アンテナ・まとめ RSS

2016年10月01日

リバプール、後半スウォンジーを圧倒しミルナーPK弾で逆転勝利!4連勝で暫定2位に浮上(関連まとめ)

リヴァプール、後半の猛攻でスウォンジーを圧倒…逆転で4連勝を飾る/プレミアリーグ第7節
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000020-goal-socc
ミルナー2016第7節ゴール.jpg

プレミアリーグ第7節のスウォンジー・シティ対リヴァプールが1日に行われた。

敵地リバティー・スタジアムに乗り込むリヴァプールは好調を維持している。第2節のバーンリー戦に敗れたものの、その他の公式戦は6勝1分け負けなし。前節のハル・シティ戦では5−1と快勝していた。

一方のスウォンジーは厳しい立場に立たされている。プレミアリーグで挙げた勝ち点はわずかに4。開幕戦以来白星がなく、リーグカップも含めて3連敗中という状況にいる。フランチェスコ・グイドリン監督は解任候補の筆頭となっているだけに、なんとしても勝ち点を挙げたいところ。

先手を取ったのはスウォンジーだった。CKからボルハ・バストンがボールを折り返す。マイク・ファン・デル・ホールンは触りきれなかったものの、ゴール前にいたリロイ・フェルが詰めてゴールネットを揺さぶった。

ボールを保持するシーンはリヴァプールのほうが長かったものの、スウォンジーはギルフィ・シグルドソンを中心に素早い攻撃で相手を攻め立てていき、チャンスを作った。リヴァプールはランチタイムキックオフの影響からか、チーム全体の動きが鈍く、ビハインドで前半を折り返す。

ところが後半が始まってみると、リヴァプールがギアを一段上げてスウォンジーを攻め立てた。まずは53分、FKのこぼれ球を拾ったジョーダン・ヘンダーソンが浮き球のパスをゴール前へ供給。スウォンジーがラインコントロールを誤ると、ロベルト・フィルミーノがフリーでヘディングシュートを放ってあっさりと同点に追いつく。

その後もフェリペ・コウチーニョやヘンダーソンが攻撃を組み立て、サディオ・マネらが個人技で打開を図っていく。

なかなか得点を決められなかったが、ようやく84分になってPKを獲得。今シーズン、PKを3回蹴ってすべて成功させているジェームズ・ミルナーが4度目もきっちりと決め、逆転に成功した。

後半、スウォンジーはほとんど攻め手がなく、得点機を作ることができず。93分には右サイドからのクロスボールにファン・デル・ホールンがフリーでシュートを放ったが、当てきれずに千載一遇の好機を逃してしまった。

結局、後半にギアを上げてスウォンジーを圧倒したリヴァプールが2−1で勝利し、リーグ4連勝を飾っている。

■試合結果

スウォンジー・シティ 1−2 リヴァプール

■得点者

スウォンジー:フェル(8分)

リヴァプール:フィルミーノ(53分)、ミルナー(84分)

〓〓 Liverpool FC 〓 722 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1475151960/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:48 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ代表、ギュンドアンが久々の招集!好調のカストロらは招集されず W杯欧州予選に向けメンバー発表(関連まとめ)

【サッカー】ドイツ代表、ギュンドアンが久々にメンバー入り…クラブで好調のカストロらは選外
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1475245929/
ドイツ代表2016.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 23:32:09.32 ID:CAP_USER9

ドイツサッカー連盟(DFB)は30日、ワールドカップ(W杯)欧州予選に向けた招集メンバーを発表した。負傷のためユーロ2016を欠場したマンチェスター・シティMFイルカイ・ギュンドアンが含まれている。

ドイツは9月に行われたW杯欧州予選・グループCの開幕節、ノルウェーとのアウェーマッチは3−0で勝利を収め、同グループ1につけている。10月8日にチェコをホームに迎え、11日には北アイルランドと敵地で対戦する。

ヨアヒム・レーブ監督はこの2連戦に向けて、前回は負傷していたバイエルン・ミュンヘンDFジェローム・ボアテング、ヴォルフスブルクFWマリオ・ゴメス、そして負傷などにより1年近く呼ばれていなかったギュンドアンをメンバーリストに含めた。そのほか、ユーロ2016では選外となったホッフェンハイムDFセバスティアン・ルディも加えている。

一方、ボルシア・ドルトムントFWアンドレ・シュールレは先日のレアル・マドリー戦で負傷を負った模様で招集されず。レヴァークーゼンDFヨナタン・ター、ホッフェンハイムDFニクラス・ズューレ、シティMFリロイ・サネはU-21ドイツ代表のメンバーに含められたため、今回はA代表には呼ばれなかった。

またドイツ国内では現在クラブで好調のドルトムントMFゴンサロ・カストロやボルシア・メンヒェングラッドバッハMFラース・シュティンドルの招集を求める声も挙がっていたが、彼らに声はかからなかったようだ。

チェコ戦と北アイルランド戦に臨むドイツ代表は、以下の22人。

GK

レノ(レヴァークーゼン)
ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)
テア・シュテーゲン(バルセロナ)

DF

ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)
ヘクトル(ケルン)
ヘヴェデス(シャルケ)
フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)
キミヒ(バイエルン・ミュンヘン)
ムスタフィ(アーセナル)
ルディ(ホッフェンハイム)

MF

ブラント(レヴァークーゼン)
ドラクスラー(ヴォルフスブルク)
ギュンドアン(マンチェスター・シティ)
ケディラ(ユヴェントス)
クロース(レアル・マドリー)
マイヤー(シャルケ)
ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
エジル(アーセナル)
ヴァイグル(ボルシア・ドルトムント)

FW

ゴメス(ヴォルフスブルク)
ゲッツェ(ボルシア・ドルトムント)
フォラント(レヴァークーゼン)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000014-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:03 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペイン代表、欧州予選のメンバー発表!セスクやアスピリクエタらが落選、イスコやカジェホンが復帰

【サッカー】セスクはまたも落選、イスコ、カジェホンが復帰/スペイン代表発表
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1475241869/
スペイン代表.jpg
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:24:29.34 ID:CAP_USER9

スペイン代表を率いるフレン・ロペテギ監督は30日、10月に行われるワールドカップ(W杯)欧州予選に向けたメンバーを発表した。

ロペテギ監督は前回同様、チェルシーで調子を落としているセスク・ファブレガスを招集しなかった。また、前回は招集されたセサル・アスピリクエタ、パコ・アルカセルやマルコ・アセンシオらも外れている。

一方で、今シーズンはまだ54分しかリーグ戦に出場していないイスコが復帰、またナポリで活躍を続けているホセ・カジェホンが2014年11月以来およそ1年11ヶ月ぶりに招集されている。

スペインはW杯欧州予選で6日にイタリア、9日にアルバニアと対戦する。今回招集されたメンバーは以下のとおり。

GK:

ぺぺ・レイナ(ナポリ/ITA)
ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド/ENG)
セルヒオ・リコ(セビージャ)

DF:

ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリー)
ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
ジェラール・ピケ(バルセロナ)
ハビ・マルティネス(バイエルン/GER)

MF:

コケ(アトレティコ・マドリー)
セルジ・ロベルト(バルセロナ)
サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー)
セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)
ダビド・シルバ(マンチェスター・シティ/ENG)
ルーカス・バスケス(レアル・マドリー)
ティアゴ・アルカンタラ(バイエルン/GER)
アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
イスコ(レアル・マドリー)

FW:

ホセ・カジェホン(ナポリ/ITA)
ビトーロ(セビージャ)
アルバロ・モラタ(レアル・マドリー/ESP)
ジエゴ・コスタ(チェルシー/ENG)
マヌエル・ノリート(マンチェスター・シティ/ENG)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000013-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:12 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

テベス、中国移籍か?「ここでは試合に負ければ娘を歯医者に連れて行く事もできない」半年間の給料未払いでアジアでの引退も検討か

【サッカー】テベスに中国移籍の可能性 アジアでの引退を検討か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1475230775/
テべスboka.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 19:19:35.52 ID:CAP_USER9.net

元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(32)が、中国で現役生活を終えることを検討しているようだ。伊サイト『calciomercato.com』が現地時間29日に伝えている。

 現在、故郷アルゼンチンのボカ・ジュニオルスに所属するテベスは先ごろ、ユヴェントスの情報サイト『juvenews.eu』に対し、現役引退の可能性に言及。「あり得ることだ。これから家族とその話をすることになる」と現役生活にピリオドを打つ可能性を示唆していた。

 同選手は「僕は疲れているし、自分が本音しか話さないことは誰もが知るところだ。欧州では試合が終われば日常生活に戻ることができる。でも、ここでは誰もがクレイジーなんだ。何もかもが試合次第。負ければ、娘を歯医者や病院に連れて行くことさえできない」とコメント。チームが敗れれば外出さえも叶わない状況になると明かし、そうした環境にうんざりしている様子を見せていた。

 『calciomercato.com』が『Tuttosport』の情報を元に伝えたところによると、テベスが抱えている問題はそれだけではないようだ。同選手はボカから6カ月も給料の支払いを受けておらず、中国へ移籍し、そのまま引退する可能性があるという。

 テベスは2006年にコリンチャンス(ブラジル)からウェストハムへの移籍で欧州へ渡ると、マンチェスターU、マンチェスターC(以上イングランド)を経てユヴェントス(イタリア)に加入。同チームでの2シーズンで96試合50得点を記録し、セリエA連覇などに貢献。15年に古巣ボカへ復帰した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000015-ism-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:48 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノイアーが争う0.1秒の世界 アトレティコ戦の失点シーンで腕を引っこめた理由とは?(関連まとめ)

