アンテナ・まとめ RSS

2014年04月01日

インテル、2点先制もグアリンの痛恨のバックパスミスでドロー 長友佑都は出場せず

インテル、グアリンの痛恨のミスでドロー 長友は出場せず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140401-00000039-goal-socc

パラシオ2014第31節競り合い.jpg

31日に行われたセリエA第31節、リヴォルノ対インテルの一戦は、2−2のドローに終わった。DF長友佑都はベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。

ホームでの2試合で白星を挙げられず、勝利を取り戻したいインテルだが、長友のほかにカンビアッソやグアリンもベンチスタート。それぞれダンブロージオ、クズマノビッチ、アルバレスがスタメンに名を連ねる。

前節ウディネーゼ戦で前半に枠内シュートを1本も放てず、スコアレスドローで試合を終えたインテルだが、この日もなかなか決定機をつくることができず。だが、エルナネスが違いをつくった。

28分にペナルティーエリア外からの左足シュートでリヴォルノを脅かしたエルナネスは、36分に今度はクロスでダンブロージオの決定機を演出。飛び込みながらのヘディングシュートはGKバルディに阻まれたが、徐々に得点へと迫っていく。

そして37分、エルナネスが自ら均衡を破る。アルバレスのクロスをパラシオが頭で折り返すと、イカルディのシュートは当たり損ねとなったが、こぼれ球をエルナネスが叩き込んだ。

リードを奪ったインテルは、43分にクズマノビッチのミドルがバルディを襲うと、アディショナルタイムに貴重な追加点を奪取。ジョナタンのクロスから、ペナルティーエリア内左でパラシオがボレーシュートを決め、リードを2点に広げて前半を終えた。

だが、残留争い中で勝ち点が欲しいリヴォルノは、54分に1点を返す。CKのチャンスでサインプレーを見せ、パウリーニョが右足で豪快なシュートを放つと、ボールはクロスバーを叩いてからゴールへ収まった。

1点差とされたインテルは、69分にエルナネスを下げてグアリンを投入。後にこのグアリンのミスで手痛い失点をすることになる。

だが、77分には勝負を決めるチャンスもあった。パラシオのスルーパスからイカルディの決定機となるが、バルディとDFに阻まれて得点ならず。こぼれ球を拾ったグアリンも決めきれず、3点目を奪うことができない。

すると、逃げ切りも見えてきた85分、インテルはグアリンが中盤から不用意なバックパス。これがまるでスルーパスかのように途中出場のエメガーラに渡る。懸命に戻るサムエルの努力も実らず、エメガーラに痛恨の同点弾を決められた。

ベンチで頭を抱えたマッツァーリ監督は、すぐさまアルバレスに代えてボッタを投入。再び勝ち越しを目指したが、願いはかなわなかった。インテルは3試合白星なし。 4位フィオレンティーナに勝ち点1差と迫るチャンスを逃している。一方のリヴォルノは、まだ降格圏にあるものの、士気の高まる勝ち点1となった。

なお、同日に行われたウディネーゼ対カターニアの一戦は、ディ・ナターレの決勝点で1−0とウディネーゼが勝利した。


































































































posted by カルチョまとめ管理人 at 06:19 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
注目サイトの最新記事
この記事へのコメント
  • 103464569
     : 名無しのサポーター  at 2014年04月01日 06:46
    インテルからリヴォルノへのローン選手
    バルディ
    ベルフォディル
    ベナッシ
    ダンカン
    エムバイェ
    グアリン ←New
  • 103464704
     : 名無しのサポーター  at 2014年04月01日 06:55
    マンUのヤングもバックパスミスって失点の原因になってたし
    身体能力系のヤツって本当に基本がなってないわ
  • 103464885
     :   at 2014年04月01日 07:09
    そもそも周囲にサポート行かせずバックパスさせるような戦術が問題。バックパスの精度の問題はあれど、最近はそこを狙われてる節すらある。
    グアリンと同じぐらいマッツァーリに責任ある思う。
  • 103465017
     : 名無しのサポーター  at 2014年04月01日 07:18
    香川の見せたスルーパスの完成形を見た気がする
  • 103465220
     : 名無しのサポーター  at 2014年04月01日 07:38
    長友は大丈夫なのかな?
    途中出場もないって、よっぽど足の状態が良くないのかと心配になる。
    試合勘とか、ボールが来ないとかの問題があるにせよ、ダンブロージオが長友からレギュラーを奪う程の選手には正直言って見えないんだけどな…。
  • 103465705
     : 名無しのサポーター  at 2014年04月01日 08:54
    長友は途中出場するポジでもないからな
    勝ってれば無理して出さないだろうし、一点が欲しいなら押し込まれてたわけでもないし攻撃陣からでしょ
    怪我の具合よくなきゃベンチにも入れんて
  • 103465725
     : 名無しのサポーター  at 2014年04月01日 08:58
    これあかんやつや
  • 103465855
     : 名無しのサポーター  at 2014年04月01日 09:21
    ※103464885
    すげー乱暴な意見だな
    普通にサポートに動いてたし仮になかったとしてもあのバックパスを監督を責任にするなら選手の責任を問う場面なんてなくなる
  • 103468582
     : 名無しのサポーター  at 2014年04月01日 10:46
    ついにインテルもヤオに手を染めてしまったかと嘆きたくなるような華麗なる反逆
    エルナネスもパラシオもパウリーニョもみんな素晴らしいゴールだったのに…



    おまけにグアリン途中交代て
    しかも一点目取ったエルナネスとの…それでこれって…
    戦犯としてフルボッコ不可避な流れやん 海外の反応まとめはよ
  • 103469093
     : 名無しのサポーター  at 2014年04月01日 11:59
    脳筋のイメージだわ
  • 103469419
     : 名無しのサポーター  at 2014年04月01日 12:45
    あのままグアリン放出してたのが正解だったようだ
  • 103500482
     : 名無しのサポーター  at 2014年04月01日 23:53
    リードしていた状況でエルナネスを休ませる意味での交代だったんだろうけど
    人選が裏目に出てしまった。
    他の試合も含め、今節の結果で奇跡のCL枠獲得はほぼ消滅と言っていい。
    EL枠獲得も中位が絵に描いたような団子状態なので下手をすると昨季の二の舞。
    コッパイタリアの決勝がナポリ対ヴィオラなので、実質的には6位までに入れば
    ELに出られることになるだろう。(コッパ優勝チームはEL出場権を獲得できる)
  • 103508215
     : 名無しのサポーター  at 2014年04月02日 01:40
    ELとリーグ戦を掛け持ちして、あれだけの故障者を出しながらでもストラマはよくやっていたのかも。
    夏には絶対にFWの補強を、中盤にはエルナネスクラスの人材が少なくとも二人はいないと厳しい。WBもやっぱり足りない…。
    長友もW杯がいろいろとアピールの場になるかも。インテル好きだけど、他リーグに挑戦するところも見たいんだよな。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
過去一週間の人気記事ランキング