アンテナ・まとめ RSS

元鹿島監督の石井正忠氏、タイ代表の新監督に就任!日本代表と元日対決で初指揮へ(関連まとめ)

タイ代表が指揮官交代、石井正忠氏が新監督に就任! 日本代表との“元日決戦”で初の指揮へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ae5f54d64fedba39cd63f4715f81660df9b498d
石井監督ブリー村.jpg

石井正忠氏がタイ代表の新監督に就任することとなった。22日、タイ代表のチームマネージャーを務め、実業家としても知られるヌアンパン・ラムサム氏が自身の公式SNSを通して発表した。

 タイサッカー協会(FAT)は22日、アレシャンドレ・ペルキング監督の退任を発表。タイ代表はアジアからの出場枠が「8.5」に拡大した北中米開催のFIFAワールドカップ26で史上初の本大会出場を目指しているが、グループCに入ったFIFAワールドカップ26アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選では、開幕戦で中国代表を相手に1−2と逆転負けを喫した。第2節ではシンガポール代表を3−1で破ったものの、グループ内最大の強豪である韓国代表との大一番を前に監督交代を決断。2021年9月より指揮を執るブラジル人指揮官に別れを告げていた。

 同監督の後任として、タイ代表のテクニカルディレクターを務めていた石井氏がバトンを引き継ぐこととなった。日本人監督がタイ代表を率いるのは、2019年7月から2021年6月まで指揮を執っていた西野朗氏以来、史上2人目のこととなる。

 なお、タイ代表は2024年1月1日に「TOYO TIRES CUP 2024」で日本代表と対戦予定。石井新監督にとって、日本代表との“元日決戦”がタイ代表を率いての初陣となる。
 
 現在56歳の石井氏は、現役時代にNTT関東サッカー部(※大宮アルディージャの前身)や鹿島アントラーズで活躍。鹿島時代にはJ1リーグ優勝も経験した。現役引退後は指導者に転身。古巣の鹿島で各種コーチ業に従事した後、2015年7月より鹿島のトップチームで監督に就任した。鹿島では数々のタイトルを獲得。2015シーズンのJリーグカップ(※当時はJリーグヤマザキナビスコカップ)、2016シーズンの明治安田生命J1リーグ、同シーズンの天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会でトロフィーを掲げ、FIFAクラブワールドカップ2016ではアジア勢初の決勝進出も成し遂げた。

 鹿島で監督の座を退いた後は、2017年11月に大宮の指揮官に就任した。シーズンのラスト3試合というタイミングで、当時明治安田生命J1リーグの降格圏に沈んでいた大宮の指揮を執ったが、クラブを危機から救うことはできず。翌シーズンは明治安田生命J2リーグを5位で終えると、J1参入プレーオフで敗れ、1年でのJ1復帰とはならなかった。同シーズン限りで大宮の監督を退任している。

 以降は監督業を一時休止していたものの、2019年12月にはタイ・リーグ1(1部)のサムットプラーカーン・シティの監督に就任。2021年12月からはタイの名門ブリーラム・ユナイテッドを率いていた。ブリーラム・ユナイテッドでは1年目から国内3冠(タイ・リーグ1、タイFAカップ、タイリーグカップ)を達成し、自身も年間最優秀監督賞を受賞。翌シーズンもクラブを国内3冠へ導き、タイ史上初の偉業を果たしていた。

【サッカー】石井正忠氏がタイ代表監督へ 鹿島や大宮などで指揮 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1700623163/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:01 | 大阪 | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表FW上田綺世、伊東純也の凄さを熱弁「いろんな足が速い選手がいる中で…」

【サッカー】【日本代表】FW上田綺世がMF伊東純也の凄さ≠熱弁「いろんな足が速い選手がいる中で…」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1700647936/
上田と伊東.jpg
1: Egg ★ 2023/11/22(水) 19:12:16.95 ID:g3dtHpZ+9.net

