アンテナ・まとめ RSS

2017年08月20日

アーセナル、ストークの新戦力ヘセの一撃浴び0-1で敗れる

アーセナル、猛攻実らず開幕2連勝を逃す…ストークがヘセの1点で勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00630010-soccerk-socc
エジル2017第2節ドリブル.jpg

プレミアリーグ第2節が19日に行われ、ストークとアーセナルが対戦した。

 試合は0−0で迎えた後半立ち上がりに動く。47分、スルーパスでペナルティエリア内左に抜け出したヘセ・ロドリゲスが左足でゴール右に流し込み、ホームのストークが先制した。

 1点を追うアーセナルは72分、エリア内へのパスに反応したアレクサンドル・ラカゼットが左足のシュートをゴールに突き刺す。しかし、オフサイドの判定で得点は認められなかった。

 その後はアーセナルが猛攻を仕掛けたが、最後までゴールを割ることはできず、試合は1−0でタイムアップを迎えた。ストークはこれで今シーズン初白星、一方のアーセナルは初黒星となり、開幕2連勝を逃した。

 次節、ストークは27日にウェスト・ブロムウィッチと、アーセナルは同日リヴァプールと、それぞれアウェイで対戦する。

【スコア】
ストーク 1−0 アーセナル

【得点者】
1−0 47分 ヘセ・ロドリゲス(ストーク)

SOCCER KING
【Gunners】 Arsenal F.C.【part1165】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1503164300/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、マネ決勝ゴールで今季初勝利!新戦力ロバートソンとソランケが躍動

リヴァプール、マネの決勝ゴールでクリスタル・パレス下し今季初勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00629979-soccerk-socc
マネ2017第2節ゴール.jpg


プレミアリーグ第2節が19日に行われ、リヴァプールがクリスタル・パレスと対戦した。

 移籍報道が絶えないフェリペ・コウチーニョが招集外のリヴァプールは、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ、ダニエル・スターリッジらが先発入り。対するクリスタル・パレスは古巣との対決になるクリスティアン・ベンテケらがスタメンに入った。

 フィルミーノの強烈なミドルシュートやベンテケの決定的なシュートなど、一進一退の攻防が続いたゲームが動いたのは後半の半ば過ぎだった。

 69分、左サイドからワンツーでマネがペナルティエリアに進入。コントロールに失敗したが、こぼれ球をドミニク・ソランケが触る。これがDFに当たってマネの下にくると、迷わずシュート。ゴール左に押し込みリヴァプールが待望の先制点を決める。

 その後もマネ、フィルミーノ、モハメド・サラーを中心に攻め立てるが追加点は奪えず試合終了。開幕戦を引き分けたリヴァプールが今シーズン初勝利を上げた。

 次節、リヴァプールは27日にホームでアーセナルと、クリスタル・パレスは26日にホームでスウォンジーと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 1−0 クリスタル・パレス

【得点者】
1−0 69分 サディオ・マネ(リヴァプール)

〓〓 Liverpool FC 〓 805 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1503153070/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ルカク・ポグバ・マルシャル2戦連続ゴールでスウォンジーに4-0大勝!ムヒタリアン2アシストでゴールラッシュ演出

マンチェスター・Uが敵地でスウォンジー相手に4発快勝…開幕2連勝を飾る/プレミアリーグ第2節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000027-goal-socc
ルカク2017第2節ゴール.jpg


■プレミアリーグ第2節
スウォンジー 0−4 マンチェスター・ユナイテッド

得点者
マンチェスター・U:バイリー(45分)、ルカク(80分)、ポグバ(82分)、マルシャル(84分)

開幕戦でウェスト・ハム相手に4−0で快勝したマンチェスター・Uは、第2節敵地でのスウォンジーとの一戦に臨んだ。

スウォンジーは攻撃の要だったアイスランド代表MFギルフィ・シグルズソンがエヴァートンに移籍決定。そのため、この試合では苦戦が予想されたが、組織的な守備を披露し、格上のマンチェスター・Uになかなか決定機を与えない展開が続く。

試合は前半終了間際にスコアが動いた。マンチェスター・UはCKのチャンスからポール・ポグバがヘディングで合わせ、バーに弾かれてバウンドしたところをエリック・バイリーが押し込んで、先制ゴールを記録した。

マンチェスター・Uの1点リードで試合はハーフタイムを迎える。

後半に入っても一進一退の攻防は続くものの、両チームともになかなかネットを揺らすことができず。74分にマンチェスター・Uは2枚替えを見せ、マルアーヌ・フェライニを投入し、セントラルMFのポール・ポグバを1列前にスライドさせる采配を見せた。

すると80分、後方からのフィードをロメル・ルカクが一度落とし、混戦の中からヘンリク・ムヒタリャンが再びルカクにラストパスを送る。ルカクが冷静に左足で押し込んで追加点を記録した。

その直後の82分にはマンチェスター・Uがセンターサークル付近でボールを奪うと、ショートカウンターを展開。最後は裏に抜け出したポグバがループシュートでネットを揺らし、3−0とした。

集中力の切れたスウォンジー相手にマンチェスター・Uは容赦せず、84分には再びカウンターからマルシャルがゴールを決めて、点差を4点に広げている。試合はこのまま90分が終了。

マンチェスター・Uは第1節のウェスト・ハム戦に続いて、2試合連続4−0で勝利する形になり、開幕2連勝を飾っている。

† Red Devils Manchester United 1241 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1503128910/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:17 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

埼スタの浦和×FC東京戦、雷雨で2度の延期に…1時間遅れのキックオフ

埼スタの浦和vsFC東京が雷雨で2度延期…1時間遅れのキックオフに
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-01643134-gekisaka-socc
浦和大雨03.jpg


Jリーグは19日、埼玉スタジアムで19時から行われる予定だったJ1第23節の浦和レッズ対FC東京が雷雨の影響により、キックオフ時間が変更となったことを発表した。当初は19時38分への変更だったが、さらに延期され、20時開始となっている。

 前節終了時点で同じ勝ち点33で並ぶ8位の浦和と9位のFC東京。上位浮上を目指す注目の直接対決は、1時間遅れで行われることになった。

◆篠田ファンハール論争レッズ本スレ◆
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/wc/1503026091/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:36 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテルDFムリージョ、バレンシア移籍決定!買取義務付きの2年レンタル!コンドグビアとカンセロのトレード案も

インテルCBのバレンシア移籍が決定。完全移籍前提の2年レンタル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170819-00226869-footballc-socc
ムリージョ2015インテル.jpg

バレンシアは現地時間18日、インテルからDFジェイソン・ムリージョを獲得したことを発表した。

 2シーズンをインテルで過ごしたコロンビア代表のムリージョは、完全移籍を前提とした2年間のレンタルとなる。

 同選手はバレンシアの公式サイトで、「スペインの偉大なクラブへの扉を開いてくれた神様に感謝している。ここに来ることができてうれしい」と語った。

 ムリージョはインテルで69試合に出場し、3ゴールを挙げている。セリエA開幕直前にディフェンスラインに大きな動きが起きているインテル。これから動きがありそうだ。

無断欠席のコンドグビア、バレンシアにトレード加入の可能性…カンセロがインテルへ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00000013-goal-socc


今夏の移籍を希望しているインテルのMFジェフリー・コンドグビアはDFジョアン・カンセロとのトレードでバレンシア入りする可能性が高くなった。イタリアメディア『スカイスポーツ』が14日、伝えている。

インテルとバレンシアの両クラブは現在、買い取りオプション付きのレンタル移籍という形で、2選手のトレードを実現させようと交渉を進めている。24歳のコンドグビアはバレンシア移籍を熱望しており、インテルの招集に応じず、11日から練習への欠席を続けている。すでにチーム内では蚊帳の外となっており、ルチアーノ・スパレッティ率いるインテルは代わりに補強ポイントとなっている右サイドバックの選手をバレンシアから獲得することで、状況を打開したい方針だ。

なお、コンドグビアの無断欠席には指揮官およびインテル幹部が不快感を示しており、もし欠席が今後も続くようであれば、罰金のみならず、無期限の活動停止処分も視野に入れることを検討している。

コンドグビアは2015年に2500万ポンド(約36億円)の移籍金でモナコからインテルに加入。2シーズンで公式戦56試合に出場し、2ゴールを挙げている。一方、カンセロはベンフィカの下部組織出身。2014年にレンタルでバレンシアに加入し、1年後に完全移籍を果たした。2015年からはレギュラーに定着している。

☆☆☆VALENCIA C.F.part148☆☆☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1496326885/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:05 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルサ、コウチーニョ獲得で3度目のオファーも リバプールは拒否(関連まとめ)

リヴァプール、コウチーニョに対するバルサの160億円オファーを拒否
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503117234/
コウチーニョ2017リバプールPSM03.jpg

1: pathos ★@\(^o^)/ 2017/08/19(土) 13:33:54.41 ID:CAP_USER9.net

リヴァプールが、フィリペ・コウチーニョ獲得のためにバルセロナが提示した1億1400万ポンド(約160億円)のオファーを拒否したことが分かった。

今夏、退団したネイマールの穴埋め役としてコウチーニョ獲得を強く望んでいるバルセロナは、リヴァプールに3度目の正式オファーを提示。以前提示した7200万ポンド(約104億円)、9000万ポンド(約127億円)のオファーよりもさらに高額なオファーを送ったものの、リヴァプール側はこのオファーにも応じるつもりがないようだ。

コウチーニョは先週、”トランスファー・リクエスト”を提出したが、今夏の移籍市場で同選手を売却する意志のないリヴァプールのスタンスは明確であり、ブラジル代表MFは移籍市場閉幕後もアンフィールドでプレーすると主張している。

また、今週に入ってからバルセロナのゼネラルマネージャー、ジョゼップ・セグラ氏がコウチーニョ獲得に近づいていると言及。しかし、リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督はこの発言に対して「他人が何と言っているかなんて私は知らない。ましてや彼のことも知らないし、会ったこともない」とうわさを完全否定していた。

なお、背中の故障を理由に開幕戦を欠場したコウチーニョは、ホーム開幕戦となる第2節のクリスタル・パレス戦でも出場を回避することが決定的となっている。

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000004-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(37) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユベントス、仏代表MFマテュイディをPSGから獲得を公式発表!(関連まとめ)

ユーヴェ、パリSGからフランス代表MFマテュイディを獲得...30歳で初の国外挑戦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000041-goal-socc
マテュイディユベントス入団.jpg

ユヴェントスは、パリ・サンジェルマンからフランス代表MFブレーズ・マテュイディを獲得したと発表している。

16日にトリノに到着したマテュイディは、メディカルチェックをパスしてユヴェントスと3年契約を結んでいる。最初に支払われる移籍金は2000万ユーロ(約26億円)だが、同選手の出場数に応じて最大3050万ユーロ(約39億円)まで上昇する可能性があると報じられている。

ユヴェントスは今夏、すでにフェデリコ・ベルナルデスキ、ヴォイチェフ・シュチェスニー、マッティア・デ・シリオ、ドグラス・コスタらを獲得。中盤のオプションとして期待されるマテュイディは、その他の新戦力とともに19日に行われる開幕戦のカリアリ戦でセリエAデビューを果たす可能性がある。

トロワ、サンテティエンヌでプレーした後、パリSGに6年間在籍したマテュイディは、同クラブで295試合に出場し、33ゴールをマーク。4度のリーグ制覇を含む16ものタイトル獲得に貢献していた。なお、30歳の同選手にとって、フランス国外でプレーするのは今回が初となる。

セリエAをみるぞ!No.150
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1501596122/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、新戦力ズーレ・トリッソ弾で開幕戦3-1快勝!初のビデオ判定でPK獲得も(関連まとめ)

【サッカー】<ブンデスリーガが開幕!>新戦力躍動!バイエルンが3発快勝で開幕戦制す!初のビデオ判定も...
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503092478/
バイエルン2017開幕戦.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/19(土) 06:41:18.52 ID:CAP_USER9.net

【スコア】
バイエルン 3−1 レヴァークーゼン

【得点者】
1−0 9分 ニクラス・ズーレ(バイエルン)
2−0 19分 コランタン・トリソ(バイエルン)
3−0 53分 ロベルト・レヴァンドフスキ(PK)(バイエルン)
3−1 65分 アドミル・メーメディ(レヴァークーゼン)

ブンデスリーガ公式日本語
http://www.bundesliga.com/jp/news/バイエルンが今季も盤石のスタート.jsp


ブンデスリーガが18日に開幕し、バイエルンとレヴァークーゼンが対戦した。

 2017−18シーズンのブンデスリーガが開幕した。金曜日開催となった開幕戦は、5連覇王者のバイエルンが昨シーズン12位のレヴァークーゼンをホームに迎えての一戦。キックオフ直前にはバルセロナ市で起きたテロ事件の犠牲者に捧げる黙祷が行われた。

 バイエルンは主将のGKマヌエル・ノイアー、DFジェローム・ボアテング、MFチアゴら主力選手と、新加入MFハメス・ロドリゲスも負傷で欠いたが、この日は新戦力が躍動した。

 開始9分、元ホッフェンハイムのコンビによって新シーズン第1号が生まれる。左サイドでFKを獲得したバイエルンは、セバスティアン・ルディがペナルティエリア内にボールを送ると、ファーのニクラス・ズーレが頭で合わせてゴール左隅に沈めた。

 19分には、またも新加入選手がゴールを決める。右CKのセカンドボールを拾ったアルトゥーロ・ビダルが浮き球パスを送り返すと、ゴール前右に残っていたコランタン・トリソが頭でゴール右隅に押し込み、バイエルンが追加点を挙げた。

 さらにバイエルンは23分、パス交換からエリア内右のトリソが右足シュートを放つが、これは相手GKの体に当たってわずかにコースが変わり、左ポストに弾き返された。試合が進むに連れて雨が強まる中、両チームとも決定的なチャンスを作ることができず、前半はバイエルンの2点リードで折り返す。

 後半に入ってバイエルンは51分、ロベルト・レヴァンドフスキがエリア内で倒されると、一度は流されたものの、ビデオ判定によってPKを獲得。今シーズン導入されたビデオ判定が開幕戦でさっそく活用された。53分、レヴァンドフスキが自らPKキッカーを務め、ゴール右隅に決めて追加点を挙げた。

 3点ビハインドとなったレヴァークーゼンは65分に反撃が実る。左サイドからパスを繋ぐと、中央のユリアン・ブラントからの横パスを、エリア内右に走り込んだアドミル・メーメディがダイレクトで右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

 だが、レヴァークーゼンの反撃は続かず、試合はこのままタイムアップ。ホームのバイエルンが3−1で開幕戦を制し、シーズン白星スタートを飾った。

 バイエルンは次節、26日に敵地でブレーメンと対戦。レヴァークーゼンは同日にホッフェンハイムをホームに迎える

8/19(土) 5:41配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00629499-soccerk-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170819-00629499-soccerk-000-5-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 09:26 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

マンU、ロッベン獲得を検討か?モウリーニョ監督と再タッグの可能性

マンUが33歳ロッベン獲得を検討か…モウリーニョと再タッグの可能性も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-01643122-gekisaka-socc
ロッベンとモウリーニョチェルシー時代.jpg

マンチェスター・ユナイテッドがバイエルンに所属するオランダ代表MFアリエン・ロッベン(33)獲得を検討しているようだ。英『デイリー・メール』が報じた。

 ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、今夏ウインガーの補強を熱望。インテルのMFイバン・ペリシッチ獲得に向けた動きが報じられてきたが、交渉はうまく進んでおらず、獲得には至っていない。

 そうした中、ユナイテッドはモウリーニョ監督のチェルシー時代の教え子であるロッベンにターゲットを変更。バイエルンとの契約が今シーズン終了までとなっている33歳のロッベンは、クラブが若返りにシフトし始めたことで出場機会減少を指摘されている。


† Red Devils Manchester United 1240 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1502643988/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:56 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナルDFガブリエウ、バレンシア移籍が秒読み!メディカルチェックでスペイン入り

ガブリエウがメディカルチェックのためバレンシア入り…加入は秒読み段階に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00629106-soccerk-socc
ガブリエウアーセナル.jpg


 アーセナルに所属するブラジル代表DFガブリエウがバレンシアへ移籍することが決定的となったようだ。17日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 バレンシアは以前からガブリエウの獲得に関心を持っていると報じられてきており、今シーズンから指揮を執るマルセリーノ・ガルシア・トラル監督も「ガブリエウは私たちのリーグを知っていて、スペイン語も話すことができる。彼がチームに加入することになっても、すぐに環境に馴染むことができるだろう」と好意的なコメントを残していた。

 ガブリエウは同紙に対して「今はとても幸せだよ。監督とは何回か話をしたし、どのようなサッカーをしたいのかも理解できているつもりだよ」とコメントしているという。

 ガブリエウは現在ひざの負傷によって離脱しているが、間もなく全体練習に復帰できる模様だという。このままバレンシアへの加入が決定したならば、27日に行われるリーガ・エスパニョーラ第2節のレアル・マドリード戦でデビューとなる可能性もあるようだ。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1163】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1502774490/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、元マンUエバンス獲得に35億円の再オファーか?(関連まとめ)

マンC、元マンUのエヴァンスに再びオファー提示か…移籍金は約35億円
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00628891-soccerk-socc
エバンスWBA.jpg

 マンチェスター・Cは先日、エヴァンス獲得のために移籍金1800万ポンド(約25億円)でのオファーを提示した。しかし、ウェスト・ブロムウィッチ側にエヴァンス売却の意思がないことが理由でオファーを却下されていた。

 今回の報道によると、マンチェスター・Cはエヴァンスの獲得をまだ諦めておらず、移籍金を2500万ポンド(約35億円)に増額したオファーを再提示する模様だという。

 エヴァンスは12日に行われたプレミアリーグ開幕戦のボーンマス戦をハムストリングの負傷の影響から欠場していた。エヴァンスは負傷の影響でコンディションが万全でないため、19日に行われるプレミアリーグ第2節のバーンリー戦も欠場する見込みとなっている。

 また、ウェスト・ブロムウィッチはエヴァンスがチームを離れる場合に備えて、トッテナムに所属するオーストリア代表DFケヴィン・ヴィマーの獲得を狙っていると見られている。

BLUEMOONマンチェスターシティ 230cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1502810531/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ELPOまとめ】ミラン、モントリーボとAシウバ2ゴールで6-0大勝!エバートンは2-0先勝!酒井宏樹フル出場のマルセイユはドロー!(関連まとめ)

ミラン、A・シウヴァ2Gなどで6発圧勝、酒井宏樹フル出場のマルセイユはドロー/EL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000011-ism-socc
モントリーボ2017ELPO第1戦ゴール.jpg

 ヨーロッパリーグ(EL)は現地時間16日(以下現地時間)から17日にかけて、予選プレーオフ・ファーストレグが各地で行なわれ、ミラン(イタリア)がシュケンディヤ(マケドニア)に6対0で圧勝した。

 4シーズンぶりの欧州カップ戦出場となったミランは、新加入のアンドレ・シウヴァが2ゴールを挙げたほか、モントリーヴォも2ゴール。同じく新加入のボリーニもネットを揺らすなど、ホームで圧勝を収めた。

 酒井宏樹が所属するマルセイユ(フランス)はドムジャレ(スロベニア)と敵地で1対1のドローとなったが、アウェイゴールを手にしている。酒井はフル出場した。南野拓実所属のザルツブルク(オーストリア)は、敵地でヴィトルル(ルーマニア)に3対1で先勝と、突破に向け優位に立った。南野は81分から出場している。

 そのほか、エヴァートン(イングランド)はホームでハイドゥク・スプリト(クロアチア)を2対0で下し、先勝を飾った。

■□■□╋ AC MILAN パート726☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1501396325/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:39 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング