アンテナ・まとめ RSS

J史上初の信州ダービー、1万3000人超集結に驚きの声「まるでJ1」「最高の雰囲気」

【サッカー】「J3とは思えない」 J史上初の「信州ダービー」、1万3000人超集結に驚きの声「まるでJ1」「最高の雰囲気」 [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652696482/
信州ダービー2022第9節02.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2022/05/16(月) 19:21:22.31 ID:CAP_USER9.net

J3リーグ・第9節でAC長野パルセイロと松本山雅FCによる「信州ダービー」が、Jリーグの舞台で初めて開催。試合はスコアレスドローで終わったなか、下部カテゴリーながら1万3000人超の観客が詰めかけたスタジアムに、ファンからは「J3とは思えない観客数」「まるでJ1」との声が上がっている。

信州ダービーは地域リーグ時代から開催され、長野市と松本市を本拠地とする両クラブの対戦は、地元ファンの間で盛り上がりを見せてきた。そんな注目の一戦が5月15日、Jリーグの舞台で初めて開催。試合は序盤から激しい攻防が繰り広げられる白熱の展開となるも、互いにチャンスをモノにできず、スコアレスドローでの決着となった。

そんな一戦で話題となったのが、スタジアムに駆け付けた来場者数だ。公式発表によると、試合が行われた長野Uスタジアムには、1万3244人のファンが集結。1万5000人超を収容する同スタジアムはファンで埋め尽くされ、サッカー専用スタジアムということもあり、下部リーグとは思えないムードが醸成されていた。

この光景にファンからは驚きの声が続々。ハイライト映像を公開したJリーグ公式YouTubeチャンネルのコメント欄には「観客が多くて見応えがいい」「J3で13000人はえぐい」「J3とは思えない観客数」「最高の雰囲気」「まるでJ1」との声が並び、熱気包まれたシーンに熱視線が注がれていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/257fcd5c2a06b50b9f92e5a2e07d3cfa7bbda058



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英雄となった遠藤航、ドイツの自宅前にかかれた子供の落書きが粋だと話題に「LEGENDO」(関連まとめ)

遠藤航、ドイツの子供が自宅の前に残した“粋すぎる路上落書き”が話題「涙出るやん」
https://news.yahoo.co.jp/articles/aec56999c0794618e75bf76daa3ce7566f280c4e
遠藤航21-22最終節試合後.jpg


最終節で1部残留を決める決勝ゴール
 海外サッカー・ドイツ1部ブンデスリーガのシュツットガルトに所属する日本代表MF遠藤航は、現地時間14日の最終節ケルン戦に先発出場。1部残留を決めるには勝つしかないゲームで、1-1の同点で迎えた後半アディショナルタイムに決勝ゴールを決めた。その後、自宅に戻ったところで現地の子供たちからセンスあふれる“メッセージ”を贈られたと明かし、日本のファンからも「涙出るやん」「粋な計らい」と反響が集まっている。

 1-1で迎えた後半アディショナルタイム、終了目安まで残り3分を切ったところで迎えたCKで、遠藤は倒れこみながらもヘディングシュートで得点。引き分けなら入れ替え戦に回っていたチームを、逆転での1部残留に導いた。現地ファンを熱狂させていたが、現地の子どもたちにも祝福されていたようだ。

 遠藤は自身のツイッターに「昨日家に帰ったら近所の子供達が僕の家の前に書いてくれてました」と記し、路上に“落書き”された英語の写真を公開。チョークのようなもので「LEGEND(レジェンド)」をもじり「LEGENDO」と可愛らしく記されていた。赤で「LEG」、白で「ENDO(エンドー)」と分けられており、誰に向けて書かれたものかも分かる。

 これには日本のファンも反応。「近所のお子さんセンスあるな」「なんて素敵なんでしょうね」「なにこれ素敵」「涙出るやんこんなの」「めちゃめちゃセンスあるやん笑」「近所の子供粋な計らいしてくれてる笑」などとコメントが集まっていた。

【サッカー】シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」 [豆次郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652543887/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、ユベントスが獲得に興味か?今季退団のキエッリーニの後継者に(関連まとめ)

冨安健洋、ユベントスが獲得に興味か 元伊代表DFの後継者と伊報道も“高額移籍”が懸念「市場価値は爆上がりしている」
https://news.yahoo.co.jp/articles/fcc858d7855e322b74c8278fe7660920b37471db
冨安21-22第36節ドリブル.jpg

ファン人気も高く「代わりの利かない『ガナー』」
 イングランド1部アーセナルに所属する日本代表DF冨安健洋に、わずか1年でイタリアに復帰する可能性が浮上している。イタリアメディア「カルチョメルカート」が、2シーズン連続でリーグ優勝を逃したユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、強い希望を持っていると報じている。

 冨安は2021年夏の移籍市場最終日にボローニャからアーセナルへ移籍。開幕3連敗を喫していたチームで先発に抜擢されると、安定したパフォーマンスでレギュラーの座をつかみ取った。現在、アーセナルは来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いの真っただ中にいるが、右サイドバックを主戦場に、左サイドバックでも安定したプレーを見せている冨安が果たした役割は大きい。

 アーセナルで自身の居場所を切り開いた冨安だが、イタリアの名門ユベントスは、今季限りでクラブを退団する元イタリア代表DFジョルジオ・キエッリーニの後継者として、冨安の獲得を目指しているという。

 記事では、「移籍市場では数多くの選択肢があるが、ユベントスはアッレグリ監督のために、最善の代役を選択する見込みだ。日本人のセンターバックである冨安健洋は、監督にとっての理想的な存在だ」と紹介している。

 その一方で、「彼を売却した昨年の市場価格である2500万ユーロ(約34億円)からは爆上がりしている。ユベントスへの移籍は高額になるため、経営的にも負担となる。加えて、冨安はロンドンの人々の信頼と共感を勝ち取った。代わりの利かない『ガナー』となっている。そのため、わずか1年でのセリエA復帰の実現には、疑問が残る」と、実現には大きなハードルがあることを指摘している。

 世界屈指の名門から求められる存在となった冨安。アーセナルが来季のCL出場権を得ることができれば、アーセナル残留を選択する可能性はさらに高まることになりそうだが、加入時にリーグ最下位にいたクラブは、CL出場権を手にすることができるだろうか。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1837】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1652539383/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(34) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主力温存のレアル、GKルニンがPKストップなど躍動しカディスと1-1ドロー!カディスは降格圏に転落

主力温存マドリーは控えGKルニン躍動でドロー! 善戦カディスはPK失敗と最終盤判定響き降格圏転落…《ラ・リーガ》
https://news.yahoo.co.jp/articles/e48d8d9edb2ff06b5ec01bd952aa8bc54377ab6a
ルニン21-22第37節セーブ.jpg


ラ・リーガ第37節、カディスvsレアル・マドリーが15日にエスタディオ・ラモン・デ・カランサで行われ、1-1のドローに終わった。

今シーズンのラ・リーガですでに優勝を決めているマドリー(勝ち点89)は前節、最下位のレバンテを相手にヴィニシウスのキャリア初のハットトリックの活躍などで6-0の圧勝。主力温存で敗れたマドリード・ダービーの敗戦をきっちり払しょく。28日に控えるリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝に向け仕切り直しに成功した。

そのレバンテ戦から中2日のアウェイゲームでは、残留圏内ギリギリにいる17位のカディス(勝ち点37)との対戦となった。アンチェロッティ監督はこの一戦に向け先発5人を変更。サスペンションのモドリッチに加え、守護神クルトワ、ベンゼマとヴィニシウスに完全休養を与えた一方、クロースやカゼミロ、ミリトンを起用。3トップは右からアセンシオ、マリアーノ、ロドリゴという並びとなった。

右サイドバックにバジェホ、左サイドバックにルーカス・バスケスを配して左肩上がりの変則的な[4-3-3]の布陣で臨んだマドリー。立ち上がりは、より勝ち点がほしいホームチームの攻勢を受ける形となったが、早々にゴールをこじ開ける。

開始5分、相手陣内左サイドのタッチライン際でボールを受けて仕掛けたロドリゴが複数のDFの間を見事なドリブル突破ですり抜けてボックス内に侵入。GKと交錯する寸前で折り返すと、ゴール前に飛び込んだマリアーノがワンタッチで合わせた。

ロドリゴの鮮やかな仕掛けから生まれたマリアーノの今季ラ・リーガ初ゴールによって幸先よくリードを手にしたマドリー。以降は再び前に出てくる相手の攻撃を受け止めながら、鋭いカウンターで追加点を目指す。12分にはバルベルデの見事な中央突破から仕掛けたカウンターで、ボックス内でのマリアーノとのパス交換からアセンシオにシュートチャンスも、ここはGKレデスマのセーブに遭う。

一方、カディスもルイス・エルナンデスのロングスローや縦に速い攻めからファリやルーカス・ペレスが際どいフィニッシュの場面を作り出し、ゴールの匂いをさせる。

以降は行ったり来たりの状況が続いたが、クーリングレイクを経た30分過ぎからホームチームが攻勢に転じていく。36分にはファリのスルーパスに完璧に抜け出したイドリシがボックス内でGKと一対一を迎えるが、ここはGKルニンのビッグセーブに阻まれる。

しかし、直後の37分にはペナルティアーク付近でクリアボールを奪ったソブリーノがそのままボックス中央に持ち込んで右足を振る。そして、DFミリトンの背中にディフレクトしたボールがクロスバーの内側を叩いてゴールネットを揺らした。

さらに、切り替えの部分や連携で緩さが見受けられるマドリーに対して、カディスは以降も果敢に逆転ゴールを目指していくが、絶好のカウンターチャンスでルーカス・ペレスからネグレドへのラストパスがずれるなど、仕留め切ることはできなかった。

1-1のイーブンで折り返した試合は後半もカディスが優勢に進めていく。前半のように決定機まで持ち込めないが、左サイドのイドリシ、スピノを起点に相手の深い位置でプレーする回数を増やしていく。

そういった中、60分にはカディスに逆転のチャンス。ロングボールを収めたルーカス・ペレスのスルーパスに抜け出したネグレドがボックス内でGKルニンと交錯。この接触プレーでPKが与えられる。しかし、ネグレドが右を狙って蹴ったシュートはルニンが見事な左手のセーブで阻止した。

控え守護神が自ら与えたPKを帳消しにする好守で1-1のイーブンを維持したマドリーは、直後の64分に3枚替えを敢行。バジェホ、バルベルデ、ロドリゴを下げてセバージョス、カルバハル、アザールを投入した。だが、この3枚替えでも流れは変わらない。

一方、PK失敗も引き続き良い形で攻められているカディスは、70分にイドリシの左クロスからネグレドに名誉挽回のチャンスが訪れるが、ゴール至近距離で放ったヘディングシュートは再びGKルニンのビッグセーブに阻まれた。

マドリーは81分にマリアーノを下げて21歳の長身FWラタサをトップチームデビューさせた中、リスクを冒して前に出る相手を徐々に引っくり返す場面を増やし、後半アディショナルタイムにはセバージョスの鋭いシュートで2点目に迫る場面も作り出した。

その後、試合最終盤にはマジョルカリードの一報が入り、残留圏内維持には勝ち点3が必須となったホームチームがより前がかった攻めを見せる。そして、後半ラストプレーのセットプレーの流れではボックス内でファリがDFカルバハルに倒される。スタジアム、ピッチ上の選手たちはPKを主張してヒートアップしたが、マテウ・ラオス主審はVARルームとコミュニケーションを取ることなく試合終了のホイッスルを吹く。

中継映像ではVARの介入の可能性を窺わせるやり取りがあったものの、ラオス主審はそのまま試合を終わらせ、カディスの選手たち、スタンドの観客は状況を全く把握できぬまま呆然自失の状態でホーム最終戦を終えることになった。

この結果、マドリーはアザールの復帰やラタサのデビューなど幾つかの収穫を得て今季アウェイ最終戦を終えることに。一方、善戦も勝ち点3獲得に至らなかったカディスはマジョルカと勝ち点で並ばれた結果、当該成績で降格圏の18位に転落。今節、降格が決定したアラベスを相手に運命の最終戦に臨むことになった。

◆◇El Blanco Real Madrid 1186◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1652284188/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イブラヒモビッチ、ミラン優勝に向け荒ぶりチームバスのフロントガラスを割る

【サッカー】ミラン優勝に向けて荒ぶるイブラ、“掌底”でチームバスのフロントガラス割る [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652670672/
イブラ21-22バスガラス割る.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/16(月) 12:11:12.16 ID:CAP_USER9.net

 ミランの2010-11シーズンぶりのセリエA優勝が近づいている。試合に向かうバスに乗っていたFWズラタン・イブラヒモビッチは、サポーターのエールを前に、フロントガラスに掌底。勢いあまってガラスにヒビを入れてしまった。

【動画】イブラが掌底でフロントガラス割る


 首位を走るミランは今節にも優勝決定の可能性が浮上。まずはアタランタ戦の勝利を目指し、本拠地サンシーロに向かった。すると、ミランサポーターがチームバスを囲むハプニング。11年ぶり優勝を懸けて試合に挑む戦士たちをエールで後押しした。

 そこで、バスの運転席近くまで現れたのは、チームの大黒柱イブラヒモビッチだ。両手でサポーターを煽ると、サポーターもそれに応えて大声援を挙げる。イブラヒモビッチは思わず、フロントガラスに手をつき、右の手のひらを数度打ちつけた。すると、さすがのカンフーマスター。フロントガラスが耐えきることができず、手のひらサイズのヒビが入ってしまった。

 またしても伝説を作ったイブラヒモビッチを目の当たりにして、サポーターのボルテージも最高潮。しかし、バスを囲んで同様にフロントガラスを叩いてみるが、誰一人そのガラスに傷をつけられる者はいなかったという。

 この勢いのまま、ミランはアタランタに勝利。しかし、2位インテルも勝利を収めたため、優勝決定は最終節に持ち込まれた。最終節でミランはサッスオーロに引き分け以上となれば、優勝が決定する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5ba81be04d57e15c07b8f31d989a88ac5fd48770
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三笘薫、先制ゴールで今季8得点目!ユニオンSGはアンデルレヒトに勝利し2位確保 来季CL出場権獲得(関連まとめ)

【サッカー】ユニオンSG三笘薫が今季8ゴール目!アンデルレヒト撃破で2位確保。来季CL予選出場権獲得 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652669609/
三笘21-22PO第5節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/16(月) 11:53:29.49 ID:CAP_USER9.net

ユニオン・サン=ジロワーズMF三笘薫が、アンデルレヒト戦で今シーズン8ゴール目をマークした。

15日に行われたジュピラーリーグのプレーオフ1第5節で、ユニオンSGは敵地でアンデルレヒトと対戦。三笘は前節に続き、左ウィングバックのポジションで先発出場した。

すると、三笘が開始早々から試合を動かす。キックオフから2分足らずでジャン・ティエリ・アマニのお膳立てからネットを揺らし、ユニオンSGに先制点をもたらす。なお、これが日本代表MFにとって4月末のアンデルレヒト戦以来4試合ぶりとなる今シーズン公式戦8ゴール目となった。

リードを奪ったユニオンSGが優勢に試合を進める中、後半早々にはデニス・ウンダフにも得点が生まれてリードを広げる。試合終盤にはアンデルレヒトに退場者が出て数的優位に立つと、このまま2-0で勝利した。

昇格組ながらレギュラーシーズンを1位で終えたユニオンSG。プレーオフ1ではクラブ・ブルージュに3連覇こそ許したものの、この試合の勝利で最終節を残して2位を確保。これにより、来シーズンのチャンピオンズリーグ3次予選からの出場権を獲得している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d35ae925646c2bdb18fb4fd5185ba912e32a064



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:37 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルグアイ代表FWスアレス、アトレティコを退団…セレモニーで涙「僕のために扉を開けてくれたクラブに200%尽くした」

【サッカー】ルイス・スアレスがアトレティコ退団…セレモニーで涙止まらず「僕のために扉を開けてくれたクラブに200%尽くした」 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1652671890/
スアレス21-22アトレティコ退団.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/05/16(月) 12:31:30.14 ID:CAP_USER9.net

ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)が、今季限りでアトレティコ・マドリーを退団することが決定した。

【動画】退団のスアレス、涙止まらず…ファンにお別れ

アトレティコは15日に行われた今季ホーム最終戦、ラ・リーガ第37節セビージャ戦(1-1)のハーフタイムに、試合終了後に退団セレモニーが行われることを発表。セレモニーの主役はすでにヒューストン・ダイナモ移籍が決定したMFエクトル・エレーラ、そしてL・スアレスだった。ウルグアイ代表FWについては、これまで退団の噂こそあったものの、正式にアナウンスされるのはこの日が初めてだった。

この日、先発出場だったL・スアレスは65分に交代でピッチから下がったが、その際にも観客はスタンディングオベーションで称え、ウルグアイ人選手に歌われるチャント「ウルグアージョ! ウルグアージョ!」をスタジアムに響かせた。さらに「ありがとうルチョ(L・スアレスの愛称)、私たちをチャンピオンにしてくれて」との横断幕も掲げられている。

そして試合終了後の退団セレモニーでは、さらなる大きな拍手、さらなる大きな声でL・スアレスに対するチャントが歌われることに。ウルグアイ人FWは花道をつくった選手たち、チーム関係者全員と抱擁をかわしてセンターサークルまで到着し、そのときにはもう涙で顔を濡らしていた。

そうしてマイクを手に取った背番号9は、声を詰まらせながら、次のようなスピーチを行なったのだった。

「アトレティコのファン全員、一人ひとりに感謝をしたい。ここにやって来てから僕を包んでくれた愛情は素晴らしいものだった。忘れないよ。僕は本当に感謝をしているんだ。それと、チームメートたちにも感謝を伝えたい」

「僕はピッチで恩返をしたかった。僕に対して扉を開けてくれたクラブに、200%尽くしたよ」

「(無観客で試合が行われていた)昨季は皆と一緒にいることができなかったけど、毎日道で愛情を受け取っていたんだ。アトレティコを僕の心にずっとあり続ける。アウパ・アトレティ(頑張れアトレティコを意味するクラブの決まり文句)!」

L・スアレスは2020-21シーズン、バルセロナで戦力外となったことでアトレティコに加入。すると同シーズンのラ・リーガで32試合21得点を記録して、アトレティコの2014年以来となるリーグ優勝の原動力になった。優勝直後、皆が歓喜しているときに、ピッチに一人座って涙を流していた姿は多くの人々の心を打った。

しかし今季に入ってからL・スアレスは不調に苦しむことになり、シーズン後半戦にはベンチを温める機会が多くなった。今季ラ・リーガ成績は34試合11得点で、アトレティコでの2シーズンでの全公式戦含めた成績は82試合34得点だった。しかし、それでもアトレティコのサポーターは、ラ・リーガ優勝の英雄への感謝を忘れず。ディエゴ・フォルラン、ディエゴ・ゴディンらに対しても歌われてきた「ウルグアージョ! ウルグアージョ!」のチャントは、退団セレモニーが終わった後にも叫ばれ続けていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/14ec779602c8ff7bf572cda78776b686a1ac642a



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラン、セリエA優勝に王手!レオン先制弾&テオ・エルナンデス独走弾でアタランタに2-0快勝

ミランが11年ぶりセリエA制覇に王手! アタランタに2発快勝、最終節を残して2位インテルと勝ち点差2
https://news.yahoo.co.jp/articles/976aba92732393eb392ac28fbcbaf66418af44af
ミラン21-22第37節試合後.jpg

 セリエAは16日に第37節を行った。首位ミランはアタランタに2-0で勝利。次節の最終節で引き分け以上だと、11年ぶりの優勝が決定する。

 ミランが勝利し、その後に行われる試合で2位インテルの結果次第で、ミランの優勝が決定。11年ぶりの快挙を目の前に、ミランはアタランタ戦を迎えた。前半をスコアレスで折り返すと、後半11分に均衡を破る。FWラファエル・レオンが相手GKの股を抜くシュートを決め、先制点を奪った。

 ミランはアタランタの猛攻をしのぎつつ、後半30分には追加点。DFテオ・エルナンデスが長距離を走り、左足シュートを沈めてみせた。その後、鉄壁を築いたミランが逃げ切り、2-0で勝利を収めた。

 あとはインテルの結果のみ。しかし、終生のライバルも敵地でカリアリに3-1の勝利。この結果、最終節を残して首位ミランが勝ち点83、2位インテルが勝ち点81となった。

 セリエAは勝ち点の次に、直接対決の結果で順位が決定する。ミランは今季インテルに1勝1分。よってミランが最終節サッスオーロ戦で引き分け以上になるか、またはインテルがサンプドリアに引き分け以下となった時点で、ミランの首位が確定。2010-11シーズン以来のスクデットを手にすることになる。

■□■□╋ AC MILAN パート767☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1651758523/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英途中出場のマジョルカ、アブドン劇的決勝ゴールでラージョに勝利!残留圏17位に浮上し運命の最終節へ

久保建英途中出場のマジョルカ、92分の劇的勝ち越しゴールで降格圏をギリギリ脱出!残留圏17位でラ・リーガ最終節へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/2df493221707702a55830e073029b9864a66e957
久保21-22昼間.jpg


15日のラ・リーガ第37節、マジョルカは本拠地ソン・モッシュでのラージョ・バジェカーノ戦に2-1で勝利した。MF久保建英は2試合連続でベンチスタートとなり、64分から出場している。

降格圏に位置したままラ・リーガ残り2節を迎えたマジョルカ。すでに残留を決めているラージョを相手に先制点を奪ったのは12分のことだった。ジャウメ・コスタのクロスからファーサイドのムリキがヘディングシュートでネットを揺らしている。前半はマジョルカがこのリードを維持したまま終了。残留争いのライバル、カディスはホームでのレアル・マドリー戦を1-1で引き分けており、マジョルカはこの時点でカディスと勝ち点36で並び、当該対決の成績により残留圏18位に浮上している。

後半、マジョルカはファルカオを擁するラージョの攻撃を5バックのシステムで防ぎつつ、速攻から追加点のチャンスを探っていった。が、60分にCKからシスにヘディングシュートを決められて、スコアはタイに戻ってしまう。これで勝ち点36のカディスが残留圏に戻り、34のマジョルカは降格圏に戻ることに。

アギーレ監督は64分に切った2枚の交代カードで、久保をピッチに登場させる。5-3-2の中盤右サイドを基本ポジションとする久保はボールを持っても持たなくても積極的なプレーを見せ、71分にはシュートまで持ち込む場面があったものの、これはGKディミトリエフスキの正面に飛んでいる。またイ・ガンインも投入された直後の85分には、ペナルティーエリア内右から右足で強引にボールを叩いたものの、枠を捉えることができなかった。

厳しい状況のマジョルカ。しかし92分、起死回生の勝ち越しゴールが決まった。右サイド、マフェオのクロスがファーまで流れて、そこで待ち受けていた途中出場アブドン・プラッツが冷静に左足のシュートを決め切った。マジョルカは再び得たリードを維持したまま、試合終了のホイッスルを迎えている。

レバンテ対アラベスは2-1ですでに降格が決定しているレバンテが勝利し、最下位に落ちたアラベスも降格が決定。残り一枠の降格圏18位は、勝ち点36でマジョルカと並び、当該対決の成績で劣るカディスが位置し、マジョルカは残留圏17位で最終節オサスナ戦を迎えることになった。

【RCD】久保建英応援スレ part783【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1652644548/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:25 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、2点差追い付きウエストハムと2-2ドロー…今節の優勝はならず最終節にもつれ込む

前半2失点のマンCがウェストハムとドロー…後半追い上げも、PK失敗が響く
https://news.yahoo.co.jp/articles/e8875594bcf0aa92bbf050d3ca1fb02582e33388
グリーリッシュ21-22第37節ゴール.jpg

プレミアリーグ第37節が15日に行われ、首位を走るマンチェスター・Cは敵地で7位のウェストハムと対戦した。

 シーズン終盤までリヴァプールとの壮絶な優勝争いを繰り広げてきたマンチェスター・C。リヴァプールとは勝ち点「3」差で優位に立っているものの、最終節まで気が抜けない試合が続く。この試合のスタメンには、ケヴィン・デ・ブライネ、ベルナルド・シルヴァ、リヤド・マフレズらが入っている。負傷者が続出している最終ラインには、ジョアン・カンセロ、フェルナンジーニョ、アイメリク・ラポルテ、オレクサンドル・ジンチェンコが並んだ。

 試合は序盤からマンチェスター・Cがボールを保持して攻撃を続けるも、ウェストハムの強固な守りの前にゴールをこじ開けられない。すると24分、ウェストハムに決定機が。パブロ・フォルナルスが最終ラインの背後にロングボールを送ると、抜け出したのはジャロッド・ボーウェン。GKをかわして無人のゴールに流し込み、ウェストハムが先手を取った・

 1点ビハインドとなったマンチェスター・Cも反撃へ。36分、左サイドでボールを持ったジンチェンコがエリア内へパスを送ると、ガブリエル・ジェズスが巧みなタッチで相手をかわし、シュートまで持ち込む。しかし、相手DFのブロックに防がれて得点とはならなかった。こぼれ球をマフレズが狙うも、再びDFにブロックされてしまう。

 このまま前半終了かと思われた45分、前線でボールを収めたマイケル・アントニオがスペースへ浮き球のパス。再びボーウェンが抜け出すと、落ち着いて左足で沈め、ウェストハムが点差を広げた。

 2点を追いかける後半、マンチェスター・Cが反撃の狼煙を上げる。49分、右コーナーキックの流れからジンチェンコがボールを拾うと、ペナルティエリア内へ浮き球のクロスボールを供給する。このボールはDFにクリアされるも、待っていたジャック・グリーリッシュがダイレクトのボレーシュート。強烈な一撃は相手DFに当たってネットを揺らし、マンチェスター・Cが1点を返した。

 その後はマンチェスター・Cが押し込みつつも、ウェストハムも鋭いカウンターから追加点を狙う。64分にはフェルナンジーニョのバックパスを拾ったアントニオがGKと1対1のチャンスに。ループシュートはわずかに枠を外れ、ウェストハムはチャンスを逃すこととなった。

 続く67分、敵陣に侵入したラポルテがアントニオからファウルを受け、フリーキックを獲得。マフレズの左足から放たれたボールは、ヴラディミル・コーファルのオウンゴールを誘い、マンチェスター・Cが試合を振り出しに戻した。

 勢いを増したマンチェスター・Cは82分、G・ジェズスがペナルティエリアでドリブルを仕掛けると、クレイグ・ドーソンに倒される。一度は流されたものの、VARの結果PKの判定に。キッカーを務めたマフレズは左足で強烈なシュートを放つが、ウカシュ・ファビアンスキにコースを読まれ、逆転ゴールとはならなかった。

 その後も猛攻を続けたものの、1点が遠かったマンチェスター・C。試合はこのままドローで終了した。マンチェスター・Cは勝ち点「1」を積み上げて、今節未消化のリヴァプールとの勝ち点差を「4」に広げた。

 22日に行われる最終節で、マンチェスター・Cはホームでアストン・ヴィラと、ウェストハムは敵地でブライトンと対戦する。マンチェスター・Cは勝利すれば、無条件でプレミアリーグ優勝が確定する。

【スコア】
ウェストハム 2−2 マンチェスター・C

【得点者】
1−0 24分 ジャロッド・ボーウェン(ウェストハム)
2−0 45分 ジャロッド・ボーウェン(ウェストハム)
2−1 49分 ジャック・グリーリッシュ(マンチェスター・C)
2−2 69分 ヴラディミル・コーファル(OG/マンチェスター・C)

BLUEMOONマンチェスターシティ 472citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1652625293/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)