アンテナ・まとめ RSS

2019年04月23日

ワールドユース準優勝から20年、黄金世代の思い出

【サッカー】<小野、稲本、遠藤、小笠原…>世界準優勝から20年...黄金世代とはなんだったのか?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555892269/
小野と稲本ワールドユース.jpg

1: Egg ★ 2019/04/22(月) 09:17:49.47 ID:1Vxq/zCG9.net

 小野伸二をはじめ、稲本潤一、遠藤保仁、小笠原満男、中田浩二、高原直泰、本山雅志らきわめて個性的で質の高い選手がこの世代に集まった。奇跡としか言いようがない。

 彼らが中学生だった時代にJリーグが開幕し、プロという目標はできたが、サッカーの素地はそれ以前に形成されている。みな、育った地域も環境もチームもバラバラだ。指導者レベルもいまほど高くはなく、指導方針もそれぞれのチームの監督次第だった。彼らはそれぞれの場所で純粋培養されて育ってきたのだ。

 それが個性となり、お互いの違いが武器になった。現在のように指導が画一的で、個性がスポイルされる時代には、彼らのような強烈な個性と高い能力の持ち主が一堂に会するという奇跡は起こりにくくなっている。彼らは日本中に放牧されたなかから集められた「天然の一級素材」だったのだ。

 黄金世代が、その名を日本サッカー界やファンに轟かせたのは、1999年のナイジェリア・ワールドユースである。FIFA主催の世界大会で日本は史上初となる準優勝に輝いた。

 この「準優勝」という結果が黄金世代のスタートになった。

 もし、彼らがベスト8くらいで終わっていれば、「優秀な選手が揃った世代だった」というレベルの評価に終わり、それほど注目もされていなかっただろう。だが、決勝に進出し、世界と互角に戦ったことで彼らは高く評価され、世間の注目を浴び、多くのひとに見られることでさらに成長していった。下の世代の選手には、「あの舞台に立ちたい」と思わせるモチベーションを生んだ。そして、ファンには「日本サッカーは捨てたもんじゃない」と今後への期待を膨らませてくれた。

 これが非常に大きかった。


 この前年、フランス・ワールドカップに初出場した日本代表はグループリーグで3連敗を喫し、世界がとんでもなく遠いことを選手もファンもメディアも思い知らされた。その結果、ワールドカップ前に大きく膨らんだ期待はあっという間に萎み、世界との差に日本サッカー界は打ちひしがれていた。そんななか、世代別カテゴリーとはいえ、若き精鋭たちが世界の強豪を打ち負かし、決勝にまで進出したのだ。その偉業は98年の悪夢から日本を目覚めさせ、選手たちは「俺たちでもやれるんだ」と自信を取り戻し、2002年日韓ワールドカップに向けて大きな希望の灯をともした。

 黄金世代が日本サッカー界のV字回復、その着火剤となったのだ。
 現在に至る日本人選手の海外移籍の流れを作ったのも、彼らだった。

 最近では前回のU-20ワールドカップで堂安律が活躍し、オランダへの移籍が決まったが、99年のワールドユース後は大会のベスト11に小野と本山が入ったのにもかかわらず、誰ひとりとして海外移籍が実現しなかった。当時は、中田英寿がセリエAでプレーしていたが、日本代表のトップの選手しか海を渡れなかったのだ。それほど海外移籍は狭き門だったのである。

 小野たちが海外に行くまでナイジェリアから2年間の時間を要している。

 彼らはスポンサー枠や客寄せパンダではなく、個々の力を評価され、しかも有名クラブへの移籍を実現させた。小野はオランダの強豪フェイエノールト、稲本はプレミアリーグのビッククラブであるアーセナル、高原はアルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルスである。その後、中田浩二、小笠原満男らも欧州に渡った。

 小野は、その技術の高さと独特のセンスで入団1年目から活躍し、UEFAカップで優勝、その後もオランダやドイツで活躍した。アーセナルでの稲本は1試合も出場できずに苦しんだが、02年日韓ワールドカップで活躍してフルアムへの移籍を勝ち取り、約9年間、海外でプレーした。

そうした彼らの活躍と努力の跡に海外への道が開かれ、その後、長谷部誠、本田圭佑、香川真司、長友佑都、岡崎慎司らが海外移籍へのチャンスを掴んだ。いま、若い選手たちが比較的容易に海外へ飛び出していけるのは、自らの実力もあるが、小野たちが作った道でもあるといっても過言ではない。

2019年4月20日 18時9分サッカーダイジェスト

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190420-00010004-sdigestw-socc


2: Egg ★ 2019/04/22(月) 09:17:59.95 ID:1Vxq/zCG9

 日本代表への貢献度もすこぶる高い。

 黄金世代の選手たちは、ワールドユースに続く2000年のシドニー五輪でも、U-23日本代表の中心的存在となり、フィリップ・トルシエ監督の「申し子」と謳われて、日本代表の中核をも担っていった。それは日本代表にとってとても大きな意味を持っていた。

 ひとつは、トルシエ戦術の良き理解者であった小野や稲本は、A代表のチーム作りで「フラット3」の手本となっていた。そのため、チーム作りはトルシエの想像を超えるペースで進んだ。2000年のアジアカップでチームはほぼ完璧に仕上がり、圧倒的な強さを示して優勝を果たしている。

 もうひとつは、彼らがチーム内の競争を刺激したという点だ。年上の選手たちは「こいつらに負けられない」と意地を見せ、それがチーム力を高めるひとつの要因となった。

 代表人気を飛躍的に伸ばしたのも彼らだ。

 小野や稲本らの人気選手は空前のワールドカップ景気と重なって一気にブレイクし、あらゆるメディアがこぞって彼らを取り上げた。一般のファンも選手個人から代表へと興味が広がり、代表の注目度はフランス・ワールドカップ時をはるかに凌ぐ大きなものとなる。彼らの人気が代表の人気を押し上げていったと言えるだろう。

 もちろんその実力を、結果で証明してみせた。02年日韓大会のロシア戦で稲本はワールドカップ初勝利となる歴史的な決勝ゴールを決め、中田浩はフラット3を敷く最終ラインで4試合にフル出場を果たした。06年ドイツ・ワールドカップでは黄金世代が23名中8名も選出されるなど一大勢力に。もっとも、ドイツ大会で試合に出場できたのは高原や加地亮らごくわずかな選手のみ。彼らは力があるからこそ自らのエゴを強く押し出してしまい、それがグループリーグで敗れ去ったひとつの要因ともなった。
 79年組の選手が黄金世代になり得たのは、トルシエの存在を抜きには語れない。

 彼らの能力の高さを知ったトルシエはワールドユース前にブルキナファソ合宿で劣悪な環境の下でプレーさせ、メンタルを磨いていった。それがあったからこそナイジェリアでのさまざまなハプニングにも彼らは笑って対応し、タフに戦うことができた。そうして、結果を出した彼らを五輪代表やA代表の中心に登用することで、さらなる成長を促した。トルシエは彼らがステップアップする道筋を描いてくれたのだ。トルシエがいなかったから黄金世代は、その輝きを半減させていたかもしれない。

 黄金世代は、平成中期の日本サッカー界を先頭に立って引っ張ることで、革命的に発展させ、さらにワールドカップでは成功と失敗の両面で大きな財産と教訓を残してくれた。ただ、スポットライトを浴びた選手だけが黄金世代ではない。ナイジェリア・ワールドユースに出場した18名以外の同世代の選手たちもまた、黄金世代に当たる。いまも現役でプレーする坪井慶介をはじめ、みな息の長いプレーヤーになったのはこの世代の大きな特徴であり、それこそが、日本サッカー界への大きな貢献と言えるだろう。

 いまもなお、遠藤や小野、稲本、南雄太らは現役でプレーし、それぞれの所属クラブに経験以上の財産となるものを残してきている。引退後も彼らはなんらかの形で日本サッカー界に携わっていくだろう。指導者になるのか、クラブの経営側に立つのか、それともメディアで活動するのかは分からない。いずれにせよ次のステージでも、彼らが日本サッカー界で確かな存在感を示していくのは間違いない。

 そうして、黄金世代が日本サッカー界を大きく変えていくだろう。

 20年前と同じように―――。




5: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:21:27.69 ID:1G5o/g010.net

あの時のスペインは強かったな


10: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:28:18.40 ID:ud6xZDL10.net

>>5
シャビ、ガブリを覚えてるわ
決勝に小野がいたらとか今でも考える


307: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 16:55:56.74 ID:OzZR6G8g0.net

>>10
生で見てたけど小野がいても話にならんなくらいの絶望的実力差があったんでさほどそうは思わんかったな
とにかくシャビが凄かった。とんでもないのがいるな、と


310: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 17:02:37.22 ID:oN1TZ22u0.net

>>307
シャビはWYの数年後のインタビューで
日本の選手のうまさに衝撃を受けたってたぞ
特に小野、本山、高原の名前を言ってたわ


6: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:22:32.32 ID:P373Bxfk0.net

記事を読んだ三木谷がトルシエに電話をしたが着拒


370: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 18:34:53.55 ID:1Vt69I0+0.net

>>6
分かってるだけで三木谷はトルシエに2度断られている
2004年のマルセイユ就任前と2018年


11: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:30:34.83 ID:VHZqanfX0.net

世界見渡しても98年組はおろか、2002年組ですら
もうほとんどプレーしてないのに
この世代の日本代表は息が長い
本当の黄金世代だったな


12: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:30:39.91 ID:zBNF4YIk0.net

今の世代別からA代表への定着率を考えるとものすごく優秀だろ


22: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:34:38.40 ID:EZJDXEAO0.net

>>12
あの頃の代表は若返りの時期だったから運良かったのもあるよ


33: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:37:03.75 ID:Yn9+kCz80.net

>>22
そもそもシドニー世代以前の日本代表と今の日本代表ではレベルも層の厚さも全然違うしな


38: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:39:41.67 ID:VHZqanfX0.net

>>12
時代の過渡期だからな
前園がA代表から落ちていったときに
代わりが20の中田というのも
当時の選手層の問題


16: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:32:39.70 ID:ryKFjPEN0.net

1番の天才は本山だったと今でも思ってる


217: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 13:45:00.91 ID:g9t5/nVa0.net

>>16
ポテンシャルは最強だったよな
病気がなければ違ったと思うわ


20: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:34:29.71 ID:XtisCJOv0.net

当時は最後の高校部活世代とか言われたな
次はジェフの阿部が台頭して、これからはユースじゃないと代表選手にはなれないなんていわれてたっけな
全くそんなことなかったが


29: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:36:07.64 ID:yQle4SkF0.net

>>20
そこに稲本も加えないと
怪我して行けなかったがDFの金古など高校組も期待されてたけどね


25: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:35:12.68 ID:1CNeC6ek0.net

ロンドン五輪のベスト4もなかなかの快挙だと思うんだが


69: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:59:04.75 ID:3aysRrrn0.net

>>25
むしろそっちの方がすごいと思う


27: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:35:22.33 ID:PnzE5P+00.net

2002年の日韓W杯前の、高原のエコノミー症候群が一番悔やまれる。
あの時の高原はキレッキレだったのに。


40: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:42:19.48 ID:0GYjugad0.net

奥大介も松田直樹ももうこの世にいないというのがいまだに信じられない


41: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:42:23.08 ID:RBNo18hz0.net

なんだったのか?という問いには
全ては小野としか言いようがない

小野がいなければ黄金世代になっていなかった


261: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 15:11:35.79 ID:mO31FpjW0.net

>>41
天才は小野だけには同意する
プレーのたたずまいや、正確な柔らかいパスも絵になったね


46: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:44:59.72 ID:0Pu9I7SW0.net

どうして当時の中田や小野はフル代表と世代別掛け持ちできたのに
堂安とか冨安は五輪代表に呼んでくれないの?
久保も上優先でワールドユース出ないって噂だし


48: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:46:23.70 ID:RBNo18hz0.net

>>46
中田は早期引退
小野は慢性的な怪我

こうならないようにじゃない?


49: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:47:40.49 ID:EZJDXEAO0.net

>>46
昔は世界を体感するのを優先してた感あるけど
今はリーグでやった方が成長できるって考えになったんじゃないの


54: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:48:54.40 ID:VHZqanfX0.net

>>46
W杯予選がなかったからな
今は年代別ACL海外クラブだとか
いろんな縛りがあって選手集めるのも一苦労


74: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 10:04:01.09 ID:eofAp13X0.net

>>46
トルシエジャパンは自国開催で予選がなかったから代表の試合ほとんど強化試合に使えた
WY五輪A代表とトルシエが掛け持ちしてたから同じ戦術を覚えるだけでよかった
その後同じように内田や清武を掛け持ちさせて壊した
内田に至ってはWY五輪を掛け持ちしながらA代表でW杯予選を戦い鹿島でリーグACLカップもあって
プロ1年目からたくさんの監督の戦術をすべて同時に頭に入れないといけない過酷さ
選手を壊さないためにもドイツみたいにA代表呼ばれてる若手はU代表の活動は免除させる方が正しいと思うぞ


88: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 10:11:22.52 ID:MIbmn8NB0.net

>>46
堂安と冨安は海外クラブでスタメンだから
アンダーの代表招集には拘束力がないので
拘束力のあるA代表に呼んでる


65: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 09:53:40.87 ID:NauNbICQ0.net

本山は現地の客にも人気だったそうだ


72: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 10:03:08.94 ID:9Q04KsKx0.net

Jリーグデビュー時の永井雄一郎は衝撃だったけどな
当時バリバリのA代表CBの井原と小村を軽く振り切ってゴール決めてた


344: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 17:59:25.87 ID:nTlOelnO0.net

>>72
よく覚えてんね
ペナルティエリア手前で井原をキックフェイント一発で抜いたシーンは印象的だったわ


76: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 10:05:11.82 ID:VaUh5TEK0.net

あの当時、強引に若返りした訳ではなく、単純な競争で
ふるいにかけた結果若返ったんだよな
99年組とその上の世代には相当な差があった


81: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 10:08:35.72 ID:EZJDXEAO0.net

>>76
南米選手権でたA代表がダメって事がわかったから
若返りが進んだんだよ


87: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 10:10:51.84 ID:rvcOCVIb0.net

>>76
99年で区切るのは違うんじゃないか?
その二つ前の中田や松田や楢崎が出てきた世代から急激にレベルが上がったと思う


120: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 10:32:39.48 ID:eMwGqtiV0.net

でも未だに遠藤や小笠原以上に90分通して試合全体を見れる選手って日本人にいないと思うよ


161: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 11:36:23.65 ID:VaUh5TEK0.net

>>120
その二人は若くしてレギュラー掴んでチームの中心になったからな
俊輔小野もそうだけど能力はズバ抜けてるし、こんな選手はまだ出てきてない


129: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 10:40:21.19 ID:4NNbCj4i0.net

ワールドユースの本山が凄まじいドリブルしてたな
まさか日本にずっといてこじんまりした選手になるとは思えなかった
本山が左サイドでボール持つと会場がざわつくほどの切れ味があったのに


144: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 11:10:00.72 ID:Oeixybsw0.net

シドニー世代は司令塔やパサータイプばかりで、トルシエもバランス保つ為に四苦八苦してたからな
必ず小野や俊輔、小笠原とか誰かしら外して、その代わりに明神や戸田、酒井とか入れてたのは、後のジーコ時代の破綻ぶり見れば、評価されるべきだったね
下手な日本人監督なら、小野や俊輔、小笠原辺りを外す勇気はまずしないしね


174: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 12:14:35.68 ID:Q0QFg3QV0.net

中村俊輔と岩政大樹が共鳴した現代サッカーの疑問点
中村俊輔が原点と語るトルシエの練習法
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56104


20年経っても、未だに原点だって。
そういえば、当時誰かがトルシエを黒船に例えてたね。


199: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 12:53:38.41 ID:KDffuViE0.net

この世代から急に海外強豪国とまともに試合しだしたよな

それ以前は親善試合でさえボロ負けだったのに


204: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 13:14:51.09 ID:x+ewZOQE0.net

日本だけじゃなくて世界的にこの世代は個性的な選手が多くて面白かったよ
情報が無い分、自由に腕を磨けたのかもしれない


226: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 13:55:56.69 ID:s8598omW0.net

この時代はユース面白かったな


277: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 15:40:34.71 ID:GqQ9M19O0.net

中田は後5年遅く生まれて最初からボランチで育ってたらもっと大成したんじゃないかって思う
資質的には滅茶苦茶ボランチ向きだけど、頑固でスタイル適応させられなかった印象ある


309: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 17:02:16.18 ID:L3DXvpWO0.net

逆にロンドン世代ってここまでのところではかなり伸び悩んでるよな

リオはまだ判断するには早いとして


316: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 17:15:58.43 ID:v7rJkniO0.net

>>309
予選で使われて本戦で外された大迫が
代表で不動のCFに、ブンデスでもコンスタントに活躍
まさかの酒井ゴリがマルセイユで開花


317: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 17:18:42.02 ID:eacSDuvK0.net

>>316
大迫も戦術上で外されただけだしね
酒井は、守備のやり方を変えた


326: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 17:26:30.29 ID:dt0D/P8w0.net

>>317
確かに永井のチェイスは効いていたな。でも大迫をメンバーから外すとは思わなかった。


329: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 17:31:16.44 ID:eZ89vPOn0.net

>>309
香川もロンドン世代なのにロンドンに含まない、もしく北京世代みたいな扱いされてない?


331: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 17:33:03.41 ID:igSo5Fko0.net

>>329
香川は出る資格会ったけどロンドンには出ずに
北京には参加したから


341: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 17:48:06.71 ID:w/8FbTbN0.net

平山も北京世代だっけ
あいつもメンタルさえ強ければ大迫くらいになれたんだろうかね
結局平山よりも岡崎、家長よりも本田が大成しちゃうんだしわかんねーもんだ


343: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 17:57:48.07 ID:7e9ZzWL20.net

香川、大迫、原口、柴崎、酒井宏、酒井高

本大会出場組にこだわらなければなかなかの面子じゃん>ロンドン世代


347: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 18:06:24.07 ID:aAa+lqWN0.net

この世代は全盛期の筈のドイツW杯で大惨敗という結果に終わったせいで黄金という評価はしにくい。
せめて小野と中田が違う時代に生まれていればな。結局、代表では最後まで共存できなかった。


302: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 16:48:24.96 ID:oN1TZ22u0.net

もともと黄金世代と言い出したのは海外のメディア
日本のWYの快進撃を受けて、日本のこの世代を黄金世代と呼んだ
それがサッカーの主要メディアだったから、それが浸透して今に至る
ちなみにその後の世代の、谷間だのプラチナだのと言うのは
嬉しがってそれに便乗して日本のメディアが勝手に名付けただけ


367: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 18:32:34.60 ID:gpG2uys+0.net

黄金世代の集大成をジーコに託したのがホントもったいない
その前がトルシエでガチガチに縛った反動かもしれんが


371: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 18:36:31.31 ID:AZOmdXrA0.net

>>367
さっきも書いたが、年齢だけで判断して集大成とか言ってるけど黄金世代のメインキャストはあの頃にはもうクラブでも下降線
トルシエですらそれを指摘していて、同じようなメンバーだけど能力は自分の時のほうが高かったと明言してる


406: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 21:09:29.24 ID:+4VYQhzg0.net

スペイン:カシージャス、シャビ
日本:小野、稲本、高原、本山、小笠原、中田浩二、遠藤、市川、加地
ウルグアイ:フォルラン、チェバントン、
メキシコ:マルケス
ポルトガル:シモン
ブラジル:ロナウジーニョ
アルゼンチン:カンビアッソ、ミリート、ガジェッティ
パラグアイ:サンタクルス
イングランド:クラウチ、アシュリーコール
アイルランド:ダフ、ロビーキーン
ナイジェリア:ババンギダ、ヨボ
ガーナ:アッピアー
オージー:エマートン


419: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 22:21:20.40 ID:rMxVHmkw0.net

>>406
この世代では10代の頃はパラグアイのサンタクルスのが騒がれてたなー

最終的にはシャビとロナウジーニョが世界トップクラスになっちゃったけど


407: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 21:24:58.04 ID:Oeixybsw0.net

まあ黄金世代はユースレベルで、初めてフル代表の外国人監督のトルシエに指導されたのもデカいよな
それまでは代表レベルでまともに指揮してない様な清雲や山本とかのアマチュア監督だったのに、一気に国際経験あるトルシエになり、個々の選手やチームとしてレベルがワンランク上になった感じした


430: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 23:19:27.42 ID:Oeixybsw0.net

この黄金世代も海外でのキャリアは近年の北京世代らに比べたら、そんな大した事ないし、本当の意味で長年代表の中心になった選手は殆どいないんだよな
強いて挙げればユース当時一番地味な役回り担ってた遠藤が、最も長く代表の主力として君臨するなんて予想外だったわw


446: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 00:24:16.76 ID:YkSrgcMg0.net

liveで見てたけど

スペイン強すぎて手も足も出ない感じだったな小野いても大差ないだろ

シャビが凄すぎ


449: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 00:31:55.17 ID:1gmFzHnx0.net

こんな黄金世代もフル代表では上の年代の中田や俊輔らが中心で、それの控えやサポートみたいな役回りしてたからね
特に小野、小笠原、本山辺りは割食ってた感じはする
結局下り目で黒子として誰とでも合わせられる遠藤が、後々代表の中心として一番長続きしてたしな


350: 名無しさん@恐縮です 2019/04/22(月) 18:09:25.96 ID:KDffuViE0.net

黄金世代前と黄金世代後で大きく歴史が変わるからな
黄金世代前はどこの国とやっても相手にならなかった日本が、黄金世代後は欧州強豪とまともに試合しててビックリ





posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(7) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
注目サイトの最新記事
この記事へのコメント
  • 128150924
     : 名無しのサポーター  at 2019年04月23日 11:05
    今個性がスポイルされてるとは思わないけど
  • 128150927
     :   at 2019年04月23日 11:08
    この世代は代表の試合が今より多くて拘束時間も短かったせいで、ギリギリまでクラブにいて飛行機で日本に来て試合終わったらすぐ飛行機に乗ってクラブで試合みたいなひどい状況だった。
    だからみんな身体を悪くしてしまった。
    それさえなければみんなクラブでも代表でも活躍できたと思う。
  • 128150951
     :   at 2019年04月23日 11:21
    久保世代に期待してる
    久保、斎藤、西川、松岡とトップチームで活躍してる選手いるし、ベンフィカに移籍したGKもいると人材豊富
  • 128150978
     : 名無しのサポーター  at 2019年04月23日 11:34
    準決で小野がスローインにいった時ぶちギレたな
    何で累積あるおまえが行くんだよって
    そこだけ覚えてる
    そういう所の察知能力がなかったから大怪我させられた時も
    荒くなって怪我させに来てるから早めにボールちらせって
    解説がヤキモキしだした矢先だったね
  • 128151039
     : 名無しのサポーター  at 2019年04月23日 12:03
    当時の本山のドリブルは別格だったからなあ、左サイドからカットイン(今のシュートまでいくものではなくゴールラインに向けてえぐっていくドリブル)は本当にわくわくした。五輪一次予選でも5人抜きでゴールとかしてたしね。

    今の選手はベーシックなポテンシャルが高いうえに自分の武器を持っている感じだけど、当時は今よりも一芸に特化していた印象だな。なんせもう20年前だからサッカーも今とは違うし単純比較は難しい
  • 128151147
     :   at 2019年04月23日 12:49
    決勝は南のやらかしで歯車が狂ったなあ
  • 128213284
     : 名無しのサポーター  at 2019年04月23日 20:18
    この世代は高校生のとき1ドル80円くらいの円高だったから、そのお陰で海外遠征してもそんなに費用がかからなかったのがいい結果に繋がったとか言われてた。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
過去一週間の人気記事ランキング