アンテナ・まとめ RSS

2018年02月11日

岡崎慎司、昨夏に移籍しようとしていた「留まる事も、また挑戦」

移籍かなわず…でもとどまることもまた挑戦
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO26625570X00C18A2US0000
岡崎包帯握手.jpg

欧州のサッカーシーンは夏と冬の年2度、移籍市場が開き、選手はその期間だけ移籍が可能だ。契約期間が残っている選手を獲得する場合、違約金を支払うことになる。日本ではこれを「移籍金」と呼び、選手の価値を示す指標にもなっている。

通常、冬の市場は1月末に閉まり、駆け込むように移籍が成立する。そんな動向を見ながら僕は「自分ならどうする?」と考えを巡らせる。ベンチ外が長く続き、出場機会を求めて移籍する選手がいると、「自分ならどれくらい我慢できただろう」と思う。

「残留して粘った方がいいのか?」「移籍して当座は現状を打開できても、またどこかで同じ壁にぶつかるんじゃないか?」「ほかのクラブに可能性はなかったか?」。あれこれ考えては、自分にも訪れるかもしれない現実に備え、抗体を作っているようなところがある。

もちろん、僕の想像は、実際に移籍した選手たちの心情や真の現実には及ばないのだろう。しかし「自分なら」と想定し思索することで、「なぜここにいるのか」という覚悟のほどは確認できる。

プロになって13年余、僕は4つのクラブでプレーしてきた。その経験から言えるのは移籍は現状をリセットする有効な方法ということ。自分への固定観念を破壊し、新天地で新しい自分を見つける。そんな作業を繰り返し、ステップアップしてきた。2017年夏、レスターから移籍しようとしたのも、純粋なストライカーとして評価されていないと思ったからだった。

移籍はかなわなかった。だから今季は同じクラブで、いかにリセットできるかが課題になった。環境の変化という外圧に頼らず、進化を遂げるという挑戦。どう過去の自分を捨て、開き直れるか。鍵はやはり、気持ち。レスターで3年目の今季、1年目以上の覚悟と新鮮さを持ってスタートできた。半年がたち、移籍しなくてよかったという気持ちを今は抱いている。答えは一つではないとも。

挑戦とは、環境を変えることだけじゃない。とどまることもまた、挑戦なのだ。

08年北京五輪で1次リーグで敗れたとき、悔しさとともに「もっと強くなりたい」という思いを共有し、ヨーロッパの舞台を皆で目指した。あれから時は流れ、それぞれの歩む道に変化が生まれたと感じる。家族をつくり、立場も異なり、描く将来像にも違いがある。価値観の違いが明確になったのは、僕らが大人になったということなのだろう。

今の僕は、選手として生きることしか考えられない。引退後の人生設計やビジネスのことも眼中にない。現役である限り、サッカーのことだけを考えて突き詰めるのが願いだ。あと何回、移籍できるかわからないが、まだまだ、欧州でプレーし続けたい。

※レスは短めで記事もやや古い物ですが、ご容赦ください

≠Leicester City FC≠ 岡崎慎司 ★141
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517666215/



675: 名無しに人種はない@実況OK 2018/02/09(金) 16:43:56.96 ID:P2FsT8f3.net

2/7日経夕刊のコラム見た?
2017年の夏に移籍しようとした、
とか本人が書いてあるけど


677: 名無しに人種はない@実況OK 2018/02/09(金) 16:52:33.29 ID:P2FsT8f3.net



678: 名無しに人種はない@実況OK 2018/02/09(金) 16:56:58.74 ID:vLwkIyuP.net

>>677
これ何?
岡崎が日経に寄稿したの?
つか誰が書いたってどこに書いてあるのこれ?


