アンテナ・まとめ RSS

2014年09月23日

NBAコービー・ブライアント、セリエBボローニャ買収か?サッカー好きで知られる

【NBA】サッカー好きのコービー・ブライアント、セリエBボローニャを買収か?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411469533/
コービー・ブライアント.jpg

1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 19:52:13.71 ID:???0.net

【NBA】サッカー好きのコービー、セリエBボローニャを買収か?

現地22日、ロサンゼルス・レイカーズのガード、コービー・ブライアントが、 イタリアサッカーの古豪ボローニャの買収に乗り出す可能性があることが分かった。 地元『ロサンゼルス・タイムス』紙が報じている。 伊『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙が報じたとことによると、 法律家のジョー・タコピナ氏がMLS(アメリカ・メジャーリーグサッカー)のオーナーであるジョーイ・サプト氏とともにボローニャ買収のための組合を組織しており、コービーもそれに名を連ねる可能性があるという。

現在2部リーグに当たるセリエBに所属するボローニャは、 筆頭株主であるアルバノ・グアラルディが積極的に買い手を探している状況だ。 コービーはバスケットボール選手だった父親のジョー・ブライアント氏がイタリアでプレーしていた関係で、 幼少期をイタリアで過ごした。このときにサッカーファンになったと言われている。

ISM
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140922-00000310-ism-spo


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:02 | 大阪 曇り | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリット氏、ファンハール監督痛烈批判「家を屋根から作り始めている。理解できない。」(関連まとめ)

【サッカー】フリット氏がファン・ハール監督のチーム作りを 「クレイジー」 と酷評
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411452023/
ルート・フリット引退後.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 15:00:23.66 ID:???0.net

「ファン・ハールは屋根から作り始めている」

今季公式戦わずか1勝と早くも低迷するマンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督がオランダの伝説的名手からチーム作りを「クレイジー」と酷評された。英地元紙デイリー・エクスプレスが報じている。

現役時代にオランダ代表の伝説的名手として鳴らし、引退後はチェルシーの監督も務めたルート・フリット氏は21日にマンチェスター・Uが2部昇格直後のレスター・シティに3-5で敗れたことを受け、さすがに同じオランダ出身の指揮官を擁護しきれない様子だった。

オランダワールドカップ終了後からマンチェスター・Uの指揮を取ることになったファン・ハール監督の手腕をフリット氏は「クレイジーだと思う」とバッサリ切り捨てている。

「家を建てる時にはみんな土台から作り始めるものだ。だが、ファン・ハールは屋根から作り始めている。だから、彼らは崩壊している。私にはよく理解できないよ」 マンチェスター・Uはレスター相手に3-1とリードしながら、そこから4連続失点を喫し、ほぼ手中に収めていたはずの勝利を失った。

「なぜ守備から始めようとしないのか理解できない」

 ファン・ハール監督は就任前から最大の弱点と言われていた最終ラインとボランチの補強よりも、戦力が充実していた前線のタレント獲得に注力し、 1億5000万ポンドもの巨額資金を移籍市場に投入。

15日のQPR戦の4-0大勝で今季初白星を記録した後は「今季リーグ最多ゴールを記録したい」と宣言していたが、 レスター戦の90分間の失望の後ではDF面の整備が疎かになっていると批判されても仕方のない状況だ。

フリット氏の目には、ファン・ハール監督が土台も築かず、表層的な部分から名門再建に着手しているかのように映っている。

「なぜ守備から始めようとしないのか理解できない。今、彼はそこに着手する必要がある」

錯乱する同胞をいさめるようにフリット氏は軌道修正の必要性を訴えている。

Soccer Magazine ZONE web 9月23日(火)12時37分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140923-00010003-soccermzw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:39 | 大阪 曇り | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、4戦連続先発出場へ!トーレスとの競演なるか!?伊複数メディアが先発予想(関連まとめ)

【サッカー】インザーギ監督からの揺るがぬ信頼 オフィシャルテレビがミラン本田を開幕4戦連続先発出場と予想
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411442789/
本田2014第3節ドリブル.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 12:26:29.70 ID:???0.net

3トップで唯一の先発か!?

