アンテナ・まとめ RSS

2017年06月26日

ドイツ、ヴェルナー2ゴールなど10人のカメルーンに3-1快勝し首位通過!豪州はチリを追い詰めるもコンフェデ杯敗退(関連まとめ)

ビデオ判定でイエローがレッドに…ドイツが10人のカメルーンに3発快勝でGL首位通過

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-01641238-gekisaka-socc
ドイツ代表2017カメルーン戦ゴール.jpg

[6.25 コンフェデ杯GL第3節 カメルーン1-3ドイツ ソチ]

 コンフェデレーションズ杯は25日、グループリーグ最終節を行った。B組のドイツ代表(W杯王者)はカメルーン代表(アフリカ王者)と対戦し、3-1で勝利。チリ代表(南米王者)がオーストラリア代表(アジア王者)と引き分けたため、首位通過が決まった。

 首位チリと勝ち点4で並ぶ2位ドイツは、22日のチリ戦からメンバーを4人変更。DFアントニオ・リュディガーやDFマルビン・プラッテンハルト、FWティモ・ベルナー、MFケレム・デミルバイが先発起用された。対するカメルーンは開幕から3試合連続で同じスターティングメンバーを送り出している。

 グループリーグ突破には勝利が絶対条件のカメルーンが積極的な入りをみせたが、先制点を挙げられずにいると流れはドイツに傾いた。前半21分、MFユリアン・ドラクスラーのパスをPA手前で受けたMFエムレ・カンが右足を振り抜くが、わずかに枠を外れる。24分には、左サイドからプラッテンハルトが上げたクロスにDFジョシュア・キミッヒが飛び込んだがヘディングシュートはゴール右に逸れた。

 押し込まれる時間が続いたカメルーンは前半終了間際の45分、右サイドからDFエルネスト・マブカが上げたクロスがファーサイドまで流れ、MFアンドレ・ザンボ・アンギッサが右足ボレーで合わせる。両チーム合わせて前半唯一の枠内シュートとなったが、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに弾き出された。

 スコアレスで迎えた後半はドイツが早々にデミルバイがシュートを放つなど果敢にゴールに迫ると、後半3分に先制点を挙げる。ドラクスラーの股抜きパスを受けたデミルバイがPA手前から右足一閃。利き足とは逆だったが、強烈なシュートをゴール右隅に突き刺し、ドイツが1-0とした。

 後半18分、カメルーンのDFエルネスト・マブカがボールを奪いに行った際に、カンへの足裏をみせた危険なプレーでイエローカードが提示された。しかしドイツ側の抗議でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によりレッドカードに変更され、マブカが退場。ドイツが数的優位に立った。

 試合巧者のドイツは直後に追加点を挙げる。後半21分、右サイドからキミッヒが上げたクロスをベルナーが頭で押し込み、2-0。33分には、右クロスからニアに飛び込んだFWバンサン・アブバカルに1点を返されたが、その3分後にヘンリクスがPA右からマイナスに折り返したボールをベルナーが右足で流し込み、突き放した。

 その後も攻撃の手を緩めなかったドイツが、そのまま3-1で勝利。2勝1分で勝ち点を『7』に伸ばし、首位通過を決めた。なお、ドイツは29日の準決勝でA組2位のメキシコ代表(北中米カリブ海王者)と対戦する。

[ド]デミルバイ(48分)
[ド]ヴェルナー(66分)
[カ]アブバカル(78分)
[ド]ヴェルナー(81分)

豪州は南米王者追い詰めるもGL敗退…チリが2位で準決勝進出
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-01641239-gekisaka-socc

[6.25 コンフェデ杯GL第3節 チリ1-1オーストラリア モスクワ]

 コンフェデレーションズ杯は25日、グループリーグ第3節2日目を行い、B組のオーストラリア代表(アジア代表)はチリ代表(南米代表)と対戦し、1-1で引き分けた。オーストラリアは2分1敗の勝ち点2でグループリーグ敗退が決定。チリは1勝2分の勝ち点5で2位通過を果たし、28日の準決勝ではポルトガルと対戦することが決まった。

