アンテナ・まとめ RSS

レアル・マドリード、仏代表MFチュアメニの獲得を公式発表!モナコと総額約141億円で合意

レアル・マドリーがフランス代表MFチュアメニ獲得 総額141.3億円でモナコと合意
https://news.yahoo.co.jp/articles/8f19ed08cefe33954aa17a47df5334b60638def0
チュアメニ2022仏代表.jpg

レアル・マドリーは11日、フランス代表MFオレリアン・チュアメニ(22)の獲得に関して、モナコとの合意を正式発表した。契約期間は6年。メディカルチェック後、14日に入団セレモニーが実施される。

ラ・リーガとチャンピオンズリーグを制した今季を経て、来季に向けて補強に乗り出すレアル・マドリー。パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペこそ取り逃がしが、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーのフリー加入を決め、増強の動きが活発化している。

そうして次の補強ポジションに噂されたのが若返りを目指す中盤で、ブレイクシーズンの昨季に続いて、今季も公式戦50試合に出場したチュアメニがそのターゲットに。攻撃も守備もこなせる万能性の中盤を巡っては自国の強豪PSGも関心を抱いたが、レアル・マドリーが争奪戦を制した。

移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、取引額は移籍金8000万ユーロ+ボーナス2000万ユーロの総額1億ユーロ(約141億3000万円)。昨夏に獲得したフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガに続いて、若き才能を中盤にキャストに加えることに成功した格好だ。

◆◇El Blanco Real Madrid 1200◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1654915490/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:04 | 大阪 ☔ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪、ゴールラッシュで湘南に4-1快勝!2戦合計5-1でルヴァン杯8強進出!名古屋は斎藤学今季初ゴールで京都に1-0勝利!2戦合計7-1でルヴァン杯8強進出(関連まとめ)

【サッカー】ルヴァン杯PO第2戦 湘南×C大阪、京都×名古屋 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1654946957/
ヨニッチ2022ルヴァンPO第2戦ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/06/11(土) 20:29:17.35 ID:CAP_USER9.net

湘南  1−4 C大阪
第01戦 0−1      
合計  1−5
[得点者]
10'マテイ ヨニッチ(C大阪)
13'為田 大貴   (C大阪)
45+3'清武 弘嗣  (C大阪)
48'奥埜 博亮   (C大阪)
83'町野 修斗   (湘南)

スタジアム:レモンガススタジアム平塚
入場者数:4,301人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2022/061108/live/#live


京都  0−1 名古屋
第01戦 1−6       
合計  1−7
[得点者]
90+1'齋藤 学(名古屋)

スタジアム:サンガスタジアム by KYOCERA
入場者数:5,831人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2022/061107/live/#live


3: 久太郎 ★ 2022/06/11(土) 20:34:13.10 ID:CAP_USER9.net

>>1
C大阪が湘南に4発快勝! 2戦合計5-1でルヴァン杯準々決勝進出へ

[6.11 ルヴァン杯POステージ第2戦 湘南 1-4 C大阪 レモンS]

 ルヴァンカップのプレーオフステージ第2戦が11日に各地で行われた。セレッソ大阪は敵地で湘南ベルマーレと対戦。4-1で勝利を収め、2戦合計5-1とし、ベスト8進出を決めた。準々決勝は第1戦が8月3日、第2戦が同10日に開催される。

 4日に行われた第1戦では、C大阪が試合終盤の得点で1-0勝利。湘南は最低でも2点差での勝利が必要だったが、試合は立ち上がりからC大阪ペースで進んだ。

 前半10分、C大阪は右サイドのコーナーキックをMF原川力が蹴り込むと、ゴール前が混戦状態に。最後はDFマテイ・ヨニッチが押し込み先制に成功した。さらに3分後には、ボックス手前やや左気味のところでFWブルーノ・メンデスのパスを受けたMF為田大貴がゴール右に流し込み追加点。立て続けにアウェーゴールを奪い試合を優位に進める。

 しかし、前半25分頃にC大阪にアクシデント。DF山中亮輔が左サイドでパスを受けた際に、スリップしたボールに左足を伸ばすと、右足の股関節の付け根を痛めてしまう。自らバツ印を出し、DF舩木翔と交代でピッチを後にした。

 反撃に出たい湘南だが、攻撃の手を緩めないC大阪に押し込まれる時間が続く。すると、前半終了間際にC大阪に3点目が生まれた。前半アディショナルタイム3分、敵陣中央右サイドでフリーキックを得ると、原川が入れたボールにDF進藤亮佑がヘディング弾。このシュートは湘南のGK谷晃生に防がれたが、こぼれ球をFW清武弘嗣が詰めてゴールネットを揺らした。

 C大阪の3点リードで迎えた後半。アウェーチームは開始早々にさらに点差を広げる。後半3分、自陣中央で相手のボールを奪ったMF奥埜博亮が右サイドの清武に展開。そのまま持ち上がり敵陣深い位置でMF毎熊晟矢に預けると、毎熊が落としたボールをDF松田陸がゴール前へ。クロスボールに為田が頭で合わせると、谷に弾かれたボールに奥埜が反応し、4点目を決めた。

 湘南は後半33分にMF田中聡のスルーパスに抜け出したFW町野修斗が反転からゴールに突き刺し1点を返すも、反撃はそこまで。C大阪が4-1で快勝し、準々決勝進出を決めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9118d07930c97c4b6498874b6ffff4f91287cd9c




名古屋が2戦合計7−1でベスト8進出! 齋藤学の今季初弾で京都に勝ちきる【ルヴァン杯PO第2戦】

https://news.yahoo.co.jp/articles/77c24385838aff64830acabb3027d41ed9b7a680

 Jリーグは6月11日、ルヴァンカップのプレーオフステージ第2戦の4試合を各地で開催。サンガスタジアムby KYOCERAでは京都サンガF.C.対名古屋グランパスが行なわれ、1−0で勝利した名古屋が、2試合合計7−1でプライムステージ進出を決めた。

 プレーオフステージはグループステージを勝ち上がった8チームにより、ホーム&アウェー方式の2試合を実施。名古屋は第1戦、6−1で京都に大勝し、5点差と圧倒的優位な状況で第2戦に臨んだ。

 名古屋は序盤から押し込まれる展開が続いたなか、組織的な守備で相手の攻撃陣に自由を与えず、シュートまで持ち込ませない。そして、逆に速攻からチャンスを得る。

 38分の酒井宣福の強烈なシュートはGK上福元直人の好セーブに遭い、得点ならず。42分に相馬勇紀がゴール前で放ったヘディングシュートは惜しくも枠を外れる。
 
 後半もボールを握る京都は、敵陣までは前進できるものの、相手の厳しいチェックに苦戦。ラストパスがなかなか前線のピーター・ウタカとイスマイラに収まらない。

 一方で名古屋は前半と同様に、カウンターから好機を生む。76分にはペナルティエリア中央でボールを受けた酒井が冷静にDFをかわし、左足を振り抜く。しかし、これも素早い反応を見せたGK上福元に防がれる。

 それでも終了間際の90+1分に、齋藤学が今シーズン初ゴールとなる決勝弾を挙げ、試合はこのまま終了。2戦合計スコアで京都を上回った名古屋がベスト8進出。次戦は8月3日に、プライムステージ準々決勝の第1戦に挑む。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:06 | 大阪 ☔ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、英ロマーノ記者が去就に見解「退団の可能性は非常に高い」「リーズが有力」

【サッカー】「退団の可能性は非常に高い」南野拓実の去就に移籍市場の有名記者が見解!「インテルはない。有力なのは…」 [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1654934546/
南野21-22拍手.jpg

1: 首都圏の虎 ★ 2022/06/11(土) 17:02:26.89 ID:CAP_USER9.net

「リバプールで立場を確立できなかったのは、やや不運だった」

 移籍市場に精通する有名記者の言葉だけに、大きな注目を集めている。

 マーケットに詳しいファブリツィオ・ロマーノ記者が、リバプールの南野拓実について、この夏移籍する可能性が高いと述べた。移籍先の有力候補に挙げたのは、以前から騒がれているリーズだ。

 今シーズンの南野はリーグカップとFAカップでそれぞれチーム最多得点を記録。国内カップ戦2冠の偉業に貢献した。だが、どちらの大会も決勝戦では出番がなく、プレミアリーグでスタメンに名を連ねたのは1試合にとどまっている。

『CAUGHTOFFSIDE』で、ロマーノ記者は「ミナミノがこの夏、リバプールから移籍する可能性は非常に高いのは確かだ」と伝えた。

「クラブはオファーを聞く用意がある。リーズが以前から追っているが、リバプールは正式オファーを待っているところだ。ユルゲン・クロップ監督はこのポジションでほかを優先しており、選手はリバプールを離れる用意がある」
 
 同記者は「価格は1800〜1900万ユーロ前後(約27億円〜28億5000万円)」と続けた。

「噂は出回っているが、インテルは関心を示していない。まだ何も決まっていないが、リーズがより有力とみられる」

 去就が取り沙汰されているとあり、南野の価値の是非に関する疑問を後を絶たないが、ロマーノ記者は「前線はあれだけのワールドクラスの競争で、ミナミノがリバプールで立場を確立できなかったのは、やや不運だった」との見解を示している。

「あの金額は、この夏プレミアリーグの多くのクラブにとって、彼が素晴らしい補強になり得ることを意味している」

リーズのほかにサウサンプトンやウォルバーハンプトン、ブライトン、フルアムといったプレミア勢や、国外ではロマーノ記者が否定的に伝えたインテル、同じセリエAのラツィオ、リーグ・アンのモナコなど、様々なクラブからの関心が噂されている南野。27歳の決断に注目だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3427ad3d130c02525630887d9d854e23d476b10a



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(20) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1広島、PO2戦目は札幌と1-1ドロー!2戦合計4-1でルヴァン杯8強進出(関連まとめ)

【サッカー】ルヴァン杯PO第2戦 広島×札幌 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1654938085/
満田広島.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/06/11(土) 18:01:25.70 ID:CAP_USER9.net

広島  1−1  札幌
第01戦 3−0      
合計  4−1
[得点者]
34'青木 亮太(札幌)
87'満田 誠 (広島)

スタジアム:エディオンスタジアム広島
入場者数:4,669人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2022/061106/live/#live/


4: 久太郎 ★ 2022/06/11(土) 18:03:40.18 ID:CAP_USER9.net

>>1
広島がルヴァンカップ8強入り…札幌が先制弾も第2戦はドロー決着

ルヴァンカッププレーオフ第2戦が11日に行われ、サンフレッチェ広島と北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

初戦は広島がカウンターの好機を活かして3-0と完勝。大きなアドバンテージをもって第2戦へ臨んだ。最初の決定機は広島。10分、左サイドからのクロスをジュニオール・サントスが頭で合わせるが、GK中野小次郎が好守でしのいだ。

札幌が小気味よいボール回しを見せるが、チャンスを作るのは広島。27分には森島司がフリーでヘディングシュートを放つが、枠を捉えることはできない。33分、コーナーキックから荒木隼人が狙うも、GK中野が頭で弾いた。

すると34分、右サイドから西大伍のクロスを青木亮太が胸トラップ。右足で叩き込み、札幌が先制点を挙げた。46分には西がペナルティエリア右からパスを供給するが、GK川浪吾郎にはじかれる。それでも、ボールはゴールに向かうが、荒木の体を張った守備に遭って得点には至らない。

66分には東俊希のパスを受けたジュニオール・サントスがフリーでシュートを放つが、GK中野が立ちはだかった。

終盤、広島のショートカウンターが炸裂。最後は東のパスを受けた満田誠が落ち着いてGKをかわし、左足でネットを揺らした。

試合はドローで終了。合計スコア4-1で広島がルヴァンカップ8強入りを決めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/512e13a626a95d9a8f63c88550ef8b5a41b53067



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡、6年ぶりルヴァン杯8強進出!鹿島が2戦目勝利もアウェイゴール差でPOを制す ルヴァン杯PO第2戦(関連まとめ)

【サッカー】ルヴァン杯PO第2戦 鹿島×福岡 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1654934488/
山岸2022ルヴァンPO第2戦ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/06/11(土) 17:01:28.98 ID:CAP_USER9.net

鹿島  2−1 福岡
第01戦 0−1      
合計  2−2

※アウェイゴール差で福岡がルヴァン杯プライムステージ進出

[得点者]
34'エヴェラウド(鹿島)
40'仲間 隼斗 (鹿島)
45+5'山岸 祐也(福岡)

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム 
入場者数: 9,085人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2022/061105/live/#live/


4: 久太郎 ★ 2022/06/11(土) 17:03:11.82 ID:CAP_USER9.net

>>1
福岡、プライムステージ進出! 2戦合計2−2も山岸のアウェーゴールで鹿島を退ける【ルヴァン杯PO第2戦】

 Jリーグは6月11日、ルヴァンカップのプレーオフステージ第2戦の4試合を各地で開催。県立カシマサッカースタジアムでは、鹿島アントラーズ対アビスパ福岡が行なわれた。

 福岡のホームで行なわれた第1戦は、1−0で福岡が勝利。鹿島の本拠地で迎える第2戦は「声出し応援運営検証対象試合」となり、スタジアムに歓声が響くなか、ビハインドの鹿島は立ち上がりから果敢に攻めに出て、福岡が自慢の堅守で対抗していく。

 やや攻めあぐねていた鹿島だが、34分に均衡を崩す。相手の中途半端なクリアを見逃さなかったエヴェラウドが、抜け目なくダイレクトシュートを叩き込む。

 勢いづく鹿島は40分、追加点を奪う。ボックス内で粘った常本佳吾のバックパスから、仲間隼斗が渾身の左足シュートでネットを揺らす。

 福岡も負けていない。45+5分、ファンマの縦パスをエリア内で受けた前嶋洋太が中に折り返し、山岸祐也が2戦連発弾となる貴重なアウェーゴールを挙げる。
 
 迎えた後半も、両チームとも攻守に強度の高いプレーを見せ、局面で激しいバトルを繰り広げる。攻勢をさらに強める鹿島に対し、福岡は粘り強く守りながら、鋭いカウンターを繰り出す。

 一進一退の攻防が続くなかで、スコアボードは動かないまま、アディショナルタイム3分が過ぎてタイムアップ。試合は2−1で鹿島が勝利も、2戦合計2−2で、アウェーゴールの差で福岡がプライムステージ進出を決めた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ec8f784966941772519acb36f9621c5820421c7




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア紙、玉突きでのW杯出場が無くなりガッカリ…FIFAがチリの訴えを棄却し、エクアドルのW杯出場が決定「門戸が完全に閉ざされた」

【サッカー】FIFAがチリの訴えを棄却!エクアドルがW杯出場へ。にわかに沸いたイタリアもがっかり「門戸が完全に閉ざされた」 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1654925573/
バイロン・カスティージョエクアドル代表.jpg

1: 久太郎 ★ 2022/06/11(土) 14:32:53.49 ID:CAP_USER9.net

 FIFA(国際サッカー連盟)規律委員会は6月10日、チリの訴えを棄却し、エクアドルのカタール・ワールドカップ(W杯)出場を認めると発表した。

 エクアドル代表は、主力としてカタールW杯の南米予選に8試合出場した23歳のDFバイロン・カスティージョに国籍偽装の疑いが浮上。チリ・サッカー協会がFIFAの規律委員会に異議申し立てをしていた。

 一時は調査の結果、「クロ」とされ、カスティージョが出場した全8試合をエクアドルの黒星とした場合、南米予選7位だったチリがW杯出場圏内の4位に繰り上がり、カタール行きの切符を手にすると報じられたが、出場国が変更となることはなかった。

 FIFAのホームページで発表されたリリースで、以下のように説明がなされている。

「FIFA規律委員会は、カタールW杯予選にエクアドル代表として8試合に出場した、バイロン・カスティージョ選手の潜在的な無資格に関する決定を下した。関係者全員の提出物を分析し、持ち込まれたすべての要素を考慮した結果、FIFA規律委員会はエクアドル・サッカー協会に対して開始された手続きを終了することを決定した」

 同日に日本で、チュニジアとキリンカップサッカー2022で戦い、0−2で敗れたチリにとっては悲報となった。また、玉突きでわずかながらにW杯出場の可能性が出てきたと、欧州予選で敗退のイタリアでも盛り上がりを見せていただけに、同国メディア『Football Italia』は落胆。こう伝えている。

「FIFAがチリの申し立てを却下したため、エクアドルはW杯の出場権を維持し、イタリアへの門戸も完全に閉ざされた。(エクアドルが失格となった場合)理論的には、FIFAランキングで最も高い順位にある敗退チームが有利になるルールなので、イタリアが昇格していたはずだ。しかし、カスティージョが出場したすべての試合でエクアドルを敗戦にし、代わりにチリを南米の順位表の上位に押し上げるというのが、あり得る選択肢だっただろう」

 なお、スペイン紙『MARCA』によれば、チリはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴することができ、上訴した場合、CASは約1か月後に最終的な判決を下す。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/63bc25f99b8d15af426d546e0b0bed593e6c0de6

関連スレッド
【サッカー】エクアドル代表、従来通りカタールW杯出場へ… FIFAが調査終了を公式発表 チリの訴えを退ける [ニーニーφ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1654875962/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、マンCベルナルド・シルバの獲得に関心 マンCは140億円以上を要求 移籍実現は困難か(関連まとめ)

バルサ、B・シルヴァに関心...マンCは140億以上を要求、移籍実現は困難か
https://news.yahoo.co.jp/articles/1ebaa1763d354d00a1e997db2f1ae1a035b4ecb7
ベルナルドシルバ21-22マンC.jpg

バルセロナが、マンチェスター・Cに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シルヴァに関心を示しているようだ。9日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 現在27歳のB・シルヴァは母国のベンフィカの下部組織出身で、ベンフィカのトップチームやモナコでのプレーを経て、2017年夏にマンチェスター・Cに加入。豊富な運動量と足元のテクニック、長短のパスの展開力などを兼ね備えており、主にインサイドハーフや左右のウイングとしてプレー。ここまで公式戦251試合に出場し、48ゴール51アシストを記録。4度のリーグ制覇などに大きく貢献した。ポルトガル代表としては69試合に出場し8ゴール22アシストという成績を残している。

 そんなB・シルヴァの獲得にバルセロナが関心を示しているようだ。来シーズンに向け戦力の強化を図りたいバルセロナは、中盤の主軸の候補として以前から関心を示していたB・シルヴァをリストアップした模様。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』は、すでにクラブと代理人は交渉を行っており、B・シルヴァ本人はバルセロナへの移籍を前向きに検討しているとも伝えている。同紙は、B・シルヴァ本人がプライベートの事情を理由に母国ポルトガルの隣国でもあるスペインに新天地を求める可能性があるとの見方を示している。

 しかし、財政難に苦しむバルセロナにとってB・シルヴァの獲得のハードルは、非常に高いと言わざるを得ない。『マルカ』によると、B・シルヴァの移籍を望まないマンチェスター・Cは、移籍金として最低でも1億ユーロ(約140億円)を要求するとのことで、現時点でバルセロナがこの額を準備することは不可能に近いと指摘。移籍市場に詳しいジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏も自身のツイッター(Twitter)で、現時点で交渉成立は不可能であるとの見方を示し、バルセロナがオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを売却した場合にのみ、交渉が可能だと強調している。

 B・シルヴァ本人は2−0で勝利したUEFAネーションズリーグのチェコ戦後に、自身の去就について「バルセロナ?シーズンが終わったらどうなるか見てみよう」と、意味深な発言をしたとも報じられている。バルセロナは今後、どのような動きを見せるのだろうか。

BLUEMOONマンチェスターシティ 477citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1654610510/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:03 | 大阪 ☔ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、バルサMFフレンキー・デヨングに獲得オファー!バルセロナは真剣に検討

バルセロナ、マン・UからF・デ・ヨング獲得オファーが届く…真剣に検討している模様 | ラ・リーガ
https://news.yahoo.co.jp/articles/4f8738772e3c8b6e4094c7b3adc51dd7b1f1f7a6
フレンキーデヨング21-22バルサ.jpg

バルセロナがマンチェスター・ユナイテッドからMFフレンキー・デ・ヨング獲得オファーを受け取り、売却を真剣に検討しているという。スペイン『マルカ』が報じた。

今夏の選手補強を実現するために、人件費を早急に引き下げなければならないバルセロナだが、やはりF・デ・ヨングを手放すのかもしれない。バルセロナはユナイテッドから移籍金6000万ユーロ+インセンティブ2000万ユーロという獲得オファーを提示され、受け入れるかどうかを検討している模様だ。

2019年にアヤックスに移籍金7500万ユーロを支払ってF・デ・ヨングを獲得したバルセロナ。今夏、同選手を売却すれば人件費(年俸+減価償却費)として4000万ユーロを減らすことができ、さらに今季の損失もある程度補填することが可能となる。

その一方でF・デ・ヨング本人は、常々バルセロナへの愛情と残留希望を口にしてきた。ただ、先のオランダ代表戦終了後には「こことバルセロナで僕のプレーはまったく異なる。こっちの方が全然やりやすいと思うよ」と、バルセロナで真価を発揮できていないことを示唆。「自分はDFの前で最初にボールを受ける選手になり、そこから攻撃につなげたいんだ」とも話していたが、チャビ・エルナンデス監督はアンカーのMFセルヒオ・ブスケツを絶対的な存在と捉えており、同選手からポジションを奪取することも難しそうだ。

対して、ユナイテッドは来季からアヤックスでF・デ・ヨングを指導したテン・ハーグ監督がチームを率いる。『マルカ』曰く、テン・ハーグ監督はF・デ・ヨングに電話をかけて、ユナイテッドのプレーを彼中心で構築することを約束したという。

バルセロナだけでなく、もしかしたらF・デ・ヨング自身も、移籍に心が揺れているかもしれない。

† Red Devils Manchester United 1643 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1654179179/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジダン氏、PSG監督就任の可能性 合意との報道も代理人は否定(関連まとめ)

【サッカー】ジダンがPSG監督就任へ? 合意との報道も [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1654851352/
ジダン-レアル指揮.jpg

1: 久太郎 ★ 2022/06/10(金) 17:55:52.56 ID:CAP_USER9.net

パリ・サンジェルマン(PSG)が、ジネディーヌ・ジダン監督の招へいに近づいているという。フランス『RMC』など複数メディアが伝えた。

 昨年5月にレアル・マドリードの指揮官を辞任してからフリーとなっているジダンは、PSGのラブコールに応えることを決めた模様。すでに合意したという報道もある。


 一方で現指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、自身のSNSを更新。「グレート・メモリーズ」と題してPSGでの思い出深い瞬間を、選手時代から振り返っている。去就について触れているわけではないが、これが別れを示唆しているのではないかとも報じられた。

 夏に日本ツアーを行うことが決まっているPSG。ベンチで指揮を執るのがジダン監督ということはあり得るのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d3598e0c4edf0c696e7fa1d8d99124694ffefa6


PSG新指揮官最有力候補にジダンが急浮上!代理人との間で交渉が大きく前進
https://news.yahoo.co.jp/articles/0c7f408aa0725b90909e04c254f49576c3106849


パリ・サンジェルマン(PSG)の新指揮官最有力候補として、ジネディーヌ・ジダン監督が急浮上していることが『GOAL』の取材で明らかになった。

2021年1月に就任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下、2年ぶりのリーグ・アン制覇を達成したPSG。しかし、悲願であるチャンピオンズリーグではラウンド16でレアル・マドリー相手に逆転負けを喫し、さらに国内カップ戦でも早々に敗退している。リオネル・メッシやジャンルイジ・ドンナルンマ、セルヒオ・ラモスらの超大型補強に動いたものの、期待に応えられる結果を残せなかったことを受け、今夏のポチェッティーノ監督の解任が決定的と予想されている。

そんな中、スター軍団を新たに率いる指揮官の選定には注目が集まっており、先日からジョゼ・モウリーニョ監督やクリストフ・ガルティエ監督の名前が浮上。しかしここに来て、以前から興味が報じられてきたジダン監督が本命に浮上した。

『GOAL』の取材により、PSGとジダン監督の代理人との間で行われた交渉が大きく前進したことが判明。ただし、現段階ですぐに正式発表されることはないようだ。

古巣レアル・マドリーを率いて前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げるなど、ビッグイヤー獲得を熱望するPSGにとってジダン監督は非常に魅力的なターゲット。さらに、クリスティアーノ・ロナウドらを擁したスター軍団を束ね、同クラブでラモスやケイロル・ナバスらとともに働いてきた経験もあることがプラスとなっている。

なお、代理人を務めるアラン・ミリアッチョ氏は以前にフランス『レキップ』に対して「すべての憶測は根拠のないもの。私がジネディーヌ・ジダンの代理人を務める唯一の人間だ。ジダンも私もPSGのオーナーからの直接の接触はない」と主張している。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:47 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エクアドル代表、従来通りW杯出場へ!FIFAが調査完了を報告 チリの訴えを退ける

【サッカー】エクアドル代表、従来通りカタールW杯出場へ… FIFAが調査終了を公式発表 チリの訴えを退ける [ニーニーφ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1654875962/
エクアドル代表2022.jpg
1: ニーニーφ ★ 2022/06/11(土) 00:46:02.80 ID:CAP_USER9.net

 FIFA(国際サッカー連盟)は10日、エクアドル代表に対する調査が完了したことを発表した。この結果、エクアドル代表は従来通り2022FIFAワールドカップカタールに出場することとなる。

 エクアドル代表は2022FIFAワールドカップカタール・南米予選で4位となり、2大会ぶり4度目となるワールドカップ出場を決めていた。しかし、南米予選8試合でピッチに立ったバルセロナSC所属のDFバイロン・カスティージョに国籍偽装の疑いがあるとして、予選で敗退したチリ代表がFIFAの規律委員会に申し立てを実施。
5月11日にはチリサッカー連盟(FFC)からの申し立てを受けたFIFAが、カスティージョの出場資格に関する懲戒手続きの開始を決定していた。

 しかし、今回の発表を受けて、エクアドル代表は“お咎めなし”となった。FIFAは公式HPにて「関係者全員の提出物を分析し、今回持ち込まれたすべての要素を考慮した結果、FIFA規律委員会はFEF(エクアドルサッカー連盟)に対する調査を終了することを決定した。
規律委員会の調査結果は本日、全ての関係者に通知されている」と発表している。なお、「本決定はFIFA上訴委員会への控訴の対象となる」とも伝えられていることから、今後のチリサッカー連盟の動き次第では、再び調査が実施される可能性は残っている。

 エクアドル代表はカタールW杯でグループAに組み分けられている。開催国のカタール代表、セネガル代表、オランダ代表と対戦する予定だ。

SOCCER KING

https://news.yahoo.co.jp/articles/5a1df88e1f40e4da38d2802dfec75b562d6eb0eb



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、ガーナに4-1快勝!DF山根視来は見事な先制ゴールも失点にも絡む まとめその4(関連まとめ)

DF山根視来“天国と地獄”の14分間 らしさ全開飛び出しから先制点も痛恨パスミスで失点関与
https://news.yahoo.co.jp/articles/cfcc51f94bebac7946c87a551e2932dc6faa3ad3
山根2022ガーナ戦シュート.jpg


◆キリン杯 日本4―1ガーナ(10日・ノエスタ)

 右サイドバックで先発したDF山根視来にとって、いい意味でも悪い意味でも目立つ試合展開となった。

 序盤から右ウィングのFW堂安律、右インサイドハーフのMF久保建英と好連携を発揮。前半29分、右サイドに開いた久保のパスを中央で受けた堂安がワンタッチで前へ。山根が得意のインナーラップの形から走り込み、左足でサイドネットを揺らした。

 しかし1―0の14分後、痛恨のパスミスを犯した。自陣右サイドのライン際から中央にボールを送ったが味方は誰もおらず、「バイタルエリア」と呼ばれる危険なDFラインとMFの間で相手にボールを“献上”。ガーナのJ・アユーが右足で同点弾を蹴り込み、山根は頭を抱えて悔しがった。

 3分後にFW三笘薫が勝ち越し点を決め、後半にも2点を追加したことで事なきを得たが、わずか14分で“天国と地獄”を味わう展開となった。

☆〓〓〓〓川崎フロンターレ1525〓〓〓〓☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1654171383/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:54 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)