アンテナ・まとめ RSS

海外サッカー

レアルMFカゼミロ、マンU移籍を真剣に検討か?スペイン紙報じる(関連まとめ)

レアル・マドリード、カゼミーロがマン・U移籍を真剣に検討している模様…スペイン紙報道 | ラ・リーガ
https://news.yahoo.co.jp/articles/25ae9a64dcc88e4b15c55bcd5f6e49105837f5d0
カゼミロ2022スーパー杯トロフィー.jpg

レアル・マドリードMFカゼミーロが、どうやらマンチェスター・ユナイテッド移籍を検討している模様だ。スペイン『マルカ』が報じている。

カゼミーロはここ数カ月間、多くのクラブから誘いの声をかけられてきたようだが、ユナイテッドから届いたオファーは年俸的な条件が素晴らしく(現在の2倍とも噂されている)、これまで以上に魅力を感じている様子。現在はユナイテッドがかつての地位をできる限り早く取り戻せるか、今季チャンピオンズリーグに参加しないことが何を意味するのかなどを考慮しつつ、レアル・マドリード残留かユナイテッド移籍かの結論を出そうとしているとのことだ。

その一方で、レアル・マドリードがカゼミーロの売却を容認するかどうかは、「選手側がどういう立場を取るかに依存」しているとされる。ただ、同クラブは冷静にこのオペレーションについて分析しており、600万ユーロの費用で獲得してすでに元が取れている同選手の売却をポジティブに捉えている向きがあるという。ただUEFAスーパーカップのフランクフルト戦(2-0)でも凄まじいパフォーマンスを披露するなど、その能力がいまだに素晴らしいことを考慮すれば、慰留する可能性も捨て切れないようだ。

果たして、レアル・マドリードの歴史に残るアンカーは、どのような決断を下すのだろうか。


† Red Devils Manchester United 1670 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660741134/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、チェルシーFWハドソン・オドイを獲得か?ドルトムントをリード?

アーセナルがチェルシー若手FW獲得も? ドルトムントなど抑え争奪戦リードか
https://news.yahoo.co.jp/articles/f14ca030f2b1a6bd1a71e8ba51beff1687372607
ハドソン・オドイ21-22チェルシー.jpg


 アーセナルは、ロンドンのライバルクラブから新戦力を補強するのかもしれない。チェルシーの元イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイを獲得する可能性が高まってきたとも報じられている。

 チェルシー下部組織からの生え抜きスター候補として大きな期待をかけられていたが、負傷離脱なども影響して十分な出場機会を得ることができていないハドソン=オドイ。今季のプレミアリーグでも開幕から2試合を終えてまだピッチに立ってはいない。


 出場機会を求めてクラブに移籍を直訴したとも報じられ、国内外から様々なクラブが獲得に関心を示している模様。特にボルシア・ドルトムントが争奪戦をリードしているとの報道もあった。

 だがアーセナルのファンメディア『AFTV』などが伝えたところによれば、新たにアーセナルもハドソン=オドイに関心を示しているとのこと。他のクラブを抜き去って移籍先の最有力候補に浮上してきたとも報じられている。

 イングランドからガーナに代表チームを変更してカタールワールドカップ出場を目指すとも報じられているハドソン=オドイ。冬の大会に向けて調子を上げていくためにも、出場機会を求めて移籍することになるのだろうか。


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1888】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660566242/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、レアルMFカゼミロ獲得に向け81億円を用意か?ブライトンMFカイセドも獲得候補に

マンU、給与面の隔たりからラビオ獲得は断念か…カゼミーロ、カイセドをリストアップ?
https://news.yahoo.co.jp/articles/24e0f3dd8a5912e909f2ae1ee152d05c1e929faa
ラビオカゼミロカイセド.jpg