 8月31日のW杯アジア最終予選で日本代表と対戦するオーストラリアは22日のカメルーン戦(1-1)から先発6人を変更。この日が国際Aマッチ100試合目の出場となったFWティム・ケーヒルのほか、FWジェームス・トロイージ、MFジャクソン・アーバイン、DFライアン・マッゴーワンが今大会初先発となり、MFマッシモ・ルオンゴとDFアジズ・ベヒッチは2試合ぶりの先発となった。

 システムは3試合連続で3-4-2-1を採用。GKはマット・ライアンで、3バックは右からMFマーク・ミリガン、DFトレント・セインズバリー、マッゴーワンと並び、ここ2試合はボランチだったミリガンがセンターバックにポジションを下げた。中盤はルオンゴとアーバインのダブルボランチで、右にFWロビー・クルーズ、左にベヒッチ。前線はFWトミ・ユーリッチを最前線に置き、ケーヒルとトロイージがシャドーの位置に入った。

 引き分け以上で準決勝進出が決まるチリが序盤から試合の主導権を握るが、前半8分、MFホセ・ペドロ・フエンサリダの右クロスに合わせたMFアルトゥーロ・ビダルの右足ボレーはGKライアンがビッグセーブ。ロングフィードに反応したFWアレクシス・サンチェスがPA内でミリガンと交錯し、倒れ込んだ場面ではビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判断が入ったが、PKは認められず、スコアレスのまま試合は進んだ。

 高い位置からプレッシャーをかけ、徐々にカウンターからチャンスをつくるオーストラリアは前半36分、トロイージの浮き球のパスに走り込んだルオンゴが左足でシュート。これは至近距離でGKクラウディオ・ブラーボに阻まれたが、前半終了間際の42分に先制に成功した。チリGKブラーボの縦パスが弱くなったところにセインズバリーがハイプレスをかけ、ボールを奪取。そのまま相手PA内へ切れ込んだセインズバリーがクルーズに落とすと、クルーズのシュートミスがPA内左でフリーのトロイージにつながり、トロイージの技ありチップキックがゴールネットを揺らした。

 1点差勝利では得失点差でチリに及ばないオーストラリアだが、2点差勝利なら逆転で準決勝進出が決まる。試合は一気に緊張感を増したが、後半は1点を追うチリがさらに攻勢を強めた。後半6分、浮き球のパスに抜け出したFWエドゥアルド・バルガスのシュートはGKの好セーブに阻まれたが、同22分、DFエウゲニオ・メナの左クロスのこぼれ球をバルガスが頭でつなぎ、最後は途中出場のFWマルティン・ロドリゲスが右足ボレーで押し込んだ。

 1-1の同点に追いつかれ、あと2点が必要になったオーストラリアも最後まであきらめない。後半27分、相手のミスからトロイージがラストパス。途中出場のFWジェイミー・マクラーレンがゴール前に飛び込んだが、右足のスライディングシュートはゴール左に外れ、惜しくも勝ち越すことはできなかった。試合はそのまま1-1でタイムアップ。チリがB組2位で準決勝進出を決めた。

[オ]トロイージ(42分)
[チ]M・ロドリゲス(68分)

【サッカー】<FIFAコンフェデ杯>ドイツが10人のカメルーンに快勝で首位通過!豪州は南米王者を追い詰めるもGL敗退
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498411235/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:52 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ロシア代表、ブラジルW杯でドーピング疑惑…23名全員が対象

【サッカー】ロシア代表全員にドーピング疑惑 2014年ブラジルW杯
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498385374/
ロシアブラジルW杯.jpg

1: Reproduction Prohibited ★@\(^o^)/ 2017/06/25(日) 19:09:34.28 ID:CAP_USER9.net

2014年ブラジルW杯 ロシア代表23人全員にドーピング疑惑 FIFA調査と英紙報道
サッカー2017.6.25 18:48

 英紙デーリー・メール日曜版は25日、サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場したロシア代表23人全員がドーピング違反の疑いで国際サッカー連盟(FIFA)の調査を受けていると報じた。FIFAの広報担当も調査の事実を認めたという。


 ロシアで開催中のコンフェデレーションズ・カップにも、W杯ブラジル大会のメンバーだったGKアキンフェーフ選手らが参加した。同紙はさらに11人のプロサッカー選手に違反の疑いがあるとしている。

 世界反ドーピング機関(WADA)はロシアで国ぐるみのドーピングが行われていたと認定。昨年のリオデジャネイロ五輪では陸上のほぼ全選手など、ロシアの100人を超える選手が出場を禁じられ、リオデジャネイロ・パラリンピックからは全面除外された。(共同)

http://www.sankei.com/smp/sports/news/170625/spo1706250018-s1.html


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:41 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、アーセナルMFチェンバレンを獲得か?クロップ監督が熱望(関連まとめ)

リヴァプール、約42億円でチェンバレン獲得へ クロップ監督が熱望
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00000016-ism-socc
チェンバレン2017アーセナル.jpg

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、アーセナル(以上イングランド)MFアレックス・オックスレイド・チェンバレン獲得を望んでいるようだ。英『デイリー・ミラー』紙(電子版)が現地時間24日に伝えている。

 23歳のチェンバレンは、アーセナルとの現行契約が来シーズン限り。未だ新契約のオファーがないことに不満を抱いており、同選手には同じロンドンのライバル、チェルシーなどが関心を寄せていると言われている。

 そして、リヴァプールも、チェンバレンに興味を寄せるクラブの1つであるという。先日ローマ(イタリア)からクラブ史上最高額の4200万ユーロ(約52億1000万円)で、FWモハメド・サラーを獲得した同クラブだが、移籍市場にさらに大金をつぎ込む準備がありそうだ。

 指揮をとるクロップ監督は、サラーやサディオ・マネなど快速が揃うチームに、スピードのあるチェンバレンを加えることを希望しているとのこと。『デイリー・ミラー』は、リヴァプールが同選手獲得に3000万ポンド(約42億4000万円)を準備しており、来季チャンピオンズリーグを戦うスカッドの強化を図ると伝えている。

 なお『デイリー・メール』が実施しているアンケートによると、「リヴァプールはチェンバレンと契約すべきか?」という問いに対し、70%以上が「Yes」と回答しており、ファンも同選手加入を望んでいるようだ。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1144】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1497962986/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポルトガル、C・ロナウド2戦連続ゴールなどニュージーランドに4-0大勝で首位通過!メキシコがロシアに逆転勝利しコンフェデ杯準決勝進出(関連まとめ)

【サッカー】<FIFA コンフェデ杯>ポルトガル、NZに4発快勝で首位通過!メキシコがロシアに逆転勝利で準決勝進出!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498352729/
クリロナ2017コンフェデ杯Nz戦ゴール.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/25(日) 10:05:29.52 ID:CAP_USER9.net

◆C・ロナウドが2戦連発…ポルトガル、ニュージーランドに4発快勝で首位通過

【スコア】
ニュージーランド 0−4 ポルトガル
 
【得点者】
0−1 33分 クリスティアーノ・ロナウド(PK)(ポルトガル)
0−2 37分 ベルナルド・シルヴァ(ポルトガル)
0−3 80分 アンドレ・シルヴァ(ポルトガル)
0−4 90+1分 ナニ(ポルトガル)

https://www.fifa.com/confederationscup/matches/round=274633/match=300334887/index.html

FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017のグループA最終節が24日に行われ、ニュージーランド代表とポルトガル代表が対戦した。

 1勝1分で2位につけるポルトガル。引き分け以上で準決勝進出が決まる今節は、2連敗ですでに敗退が決まっているニュージーランドとの一戦となった。

 ポルトガルは23分、クリスティアーノ・ロナウドが右サイドからのクロスに頭で合わせるが、シュートは相手GK正面。27分にもC・ロナウドが左サイドからのクロスでヘディングシュートを放つが、クロスバーに嫌われた。

 それでも33分、ポルトガルは左CKでダニーロ・ペレイラが倒されてPKを獲得。キッカーのC・ロナウドが冷静にGKと逆のゴール右隅に蹴り込み、先制ゴールを奪った。

 さらにポルトガルは37分、左サイドを抜け出したエリゼウが、エリア内左からマイナスの折り返し。ゴール前に走り込んだベルナルド・シルヴァが左足で流し込み、追加点を奪った。

 2点リードで折り返したポルトガルは、ハーフタイムにB・シルヴァを下げてピッツィを投入。B・シルヴァはゴールを決めた際、シュート後に相手選手の足の上に着地してしまい、右足首を負傷していた。

 ニュージーランドは58分、トーマス・ドイルがエリア内左からグラウンダーのクロスを送ると、ファーに走り込んだクリス・ウッドが合わせるが、シュートはGKルイ・パトリシオの好セーブに阻まれた。

 ポルトガルは67分、C・ロナウドを下げてナニを投入。80分、ハーフウェイラインでリカルド・クアレスマが相手ボールをカット。そのボールを拾ったアンドレ・シルヴァがそのままドリブルで持ち上がり、エリア内右から右足シュートを放ち、ゴール左上隅に突き刺した。

 さらにポルトガルは後半アディショナルタイム1分、ナニがエリア内中央から左足シュートをゴール右隅に決めてダメ押しゴールを挙げた。試合はこのまま終了し、ポルトガルが4−0で快勝。もう1試合で同じく勝利したメキシコと勝ち点「7」で並ぶが、得失点差で上回り、グループA首位通過を決めた。

 準決勝に駒を進めたポルトガルは28日に、グループB2位のチームと対戦する。

6/25(日) 1:53配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00604510-soccerk-socc

C・ロナウド、代表通算75得点目をマーク…欧州歴代最多得点記録まであと「9」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00000001-goal-socc


2: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/25(日) 10:05:40.99 ID:CAP_USER9.net

◆開催国ロシアはグループステージ敗退…メキシコが逆転勝利で準決勝進出

【スコア】
メキシコ 2−1 ロシア
 
【得点者】
0−1 25分 アレクサンドル・サメドフ(ロシア)
1−1 30分 ネストル・アラウホ(メキシコ)
2−1 52分 イルビング・ロサノ(メキシコ

https://www.fifa.com/confederationscup/matches/round=274633/match=300334888/index.html

FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017のグループA最終節が24日に行われ、メキシコ代表とロシア代表が対戦した。

 1勝1分で首位に立つメキシコは引き分け以上でグループ突破が決定。一方、ロシアは1勝1敗の3位で、勝利すれば準決勝進出が決まる。引き分けだと、もう1試合でポルトガルが敗れないと突破できないため、勝利して開催国の意地を見せたいところ。

 開始16分、ロシアはフョードル・スモロフがペナルティエリア内右で倒れると、一度は流されたものの、18分にプレーが切れたタイミングでビデオ判定に。だが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)でもノーファールの判定となった。

 試合が動いたのは25分、ロシアが先制した。左サイドからのクロスを中央で受けたアレクサンドル・エロヒンはシュートを狙うが、空振りしてしまう。それでも直後に落ち着いて横パスを送ると、エリア内右のアレクサンドル・サメドフがダイレクトで左足シュートを放ち、ゴール左隅に決めた。

 しかしメキシコもすぐさま反撃に出る。30分、エクトル・エレーラが敵陣中央からエリア内にロングパスを供給。ゴール前右に走り込んだネストル・アラウホが頭で合わせると、ボールは相手GKの頭上を越えてゴール左隅に決まった。前半は1−1で折り返す。

 ロシアは後半開始直後の49分、エリア手前中央のスモロフが縦にスルーパスを送ると、サメドフが右足シュートでゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定でノーゴールとなった。

 後半はロシアが先に相手ゴールへ迫ったが、スコアを動かしたのはメキシコだった。52分、エクトル・エレーラが自陣から大きく蹴り出すと、前線に走り上がったイルビング・ロサノが反応。相手GKの目の前で、頭で触ると、ボールはゴールに吸い込まれた。

 逆転したメキシコは60分、エクトル・モレノがエリア内右から左足ダイレクトボレーを突き刺すが、VARによるオフサイドの判定でゴールは認められなかった。追い付きたいロシアだが、68分にユーリ・ジルコフがこの日2枚目のイエローカードを受けて退場。数的不利となったロシアは72分、左サイドからのクロスに、ファーからゴール前に走り込んだイーゴリ・スモルニコフが右足で合わせるが、シュートは枠を捉えられなかった。

 試合はこのままタイムアップ。メキシコが2−1の逆転勝利で準決勝進出を決めた。なお、勝ち点で並んでいたポルトガルが4−0で勝利したため、メキシコは得失点差により2位通過となった。敗れたロシアはグループステージ敗退が決まった。

 準決勝に進出したメキシコは29日にグループB首位のチームと対戦する。

6/25(日) 1:53配信  サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00604509-soccerk-socc
【グループリーグ順位表】

※各組上位2チームが準決勝進出
[グループA]
1.☆ポルトガル(7)+5
2.☆メキシコ(7)+2
3.ロシア(3)0
4.ニュージーランド(0)-7

http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?216000-216000-fl


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

バイエルン、アトレティコFWカラスコ獲得に62億円を準備 スペイン紙報道

Bミュンヘン、カラスコ獲得へ62億円準備とアス紙
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-01845267-nksports-socc
カラスコ.jpg

ドイツ王者のバイエルン・ミュンヘンが、アトレチコ・マドリードのベルギー代表MFヤニック・カラスコ(23)の獲得に移籍金5000万ユーロ(約62億5000万円)を準備している。スペイン紙アスが報じた。

 Bミュンヘンは、これまでアーセナルからチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)をトップターゲットとしていたが、今はAマドリードと22年まで契約を残しているカラスコ獲得が一番になっていると報じた。

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 249
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1495904563/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:57 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田所属サウサンプトン、ペジェグリーノ新監督就任を発表!昨季はスペイン1部アラベスで指揮(関連まとめ)

吉田麻也所属のサウサンプトン ペジェグリーノ氏が新監督に就任
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00000111-spnannex-socc
ペジェグリーノ監督02.jpg

日本代表DF吉田麻也(28)が所属するサウサンプトンは23日、アルゼンチン出身のマウリシオ・ペジェグリーノ氏(45)が監督に就任すると発表した。3年契約。候補として面談をしたリード副会長は「知識の豊富さ、モチベーション、能力、コミュニケーション力に強い印象を受けた」とクラブ公式サイトに語った。

 「私の哲学とクラブの文化はマッチすると思う。ピッチ内外でチームにならなければならない」と意気込みを語ったペジェグリーノ氏は、今季スペイン1部のアラベスを率いて昇格初年度でリーグ戦9位、スペイン国王杯準優勝に導いた。現役時代はセンターバックでバルセロナ、バレンシア、リバプールなどでプレー。引退後はスペイン1部バレンシア、アルゼンチン1部のエストゥディアンテス、インデペンディエンテなどを指揮していた。

 サウサンプトンは14日、就任1季目を終えたクロード・ピュエル監督(55=フランス)を解任。後任候補にはクラブと面談を行った元アヤックス監督のフランク・デブール氏(47=オランダ)のほか、前ドルトムント監督のトーマス・トゥヘル氏(43=ドイツ)、元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏(64=イタリア)らの名前も挙がっていた。

Southampton FC 吉田麻也 part83
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1496379113/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:43 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モナコMFファビーニョ、マンU移籍の噂に「魅力的な誘いだ。熟慮したい」

ファビーニョ、ユナイテッド移籍に言及「魅力的な誘い」
https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_280634/
ファビーニョモナコ.jpg

▽モナコに所属するブラジル代表DFファビーニョ(23)が、噂されるマンチェスター・ユナイテッド移籍に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

▽2016-17シーズンにモナコのリーグ・アン優勝とチャンピオンズリーグ4強入りに大きく貢献したファビーニョは、中盤の守備的なポジションと右サイドバックを高いレベルでこなせる有望な若手。多くのビッグクラブとの関連が伝えられており、現在はユナイテッド移籍の噂が過熱している。

▽この噂について、ファビーニョはブラジル『Esporte Interativo』で以下のように話した。

「魅力的な誘いだ。まずは、代理人と話す必要がある。モナコともだね。正しい決断をしたい」

「だが、(ユナイテッドは)偉大なクラブだ。熟慮したいと思う」
† Red Devils Manchester United 1229 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1497878401/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:13 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブンデスリーガ、観客総動員数が歴代過去最多に!昨季1部と2部の総観客数が1904万人を記録

【サッカー】<ドイツ・ブンデスリーガ1部&2部>総観客動員数が歴代最多を記録!「人気に陰りはない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498261535/
シュツットガルト2017優勝.jpg

1部復帰を果たしたシュトゥットガルト。2部優勝を決めた最終節は6万人が駆けつけた [写真]
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/24(土) 08:45:35.23 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガを運営するドイツフットボールリーグ(DFL)は、今シーズンに行われたブンデスリーガ1部と2部の全612試合の合計観客動員数が歴代最多となる1904万9362人を記録したことを発表。昨シーズンよりも1.3パーセント増となった。ドイツ誌『kicker』日本語版が23日に伝えた。

 クリスチャン・ザイファート代表取締役は、「ブンデス1部と2部における人気に陰りなどない」と胸を張った。

 ただし、1部だけでみれば、1試合あたりの平均観客動員数は4万693人と素晴らしい数字ながら、過去9年間で最低の数字を記録。

 しかし、2部では前年度より13パーセント増となる平均2万1560人と歴史的な数字を記録しており、なかでも1年での1部復帰を決めた日本代表FW浅野拓磨所属のシュトゥットガルトが平均5万364人と大きく貢献した。

写真
https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/soccerking/soccerking_604261_0-small.jpg

サッカーキング2017年6月24日07時30分
https://news.infoseek.co.jp/article/soccerking_604261/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:22 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、リヨンFWラカゼットを獲得へ!来週にも正式発表か 移籍金は74億円の見通し

ヴェンゲルのナンバーワンターゲット、ラカゼットがアーセナル移籍へ…来週にも正式発表か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00000004-goal-socc
ラカゼット2017リヨン.jpg


アーセナルがリヨンに所属するフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの獲得に近づいている。イギリス『ガーディアン』などが報じた。

26歳のラカゼットは当初アトレティコ・マドリーへの移籍が濃厚と考えられていた。しかし、アトレティコが補強禁止処分を受けたため、現在ではアーセナルが獲得レースのポールポジションに立っている。モナコの新星FWキリアン・ムバッペの獲得が金銭面などで現実的に厳しい状況となっているいま、ラカゼットはアーセン・ヴェンゲル監督のナンバーワンターゲットとなっているという。

リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長とアーセナルはすでに会談を行っており、来週までに交渉は完了すると予想されている。移籍金は6000万ユーロ(約74億7000万円)ほどになると見られている。

ラカゼットは2016−17シーズン、公式戦45試合で37ゴールをマーク。来季アーセナルはチャンピオンズリーグに出場することはできないが、ラカゼット本人は「CL出場は一番の要素にはならない」と話し、プレミアリーグ挑戦へ前向きな姿勢を示していた。

また、ラカゼットの加入が正式に発表されれば、オリヴィエ・ジルーの退団もさらに近づくと見られる。2016−17シーズン、途中出場からゴールを量産したフランス代表FWにはウェスト・ハムが興味を示している。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1144】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1497962986/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:29 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1甲府、ブラジル人FWジュニオールバホスの加入を発表!FWガブリエルは登録抹消(関連まとめ)

【サッカー】<ヴァンフォーレ甲府>ブラジル人FWジュニオールバホスの加入を発表!瞬発力とシュートの精度が武器
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498213409/
ジュニオールボス甲府03.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 19:23:29.79 ID:CAP_USER9.net

J1ヴァンフォーレ甲府は23日、ブラジル人FWジュニオールバホス(24)の加入を発表。背番号は29に決まった。

 3月末から甲府の練習に参加。瞬発力とシュートの精度が武器で、「まずはチームの勝利に貢献して、その中でアシストやゴールのチャンスをものにすることが大事」と話した。同FWガブリエル(21)は、登録抹消となった。

6/23(金) 18:35配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000166-sph-socc

■生年月日:1993年4月19日生まれ(24歳) 

■出身地:ブラジル 

■身長/体重:183cm/77kg 

■ポジション:FW 

■背番号:29 

■利き足:右 

■サッカー歴: 
 2012年〜2013年12月:アトレチコ パラナエンセ[ブラジル] 
 2014年1月〜4月:キンゼ デ ピラシカバ[ブラジル] ※期限付き移籍 
 2014年4月〜5月:アトレチコ パラナエンセ[ブラジル] 
 2014年9月〜12月:ADRCイカザ[ブラジル] ※期限付き移籍 
 2015年1月〜12月:アトレチコ パラナエンセ[ブラジル] 
 2016年1月〜7月:グアラニEC[ブラジル] 
 2016年7月〜8月:アナポリス[ブラジル] ※期限付き移籍 
 2016年9月〜2017年3月:グアラニEC[ブラジル] 

■コメント: 
日本でプレーをする貴重な機会をいただき深く感謝しています。 
 日々のトレーニングから邁進し、ゴールを決めチームの勝利に貢献したいと思います。応援よろしくお願いします。 

公式
http://www.ventforet.jp/news/press_release/514064

写真


ジュニオールボス甲府01.jpg

ジュニオールボス甲府02.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:31 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペイン紙、レアルユース中井卓大くんを称賛「レアルの大空翼」

【サッカー】<スペイン紙>レアル・マドリード、“ピピ”中井卓大くんの技術称賛!今後の進路に注目「C・ロナウドよりも重要」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498230508/
中井卓大レアル2017.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/24(土) 00:08:28.45 ID:CAP_USER9.net

足元の能力を称え、「日本のメッシ」とも 今季はレアル下部組織で23試合5得点
 
レアル・マドリードは現在エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの退団騒動に揺れているが、バルセロナを基幹とするスペインの「ムンド・デポルティーボ」紙はレアル下部組織に所属している“ピピ”こと中井卓大くんが「クリスティアーノよりも重要」とのタイトルで特集している。

同紙は滋賀県出身の中井くんについて、11歳からレアルの一員になったことを伝えるとともに、未成年選手の移籍についての違反があったとしてクラブは補強禁止処分を受ける可能性があったものの、母親のTAS(スポーツ仲裁裁判所)での発言によって今夏の補強が認められた経緯に触れている。

また、中井くんのスペインでの実績にも言及し、技術を称える言葉が並んだ。
「ボールを持った際にメディアプンタ(トップ下)で発揮する素晴らしい足元の能力を持っていて、“日本のメッシ”、もしくは“レアル・マドリードのオリベル・アトム”だ」とバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、人気サッカー漫画「キャプテン翼」の主人公、大空翼になぞらえている。

さらに「タクヒロの将来について、彼らの年齢の子供と同様にまだ知られるところではない。彼はサッカーにおいて、全て非常に高い質を持っているが、それは今の瞬間だ。 彼はレアル・マドリードでチームメートとともに楽しんでプレーし続けたいとも話している」と、今後に進路についても大きな注目を寄せている。

同紙によると中井くんは今季23試合に出場して、5得点を挙げたと紹介。 現在レアルの下部組織では、かつて“銀河系軍団”の一員としてプレーしたテクニシャン、グティ氏が監督を務めているが、彼らのような目利きを驚かせるプレーを見せ続けられるだろうか。

写真 Fair Play Cup公式チャンネルで公開された中井卓大くんの華麗なプレー集
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170623-00010020-soccermzw-000-view.jpg

動画
http://www.football-zone.net/archives/64658/2

6/23(金) 21:41配信 FOOTBALL ZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170623-00010020-soccermzw-socc


※タイトル変更しました。

  

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

吉田所属サウサンプトン、マウリシオ・ペジェグリーノ氏が来季監督の見通し…昨季はアラベスで指揮

サウサンプトン 新監督にペジェグリーノ氏の見通し 地元紙報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000168-spnannex-socc
ペジェグリーノ監督.jpg

日本代表DF吉田麻也(28)が所属するサウサンプトンの新監督に、アルゼンチン人のマウリシオ・ペジェグリーノ氏(45)が就任する見通しになったと23日、地元紙デーリー・エコーが伝えた。

 サウサンプトンは、元アヤックス監督のフランク・デブール氏(47=オランダ)とも面談を行ってきたが、ペジェグリーノ氏と契約間近になったという。契約交渉は細部を残すのみで、早ければ週明けにも就任が発表される見通し。

 現役時代はセンターバックだったペジェグリーノ氏は、バルセロナ、バレンシア、リバプールなどでプレー。引退後はバレンシアの指揮官を務めたほか、今季はアラベスを率いてスペイン国王杯決勝に進出した。若手育成に定評があることも、サウサンプトンは重視したという。

 14日に解任されたクロード・ピュエル監督(55=フランス)の後任候補には、前ドルトムント監督のトーマス・トゥヘル氏(43=ドイツ)、元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏(64=イタリア)らの名前も挙がっていた。

Southampton FC 吉田麻也 part83
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1496379113/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:18 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング