アンテナ・まとめ RSS

海外サッカー

PSG、ネイマールが一転退団の可能性 ケライフィ会長の発言が要因か

【サッカー】PSG・ネイマールが一転して退団を視野? アルケライフィ会長の発言が要因か [ネギうどん★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1656298372/
ネイマール21-22サムズアップ.jpg
1: ネギうどん ★ 2022/06/27(月) 11:52:52.39 ID:CAP_USER9.net

 ブラジル代表FWネイマール(30)が、フランス1部パリ・サンジェルマンからの退団を検討し始めている。フランスメディア「RMCスポーツ」が伝えた。

 フランス代表FWキリアン・エムバペが残留を決め、パリSGが今夏のネイマール放出を除外しないとの方針となった中でも、ネイマールはパリへの滞在を希望。しかし、ナセル・アルケライフィ会長が、フランス紙「ル・パリジャン」に語ったコメントが気に入らなかったことで考えが変わり始めているという。

 同会長はネイマール退団の可能性を問われ、こう答えた。「私が言えるのは、すべての選手が昨シーズンより多くの仕事をするのを期待している。我々は明らかに、上を目指すのに十分ではなかった。来季は毎日200%で働けば、我々は結果を出せるだろう。我々は、もう一度謙虚にならなければならない。試合に影響を与えるようなケガ、出場停止、ファウルを避ける必要がある」

 このコメントは自身を標的にしていると解釈。怒りを感じ、パリSGでのプレーに情熱を持てなくなったようだが、金銭的にネイマールを獲得できるクラブはあるかという問題がある。同メディアは「移籍金と年俸は、移籍に対する大きな障害だ」と指摘した上で、かねて名前の挙がったイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、ニューカッスルを候補とした。

 もはやチームでの主役になることはない中、ブラジル代表エースは最終的にフランスの首都を離れる決断を下すのだろうか。

https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/world/4282391/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンCジェズス、アーセナル移籍が秒読み!クラブ間に続き個人間でも合意 ロマーノ記者報じる(関連まとめ)

ジェズスのアーセナル移籍は秒読み段階へ…27年までの契約で個人間合意に
https://news.yahoo.co.jp/articles/287588c48de4ba6cac976394e9b8d94ec5d36057
ジェズス21-22マンCリーグ優勝.jpg

 ブラジル代表FWガブリエル・ジェズス(25)はアーセナル移籍に個人間で同意したようだ。26日、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者を始め、現地メディアが報じている。

 マンチェスター・シティに2016-17シーズンに加入して以降、リーグ戦では58ゴール29アシストを記録し、4度のプレミアリーグ優勝と3度のリーグ杯制覇を経験してきたジェズス。アーセナルの前線補強の一人として掲げられ、今月24日にはクラブ間合意にも達したと伝えられていた。

 そして今回、いよいよ個人間での合意にも達した。契約は2027年まで。4500万ポンド(約74億6000万円)での獲得になるようだ。

 アーセナルは昨冬にFWピエール・エメリク・オーバメヤンを、そして直近ではFWアレクサンドル・ラカゼットが移籍しており、前線の補強が急務となっていた。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1856】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1656226496/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:30 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェルシー、マンCスターリングとバルサFWデンベレの獲得に動く!デンベレはチェルシーの提示額に失望か

チェルシー、248億円でデンベレとスターリングの獲得を狙う
https://nordot.app/913582228449378304?c=62479058578587648
デンベレとスターリグン.jpg

ロマン・アブラモヴィッチから新オーナーへの売却と体制移行が決まったチェルシー。

『Daily Mail』によれば、新オーナー兼会長であるトッド・ベーリー氏は1.5億ポンド(248億円)もの補強費を用意しており、チームはラヒーム・スターリングとウスマヌ・デンベレのダブル獲得を狙っているという。

チェルシーはロメル・ルカクのインテル復帰が決定的となっている。そこで、マンチェスター・シティとの契約が残り1年となったスターリング、そして、バルセロナとの契約が満了になったデンベレの2人を補強しようとしているとのこと。

『Telegraph』によると、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は、シティにオファーを送る前にスターリングに連絡をとっていたという。かなり本腰ということのようだ。


FWデンベレ チェルシーからの獲得オファーに“失望” バルサ年俸と「大きな差がなかった」と地元紙報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/20bf0ebf8bcc6be48f91995cf5ec3ee2cceda2eb

 スペイン紙スポルト(電子版)は26日、今月末でバルセロナと契約満了となるフランス代表FWウスマン・デンベレ(25)がチェルシーからの“獲得オファー”に納得しなかったと報道。チェルシーとバルセロナが提示した年俸に「大きな差がなかった」と伝えた。

 同紙によるとデンベレとチェルシーは今夏の移籍へ向け契約を進めてきたが、提示された年俸にデンベレ側が失望。チェルシーは4シーズンの契約を提示したもようでバルセロナが提示した年俸より高いものだったが驚くほどの大きな差がなく、デンベレ側が想定していた金額よりかなり低かったため肯定的な回答をしなかったという。

 これについて同紙は「チェルシーがマンチェスターC所属のFWスターリング獲得交渉も同時に行っているため、デンベレの提示年俸が下がってしまった」と説明。この金銭的オファーに落胆したデンベレはバルセロナのシャビ監督へ電話をかけたようだと報じた。

 この電話については「彼の狙いはバルセロナからもう少し高い金額の年俸を引き出してチームに残留することだったが、バルセロナは前回提示した金額以上のオファーを出すつもりはなかったようだ」と説明。バルセロナ残留の道は完全に途絶えたわけではないが、依然として可能性は低い状況が続くとした。

BLUEMOONマンチェス夕一シティ 478citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1655731899/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:05 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ブラジル代表FWラフィーニャ獲得に本腰!週明けにも新オファー提示へ

アーセナル、リーズのブラジル代表FW獲得へ本腰 新オファー提示へ「移籍に前向き」と英指摘
https://news.yahoo.co.jp/articles/1855d758afd48b67f7973dcfafcb92e54942b96e
ラフィーニャ21-22リーズ.jpg

チェルシー、トッテナム、バルセロナがラフィーニャへ関心も、アーセナルが一歩前進か
 日本代表DF冨安健洋が所属するアーセナルはリーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWラフィーニャの獲得に向けて着実に前進しているようだ。最初のオファーはリーズの要求額を満たせずに拒否されたが、週明けにも条件を改善した新オファーを送る見込みだと「The Athletic」が報じた。

 今月行われた日本対ブラジルの国際親善試合にも出場していたラフィーニャ。アーセナルのほかにもチェルシーとトッテナムのロンドン勢が興味を示しているようだが、チェルシーはマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリング、トッテナムはエバートンのブラジル代表FWリシャルリソンを第一候補として追っているようで、争奪戦のポールポジションにいるのはアーセナルだと伝えられている。

 アーセナルは先週、ラフィーニャの獲得に向けて最初のオファーを送ったが、これはリーズ側の要求額を下回るもので拒否されていた。しかし、リーズ側はラフィーニャのビッグクラブでプレーしたいという野心に理解を示しており、同選手が2024年に満了する契約の延長に応じるとは考えていない。そして要求額を満たす条件であれば、移籍を不当に妨害するつもりもないという。

 そうしたなかでアーセナルはラフィーニャ獲得に本腰を入れており、週明けにも条件を改善した新オファーを提示する見込みだという。スペインのバルセロナも含め、獲得に興味を持っているライバルは多いが、記事では「エミレーツ・スタジアムには彼らが(ラフィーニャの争奪戦で)有利な立場にあると楽観的な空気があり、ラフィーニャは移籍の可能性に前向きだと考えられている」と伝えられている。

 マンチェスター・シティからFWガブリエウ・ジェズスの獲得合意も報じられているアーセナル。現役ブラジル代表の実力者を立て続けに補強し、大きな戦力アップを果たしそうだ。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1855】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1655987127/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相手のゴールに激怒したクラブ会長、副審にパンチ→その後VARで取り消しに ナイジェリア1部

【サッカー】ナイジェリア1部で前代未聞の蛮行!敵のゴールに激怒したクラブ会長が副審にパンチ→VARで得点取り消し [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1656205570/
カノピラーズ会長副審殴る.jpg

1: 久太郎 ★ 2022/06/26(日) 10:06:10.25 ID:CAP_USER9

「ナイジェリア・サッカー界の恥だ」
ナイジェリアで副審が会長に暴力を受けるという前代未聞の事件が起こった。

 恐ろしい蛮行に及んだクラブの会長に厳しい措置が科された。

 衝撃の事件が起こったのは6月23日に開催されたナイジェリア1部リーグの第31節、カノ・ピラーズFCがダッカダFCをホームに迎えた一戦だった。

【動画】判定に激怒した会長が副審にパンチ!信じられない衝撃シーン
https://youtu.be/_TdPMLXqze0


 1-0とカノがリードして迎えた後半アディショナルタイム、ダッカダの選手が裏のスペースに抜け出し、ネットを揺らす。 

 この同点弾をオフサイドだと激怒したのが、カノのマラム・ヤハヤ・スラホ会長だ。なんとピッチに下りてきて、副審にパンチを浴びせたのだ。しかも、VAR検証の結果、ゴールは取り消しとなっている。


 現地メディア『DAILY TRUST』によれば、ナイジェリア・サッカー協会のアロイ・チュクウェメカ事務局長が24日、次のような声明を発表した。

「不幸な事件の詳細な調査結果が出るまで、カノ・ピラーズFCのマラム・ヤハヤ・スラホ会長をすべての活動から無期限停止にさせた」

 この映像はSNSでも拡散され、「ナイジェリア・サッカー界の恥だ」「なんという恥ずべき行為」「クラブを活動停止にすべき」「勝点剥奪だ」といった声があがった。

 また、ゴールが取り消されたことについて、「明らかなゴールだろ」「なぜ判定が変わったんだ?」「ゴールが取り消されたことも問題だ」といったコメントも飛び交っており、暴力に屈したのではないかという見方もあるようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/746b0ad00a4f32a26adbaf3948ac9fc6a458077c



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、フレンキー・デヨング獲得でバルセロナと合意に近づく 移籍金100億円超なら成立も

マンチェスター・U、デ・ヨング獲得で合意に近づく…移籍金100億超なら成立も
https://news.yahoo.co.jp/articles/a9906b56a6b9824539b7a8454b0c5cca95f84ea9
フレンキーデヨング21-22バルサ.jpg

マンチェスター・ユナイテッドはバルセロナとMFフレンキー・デ・ヨングの獲得で合意に近づいているようだ。『GOAL』の取材で明らかになった。

元アヤックスのデ・ヨングはマンチェスター・Uの新指揮官エリック・テン・ハーグとともに仕事をした経験を持つ。テン・ハーグがユナイテッドで導入するシステムの要になるとみなされており、クラブがトップターゲットに据えてきた。

ユナイテッドは、バルセロナが売却を望んでいることを確信しており、オランダ代表選手の獲得が実現するとの見方が強まっている。ユナイテッドの5100万ポンド(約84億5000万円)のオファーは拒否されたものの、6400万ポンド(約106億1000万円)から7300万ポンド(約121億円)の間であれば、両者の間で取引が成立する可能性があることが明らかになった。正式な合意には至っていないが、交渉は進んでいるようだ。

ユナイテッドは今夏、5人の選手の補強を検討中。その中にはクリスティアン・エリクセンやアントニーといった選手も含まれている。

※一部内容を編集し直しました。

† Red Devils Manchester United 1646 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1656068151/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:33 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル退団のベイル、MLSロサンゼルスFC移籍で合意 英複数メディア報じる

マドリー退団のベイル、急転直下でMLS行きが決定!キエッリーニ加入のロサンゼルスFCに移籍へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/036e76f4a9f7e4090b4a268a28691caa40ad5483
ベイル2022ウェールズ代表02.jpg

 注目されていた大物の新天地が決定した。

 現地6月25日、移籍市場に詳しいファブリツィオ・ロマーノ記者や複数の英国メディアが、レアル・マドリーを退団したウェールズ代表FWガレス・ベイルが、MLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルスFC入団で合意。主要部分で契約を交わしたと報じた。

 契約期間は23年6月までの1年で延長オプション付き。まもなく正式発表される見込みだという。
 
 32歳のアタッカーは、2013年夏に加入したレアル・マドリーとの契約が満了し、退団が決定。母国のカーディフなどからの関心が伝えられていたが、急転直下でアメリカ行きが決定した。

 ロサンゼルスFCは、ユベントスを契約満了となった元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに続くビッグネームの獲得となる。

【サッカー】ベイル、ロサンゼルスFCと契約の模様 [豆次郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1656170744/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、MFアセンシオとMFセバージョスの退団の扉開く…両選手の意思次第だが残留しても出場機会は約束できず

レアル・マドリー、アセンシオ&セバジョス退団の扉を開く…両選手の意思次第だが残留しても出場機会は約束できず
https://news.yahoo.co.jp/articles/c88827ecb801f792f06b0247a56ff6c365c00b8f
セバージョスとアセンシオ.jpg

レアル・マドリーがMFマルコ・アセンシオ、MFダニ・セバジョス退団の扉を開いたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

レアル・マドリーとアセンシオ&セバジョスの契約は2023年まで。クラブは彼らの進退について本人の意思に任せる意向で、残留する場合には戦力に数えるとのことだが、しかし満足な出場機会は保証できない状況となっている。そのために今夏、他クラブから届くオファーを受け入れる方が、彼らにとってもクラブにとっても都合が良いと考えているようだ。

まずアセンシオについて、同選手は先に契約を交わした代理人ジョルジュ・メンデス氏が移籍先となるクラブを探しており、レアル・マドリーはオファーが届く場合に売却を検討する模様。マドリーはアセンシオが放出可能な選手の中で、最も高価な存在と認識しており、彼の売却次第でストライカーを獲得する可能性もあるという。

その一方で、もしアセンシオが主力ではないことを受け入れて残留したとしても、レアル・マドリーが問題視することはない様子。そこから状況が変わり、契約延長を結ぶ可能性も否定はしていないようだ。

またセバジョスについて、同選手もアセンシオと同様にスペイン代表としてカタール・ワールドカップ参加を目指しているが、現状では招集が難しいとルイス・エンリケ監督から伝えられている模様。レアル・マドリーはMFオーレリアン・チュアメニ獲得で、中盤に7人もの選手を抱えているが、これを受けたセバジョスは移籍も視野に入れているという。

セバジョスには古巣ベティスが興味を持ち、レアル・マドリーに対して選手の状況について問い合わせたという。マドリーはセバジョスの移籍金を1000万ユーロ前後と見積もりながらも、まだ交渉の余地を残しているようだが、そこまで大幅に引き下げる考えもない様子。ベティスにとってはセバジョスの高額な年俸も、獲得のネックになっているようだ。


◆◇El Blanco Real Madrid 1201◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1655600518/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:10 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューカッスル、リールDFボトマン獲得でクラブ間合意!ミランとの争奪戦を制す(関連まとめ)

ニューカッスルが若手CBボトマン獲得でリールと合意…移籍金は50億円程度に
https://news.yahoo.co.jp/articles/c2246ed18f403892a9645fc5edc451ff96cdd8d2
ボトマン2022リール.jpg

ニューカッスル・ユナイテッドがスヴェン・ボトマン獲得で合意に達したようだ。『BBC』などが伝えている。

昨秋にサウジアラビア政府系ファンド『パブリック・インベストメント・ファンド』が買収に成功し、世界最大の金満クラブになったニューカッスル。最初の移籍市場となった今冬にはキーラン・トリッピアーを獲得したりと積極補強に動いた同クラブは、再び忙しい移籍市場を送ることが予想されている。

一時は最下位に沈んだ昨シーズン、失点数の多さに苦しむ中、ニューカッスルは守備陣の補強として今冬の移籍市場にボトマンに興味を持ち、実際に獲得に動くも、実現せず。それでも、依然として同選手への関心を寄せ続ける中、ミランとの争奪戦を制する形で、リールとオランダ代表DFの移籍で合意に至ったようだ。なお、移籍金は3000万ポンド(約50億円)程度になることが予想されている。

このままリールの取引に成功すれば、ニューカッスルにとって、マット・ターゲット、ニック・ポープに次いで、ボトマンは今夏3人目の補強になる予定だ。

今冬には右サイドバックのトリッピアー、センターバックのダン・バーンを獲得し、今夏にGKポープ、左サイドバックのターゲット、そしてもう1人のセンターバックとしてボトマンを獲得することにより、エディ・ハウ監督はわずか半年で守備陣の総入れ替えに成功することになる。

■□■□╋ AC MILAN パート769☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1654269881/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】中村俊輔、44歳に!セルティックが誕生日を祝いゴール集をSNSに投稿

「なんて選手だ!」セルティックが“レジェンド”中村俊輔の44歳のバースデーを祝福! 特集動画のFKの数が異常
https://news.yahoo.co.jp/articles/aa1eb29c8bde161b20e7f3a611366c84a567474f
中村俊輔セルティック横顔.jpg

日本人選手が4人所属し、スコティッシュ・プレミアシップを制したセルティックが、レジェンドのバースデーを祝った。

【動画】セルティックが誕生日を祝うゴール集!FKの多さが異常


6月24日は、元日本代表MF中村俊輔の44歳のバースデー。現在もなお横浜FCで現役選手として活躍している。

左足から繰り出されるキックは今なお健在。かつては世界にも驚きを与えており、過去に所属したセルティックではレジェンド的な存在として知られる。

その中村のバースデーをセルティックも祝福。誕生日を祝い、60秒でセルティックでのゴールを振り返る映像で特集された。

流れの中から決められるゴールも多々ある中で、FKからのゴールの多さに中村らしさが出ている。

なお、動画に収められている数あるゴールの中で右足で決めたのは1ゴールのみ。GKの手を弾くほどの威力のものだ。

この動画には「レジェンドだ」、「FKの名手」、「本当に素晴らしい選手」、「なんて選手だ!」と称賛の嵐。特にFKのゴールの多さに多くの反応が見られ、マンチェスター・ユナイテッド相手にチャンピオンズリーグで2試合連続決めたFKも収められている。

現在は古橋亨梧、前田大然、旗手怜央、井手口陽介と4名の日本人が在籍しているが、中村のようなレジェンドになれるのかにも注目が集まる。

【中村俊輔】ていうかあの人はサッカー小僧過ぎました1368
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1655125484/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、英代表MFフィリップスの獲得でリーズとクラブ間合意!移籍金は総額75億円か

シティがイングランド代表MFフィリップス獲得でリーズと合意報道、移籍金総額75億円か
https://news.yahoo.co.jp/articles/6eea0de786537ee815f510ddb986c8151f5b59c1
フィリップス21-22リーズ.jpg

リーズ・ユナイテッドのイングランド代表MFカルヴァン・フィリップス(26)に関して、マンチェスター・シティが獲得で合意に至ったようだ。イギリス『BBC』が伝えた。

リーズの下部組織出身のフィリップス。2015年7月にファーストチームに昇格すると、チャンピオンシップ(イングランド2部)で経験を積み、チームと共にプレミアリーグへ昇格した。

プレミアリーグでは2020-21シーズンに初めてプレミアリーグでプレーした中、これまで49試合に出場し1ゴール3アシストを記録。イングランド代表にもすぐに招集されると、主軸に定着し、ユーロ2020ではレギュラーとして準優勝に貢献した。

シティは今夏のターゲットとしてフィリップスを設定。『BBC』によると、シティはリーズに移籍金4200万ポンド(約70億円)を支払い、プラス300万ポンド(約5億円)のボーナスを支払う可能性があるという。

シティでは中盤を9シーズンに渡ってきた元ブラジル代表MFフェルナンジーニョが退団。スペイン代表MFロドリと共に、中盤の守備的なポジションを任せる選手の獲得を望んでいた。

BLUEMOONマンチェス夕一シティ 478citizens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1655731899/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ブラジル代表FWジェズス獲得でマンCとクラブ間合意!移籍金は4500万ポンド(約75億円)の見通し(関連まとめ)

アーセナル、ガブリエウ・ジェズス獲得でシティとクラブ間合意!移籍金は約75億円
https://news.yahoo.co.jp/articles/e29a5bbf9692820ae7ef3e66afce18656b08e8f9
ジェズス21-22マンC投げキス.jpg

ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)の獲得でアーセナルとマンチェスター・シティが合意に至ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

今シーズン終了前からアーセナルが獲得に興味を示していたジェズス。本人もシティでの自身の立場を考え、退団を希望する発言をしており、移籍決定は時間の問題とされていた。

シティとの契約も残り1年となったジェズスに対し、アーセナルは最初のオファーで3000万ポンド(約49億7800万円)を提示していたが、シティの要求額は5000万ポンド(約82億9000万円)を要求。大きな開きがある中で、ストライカー確保が必須のアーセナルは再オファーを検討しているとされていた。

そんな中、アーセナルとシティの間で折り合いがついたとのこと。移籍金は4500万ポンド(約74億6700万円)で決着がついたようだ。

ジェズス本人との条件面での合意やメディカルチェックを残すものの、クラブ間での合意に至ったことは大きな前進となり、アーセナル移籍に大きく近づくこととなった。

ミケル・アルテタ監督とは、シティのアシスタントコーチ時代に一緒に仕事をしており、求めるプレーにズレはない。また、1月に元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがバルセロナへ移籍すると、元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットも今夏リヨンへと移籍。経験のある2人のFWを失ったチームとしては大きな補強となりそうだ。

なお、アーセナルはリーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャ(25)獲得にも動いており、最初のオファーは拒否されたが、再オファーを提示するものと見られる。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1855】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1655987127/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:24 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)