アンテナ・まとめ RSS

海外サッカー

マンU、アストンビラFWグリーリッシュの獲得に迫る!契約解除金48億円

マンU、アストン・ヴィラFWグリーリッシュ獲得迫る…移籍金は48億円

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-01040081-soccerk-socc
グリーリッシュ・ヴィラ.jpg

 マンチェスター・Uはアストン・ヴィラに所属するイングランド人MFジャック・グリーリッシュの獲得に近づいているという。25日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 マンチェスター・Uはグリーリッシュ獲得を強く望んでおり、アストン・ヴィラに対して契約解除金4500万ユーロ(約48億円)を支払う用意があると同紙は報じている。

 グリーリッシュは今夏開催されるのEURO2020のイングランド代表への選出が濃厚となっているとのこと。同大会での活躍によってグリーリッシュの移籍金が高騰する前に、移籍を完了させたい意図がマンチェスター・Uにはあると同紙は伝えている。

 グリーリッシュはイングランド出身の現在24歳。トップ下を主戦場とし、今シーズンはこれまで公式戦25試合出場7得点6アシストを記録している。

† Red Devils Manchester United 1429 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1581827057/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、新星ハーランドに今夏獲得オファーか?契約解除条項適用前に獲得狙う(関連まとめ)

【サッカー】<ハーランド>史上屈指の高額オファー必至か!?レアル・マドリード、7戦10ゴール絶好調FW獲得へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582669571/
ハーランド2020第23節ゴール.jpg
1: Egg ★ 2020/02/26(水) 07:26:11.62 ID:qzfw848B9.net
スペインの強豪レアル・マドリードは、今季欧州で大ブレークしたノルウェー代表の19歳FWアーリング・ブラウト・ハーランド(ドルトムント)を“時価”となる今夏に獲得するべく動くという。スペインメディア「エル・チリンギート」が報じている。

 ハーランドは今季をオーストリアのレッドブル・ザルツブルクでスタートさせると、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でゴールを量産。そして今冬の移籍市場でブンデスリーガの強豪ドルトムントへ移籍した。

 新天地ドルトムントでも公式戦7試合で10ゴールと大活躍。現時点での今季は公式戦30試合で40ゴールという凄まじい成績を残している。

 ハーランドとドルトムントの契約は、2021年夏以降に7500万ユーロ(約90億円)の契約解除条項が結ばれているという。それは、1年半後にはどのクラブもその金額を支払うことでハーランドと条件交渉で合意すれば獲得できるということになるが、レアルはその1年前になる今夏の獲得を狙っているようだ。

 契約解除条項の適用前となる今夏は、放出する場合もドルトムントが移籍金を決定できる“時価”の状態にある。それでも、翌年に多くのクラブと条件面で競争するよりも、今夏に高額投資を行ってドルトムントを説得する方針だという。

 現在の高騰するサッカー界の移籍金を鑑みれば、ドルトムントを納得させるには相当な金額をレアルが提示することが予想される。それでも、スペインの“白い巨人”が超高額オファーに踏み切るのか注目されることになりそうだ。

2/26(水) 6:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00248483-soccermzw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、グリーズマン同点ボレー弾で追い付きナポリと敵地で1-1ドロー!ナポリはメルテンスが先制ミドルも負傷交代 CL決勝T1回戦第1戦(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL決勝T1回戦第1戦 チェルシー×バイエルン、ナポリ×バルセロナ 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582667854/
グリーズマン2020CL決勝T1回戦第1戦ゴール.jpg
16: 久太郎 ★ 2020/02/26(水) 07:00:13.04 ID:OEoGivzs9.net

>>1
ナポリ、メルテンス豪快ミドルで先行もバルセロナに追いつかれ1−1決着

現地時間25日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16のナポリvsバルセロナの第1戦がスタディオ・サン・パオロで行われた。

この試合ではアウェー戦ながら持ち味であるパスワークで敵陣を崩そうとするバルセロナ、対してホームのナポリは強固な守備ブロックを形成しつつ、機を見てカウンターに転じるという構図で試合が進んだ。