 ACミランの日本代表MF本田圭佑は、日本時間24日未明に行われる敵地エンポリ戦で3トップで唯一となる開幕4戦連続先発出場を果たす可能性が浮上した。ミランの公式テレビ「ミランチャンネル」が予想スタメンを発表し、4-3-3システムの右ウイングで本田の先発を予想した。

 1トップはこれまで獅子奮迅の活躍を見せてきた元フランス代表FWジェレミー・ネメズではなく、FWフェルナンド・トーレスがチェルシーから期限付き移籍加入後、 初の先発を飾ると見られている。左ウイングはパルマ戦で、アタランタからの移籍後初先発で先制ゴールを決めた、FWジャコモ・ボナベントゥーラが予想されている。

 フィリッポ・インザーギ監督は「うちにはFWが7人いる。選択は豊富で難しい。試合ごとに最高の選択をしたい」と説明した。 前節、セリエA3連覇中の王者ユベントスに0-1で敗れた。その敗戦から中2日の強行日程となるだけに、ターンオーバーの可能性も示唆。

試合当日のコンディション次第で人選を決めると語っていたが、クラブ公式チャンネルは、本田の先発を継続すると見ている。背番号「10」の今季3点目が期待される。

Soccer Magazine ZONE web 9月23日(火)11時43分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140923-00010002-soccermzw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:51 | 大阪 曇り | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンUファンハール監督「マタの中盤には満足できない」ストライカーとしてのルーニーにも不満

【サッカー】ファンハール「マタの中盤に満足できない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411438102/
マタマンUガッツポーズ.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 11:08:22.15 ID:???0.net

Soccer Magazine ZONE web 9月23日(火)10時26分配信

ストライカーのルーニーは不要

 マンチェスター・ユナイテッド(マン・U)のルイス・ファン・ハール監督は、イングランド代表FWウェイン・ルーニーと、スペイン代表MFファン・マタを「満足できない」と叱咤した。指揮官は自ら獲得を熱望したコロンビア代表FWラダメル・ファルカオらを優先起用する方針を示した。 英地元紙「テレグラフ」が「ファンハールがウェイン・ルーニーのストライカーとしての未来に疑問の影を落とす」と報じた。

 マン・Uは21日、2部から昇格したレスター・シティを相手に3-1から試合をひっくり返され、 3-5で逆転負けを喫する失態を演じた。この試合でファン・ハール監督はファルカオと、オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーを2トップに配置。ルーニーはトップ下にシフトされ、マタはベンチへと追いやられた。

「われわれは、いい試合をしているが、もっと向上できる。ストライカーとしてのルーニーと、マタの中盤に満足できない。だからこそ、先発を変えた。ルーニーはさまざまなポジションをプレーできる、多様性を持っている。私は彼をストライカーでプレーさせてみた。いいプレーだったが、壮麗というほどではなかった。ファルカオはストライカーで、彼の方がいい仕事ができる」

 マタは、リーグ5試合で2得点のルーニーの中盤転向と、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ マリアの加入によって予想通り立場が危うくなってきた。

 そして、オランダ人指揮官は、自ら主将に任命したはずのルーニーにも手厳しかった。レスター戦前、「キャプテンには特権がある。それ以外の選手は同じだ」と重用することを明言していた。だが、就任以来、公式戦6試合でわずか1勝という名門の危機的状況に、手のひらを返した格好だ。

 イングランド代表主将でもあるルーニーは、2012年にアーセナルからファン・ペルシーが加入して以来、フォワードとしての出場機会は減少傾向にある。だが、昨季は17得点を記録するなど、リーグ屈指のスコアラーであることに疑いの余地はない。

 ファン・ハール監督は、クラブの象徴的な存在さえも公に非難し始めた。1億5000万ポンドもの巨額資金を投入し、自ら獲得を熱望した新加入選手の出場機会を優先させる腹づもりのようだ。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140923-00010001-soccermzw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:44 | 大阪 晴れ | Comment(44) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JFA、香川真司と本田圭佑らに代表招集レター送付…10月のブラジル戦、ジャマイカ戦に向け

【サッカー】日本サッカー協会、香川&本田らに代表招集レター送付
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411425400/
香川本田コスタリカ戦ゴール.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 07:36:40.46 ID:???0.net

日本サッカー協会が10月10日のジャマイカ戦(デンカ)、同14日のブラジル戦(シンガポール)の国際親善試合2試合に向けて、 欧州組の所属クラブに代表招集への協力を求める文書を21日までに送付したことが、22日分かった。

