アンテナ・まとめ RSS

海外サッカー

レアル、ロドリゴ絶妙ゴールなど10代選手の活躍でクラブ・ブルージュに3-1快勝!2位通過でCL決勝トーナメント進出 まとめその2(関連まとめ)

レアル、10代選手らの活躍で3-1勝利。グループ2位で決勝トーナメントへ【欧州CL】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191212-00352514-footballc-socc
ロドリゴとヴィニシウス2019CL第6節.jpg


【クラブ・ブルージュ 1-3 レアル CLグループリーグA組第6節】
 
 チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグA組第6節、クラブ・ブルージュ対レアル・マドリーの試合が現地時間11日に行われた。マドリーが3-1の勝利をおさめている。

 53分、右サイドを抜け出したアルバロ・オドリオゾラがゴール前にパスを送ると18歳のロドリゴがダイレクトで合わせてマドリーに先制点が入った。しかし、直後の55分にクラブ・ブルージュのハンス・ファナケンにゴールを決められ同点に追いつかれてしまう。

 それでも64分、ロドリゴがゴール前で粘り、こぼれたボールを19歳のヴィニシウス・ジュニオールが押し込んで再びマドリーが勝ち越しに成功した。ヴィニシウスにとってはCL初ゴールとなっている。90分にはルカ・モドリッチもゴールを決め、リードを守り切ったマドリーが3-1の勝利をおさめた。

【得点者】
53分 0-1 ロドリゴ(レアル)
55分 1-1 ファナケン(クラブ・ブルージュ)
64分 1-2 ヴィニシウス(レアル)
90分 1-3 モドリッチ(レアル)

◆◇El Blanco Real Madrid 1042◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1575129145/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セリエAアタランタ、歴史的快挙!CL開幕3連敗から大逆転でグループ突破!シャフタールに3-0完勝!CL第6節まとめその1(関連まとめ)

CL初挑戦アタランタが歴史的快挙!“史上初の大逆転突破”で16強入り
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-43475122-gekisaka-socc
アタランタ2019Cl第6節.jpg

 セリエAのアタランタがUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で歴史的快挙だ。データ会社『オプタ』によれば、グループリーグ開幕3連敗からの決勝トーナメント進出は欧州CL史上初だという。

 昨季セリエAでクラブ最高の3位でシーズンを終え、初めて欧州CL出場権を獲得したアタランタ。プレミアリーグ王者マンチェスター・シティやシャフタール、ディナモ・ザグレブと同じグループに入り、第2節シャフタール戦で初ゴールを記録したものの、3連敗スタートでグループリーグ突破は厳しい状況になっていた。

 それでも、第4節でシティと引き分けて初の勝ち点を獲得すると、前節ディナモ・ザグレブを2-0で下して初勝利。そして11日、最下位アタランタ(勝ち点4)はグループリーグ最終節で2位シャフタール(同6)をホームに迎え、相手に退場者が出たものの、DFティモシー・カスターニュらの得点により3-0で完封勝利をおさめた。

 他会場の3位ディナモ・ザグレブ(勝ち点5)がシティに敗れたため、勝ち点7としたアタランタが2位に浮上。大逆転でグループリーグ突破が決定した。なお、欧州CL初挑戦での決勝トーナメント進出は2016-17シーズンのレスター・シティ以来のこと。開幕3連敗からの大逆転突破は欧州CL初の快挙となった。

グループC
シャフタール 0−3 アタランタ
[得点者]
ティモシー・カスターニェ(後半23分)アタランタ
マリオ・パサリッチ   (後半35分)アタランタ
ロビン・ゴセンス    (後半49分)アタランタ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083116

【サッカー】UEFA-CL第6節 PSG×ガラタサライ、C・ブルージュ×レアル、バイエルン×トッテナム、アトレティコ×ロコモティヴ等
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576101687/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:51 | 大阪 | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英所属マジョルカ、3ポジションを今冬補強へ マジョルカ地元紙報じる

久保建英マジョルカが3ポジション補強へ 地元紙
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-12100818-nksports-socc
久保マジョルカ初ゴール.jpg

マジョルカの地元紙ディアリオ・デ・アス(電子版)は10日、MF久保建英(18)が所属するマジョルカが今冬の移籍市場で3つのポジションの補強を実施する予定だと報じている。

今夏に加入した14人のうち、多くの選手のパフォーマンスが低調であることや、けが人が出ていること、そして1部残留を成し遂げるためメンバーのクオリティーを高めるためであると報じた。

また、7日に行われたバルセロナ戦後にクラブのスポーツディレクターを務めるハビエル・レシオは「我々は現在、ウイングとサイドバックの獲得に向けた仕事に取り組んでいる」と補強を示唆した。

マジョルカにとって左サイドバックは近年、悩みの種になっているポジションの1つであるという。昨シーズンまで活躍した選手たちは他クラブに移籍し、今夏はアグベニェヌとババ・ラフマンが入団した。

アグベニェヌがシーズン開幕後、レギュラーを務めたがプレーの出来が良くなく、途中からババ・ラフマンがスタメンを務めた。だが10月のヘタフェ戦で負傷し、今現在も復帰できていない。それにより本来は右サイドバックのフラン・ガメスやサストレが同ポジションをカバーする事態が起こっている。

また、相手ペナルティーエリアに迫りゴールを決められるサイドアタッカーを探しているという。今現在、チームでその条件を満たすのはラゴ・ジュニオルただ1人。今夏獲得したアリダイ、トライコフスキ、サリビュールはともに、モレノ監督の戦力にほとんど入っていない。ダニ・ロドリゲスや久保で右サイドをカバーしている。同ポジションの補強はマジョルカのプレーシステムの選択肢を増やし、ラゴ・ジュニオルのいる左サイドにボールが偏ることを防ぐため必須となっていると報じている。

さらに、最優先事項ではないが、FW獲得も狙っているという。同ポジションには5人がいるが、クラブが今夏獲得したアレグリーアとチャバリーアはほとんど戦力外。指揮官にとって、ブディミール、エルナンデス、アブドンの3人が戦力になっている。中でもブディミールとエルナンデスと競うためのFWを新たに探しているとのことだ。

チームはメンバー26人の大所帯となっている。18歳の久保や、20歳のエルナンデスは年齢的に若いことからBチーム登録。今冬、選手を獲得する場合は、何人かの放出が必要となる。

候補としてチャバリーアやアレグリーアの名前が出ていが、両選手ともに契約期間が長いため、それが他クラブと交渉する場合の障害となる可能性があり、選手獲得が難しくなっていると報じた。(高橋智行通信員)

【RCD】久保建英応援スレpart141【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1575965117/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナポリ、アンチェロッティ監督を解任!CL決勝トーナメント進出も今季リーグ7位(関連まとめ)

【サッカー】ナポリがアンチェロッティ監督を解任…リーグで現在7位、会長との関係悪化は否定
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576022762/
アンチェロッティ監督2019CL第6節.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/12/11(水) 09:06:02.13 ID:ekAsYpDw9.net

ナポリは10日、カルロ・アンチェロッティ監督との契約を解除したとクラブ公式サイトを通じて発表した。

 現在60歳のアンチェロッティ氏は、これまでにミランやレアル・マドリード、バイエルンなど各国ビッグクラブの監督を歴任し、2018年7月にナポリの監督に就任。同クラブでは公式戦通算72試合を指揮して、38勝19分15敗の成績を収めていた。昨季のセリエAは2位で終えたが、今季は10月頃から低迷。チャンピオンズリーグでは10日に行われたグループステージ第6節ヘンク戦に勝利して決勝トーナメント進出を決めたが、セリエAでは勝ち切れない試合が続き、首位インテルとは勝ち点差「17」の現在7位に付けている。

 また、アンチェロッティ氏は、成績不振を理由にクラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長との確執も噂されていた。しかし、ナポリは解任発表と同時に、クラブ公式サイトを通じて、「クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長とカルロ・アンチェロッティ氏の間の友情、尊敬、相互尊重の関係は損なわれていません」と両者の関係悪化を否定した。

