アンテナ・まとめ RSS

小野伸二の思い出…フェイエノールト元TD「小野はマドリーでも100%プレーできた」

【サッカー】世界を魅了した小野伸二の“魔法” 忘れらない名スカウトの証言「オノはマドリーでも100%プレーできた」 [愛の戦士★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1695961643/
小野伸二フェイエ優勝.jpg
1: 愛の戦士 ★ 2023/09/29(金) 13:27:23.99 ID:FGrGFGj/9.net

cocoKARA 9/29(金) 10:30

フェイエノールトの黄金期を支えた小野。最盛期の彼の名は世界に轟いた。(C)Getty Imageshttps://i.imgur.com/Xn9EYRF.jpg

 間違いなく不世出のファンタジスタだった。

 9月27日、コンサドーレ札幌に所属する元日本代表MF小野伸二が、自身のインスタグラムで今季限りでの現役引退を発表した。奇しくもこの日は44歳の誕生日。文面に記された「相棒として戦ってくれた“足”がそろそろ休ませてくれと言うので」というメッセージも含め、好漢たる彼らしい発表となった。

 観る者を魅了する卓越した技巧と十八番の“ベルベットパス”に代表される非凡なサッカーセンスは、日本、いや世界で愛された。

 1999年のワールドユースで準優勝に輝くと、2000年のシドニー五輪や2002年ワールドカップでも躍進の原動力となった小野。高原直泰や稲本潤一、遠藤保仁、中田浩二、小笠原満男ら、幾人もの名手を擁した「黄金世代」にあっても、彼の存在感は出色。まさに傑物と呼ぶにふさわしい選手だった。

 そんな小野の最盛期がいかに凄まじかったか。それを物語る忘れられない証言がある。21年5月にオランダ公共放送『Rijnmond』の取材に応じた元フェイエノールトのテクニカル・ディレクターを務めたロブ・バーン氏のそれだ。

 2001年の夏にオランダの古豪フェイエノールトへ移籍した小野は、後に同国の代表監督となるベルト・ファン・マルバイクの寵愛を受けた1年目から絶対的主力に君臨。UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)制覇に貢献するなど、クラブの黄金期を支えた。

 そんな小野の獲得に尽力した一人がバーン氏だった。当時に「残念ながら怪我のせいでビッグクラブへのステップアップは実現しなかった」と惜しんでいた名スカウトは、東洋の島国から引き抜いた偉才について、こう断言した。

「オノは本当に素晴らしかった。私はいまだに彼なら、あの時のマドリーでもプレーできたと100%確信している。ファン・マルバイクに聞いても、同じことを言うと思うよ。彼は本当に優れた洞察力を持ち、技術的にも素晴らしい選手だった」

 バーン氏が「あの時の」と強調するのも無理はない。2000年代前半のマドリーは、フロレンティーノ・ペレス会長による指令の下、スター選手たちを相次いで獲得。ジネディーヌ・ジダンやルイス・フィーゴ、ロナウド、ラウール・ゴンサレス、ロベルト・カルロスらが居並び、「銀河系軍団」と称された。

 当時のサッカー界は、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンのような大型補強を展開するクラブが少なかった。そんな時代にあって異様なチーム構成が組まれたマドリーで、小野は「プレーできた」というのだ。それだけ彼の繰り出すファンタジーがバーン氏の目には輝いて見えた証左と言えよう。

 ともすれば、「古臭い話」と言われてしまうかもしれない。それでも強調したいのだ。小野はそれだけ語り継ぐ価値のある選手だった。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/f90db566cb00d5ab1c1f4bdc79889ca75e8c1dda&preview=auto

◆関連
【サッカー】小野伸二を初めて見たとき「なんじゃこりゃ」マラドーナの領域を感じさせた唯一の日本人 [ゴアマガラ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1695892325/




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナポリ、FWオシムヘンへの公式動画に謝罪せず「侮辱や嘲笑を意図するものではなかった」

謝罪せず…ナポリ、オシムヘンの公式動画の件で声明を発表「侮辱や嘲笑を意図するものではなかった」
https://news.yahoo.co.jp/articles/2f743a86d8b465ad416699f233e560e8be651a9c
オシムヘン23-24ナポリ.jpg

ナポリは、TikTokの動画がファンやストライカーの反感を買った件について「ヴィクター・オシムヘンを不快にさせたり、からかう意図はなかった」と主張する声明を発表した。

昨季、公式戦31ゴールを奪う大活躍を見せ、ナポリにセリエA優勝をもたらしたオシムヘン。今季はリュディ・ガルシア新監督の下、ここまで6試合に出場して4ゴールという結果を残している。

そんな中、前々節のボローニャ戦ではオシムヘンがPKを失敗。その後、86分に交代を命じられた際にはガルシア監督の采配へ不満を爆発させており、関係悪化の可能性が伝えられていた。また、それに加えてナポリが『TikTok』に投稿した動画が物議を醸すことに。ボローニャ戦でオシムヘンがPKを要求し、その後失敗するまでの映像に高音の機械音声を入れた動画が公開されると、代理人のロベルト・カレンダ氏がSNSで声明を発表し、法的措置も辞さない構えを見せた。

この件に対し、ナポリはオシムヘンを怒らせるつもりはなかったと主張する声明を発表した。

「この問題を話題にすることを避けたいが、クラブの宝であるヴィクター・オシムヘンを不快にさせたり、からかう意図はなかった。その証拠に、夏のトレーニングの間、クラブはストライカーに対する海外移籍のオファーをことごとく断った。

ソーシャルメディア、特にTikTokは、常に気軽さと創造性を持った表現形式として使ってきた。オシムヘンを主人公にした件でも侮辱や嘲笑を意図するものではなかった。いずれにせよ、ヴィクターが不快感を覚えたとしても、それはクラブが意図したことではありません」

ナポリのガルシア監督は、週末の試合で再びオシムヘンが元気な姿で戻ってくることを願っていると伝えているが、オシムヘンはこの声明をどう捉えるだろうか。

SSC.Napoli〜Part42〜
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1682720902/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UEFA、ロシアU17代表チームは国際大会の出場可能に ウクライナなどは反発

【欧州サッカー】UEFA、ロシアの17歳以下世代は出場可能に  [征夷大将軍★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1695772307/
ロシア国旗.jpg
1: 征夷大将軍 ★ 2023/09/27(水) 08:51:47.24 ID:KemCSEn09.net

時事2023-09-27 07:31
https://sp.m.jiji.com/article/show/3057540

【パリ時事】欧州サッカー連盟(UEFA)は26日、ウクライナへの侵攻を理由に主催大会から除外しているロシアについて、17歳以下のチームは男女とも、今シーズン中に出場を認めると発表した。同日に行われた理事会で決定した。
 UEFAは長引く紛争により、未成年の世代が国際大会に出場する機会を奪われている状況などを考慮。国旗や国歌の使用は認めず、ロシアでは試合を行わない。 
 その他の年代については、代表、クラブとも侵攻が終わるまで出場禁止を継続することが確認された。
[時事通信社]


ウクライナがロシアの復帰決定を非難! UEFAはU-17欧州選手権への復帰を決定も反対声明、他国へボイコット求める
https://news.yahoo.co.jp/articles/9cb524342c9a859fb1a2ccea410ea35e44c552ba

ウクライナサッカー連盟(UAF)は、ロシアのユース大会参加を拒否する姿勢を示した。

ロシアは、2022年2月にウクライナへの軍事侵攻を開始。未だに両者の和解は叶わず、今なお争いは続いている。

この軍事侵攻を受けてFIFA(国際サッカー連盟)とヨーロッパサッカー連盟(UEFA)は様々なカテゴリーにおいて、ロシア代表チームの大会参加を禁止。その措置は続いている。

そんな中、27日にUEFAはユースレベルでのロシアの大会参加を認めることに。A代表は認めないものの、ユースの選手が責任を問われるべきではないと考えているという。

しかし、この決定を受けてUAFが反対。公式声明を発表し、各サッカー連盟、サッカー協会に送り、ロシアと対戦しないように求めた。

「UAFは、ロシアU-17代表の国際大会への復帰に関するUEFAの決定を強く非難する」

「UAFは、全てのロシアチームの国際大会への参加の阻止に関する、UEFAとFIFAの以前の決定の維持を主張する」

「UAFは、ロシアのチームが参加するいかなる大会にも参加しないことを確認し、他のUEFA加盟協会に対し、ロシアのチームが参加する可能性のある試合を、参加許可を条件としてボイコットするように訴える」

「ロシアがウクライナに対して行った敵対行為の最中に、ロシアのチームが大会に段階的に復帰することに関して、同様の決定を下した根拠がなく、ロシアの攻撃的な政策を容認するものであると確信している」

「UEFAに対し、この決定を見直し、ロシアのチームを国際大会への参加から完全に排除するという以前の決定を有効に残すことを強く求める」

国家間の問題が解決していない以上、ユースレベルでも復帰を認めるわけにはいかないというウクライナ。U-17欧州選手権は2024年にキプロスで開催さる予定であり、U-17女子欧州選手権はスウェーデンで来年5月に開催される。

イギリス『BBC』によれば、この件を受け、イングランドサッカー協会(FA)はすでにロシアと対戦することを許可しないと表明。スウェーデンは、U-17チームはロシアをホストしないと主張しており、ウクライナに賛同する形をとっている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】久保建英、ラ・リーガ月間MVP候補にノミネート!ベリンガムやレバンドフスキらと共に選出

9月のラ・リーガ月間MVP候補が発表! 久保建英、ベリンガム、レヴァンドフスキらが選出
https://news.yahoo.co.jp/articles/734114a1ea4468d62894c92cd8aa3989a27d4d64
23-24-09月月間MVP候補.jpg

 エレクトロニック・アーツ(EA)株式会社は27日、9月のラ・リーガのプレイヤー・オブ・ザ・マンス(POTM/月間MVP)候補にノミネートされた5選手を発表。レアル・ソシエダに所属している日本代表MF久保建英も選出された。

 今シーズンよりラ・リーガが運営する全大会の命名権を取得しているEA株式会社は、新たなロゴやグラフィックの導入などビジュアル要素のリブランディングを実施しており、ゲームブランド『EA SPORTS FC』シリーズと関連した月間MVP候補選手の発表も担っている。記念すべき初回の月間MVP表彰は8月31日に行われ、同月はレアル・マドリードに所属しているイングランド代表MFジュード・ベリンガムが輝いていた。

 今回は9月の月間MVP候補となる5名の選手が発表され、レアル・ソシエダで“エース”として活躍している久保もノミネートされた。今季も開幕から右ウイングを主戦場にスタメン出場を続けている久保は、8月に行われたラ・リーガの3試合で1ゴール1アシストを記録。しかしチームはいずれの試合もドローで終えており、勝利へ導くことはできていなかった。

 このような状況で迎えた9月の初陣となるラ・リーガ第4節、グラナダとの一戦で久保が魅せた。立ち上がりの9分、ピッチ中央付近でルーズボールに反応したブライス・メンデスが背後のスペースへスルーパスを送ると、抜け出した久保が冷静にGKとの1対1を仕留める。35分には同点ゴールを許したが、44分には右サイド開いた位置でマリ代表DFアマリ・トラオレからのパスを受けると、カットインから左足一閃。左足から放たれた一撃は美しい弧を描いてファーサイドに吸い込まれた。後半は撃ち合いの様相となったが、レアル・ソシエダは5−3で今季初白星を飾っていた。

 レアル・ソシエダ加入後初の2ゴールで勢いに乗った久保は、続く第5節レアル・マドリード戦でも躍動。5分、カットインから左足で低い弾道のクロスボールを供給し、U−21スペイン代表FWアンデル・バレネチェアの先制弾を演出すると、11分には得意のカットインから強烈なミドルシュートでゴールネットを揺らす。だが、久保のシュートはオフサイドポジションにいたスペイン代表FWミケル・オヤルサバルの背中に当たっており、得点は認められなかった。後半に入るとレアル・ソシエダはレアル・マドリードの猛攻を受け、1−2で逆転負けを喫していた。

 そして24日に行われた第6節ヘタフェ戦では、開始2分にペナルティエリア右でB・メンデスからのスルーパスを引き出すと、左足でゴールを射抜き、2試合ぶりの得点を記録。チームはその後一時逆転を許したが、最終的には4−3で白星を掴んだ。同試合から中2日で迎えた27日開催の第7節バレンシア戦で久保に出番はなかったものの、レアル・ソシエダは1−0で勝利し、今季初の連勝を飾っている。

 ここまで行われた9月のラ・リーガで、久保は3試合出場3ゴールを記録。レアル・ソシエダにとって9月のラ・リーガは残り1試合となっており、30日には第8節でアスレティック・ビルバオとの“バスク・ダービー”に臨む予定だ。

 なお、久保のほかにノミネートされた選手は4名。8月の月間MVPを受賞し、9月のラ・リーガでも第4節ヘタフェ戦で劇的逆転ゴールを決めるなど、攻守でレアル・マドリードにダイナミズムをもたらしているベリンガム、9月に入ってから2ゴール3アシストと圧巻のゴール関与数を誇り、第7節終了時点で首位を走るジローナにおいて左サイドの脅威となっている“サヴィーニョ”ことU−20ブラジル代表FWサヴィオ・モレイラ、第5節カディス戦から3試合連続ゴールを記録し、開幕戦を最後に黒星がないアスレティック・ビルバオで攻撃の軸となっているガーナ代表FWイニャキ・ウィリアムス、9月開催のラ・リーガ全4試合に出場して4ゴールを挙げ、バルセロナで今季も“絶対的ストライカー”に君臨しているポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがノミネートされた。

 ラ・リーガの月間MVPは投票にて決定する。EA株式会社の公式HPより投票可能で、投票は9月末まで受け付けられている。

【Real】久保建英応援スレ part1135【Sociedad】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1695844655/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ABEMA、10月のプレミアリーグの放送予定発表!遠藤航所属リバプール×三笘薫所属ブライトンの一戦は無料配信

【サッカー】ABEMAが10月のプレミアL放送予定発表 8日は注目の遠藤航リバプール−三笘薫ブライトン [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1695892128/
ブライトン×リバプール.jpg

1: ゴアマガラ ★ 2023/09/28(木) 18:08:48.05 ID:hPYhfNlc9.net

「新しい未来のテレビ」、インターネット放送局「ABEMA(アベマ)」が28日、今季も生中継しているサッカー、「プレミアリーグ」の10月の放送スケジュールを発表した。

生中継する試合のハイライトの無料視聴に加え、「ABEMAプレミアム」では、試合終了直後から30日間、いつでも見逃しフルマッチを楽しむことができる。
注目の日本代表対決、遠藤航のリバプール−三笘薫のブライトンの一戦を10月8日、無料生中継する。

◆10月放送スケジュール

▽第8節

ルートンタウン−トットナム 10月7日午後8時30分から(ABEMAプレミアム)

バーンリー−チェルシー 10月7日午後11時から(ABEMAプレミアム)

ブライトン−リバプール 10月8日午後10時から(無料)

▽第9節

リバプール−エバートン 10月21日午後8時30分から(無料)

マンチェスター・シティ−ブライトン 10月21日午後11時から(ABEMAプレミアム)

▽第10節

チェルシー−ブレントフォード 10月28日午後8時30分から(無料)

ウルバーハンプトン−ニューカッスル 10月29日午前1時30分から(ABEMAプレミアム)

ブライトン−フルハム 10月29日から午後11時から(無料)
https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/news/202309280000542_m.html?mode=all
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/img/202309280000542-w500_0.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、内転筋の痛みで練習欠席…次節マルセイユ戦は欠場の可能性

絶好調の南野拓実、次節マルセイユ戦欠場の可能性…内転筋の痛みで練習を欠席
https://news.yahoo.co.jp/articles/c2c25b45ddc9f678323ff4d1e510413014362a97
南野BU.jpg


モナコの日本代表MF南野拓実が、30日のマルセイユ戦を欠場する可能性が出てきた。『Get French Football News』が報じている。

報道によると、30日にリーグ・アン第7節のマルセイユ戦を控える南野は、28日に行われたトレーニングを欠席。

チームを率いるアディ・ヒュッター監督によると、南野は内転筋に痛みを感じており、予防的な観点からトレーニング参加を見送っている状況だという。

今後の回復次第では間に合う可能性があるものの、現時点ではMFエダン・ディオプが代役としてプレーする可能性が高いようだ。

モナコ加入2年目で開幕から絶好調の南野は開幕6試合で3ゴール3アシストを記録。先日にはフランスの全国プロサッカー選手連合(UNFP)が選出するリーグ・アンの8月度の月間最優秀選手を初受賞。直近のニース戦でもPK奪取など引き続き活躍を見せていただけに、コンディション面が気がかりなところだ。

【2代目カラバ王ワタ】AS Monaco 南野拓実part851
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1695888973/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小野伸二を初めて見たとき「なんじゃこりゃ」マラドーナの領域を感じさせた唯一の日本人

【サッカー】小野伸二を初めて見たとき「なんじゃこりゃ」マラドーナの領域を感じさせた唯一の日本人 [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1695892325/
小野清水商.jpg

1: ゴアマガラ ★ 2023/09/28(木) 18:12:05.54 ID:hPYhfNlc9.net

サッカーJ1北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二が、背番号と同じ44歳の誕生日を迎えた27日、今季限りで現役引退すると発表した。

静岡支局時代、清水商1年の秋から卒業までを取材した。初めてプレーを見た時は「なんじゃこりゃ」だった。1年生ながらすべてが異次元。トラップは全身吸盤かのようにどこでもピタ。パスはノールックだろうがピタリ。
利き足がわからないぐらい正確無比な両足キック。そして何よりその独創性あふれるプレーにわくわくしっ放しだった。当時のカメラはAFではなかったため、想像がつかないプレーをしっかり撮るのは至難の業だった。

そんな小野でも激戦区静岡にあって全国選手権には縁がなかった。3年の準決勝、PK戦では静岡学園GK南(大宮)の逆をとりながら、ポストに当てた。「あの大観衆の中で1度でいいからやりたかった」。悔しすぎて涙も出なかった。

高校時代の悔しさが向上心を刺激したのか。それまでは優等生発言が多かったが、浦和入りが決まってからは言動も変わった。卒業前の新春インタビューで「今までは日韓W杯でいいやと思っていたけど、
急にフランスに出たいという気持ちが強まった。とにかくチャンスがほしい。(日本代表)合宿に1度でいいから呼んでほしい」とはっきりと欲、自我をのぞかせたのには驚いた。

天才と言われることについては「マラドーナみたいのを天才って言うんですよ。僕の場合、あえて言うなら(努力型の)秀才じゃないですかね。U17でブラジルには全然通用しなかったですよ」。それでも私が30年間のカメラマン、記者生活で、マラドーナの領域を感じさせた唯一の日本人、いやサッカー選手だった。

インタビューで最後に口にした言葉は「世界中どこへ行っても『オノ、オノ』って言われるような選手になりたいです」だった。18歳の小野の目はしっかりと世界に向いていた。(写真映像部・野上伸悟)
https://www.nikkansports.com/m/soccer/news/202309270001335_m.html?mode=all
https://www.nikkansports.com/soccer/news/img/202309270001335-w500_0.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☀ | Comment(26) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】デ・ゼルビ監督、三笘薫15秒弾にペットボトルを投げ大喜び「私のキャリア最高のゴール」

前節の三笘薫15秒弾は「キャリア最高のゴール」!ブライトン指揮官デ・ゼルビが絶賛
https://news.yahoo.co.jp/articles/5ebfeaad84d30b1d894f5e1109503c7e323af609
三笘23-24第6節シュート.jpg


ブライトンのロベルト・デ・ゼルビ監督は、ボーンマス戦の三笘薫のゴールを称えた。

24日に行われたプレミアリーグ第6節ボーンマス戦で、後半からピッチに投入された三笘。するとわずか15秒で逆転ゴールを叩き込むと、77分にはヘディングからダメ押しとなるチーム3点目を奪い、3-1の逆転勝利に大きく貢献した。

この活躍は現地メディアでも絶賛されており、プレミアリーグ公式の選ぶ第6節ベストイレブンにも選出されている。そしてデ・ゼルビ監督も、カラバオ・カップ3回戦のチェルシー戦(0-1)前の会見で賛辞を送った。クラブ公式HPが伝えている。

「ミトマの最初のゴールは、私のキャリアの中でも最高のゴールだったね。選手たちのキャラクターや姿勢、クオリティを示したものだったんだ。得点したいという姿勢、力強いキャラクターだった。(アンス)ファティもまだ万全ではないが、良いプレーをしていたよ」

またデ・ゼルビ監督は、失点につながるミスを犯したGKバルト・フェルブルッヘンにも言及。素早く立て直し、後半に決定的なセーブを見せた守護神を称えた。

「彼には本当に満足している。素晴らしいGKであり、ヨーロッパ最高のGKになるだろう。あの場面で我々にはミスがあったし、そのことについては話をした。異なる解決策を選ぶこともできたし、それは新たな戦術というわけではないね」

デゼルビ監督ペットボトル.jpg


【ワッチョイ】⌒Brighton&HoveAlbionFC⌒三笘薫part247
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1695708952/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U22日本代表、佐藤恵允2G2A・鮎川2G1Aなどミャンマーに7-0完勝!準々決勝進出し北朝鮮と対戦へ(関連まとめ)

【サッカー】U22日本代表、7発完勝でアジア大会ベスト8へ! 佐藤恵允は2G2A…準々決勝では北朝鮮と激突 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1695907533/
U22日本アジア大会ミャンマー戦.jpg

1: 久太郎 ★ 2023/09/28(木) 22:25:33.26 ID:sIBKu8Ke9.net

第19回アジア競技大会・決勝トーナメント1回戦が28日に行われ、U−22日本代表とU−24ミャンマー代表が対戦した。

 中国の広州で開催された2010年大会以来、3大会ぶり2度目の優勝を狙うU−22日本代表。Jリーガーと大学生を中心とするメンバーで臨む今大会は、U−24カタール代表、U−24パレスチナ代表と同居したグループDを2連勝で突破し、決勝トーナメント進出を決めた。ベスト8進出をかけた今回の試合では、グループAを3位で終えたU−24ミャンマー代表と対戦する。

 日本は前の試合からスタメンを10名変更。DF馬場晴也(北海道コンサドーレ札幌)、MF松岡大起(グレミオ・ノヴォリゾンチーノ/ブラジル)、MF佐藤恵允(ブレーメン/ドイツ)以外の7名は今大会初先発となっている。グループステージで2試合連続ゴールをマークした谷内田哲平(京都サンガF.C.)はベンチスタートとなった。

 序盤から主導権を握った日本は12分、重見柾斗(福岡大)が敵陣中央からワンタッチで左サイドへ展開すると、これを受けた日野翔太(拓殖大)がゴール前へグラウンダーのクロスを供給。後方から走り込んだ佐藤がワンタッチで相手DFを交わし、冷静にゴール右下隅に流し込み先制に成功した。佐藤は今大会初ゴールとなっている。

 リードを奪った日本はその後もボール保持率を高め、相手ゴール前に迫っていく。26分には右サイドでの連携プレーからボックス内の重見へとパスが繋がり、混戦からゴール前中央へボールが溢れる。このルーズボールを鮎川峻(大分トリニータ)が押し込みネットを揺らした。さらにリスタート直後には、スルーパスで相手DFの背後に向け出した佐藤がGKの股を抜くシュートを沈め、リードを3点に広げた。

 35分にはボックス内左の深い位置に抜け出した佐藤が中央へグラウンダーのクロスを送り、走り込んだ鮎川がネットを揺らし点差を広げる。42分には左に開いた佐藤の鋭いクロスを角昂志郎(筑波大)がダイレクトボレーで押し込み5点目を奪った。日本が終始優位に立ったまま、前半は5−0で折り返した。

 後半も攻め続ける日本は、佐藤に替わって投入された小見洋太(アルビレックス新潟)や日野を中心に相手ゴール前に迫っていく。すると66分、直前に投入された内野航太郎(筑波大)がボックス手前中央から右足を一閃。狙い澄ましたシュートがゴール右下突き刺さった。73分には右サイド攻撃を起点にミャンマーを押し込むと、最後はボックス手前中央から日野翔太がミドルシュートを沈め点差を7点に広げる。

その後も日本はテンポの良いパス交換でミャンマーを押し込み、サイドからのクロスやミドルシュートで8点目を狙いにいく。追加点こそ奪えなかったものの、ミャンマーに付け入る隙を与えず、7−0でゲームを締め括った。勝利した日本は10月1日に行われる準々決勝でU−24北朝鮮代表と対戦する。

【スコア】
U−22日本代表 7−0 U−24ミャンマー代表

【得点者】
1−0 12分 佐藤恵允(U−22日本代表)
2−0 26分 鮎川峻(U−22日本代表)
3−0 27分 佐藤恵允(U−22日本代表)
4−0 35分 鮎川峻(U−22日本代表)
5−0 42分 角昂志郎(U−22日本代表)
6−0 66分 内野航太郎(U−22日本代表)
7−0 73分 日野翔太(U−22日本代表)

【スターティングメンバー】
U−22日本代表
GK:小畑裕馬
DF:馬場晴也(HT 山崎大地)、今野息吹、根本健太、関根大輝
MF:松岡大起(64分 内野航太郎)、重見柾斗、佐藤恵允(HT 小見洋太)、日野翔太(80分 奥田勇斗)、角昂志郎
FW:鮎川峻(78分 松村優太)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9126470caf0b3c79edf4fb74205f14c10554cbe6



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:06 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー応援番組『サタデーナイトJ』が10月7日スタート! テレビ東京で毎週土曜夜11時30分から放送

【サッカー】サッカー応援番組『サタデーナイトJ』が10月7日スタート! テレビ東京で毎週土曜夜11時30分から放送 [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1695890982/
サタデーナイトJ.jpg

1: ゴアマガラ ★ 2023/09/28(木) 17:49:42.69 ID:hPYhfNlc9.net

 Jリーグは28日、10月7日(土)夜11時30分よりテレビ東京地上波にて、サッカー応援番組『サタデーナイトJ』の放送が開始されることを発表した。
 
 新たなサッカー応援番組『サタデーナイトJ』は10月7日(土)にスタートし、毎週土曜日の11時30分から0時の30分間の枠で放送される。放送局は、テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ 九州放送となっている。
 
また、民放公式テレビ配信サービス『TVer』では、放送翌日の日曜日夜9時から最新放送回の無料見逃し配信での視聴が可能だ。

同番組の内容については、「Jリーグやサッカーに関する様々な情報はもちろん、Jリーグの試合のハイライトを放送し、試合の面白さを解説者の独自の視点と情報を交えて、わかりやすく、深く、新しいサッカーの見方や選手の魅力を伝えていただきます」と発表されている。
 
また、スタジオにはバーチャルプロダクション技術が導入され、近未来のスタジアムをイメージしたセットで、選手のデータや試合の情報を最新のビジュアルイメージで見ることができるという。

 10月7日(土)より放送開始となるサッカー応援番組『サタデーナイトJ』の概要は以下の通り。
 
◼︎番組概要
タイトル:『サタデーナイトJ』
放送日時:2023年10月7日(土)スタート 毎週土曜日 夜 11:30〜0:00
放送局:テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ 九州放送
配信:民放公式テレビ配信サービス『TVer』で最新放送回の無料見逃し配信 ※放送翌日の日曜日夜9:00から視聴可能
出演者:中根舞美、中川聡、板垣龍佑(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト:独自の視点でJリーグを紐解く多様な解説者陣 
https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20230928/1815415.html



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンUサンチョ、遅刻の悪癖はゲーム中毒が原因か?独紙が報じる 現在テンハグ監督と確執でトップチームを追放中

マンUトップチーム追放中のジェイドン・サンチョ ゲーム中毒≠ナ遅刻常習犯
https://news.yahoo.co.jp/articles/73584cedb8b6e39459a0beb69cb3a98663fb30bc
サンチョ02.jpg

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(23)は、規律問題などでエリック・テンハグ監督の逆鱗に触れてトップチームから締め出されている。

 発端は3日のアーセナル戦でのベンチ外。指揮官は「トレーニングのパフォーマンスで彼を選ばなかった。マンチェスターUでは、ある一定のレベルに達しなければならない」と説明。すると、サンチョは、自身のSNSで「事実ではない。今週、僕はトレーニングで本当にうまくやってきた。僕は長い間スケープゴートにされているし、こんなのはフェアじゃない」と反論していた。

 サンチョは指揮官への謝罪を拒否していることからトップチーム追放につながったが、かねて遅刻常習犯といわれている問題児。ドイツメディア「ビルト」は、その一因について「サンチョはドルトムント時代から定期的にトレーニングに遅刻してた。十分な睡眠を取らず、朝方までゲーム機やパソコンで遊んでいた」と指摘。マンU移籍後も悪癖≠ヘ改善されていないわけだ。

 マンUのチームメートはサンチョに指揮官への謝罪を促し、和解に動いているというが、本人は1月の退団もいとわないという。古巣ドルトムントやスペイン1部バルセロナ行きが報じられたが、サンチョの未来はどうなってしまうのか。

† Red Devils Manchester United 1799 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1695531028/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(29) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、ブラヒム&ホセルの「復帰組」ゴールでラス・パルマスに2-0快勝!次節は首位ジローナと対戦へ

ブラヒム・ディアス&ホセルのレアル“復帰組”が揃い踏み! 先発起用に応えて白星奪取
https://news.yahoo.co.jp/articles/d58c00a5ffe1c7a1cbb6b21c1b00d1535baf17b7
ブラヒム23-24第7節ゴール.jpg

ラ・リーガの第7節が27日に行われ、3位のレアル・マドリードと17位のラス・パスマスがサンティアゴ・ベルナベウで対戦した。

 前節、アトレティコ・マドリードとのダービーに0−3で完敗し、今季初黒星を喫したレアル・マドリードは、ローテーションでMFジュード・ベリンガムがベンチスタートに。代わりにMFブラヒム・ディアスがトップ下の位置に入り、前節はベンチスタートだったFWホセルやMFオーレリアン・チュアメニ、DFフェルランド・メンディ、DFナチョ・フェルナンデスらがスタメンに名を連ね、離脱していたFWヴィニシウス・ジュニオールとDFダニエル・カルバハルもベンチ入りを果たした。

 試合は序盤からホームのレアル・マドリードが攻勢に出る。高い位置でのボール奪取からのショートカウンターや分厚い攻めでゴールに迫ったが、ホセルやロドリゴ、ブラヒム、ナチョらのシュートは、ラス・パルマス守備陣の粘り強い対応に加え、守護神のGKアルバロ・バジェスの好セーブに阻まれ、チャンスを得点に結びつけることができない。

 さらに41分には、ダヴィド・アラバが負傷交代。不穏な流れの中で迎えた前半アディショナルタイムだったが、レアル・マドリードにようやく得点が生まれる。セットプレーのこぼれ球を回収したフェデリコ・バルベルデが右サイドへ展開。DFがクリアしきれなかったボールをバスケスが拾ってボックス中央に送り、これを受けたブラヒムがワントラップから右足でネットを揺らし、チームに待望の選手点をもたらした。

 迎えた後半は1点を追うラス・パルマスが前に出て行ったが、54分に左サイドでボールを受けたロドリゴのクロスにボックス中央のホセルが頭で合わせ、レアル・マドリードが加点。リードを広げると、得点を奪ったブラヒムとホセルに代わって、負傷明けのダニ・セバージョスとヴィニシウスがピッチに送り出された。

 結局、レアル・マドリードが最後まで試合をコントロールして終了。今季クラブに戻ってきた両選手のゴールにより、レアルが2−0で勝利した。そのレアルは次節、30日に敵地で首位に立つジローナとの首位決戦に臨む。

 
【スコア】
レアル・マドリード 2−0 ラス・パルマス

【得点者】
1−0 45+3分 ブラヒム・ディアス(レアル・マドリード)
2−0 54分 ホセル(レアル・マドリード)

【スタメン】
▼レアル・マドリード(4-3-1-2)
GK:ケパ
DF:ナチョ、リュディガー、アラバ(41分 バスケス)、メンディ(77分 フラン・ガルシア)
MF:バルベルデ、チュアメニ、カマヴィンガ(77分 クロース)、ブラヒム(57分 セバージョス)
FW:ホセル(57分 ヴィニシウス)、ロドリゴ

◆◇El Blanco Real Madrid 1278◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1695835741/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)