハーヴェイに捧げる。彼が早く回復して、可能な限り良い状態に戻って欲しい。今のところ診断結果はわからないけど、深刻に見えた」と語った。

『スカイスポーツ』の報道では、近日中に手術を受けることになるエリオット。長期離脱が予想されるが、本人は自身のSNSで「みんなメッセージありがとう!」と投稿。復帰へ向けて戦う意志を表明している。

※当記事はコメントを承認後に表示する設定にしております。管理人の確認後の表示となるために他記事と比べ、表示は遅くなりますがご了承ください。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1352 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1631461814/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三笘薫、ベルギーデビュー戦で躍動!82分から途中出場し同点劇に絡む活躍!ユニオンSGは伊東先発のゲンクと1-1ドロー(関連まとめ)

【サッカー】<三笘薫>デビュー&躍動!ユニオン、後半AT劇的弾で伊東純也先発のヘンクとドロ― [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631480286/
三笘21-22第7節祝福.jpg
1: Egg ★ 2021/09/13(月) 05:58:06.95 ID:CAP_USER9.net

ジュピラーリーグは13日に第7節が行われ、ヘンクとユニオン・サン=ジロワーズが対戦した。

インターナショナルウィーク明けの一戦、ヘンクでは伊東純也が右サイドで先発出場。一方ユニオンに今夏加入した三笘薫は、ベンチ入りを果たしている。

激しい攻防が続く中、互いに決め手を欠いてなかなかゴールが生まれない展開に。それでも70分、ボックス内でボンゴンダが倒されてヘンクがPKを獲得。これをエースのオヌアチュが沈め、ホームチームがリードを奪った。

ビハインドを背負い、PKの場面では1人退場者を出すなど、追い込まれたユニオンだったが、終盤は猛攻を見せて相手を押し込み続ける。すると82分、三笘薫が投入された。今夏ブライトンへ移籍し、ユニオンへレンタル加入した24歳にとって、これが新天地デビューとなった。

三笘は出場直後から積極的な姿勢を見せ、得意のドリブルで何度も決定機を作り、非常に効果的なドリブルで相手を脅かす。するとユニオンは後半アディショナルタイム、CKからウンダムが劇的な同点弾を奪った。試合は1-1で終了し、勝ち点1を分け合っている。

9/13(月) 5:55 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/a8f58bb1a534fc0d0a1fe268ed878a17fedd8a26

写真
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210913-00010004-goal-000-1-view.jpg?w=640&h=434&q=90&exp=10800&pri=l



サンジロワーズ三笘ベルギーデビュー 魅せたドリブル、同点劇に絡む活躍
https://news.yahoo.co.jp/articles/404e9c70ee2b541789d8bf93d6e7cfea8b5e5c2a

<ベルギーリーグ:ゲンク1−1サンジロワーズ>◇12日◇ゲンク

東京オリンピック(五輪)日本代表のサンジロワーズMF三笘薫(24)が、ベルギーリーグデビューを果たした。

今夏の移籍後初めてメンバー入り。出番をうかがう中、後半27分に味方がレッドカードで退場して、そのプレーで与えたPKによりゲンクに先制を許した。

三笘は1点を追う後半37分からピッチに立ち、10人で戦う中、3−5−2からDFを1枚削った布陣の2列目左とみられるポジションに入った。

同39分にはエリア左横でボールを受けると、得意のドリブルで相手2人をかわして決定機を演出した。ロスタイムを含めて15分弱の出場ながら、ドリブルで仕掛ける場面は3回ほどあった。

後半ロスタイム4分には、コーナーキープで時間を稼ぐ相手から三笘がボールを奪って、カウンターを展開。この流れでCKを得ると、MFニールセンの蹴ったボールにFWウンダブがヘディングで合わせて、サンジロワーズが土壇場で追いついた。

デビュー戦で、間接的ながら同点劇に絡んだ三笘。1人少ない状況で追いついたサンジロワーズは、昇格組ながら7試合を終えて4勝1分け2敗の暫定2位につけている。

ゲンクの日本代表MF伊東純也(28)は先発出場し、後半ロスタイムの失点前に交代でベンチに下がった。ピッチでの日本人対決の時間は少なかったが、伊東が三笘のカウンターを止める場面もあった。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:34 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、英メディアがプレミアデビュー戦を絶賛!チーム2位の評価「本当に前途洋洋のデビュー」

【サッカー】<DF冨安健洋(アーセナル)>上々デビューに英メディア高評価!特に空中戦を称賛「非常に有望」 攻守に存在感... [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631395636/
冨安21-22アーセナルデビュー戦笑顔.jpg
1: Egg ★ 2021/09/12(日) 06:27:16.73 ID:CAP_USER9.net

イングランド・プレミアリーグ、アーセナルに8月31日の移籍市場最終日に加入した日本代表DF冨安健洋は、11日のノリッジ戦でスタメンデビュー。後半18分までプレーすると、チームはその後に決勝ゴール決めて1-0で勝利。英メディア「フットボール・ロンドン」の採点では、高い評価を得ている。

 冨安は右サイドバックでのスタメンになったが、攻守に積極的なプレーを見せた。前半終了間際にはボレーシュートを放つなど存在感を示すデビューとなった。途中交代とはなったものの、採点では「7点」を与えられた上で特に空中戦を称賛されている。

「この日本代表選手のデビューは非常に有望で、アーセナルの攻撃時には深い位置まで進出してプレーすることが少なからずあった。空中戦では多くの勝利を収め、ポゼッションでは十分に整理されているように見えたが、時にタッチが乱れた。これは緊張のせいだろう。ハーフタイム間際には見事なボレーシュートを放ち、攻撃面での脅威を示した」

 現地メディアにも好印象のデビューだったのは間違いなさそうだ。カタールのドーハで7日に行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国戦(1-0)にフル出場してからロンドンへ飛び、試合自体も中3日、その間のトレーニングも十分に積めない状況ではあったものの期待には十分に応えたデビュー戦であり、今後の出場機会にも前向きな影響を与えそうだ。

フットボールゾーン 9/12(日) 5:15
https://news.yahoo.co.jp/articles/2699d5e936b4bd1416c727141b77d215926ad3d5

写真https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210912-00341202-soccermzw-000-1-view.jpg?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l


「前途洋洋のデビューだ」冨安健洋の初戦を英メディアが激賞!チーム2位タイの7点評価に、「皆を驚かせた」プレーとは?
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd7cff9f970a5dbc09e6cdbd0a53f9d13f59e193

現地時間9月11日に開催されたプレミアリーグ第4節で、開幕3連敗で最下位に沈むアーセナルが、19位の昇格組ノーリッジとホームで対戦。66分に、ピエール=エメリク・オーバメヤンが今シーズンのチーム初ゴールを決め、1‐0で勝利した。

 この試合で上々のデビューを飾ったのが日本代表DFの冨安健洋だ。移籍市場最終日にボローニャから加入した22歳は、すぐに森保ジャパンに合流したため、トレーニングに参加できたのは1日のみと、ほぼぶっつけ本番。しかも、フル出場を果たしたカタール・ワールドカップ・アジア最終予選の中国戦から中3日のハードスケジュールだった。

 それでも、4‐2‐3‐1の右SBに入ると、持ち味を存分に発揮し、62分までプレー。普段通りの落ち着いた守備対応で1対1の強さを見せれば、果敢な攻撃参加も披露した。

 前半終了間際には、左サイドからのクロスを相手DFがクリアしたところに走り込み、ジャンピングボレー。惜しくもバーの上を越えたが、決定機を作り出した。
 
 英国メディアもそのパフォーマンスも高く評価しているようだ。『football.london』は採点でチーム2位タイの7点をつけ、次のように寸評をつけている。

「アーセナルが攻撃する間、しばしば高い位置に留まっていた日本代表の、本当に前途洋洋のデビューだ。多くの空中戦に勝ち、ポゼッション時に、たまに見ている我々がナーバスになりそうなゆるいタッチの時でも、冷静沈着だった。ハーフタイム前の素晴らしいボレーのトライは、攻撃的な脅威も示した」

 また英紙『Mirror』も、「トミヤスは自信を持って守っていた。前半が終わる直前に攻撃性能ポテンシャルを示した。彼のボレーは皆を驚かせた」と称賛している。

 合流からわずか2日で、いきなり期待通りのプレーを見せた冨安。懐疑的だった一部の識者やファンも、考えを改めたことだろう。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)