アンテナ・まとめ RSS

堂安律、独1部マインツに移籍へ!残すはPSVとの移籍金交渉のみと独紙報じる(関連まとめ)

【サッカー】堂安律のドイツ1部マインツ移籍が決定的か 残すはPSVとの移籍金交渉のみと現地報道 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1651749957/
堂安PSV拍手21-22.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/05(木) 20:25:57.58 ID:CAP_USER9.net

マインツは攻撃力のある堂安を1年前から追跡
 オランダ1部PSVに所属する日本代表MF堂安律が、来季のマインツ入りが決定的になったとドイツ紙「ビルト」が報じている。

 堂安は昨季、ドイツ1部ビーレフェルトに期限付き移籍をしていたが、今季はPSVに戻って公式戦37試合で10ゴールしている。そんなレフティーを、マインツは1年前から獲得の意向を持っていたという。

「ビルト」紙によれば、すでに選手側との条件はクリアになり、問題はPSVとの移籍金交渉のみ。それについて「400万ユーロ(約5億5000万円)から500万ユーロ(約6億8000万円)の間になるだろう」とレポートし、数日中に契約は成立するかもしれないと伝えている。

 マインツは5バックの戦術から脱却することを目論み、シャドーや攻撃的なMFとしてもプレー可能な堂安をラインアップに加えたいとしている。また、チーム全体の質を高めることと、堂安には複数のポジションで競争に参加できる存在としての期待もあるようだ。

 過去にはFW岡崎慎司やFW武藤嘉紀もプレーした経験があり、日本人選手の実績もあるマインツで堂安は来季、再びブンデスリーガに参戦することになるのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a9a6a03500441d579149d0435ec10bd4206984a9



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:15 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌田大地、スペイン強豪セビージャと英プレミア・リーズが獲得に興味

欧州での評価高まる鎌田大地、セビージャやリーズが関心か
https://news.yahoo.co.jp/articles/4d2acb5946fce01b9882fc8b4e5d5e492bc6c2ef
鎌田大地21-22ELバルサ戦.jpg

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地(25)にイングランドやスペインから関心が向けられているようだ。

2017年夏にサガン鳥栖からフランクフルトに移籍し、在籍5年を迎えている鎌田。シント=トロイデンでの武者修行を経てレギュラーを勝ち取ると、今季はここまで公式戦42試合9ゴール3アシストの成績を残している。

昨季ブンデスリーガでの5ゴール14アシストという記録を含め、ヨーロッパでの鎌田の評価は高まっており、より規模の大きいクラブも目を光らせる存在となった。フランクフルトとは2023年まで契約を残しているが、スポーツ・ディレクターのマルクス・クレシェ氏は今夏の退団を予想している。

イタリア『カルチョメルカート』は、そんな鎌田にセビージャが関心を示していると主張。また、イギリス『フットボール・インサイダー』は、リーズ・ユナイテッドが5日に行われるヨーロッパリーグのウェストハム戦でスカウトを送り込むと伝えている。現在、リーズを率いるジェシー・マーシュ監督は、以前ライプツィヒを指揮していた頃から鎌田に注目していたという。

昨夏にも移籍の噂が絶えなかった鎌田。現行契約が残り1年となる今夏、果たして移籍することになるのだろうか。

Frankfurt 鎌田大地 part19
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1651145986/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:05 | 大阪 ☁ | Comment(24) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1札幌、タイ代表MFスパチョークの獲得が決定的!今月中に正式発表とタイ紙一斉報道(関連まとめ)

札幌、タイ代表MFスパチョーク獲得確実か!今月中に正式契約と現地一斉報道
https://football-tribe.com/japan/2022/05/05/242399/
スパチョーク札幌.jpg


 明治安田生命J1リーグの北海道コンサドーレ札幌は、タイ・リーグ1(タイ1部)のブリーラム・ユナイテッドからタイ代表MFスパチョーク・サラチャット(23)を獲得するようだ。5日、タイ紙『タイラット』が伝えている。

 北海道コンサドーレ札幌は今年1月にタイ代表MFチャナティップ・ソングラシン(28)を川崎フロンターレへ完全移籍により放出。チャナティップにかわる即戦力として、2021シーズン限りで名古屋グランパスを退団したブラジル人MFガブリエル・シャビエル(28)を獲得している。

 ただ東南アジアのマーケティング戦略を継続するために、今季中に東南アジア出身の選手を獲得する可能性が伝えられていたほか、タイ国内では今年1月の時点でスパチョークが北海道コンサドーレ札幌の新戦力候補に挙がっていた。

 そのスパチョークはブリーラム・ユナイテッドの下部組織出身。今季はトップ下や右サイドなど前線の複数ポジションを任せられる中、リーグ戦30試合中25試合に先発出場して5ゴール5アシストをマーク。攻撃陣の中心選手としてブリーラム・ユナイテッドのリーグ優勝に大きく貢献してシーズンを終えている。

 また、タイ代表ではここまで18試合に出場。FIFAワールドカップ・カタール大会アジア2次予選全試合でピッチに立っていた。さらに昨年12月開催のAFFスズキカップ(東南アジアサッカー選手権)では6試合の出場で3ゴール3アシストをあげてタイ代表の優勝に貢献。タイ国内屈指のスター選手として注目を集めている。

 『タイラット』をはじめタイ国内の複数メディアは、北海道コンサドーレ札幌がスパチョークを今年12月までのレンタルにより獲得することでブリーラム・ユナイテッドと概ね合意に達したと一斉に報じている。

 さらに『タイラット』は両クラブの今後の予定について「スパチョークは北海道コンサドーレ札幌と契約を結ぶために、スケジュールを開けた。北海道コンサドーレ札幌の会長が今月中旬にもタイに入国し、正式に契約を結ぶことになる。何事もなければJリーグ移籍は確実だ」と報道。北海道コンサドーレ札幌のスパチョーク獲得が秒読み段階であると主張している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14659
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1651726157/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ACL、中国勢惨敗で出場枠激減へ…東南アジア勢台頭で存在感薄れる

【サッカー】ACL 中国勢惨敗で出場枠激減へ 東南アジア勢台頭で存在感薄れる [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1651731076/
広州2022ACL川崎戦.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/05(木) 15:11:16.68 ID:CAP_USER9.net

アジアチャンピオンズリーグ(ACL)における中国勢の存在感低下が加速している。

 タイ、マレーシア、ベトナムで集中開催されたACL東地区の1次リーグが1日に終了。中国勢は、新型コロナウイルス禍の渡航制限などの影響で上海海港と長春が出場を辞退し、参加した広州FC、山東も主力を派遣せず、若手中心の二軍≠ナ臨んだ。そのため、広州FCは1次リーグ同組の川崎に0―8で敗れるなど大敗が目立ち、当然のように両チームは1次リーグで敗退した。

 この惨敗は今回だけの問題ではなく、今後にツケ≠払わなければならない。この結果を受けて、中国メディア「新浪体育」は、中国の2022年終了時点のアジアサッカー連盟(AFC)クラブランキングが15位(東アジア7位)まで落ちると報じた。同ランクは、最近4年間のACLなどの結果をもとに決められ、2018年のポイントが失効するからだ。

 そのため来年のACLまでは、1次リーグ直行2チームと本戦出場をかけたプレーオフから参戦2チームは確保できるものの、2024年からは、ランク低下により1次リーグ直行1チームしか割り当てられなくなるという。2013、15年に広州恒大(現・広州FC)が優勝するなど、日韓両クラブとACL東地区の覇権を争ってきた中国勢だが、もう過去の話になりかねない。

 代わって躍進しているのが東南アジア勢。I組のジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)は、地元開催の利もあったが、J1王者・川崎と2020年ACL覇者の蔚山(韓国)を押しのけて1次リーグを突破した。タイで行われたG組も同国のBGパトゥムが1位通過。今後はさらにACLの勢力図が変わっていくかもしれない。

東京スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/187c1f14fdbbba113cdf46121ac07239049bec9d



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マラドーナ氏の「神の手」ユニフォーム、11億円で落札!スポーツ競売史上で最高額

【サッカー】マラドーナ氏「神の手」ユニに11億円 スポーツ競売で最高額【AFP】 [少考さん★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1651710010/
マラドーナユニ競売.jpg
1: 少考さん ★ 2022/05/05(木) 09:20:10.64 ID:CAP_USER9.net

※AFPBB News

マラドーナ氏「神の手」ユニに11億円 スポーツ競売で最高額
https://www.afpbb.com/articles/-/3403290

2022年5月5日 3:23 
発信地:ニューヨーク/米国 [ 米国 北米 ]

【5月5日AFP】サッカー元アルゼンチン代表のレジェンド、故ディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)氏が1986年W杯メキシコ大会(1986 World Cup)のイングランド戦で「神の手ゴール」を決めた際に着用していたユニホームが、スポーツ関連の品として史上最高額の714万2500ポンド(約11億6000万円)で落札された。競売大手サザビーズ(Sotheby’s)が4日、発表した。

競売は先月20日に始まり、4日朝に終了。

(略)

このユニホームは元イングランド代表のスティーブ・ホッジ(Steve Hodge)氏が所有していたもの。同氏は86年のW杯で、イングランドがアルゼンチンに敗れた準々決勝後、マラドーナ氏とユニホームを交換したとされる。

 だがマラドーナ氏の娘は競売に先立ち、ユニホームはマラドーナ氏がゴールを決めた後半ではなく、得点の生まれなかった前半に着ていたものだと主張。これに対しサザビーズは、ユニホームは本物だと反論していた。



※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


2: 名無しさん@恐縮です 2022/05/05(木) 09:21:46.20 ID:CjLzKV570.net




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャルケ、日本代表DF板倉滉の買い取りに黄信号…幹部「彼は何の疑いもなく1部にいるべき選手だが…」

【サッカー】板倉滉の買い取りに黄信号…シャルケ幹部「彼は何の疑いもなく1部にいるべき選手だが…」 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1651703354/
板倉シャルケ.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/05(木) 07:29:14.29 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガ2部シャルケが1部に昇格した場合も、日本代表DF板倉滉の買い取りオプションの行使は決定事項ではないようだ。クラブ競技部門のペーター・クネーベル役員がドイツ『シュポルト・ビルト』で認めている。

シャルケは先日行われた敵地での第32節でザントハウゼン戦を2-1で制し、2位ダルムシュタット、3位ブレーメンと勝ち点差「2」の59ポイントで首位に再浮上。4位ハンブルガーSVとは4ポイントの差をつけ、1シーズンでの1部復帰に近づいている。

昨夏にマンチェスター・シティからのレンタルで迎えた板倉のインパクトも大きく、以前から周囲からその買い取りオプションの行使を求める声が高まっている。完全移籍移行にあたって最低条件はシャルケの1部昇格と見られていたが、クネーベル役員は板倉を「ファンタスティックなプレーヤーだし何の疑いもなく1部にいるべき選手」と絶賛しつつ「買い取れるかどうかは、現時点では自信をもって予測することはできない」と明言を避けている。

問題は、クラブが買い取りOP行使に必要とされる500〜600万ユーロ(約6億9000万〜8億2000万円)を捻出できるかのようだ。クネーベル役員は選手の獲得のために新たな債務を負うことは不可能と強調し、ほかの選手の売却の必要性を示唆。一方で、「我々はコウを残すことを試み、私は現時点で何も除外したくない」とも続けている。

板倉は先日『GOAL』と『SPOX』のインタビューで自身の去就について「もちろん、ここに残るイメージはできていますよ。シャルケは長い歴史があり、最高のサポーターがいるビッグクラブです」と言及。「僕がずっと持っている目標は、1部リーグでプレーすることです。今シーズン、シャルケで昇格を達成したいと思っています」とも話していたが、来季は果たしてシャルケの一員として1部で見られるのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/de5a4ded985e28a78ff00fd612c2c8dd011c959d



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首位横浜FC、熊本に敗れ今季初の敗戦 新潟は金沢下し7戦無敗で2位浮上!東京Vは仙台に3-1快勝し6試合ぶりの勝利 J2第14節(関連まとめ)

【サッカー】J2第14節 岩手×長崎、秋田×琉球、東V×仙台、横C×熊本、甲府×群馬、新潟×金沢、岡山×水戸、徳島×千葉等 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1651654747/
伊藤涼太郎2022J2第14節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/04(水) 17:59:07.58 ID:CAP_USER9.net

岩手 0−4 長崎
[得点者]
02'山崎 亮平(長崎)
07'山崎 亮平(長崎)
41'奥田 晃也(長崎)
49'山崎 亮平(長崎)

スタジアム:いわぎんスタジアム
入場者数:1,856人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050402/live/#live/


秋田 2−1 琉球
[得点者]
11'草野 侑己  (琉球)
40'齋藤 恵太  (秋田)
45+1'池田 樹雷人(秋田)

スタジアム:ソユースタジアム
入場者数:2,019人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050403/live/#live/


東京V 3−1 仙台
[得点者]
03'森田 晃樹    (東京V)
23'名倉 巧     (仙台)
62'佐藤 凌我    (東京V)
85'バスケス バイロン(東京V)

スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:12,521人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050404/live/#live/


横浜FC 0−1 熊本
[得点者]
90+4'伊東 俊(熊本)

スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
入場者数:6,772人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050405/live/#live/


甲府 1−0 群馬
[得点者]
83'三平 和司(甲府)

スタジアム:JIT リサイクルインク スタジアム
入場者数:7,503人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050406/live/#live/


新潟 1−0 金沢
[得点者]
30'伊藤 涼太郎(新潟)

スタジアム:デンカビッグスワンスタジアム
入場者数:17,721人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050407/live/#live/


岡山 2−1 水戸
[得点者]
43'チアゴ アウベス(岡山)
54'ハン イグォン (岡山)
89'椿 直起    (水戸)

スタジアム:シティライトスタジアム
入場者数:7,629人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050408/live/#live/


山口 3−1 町田
[得点者]
02'太田 修介 (町田)
45+1'山瀬 功治(山口)
45+3'田中 渉 (山口)
86'高木 大輔 (山口)

スタジアム:維新みらいふスタジアム
入場者数:3,970人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050409/live/#live/


徳島 1−0 千葉
[得点者]
66'白井 永地(徳島)

スタジアム:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
入場者数:7,807人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050410/live/#live/


大分 1−1 大宮
[得点者]
16'エドゥアルド ネット(大分)
33'富山 貴光     (大宮)

スタジアム:昭和電工ドーム大分
入場者数:7,638人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050411/live/#live/


栃木 1−2 山形
[得点者]
13'デラトーレ    (山形)
63'矢野 貴章    (栃木)
90+6'チアゴ アウベス(山形)

スタジアム:カンセキスタジアムとちぎ
入場者数:6,038人
https://www.jleague.jp/match/j2/2022/050412/live/#live


J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


【J2】首位の横浜FCが今季初黒星。新潟が7戦無敗で2位浮上、東京Vは仙台に3発快勝で6試合ぶり勝利
https://news.yahoo.co.jp/articles/74fa3207834ddf13cb8f4387d1fdeab8156c0202

 Jリーグは5月4日、J2第14節の11試合を各地で開催した。

 首位の横浜FCはホームで熊本と対戦し、0−1の敗戦。終始ボールを支配していたが、なかなかシュートまで持ち込むことが出来ず、試合終了間際の90+4分、伊東俊に決められ痛恨の失点。その直後に終了の笛が鳴り、横浜FCが14試合目で今季初の黒星を喫した。

J2リーグ 順位表

 2連敗中の東京Vは本拠地の味の素スタジアムに仙台を迎えた。3分、森田晃樹のヘディング弾で幸先良く先制。23分に相手に同点ゴールを許すが、62分に佐藤凌我が勝ち越し点を挙げる。波に乗った東京Vは85分にバスケス・バイロンが追加点を決めて3−1の快勝。東京Vは6試合ぶりの勝利で、仙台の連勝を3で止めた。

 3連勝を狙う岡山は、水戸に2−1の勝利。43分、チアゴ・アウベスの得点で先制すると、54分にはハン・イグォンが追加点を決める。終了間際の89分に失点し、1点差に詰め寄られるが、最後までリードを守り切った。

 栃木対山形は、後者に軍配。13分にデラトーレのゴールで先手を取った山形は、63分に同点に追いつかれるも、90+6分にチアゴ・アウベスがループシュートでネットを揺らし、土壇場で決勝弾。2−1で勝ち切った山形が4連勝を挙げた。

 また新潟は、30分に伊藤涼太郎が決めた先制点を最後まで守り抜き、金沢に1−0の勝利。7試合無敗で2位に浮上した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェルシー、再び消滅の危機…オーナーのアブラモビッチ氏がクラブへの融資を回収の意向

【サッカー】チェルシーに再び消滅危機 アブラモビッチ氏がクラブへの融資回収の意向浮上で=英紙報道 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1651655326/
アブラモビッチ拍手.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/04(水) 18:08:46.39 ID:CAP_USER9

 イングランド・プレミアリーグのチェルシーに消滅の危機浮上――。2月に起きたロシアのウクライナ侵攻によって、チェルシーのロシア人オーナーであるロマン・アブラモビッチ氏は、同国のウラジーミル・プーチン大統領と近い関係にあることから、英政府に資産を凍結された。

 チェルシーは、アブラモビッチ氏が利益を得ないことを条件に売却が進められ、米国の実業家で米大リーグのドジャースの共同オーナーを務めるトッド・ベーリー氏が率いるコンソーシアム(共同事業体)の買収が有力視されている。

 そんな中、英紙「サン」によると、アブラモビッチ氏が、チェルシーに融資した16憶ポンド(約2600憶円)をクラブ売却プロセスの中で回収したい意向を示しているという。しかし、これでは同氏に利益がわたることになり、売却の条件に合致しない。

 英国の文化・メディア・スポーツ省はこれを問題視しており、このままでは英政府が売却の許可を出さないのは明らか。チェルシーの運営許可は5月31日までで、アブラモビッチ氏が要求を取り下げなければ、クラブは売却されず、ライセンスが失効。117年の歴史に幕を閉じることになるというのだ。

 果たして伝統の名門クラブは来季も存続することはできるのだろうか。

東京スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/984327bd9a67cff5826e01746a3a183704a258fa



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアサッカー連合、UEFA脱退とAFC加入を検討か

【サッカー】追加制裁を受けたロシア、UEFA脱退とAFC加盟を検討か [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1651700660/
ロシア代表2021.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/05(木) 06:44:20.67 ID:CAP_USER9.net

ロシアサッカー連合(RFS)は、欧州サッカー連盟(UEFA)からの脱退とアジアサッカー連盟(AFC)への加盟を検討しているようだ。4日にドイツメディア『スカイ・ドイツ』が報じた。

 ロシアのウクライナ侵攻開始以降、サッカー界ではロシアのチームを締め出す動きが加速。今年3月に行われたFIFAワールドカップカタール2022欧州予選プレーオフでロシア代表は不戦敗となり、スパルタク・モスクワは今季のヨーロッパリーグ決勝トーナメントから追放されていた。

 さらにUEFAは2日、ロシアに対する追加制裁を発表。2022−23シーズンの欧州クラブ大会、UEFAネーションズリーグ、女子EURO2022などに出場不可能となったほか、EURO2028とEURO2032の開催地に立候補する資格もはく奪された。

 そんななか、RFSはUEFAからの脱退とAFCへの加盟を検討しているという。連盟を変更すればUEFAの措置は無効となるため、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)など、AFCが主催する国際大会には出場可能となる。ただ、ロシアのクラブにとって、ACLは欧州のチャンピオンズリーグほど金銭的な魅力はない。

『スカイ・ドイツ』によると、AFCにはUEFAよりも多くの親露派が存在する模様。それでも、大多数のメンバーが対露制裁を支持しているとのことで、加盟の動きに対する反発は必至だ。

 なお、過去にはイスラエルやカザフスタンがAFCからUEFAへと転籍したことがある。また、オーストラリアは2005年にオセアニアサッカー連盟を脱退し、翌年1月にAFCへと加盟した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c6655489666dbe1ba31caa7c31a6c8de8c2a8676



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ロドリゴ無双】レアル、大逆転でCL決勝進出!2点差からロドリゴ劇的AT2発で追い付き、ベンゼマ決勝PK弾でマンCに延長戦の末に2戦合計6-5で勝利 CL準決勝(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL準決勝第2戦 レアル・マドリード×マンチェスター・シティ [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1651700233/
ロドリゴ21-22CL準決勝第2戦ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2022/05/05(木) 06:37:13.58 ID:CAP_USER9.net

レアル・マドリード 3−1 マンチェスター・シティ
第01戦       3−4
合計        6−5
[得点者]
リヤド・マフレズ(後半28分)  マンC
ロドリゴ・ゴエス(後半45分)  レアル
ロドリゴ・ゴエス(後半46分)  レアル
カリム・ベンゼマ(延長前半05分)レアル PK
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20160503

CL準決勝 結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41


47: 久太郎 ★ 2022/05/05(木) 06:40:31.42 ID:CAP_USER9.net

>>1
90分までマンCに2点ビハインドも…ロドリゴのAT弾2発で追いついたマドリー、ベンゼマの延長PKで大逆転勝利!【CL準決勝】

 現地時間5月4日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)準決勝の第2レグで、レアル・マドリーとマンチェスター・シティが、前者の本拠地サンティアゴ・ベルナベウで激突した。

 第1レグを4―3で制したシティは15分、デ・ブルイネがゴール前で左足を振り抜くが、強烈なミドルシュートはGKクルトワの正面に飛ぶ。20分にベルナルド・シウバがペナルティエリア内から放ったシュートもクルトワのビッグセーブに阻まれる。

 追いつきたいマドリーは、27分にペナルティエリア手前の好位置でFKを獲得。クロースの右足のキックは、壁に当たって枠の左に外れる。

 さらに43分には、今大会トップの14ゴールを挙げているベンゼマがフリーで抜け出し、右足でフィニッシュするが、シュートは外れたうえオフサイドとなる。

 スコアレスで折り返すと、後半はマドリーが鋭い出足を見せ、開始直後にはヴィニシウスにビッグチャンスが訪れるも、モノにできない。徐々に時間がなくなっていくなか、68分には最初の交代カードを切り、ロドリゴを送り込む。

 迎えた73分、壮絶な打ち合いとなった第1レグから打って変わり、膠着状態が続いていた一戦の均衡がついに破れる。B・シウバのパスをエリア右で受けたマハレズが、左足でニアにぶち抜いた。

 だが、注目の大一番はこのままでは終わらない。必死の反撃に出たホームチームは90分にベンゼマの折り返しからロドリゴが1点を返すと、そのわずか1分後にもロドリゴがカルバハルのクロスをヘッドで叩き込み、土壇場で振り出しに戻す。

 このまま延長戦に突入すると、押せ押せのマドリーは95分にディアスのファウルでPKを獲得。これをベンゼマが相手守護神エデルソンの逆をつくキックできっちり決め、ついに逆転に成功した。

 まさかの逆転を許したシティはその後、なんとか同点ゴールを目指すが、クルトワの好守にも遭い、ネットを揺らせない。

 結局試合はこのまま3―1で終了。驚異的な粘りを見せ、2戦合計6―5で制したマドリーが、3連覇を達成した2017-18シーズン以来、4大会ぶりの決勝進出を決めた。

 今月28日に最多記録を更新する14度目の優勝をかけ、リバプールと相まみえる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/dcec2018fce209f9f00c609c473b3b726505cce4



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:16 | 大阪 | Comment(23) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)