アンテナ・まとめ RSS

海外サッカー

レアル、セルヒオ・ラモスのパネンカ決勝PK弾で10人のべティスに3-2勝利!今季初白星

レアルが1人少ないベティスに逆転勝利!…S・ラモスのパネンカが決勝弾で今季初勝利
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac5a9e7d71c64ef383558cbfe89718c0bb2d5cc5
セルヒオ・ラモス20-21第3節ゴール.jpg

 26日にリーガ・エスパニョーラ第3節が開催され、ベティスとレアル・マドリードが対戦した。

 前節レアル・ソシエダと引き分けて今季初勝利を目指すレアル・マドリードは、攻撃陣にFWカリム・ベンゼマ、FWルカ・ヨヴィッチ、MFマルティン・ウーデゴーアらを起用。敵地で、開幕2連勝中のベティスとの試合に臨んだ。

 序盤に訪れたベティスの決定機をGKティボー・クルトワがスーパーセーブで退けると、14分、レアル・マドリードにチャンスが訪れる。右サイドのタッチライン際からベンゼマがクロスをあげると、ニアに入り込んでいたMFフェデリコ・バルベルデが右足でシュート。これがネットを揺らし、幸先よくレアル・マドリードが先制に成功する。

 しかし、直後に迎えた決定機をDFセルヒオ・ラモスが外して追加点を逃すと、ベティスにも流れが訪れる。35分、ショートコーナーからMFセルヒオ・カナレスが正確なクロスをあげると、ゴール前で待っていたDFアイサ・マンディが頭で合わせ同点に。さらに37分、左サイドからボールを受けたMFウィリアム・カルヴァーリョが左足でハーフボレーを放つと、これがクルトワの手を弾いたゴールを割った。

 前半を1点ビハインドで折り返したレアル・マドリードは後半開始から反撃に出る。48分、右サイドに展開すると、DFダニエル・カルバハルの絶妙なクロスをベティスのDFエメルソン・アパレシドがクリアしきれず、ボールはそのままゴールに。試合は2−2の振り出しに戻る。

 すると64分、試合の流れを大きく左右するシーンが生まれる。ベンゼマのスルーパスにヨヴィッチが抜け出すと、GKとの1対1を迎えたところでエメルソンが背後から接触。VARでの確認の末、エリア外での決定機阻止という判定でエメルソンにレッドカードが提示された。

 勝ち越しゴールが欲しいレアル・マドリードは79分、カルバハルの浮き球パスに途中出場のFWボルハ・マジョラルが抜け出す。するとこの守備に入ったDFマルク・バルトラが身体を入れた際にハンドしてしまい、VARチェックの後にPKが与えられた。これをS・ラモスがパネンカで決めてみせ、レアル・マドリードが再逆転を果たした。

 試合はこのまま終了。レアル・マドリードは今季のリーガで初勝利を収めた。一方の好調ベティスは、エメルソンの退場も響いて今季初の敗戦となった。

 次節、ベティスは29日にアウェイでヘタフェと、レアル・マドリードは30日にホームでバジャドリードと対戦する。

【スコア】
ベティス 2−3 レアル・マドリード

【得点者】
0−1 14分 フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリード)
1−1 35分 アイサ・マンディ(ベティス)
2−1 37分 ウィリアム・カルヴァーリョ(ベティス)
2−2 48分 エメルソン・アパレシド(オウンゴール/レアル・マドリード)
2−3 82分 セルヒオ・ラモス(PK/レアル・マドリード)

◆◇El Blanco Real Madrid 1074◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1600671328/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒井宏樹、マルセイユへの思い語る「自分を救ってくれた」「欧州でのキャリアをここで終わらせたい」

【サッカー】<酒井宏樹>「自分を救ってくれた」マルセイユへの本音を吐露「キャリアをここで終わらせたい…」 [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601213717/
酒井宏樹20-21マルセイユ.jpg
1: Egg ★ 2020/09/27(日) 22:35:17.54 ID:CAP_USER9.net

