アンテナ・まとめ RSS

スペイン代表、エンリケ監督が退任…カタールW杯はベスト16で敗退 後任は東京五輪で指揮のデ・ラ・フエンテ氏に決定

【W杯】スペイン代表エンリケ監督が退任 今大会ベスト16で敗退…グループリーグで日本代表と対戦 [フォーエバー★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1670502619/
エンリケ監督2022W杯モロッコ戦後.jpg
1: フォーエバー ★ 2022/12/08(木) 21:30:19.98 ID:k6KQ4UMY9.net

12/8(木) 21:14配信

FOOTBALL ZONE
ラウンド16でモロッコに屈し、早々と大会を去る
スペインを率いるルイス・エンリケ監督【写真:ロイター】

 カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16で、モロッコ代表にPK戦の末に敗れたスペイン代表のルイス・エンリケ監督が退任した。スペインサッカー連盟の発表を受け、米メディア「Eurosport」などが報じている。

【動画】「なぜそんなことに…」 W杯開催地のカタール、スタジアム付近の地面に大きな穴が出現

 日本代表と同じグループEに入っていたスペイン代表は、グループリーグ初戦でコスタリカ代表に7-0と大勝したが、続くドイツ代表戦を1-1で引き分けると、日本戦では1-2で敗れて日本に次ぐ2位でグループを通過した。ラウンド16では、グループF首位のモロッコ代表と対戦したが、スコアレスのまま迎えたPK戦で0-3の敗戦を喫していた。

 ルイス・エンリケ監督は、日本代表がPK戦でクロアチア代表に敗れた12月5日の前日会見で、「W杯までにクラブで少なくとも1000回はPKの練習をするように伝えた」と言い、PK戦に向けても準備は万端だと豪語していたが、全3選手がシュートを決められなかった。

 試合後は去就について「続けるかどうか分からない。何も言うことはできない。私の将来はどうでもいいこと。私や代表チームにとって、何がベストかを考えなければいけない」と話していたが、退任という結論に至ったようだ。

 グループリーグで敗退したドイツはハンス=ディーター・フリック監督の続投を決めたが、ラウンド16に進んだスペインは、エンリケ監督と袂を分かつこととなった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7897f21b227d656ef7431b88467a0321f0cf0989

https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhNrRI0RUQxg5aFkrX0xDg1_T0wXrbEJjtNGtrf1o9y3CuYvpsuV2JSPLPo4ge3wV2nuk_Lnoi-sXsg2HKkZhW6naF-N8_bHnWSHgSc3UmQ1CisHOF2eaCVZyTqNGzMxwGYDJpMT1hjqdinufjuexbt04EGjfuiyIPsF_cYpLtMl


スペイン代表、新指揮官はデ・ラ・フエンテ氏に決定! ルイス・エンリケ監督の退任直後に発表
https://news.yahoo.co.jp/articles/f6959259424517a5334459dc9cce35a91b15dd0e
RFEF(スペインサッカー連盟)は8日、A代表の新監督にルイス・デ・ラ・フエンテ氏が就任することを発表した。RFEFは直前にルイス・エンリケ監督が退任することを発表していた。デ・ラ・フエンテ氏は、12日に行われるRFEF取締役会の承認を受けた後、正式就任となる。

スペイン代表は、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループEで日本代表、コスタリカ代表、ドイツ代表と同居し、1勝1分け1敗で2位通過。決勝トーナメント1回戦ではモロッコ代表と対戦するも、PK戦の末に涙を呑んだ。

この結果を受けて、RFEFのスポーツマネジメントは「近年に達成された成長を継続させる目的として、スペイン代表チームのために新たなプロジェクトを開始する必要があると判断した」とのレポートをルイス・ルビアレス会長に提出。「代表チームの指揮を執った彼と、コーチングスタッフ全員に感謝したい」との声明を発表し、ルイス・エンリケ監督と袂を分かつことを決断した。

そして、ルイス・エンリケ前監督の退任発表からほどなくして、現在61歳のデ・ラ・フエンテ氏が新指揮官となることを発表した。現役時代にアスレティック・ビルバオやセビージャなどでプレーしたデ・ラ・フエンテ氏は引退後、ビルバオやアラベスなどを指揮。2013年から一貫してアンダー年代のスペイン代表を率いており、昨夏には東京五輪の準決勝で日本代表とも相まみえ、立ちはだかった。2018年からはU-21スペイン代表を率いており、そのまま内部昇格する形で初めてA代表を指揮することなっている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(23) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本のベスト8進出は、やはり難関だった?英紙「4年前よりもいいチームだが…」 欧州&南米勢が席巻の現実 

【W杯】日本のベスト8入り、やはり難関だった? 欧州&南米勢が席巻の“現実”「4年前よりもいいチームだが…」 [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1670459885/
吉田クロアチア戦後挨拶.jpg

1: 首都圏の虎 ★ 2022/12/08(木) 09:38:05.18 ID:S9wRZ9PG9.net

大会ベスト8は強豪国揃い、アジア勢や北中米カリブ海勢は全滅

 カタール・ワールドカップ(W杯)は現地時間12月6日までに全64試合中の56試合を終え、ベスト8が出揃った。その顔ぶれはヨーロッパ5か国、南米2か国、そしてアフリカ1か国。アジア勢や北中米カリブ海勢は全滅し、欧州・南米勢の強さが際立つ結果となった。

 英紙「インディペンデント」は「W杯のガラスの天井が追いかける者たちを切り離した」と決勝トーナメント1回戦の結果を総括。日本代表やメキシコ代表などベスト16の壁に阻まれ続ける国の現状に着目した。

 メキシコでは「la maldicion del quinto Partido(5試合目の呪い)」という言葉があるという。W杯で3試合のグループリーグを勝ち抜いてベスト16には残るが、5試合目にあたる準々決勝には辿り着けないことを表している。いずれも自国開催だった1970年と1986年大会ではベスト8に駒を進めているメキシコだが、1994年アメリカW杯から2018年ロシアW杯まで7大会連続でベスト16敗退。今大会はグループリーグ敗退に終わったが、W杯ではことごとくベスト16の壁に阻まれてきた。

 その点は日本も同じだ。今大会はグループリーグE組に入り、ドイツ代表とスペイン代表から勝利を収め、首位で決勝トーナメントに進出。その快進撃は世界からも注目を集めたが、F組2位通過のクロアチア代表と対戦した決勝トーナメント1回戦で敗北。2002年日韓W杯、2010年南アフリカW杯、2018年ロシアW杯に続く“4度目の正直”は叶わなかった。

 そのほかにもアメリカ代表と韓国代表の両国も今大会、決勝トーナメント1回戦で敗退。日韓W杯でそれぞれベスト8と4位に躍進した両国もこの20年間はベスト16の壁を破れずにいる。FIFAランキングで言えば15〜30位前後の国にとって世界のトップ8に残ることがどれだけ難しいかを改めて実感する大会になったと言えるだろう。
 
 インディペンデント紙はこの日本や韓国、アメリカ、メキシコといった国は「ガラスの天井にぶつかり続けている」と表現し、次にように記した。

「(欧州や南米以外の)主要な代表チームがここ数十年の間に向上していることは疑いの余地がない。日本やアメリカは4年前よりもいいチームだと感じた。しかし、競争力を高め、戦術的に優れたチームを作り、多くの選手を有力国のリーグに送り込んだとしても、世界のサッカー界で13〜25位のチームであることもまた事実だった。アジアやアフリカ、北米の多くのチームにとっては準々決勝こそが最後のフロンティアであるかのように見えたほどだ」

 実際に今大会で欧州と南米以外でベスト8に残ったのはアフリカのモロッコ代表のみ。アジア勢や北中米カリブ海勢にとっては厳しい結果となったことは言うまでもない。

 次回の2026年W杯は出場国が32から48か国に増加し、32チームが決勝トーナメントに進出するなど大会方式もがらりと変化するが、日本など“ガラスの天井”に阻まれていた国はこの壁を突破することができるだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/67943d666a2dc9e6361bf884934d08a624d78816



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(30) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表MF三笘薫、実兄は俳優の結木滉星だった?

【独自】W杯日本代表「三苫薫」の実兄(27)は俳優だった [ひかり★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1670465355/
結木滉星と三笘.jpg
1: ひかり ★ 2022/12/08(木) 11:09:15.67 ID:dkhLt0XE9.net

 森保ジャパンのワールドカップが終わった。初のベスト8に向け、決勝トーナメント1回戦ではクロアチアを相手に善戦したが、PK戦の末に敗れた。試合後、2番手のキッカーとしてPKを外した三笘薫(25)は号泣。これを見たサポーターは、それでも感謝の言葉を送った。

 ***
 SNS上には、三苫への感謝の言葉が溢れている。

《最後の試合の三苫選手にとても感動しました。あなたは凄い人です。泣かないで、胸を張って頂きたいです。ありがとうございました! 》

《三苫/ワールドカップのMVPはお前だよ.../まじですげぇよ/ありがとな!! 夢を見せてくれて/腕を魅せてくれて/これからの躍動に期待する!! スピードスター/#三苫薫》

《今思い返しても、三苫さんが左サイドからど真ん中に切り込んでシュートするシーンは鳥肌立ったな。/素晴らしいプレイをありがとう、ありがとう。》

 アジア予選やグループリーグでの三苫の活躍がなければ、ここまでたどり着くことはできなかった。そんな三苫をよく知る関係者は言う。

「三苫は今年7月に結婚したばかりですが、お相手は現役の三段跳び選手の剱持クリアさん。彼女の父親も元日本記録保持者であることが報じられ、世間を驚かせました。実はもう1人、彼の家族には有名人がいるんです。三苫の兄は芸能人なんですよ。スーパー戦隊シリーズのヒーローを演じたり、ドラマにもけっこう出演しているので、三苫は『これ! 俺の兄貴!』なんて言っていますよ」

 その名は、結木滉星(ゆうき・こうせい)(27)だ。結木は高校生の時にスカウトされ、2012年からドラマや舞台などで俳優として活動している。17年には舞台『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“進化の夏”』の赤葦京治役で持ち前の運動神経の良さを見せつけ注目された。
「ちょうどその頃、三苫もTwitterで《兄が最近頑張ってるから俺も頑張る》と呟いていました」

 そのつぶやきが後押ししたのか、同年に公開された「一礼して、キス」で映画初出演。翌年には、若手俳優の登竜門とされるスーパー戦隊シリーズ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日)でドラマ初主演を果たした。今年は「エロい彼氏が私を魅わす」(フジテレビ)や「テッパチ!」(同)、「PICU 小児集中治療室」(同)、映画「凪の島」などに出演している。まさに売り出し中だ。

 もっとも、ネット上では以前から、この2人が《兄弟なのでは? 》という憶測が出ていた。

 まず、2人ともハンサムでよく似ているということ。結木には弟が、三苫には兄がいることが公表されており、2人とも大分県出身で神奈川県に越してきたこと。結木はサッカーが趣味で、三苫は兄の影響でサッカーを始めたということが、主な根拠となっている。

 一方で、兄弟説をデマとする見方もあった。結木の本名は「結城」だからというのだ。その理由として、とあるインタビューで、本人が「結木滉星は芸名なんです。元々、“木”が“城”だったんですけど、“城”はありきたりだと思って、“木”にしてもらいました」と答えているためだ。

 結木を知る映画関係者は言う。

「結木の弟は三苫で間違いありません」

 結木の本名は結城という説があるが、

「違います。最初に考えた芸名が『結城』で、それを『結木』に変えてもらったという話ですよ」

 それにしても、なぜ兄弟であることを公表しないのだろう。

「結木が弟に配慮したためです。彼は“宝物は家族”と言うほどですからね」

 この件について所属事務所に尋ねたが、返答はなかった。

 前出の映画関係者は言う。

「結木はインタビューで、子供の頃の夢として『サッカー選手とヒーロー』と答えたことがありました。ヒーローは戦隊モノでかなえました。サッカー選手は弟がかなえ、一流選手になった。次は兄の番でしょう。俳優としての飛躍を期待しています」
デイリー新潮編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/b0ae6d4d54c3a3420439fcc707228d6097e8f160
「結木滉星」Instagramより
結木滉星インスタ.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(19) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1名古屋、鹿島MF和泉竜司を完全移籍での復帰を発表「グランパスは特別なクラブです」(関連まとめ)

和泉竜司が鹿島から名古屋に4年ぶり復帰! 「グランパスは特別なクラブです」
https://news.yahoo.co.jp/articles/90b9cbad8876d6b387f5d09b621631c240238d47
和泉鹿島.jpg

名古屋グランパスは8日、MF和泉竜司が鹿島アントラーズから完全移籍加入することを発表した。

和泉は明治大学卒業後の2016年に名古屋でプロデビュー。主力として活躍し、2020年より鹿島に完全移籍した。2022シーズンには明治安田生命J1リーグ30試合に出場している。

2019年以来4年ぶりの名古屋への復帰に、和泉はクラブ公式サイトを通じて「お久しぶりです」と挨拶し、以下のように説明した。

「3年前名古屋を離れることを決め、覚悟を持って鹿島に移籍しましたが、タイトルも獲れず納得の行く結果を出すことは出来ませんでした。そんな中、再びオファーをいただき嬉しさの反面、結果も出せていないのに名古屋に戻ってもいいのかととても悩みました。ただ僕の中でやっぱりグランパスは特別なクラブです。このクラブのために戦いたい、グランパスファミリーの皆さんに多くの勝利を届け、タイトルを獲って共に喜びたい。その想いは変わっていません」

そして、「また皆さんの前でプレー出来ることを嬉しく思います。タイトル獲得のため、自分に出来ることはすべてやります。グランパスファミリーで闘いましょう。あらためてよろしくお願いします」と喜びを伝えている。

また、鹿島に向けては感謝を述べた。

「アントラーズに在籍した3年間、どんな時も応援していただいたファン・サポーターの皆さま、ともに戦ってサポートしてくれたチーム関係者の方々には感謝しかありません。タイトルを取ってともに喜ぶことができなかったのは申し訳なく思いますし、僕自身、そこだけが心残りです。でも、素晴らしい選手、スタッフと過ごしたこの3年間は、僕にとって一生の財産です。このクラブで経験したことを生かして、サッカーを楽しみながらも勝ちにこだわっていきたいと思います。3年間、本当にありがとうございました」


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15285
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1670459492/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、元日本代表でG大阪DF昌子源の完全移籍での復帰を発表「ただいま!」(関連まとめ)

鹿島、DF昌子源の完全移籍加入を発表 2018年以来の古巣復帰「ただいま!」
https://news.yahoo.co.jp/articles/16f74f2cd7717e4f18b79e98f8f50fecde25ceb8
昌子2022G大阪手を振る.jpg

昌子は米子北高から2011年に鹿島に加入し、14年からレギュラーに定着。日本代表としても18年のロシア・ワールドカップ(W杯)でレギュラーとして活躍した。フランス1部トゥールーズでの海外挑戦を経て、20年からはジュニアユース時代を過ごしたG大阪へ。主力として今季はJ1残留に貢献していた。

 G大阪公式サイトでは「3年間ありがとうございました。1年目は怪我のリハビリから始まり、2、3年目は残留争いに巻き込まれる難しいシーズンが続きました。ですが、どんな時も自分の100%で取り組み、常にガンバの勝利のためだけに全力を注いだことに嘘はありません。ファン・サポーターの皆さんと一緒に戦えたのも僕の財産であり、誇りです」とコメント。「今シーズンは苦しい戦いが多く、たくさんの勝利を共に喜び合う機会は少なかったですが、皆さんの『声』のもとで手にした、ホーム最終戦・ジュビロ磐田戦での勝利も、リーグ最終戦・鹿島アントラーズ戦での歓喜も最高に嬉しかったです」と振り返り、「次は、対戦相手としてこのスタジアムに戻ってきます。ガンバの前に、皆さんの前に立ちはだかります。3年間ともに戦った選手、コーチングスタッフ、クラブスタッフをはじめ、ファン・サポーターの皆さんに心から感謝しています。ありがとうございました」と結んだ。