マンチェスター・Uがユヴェントスに所属しているフランス代表MFアドリアン・ラビオの獲得を断念した模様だ。イギリスメディア『BBC』が報じている。

 今オフ、マンチェスター・Uはフランス代表MFポール・ポグバや元セルビア代表MFネマニャ・マティッチなど中盤の選手の退団が相次いだ。デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンを新戦力として迎え入れたものの、エリック・テン・ハフ監督はさらなる中盤の強化をリクエストしており、ラビオが候補として浮上していた。マンチェスター・Uはラビオの移籍交渉に関して、1500万ポンド(約24億円)の移籍金でユヴェントスとのクラブ間合意に達していたという。しかし、マンチェスター・Uの評価額とラビオ自身が要求する給与に開きがあったことから、個人条件で合意できず。交渉進展のためには、ラビオ自身が現状の要求額を下げる以外に道はなさそうだ。

 ラビオの獲得交渉が再び動き出す可能性は排除できないが、現在マンチェスター・Uは別の選択肢を検討しているとのこと。イギリスメディア『テレグラフ』の報道によると、レアル・マドリードに所属しているブラジル代表MFカゼミーロに関心を示している模様だ。同メディアによると、マンチェスター・Uは5000万ポンド(約81億円)を準備しているという。

 しかし、レアル・マドリード側にカゼミーロ売却の意思はない。スペインメディア『アス』によれば、クラブを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、今夏に加入したフランス代表MFオーレリアン・チュアメニが現時点では完全にフィットしていないことから、カゼミーロを必要不可欠な戦力としている。昨年8月にはクラブとの契約を2025年夏まで延長したことから、マンチェスター・Uがこの取引を成立させるのは難しいと見られている。

 また、イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、マンチェスター・Uはブライトンに所属しているエクアドル代表MFモイセス・カイセドの獲得も検討しているようだ。しかし、ブライトンは「適切な時期に適切な価格で売却すること」をポリシーとしており、移籍金の減額などには応じないという。現行契約が2025年夏までとなっていることから、ブライトンは決して低くはない移籍金を要求するだろう。

 夏の移籍市場閉幕まで残り約2週間となっている中、マンチェスター・Uは中盤の新戦力を確保することができるのだろうか。今後の動向に注目が集まっている。

† Red Devils Manchester United 1669 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660556660/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:13 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イーロン・マスク氏、マンU買収ツイートは「冗談」と釈明も「子供の頃に好きだったチーム」

起業家マスク氏が「ユナイテッドを買う」ツイート、後に冗談と釈明も「子供の頃に好きだったチーム」
https://news.yahoo.co.jp/articles/243cbaa0070c2403c21fac24c8eb241948431846

イーロン・マスク-タキシード02.jpg

アメリカ電気自動車大手メーカー『テスラ』の最高経営責任者(CEO)を務めるイーロン・マスク氏がマンチェスター・ユナイテッドのサポーターに束の間の希望をもたらすSNSでの投稿が話題を呼んでいる。イギリス『ガーディアン』が報じた。

2005年からユナイテッドの実権を握るグレイザー家だが、近年のチームはサー・アレックス・ファーガソン元監督が勇退して以降、長らく過渡期に。エリク・テン・ハグ新体制で再出発を期す今季もプレミアリーグで開幕2連敗と先が思いやられるスタートとなり、一部サポーターによる反グレイザー家の動きがさらに加熱している。

元々、チームを二の次にしたビジネス先行の経営方針で快く思われておらず、サポーターから新たなオーナーの到着を待ち望む声も少なくないなか、今をときめく起業家にして億万長者と知られるマスク氏は16日に「マンチェスター・ユナイテッドを買う。ウェルカムだ」とツイート。ユナイテッドの一部サポーターをざわつかせた。

本当なら夢ある話だが、その数時間後に「マジか?」との問いが…。すると、マスク氏は「いや、これはツイッターにおける長年のジョークだ。私はいかなるスポーツチームも買わない」と釈明。だが、続けて「でも、チームを買うなら、マンチェスター・ユナイテッドだね。子供の頃に好きだったチームだから」と綴っている。

なお、現在のユナイテッドを買収するとなれば、時価総額で20億ポンド(約3256億円)。グレイザー一家が買収時は7億9000万ポンド(現レートで約1286億1000万円)だったという。

† Red Devils Manchester United 1669 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660556660/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、DFニアンズがセビージャに移籍へ!完全移籍も買い戻しOPも保持