南フランスで格闘を続けてきたサムライ戦士が、その胸の内を明かした。マルセイユに所属する日本代表DFの酒井宏樹だ。

【動画】ネイマールと酒井宏樹が激闘! 波乱に満ちたパリSG戦のハイライトはこちら

現在30歳の酒井は、2016年の夏にハノーファーからマルセイユに加入。時には本職の右SBだけでなく、左でも起用され、2017-18シーズンにヨーロッパリーグ(EL)決勝進出に貢献するなど、不可欠な戦力となった。
9月20日に行なわれたリーグ・アン第4節のリール戦では、通算150試合出場を達成している。

現地時間9月13日に開催された王者パリ・サンジェルマンとの「フランス版クラシコ」では、敵エースのネイマールを見事に封じ込めるなど好パフォーマンスを披露。今シーズンも好調を維持しているサムライ戦士が、
クラブの公式インタビューで、「このようなクラブで150試合プレーできたということを誇りに思います」と、マルセイユでの約4年間を振り返っている。

「(加入当時にこれほどプレーできるとは)まったく思っていませんでしたし、1年目から試合に使ってもらえたことを嬉しく思います。1試合、1試合を全力でやってきて、その積み重ねでこの150試合という記録に辿り着けたと思うので、
本当に誇りをもってプレーしています」

さらに「ここでプレーする意味を本当に大きく感じていますし、日本の皆さんが思っている以上にここでの戦いはすごく激しく、責任が大きい」と、フランスでも指折りの人気クラブでプレーすることの重責を語った酒井は、マルセイユへの感謝も口にしている。

「マルセイユは、僕にとっては自分を救ってくれたクラブであると思います。希望としては、ヨーロッパでのキャリアをここで終わらせたいですし、次に選ぶ道は日本という形が僕の中でいま一番理想の道筋です。
ドイツで2部に降格した自分に声をかけてくれたのはマルセイユですし、ヨーロッパで僕の行きたいチームから声がかからなかった場合は日本に帰ろうと思っていたので、それが(救ってくれたと言った)理由ですね」

フランスで邁進を続ける30歳は、まだまだ欧州の第一線で活躍できるだろう。この先のキャリアからも目が離せない。

9/27(日) 15:42配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/894e96df5fe02d1ef866e421d779611d7b7bf127



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元英代表MFベッカム氏、蜂蜜ブランド設立へ!ロックダウン中に養蜂にはまる

ベッカムがハチミツブランド設立へ ロックダウン中に養蜂にハマる [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601137662/
ベッカム養蜂.jpg

1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/09/27(日) 01:27:42.70 ID:CAP_USER9.net

9/26(土) 23:30
デイリースポーツ

ベッカムがハチミツブランド設立へ ロックダウン中に養蜂にハマる
デビッド・ベッカム
 デビッド・ベッカム(45)がオーガニックのハチミツ製造に乗り出す。

 ロックダウン中にミツバチの飼育を始めたデビッドだが、その世話にはまっているそうで、趣味が高じて遂にベッカムブランドのハチミツ販売となるようだ。

 ザ・サン紙によるとブランド名には「D Bee」「Seven Honey」「Goldenbees」といった候補が挙がっていて、スタッフらは既に仕入れ業者やメーカーなど可能性のある取引先とのミーティングを開始しているという。

 関係者はこう話す。

 「養蜂はロックダウンが始まった頃、趣味として始めたものです。しかし現在、デビッドはちょっと入れ込んでますね。全ての用具を揃え、巣箱も製作しました。多忙なロンドンやマイアミでの生活に対する解毒剤だと感じています。一方でデビッドは非常に頭もきれますから、今人々から求められている本物の、クリーンでナチュラルなブランドとして素晴らしいビジネスプランもすでに作り上げています。でも金儲けの為ではなく、真に情熱を注いだプロジェクトなのです」

 そんなデビッドは最近、アフターシェイブローション、ボールド・インスティンクトを発売しイギリスにてトップの売り上げを記録、他にもサングラス、ヘイグ・ウイスキーとのパートナーシップ、MLSのクラブ、インター・マイアミの発足と幅広い事業を手掛けている。

 更には自身の人生を描くドキュメンタリーシリーズの制作も計画しているそうで、引退及び同クラブ設立までの軌跡に焦点を当てつつ、ヴィクトリア・ベッカムとの結婚や4人の子供といったプライベートな事柄まで網羅する内容だという。(BANG Media International/デイリースポーツ)

https://amd.c.yimg.jp/im_sigg_HDiraalQz4yAJiqCr6Bgw---x640-y640-q90-exp3h-pril/amd/20200926-00000158-dal-000-1-view.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/8bca968d25ed6c64a4eef0387ae2c75bee77a05c



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、まさかの1-4大敗…ホッフェンハイムに敗れ5大リーグ最長の23連勝はストップ ドルトムントも早くも敗戦 ブンデス第2節(関連まとめ)

3冠王者バイエルンまさかの大敗。5大リーグ最長記録の23連勝がストップ
https://news.yahoo.co.jp/articles/46201a3a88cdb2d688e24ff4684467c0b21fa356
ホッフェンハイム20-21第2節バイエルン戦.jpg


ドイツ・ブンデスリーガ第2節のホッフェンハイム対バイエルン・ミュンヘン戦が現地時間27日に行われ、ホームのホッフェンハイムが4-1で勝利を収めた。バイエルンは公式戦の連勝記録が23試合でストップしている。

 試合は序盤からホッフェンハイムが2点を先行する展開。バイエルンもヨシュア・キミッヒが1点を返したが、終盤には開幕戦でもハットトリックを達成していたFWアンドレイ・クラマリッチが2点を加えてホッフェンハイムが突き放した。


 バイエルンは24日に行われたUEFAスーパーカップのセビージャ戦に勝利を収めた時点で公式戦23連勝。レアル・マドリードが2014年に達成していた22連勝を上回り、欧州5大リーグのクラブとしては史上最長の連勝記録を樹立したが、その記録も途切れることになった。

 バイエルンが前回勝てなかった試合は今年2月9日にRBライプツィヒと0-0で引き分けた試合。その後はリーグ戦で14勝、DFBポカール(ドイツ杯)で3勝、チャンピオンズリーグで5勝、UEFAスーパーカップで1勝の計23勝を重ねて昨季の全タイトルを獲得していた。

 バイエルンの敗戦は昨年12月7日のボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦以来。ハンジ・フリック監督はその時点では暫定監督だったが、正式に就任してからは初の黒星となった。

ドルトムント早くも黒星… 攻撃陣沈黙でアウグスブルクの連勝スタートを許す《ブンデスリーガ》
https://news.yahoo.co.jp/articles/4a3749e6514335778cc76b04e16b2fc1f74b34cb

ドルトムントは26日、ブンデスリーガ第2節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。

ボルシアMGとの強豪対決となった開幕戦をハーランドのドッペルパックとレイナのブンデス初ゴールで3-0の快勝発進としたドルトムントは、ボルシアMG戦のスタメンから負傷したT・アザールに代えてラファエウ・ゲレイロのみを変更した。

開幕戦のウニオン・ベルリン戦を3-1と勝利したアウグスブルクに対し、[3-5-2]で臨んだドルトムントは、2トップにハーランドとサンチョ、インサイドにベリンガムとレイナ、アンカーにヴィツェルを据えた。

そのドルトムントが攻勢をかける展開で立ち上がっていくと、ベリンガムやヴィツェル、サンチョが枠内シュートを浴びせていく。

そして28分にはフンメルスのロングフィードに抜け出したサンチョがボックス左からシュートに持ち込む決定機を迎えるも、GKの守備範囲に飛んでしまう。

すると40分、ワンチャンスを生かされて失点してしまう。左サイドからのカリジウリのFKをウドゥオカイにヘディングで決められた。

迎えた後半、54分にドルトムントはリードを広げられる。スルーパスに抜け出されたカリジウリにボックス中央へ侵入され、シュートを流し込まれた。

2点を追うドルトムントはロイスとブラントを投入。そして69分にはヘイニエルが投入されたが、終盤にかけても攻めあぐねる状況が続いた。

89分にようやくサンチョのスルーパスを受けたハーランドがシュートに持ち込んだが、GKの好守に阻まれ、0-2で敗戦。2戦目にして早くも黒星を喫することとなった。

【3冠王者】FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 294
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1600966217/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスター、ヴァーディ圧巻ハットでマンCに5-2大勝しクラブ史上初の開幕3連勝!ペップ監督はキャリア初の5失点

レスターがヴァーディのハットで初のPL開幕3連勝! シティはペップ監督キャリア初5失点大敗…《プレミアリーグ》
https://news.yahoo.co.jp/articles/f2ffc499da9e9dccee6a92a0883c5f73e6e1fb27
ヴァーディ20-21第3節ハット.jpg


プレミアリーグ第3節、マンチェスター・シティvsレスター・シティが27日にエティハド・スタジアムで行われ、アウェイのレスターが5-2で快勝した。

ウォルバーハンプトンとの今季初陣を3-1で制したシティは、直近のEFLカップもボーンマス相手にデラップ、フォーデンのアカデミー出身の若手コンビの活躍で競り勝って公式戦連勝。

昨季、5位とトップ4圏内に肉薄した難敵レスターとの一戦に向けてはアグエロに加え、ガブリエウ・ジェズスと2人のストライカーが負傷によって不在に。グアルディオラ監督はこの緊急事態を受け、スターリングを最前線に置き2列目にマフレズ、デ・ブライネ、フォーデンを起用した。
[5-4-1]の布陣を採用したレスターに対して、シティがあっさりと先制点を奪う。4分、左CKの場面で味方の競ったこぼれ球に反応したマフレズがボックス右から利き足とは逆の右足の弾丸シュートをゴール左上隅の完璧なコースに突き刺した。

幸先よく先制に成功したシティは、その後も相手を押し込んで優勢に試合を運ぶ。その中で比較的浮く場面が多いロドリやフェルナンジーニョが積極的にシュートを放っていく。35分にはデ・ブライネの正確なプレースキックをロドリが頭で合わせ、ネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定。

一方、何度かロングカウンターで相手をひっくり返す場面を作り出すも、フィニッシュまで持ち込めないレスター。それでも、“ビッグ6”を得意とするエースストライカーが仕事を果たす。36分、バーンズのスルーパスに反応したヴァーディがボックス左でウォーカーに引き倒されてPKを獲得。これをヴァーディ自ら冷静に流し込み、前半のうちにスコアをタイに戻した。

追い付かれて試合を折り返したシティは後半立ち上がりの51分にフェルナンジーニョを下げて、直近のボーンマス戦でトップデビュー即ゴールを挙げた17歳FWデラップをプレミアデビューさせる。

しかし、後半先にゴールを挙げたのはアウェイのレスター。54分、相手陣内右サイド深くで細かく繫ぎカスターニュがボックス右ライン際に抜け出してグラウンダーのクロス。これをニアに走り込んだヴァーディが絶妙なワンタッチシュートで流し込む。

さらに、直後の58分にはボックス内に抜け出したヴァーディがDFエリック・ガルシアに倒されてこの試合2つ目のPKが与えられると、これを昨季プレミア得点王がきっちり決めてハットトリックを達成した。

苦手ヴァーディに翻弄されて厳しい戦いを強いられたシティは、フォーデンに代えてフェラン・トーレスをピッチに送り込み、前がかりな攻めを見せるが、最後のところでうまくいかない。逆に、相手得意のカウンターに晒されると、77分には途中出場のマディソンにボックス手間左から見事なミドルシュートを叩き込まれる。

その後、84分にマフレズの右CKをアケが頭で合わせ、点差を2点に縮めるも直後の88分にはメンディがマディソンを後方から引き倒して、この試合3つ目のPKを献上。これをティーレマンスに決められ、万事休す。

グアルディオラの監督キャリアで初の1試合5失点を喫して大敗のシティは今季初黒星。一方、レスターはクラブ史上初となるプレミアリーグ開幕3連勝を飾った。


【得点者】
4分 1-0 マフレズ(マンチェスター・シティ)
37分 1-1 ヴァーディ(レスター・シティ)
54分 1-2 ヴァーディ(レスター・シティ)
58分 1-3 ヴァーディ(レスター・シティ)
77分 1-4 マディソン(レスター・シティ)
84分 2-4 アケ(マンチェスター・シティ)
88分 2-5 ティーレマンス(レスター・シティ)

BLUEMOON マンチェスターシティ 380citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1600720048/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スアレス、いきなり2ゴール1アシスト!アトレティコデビュー戦で大活躍し6-1大勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】ルイス・スアレス、アトレティコデビュー戦でいきなり2G1A。グラナダに6発大勝で白星スタート [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601223177/
スアレス20-21開幕戦アトレティコデビュー.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/09/28(月) 01:12:57.95 ID:CAP_USER9.net

【アトレティコ・マドリード 6-1 グラナダ リーガ・エスパニョーラ第3節】

 リーガ・エスパニョーラ第3節、アトレティコ・マドリード対グラナダが現地時間27日に行われた。ホームのアトレティコが6-1の勝利を収めた。

 この試合が今季のリーグ開幕戦となったアトレティコ。2トップにはジョアン・フェリックスとジエゴ・コスタが入り、バルセロナから移籍となった注目のルイス・スアレスはベンチスタートとなった。


 先制したのはアトレティコ。9分、ペナルティエリア右でボールを受けたアンヘル・コレアからのクロスにコスタがヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。今季のアトレティコの初ゴールはコスタとなった。
 
 47分、ペナルティエリア手前左でコスタからの落としを受けたフェリックスがファーサイドへ浮き球のパス。コレアがワントラップから左足でシュートを決めた。

 さらに65分、アトレティコが追加点。ペナルティエリア手前の中央からコレアがコスタにパス。コスタはこのボールをスルーし、ボールはフェリックスの下へ。フェリックスが落ち着いて決め、アトレティコがリードを3点に広げた。この直後、スアレスがコスタと代わって途中出場。アトレティコデビューを果たした。

 するとスアレスがすぐにアシストを決める。72分、コケから受けたボールをダイレクトでジョレンテへ。ジョレンテが落ち着いて決め、アトレティコが4点目を決める。85分、ジョレンテの右サイドからのクロスにファーサイドでスアレスが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。その後、1点を失ったアトレティコだったが、後半ATにスアレスがこの日2点目。アトレティコは6-1の勝利を収め、今季白星スタートとなった。

【得点者】
9分 1-0 コスタ(アトレティコ・マドリード)
47分 2-0 コレア(アトレティコ・マドリード)
65分 3-0 フェリックス(アトレティコ・マドリード)
72分 4-0 ジョレンテ(アトレティコ・マドリード)
85分 5-0 スアレス(アトレティコ・マドリード)
87分 5-1 モリーナ(グラナダ)
90+3分 6-1 スアレス(アトレティコ・マドリード)

https://news.yahoo.co.jp/articles/fbdd10fc8ce7c9156c4e9bfb68d95b980a69079d




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ベンフィカDFルベン・ディアス獲得でクラブ間合意か?金銭+オタメンディとのトレードへ

マンC、DFディアス獲得でベンフィカと合意か…金銭+オタメンディのトレード実現へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/62a46baad76c0a2f7da77ec7bb818f41e2f68ca4
ルベン・ディアスとオタメンディトレード.jpg

 マンチェスター・Cは、ベンフィカに所属するポルトガル代表DFルベン・ディアスの獲得に迫っているようだ。26日、大手メディア『スカイスポーツ』のファブリツィオ・ロマノ記者が伝えた。

 マンチェスター・Cは以前から今夏のセンターバック補強が噂されていたが、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリやセビージャのU−21フランス代表DFジュール・クンデらの獲得交渉は難航。代わりに、マンチェスター・Uなどのビッグクラブも関心を寄せるR・ディアスに白羽の矢が立った。

 報道によると、マンチェスター・Cは金銭の支払いに加え、アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディをベンフィカに売却することで同クラブとクラブ間合意に至った模様だ。R・ディアスの移籍金は5500万ユーロ(約68億円)、オタメンディの移籍金は1500万ユーロ(約19億円)になると見られている。

 また、R・ディアスはマンチェスター・Cと2025年6月30日までの契約を結び、オタメンディはベンフィカと2023年6月30日までの契約を結ぶことになりそうだ。R・ディアスはすでに、マンチェスターでメディカルチェックを受けるためにリスボンを発っており、同選手のガールフレンドもInstagramのストーリー上にそのことを投稿していた。

 R・ディアスはベンフィカ生え抜きの現在23歳。2017年9月にトップチームデビューを果たし、ここまで公式戦137試合に出場している。また、2018年5月にはポルトガルのA代表デビューも果たし、ここまで19キャップを記録。第1回UEFAネーションズリーグの優勝などに貢献した。

 一方、現在32歳のオタメンディは、母国のべレス・サルスフィエルドでデビュー。ポルトで欧州上陸を果たし、バレンシアを経て、2015年8月に4450万ユーロ(当時レートで約62億円)の移籍金でマンチェスター・Cに加入した。ここまで公式戦210試合に出場し、2度のプレミアリーグ優勝などを経験している。しかし、近年は序列が低下しており、今シーズンもここまでの公式戦2試合で出場がない。

BLUEMOON マンチェスターシティ 380citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1600720048/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エバートン、カルバート・ルーウィン3戦連続ゴールでC・パレスに勝利!開幕3連勝は27年ぶり

エヴァートンが27年ぶりの開幕3連勝! C・ルーウィンが3戦連発、好調C・パレス撃破
https://news.yahoo.co.jp/articles/81ff8eb0b396bb61fa71812a5ce3985ef3a41f96
カルバートルーウィン20-21第3節ゴール.jpg


プレミアリーグ第3節が26日に行われ、クリスタル・パレスとエヴァートンが対戦した。

 ホームのクリスタル・パレスは、開幕節でサウサンプトンを下し、前節はマンチェスター・U相手に金星。2部チャンピオンシップに所属していた2006−07シーズン以来となる開幕連勝スタートを飾った。一方、エヴァートンはトッテナムとの初戦を1−0で制し、第2節ウェスト・ブロムウィッチ戦は5−2の大勝。こちらも2012−13シーズン以来8年ぶりの開幕2連勝となった。

 試合が動いたのは10分、アウェイのエヴァートンが先制する。アブドゥライェ・ドゥクレからパスを受けたハメス・ロドリゲスからワンタッチで絶妙なスルーパスを通すと、反応したシェイマス・コールマンは深い位置までえぐってから折り返す。前節ハットトリックを記録したドミニク・カルヴァート・ルーウィンがこれに合わせてネットを揺らし、開幕から3試合連続ゴールを記録した。

 対するクリスタル・パレスは26分に試合を振り出しに戻す。右サイドのコーナーキックからアンドレス・タウンゼントがインスイングのボールを供給すると、シェイク・クヤテが頭で合わせてゴール右上隅に突き刺した。追いつかれたエヴァートンは40分、リチャーリソンが相手DFジョエル・ウォードのハンドを誘ってPKを獲得する。リチャーリソン自らキッカーを務めると、ゴール右隅に突き刺して勝ち越しに成功。エヴァートンの1点リードで試合は折り返した。

 後半に得点は生まれず、試合はこのまま終了。勝利したエヴァートンは1993−94シーズン以来、27年ぶりとなる開幕3連勝を飾った。次節は3日に行われ、クリスタル・パレスはアウェイでチェルシーと、エヴァートンはホームでブライトンと対戦する。

【スコア】
クリスタル・パレス 1−2 エヴァートン

【得点者】
0−1 10分 ドミニク・カルヴァート・ルーウィン(エヴァートン)
1−1 26分 シェイク・クヤテ(クリスタル・パレス)
1−2 40分 リチャーリソン(エヴァートン)

【The Toffees】 Everton FC part22
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1580707430/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【珍試合】マンU、試合終了ホイッスル後に再開し勝利するまさかの展開に…ブルーノ劇的PK弾でブライトンに3-2辛勝!5度のポスト・バー直撃に救われる

試合終了ホイッスル後に再開する珍事…5度ポストとバーに救われたマンチェスター・Uが劇的な初勝利
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f4b1717777da9f1567f8f58b882f80b16c20da5
ブルーノ20-21第3節ゴール.jpg


マンチェスター・ユナイテッドは26日、プレミアリーグ第3節でブライトン・ホーヴ・アルビオンとのアウェー戦に臨んだ。

今季初戦のクリスタル・パレス戦で1-3と躓いたユナイテッド。スールシャール監督は、その試合からフォス・メンサーとマクトミネイ、ダニエル・ジェームズに代えてワン=ビサカとマティッチ、グリーンウッドを起用する3点を変更して試合に臨んだ。

前半はブライトンが効率よくチャンスを作り続ける。9分にトロサールがペナルティアーク付近からポスト直撃のシュートを放つと、21分にも決定機。再びミドルレンジからゴールを狙ったトロサールのシュートが今度は右ポストに直撃する。さらに30分にもボックス右奥からモペイが入れたクロスに正面のウェブスターが合わせると、このヘディングシュートがバーに阻まれる。

枠に阻まれ続けたブライトンだが、40分には先制する。ボックス右で仕掛けたランプティが後方からブルーノ・フェルナンデスに倒されてPKを獲得。このPKをモペイがGKデ・ヘアのタイミングをずらすキックで冷静に決めて先手を取る。

それでも、43分にはユナイテッドがワンチャンスを活かして追いつく。左サイドからブルーノが入れたFKをファーのマティッチが折り返すと、これが正面のダンクに当たってゴールイン。相手のオウンゴールで、ユナイテッドが1-1とした。

迎えた後半序盤、ポグバのPK献上とラッシュフォードのゴールがいずれもVARで取り消しになった中、勝ち越したのはユナイテッドだった。55分、ブルーノの素晴らしいスルーパスから左サイドで抜け出したラッシュフォードがボックス内に侵入。DFを見事なフェイントで巧みにかわし、最後は左足でネットを揺らして2-1とした。

それでも、ブライトンは気落ちせずにすぐさま反撃に出る。60分には右サイドから中央へと完全に崩して、最後はゴールエリア左付近のマーチがシュート。しかし、ここも右ポストに弾かれる。さらに76分にはトロサールのシュートがこの日自身3度目、チーム5度目の枠に嫌われる。

その後、バイリーを投入して守備を固めたユナイテッドだが、ブライトンに主導権を握られる。するとアディショナルタイム5分、右サイドのクロスからファーのマーチに決められて失点。土壇場で2−2とされてしまう。

そして、試合終了のホイッスルが鳴る。しかし、マンチェスター・Uのラストプレーでマグワイアのヘディングがモペイの手に当たっていたことがVARで確認され、再び試合が続いてPK判定に。このPKをブルーノが決めたユナイテッドが、5度にわたって枠に助けられながら劇的な試合をモノにして、今季リーグ戦初白星を手にした。

■試合結果
ブライトン 2-3 マンチェスター・ユナイテッド

■得点者
ブライトン:モペイ(40分)、マーチ(90+5分)
マンチェスター・U:OG(43分)、ラッシュフォード(55分)、ブルーノ・フェルナンデス(90+10分)

† Red Devils Manchester United 1471 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1601122206/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:12 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸、イニエスタ3得点演出・古橋2戦連続2ゴールなど札幌に4-0完勝!三浦監督初陣を勝利で飾る J1第19節(関連まとめ)

【サッカー】J1第19節土曜夜2 神戸×札幌 結果 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1601121569/
古橋2020第19節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2020/09/26(土) 20:59:29.95 ID:CAP_USER9.net

神戸 4−0 札幌
[得点者]
19'古橋 亨梧 (神戸)
45'郷家 友太 (神戸)
62'古橋 亨梧 (神戸)
90'小田 裕太郎(神戸)

スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
入場者数:5,335人
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/092627/live#live



J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


5: 久太郎 ★ 2020/09/26(土) 21:00:30.78 ID:CAP_USER9.net

>>1
イニエスタが3ゴール演出! 三浦新体制の神戸が4-0快勝で2連勝、古橋は2戦連続の2得点

 ヴィッセル神戸は26日、J1リーグ第19節で北海道コンサドーレ札幌をホームに迎え4-0で勝利。三浦淳寛新監督の就任初戦を白星で飾り、2連勝を果たした。

 21日にトルステン・フィンク監督の電撃退任とコーチ3人の契約解除を発表した神戸は、マルコス・ビベス・アシスタントコーチが暫定で指揮を執ったなか、前節のサガン鳥栖戦に4-3で競り勝ち、8試合ぶりの勝利を収めた。そして24日には、強化責任者のスポーツダイレクターを務めていた三浦氏の新監督就任を発表し、ホームでの札幌戦を迎えた。

 試合は前半19分に動く。4試合連続のスタメン出場となった元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、敵陣左サイドで元日本代表DF酒井高徳にパス。リターンを受けると今度はダイレクトで酒井にスルーパスを通すと、折り返しから最後は日本代表FW古橋亨梧がきっちりと決めて神戸が先制した。

 さらに同45分、再びイニエスタがゴールを演出する。ハーフウェーライン手前でこぼれ球を拾ったイニエスタは、ワントラップ後にすぐさま右足で約40メートルのスルーパスを供給。これに反応した古橋はシュートモーションに入ろうとするが、相手DFに阻まれてしまう。しかし、そのこぼれ球を後方から詰めたMF郷家友太がダイレクトで右足を一閃し、ゴールネットを揺らした。

 2-0で試合を折り返すと、後半14分にはCKから相手に決定的なシュートを許すも、クロスバーを直撃し辛くも失点を免れる。前がかりになって波状攻撃を仕掛ける相手に対し、その隙を突いたのは三たびイニエスタだった。

 同17分、自陣ペナルティーエリア外でクリアボールを拾ったイニエスタは、トラップするやいなや左足で左サイド前方にロングパスを送ると、フリーで待ち構えていた古橋が独走。最後は相手GKの股を抜いて決定的な3点目を奪った。これで古橋は2試合連続の2ゴールで、二桁得点となる今季10ゴールとした。

 試合はその後、同45分に途中出場のMF小田裕太郎が追加点を決めて4-0で終了。イニエスタが3得点に絡み、守備面でも第6節のセレッソ大阪戦(0-0)以来、リーグ戦15試合ぶりの無失点に抑えて、神戸が三浦新体制の初陣を会心の勝利で飾った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e7443fa4e4273760436b823d2d8b74866310482



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:01 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、リヨンMFアワール獲得に前進!本人と個人合意しクラブ間交渉

アーセナル、リヨンMF獲得に前進? 選手とは合意済みとも…
https://news.yahoo.co.jp/articles/96b1d5aff885d77511bcf9ccaa41332d747bfc60
アワールアーセナル噂02.jpg

アーセナルがリヨンのMFフセム・アワールの獲得に近づいているようだ。フランス『テレフット』の報道をもとに英『デイリー・メール』が伝えている。

 22歳のアワールは、昨季のチャンピオンズリーグで活躍し、大きな注目を集めた。中でもアーセナルは同選手の獲得に熱心だと言われている。

 報道によると、アワールはアーセナルと合意済み。クラブ間の話し合いがまとまれば、移籍が成立するという。

 アワールに対してはユベントスやバルセロナも関心を示していたが、正式なオファーは届いていない。そこで、アーセナルとの交渉が進むとみられている。

 ただし、リヨンのジャン・ミシェル=オラス会長は、「フセムは我々とともにいることがベストだ」と話しており、クラブ間の交渉は一筋縄ではいかないかもしれない。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1533】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1600891167/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ポルトガル代表DFルベン・ディアスを獲得か?ベンフィカと交渉開始!クリバリらからターゲット変更か

新CB望むマンチェスター・C、23歳ベンフィカDF獲得へ交渉開始…クリバリらからターゲット変更か
https://news.yahoo.co.jp/articles/c50520b1c5f9a3721ef36bf2e4ca42342502785e
ルベン・ディアス2020ポルトガル代表.jpg

マンチェスター・シティがルベン・ディアス獲得に向けて交渉中のようだ。イギリス『BBC』が伝えている。

昨シーズンにプレミアリーグ3連覇を逃したマンチェスター・Cは、今夏の移籍市場でDFのテコ入れを敢行。すでにボーンマスからナタン・アケを獲得した同クラブだが、2019年夏に退団したヴァンサン・コンパニの穴を埋められる右利きの新センターバックの補強をさらに目指すと考えられている。

ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるクラブは、ナポリのカリドゥ・クリバリをトップターゲットするも、イタリアのクラブが8000万ポンド(約108億円)を要求するようで交渉は難航。その他にも、セビージャのジューレス・クンデやアトレティコ・マドリーのホセ・ヒメネスに高額な移籍金のオファーを送ったとされるも、こちらも拒否されている。

そんな中、同メディアによると、マンチェスター・Cは、ベンフィカでプレーするディアスに強い関心を寄せる模様。さらに、獲得を目指してクラブや選手側との交渉を開始したようだ。

現在23歳のディアスは、3シーズンにわたりベンフィカで印象的なパフォーマンスを残している。さらに、ポルトガル代表としても2年前のワールドカップのメンバーに入るなど将来を期待されるセンターバックだ。

BLUEMOON マンチェスターシティ 380citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1600720048/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)