アンテナ・まとめ RSS

U23アジア杯、脳震盪の交代枠は無しだった…MF荒木遼太郎にも影響か(関連まとめ)

【サッカー】日本優勝のU-23アジアカップは脳振とう交代枠なしだった… 荒木遼太郎にも影響か [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1715254219/
荒木担架.jpg

1: 久太郎 ★ 2024/05/09(木) 20:30:19.05 ID:TazkxAvD9.net

大岩剛監督率いるU―23日本代表が優勝したU―23アジアカップ(カタール)は、脳振とう交代枠を認めないレギュレーションで行っていた。
 9日、都内で行われたレフェリーブリーフィングで日本サッカー協会の佐藤隆治審判マネジャーが、同大会のレギュレーションにも言及。「(U―23)アジアカップは、脳振とうの交代をやらないというレギュレーションでやっていた。(脳振とう交代枠のルールは)大会ごとに決めている」と説明した。

 ウズベキスタンと対戦した3日のU―23アジアカップ決勝では、FW荒木遼太郎(22=FC東京)が、後半30分過ぎ、裏へ抜け出したところでエリア外に飛び出してきた相手GKと交錯。顔面からピッチに落下してプレーを続行したものの、試合終了間際に担架で運ばれ、ピッチから出る事態が起き、後に脳振とうと診断された。

 こんな経緯があっただけに、ネット上では「その場で交代させてもよかったのでは」との意見もあったが、荒木の交錯があったのは、0―0の時点。結果的に1―0で勝利したとはいえ、脳振とう交代枠がなかったことも踏まえ、簡単には交代を決断できなかった可能性もありそうだ。

 Jリーグでは、脳振とうによる交代を認めている。通常の交代枠を使い切っていても交代することが可能だ。

東スポWEB

https://news.yahoo.co.jp/articles/7f71722281390d1086a1a4f27505cff9c1d9da37



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界で最も価値のあるサッカークラブランキング発表! 1位マンU、2位レアル・マドリード、3位バルセロナ

【サッカー】世界で最も価値のあるクラブランキング発表! 約9660億円と評価された1位はマン・U。 [ゴアマガラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1715253794/
マンU23-24試合前.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2024/05/09(木) 20:23:14.69 ID:t47sxvz89.net

世界で最も価値のあるサッカークラブランキングが発表された。『The Athletic』が伝えた。

【一覧】世界で最も価値のあるクラブランキングTOP20

スポーツビジネス情報を主に取り扱っている『sportico』が今回、世界のサッカークラブの価値に関するデータをまとめ、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが62億ドル(約9660億円)と評価されてトップに輝いた。
『sportico』は放送収入、企業スポンサーシップや広告などの商業収入、試合チケット・会員収入などマッチデーに関わる収益などを基に、過去の売上高やブランド力、所属リーグの経済状況、将来のチームや降格の可能性などの外部要因も考慮して評価しているとのことだ。

2位は、今季に36度目のラ・リーガ優勝を飾ったレアル・マドリー。CL過去最多優勝で今季も同大会の決勝に進出した常勝クラブは60億6000万ドル(約9440億円)と評価された。3位はレアル・マドリーのライバルクラブであるバルセロナで、52億8000万ドル(約8230億円)となっている。

4位以下にはリヴァプール、バイエルンが続いた。イングランド、スペイン、ドイツ、フランス、イタリア以外のクラブでは、15位に初めてメジャーリーグサッカーのロサンゼルスFCが入った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/31fb3d9d34ea106cf9428260667b782e53a438d5



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:05 | 大阪 ☀ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三笘薫、ブライトンの年間ベストゴールを受賞!「キャリアで最高の得点」独走ドリブルからの衝撃弾

三笘薫がブライトンの年間ベストゴールを受賞!「キャリアで最高の得点」独走ドリブルからの衝撃弾
https://news.yahoo.co.jp/articles/db1d6762fd61295d2c9ea2e8873b02627f1b1b97
三笘ウルブス戦.jpg


ブライトン&ホーヴ・アルビオンに所属するサッカー日本代表MF三笘薫が同クラブの2023/24シーズンの年間ベストゴールを受賞した。ブライトンは7日にプレイヤーズ・アワードを開催。ブライトンの男子、女子、U-23チームの各賞を発表した。ファン投票で三笘のゴールが選ばれている。

 今回選ばれたのは三笘が独走ドリブルから奪った第2節ウォルバーハンプトン戦でのゴールだ。0-0で迎えた15分、ペルビス・エストゥピニャンからの縦パスを左サイドで受けた三笘はドリブルを開始。まず1人をかわすと、ぽっかりと空いたスペースにドリブルで侵入する。最後にペナルティエリア内でCBのマックス・キルマンもかわし、ゴール右へ冷静にボールを流し込んだ。


 三笘の圧巻のテクニック、そして抜群のスピードが光った場面だった。スピードに乗ってもコントロールは失われず、キルマンに掴まれても体幹がブレることなくゴールを決めてみせた。

 三笘は同授賞式には出席できなかったが、ブライトンの公式Xを通じて英語でコメントを掲載。「まず初めに今日は出席できず、申し訳ございません。そして、僕に投票してくれたファンに感謝したいです。この賞をいただいて本当に嬉しいです。このゴールは僕のキャリアで最高の得点です」と喜びを伝えた。

 さらに、「来季は多くのゴールを決めるために全力を尽くします。ありがとう」と締めくくり、来季に向けて意気込んだ。なお、ドイツ代表MFパスカル・グロスが男子の年間最優秀選手を受賞している。

【ワッチョイ】⌒Brighton&HoveAlbionFC⌒三笘薫part333
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1714708893/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、テンハグ監督解任なら後任は長期政権を希望?サウスゲイト英代表監督が有力候補か

指揮官交代検討のユナイテッドは後任に長期政権を希望? サウスゲイト監督が有力候補か
https://news.yahoo.co.jp/articles/2b41836f2664009d2895ed7ec824783a25cf9bf8
サウスゲイト.jpg


マンチェスター・ユナイテッドはエリク・テン・ハグ監督(54)の解任を決断した場合、長期政権を託せる指揮官を後任に据えたいようだ。

今シーズン、2年目となるエリク・テン・ハグ監督の下でFAカップこそ決勝進出を果たしたが、その他の大会では散々な結果となっているユナイテッド。プレミアリーグでは35試合を消化して8位に沈み、チャンピオンズリーグ(CL)はまさかのグループステージ最下位で敗退となった。

それでもクラブは、少なくとも今月末に行われるFAカップ決勝までテン・ハグ監督の解任は検討せず。ただし、マンチェスター・シティと戦う決勝の結果次第で、指揮官交代の決断を下す可能性が高いという。

イギリス『テレグラフ』によると、サー・ジム・ラトクリフ氏が正式に共同オーナーとなり改革へ動き出すクラブは、仮にテン・ハグ監督を解任した場合でも、後任に即結果を求めることは考えていないようだ。

クラブは短期的な利益を優先する危険性について、十分理解しているとのこと。後任には長期的な視野に立ち、チームを適切に成長させる人物が望ましいとの考えだという。

『テレグラフ』によると、これによってガレス・サウスゲイト監督(53)が後任の有力候補に浮上した模様。イングランド代表で長期政権を築く指揮官はまだメジャータイトル獲得の経験こそないものの、アンダー世代の指導などで高い評価を得ている。

次期スポーツディレクターと目されるダン・アシュワース氏も、サウスゲイト監督を高評価。同氏は指揮官と密接な関係を築いたうえでのチーム強化を望んでおり、そういう意味でもサウスゲイト監督はかつてブライトン&ホーヴ・アルビオンで仕事を共にしたグレアム・ポッター氏と並ぶ有力候補となっているようだ。

もちろん、FAカップ優勝となれば、まだテン・ハグ監督が続投する可能性も消えず。いずれにしても、クラブ改革が続くユナイテッドにとっては忙しい夏となるだろう。


http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1692774263/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内田篤人氏、夏のJリーグに持論「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」「欧州と逆のことをやっている」

【サッカー】「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”に持論「欧州と逆のことをやっている」 [ネギうどん★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1715217572/
内田ピッチリポーター.jpg

1: ネギうどん ★ 2024/05/09(木) 10:19:32.49 ID:cOQzTvv/9.net

Jリーグのシーズン移行について言及した内田篤人。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

 元日本代表DFの内田篤人氏がMCを務めるDAZNの『内田篤人のFOOTBALL TIME』で、Jリーグのシーズン移行について言及した。

 2026年から秋春制へ移行する現行のフォーマットで大きな問題のひとつとなっていたのが、夏季のパフォーマンス低下だった。

 番組内で、試合中に強度の高いランニングが行なわれた走行距離を月別に算出したデータが紹介され、Jリーグは夏に極端にパフォーマンスが落ちる一方で、欧州ではシーズンを通して高いレベルで安定している事実が示された。

 ゲスト出演したJリーグの野々村芳和チェアマンは「気温との相関関係なので、暑くなればなるほどパフォーマンスは上がらないのは事実」と指摘。すると、ドイツのシャルケで活躍した内田氏はこう持論を述べた。

「(日本での夏の試合は)どうサボりながら勝つかを選手は考えちゃう。僕もそうでしたけど。それは、ドイツでやってた、全部出しきって、強度(を高く戦うの)とやっていることは逆なので。ヨーロッパで戦ううえで、逆のことをやっているんじゃないかなみたいなのは正直ありました」

 野々村チェアマンは「となるよね。(Jリーグは)始まってまだ30年しか経ってないから。それも国内でのコンペティションを一生懸命やってきた。だから隣のクラブも暑いなら、その中でどう勝つかという、篤人が言ったような、どうサボって、何をしてでも勝つかということをやろうとしてきた。そこに真剣さがあったのは絶対的に間違いない」と話し、こう見解を続けている。

「でも20歳の選手がシーズン始まって、そこ(夏)のパフォーマンスをしている時に、ヨーロッパの20歳のライバルは最も高いパフォーマンスレベルでやっているというのを2年、3年繰り返すと、やっぱりその差は広がっちゃうと思う。選手個人で考えた時にもこの環境は変えてあげなきゃいけないし、クラブも最もいいものを商品とし見せないといけない時にそれが見せられないのをどう変えていこうかってことはやっぱり考えなきゃいけない」

 あくまで1要素とはいえ、日本の猛暑での顕著なパフォーマンスの低下は、看過できない問題との認識を示した。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=153121



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(25) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊藤洋輝所属シュツットガルト、7月に来日決定!京都や広島と対戦へ(関連まとめ)

日本代表DF伊藤洋輝ら所属のシュツットガルトの来日決定! 「Jリーグインターナショナルシリーズ」で7月28日に京都、8月1日に広島と対戦
https://news.yahoo.co.jp/articles/b68cdc4fc2dfb1667ffdeb8bb465db9eced6cd96
シュツットガルト先発.jpg


Jリーグは9日、シュツットガルトが7月に来日することを発表した。

日本代表DF伊藤洋輝やMF原口元気、U-21チームにはU-23日本代表DFチェイス・アンリ、MF花城琳斗が所属するシュツットガルト。今シーズンはブンデスリーガで好調を維持し、現在3位。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)も決まっている。

そのシュツットガルトは、Jリーグが行う「Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo」の開催に合わせて来日。2試合を行い、7月28日(日)に京都サンガF.C.と、8月1日(木)にサンフレッチェ広島と対戦することが決定した。

なお、試合のキックオフ時間は未定。京都戦はサンガスタジアム by KYOCERAで、広島戦はエディオンピースウイング広島で開催される。

いずれもdポイントクラブ会員に対してチケットの第一次 先行抽選販売が行われ、どちらの試合も24日(金)の18時からスタートする。

その後、第二次先行抽選販売として、両クラブの会員を対象に先行販売。京都は6月4日(火)の18時から、広島はプレミアム会員が6月10日(月)の12時、その他有料会員は6月12日(水)の12時からスタートする。なお、一般販売はいずれの試合も6月14日(金)からとなる。

今夏は、すでにドルトムントとトッテナムの来日が決定。そのほかにも来日の予定が噂されている。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part16432
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1715083335/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磐田に痛手…今季得点ランク1位のFWジャーメイン良が左前額骨陥没骨折で手術 1カ月程度の離脱へ(関連まとめ)

磐田に痛手…得点ランク1位のFWジャーメイン良が1カ月程度の負傷離脱
https://news.yahoo.co.jp/articles/7e946401bc027c3d3c48da75d8a10d249719fbd3
ジャーメイン2024J1第14節腰に手.jpg


ジュビロ磐田は9日、FWジャーメイン良が負傷したことを発表した。

 発表によると、ジャーメイン良は医療機関にて検査を受けた結果、左前額骨陥没骨折と診断されたという。なお、トレーニング合流までは手術後1カ月程度かかることが明らかになっている。

 現在29歳のジャーメイン良は2022年から磐田でプレー。ここまで2024明治安田J1リーグでは全12試合に出場し、得点ランキングトップとなる11得点を記録していたが、しばらく戦列離脱を余儀なくされることとなった。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part16432
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1715083335/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トゥヘル監督、プレミア復帰に前向きか?マンUの最有力候補「イングランドでの日々が好きだった」

今季限りでバイエルン退任のトゥヘル監督、プレミア復帰に前向きか 「プレミア、イングランドでの日々が好きだった」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ebcc371dfb98c7cf223d9e26c1a6875d04220e62
トゥヘル監督CL準決勝前記者会見.jpg

バイエルンのトーマス・トゥヘル監督が来季の去就についてコメントした。『ユーロスポーツ』が8日、『TNTスポーツ』のインタビューを引用しながら伝えている。

 現在50歳のトゥヘル監督は、マインツで監督デビューを果たすと、ドルトムント、パリ・サンジェルマン、チェルシーといったビッグクラブを指揮。昨季途中から再び母国に戻り“強豪”バイエルンの監督に就任し、同クラブ11連覇に導いた。しかし、今季はレヴァークーゼンの大躍進を止められず、クラブの連覇記録もストップ。その影響もあってか、シーズン途中の2月に今季限りでの退任が発表されている。

 しれし、それでもチャンピオンズリーグ(CL)では準決勝に進出。CL制覇の可能性が残されている物の、来季もバイエルン残る可能性は「非常に非常に、低い」と断言。自身の去就に関する明言を避けつつ、プレミア復帰が報じられていることについては「そのことについてあまり語りたくはないが、チェルシーでの日々が好きだったのは周知の事実だし、イングランド、そしてプレミアリーグでの日々にも満足していた。それはとてもとても特別な時間だったし、今でもよく覚えている」と、2021年1月から2022年9月まで約1年間指揮したチェルシー時代を、良い思い出として振り返った。

 トゥヘル監督の具体的な去就についてイギリスメディア『Football Insider』は、今季エリック・テン・ハフ監督の下で低迷しているマンチェスターユナイテッドが最有力候補としてリストアップしていると指摘している

† Red Devils Manchester United 1784 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1692774263/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ26年秋春制移行直前「0.5年シーズン」は昇降格なし 2月開幕5月下旬閉幕 新大会案も浮上(関連まとめ)

【サッカー】Jリーグ26年秋春制移行直前「0.5年シーズン」は昇降格なし 2月開幕5月下旬閉幕 新大会案も浮上 [鉄チーズ烏★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1715202033/
Jリーグ2024エムブレム.jpg
1: 鉄チーズ烏 ★ 2024/05/09(木) 06:00:33.99 ID:lchaG/nU9.net

5/9(木) 5:00配信 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/802d47274859b6c0ec601521d207557944c8226c

 Jリーグが26年8月から導入する秋春制に向け、移行直前のシーズンを「0.5年シーズン」として大会を開催し、昇降格は行わない方針を固めたことが8日までに分かった。複数のJリーグ関係者によれば、先月に行った強化担当者会議でもその方針が各クラブに共有されたもようだ。

 移行直前のシーズンに関しては、25〜26年にシーズンを1.5年(2月〜翌年5月)、または1年(2〜12月)プラス0.5年(2〜5月)を行う案があった。1.5年の場合は長丁場で選手の健康やモチベーションほか、決算期をまたぐなどクラブ経営の観点からも課題が多く、最終的に後者で落ち着いたという。0.5年の大会方式については、J1からJ3までを地域ごとに8グループに分け、総当たりのリーグ戦と順位決定トーナメントを開催する新大会案などが浮上しているが、昇降格は「なし」で確定という。「ステークホルダーと詰めている段階。夏ぐらいに発表できれば」とJリーグ関係者。世界基準に合わせる秋春制移行へ、着々と準備が進められているようだ。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【英雄ホセル】レアル・マドリード、ホセル劇的2ゴールでバイエルンに逆転勝利!2戦合計4-3でCL決勝進出しドルトムントと対戦へ CL準決勝第2戦(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL準決勝第2戦 レアル・マドリード×バイエルン [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1715202156/
ホセル23-24CL準決勝第2戦ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2024/05/09(木) 06:02:36.84 ID:TazkxAvD9.net

レアル・マドリード 2−1 バイエルン
第01戦       2−2
合計        4−3
[得点者]
アルフォンソ・デービス(後半23分)バイエルン
ホセル        (後半43分)レアル・マドリード
ホセル        (後半47分)レアル・マドリード
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/cl/game/240508001/summary?gk=41

CL準決勝第1戦
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/cl/schedule/202304105/600021/?gk=41


11: 久太郎 ★ 2024/05/09(木) 06:03:18.75 ID:TazkxAvD9.net

>>1
マドリーが2季ぶりのファイナル進出! 終盤にホセルが2発、2戦合計4−3でバイエルンを撃破! 決勝ではドルトムントと激突

 現地時間5月8日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝・第2レグでレアル・マドリーとバイエルンが前者の本拠地サンティアゴ・ベルナベウで激突した。

第1レグは互いに譲らず、2−2のドロー。決勝進出を懸けた大一番の第2レグでは、マドリーに最初のチャンスが到来。6分、細かいパスで中央を崩してヴィニシウスが右サイドへ展開。パスを受けたカルバハルがダイレクトで際どいクロスを供給するも、味方には合わない。

 さらに13分には、ボックス内でカルバハルのパスを受けたヴィニシウスが右足で狙うも、左のポストを直撃。こぼれ球にロドリゴが詰めたが、GKノイアーの好セーブに阻まれた。

 26分、バイエルンにアクシデントが発生。ピッチに座り込んでしまったニャブリが負傷交代となり、デイビスが投入された。その直後には、ペナルティエリア手前からケインがボレーを放ったが、GKルニンに防がれた。その後、両チームにゴールは生まれず、このまま0−0で前半を終える。

 後半に入り、マドリーが猛攻を仕掛ける。52分に左サイドを突破したヴィニシウスがポケットに侵入し、ゴール前に折り返したが、デ・リフトにブロックされた。

 その3分後には、再びドリブルで仕掛けたヴィニシウスのクロスにロドリゴがダイレクトで合わせるも、わずかにゴール右に外れる。

 一方のバイエルンは68分、左サイドから上がってきたデイビスがカットインから左足を一閃。強烈な一撃をゴール右に叩き込んで、待望の先制点を奪った。

 ビハインドを負ったマドリーは72分、モドリッチのショートコーナーからバルベルデがダイレクトシュート。これがデ・リフトに当たってゴールに吸い込まれる。しかし、ボックス内でナチョがキミッヒへのプッシングを取られて、オンフィールドレビューの結果、ノーゴールと判定された。

 それでも88分、ヴィニシウスのミドルをGKノイアーがキャッチできず、こぼれたボールを途中出場のホセルが押し込んで同点ゴールを挙げる。さらにアディショナルタイムにもリュディガーの折り返しにホセルが合わせて、決勝弾を奪った。

 このまま2−1で終了し、2戦合計4−3で勝利したマドリーが2季ぶりのファイナル進出を決めた。6月1日に聖地ウェンブリーで行なわれる決勝では、ドルトムントと対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3e07e8fccd1d642d209a888f91d0a4a66f24b8da


※管理人、レアルマドリードの2点目について誤解を与える表現がございましたので、一部内容を修正しました。ユーザーの皆様や関係者の皆様にはお詫び申し上げます。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 06:37 | 大阪 ☁ | Comment(49) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)