関係者によると、脳振とうの影響で今月の2試合での招集が見送られたMF香川真司(25)=ドルトムント=も含まれているもよう。 アギーレ・ジャパン初招集が濃厚。開幕から3戦連続で先発中のMF本田圭佑(28)=ACミラン、

4試合4ゴールでブンデスリーガの得点ランク単独首位に立つFW岡崎慎司(28)=マインツ=らも選出される見通しだ。 正式なメンバーは、国内組とともに来週明けにも発表される。

サンケイスポーツ 9月23日(火)7時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140923-00000008-sanspo-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:19 | 大阪 晴れ | Comment(25) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英メディア、マンUの守備に批難の嵐「最も資金を費やしたのに、適切なセンターバックを買わなかった。」(関連まとめ)

【サッカー】超豪華攻撃陣の裏で苦戦するマンU…英メディアから非難の嵐「プレミアで最も資金を費やしたのに、適切なCBを買わなかった」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411396277/
マンUレスターpk誘発.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 23:31:17.54 ID:???0.net

今節のプレミアリーグで、一番の衝撃はやはりレスターが5−3でマンチェスター・Uを下したゲームだった。

マンチェスター・Uにとってこの試合はプレミアリーグ通算853試合目だったが、昇格組相手に5失点したのは初めて。 2点のリードを奪った試合は373試合目だったが、敗れたのは実にこれが初のことだった。

アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー、MFアンデル・エレーラのゴールで57分までにスコアを3−1としながら、 ラスト30分で次々と4つものゴールを献上して敗れたマンチェスター・Uの不甲斐ない守備に、イギリスメディアから非難の声が集まっている。

『BBC』は、「ユナイテッドの守備にはリーダーシップ、経験、クオリティーが不足している」とした上で、中盤ダイヤモンド型の4−4−2を採用したルイス・ファン・ハール監督の戦術を批判。1人で守備的MFを務めたオランダ代表DFダレイ・ブリントは素晴らしい才能の持ち主だが、 彼1人に中盤の守備を任せてはいけないとした。また、DFリオ・ファーディナンドやDFネマニャ・ヴィディッチのようなリーダーがいれば、 戦況に応じてMFに「最終ラインの前を固めろ」といった指示が出たはずだが、イングランド代表DFクリス・スモーリングやDFタイラー・ブラケットといった若手がプレーしている現状では、そうした対応ができないとも指摘している。

『ガーディアン』は、マンチェスター・Uの4−4−2に対策を立て、いつもと戦い方を変えたレスターのナイジェル・ピアソン監督を賞賛した。 ピアソン監督はオーソドックスな4−4−2を採用してきたが、この試合ではFWジェイミー・ヴァーディをプレミア初先発させ、 FWデイヴィッド・ニュージェント、FWレオナルド・ウジョアと同時起用する3トップを選択。

守備時はニュージェントが下がってブリントをマンマークし、ボールを奪ったら俊足のヴァーディを走らせ、徹底的に相手の裏を突く。 こうした策が実り、ヴァーディは、1ゴール2アシスト、さらに2つのPKを獲得して全5ゴールに絡む大車輪の活躍を見せた。ラファエウやブラケット、DFマルコス・ロホといったマンチェスター・UのDFは、アマチュア出身の無名FWの走力に終始苦しめられていた。

『ミラー』は、「ユナイテッドの守備は大混乱だった。ヴァーディ、ウジョア、(ジェフ・)シュルップが裏に走る度に、特に若いブラケットは苦しんでいた」と記事をつづる。開幕から出場機会を得ている20歳のブラケットは83分、ヴァーディを倒してPKを与え、レッドカードを受けている。

そもそも、クラブの補強が間違いだったと論じたのは、『スカイスポーツ』で解説を務めるジェイミー・キャラガー氏だ。 元リヴァプールのDFは、「攻撃陣に関しては、かつてのユナイテッドの姿を取り戻している。素晴らしいスピードとクオリティーを見せている」とした上で、「守備には疑問符が付く」コメント。

「プレミアで最も資金を費やしたのに、適切なセンターバックを買わなかった。あんなにお金を使ってトップクラスのDFを引き入れなかったことは過ちだ。 昨シーズンのリヴァプールを見てほしい。結局、失点の多さがタイトルを逃す原因となった。今のユナイテッドの脆弱な守備もそれと同じだ」

 この試合でDFジョニー・エヴァンスが負傷交代し、レッドカードを受けたブラケットが次節は出場停止。 DFフィル・ジョーンズもハムストリングを痛めて離脱しているため、計算が立つセンターバックはこの試合でけがから復帰したばかりのスモーリングだけになってしまった。 ここまで左サイドバックを務めているロホを中央に回したとしても、頭数はギリギリだ。

レスター戦直後に地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が行った「ユナイテッドの守備はトップ4フィニッシュできるレベルか?」 というアンケートでは、81%のユーザーが「NO」と答えている。

選手層が薄く、リーダー不在のセンターバックに、機能不全に陥る中盤の守備。超豪華な面々が織りなす華やかな攻撃とは裏腹に、 マンチェスター・Uの守備陣は危機的状況にある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140922-00234832-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:51 | 大阪 曇り | Comment(44) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

クーマン監督、サウサンプトン2位浮上に満足「誰も予想しなかったこと」(関連まとめ)

【サッカー】サウサンプトン指揮官、2位浮上に満足「誰も予想しなかったこと」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411368814/
クーマン2014笑顔.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 15:53:34.04 ID:???0.net

イングランドのプレミアリーグ第5節で、日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは20日、敵地でスウォンジーを1−0で破った。 この結果、サウサンプトンは3連勝で2位に浮上した。

 前節ニューカッスル戦では新加入のベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトに定位置を奪われた吉田だったが、 同選手が腿裏を負傷したため2試合ぶりに先発。吉田は前半19分と39分に相手FWウィルフリード・ボニーから危険なタックルを受け、 ボニーが2枚の警告で退場処分となったが2回目のタックルで左足首を負傷し、ハーフタイムに交代した。

 サウサンプトンのロナルド・クーマン監督は試合後、クラブ公式サイトで吉田の交代理由について、 「麻也は少し足首を痛めた。前半に両センターバックがイエローカードを受け、相手は2度目の警告を与えようとしていたから、どちらかを交替させようと考えていた。 それが麻也を交替させた理由だ」と語った。

 一方、同監督は試合を次のように振り返った。

「非常に難しい試合だった。スウォンジーは序盤の20分間、上手くプレスを仕掛けてきたし、我々はいいプレーができず、 試合を支配できずに中盤でボールを失いすぎていた。だが、少しずつ持ち直し、11対10になると状況は変わった」

「レッドカードの判定は常に試合結果に影響を与える。当然、あの後、我々はボールを支配したが、好機を作れずにいた。 我慢して好機をうかがわなければならなかったが、素晴らしいゴールを決めたと思う」

「(ケニア代表MFヴィクター・ワニアマのクラブ/プレミアリーグ初ゴールについて)あのゴールは重要だったが、試合前にも話した通り、 FWだけじゃなくMFもゴールを決める必要があるし、MFの選手が決めるゴールが勝ち点3をもたらすなら、なおさら良い」

「主審が出す最初のイエローカードがファウルの基準となってしまうから、時に主審の判定は両チームにとって理解しがたかった」

「公式戦4連勝には満足だし、チームの組織力にも満足している。今日の試合でも強いチームを相手に無失点を築き、勝利できたことは大きい」

「リーグ2位に浮上したことにももちろん満足しているし、我々はいいスタートを切っている。おそらく誰もこの結果を予想していなかっただろうが、 我々は高い目標を達成できると信じているし、チームの士気も高い。リーグ上位に入るには少しの運も必要だが、結果を築くことは簡単なことではないし、 毎日の継続した努力が実を結んでいる」

http://www.excite.co.jp/News/soccer/20140922/Soccerking_234744.html


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:12 | 大阪 曇り | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファンハール監督、レスター戦敗戦に「サッカーの世界では起こりうること」(関連まとめ)

【サッカー】ファンハール監督「サッカーの世界では起こりうることだ」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411346437/
ファンハール2014第5節敗戦.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 09:40:37.29 ID:???0.net

2014/09/22 7:41:00

レスターに大逆転を許す
マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は21日に行われたプレミアリーグ第5節レスター・シティ戦での敗戦を振り返り、ボールを簡単に失いすぎたことが大量失点につながったと悔やんだ。

ロビン・ファン・ペルシ、アンヘル・ディ・マリア、アンデル・エレーラのゴールで一旦は3−1とリードしたユナイテッドだが、そこから守備が崩壊。レスターに次々とゴールを許し、3−5で大逆転を許す結果に終わった。

ファン・ハール監督は試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で次のように述べている。

「完全にコントロールできていたかに見えた。この試合で勝利を手放すことはどうやってもあり得ない、と思えるような状況だったが、我々は試合を手放してしまったと思う」

「サッカーの世界では常にこういう可能性もある。私はバルセロナでも一度こういう経験をした。信じられないように思えるが、起こり得ることだ。想像できなくとも、実際に起こっている」

守備面では選手個人の対応のまずさもあったが、それよりもチーム全体の問題だと指揮官は語る。

「個人のミスを批判したくはない。試合の中でそういうことはある。だが我々はチームとしてミスを犯した。ボールをポゼッションできなかったのが一番のミスだったと思う」

「守備陣の弱さ(が敗因)だとは思わない。チーム全体の守備組織の弱さであり、改善しなければならないことは分かっている。こんなに簡単にボールを失うようでは守ることはできない。3−1にしてからこういうミスを犯すべきではない。改善を続けていかなければならない」

http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%A4%E3%B3%E3%B0%E3%A9%E3%B3%E3%89/2014/09/22/5122918/%E3%95%E3%A1%E3%B3%E3%8F%E3%BC%E
3%AB%E7%B0%A1%E5%8D%E3%AB%E3%9C%E3%BC%E3%AB%E3%92%E5%A4%B1%E3%84%E3%99%E3%8E%E3%9F


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:47 | 大阪 曇り | Comment(37) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンCランパード、古巣チェルシーに劇的同点弾!マンCとチェルシーは1-1ドロー

10人のシティがドロー、ランパード弾でチェルシーの連勝を止める
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140922-00000035-goal-socc
ランパード2014第5節チェルシー戦ゴール.jpg

21日に行われたプレミアリーグ第5節、マンチェスター・シティ対チェルシーの一戦は、1−1のドローに終わった。

4連勝で首位に立つチェルシーを、公式戦3試合白星がないシティがホームに迎えた一戦。勝利を取り戻したシティは、注目された元チェルシーのランパードをベンチスタートとした。守備ラインではマンガラがデビューを果たす。

両チームあわせて6枚のイエローカードが出された激しい展開となった前半、勝ち点差を縮めたいシティは主導権を握るが、チェルシーの守備をこじ開けることができない。GKクルトゥワに止められた9分のヤヤ・トゥレーのヘディングや、クロスバーを越えた31分のアグエロのシュートなど、何度かチェルシーのゴールを脅かしたものの、得点には至らなかった。

チェルシーに思うようにチャンスをつくらせないまま、スコアレスで前半を終えたシティは、後半に入っても55分にフェルナンジーニョのミドルシュートでチェルシーに冷や汗をかかせる。直後の56分には、ペナルティーエリア内のアグエロが粘ってシュートに持ち込むが、クルトゥワのセーブに阻まれる。ゼコがこぼれ球を押し込もうとしたが、一足先にラミレスにクリアされた。

チャンスを逃したシティは、67分にトラブル。ジエゴ・コスタにタックルを仕掛けたサバレタが、このプレーに怒ったD・コスタともめ、2枚目のイエローカードを出されてしまう。D・コスタにもカードが出されたが、シティは10人となってしまった。ペジェグリーニ監督はゼコを諦め、サニャを投入する。

一方、63分にウィリアンと負傷のラミレスに代え、ミケルとシュールレを投入していたチェルシーは、数的アドバンテージを手にして迎えた71分にこのモウリーニョ采配が奏功、均衡を破る。シティのCKをしのいでカウンターを仕掛けると、D・コスタからのパスを受けた右のアザールがグラウンダーのクロスを入れ、シティの守備ラインの隙を突いたシュールレがこれを流し込んだ。

ビハインドを背負ったシティは78分、コラロフに代えてランパードを投入。ミルナーを左サイドバックに下げ、反撃を試みるが、81分にD・コスタにポスト直撃のシュートを許すなど、苦しい展開だった。

だが、85分、ランパード投入が結果につながる。ペナルティーエリアに侵入したミルナーが、後方からの浮き球パスを折り返すと、ランパードが合わせたボールは、テリーに当たってからゴールへ。ランパードは古巣への敬意から喜ばなかったが、スタジアムとチームは貴重な同点弾に沸いた。

追いつかれたモウリーニョ監督は、D・コスタに代えてドログバを投入するが、再度勝ち越すには至らず。開幕からの連勝が4で止まった。

+╋The Blues Chelsea FC 460╋+
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1411089933/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:49 | 大阪 曇り | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、昇格組レスターに歴史的逆転敗北!3-1から4失点で3-5大敗!元インテルのカンビアッソが同点弾!(関連まとめ)

【サッカー】マンU守備崩壊 昇格組レスターに3-1から4点ぶちこまれて沈む レスター 5-3 マンチェスター・ユナイテッド
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411310125/
マンU2014レスター戦敗北.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 23:35:25.78 ID:???0.net

レスター・シティ 5-3 マンチェスター・U

13分 0-1 ファン・ペルシー
16分 0-2 ディ・マリア
18分 1-2 ウジョア
57分 1-3 アンデル・エレーラ
63分 2-3 ニュージェント(PK)  
64分 3-3 カンビアッソ
79分 4-3 ヴァーディ 
83分 ブラケット退場
83分 5-3 ウジョア(PK)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:29 | 大阪 曇り | Comment(71) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

ドルトムントにまた負傷者!ムヒタリアンが右足負傷…4週間の離脱(関連まとめ)

【サッカー】ドルトムントに痛手、ムヒタリャンが4週間アウト
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411301966/
ムヒタリアンシュート.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 21:19:26.19 ID:???0.net

ボルシア・ドルトムントは21日、MFヘンリク・ムヒタリャンが4週間の離脱を強いられることを発表した。 同選手はブンデスリーガ第4節マインツ戦の終了間際に、右足根骨を負傷したとのことだ。

マインツ戦で65分からピッチに立ったムヒタリャンだが、90分にシュートを放った際に相手選手との接触があったようだ。 クラブの公式ウェブサイトが伝えるところ、ドルトムント医師による診断の結果は右足根骨の負傷で、4週間にわたって戦列から離れることになった。

ドルトムントはムヒタリャンのほか、マルコ・ロイス、ヤクブ・ブワシュチコフスキ、 イルカイ・ギュンドアン、ヌリ・シャヒン、オリヴァー・キルヒといった中盤の選手も数週間の欠場を強いられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00000029-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:59 | 大阪 曇り | Comment(27) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インザーギ監督「怒っていたが、選手たちには満足している。」

【サッカー】ACミランのインザーギ監督「怒っていたが満足している」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411269092/
インザーギ監督ベンチ.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 12:11:32.71 ID:???0.net

ミランは20日、セリエA第3節でユヴェントスと対戦し、ホームで0−1と敗れた。フィリッポ・インザーギ監督は結果に落胆しながらも、パフォーマンスは悪くなかったと話している。

3連勝を狙う強豪同士の直接対決は、王者ユヴェントスに軍配が上がった。スコアレスで迎えた71分、FWカルロス・テベスのゴールが決勝点となり、ユーヴェが勝ち点3を手にしている。

昨季の低迷があっただけに、ミランが奮闘したという声もあるだろう。インザーギ監督は試合後、次のように語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

「怒っていたよ。素晴らしいチームと同じレベルにあることを願っていたからね。選手たちには、満足していると伝えた。 たった2試合でユーヴェのようになることはできない。トライしたけどね。この試合は成長し、ユーヴェやローマに近づくための自信としなければいけない。苦しんだが、もっと苦しむと思っていたよ。カウンターから何かしらはつくった」

「(ジェレミー・)メネスは素晴らしい試合をしたね。ユーヴェの勝利をたたえたい。我々は自分たちがやったことに満足している。 決勝点のシーンは、2人の優れたチャンピオンによるプレーだった。我々は再出発しなければいけない。私は現実的でいたいんだ。そうじゃないと、勘違いさせることになる。勝ちたかったけど、今はこうなんだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00000001-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:03 | 大阪 曇り | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング