アンテナ・まとめ RSS

アルテタ監督、ベンゲル氏のアーセナル復帰を希望「もっと近くにいてくれたら」

ベンゲル氏のアーセナル復帰を希望…アルテタ監督「もっと近くにいてくれたら」
https://news.yahoo.co.jp/articles/08b165c0d265e3a9b9f1d1e0966f2e5a991c2691
アルテタとベンゲル.jpg


アーセナルのミケル・アルテタ監督は、かつてチームを率いたアーセン・ベンゲル氏を何らかの形でクラブに復帰させるを望んでいるようだ。『BBC』が伝えた。

 72歳のヴェンゲル監督はアーセナルを指揮した22年間で、3度のプレミアリーグ優勝と7度のFA杯優勝を成し遂げた。アルテタ監督自身も、ベンゲル元監督の下で5年間プレーしている。

 アルテタ監督は「彼がもっと近くにいてくれたら嬉しい」と述べた。

「彼がここに来れば、素晴らしい時間を過ごせると思う。なぜならクラブの全員が、彼の成し遂げたことや、人間としての彼に尊敬、賞賛、愛情を持っているからだ」

 また、すでに復帰の可能性についてベンゲル氏本人ともコンタクトを取ったようだ。アルテタ監督はベンゲル氏をアーセナルに呼び戻すための正式なオファーがあったかどうかという質問に対して、「コミュニケーションをとった」ことを認めた。

 報道によると、ベンゲル氏のドキュメンタリー映画のプレミア上映会のときに会話があったという。

「映画を見に行ったときに彼と話をした。彼と話をするのは信じられないくらい楽しい経験だった」

 しかし、ベンゲル氏がクラブでどのような役割を担うのかについて、アルテタ監督は「分からない」とした上で、「言えることは、彼には個人的にもっと近くにいてほしいということ」と続けた。

「物事には時間がかかる。だから彼がタイミングを決める必要があると思う。私の側から、そして皆を代表して言えることは、彼がもっと近くにいてくれたら嬉しいということだ」

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1723】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1637625681/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:59 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、絶妙タッチでアシストしMOM選出!ELグラーツ戦の勝利に貢献 シュミット監督「とても満足している」(関連まとめ)

【サッカー】<堂安律>ELシュトゥルム・グラーツ戦でアシストを記録!マン・オブ・ザ・マッチにも選出..監督 「とても満足している」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1637913185/
堂安21-22EL第5節ドリブル.jpg
1: Egg ★ 2021/11/26(金) 16:53:05.47 ID:CAP_USER9.net

PSVのロジャー・シュミット監督は日本代表MF堂安律の残留を喜んだ。オランダ『ED』が伝えている。

PSVは25日、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節でシュトゥルム・グラーツと対戦。この試合で堂安は先発すると1アシストを記録し、2-0の勝利に貢献。マン・オブ・ザ・マッチにも選出された。

シーズン当初は移籍を考えていた堂安だが、最終的には残留が決まり、再びチームの主力に。シュミット監督はそこに苦労があったことを認めている。

「夏には彼は先発ではなかったし、正直に話し合った。そのときにリツも疑問を打ち明けてくれた。彼に自分の価値を認めさせることは、それほど簡単ではなかった。また、彼にとっては、後から入ってきて、その後、短期間でケガをしてしまったこともあり、難しい夏だったんだ」

「それでも、なんとかキープできたことにはとても満足している。彼は攻撃面でも多くのものを持っているし、守備面でもとても頼りになる選手。トレーニングセッションや試合で精神的に非常にシャープであることは、今ではよくわかる。彼は本当に全力で取り組んでいるね」

堂安はPSVでの今シーズン、公式戦10試合に出場し、2ゴール1アシストを記録している。


2: Egg ★ 2021/11/26(金) 16:53:57.20 ID:CAP_USER9.net




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和FWユンカー、セルティックが獲得に乗り出す!「移籍の噂が復活」と現地報道 (関連まとめ)

【サッカー】浦和ユンカー、名門セルティックの補強候補へ浮上 「移籍の噂が復活」と現地報道 [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1637885042/
ユンカー浦和2021斜め.jpg

