アンテナ・まとめ RSS

2014年11月24日

「お客様の中に審判はいませんか?」レアル・マドリーBの試合で珍事

【サッカー】マドリーBの試合で珍事、「お客様の中に審判はいませんか?」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416805006/
ジダン監督.jpg
1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/11/24(月) 13:56:46.38 ID:???0.net

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?152225-152225-fl

23日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部B(実質3部)第14節、シウダー・デ・トゥデラでのトゥデラーノ対レアル・マドリー・カスティージャ(1-1)の試合で、 観衆の中から副審を探すという珍事が発生した。スペイン『アス』が報じている。

 事件はこの試合の後半14分に発生した。ホアキン・ガルシア・エルナンデス副審が右足ふくらはぎを負傷したために、 サンチェス・アパリシオ主審はスタジアムの責任者に「審判を探す必要がある」と報告。そしてスタジアムのスピーカーから、スタンドに審判はいないかをうかがうアナウンスがされたのだ。

 幸いにもスタンドには、2006-07シーズンに2部Bで審判を務め、現在は地域リーグで同職に励むエウセビオ・サエス・ガルシア氏がおり、 同氏が副審を担当することで試合は再開された。なおガルシア氏は同日に、地域リーグのアブリテンセ対マルシージャでも審判を務めたという。

 なおジネディーヌ・ジダン氏が実質的に監督を務めるカスティージャは、ここ8試合を5勝3分で終えるなど好調を維持。 昇格プレーオフ圏の4位と勝ち点1差で暫定7位につけている。


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:15 | 大阪 晴れ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

首位チェルシー、コスタ先制弾でWBAに快勝!開幕12戦無敗でクラブ新記録達成!

首位堅持のチェルシー、プレミア開幕12戦無敗でクラブ新記録達成
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141123-00252809-soccerk-socc
ジエゴコスタ2014第12節ゴール.jpg

プレミアリーグ第12節が22日に行われ、チェルシーとウェスト・ブロムウィッチが対戦した。

 今シーズン公式戦無敗、リーグ戦9勝2分の勝ち点29と首位をひた走るチェルシーは、ホームゲームで開始11分に先制する。オスカルが左サイドから右足で中央へ絶妙のクロス。DF裏に抜けたジエゴ・コスタが胸トラップからのボレーシュートを決めた。

 25分には、左CKからセスク・ファブレガスがグラウンダーでペナルティエリア内にパス。ニアサイドに走り込んで受けたエデン・アザールが右足のトラップでDFをかわしてから左足でシュートを決め、追加点を獲得した。

 後半こそ試合を決める3点目を奪えなかったチェルシーだが、2−0で完封勝利。2位サウサンプトン(24日に試合)に暫定で勝ち点差8をつけた。またリーグ戦開幕から12試合無敗はクラブ新記録となった。

【スコア】
チェルシー 2−0 ウェスト・ブロムウィッチ

【得点者】
1−0 11分 ジエゴ・コスタ(チェルシー)
2−0 25分 エデン・アザール(チェルシー)

+╋The Blues Chelsea FC 471╋+
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1416062411/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:10 | 大阪 曇り | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ヤヤ・トゥーレのゴールでスウォンジーに逆転勝利!

3位の昨季王者マンC、Y・トゥーレ弾でスウォンジーに逆転勝利
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141123-00252825-soccerk-socc
ヤヤ2014第12節ゴール.jpg

プレミアリーグ第12節が22日に行われ、マンチェスター・Cとスウォンジーが対戦した。

 直近のリーグ戦3試合で1勝1分1敗と勝ち点を稼げず、今シーズン好調のサウサンプトンに次ぐ3位に位置する昨季王者のマンチェスター・C。ホームでのスウォンジー戦でも開始12分にネイサン・ダイアーの浮き球パスからウィルフリード・ボニーに決められ、先制点を許してしまう。

 しかし19分、右サイドのヘスス・ナバスからのクロスをステヴァン・ヨヴェティッチが合わせて同点としたマンチェスター・Cは、なかなか勝ち越し点を奪えなかったが、後半に入って62分、フェルナンジーニョのヒールパスをペナルティエリア内右で受けたヤヤ・トゥーレがゴールへ流し込み、逆転に成功。その後スコアは動かず、2−1でマンチェスター・Cが勝利した。

 リーグ戦2試合ぶりの勝利となったマンチェスター・Cは、勝ち点を24とし、24日に試合を控えるサウサンプトンとの勝ち点差を暫定で1とした。

【スコア】
マンチェスター・C 2−1 スウォンジー

【得点者】
0−1 12分 ウィルフリード・ボニー(スウォンジー)
1−1 19分 ステヴァン・ヨヴェティッチ(マンチェスター・C)
2−1 62分 ヤヤ・トゥーレ(マンチェスター・C)

BLUEMOON マンチェスターシティ 104Citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1415573819/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 晴れ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムントMFロイス、右足首重傷で長期離脱へ(関連まとめ)

【サッカー】ロイス、靱帯損傷で長期離脱
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416721673/
ロイス2014第12節負傷.jpg
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/11/23(日) 14:47:53.91 ID:???0.net

ロイス、右足首靭帯損傷で長期離脱へ…

14/11/23 12:20

http://f.image.geki.jp/data/image/news/2560/153000/152155/news_152155_1.jpg

 ドルトムントのMFマルコ・ロイスが22日のパダーボルン戦で右足首を負傷し、長期離脱を強いられそうだ。

 MFマルビン・バカロルツのスライディングタックルが右足首に入り、ピッチに倒れ込んだロイスはそのまま担架で運び出された。

 クラブの公式サイトによると、ミヒャエル・ツォルクSDは試合後、「クラブドクターの初期検査によると、足首の外側靭帯と靭帯結合部を損傷した可能性が高い」と説明。年内の復帰は難しいという。

 ロイスは6月にも左足首の靭帯を部分断裂し、ブラジルW杯出場を逃した。その後も足首の故障を繰り返しており、再び悪夢に襲われた。

 ユルゲン・クロップ監督はロイスが負傷した場面を「狂気」と表現。元ドルトムントのバカロルツに関しては「彼はコントロールできないほど激しいスライディングタックルを見舞うことがある。 やめろと何度も忠告したよ。マルビンは素晴らしい人間だが、あのプレーは度が過ぎていた」と指摘した。

 バカロルツは「クロップ監督に怒鳴られた。そうされても仕方ない」と動揺した様子で、パダーボルンのアンドレ・ブライテンライター監督は「バカロルツをよく知る人間なら、彼がドルトムントを愛していることは知っているはずだ。マルビンは顔面蒼白になっていた。何を言っても取り返しがつかないが、我々としても本当に申し訳なく思っている」とコメントしている。

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?152155-152155-fl


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:03 | 大阪 晴れ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ルーニーの決勝ゴールでアーセナルに勝利!CL圏4位に浮上(関連まとめ)

【サッカー】マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル撃破で今季アウェー初勝利
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416699412/
ルーニー2014第12節ゴール.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/23(日) 08:36:52.99 ID:???0.net

22日に行われたプレミアリーグ第12節、アーセナル対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は、2ー1でアウェーのユナイテッドが勝利した。

多くの負傷者を抱えるユナイテッドは、最終ラインにスモーリング、マクネア、ブラケットの3人を起用した。 一方のアーセナルは、負傷が癒えたアルテタが先発に入り、ジルーはベンチスタートとなっている。

ホーム無敗のアーセナルと、アウェー未勝利のユナイテッド。主導権を握ったのはアーセナルだった。 ユナイテッドは7分、ショーがチェンバレンとの接触で足を痛めると、プレーを再開したものの、14分に交代。ヤングが投入される。 アーセナルは、ウィルシャーやチェンバレンが決定機に絡んだが、デ・ヘアの良い対応で決めるべき場面で決められなかった。

