アンテナ・まとめ RSS

日本代表、中国に2-0勝利!MF遠藤航は主将務めデュエル圧倒「いつもどおりを意識」まとめその3(関連まとめ)

遠藤航 主将で存在感「勝つこと重要」デュエル圧倒「いつもどおりを意識」
https://news.yahoo.co.jp/articles/286c597cc8f9969c78f21cd47add8f8e6e781843
遠藤2022中国戦キック.jpg

<ワールドカップ(W杯)アジア最終予選:日本2−0中国>◇B組◇27日◇埼玉ス

日本代表MF遠藤航(28=シュツットガルト)が、抜群の存在感でチームに安定感をもたらした。負傷離脱で不在のDF吉田麻也に代わり、今回の活動では森保一監督(53)から主将の役割を任された。キャプテンマークを巻き、アンカーとして得意のデュエル(球際の戦い)で中国を圧倒した。

リーダーの証しである蛍光イエローのマークを巻いた遠藤が、中盤に君臨した。前半23分、相手がカウンターを仕掛けようと自陣から前掛かりになろうとしたところに立ちはだかる。猛然とプレスをかけ、1対1で奪い取った。「いつもどおりを意識してプレーした」とあっさり。「内容にはあまり満足していないが、勝つことが重要だったので」と表情を崩すことなく語った。

「今いるメンバーで勝ち点3をとろう」。簡潔に仲間に伝えてピッチに立った。吉田、冨安、古橋…。負傷離脱者が続出する状況で主将を任されるプレッシャーにも動じない。試合前には吉田から「航なら大丈夫」とメッセージをもらった。門番として、中国の戦意を奪った。

ずっと先頭を任されてきた。シュツットガルトでは今季から主将に指名された。16年リオデジャネイロ五輪でも。かつて湘南、浦和に在籍したときも、キャプテンマークを巻いた経験がある。振る舞いで示すタイプ。練習ではどれだけ息が上がって疲れても、膝に手を置くことはしない。「回復するためにはかがまない方がいいし、苦しいときの振る舞いは意識しているところはある」。自ら主将に立候補したことはないが、そうした姿に数多くの指揮官が信頼を寄せてきた。

この日は後半28分で途中交代。ここまで最終予選の全試合にフル出場したが、2月1日のサウジアラビアとの天王山も見据えてお役御免となった。「前回負けている。ホームで借りを返して、勝ち点3をとれるように」。試合を終えてピッチを離れたときにはもう、W杯を大きく引き寄せる次の勝利へ闘志を燃やしていた。【岡崎悠利】

◆左サイドの攻撃なし レッズ本スレ◆
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/wc/1643280576/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:51 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、伊東純也1G1PK奪取で中国に2-0快勝!伊東は絶妙アシストの中山に感謝「雄太からいいボールがきた」まとめその2(関連まとめ)

伊東純也 W杯最終予選3戦連発で仲間に感謝「雄太からいいボールがきた」 次戦サウジ撃破へ意気込む
https://news.yahoo.co.jp/articles/4fa57b1a42b706b5d4ea6f6ba20945ef8cd58ee8
伊東純也2022中国戦ゴール02.jpg


 ◇カタールW杯アジア最終予選B組 日本2―0中国(2022年1月27日 埼玉)

 男子サッカー日本代表は27日、W杯カタール大会アジア最終予選B組第7戦で中国代表に2―0で勝利。日本代表史上4人目となる同予選3試合連続ゴールを記録するなど2得点に絡む活躍を見せたMF伊東純也(28=ゲンク)は「雄太からいいボールがきたんで合わせるだけでした」と途中出場で好アシストを決めたDF中山雄太(24=ズウォレ)に感謝した。

 MF伊東は前半11分にクロスボールから相手DFのハンドを誘発し、先制点となったPKを獲得。「酒井君がボール持った時に、あそこにスペースがあったんでマイナスに(クロスを)あげようかなと思ったら、うまく相手の手に当たったんであれはラッキーでしたけど。あそこで1点取れたのは大きいかなと思います」と先制点の場面を振り返った。

 さらに伊東は1―0のまま迎えた後半16分に貴重な追加点を決め、史上4人目となる最終予選3試合連続ゴールを達成。94年予選の三浦知良、98年予選での呂比須ワグナーという偉大な先輩に肩を並べた。

