アンテナ・まとめ RSS

小柄なサッカー選手歴代ベスト10!1位はマラドーナ、2位はメッシ、3位は?

【サッカー】<小柄な選手世界歴代ベスト10>1位はマラドーナ、2位はメッシ、では3位は…? [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601288171/
小柄なサッカー選手.jpg

2: Egg ★ 2020/09/28(月) 19:16:39.56 ID:CAP_USER9.net

アルゼンチンにおける「マラドーナの影響力」
 マラドーナは偉大だが、身長は165cmしかない。貧民街に生まれ、家の周りの空き地がテクニックとアグレッシブさ、巧妙さ、即興性を学ぶ格好の学校だった。崇拝していた選手はリカルド・ボチーニ(168cm)。インデペンディエンテで《神童》と謳われ、スペースを見出して創造力に溢れるパスを繰り出すセンスは卓越していた。

「ディエゴは遺伝学的に他よりも優れている」とセサルルイス・メノッティが述べているように、ゴムまりのように柔軟なマラドーナの身体には、半月板も靭帯も備わっていないかのようだった。天性の才能と過剰な情熱は、他の誰よりもアルゼンチンの魂を表していた。1986年メキシコW杯でチームメイトだったホルヘ・バルダーノは、彼のプレーをこう評している。

「溢れる才能と際立った個性、耽美性、悪知恵と要領の良さ、勇気、ショートパス……。それがマラドーナだ」

 模倣によりテクニックが次の世代に伝えられるアルゼンチンのような国において、マラドーナの影響力は圧倒的だった。1990年代以降に輩出した数多の10番の選手たち――アリエル・オルテガやパブロ・アイマール、マルセロ・ガジャルド、ハビエル・サビオラらはいずれも多大な影響を受け、その遺伝子は最も完璧な形でリオネル・メッシへと受け継がれたのだった。

『お前はバルサの癌だ』とまで言われたシャビ
 2000年代の終わりにスペインは伝統的なプレースタイルときっぱり決別し、情熱的かつ歓喜溢れるスタイルに敢然と移行した。基本理念はシンプルなプレーで、超絶したテクニックと知性を持ち、コレクティブな意識の高い選手をチームの軸に据えた。彼らはスピードがあるわけでもなく、戦いにも強くない。多くは小柄で先を読む能力に長け、的確なプレーを心得ていた。彼らが試合のリズムをコントロールしながら、ボールを保持して攻撃を組織化する。それがスペインの新しいスタイルだった。スペイン代表とFCバルセロナの頭脳であったシャビは、レキップ・マガジン誌のインタビューでこう答えている。

「あるとき僕は『お前はもう古い、ここにはいらないし有害だ』と言われた。『お前はバルサの癌だ』とまで言われたんだ! 170cmに満たない選手は当時は考えられなかった」

 だがシャビは、考えるスピードが卓越していた。そして周囲で彼を支えたのが同様な体躯の中盤の選手たちであり、感覚的にも似通ったニセのセンターフォワードだった。彼らは時間と空間をコントロールして、流動的なパスワークから数的優位を作り出して相手のバランスを崩すのだった。

 この小柄な天才の系譜に入るのは、シャビの代替不能なパートナーを長く務め、同等の流れを読む能力を持つアンドレス・イニエスタであり、非凡なパサーであるダビド・シルバであり、フアン・マタやダビド・カゾルラ、ヘスス・ナバスであった。そして最も新しく加わったのが、ラ・マシアから今季プロに加入した169cm、56sのリキ・プイグである。


3: Egg ★ 2020/09/28(月) 19:17:00.42 ID:CAP_USER9.net

ブラジルサッカーが真似してきたガリンシャ
 作家のオリビエ・グエズは自身の著作《Eloge de l’esquive(『かわすことへの賛歌』の意)のなかでブラジルの悪党たちについてこう語っている。「穢れの王」は巧みにルールを欺き、DFたちと即興で戯れると。

「彼らはペテン師であり札付きのエゴイストであり挑発者でもある。ドリブラーこそは、サッカーにおける真の悪党だ」

 だが、同時に彼らは、ピッチの上の宝石でもある。

 ガリンシャのような特徴を備えた選手が他にいるだろうか。169cmの体躯。左脚は外側に歪み、子供のころに手術を受け短くなった右足は内側に歪んでいる。他の誰にも真似のできないドリブルは光り輝き、即興性に満ちていた。本能的なプレーはマリーシアに溢れ、フェイント(常に同じドリブルとフェイント――左に切り返すと見せて右に向かう――にもかかわらず、マークするDFは必ず置き去りにされた)はもちろんシミュレーションや悪意に満ちたプレーすら彼にとってはサッカーの一部だった。

 ブラジルサッカーはガリンシャの模倣者たち――巧に相手から身をかわしながら、グレイゾーンでマリーシアに満ちたプレーを仕掛ける選手たちで溢れている。多くはロビーニョのように単なる模倣に過ぎないが、なかにはロナウジーニョやネイマールのように、さらに高度なレベルに昇華させようと試みる(結果は失敗に終わるが)ものもいる。

 ただ、誰もガリンシャほどに、ブラジルの民衆に心から受け入れられなかった。敢えてもう1人あげるならば、同じくファベイラ(貧民街)の出身で虚弱体質に生まれたロマーリオぐらいだろう。ただ、ロマーリオは、ガリンシャとは異なりすべての面で厳格さを保つことができたが……。

《小鳥のマネ(ガリンシャの愛称)》は人生を愛し、戦いと女性とサッカーを愛した。彼は自身をこう評していた。

「僕は人々に喜びを与えるために生まれてきた。そしてゴールをするために。僕がピッチに立つ理由はそれだけだ」

 彼のような選手は、サッカーが今後未来永劫続いても二度と現れることはないだろう。


4: Egg ★ 2020/09/28(月) 19:17:20.23 ID:CAP_USER9.net

あと10cm高かったらメッシはメッシになれていない
 もしも身長があと10cmか15cm高かったら、メッシは今のメッシには絶対になっていなかった。踝の柔らかさと初速のスピード、長短自在のドリブル、一度立ち止まって再び加速する際のモビリティ、足元にボールを置いたときの卓越した能力……。そうした身体的なプレーは、相手と対峙した際に最も威力を発揮し、屈強な相手も屈服させたのだった。その独創的で予測不能なプレーとゴール前の決定力。それらはすべて彼の特異な体型と低い視線から生まれたものではないのか……。

 ただ、アルゼンチンだけが、時間と空間を自由にコントロールできる小型アタッカーを独占しているわけではない。そうしたタイプはどの時代にもどこにも存在する。たとえば1967年のチャンピオンズリーグ決勝におけるセルチック・グラスゴーのインテル・ミラノに対する勝利は、ふたりの小柄なウィング、ジミー・ジョンストンとボビー・レノックスによってもたらされた。西ドイツの1990年W杯優勝は、トーマス・ヘスラー、ピエール・リトバルスキ、オラフ・トーンという3人の小兵なしにはあり得なかった。そして今、イングランドには、ラヒーム・スターリング(170cm)という世界で最も捉えどころのないアタッカーがいる。かつてポルトガルに、ルイ・バロシュ(159cm)という超小型アタッカーがいたように……。

爆発的なスタミナでサイドを支配したロベルト・カルロス
 小柄だからといって、エネルギーやアグレッシブさ、スプリント能力が劣っているとは限らない。むしろその逆で、相手のエースを容赦なく無力化したノビー・スタイルズやベルティ・フォクツ、エドガー・ダビッツらを思い浮かべることができる。彼らの系譜は、無尽蔵のエネルギーを脚に蓄えながら戦いを厭わず、ボールを狩り続けるマルコ・ベラッツィやエンゴロ・カンテに見ることができる。だが、かつてのビセンテ・リザラズやフィリップ・ラーム、今日のジョルディ・アルバ、そしてとりわけ全時代を通じてのロベルト・カルトスのような、爆発的なスタミナでサイドを支配するディフェンダーたちが、主役として脚光を浴びることはほとんどなかった。

 リザラズはロベルト・カルロスを「彼は後方からスタートする左ウィングだ」と評した。

 生来のアタッカーが守備を学び、マークの仕方を覚えてヨーロッパにやって来た。168cmの身体から繰り出されるシュートは力強く、プレーの加速とリズムの変化はまさに自在だった。サイドバックでありながら生涯に100を超える得点とアシストを記録したのは、まさに突出した才能だった。


5: Egg ★ 2020/09/28(月) 19:17:37.64 ID:CAP_USER9.net

「ボールを支配する10番」レイモン・コパ
 ミシェル・プラティニとジネディーヌ・ジダンが出現するまで、レイモン・コパ(168cm)がフランスサッカー史上最高の選手だった。ドリブルを得意とするウィングでありゲームメイカーでもあったコパは、本人の言葉によれば1列下がったセンターフォワードであり、チームメイトのミシェル・イダルゴに言わせれば、「ボールを支配する10番」であった。1952年生まれのアラン・ジレス(163cm)はこう語っている。

「彼は僕の子供時代の英雄だった。試合で僕はずっとコパであり続けた」

 コパの系譜はフランスサッカーの系譜でもある。1970年代のリヨンにおけるキエザとディナーロ、80年代のボルドーにおけるジレスとティガナ、ココ・スオドゥーにはじまりブランシェ、アミス、ペドロス、ジアニと続いていくFCナントの伝統、そしてコランタン・マルタンスとともに2冠を達成した1996年のAJオセール……。それはビカシュ・ドラソーやルドヴィック・ジュリ、マチュー・バルブエナ、とりわけフランク・リベリー(170cm)らを経て今日に至っている。






8: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:19:33.03 ID:z/FkCtAv0.net

ロッベン
デルピエロ
サビオラ
アイマール

俺はこの辺の世代


23: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:24:47.34 ID:y7wumvwU0.net

>>8
ロッベンは180もあるだろ
チビは170のスナイデル
スナイデルとロベカルは化け物だな
チビの敏捷性、デカのパワーが普通だけど、この2人のキックは殺人的


122: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 20:39:01.40 ID:ZZUnsFYJ0.net

>>23
ロベカルは子供の頃数十キロ掛けて学校通ってたらしい
あのパワーも納得や


221: 名無しさん@恐縮です 2020/09/29(火) 06:18:44.37 ID:ShRbFeg00.net

>>23
ロベカルの太腿は競輪選手より太いらしいからなw


11: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:20:40.53 ID:affPArBt0.net

GKの概念を変えた
メキシコのカンポス


22: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:24:10.11 ID:+tYgt7Xk0.net

アグエロ、テベスは170あるか


27: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:26:13.44 ID:yoNKbXJt0.net

ロビーニョかわいそうw


30: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:26:47.72 ID:Q3P3htfl0.net

マラドーナて小人症のメッシよりチビなのかよw


233: 名無しさん@恐縮です 2020/09/29(火) 12:18:18.39 ID:p4bsHp3Y0.net

>>30
メッシは治療したからな
治療してなかったらおそらく150行ってない


36: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:28:31.28 ID:TDXRglXF0.net

オランダ人の平均身長183を考えると、スナイデル170はドチビだよな
日本人でいったら158くらいの感覚


47: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:33:18.82 ID:/s/9dECG0.net

ゾラ、シニョーリだね


145: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 21:04:24.58 ID:1odOTzbx0.net

>>47
漫画のVIVAカルチョの
シーナのライバルイメージ


50: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:34:07.44 ID:cS7SAcZJ0.net

マラドーナは実際、160cmくらいなはず


57: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:38:24.61 ID:y7wumvwU0.net

>>50
水沼さんか誰かも言ってたな
絶対に165もないって


62: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:40:28.04 ID:/pcW5R5F0.net

ベンゼマに脅迫されたマテュー・ヴァルブエナは164センチ


63: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:42:48.28 ID:aOfqYjvn0.net

カンテは168センチで180オーバーな選手にデュエルで勝ってるんだからすごいもんだよ


68: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:44:45.39 ID:Xmvxp09B0.net

メッシはもう少し実寸は高く見えるね
公称身長は逆サバの気がする


69: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:45:40.08 ID:EYHwTi2P0.net

ジョビンコは160cmだっけか


70: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:45:54.25 ID:kBq7BmSq0.net

ロマーリオが167、ゾラが168


78: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 19:56:32.93 ID:+27rPKx20.net

小柄でもダッシュの加速がエライ速かったりキックが強烈なんだよね 


88: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 20:00:46.64 ID:YlntJjUT0.net

シャビ「ジダンの何処が素晴らしいかって?あの身体のサイズだよ、あの大きさで我々と同じ事ができるんだから」


130: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 20:46:44.01 ID:Z57ONmae0.net

>>88
ジダンって実際はフィジカル寄りの選手なんだよね
それであの技術があるんだからそりゃすごいに決まってるわな


201: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 22:34:00.99 ID:VUmJiWWN0.net

>>130
まあ明確にシャビやイニエスタのがうまいけど
それでも少し下手程度なんだよなw

それで闘莉王位の体格w


95: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 20:05:22.84 ID:3RPYMz0r0.net

前線のスターはチビばっかだろ
ペレも173くらいだし


133: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 20:50:44.64 ID:BjOg2vHe0.net

>>95
ファン・バステンやクライフのオランダは高い
まぁ平均身長からして大きいからね


106: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 20:10:24.43 ID:LDW6WYIs0.net

メッシはチビなだけで謎のスーパーフィジカルあるよな


200: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 22:32:19.76 ID:jnfjlL+h0.net

>>106
基本倒れないよな
体幹がいいのか身体の使い方が上手い
フンメルスにタックルされてもそれ力を上手くドリブルにのせてスピードアップしたりテクニックも凄い


111: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 20:16:00.78 ID:lxDeRviv0.net

アラン・ジレスを忘れちゃいかんだろ。
162cmくらいしかないのに、当時プラティニと並ぶフランスの
エースだったんだから。


115: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 20:21:04.46 ID:ROcndyGE0.net

ポジション考えたらカンナバーロやアジャラは凄い


123: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 20:39:08.85 ID:KSz/qliD0.net

>>115
カンナバーロはバロンドールも取ってるしなぁ
今のCBではありえないと思う


151: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 21:12:30.47 ID:Zikt++W90.net

ロマーリオ一択だろ


153: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 21:15:22.83 ID:RpEggUJC0.net

現代ならヴェラッティが一番凄いと思うわ
あの身長で攻守どっちもガチガチにやり合うからな


165: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 21:27:13.66 ID:IqPIRJKa0.net

平均身長185cmのドイツ代表を170cmのラームが率いてたのは熱かったわ


166: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 21:28:44.97 ID:bbqe2YN00.net

>>165
キャプテンシーの塊だったな
SBだったけど


169: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 21:34:29.35 ID:D2ZLfsjQ0.net

>>165
一時期は世界最高のSBと言われてたなぁラーム


174: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 21:38:53.10 ID:6/yKADiq0.net

俊さんの恩師ゴードン・ストラカンを忘れちゃいけない


188: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 21:57:30.20 ID:kBq7BmSq0.net

森島168か
奥大介173て書いてあるけど本物見たらもっと小さかった記憶


189: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 21:57:58.97 ID:5z6N66fB0.net

バレージもデカくないよな


192: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 22:02:42.81 ID:rYa4SW2E0.net

>>189
バレージは小柄なCBだが、それでも176cmある
関係無いけどもう還暦だ


197: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 22:23:54.30 ID:y/BPMshx0.net

森島
田中達也
大久保
長友
大島


208: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 23:04:13.50 ID:dkpqDOLl0.net

世界的かは置いといて、低身長だけで見ると……

161cm 仲川輝人(日本/横浜マリノス(J1))
160cm ジョヴィンコ(33、イタリア/アル・ヒラル(サウジ1部))
158cm チャナティップ(26、タイ/コンサドーレ札幌(J1))
155cm 中川寛斗(25/湘南ベルマーレ(J1))
155cm 山口和樹(25/FC琉球(J2))


209: 名無しさん@恐縮です 2020/09/28(月) 23:27:54.19 ID:eJpPj1pS0.net

>>208
えー?
ジョヴィンコって160しかないの…ってか今はサウジでやってるのね


212: 名無しさん@恐縮です 2020/09/29(火) 00:19:48.31 ID:lDVfT0yv0.net

オーウェンは怪我をしなければな
20ぐらいでもうって感じだったし
当時と今の医療レベルもそうだしトレーニングも全然違うからそれがって思う


218: 名無しさん@恐縮です 2020/09/29(火) 05:09:13.01 ID:pzqwt0Pv0.net

もう1人選べと言われたらロマーリオだろうな



posted by カルチョまとめ管理人 at 16:56 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
注目サイトの最新記事
「小柄なサッカー選手歴代ベスト10!1位はマラドーナ、2位はメッシ、3位は?」へのコメント
  • 135761926
     :   at 2020年09月29日 18:28
    バカリコネ
  • 135761993
     : 名無しのサポーター  at 2020年09月29日 18:44
    ジーコ
  • 135762645
     : 名無しのサポーター  at 2020年09月29日 20:52
    ジョビンコとナガティエロが並んだら明確に後者の方が大きくて驚いた記臆
  • 135762815
     :   at 2020年09月29日 21:34
    ジャンフランコ・ゾラ
    トマス・ブロリン
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)