アンテナ・まとめ RSS

マンC、ハーランド圧巻2ゴールで暫定首位浮上!エバートンの堅守に苦しみながらも2-0勝利しリーグ戦5連勝

マンCが暫定首位浮上! エバートンの堅守に苦戦もリーグ戦5連勝達成、2ゴールのハーランドは今季16点目で得点ランク単独トップ
https://news.yahoo.co.jp/articles/67004de37ccf036448ef81e5ac589f44f2d54d23
ハーランド23-24第24節ゴール.jpg

[2.10 プレミアリーグ第24節 マンチェスター・C 2-0 エバートン]

 プレミアリーグは10日に第24節を行った。マンチェスター・シティとエバートンの対戦は、シティが2-0で勝利した。

 1試合未消化で暫定首位リバプールを追いかけるシティ。ホームにエバートンを迎えるが、下位に沈む相手からゴールを奪えずに前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入ってもチャンスを決め切れない。しかし後半25分に待望のゴールが生まれる。右CKから敵陣PA内で混戦となり、相手のクリアはPA内のファーサイドへ。待ち構えたFWアーリング・ハーランドが強烈な右足ボレーを放つと、相手のブロックを崩しながらゴールネットを揺らした。

 さらにハーランドが追加点。後半40分、途中出場MFケビン・デ・ブライネが中盤から鋭いパスを最前線に送る。ハーランドがボールを収めて疾走。相手DFのマークをはじき飛ばすと、ノーマークでPA内に入り込み、左足シュートでゴールを決めた。

 後半アディショナルタイム10分で冷静に試合を運んだシティがそのまま2-0で勝利。リーグ戦5連勝を果たし、勝ち点1差でリバプールを追い抜いて暫定首位に立った。

BLUEMOONマンチェスターシティ 572citizen
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1707569527/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:38 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜FM、西村拓真がスイス1部セルヴェットに移籍決定!買取OP付の期限付き移籍!元鹿島監督ヴァイラー氏が指揮(関連まとめ)

西村拓真、スイス1部セルヴェットへ買い取りOP付き期限付き移籍決定「もっと高みを目指して自分自身成長していきたい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/cca0ed17c8ab49668dd8a9511704329d82bf85f9
西村セルヴェット移籍.jpg

横浜F・マリノスはFW西村拓真がスイス1部セルヴェットへの買い取りオプション付きの期限付き移籍が決まったことを発表した。契約は2024年6月30日まで。

西村は1996年10月22日生まれの現在27歳。富山第一高校卒業後の2015年にベガルタ仙台へ加入した。2018年からはCSKAモスクワ、ポルティモネンセと海外クラブを渡り歩き、2020年に仙台に復帰。2022年から横浜FMでプレーすると、2023シーズンは明治安田生命J1リーグで32試合出場3得点、JリーグYBCルヴァンカップで6試合出場2得点を記録した。

先月には横浜FMとの契約合意が発表され、新たに背番号9となることが決まっていたが、再び海外挑戦が決定。西村は公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「まずはシーズン開幕直前の大事な時期にチームを離脱し、申し訳ありません。マリノスファミリーとしてこのエンブレムを背負って戦えたこと、本当に幸せでしたし、とても楽しく、最高でした。僕のサッカー人生の中で、F・マリノスでの日々を超えるものはこの先もないと思いますが、もっと高みを目指して自分自身成長していきたいと思います。約2年間という期間でしたが、本当にありがとうございました」

なお、セルヴェットはスイス1部で、元鹿島アントラーズのレネ・ヴァイラー監督が率いる。2023年7月からは常本佳吾も在籍している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part16231
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1707552437/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、恒例の水戸とのPSMで4年ぶり勝利!樋口雄太が絶妙決勝ボレー弾(関連まとめ)

樋口の絶妙ボレーが炸裂! ポポヴィッチ鹿島、水戸を1−0撃破! 恒例のPSMで4年ぶり勝利
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe035b2ebd3071b0d482b1f3fa6c801bf5e3cae3
樋口鹿島2023PSM水戸戦.jpg


2月10日、プレシーズンマッチ『いばらきサッカーフェスティバル2024』が県立カシマサッカースタジアムで開催。鹿島アントラーズと水戸ホーリーホックが対戦した。

【動画】樋口雄太、見事なボレーで決勝点!



 立ち上がりにペースを掴んだのは鹿島。テンポの良いパス回しで局面を動かし、ロングパスも効果的に使いながら攻撃を組み立てる。対する水戸は、組織的かつ強度の高い守備で対抗し、ボールを奪えば鋭いアタックを繰り出す。

 チャンスの数で上回る鹿島が21分、均衡を破る。新助っ人チャヴリッチを起点に、右サイドでパスを受けた藤井智也が折り返すと、樋口雄太が鮮やかなボレーシュートを流し込んだ。

 先手を取った鹿島はさらにチーム全体の動きが良くなり、素早い切り替えで攻守の両局面で優位に立つ。1点を追う水戸はボールを握れる状況もあったが、思うようにフィニッシュに持ち込めず。試合は鹿島の1点リードで折り返す。
 
 迎えた後半も主導権を握るのは鹿島。際立つのは、ボールを奪われたあとのアクション。複数人がすぐに寄せて相手のボールホルダーを取り囲み、即時奪回で水戸の反撃を許さない。

 61分には巧みな抜け出しから知念慶が強烈なシュート。しかしこれはGK松原修平の好守に阻まれる。

 まずは同点を狙う水戸は、徐々に敵陣に出ていくシーンを増やしていく。だが、鹿島の堅牢な守備をなかなか切り崩せない。83分には得能草生が絶好機を迎えるも、渾身のシュートは惜しくも枠を外れる。

 鹿島は追加点こそ奪えなかったが、最後までリードを守り抜き、1−0で逃げ切った。ランコ・ポポヴィッチ監督が就任し、新体制の鹿島が恒例のPSMで4年ぶりの勝利。シーズン開幕に向けて弾みをつけた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part16230
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1707516311/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1広島、新スタジアムの杮落し!G大阪が倉田決勝弾で2-1勝利!2万6418人が熱狂(関連まとめ)

倉田秋が88分に決勝弾!新スタジアムの記念すべき初戦でG大阪が広島に2−1逆転勝利!2万6418人が熱狂
https://news.yahoo.co.jp/articles/f77627a2f07de7d12a6203592154693ccb5b1902
広島2024杮落し.jpg


2月10日、「エディオンピースウイング広島」のこけら落としで、サンフレッチェ広島とガンバ大阪が対戦した。

 序盤から両チームともセットプレーなどから得点を目ざすも、なかなか決定的なチャンスを作れない。

 前半終盤には広島の柏好文が鋭いシュートを放つが、横浜F・マリノスからレンタルバックしたGK一森純の好守に阻まれ、モノにできず。柏は思わずピッチに倒れ込み、2万6418人が入ったスタジアムはため息に包まれた。

 スコアレスで折り返すと、迎えた48分に広島のピエロス・ソティリウが左サイドからのクロスに豪快なヘッドで合わせ、ついに記念すべき新スタジアム第1号を奪う。

 待ちわびた瞬間にスタンドは大いに沸くが、アウェーのG大阪も黙っていない。59分に岸本武流が押し込み、同点に追いつく。

 その後、互いにメンバーを変えながら勝ち越しを狙うなか、G大阪の倉田秋が88分に逆転弾をゲット。このまま2−1で長い笛が吹かれ、アウェーのG大阪が白熱の一戦を制した。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part16230
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1707516311/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、PSG戦見据えオサスナ戦はベンチスタートか?現地紙予想

RソシエダードMF久保建英、パリSG戦見据えオサスナ戦でベンチスタートか 現地紙予想
https://news.yahoo.co.jp/articles/ca85c6a476d56798028ce2f7fe78bd2883e4363a
久保23-24ソシエダ横.jpg

 レアル・ソシエダードの日本代表MF久保建英(22)が10日にホームで行われるスペインリーグ第24節オサスナ戦でベンチスタートになると、スペイン紙マルカが試合当日に予想した。

 久保は、日本代表メンバーとして出場したアジアカップ(アジア杯)敗退後、6日の国王杯準決勝第1戦マジョルカ戦で8試合ぶりにチームに復帰し、いきなりのフル出場。相手の厳しいマークに苦しむ中、後半26分に左サイドから素晴らしいクロスを入れたが、サディクが至近距離からの決定的チャンスを惜しくも外し、チームは公式戦3試合連続でスコアレスドローとなった。

 マルカ紙はアルグアシル監督が中3日で行われるオサスナ戦に向け、14日にアウェーで行われる欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦のパリ・サンジェルマン戦を見据え、先週まで代表戦を戦っていた久保とトラオレ、フィジカル面に問題のあるル・ノルマンとミケル・メリーノら主力選手を温存する可能性があると伝えた。

 さらに今季最多タイのけが人を抱えており、カルロス・フェルナンデス、アイエン・ムニョス、エルストンド、ティアニー、ベッカー、オドリオソラ、オヤルサバルの7人が招集外となった。

 同紙はこの状況を受け、

 GK=レミーロ

 DF=アランブル、スベルディア、パチェコ、ハビ・ガラン

 MF=ブライス・メンデス、スビメンディ、トゥリエンテス

 FW=ザハリャン、アンドレ・シルバ、バレネチェア

 が先発出場すると予想した。

 スペインリーグでここ2試合連続で引き分けているRソシエダードは、現在勝ち点37で暫定7位。対するオサスナはリーグ戦でここ2試合勝利なく、勝ち点26で12位となっている。(高橋智行通信員)

【Real】久保建英応援スレ part1209【Sociedad】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1707389745/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル・マドリード、ジローナ戦は本職CB無しか?リュディガーに加えてナチョも練習に参加できず

レアル・マドリード、ジローナ戦は本職CBなしでプレーか…?リュディガーに加えてナチョも練習に参加できず|ラ・リーガ
https://news.yahoo.co.jp/articles/09ceb16b31cd62360875c304bfb1d286837198a9
ナチョ23-24レアル.jpg


10日のラ・リーガ第24節で、本拠地サンティアゴ・ベルナベウにジローナを迎えるレアル・マドリードだが、この一戦をセンターバック0人で戦う可能性が浮上している。

勝ち点2差で2位につけるジローナとの直接対決に臨むラ・リーガ首位レアル・マドリード。しかしこの大一番を前に、懸念されていたセンターバック不足が深刻化している。

DFエデル・ミリトン、DFダヴィド・アラバが前十字靭帯断裂で長期離脱中の同チームは、先週ミッドウィークの第20節延期分ヘタフェ戦(2-0)でひざを痛めたアントニオ・リュディガーが、先週末の第23節アトレティコ・デ・マドリード戦(1-1)を欠場。ドイツ代表DFはまだ打撲から完全には回復しておらず、7日の全体練習に参加しなかったが、彼のほか最後の本職センターバック、DFナチョまでもが同日のピッチに立たなかった。ナチョは筋肉の過負荷に苦しんだという。

もしリュディガーもナチョも10日までに復帰できない場合、カルロ・アンチェロッティ監督は右サイドバックのDFダニ・カルバハル、ボランチのMFオーレリアン・チュアメニをセンターバックとして起用することになりそうだ。

なおレアル・マドリードは、またアトレティコ戦の試合直前に頸椎を痛めていたFWヴィニシウス・ジュニオールもまだ完全には回復しておらず、リュディガー&ナチョと同じくジローナ戦出場は不透明となっている

◆◇El Blanco Real Madrid 1295◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1706979356/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森保ジャパンでは限界… なぜ外国人監督を招へいすべきなのか?期待される元ブンデス指揮官の名前

【サッカー】森保ジャパンでは限界… なぜ外国人監督を招へいすべきなのか 期待される元ブンデス指揮官の名前 [冬月記者★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1707531596/
グラスナー.jpg

1: 冬月記者 ★ 2024/02/10(土) 11:19:56.25 ID:JhK/4hPy9.net

https://news.yahoo.co.jp/articles/6d721f8365711fd91164281aa4ca06da705c55f4?page=1

 日本代表がアジア杯で準々決勝にイランに1−2で逆転負けを喫し、森保一監督に対する風当たりが強くなっている。

 スポーツ紙デスクは、こう振り返る。

「個々の選手の能力の高さで言えば日本代表はアジアの中でトップだと思います。ただ、ベンチワークは出場国の中で極めて低かった。イラク、イランに同じようなパターンで敗れましたが、監督の采配力の差です。個人の能力に依存した戦い方では厳しい。本気でW杯を勝ちたいなら、監督交代を視野に入れるべきです」

■守備が限界点を迎える

(中略)

 
■日本人のマインドに合う監督

 22年のカタールW杯はグループリーグでドイツ、スペインを撃破して決勝トーナメントに進出。采配能力が不安視された森保監督の評価が見直され、大会後の続投が決まった。

 ただ、この決定に疑問の声が少なくなかったことも事実だ。

 欧州で取材するライターは、「日本代表の監督に興味を示す海外の指導者は少なくない。年俸などネックになる部分はあるが、もう1ランク上のレベルに行くには外国人監督を招へいするべきです。コミュニケーションを懸念する声がありますが、日本代表の選手の大半が欧州のクラブでプレーしているので支障はない。個人的に適任だと思うのは元フランクフルトのオリヴァー・グラスナー監督ですね。運動量を求め、攻撃的なサッカーを志向する一方で守備も細かい決め事がある。日本人のマインドに合う監督です」


 グラスナーは21年にフランクフルトの監督に就任すると、同年のUEFAヨーロッパリーグではFCバルセロナ、ウエストハムを撃破。決勝でもレンジャーズを破り42年ぶりの優勝に導いた。日本代表で主将を務め、W杯に3度出場した長谷部誠に絶大な信頼を置いていることでも知られている。

 リヴァプールの監督を退団したユルゲン・クロップ、アルゼンチン、チリの代表監督を務めたマルセロ・ビエルサも日本代表の監督に就任したら、どのようなチームを作るのか興味深い。 

 クロップはドルトムントでリーグ連覇を飾り、15年から就任したリヴァプールではプレミアリーグ優勝、UEFAチャンピオンズリーグ優勝など6つの主要タイトルを獲得。欧州を代表する名将として知られる。ビエルサは04年のアテネ五輪でU-23アルゼンチン代表監督を率いて金メダルを獲得し、10年の南アフリカW杯ではチリ代表をベスト16に導いた。   

 「戦術マニア」として知られ、革新的な戦術が話題になることも。ただ、日本代表を取材するスポーツ紙記者は両氏の日本代表監督就任に否定的な見方を示す。

「クロップは文句なしの実績ですが、日本代表の監督を引き受けるイメージがわかない。年俸の問題もありますしね。ビエルサは過去に日本サッカー協会が監督就任を打診したという情報が流れましたが、実現しなかった。エキセントリックなキャラクターなので話題になることは間違いないですけどね。評価が分かれる監督ですが、W杯優勝を目指すなら本気で熱意を伝える価値がある指導者だと思います」

 森保監督に次回W杯を託せるか。アジア最終予選まで指揮を振るい、本戦は監督交代という選択肢も考えられる。Jリーグを取材する記者はこう語る。

■途中解任されたケースも

「 日本人監督で後継者として浮かぶのは川崎フロンターレの鬼木達監督ですかね。Jリーグ歴代最多の4度優勝、天皇杯、ルヴァン杯のタイトルを獲得して実績は抜きん出ている。戦術面でも年数を重ねてブラッシュアップされ、サッカーが進化している。主力が毎年欧州クラブに引き抜かれるなかで成績を残し続けているのは立派ですよ。他の日本人監督だとなかなか見当たらないですね…。

 正直、森保監督とあまり変わらないと思います。外国人監督ならサンフレッチェ広島のミヒャエル・スキッベ監督、昨年まで横浜F・マリノスの監督を務めた上海海港のケヴィン・マスカットは日本人選手の特徴を熟知しているので、チーム作りがスムーズに進められると思います。戦術の引き出しが多いですしね。ただクラブの現職の監督なので代表監督就任のハードルは高い」

 過去に日本代表の監督を途中解任されたケースは何度かある。直近では15年に就任したヴァイッド・ハリルホジッチ監督だ。

 17年8月にアジア最終予選で1位通過を決めたが、戦術面を巡り選手たちの不満が報じられるようになり、日本サッカー協会は「選手たちとのコミュニケーションや信頼関係が薄れていた」と解任に踏み切った。後任に西野朗監督が就任し、18年のロシアW杯で決勝トーナメントに進出した。

以下、略


 
「耐えて、耐えてショートカウンターの戦術で格上の強豪国を倒した成功体験がありますが、世界の頂点を狙うならその戦術だけは勝てない。アジア杯のように、試合途中に相手の戦術変更に対応する能力も求められます。今の日本代表は能力の高い選手がそろっていますが、彼らの特徴を最大限生かしたサッカーが実現できていない。森保監督を続投させるなら、作戦面を担う有能な指導者を招聘するなど、手を打つ必要があると思います。このままではアジア最終予選も苦戦する可能性がある」(Jリーグクラブの関係者)

 次回のW杯は2年後。決して時間に余裕があるわけではない。日本代表は変革が迫られている。

(今川秀悟)

※管理人:前文の重複箇所を編集し直しました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(40) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シント・トロイデン、GK鈴木彩艶が好セーブで完封勝利に貢献!角田ら先発のコルトレイクに勝利(関連まとめ)

シントトロイデンの日本代表GK鈴木彩艶、アジア杯後初出場で好セーブ 完封勝利に貢献し笑顔
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ad8daf9bd1a54daffc222fde6f1bae94a00a9dd
鈴木彩艶第25節試合後.jpg


 ベルギー1部・シントトロイデンの日本代表GK鈴木彩艶(21)が、ベスト8で敗れたアジア杯後初となる出場を果たし、好セーブでチームの勝利に貢献した。10日、ホームのコルトレイク戦に先発出場。1点リードの後半24分には、サイドからクロスに飛び込んできた相手FWのシュートを左足でストップ。試合終了間際にもCKからコルトレイクのDF角田涼太朗(24)のヘディングシュートをがっちりとキャッチし、完封勝利に貢献した。クリーンシートに試合後は満面の笑みを見せていた。

 この試合ではシントトロイデンの鈴木、MF藤田譲瑠チマ(21)、コルトレイクのDF角田、藤井陽也(23)と4人の日本人が先発出場。前半40分にシントトロイデンが奪った先取点は、CKをクリアしようとした藤井のオウンゴールによるものだった。鈴木は後半19分、バックパスを処理したトラップが大きくなり、相手のプレスに合う危ないシーンもあったが、積極的にビルドアップにも絡んだ。

 試合終盤には藤田がインターセプトからボールを持ち運んで味方に決定的なラストパスを通したが、シュートは角田がスライディングでブロックする好プレーも。また後半33分にはシントトロイデンのMF山本理仁も途中出場し、チャンスに絡んだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part16229
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1707427324/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪、ブラジル人FWウェルトンの獲得が決定的!左サイドが本職の快足ドリブラー(関連まとめ)

G大阪 ブラジル人FWウェルトン・フェリペ獲得決定的 左サイドが本職の快足ドリブラー
https://news.yahoo.co.jp/articles/715b01bd0891161bb624307e6e7f815195bdb9e5
ウェルトン23-24レフスキ.jpg

 G大阪がブラジル人FWウェルトン・フェリペ(26=ブルガリア1部レフスキ・ソフィア)を完全移籍で獲得することが9日、決定的となった。粘り強い交渉の末、移籍金減額に成功。来日後のメディカルチェックを経て、正式契約となる。

 両利きのウェルトンは左サイドを主戦場にする快足ドリブラーで今季リーグ16試合3得点4アシスト。欧州カンファレンスリーグにも出場し、6試合2得点を記録している。速さと技術、そしてミドルシュートも武器だ。

 G大阪はドリブラーやスピードタイプはいるが、両方を兼ね備えた選手は皆無。昨季はサイドを突破できるウインガーの不在も低迷の一因となった。チームはきょう10日にプレシーズンマッチ広島戦。現状の立ち位置を測る中、ウェルトンは今季目標の7位以上に向けた“ラストピース”になる。

 ◇ウェルトン・フェリペ 1997年8月6日生まれ、ブラジル・パラナバイ州出身の26歳。22年1月にボタフォゴPB(ブラジル)からレフスキ・ソフィア(ブルガリア)へ完全移籍。1メートル75、70キロ。両利き。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part16229
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1707427324/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:24 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国、アルゼンチン戦を試合中止に…メッシ騒動受け

【サッカー】アルゼンチン戦が中止に 中国、メッシ騒動受け [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1707495094/
メッシ香港戦ベンチ.jpg
1: 久太郎 ★ 2024/02/10(土) 01:11:34.82 ID:x4fzfjer9.net

 3月に中国で予定されていたサッカーの国際親善試合、アルゼンチン―ナイジェリアがメッシの欠場騒動を受けて中止となった。会場となる杭州市が「親善試合を開催するのに、機は熟していない」との声明を出したと、ロイター通信が9日に伝えた。

 米プロリーグMLSのマイアミに所属するメッシは4日の香港での親善試合を脚の不調を理由に欠場。中国本土でも反感が拡大している。(共同)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1cf80f16f1d35405ae5d9d0d4bc7b2f0d82ddb17



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(24) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)