日本代表FW上田綺世(フェイエノールト)が、MF伊東純也(スタッド・ランス)の凄さ≠熱弁した。

 上田は21日に行われた北中米W杯アジア2次予選シリア戦(ジッダ)で2ゴールをマーク。いずれも伊東からのアシストを受けた。

 この日の伊東はチームの全5得点中、4アシストと圧巻のプレーを披露。これまでの右サイドだけでなく、左サイドでも卓越した動きを見せた。

 上田は試合後に、伊東が他の選手と比べて優れているポイントを解説。「何がすごいって、足が速いのは見て分かるし、いろんな足が速い選手がいる中で、トップスピードの中で質の高いクロスやドリブルができるというのが純也くんの一番のポイント。シュートもそうだし、トップスピードにより近い速度の中で精度の高いプレーをできることが、日本の武器と感じる。それが彼のうまさ」と力説した。スピードのある選手は多いが、その中で伊東はトップスピードを緩めることなく精度の高いプレーができる技術≠ェ光というわけだ。

 上田と伊東の黄金コンビが、今後も森保ジャパンでゴールを量産しそうだ。

11/22(水) 18:16配信 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c4e3a4ce6168e9c4e96e5e0dc7663222249e3b5

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20231122-00283616-tospoweb-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 | Comment(26) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナルMFヴィエイラ、仏1部マルセイユが関心…控え起用が続く

マルセイユが1月のファビオ・ヴィエイラ獲得に関心?アーセナルでは控え起用が続く|リーグアン
https://news.yahoo.co.jp/articles/156866bfbcf7d98fa77c95b555c50bb0a854e84b
ヴィエイラ23-24アーセナル.jpg


マルセイユは、アーセナルMFファビオ・ヴィエイラに関心を示しているようだ。

今季リーグアン開幕11試合で3勝4分け4敗、10位に沈むマルセイユ。さらにヴァランタン・ロンジェが最低でも3カ月の離脱が予想されており、1月の移籍市場に向けて攻撃的MFの補強に動くことが噂されている。

そして移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者は『Caught Offside』で、マルセイユがヴィエイラに関心を持っていることを伝えた。

昨年夏にアーセナルへ加入したヴィエイラ。今季は公式戦14試合に出場しているが、プレミアリーグで先発したのはたった2試合のみ。9月下旬のトッテナム戦以来リーグ戦ではベンチスタートが続くなど、出場機会を得られない状況が続いている。アーセナルでの将来は不透明になっており、そこにマルセイユが注目しているようだ。

なおマルセイユでは、10月にハビエル・リバルタ氏が退任したことでスポーツディレクターが不在に。メフディ・ベナティア氏の就任が予想されているが、同氏の就任まで補強プランについては不透明な状況が続いているとも伝えられている。


【Gunners】 Arsenal F.C.【part2218】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1700521089/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、北朝鮮が放映権料を吊り上げ「シリア戦の数倍」とも

【サッカー】日本代表、「シリア戦の数倍」今度は北朝鮮が放映権料釣り上げ 背後に北の将軍様 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1700623465/
日本チュニジア戦前.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/11/22(水) 12:24:25.43 ID:Oe8go00g9.net

 W杯アジア2次予選が国内放送されないという異例の事態が再び迫っている。日本代表が臨んだ北中米W杯アジア2次予選シリア戦(21日=日本時間22日、5―0)は、放映権を巡るドタバタ劇が注目を集めた。ホーム(中立地開催)のシリア協会が持つテレビ放映権の販売を担った代理店が、相場を大幅に超える高額な放映権料を要求。日本の放送局などと折り合いが付かず、国内での中継や配信が行われない異例の事態となった。

【動画】北朝鮮代表がジャンピングアタック≠ナPK献上!!