【サッカー】ノイアーが失点シーンで腕を引っ込めたワケとは?0.1秒を争う世界最高峰の判断力
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1475192544/
ノイアー2016CL第2節.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 08:42:24.75 ID:CAP_USER9

GOAL 9月29日(木)11時53分配信

失点を許したノイアー/ Getty Images

バイエルン・ミュンヘンは28日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でアトレティコ・マドリーと対戦し、0−1と敗れた。試合後、GKマヌエル・ノイアーが『スカイ』の取材に応えている。

昨シーズンのCL準決勝でも相まみえた両チーム。アトレティコの前に決勝へ進むことができなかったバイエルンにとってリベンジマッチとなったが、敵地に乗り込んだ試合は昨シーズンと同じスコアでの敗戦となってしまった。ノイアーは試合について以下のように話している。

「また敗れてここから帰るのはもちろん悔しい。チャンスを作れたと思うが、僕たちにはアトレティコが僕たちと対戦するときに見せるような手強さがなかった。僕らがゴールを決めていたら、彼らも前に出てこなければいけなくなっていたので、僕たちにとっても少し楽だったかもしれない」

また、失点シーンでは腕を引っ込めたようにも見えたため、そのことに質問が及んだ。

「腕を引っ込めた?もちろんボールを通すためではなく、ゴールポストから跳ね返った場合に備えるためだよ。シュートに届かないのは分かったので、より早く立ち上がれるために手を地面につけたのさ。そうしたらグリエズマンがセカンドボールを狙っていた場合、決定的になり得た0.1秒早く反応できたかもしれないからね」

「ポストに当たるのかは予想できないが、自分がボールに手が届くか届かないかは分かる。ゴールの位置も把握しているし、非常に厳しいことは覚悟していた。ボールが跳ね戻る可能性も想定していた。なのでより早く立ち上がるために手を地面につけた。腕を伸ばしてたら、その後の状況に対応できなくなってしまうからね」

GOAL

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000004-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:11 | 大阪 ☁ | Comment(20) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【EL結果】瀬戸フル出場もトッティ3得点演出の活躍でローマは4-0大勝!吉田もフル出場!久保裕也が先発で終盤まで出場!南野は途中出場もシャルケが3-1快勝!フィオレンティーナが5-1大勝(関連まとめ)

[EL]吉田と瀬戸がフル出場、内田シャルケら6クラブが2連勝:グループリーグ第2節
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-01631720-gekisaka-socc
瀬戸とトッティ握手.jpg

ヨーロッパリーグ(EL)は28日、グループリーグ第2節を欧州各地で行った。

 B組のFW久保裕也が所属するヤングボーイズ(スイス)は敵地でアスタナ(カザフスタン)と対戦。最後まで互いにゴールネットを揺らせず、0-0で引き分けた。久保は後半アディショナルタイム1分にピッチを後にした。

 C組のFW武藤嘉紀が所属するマインツ(ドイツ)は敵地でガバラ(アゼルバイジャン)と対戦し、3-2で勝利した。先発出場した武藤は前半41分に先制点を決めるも、後半39分に負傷交代している。

 E組のMF瀬戸貴幸が所属するアストラ(ルーマニア)は敵地でローマ(イタリア)と対戦し、0-4で今大会2連敗を喫した。瀬戸は先発フル出場した。

 I組では日本人所属クラブ同士が対戦。DF内田篤人が所属するシャルケ(ドイツ)とFW南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)が対戦し、3-1でシャルケが今大会2連勝を飾った。内田は欠場。南野は後半20分から途中出場した。

 K組のDF吉田麻也が所属するサウサンプトンは敵地でハポエル・ベア・シェバ(イスラエル)と対戦し、0-0で引き分けた。また、DF長友佑都が所属するインテル(イタリア)は敵地でスパルタ・プラハ(チェコ)と対戦し、1-3で2連敗となった。なお、吉田は先発フル出場。長友はベンチ外となっている。

 2試合を終えて、シャルケやアポエル(キプロス)、ゼニト(ロシア)、アヤックス(オランダ)、シャフタール(ウクライナ)、クラスノダール(ロシア)の6クラブが2連勝スタートを切った。第3節は10月20日に行われる。