 鹿島公式サイトでは「ただいま!」とシンプルなコメントを発表している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15285
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1670459492/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カタールW杯、ベスト8が出揃う!モロッコはスペイン下し初の8強進出の快挙

【図解】モロッコ、ポルトガルが準々決勝へ=8強出そろう―W杯サッカー [フォーエバー★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1670364757/
2022W杯ベスト8.jpg

1: フォーエバー ★ 2022/12/07(水) 07:12:37.79 ID:0/Lvj2ty9

12/7(水) 6:53配信

時事通信
W杯決勝トーナメント

 【アルラヤン時事】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会第17日は6日、アルラヤンなどで決勝トーナメント1回戦が行われ、モロッコが2010年大会優勝のスペインをPK戦の末に破り、6度目の出場で初の8強入りを果たした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9c33dcf5881e44adccf1e5744b42d8d838421885


W杯ベスト8トーナメント.jpg


ワールドカップのベスト8が出揃う! 日本とスペイン敗退でE組全滅、モロッコは初の快挙
https://news.yahoo.co.jp/articles/71aca6f41bcae1bd7e54645df6fca4246e905524

 FIFAワールドカップカタール2022・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)の全日程が終了した。

 3日に行われた一戦ではオランダ代表がアメリカ代表を下し、ベスト8入り一番乗り。2018年のロシア大会には出場していないことから、2大会ぶりの準々決勝進出となった。一方、アルゼンチン代表はリオネル・メッシとフリアン・アルバレスの得点でオーストラリア代表に勝利。“エース”にとって最後のワールドカップを制覇するため、まずはラウンド16を突破した。

 4日には前回王者のフランス代表が登場。オリヴィエ・ジルーが同国代表の最多得点記録を更新するゴールを決めてフランス代表が先制すると、後半にはキリアン・エンバペが2得点。今大会5得点目でポーランド代表にトドメを刺し、連覇に向けてノックアウトステージの第1歩を踏み出した。“優勝候補”の一角として名前が挙がることも多いイングランド代表はセネガル代表と対戦。ここまでゴールのなかったハリー・ケインに大会初得点も生まれ、3−0と快勝を飾った。

 5日に行われた一戦では、“死の組”と称されたグループEを首位で通過した日本代表が、前回大会準優勝国のクロアチア代表と対戦。前田大然のゴールで日本代表が先手を取るも、後半にイヴァン・ペリシッチにゴールを許す。90分間、延長戦を経てPK戦で決着がつき、クロアチア代表が2大会連続の8強入りを決めた。一方、“優勝候補”の大本命であるブラジル代表は、序盤から韓国代表を圧倒。終わってみれば4−1で勝利し、問題なく準々決勝に駒を進めている。

 最後の2枠を争った6日には、モロッコ代表とスペイン代表が激突。試合はスコアレスドローのままPK戦に突入すると、モロッコ代表の“守護神”ボノが大活躍。スペイン代表は1人もPKでゴールネットを揺らせず、モロッコ代表が史上初のベスト8入りを果たした。また、ポルトガル代表はスイス代表との一戦で、クリスティアーノ・ロナウドをスタメンから外す決断を下す。試合は“代役”として最前線に入ったゴンサロ・ラモスがハットトリックを記録し、6ゴールを挙げたポルトガル代表が勝利した。

 この結果、準々決勝に進出した8チームが出揃った。ベスト8の顔ぶれは、日本代表を除く7チームがグループステージを首位通過したチームに。オーストラリア代表、日本代表、韓国代表が敗れたことで“アジア勢”が全滅しただけでなく、日本代表とスペイン代表の敗戦により、大会前には“死の組”と称されていたグループEの全チームが大会から姿を消すこととなった。

 決勝トーナメント1回戦の結果、準々決勝の対戦カードは下記の通り。準々決勝は9日と10日に行われる。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森保監督、ベルギー1部シント・トロイデンの次期監督候補に!代表監督は続投要請あれば「続けたい」

【サッカー】森保監督 続投要請あれば「続けたい」ベルギー1部シントトロイデンの次期監督候補にも浮上 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1670466535/
森保監督カタールW杯ベンチ.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/12/08(木) 11:28:55.35 ID:MTRfcp8A9.net