 日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は16日のミャンマー戦後に「最後の最後まで粘って交渉はしていくがチキンゲーム≠フような形でお金を釣り上げるとか、そういうことに乗っていくつもりは全くない。儲けようとしているからこうなるわけで。放映権は適切な相場がある」と怒りをにじませ、相手側の法外な要求は断固拒否する姿勢を強調した。

 この一戦はJFAがテキスト速報したほか、一部の海外サイトでネット配信もあり、ファンやサポーターはあの手この手で代表戦をチェックすることになった。異例の事態が話題を呼び、一定の盛り上がりを見せた。

 しかし、一難去ってまた一難。森保ジャパンはW杯予選第3戦で、来年3月に北朝鮮と2連戦(同21日、同26日=いずれも会場未定)に臨むが、そのアウェー戦でもすでに放映権を巡ってきな臭い動きが出ている。

 大手広告代理店の関係者は「北朝鮮はかなりの高額を要求しているようだ」と指摘。中国系の代理店などを利用し、複数の放送事業者に接触しているとみられる。北朝鮮のホーム開催は自国か第3国かも決まっていないが、日本で関心を集めていることは把握しており「シリアの数倍程度」と超強気な放映権料を設定。金正恩総書記が推し進める外貨獲得の戦略も関係しているようで、日本側はまたしても難しい交渉を強いられそうだ。

東スポWEB

https://news.yahoo.co.jp/articles/73c906e442c74c18a13ce5d47ab9db207973ffda



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(50) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルゼンチン代表、ブラジル撃破し首位キープ!ブラジルはまさかの3連敗で6位転落 南米予選(関連まとめ)

【サッカー】W杯南米予選 アルゼンチンが宿敵下し首位キープに成功!敗れたブラジルはまさかの3連敗に [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1700623336/
アルゼンチン勝利.jpg

1: 久太郎 ★ 2023/11/22(水) 12:22:16.96 ID:Oe8go00g9.net

2026年ワールドカップ(W杯)南米予選が21日に行われ、ブラジル代表とアルゼンチン代表が対戦した。

直近2連敗で5位に甘んじるブラジルと、前節初黒星を喫したものの首位を走るアルゼンチン。世界屈指の強豪同士が、ブラジルの聖地マラカナン・スタジアムで激突した。ブラジルでは、ケガ明けのジェズスやロドリゴらが先発入り。アルゼンチンでは、メッシやマクアリスターなど昨年のワールドカップ優勝を支えた主力がスタメンに入っている。

激しいライバル関係で知られる両国だが、キックオフ前から事件が発生。両サポーターの衝突が大きくなり、アルゼンチンの選手が一度ロッカールームへ引き上げることに。その後時間を置いてピッチに戻ったが、ブラジルの選手と言い合う場面も見られるなど、開始前から緊迫感が高まった。

約30分遅れでスタートした大一番は、序盤はアルゼンチンがボールを持って攻勢をしかけ、ブラジルは14分までにアタッカー2人がイエローカードを受ける展開に。その後も両チームのファール数は増加するなど激しさを増していく。しかし両者ともに決定機を欠いたまま、前半をスコアレスで折り返す。

ブラジルは後半頭から、マルキーニョスに代えてニノを投入。するとホームチームがチャンスを作り始める展開に。しかし、先制点を奪ったのはアウェイチームだった。63分、ロ・チェルソのお膳立てからオタメンディが豪快なヘッドを叩き込み、アルゼンチンが大きなリードを奪う。

ビハインドを負ったブラジルは、失点後に17歳FWエンドリッキやジョエリントンら攻撃的なカードを次々と切り、状況の打開を目指す。しかし82分、デ・パウルとの競り合いの中で腕を振り払ったジョエリントンが一発退場に。窮地に立たされる。

そして試合はこのまま終了。キックオフ前から荒れた激戦は、アルゼンチン1-0で制した。

この結果、勝利を取り戻したアルゼンチンは勝ち点を15まで伸ばし、首位をキープすることに成功。一方のブラジルは3連敗となり、勝ち点7のまま6位まで転落している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fe1b155a9075e2e4b8649af864f9b6e799965c7a