 以下、グループリーグ第2節結果

[A組]
フェネルバフチェ 1-0 フェイエノールト
マンチェスター・U 1-0 ゾリャ

[B組]
アスタナ 0-0 ヤングボーイズ
オリンピアコス 0-1 アポエル

[C組]
ガバラ 2-3 マインツ
サンテティエンヌ 1-1 アンデルレヒト

[D組]
ゼニト 5-0 AZ
ダンダーク 1-0 マッカビ・テルアビブ

[E組]
オーストリア・ウィーン 0-0 ビクトリア・プルゼニ
ローマ 4-0 アストラ

[F組]
ビルバオ 1-0 ラピド・ウィーン
ゲンク 3-1 サッスオーロ

[G組]
アヤックス 1-0 スタンダール・リエージュ
セルタ 2-0 パナシナイコス

[H組]
ゲント 2-0 コンヤスポル
シャフタール 2-0 ブラガ

[I組]
シャルケ 3-1 ザルツブルク
クラスノダール 5-2 ニース

[J組]
フィオレンティーナ 5-1 カラバフ
スロバン・リベレツ 1-2 PAOK

[K組]
スパルタ・プラハ 3-1 インテル
ハポエル・ベア・シェバ 0-0 サウサンプトン

[L組]
チューリヒ 2-1 オスマンルスポル
ステアウア・ブカレスト 1-1 ビジャレアル

40歳初戦でフル出場2アシスト! トッティ大活躍のローマ、瀬戸のアストラに快勝
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00498800-soccerk-socc


ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節が29日に行われ、ローマ(イタリア)とMF瀬戸貴幸のアストラ(ルーマニア)が対戦。瀬戸は先発メンバーに名を連ねた。

 15日のELグループステージ第1節で、プルゼニ(チェコ)を相手に敵地で1−1と引き分けに終わったローマ。大会初勝利を目指して臨むホームゲームでは、27日に40回目の誕生日を迎えたFWフランチェスコ・トッティやMFディエゴ・ペロッティ、MFモハメド・サラーらが先発メンバーに名を連ねた。

 5バックで守備を固めるアストラに対し、ローマはセットプレーから先制ゴールを記録する。演出したのはトッティだった。15分、右サイドで得たFKをゴール前へ蹴り込むと、走り込んだケヴィン・ストロートマンが左足ダイレクトで合わせた。

 さらに前半アディショナルタイムには、先制ゴールと近い位置からの直接FKを豪快に狙う。強烈なシュートはクロスバーに阻まれたが、こぼれ球をフェデリコ・ファシオが押し込んで追加点が決まった。前半は2−0で終了した。

 2点リードで後半を迎えたローマは攻撃の手を緩めない。47分、左サイド深くからのクロスに対して、クリアを試みたアストラのファブリシオがオウンゴール。ローマが3点目を記録した。

 さらに54分には、ペナルティーエリア手前でボールを持ったトッティが浮き球のスルーパスを供給。最終ラインの背後へ走り込んだサラーが左足で合わせ、相手GKの手を弾いたシュートがゴールへ転がり込んだ。

 トッティが2アシストを記録し、4ゴールを挙げて勝利を決定付けたローマ。さらなる追加点は決まらなかったものの、アストラに反撃を許さず、4−0と快勝を収めた。トッティはフル出場を果たしている。

 ローマの次戦は10月2日、セリエA第7節で日本代表DF長友佑都のインテルとホームで対戦。ELの次節は10月20日、オーストリア・ウィーン(オーストリア)をホームに迎える。

 一方、瀬戸がフル出場を果たしたものの敵地で完敗を喫したアストラ。ELの次節は10月20日、プルゼニとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
ローマ 4−0 アストラ

【得点者】
1−0 15分 ケヴィン・ストロートマン(ローマ)
2−0 45+2分 フェデリコ・ファシオ(ローマ)
3−0 47分 OG(ファブリシオ)(アストラ)
4−0 54分 モハメド・サラー(ローマ)

※一部タイトルにミスがありましたので修正しました

【サッカー】<UEFA-EL/第2節>インテルまさかの連敗…イブラやトッティ活躍でマンU&ローマが初勝利!武藤がEL初ゴール!
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1475204687/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:26 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテル、まさかのEL2連敗…カドレツに2失点しプラハに1-3で敗れる 長友佑都は出場せず(関連まとめ)

長友ベンチ外のインテル、プラハに3失点敗北。屈辱のEL2連敗で勝ち点ゼロ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160930-00010000-footballc-socc
カドレツ2016EL第2節ゴール.jpg

【スパルタ・プラハ 3-1 インテル ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ】

 現地時間29日にヨーロッパリーグ(CL)グループステージの試合が行われ、インテルはスパルタ・プラハと対戦。ヴャツラフ・カドレツなどにゴールを許し、インテルは1-3の敗戦を喫している。

 ここまでリーグ戦でベンチ入りしていた日本代表DF長友佑都は今回のプラハ戦ベンチ外となった。試合開始して7分、インテルのパスをカットしたプラハがカウンターを仕掛け、早いパス回しから最後はカドレツが先制点を決めた。

