アンテナ・まとめ RSS

アーセナルMFウーデゴール、レアル時代の苦悩を告白「最高のレベルにいる時は、友達を作ったりするのは簡単じゃない」

【サッカー】レアル・マドリーに馴染めず苦しんだウーデゴール「友だちを作ったりするのは簡単じゃない」 [伝説の田中c★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1633947947/
ウーデゴール21-22アーセナル拍手.jpg
1: 伝説の田中c ★ 2021/10/11(月) 19:25:47.50 ID:CAP_USER9.net

今夏レアル・マドリーを退団したノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールが、古巣について語っている。『マルカ』が伝えた。

16歳にして世界中のクラブから勧誘を受けるなど、大きな話題となったウーデゴール。30を超えるクラブが獲得を狙った中、2015年にレアル・マドリー加入を決断した。その後はレンタルを繰り返して経験を積んでいたが、結局レアル・マドリーではほとんど出番を得られず。今夏、昨季後半もレンタルで所属していたアーセナルへと完全移籍している。

ウーデゴールは『TV2』に対し、「ファーストチームでもセカンドチームでも、何度も厳しい時期があった」と告白。「でも、最高の選手たちといることで強くなれたよ。マドリーのおかげで成長できたと思っているし、(セルヒオ)ラモスやクリスティアーノ(ロナウド)から学ぶことができた」と振り返っている。

その上で「最高のレベルにいるときは、友だちを作ったりするのは簡単じゃない。少なくとも、他所から来た若者には無理だと思う。僕は違ったドレッシングルームの文化から来たし、こういったドレッシングルームに馴染むのは簡単じゃない。難しかったけど、これが僕を強くした。経験できてよかったよ」と、チームに馴染むのに苦労したことを明かした。

また「(アーセナルと)大きな違いがある。僕はアーセナルで幸せだよ。とても素敵なドレッシングルームがあるんだ」と、現チームで居心地の良さを感じているようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6dd0664c8bb4d0cd1e9d67ca995d771c9245b032



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:31 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、豪州戦で柴崎岳はスタメン落ちか?守田英正が出場意欲「こういう状況でもチームを勝たせたい」

柴崎岳スタメン落ちか サウジ戦で痛恨ミス 守田が出場に意欲「勝たせたい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/e8537e074b908ed74d4c7272fca06c241132d0ec
守田日本代表.jpg

「W杯アジア最終予選、日本−オーストラリア」(12日、埼玉スタジアム)

 背水の一戦で森保監督が動く。複数の関係者によると、オーストラリア戦の先発メンバーから柴崎が外れる可能性が浮上したという。柴崎岳はサウジアラビア戦で相手の決勝点に絡むバックパスのミスを犯し、敗戦の直接的な要因となっていた。

 非公開の戦術練習では守田や田中が主力組で試されたという。最終予選で精彩を欠く鎌田が担うトップ下にも手が加えられるかもしれない。守田は「選手は試合に出てなんぼ。こういう状況でもチームを勝たせたい」と出場への意欲を示した。

 サウジ戦後に「方向性は間違っていない」と語った森保監督はコンセプトを維持しつつ、中盤の人員構成を見直すことでチームの活性化を図る狙いがあるとみられる。主力を重用してきた指揮官が、大一番で下す決断に注目が集まる。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14197
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1633847857/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:09 | 大阪 ☁ | Comment(28) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、DFヴァランが仏代表で負傷 他、ニューカッスルがマンU4選手を冬に獲得狙う

マンチェスター・Uに不安材料…DFヴァランが代表戦で負傷交代
https://news.yahoo.co.jp/articles/52ead11a286bcb2d0121c57f959bcbfca740717e

ヴァランUEFA-NL2021決勝負傷.jpg

マンチェスター・Uに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァランが、代表戦で負傷交代となった。10日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 フランス代表に招集されているヴァランは、10日に行われたUEFAネーションズリーグ2020−21決勝のスペイン代表戦(2−1で勝利)に先発出場したが、43分に負傷交代を余儀なくされた。交代後には右太ももを冷やしていたことが確認されている同選手だが、負傷の度合いは明らかになっていない。

 インターナショナルウィーク明けのマンチェスター・Uは、16日にプレミアリーグ第8節でレスターと、20日にはチャンピオンズリーグ(CL)でアタランタと、24日には第9節でリヴァプールと、30日には第10節でトッテナムとの対戦が予定されており、難敵との連戦を控えている。

 主将のイングランド代表DFハリー・マグワイアがふくらはぎの負傷で戦列を離れている中、今夏レアル・マドリードから加入し、今シーズンここまで公式戦7試合に出場していたヴァランも負傷離脱となれば、マンチェスター・Uにとっては大きな痛手となりそうだ。

ニューカッスル、1月にマンチェスターU選手4人引き抜き!? 新体制で注目される補強
https://news.yahoo.co.jp/articles/afb5dc3c583be590a6af7b1dae53fafe19b476d5
マルシャルmanu21-22ゴール.jpg

3200億ポンド(約50兆2400億円)の資金力を持つサウジアラビア政府系投資ファンドPIF(パブリック・インベストメント・ファンド)主導の買収で注目を集めるニューカッスルが、来年年明け早々、マンチェスターUから4選手を引き抜くと報じられた。

 英大衆紙『デイリー・ミラー』が掲載した記事によると、今季開幕ダッシュに失敗し、現在7試合で3分4敗未勝利の勝ち点『7』で19位に沈むニューカッスルの最大の課題は来季の降格阻止。そのために1月に解禁される移籍期間で大補強が断行される可能性があるという。

 そんな状況で「ミラー」紙がリストアップしたのが、現在のマンチェスターUで出場機会が激減している4選手。まずは今夏にクリスチアーノ・ロナウドが劇的な古巣復帰を果たした上、ドルトムントからジェイドン・サンチョが加入して出場機会が激減したフランス代表FWアントニー・マルシャル(25)とイングランド代表MFジェシー・リンガード(28)。そしてアヤックスからの移籍以来、出場機会が伸びないオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(24)と、最近はベンチを温めるばかりとなったコートジボワール代表DFエリック・バイリー(27)の4人となっている。

 現時点では4選手ともにベンチスタートが続き、先発レギュラーに一歩及ばない存在だが、評価は依然として高い。実際、リンガードは昨季の1月からウエストハムにレンタル移籍されて、16試合出場で9ゴールを奪い、イングランド代表にも再招集された実力者。25歳マルシャル、24歳ファン・デ・ベークも常時出場ならトップレベルの活躍が期待される逸材。移籍が実現すれば、新天地での活躍が大いに期待される。(森 昌利)


† Red Devils Manchester United 1567 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1633410977/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルゼンチン、メッシ全3得点に絡む活躍でウルグアイに3-0完勝!首位ブラジルと勝ち点差縮める W杯南米予選(関連まとめ)

【サッカー】代表で絶好調のメッシ、全3発に絡む大活躍! アルゼンチンが強豪ウルグアイを完全粉砕 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1633919563/
メッシ2021南米予選第5節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/10/11(月) 11:32:43.03 ID:CAP_USER9.net

 カタール・ワールドカップ南米予選は10日に第5節延期分を行った。アルゼンチン代表とウルグアイ代表が対戦し、アルゼンチンが3-0で勝利。FWリオネル・メッシが全得点に絡む活躍を見せた。

 南米予選は上位4チームが本大会へ。勝ち点19で2位のアルゼンチンと、勝ち点16で4位のウルグアイが上位対決を行った。アルゼンチンは4-2-3-1の布陣で、トップ下にメッシを配置。1トップはFWラウタロ・マルティネスを起用している。ウルグアイは5-4-1で1トップにFWルイス・スアレスを置く。FWエディンソン・カバーニはベンチスタートとなった。

 アルゼンチンは前半38分に先制。メッシが中盤でボールを運ぶと、PA中央に山なりの浮き球パスを送る。FWニコラス・ゴンサレスが走り込むが、ボールには触れられず。しかし、これがフェイントとなり、全員が虚を突かれ、ボールはそのままゴールマウスに入った。

 さらに、アルゼンチンが追加点。前半44分、メッシが中盤からPA手前にパス。相手選手に当たりながら混戦となるも、最後はMFロドリゴ・デ・パウルが押し込んだ。

 アルゼンチンの2-0のリードで前半を折り返すと、ウルグアイは後半開始からカバーニを投入。しかし、流れは変わらない。アルゼンチンは後半17分、メッシが敵陣PA内で4選手相手にボールをキープ。右サイドに展開すると、デ・パウルがグラウンダーのクロスを送る。ファーサイドのラウタロが押し込み、3-0とダメを押した。

 試合はそのまま終了。アルゼンチンは20本以上のシュートを打ち込み、ウルグアイを圧倒した。首位ブラジルがコロンビアと引き分けたため、勝ち点6差に縮めている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1590376f5848f2117c437833490f723a1ad2a505



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京、長谷川健太監督が今季限りで退任か?ミクシィ社が株式取得し来季変貌へ(関連まとめ)

FC東京・長谷川健太監督今季限りで退任か「ミクシィ」が株式取得で来季変ぼうか
https://news.yahoo.co.jp/articles/b09f4960f88b39fdb99dda365e73f2626e9c39d9
長谷川健太監督FC東京ベンチ.jpg

◆ルヴァン杯 準決勝第2戦 FC東京2―1名古屋(10日)

 FC東京のルヴァン杯連覇の夢がついえた。前半15分、右CKでFWアダイウトン(30)が対名古屋に3戦連発となるヘディングシュートを決めて先制。後半にも加点し、一時は決勝進出が見えたが、残り10分を粘れなかった。長谷川健太監督(56)は「自分がもう一手を打てなかったか、振り返って考えたい。監督として申し訳なく思っているが、選手は本当によく戦ってくれた」。準決勝敗退を受け、指揮官の今季限りの退任の可能性が浮上した。

 これで今季の無冠が確定。優勝を目標に掲げたリーグ戦は、両サイドバックが相次いで負傷する不運もあり、残り6試合で9位。クラブが最低限とした3位以内での来季ACL出場圏内も、3位の神戸と勝ち点11差と極めて困難だ。

 また、この日までに行われた取締役会で、IT大手「ミクシィ」(東京・渋谷区)が新たに株式を取得することが承認された。まだJリーグ理事会やクラブの株主総会で承認を得る必要はあるが、これで株式の過半数を保有することになり、来季から経営権を取得する可能性が高まった。首都クラブが、来季大きく変ぼうすることになりそうだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14197
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1633847857/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EURO王者イタリア代表、ベルギーに2-1勝利!UEFAネーションズリーグ3位決定戦を制す

EURO王者イタリアがベルギーを撃破! ネーションズリーグ3位の座を手に
https://news.yahoo.co.jp/articles/8e62f0337037839b63f5f84c5d4e7967f1991b21
イタリア代表2021UEFA-NL3位決定戦.jpg


UEFAネーションズリーグ3位決定戦のイタリア代表vsベルギー代表が10日にユヴェントス・スタジアムで開催された。

準決勝でスペイン代表に無敗記録を止められたイタリアと、フランス代表に2点リードから後半に大逆転劇を許してしまったベルギーが相まみえた。3位決定戦とあり、イタリアはキエッリーニやヴェッラッティら一部主力がベンチスタートに。ベルギーも負傷離脱したルカクとエデン・アザールが欠場したほか、デ・ブライネなどがスタメンからはずれた。

試合序盤はイタリアがペースを掴んだが、徐々にベルギーも巻き返す。25分には、そのベルギーに決定機。ボックス右からバチュアイが折り返したボールを正面のサレマーカーズが右足で合わせる。しかし、これはバーに弾かれて先制点とはならなかった。

ハーフタイムにかけては再びイタリアが攻勢に出る。45分にはベラルディのフィードで最終ライン裏に抜け出したキエーザがボックス左でシュート。しかし、ゴール右に放ったシュートはGKクルトワの足でのビッグセーブに阻まれる。

0-0で迎えた後半、立ち上がり1分足らずにスコアを動かしたのはイタリアだった。右CKの流れから相手のクリアボールを正面のバレッラが右足ボレー。これがネットに突き刺さり、インテルMFのゴールでイタリアが先手を取る。

ビハインドを背負ったベルギー。マルティネス監督は、59分にデ・ブライネとデ・ケテラエルを投入する。直後にはボックス右のバチュアイが放ったシュートがバーに直撃。すると逆に63分には、ボックス左で仕掛けたキエーザがカスターニュに倒されてPKを獲得する。このPKをベラルディが決め、イタリアがリードを2点に広げた。

その後、反撃に出たベルギーだが、GKドンナルンマの好守もあってゴールが遠い。それでも86分には、クルトワのスローからデ・ブライネとつなぎ、最後はスルーパスでゴール前に抜けたデ・ケテラエルがゴール。ロングカウンターから交代2選手のプレーで1点を返す。

しかし、ベルギーの反撃もここまで。2-1で勝利したイタリアが3位決定戦を制した。

☆☆☆☆ イタリア代表 AZZURRI -parte137
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1632559642/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイマール、2022年でブラジル代表引退を表明「最後のワールドカップになると思う」

【サッカー】パリSGのネイマールが22年でのブラジル代表引退を表明「最後のワールドカップになると思う」 [少考さん★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1633908865/
ネイマール2021ブラジル代表試合前.jpg
1: 少考さん ★ 2021/10/11(月) 08:34:25.25 ID:CAP_USER9.net

ネイマールが22年でのブラジル代表引退を表明「最後のワールドカップになると思う」 | ゲキサカ:
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?342898-342898-fl

21/10/10 21:07

パリSGのFWネイマールが2022年のカタール・ワールドカップを最後にブラジル代表を引退することを表明した。英語版『Goal』が伝えている。

ネイマールは『DAZN』の独占インタビューで「最後のワールドカップになると思う」と発言し、「これが最後だと思っています。もうサッカーと付き合うだけの心の強さがあるかどうかわからないからです」と近い将来の現役引退も示唆した。「だから、自分の国で勝つために、全力を尽くして試合に臨む」と意気込みを伝えている。

(略)

https://twitter.com/goal/status/1447154951176835077

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス代表、UEFAネーションズリーグ優勝!ベンゼマ&エムバペ弾でスペインに逆転勝利(関連まとめ)

【サッカー】フランスがエンバペの逆転弾でスペインに勝利 UEFAネーションズリーグ2代目王者に [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1633916196/
フランス代表UEFA-NL2021優勝.jpg

1: 久太郎 ★ 2021/10/11(月) 10:36:36.64 ID:CAP_USER9.net

UEFAネーションズリーグ決勝が10日に行われ、スペイン代表とフランス代表が対戦した。

 準決勝でイタリアを退けたスペインは2枚を変更。コケとパウ・トーレスに代わり、ロドリとエリック・ガルシアを起用し、17歳62日で史上最年少代表デビューを果たしたガビが2試合連続での先発となった。フランスも2枚変更。リュカ・エルナンデスと新型コロナウイルス陽性となったアドリアン・ラビオに代わり、ブレスネル・キンペンベとオーレリアン・チュアメニがスタメンに名を連ねた。

 前半はスペインがボールを支配して得点機をうかがいつつ、フランスはスピード感を高めた攻撃を狙う。両者なかなか隙を見せない展開で試合が進むと43分、フランスにトラブル。ラファエル・ヴァランが右太ももを痛めてダヨ・ウパメカノとの交代を強いられた。

 後半はややオープンになりつつ、拮抗した展開で迎えた64分。フランスは相手の厳しいチェックにも粘ったポール・ポグバからキリアン・エンバペ、ペナルティエリア内左のカリム・ベンゼマとつなぐと、グラウンダーのクロスにテオ・エルナンデスが左足で合わせたがクロスバーを直撃する。

 ここから試合が一気に動く。スペインはその直後の攻撃でセルヒオ・ブスケツがセンターサークル内からDFライン裏にロブパスを送ると、ミケル・オヤルサバルがうまくコントロールし、対応したウパメカノを振り切る。エリア内左から左足を振ると、ファーサイドのネットを揺らして先制点を獲得する。

 しかしフランスも再開のキックオフからいったん下げたボールをつなぎ、ポグバ、アントワーヌ・グリーズマン、エンバペとパスが渡り、最後はエリア内左45度の位置からベンゼマが右足インスイングのシュートを鮮やかに決めて同点とした。

 勢いのついたフランスは80分、テオ・エルナンデスがスルーパスを送るとクリアにいったエリック・ガルシアの足先に触れつつ、抜け出したエンバペの足元へ。そのままGKとの1対1を制してネットを揺らすとVARチェックの末にゴールが認められ、逆転に成功した。

 リードを許したスペインは終了間際まで猛攻を仕掛けるが、フランスがしのいで2−1で終了。UEFAネーションズリーグの2代目王者に輝いた。

【スコア】
スペイン代表 1−2 フランス代表

【得点者】
1−0 64分 ミケル・オヤルサバル(スペイン)
1−1 66分 カリム・ベンゼマ(フランス)
1−2 80分 キリアン・エンバペ(フランス)

https://news.yahoo.co.jp/articles/53f62f74304228caa19cb819cbd22655f823b565



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、ダイビングヘッド弾で移籍後初ゴール!カルタヘナの5-1大勝に貢献

【サッカー】<岡崎慎司>カルタヘナ移籍後初ゴール!…得意のダイビングヘッド炸裂で快勝に貢献 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1633908555/
岡崎慎司カルタヘナ夜.jpg
1: Egg ★ 2021/10/11(月) 08:29:15.95 ID:CAP_USER9.net

カルタヘナに所属する日本代表FW岡崎慎司は、10日のイビサ戦にトップのポジションで先発出場し、57分に移籍後初ゴールを決めた。

 10日、ラ・リーガ・スマートバンク(スペイン2部)第9節で、リーグ2連敗中のカルタヘナは本拠地にイビサを迎えた。移籍後いまだノーゴールの岡崎は最前線でスタメン出場し、ベティスなどで実績豊富なルベン・カストロと2トップを組むこととなった。

 試合は24分にカルタヘナがR・カストロのPK弾で先制すると、その後も追加点をあげて、前半を3−0というスコアで折り返す。そして迎えた57分、カルタヘナは敵陣でボール奪取し左サイドからクロスを上げると、ゴール前に走り込んだ岡崎がダイビングヘッド。十八番とも言える得意の形で、ホームのファンの前で移籍後初ゴールを決めた。

 試合はその後、両チームが1点ずつを取り合って終了。カルタヘナが5−1とホームで大勝し、今季4勝目を手にした。

サッカーキング 10/11(月) 7:35
https://news.yahoo.co.jp/articles/712e1e56ceef03705a32bd6eaebac55d154473b1

写真
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211011-01577405-soccerk-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:32 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元ポルトガル代表MFルイ・コスタ氏、ベンフィカ新会長に就任!圧倒的票数で当選

【サッカー】ポルトガルのレジェンドMFルイ・コスタ氏がベンフィカ会長に。圧倒的票数で当選 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1633859907/
ルイ・コスタ2021ベンフィカ会長.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/10/10(日) 18:58:27.17 ID:CAP_USER9.net

 ポルトガルの名門ベンフィカの新会長に、同クラブのレジェンドである元ポルトガル代表MFのマヌエル・ルイ・コスタ氏が選出された。9日に発表が行われている。

 ルイ・コスタ氏はソシオによる会長選で84.48%という圧倒的多数の票を獲得してベンフィカの第34代会長に選出。2021年から2025年まで4年間の任期を務める。


「ベンフィカというクラブが偉大さを示したこと自体が今回の歴史的選挙の最大の勝利だ。ベンフィカにとって素晴らしい1日だ。この選挙戦を通してベンフィカはこれまで以上にはるかに力強くなる」とルイ・コスタ氏は新会長選出後の第一声を述べている。

 現在49歳のルイ・コスタ氏はベンフィカ下部組織から1990年にトップチームにデビュー。高い技術やパスセンスを誇る“10番”として欧州主要クラブでもポルトガル代表でも伝説的な実績を残した。

 選手としてのピークはイタリアで過ごし、フィオレンティーナで中心選手として活躍したあとミランでもセリエA優勝やチャンピオンズリーグ優勝などに貢献。キャリアの最後は古巣ベンフィカに戻って2008年に引退した。次は会長としてクラブのさらなる発展に尽力することになる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/49eca1bbfde4a3d76f7be65292fb281499f783cf



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)