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ代表、オーストリアに敗れ11月シリーズ2連敗…ナーゲルスマン体制でも不振に(関連まとめ)

【サッカー】新体制でも不振…ドイツ代表は11月シリーズ2連敗、オーストリアに敗北 [原島★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1700608205/
ドイツ代表2023オーストリア戦敗戦.jpg
1: 原島 ★ 2023/11/22(水) 08:10:05.58 ID:IHDwKM719.net

国際親善試合が21日に行われ、ドイツ代表とオーストリア代表が対戦した。

 ドイツ代表はEURO2024開催国のため予選を免除されている。FIFAワールドカップカタール2022で2大会連続のグループステージ敗退という憂き目を見た後、今年9月のインターナショナルマッチウィークでは日本代表に1−4と大敗を喫し、ハンジ・フリック監督の解任を決断。ユリアン・ナーゲルスマン新監督の下で臨んだ10月のインターナショナルマッチウィークでは1勝1分を記録したものの、今月18日に行われたトルコ代表との一戦は2−3で敗れた。依然として不穏な空気が漂っている中、既にEURO2024本大会出場を決めているオーストリア代表のホームに乗り込む。

 ナーゲルスマン監督はトルコ代表戦からスターティングメンバー3名を変更。マッツ・フンメルス、レオン・ゴレツカ、セルジュ・ニャブリが新たに先発に名を連ねた。カイ・ハフェルツは引き続き左ウイングバックで起用されており、トーマス・ミュラーやフロリアン・ヴィルツらがベンチから出番を待つ。一方、オーストリア代表はダヴィド・アラバ、コンラッド・ライマー、マルセル・サビツァーらの主力が先発に並んだ。

 試合は序盤から一進一退の攻防が続いたが、29分にスコアが動く。オーストリア代表は自陣でルーズボールを拾い、素早くカウンターへ。前線へのロングフィードをミハエル・グレゴリチュが頭で落とすと、前を向いてボールを持ったクリストフ・バウムガルトナーが左サイドへ展開。ボールを受けたサビツァーは細かいステップから中央への持ち出しで対峙したヨナタン・ターの足を開かせると、右足で股下を通す一撃を狙う。グラウンダーのシュートがニアサイドに吸い込まれ、オーストリア代表が先手を取った。

 オーストリア代表の1点リードで折り返した後半、ドイツ代表を窮地に追い込む出来事が発生。オーストリア代表のフィリップ・ムウェネが自陣左サイドからボールを持ち運んだ際、レロイ・サネが遅れてチャレンジへ。ファウルを受けたムウェネがサネへ詰め寄ると、ヒートアップしたサネが報復行為でムウェネを突き飛ばしてしまう。このプレーでサネにはレッドカードが提示され、ドイツ代表は1人少ない中での戦いを強いられることとなった。

 数的優位となったオーストリア代表はここからゴールに迫るシーンを増やしていくが、待望の追加点を挙げるには至らない。それでも73分、敵陣へ押し込んだ構図の中、最終ライン中央でボールを持ったアラバが縦パスを供給。中央でこのパスを受けたグレゴリチュがダイレクトで叩くと、反応したバウムガルトナーがフンメルスを置き去りにしてボックスへ侵入。最後はループシュートでゴールネットを揺らし、オーストリア代表がリードを広げた。

 試合はこのままタイムアップを迎えた。ドイツ代表はトルコ代表戦に続く2連敗。泥沼の2023年、国際Aマッチの成績が3勝2分6敗となった。一方、オーストリア代表は17日に行われたEURO2024予選のエストニア代表戦を2−0で制していたことから、2連勝を飾って11月のインターナショナルマッチウィークを終えた。

【スコア】
オーストリア代表 2−0 ドイツ代表

【得点者】
1−0 29分 マルセル・サビツァー(オーストリア代表)
2−0 73分 クリストフ・バウムガルトナー(オーストリア代表)
https://news.yahoo.co.jp/articles/1c72ec320752f0bcc6fadec794c98d8c289bcbb7



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:13 | 大阪 ☀ | Comment(30) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JFA田嶋会長、日本代表シリア戦の中継無しの経緯説明「夜中ですよ。そこで何億もよこせなんて」

【サッカー】日本代表、中継なしで田嶋会長「夜中ですよ。そこで何億もよこせなんて」放映権高騰に疑問視 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1700588641/
田嶋会長2023.jpg
1: 久太郎 ★ 2023/11/22(水) 02:44:01.12 ID:Oe8go00g9.net

<ワールドカップ(W杯)アジア2次予選:日本5−0シリア>◇21日◇プリンス・アブドゥラ・アルファイサル・スタジアム

 日本(FIFAランキング18位)がシリア(同92位)を圧倒し、2次予選を2連勝とした。トップ下で先発したMF久保建英(22=レアル・ソシエダード)のミドル弾、エースFW上田綺世(25=フェイエノールト)の2得点などで5−0大勝した。

 同試合は日本でのテレビ中継、配信はなかった。日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が試合後、経緯を説明。「(放送の)権利は向こう(シリア)の協会にあって。エージェントが日本の価格につりあげようとしていたのは事実。最後、いろんな形で下げたみたいだが、日本のテレビ局は編成や放送枠、サーバーの確保など簡単なことではない。2日前に決まることは日本ではあり得ない」と話した。「放送できなかったのは申し訳ない気持ちはありますが、無理してお金をつり上げることをやっていったら、逆に放映権の相場まで崩れる。シリアの協会はペーパービューは別としてゼロになった。そこはもう少しAFC(アジアサッカー連盟)も考えないといけない」と私見を述べた。「我々は(放映権料を)たたいて下げようではない。夜中ですよ。そこで何億もよこせ、なんて出せないですよ」と強い決意を言葉にした。


https://news.yahoo.co.jp/articles/b50626cd2212b24db9ebddd56089c4a6d62bd3fc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(59) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、シリアに5-0圧勝!DF菅原由勢は久保建英とのトリックFKで代表初ゴール!まとめその4(関連まとめ)

久保&菅原、“トリックFK”の舞台裏 2人が実際にしていたやり取りは?「よくアイデア思いついた」
https://news.yahoo.co.jp/articles/f4f140bb0945da696059e281e835cded19ee1a27
菅原2023シリア戦ゴール.jpg

 森保一監督率いる日本代表は11月21日、中立地サウジアラビア・ジッダ開催の北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でシリアと対戦し、5-0で快勝した。3-0でリードした後半開始直後にはフリーキック(FK)を獲得。MF久保建英とDF菅原由勢が“トリックFK”で追加点をマークした。W杯予選デビューの菅原は国際Aマッチ8試合目での初ゴール。FK獲得時には長く2人で話し込んでいたが、実際はどんなやり取りがあったのだろうか。(取材・文=FOOTBALL ZONE編集部・小杉舞)

   ◇   ◇   ◇

久保「ズラしてからシュートでいけるんじゃない?」
菅原「それ、いいね。俺打っていい?」

 3-0でリードした後半立ち上がり直後、FW上田綺世が倒されて約20メートルの位置でFKを獲得。久保と菅原がキッカーの位置に立ち、2人でしばらく会話を続けた。実際あったやり取りが先述のとおり。久保が落として菅原が右足でシュートを放つ。2人のコンビネーションから作り出した“トリックFK”で綺麗な弧を描いた一撃が決まった。菅原はW杯予選デビュー戦となった国際Aマッチ8試合目で初ゴールをマーク。チームにとっても大きな4点目となった。

「直接ではなくて、建英がズラしてくれてコースが空いたので。フィーリングも良く自信もあったので結果で示せて良かった。今後、武器にしていかないといけないので質も上げていかないと」

 前日に直接FKを練習し、実際決めていた菅原。「有言実行でしたね、自分でもびっくり」と笑った。FKの立ち位置に立った時に久保の発案で“トリック”を決めたという。「いかに得点の確率を上げるかというところで最適解を出せたと思う。あとはタイミングだけだったけど、彼とは長いので。よくアイデアを思いついたと思うし、実行できたと思う」と、2人の抜群のコンビネーションだった。

 アンダー世代から切磋琢磨してきた。久保も菅原の初ゴールを手放しで喜んだ。

「相手も多分僕が蹴るだろうなと思っていたと思うので、それがいい布石になったかな、と。由勢もなんか俺が蹴りたいみたいなこと言ってきていた。直接蹴るよりニアに寄っていたので、僕のイメージでは落として、菅原選手がニアに打つかなと思ったらファーに打った。『おおっ』と思ったら当たって、綺麗なゴールだったと思いますけどね。ああいったプレーもたまに入れていくことで、僕がFKを蹴れる布石にもまたなってくる。あと菅原選手も代表初ゴールですよね。すごく僕も嬉しいです」

 久保自身も先制点をマークし、W杯予選初ゴールを挙げた。日本代表にとっても久々のFK弾。久保と菅原が生み出した一発は今後の森保ジャパンにとっても大きな意味を成すことになるだろう。

AZ Alkmaar 菅原由勢 part2
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1696183341/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 05:00 | 大阪 | Comment(10) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、シリアに5発圧勝!細谷真大は代表初ゴール「気持ちで流し込むだけでした」まとめその3(関連まとめ)

日本代表・細谷 うれしい代表1号はダメ押しの5点目 「気持ちで流し込むだけでした」
https://news.yahoo.co.jp/articles/7f63d8605d928a395b696435e4edb0416d134495
細谷2023シリア戦ゴール.jpg

 ◇W杯北中米大会アジア2次予選 日本5―0シリア(2023年11月21日 サウジアラビア・ジッダ)

 サッカー日本代表(世界ランク18位)は16日、26年W杯北中米大会アジア2次予選の2戦目で名将クーペル監督が率いるシリア代表(同92位)を5―0で下し、連勝で勝ち点6とした。

 後半途中から出場したF細谷(柏)が後半37分にゴール正面でボールを収め、代表1号となるダメ押し弾。ミャンマー戦に続いての出場に「もう一回チャンスが来たな」と気合を入れてピッチへ。伊東純也からのボールを「うまくファーストタッチ決めて、気持ちで流し込むだけでした。ホッとしました」と振り返り、柏の“先輩”からのアシストという点については「高校生のときから見ていた選手でした」と感謝した。

 日本は同予選B組唯一の2連勝。次戦は3月に北朝鮮とのホーム&アウェー戦2連戦が待ち受けている。

☆☆柏レイソルスレッドPart1929☆☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1699763612/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:59 | 大阪 | Comment(6) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、シリアを5-0粉砕!伊東純也の圧巻4アシストにファン驚愕「聞いた事ない」まとめその2(関連まとめ)

「聞いた事ないww」伊東純也、まさかの“4アシスト”にファン驚愕!「やばすぎるやろ」「マジでなに?」
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc15e08a8494f9beee8aec17c96f125b8f6ea241
伊東純也2023シリア戦.jpg


 これで4つ目だ。

 日本代表は11月21日、北中米ワールドカップのアジア2次予選第2戦でシリアと対戦。この一戦に右サイドで先発した伊東純也が出色のパフォーマンスを見せた。
 32分の久保建英の先制弾、37分、40分と上田綺世の2ゴールをお膳立て。後半に入り、菅原由勢のFK弾で4−0として迎えた82分、背番号14は巧みな右足アウトサイドパスで細谷真大の代表初ゴールを演出した。

 圧巻の4アシスト。SNS上では「伊東4アシストてw」「聞いた事ないww」「なかなかお目に掛かれない」「凄すぎるんよ」「やばすぎるやろ」「神の子?」「マジでなに?」といった声があがっている。

 試合は日本が5−0とゴールラッシュで大勝を飾った。

【Stade de Reims】伊東純也 part9
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1692914167/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:04 | 大阪 | Comment(18) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【伊東無双】日本代表、久保圧巻先制ミドル弾・上田2発・菅原&細谷初ゴールでシリアに5-0大勝!伊東純也は4アシスト まとめその1(関連まとめ)

【サッカー】日本、シリアも5−0圧倒2連勝!久保鮮やか先制、上田2点、菅原に細谷も初ゴール [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1700584667/
久保2023シリア戦ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2023/11/22(水) 01:37:47.23 ID:Oe8go00g9.net

日本対シリア 前半、先制ゴールを決める久保(撮影・パオロ ヌッチ)

<ワールドカップ(W杯)アジア2次予選:日本−シリア>◇21日◇プリンス・アブドゥラ・アルファイサル・スタジアム◇B組第2戦

 日本(FIFAランキング18位)がシリア(同92位)を圧倒し、2次予選を2連勝とした。トップ下で先発したMF久保建英(22=レアル・ソシエダード)が前半32分に鮮やかなミドルシュートで均衡を破ると、エースFW上田綺世(25=フェイエノールト)が前半のうちに2点を追加。後半もDF菅原由勢(AZアルクマール)、FW細谷真大(柏)が代表初ゴールを重ね、危なげなく5−0で大勝した。

     ◇   ◇

 試合は内戦下にあるシリアのホーム戦で、中立地のジッダ開催となった。日本代表にとって過去5戦全敗という「鬼門」サウジアラビア会場。そんな負のデータも、シリアも粉砕してみせた。

 4−2−3−1の並びで、最終ラインが右から菅原、谷口、冨安、伊藤。遠藤と守田のダブルボランチ、2列目は右から伊東、久保、浅野の並びで上田が1トップ。立ち上がりからボールを支配し、一方的に押し込んだが守りを固めるシリアから得点には至らない。しかし久保の左足が重苦しい空気を切り裂いた。

 前半32分、右サイドの伊東から横パスを受け、ペナルティーエリア手前から左足ミドルシュートをゴール右隅へ決めた。久保は国際Aマッチ3点目(29試合)。これで硬さが取れた日本はゴールを重ねた。

 前半37分、伊藤の左クロスを伊東が頭で折り返し、上田が右足で直接蹴り込んだ。ミャンマー戦から2試合連続のゴールで2−0とした。さらに3分後、再び上田が伊東からのパスを左足押し込んで3−0。上田は23年の国際Aマッチ8試合で7点という荒稼ぎ(通算19試合7得点)。また、伊東は前半だけで3アシストを記録した。

 後半早々の1分、ペナルティエリア手前の左寄りの位置で上田が倒されFKを獲得。久保が直接狙うふりをして軽く横にずらし、脇から菅原が右足でシュートを放つ。これが相手選手に当たりゴール右隅に決まった。4−0。

 守っても、ロングボールで打開しようとするシリアの浮き球パスを、冨安が鋭い寄せですかさず回収するなど、相手に付け入るスキを与えない。

 上田は2試合連続のハットトリックも期待されたが、後半20分にFW細谷と交代し、お役御免。久保も後半31分にMF堂安と代わり、ベンチへと下がった。

 後半37分には途中出場した細谷が、伊東が左から右足アウトサイドで送ったクロスを左足で蹴り込み、5−0とした。

 16日の初戦でミャンマーを5−0で下したのに続き、2戦目も実力差を見せつけての大勝。第3戦、第4戦は来年3月21日、26日(会場未定)に北朝鮮と2試合続けて戦う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/831b6a051950c56e027b6f43ae30de0ba10e8a59



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:06 | 大阪 | Comment(25) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)