バイエルンの20歳DFがセビージャへ…完全移籍も買い戻しOPも保持
https://news.yahoo.co.jp/articles/650f6e88f7ea975a77135c49bd4ba9b12acafa09
ニアンズ21-22バイエルン.jpg

セビージャがバイエルン・ミュンヘンのDFタンギ・ニアンズー獲得に迫っている。移籍専門記者ファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えた。

20歳のニアンズーは2020年夏にパリ・サンジェルマンからバイエルンへと加入。2シーズンで28試合に出場していた。しかし、今季はマタイス・デ・リフトが加入し、ニアンズーがチーム内の序列で5番目のCBとなったこともあり、移籍が近づいている。

フランスの若き才能に興味を示したのがセビージャ。すでに選手は移籍完了に向けてセビージャに到着しており、5年契約での加入は近いとみられている。

『エル・デスマルケ』によると、移籍金は1600万ユーロ(約21億8000万円)+400万ユーロ(約5億4000万円)のボーナス。セビージャが75%の保有権を持っている一方で、バイエルンは買い戻しオプションを保持すると伝えられている。

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 325
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1658649071/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イーロン・マスク氏「マンチェスター・ユナイテッドを買うよ」

マスク氏、マンチェスター・ユナイテッドを買収するとツイート
https://news.yahoo.co.jp/articles/9002c29bc73aa8ab387dd33a75ecd2fe3aa6757a
イーロン・マスク-タキシード.jpg

[16日 ロイター] - 米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は16日、英サッカークラブのマンチェスター・ユナイテッドを買収するとツイッターで明らかにした。

マスク氏は「マンチェスター・ユナイテッドを買うよ」とツイートした。

マンUのオーナーである米国のグレイザー家にコメントを求めたが、回答はない。

マンUの時価総額は16日終値時点で20億8000万ドルに上った。

グレイザー家は2005年に7億9000万ポンド(9億5551万ドル)でマンUを買収。ただ、チームの不振を受けてファンは数年前からグレイザー家に対する抗議行動を展開していた。

ファンの一部はマスク氏に、ツイッターの代わりにマンUを買収するよう求めていた。マスク氏はツイッター買収計画を撤回すると表明したが、買収契約の履行を求める同社に提訴された。


† Red Devils Manchester United 1669 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660556660/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ラビオの高額給与要求に獲得を断念か…代案としてレアルMFカゼミロの獲得を狙う

マンチェスター・U、高給要求を前にラビオ獲得を断念へ…代案としてカゼミロが候補に
https://news.yahoo.co.jp/articles/82dc15bf43e8b68a60e9388edc753f87b365d0ca
カゼミロとラビオ.jpg

マンチェスター・ユナイテッドは、今夏のユヴェントスMFアドリアン・ラビオ獲得を断念することが『GOAL』の取材で明らかとなった。

今夏就任したエリック・テン・ハーグ監督の下、新シーズンを戦うマンチェスター・U。しかし開幕から連敗を喫してプレミアリーグ最下位に沈むなど、苦しいスタートなっている。また、指揮官がかねてより望んでいる中盤の補強も実現できていない状況だ。

そして、ここ数日で獲得に動いていたラビオとの交渉も断念することが発覚している。『GOAL』の取材では、ユヴェントス側とは移籍金1500万ポンドで合意していたが、代理人でもある母親との交渉が難航。交渉担当がトリノまで赴いたが、チームトップクラスの給与を受け取るブルーノ・フェルナンデス(週給24万ポンド)以上の賃金を要求したため、手を引くこととなった。

そしてその代替案として、レアル・マドリーMFカゼミロ獲得の可能性を探っていることも明らかとなっている。5度のチャンピオンズリーグ制覇を経験し新シーズンも欧州最高峰の舞台で戦うことになるブラジル代表MFだが、ヨーロッパリーグに出場するマンチェスター・Uへ移籍を決断する可能性は低いとみられる。しかし、テン・ハーグ監督の下で中盤の一新を画策する中で、カゼミロは選択肢の1つに入っているようだ。

また、ブライトンで活躍する20歳のエクアドル代表MFモイセス・カイセドもターゲットの1人となっている。今夏はさらに2人の中盤の選手を補強する考えを持つマンチェスター・Uだが、残り2週間を切った移籍市場で実現できるのだろうか。

取材=ジェームズ・ロブソン(『GOAL』マンチェスター・ユナイテッド番記者)

† Red Devils Manchester United 1669 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660556660/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:20 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元スペイン代表DFナチョ・モンレアル、36歳で現役引退を表明…膝の問題で引退を決断

36歳ナチョ・モンレアルが現役引退を表明…昨季はヒザの問題で出場ゼロに
https://news.yahoo.co.jp/articles/30f3dc84ef19af7e1fcafd7d9221d73398ace43b
モンレアルアーセナル雄たけび.jpg


元スペイン代表DFナチョ・モンレアル(36)が、インスタグラムを通じて引退を表明した。

今夏に3年在籍したレアル・ソシエダを退団していたモンレアル。ここ数年は慢性的なヒザのケガに悩まされ、昨夏に再生治療を実施がクラブから発表されると、結局昨季は一度も公式戦に出られないまま、退団を迎えていた。

そして、そのヒザの問題と36歳という年齢から、モンレアルは引退を決断。インスタグラムを通じてフットボールに感謝の気持ちを送った。

「サッカーを始めて36年、そのうちプロとして16年。想像を絶するほど体を酷使し、限界に挑んできた。そんな私にこのヒザははっきりと『もう続けられない!』というメッセージを送ってきた」

「発狂するかって? いいや! 私はそれに耳を傾け、状況を受け入れて、すべてに感謝する。ひとつのステージが終わり、次のステージが始まるのだ。私は幸せで気分は良い。もう一度言うよ。気分は最高だ!!それが心に安らぎを与えてくれるんだ」

「人生は贈り物であり、私は感謝したい。オサスナ、スペイン代表、マラガ、アーセナル、レアル・ソシエダへ、私に道を歩ませてくれてありがとう。最高の数年間だった…」

オサスナの下部組織出身のモンレアルは、2006年8月に行われたチャンピオンズリーグ予選のハンブルガーSV戦でプロデビュー。オサスナで不動の地位を築いたのち、2011年夏にマラガ、2013年1月にはアーセナルへとステップアップを果たす。

6年半在籍したアーセナルでは、通算251試合10ゴール20アシストを記録。3度のFAカップ優勝と、同じく3度のコミュニティ・シールド制覇に貢献した。

そして、2019年夏に加入したソシエダでは通算69試合の出場に。加入から2年は主力として活躍したものの、前述のように昨季の出場はゼロ。契約満了をもってクラブを退団していた。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1888】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660566242/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、U21スペイン代表DFセルヒオ・ゴメスの獲得発表!アンデルレヒトと移籍金約18億円+ボーナスで合意

マンC、21歳の左SBセルヒオ・ゴメス獲得を発表! 4年契約で背番号「21」
https://news.yahoo.co.jp/articles/7138121288f86c4a5968fea5dea2bc7b82a209a8
セルヒオ・ゴメス21-22アンデルレヒト02.jpg

 マンチェスター・Cは16日、アンデルレヒトからU−21スペイン代表DFセルヒオ・ゴメスが完全移籍で加入することを発表した。

 S・ゴメスはマンチェスター・Cと2026年6月30日までの4年契約を結び、背番号は「21」に決定。イギリスメディア『BBC』によると、マンチェスター・Cがアンデルレヒトに支払う移籍金は、1300万ユーロ(約18億円)+ボーナスになるようだ。
 
 現在21歳のS・ゴメスはバルセロナの下部組織出身。2018年1月にドルトムントへ完全移籍したが、トップチームでの出場機会を得られず、2019−20シーズンと20−21シーズンはウエスカに期限付き移籍。2021年7月にアンデルレヒトへ完全移籍すると、左サイドバックの主力として活躍し、2021−22シーズンは公式戦49試合の出場で7ゴール15アシストを記録した。

 移籍決定に際し、S・ゴメスはマンチェスター・Cのクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。

「マンチェスター・シティに移籍できたことを誇りに思うし、幸せだ。ペップ・グアルディオラという世界で最も優れた監督のもとで学び、成長するチャンスを得た。このクラブの一員になれることは、僕にとって夢のようなことだし、どの若い選手も憧れることだ」

「シティが過去数年間に獲得したトロフィーの数は驚くべきもので、ペップの下でチームがプレーするサッカーはヨーロッパで最もエキサイティングだ。ペップと彼のコーチ陣のもとでプレーし、指導を受けることは、とても特別なものになると思う。シティのファンがどれだけ情熱的かはよく聞いているので、早く始めて、クラブがさらに多くのタイトルを勝ち取るのを助けたい」

 マンチェスター・Cは今夏の移籍市場でウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコをアーセナルに売却し、元フランス代表DFバンジャマン・メンディは複数の性的暴行事件への関与が疑われて現在勾留中。左サイドバックが補強ポジションとなっていた。S・ゴメスは果たしてレギュラーの座を掴むことができるのだろうか。

BLUEMOONマンチェスターシティ 484citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660228127/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAZN、カラバオ杯の放映権獲得を発表!英2・3・4部リーグも独占ライブ配信(関連まとめ)

DAZN、カラバオカップの放映権獲得を発表! 英2・3・4部リーグも独占ライブ配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/2bfae0a46f8707ab6afe554bd9e0f792cf18c7ae
DAZNカラバオ杯配信決定.jpg

 DAZNは16日、「カラバオカップ」、「EFLチャンピオンシップ」、「EFLリーグ1」、「EFLリーグ2」の放映権を獲得し、独占ライブ配信することを発表した。

 以下、リリースのとおり。

「スポーツ・チャンネル『DAZN(ダゾーン)』では、目が離せない戦いが続いているイングランドのカップ戦『カラバオカップ』(イングリッシュ・フットボールリーグ<以下EFL>主催)の放映権を獲得し、独占ライブ配信を行うことが決定しましたのでお知らせします。また、EFLのリーグ戦『EFLチャンピオンシップ』『EFLリーグ1』『EFLリーグ2』を独占ライブ配信することも合わせてお伝えいたします」

「『カラバオカップ』は、1960年に創設されたイングランドサッカーのカップ戦です。参加資格があるのは1部となるプレミアリーグ、2部から4部で構成されるEFLに所属する計92チームで、1回戦はEFL所属チームのみ、2回戦以降でプレミアリーグチームが加わる方式となっています。プレミアリーグのチームは、このカップ戦で将来有望な若手選手を積極的に起用する傾向も強く、次世代のスター候補のプレーをライブで見られる機会となります。冨安健洋選手(アーセナル)、三笘薫選手(ブライトン)などの日本人選手のカップ戦ならではの戦い方にも注目です」

「イングランド2部に該当する『EFLチャンピオンシップ』では、今季からハダースフィールドに加入した中山雄太選手に注目です。昨シーズン3位になりながらも、プレーオフで敗れ4シーズンぶりのプレミアリーグ昇格を逃したチームにとっては、安定した守備と精度の高いキックを誇る中山選手への期待が大きくなっています。中山選手自身も11月のワールドカップ本番で日本代表入りするためにも、強烈なアピールをしてくれるに違いありません」

「さらに、3部に該当する『EFLリーグ1』、4部の『EFLリーグ2』もあわせてお届けします」

「今回新たにカラバオカップがDAZNラインナップに加わることにより、カラバオカップ、FAカップ、コミュニティ・シールドとイングランド国内主要3タイトルがDAZNでお楽しみいただけます。加えて、EFLではプレミアリーグ昇格プレーオフも注目となります」

「DAZNでは、欧州サッカーの興奮をライブ配信はもちろん、欧州で活躍する日本人選手のプレーを多くの皆様にお届けするコンテンツをご提供いたしますので、今後もご期待ください」

■イングリッシュ・フットボールリーグ(EFL)関連の獲得コンテンツ
カラバオカップ
EFLチャンピオンシップ 
EFLリーグ1 
EFLリーグ2 
※各コンテンツの配信試合数はそれぞれ異なりますので、最新情報は番組表をご参照ください。

■DAZN 2022/23 欧州サッカーコンテンツライナップ
セリエA
ラリーガ
ベルギーリーグ
コッパイタリア
FAカップ
ベルギーカップ
コミュニティ・シールド
スーペルコッパ
UEFAネーションズリーグ
UEFA EURO 2024™ ヨーロッパ予選
リーグ・アン
トロフェ・デ・シャンピオン
DFBポカール
カラバオカップ
イングリッシュ・フットボールリーグ (EFL)
ポルトガルリーグ
※配信日時はすべて日本時間となります。
※各コンテンツの配信試合数はそれぞれ異なりますので、最新情報は番組表をご参照ください。
※本配信については、内容の変更または中止する場合がございますので、最新情報は番組表をご確認ください。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14896
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1660578198/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIFA、全インドサッカー連盟に停止措置「第三者からの不当な影響」が理由に(関連まとめ)

【サッカー】FIFAが全インドサッカー連盟に停止措置…「第三者からの不当な影響」が理由に [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1660619354/
インド国旗.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/08/16(火) 12:09:14.83 ID:CAP_USER9.net

国際サッカー連盟(FIFA)は15日、全インドサッカー連盟(AIFF)の停止を発表した。

FIFAの発表によると、AIFFは「第三者からの不当な影響力」が深刻なFIFAの規約違反に当たるとして、活動を停止することが理事会の全会一致で決定したという。

また、この停止処分はAIFF執行委員会の権限を引き継ぐ管理者委員会の設置命令が廃止され、AIFF管理者がAIFFの日常業務を完全にコントロールできるようになった時点で解除される予定とされている。

なお、この停止措置により、10月に行われる予定だったU-17女子ワールドカップは、現時点ではインドでの開催が不可能に。ほとんど時間がない中で、開催に関して決議する必要があるとしている。

またFIFAは「インドの青年スポーツ省と常に建設的な連絡を取っており、この件についても前向きな結果が得られる可能性があると期待している」としている。

AIFFが加盟するアジアサッカー連盟(AFC)とFIFAは、インドサッカー界の関係者と面会。7 月末までに規則を変更し、9 月 15 日までに選挙を実施しなければならない AIFF のロードマップを作成しているという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e1c5ffbd4ddf47b7f00f1ea3af5420cc15ef68af



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、U21英代表MFガーナーを売却か?プレミア複数クラブが興味

ユナイテッド、注目の若き中盤ガーナーを売却か…PL複数クラブが興味
https://news.yahoo.co.jp/articles/c5dc63302dfe5a243ee69ef71d1fe779698b923d
ガーナー22-23マンU.jpg

マンチェスター・ユナイテッドのU-21イングランド代表MFジェームズ・ガーナー(21)に移籍の可能性が浮上している。

ガーナーはユナイテッドアカデミー出身の中盤。かつてユナイテッドやイングランド代表で活躍したマイケル・キャリック氏の後継者と謳われる注目株で、2021年1月からはノッティンガム・フォレストに貸し出され、通算68試合でプレーした。

昨季のフォレストでも公式戦48試合出場で4得点10アシストと活躍してチームのプレミアリーグ昇格に貢献。そして今夏からユナイテッドに戻り、参加したプレシーズンではボランチやアンカーでアピールを続けたが、開幕から出番なしが続く。

バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを獲得しようとする動きがいまだ結実しない今の状況を鑑みると、ガーナーの起用も考えていきたいユナイテッドだが、イギリス『BBC』によると、完全移籍での売却も視野に入れているという。

関心を示すクラブに古巣のフォレストがあげられ、移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ記者が追随したところによると、プレミアリーグ全体でも3、4クラブが興味。ガーナーは今後数日間で移籍する可能性が高い模様だ。

なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ガーナーを巡ってはフォレストのほかにも、サウサンプトンが獲得に関心を示しているといわれる。

† Red Devils Manchester United 1668 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1660458390/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)