後半に入って49分、アーセナルは左サイドでフリーのウェルベックに長いパスが通り、ビッグチャンスを迎えた。 しかし、ペナルティーエリア左からのシュートはデ・ヘアに止められる。

その直後、今度はアーセナルに負傷者。ウィルシャーが相手のタックルを受けて足を痛めると、しばらく立ち上がれない。 ピッチに出た後、一度は戻ったが、やはりプレー続行はできず、55分にカソルラと交代した。

スコアが動いたのは、この直後のユナイテッドの攻撃だった。左サイドのヤングが右足でゴール前のフェライニをめがけてクロスを入れる。 すると、ハイボールに反応したアーセナル守備陣は、ギブスとスチェスニーが激しく交錯し、 ボールは反対に流れた。ここに走り込んできたバレンシアがシュートを放つと、これはコースを外れていたが、起き上がる途中のギブスが出した足に当たってゴールへ。 オウンゴールでユナイテッドが先制した。

シュチェスニーがプレー続行不可能で2枚目の交代カードもトラブルで切ることになったアーセナル。相手陣内でプレッシャーをかけ続けたが同点弾はなかなか決まらない。 77分には、負傷から戻ってきたジルーを投入して、ついに勝負に出た。

アーセナルは見事なパスワークでユナイテッドを翻弄して決定機をつくるシーンもあったが、やはりデ・ヘアが守るゴールから点が入らない。

すると85分、ルーニーが勝負を決める。自陣でボールを奪うと、フェライニが素早く前線を走るディ・マリアへ。 数的優位でパスを受けたディ・マリアが左前方にボールを送ると、ルーニーがしっかり仕上げた。

ウィルシャーやシュチェスニーのトラブルでプレーが止まる時間が長かったため、アディショナルタイムの表示は8分。 十分に時間はあたったが、焦る気持ちが前に出て、アーセナルはミスが目立つ。

93分、ユナイテッドはアーセナルのセットプレーからのカウンター。敵陣をディ・マリアが独走し、GKを誘い出して軽く浮かせるが、枠の右に外れてしまう。

アーセナルは95分、一矢報いることに成功する。アルテタのパスを裏に走って受けたジルーが、ペナルティーエリア左のわずか外から左足でハーフボレー。 デ・ヘアが指先で触れたが、そのままゴール左上に決まり、1点差となる。

だが、残された時間はあまりに短かった。ユナイテッドが逃げ切り、アーセナルから貴重な勝ち点3を手にした。

http://news.livedoor.com/article/detail/9498935/

スコア 動画
http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10625866


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:09 | 大阪 晴れ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、2ゴール!12節で20得点目!レアルはエイバルに4-0完勝し9連勝!首位快走(関連まとめ)

【サッカー】C・ロナウド2発で早くも20点目…レアル・マドリードは9連勝で首位快走
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416698776/
クリロナ2014第12節ゴール.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/23(日) 08:26:16.42 ID:???0.net

[11.22 リーガ・エスパニョーラ第12節 エイバル0-4R・マドリー]

リーガ・エスパニョーラは22日、第12節を行い、8連勝中で首位に立つレアル・マドリーがクラブ史上初の1部昇格を果たして11位につけるエイバルのホームに乗り込んだ。前半に2点をリードしたレアルが、後半にも2点を加点して4-0の完封勝利を収めて9連勝を飾った。

前半16分にFWガレス・ベイルの強烈な直接FKでゴールを脅かしながらも、GKシャビ・イルレタの好セーブに阻まれたレアルだったが同23分に試合を動かす。DFダニエル・カルバハルのパスを右サイドで受けたFWクリスティアーノ・ロナウドが鮮やかなワンタッチで相手DFをかわしてゴール中央へパス。

FWカリム・ベンゼマのシュートはジャストミートしなかったが、こぼれ球に反応したC・ロナウドの浮き球のパスをMFハメス・ロドリゲスがヘディングで押し込んで先制に成功した。

前半31分にはカウンターからMFサウル・ベルホンに決定機を作られながらも、GKイケル・カシージャスのファインセーブでしのいだレアルは同43分に追加点を奪う。 右サイドを突破したカルバハルの折り返しをC・ロナウドが右足で合わせて、スコアを2-0とした。

後半9分にFKからフリーになったDFセルヒオ・ラモスがヘディングシュートで狙うもイルレタにセーブされ、同19分にはC・ロナウドのパスからMFイスコがシュートを放ったが枠を捉えられないなど、後半に入るとなかなか追加点を奪えない。逆にエイバルにゴールを脅かされる場面を作られながらも、体を張った守備で得点を許さなかった。

すると後半24分、C・ロナウドのスルーパスから抜け出したDFマルセロが粘ってボールをつなぐと、J・ロドリゲスのパスをベンゼマが蹴り込んでレアルがリードを3点差に広げる。さらに同38分にはC・ロナウドがPKをきっちり沈めて4-0。この日2得点のC・ロナウドはリーグ戦出場11試合全てでゴールを記録し、今季のゴール数を早くも20に伸ばした。

その後スコアは動かず、首位のレアルが4-0でエイバルを退けた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141123-00220399-gekisaka-socc

スコア
http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10634072

動画
http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10634072

【サッカー】メッシが偉業達成!ハットトリックでリーガ通算得点記録を更新… バルセロナは5発快勝(c)2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1416697436/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:03 | 大阪 晴れ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

元ミランDFバレージ、本田圭佑を語る「本田にはまだまだ伸び代がある」

【サッカー】フランコ・バレージが語る本田圭佑「ピッチでのプレーを見るかぎり、彼にはまだまだ伸びしろがある」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416574284/
本田拍手ミラン.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/21(金) 21:51:24.17 ID:???0.net

本田の出来不出来がチームを大きく左右する2年目のミランで開幕から好調を維持している本田圭佑。ここまでチーム最多の6ゴールを挙げている「10番」は、クラブOBのレジェンドの目にはどう映っているのか。

1990年代の黄金期に「10番」を背負ったズボニミール・ボバンに続いて、「本田評」を語るのは、不世出の名DFで、背番号「6」がミランの永久欠番になっているフランコ・バレージだ。 現役当時のプレー同様、エレガントな物言いのバレージは、本田をどう評価したのか。

――◆――◆――

本田が移籍してきたばかりの頃、多くのイタリア人は彼のミラン加入を懐疑的に見ていた。それも仕方のないことではある。 「ロシアのクラブからやって来た日本人選手」では正直、強いイメージはわかない。「スペインのクラブから来たアルゼンチン選手」などに比べたら、どうしても見劣りしてしまう。

ただ、前年のコンフェデレーションズ・カップでの活躍などから、本田が優れたテクニックの持ち主であることはイタリアでも知られていた。 だから疑いながらもミラニスタは期待も抱いていた。本田が低迷するミランの救世主になってくれたら、と。

だが昨シーズン、本田は苦労した。セリエAに対して何も準備していなかったのだから、それも仕方がないだろう。外からやって来た選手にとって、 イタリア・リーグは非常に難しいものだ。一夕一朝に馴染めるわけではない。おまけにミラン自体が多くの問題を抱えていたことも、本田にとっては不運だった。 とにかくミランに来てから半年間、本田は本当の本田ではなかった。

いま、本田はやっとその実力に見合うプレーをピッチで披露できるようになってきた。サッカー人生の全てをミランに捧げた私も嬉しいかぎりだ。 彼が活躍できるようになったその理由は簡単だ。サマーキャンプから始まる夏の準備期間を、ほぼ最初からチームと過ごし、 新シーズンに向けて心身のコンディションを整えることができたからだ。

また、イタリアで、ミランで半年を過ごし、チームメイトについてもイタリア・サッカーについてもよく知ることができたのも大きい。 昨シーズンはいろいろ非難の声も聞かれたが、いまはミラニスタたちも本田を愛している。サポーターはつねに労を厭わず、全力でプレーする選手が好きなのだ。 そしてなにより私が強調しておきたいのは、本田がプロの鑑のような選手だということだ。陰日向なくいつも一生懸命、そういう選手がこの世界では違いを見せる。 本田のプロ精神は、彼自身をも大きく助けているのだ。

今シーズンのミランも本田に大いに助けられている。ゴールという側面だけを取っても、それは顕著だろう。そしてこれから先も、本田の活躍がミランの行方のカギを握るはずだ。
その出来不出来がチームを大きく左右するだろう。ピッチでのプレーを見るかぎり、彼にはまだまだ伸びしろがある。

相手の対策が進む今後も同じプレーができるか

気掛かりなのは、これまで通りのプレーを続けていけるかどうか。対戦相手は本田が危険な存在であることにもう気づいている。 彼のプレーを、その動きを研究し始めている。分析が進めば、本田もこれまでのようには動けなくなる。

今後はチームメイトのサポートがより必要となってくるだろう。まあ、ピッポ(インザーギ監督の愛称)なら、そのあたりはすでに分かっているだろうが。 本田の武器は多様だ。正確で強力な左足のキック、フリーキック、タイミングの取り方、プレービジョン、そのどれもが欠かせない重要なものだ。

さて最後に、「本田がミランの10番をつけるに相応しい選手かどうか」だが……、ミランにとってこの10番のユニホームは非常に大きな意味を持つ。 偉大な選手から偉大な選手へと代々受け継がれてきた重要なものだからだ。

本田は真面目で頭のいい青年だ。自分が、この番号を背負ってきたレジェンドたちと比較される存在でないことを彼は理解しているだろう。 謙虚さをもって「ミランにとって一番有効な形で自分を使ってくれればいい」と、彼はいつも言っている。その考えは正しいと、私はそう思う。

取材・文:マルコ・パソット(ガゼッタ・デッロ・スポルト)
協力・翻訳:利根川晶子

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141121-00010004-sdigestw-socc

フランコバレージ.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:45 | 大阪 晴れ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロップ監督「ドイツ以外で仕事をするならイングランド」将来のプレミアでの指揮を示唆?(関連まとめ)

【サッカー】ドルトムントのクロップ監督、将来はプレミア指揮希望「私はドイツの次に働くなら、イングランドだ」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416612796/
クロップ笑顔.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/22(土) 08:33:16.32 ID:???0.net

ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督(47)が将来、 イングランド・プレミアリーグの指揮を執りたい意向を示した。英メディアが21日、報じた。

クロップは2008年からドルトムントを率い、リーグ制覇2回、欧州CL準優勝1回に導いてきた。 「私はドイツの次に働くなら、イングランドだ」と話したという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141122-00000017-sph-socc



MF香川真司の所属するボルシア・ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は、ドイツ以外の国での仕事について語った。21日にイギリスのウェブサイト『BT・スポーツ』で明かしている。

 今シーズン苦戦を強いられているドルトムント。しかし、クロップ監督は2008年に就任してからは2度のリーグ優勝とDFBポカール(ドイツカップ)を制覇。そして、優勝は逃したものの、チャンピオンズリーグ(CL)決勝に進んだ実績を持っている。

 若い選手を積極的に起用し、選手の才能を活かすその手腕は、ドイツ国内だけでなく欧州の主要リーグからも注目を集めている。

 特にプレミアリーグからの誘いが多いようで、同サイトのインタビューでは「ドイツの他に仕事をするとしたら、唯一の国はイングランドだろう」と、話している。

 しかし、それは「唯一、言葉がわかる」ということのようだ。さらに「私の仕事には言葉が必要になってくる」と話し、コミュニケーションが重要と捉えている。

 それでも「もし電話をもらえたなら、話はするよ」とも明かし、興味はある様子。

 2018年までドルトムントと契約を結んでいるため、しばらくはドイツに残りそうだが、その後の行先をどうするのか注目される。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:41 | 大阪 | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山田大記、ドイツ2部でゴール量産!独キッカー誌も注目

【サッカー】山田大記がドイツ2部カールスールエでゴール量産 ドイツ誌も注目
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416582888/
山田大記2014カールスルーエゴール.jpg

1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/11/22(土) 00:14:48.51 ID:???0.net

アギーレジャパンは、年内のテストを経て、当面はベテラン勢中心のメンバーに落ち着きつつあるようだ。 とはいえ、指揮官の目に止まりさえすれば、所属のカテゴリーは問わず、テストに招集される可能性はこれまでよりも高い。 そんな印象を受けるのが今の代表でもある。ドイツ2部カールスルーエで粛々と日々を送っている山田大記にも、 スポットが当たる日が来るかもしれない。

 2014〜15シーズン、ジュビロ磐田からカールスルーエに加入した山田。第13節が終了した現時点で12試合に先発出場、9試合でフル出場を果たしている。第11節ザンクトパウリ戦と第13節グロイターフュルト戦では2ゴールを挙げ、 今季トータル5ゴールとした。キッカー誌の電子版は11月19日深夜付で、山田の記事を大きく掲載している。 2部において今、山田は注目選手のひとりなのである。

 同記事では、夏にアジアから「目の前にチャンスがあったら、つかまなくちゃ」という意気込みで移籍してきたことから始まり、 現在は主力として戦っていること、ホームではわずかに1ゴールしか決めていないので「次は決めたい」と話していることなどが記されている。日曜日(11月23日)のアウエ戦を盛り上げようとする試合前モノのベタな記事ではあるが、 そこでニューフェイスとしてではなく、カールスルーエの主力の言葉として取りあげられていることが、その存在感を示しているのではないか。

 現在カールスルーエは勝ち点20で6位につけている。首位のインゴルシュタッドは勝ち点27、昇格圏の3位ダルムシュタッドは同23。カールスルーエの目標である1部昇格は、十分、手の届くところにある。

 山田はこのチームで、主に4−2−3−1の左MFでプレイしている。山田にボールが渡ると、ドリブルでの突破やラストパスなど、ゴールにつながるシーンが作られるのは確か。単独で強引にゴールを狙うというよりも、味方を使いつつ巧みにゴールを奪うという印象が強い。そのスピードとテクニックは、ここでも目を引くものがある。 日本人の2列目に多い小柄でスピーディな選手は、特に2部では際立って見えるのだ。

 山田の獲得は、スポーツディレクターのイェンス・トッド氏が強く希望したと言われる。山田の能力を高く買い、かつて在籍していたボーフム時代から獲得を希望していたトッド氏だったが、彼にとっての新天地でもあるカールスルーエでそれが実現したというわけだ。これが山田にとってはまたとないチャンスとなった。「もしチャレンジしてみて失敗なら失敗でいい。でも失敗さえしないで、日本にそのままいて、引退するときに『一度海外でやってみたかったな』と思うのはイヤだった」

 山田はシーズン当初にこう語っている。そのチャンスをがっちりとつかみ、成長の途中にある。このままチームが昇格すれば、ステップアップのための移籍をせずとも、大きな舞台で戦えることになる。

 このチームに山田が必要とされ、結果も出しているのは、チームのサッカーが肌にあったということが大きい。カウチンスキ監督は、2部にありがちな大味なサッカーを展開するのではなく、細かいミーティングと実戦を繰り返している。 山田にもチームメイトが丁寧な説明をしてくれるのだと言う。対戦相手によっては戦術的な決めごとも少なくなく、 選手はそれぞれの役割を担う。フィジカルとスピードに任せた個人任せのサッカーではないことが、 山田が埋もれてしまわなかった大きな理由だろう。

 山田にとって、もちろん日本代表のために日常があるわけではない。だが、この調子で活躍が続けば、代表で見てみたいと思うのは自然なこと。この4年間のどこかで、山田にそんなチャンスが巡ってくるはずだ。

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2014/11/21/post_681/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 09:22 | 大阪 | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

メッシを獲れるのはPSG、インテル、マンC、チェルシー!?スペイン紙報道

【サッカー】スペイン紙報道、メッシを獲得できるのはPSGやインテルら4クラブ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416542177/
メッシガッツポーズ.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/21(金) 12:56:17.05 ID:???0.net

 スペイン紙『スポルト』が20日、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを獲得できるクラブとして、日本代表DF長友佑都のインテルらの名前を挙げた。

 メッシは18日、アルゼンチン紙『Ole』のインタビューで「自分次第で(決定できるので)あれば、僕はずっとここ(バルセロナ)に居続けたい。 そう言ってきている。でも、時には望む通りにいかないこともある」とコメント。バルセロナ退団の可能性を示唆した言葉であるとスペインメディアが伝え、移籍関連の報道が連日行われている。

 バルセロナの地元紙である『スポルト』は、メッシを獲得できる経済的要件を満たしているクラブは4つに限定されると報道。契約違約金が2.5億ユーロ(約371億円)と設定されている中、以下の4クラブの名前が挙げられた。

 筆頭候補として挙げられたのはパリSG。チャンピオンズリーグ制覇を目指すプロジェクトは魅力的で、クラッキ(名手)が複数在籍していることもあり、メッシ獲得の要件を満たしていると報じられた。 ナセル・アル・ケライフィ会長就任以降、メッシとの契約を望み続けているとも伝えられている。

 続いて名前が挙がったのはプレミアリーグの2クラブ。マンチェスター・Cは莫大な資金力を持ち、スポーツディレクターを務める元スペイン代表MFアイトール・ベギリスタイン氏がかつてバルセロナでプレーし、 2010年までは同クラブでテクニカルディレクターを務めていた。報道では、同氏やアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロら友人の存在と経済的条件から、メッシのマンチェスター・C移籍が決まってもおかしくはないと報じた。

 また、チェルシーの名前も新天地候補として挙げられた。オーナーであるロマン・アブラモヴィッチ氏が過去に契約を目指した選手の獲得失敗事例が少ないことが理由とされている。

 そして、長友所属のインテルも候補と報じられた。エリック・トヒル会長の資金力は未知数と前置きされつつも、新指揮官に就任したロベルト・マンチーニ監督体制下で多大な投資が行われるのではないかと報じられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141121-00252187-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:31 | 大阪 曇り | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルMFハメス・ロドリゲス、「とんねるずのスポーツ王は俺だ!2015」に出演!「木梨ジャパン」と対決へ

【サッカー】とんねるずがハメロドと対決 バルデラマかつらで奇襲 スポーツ王は俺だ2015
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416531545/
ハメスととんねるず.jpg
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/11/21(金) 09:59:05.17 ID:???0.net

「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!2015」に出演するコロンビア代表のハメス・ロドリゲス(中央)とセルジオ越後氏をまねた石橋貴明(左)、バルデラマに扮した木梨憲武
Photo By スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/21/gazo/G20141121009321950.html

 来年1月放送のテレビ朝日「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!2015(仮)」で、木梨憲武(52)率いる「木梨ジャパン」がサッカー、コロンビア代表のハメス・ロドリゲス(23)と対決する。“ハメロド”は、今年6月のブラジルW杯でザックジャパンが痛めつけられた因縁の相手。木梨は早速スペインに乗り込み、日本代表のリベンジマッチに挑んだ。

 ハメロドは今年のサッカー界のシンデレラボーイ。ブラジルW杯で得点王に輝き、スペインのレアル・マドリードに移籍して背番号「10」を背負うまでに成長した世界の新星だ。

 木梨が挑戦状を叩き付けたのが、このスター。理由は日本代表のリベンジだ。ブラジルW杯1次リーグの日本戦で、後半から出場したコロンビア代表のハメロドは日本代表を翻ろうし、ロスタイムにダメ押しの4点目を決める活躍を見せた。この屈辱に、日本の芸能界を代表するサッカー通が黙っているわけにはいかない。「負けをそのままにしては
いけない!」とレアル・マドリードの本拠地スペイン・マドリードに乗り込んだ。

 元日本代表の中山雅史氏(47)と「木梨ジャパン」を組み、「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」恒例の自分たちに有利なルールの下でサッカー対決。木梨側のみ途中からゴールキーパーが2人になる「PK対決」、ハメロド1人に対し、木梨側は2人で蹴って巨大ピンを倒す「巨大サッカーボウリング」などの収録を敢行。ハメロドも「必ず勝つよ!」と受けて立ち、本気の戦いは手に汗握る攻防戦となり、結末は劇的なものとなった。

 木梨は日本代表のユニホームに、コロンビア元代表のスター、カルロス・バルデラマ氏(53)をまねたアフロヘアのかつらをかぶる奇襲戦法でピッチを駆け抜け、石橋貴明(53)は解説者のセルジオ越後氏(69)をイメージした扮装で解説を行った。木梨は「苦しい戦いになりましたが、お正月にふさわしいドラマチックなサッカー対決になりました」とすがすがしい表情。ハメロドは「すごく楽しくて良い経験ができました。 今度は日本で対決したいね」と、木梨ジャパンの実力を認めていた。

 ≪過去のはチラベルト、カーンと対決≫同番組で、サッカーの各国代表の現役選手と対決したのはハメス・ ロドリゲスが3人目。01年にパラグアイ代表GKチラベルトとフリーキック対決を行い、チラベルトが勝利。04年には独代表GKオリバー・カーンにPK対決を挑み、カーンが勝利している。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/21/kiji/K20141121009323130.html



ハメスととんねるず02.jpg
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:08 | 大阪 | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、C・ロナウドかベイル獲得のためにディ・マリアをPSGに放出か?(関連まとめ)

【サッカー】C・ロナウドかベイル獲得狙うマンチェスター・U、ディ・マリアをパリSGへ売却して資金捻出か 166億円の資金が必要
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416488017/
マンUディマリア放出記事.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/20(木) 21:53:37.03 ID:???0.net

マンチェスター・ユナイテッドは来夏、レアル・マドリーからFWクリスティアーノ・ロナウド、またはMFガレス・ベイルを獲得するために、 MFアンヘル・ディ・マリアをパリSGへ放出する可能性が浮上した。英紙『デイリー・エクスプレス』が報じている。

同紙によると、マンチェスター・Uが獲得を狙うベイルには、9000万ポンド(約166億円)の資金が必要とされている。 また、C・ロナウドとの再契約も視野に入れているようで、資金捻出のためにマンチェスター・Uはディ・マリアをパリSGへ売却したいと考えているようだ。

ディ・マリアは今夏、パリSGと合意間近とも報じられていたが、ファイナンシャル・フェアプレーの問題により、高額な移籍金を支払うことができず破談となっていた。 それにより、英国史上最高額を更新する移籍金でマンチェスター・Uへ加入することとなった。

今夏のパリSGへの移籍は叶わなかったが、ディ・マリアは、「まだ自分は若いと思っているし、いつの日かパリSGに行くことになると思う」と、 移籍に前向きな姿勢を見せているようで、今シーズン終了後にも移籍する可能性があると同紙は報じている。

11月20日(木)20時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141120-00217037-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:17 | 大阪 | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング