アンテナ・まとめ RSS

マンC、ハーランド獲得の決定打に!?ペップ監督との契約延長で合意か

ハーランド獲得への決定打に!? マンCグアルディオラ監督が契約延長合意か
https://news.yahoo.co.jp/articles/52efb35d3e1c0ced4414a625559c684de58bea70
ハーランドとペップシティ噂.jpg

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、クラブとの間で契約延長が合意に達したのかもしれない。FWアーリング・ブラウト・ハーランドの獲得に向けた決定打になる可能性があるとも見込まれている。

 2016年の就任以来、シティに3度のプレミアリーグ優勝やチャンピオンズリーグ(CL)準優勝などの成功をもたらしてきたグアルディオラ監督。今季もプレミアリーグで首位争いを演じ、CLでも決勝進出に王手をかけているが、現在の契約は2023年まで残り1年あまりとなっている。


 だが英紙『ザ・サン』は、グアルディオラとシティは新たな契約の大筋合意に達したと伝えている。現在の契約から2年間延長し、2025年までの契約になるとの見通しだ。

 グアルディオラ監督の契約延長合意は、シティがボルシア・ドルトムントからハーランドを獲得するための「最後のピース」になるとも予想されている。ハーランドは来季シティへの移籍が合意したとも報じられている状況だが、グアルディオラ監督の下で長くプレーできる見通しが立てば移籍へのさらなる後押しとなるかもしれない。

 先日には、リバプールのユルゲン・クロップ監督も2026年までの契約延長が決定したばかり。プレミアリーグでライバルとして競い合う関係となった2人の名将の戦いは、少なくとも今後数年は続いていくことになるのだろうか。

BLUEMOONマンチェスターシティ 466citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1651330041/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:35 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ACLラウンド16、組み合わせが決定!神戸と横浜FMが対戦!浦和は川崎かわしたマレーシアのジョホールと対戦

【サッカー】ACLラウンド16の対戦カードが決定! 神戸と横浜FMが激突、浦和は川崎Fかわしたジョホールと対戦 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1651485893/
横浜FM神戸浦和.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/02(月) 19:04:53.88 ID:CAP_USER9.net

2022シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16の組み合わせが決定した。

今シーズンのACLにはJリーグから川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、浦和レッズの4チームが参戦。グループステージでは横浜FMと神戸が首位で走り抜け、決勝トーナメント進出を果たした。

また、グループFで2位となった浦和も各組の2位同士との成績比較で上位3チームに入ったため、ラウンド16に進出している。明治安田生命J1リーグ王者として臨んだ川崎FもグループIを2位で終えたが、惜しくも敗退となった。

Jリーグ勢以外では、大邱FC(韓国)、BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)が首位通過。全北現代モータース(韓国)、傑志(香港)が2位で突破した。東地区における内訳は日本が3チーム、韓国が2チーム、タイ、マレーシア、香港が1チームずつとなっている。

そしてラウンド16は8月18日、19日に開催。アジアサッカー連盟が対戦カードを発表し、神戸と横浜FMがJリーグ勢同士で激突することに。浦和は、川崎Fの組で首位に立ったジョホールと対戦する。その後、準々決勝では再び組み合わせ抽選によってカードが決定する予定だ。

集中開催のシングルマッチ方式となるACLラウンド16の対戦カードは以下の通り。なお、キックオフ日時、会場などの詳細は追って伝えられる。

■ACL2022 ラウンド16(東地区)
大邱FC(韓国) vs 全北現代モータース(韓国)
BGパトゥム・ユナイテッド(タイ) vs 傑志(香港)
ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) vs 浦和レッズ
ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス

https://news.yahoo.co.jp/articles/e1abfebe9d661506617ee27a9f6554537d24c3b7




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:15 | 大阪 ☔ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】C大阪、新スポンサーのロゴが世界的クラブのエムブレムに似ていると話題に(関連まとめ)

医療法人VERYうえだ・奥村クリニックとオフィシャルスポンサー契約締結のお知らせ
https://www.cerezo.jp/news/2022-0501-1400/
うえだ奥村クリニックC大阪.jpg

株式会社セレッソ大阪は医療法人VERYうえだ・奥村クリニックとオフィシャルスポンサー契約を締結いたしました(契約日は2022年5月1日付)。契約内容、医療法人VERYうえだ・奥村クリニックについての詳細は下記の通りです。

【医療法人VERYうえだ・奥村クリニック】

https://ue-ok-clinic.com/

◆契約内容
セレッソ大阪オフィシャルスポンサー

◆理事長
上田 宏次

◆院長
奥村 直己

◆住所
大阪府大阪市平野区喜連東2‐11‐21

◆主な事業内容
内科クリニック(内科、胃腸内科、内視鏡内科、血液内科)

◆医療法人VERYうえだ・奥村クリニックからのコメント
「この度株式会社セレッソ大阪様とオフィシャルスポンサー契約を締結させていただきました医療法人VERYうえだ・奥村クリニックと申します。当クリニックはサッカー部の先輩後輩という関係性の二人が開業したクリニックであり、クリニックのロゴマークもサッカーチームを意識したものになっています。以前からサッカーに関わりをもった人生を送りたいと思っていましたので、今回の貴重な機会を賜り非常に嬉しく思っております。健康維持のためには日常の運動習慣が大切であり医療機関がプロサッカークラブと繋がりを持つことに大きな意味があると思っています。我々がセレッソ大阪様とスポンサー契約をする事によりサポーターの皆様、近隣住民の皆様が健康維持や早期発見のために健康診断や内視鏡検査を受けていただくきっかけになればと思っています。セレッソ大阪を応援し、皆様と共に勝利を喜びたいと思います」


セレッソ大阪(1647)@客入れるっていうレベルじゃねぇぞ

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1651220591/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:10 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラン、レオン劇的決勝ゴールでセリエA首位キープ!フィオレンティーナに苦しみながらも1-0勝利(関連まとめ)

ミラン、レオンの決勝弾で首位キープ…苦しみながらもフィオレンティーナに勝利
https://news.yahoo.co.jp/articles/276439c6ac94779933177dc3c0264f7c4b090f73
ミラン21-22第35節勝利.jpg

 セリエA第35節が5月1日に行われ、首位を走るミランがホームにフィオレンティーナを迎えた。

 11シーズンぶりのスクデットに向けて、ここからの一戦一戦が非常に重要になるミラン。この試合でも前半から主導権を握り、オリヴィエ・ジルー、ブラヒム・ディアスらが次々と決定機を演出するも、仕留めることはできず。前半はスコアレスのまま終了した。

 後半に入っても試合の様相は前半と変わらず。ミランは攻勢を強めるためにズラタン・イブラヒモヴィッチ、アンテ・レビッチ、ラデ・クルニッチらを投入して攻撃の活性化を図ります。

 ミランの猛攻が報われたのは82分。相手GKに対してハイプレスをかけてパスミスを誘うと、ボールを拾ったラファエル・レオンがドリブルで前進。ペナルティエリア内に侵入すると、ワンフェイクから右足を振り抜く。コントロールシュートがネットを揺らし、ミランが終盤に貴重な先制点をマークした。

 試合はこのままタイムアップ。苦しみながらもフィオレンティーナを下したミランが首位をキープし、優勝へ向けて非常に貴重な勝ち点3を獲得した。

 次節、ミランは8日に敵地でヴェローナと、フィオレンティーナは9日にホームでローマと対戦する。

【スコア】
ミラン 1−0 フィオレンティーナ

【得点者】
1−0 82分 ラファエル・レオン(ミラン)

■□■□╋ AC MILAN パート766☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1650203546/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UEFA、チェフェリン会長がロシア擁護発言で波紋…CLなど主催大会からの除外撤回の可能性も

【サッカー】UEFA会長がロシア擁護発言で大波紋 CLなど主催大会からの除外撤回の可能性も [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1651406118/
チェフェリン会長UEFAスピーチ.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/01(日) 20:55:18.49 ID:CAP_USER9.net

 欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長が、ウクライナ侵攻に対する制裁を科しているロシアを擁護する発言を行って大きな波紋を呼んでいる。

 UEFAは国際サッカー連盟(FIFA)と連携してロシアを主催大会で出場禁止とする措置を取っている中、そのトップであるチェフェリン会長の発言が注目を集めている。

 ウクライナメディア「SEGODNYA」は「スキャンダルが醸成されている。UEFA会長はロシア人を憐れみ、ロシアのスポーツが不当に苦しんでおり、ウクライナで起こっていることに責任がないと信じている」と報道。チェフェリン会長は母国のスロベニア紙「スロベニアイブニング」のインタビューで「これ(制裁)はロシアのアスリートや人々に対する戦争ではないことに注意することが重要だ。これは彼らの戦いではないが、彼らはそれに伴う結果に苦しんでいる。我々はロシアとの正しい関係を維持しており(欧州チャンピオンズリーグ)決勝を延期するよう圧力をかけられてもいない。私は安っぽい政治的圧力が好きではない。ガスプロムが悲鳴を上げるとき、私はそれでもそのガスを購入する。これは偽善だ!」と持論を展開。UEFAはロシアの有力企業「ガスプロム」と巨額スポンサー契約を結んでいたが、ウクライナ侵攻による制裁で契約を解除。ただ、チェフェリン会長はこの決定に納得していないようで、ロシア勢の排除にも反対の姿勢を表明したのだ。

 そうした点を踏まえて「UEFAはロシアのクラブが欧州の大会に参加できるかどうかをすぐに決定する」。これまで行ってきた制裁を一転して撤回する可能性が出てきた。

 ウクライナでは同メディアが「非常に物議を醸す声明だ」と反発するなど批判の声が高まっている。チェフェリン会長のロシア擁護発言は波紋を広げそうだ。

東京スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/a0d2b0622ea269b92b34966d98c56a54d6e2af37



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜FM、ACLグループ首位通過!全北現代との決戦はドロー決着 ACL第6節(関連まとめ)

【サッカー】ACL第6節 全北現代×横浜FM 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1651420531/
マリノス2022ACL第6節.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/02(月) 00:55:31.18 ID:CAP_USER9.net

全北現代 1−1 横浜FM
[得点者]
04'アンデルソン ロペス(横浜FM)
11'キム ボギョン   (全北現代)
スタジアム:トンニャット スタジアム(ベトナム)
https://www.jleague.jp/match/acl/2022/050109/live/#live

ACL順位表
https://www.jleague.jp/standings/acl/


3: 久太郎 ★ 2022/05/02(月) 00:58:03.92 ID:CAP_USER9.net

>>1
横浜FMがグループ首位でACL決勝T進出! 全北現代との決戦はドロー決着

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では5月1日、グループH最終節の全北現代モータース(韓国)vs横浜F・マリノスが行われた。

ACL第6節|全北 vs 横浜FM|結果・スタッツ

首位・横浜FM(勝ち点12)と2位・全北(勝ち点11)の一騎打ちとなっていたグループH。引き分け以上で首位が確定する横浜FMは西村拓真や宮市亮、喜田拓也らを先発起用した。

試合が動いたのは早々の4分。全北DFが中盤への組み立てのパスを出そうとしたところで藤田譲瑠チマがトップスピードで駆け上がってインターセプトする。ダイレクトで前線にパスを送るとボックス内で受けたアンデルソン・ロペスが確実にネットを揺らす。

しかし11分、横浜FM陣内中央でフリーになっていたリュ・ジェムンが浮き球のパスを供給。ボックス右に抜け出したキム・ボギョンが右足のダイレクトボレーでGK高丘陽平の股下を抜いて同点に戻した。

主導権を握りつつも追加点が奪えない横浜FM。35分には西村がボックス内からシュートを浴びせたがバーに直撃し、45分のA・ロペスのヘディングシュートもGKソン・ボングンの好守に阻まれる。

同点のまま迎えた後半に全北が攻勢を強める中で横浜FMは64分に3枚替えを敢行し、宮市、エウベル、藤田に代えて仲川輝人、水沼宏太、山根陸を起用。75分にも西村に代えてマルコス・ジュニオールを送り出し、押し込んでチャンスを増やしていく。

それでも、前半のスコアのまま試合が終了。この結果、横浜FMは首位を維持してグループステージを終えて決勝トーナメントに進出した。

■試合結果
全北現代モータース 1-1 横浜F・マリノス

■得点者
全北:キム・ボギョン(11分)
横浜FM:アンデルソン・ロペス(4分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/aa4a44cef309280ec903b4685f1d87ce54731363



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台、秋田に3-1快勝し3連勝!横浜FCは3点差追いつかれるも首位&無敗キープ!大宮は初連勝で降格圏脱出 J2第13節日曜(関連まとめ)

【サッカー】J2第13節日曜 岩手×熊本、岡山×東京V、山形×長崎、群馬×横浜FC、町田×徳島、金沢×大宮、仙台×秋田 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1651395596/
仙台2022第13節.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/01(日) 17:59:56.24 ID:CAP_USER9.net

岩手 1−2 熊本
[得点者]
16'菅田 真啓 (熊本)
46'伊東 俊  (熊本)
90+5'深川 大輔(岩手)

スタジアム:いわぎんスタジアム
入場者数:849人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050101/live/#live


岡山 2−1 東京V
[得点者]
54'田中 雄大     (岡山)
58'ミッチェル デューク(岡山)
79'バスケス バイロン (東京V)

スタジアム:シティライトスタジアム
入場者数:6,510人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050102/live/#live


山形 2−0 長崎
[得点者]
19'藤本 佳希(山形)
81'デラトーレ(山形)

スタジアム:NDソフトスタジアム山形
入場者数:5,002人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050103/live/#live


群馬 3−3 横浜FC
[得点者]
24'長谷川 竜也 (横浜FC)
31'渡邉 千真  (横浜FC)
42'イサカ ゼイン(横浜FC)
49'平松 宗   (群馬)
57'平松 宗   (群馬)
67'奥村 晃司  (群馬)

スタジアム:正田醤油スタジアム群馬
入場者数:3,292人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050104/live/#live


町田 0−2 徳島
[得点者]
62'坪井 清志郎(徳島)
74'新井 直人 (徳島)

スタジアム:町田GIONスタジアム
入場者数:2,767人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050105/live/#live


金沢 1−2 大宮
[得点者]
41'河田 篤秀 (大宮)
49'庄司 朋乃也(金沢)
81'中野 誠也 (大宮)

スタジアム:石川県西部緑地公園陸上競技場
入場者数:2,532人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050106/live/#live


仙台 3−1 秋田
[得点者]
10'富樫 敬真(仙台)
27'武 颯  (秋田)
72'遠藤 康 (仙台)
78'吉野 恭平(仙台)

スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
入場者数:9,612人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050107/live/#live

J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


仙台が3ゴールで3連勝!横浜FCは3点差追いつかれるも首位&無敗キープ、初連勝大宮は降格圏脱出【明治安田J2第13節】
https://news.yahoo.co.jp/articles/8d3eedff0340c52918ec80ed4e919792a907b408

明治安田生命J2リーグ第13節の7試合が1日に各地で行われた。

2位と5ポイント差で首位に位置する横浜FCは、アウェイで12位のザスパクサツ群馬と対戦。3試合ぶりの勝利を狙う試合は、24分に長谷川竜也の2試合連続ゴールで先制すると、31分に右CKからのクロスを渡邉千真がヘディングで合わせて追加点。さらに、42分にもイサカ・ゼインの加入後初ゴールで3点目を奪って試合を折り返した。

前半は優勢だった横浜FCだが、後半は群馬のハイプレスに苦しむ展開に。49分に平松宗のゴールで1点を返されると、57分にも平松にゴールを奪われ1点差に。その後も群馬に主導権を握られると、67分に奥村晃司のゴールで同点に追いつかれる。

完全に試合は群馬ペーストなり、シーズン初黒星かと思われたが、その後猛攻を凌ぎ切り、3-3で試合終了。依然、首位&無敗をキープしているものの、3試合連続の引き分けとなった。

また、第10節の首位決戦で敗れたものの、直近の5試合で4勝1敗と好調の3位ベガルタ仙台は、ホームで18位のブラウブリッツ秋田と対戦した。

東北クラブ同士の“東北ダービー“は、攻勢を強めた仙台が10分に富樫敬真のゴールで先制したものの、22分に負傷交代で青木翔太に代わって出場した武颯が27分にゴールを決め、同点に追いつかれる。

試合を1-1で折り返したが、好調を維持する仙台は72分に遠藤康のミドルシュートで勝ち越しに成功。78分に吉野恭平がダメ押しゴールを決め、3-1でタイムアップ。仙台が今季初の3連勝を飾り、首位横浜FCとの差を縮めた。

開幕8試合は負け無しとしていたものの、直近の4試合で1分け3敗と低調の5位東京ヴェルディは、アウェイで7位のファジアーノ岡山と対戦。前半は押し込まれる展開の多かった東京Vは、ゴールレスで試合を折り返した後半もペースをものにすることができずにいると、54分に田中雄大にゴールを許して岡山が先制する。

さらに、直後の58分にはミッチェル・デュークがゴールを決めて岡山がリードを2点に広げると、東京Vは79分にバスケス・バイロンのJリーグ初ゴールで1点を返したものの、2-1で岡山が勝利。今節も勝ち点を積み上げることができず、東京Vは5試合勝ち無し。一方で、岡山が4位まで順位を浮上させた。

開幕以降上位に名を連ねるも、直近5試合勝ち無しの4位FC町田ゼルビアは、ホームで16位の徳島ヴォルティスと対戦。前半は互いにチャンスを作るも決め切れずに試合を折り返すと、後半開始直後に町田がクロスバーを直撃する決定機を逃す。

すると、試合の流れは徳島に傾きはじめ、62分に坪井清志郎がゴール。さらに74分にも新井直人のシュートが町田DFに当たって決まり2点差。そのまま徳島が逃げ切り、0-2で勝利。町田はまたしても勝てなかった。

その他、開幕からの不調が続き降格圏に位置していた21位の大宮アルディージャは、ホーム未勝利の14位ツエーゲン金沢と対戦。大宮は41分にCKの流れから河田篤秀が豪快ボレーを叩き込むが、金沢は後半早々の49分に庄司朋乃也のミドルシュートがディフレクトして入り同点とする。

その後は一進一退の攻防が続く中、大宮は途中出場の中野誠也が同じく途中出場の小島幹敏のクロスをヘッド。これが決勝点となり、大宮が初の連勝で20位に順位を上げて、降格圏を脱した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋「足はつっただけなので大丈夫」ウエストハム戦の途中交代に言及し離脱を否定(関連まとめ)

アーセナル冨安は後半途中で交代 「足をつっただけなので大丈夫」と離脱は否定 チームは4位キープ
https://news.yahoo.co.jp/articles/c9bc78268e5cc5cca8c2c07647e5c7bffc459009
冨安21-22第35節交代.jpg

 ◇イングランド・プレミアリーグ アーセナル2―1ウェストハム(2022年5月1日 英国・ロンドン)

 アーセナルの日本代表DF冨安健洋(23)が左ふくらはぎ負傷から復帰2戦目となったウェストハム戦で右サイドバックで先発し、2―1の勝利に貢献した。アルジェリア代表のベンラーマとマッチアップした中、前半21分にドリブル突破を阻止。同28分には自らボールを持ち上がるなど攻守で存在感を示した。後半6分にはボールを失いかける場面もあったが、すぐにリカバー。同20分にはベンラーマからボールを奪った。

 後半32分には自らボールを蹴り出してピッチに座り込み、左足を揺らす仕草。すぐに交代したが、試合後に自ら足がけいれんしたことを明かし「つっただけなので大丈夫」と再離脱の懸念を否定した。自ら大事を取ってベンチに下がった状況を認め「90分間は無理だろうなと思ったので。本当はやりたかったです」と振り返った。

 復帰後、初の先発出場に関しては「はっきり言って満足できるものではなかった。次に向けてコンディション面もプレー内容も、もっともっと求めていかないといけない」と発言。「シンプルにミスが多かった。ボールを奪ったあとに、またすぐに失ってとなると、僕らが求めているサッカーではない。守備のところで、もうちょっと(右サイドMFの)ブカヨ(サカ)をうまく動かすところができれば」と続けた。

 来季欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う5位トットナムが勝利を挙げた状況で、CL出場圏に4位につけるチームは勝ち点2差を維持。エバートンに敗れた3位チェルシーまで3差に迫った。残り4戦で終盤戦を迎える中、冨安は「チャンピオンズリーグのチャンスがある中で全力でそれを取りにいくというところはチーム全体で共有できている。僕も残りの4試合でできることを全てやろうかなと思っています」とラストスパートを誓った。

 また、アルテタ監督は冨安のコンディションに関して「長期間離脱していたので試合を続けることができなかった。大丈夫だと思う」とこちらも再離脱の可能性を否定した。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1824】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1651421925/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、バルセロナ戦で59分から途中出場も…マジョルカはバルサに1-2敗戦

久保建英、古巣のバルサ戦で59分から途中出場、復帰のファティ&E・ガルシアと“元同僚対決”! マジョルカは1-2で惜敗
https://news.yahoo.co.jp/articles/76ec3a37e821d3164a359ec461f503cc5c9e687e
久保21-22第34節.jpg

 現地時間5月1日に開催されたラ・リーガ第34節で、久保建英が所属する16位のマジョルカが、公式戦ホーム3連敗中の2位バルセロナとのアウェーゲームに臨んだ。

 カンテラ(下部組織)で過ごした古巣対戦となる久保は、2試合ぶりのベンチスタートとなった。

 出場停止で主砲ムリチを欠くマジョルカは19分、左SBオリバンの折り返しに、FWニーニョが合わせるも、このビッグチャンスを決めきれない。

 すると25分、ジョルディの浮き球のパスに反応したデパイの右足のシュートで先制ゴールを奪われる。


 その後も押し込まれる展開が続き、何とか凌いできたが、54分に波状攻撃から最後はブスケッツに左足のシュートを叩き込まれ、追加点を奪われる。

 たまらずアギーレ監督が動く。59分、ニーニョとダニ・ロドリゲスを下げて久保とグルニエを投入。久保はセカンドトップに入った。

 その日本代表MFは74分、エリア内でボールを受け、左足でシュートを放つも、枠を捉えられない。その直後には、久保のカンテラ時代のチームメイトだったバルサのファティが、故障から4か月ぶりの復帰を果たす。同じく途中出場のDFエリク・ガルシアとともに“元同僚対決”が実現した。

 久保は76分にもミドルを放つが、CBアラウホにブロックされる。

 迎えた79分、マジョルカはセビージャのFKにライージョが足を伸ばして合わせ、1点を返す。しかし、反撃はここまで。1―2で敗れたマジョルカは2試合ぶりの黒星となった。

【RCD】久保建英応援スレ part769【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1651416076/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:40 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、先発復帰も78分に負傷の疑いで交代 アーセナルはCB2人のヘッド弾でウエストハム下しCL圏4位キープ(関連まとめ)

アーセナルがCBコンビ弾で4位死守!冨安は復帰後初先発も、負傷の疑いで78分に交代…
https://news.yahoo.co.jp/articles/24a595477a8d2c6b993da2722d6a97c240ae2e4f
冨安21-22第35節競り合い.jpg

プレミアリーグは2日、第35節が行われ、ウェスト・ハムとアーセナルが対戦した。

勝ち点60で4位のアーセナルは、1日に34節を戦った5位トッテナムが勝利したことで暫定5位に。チャンピオンズリーグ圏内を死守するためにも勝利が欲しい一戦で、負傷から回復した冨安健洋が1月20日に行われたカラバオカップ準決勝・リヴァプール戦以来となるスタメンに名を連ねた。

試合は37分、ウーデゴールからのパスを受けたエンケティアが、ドリブルでピッチ中央を切り裂きそのままシュートを放つも、ファビアンスキにセーブされる。

そのシュートで得たCKから、アーセナルが均衡を破る。38分、サカから放たれたボールをホールディングが打点の高いヘディングでネットを揺らす。ホールディングのリーグ初ゴールでアウェイチームが先制に成功する。

このまま前半終了かと思われた45分、ライスからのロングフィードを受けたコウファルが右サイドでエリア内に折り返す。反応したボーウェンが巧みなトラップから左足を振り抜き、ウェスト・ハムが試合を振り出しに戻して前半を折り返す。

後半に入った54分、CKのこぼれ球を拾ったマルティネッリがエリア内左からクロスを上げる。このボールに反応したガブリエウがダイビングヘッドでゴールへねじ込み、アーセナルが再びリードを奪う。

勢いが止まらないアーセナルは71分、カウンターからエルネニーが鋭いスルーパス。抜け出したエンケティアが駆け引きからシュートを放つも、枠を捉え切れず。

78分、アーセナルにアクシデント。冨安が左足のふくらはぎを気にするジェスチャーを見せてピッチに座り込む。アルテタ監督は即座に交代を判断し、セドリックが投入される。

一時不穏な空気に包まれるも、終盤までウェスト・ハムの猛攻を守り切ったアーセナルが2-1で勝利。この結果、4位をキープすることに成功し、エヴァートンに敗戦した3位チェルシーとの勝ち点差を「3」に縮めた。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1824】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1651421925/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:57 | 大阪 | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【訃報】元日本代表監督イビチャ・オシム氏、80歳で死去(関連まとめ)

元日本代表監督イビチャ・オシム氏死去 80歳 90年W杯ユーゴ8強、05年市原でナビスコ制覇
https://news.yahoo.co.jp/articles/d9b7f513964fa90ea759825dfad2f12963da9a9e
オシム日本代表監督時代.jpg

元日本代表監督のイビチャ・オシム氏が亡くなった。1日、オシム氏がかつて監督を務めたオーストリアのクラブ、シュトルム・グラーツも公式サイトで発表した。80歳だった。

クラブのジャゥク会長は、「イビチャ・オシムは素晴らしいコーチであるだけでなく、私が人生で出会った最高の人物の1人でもあった。私たちのクラブの最大のアイコン(象徴)であり、一緒に過ごした多くの時間を決して忘れません。彼はサッカーそのもの、それをはるかに超えた影響力を持っていた。彼の言葉は、永遠に私たちの中で生き続けます。奥様、2人の息子さん、そして家族全員に心からお悔やみ申し上げます」との声明を出した。

旧ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)のサラエボ生まれ。1986年にユーゴ代表監督に就任。1990年W杯イタリア大会で8強入り後、シュトルム・グラーツ監督などを歴任し、2003年に市原(現ジェフユナイテッド千葉)の監督に就任。05年にナビスコ杯優勝を成し遂げた。

その確かな手腕を買われ、06年7月に日本代表監督に就任した。その直前、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で日本が1次リーグ敗退した後、W杯総括会見で日本サッカー協会の川淵三郎会長が「(五輪代表)監督はあくまで反町。スーパーバイザー的な立場、総監督として『オシム』が、あっ、オシムと言っちゃったね…」と発言。極秘情報を内定前に自ら口にした“事件”もあった。

そんな経緯もあったが、就任しアジア杯などを指揮。中村俊輔らに、オシムチルドレンと呼ばれた、自らのやり方を熟知する選手をうまくミックスさせながらチームを強化していた。

複数ポジションをこなす「ポリバレント」という言葉も広まった。意味は多様性で、必要に応じて複数のポジションをこなせる能力をいい、試合中には自ら考え、状況に応じた幅広いプレーを選手に求めた。

そんな中、07年11月に脳梗塞で倒れ退任を余儀なくされた。

哲学的な言い回しで印象的な言葉と、多色ビブスを与え、選手に考えさせるその独特の指導で、多くの日本人や世界の選手に影響を与えたサッカー界の知性、日本代表の功労者だった。

ジェフ千葉を率いていた03年4月に発した「肉離れ? ライオンに襲われた野うさぎが逃げ出すときに肉離れしますか? 準備が足りないのです。私は現役のとき1度もしたことはない」との言葉など、「オシム語録」で、日本サッカーに進むべき道を示してきた偉大な存在だった。

◆イビチャ・オシム 1941年5月6日、旧ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)サラエボ生まれ。86年ユーゴ代表監督に就任。90年W杯で8強。その後シュトルム・グラーツ監督などを歴任。03年に市原(現千葉)監督に就任。05年にナビスコ杯優勝。06年7月に日本代表監督に就任。07年11月に脳梗塞(こうそく)で倒れ退任。家族はアシマ夫人と2男1女。

【訃報】イビチャ・オシム 死去  [Glide Across The Line★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1651412946/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:29 | 大阪 ☔ | Comment(18) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)