アンテナ・まとめ RSS

海外サッカー

C・ロナウド、マンU復帰後3戦4発に海外メディア脱帽「ビースト!」「止められないようだ」

【サッカー】“ビーストモード”のC・ロナウドは「止められない」 復帰後3戦4発の活躍に海外脱帽 [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1632088505/
Cロナ21-22第5節タッチ.jpg

1: 首都圏の虎 ★ 2021/09/20(月) 06:55:05.83 ID:CAP_USER9.net

ウェストハム戦でも得点を挙げ、通算789ゴールに到達

 マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、19日に行われた敵地でのプレミアリーグ第5節ウェストハム戦(2-1)で同点ゴールを挙げ、復帰後3試合で4得点と量産体制に入っている。海外メディアも「ビースト!」「止められないようだ」と報じている。

9月11日のプレミアリーグ第4節ニューカッスル戦(4-1)でいきなり2ゴールを挙げて復帰戦を飾ると、14日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節ヤングボーイズ戦(1-2)でも先制点をマーク。ロナウドは加入後2試合で3ゴールと好調をキープし、19日のプレミアリーグ第5節ウェストハム戦を迎えた。

 前半30分に先制を許す苦しい展開のなか、1トップに入った36歳のロナウドがチームを救う。同35分、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスの左サイドからのクロスに反応してダイレクトでシュート。これは相手GKウカシュ・ファビアンスキに阻まれるも、こぼれ球を自ら押し込み、公式戦3戦連発で同点に追いついた。米スポーツ専門局「ESPN」アルゼンチン版は、これがロナウドの通算789ゴール目だと伝えている。

 ロナウドは後半も攻め続ける。同2分にはB・フェルナンデスのスルーパスを受けてペナルティーエリア内でシュートを放つも、相手GKの好セーブに遭ってゴールならず。後半32分にはドリブルからの切り返しでペナルティーエリア内で倒されたが、ノーファウル判定で、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)介入でも結果は変わらなかった。

 そのなかで、ユナイテッドは後半44分にイングランド代表MFジェシー・リンガードが強烈なシュートを叩き込んで勝ち越し。同アディショナルタイムにイングランド代表DFルーク・ショーがハンドを犯し、VARの末にPKを献上したが、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアが読み切ってPKストップに成功し、なんとか2-1で逃げ切った。

 ルーマニアのスポーツテレビ局「Digi Sport」はロナウド「ビースト!」と称し、「彼は止められないようだ」とレポート。英地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」も、「ロナウドが適切なタイミングに適切な場所にいて、チャンスを掴む能力を持っていた結果」と称え、海外ファンの「ロナウドはロナウドのことをしているだけ」「史上最も偉大。疑いの余地はない」「止められない」といった感嘆の声を紹介していた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/9bf2c30ffc0946ca984faa17938a89eaa7d76d3b



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラン、レビッチ弾で追い付きユベントスと1-1ドロー!ユベントスは60年ぶりに開幕4戦未勝利

ユヴェントス、ミランとの名門対決もドロー…60年ぶりにセリエA開幕4試合勝利なし
https://news.yahoo.co.jp/articles/e6abb0bc038577730972ee81dab26c7089ccd5c9
レビッチ21-22第4節ゴール.jpg

セリエAは19日に第4節が行われ、ユヴェントスとミランが対戦した。

王座奪還を目指してアッレグリ監督を再招へいしが、開幕3試合で1分け2敗と未だ勝利のないユヴェントス。一方ピオリ監督体制継続で、開幕3連勝を飾ったミラン。対照的な状況の名門同士が、アリアンツ・スタジアムで激突した。

試合はいきなり動く。4分、ユヴェントスはCKを跳ね返してロングカウンターを発動。DFラインの背後に飛び出したモラタがそのままドリブルで独走し、そのままネットを揺らした。ホームチームがいきなり先制に成功する。

イブラヒモヴィッチを欠く中でリードを許したミランは、その後ボールを動かしながらチャンスを伺うものの、引いたユヴェントス守備陣を効果的に崩せない。36分には大黒柱であるケアーが負傷で交代するアクシデントもあり、前半は1点ビハインドで折り返した。

後半に入っても、ミランはボール保持からチャンスを狙う。なかなか追いつけない時間が続いたが、76分についに同点に。トナーリのCKにレビッチがヘッドで合わせた。試合を振り出しに戻したミランは、終盤に逆転を目指してゴールに迫る場面も作ったが、逆転とはならず。試合は1-1のドロー決着となった。

この結果、ユヴェントスは開幕4試合で2分け2敗。今季リーグ戦初勝利はお預けとなった。『Opta』によると、開幕4試合で勝利がないのはクラブ史上4度目。1961-62シーズン以来、60年ぶりの不名誉な記録となった。一方のミランは開幕の連勝は「3」で止まったものの、無敗を継続している。

■□■□╋ AC MILAN パート758☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1631461699/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、終盤ヴィニシウス&ベンゼマ劇的ゴールで2-1逆転勝利!バレンシアとの頂上対決を制す(関連まとめ)

レアル・マドリー、ラ・リーガ頂上対決で伝統の劇的逆転勝利!終了間際のヴィニシウス&ベンゼマ弾でバレンシアを下す
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c2e2ed4b72d08e2ea8216981e7470a7ee34c1fc
ベンゼマとヴィニシウス21-22第5節ハイタッチ.jpg

19日のラ・リーガ第5節、メスタージャでのバレンシア対レアル・マドリーは2-1でマドリーの勝利に終わった。

ラ・リーガ第4節終了時、勝ち点10を獲得して順位表のトップに並んでいた両チームの対戦。レアル・マドリーの強大さは相変わらずとして、ボルダラス監督率いるバレンシアも確かと感じさせる強さを発揮していることから、早計ではありながら頂上決戦という言葉さえ似合う試合だ。

3万人弱の観客を入れたメスタージャは素晴らしい雰囲気であり、そしてピッチ上でもまさにパルティダッソ(好ゲーム)が展開される。ともにボールを保持することを求めた試合は、時間帯によって主導権が入れ替わりながら展開。マドリーはヴィニシウスやアザールのドリブル突破などでバレンシアゴールに迫っていき、対するバレンシアはゲデスが攻撃の起点となる。惜しむらくは負傷者が続出したこと。バレンシアはソレール、コレイアがプレー続行不可能となってムサ、ラトと交代し、マドリーはカルバハルが痛めてルーカス・バスケスが投入された。

前半に最もゴールを予感させたのはバレンシア。42分、セットプレーからアラバ&ミリトンの間を縫うようにして動いたガブリエルがシュートを放った。が、これはGKクルトワの好セーブが炸裂した。結局、試合はスコアレスのまま折り返しを迎えている。

後半の立ち上がりはバレンシアが攻勢を見せたが、ボルダラス監督仕込みの強度あるプレッシングを見せ続けたこともあって徐々に息切れが目立つように。だが66分、先行き不安な状況でついに先制ゴールが決まった。右サイドからクロスが送られると、L・バスケスが意図せず頭に当ててファーにこぼれる。これを拾ったウーゴ・ドゥロが左足ボレーでネットを揺らした。

ビハインドを負ったアンチェロッティ監督は68分にカセミロとモドリッチを下げてカマヴィンガとロドリゴを投入。その直後にはベンゼマが左足のシュートで同点ゴールをうかがったが、これはGKママルダシュヴィリのセーブに遭った。イタリア人指揮官は78分にはアザール、バルベルデも下げてヨヴィッチ、イスコもピッチに立たせる。