 これで得点を決めた試合は過去7戦全勝となったが、伊東は「多くチャンスは作れていたんですけど、やっぱり決めきることが出来なかったんで、あそこでもっと決めきれればもっと楽な試合になったはずです」とチームの決定力不足を反省。

 次戦2月1日には同組首位サウジアラビアとの対戦が控えており「前回負けてるんで、ここでしっかり勝ってW杯出場に近づけるようにしたいなと思います」と前回の“リベンジ”に燃えていた。

☆☆☆柏レイソルスレッドPart1866☆☆☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1642504526/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:35 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【伊東最高や!】日本、大迫先制PK弾&伊東3戦連続ゴールで中国に2-0快勝!W杯自動出場圏2位キープ まとめその1(関連まとめ)

大迫が先制PK!伊東は3戦連発! 森保J、主軸CB不在も中国破ってB組2位キープ
https://news.yahoo.co.jp/articles/de7b256a6731700d1b67b8c9f5c36c6c9d7ae31f
伊東純也2022中国戦ゴール.jpg


[1.27 W杯最終予選 日本2-0中国 埼玉]

 日本代表は27日、カタールW杯アジア最終予選第7戦で中国代表と対戦し、2-0で勝利した。前半にFW大迫勇也(神戸)が先制のPKを決めると、後半にはMF伊東純也(ゲンク)の3試合連続ゴールで追加点。守ればほとんどシュートを許さず中国攻撃陣を抑え込み、W杯出場圏のグループ2位を守った。

 日本は今回の活動でDF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(アーセナル)の主軸CBコンビに加えて、ジョーカー起用で高いパフォーマンスを発揮していたMF古橋亨梧(セルティック)、MF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サンジロワーズ)が不在。それでも昨年10月から始めた4-3-3の新システムを引き続き採用し、3か月ぶりのホームゲームに臨んだ。

 GKは権田修一(清水)が務め、最終ラインは左からDF長友佑都(FC東京)、DF谷口彰悟(川崎F)、DF板倉滉(シャルケ)、DF酒井宏樹(浦和)。谷口と板倉はいずれも最終予選初出場となった。中盤はMF遠藤航(シュツットガルト)、MF田中碧(デュッセルドルフ)、MF守田英正(サンタクララ)の3ボランチ。ウイングは左がMF南野拓実(リバプール)、右が伊東で、トップには大迫(神戸)が入った。

 試合は立ち上がりから日本が主導権をキープ。3ボランチがかわるがわるに立ち位置を取り、4-2-3-1でマンマーク気味に構えてきた中国守備陣を撹乱した。前半6分には、酒井のスローインから伊東が背後を取り、専門コーチを招聘して取り組んできたセットプレーでも見せ場を創出。同8分には、酒井のシュート性のボールを収めた大迫が惜しいシュートを放った。

 そうして迎えた前半14分、日本が先手を取った。左サイドを起点にした攻撃から守田の縦パスが遠藤に入り、酒井がつないで伊東が右サイドを突破。伊東のクロスがDFワン・シェンチャオのハンドを誘ってPKを獲得すると、これを大迫がゴール右隅に突き刺した。大迫は昨年9月の中国戦に続いてのゴール。またしても伊東のお膳立てから先制点が生まれた。

 その後も日本がボールを握り続け、ハーフコートゲームを展開。前半20分には伊東が右CKをマイナス方向に蹴り出し、南野がシュートを狙う。同25分にも伊東の左CKからニアに飛び込んだ酒井がヘディングシュート。いずれも枠を捉えることはできなかったが、次々に狙いのあるセットプレー攻撃を繰り出した。

 ところが追加点はなかなか生まれない。前半28分、南野のスルーパスに抜け出した大迫のシュートがGKイエン・ジュンリンに阻まれると、同30分には田中の力強い縦パスからカウンターを試みたが、大迫のクロスは相手DFがブロック。同38分、田中の縦パスを守田がヒールでつなぐも、南野の決定的シュートは相手DFに防がれ、多くの決定機を作った前半を1-0で終えた。

 後半も日本が一方的にボールを保持し、中国は防戦一方。それでも1分、ショートCKからの南野のクロスが相手にブロックされ、4分の攻撃では酒井のクロスに伊東が反応するも角度のないところに追い込まれる。5分、田中の斜めのパスを受けた大迫の左足シュートもGKに防がれ、序盤の攻勢は不発に終わった。

 後半12分、左サイドに開いた田中の振り向きざまのパスが遠藤に入り、ここから伊東が右サイドを抜け出すも、折り返しに反応した大迫のシュートは大きく枠を外れる。ここで森保一監督は最初の交代を実施。同13分、シーズン開幕前でコンディションを上げている最中の大迫と長友を下げ、FW前田大然(セルティック)とDF中山雄太(ズウォレ)を入れた。

 すると後半16分、さっそくこの交代策が功を奏した。前田の裏抜けで相手のクリアボールを誘い、左サイドでスローインを獲得すると、中山のクロスに右の大外から伊東が反応。強烈なヘディングシュートを突き刺した。伊東は昨年11月のベトナム戦、オマーン戦に続いて最終予選3試合連続ゴール。森保ジャパンの攻撃を牽引する活躍を見せている。

 その後は中国がやや攻勢を強め、後半25分には途中出場MFウェイ・シーハオの直接FKがゴール左をかすめる。中国のファーストシュートに対し、日本は壁が割れる危険な対応をしてしまった。同28分、森保監督は遠藤を下げてMF久保建英(マジョルカ)を投入。システムを4-2-3-1に変更し、久保はトップ下に入った。

 後半34分、南野からのパスを受けた久保が左足で狙うも、キックはうまくミートせず右外。守勢が続いた同39分には南野と伊東が下り、MF原口元気(ウニオン・ベルリン)とMF堂安律(PSV)が起用された。試合はそのままタイムアップ。他会場ではB組3位のオーストラリアがベトナムに4-0で勝利したが、日本も勝ち点3を積み重ね、勝ち点1差の2位をキープした。


【サッカーAFCアジア予選】日本、2-0で中国に勝利! カタールワールドカップ自動出場圏内の2位キープ! 残りは3試合… [サザンカ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1643284204/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:26 | 大阪 ☀ | Comment(15) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2仙台の手倉森誠前監督、タイ1部パトゥムの新監督就任へ(関連まとめ)

J2仙台の前監督・手倉森誠氏がタイ1部チーム監督に就任へ

https://news.yahoo.co.jp/articles/2ff424903a5b35447f8874105d7017578175ffd1
手倉森2021仙台.jpg

J2仙台の前監督・手倉森誠氏(54)が、タイ1部パトゥムの監督に就任することが27日、分かった。年俸などの条件面も既に合意しており、近日中に正式発表される模様。

 パトゥムは2020―21年シーズンでリーグ優勝を果たし、ACL出場権を獲得。今季もリーグ18戦終了時点で4位につけ上位争いを繰り広げている。ACLではグループステージ(GS)からの参戦で、グループGで全南ドラゴンズ(韓国)、ユナイテッド・シティ(フィリピン)、メルボルン・シティ(オーストラリア)と戦う。

 手倉森氏は、08年から13年まで仙台を率いて11年に4位、12年に2位の成績を残した。リオ五輪代表監督、ロシアW杯での日本代表コーチを経験し、19、20年は長崎、21年に仙台の監督に復帰した。しかし過去の躍進の再現は果たせずクラブは13年ぶりの降格。11月20日の湘南戦(0●2)後に辞任し、強化・育成スタッフの1人としてクラブに残っていた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14466
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1643252787/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、中国戦スタメン発表!CBは谷口・板倉を起用(関連まとめ)

【サッカー】W杯最終予選・中国戦のスタメン発表!! 主軸不在のCBは谷口・板倉を抜擢 [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1643274197/
日本代表吹田スタ.jpg
1: 爆笑ゴリラ ★ 2022/01/27(木) 18:03:17.59 ID:CAP_USER9 BE:268729562-2BP(0).net

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1/27(木) 17:56
ゲキサカ

W杯最終予選・中国戦のスタメン発表!! 主軸不在のCBは谷口・板倉を抜擢
Koki NAGAHAMA/GEKISAKA(ゲキサカ)
 日本代表は27日、カタールW杯アジア最終予選第7戦で中国代表と対戦する。午後7時のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表され、DF吉田麻也(サンプドリア)とDF冨安健洋(アーセナル)が不在のセンターバックにはDF谷口彰悟(川崎F)、DF板倉滉(シャルケ)が入った。

 システムは昨年10月の第3戦・オーストラリア戦(○2-1)から引き続き採用している4-3-3とみられる。GKは権田修一(清水)が務め、最終ラインは左からDF長友佑都(FC東京)、板倉、谷口、DF酒井宏樹(浦和)。中盤はMF遠藤航(シュツットガルト)、MF田中碧(デュッセルドルフ)、MF守田英正(サンタクララ)の3ボランチ。ウイングは左がMF南野拓実(リバプール)、右がMF伊東純也(ゲンク)で、中央はFW大迫勇也(神戸)が入る。

 FIFAランキング74位の中国はここまで1勝2分3敗のグループ5位。2002年の日韓大会以来となる本大会出場に向け、崖っぷちの状況となっている。同26位の日本から見た通算対戦成績は14勝7分7敗だが、2000年代以降は12試合負けなし。直近の対戦は昨年9月7日の最終予選第2戦で、FW大迫勇也のゴールにより日本が1-0で勝利している。


[日本代表]
▽先発
GK 12 権田修一(清水)
DF 3 谷口彰悟(川崎F)
DF 4 板倉滉(シャルケ)
DF 5 長友佑都(FC東京)
DF 19 酒井宏樹(浦和)
MF 6 遠藤航(シュツットガルト、Cap)
MF 13 守田英正(サンタクララ)
MF 14 伊東純也(ゲンク)
MF 10 南野拓実(リバプール)
MF 17 田中碧(デュッセルドルフ)
FW 15 大迫勇也(神戸)

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220127-45604478-gekisaka-000-1-view.jpg?
https://news.yahoo.co.jp/articles/9651009f5ef9d3d4dcd71fcc7bd29f82f043b549



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:23 | 大阪 ☀ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑「頼むから元日本代表っていうのやめてくれ。別に普通にサッカー選手でいいやん。。」

【サッカー】<本田圭佑>「頼むから元日本代表っていうのやめてくれ。別に普通にサッカー選手でいいやん。。」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1643252557/
本田圭佑スーツ.jpg
1: Egg ★ 2022/01/27(木) 12:02:37.52 ID:CAP_USER9.net

MF本田圭佑が26日に自身のツイッター(@kskgroup2017)を更新し、肩書について「頼むから元日本代表っていうのやめてくれ。別に普通にサッカー選手でいいやん。。」と意見を述べた。

 このツイートに対し、ユーザーからは「確かに」「現役の選手には失礼」といった共感の声が多く寄せられている。

 現在35歳の本田は、日本代表として国際Aマッチ通算98試合に出場し、37ゴールを記録。ワールドカップではアジア人初の3大会連続アシストと日本人初の3大会連続ゴールを達成し、アジア人のW杯最多得点記録(アジア人のW杯最多得点)も保持している。クラブでは、昨年11月まで自身9か国目となるリトアニアのスードゥバに在籍。現在は無所属となっている。

ゲキサカ 1/27(木) 10:58
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c3fc6a24d636d7d8a7a1e30bddf95b85e87a167

写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220127-45603217-gekisaka-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=480&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】元U23日本代表DF比嘉祐介、現役復帰!今年設立の世田谷ユナイテッドに加入「現役復帰しました。がーひーです。わら」(関連まとめ)

SETAGAYA UNITED
https://www.instagram.com/p/CZMiH9WOP5v/
比嘉東京V練習.jpg


みなさんこんにちは!
現役復帰しました。がーひーです。わら
世田谷ユナイテッドに入ったきっかけはゾノが同級生でチームを作ったと聞いて少しでも力になれればと思って決断しました。
まぁー走れないけど練習はなんとかできるかなぁ!
試合はロスタイムだけ出して下さい!

比嘉 祐介



『SETAGAYA UNITED』始動!地頭薗雅弥代表が立ち上げへの想いを語る
https://news.yahoo.co.jp/articles/e04cc97255ab03343be3674cfb24e5d8c87dc00a

2022年1月1日、東京都世田谷区で新たなフットボールクラブが産声をあげた。
その名も『SETAGAYA UNITED』。今春から東京都4部リーグに参戦する。レフティーのMFとして国内外でプレーした地頭薗雅弥(じとうぞの・まさや)氏が代表を務める。

 地頭薗代表は、新クラブ立ち上げへの想いをこう語る。
「自分のサッカー観、例えばこういうサッカーをしたいとか、グラウンドでこういった表現をしたいとか、そういうものを大事にしています。しかし、呼ばれたクラブに行って、選手としてそのサッカー観を貫くのはなかなか難しい。監督やスタッフが代わり、チームの体制や方針が変わってしまうというのもよくあること。自分のやりたいことやできることを昨夏ぐらいから考えてて、どうすればそれが表現できるのかなと思ったときに、サッカークラブを作るのが一番かなと。そんな想いにたどり着いて。周りの人に話をしてみたら『ゾノ(地頭薗代表の愛称)がやるんだったら面白いんじゃないか』と言ってくれる人が結構いて、一緒にやってくれる仲間も出てきて、これは自分がやるべきだと思って動き始めました」

関東リーグ、JFL、アジア3カ国でのプロ生活を経たからこそ分かるクラブの在り方とその想い
 4歳からフットボールを始めた地頭薗代表は、小学生時代は柏レイソルU−12、中学・高校時代はジェフ千葉U−15・U−18でプレーした。プロ選手を目指すもジェフのトップチーム昇格はかなわず、青山学院大へ進学。大学では1年から公式戦に出場していたが、3年のときに前十字靭帯断裂の大けがを負ってしまった。4年になって復帰するもプロ選手としての内定を得ることができず、当時まだ関東1部リーグを戦っていたSC相模原へアマチュア契約で入団した。SC相模原は1年目の12年にJFLへ、2年目の13年にはできたばかりのJ3へ昇格を決め、順調に階段を上がっていった。

「相模原でプレーしている間はアマチュア契約でした。サッカーだけで生活できるプロ選手になりたいという思いが自分の中にずっとあったんで、このままじゃそうなれないと思って、海外のチームのテストをいくつか受けました。なかなか決まらなかったんですけど、タイにトライアルに行っているときに、アルビレックス新潟シンガポールの是永大輔社長(当時)が声をかけてくれたんです」

 海外へ飛び出しプロ選手としてのスタートを切った地頭薗代表は、シンガポール、マレーシア、タイのクラブでプレーした。タイのクラブでは年俸交渉で折り合いがつかず、2年の契約を1年で打ち切られる不当解雇にもあう。移籍の期間が過ぎてからの不当解雇だったが、自らクラウドファンディングを立ち上げ、協力者の支えを得て生活資金を確保した。

 20年2月に日本へ帰国し、20年はFIFTY CLUB、21年はSHIBUYA CITY FCでプレーした。30歳を過ぎ、現役引退も考えながらプレーする中で、新しいクラブの立ち上げを考えるようになった。そこには、4歳から続けてきたフットボールへの「恩返しをしたい」という思いもあるという。

「今、32歳、自分はここまでサッカーによって成長させてもらいましたし、人との出会いもみんなサッカーを通してのものでした。サッカーに恩返ししたいという想いが自分の中に強くあるんです」
 実家があり、現在、自身も住んでいる東京都世田谷区を本拠地に新しいクラブ『SETAGAYA UNITED』を立ち上げることを決意した。

※続きはURL先
https://news.yahoo.co.jp/articles/e04cc97255ab03343be3674cfb24e5d8c87dc00a?page=2

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14465
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1643158662/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保所属マジョルカ、ラツィオFWムリキを獲得候補に 現地紙報じる

マジョルカがラツィオのコソボ代表FWムリキを獲得候補に 現地紙報じる

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ab326aabba9ca4fffc51920705c154ed8e502b4
ムリキラツィオ.jpg

マジョルカが今冬、ラツィオに所属するコソボ代表FWベダト・ムリキ(27)の獲得を考えていると、マジョルカの地元紙ウルティマ・オラが26日に報じている。

マジョルカは今季、アンヘル、フェル・ニーニョ、ホッペを獲得し、以前より所属しているアブドンを合わせたストライカー4人でシーズンを戦っているが、全員が期待通りの結果を出せていない。ルイス・ガルシア監督はシーズン当初より得点力不足に頭を抱えており、チームはリーグ戦4連敗中のここ13試合でわずか1勝と非常に悪い状況に陥っている。

そんな中、クラブは攻撃陣を強化するため、今冬の移籍市場でビリャレアルの元スペイン代表FWパコ・アルカセルとの契約に動いているものの、交渉がうまくいっておらず、新たにムリキをリストアップしたとのこと。同紙によると、契約内容は今季終了までの期限付き移籍で、買い取りオプションが付く可能性があるという。

身長194センチの大型FWのムリキは20年夏のラツィオ加入後、公式戦49試合に出場するもわずか2ゴールをしか決めていない。一方、コソボ代表では37試合に出場し18ゴールを記録している。

マジョルカは今冬、GK、DF、FWの3ポジションの補強を目指す中、現時点ではパリ・サンジェルマンからGKセルヒオ・リコを獲得したのみである。(高橋智行通信員)

【RCD】久保建英応援スレ part703【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1643084828/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旗手怜央、スーパーゴールで移籍後初ゴール!地元紙でチーム最高点タイ「信じられないテクニック」セルティックの2-1快勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】セルティック旗手の初得点に地元メディア唖然「信じられないテクニック」「彼は間違いなく本物」 [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1643243866/
旗手21-22第23節ゴール.jpg
1: 爆笑ゴリラ ★ 2022/01/27(木) 09:37:46.52 ID:CAP_USER9.net

1/27(木) 9:23
ゲキサカ

セルティック旗手の初得点に地元メディア唖然「信じられないテクニック」「彼は間違いなく本物」
加入後初ゴールを挙げたMF旗手怜央(Getty Images)
[1.26 スコットランド・プレミアリーグ第23節 ハーツ 1-2 セルティック]

 セルティックのMF旗手怜央が26日、敵地で開催されたスコットランド・プレミアリーグ第23節のハーツ戦(○2-1)で加入後初ゴールを挙げた。勝利に貢献した24歳に対し、セルティック専門サイト『ザ・セルティック・ウェイ』がチーム最高タイの高評価を与えている。

 新天地デビュー戦となった17日の第21節ハイバーニアン戦で、いきなりマン・オブ・ザ・マッチに選ばれる活躍を見せた旗手。今節も中盤でスタメン起用されると、0-0の前半27分にセンターサークル付近からドリブルで持ち運び、遠めの位置で右足を振り抜く。強烈なシュートがゴール左に突き刺さり、加入後2試合目で初得点を記録した。

 チームは2-1でハーツに競り勝ち、リーグ戦3連勝。首位レンジャーズと4ポイント差の2位をキープし、優勝戦線に食らいついた。

 同メディアはデビュー後2試合連続で好パフォーマンスを発揮した旗手に対し、チーム最高タイとなる「8」の採点をつけている。

 寸評では「日本人MFはハイバーニアン戦での活躍を引き継ぎ、見事な形で新天地でのプレーをスタートさせている。信じられないようなテクニックから30ヤードのパイルドライバーを放ち、素晴らしい精度で(相手GKの)クレイグ・ゴードンのゴールを射抜いた。旗手は間違いなく本物のように見える」と称賛の言葉を送った。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220127-45602930-gekisaka-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/767f7366166fef9e7f3a5c2a18e495e8199d36fa


【動画】地元メディアが大絶賛した旗手怜央の初ゴール
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?351197-351197-fl


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:41 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保所属マジョルカ、PSGのDFダグバをレンタル移籍で獲得狙う!実現すればPSGから2人目の補強

久保のマジョルカ、PSGから2人目の補強を狙う
https://qoly.jp/2022/01/26/mallorca-to-psg-dagba-iks-1
ダグバPSG21-22アウェー.jpg


日本代表MF久保建英がプレーするマジョルカ。この冬の移籍市場でPSGからGKセルヒオ・リコをローンで獲得したが、さらにパリからの補強を狙っているようだ。

『Footmercato』によれば、マジョルカはDFコリン・ダグバもローンで獲得しようとしているという。

23歳の右サイドバックであるダグバは今季5試合しかプレーしておらず、マジョルカのスポーツディレクターはPSG側に照会を行ったとのこと。マジョルカはこの冬に右SBのホアン・サストレをPAOKにローンで放出している。

ただ、サンテティエンヌやヴェネツィアは彼の獲得を断られたそうで、PSGはダグバを保持しようとしているという情報も。

【RCD】久保建英応援スレ part703【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1643084828/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)