1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/11/26(金) 09:04:02.42 ID:CAP_USER9.net

11/26(金) 6:50
Football ZONE web

今冬の補強ターゲットになり得る選手の1人として現地メディア指摘

浦和ユンカー、名門セルティックの補強候補へ浮上 「移籍の噂が復活」と現地報道
浦和レッズで活躍するFWキャスパー・ユンカー【写真:Getty Images】
 浦和レッズのデンマーク人FWキャスパー・ユンカーに、日本代表FW古橋亨梧の所属するスコットランド1部の名門セルティックが獲得に乗り出す可能性があるようだ。現地メディアは、同クラブが1月の移籍市場でストライカーを補強する可能性を報じ、ターゲットとなり得る選手の1人にユンカーの名を挙げている。

 セルティックの専門メディア「The Celtic Bhoys」によると、リーグタイトル奪還を目論むセルティックは、1月の移籍市場で何人かの選手を獲得することが予想されているという。強化ポイントの一つとしてストライカーの補強が挙げられ、今春に浦和へ加入後、得点源として活躍しているユンカーに興味を示しているようだ。

 記事では「セルティックはキャスパー・ユンカーを獲得することで、移籍の大成功を収めるかもしれない。ユンカーとセルティックを結ぶ移籍の噂が最近復活した。セルティックが彼の獲得に乗り出せば、間違いなく素晴らしいオプションとなるだろう」と指摘。浦和で公式戦16ゴールをマークしている事実に触れながら、「この27歳の選手は、キャリアの最初の数年間はゴールを量産する選手ではなかったが、ここ数シーズンで完全に状況を好転させることができた」と実力を評価している。

 ユンカーを巡っては、J1のヴィッセル神戸が今冬、6億円の獲得オファーを提示する見込みだと海外メディアで報じられていた。しかし、選手本人がデンマークメディアに対し「浦和にいることに満足しているし、本当に望んでいるのは、もう少し長い契約を結んで、何が起こるかをよりはっきりさせることだ」と打ち明け、2022年末までとされるクラブとの契約について延長希望を窺わせている。

 なお、セルティックの補強リストには、横浜F・マリノスのFW前田大然や川崎フロンターレのMF旗手怜央の名前があるとも噂され、横浜F・マリノス前指揮官のアンジェ・ポステコグルー監督も「これからターゲットを特定し、相当多くの人と話すつもりだ」と来年1月の補強に向けて準備を進めていることを明言。ユンカーの去就を含め、今後の動向に注目が集まる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211126-00353040-soccermzw-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/efe2234730e7e5c531b351474cc8fcffc4df866d



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前琉球監督の樋口靖洋氏、地元のJFLヴィアティン三重の新監督に就任「自分も『いつかは地元の三重で』と…」(関連まとめ)

琉球監督退任の樋口靖洋氏、出身地クラブのJFL三重が新天地に! 「自分も『いつかは地元の三重で』と…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a93ee6424a6ced57d98e00a5c62f76a03b7a665b
樋口監督琉球.jpg

日本フットボールリーグ(JFL)のヴィアティン三重は26日、来季からの新指揮官として、樋口靖洋氏(60)の就任を発表した。

樋口監督はモンテディオ山形や大宮アルディージャ、横浜FC、横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府、Y.S.C.C.横浜の監督を歴任。2019年から琉球を指揮した。

琉球の監督として3年目の今季は明治安田生命J2リーグで開幕5連勝スタートを切るなど、一時J1昇格圏内の2位に位置。だが、徐々に落ち込み、先月に解任された。

自身の出身地でもある三重県のクラブを新たに率いる樋口新監督は意気込みを語っている。

「この度、ヴィアティン三重の監督に就任し、来シーズンの指揮を執らせていただくことになりました、樋口 靖洋です。監督就任にあたり、クラブから熱意と誠意あるオファーをいただいたことに感謝申し上げます」

「ヴィアティン三重が総合型スポーツクラブとして掲げる理念に感銘を受け、クラブのミッション・ビジョンに共感し、価値観を共有出来ると確信しました。また、自分も『いつかは地元の三重で』という想いを持っていましたが、60歳を迎えたこのタイミングでオファーをいただいたことに強い『縁』を感じています」

