アンテナ・まとめ RSS

バルセロナ加入のケシエ、即イタリア復帰の可能性も…いまだ登録できずでフリー移籍可能に 古巣ミランやユベントスが候補

バルセロナMFが“とんぼ返り”? ケシエ、即イタリア復帰の可能性
https://news.yahoo.co.jp/articles/fb53c997903796b1bfb0817cfec027731dd9c483
ケシエ2022PSMバルサ.jpg

バルセロナのMFフランク・ケシエの去就が注目されている。イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』は、イタリア復帰の選択肢に触れた。

 ミランとの契約が満了となり、今夏フリーでバルセロナに加入したケシエだが、現在去就が注目されている。というのも、数日中にフリーでバルセロナを退団する可能性があると『ESPN』で報じられたためだ。


 ケシエとDFアンドレアス・クリステンセンは、フリーでバルセロナに加入した。しかし、バルセロナは財政面の問題でラ・リーガから選手登録を認められていない状況。FWロベルト・レヴァンドフスキらはフリートランスファーでの獲得ではないためすぐにフリーになることはできない模様だが、ケシエとクリステンセンについてはすぐにでも新天地を探す権利があるとされている。

 この報道はケシエが活躍したイタリアでも注目されており、早速復帰を予想する声が挙がっている。『コッリエレ・デッラ・セーラ』は、中盤補強に動いているユベントスが興味を持つのではないかとし、さらにMFレナト・サンチェスの獲得に失敗したミランへの電撃復帰もあり得ると予想した。

 ミランからの契約延長オファーを断り続けてバルセロナへ加入したケシエ。まさかの復帰はあるのだろうか。

■□■□╋ AC MILAN パート772☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1658718877/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:12 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、GKテア・シュテーゲンを放出か?給与削減に抗議したため?

バルサGKテアシュテーゲンを懲罰放出≠ゥ 給与削減に抗議したら逆ギレされた!
https://news.yahoo.co.jp/articles/0024e26a8e75e5fc83d25a51d590058d90ebf681
テア・シュテーゲン.jpg

スペイン1部バルセロナのドイツ代表GKマルクアンドレ・テアシュテーゲンが、クラブ側からの給与削減を拒否して首脳陣に抗議したことで放出要員の筆頭候補となってしまったようだ。

 バルセロナでは今季開幕を前に、サラリーキャップ制の超過で選手登録ができない問題が解決できず混迷を極めている。クラブ側は苦肉の策として所属選手に給与の減額を要請。大御所のDFピケら一部の選手は応じる姿勢を見せているものの、多くの選手が拒否する姿勢を示している。

 そうした中、テアシュテーゲンの行動が注目を集めている。スペインメディア「ミオトラリーガ」は「テアシュテーゲンは今でも給料を下げるつもりはない。ドイツ人はそれが最初の削減ではなく、過去にすでに行われていることを主張し『何の意味もない』と理事会に語った。クラブはこの夏、かなり高給の選手を獲得するためにそれを使うことを好んでいることもあるからだ」と報じた。テアシュテーゲンは他の選手同様に給与削減を拒否した上でクラブの現状を憂い、上層部にその思いを訴えたのだ。

 一流のプロ選手としてまっとうな行動であるようにも思えるが、クラブ側はこれに激怒。「それは非常に高くつく可能性がある。ラポルタ会長やアレマニーSDは、誰かを放出する必要があることを認識しており、それをテアシュテーゲンにするという選択肢を検討している。彼らは売ろうとするかもしれない」と同メディアは指摘した。

 テアシュテーゲンを巡ってはすでに高給を理由に放出候補に挙がっていたが、バルセロナ側は給与削減への反発を造反≠ニ捉えて放出が加速する可能性が出てきた。

 クラブと選手側の対立は深まるばかりで、今季をまともに戦えるのか疑問符が付きそうだ。

》╋||||《F.C.Blaugrana バルセロナ46》╋||||《
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660089269/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:03 | 大阪 ☁ | Comment(33) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、U21スペイン代表DFセルヒオ・ゴメス獲得でアンデルレヒトと合意か?移籍金は20億円に?

左SB補強に動くマンチェスター・C、スペインU-21代表DF獲得で合意か…移籍金は約20億円に?
https://news.yahoo.co.jp/articles/a9cb4ace4f66c8fd615509b3a4834dee45e50eb8
セルヒオ・ゴメス21-22アンデルレヒト02.jpg

マンチェスター・シティは、スペインU-21代表DFセルヒオ・ゴメスの獲得に近づいているようだ。

今夏の移籍市場でオレクサンドル・ジンチェンコを放出したマンチェスター・C。左サイドバックの補強に動いていたが、トップターゲットとされていたスペイン代表DFマルク・ククレジャは、ブライトンの要求額を前に断念したことが伝えられている。

そしてマンチェスター・Cは、新たなターゲットの確保に近づいているという。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、セルヒオ・ゴメスの移籍でアンデルレヒトと合意。移籍金は1500万ユーロ(約20億円)に近い金額となるようだ。

同氏によると、セルヒオ・ゴメスは近日中にマンチェスター・Cとサインすることになる模様。そのままトップチームに合流する可能性は高いが、シティ・フットボール・グループの一員であるジローナ(ラ・リーガ)へレンタルする選択肢もあると伝えられている。

BLUEMOONマンチェスターシティ 483citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1659790954/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、英国人実業家ナイトン氏がクラブ買収に乗り出す!チーム再建へ「新しいオーナーが必要だ」

英国人実業家がマンU買収に乗り出す チーム再建へ「新しいオーナーが必要だ」=英紙報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/0b66dfaf23162b419e4a15b3f721b04fefdfe01e
マイケル・ナイトン.jpg

 イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドでかつてディレクターを務めていた英国人実業家のマイケル・ナイトン氏(69)が同クラブの買収に乗り出すことを宣言したと英紙「デーリー・スター」が伝えている。

 マンUは2005年にクラブ株式を取得した米国人実業家のアブラム・グレイザー共同会長を中心とするグレイザー一族≠ェクラブの実権を握っている。しかし、近年のチーム低迷を受けてサポーターらが一族のクラブ運営に猛反発。リーグ開幕戦でも、クラブオーナーへの不満を爆発させるなど、不穏なムードが漂い始めている。

 そんな中、同紙によるとナイトン氏は「マンUは危機に直面している」と語った上で「無能で率直に言って役に立たない人たちが(マンUの)所有権を持っています。このクラブには新しいオーナーが必要である。それが私の目標だ。私はいくつかの良い約束と良い資金を得ている。私たちは現在、オファー文書に取り組んでいます」と主張しているという。

 さらに同氏は「彼らはクラブから巨額の配当を引き出すのをやめなければならない。我々(マンUファン)はこれらの巨額な債務返済の費用を支払うのをやめなければならない。彼らがクラブを売却する時が来た」と強調し「スタジアムを修復し、クラブを元の場所に戻す必要があります」と呼びかけ、チームの再建を誓った。

 ナイトン氏は1989年にマンUの買収に乗り出したことで知られている。ただ、数千億円の費用が必要とみられ、どこまで資金が準備ができているかは不明だ。チームがポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(37)の退団騒動で揺れる中、今後の動向が注目される。

† Red Devils Manchester United 1664 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1659961648/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸FWリンコン、ブラジル2部クルゼイロに期限付き移籍が決定「自分の幸せと夢を求めて出発します」

J1神戸・リンコン クルゼイロに期限付き移籍「自分の幸せと夢を求めて出発します」
https://news.yahoo.co.jp/articles/863d6cfbe0c7ce3d17df310988bfb161f3e70c9e
リンコン神戸ホーム.jpg

J1神戸は11日、FWリンコン(21)がブラジル2部クルゼイロに期限付き移籍することを発表した。移籍期限は23年シーズン終了まで。

 U−20ブラジル代表歴を誇るリンコンはフラメンゴ(ブラジル)から完全移籍で21年に神戸に加入。補強の目玉だったが、負傷も重なり昨季はリーグ戦13試合1得点。今季もリーグ戦では8試合無得点と期待された結果は残すことができず、5月29日の札幌戦(ノエスタ)を最後にベンチ入りからも外れていた。

 クラブを通じて「今日まで僕のことを応援してくれた全てのヴィッセルファンに感謝します。僕にとってあなたたちはとても特別です。今日、自分の幸せと夢を求めてブラジルへ出発します。これからは家族がそばにいてくれますし、最高の状態で全力で頑張ります。ヴィッセル神戸がこの状況から抜け出せるよう、遠くにいても応援しています。僕の心からのありがとうがヴィッセル神戸の全てのファンの皆様に届きますように」とコメントした。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14885
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1660153041/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、モラタ&オーバメヤンが新ストライカー候補に浮上!スペインから逆オファーか?

マンUにスペインから“逆オファー”? ストライカー探し難航もモラタ&オーバメヤンが新候補浮上か
https://news.yahoo.co.jp/articles/f1bfe07bc89a726411e5435e7cdf4e484c61ac82
モラタとオバメヤン.jpg

アウナウトビッチからは手を引いたユナイテッドへの逆オファーが報じられる
 イングランド1部マンチェスター・ユナイテッドは、今夏の移籍市場で新たなFWの獲得に動いている。イタリア1部ボローニャに所属するオーストリア代表FWマルコ・アウナウトビッチへの関心が報じられたが、オファーを断られて断念。そうしたなか、スペイン1部アトレティコはかつてチェルシーでもプレーしたスペイン代表FWアルバロ・モラタを、FCバルセロナはかつてアーセナルでプレーした元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンを、それぞれユナイテッドに対してオファーしたようだ。英地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」が報じている。

 今夏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが退団の意向を表明したユナイテッドは、前線の強化に動いている。オーストリア1部レッドブル・ザルツブルクのスロバニア人FWベンジャミン・セスコへの関心も取り沙汰されていたが、セスコはドイツ1部RBライプツィヒへ移籍。アウナウトビッチ獲得に動いたが、こちらも交渉は不調に終わり、アウナウトビッチ獲得に動いたことで、不満を持ったファンも多くいたという。

 そうしたなか、モラタが次のターゲットになる可能性があるようだ。2017年から2020年までチェルシーに籍を置いていたモラタは、2019-20シーズンにはリーグ戦で16得点を記録。その後、アトレティコへ戻ったが、過去2シーズンはイタリア1部ユベントスでプレーしていた。しかし、ユベントスは完全移籍での獲得は希望せず、今季はアトレティコへ復帰することになっていた。

 米スポーツ専門局「ESPN」によると、「アトレティコは、契約が残り1年となったモラタの放出に動いており、ユナイテッドに対して29歳のFWの逆オファーを送った」という。また、英紙「インデペンデント」は、バルセロナからオーバメヤンをオファーされたとも報じている。

 ストライカー探しに難航しているユナイテッドだが、かつてプレミアリーグでプレーした経験のあるモラタやオーバメヤンを、前線のオプションとして加えることになるのだろうか。

† Red Devils Manchester United 1664 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1659961648/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F・デヨング、バルセロナへの提訴を検討 バルセロナは新戦力の登録できずケシエらがフリーで退団の可能性

年俸削減を求められているFデヨングがバルセロナの提訴を検討=仏メディア報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/a6abd325192e6ccab9ba4020c44c2a11c22124b8
フレンキー22-23PSM.jpg


オランダ代表MFフレンキー・デヨング(25)が所属するスペイン1部バルセロナへの提訴を検討しているとフランスメディア「sports.fr」が伝えている。

 クラブから年俸削減を求められているデヨングは要請を拒否。その上でクラブ間合意したと報じられているイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーから届いているオファーに応じるつもりもなく、引き続きバルセロナでプレーする意向を固めている。

 クラブ側はサラリーキャップの制限オーバーの状況を打開しなければ新戦力を選手登録できないため、高額年俸のデヨングに給与削減や他クラブへの移籍を望んでいると各メディアが報道。クラブとデヨング側の深刻な対立も懸念されるなど、その動向の注目度は高まっている。

 そんな中、同メディアは「デヨングがバルセロナに宣戦布告」との見出しを付けて「デヨングの側近はバルセロナの行動を非難している。彼の弁護士はバルセロナの最近の行動を含むすべてのファイルを管轄機関(国際プロサッカー選手会やスペインリーグなど)へ送信する準備をしている」と指摘する。

 13日(日本時間14日)にリーグ開幕が迫る中、選手登録の行方とともに、バルセロナとデヨングの攻防戦≠熬獄レされそうだ。

バルサのクリステンセン&ケシエが移籍金なしで退団も!?
https://news.yahoo.co.jp/articles/d6cababa2eafd0bdd0459d9b021e0b3f1c371e0f

 バルセロナが今夏に獲得したデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンと、コートジボワール代表MFフランク・ケシエが、今週末のラ・リーガ開幕戦までに出場選手登録されなかった場合、移籍金なしでチームを去る可能性があると、『ESPN』が報じている。

 クリステンセンとケシエは、それぞれチェルシーとミランでの契約を満了し、今夏に移籍金なしでバルセロナに加入した新戦力。しかし、新シーズンの開幕が3日後に迫るなか、バルサのサラリーキャップの問題により、両選手とも出場選手登録が完了していない状況だ。

 バルサはその他にも、今夏に獲得したロベルト・レヴァンドフスキ、ハフィーニャ、ジュール・クンデといった選手に加え、新たに契約を延長したセルジ・ロベルトとウスマン・デンベレの登録も終えられていない。

 『ESPN』は情報筋の話として、バルサが開幕節のラージョ戦までに出場選手登録を終えられなければ、移籍金なしで加入した両選手は退団を選択し、フリーで移籍する権利があると主張。しかし、現時点でその可能性は低く、バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、7選手とも登録が間に合うと楽観視しているようだ

 バルセロナは今夏、25年間に及ぶ国内TV放映権の25%とバルサ・スタジオの株式24.5%を売却し、6億ユーロ(約828億円)以上を調達。しかし、支出の部分に問題があるバルセロナは、依然として全選手を登録するほどの余裕を生み出せていないという。そのため、収入を増やすか支出を減らす必要があり、クラブはさらなる資産(バルサ・スタジオの株式24.5%)の売却や、セルヒオ・ブスケッツやジェラール・ピケといった高額な給料を得ている選手たちの契約内容の変更に向けた交渉などを続けいこうとしている。

 クラブ資産の売却と支出削減により、全選手の登録は可能になるのか。また、それに伴う選手の移籍報道などもあり、目の離せない状況が続いている。

》╋||||《F.C.Blaugrana バルセロナ46》╋||||《
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660089269/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(34) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、植毛事業が大成功!事業価値は投資額の5倍以上となる約140億円に

【サッカー】C・ロナウドが植毛事業で大成功 事業価値は投資額の5倍以上となる約140億円に [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1660179690/
Cロナウド22-23開幕戦.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/08/11(木) 10:01:30.29 ID:CAP_USER9.net

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属するポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(37)が、植毛業界で大成功を収めている。

 去就問題に揺れるロナウドだが、実業家として現在絶好調。ホテル業や下着ブランドなど多角的に展開しているが、なかでも飛ぶ鳥を落とす勢いなのが植毛事業だ。

 英紙「サン」は「ロナウドはポルトガルにすでに10のInsparyaクリニックがあり、スペインではマドリードに続いてこのほどマルベーリャにおしゃれな新しいクリニックを設立して帝国≠拡大している」と報じた。

「Insparya」はロナウドが出資している植毛・発毛分野の研究や施術を行うクリニックのブランド名。ロボットなどの最新技術も取り入れ、ポルトガルやスペインでは大きな話題になり客が殺到している。

 同紙によると、植毛事業に注力するロナウドは以前から「脱毛症は欧州だけでなく世界中で非常に大きな問題だ。われわれは人々が自尊心を高め、恥ずかしがらずにここに来るのを助けたい。誰もが自分のイメージを大事にすることを好む」と熱弁。さらに「髪の移植が必要だと思ったら、もちろんやる。自分のイメージは成功するための不可欠なツールだ。それは僕にとって基本的なことだ」と自身も今後必要に応じて、経営するクリニックで植毛手術を行うことに意欲を見せている。盟友のウェイン・ルーニー氏などにも施術を勧める予定だという。

 ロナウドがこの植毛事業に最初に投資した額は約26億円だったが、米誌「フォーブス」によると現在の事業価値は「8500万ポンド(約140億円)に上がっている」。5倍以上に跳ね上がっており、ロナウドの実業家としての卓越した手腕が注目を集めている。

 移籍先が見つからずサッカー選手としては窮地を迎えているロナウドだが、副業では勢いを増すばかりだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/5fe14f0e90d3542811677a78abe0575d48716aea



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル・マドリード、欧州スーパー杯優勝!鎌田奮闘のフランクフルトにアラバ&ベンゼマ弾で2-0快勝(関連まとめ)

CL王者マドリーがアラバ&ベンゼマ弾で5年ぶりの欧州スーパー杯制覇! フランクフルトは鎌田大地が奮闘も決定機逸が響く
https://news.yahoo.co.jp/articles/5f801c94803c60fc878f8122256122f8393d855b
レアル2022欧州スーパー杯優勝.jpg

 現地時間8月10日、ヘルシンキで開催された欧州スーパーカップで、昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)を制したレアル・マドリーと、ヨーロッパリーグ(EL)王者のフランクフルトが激突した。

 CL決勝と同じベストメンバーで臨んできたマドリーに対し、フランクフルトは鎌田大地がスタメンで3-4-2-1の2シャドーの一角に入り、長谷部誠はベンチスタートとなった。

 最初にビッグチャンスを迎えたのはフランクフルトだった。14分、カウンターからボレのパスを受けた鎌田が敵GKクルトワと1対1となるも、左足のシュートは惜しくもセーブされる。決定機を決められなかった日本代表MFだが、その後も抜群のキープ力を発揮し、堂々たるプレーを披露する。

 EL王者は17分、エリア内でベンゼマのパスを受けたヴィニシウスにシュートを浴びるが、DFトゥタがクリアしてピンチを防ぐ。

 マドリーは37分、ヴィニシウスのシュートは敵GKトラップの好セーブに阻まれる。だが、これで得たCKにベンゼマが頭で触り、カゼミーロがヘッドで折り返したボールを、DFアラバが左足で押し込み、先制に成功する。


 1点リードで折り返したマドリーは55分、ヴィニシウスがシュートを放つも、トラップに防がれる。61分にもヴィニシウスが左足で狙うが、これもバーに嫌われる。

 それでも65分、左サイドから仕掛けたヴィニシウスのグラウンダーのクロスにベンゼマがダイレクトで合わせ、追加点を奪う。

 地力の差を見せつけたマドリーがこのまま2-0で勝利。2017年以来、5度目の戴冠を果たした。なお、途中でボランチに下がった鎌田はフル出場、長谷部に出番は回ってこなかった。

◆◇El Blanco Real Madrid 1208◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660159308/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:37 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナルMFロコンガ、ミランが獲得に興味か?

中盤を補強したいミラン、アーセナルMFサンビ・ロコンガに興味か
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc4a5dfc872eaf2dab7b9f11dac7aafbc16b04c1
ロコンガ21-22.jpg


ミランがアーセナルのベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(22)の獲得を目指しているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が報じた。

サンビ・ロコンガはDRコンゴにルーツを持つベルギー代表MF。アンデルレヒトで育つと、昨夏アーセナルへと完全移籍を果たす。

アーセナルでの1年目はシーズン当初は出番があったものの、トーマス・パルティ、グラニト・ジャカ、モハメド・エルネニーとのポジション争いがあり、公式戦24試合の出場に終わっていた。

今シーズンも開幕戦の終盤に出場したが、ミランが虎視眈々と狙っているという。

2026年までアーセナルと契約が残っているため、ミランが獲得するとしてもレンタル移籍になる見込み。ただ、中盤の補強を行いたいクラブは、出番が限られそうなサンビ・ロコンガに目をつけ、一気に話をまとめたい考えがあるようだ。

アーセナルはトーマス、ジャカ、エルネニーに加え、U-21ポルトガル代表MFファビオ・ヴィエイラも獲得。出場機会を与えるためにサンビ・ロコンガを貸し出す可能性はありそうだと見られている。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1881】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660051496/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)