終盤、バレンシアの時間稼ぎもあってマドリーはこのまま1点差で敗れるのかと思われた。が、やはりマドリーはマドリー。相手にとっては理不尽でもある終了間際の劇的逆転勝利をまたも実現してしまった。まず86分、右サイドのクロスをベンゼマが中央で巧みにコントロールして左に流し、そこに位置していたヴィニシウスが右足のシュートで同点弾を獲得。そしてその2分後にはヴィニシウスの右足の高精度クロスからベンゼマがヘディングシュートを決め、スコアをひっくり返している。

試合はマドリーが1点リードしたまま終了のホイッスル。マドリディスモ(マドリー主義)の根幹たる不撓不屈の精神を今一度発揮した白いチームは、勝ち点を13としてラ・リーガ単独首位に立った。また、これでベンゼマはリーガ6得点5アシスト、ヴィニシウスが5得点2アシストと、フランスとブラジルの両選手が今季マドリーの攻撃面を引っ張っているのは間違いない。


◆◇El Blanco Real Madrid 1133◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1631741222/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、C・ロナウド3戦連続ゴール&リンガード絶妙弾でウエストハムに2-1逆転勝利!GKデ・ヘアが劇的PKセーブ

C・ロナウド3戦連発&リンガードの古巣弾! デ・ヘアが土壇場PKセーブでマンU逆転勝利
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b5d5025239877e52c07f2e5ea56c7336ba96250
Cロナ21-22第5節グータッチ.jpg

プレミアリーグ第5節が19日に行われ、ウェストハムとマンチェスター・Uが対戦した。

 試合は序盤から高いインテンシティのなか進行。ウェストハムは17分、サイード・ベンラーマが敵陣深い位置で相手DFハリー・マグワイアからボールを奪って折り返す。受けたジャロッド・ボーウェンが左足で合わせたが、シュートは相手DFアーロン・ワン・ビッサカにブロックされる。

 マンチェスター・Uは27分、右コーナーキックからルーク・ショーが浮き球を供給。ボールがファーに流れると、反応したブルーノ・フェルナンデスが左足ボレーで合わせる。シュートは相手GKウカシュ・ファビアンスキが触ると、右のポストにも当たってゴールとはならなかった。

 試合が動いたのは30分、ウェストハムが先制する。ペナルティエリア手前でボーウェンのパスを受けたベンラーマが右足で狙うと、シュートは相手DFラファエル・ヴァランに当たってコースが変化。ゴール左に吸い込まれた。

 しかし35分、マンチェスター・Uが試合を振り出しに戻す。左サイドからブルーノ・フェルナンデスがゴールに向かうクロスを送ると、オフサイドラインのギリギリから飛び出したクリスティアーノ・ロナウドが合わせる。シュートは相手GKに防がれたが、こぼれ球をC・ロナウド自ら押し込んだ。C・ロナウドはマンチェスター・U復帰後、公式戦3試合連続ゴールとなった。

 同点で折り返すと、マンチェスター・Uは後半立ち上がりに決定機。相手のミスパスをペナルティエリア手前で回収したB・フェルナンデスは、ゴール前にお膳立てのラストパス。走り込んだC・ロナウドが流し込もうとしたが、相手GKファビアンスキの好セーブに阻まれた。

 試合の均衡が破れたのは89分、マンチェスター・Uが逆転に成功する。ペナルティエリア左でネマニャ・マティッチの縦パスを受けたジェシー・リンガードはドリブルで中央に切れ込み、右足一閃。ゴール右上に突き刺し、昨季後半にレンタルで活躍した古巣から得点を挙げた。

 しかし試合終了間際、ウェストハムのアンドリー・ヤルモレンコが相手DFショーのハンドを誘ってPKを獲得。ウェストハムはマーク・ノーブルを投入してキッカーを任せるが、相手GKダビド・デ・ヘアにストップされてしまう。

 試合はこのまま終了し、ウェストハムは今季公式戦初黒星となった。マンチェスター・Uはリーグ戦3連勝で開幕からの無敗を維持した。

 ウェストハムとマンチェスター・Uは、ミッドウィークのカラバオ・カップ3回戦でも対戦。リーグ戦の次節は25日に行われ、ウェストハムはアウェイでリーズと、マンチェスター・Uはホームでアストン・ヴィラと対戦する。

【スコア】
ウェストハム 1−2 マンチェスター・U

【得点者】
1−0 30分 サイード・ベンラーマ(ウェストハム)
1−1 35分 クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・U)
1−2 89分 ジェシー・リンガード(マンチェスター・U)

† Red Devils Manchester United 1559 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1632059312/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、マネ通算100得点目&サラー4戦連発などC・パレスに3-0快勝し2連勝

リヴァプールがパレス下して2連勝!…マネが通算100点目、サラーは4戦連発
https://news.yahoo.co.jp/articles/ed9207ef1a9922f79c3a086157b3edd67cefd4b2
マネ21-22第5節ゴール.jpg


 プレミアリーグ第5節が18日に行われ、リヴァプールとクリスタル・パレスが対戦した。リヴァプールのMF南野拓実に出番は訪れなかった。

 クリスタル・パレスは2分にリヴァプールのゴールを脅かす。コナー・ギャラガーの浮き球にウィルフレッド・ザハが反応。トラップが大きくなって収められなかったが、ボールはゴール方向へと向かう。相手GKアリソンが手を伸ばして処理すると、ボールは右のポストに当たって枠を外れた。

 その後は一方的にリヴァプールが押し込む展開となり、ホームチームは43分に待望の先制点を獲得する。左コーナーキックからコスタス・ツィミカスがアウトスイングのボールを供給すると、モハメド・サラーがファーから飛び込みマークを外して頭で合わせる。これは相手GKにセーブされたが、こぼれ球をサディオ・マネが押し込んだ。

 マネはリヴァプールでの公式戦通算100ゴールに到達。また、対クリスタル・パレスのリーグ戦は9試合連続の得点となり、同一の相手からの連続得点でイングランド1部リーグの記録を更新した。

 追いかける展開となったクリスタル・パレスは72分、ジョエル・ウォードのアーリークロスをゴール前のオドソンヌ・エドゥアールが収めるが、シュートを放つ前に相手GKアリソンに処理される。

 すると78分、リヴァプールが待望の追加点を獲得する。左コーナーキックからツィミカスがアウトスイングのボールを供給すると、中央で競り勝ったフィルジル・ファン・ダイクが触ってボールはゴール前にこぼれる。これに反応したサラーが左足で豪快に押し込みネットを揺らした。ミッドウィークのチャンピオンズリーグ・ミラン戦でも得点を挙げていたサラーは、公式戦4試合連続ゴールとなった。

 リヴァプールは89分、再びコーナーキックからダメ押しの3点目を獲得する。右コーナーキックからサラーが浮き球を供給すると、相手GKビセンテ・グアイタにパンチングで弾かれる。こぼれ球に反応したナビ・ケイタは左足ダイレクトボレーでゴール右に突き刺した。

 試合はこのまま終了し、リヴァプールは2連勝で4勝1分。クリスタル・パレスは開幕節以来の黒星で1勝2分2敗となった。次節はカラバオ・カップ3回戦を挟んで行われ、リヴァプールは25日にアウェイでブレントフォードと、クリスタル・パレスは27日にホームでブライトンと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 3−0 クリスタル・パレス

【得点者】
1−0 43分 サディオ・マネ(リヴァプール)
2−0 78分 モハメド・サラー(リヴァプール)
3−0 89分 ナビ・ケイタ(リヴァプール)

※当記事はコメントを承認後に表示する設定にしております。管理人の確認後の表示となるために他記事と比べ、表示は遅くなりますがご了承ください。


〓〓 Liverpool FC 〓〓 1356 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1631977068/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、サネ先制FK弾&キミッヒ2発などボーフムを7-0粉砕!浅野拓磨は負傷欠場

バイエルン、キミッヒ2ゴールなど7発大勝で公式戦7連勝…ボーフムFW浅野拓磨はベンチ外
https://news.yahoo.co.jp/articles/c5290d3a401afa53add4f7dbef9700bf83bf6baa

サネ21-22第5節FK弾.jpg

ブンデスリーガ第5節が18日に行われ、2位バイエルン・ミュンヘンと14位ボーフムが対戦した。

バイエルンはロベルト・レヴァンドフスキ、トーマス・ミュラー、ヨシュア・キミッヒ、レオン・ゴレツカら主力選手が先発。負傷中の浅野拓磨は引き続きベンチ外となった。17分、リロイ・サネが見事な直接FKを沈め、バイエルンが先制に成功する。

27分にはサネのクロスからキミッヒがワントラップから右足でシュート。DFに当たりながらもゴールに吸い込まれ、バイエルンがリードを広げる。32分にはミュラーのスルーパスに抜け出したセルジュ・ニャブリが右足で3点目。この日はいくつかの決定機を外していたが、今回は確実に沈めてみせた。さらに43分にはDFとGKの連携ミスによってバイエルンの4点目が決まり、前半で勝敗の趨勢が決する。

後半に入ってもバイエルンのペースは変わらない。61分、右サイドからサネが折り返すと、最後はレヴァンドフスキが押し込んで5-0に。レヴァンドフスキは今季7ゴール目となった。65分にはクロスをゴレツカが折り返すと、キミッヒが流し込み6点目が決まる。

レヴァンドフスキ、サネ、キミッヒら主力を下げて時間を使うバイエルン。すると79分、途中出場のFWエリック・マキシム・チュポ=モティングが7点目を挙げてリードを広げる。

結局、7-0のまま終了し、バイエルンが公式戦7連勝を達成。今季はブンデスリーガ開幕戦を除き、すべての試合で勝利している。


レロイ・サネ       (前半17分)
ヨシュア・キミヒ     (前半27分)
セルジュ・ニャブリ    (前半32分)
オウンゴール       (前半43分)
ロベルト・レバンドフスキ (後半16分)
ヨシュア・キミヒ     (後半20分)
マキシム・チュポモティング(後半34分)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20134763

【メガクラブ】FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 310
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1631132167/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、サウサンプトンと0-0ドローで連勝ストップ…終了間際のスターリング弾はオフサイド判定

マンCは連勝がストップ…終了間際のスターリング弾はオフサイド判定、サウサンプトンとスコアレス
https://news.yahoo.co.jp/articles/03f4ef0f422e151ec3f136d0e3cac28b4f0d36bd
シティ21-22第5節抗議.jpg

[9.18 プレミアリーグ第5節 マンチェスター・C 0-0 サウサンプトン]

 プレミアリーグは18日に第5節を行った。マンチェスター・シティとサウサンプトンの対戦は、0-0のドローに終わっている。

 開幕節は黒星発進となったものの、その後は連勝をキープしたシティ。15日のUEFAチャンピオンズリーグ初戦でもライプツィヒを6-3で撃破した。しかし、今節はサウサンプトンを相手に苦戦。チャンスはあれど、なかなかゴール枠内を捉えることができない。前半をスコアレスで折り返した。

 シティは終了間際にFWラヒーム・スターリングがゴールネットを揺らすも、オフサイドの判定でノーゴール。そのままスコアレスで90分が終了し、シティは3連勝がストップした。

BLUEMOONマンチェスターシティ 432citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1631624724/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、仏代表DFメンディがまたも負傷…さらに3週間の離脱へ

レアルDFメンディがまたも負傷、実戦復帰が3週間遠のく
https://news.yahoo.co.jp/articles/122814249db627d0f40f369ebec0f51a847231cd
メンディ20-21レアル横顔.jpg

レアル・マドリーに所属するフランス代表DFフェルラン・メンディの離脱はまたも長引くことになりそうだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

メンディは5月に負傷し、脛骨骨膜炎と診断された。当初は3〜6週間ほどの離脱になる見込みだったが、同月5日のチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグのチェルシー戦を最後に現在も実戦から離れている状況だ。