 日本代表の森保一監督(54)が注目される去就について自身の考えを明らかにした。7日にスタッフ、一部選手らとともに成田空港着の航空機で帰国。千葉県成田市内で会見後、テレビ番組に出演し、日本サッカー協会から続投を要請されれば快諾する意向を表明した。またベルギー1部シントトロイデンの次期監督候補に浮上していることが分かった。日本人指導者が欧州1部リーグで監督就任となれば極めて異例のケースとなる。

 森保監督が続投に意欲を示した。カタールでの戦いを終えた指揮官はこの日、帰国し千葉県成田市内で会見を行った後、テレビ朝日系の「報道ステーション」に生出演。「もし仮に協会の方から今後も監督を続けてくれと言われたら、引き受けますか」と問われ、少し考えて「はい。続けたいと思います」と明言。「けど、今は正式な話はいただいてないので(笑い)。監督業はもう少し続けていこうかなと思っています」と続けた。

 6日には続投オファーを受けた場合の対応について「もっと成長したいという思いと、日本サッカーに貢献したいという思いはある。流れに沿っていきたい」と話した。そこから一歩踏み込んだ。

 会見に同席した田嶋幸三会長(65)は次期監督人事について「技術委員会で議論し、その後、会長と数人と技術委員長で議論し、理事会に諮ることになる」と手順を説明し「ここで(名前を)出すことはない」と話した。ただ逆転勝利を収めたドイツ、スペイン戦の積極的な采配への評価は高く、同会長はドーハで「(次期監督の)候補の一人だ」と話していた。

 一方で森保監督は海外でも評価されている。複数の関係者によると、冨安健洋や鎌田大地らを世界トップクラブに送り出した日本人の“登竜門クラブ”シントトロイデンが熱視線を送っており、23〜24年シーズンから指揮を託す可能性があるという。

 同クラブは17年11月に日本企業の「DMM」が経営権を獲得。07〜17年にFC東京でGMなどを務めた立石敬之氏がCEOに就任した。立石氏と森保監督は旧知の仲。広島監督を退任した17年には、FC東京に招へいする動きもあった。

 過去には藤田俊哉氏や霜田正浩氏ら多くの日本人が欧州クラブでの指揮を目指し、指導者ライセンス問題の壁に阻まれた。欧州で指揮を執るために必要なUEFAプロライセンスとJリーグで必要なS級指導者ライセンスには互換性がなく断念せざるを得なかった。

 だが19年にUEFAコーチングサミットで一定レベルにあるリーグで5年以上の監督経験を有する者、かつ結果を残した監督はUEFAプロライセンスへの書き換えができる方針に変更。語学力テストや書類審査は必要だが、現J1横浜のケビン・マスカット監督が20年にオーストラリア1部メルボルンVからシントトロイデン監督に就任した際は同様の手順で行われた。

 森保監督は広島を5年半指揮。J1リーグで3度の優勝を果たし、W杯でも強豪撃破の実績がある。UEFAプロライセンス発行に大きな障害はない。

 森保監督は「欧州へ勉強に行くことも考えていた」と海外挑戦も示唆していた。すでにアルサド(カタール)やサウジアラビアのクラブなど中東のクラブもオイルマネーを用意しているという。W杯で“神采配”を見せた指揮官の周辺が一気に騒がしくなってきた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/63a01c67849467587254fbeae85e7384886f16a1



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(38) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カズ(55)、ポルトガル2部オリベイレンセ移籍へ!移籍準備のため出国「言葉は問題ない」

カズ55歳で5カ国目!ポルトガル2部オリベイレンセ入団へ「言葉は問題ない」移籍準備7日出発
https://news.yahoo.co.jp/articles/d98f3941f0d02a7b0158fbe386a0d335f057cebb
カズ2022出国.jpg

日本列島がFIFAワールドカップ(W杯)の熱気に包まれる中、55歳の元日本代表FWカズが、5カ国目の海外移籍のために旅立った。

 JFL鈴鹿ポイントゲッターズFW三浦知良の来季の所属先に、ポルトガル2部のオリベイレンセが浮上。7日、施設見学と環境チェック、監督らスタッフとの話し合いのためにポルトガルに出発した。

    ◇   ◇   ◇

 世界中がW杯でのポルトガルの大勝に酔いしれた数時間後、カズはポルトガルに向けて旅立った。行き先は同国第2の都市、ポルト近郊のオリベイラ・デ・アゼメイス。同市をホームとするオリベイレンセへの移籍準備のためで、新天地の下見を楽しみに笑顔で機上の人となった。

 今季プレーしたJFL鈴鹿ポイントゲッターズとの契約は来年1月末まで。その後は、今季同様横浜FCからのレンタル(期限付き移籍)で所属先を探すことになる。カズ自身は「ゆっくり決める」と話してW杯も現地観戦したが、水面下で移籍話は進んでいた。

 新スタジアム建設が白紙になるなどJ3昇格のめどがたたない鈴鹿との契約延長は事実上消滅。前日のJFL表彰式では多大な貢献が評価されて特別表彰を受け、加藤桂三理事長からも「来季もJFLでプレーしてほしい」とラブコールを受けていたが、カズの目は海外へと向けられていた。

 オリベイレンセは、今年11月に横浜FCを保有するONODERA GROUP(小野寺裕司代表)が経営権を取得したクラブ。今年の創立100周年に合わせて横浜FCと連携し、本格的な強化に乗り出そうとしている。今回のカズ獲得は、ペドロ・ミゲル監督の強い希望もあるという。

 今季2部に昇格したチームは現在18チーム中14位。将来的には1部昇格を目指すものの、今季は残留が目標になる。若い選手が多いだけに、クラブ側はカズの経験を評価。プロとしての姿勢を若手に示してほしい意向だ。もちろん、話題性のある選手の加入はチームの活性化にもつながる。

 来季J1に復帰する横浜FCも、所属選手の欧州移籍の足がかりとして同クラブを活用していきたいという。小野寺代表は「横浜FCだけでなく、日本の若手選手の欧州への窓口にしたい」と話しており、カズが移籍すれば、両クラブの関係はより強固になる。

 カズは「まだ何も決めていない。施設など環境を見ないとね。そこが重要だから」と話すにとどめたが、表情は前向き。「プレーを見たい」と監督から練習参加を要請されたが「オフで体を動かしていないから、今回は断った」と話した。

 今回は視察だけで12日からは国内でトレーニングを始める。J3のYS横浜も移籍先の候補にあがるが、視察次第では早期に再渡欧の可能性もある。「言葉は問題ないからね」。55歳での5カ国目の挑戦、カズは待ち遠しそうに笑った。

 ◆UDオリベイレンセ 1822年にポルトガルのアベイロ県オリベイラ・デ・アゼメイスをホームに創立。サッカーの他にバスケットボールやローラーホッケーなども有する総合型地域スポーツクラブで、ホームスタジアムはエスタディオ・カルロス・オソーリオ(収容4000人)。1940年代に1部リーグの経験があり、11−12年シーズンにはカップ戦(日本の天皇杯)で準決勝に進出している。昨季3部2位で今季2部に復帰した。

 ◆ポルトガルリーグ 1934年に発足。現在は1部(プリメイラリーガ)、2部各18、3部24チームで構成。W杯日本代表MF守田英正が所属するスポルティングとベンフィカ、ポルトが「3強」と呼ばれ、国内タイトルをほぼ独占。欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス)に次ぐ実力を誇るが、4番手以下との力の差が大きいことでも知られる。

 ▽カズの海外挑戦

 ◆ブラジル 静岡学園高を1年で中退し、1983年(昭58)1月に15歳で渡航。プロの下部組織で成長し、86年にサントスとプロ契約。同年にはパルメイラスと短期契約し、キリン杯にも出場した。キンゼ・デ・ジャウーなどを経て90年に帰国して読売クラブ(V川崎、東京V)入り。

 ◆イタリア Jリーグ発足の93年にMVPとなり、94年にアジア人初のセリエAプレーヤーとしてジェノアに移籍。ACミランとのリーグ初戦で負傷したが、復帰後のサンプドリア戦で初ゴール。1シーズンでV川崎に復帰した。

 ◆クロアチア V川崎の経営縮小もあって、98年にクロアチア・ザグレブに移籍。デビュー戦でアシストを決めたがPKを失敗し、その後も不発。チームはリーグ優勝したが、カズ自身は12試合出場0得点で終わり、99年に京都に移籍。

 ◆オーストラリア 05年に神戸から横浜FCに移籍。同年に横浜FCからシドニーFCに特別枠選手として移籍。リーグ戦4試合で2得点し、年末のクラブW杯に日本人として初めて出場した。大会後には横浜FCに復帰。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part15284
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1670424925/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ代表、フリック監督の続投を発表 ビアホフTDは既に退任

ワールドカップGS敗退も…ドイツ代表、フリック監督の続投を発表
https://news.yahoo.co.jp/articles/bffa1075723261ac314105121a5396affd38e0dd
フリック監督カタールW杯.jpg

 ドイツサッカー連盟(DFB)は7日、ドイツ代表を率いるハンジ・フリック監督の続投を発表した。

 優勝候補の一角としてFIFAワールドカップカタール2022に臨んだドイツ代表だったが、グループE・初戦の日本代表戦に1−2で逆転負けを喫すると、2戦目はスペイン代表と1−1のドロー。最終戦ではコスタリカ代表に4−2で勝利したが、裏で日本代表がスペイン代表を破ったため、ドイツ代表は得失点差で2大会連続のグループステージ敗退となった。

 この結果を受け、15年間チームを率いたヨアヒム・レーヴ前監督の後任として、バイエルンを退任後の2021年夏のEURO2020終了後からドイツ代表の指揮を執っているフリック監督の去就には注目が集まっていた。先日には同代表のテクニカルダイレクターを務めていたオリバー・ビアホフ氏の退任も発表されていたが、フリック監督は続投となることが決定した。

 DFBのベルント・ノイエンドルフ会長は、「2024年にホームで開催されるEUROは、ドイツのサッカーに大きなチャンスをもたらすと確信している。我々の目標はこの大会をスポーツ面で成功させることだ。ハンジ・フリック監督がチームと一緒にこの挑戦を成し遂げることに全幅の信頼を寄せている」と同監督への信頼を明かした。

 また、フリック監督は「コーチングチームと私はここドイツで行われるEUROを楽観的に楽しみにしている。チームとして、カタールで示した以上のことを成し遂げることができると思っている。大きなチャンスを逃してしまったので、これを教訓として学ぶことができる。私たちはみんな、2024年にホームであるEUROに向けてドイツ全土が代表チームを応援してくれることを望んでいる」と意気込みを語った。

BUNDESLIGA・ドイツ代表 183
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1670243578/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:18 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベルギー代表エデン・アザール、代表引退を表明…2008年から126試合33ゴール36アシスト

【サッカーW杯】エデン・アザールがベルギー代表を引退…2008年から126試合33ゴール36アシスト [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1670421984/
アザール2022W.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/12/07(水) 23:06:24.99 ID:gfmvVpyH9.net

レアル・マドリーのFWエデン・アザール(31)が、ベルギー代表からの引退を発表した。7日にインスタグラムを通じて伝えている。

「今日はページをめくる日だ。みんなの愛情に感謝しているよ」

「比類ないサポートをありがとう。2008年から積み上げてきた全ての楽しい思い出をありがとう」

「今日、僕は代表としてのキャリアに終止符を打つことに決めた。次の世代が控えているからね。とても寂しくなるよ」

2008年11月19日のルクセンブルク戦で、17歳の若さでベルギー代表デビューを果たしたアザール。ワールドカップは2014年から3大会連続、ユーロは2016年と前回大会に出場した。

通算成績は126試合33ゴール36アシスト。そのうち56試合でキャプテンマークを巻いた。

今回のカタールW杯もグループステージ3試合に出場し、主将としてカナダ戦とモロッコ戦で先発したが、チームは1勝1分け1敗という成績で突破ならず。アザール自身も本調子が出せないまま、大会を後にすることになった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0a337c6a40a7460e24d9ffd7cd898ab3cc287d40



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)