 さらに25分、ゴール前でセットプレーのチャンスを獲得したプラハはインテルの一瞬の隙を突いて早いリスタートから再びカドレツがゴールを決める。追いかける展開となったインテルは70分に点取り屋のマウロ・イカルディを投入。すると直後の71分にイカルディがパス回しに絡み最後はロドリゴ・パラシオがゴールを決めて1点差とする。

 しかし77分、プラハはセットプレーからマリオ・ホレクがヘディングシュートをゴールに叩き込み再び点差を広げた。結局、インテルの得点は1点にとどまり1-3の敗戦を喫している。初戦のハポエル・ベア・シェバ戦でも黒星をつけていたインテルはこれでEL2連敗の勝ち点ゼロとなってしまった。

【得点者】
7分 1-0 カドレツ(プラハ)
25分 2-0 カドレツ(プラハ)
71分 2-1 パラシオ(インテル)
76分 3-1 ホレク(プラハ)

セリエAを見るぞ!No.133
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1474295485/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:13 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イブラヒモビッチ、値千金ヘッドで決勝ゴール!マンUは苦しみながらもゾリャ下し今季EL初勝利

イブラが値千金の決勝弾! マンU、ホームで苦しみながらもEL初勝利
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00498796-soccerk-socc
イブラヒモビッチ2016EL第2節ゴール.jpg

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節が29日に行われ、マンチェスター・U(イングランド)とゾリャ・ルハーンシク(ウクライナ)が対戦した。

 15日のELグループステージ第1節で、フェイエノールト(オランダ)を相手に0−1と完封負けを喫したマンチェスター・U。黒星スタートとなり、是が非でも勝利が必要な状況で第2節を迎えた。ジョゼ・モウリーニョ監督は第1節には大幅にメンバーを変更して臨んだが、今節ではMFポール・ポグバやFWズラタン・イブラヒモヴィッチらを先発起用。FWウェイン・ルーニーはベンチスタートだった。

 マンチェスター・Uは20分、フアン・マタの左CKがファーサイドへ流れたところへマーカス・ラッシュフォードが反応。右足ダイレクトで合わせたが、クロスバーを直撃して先制ゴールとはならなかった。さらに39分、敵陣右サイドでのボール奪取からポグバがアーリークロス。ペナルティーエリア内のマタにピンポイントで届いたが、ヘディングシュートは枠を大きく越えた。前半は均衡が破られることなく、スコアレスで終了した。

 0−0で迎えた後半、マンチェスター・Uは66分にセットプレーからの二次攻撃でピンチを迎えたが、GKセルヒオ・ロメロのビッグセーブで事なきを得る。直後の67分、ルーニーが投入されてピッチに立った。

 すると2分後、マンチェスター・Uに先制ゴールを記録する。69分、右サイドの背後へのスルーパスで抜け出したティモシー・フォス・メンサーの折り返しにルーニーが合わせると、高く浮いたボールがペナルティーエリア左奥へ。反応したイブラヒモヴィッチが相手選手との競り合いを制し、上からたたきつける形でヘディングシュートを決めた。

 イブラヒモヴィッチの先制ゴールで均衡を破ったマンチェスター・Uは、85分にルーニーの右CKからマルアン・フェライニがボレーシュートを放ったが、枠の外へ。89分にイブラヒモヴィッチが放った直接FKは相手GKに阻まれた。

 結局、試合は1−0で終了。マンチェスター・Uは1点止まりだったものの、完封に成功して今大会初勝利を挙げ、1勝1敗の勝ち点3とした。次戦は10月2日、プレミアリーグ第7節でストークとホームで対戦。ELの次節は10月20日、フェネルバフチェ(トルコ)をホームに迎える。

【スコア】
マンチェスター・U 1−0 ゾリャ・ルハーンシク

【得点者】
1−0 69分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(マンチェスター・U)

† Red Devils Manchester United 1189 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1474722543/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:11 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンゲル監督、英代表の新監督候補に挙がるも「今はクラブに集中」元FA関係者が推薦

ヴェンゲル監督、イングランド代表新監督候補の噂にも「今はクラブに集中」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160929-00010023-footballc-socc
ベンゲル監督インタビュー.jpg

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、イングランド代表の新監督候補に挙げられることを嬉しく思うと認めながらも、現時点ではクラブでの仕事に集中していることを強調した。29日付の英メディア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 イングランドは現在、代表監督の不祥事による監督交代に揺れている。サム・アラダイス前監督は英紙『テレグラフ』の潜入取材によりスキャンダルを暴かれ、事実上の解任となる契約解消に追い込まれた。

 アーセナルを20年間率いてきたヴェンゲル監督は、その後任の有力な候補に挙げられている。今夏に退任したロイ・ホジソン元監督の後任候補に挙げられた際には、その時点であと1年残っていたアーセナルとの契約を全うすることを選んだが、イングランドサッカー協会(FA)はその契約満了後にヴェンゲル監督を迎えることを検討しているのだという。

 現地時間28日に行われたチャンピオンズリーグのバーゼル戦に勝利を収めた後、代表監督候補に挙げられることを嬉しく思うかどうかと質問を受けたヴェンゲル監督は、「もちろん」とコメント。その上で、「私は常にこのクラブを優先してきた。今シーズンが終わるまではここにいる。この仕事に全面的に集中している」と述べている。

 シーズンを終えてアーセナルとの契約が満了すれば、その後FAからの招聘に応じる可能性を否定していないとも言える。「私は常にアーセナルを優先している。シーズン末までにどれだけうまくやれるかを確認しなければならない」と、ヴェンゲル監督は来季以降の身の振り方についての明言は避けた。

 アラダイス前監督が去ったイングランド代表は、少なくとも年内はU-21イングランド代表監督のギャレス・サウスゲート氏が暫定的に指揮を執る。10月にはロシアワールドカップ欧州予選のマルタ戦とスロベニア戦、11月には同予選のスコットランド戦と、スペイン代表との国際親善試合が予定されている。

ヴェンゲルこそイングランド代表監督にふさわしい 「誰もがヴェンゲルのサッカーを愛している」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00010023-theworld-socc


信じられない形でサム・アラダイス政権が終了したイングランド代表は、2018ワールドカップへ向けて新たな監督探しに動いている。アラダイスの手腕に疑問を抱いていた一部の者からは歓迎の声も上がっているようだが、イングランド代表は今度こそふさわしい人物を指揮官に据えなければならない。

かつてイングランドサッカー協会(FA)でディレクター職を務めたデイビッド・デイビス氏は、現在アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲルこそふさわしいと考えている。ヴェンゲルは2017年までクラブとの契約が残っているが、デイビス氏は契約が終了するまで暫定政権で戦い、それからヴェンゲル政権として正式にスタートすべきだと持論を展開した。スペイン『MARCA』が伝えている。

「来週、あるいはクリスマスにアーセンの契約が切れるわけではない。だが、最終的には切れるし、彼は契約を全うしたがっている。それまでイングランド代表はやっていけるはずだ」

「アーセンは誰よりもイングランドのサッカーを知っている。彼は多くのクオリティをもたらせるはずだ。まず誰もがアーセンのサッカーを愛している。次に、彼は非常に鋭い戦術家だし、チームのメンタリティを理解している」

ヴェンゲルのスタイルは細かいパスを軸とした攻撃的なもので、それは前監督のロイ・ホジソンやアラダイスとは異なるものだ。アーセナルのような攻撃が代表でも実現できれば、なかなかに面白いチームが完成するだろう。

ヴェンゲルもイングランド代表を率いることに興味を示しているようだが、イングランド代表は今度こそふさわしい代表監督を迎えられるか。


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1075】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1474789664/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:36 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

ベッカム氏、来日し「くまモン」と初対面!熊本復興支援イベントで高校生と交流(関連まとめ)

【サッカー】ベッカム氏 くまモンと初対面、ハグ&日本風お辞儀であいさつ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1475138321/
ベッカム熊本支援イベント.jpg

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 17:38:41.48 ID:CAP_USER9

元イングランド代表MFのデビッド・ベッカム氏(41)が、くまモンと対面した。29日、都内で行われたチャリティーイベントの「マリーナベイ・サンズ 熊本応援フットサルマッチ」に出席。応援に駆けつけた熊本県のPRキャラクター、くまモンと笑顔でハグすると、日本風のお辞儀であいさつした。

約10年ぶりに来日したベッカム氏はU―16熊本代表の試合を観戦し、試合後は選手に直筆サイン入りの手紙、ボール、ユニホームなどプレゼント。「プレーのレベルの高さにビックリした。これからも頑張ってほしい」とメッセージを贈った。くまモンは「とてもスラ〜っとしていてかっこ良かったモン。共演できてうれしかったモン」と世界的スターとの初対面に感激の様子だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000129-spnannex-socc



ベッカムさん熊本の生徒と交流
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160929/5103791.html

熊本地震からの復興を支援しようと、サッカー、元イングランド代表のベッカムさんが29日、東京都内で、熊本県選抜の高校生のサッカー選手たちと交流しました。

元イングランド代表のデビッド・ベッカムさんは、ユニセフ・国連児童基金の親善大使を務め、災害などで被害にあった子どもたちへの支援を続けています。

29日は、熊本地震で被災した人たちを励まそうと、東京・中央区の勝どきスタジアムを訪れ、熊本県内の16歳以下の選抜チームと千葉県の大学生との練習試合を観戦しました。

ベッカムさんがハーフタイムに姿を見せると、会場から大きな歓声がわき起こり、写真撮影を求められると気軽に応じていました。

そして、選手たちがゴールを決めると笑顔で大きな拍手を送っていました。
試合のあと、ベッカムさんはサイン入りのサッカーボールや直筆の手紙を熊本の選手たちに手渡し、激励していました。

ベッカムさんは「困難なことや辛いこともあるでしょうが、笑顔を忘れず、強い気持ちで、みなで一丸となって乗り越えて欲しい」と話していました。

また熊本の高校生の江崎巧朗さん(16)は「ベッカムさんは憧れの選手です。色々な方たちに支えられていることを実感し、感謝しています」と話していました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:39 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プランデッリ元伊代表監督、バレンシア監督に就任へ!2年契約で合意か?

プランデッリ氏、リーガに初挑戦へ。バレンシアと2年契約で合意と報道
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160929-00010020-footballc-socc
プランデッリ監督.jpg

元イタリア代表監督のチェーザレ・プランデッリ氏が、2年ぶりにチームを率いに戻って来るようだ。28日にイタリアの『ジャンルカディマルツィオ.com』が報じている。

 プランデッリ氏はバレンシアと2年契約を結ぶことになるようだ。1週間前から始まった同氏の代理人とバレンシアとの交渉が合意に至り、現在詳細を詰めている段階だと報じられている。

 バレンシアは、今月の20日に今季のリーグ戦で全敗を喫したパコ・アジェスタラン監督を解任。その後クラブは後任監督として国際経験が豊富な指揮官を探しており、候補者リストの中で最上位に名前が書かれていたプランデッリ氏を後釜として選択したという。

 スペインの地で指揮を執ることは、プランデッリ氏にとって自身初挑戦となる。これまでフィオレンティーナやパルマ、そしてイタリア代表で指揮をして来た同監督は、2014年の7月8日に初めて国外のクラブであるトルコの強豪ガラタサライの指揮官に就任。しかし、クラブの期待とは裏腹にチャンピオンズリーグのグループリーグで最下位で敗退したため、11月27日に解任されている

☆☆☆VALENCIA C.F.part145☆☆☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1472336557/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:55 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アトレティコ、カラスコ決勝弾でバイエルンに勝利!ナポリはベンフィカに4-2勝利し連勝!バルサもBMG下し連勝 CL第2節(関連まとめ)

【サッカー】<UEFA-CL>アトレティコがバイエルン撃破!バルサとナポリも連勝、マンC、セルティックと打ち合いの末ドロー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1475107034/
カラスコ2016第2節ゴール.jpg
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 08:57:14.02 ID:CAP_USER9.net

■CLグループステージ第2節結果

(28日開催)
▼グループA
アーセナル(イングランド) 2−0 バーゼル(スイス)
得点
1−0 7分 セオ・ウォルコット(アーセナル)
2−0 26分 セオ・ウォルコット(アーセナル)

ルドゴレツ(ブルガリア) 1−3 パリ・サンジェルマン(フランス)
得点
1−0 16分 ナタナエル(ルドゴレツ)
1−1 41分 ブレーズ・マテュイディ(パリ・サンジェルマン)
1−2 56分 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
1−3 60分 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)

▼グループB
ベジクタシュ(トルコ) 1−1 ディナモ・キエフ(ウクライナ)
得点
1−0 29分 リカルド・クアレスマ(ベジクタシュ)
1−1 65分 ヴィクトル・ツィガンコフ(ディナモ・キエフ)

ナポリ(イタリア) 4−2 ベンフィカ(ポルトガル)
得点
1−0 20分 マレク・ハムシク(ナポリ)
2−0 51分 ドリース・メルテンス(ナポリ)
3−0 54分 アルカディウシュ・ミリク(ナポリ)
4−0 58分 ドリース・メルテンス(ナポリ)
4−1 70分 ゴンサロ・グエデス(ベンフィカ)
4−2 90+1分 エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)

▼グループC
ボルシアMG(ドイツ) 1−2 バルセロナ(スペイン)
得点
1−0 34分 トルガン・アザール(ボルシアMG)
1−1 65分 アルダ・トゥラン(バルセロナ)
1−2 74分 ジェラール・ピケ(バルセロナ)

セルティック(スコットランド) 3−3 マンチェスター・C(イングランド)
得点
1−0 3分 ムサ・デンベレ(セルティック)
1−1 11分 フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)
2−1 20分 OG(ラヒーム・スターリング)(マンチェスター・C)
2−2 28分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
3−2 47分 ムサ・デンベレ(セルティック)
3−3 55分 ノリート(マンチェスター・C)

▼グループD
ロストフ(ロシア) 2−2 PSV(オランダ)
得点
1−0 8分 ドミトリ・ポロズ(ロストフ)
1−1 14分 ダヴィ・プレパー(PSV)
2−1 37分 ドミトリ・ポロズ(ロストフ)
2−2 45+2分 ルーク・デ・ヨング(PSV)

アトレティコ・マドリード(スペイン) 1−0 バイエルン(ドイツ)
得点
1−0 35分 ヤニック・フェレイラ・カラスコ(アトレティコ・マドリード)

>>2以降につづく

サッカーキング
http://www.soccer-king.jp/news/world/cl/20160929/498339.html?cx_top=topix


2: Egg ★@\(^o^)/ c2ch.net 2016/09/29(木) 08:57:38.79 ID:CAP_USER9.net

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が28日に各国で行われた。

グループAではアーセナル(イングランド)がバーゼル(スイス)と対戦。イングランド代表FWセオ・ウォルコットが前半に2ゴールを挙げ、 2−0と快勝して今大会初勝利を収めた。またパリ・サンジェルマン(フランス)は敵地でルドゴレツ(ブルガリア)を3−1と逆転で破っている。

グループBでは、ナポリ(イタリア)がベンフィカ(ポルトガル)を相手にゴールラッシュ。
4点を先行し、最終的には4−2で勝利を収めて2連勝を果たした。ベジクタシュ(トルコ)とディナモ・キエフ(ウクライナ)は両者譲らず、1−1の引き分けとなっている。

グループCでは、バルセロナ(スペイン)が敵地でボルシアMG(ドイツ)を破って2連勝。 ボルシアMGはホームでの公式戦で約8か月間無敗だったが、1−2と逆転負けを喫している。

また、マンチェスター・C(イングランド代表)はセルティック(スコットランド)とアウェーで対戦し、3−3のドロー。 3度同点に追い付いたものの勝ち越しには至らず、公式戦連勝は「10」でストップした。

グループDでは今節屈指の注目カード、アトレティコ・マドリード(スペイン)とバイエルン(ドイツ)の一戦が行われた。 昨シーズンの準決勝と同じ顔合わせとなった一戦は、ホームのアトレティコ・マドリードが1−0で勝利。 グループステージ2連勝を果たした。ロストフ(ロシア)とPSV(オランダ)は打ち合いの末にドローに終わっている。

27日の結果を含め、グループステージ2連勝を果たしたのは4クラブ。ナポリ(グループB)とバルセロナ(グループC)、 アトレティコ・マドリード(グループD)、レスター(グループG)が勝ち点6を積み上げ、各組の首位に立っている。

(27日開催)

▼グループE
モナコ(フランス) 1−1 レヴァークーゼン(ドイツ)
得点
0−1 74分 ハビエル・エルナンデス(レヴァークーゼン)
1−1 90+4分 カミル・グリク(モナコ)

CSKAモスクワ(ロシア) 0−1 トッテナム(イングランド)
得点
0−1 71分 ソン・フンミン(トッテナム)

▼グループF
ドルトムント(ドイツ) 2−2 レアル・マドリード(スペイン)
得点
0−1 17分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
1−1 43分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
1−2 68分 ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード)
2−2 87分 アンドレ・シュールレ(ドルトムント)

スポルティング(ポルトガル) 2−0 レギア・ワルシャワ(ポーランド)
得点
1−0 28分 ブライアン・ルイス(スポルティング)
2−0 37分 バス・ドスト(スポルティング)

▼グループG
コペンハーゲン(デンマーク) 4−0 クラブ・ブルージュ(ベルギー)
得点
1−0 53分 OG(ステファノ・デンスウィル)(コペンハーゲン)
2−0 64分 トーマス・デレイニー(コペンハーゲン)
3−0 69分 フェデリコ・サンタンデール(コペンハーゲン)
4−0 90+2分 マティアス・ヨルゲンセン(コペンハーゲン)

レスター(イングランド) 1−0 ポルト(ポルトガル)
得点
1−0 24分 イスラム・スリマニ(レスター)

▼グループH
セビージャ(スペイン) 1−0 リヨン(フランス)
得点
1−0 53分 ウィサム・ベン・イェデル(セビージャ)

ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 0−4 ユヴェントス(イタリア)
得点
0−1 24分 ミラレム・ピアニッチ(ユヴェントス)
0−2 31分 ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス)
0−3 57分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
0−4 85分 ダニエウ・アウヴェス(ユヴェントス)

写真
http://soccerking-3e86.kxcdn.com/wp-content/uploads/2016/09/GettyImages-610934498aa.jpg

UEFAチャンピオンズリーグ日本語公式HP
http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/index.html

UEFAチャンピオンズリーグ|海外リーグ|スカパー!サッカー中継
http://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl

UEFAチャンピオンズリーグハイライト 日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/cldigest/

UEFAチャンピオンズリーグマガジン フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/uefamagazine/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:25 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング