アンテナ・まとめ RSS

FWユンカー、浦和との長期契約を希望!『神戸移籍騒動』を母国メディアで明かす「浦和にいてめちゃくちゃ幸せ」(関連まとめ)

「浦和にいてめちゃくちゃ幸せ」ユンカーが『神戸移籍騒動』について母国メディアに明かす
https://sakanowa.jp/topics/52592
ユンカーサムズアップ.jpg

 浦和レッズのデンマーク人ストライカー、キャスパー・ユンカーが11月10日、母国デンマークメディア『bold』のインタビューに登場。日本での半年が過ぎた生活とともに、一時噂されたヴィッセル神戸と見られるクラブからの大型オファーの“真相”について語っている。ユンカーは浦和での生活に満足し、さらなる複数年契約を勝ち取りたいと意欲を示している。

 加入直後から破竹の勢いでゴールを決めて、瞬く間に浦和のトップスコアラーに。サポーターの心をも掴んだストライカーだが、夏に「頬骨を骨折して離脱したり、むちゃくちゃな暑さと湿度にも苦労しました」と言う。

 そこでメンバーから一時外れ、そのタイミングで高額なオファーが届いたそうだ。同メディアの情報では、それは「ヴィッセル神戸と見られる」とのことだ。

 ユンカー自身はクラブの具体名を出していないものの、「本当に本当に高額なオファーがあったそうです」と語る。大金を確保できる浦和のことを考えれば、それを飲むべきなのか? という考えも脳裏をよぎる。

 ただし、クラブはそのオファーを拒否。その報告を受けたユンカーは、「浦和は交渉するつもりはないと言い、私は浦和にいてめちゃくちゃ幸せですし、ほっとしました。オファーが来るたび騒ぎになるのは、前のチームでウンザリしていました」「ここ数年、いろいろなクラブを転々としてきました。今は少しでも長い契約を結び、自信を持ってプレーしたいと思っています」と、浦和のスタンスを喜んだそうだ。

 クラブが本人に伝えたということは、設定された違約金限度額、あるいはそれに近いオファーが届いたのだろうか。ユンカーは2022シーズンまで浦和と複数年契約を結び、さらに1年のオプション付き。本人の希望は、その契約をさらに延長させたいということだ。

 また日本にいる外国籍選手の傾向もチェック。「外国人は半年で帰国するか、あるいは長く滞在するか、どちらかの傾向が見られますね」と分析している。もちろんこのあたりは、コロナ禍という特別な環境も影響していると言えるだろう。

「私は日本に留まりたいと考えています。浦和にいることに満足していますし、本当に望んでいるのは、もう少し長い契約を結ぶことです。

 ここで私の名前はとてもクールなものになり、ファンや対戦相手から尊敬の念を感じています。より一層、ここにいたいと思うようになりました。日本での生活に、とても満足しています。ヨーロッパに戻るのであれば、良いオファーが必要です」

 これまで公式戦29試合・16ゴールを決めてきた。再び冬のマーケットで“大型オファー”が届くのか? オファーが届いた場合(届きそうな場合)、浦和はどう対処するのか!? 一つ注目点になる。 

 何より、浦和サポーターの声援や歌声、興奮と一体感、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の独特な熱狂――。厳しいプロトコルのもとでのプレーが続くが、コロナ禍のあと(withコロナ時代)、熱量を力に変えていけるユンカーと浦和の関係はより親密に、そして進化を遂げていくはずだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14242
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1636450001/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:15 | 大阪 ☁ | Comment(13) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、ブラジル代表ダニエウ・アウベスが復帰か?今週中にも交渉開始

【サッカー】ブラジル代表ダニエウ・アウベスにバルセロナ復帰の可能性 今週中にも交渉開始 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1636535251/
ダニエウ・アウベス2021ブラジル代表.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/11/10(水) 18:07:31.94 ID:CAP_USER9.net

 ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(38)が2016年まで所属したスペイン1部バルセロナに復帰する可能性が高まってきた。

「優勝請負人」とも呼ばれる右サイドバックのアウベスは38歳の大ベテランながらオーバーエージ枠で参加した東京五輪でブラジルの2連覇に貢献。その一方で給与遅配が続いていたブラジル1部サンパウロを電撃退団し、国内外を問わず複数のクラブから好条件のオファーが届くも年内はクラブを決めない方針を明かしている。

 そんな中、ブラジルメディア「UOL」はアウベスについて「今週にもバルセロナの経営陣と直接会って2022年1月にクラブへ戻る可能性について話し合う予定だ。双方とも関心を持っている」と報道。まだ最終的な合意に向けて詳細を詰めなければならないものの、すでにシャビ新監督も元チームメートの復帰に前向きという。

 バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は先日の記者会見で「彼(アウベス)は私たちのクラブをさまざまな面から助けてくれています」などとコメントし、信頼を強調。またアウベス自身はブラジル代表として来年のカタールW杯出場を目指し、再び欧州進出を希望しているが、今後の交渉の行方は注目されそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/68f78a807a7e3629f32fc685e57270c56398ae58




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三笘薫、課題を語る「フィジカル的にまだまだ足りない」(関連まとめ)

【サッカー】<三笘薫(サンジロワーズ)>課題は「フィジカル足りない」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1636532484/
三笘ユニオンSGドリブル.jpg
1: Egg ★ 2021/11/10(水) 17:21:24.34 ID:CAP_USER9.net

カタールW杯アジア最終予選ベトナム戦(11日、ハノイ)に臨む日本代表に初選出となったMF三笘薫(24)が10日、オンライン取材に応じ、所属するベルギー1部サンジロワーズで活動について振り返った。

 東京五輪後、イングランド・プレミアリーグのブライトンと契約した三笘は現在はレンタル移籍し、サンジロワーズでプレーする。ベルギーでのプレーについて「日本のプレースタイルを継続してやれている。フィジカル的なところは、まだまだ足りない」と、屈強な外国人のパワーに戸惑っているという。

 また、本職はウイングながらも、ベルギーではウイングバックとしてプレーしていることに「試合に出るために最適だった。どれだけにチームの力になれるか。勝利に貢献できるように全力を尽くしている」と語ったように、不慣れなポジションながらも、与えられた役割をしっかりとこなしている。

 そんな三笘も移籍当初はチームになじむのに苦労したという。「自分のプレーを認めさせないといけなかったので練習からアピールしていた。他の選手を一人ひとり観察し(それぞれに)どんなプレーが最適なのか考えてやっていた。試合で結果を出さないと認めてくれない。最初のころはもがきながらやっていた」と振り返った。

 サンジロワーズで苦戦しながらも定位置をつかみつつあり、念願の日本代表入りも果たした。三笘は「A代表として(自分が)どうなるかわからない。悔いのないようにやっていきたい」と、まずはピッチで本来のパフォーマンスを発揮する構えだ。
 
東京スポーツ 11/10(水) 14:57
https://news.yahoo.co.jp/articles/da79e7a03a23f30cec357200dc6bfdc4709397ec

写真
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211110-03785708-tospoweb-000-4-view.jpg?w=640&h=598&q=90&exp=10800&pri=l



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森保監督、合流遅れた欧州組も先発起用の方針「疲労が取れた事は前向きに受け取っている」

【サッカー】<森保ジャパン>森保監督が合流遅れ組≠熕謾ュ起用方針「疲労がとれたことは前向きに受け取っている」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1636513690/
森保監督.jpg
1: Egg ★ 2021/11/10(水) 17:00:44.23 ID:CAP_USER9.net

日本代表の森保一監督(53)が、カタールW杯アジア最終予選ベトナム戦(11日、ハノイ)で合流遅れ組≠熕謾ュ起用の方針を示した。

 今回の試合を迎えるにあたっては、DF吉田麻也、DF冨安健洋、MF原口元気、MF伊東純也、MF南野拓実、MF鎌田大地、MF堂安律、FW古橋亨梧ら11人の欧州組が乗ったオランダ発のチャーター機が、ロシアで給油トラブルに見舞われて足止め。約12時間も遅れて9日夜に現地に到着した。わずか1回しか練習できない上にコンディション面も懸念される状況だ。

 たが10日に会見を行った森保監督は「機内にとどまるのはストレスだと思っていたが、選手はそれぞれ工夫してリラックスし、『いい休養がとれた』と聞いている。練習はできなかったが、疲労がとれたことは前向きに受け取っている」。その上で「(ベトナム戦は)プレーできるということで考えたい。最終的には練習を見て決めたいが、アクシデントの中でも、選手たちは所属クラブで存在感を発揮して代表に選ばれている。体調が回復してくれれば、チームの力になってくれると思う」と期待した。

東京スポーツ 11/10(水) 15:35
https://news.yahoo.co.jp/articles/a28d3d768067bf341c6efe722a905dabaf754052

写真
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211110-03785891-tospoweb-000-2-view.jpg?w=585&h=640&q=90&exp=10800&pri=l




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京、森下申一GKコーチが監督に就任!今季終了まで指揮(関連まとめ)

長谷川監督辞任のFC東京、森下申一GKコーチが今季終了まで指揮
https://news.yahoo.co.jp/articles/620451a8b9823e06f32f9c5d27ce08c4df74439d
森下コーチFC東京.jpg

 FC東京は10日、長谷川健太監督の辞任に伴い、森下申一GKコーチが2021シーズン終了まで指揮を執ることを発表した。

 磐田や京都でプレーした森下氏は97年に現役を引退。その後、京都や磐田、G大阪などでGKコーチを歴任し、19年からFC東京のGKコーチを務めていた。

 森下新監督はクラブを通じて、「このたび、FC東京の指揮を執ることになりました森下申一です。ファン・サポーターのみなさんに熱く戦う姿、熱い試合をみせれるようにチーム一丸となり、残りの試合に臨みたいと思います。応援よろしくお願いします」とコメントしている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14242
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1636450001/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ポグバが仏代表で負傷し約2カ月間の離脱へ…他、スールシャール監督はノルウェーに休暇で帰国

代表で負傷のポグバ、約2カ月離脱の可能性…年末年始の過密日程で不在か
https://news.yahoo.co.jp/articles/ffaede9ba5efc5e51749c364b78216b97ecf1027
ポグバ21-22マンU拍手.jpg


マンチェスター・Uに所属するフランス代表MFポール・ポグバに、長期離脱の可能性が浮上した。9日、フランスメディア『RMC』や大手メディア『ESPN』などが報じた。

 11月のフランス代表に招集されたポグバは、8日に行われた代表の練習中に右足の太ももを負傷。ポグバはフランス代表から離脱し、同代表はその代役としてMFジョルダン・ヴェレトゥ(ローマ)を追加招集した。

『RMC』によると、ポグバは初期の診断において、8〜10週間の離脱が見込まれているようだ。また、『ESPN』も「マンチェスター・Uはポグバの離脱が約2カ月間に及ぶ可能性があることを伝えられた」と、独自の情報源をもとに報じた。

 プレミアリーグは12月から1月にかけて毎年恒例の過密日程が控えている。マンチェスター・Uは約10週間後の1月22日までに、プレミアリーグの12試合とチャンピオンズリーグ・グループステージの2試合、FAカップの1試合を予定している。


進退問われるも続投路線のスールシャール監督がノルウェーに帰国…家族と束の間の休息へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/6cb7abaf98323ab2540b537ec2e62b724098bd9d

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、僕のノルウェーに帰国したようだ。イギリス『サン』が報じた。

今夏ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが復帰。その他にも、ドルトムントからイングランド代表MFジェイドン・サンチョ、レアル・マドリーからフランス代表DFラファエル・ヴァランを獲得するなど、大型補強を敢行したユナイテッド。昨シーズンのプレミアリーグ2位からの更なる上昇が期待された。

最初の4試合は3勝1分けとまずまずのスタート。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)では初戦のヤング・ボーイズ戦で敗れると、カラバオカップ(EFLカップ)ではう3回戦でウェストハムに敗れ敗退。するとリーグ戦でのアストン・ビラに敗れるなど徐々に結果が出なくなる。

さらに、10月24日に行われたプレミアリーグ第9節ではリバプールに0-5と屈辱的な敗戦。スールシャール監督の進退問題が大きく取り沙汰されると、トッテナムには勝利したものの、6日に行われた第11節のマンチェスター・シティとのダービーでも0-2で敗戦となった。

ユナイテッドは、スールシャール監督の続投を考えているとのことだが、インターナショナル・ブレイクに入った中、スールシャール監督は家族と共にノルウェーへと帰国したとのことだ。

もちろん、この帰国は職を失ったからということではない。大半の選手がチームに残らず代表活動に行くため、リフレッシュを含めて束の間の休暇とのこと。妻と2人の息子と共にプライベートジェットで飛び立ったとされている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表FW城彰二氏、加茂ジャパンを回顧「ふざけんなよ、カズさんじゃなくて俺使えよ」「サブ組は超不満が溜まってた」

【サッカー】<城彰二が加茂ジャパンを回顧!>「ふざけんなよ、カズさんじゃなくて俺使えよ」「サブ組は超不満が溜まってた」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1636506962/
城日本代表.jpg

1: Egg ★ 2021/11/10(水) 10:16:02.53 ID:CAP_USER9.net

「コーチの岡田さんが慰めてくれてた」

元日本代表FWの城彰二氏が11月9日、自身のYouTubeチャンネル「JOチャンネル」を更新。“加茂ジャパン”について語った。

【動画】アトランタ五輪での中田英寿と西野朗監督の衝突について語る城彰二

 1994年に就任した加茂周監督の下で、98年フランス大会でのワールドカップ初出場を目指していた日本代表は、しかしアジア最終予選での成績が振るわず、予選途中で監督を解任。岡田武史コーチが指揮官に昇格し、チームを立て直して悲願のW杯出場に導いた。

 現在、2022年のカタールW杯への切符を懸けて戦っている日本代表も、2勝2敗でまさかの4位に低迷。第4節でオーストラリアに劇的な勝利を飾ったとはいえ、森保一監督は厳しい立場に立たされている。

 加茂ジャパンの一員だった立場から見て、当時と現在の状況は似ているのか。城氏は、まず「(両監督の)やり方は似ているかもしれない」と指摘。「加茂さんは、いいと思ったメンバーをほぼ固定してやっていくスタイル。森保さんもそうだと思う。システムの変更もほぼない」と続けている。

 当時、城氏ら“控え組”には、レギュラーが固定されていることへの不満があったという。

「サブ組はフラストレーションが超溜まってた。出せよ、俺たちをみたいな。準備しているわけだし。うまくいかない試合も多くて、俺たちを使えよと。でも、なかなか代えない。ここは似ているよね。森保ジャパンのサブ組もそう(不満に)思っているかもしれない」


 そして、その時との違いをこう明かしている。

「俺たちはメディアにも言っていた。ふざけんなよ、カズ(三浦和良)使わないで、俺たち使えよ、みたいな。カズさんが怪我もしていて、調子も悪かった。100%できない、パフォーマンスは40〜50%だったのは見ていて分かった。だけど使い続ける。それは信頼度があるからだけど、俺たちは調整していて、すごく動きがいい。いま出たらそれ以上に活躍できる(と思っていた)。このギャップが凄かった」

 そんなサブ組の不満を、岡田コーチが「わかる、わかるよ。何とか待てと言って、慰めてくれてた」という。

「いまの選手たちは言わないじゃん。言っていいのか分からないけど。俺たちは自己主張がすごかった。ただ、言って結果残せなかったら、叩かれるのは自分。そう思って、使えよ使えよと言っていた」

 ただ、最後まで加茂監督のやり方は変わらなかった。「結局変えず、結果も出なくなって、次負けたら終わりだという時に加茂さんが更迭されることになった」と振り返っている。

 それまでメンバーとシステムをほぼ固定して戦っていた森保監督は、崖っぷちのオーストラリア戦で4‐2‐3‐1から4‐3‐3に変更し、田中碧をスタメンに起用。この策が奏功し、何とか2‐1の勝利を収めた。こうした柔軟な采配を今後も振えるのか。注目される。

サッカーダイジェスト 11/10(水) 6:15
https://news.yahoo.co.jp/articles/a08957a63804609b2a637d0f885e0ebf716fc64d

写真
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211110-00100812-sdigestw-000-5-view.jpg?w=640&h=553&q=90&exp=10800&pri=l



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(20) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、セルビア代表FWヴラホヴィッチ獲得のクラブ間交渉は順調も…代理人と連絡とれず、破談へ

アーセナルがFWヴラホヴィッチに巨額オファー準備も…代理人と連絡取れず破談へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/31c62b484e9799d8c42ae883e443373f06a0ef64
ヴラホヴィッチ21-22.jpg


フィオレンティーナに所属するセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホヴィッチの今冬のアーセナル行きは実現しない模様だ。9日、イタリアメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 今年10月、2023年6月30日までとなっているフィオレンティーナとの契約に関して、延長の交渉が決裂したことが正式に発表されたヴラホヴィッチ。これによって、移籍金が発生する今冬または来夏の移籍が有力視されている。

 セリエAで結果を残すストライカーに対して興味を示すのは、ユヴェントスやアーセナルなどのビッグクラブ。フィオレンティーナが今冬求める8,000万ユーロ(約104億円)の移籍金は、ユヴェントスにとっては手が出せない模様だが、アーセナルはより近い金額のオファーを準備して、両クラブは順調な交渉を進めていたようだ。しかしヴラホヴィッチの代理人はアーセナルの連絡に反応せず、少なくとも今冬のガナーズ行きは実現しないものと考えられている。

 現在21歳のヴラホヴィッチは、今季もここまでセリエAで8得点とその実力を証明している。果たして今冬の移籍市場でビッグディールが成立することはあるのだろうか。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1714】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1636303365/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、サウサンプトンが獲得に関心か?イタリアメディア報じる

【サッカー】<堂安律>プレミアリーグ移籍の可能性? 関心が噂されるクラブは… [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1636466911/
堂安PSVゴール.jpg

1: Egg ★ 2021/11/09(火) 23:08:31.19 ID:CAP_USER9.net

PSVの日本代表MF堂安律は、プレミアリーグへと挑戦する可能性もあるのだろうか。サウサンプトンが獲得への関心を示しているとも報じられている。

 堂安は昨季PSVからドイツのアルミニア・ビーレフェルトへレンタルされ、ブンデスリーガ全試合に出場して5得点3アシストを記録するなど活躍。今季に向けては様々な移籍の噂もあったが、PSVに残って新たなシーズンを迎えることになった。


 東京五輪(東京オリンピック)出場の影響により出遅れ、また10月にも負傷離脱を強いられたが、欠場を余儀なくされた時期を除けばPSVで一定の出場機会を得ることができている。先週末の試合では負傷から復帰後2試合目でゴールを決め、日本代表への追加招集も受けた。

 PSVとは2024年までの契約を残しているが、新たな移籍の噂も浮上してきた。イタリア『カルチョメルカート』が伝えたところによれば、サウサンプトンが関心を示しているとのことだ。

 プレミアリーグで現在13位に位置するサウサンプトンは、11試合を終えた時点でリーグワースト3位の10得点と攻撃陣が低調。ブンデスリーガや五輪でも力を示した日本人アタッカーの獲得に動く可能性もあるのだろうか。

フットボールチャンネル 11/9(火) 22:36
https://news.yahoo.co.jp/articles/a306abb354e07cf9b40358feea6f306b8aeaa15c



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:27 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナルMFナイルズ、移籍志願は過去の事 ワトフォード戦ではMOM「謙虚に努力を続ける」

移籍志願は過去のこと…先を見据えるアーセナルMF「謙虚に努力を続ける」
https://news.yahoo.co.jp/articles/e7884694a9b13e71d031b69b30a1c3dbabf15392
ナイルズ21-22第11節.jpg

アーセナルのイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズが抱負を語った。イギリス『メトロ』が伝えている。

アーセナルの下部組織出身のメイトランド=ナイルズは、2014年に17歳でトップチームデビュー。その後も着実にプレー機会を得たものの、定位置を確保するまでには至らず、昨シーズン後半はWBAにレンタル移籍していた。

今夏にはエバートンからレンタル移籍のオファーがあったものの、アーセナルが拒否。この対応にメイトランド=ナイルズは自身のインスタグラムで「プレーできるところに行きたいんだ」と投稿し、不満を吐露した。

それでも今季、EFLカップ(カラバオカップ)2回戦のWBA戦から少しずつ出場機会を得ると、直近のワトフォード戦ではフル出場。マン・オブ・ザ・マッチに選ばれる活躍で、1-0での勝利に貢献している。

そんな24歳は試合後、夏の移籍志願について「あれはもう過去のことだよ」とコメント。アーセナルで出場機会を得られるよう努力を続けると誓った。

「今は自分の将来と目の前のことを考えている。今日出場できたのは素晴らしいことだね。これからもっと試合に出られることを願っているよ」

「ピッチに立ってプレーするのはいつだって幸せだよ。いい気分だ」

「もちろん、もっと出場時間を増やしたいと思っている。謙虚に前進して努力を続けることが必要だね」

そんなメイトランド=ナイルズのワトフォード戦でのパフォーマンスについて、ミケル・アルテタ監督は「ピッチ上のほとんどすべてのポジションに適応できるという大きな才能を持っている。今日の試合で彼は、やるべきことをやってくれた」と称賛。この調子で定位置を掴み、チームに欠かせない存在となれるだろうか。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1714】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1636303365/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)