アンテナ・まとめ RSS

海外サッカー

レアル、ベンゼマ決勝ゴールでビルバオに1-0勝利し5連勝で首位独走!クルトワがビッグセーブ

R・マドリーが首位独走5連勝! 決勝弾ベンゼマは今季12点目
https://news.yahoo.co.jp/articles/56f1aa2578cce51f2431de3dcd71cc008383d785
ベンゼマ21-22第9節延期ゴール.jpg

[12.1 ラ・リーガ第9節延期分 R・マドリー1-0ビルバオ]

 ラ・リーガは1日、第9節延期分を行い、レアル・マドリーがビルバオを1-0で破った。得点ランキングトップを独走するFWカリム・ベンゼマの今季12ゴール目が決勝点となり、5連勝を達成。1試合消化の少ない2位アトレティコ・マドリーとの暫定勝ち点差を7とし、首位独走態勢をキープした。

 当初は10月の国際Aマッチウィーク直後に行われる予定だった一戦。南米の代表活動に参加していた選手たちがスペイン国内の検疫措置により出場できないことが決まり、両チームの申し出により延期となっていた。この日はコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)1回戦が行われているが、両チームは1回戦を免除されているため、延期試合が組まれた。

 試合は前半40分に動いた。直前にMFトニー・クロースのハーフボレーシュートがGKに阻まれたR・マドリーだったが、MFカゼミーロのサイドチェンジをFWビニシウス・ジュニオールが左サイドで受け、カットインしながらMFルカ・モドリッチとのワンツーからゴール前にパス。これを受けたFWマルコ・アセンシオのシュートはGKに止められたが、跳ね返りを拾ったモドリッチのシュートミスにベンゼマが詰めて押し込んだ。

 後半はビルバオが盛り返し、31分にビッグチャンス。DFオスカル・デ・マルコスからのスローインを受けたMFオイハン・サンセがクロース、カゼミーロ、DFダビド・アラバを次々に抜き去り、決定的なシュートを放った。しかし、ここはGKティボー・クルトワがスーパーセーブ。毎試合ピンチをカバーし続けている守護神が同点の危機から救った。

 ビルバオはさらに後半43分、左コーナーキックからDFイェライ・アルバレスがヘディングシュートを狙うも、惜しくも枠外。そのままタイムアップを迎え、接戦をモノにしたR・マドリーが5連勝を達成した。

◆◇El Blanco Real Madrid 1146◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1638201532/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、サラー圧巻2ゴールなど絶妙4発でエバートンとのダービー戦に4-1快勝!南野拓実は終盤途中出場(関連まとめ)

リヴァプール、エヴァートンとのダービーで4発快勝!サラー2発など攻撃陣爆発
https://news.yahoo.co.jp/articles/7437a40bdc1ed4b205a8b5133bbd622eba915963
サラーとジョタ21-22第14節マージーサイドダービー.jpg

プレミアリーグ第14節が1日に行われ、エヴァートンとリヴァプールによるマージーサイドダービーが開催された。

リヴァプールはモハメド・サラー、ディオゴ・ジョタ、サディオ・マネの3トップに。好調のチアゴ・アルカンタラがジョーダン・ヘンダーソン、ファビーニョとともに中盤に入った。試合は9分にリヴァプールが先制。左サイドからアンディ・ロバートソンの折り返しをヘンダーソンが左足で流し込む。さらに19分、リヴァプールがカウンターからサラーがゴール右から冷静に左足でファーへと沈め、追加点を獲得する。

38分には、エヴァートンが縦への素早い攻撃から、デマライ・グレイが抜け出して1点を返す。しかし、後半に地力の強さを見せたのはリヴァプール。64分にも相手のミスを突いてサラーが独走。再び左足でゴールを陥れ、ダメ押し弾を奪う。

79分にもジョタが巧みなトラップから強烈な左足のシュートを叩き込み、4-1に。その後、88分からジョタに代わって南野拓実がピッチに入った。

マージーサイドダービーでも強さを見せつけたリヴァプールが4-1と快勝。公式戦4連勝で、首位チェルシーを追走している。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1376 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1638390479/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:30 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ライプツィヒMFハイダラとチェルシーFWヴェルナーの獲得に関心!共にラングニック新監督の教え子

マンU、ラングニック暫定監督の教え子を1月に獲得か…契約解除金は約50億円
https://news.yahoo.co.jp/articles/6c63969ba45173f0ff095084e115a3757f55c9cf
ハイダラ21-22ライプツィヒ.jpg

 マンチェスター・Uは、ライプツィヒに所属するマリ代表MFアマドゥ・ハイダラの獲得に関心を示しているようだ。29日、イギリス紙『タイムズ』が報じた。

 マンチェスター・Uは29日、今シーズン終了までの暫定監督にラルフ・ラングニック氏が就任したことを発表。ライプツィヒやザルツブルクなどレッドブルグループの統括スポーツディレクターを務めていたこともある同氏は、来季から2シーズンはマンチェスター・Uのコンサルタントとしてフロント入りする。

 選手に高い運動量を求めることで知られるラングニック氏は、来年1月の移籍市場で自身のスタイルを熟知しているハイダラの獲得に動く可能性があるようだ。『タイムズ』紙によると、2025年夏までとなっている同選手の契約には、3300万ポンド(約50億円)の契約解除金が設定されているという。

 現在23歳のハイダラは2016年夏からザルツブルクに所属し、2019年1月に当時ラングニック氏が監督を務めていたライプツィヒへと移籍した。ライプツィヒではこれまでに公式戦通算100試合に出場している。

ユナイテッド就任のラングニック、元教え子のヴェルナーに接触か
https://news.yahoo.co.jp/articles/c2173d0975463e65edc7bc8d540bdf85add591ae
ラングニックとヴェルナー.jpg

マンチェスター・ユナイテッドが、チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(25)の獲得に動く可能性が浮上しているようだ。ドイツの移籍市場に精通するクリスチャン・フォーク氏が伝えている。

オーレ・グンナー・スールシャール監督と袂を分かち、“プロフェッサー”ラルフ・ラングニック氏を招へいして再スタートを図ることになったユナイテッド。ラングニック氏は、イギリスの労働ビザ取得次第、マイケル・キャリックに代わって今季終了まで暫定監督を務め、その後は2年間、クラブのコンサルタントを担うことになる。

そんなユナイテッドはすでに、ラングニック指導の下、新戦力のピックアップを進めているようだ。その一人に挙げられているヴェルナーは、かつて同氏がシュツットガルトからライプツィヒに連れてきた選手で、ヴェルナーはその後、ライプツィヒで公式戦159試合95ゴールと得点能力を開花させ、ドイツ代表デビューに繋げた。

しかし、昨夏のチェルシー加入以降は、その得点力が鳴りを潜め、今季もここまでプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、EFLカップでそれぞれ1得点にとどまっている。

その状況も踏まえると、仮に恩師から声がかかった場合、ヴェルナーが移籍を考慮し始めるのもおかしな話ではない。チェルシーも適切なオファーが届けば交渉に応じると見られている。

† Red Devils Manchester United 1593 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1638124091/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:28 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、資金難で1月の移籍市場で主力選手が大量流出か?欧州ビッグクラブの草刈り場に

【サッカー】<資金難バルサ>欧州ビッグクラブの草刈り場に!来年1月の移籍市場で主力選手が大量流出か... [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638347496/
ラポルタ会長スピーチ03.jpg
1: Egg ★ 2021/12/01(水) 17:31:36.13 _USER9.net

スペイン1部バルセロナが来年1月の移籍市場で草刈り場≠ニなりそうだ。総額1600億円超の負債を抱えるなど深刻な財政難が伝えられるバルセロナの主力選手に欧州ビッグクラブが熱視線を注いでおり、冬の移籍市場で大量流出のする可能性がありそうだ

 同国メディア「エル・ナシオナル」は、イングランド・プレミアリーグのリバプールとニューカッスルがバルセロナのGKマルクアンドレ・テアシュテーゲン(29)の獲得を検討していると報道。英紙「サン」は、バルセロナのオランダ代表MFフランキー・デヨング(24)にマンチェスター・シティーが正式オファーを出すと報じた。

 スペイン紙「ムンドデポルティボ」は、チュルシーがバルサ所属のDFウルグアイ代表DFロナウド・アラウホ(22)の興味を持つと伝え、フランス代表FWウスマヌ・デンベレ(24)にはイタリア1部ユベントスが関心を示し至宝≠lFペドリ(18)にはドイツ1部バイエルン・ミュンヘンが獲得を検討中と主力が大量離脱するかもしれないのだ。

 すでにバルセロナは前クラブ首脳陣による乱脈経営で多額の借金を抱えていることが判明。英紙「サン」が「バルセロナの財政状況は、現金を望んでいることを意味している」と伝えたように各欧州ビッグクラブはバルセロナが資金調達のため、主力選手でも放出するとみており、来年1月にオファーが殺到するのは間違いなさそうだ。