 後任候補には、元イタリア代表MFジェンナーロ・ガットゥーゾ氏が有力と見られている。現在41歳のガットゥーゾ氏は現役時代、主にミランでプレー。当時ミランを率いていたアンチェロッティ氏とともに、同クラブの黄金期を支えた1人として知られている。監督転向後は、パレルモやピサなどでの指揮を経て、2017年9月から昨シーズン終了までミランで監督を務めていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-01007921-soccerk-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレンシア、アヤックス撃破!7年ぶりCL決勝T進出!ドルトムントはブラント決勝ゴールでプラハ下し逆転でグループ突破 CL第6節(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL第6節 インテル×バルセロナ、ドルトムント×プラハ、チェルシー×リール、アヤックス×バレンシア等
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576015070/
バレンシア2019CL第6節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/12/11(水) 06:57:50.21 ID:ekAsYpDw9.net

グループF
ドルトムント 2−1 スラビア・プラハ
[得点者]
ジェイドン・サンチョ(前半10分)ドルトムント
トマシュ・ソウチェク(前半43分)スラビア・プラハ
ユリアン・ブランド (後半16分)ドルトムント
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083152


インテル 1−2 バルセロナ
[得点者]
カルレス・ペレス(前半23分)バルセロナ
ロメル・ルカク (前半44分)インテル
アンス・ファティ (後半41分)バルセロナ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083153


グループG
ベンフィカ 3−0 ゼニト
[得点者]
フランコ・セルビ   (後半02分)ベンフィカ
ルイス・フェルナンデス(後半13分)ベンフィカ
オウンゴール     (後半35分)ベンフィカ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083163

リヨン 2−2 ライプツィヒ
[得点者]
エミル・フォルスベルグ(前半09分)ライプツィヒ
ティモ・ヴェルナー  (前半33分)ライプツィヒ
ホッセム・オーアル  (後半05分)リヨン
メンフィス・デパイ  (後半37分)リヨン
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083164


グループH
チェルシー 2−1 リール
[得点者]
タミー・アブラハム  (前半19分)チェルシー
セサル・アスピリクエタ(前半35分)チェルシー
ロイク・レミー    (後半33分)リール
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083080


アヤックス 0−1 バレンシア
[得点者]
ダニエル・パレホ(前半24分)バレンシア
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083081

CL順位表
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/standings/41

UEFA-CL第6節 結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41



昨季ベスト4のアヤックスがGS敗退…バレンシアが7年振り決勝Tへ《CL》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00365902-usoccer-socc

チャンピオンズリーグ(CL)・グループH最終節、アヤックスvsバレンシアが10日に行われ、0-1でバレンシアが勝利した。

首位のアヤックスは引き分け以上でグループ突破を決められる一戦。リーグ戦では首位に立っているものの、直近のヴィレム戦でリーグ初黒星を喫している。

対するバレンシアの突破条件は勝利、もしくは引き分け以下の場合でも、同勝ち点で並んでいるチェルシーの結果次第で決勝トーナメントに進むことが出来る。なお、チェルシーとは当該成績で有利に立っているため、最終的に同じ勝ち点の場合、バレンシアが勝ち抜けとなる。

まずはホームのアヤックスの攻撃。8分、タグリアフィコのクロスをボックス左で受けたタディッチが左足でシュート。フリーでのシュートだったが、惜しくも左に外れた。

一方、開始2分のロドリゴのヘディングシュート以降、なかなかチャンスが作れなかったバレンシアだが24分、左サイドから攻撃を繋げると、右のハーフスペースでボールを持ったフェラン・トーレスからパスを受けたロドリゴがボックス中央からゴールに流し込んだ。

このままではグループステージ敗退の可能性が出てきたアヤックス。43分にジイェフのクロスをファン・デ・ベークが合わせたが、ゴール目前でガヤにクリアされてしまった。

後半からアルバレスを下げてデストを投入したアヤックス。前半以上に攻勢を強めるものの、67分のジイェフのシュートが左に外れるなど、ネットを揺らすに至らない。70分にはラングを下げてフンテラールをピッチへ送り、さらなる活性化を図る。

しかし、スコアに動きはないまま試合は推移。80分から85分にかけて両チームにイエローカードが入り乱れる展開となる中で、後半アディショナルタイムにはバレンシアのガブリエウが相手に頭突きを見舞い一発退場となってしまう。

結局、後味の悪くなってしまった試合は0-1でアウェイのバレンシアが勝利。7年振りの決勝トーナメント進出を決めた。一方、敗れたアヤックスは他会場でチェルシーが勝利した為、3位に後退。昨季ベスト4まで勝ち上がったオランダの雄は、ヨーロッパリーグ(EL)に回ることになった。

ドルトムント、逆転で決勝Tへ…ホームで苦しみながらも勝ちきって2位通過
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00010008-goal-socc

退場者を出しながらも…
チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節が行われ、ドルトムントとスラヴィア・プラハが対戦した。

3位のドルトムントは逆転での決勝トーナメント進出のためにも勝ち点奪取が求められる。試合はドルトムントが幸先よく先制点を奪う。10分、ユリアン・ブラントのスルーパスに抜け出したマルコ・ロイスがラストパス。ジェイドン・サンチョが楽々と押し込み、大きな先取点を手にする。

その後もドルトムントは、ロイスを中心に決定機を迎えるが、スラヴィア・プラハGKの好守に阻まれ、追加点をなかなか奪えずにいる。すると前半終了間際にスラヴィア・プラハが見せ場を作る。最終ラインから細かいパスを繋いで右へ展開すると、浮き球で中央へ。最後はトマーシュ・ソーチェクが流し込み、同点で後半へと折り返した。

後半に入っても一進一退の攻防が続き、両チームにチャンスを訪れていたが、ドルトムントが再び勝ち越す。61分、左サイドに流れたサンチョがハーフスペースに走り込んだブラントへスルーパス。これをブラントがニアに突き刺し、ドルトムントが一歩前へと出る。

しかし、意地を見せたいスラヴィア・プラハも反撃。GKロマン・ビュルキのビッグセーブで続くピンチを辛くもしのいでいく。ドルトムントは77分にユリアン・ヴァイグルが2枚目のイエローカードで退場し、数的不利となったことでより厳しい状況へと追い込まれる。

それでも、ドルトムントがなんとか1点のリードを守りきって2-1で勝利。他会場で、インテルがバルセロナに勝利できなかったことで、順位は逆転。ドルトムントが2位で決勝トーナメント進出を決めている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、17歳アンス・ファティ決勝ゴールでインテルに2-1勝利!インテルをCL敗退に追い込む CL第6節(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL第6節 インテル×バルセロナ、ドルトムント×プラハ、チェルシー×リール、アヤックス×バレンシア等
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576015070/
ファティ2019CL第6節ゴール.jpg

7: 久太郎 ★ 2019/12/11(水) 06:58:56.16 ID:ekAsYpDw9.net

>>1
バルセロナ、アンス・ファティのCL最年少ゴールなどで勝利…インテルをCL敗退に追い込む

10日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループF最終節、インテル対バルセロナは2-1でバルセロナの勝利に終わった。

すでにグループF首位通過を決めているバルセロナと、ボルシア・ドルトムントと勝ち点7で並びながら直接対決の成績により2位に位置するインテルの対戦。インテルはスラヴィア・プラハと対戦するドルトムントの同じ結果を手にすれば、2位での通過を決めることができる。

バルセロナはメッシ、ピケ、セルジ・ロベルトを招集外にしたほか、ルイス・スアレスらそのほかの主力もベンチに置き、インテル同様に3/5バックのシステムを使用。スタメンはGKネト、DFトディボ、ユムティティ、ラングレ、MFワゲ、ビダル、ラキティッチ、アレニャー、ジュニオール、FWカルラス・ペレス、グリーズマンと、完全にメンバーを落としたが、それでもグループF突破のために勝利がほしいインテルの焦りを前に、落ち着いてボールを回しながら試合を進める。

バルセロナが先制点を記録したのは、23分のことだった。ペナルティーエリア手前中央のグリーズマンがエリア内に鋭い縦パス。このボールを受けたビダルはすぐさま横にいたC・ペレスにつなぎ、この27番が左足のダイレクトシュートでGKハンダノヴィッチを破っている。しかしビハインドを負ったインテルも、ここから速いトランジションによる攻撃で幾度か決定機を迎えていき、44分に同点に追いつく。ラウタロがトディボを背負いながらロングパスを受けると、落とされたボールからルカクがミドルシュートを突き刺している。

後半立ち上がりは、攻守が激しく入れ替わるオープンな展開。バルセロナはグリーズマン、インテルはルカクがシュートチャンスを手にしたが、ハンダノヴィッチ、ネトの両GKが好守を見せている。バルベルデ監督は63分に交代カードを切り、グリーズマン、ラキティッチに代えてL・スアレス、フレンキー・デ・ヨングを投入。その一方で、ドルトムントがスラヴィア・プラハに2-1で勝利していることで後がなくなったコンテ監督は、68分にビラーギをラザロに代えている。

焦りが募るインテルは72分、ラウタロが個人技からミドルシュートまで持ち込んだが、ボールはわずかに枠を外れる。さらに73分にはゴディンの浮き球から最終ラインを抜け出したラウタロが今度はネットを揺らしたものの、これはオフサイドの判定となった。

コンテ監督は74分にダンブロージオをポリターノ、76分にボルハ・バレーロをエスポジトに代えて交代枠を使い切る。しかし、やはりグループ突破を決めるゴールは遠い……。79分には、今度はルカクがボールを枠内に押し込んだものの、こちらもオフサイドを取られている。

バルベルデ監督は84分に最後の交代カードを切り、C・ペレスを下げてアンス・ファティを投入。そして86分、投入さればかりの17歳がインテルを絶望に陥れる勝ち越し弾を獲得。ペナルティーエリア手前からシュートを放つと、ボールは左ポストに当たって枠内に吸い込まれた。アンスは17歳40日でのゴールにより、CL史上最年少得点者となっている。

後がなくなったインテルは決死の猛攻を仕掛けようとするが、バルセロナのボール保持を前に満足に攻撃を仕掛けることができず、1点ビハインドのまま試合終了を迎えた。もう1試合のドルトムント対スラヴィア・プラハは、結局2-1のスコアのまま終わり、グループFの順位は首位バルセロナ(勝ち点14)、2位ドルトムント(勝ち点10)、3位インテル(勝ち点7)、4位スラヴィア・プラハ(勝ち点2)に。インテルはヨーロッパリーグに回ることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00010009-goal-socc



インテル 1−2 バルセロナ
[得点者]
カルレス・ペレス(前半23分)バルセロナ
ロメル・ルカク (前半44分)インテル
アンス・ファティ (後半41分)バルセロナ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083153
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 09:23 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経歴詐称の選手、サッカークラブと契約も練習初日でばれる デンマーク2部

【サッカー】デンマーク2部で詐欺被害…経歴詐称選手と契約も練習初日でばれる…
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575897753/
ベルニオ・ヴェルハーゲン.jpg
1: 伝説の田中c ★ 2019/12/09(月) 22:22:33.59 ID:k4PUBd2g9.net

デンマーク2部のヴィボーFFがプロでのプレー経験がない経歴詐称の選手と契約する詐欺被害に遭った。『ESPN』が伝えている。

今回、経歴詐称が疑われているのは、スリナム生まれでオランダ国籍を持つFWベルニオ・ヴェルハーゲン(25)。ヴィボーは今年10月にチリのアウダックス・イタリアーノからヴェルハーゲンをフリートランスファーで獲得。その際、事前に同選手のプレーを確認することはなかったという。

しかし、ヴェルハーゲンが初めて練習に参加した際、プロとは思えないあまりのレベルの低さが明らかになり、クラブは初めて同選手のこれまでの経歴を調査。すると、前所属先のアウダックス・イタリアーノを始め、同選手が過去に所属していたとされる南アフリカのケープタウン・シティなど複数のクラブでプレー経験がないことが発覚した。

そして、クラブはヴェルハーゲンとの契約を即刻打ち切ると共に、今回の詐欺事件の被害を公式背声明として明らかにした。

ヴィボーの通報を受けて、デンマークの地元警察はヴェルハーゲンの詐欺、文書偽造、個人情報の盗難の容疑で捜査を開始。その捜査の過程で同選手が過去にガールフレンドへの暴行、強盗、脅迫などの前科があることが判明したという。

また、ヴィボーはヴェルハーゲンと契約した背景についても説明。レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルやアトレティコ・マドリーのスペイン代表MFサウール・ニゲスらヨーロッパでプレーする200名以上といわれる選手を顧客に持つ、世界屈指のフットボールエージェンシー『Stellar Football Ltd』の代理人を名乗る人物から今年7月に接触があり、ヴェルハーゲンが来年1月の中国移籍に向けて短期間プレーするクラブを探しているとの相談があり、その流れでプレー動画などを確認することなく契約に至ったという。

なお、今回のヴェルハーゲンとの契約によってヴィボーに生じた被害額などの詳細は明らかになっていない。

現在、テクノロジーの発展によって世界中の選手のプレー動画などを確認できる世の中にあって1度もプレーする姿を確認することなく、世界屈指のエージェンシーという看板に騙されたヴィボーの脇が甘すぎたことは確かだが、練習初日にレベルの低さを露呈したヴェルハーゲンのプレーは少し観てみたい気もする。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00365223-usoccer-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「お前じゃない(笑)」「まさにバカ」モナコMFバカヨコ、背番号勘違いで交代しようとし本人もファンも爆笑

【サッカー】「大爆笑」「お前じゃない(笑)」「まさにバカ」モナコMFバカヨコの“背番号勘違い”に大反響!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575956706/
バカヨコ交代勘違い.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/12/10(火) 14:45:06.06 ID:KzBX1BUn9.net

ご満悦の様子でピッチサイドに近付いたが。
 モナコに所属するフランス代表MFのティエムエ・バカヨコが、現地時間12月7日のアミアン戦で“ド天然”ぶりを見せつけた。
 
 3−0でリードしていた81分だった。モナコはジャン=ケビン・オギュスタンの投入を準備し、交代ボードには「14番」が掲示されていた。しかし、スタンドに拍手をしながらご満悦の様子でピッチサイドのオギュスタンに近付いたのは、なんと「6番」のバカヨコ。そう、交代が自分だと勘違いしていたのだ。
 
 スタッフに「お前じゃないぞ」と言われて勘違いに気付いたバカヨコは、頭をかいて大爆笑。“本物の14番”のケイタ・バルデ・ディアオとハイタッチをしてプレーに戻り、場内は笑いに包まれた。
 
 今夏に古巣モナコに復帰したバカヨコは、1回目のモナコ在籍(14〜17年)をはじめチェルシー、ミランとここ5年はずっと「14番」を付けており、このナンバーが頭に染み付いていたのだろう。明るい天然キャラクターとして知られるだけに、こんな“勘違い”に繋がった。
 
 この交代シーンの動画をモナコが公式ツイッターにアップすると、ファンからは「この試合で最高のシーン」、「かなり笑った」、「お前じゃない(笑)」、「大爆笑」、「自分の背番号が分からない選手がいるとは(笑)」、「バカ(バカヨコの愛称)は日本語でバカの意味だが、まさにだな」と反響が相次いだ。
 
 さらにバカヨコ本人は、「14番にしてください」と自虐コメント。そしてチームメイトのセスク・ファブレガスも「バカにしかできない動きだった。笑いが止まらなかった。愛してるぜ兄弟」と反応した。
 
 何とも微笑ましいシーンと反響だった。
 
構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】バカヨコも観衆も爆笑!「お前じゃない」のシーンはこちら!



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191209-00067564-sdigestw-socc
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エバートン、前アーセナル監督のエメリ氏と接触か(関連まとめ)

早くも次の職場決定?エバートン、元アーセナル指揮官に接触か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-43475029-gekisaka-socc
エメリエバートン噂.jpg

 アーセナル指揮官を解任されたばかりのウナイ・エメリ氏(48)に対し、同じプレミアリーグのエバートンが関心を示しているようだ。英『スカイ・スポーツ』が報じている。

 エバートンは5日にマルコ・シウバ前監督を解任。暫定監督にダンカン・ファーガソン氏が就任し、新指揮官を模索している。上海上港のビトール・ペレイラ監督(51)やナポリのカルロ・アンチェロッティ監督(60)らが候補に挙がる中、エバートンはエメリ氏とコンタクトを取ったという。

 セビージャを前人未踏のヨーロッパリーグ3連覇に導いたエメリ氏は、パリSGを経て、昨年5月にアーセナルの指揮官に就任。昨季プレミア5位でUEFAチャンピオンズリーグへの出場権を逃すと、今季は思うように勝ち点を積み上げることができず、成績不振により先月29日に解任が発表された。

 現在フリーとなっているエメリ氏だが、次の仕事について考える時間が欲しいと考えているおり、イングランド、スペイン、イタリアでの指揮を見据えているという。

【中下位専用】ENGLAND Premier League 27
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1575130185/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、マルティネッリ鮮烈同点ゴール・ペペ絶妙1G1Aなどウエストハムに3-1逆転勝利!ユングベリ体制初勝利で公式戦10試合ぶり白星(関連まとめ)

アーセナル、公式戦10試合ぶりの白星…敵地でウェストハムに逆転勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-01007414-soccerk-socc
ぺぺ2019第16節ゴール.jpg


 プレミアリーグ第16節が9日に行われ、ウェストハムとアーセナルが対戦した。

 38分、ウェストハムがコーナーキックの2次攻撃から先制する。右に流れたパブロ・フォルナルスがクロスを供給すると、飛び込んだアンジェロ・オグボンナがヘディング。ボールは相手DFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

 1点ビハインドで後半を迎えたアーセナルは、怒涛のゴールラッシュで一気に逆転する。60分にガブリエル・マルティネッリがセアド・コラシナツからのグラウンダークロスに右足で合わせて流し込むと、66分にはニコラ・ペペがカットインから左足を振り抜いて放ったシュートが弧を描いてゴール左上へと吸い込まれる。さらに69分、ピエール・エメリク・オーバメヤンがペペのクロスにボレーで合わせ、ネットを揺らした。

 試合はこのまま終了。アーセナルは10月24日のヨーロッパリーグ・グループステージ第3節ヴィトーリア・ギマランイス戦以来となる勝利を収め、公式戦における連続未勝利記録は「9」でストップした。一方、敗れたウェストハムは、1992−93シーズンのプレミアリーグ創設以降初となる「“ロンドン・ダービー”で100敗を喫したクラブ」となった。次節、ウェストハムはサウサンプトンとアウェイで、アーセナルはマンチェスター・Cとホームでそれぞれ対戦する。

【スコア】
ウェストハム 1−3 アーセナル

【得点者】
1−0 38分 アンジェロ・オグボンナ(ウェストハム)
1−1 60分 ガブリエル・マルティネッリ(アーセナル)
1−2 66分 ニコラ・ペペ(アーセナル)
1−3 69分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1448】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1575927634/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:36 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テベス、ルーニーとのマンU時代の仰天エピソードを披露「ランボルギーニをくれた」

【サッカー】テベス、元同僚ルーニーとの仰天エピソードを語る「ランボルギーニをくれた」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575721838/
テベスとルーニー.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/12/07(土) 21:30:38.18 ID:pVvz+B1i9.net

 ボカ・ジュニオルスに所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスがインタビューに応え、マンチェスター・U時代のエピソードを語った。スペイン紙『マルカ』が6日に伝えている。

 テベスは2007年から2年間、ウェストハムからのレンタル移籍でマンチェスター・Uに在籍。当時から高額の年俸を受け取っていた同クラブの選手たちは高級車を所有していたようで、「マンチェスター・Uのトレーニングではフェラーリやランボルギーニと出会うことになるだろうね。誰でも、チーム最悪の選手でもフェラーリは持っているはずだ」と振り返り、「だけど僕はアウディで現れたから、関係者たちはまるでそれがフィアット600であるかのように頭を悩ませていたんだ」と自身の車が場違いだったことを明かした。

 そんなテベスに”ふさわしい”車を提供したのは当時エースを務めていたイングランドのレジェンドだったようで、「僕は(元イングランド代表FWウェイン・)ルーニーと話したんだけど、彼はクレイジーだったからすぐにランボルギーニを持ってくるよって言ったんだ。僕は登録もなしにマンチェスターをその車で走った。そして彼は僕にそれをくれたんだ」。

 そんなルーニーは来年1月からダービー(イングランド2部)で選手兼任ながら指導者のキャリアをスタートさせ、テベスも2019年限りでスパイクを脱ぐことを表明している。破天荒な2人の新しいステージにも注目が集まるところだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-01006522-soccerk-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスター、クラブ新記録リーグ8連勝!ヴァーディ2発8戦連続ゴールでアストンビラに4-1大勝(関連まとめ)

ヴァーディ8戦連発のレスターがクラブ新記録の8連勝! 首位リバプールとの8ポイント差を維持《プレミアリーグ》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00365765-usoccer-socc
ヴァーディ2019第16節ゴール.jpg

プレミアリーグ第16節、アストン・ビラvsレスター・シティが8日にビラ・パークで行われ、アウェイのレスターが4-1で快勝した。

現在、破竹の7連勝で2位に位置するレスターは、マンチェスター・シティ、チェルシーのここ最近の停滞によって首位を独走するリバプールの唯一の対抗馬となっている。

前日に行われた試合でリバプールが勝利したことで暫定勝ち点差11で迎えた今節は16位のアストン・ビラのホームに乗り込んだ。

試合は立ち上がりからアウェイのレスターがトップ下のマディソンとイヘアナチョ、ヴァーディの2トップを起点に良い形での攻撃を仕掛けていく。だが、11分にはホームのビラが左サイドのターゲットからのクロスをゴール前に飛び込んだエル・ガジがワンタッチで合わせ、クロスバー直撃の最初の決定機を創出した。

それでも、主導権を譲らないアウェイチームは20分、ハーフウェイライン付近でのボール奪取からショートカウンターに転じ、イヘアナチョからの絶妙なスルーパスに抜け出したヴァーディがボックス内でGKとDFをかわす。ここで一度ボールがこぼれてしまうが、冷静にリカバーした元イングランド代表FWが冷静にDFを外して無人のゴールへ左足のシュートを流し込んだ。

絶好調ヴァーディのリーグ戦8試合連発となる今季15点目で幸先良くリードを手にしたアウェイチームは、よりカウンターが嵌る状況の中で幾度も鋭い攻撃を仕掛けていく。その流れからヴァーディ、リカルド・ペレイラに訪れた決定機は相手守備陣の好守に阻まれるが、前節エバートン戦で勝利の立役者となったイヘアナチョが再び決定的な仕事を果たす。

41分、左サイド深い位置まで持ち運んだマディソンからの低弾道の高速クロスに反応したイヘアナチョはニアでDFより先にボールを触り、今季出場の公式戦で継続する連続得点記録を4試合に更新した。その後、前半終了間際に相手セットプレーの二次攻撃からコンサの落としをグリーリッシュに右足で決められ点差を縮められるも、前半を2-1のスコアで終えた。

前半終了間際の失点の影響が懸念されたものの、絶好調のレスターにそんな心配はいらない。後半立ち上がりの49分、マディソンの左CKにゴール前フリーで反応したエバンスが見事なヘディングシュートをゴール左隅に流し込み、瞬く間にリードを2点に戻した。

その後はホームチームの反撃を受ける展開が続くものの集中した守備で失点を許さないレスターは75分に絶好調のエースが試合を決める。自陣深くからのロングボールのこぼれを中盤で回収したプラートが相手の背後のスペースへスルーパスを供給。これに完璧なタイミングで抜け出したヴァーディがGKとの一対一を難なく制し、今季16試合目で16ゴールを記録することになった。

そして、このまま4-1のスコアを維持したまま試合をクローズしたレスターがクラブ新記録となるリーグ8連勝を達成し、首位リバプールとの勝ち点差8を維持している。

【DAZN】プレミアリーグ 2019/20 総合 ★31
http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1575815079/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:10 | 大阪 ☀ | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)