バルセロナはリオネル・メッシを中心に敵陣で相手のほころびを狙うが、なかなか決定機を創出するまでには至らず。するとナポリは30分、ピオトル・ジエリンスキが右サイドへ縦パスを入れようとするが相手のトラップミスを誘発し、それを奪って縦へと抜ける。最後は右サイドからクロスを入れると、ファー側でボールを受けたドリース・メルテンスが持ち直してから右足でファー側へ巻いて決め、ナポリが1点を先行する。

ナポリはその後も高い位置からチェイスを仕掛け、前へとボールを持ち出そうとするバルセロナを苦しめる。42分にも決定機を迎えるが、これはゴール右へと逸れ、追加点とはならなかった。

前半はナポリの1点リードで折り返し、後半に入り49分、セルジ・ブスケツがボールを蹴ろうとしたメルテンスの振り足にスパイクを入れる形になり、ブスケツは警告処分。一方でメルテンスはこのワンプレーで歩行も難しくなり、54分にアルカディウシュ・ミリクとの交代でベンチへ下がった。

直後の57分、右サイドを狙ったネルソン・セメドが裏に抜け、クロスを入れる。そのボールをアントワーヌ・グリーズマンがダイレクトボレーで決め、バルセロナが1−1の同点に追いつく。

63分にはナポリFWミリクが相手DFを引きつけてからホセ・カジェホンにラストパスを送るも、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンがブロックしてナポリは追加点ならず。

この1分後にはバルセロナが攻勢を仕掛け、メッシがアルトゥーロ・ビダルへ一度はたいてゴール前へと突進。ビダルのクロスにメッシが飛び込むも、GKダビド・オスピナと衝突。この時、メッシの足がオスピナの腹部に入ったとしてメッシはイエローカードを受けてしまう。

この後、バルセロナは猛攻を見せるがナポリからゴールを奪うまでには至らず。一方のナポリもカウンターで好機を創出するが、なかなか1点が遠い。87分にはビダルがマリオ・ルイにタックルを仕掛け、その後の小競り合いを含めて一度に2枚のイエローカードを受け、退場となる場面も。バルセロナは第2戦でブスケツ、ビダルと中盤の軸を2枚欠いて戦うことが確定となった。

さらにバルセロナは90分、ジェラール・ピケが空中戦の着地に失敗し、足を捻挫。このワンプレーでピケはプレー続行不可能となってしまう。

結局試合はこのままフルタイムを迎え、ナポリホームの第1戦は1−1で決着した。カンプ・ノウでの第2戦は現地時間3月18日に行われる。

■試合結果
ナポリ 1−1 バルセロナ
【得点者】
ナポリ:メルテンス(30分)
バルセロナ:グリーズマン(57分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00010003-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☔ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ロンドンキラー、ニャブリ】バイエルン、ニャブリ2ゴールなどチェルシーに敵地で3-0完勝!CLベスト8進出に大きく前進 CL決勝T1回戦第1戦(関連まとめ)

“ロンドンキラー”ニャブリが2ゴール!バイエルンが敵地でチェルシーを粉砕
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00010002-goal-socc
ニャブリ2020CL決勝T1回戦第1戦ゴール.jpg

現地時間25日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが行われ、チェルシーはホームのスタンフォード・ブリッジにバイエルンを迎えた。

2011-12シーズンのCL決勝と同カードとしても注目を集めたこのカード。下馬評ではヌゴロ・カンテをはじめ主力に負傷者のいるチェルシーに対し、ブンデスリーガで首位を走る好調バイエルンが有利とされたが、大方の予想通りバイエルンがボールを保持する展開に。

開始わずか1分、高い位置でボールを奪い、トーマス・ミュラーがオープングシュートを放ったバイエルンは、11分にもミュラーとのワンツーで最終ラインを突破したキングスレイ・コマンがペナルティーエリア手前からシュートを放つもゴール右へと外れる。

スタンフォード・ブリッジでもホームゲームのようにボールを回すバイエルンは15分、チアゴ・アルカンタラの浮き球パスに抜け出したロベルト・レヴァンドフスキがエリア内左で受けダイレクトでシュートに行くも、飛び出したGKウィリー・カバジェロが体を張ってブロックする。

27分にも、右サイドからカットインしたミュラーのスルーパスにレヴァンドフスキが抜け出すが、飛び出したGKカバジェロが再び体を張ってブロック。29分にはスローインを受けたミュラーが左サイドから切り込んで右足で巻いたシュートを放つも曲がり切らずゴール右へとわずかに外れる。

ボールを持たれているチェルシーだが、前線からのプレスは非常に統制されており、ゾーンの受け渡しもスムーズなため、バイエルンの最終ラインが出しどころに困る場面も散見される。34分にはそうした前からの守備がハマり、GKマヌエル・ノイアーのミスキックかチャンス到来。マテオ・コヴァチッチのスルーパスをエリア内左で受けたメイソン・マウントの折り返しにオリヴィエ・ジルーが足を伸ばすもわずかに届かず。

ヒヤリとしたバイエルンだが、すぐに決定機を作り出す。35分、ミュラーのポストプレーから左で受けたセルジュ・ニャブリのクロスに反応したのはミュラー。ゴール前でフリーとなりバックヘッドで合わせると、これがクロスバーを叩く。

前半終了間際にはチェルシーに決定機。カウンターから左サイドで受けたマルコス・アロンソがスライディングに来たバンジャマン・パヴァールをやり過ごして左足でシュート。これはGKノイアーが横っ飛びではじき出したが、ようやくチェルシーが枠内シュートを放った場面だった。

決勝トーナメント特有の緊張感が漂う中、スコアレスで迎えた後半、51分に均衡が破られる。中盤で競り合ったチアゴが冷静な浮き球コントロールからニャブリにパスを通すと、ペナルティーエリア内左に流れたレヴァンドフスキへとパスが渡る。シュートも打てる場面で中央への折り返しを選択すると、走り込んできたニャブリが押し込んでバイエルンが先制する。

そのわずか3分後、ノイアーのロングキックをレヴァンドフスキが頭で落とし、受けたニャブリから再びレヴァンドフスキへ。絶妙なタメからエリア内にラストパスを送ると、走り込んだニャブリがゴール右へと流し込み、あっという間にバイエルンがリードを広げた。

グループステージで同じロンドンのトッテナムから1試合で4ゴールを奪うなど“ロンドンキラー”ぶりを発揮しているニャブリは、59分にもミュラーの折り返しをボレーで捉える。決めればハットトリックという場面だったが、これはゴール上へと打ち上げてしまう。

2点を追うチェルシーは61分、ロス・バークリーとジルーを下げてウィリアンとタム・エイブラハムを投入。2枚替えで流れを変えようと試みる。一方のバイエルンも65分、ハムストリングを痛めたコマンがフィリペ・コウチーニョとの負傷交代を余儀なくされる。

69分、ヨシュア・キミッヒのパスを奪ったマウントが強引にシュートを放つが枠を大きく外れる。チェルシーにとってはこれが後半最初のシュートとなった。

73分にはセサル・アスピリクエタに代えてペドロを投入し交代枠を使い切ったチェルシーが徐々にペースを掴み始めたかに思われた76分、左サイドをスピードに乗って突破したアルフォンソ・デイヴィスの折り返しをフリーのレヴァンドフスキが難なく押し込み、バイエルンが敵地で3点目を奪う。

82分、バイエルンのカウンターの場面でレヴァンドフスキと交錯したアロンソにイエローカードが出された後、VARの確認により、故意に顔を叩いていたとしてレッドカードに変更へ。チェルシーは交代枠も使い切り、3点ビハインドの上に1人退場という非常に厳しい状況に追い込まれる。

こうなると余裕をもってボールを回すバイエルンが完全に試合をコントロール。一矢報いたいチェルシーだが、10人で攻めに出れば致命的な4失点目を奪われるリスクも大きい。アディショナルタイムの4分間もボールを回しながら試合を終わらせたバイエルンが、ホームでのセカンドレグに向けて大きな3ゴールを奪い先勝した。

セカンドレグは3月18日にバイエルンのホームで行われる。

■試合結果
チェルシー 0-3 バイエルン

■得点者
チェルシー:なし
バイエルン:ニャブリ(51分、54分)、レヴァンドフスキ(76分)

【サッカー】UEFA-CL決勝T1回戦第1戦 チェルシー×バイエルン、ナポリ×バルセロナ 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582667854/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:48 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元韓国代表キ・ソンヨン、久保建英所属マジョルカが獲得を発表 1月にニューカッスルを退団しフリーで加入

元韓国代表MFキ・ソンヨン、マジョルカ加入が決定! 久保建英と同僚に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-43478554-gekisaka-socc
キ・ソンヨンマジョルカ加入.jpg

 MF久保建英所属のマジョルカは25日、元韓国代表MFキ・ソンヨン(31)の加入を発表した。契約期間は今季終了まで。同選手は今年1月限りで前所属のニューカッスルを退団しており、無所属だった。

 今季から1部リーグ昇格を果たしたマジョルカはリーガ・エスパニョーラ第25節終了現在、2部リーグ降格圏内の18位。韓国代表通算113試合10得点、プレミアリーグ通算186試合15得点の実績を持つMFに命運を託した。

【RCD】久保建英応援スレ part 177【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1582612160/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(24) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菅原由勢、AZと5年契約で完全移籍!AZ幹部絶賛「すぐに彼と契約を結ぶべきだと確信した」今季名古屋からレンタル移籍(関連まとめ)

【サッカー】<DF菅原由勢>5年契約…クラブ幹部も絶賛!名古屋からAZへ完全移籍
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582588379/
菅原AZEL拍手.jpg
1: Egg ★ 2020/02/25(火) 08:52:59.27 ID:l2c/PBly9.net

AZは23日、名古屋グランパスからU-23日本代表DF菅原由勢(19)を完全移籍で獲得することを発表した。新シーズンから切り替えとなる。

菅原は2019-20シーズンからレンタル移籍でAZへ加入。名古屋からも23日に完全移籍に切り替わることが発表されていた。

加入後すぐに高い評価を得た菅原は、ここまでのエールディビジで15試合に出場し2ゴール1アシスト。ヨーロッパリーグでも7試合に出場し1ゴールを記録。右サイドバックだけでなく、右ウイングなど攻撃的なポジションでも起用されている。

AZのディレクターを務めるマックス・ハイベルツ氏は「過去6カ月の間、ユキ(菅原)がプレーし、トレーニングして来た内容は素晴らしい」とコメント。「すぐに彼との契約を選ぶべきだと確信していた。そして、今そうしている。トップチームでプレーする時、彼は準備が整っていることを示すことができる若い選手だ。長期間、こんな才能を獲得できたことは素晴らしい」と語り、大きな評価を下している。

AZと2025年までの契約を結んだ菅原。クラブのインタビューで最も特別な瞬間を問われ「オールド・トラッフォードでマンチェスター・ユナイテッドと対戦した時は、とても特別でした。いつも夢見て来ました。一番の思い出はフォルティナ・シッタードとのホームゲームです。エールディビジでの最初の試合で、自分は正しかったと思います」とコメント。AZでの思い出を口にしていた。

2/25(火) 7:30配信
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200225-00370686-usoccer-000-1-view.jpg


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00370686-usoccer-socc
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【これがリバプールだ!】リバプール、破竹の18連勝でリーグ記録に並ぶ!ウエストハムに苦しみながらも打ち合い制し3-2勝利!(関連まとめ)

リヴァプール、リーグの連勝記録「18」に並ぶ…ウェストハムとの打ち合い制す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-01039647-soccerk-socc
マネ2020第27節ゴール.jpg

プレミアリーグ第27節が24日に行われ、FW南野拓実が所属するリヴァプールとウェストハムが対戦した。南野はベンチ入りを果たしたが、出場はなかった。

 試合が動いたのは9分、ホームのリヴァプールはトレント・アレクサンダー・アーノルドが右からクロスを上げると、ジョルジニオ・ワイナルドゥムが難しい体勢から頭で合わせてネットを揺らした。しかし、アウェイのウェストハムは12分、右のコーナーキックからイッサ・ディオプがヘディング弾を沈め、試合を振り出しに戻した。

 その後攻め立てるリヴァプールは、31分にアレクサンダー・アーノルドがエリアの外からゴールを狙うが、シュートは惜しくも枠の左横に外れる。39分には左からのCKにフィルジル・ファン・ダイクが合わせたが、ヘディングはクロスバーに阻まれた。

 すると54分、ウェストハムが逆転に成功する。右サイドからデクラン・ライスが低めのクロスを供給すると、パブロ・フォルナルスが右足で合わせてゴール左下隅に流し込んだ。

 追いかける展開となったリヴァプールは、68分に試合を再び振り出しに戻す。アンドリュー・ロバートソンが左からグラウンダーで折り返すと、モハメド・サラーがダイレクトで合わせる。ウェストハムのGKウカシュ・ファビアンスキはシュートを正面で捉えたが、ボールを受け止めきれずに股下を通してしまった。

 そして81分、リヴァプールが勝ち越しに成功する。ジョー・ゴメスのシュートのこぼれ球に素早く反応したアレクサンダー・アーノルドが、飛び出してきた相手GKの脇下を通して折り返すと、最後はサディオ・マネが押し込んだ。86分には再びアレクサンダー・アーノルドのクロスにマネが合わせたが、こちらはオフサイドで取り消しとなった。

 試合はこのまま終了し、リヴァプールは2017−18シーズンにマンチェスター・Cが打ち立てたリーグ記録の18連勝に並ぶことになった。一方、敗れたウェストハムはリーグ戦7試合連続未勝利となった。次節、リヴァプールは連勝の新記録をかけてアウェイでワトフォードと、ウェストハムはホームでサウサンプトンと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 3−2 ウェストハム

【得点者】
1−0 9分 ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リヴァプール)
1−1 12分 イッサ・ディオプ(ウェストハム)
1−2 54分 パブロ・フォルナルス(ウェストハム)
2−2 68分 モハメド・サラー(リヴァプール)
3−2 81分 サディオ・マネ(リヴァプール)

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1209 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1582381278/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:40 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルFW19歳ロドリゴ、ゴール後のガッツポーズでまさかの退場に…アザールに続きクラシコ欠場が決定

レアルFWロドリゴがゴラッソ→ガッツポーズ→退場…クラシコは出場停止に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-43478536-gekisaka-socc
ロドリゴ2020レアル.jpg


 レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスがBチームでの退場処分により、3月1日にホームで行われるリーガ・エスパニョーラ第26節のバルセロナ戦は出場停止となった。

 マジョルカに期限付き移籍中のMF久保建英と同じ昨年夏にレアルの一員となり、今季はカスティージャでプレーしながらトップチームでも出番を得ているロドリゴ。23日に開催されたセグンダ・ディビシオンB(スペイン3部)のレジェス戦(○2-0)でスタメン出場すると、1-0の後半42分に自陣左サイドからスピードに乗ったドリブルでマークを振り切り、GKシャビ・イルレタとの1対1からネットを揺らした。

 ただ、その直前に倒れている相手選手がいながらボールを外に出さなかったこともあり、イルレタが抗議するように詰め寄ると、ロドリゴは挑発するようにガッツポーズ。主審が2人の間に割って入り、ロドリゴにこの日2枚目のイエローカードを提示した。

 スペイン『マルカ』は「奇妙なレッドカード」とロドリゴの退場シーンを動画で取り上げるとともに、規定によりトップチームでの次節も出場停止となることを伝えている。レアルはFWエデン・アザールを右足首の骨折で欠く中、さらに攻撃の駒を1つ失い、バルセロナとのクラシコに臨むことになった。

◆◇El Blanco Real Madrid 1048◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1581297152/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インモービレ、25試合27得点で61年ぶりのセリエA記録に並ぶ!ラツィオはジェノアに3-2勝利(関連まとめ)

【サッカー】セリエA インモービレが止まらない! 今季27得点目で61年ぶりの大記録に並ぶ 25試合27得点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582509179/
インモービレ2020第26節ゴール.jpg
1: 2020/02/24(月) 10:52:59.57 ID:HNjsOyya9.net

ラツィオに所属するイタリア代表FWチーロ・インモービレが、23日に行われたセリエA第25節ジェノア戦(3−2)で、リーグのとある記録に並んだようだ。同日、イギリスメディア『BBC』が報じた。

インモービレは同試合の51分、ゴール前でこぼれ球を拾うと、右足を振り抜いて正確にゴール右下隅へ流し込む流石のフィニッシュを披露。リーグ戦2試合連続の得点で、今季セリエAでの得点数を「27」に伸ばした。

セリエAで最後に25試合で27得点を挙げたのは、1958−59シーズンのアントニオ・アンへリージョ氏(インテル)だ。同氏は同シーズンで最終的に、33試合の出場で33得点を挙げて得点王に輝いた。

なお、セリエAにおける1シーズンの最多得点数は、2015−16シーズンにゴンサロ・イグアイン(当時ナポリ)が記録した36得点(35試合)となっている。それでも、61年ぶりの大記録に並ぶ驚異的なペースで得点を積み重ねるインモービレなら、こちらの記録更新にも期待できそうだ。

2連勝となったラツィオは現在、勝ち点「59」の2位。29日に行われる予定のセリエA第26節では、DF冨安健洋が所属するボローニャと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-01039406-soccerk-socc
2/24(月) 10:12配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/53
得点ランキング

https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2020/02/20200205_Ciro-Immobile_getty.jpg
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2018/07/20180709_ciro-immobile6070.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、またもヘッド弾はVARで幻に…ウエスカはラージョに0-2敗戦

FW岡崎慎司、2戦連発の先制ヘッドが認められず…ウエスカ3位浮上逃す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-43478517-gekisaka-socc
岡崎ウエスカ.jpg

[2.23 スペイン2部第29節 ラージョ2-0ウエスカ]

 スペイン2部リーグは23日、第29節を各地で行い、FW岡崎慎司所属のウエスカがラージョに0-2で敗れた。2試合連続で先発した岡崎は0-0で迎えた前半18分、右からのクロスに頭で合わせてネットを揺らしたが、直前にハンドがあったとしてゴールは認められず。今季6点目となる2試合連続ゴールを逃した。

 またしても幻のゴールに泣いた。前半18分、ウエスカは岡崎のポストプレーから攻撃のスイッチを入れると、右サイドを駆け上がったFWフアン・カルロスがふわりとしたクロスを供給。これにファーで反応した岡崎がヘディングシュートでネットを揺らし、今季6ゴール目が決まったと思われた。

 ところがVARの介入により、岡崎のポストプレーの際にハンドの反則が確認あったと判明。オンフィールド・レビューを経てゴールが取り消された。昨年11月9日の第15節・オビエド戦(○3-1)で2度もVARに泣いた岡崎だったが、またしても幻のゴールに屈する形となった。

 その後はラージョが優勢を保った。後半10分、まずはペナルティエリア内でシュートブロックを試みたDFジョゼ・サの腕にボールが当たり、主審がハンドの判定を下すと、VARが再確認を助言したがオンフィールド・レビューを経ても判定は変わらず。MFマリオ・スアレスのPKはGKアルバロ・フェルナンデスが止めたが、跳ね返りを決められて先制を許した。

 さらに後半27分、ラージョは左サイドからカットインしたMFホルヘ・デ・フルートスが豪快な右足シュートを叩き込んで追加点を奪取。そのままタイムアップを迎え、降格組対決はラージョに軍配が上がった。勝利すれば3位浮上の可能性もあったウエスカだったが、2試合ぶりの敗戦で4位にとどまった。

≠Sociedad Deportiva Huesca≠岡崎慎司 ★148
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1570389101/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アザール、右足腓骨骨折で今季大半を欠場へ…前節で全治3カ月の負傷から復帰したばかり(関連まとめ)

【サッカー】<アザール(レアル・マドリード)>復帰間もないのに、またも離脱…右足腓骨の亀裂骨折で今季のほとんどを欠場か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582496152/
アザール2020第25節負傷02.jpg

1: Egg ★ 2020/02/24(月) 07:15:52.61 ID:mrBp3VdR9.net

レアル・マドリーは23日、ベルギー代表MFエデン・アザールが右足腓骨の亀裂骨折と診断されたことを発表した。

22日に行われたラ・リーガ第25節のレバンテ戦に先発したアザール。前節のセルタ戦で約3カ月ぶりとなる復帰を果たしたばかりだったが、67分にアクシデントを起こして交代していた。

レバンテ戦後の記者会見でジネディーヌ・ジダン監督は、「重そうに見える」とコメント。また、スぺイン『マルカ』は以前に負傷していた足と同じであることを指摘し、今シーズンのほとんどを欠場することになると見ているようだ。

2/23(日) 22:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00370642-usoccer-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)