「JFLにはいろいろな形態のクラブが混在し、それぞれの立ち位置・目的を持って戦うリーグであると認識しています。その中でヴィアティン三重は、『J3昇格』という明確な目標を掲げるクラブです。難しく、厳しいリーグですが、『闘う』チームを作り、『躍動感』と『一体感』のある試合をし、『攻撃的なサッカー』でチャレンジしていきたいと思います」

「三重県のスポーツ、サッカーの発展にはJリーグのチームが必要です。ヴィアティン三重がその先駆けとなるよう全力を尽くします。ファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、共に闘いましょう! よろしくお願い致します」

なお、三重は24日、ゼネラルマネージャー職を兼任しながら監督も務めた山本好彦氏(63)の退任を発表している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14277
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1637881203/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊藤洋輝、シュツットガルトが完全移籍で買い取りへ(関連まとめ)

【サッカー】<DMF伊藤洋輝(22)>シュツットガルトは移籍金5億円で完全移籍に切り替えか [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1637896107/
伊藤シュツットガルト.jpg
1: Egg ★ 2021/11/26(金) 12:08:27.23 ID:CAP_USER9.net

ジュビロ磐田からレンタル移籍でシュツットガルトに加入したDMF伊藤洋輝(22)だが、完全移籍に切り替わる予定だという。ドイツ『キッカー』が報じた

伊藤は、今年6月に磐田からレンタル移籍でシュツットガルトへと加入。移籍期間は2022年6月30日までとなり、U-21チームでプレーする予定となっていた。

しかし、シーズン前のトレーニングキャンプで才能の高さを見せると、チーム事情もありDFBポカール1回戦のBFCディナモ戦でフル出場デビューを飾る。さらに、ブンデスリーガでも開幕戦からベンチ入りすると第3節のフライブルク戦でデビュー。10月16日の第8節ボルシアMG戦からは5試合連続で先発出場を果たすなど、いきなりファーストチームで出番を得ている。

今シーズン終了後には磐田へ帰還することとなる伊藤だが、シュツットガルトは来夏完全移籍で獲得することを計画しているとのこと。約10万ユーロ(約1290万円)でのレンタル移籍だったが、40万ユーロ(約5億1500万円)の移籍金で獲得するつもりのようだ。

超ワールドサッカー11/26(金) 11:55
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f302d6a2186219dce7d14f0ffe2bf54a31a0642

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211126-00407689-usoccer-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=410&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大分トリニータ、片野坂知宏監督の今季限りでの退任を正式発表「1番の思い出はJ3優勝」(関連まとめ)

大分、片野坂知宏監督の今季限りでの退任を発表「1番の思い出はJ3優勝です。それがあったからこそ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/f709c9f71343b77523f76a842d584f7020404c4a
片野坂2021拍手.jpg

 大分トリニータは26日、片野坂知宏監督(50)が今シーズン限りで退任することを発表した。

 片野坂監督は2016年に当時J3へ降格したばかりの大分の指揮官に就任。同年にJ3優勝を果たし、J2に導くと、18年にはJ2で2位に入り、自動昇格でJ1の舞台に引き戻した。J3を経験したチームとしては史上初となる2カテゴリ昇格だった。

 19年、20年とJ1に残留させた片野坂監督だったが、今季は序盤で7連敗を喫するなど苦しいシーズンを過ごし、20日にJ2降格が決定。クラブを通じて、以下のようにコメントしている。

「いつも大分トリニータへのご支援ご声援ありがとうございます。私事ではありますが今シーズンをもって大分トリニータを退任する事になりました。このような形でトリニータを離れるのは大変辛く悔しくて残念でしかありません。

 しかしJ2降格という結果は大変重く感じており、この決断に至りました。これまで本当にたくさんの応援やサポートが大変大きな力となりました。ありがとうございました。

 またこれまで私と共に闘ってくれた選手やスタッフにも感謝致します。重ねて本当にありがとうございました。トリニータでの6年間は本当に楽しく幸せでした。1番の思い出はJ3優勝です。それがあったからこそ、ここまで来られたと思っています。

 あの時の感動と喜びは生涯忘れません。トリニータで監督をスタートした事、クラブと共に成長できた事、皆様と一緒に各カテゴリーで闘えた事、全ての事が私の誇りです。

 大好きな大分、大好きなトリニータ、大好きなサポーターを決して忘れません。これからの大分県の発展そして大分トリニータの進化を陰ながら応援し活躍を楽しみにしております。本当に6年間ありがとうございました。

 それと残りのリーグ戦並びに天皇杯を選手と共に最大値を出して皆様と喜び合えるように最後まで全力で頑張ります!最後まで応援、サポートよろしくお願い致します。またこれからも大分トリニータへのご支援ご声援どうかよろしくお願い致します」


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14277
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1637881203/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌田大地、またもELでゴール!EL3戦連発で通算9点目! 三好メンバー外のアントワープとドロー(関連まとめ)

【サッカー】“ELキング” 鎌田大地が先制ゴール!EL3戦連発で通算9点目! 三好メンバー外のアントワープとドロー [愛の戦士★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1637887435/
鎌田21-22EL第5節ゴール.jpg

1: 愛の戦士 ★ 2021/11/26(金) 09:43:55.05 ID:CAP_USER9.net

ゲキサカ 11/26(金) 8:00

[11.25 ELグループリーグ第5節 フランクフルト 2-2 アントワープ]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は25日、グループリーグ第5節を行い、日本代表MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルト(ドイツ)はMF三好康児が所属するアントワープ(ベルギー)と対戦し、2-2で引き分けた。鎌田はEL3試合連続ゴールを挙げ、後半45分までプレー。長谷部はフル出場。三好はメンバー外だった。

 D組首位のフランクフルトは前節2位以内を確定させ、すでにグループリーグ突破が決まっている。一方、EL未勝利で最下位のアントワープは三好がメンバー外。日本人対決は実現しなかったが、“EL男”鎌田が幸先良く先制ゴールを奪った。

 前半12分、右サイドからMFティモシー・チャンドラーがクロスを供給すると、抜け出した鎌田が右足ボレーで合わせ、先制のネットを揺らした。鎌田はEL3試合連続ゴール。“ELキング”が日本人最多記録を更新する大会通算9点目をマークした。

 試合は2-2の引き分け。フランクフルトは首位を守ったが、順位確定は最終節に持ち越しとなった。第6節は12月9日に行われ、フランクフルトはフェネルバフチェ(トルコ)、アントワープはオリンピアコス(ギリシャ)と対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6b2d1365f4aabd6887d0f6e7e4f1fa422014b7c5
MF鎌田大地がEL3試合連続ゴール(Getty Images)
https://i.imgur.com/4kPjZ28.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表MF松井大輔、南アW杯を語る「駒野の前で、お前のせいで負けたと言ったら殴られた」「殺人予告とかもあったみたい」

【サッカー】<元日本代表MFの松井大輔>「駒野の前で、お前のせいで負けたと言ったら殴られた」「殺人予告とかもあったみたい」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1637877644/
駒野松井阿部南ア杯パラグアイ戦後.jpg

1: Egg ★ 2021/11/26(金) 07:00:44.70 ID:CAP_USER9.net

元日本代表MFの松井大輔が、DAZNで配信されている内田篤人氏の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』の最新回に出演。自身が出場した2010年の南アフリカ・ワールドカップについて振り返った。

 内田氏が大会直前に右SBのレギュラーを外され、出番なしに終わったのに対し、松井は10番の中村俊輔に代わって定位置を確保。全4試合に先発し、初戦のカメルーン戦で本田圭佑の決勝点をアシストするなど、岡田ジャパンのベスト16進出に大きく貢献した。

 内田氏から「めちゃめちゃ走ってましたもんね」と称えられた松井は、「1試合目でやめようと思った。2試合目に出られないと。高地だったでしょ。疲労が半端なかった」と、ギリギリの戦いだったことを明かした。

 決勝ト―ナメント1回戦ではパラグアイと対戦。スコアレスのまま突入したPK戦で、内田氏に代わって右SBの定位置を得た駒野友一が失敗し、初の8強入りを逃した。試合後、涙に暮れる駒野を、目を真っ赤にしながら阿部勇樹とともに両脇で支えた松井の姿も印象的だった。
 
「松井さんって、PK蹴ってましたっけ?」と聞かれると、「蹴ってない。交代してたから。僕が蹴っていたら、駒野みたいなミスはしない」ときっぱり。内田氏が慌てて、「皆さん、仲いいから言えるんだからね」とフォローした。

 同じ関西出身の同級生で「小学校から知っている」という駒野について、さらに「みんな思っていると思うけど、あれは駒野のせいです」と真顔で冗談を言った松井は、こう続けている。

「駒野の前で、お前のせいで負けたからねと言ったら、普通に殴られた。バシッて」

 これに大爆笑した内田氏が「今は?」と聞くと、「今は全然問題ない。でも、あの時は大変だったみたい。殺人予告みたいなのもあったみたい。だから、あんまりいじっちゃいけない」とコメント。「めちゃくちゃいじってるじゃないですか」と突っ込まれていた。

11/26(金) 6:11  サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/ab551473fddb76d3bf884e378a1d53a35d665abe

写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211126-00101523-sdigestw-000-5-view.jpg?pri=l&w=640&h=577&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古橋亨梧、PK獲得&絶妙アシストの大活躍も…交代後にセルティックはレバークーゼンに逆転負けしEL敗退(関連まとめ)

【サッカー】<FW古橋亨梧>ブンデスリーガ勢相手に2ゴール演出の大活躍も…交代後に逆転負けでセルティックEL敗退決定... [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1637874287/
古橋21-22EL第5節.jpg
1: Egg ★ 2021/11/26(金) 06:04:47.38 ID:CAP_USER9.net

11.25 ELグループG第5節 レバークーゼン3-2セルティック]

 UEFAヨーロッパリーグは26日、第5節を各地で行い、FW古橋亨梧所属のセルティック(スコットランド)はレバークーゼン(ドイツ)に2-3で敗れた。1トップで先発した古橋はPK獲得とアシストで逆転に導く大活躍を見せたが、途中交代後にチームは2失点。この結果により、セルティックのグループリーグ敗退が決まった。

 試合の先手を取ったのはホームのレバークーゼンだった。前半16分、右からのFKをMFフロリアン・ビルツがゴール前に蹴り込むと、ニアサイドに飛び込んだMFロベルト・エンドリッヒがヘディングシュート。セットプレーから先制点を奪った。

 その後もレバークーゼン優勢の展開。ところが前半40分、セルティックがワンチャンスをモノにした。左サイドを攻め上がったFWジョタのクロスに古橋が反応し、GKルーカス・フラデツキーとの競り合いで倒れ込むと、VARの介入を受けてPKを獲得。これをDFヨシップ・ユラノビッチがチップキックで流し込んだ。

 思わぬ同点ゴールに勢いを強めたレバークーゼンは前半43分、FWムサ・ディアビとビルツが連続シュートを狙ったが、いずれもゴールの枠に嫌われる。さらにハーフタイムを経た後半9分位は、スルーパスに抜け出したディアビのシュートをGKジョー・ハートがスーパーセーブ。跳ね返りに詰めたFWアミヌ・アドリにもハートが寄せ、得点には至らなかった。

 すると後半11分、再三好守を見せていたJ・ハートのロングキックからセルティックが再びスコアを動かした。右サイドを細かいパスワークで打開し、古橋へのパスは相手にカットされたが、ここで相手DFがスリップ。ここに詰めた古橋がラストパスを送ると、左から飛び込んできたFWジョタが強烈な左足シュートを突き刺した。

 古橋は1点目のPK獲得に続き、アシストも記録する大活躍。ところが後半31分、ジョタとともに途中交代でピッチを退いた。

 このまま試合を終わらせたいセルティックだったが後半37分、DFジェレミー・フリンポンに左サイドを破られると、ハイクロスをFWナディーム・アミリに折り返され、エンドリッヒに決められ失点。さらに同42分には、エンドリッヒの浮き球パスからディアビにボレーシュートを突き刺され、逆転を許した。

 そのまま試合はタイムアップ。他会場では2位のベティス(スペイン)が最下位フェレンツバーロシ(ハンガリー)を2-0で下したため、3位セルティックとの勝ち点差は4。セルティックのグループリーグ敗退が決まった。一方のレバークーゼンは1試合を残して決勝トーナメント進出が決まった。

ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/306a9956b26c853db60b2aca8afc9db0616afd1a

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211126-45331241-gekisaka-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=480&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:35 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ラングニック氏と今季終了までの暫定監督就任で合意か?来季からはアドバイザー職に就任へ

ユナイテッドがラングニック氏を暫定指揮官に招へいへ! 来季以降はアドバイザー職へ移行か
https://news.yahoo.co.jp/articles/8e0b9b477dac1e779fe32d609ed8d5c0a777393a
ラングニック氏タッチ.jpg

マンチェスター・ユナイテッドがラルフ・ラングニック氏(63)を今シーズン終了までの暫定指揮官として招へいすることが濃厚となった。イギリス『The Athletic』で働く著名なジャーナリストであるデイビッド・オーンスタイン氏が主張している。

ユナイテッドは21日、成績不振を理由にオーレ・グンナー・スールシャール監督を解任。現在はアシスタントコーチを務めていたマイケル・キャリック氏が暫定指揮官を務め、23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のビジャレアル戦では2-0の勝利を飾っていた。

しかし、クラブは今シーズン終了までチームを任せる暫定指揮官探しに奔走しており、これまでクラブOBであるローラン・ブラン氏や、バルセロナ元指揮官のエルネスト・バルベルデ氏、元ドルトムント指揮官のルシアン・ファブレ氏、直近ではローマやリヨンを率いたルディ・ガルシア氏など多くの候補の名前が挙がっていた。

そういった中、前述の候補と共に名前が挙がっていたラングニック氏の招へいに向けて合意に至ったようだ。

現在、ロコモティフ・モスクワでスポーツ部門と開発部門の責任者を務めているラングニック氏は、ロコモティフが退団を承認次第、マンチェスターへ向かうことになるという。

なお、契約に関しては今シーズン終了まで暫定監督を務め、以降の2年間に関してはアドバイザー的なポジションで補強やアカデミー部門など、スポーツ・ディレクターやフットボール・ディレクターに近い役割を担うことになる模様。

そして、クラブは来シーズンに噂されるパリ・サンジェルマンのマウリシオ・ポチェッティーノ監督やレスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督、ジネディーヌ・ジダン氏などの引き抜きに動くプランのようだ。

これまでシュツットガルトやハノーファー、シャルケ、ホッフェンハイムの監督を歴任してきたラングニック氏。2012年からは世界的な飲料メーカー『レッドブル』社がオーナーを務めるレッドブル・ザルツブルクとRBライプツィヒの統括SDに就任。

2015年からはライプツィヒの仕事に専念しSDと監督を兼任。2018-19シーズンは翌シーズンから新監督に内定していたホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督(現バイエルン)の繋ぎ役として、1シーズン限定でSD兼任監督に再任。チームを来季チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位フィニッシュさせる、さすがの手腕を発揮していた。

その後、ライプツィヒのアドバイザーを務める傍ら、『レッドブル・グループ』のスポーツ部門兼サッカー開発部門の責任者に就任。傘下のニューヨーク・レッドブルズ(アメリカ)、レッドブル・ブラガンチーノ(ブラジル)のアドバイザーを務めていた。

なお、プロフェッサーの愛称で知られるドイツ屈指の戦術家は“ゲーゲンプレッシングの生みの親”の一人とも言われ、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督や前述のナーゲルスマン監督、PSVのロジャー・シュミット監督らは教え子たちだ。

“パワーフットボール”とも形容される攻守両面で強度が高いプレースタイルに関しては、現ユナイテッドの陣容と必ずしも合致するものではないが、智将と赤い悪魔の融合には大きな注目が集まるところだ。

† Red Devils Manchester United 1590 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1637695742/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)