679: 名無しに人種はない@実況OK 2018/02/09(金) 16:58:31.77 ID:P2FsT8f3.net

>>678
2/7夕刊(紙媒体)見てるけど、本人の寄稿だよ、


681: 名無しに人種はない@実況OK 2018/02/09(金) 16:59:41.64 ID:P2FsT8f3.net

>>679
コラムのタイトルは「満身創痍」


684: 名無しに人種はない@実況OK 2018/02/09(金) 17:21:12.30 ID:8vgC+xp6.net

オファーくるかなと思ったけどオファーこなかったらレスターでがんばるしかないと思ったと以前言ってたやつでしょ


686: 名無しに人種はない@実況OK 2018/02/09(金) 17:31:12.90 ID:Vu+zVMbO.net

>>684
オファーなかったんかい!
レスターで踏ん張れるだけ踏ん張るしかないな


687: 名無しに人種はない@実況OK 2018/02/09(金) 17:49:54.97 ID:azsW0n0X.net

移籍したいならアピールしなきゃ
代理人使って「岡崎はいいオファーがあれば移籍を考える」って
海外メディアに拡散しないと





posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
注目サイトの最新記事
この記事へのコメント
  • 118580175
     : 名無しのサポーター  at 2018年02月11日 23:15
    >純粋なストライカーとして評価されていないと思ったからだった。

    そりゃ、得点少ないんだもの。当然なんじゃないか
  • 118580203
     : 名無しのサポーター  at 2018年02月11日 23:19
    もうしばらく欧州でキャリアを続ける意思があるって分かって良かった。
    もしかして、少しモチベが落ちているのかと気になっていた。
    向こうで生活を続けるのは本人はいいかもしれないが家族には負担になっている可能性だってある。
    そういったことを考えた時に今とは違い来夏にはフットボールプレーヤー岡崎慎司としての本意じゃなくても欧州でキャリアを続けることを断念することだってあり得るとも思っている。
    ただ、いつになるか分からないが、そういう時が来るまではあの岡崎慎司が見られると期待してるわ。
  • 118580248
     : 名無しのサポーター  at 2018年02月11日 23:38
    良くも悪くもレスターと相互依存の関係になりつつあるからな
    たとえばブンデスに戻るとしても現在の岡崎にフィットするクラブがあるのかどうか
    移籍した先で「同じ役割」を求められるのであれば意味がない 
  • 118580343
     :   at 2018年02月12日 00:16
    マインツでのストライカーとしての実績を評価されて移籍したのに、去年はミドル禁止とか色々言われたもんな
    チームも毎年FW取ってくるし出場機会ないとW杯にも響くし移籍の選択肢もありだわな
  • 118580346
     : 名無しのサポーター  at 2018年02月12日 00:17
    レスターの岡崎見てたらストライカーとして欲しがるチームはほぼ無いだろうからな
    (古巣のマインツくらいか)
  • 118580676
     : 名無しのサポーター  at 2018年02月12日 04:46
    岡崎好きな選手だけどやっぱりFWとしては得点が少ないよな
    得点しなくても献身的なプレーだったばかり言われてるようならやっぱりダメだと思う
  • 118580721
     : 名無しのサポーター  at 2018年02月12日 06:11
    レスターだと使われ方があれだから数字出ないのもあるんじゃないの
    かと言ってマインツの頃みたいな感じがプレミアで通用したかは微妙なところではあるが
  • 118580789
     : 名無しのサポーター  at 2018年02月12日 07:23
    ヴァーディマフレズの二大看板がいるクラブで無理して点取り屋として輝こうとしてもしゃーない
    競うな持ち味を生かせって奴
    つってもまあFWやってる以上はやっぱ点が取りたいんだろうな
  • 118580825
     : 名無しのサポーター  at 2018年02月12日 07:53
    マインツが今更岡崎を取るとは思わないよ。ブンデスは若い選手がほか以上に評価されるからね。

    チームの為を考えれば、岡崎はストライカーでは無い動きが重要。

    欧州に拘れば相当レベル落とさないと、ストライカーとしては難しいと思うわ。
  • 118581370
     : 名無しさん  at 2018年02月12日 12:03
    まあ、ブンデスて結局堅実経営の若手がステップアップするためのリーグだからね。
    この歳でレスターからそれなりの額を貰ってる選手を獲得できるブンデスのチームて無いよな。

    そうすると、自然と移籍先が無くなってしまうな。
  • 118582654
     : 管理人  at 2018年02月12日 20:37
    大変申し訳ございませんが、一部コメントを削除しました。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
過去一週間の人気記事ランキング