すでに4カ月間チームを離脱しているメンディは、今月前半に行われたトレーニングでランニングをする姿が目撃されたことから、12日に行われたラ・リーガ第3節のセルタ戦で復帰を果たすと報じられていた。しかし、『マルカ』によれば、メンディはセルタ戦の前日練習で筋肉に違和感を覚えると、検査の結果、さらに3週間の離脱になるとわかったという。

また、この新たな負傷により、メンディの復帰は早くとも10月の代表ウィーク以降となる模様。2019年夏の加入以降、その守備力の高さを評価され、不動の存在とされていたブラジル代表DFマルセロからレギュラーを奪った左サイドバックが苦境に陥っている。


◆◇El Blanco Real Madrid 1133◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1631741222/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セリエAサンプドリア、日本の若手選手に興味か?吉田麻也「紹介してくれと言われた」

【サッカー】サンプドリアが日本の若手選手に興味? 吉田麻也「紹介してくれと言われた」 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631932125/
吉田21-22指示.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/09/18(土) 11:28:45.62 ID:CAP_USER9.net

 サンプドリアが将来的な日本人選手の獲得を検討しているようだ。

 同クラブの専門メディア『サンプ・ニュース24』によると、日本代表DF吉田麻也が地元紙『イル・セコロXIX』のインタビューに応じ、スポーツディレクター(SD)を務めるカルロ・オスティ氏からの言葉を明かしている。

「彼は良い若手を紹介してくれと、僕によく言ってきます」

「しかし、残念ながらEU圏外の選手は2人までという制限があります」

「僕たち(の国)には才能のある若手がたくさんいて、彼らは主にベルギーやオランダに行っています」

 今夏の移籍市場では終盤までシントトロイデンFW鈴木優磨のイタリア行きが噂されたが、実現はしなかった。さらに日本代表DF冨安健洋がボローニャからアーセナルに移籍したため、セリエAの日本人選手は吉田1人となっている。今後、サンプドリアが次の日本人を獲得することになるのだろうか。

 また、吉田は同紙のインタビューの中で、自身のキャリアについても語っている。

 日本代表キャプテンは今季ここまでリーグ戦3試合に出場し、1ゴールを記録。その1得点は、12日の第3節インテル戦(△2-2)で挙げたチームの今季第1号弾だった。

 吉田は「インテル戦のゴール後、会長から『君はあと2年間の契約延長に値する』と言われました」と告白。「もしそうだとしたら、僕もそのつもりです」と、延長オファーがあれば受け入れる意向であることを明言した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc35dcb9f59085155b582d580106b207b1a5f2f6



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、クーマン監督の解任資金15億円は確保済み…新指揮官探しも継続中

【サッカー】バルセロナ、クーマン監督の解任資金15億円は確保済み…新指揮官探しも継続中 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631932432/
クーマン監督腕組み.jpg
1: 久太郎 ★ 2021/09/18(土) 11:33:52.72 ID:CAP_USER9.net

バルセロナは、ロナルド・クーマン監督を解任するための資金を用意しているようだ。『Goal』の取材で明らかとなった。

昨季はラ・リーガを3位で終え、チャンピオンズリーグ(CL)でもラウンド16で敗退したバルセロナ。そしてリオネル・メッシやアントワーヌ・グリーズマンの退団、またジョアン・ラポルタ会長の復帰と、大きな変革の時を迎えている。しかし、先日の今季CL開幕戦では、本拠地カンプ・ノウでバイエルン相手に0-3と完敗。一気にクーマン監督解任論が高まっている。

そして先日カタルーニャのラジオ『RAC1』は、クーマン監督との契約を解除するためには1200万ユーロ(約15億円)の資金が必要であることを報じた。『Goal』の取材では、深刻な財政難によって、今夏にスタッフや選手の給与カットする前にはこの資金を用意できず。ラポルタ会長は、自身が信頼する指揮官とのプロジェクトを始めたかったものの、クーマン監督の解任に踏み切れなかったことがわかっている。

だが、今夏の給与整理や選手売却、ゴールドマン・サックスからの5億9500万ユーロの融資で得た資金により、バルセロナはクーマン監督を解任する資金を準備できていることも明らかとなった。財政難の中で1200万ユーロは痛手だが、上層部は「シーズン全体を棒に振らないために」立ち向かう必要があると考えている模様。クラブ関係者は『Goal』に対し、もし決断を下す必要があるならば、資金は準備されており、解任できることを断言している。

現在、クーマン監督はクラブからの信頼を大きく失っている。ラポルタ会長は別の指揮官を探していたが、夏の数回の会談によってクーマン監督を信頼し、バルセロナに求められる魅力的なプレースタイルをもたらしてくれると信じていたようだ。しかし、先日のCLバイエルン戦の守備的な戦術が、理事会の忍耐と信頼を裏切った形になっている。

なお、新監督探しはラポルタ会長の就任から現在まで継続中。クーマン監督にとっては、20日のラ・リーガ第5節が「初めてのファイナル」であり、第6節カディス戦、第7節レバンテ戦でも指揮できるかは、試合結果やパフォーマンス次第である。

取材=アドリア・ソルデビア/『Goal』バルセロナ番記者

https://news.yahoo.co.jp/articles/618e98fc35fbda7d0b65f128a545179c63109bc9




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポグバ、ユベントス復帰の可能性も?代理人ライオラ氏「彼の心の中に残っている」

ポグバ、古巣ユーヴェ復帰の可能性も? 代理人「彼の心の中に残っている」
https://news.yahoo.co.jp/articles/0ae120de58ef9a66f5165fc8f26da758ae0c1f2f
ポグバ21-22第4節.jpg

 マンチェスター・U所属のフランス代表MFポール・ポグバの代理人ミノ・ライオラ氏が、同選手の将来について言及した。17日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 現在、マンチェスター・Uと今シーズン終了時点まで契約を結んでいるポグバに関しては、先日レアル・マドリードへの移籍希望が報じられていた。しかし、今回の取材に応じたライオラ氏によると、同選手は今後2016年8月まで所属したユヴェントスへ復帰する可能性も残されているという。以下のように伝えられた。

「ポールの契約は来年で切れる。我々はマンチェスター・Uと話をして、様子を見ることになるだろう。トリノは彼の心の中に残っている。これからイタリアへ戻る可能性もあるが、それはもちろんユヴェントスにもよるだろう」

 今シーズンのプレミアリーグ4試合に出場し、すでに4アシストを記録するなど活躍を見せているポグバ。パリ・サンジェルマンも獲得へ興味を抱いているとされるが、マンチェスター・Uとの契約延長も含めて、今後の動向に注目が集まっている。

† Red Devils Manchester United 1558 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1631868143/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田麻也、サンプドリアとの契約延長に前向き!クラブ会長「2年の契約延長に値する」

【サッカー】<DF吉田麻也(サンプドリア)>契約延長前向き、会長「2年延長に値」地元紙報道 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1631916652/
吉田21-22インテル戦ゴール.jpg

1: Egg ★ 2021/09/18(土) 07:10:52.00 ID:CAP_USER9.net

サンプドリアDF吉田が契約延長に前向きな姿勢を示したとイル・セコロ紙が17日に報じた。

 契約は今季限りで切れるが、12日のインテル・ミラノ戦での得点後にフェレーロ会長から「2年の契約延長に値する」と声を掛けられたといい「それが確約されるならいいこと」と発言。

1年半が過ぎたイタリアでの生活に「日本と英国とも違うけど、新しい現実を知ってとけ込んでいくのが好き。居心地がいい」と語った。

スポニチ 9/18(土) 5:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/ef983ee9d3ec8d97d4b4742fab31353fdc552e07



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)