 前出の選手5人を放出すれば、バルセロナは5億ユーロ(約640億円)を超える収入を得られる一方で、チーム力が大幅ダウンするのは避けられない。果たして冬の移籍市場でバルセロナはどんな判断を下すのか。

東スポ 12/1(水) 14:59
https://news.yahoo.co.jp/articles/69cff67ebcfd1e13a23aad2c796aaed7d7404d9a



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベネズエラ代表、名将ペケルマン氏の新監督就任を発表!W杯出場への切り札

【サッカー】<ベネズエラ代表>名将ペケルマン監督が就任! W杯出場への切り札として指名 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638328592/
ペケルマン-ベネズエラ代表監督就任.jpg

1: Egg ★ 2021/12/01(水) 12:16:32.49 ID:CAP_USER9.net

ベネズエラ・サッカー連盟は11月30日、アルゼンチン人のホセ・ペケルマン氏(72)の代表監督就任を発表した。

アルゼンチン、コロンビアを率いた実績十分の名将が、強豪ぞろいの南米から、まだワールドカップ(W杯)出場経験のないチームの切り札として、指名を受けた。

連盟のギメネス会長は会見で「経験があり、変革を成し遂げられるコーチを探していた。ペケルマン氏は、これら全てを満たしている」と述べた。

日本とも縁があり、2018年W杯ロシア大会の1次リーグではコロンビアを率い、西野朗監督の日本と対戦。1−2で日本に敗れた。

ベネズエラはW杯カタール大会の南米予選でも最下位と低迷している。

日刊スポーツ 12/1(水) 10:07
https://news.yahoo.co.jp/articles/3485a1edd0b7add37246a263238557110822cc39

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211201-42010146-nksports-000-4-view.jpg?pri=l&w=434&h=640&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安同僚DFガブリエウ、バットを持った強盗を撃退!トッテナム地域出身の犯人に懲役5年(関連まとめ)

冨安同僚DFガブリエウがバットを振りかざした強盗を撃退…トッテナム生まれの犯人は懲役5年
https://news.yahoo.co.jp/articles/b50a1b5b72f020d37f3c6763730817d734e12a11
ガブリエウ21-22アーセナル指示.jpg

日本代表DF冨安健洋とともにアーセナルの守備を支えるブラジル代表DFガブリエウが、強盗を退治した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

ガブリエウは11月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選で初めてブラジル代表に選出されたセンターバック。アーセナルでは、冨安やイングランド代表DFベン・ホワイトとともにディフェンスラインを支える要となっている。

そのガブリエウが、強盗の被害に遭いそうになっていたとのことだ。

ガブリエウは友人と外出しており、夜に帰宅。自宅のガレージに車を停車させた。しかし、ガブリエウは2人組の強盗に後をつけられており、車から降りた際に襲われた。

強盗は車のキーや携帯電話、時計などを要求。バットを片手に持っていた中、強盗の1人がガブリエウにバットを振りかざす展開に。ガブリエウは強盗の顔面を殴り返すと、相手の帽子を掴んで格闘。強盗たちは逃げていった。

ガブリエウの愛車は4万5000ポンド(約680万円)相当の黒のメルセデス。法廷で提出されたCCTV(防犯カメラ)の映像には、ガレージに車を停車させた後、車を降りた際に強盗が侵入。ガブリエウと格闘する姿も映されていた。

この格闘の際に犯人は帽子を落としていき、これが8月に起きた別の強盗事件との関連性を調べるためにDNAを確認した結果、アブデラハム・ムセという容疑者が浮上。5年の懲役が科されることとなった。

なお、犯人はガブリエウのことを狙っていたというわけではないとのこと。裕福そうだったため追いかけていき、襲ったという。

さらに偶然にも犯人のムセは、アーセナルとライバル関係にあるトッテナム地域で生まれ、2009年には禁止されている武器を所持していたことで有罪判決を受けていた。

アーセナルでは、2019年7月にセアド・コラシナツが車を運転していた際にメスト・エジル(現フェネルバフチェ)とともに強盗被害に遭っていたが撃退していた。

Arsenal FC 冨安健洋 Part46
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1638183125/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オフサイド判定、ついに「AI審判」を導入!?選手の手足にセンサー装着!アラブ杯で試験運用しW杯で採用も

【サッカー】<オフサイド判定でついにAI審判≠導入>選手の手足にセンサー装着!W杯本大会でも採用される見通し [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638275001/
オフサイド旗.jpg

1: Egg ★ 2021/11/30(火) 21:23:21.59 ID:CAP_USER9.net

国際サッカー連盟(FIFA)が、オフサイド判定においてAI(人工知能)を駆使する新テクノロジーの導入を発表した。

 今回適用されるのは半自動オフサイド判定システム≠ニ呼ばれ、各選手の手と足にセンサーが取り付けられて毎秒50回、最大29個のデータポイントから情報を収集。リアルタイムで選手がオフサイドにあたるかどうかを判定することになる。スタジアムには10〜12個のカメラが新たに設置され、AIを駆使したシステムとなった。

 こうした最先端のテクノロジーからの情報をもとに、最終的にはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に警告が送られて判断する。

 このAIオフサイド判定システムは、30日にカタールで開幕するアラブカップから試験運用されることが決定。来年のカタールW杯のテスト大会に位置づけられており、問題がなければW杯本大会でも採用される見通しだ。

 サッカー界でAI審判≠フ時代がいよいよ到来して注目が集まる。

東スポ 11/30(火) 17:38
https://news.yahoo.co.jp/articles/d13d90f42bf5dc28a5ccdeae9d40b291f1df6088

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211130-03830912-tospoweb-000-2-view.jpg?pri=l&w=487&h=640&exp=10800



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☔ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジアサッカー連盟、ACLを大改革か?外国籍選手枠の拡大、秋春制移行を議論へ

ACL大改革か…外国籍選手枠の拡大、秋春制移行を議論へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/fd3dc814611fb767aa6e2c428195b6dd77a3bbf8
ACL2021ロゴ.jpg

 アジアサッカー連盟(AFC)は30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の改革案を公式サイトで発表した。外国籍選手枠の拡大と、シーズン制移行の2点が主な議論の対象となっているようだ。

 ACLにおける現行の外国籍選手枠は、いわゆる「3+1」と称されるもの。国籍が制限されない3選手に加え、AFC加盟国籍の1選手を予備登録することができ、また同時に出場させることができる。

 AFCはすでに2022年シーズンに向け、このルールの一部変更を実行委員会で決議している。これまでは「3+1」ルールは予備登録の時点で適用されていたが、今後は試合登録時にのみ適用されることが決まった。

 この変更により、予備登録時点での外国籍選手枠制限は撤廃。Jリーグでは外国籍選手の登録制限がない(試合登録は5人まで)ため、ACLに予備登録する時点で一部の外国籍選手を登録外にする必要があったが、今後は試合のたびに制限内の選手を選考すればよくなる。

 またAFCは現在、「3+1」の選手枠拡大も議論している。「4+2」「5+1」「5+2」といった案がAFC競技委員会や技術委員会で支持を受けているといい、来年初頭にも正式に決定される見込みだ。

 加えてAFCは現行春秋制で行われているACLを、欧州と同じ秋春制に移行することも検討。メリットには「移籍ウインドーの同期」「より良い選手・指導者と契約をする機会」などが挙げられており、こちらも来年初頭の会議で話し合われるようだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14288
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1638257037/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイマール、左足首負傷し全治6~8週間の離脱へ…負傷交代の試合後パーティー参加し物議(関連まとめ)

【サッカー】<ネイマール>負傷退場後にパーティー参加で大波紋! 全治6〜8週間と診断... [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638260962/
ネイマール負傷交代21-22.jpg
1: Egg ★ 2021/11/30(火) 17:29:22.60 ID:CAP_USER9.net

フランス1部パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール(29)は28日のサンティエンヌ戦で左足首を負傷した中、試合後の足取りが明らかになった。

 ネイマールは試合中に相手からスライディングを受け、着地に失敗。左足首をグニャリと曲げてピッチに倒れ込み、涙目で悶絶。試合翌日の29日の検査では、左足首のじん帯損傷などで全治6〜8週間と診断されるほどだったが、患部を固定して杖をついてスタジアムを引き揚げた後、なんとパーティーに参加してたというのだ。

 スペイン紙「ムンド・ディポルティボ」は「ネイマールは負傷後に、ブラジル人アーティストのジョタッペと音楽、水たばこ、ポーカーが用意されたオールナイトのパーティーに参加した」と伝えた。ジョタッペは自身のインスタグラムに29日午前6時30分ころに、ネイマールとパーティー会場にいるのがわかる様子を投稿してすぐさま広がったという。

 ネイマールがパーティーに参加するのは珍しいことではない。「パーティーをやめることはない。リラックスのために必要だからね」と言っているほどだが、負傷直後の行動としては疑問視されても仕方がない。

 かねて一流選手としての自覚が欠けると指摘されてきたが、今回も同じことが繰り返されそうだ。

東スポ 11/30(火) 13:40
https://news.yahoo.co.jp/articles/dc615c1b05d0b30b80c9474005841cc3a18c61aa

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211130-03830450-tospoweb-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=401&exp=10800

【サッカー】<ネイマールが号泣>敵のタックルで左足がぐにゃり…松葉杖姿に世界震撼「足首が90度曲がった」「深刻な怪我の可能性」 [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1638134147/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラン、サッスオーロに1-3逆転負けし2連敗…ロマニョーリは先制点決めるも一発退場

ミラン、サッスオーロに逆転負けで2連敗…先制点のロマニョーリが一発退場
https://news.yahoo.co.jp/articles/f2fa1c84db34a6d3e62c1dded2a4f5332f06716f
ロマニョーリ21-22第14節.jpg


 セリエA第14節が28日に行われ。ミランとサッスオーロが対戦した。

 21分にミランが先制する。左コーナーキックをショートコーナーで始め、テオ・エルナンデスがニアに鋭いクロスを送ると、飛び込んだアレッシオ・ロマニョーリが頭で合わせた。

 しかし24分、サッスオーロがすぐに試合を振り出しに戻す。ジャンルカ・スカマッカがペナルティエリア手前から右足を振り抜き、強烈な一撃をゴール右上に突き刺した。

 33分、サッスオーロがコーナーキックの流れから逆転する。ペナルティエリア内でこぼれ球を回収したスカマッカが右足を振り抜くと、シュートは相手GKマイク・メニャンに防がれる。それでも、ボールはメニャンの前に立っていた相手DFシモン・ケアーに当たって跳ね返り、ゴールに吸い込まれた。

 1点のリードで折り返したサッスオーロは、66分にリードを広げる。敵陣深い位置で相手MFフランク・ケシエがボールをロストし、マテウス・エンヒキが回収してベラルディにつなぐ。ベラルディはペナルティエリア内で相手DFロマニョーリをかわすと、右足を振り抜き、相手GKの股の間を通してゴールに突き刺した。

 ミランは77分、ロマニョーリがペナルティエリア手前で相手FWグレゴワール・デフレルをなぎ倒し、DOGSO(決定的な得点機会の阻止)で一発退場。数的不利の状況で2点を追いかけることになった。

 試合はこのまま終了し、ミランはリーグ戦2連敗、サッスオーロは4試合ぶりの白星となった。次節、ミランは12月1日にアウェイでジェノアと、サッスオーロは同日にホームでナポリと対戦する。

【スコア】
ミラン 1−3 サッスオーロ

【得点者】
1−0 21分 アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン)
1−1 24分 ジャンルカ・スカマッカ(サッスオーロ)
1−2 33分 オウンゴール/シモン・ケアー(サッスオーロ)
1−3 66分 ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)

■□■□╋ AC MILAN パート761☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1636985079/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜FM、ハッチンソン・ヘッドコーチが今季限りで退任…4月から合流し、ポステコグルー&マスカット体制を支える

横浜・ハッチンソンHC退任 4月から合流しチームを支えて2位に導いた
https://news.yahoo.co.jp/articles/6895a09ce5712fd82998f32953cccf228d844b31
ハッチソンHC横浜FM.jpg

 横浜のジョン・ハッチンソン・ヘッドコーチ(41)が今季限りで退任することが29日までに分かった。オーストラリア国籍を持ち、マルタ代表として国際Aマッチ11試合に出場した経験を持つ同氏は今季から就任。

 新型コロナによる入国規制で合流は4月となったが、合流前もウェブミーティングを通じて練習を支え、ポステコグルー前監督体制からマスカット監督体制となったシーズンをサポートして2位に導いたスタッフの一人だった。


◆◇◆ 横浜F・マリノス part1984 ◆◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1638065852/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッシ、7度目のバロンドール受賞!レヴァンドフスキやジョルジーニョら抑え最多記録更新(関連まとめ)

【サッカー】<メッシ>最多記録更新!「バロンドール」7度目の受賞!レヴァンドフスキやジョルジーニョら抑える [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1638220313/
メッシ2021バロンドール受賞.jpg
1: Egg ★ 2021/11/30(火) 06:11:53.70 ID:CAP_USER9.net

フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は29日、2021年のバロンドールを発表。パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが最多記録を更新する7度目の受賞を果たした。

 34歳のメッシは、2021年開催のコパ・アメリカをアルゼンチン代表として制し、A代表としては自身初のビッグタイトルを獲得。大会MVP、得点王、アシスト王に輝いた。またバルセロナ在籍時の2020−21シーズン、チームは3位だったが、30得点を挙げて得点王に輝いている。

 バロンドール受賞は2019年以来となり、2020年は新型コロナウイルスの影響により、選出自体が中止だったため、自身としては2回連続の受賞となり、単独最多受賞記録を更新する7度目の栄誉に輝いた。

 全世界の記者投票で選出されるバロンドール。今年度はチェルシーでチャンピオンズリーグを制し、イタリア代表でユーロを制したMFジョルジーニョや、昨年に実施されていれば最右翼と目され、ゲルト・ミュラーを越えるブンデスリーガ新記録となるシーズン41得点を挙げ、バイエルンの9連覇に貢献したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキなどが有力候補として、メッシ以外に挙げられていた。

 “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年にはFIFAとのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”と改めた。しかし、契約満了に伴い2016年から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活。昨年は新型コロナウイルスの影響により、「リストに『新型コロナウイルスの影響により例外的な状況で獲得したトロフィー』といった消えない注意書きを入れたくなかったから」として、初の受賞者なしとなっていた。

【2021年バロンドール順位】(カッコ内、国籍/現所属クラブ)
1位 リオネル・メッシ(アルゼンチン/パリ・サンジェルマン)
2位 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
3位 ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー)

4位 カリム・ベンゼマ(フランス/レアル・マドリード)
5位 エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー)
6位 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/マンチェスター・U)
7位 モハメド・サラー(エジプト/リヴァプール)
8位 ケヴィン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・C)
9位 キリアン・エンバペ(フランス/パリ・サンジェルマン)
10位 ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/パリ・サンジェルマン)

11位 アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント)
12位 ロメル・ルカク(ベルギー/チェルシー)
13位 ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア/ユヴェントス)
14位 レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユヴェントス)
15位 ラヒーム・スターリング(イングランド/マンチェスター・C)
16位 ネイマール(ブラジル/パリ・サンジェルマン)
17位 ルイス・スアレス(ウルグアイ/アトレティコ・マドリード)
18位 シモン・ケアー(デンマーク/ミラン)
19位 メイソン・マウント(イングランド/チェルシー)
20位 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・C)

21位 ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル/マンチェスター・U)
21位 ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン/インテル)
23位 ハリー・ケイン(イングランド/トッテナム)
24位 ペドリ(スペイン/バルセロナ)
25位 フィル・フォーデン(イングランド/マンチェスター・C)
26位 ニコロ・バレッラ(イタリア/インテル)
26位 ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・C)
26位 ジェラール・モレーノ(スペイン/ビジャレアル)
29位 ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)
29位 セサル・アスピリクエタ(スペイン/チェルシー)

サッカーキング 11/30(火) 5:56
https://news.yahoo.co.jp/articles/7fbb58b4283edd5742cf9f36297a3a2d253cf9cd

写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211130-01592757-soccerk-000-3-view.jpg?exp=10800


3: Egg ★ 2021/11/30(火) 06:12:31.96 ID:CAP_USER9.net

【歴代受賞者】(カッコ内、国籍/受賞時の所属クラブ)

2021年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/パリ・サンジェルマン)
2020年 中止
2019年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2018年 ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)
2017年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
2016年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
2015年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2014年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
2013年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
2012年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2011年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2010年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2009年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2008年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/マンチェスター・U)
2007年 カカー(ブラジル/ミラン)
2006年 ファビオ・カンナヴァーロ(イタリア/ユヴェントス)
2005年 ロナウジーニョ(ブラジル/バルセロナ)
2004年 アンドリー・シェフチェンコ(ウクライナ/ミラン)
2003年 パヴェル・ネドヴェド(チェコ/ユヴェントス)
2002年 ロナウド(ブラジル/レアル・マドリード)
2001年 マイケル・オーウェン(イングランド/リヴァプール)
2000年 ルイス・フィーゴ(ポルトガル/レアル・マドリード)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:01 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)