アンテナ・まとめ RSS

2018年09月20日

ユベントス、C・ロナウドまさかの一発退場もバレンシアに2-0完封勝利!ピャニッチPK2発でCL初戦白星発進

ユヴェントス、ロナウドまさかの退場も完封勝利…ピャニッチがPK2発/CLグループH第1節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000026-goal-socc
Cロナウド2018Cl第1節レッド.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)グループHの第1節が行われ、ユヴェントスはバレンシアとアウェーで対戦した。

ユヴェントスの前線にはクリスティアーノ・ロナウド、フェデリコ・ベルナルデスキ、マリオ・マンジュキッチといった面々が先発。試合は敵地に乗り込んだユーヴェが実力差を見せる形で、前半から次々とチャンスを作り出す。

マンジュキッチ、サミ・ケディラ、ロナウドといずれも決定的なシーンを生み出すが、シュートが枠に飛ばず、ゴールを割るには至らない。すると29分にまさかのアクシデント。ロナウドがボールのないところでの相手DFと小競り合いから一発退場を命じられてしまう。ロナウドは涙を浮かべて抗議するも、判定は覆らず、ユヴェントスは数的不利となる。

逆に一人多くなったバレンシアが、ミヒー・バチュアイなどが決定機を作り出すも、前半終了間際に落とし穴。ダニ・パレホがペナルティーエリア内でジョアン・カンセロにハイキックを見舞ってしまい、PKを献上。これをミラレム・ピャニッチが冷静に決め、ユヴェントスが1点リードで前半を終える。

さらに後半開始早々、レオナルド・ボヌッチがコーナーキックでジェイソン・ムリージョに倒されて、ユヴェントスが再びPKを獲得。キッカーはピャニッチで1点目と同じくゴール右に決め、追加点を奪う。

後半に入ると、ユヴェントスが守備を固めたことで試合は膠着。それでも、終盤のアディショナルタイム、バレンシアがPKを獲得し、チャンスを得る。しかし、パレホのキックはヴォイチェフ・シュチェスニーが完璧に読み切ってストップ。試合はそのまま終了し、ロナウドの退場もありながら、ユヴェントスが2-0で無失点勝利を飾っている。

■試合結果

バレンシア 0-2 ユヴェントス

■得点者

ユヴェントス:ピャニッチ(45分、51分)

※一部、追記編集し直しました

セリエAを見るぞ!No.184
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1537079749/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 06:52 | 大阪 ☁ | Comment(25) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

川崎MF守田英正、日本代表戦で左脚肉離れ…全治4週間の離脱(関連まとめ)

川崎F・守田英正が左ハムストリング肉離れで全治4週間…初招集の日本代表で負傷
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000021-goal-socc
守田2018コスタリカ戦.jpg

川崎フロンターレは19日、MF守田英正の負傷状況を発表した。

守田は11日に行われたキリンチャレンジカップ2018・コスタリカ戦の試合中に負傷。13日に川崎市内の病院で検査を行い、左ハムストリング肉離れで全治4週間程度の診断を受けた。

今季、流通経済大学から川崎Fに加入した守田は、エドゥアルド・ネットの名古屋グランパス移籍に伴い、主力として定着。明治安田生命J1リーグでは21試合に出場し、うち15試合で先発を務めていた。

川崎Fは前節、ホームで北海道コンサドーレ札幌に7-0と大勝。この試合で守田は出場しなかったが、代わりに入った下田北斗が今季リーグ初出場を飾り、初ゴールをマークしていた。次節は22日にこちらもホームで名古屋と対戦する。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11026
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1537331489/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:16 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルFWベイル、自身のCL決勝オーバーヘッドがUEFA年間最優秀ゴール候補から外れ不満「選考委員を解任したい」

【サッカー】 UEFA年間ベストゴール候補落選にベイルが不満をあらわに「選考委員を解任したい」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537279631/
ベイル201718CL決勝オーバーヘッド.jpg

1: 春の呪い ★ 2018/09/18(火) 23:07:11.24 ID:CAP_USER9.net

レアル・マドリーのギャレス・ベイルは、チャンピオンズリーグ決勝でのオーバーヘッドがUEFA年間ベストゴールの候補から外れたことに驚きを隠せないようだ。

2017-18シーズンのCLファイナルでリヴァプールと対戦したレアル・マドリー。1-1で迎えた61分にピッチに立ったベイルは、その3分後に左サイドからのクロスをオーバーヘッドで合わせて決勝点をマークする。さらに、終盤には強烈なミドルシュートを沈め、3-1の勝利とともに史上初となるCL3連覇に貢献した。

CL決勝史上最高クラスのスーパーゴールとの呼び声もあったベイルのゴールだが、2017-18シーズンのUEFA年間ベストゴールの候補から落選。対照的にCL準々決勝のユヴェントス戦で同じくオーバーヘッドからゴールを奪ったクリスティアーノ・ロナウドのゴールが選出されており、スペイン『マルカ』なども「おかしな決断」と疑問を投げかけた。

そして17日、ベイル本人もこの選考委員の決断についてイギリス『デイリー・メール』で口を開く。「どのようにしてリストからもれたのか僕にはわからない。僕は誰が選考委員を務めたのか知りたい。なぜなら彼らを解任したい」

なお、2017-18シーズンの同賞に輝いたのは、やはりC・ロナウドのオーバーヘッド。2位にヨーロッパリーグ準々決勝でマルセイユのディミトリ・パイェが決めたミドルシュートがランクインし、3位にスペインU17女子代表選手のゴールが選出された。

今夏にユヴェントスに移籍した元チームメイトのC・ロナウドが受賞したことについて、ベイルは「僕は何か言える立場にはない」と言及するにとどめた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000001-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテル、イカルディ超絶ボレーなどトッテナムに逆転勝利!バルサはメッシ圧巻ハットなどPSVに大勝!リバプールはPSGに勝利!ナポリはレッドスターとドロー!シャルケとポルトもドロー!CL第1節(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL第1節 バルセロナ×PSV、インテル×トッテナム、モナコ×アトレティコ、リバプール×PSG など 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537304890/
イカルディ2018CL第1節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/09/19(水) 06:08:10.54 ID:CAP_USER9.net

バルセロナ 4−0 PSV
[得点者]
リオネル・メッシ(前半32分)
ウスマン・デンベレ(後半30分)
リオネル・メッシ(後半32分)
リオネル・メッシ(後半42分)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217461

インテル 2−1 トッテナム
[得点者]
マウロ・イカルディ(後半41分) クリスティアン・エリクセン(後半8分)
マティアス・ベシノ(後半47分)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217462


モナコ 1−2 アトレティコ・マドリード

サミュエル・グランドサー(前半18分) ジエゴ・コスタ(前半32分)
                    ホセ・ヒメネス(前半46分)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217460


リバプール 3−2 PSG
[得点者]
ダニエル・スターリッジ(前半30分) トマ・ムニエ(前半40分)
ジェイムズ・ミルナー(前半36分) キリアン・エムバペ(後半38分)
ロベルト・フィルミーノ(後半47分)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217463


レッドスター 0−0 ナポリ

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217464


シャルケ 1−1 ポルト
[得点者]
ブリール・エンボロ(後半19分) オタビオ(後半30分)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217466


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、フィルミーノ劇的決勝ゴールでPSGとの大一番に3-2勝利!!UEFA-CL第1節(関連まとめ)

即復帰のフィルミーノが劇的決勝弾! リヴァプール、PSGとの打ち合い制し白星発進
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00834008-soccerk-socc
フィルミーノ2018CL第1節ゴール.jpg


チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節が18日に行われ、リヴァプールはホームでパリ・サンジェルマン(PSG)に3−2で勝利した。

 昨シーズン準優勝のリヴァプールはモハメド・サラーやサディオ・マネらが先発出場。15日のトッテナム戦で目を負傷したロベルト・フィルミーノはベンチスタートで、代わりにダニエル・スタリッジが3トップ中央に入った。一方、初優勝を狙うPSGはネイマール、エディンソン・カバーニ、キリアン・ムバッペの豪華3トップなどがスタメン入りした。

 試合の均衡を破ったのは、ホームのリヴァプールだった。30分、左サイドのアンドリュー・ロバートソンが鋭いクロスを送ると、中央のスタリッジが頭で合わせて先制のゴールネットを揺らした。さらに35分にはジョルジニオ・ワイナルドゥムがエリア内で倒されてPKを獲得。これをジェイムズ・ミルナーがゴール右隅に突き刺し、リードを2点に広げた。

 PSGも40分、アンヘル・ディ・マリアが入れたクロスを入れると、トーマス・ムニエがこぼれ球をダイレクボレーで押し込み、1点を返して前半を折り返す。さらに後半に入って83分、ネイマールがドリブルで持ち上がり、最後はムバッペがこぼれ球を流し込んで同点に追いついた。

 だが、リヴァプールは後半アディショナルタイム2分、右サイドでパスを受けた途中出場のフィルミーノが切り返しで相手DFを翻弄し、右足を一閃。シュートをゴール左に突き刺し、勝ち越しゴールを奪った。試合はこのままリヴァプールが3−2で勝利。次節は10月3日に行われ、PSGはホームでツルヴェナ・ズヴェズダと、リヴァプールは敵地でナポリと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 3−2 パリ・サンジェルマン

【得点者】
リヴァプール:スタリッジ(30分)、ミルナー(PK/36分)、フィルミーノ(90+2分)
PSG:ムニエ(40分)、ムバッペ(83分)

【スターティングメンバー】
リヴァプール(4−3−3)
アリソン;A・アーノルド、ゴメス、ファン・ダイク、ロバートソン;ミルナー、ワイナルドゥム、ヘンダーソン;サラー(85分 シャチリ)、スタリッジ(72分 フィルミーノ)、マネ(90+3分 ファビーニョ)

PSG(4−3−3)
アレオラ;ムニエ、キンペンベ、T・シウヴァ、ベルナト;ラビオ、マルキーニョス、ディ・マリア(80分 チュポ・モティング);ムバッペ、カバーニ(80分 ドラクスラー)、ネイマール

〓〓 Liverpool FC 〓 989 〓〓
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/football/1537299373/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 06:58 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

仏代表グリーズマン、バロンドールに意欲!「僕はメッシやCロナウドと同レベルに到達したと思う」

【サッカー】バロンドール受賞に意欲のグリエーズマン 「僕はメッシやC・ロナウドと同じレベルに到達したと思う」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537270129/
グリーズマンフランス代表.jpg

1: 数の子 ★ 2018/09/18(火) 20:28:49.10 ID:CAP_USER9.net

「次はCLのトロフィーを掲げたい」

先日、2018年のFIFA年間最優秀選手賞の最終ノミネート3名に入れなかったことで、フランス代表のアントワーヌ・グリエーズマンがFIFAに対して苦言を呈したことは、大きなニュースとなった。
 
 世界中の代表監督とキャプテンによって選出され、9月24日に発表される予定の同賞の最終候補者は、クリスチアーノ・ロナウド、ルカ・モドリッチ、モハメド・サラーの3人。グリエーズマンはこれについて、「ロシア・ワールドカップで優勝したフランス代表から選ばれないのはおかしい」と疑問を呈した。
 FIFA主催の最高峰の大会を制した世界王者の中核でありながら、受賞を逃したグリエーズマンだが、年末に発表される個人タイトルの最高峰ともいえる「バロンドール」では、有力候補のひとりと見られている。
 
 これについて彼は、スペイン紙『AS』に対して「バロンドールはより権威があり、歴史もある」と語り、世界中のジャーナリストによって選出される同賞の獲得に意欲を示している。
 
「全ての力を出した」というこの3か月間あまりで、代表ではW杯、アトレティコ・マドリーではヨーロッパリーグ、UEFAスーパーカップの3つのタイトルを手にしたグリエーズマン。これは、彼に大きな自信を与えたようである。
 
「僕は、C・ロナウド、(リオネル・)メッシ、(キリアン・)エムバペとは違う選手だ。トップレベルにいると思うけど、まだ成長できるはずだ。可能な限り、完璧に近づきたい。50ゴールを挙げることはできなくても、攻撃面でチームを助けることはできる」
 
「僕はすでに、(リオネル・)メッシやC・ロナウドと同じレベルに到達していると思うけど、他の選手たちもそこにやって来るだろう」
 
 自信は持ちながらも、向上心と謙虚さを失っていない27歳は、「僕は成長したいし、勝ちたい。そのために、これまで通りにプレーしていきたい」と抱負を語っている。
 
 ただ、グリエーズマンが本当に欲しいのは、バロンドールではなく、チームとしての最大の栄誉ともいえるチャンピオンズ・リーグ(CL)だ。前述の通り、今夏に3つのビッグタイトルを手にした彼は、「今はCLを狙っている。次は、あのトロフィーを掲げたいね。最も欲しいタイトルさ。疑いようがない」と願望を明かした。
 
 噂されたバルセロナ移籍を蹴って、A・マドリー残留を決めたことについて、「愛情によるもの。お金が目的なら中国に行っていた」と語ったグリエーズマン。クラブやサポーターのために、欧州王者の称号をもたらしたいところだが、奇しくも今シーズン、CL決勝はA・マドリーの本拠地、ワンダ・メトロポリターノで開催される。
 
「それが我々にプレッシャーをかけることはないよ。むしろ、勢いを生み出し、決勝へ我々を押し進めてくれると思う」
 
 年末にバロンドール受賞、今シーズンの最後に欧州制覇という、グリエーズマンにとっての最高のシナリオは実現するか。その歩みに注目しよう。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180918-00047448-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:25 | 大阪 ☀ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カンテ可愛すぎ】仏代表カンテ、終電を逃してファンの家に泊り一緒にゲームをする

【サッカー】チェルシーのフランス代表MFカンテ、終電を逃してファンの家に泊まる!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537248929/
カンテお泊り.jpg

1: 数の子 ★ 2018/09/18(火) 14:35:29.67 ID:CAP_USER9.net

チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが、終電を逃し、ファンの家で一夜を過ごしたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が17日に伝えている。

 9月15日、チェルシーはプレミアリーグ第5節でカーディフと対戦。カンテは先発フル出場を果たし4−1勝利に貢献していた。

 試合後の夜遅く、カンテはパリに向かう予定で家を出発。しかし、ロンドンから出発するユーロ・スターの最終列車を逃したという。そして、カンテがそこで時間を潰していると、チェルシーの一人のファンが終電を逃したカンテに気づき、家に招待したようだ。

 ファンの家に訪問した今年のワールドカップ優勝者カンテは、まずカレーのディナーをごちそうになり、その後ファンの友人グループとビデオゲームをし、テレビのハイライトで自分のパフォーマンスを見て一夜を過ごした。

 カンテを家に招待したファンはツイッターで次のようにカンテの来訪を報告している。

「ワールドカップ優勝者であり、プレミアリーグ最優秀選手であり、2度のプレミアリーグ覇者は、地元のモスクを訪れた後、MOTD(Match of The Day)を僕らと一緒に観て楽しんだ。彼こそ本当の“謙虚”だったよ。なんて男だ!」

 なお同メディアによると、結局カンテは真夜中のパリ行きの電車に乗ることをやめ、タクシーで帰宅したという。

 チェルシーは20日にヨーロッパ・リーグ(EL)初戦のPAOK戦を控えている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00833002-soccerk-socc



カンテは信仰心強くてフレンドリー。一般人と夕食&テレビ鑑賞、一緒にゲームも
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180918-00289775-footballc-socc

チェルシーに所属する27歳のフランス代表MFエヌゴロ・カンテは謙虚で優しい性格なだけでなく、信仰心も強くてフレンドリーな選手だったようだ。17日に英メディア『BBC』が報じている。

 同メディアによると、現地時間15日に行われたカーディフ・シティ戦で4-1の勝利に貢献した後、フランス・パリに戻ってモスクを訪れ、家族と休暇を過ごす予定を立てていたという。しかし、イギリスと大陸ヨーロッパとを結ぶ国際列車「ユーロスター」に乗り遅れたことで予定を変更。どうしても祈りを捧げたいカンテは、最寄りのモスク(イスラム教の礼拝堂)を探したとのこと。

 そこで、たまたまモスクで出会ったサッカーファンの一般人に夕食の申し出を受けたようだ。カンテは快く受け入れ、一緒に食事をしただけでなく人気サッカー番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』を鑑賞。さらに人気サッカーゲーム『FIFA』を一緒にプレーしたという。その一連の様子を伝え聞いたとして、アブジー・ラーマン氏がツーショット写真と共にエピソードをツイッターに投稿している。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(26) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプールとPSG、今夜CLで激突!クロップvsトゥヘルの元ドルトムント監督対決へ!フィルミーノは目の負傷で出場微妙(関連まとめ)

情熱家クロップvs戦術家トゥヘル、元ドルトムント因縁対決に注目 「温かな抱擁が…」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180917-00136112-soccermzw-socc
クロップとトゥヘル.jpg


CLグループステージ開幕戦で好調なリバプール対PSGのビッグゲームが実現
 今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)本選は現地時間18日に開幕する。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが加入したユベントス対マンチェスター・ユナイテッドの“新旧所属クラブ対決”をはじめ注目カード目白押しだが、ある“因縁”を持つ昨季準優勝のリバプールとパリ・サンジェルマン(PSG)の一戦が海外メディアで取り上げられている。

 ユルゲン・クロップ監督体制4年目を迎えたリバプールは今季、リーグ戦無傷の開幕5連勝で首位に立る。今夏にブラジル代表GKアリソンら大型補強を敢行するとともに、「ゲーゲン・プレス」がチーム全体に浸透しており、優勝争いに向けて好スタートを切った。

 一方、今季からPSGで指揮を執るトーマス・トゥヘル監督も、就任1年目でクラブ史上初の開幕5連勝を飾る快進撃を披露。エースのブラジル代表FWネイマールを左ウイングではなくトップ下で起用する戦術がはまるなど、早速手腕を発揮している。

 そんな両者は現地時間18日、CLグループステージ第1節で激突する。クロップ監督は2008年から7年間ドルトムントを指揮し、トゥヘル監督はその後任を2年間務めた人物。15年にはUEFAヨーロッパリーグ準々決勝(リバプール対ドルトムント)で敵として相見え、合計スコア5-4の壮絶な打ち合いを演じた過去がある。

 フランス紙「ル・パリジャン」も「クロップ対トゥヘルがすぐそこまで来ている」と特集。「キックオフ前には温かな抱擁が交わされることは間違いない」と、ドルトムントを湧かせた情熱家と戦術家の再会に注目している。

 リバプールとPSGが入ったグループCにはセリエAの強豪ナポリも同居しており、決勝トーナメント進出を懸けた白熱の争いが予想される。開幕戦にして実現するこのビッグゲームは世界中の視線を集めることになりそうだ。

サッカー=リバプールのフィルミーノ、PSG戦出場は微妙
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000044-reut-spo

フィルミーノリバプール.jpg

[17日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプールのユルゲン・クロップ監督は、目にけがを負ったロベルト・フィルミーノが欧州チャンピオンズリーグ(CL)、1次リーグ初戦のパリ・サンジェルマン(PSG、フランス)戦に出場できるかどうかは微妙な状況だと明かした。

フィルミーノは15日、国内リーグのトットナム戦の後半に相手選手の手が当たり、負傷交代していた。

クロップ監督は17日、「とても心配していたが、大事には至らなかったので安心している」としながらも、「彼があす、プレーできるかどうかは分からない」と述べた。

フィルミーノが出場できない場合、ダニエル・スタリッジが代役を務める可能性が高いとみられている。


〓〓 Liverpool FC 〓 988 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1537022649/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田麻也、リーグ戦いまだ出場なし…サウサンプトンは2点守り切れずブラントンと2-2ドロー(関連まとめ)

【サッカー】 吉田麻也、開幕からいまだリーグ戦出番なし…サウサンプトンは2点リード守りきれず
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537232855/
吉田サウサンプトン練習着.jpg
1: 春の呪い ★ 2018/09/18(火) 10:07:35.93 ID:CAP_USER9.net

サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、いまだリーグ戦で出場機会を得られず苦しんでいる。

サウサンプトンは17日、プレミアリーグ第5節でブライトンと対戦。吉田は2試合連続のベンチスタートとなった。試合はサウサンプトンが2点リードで進めるも、67分に1点を返されると、アディショナルタイムに同点弾を叩き込まれ、2-2のドローに終わっている。

吉田は開幕からリーグ戦ではいまだ出番なし。新加入のDFヤニック・ヴェスターガールトとのポジション争いに苦戦している。

今シーズンここまでの唯一の出場機会はリーグカップとなっており、そのときは無失点勝利に貢献した。10月2日にはエヴァートンとの3回戦を控え、プレミアリーグ対決で再び存在感を発揮したいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000030-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「メッシ2世」と呼ばれた8選手、今どこにいる?英メディアが調査

【サッカー】<英メディアが追跡調査>世界中の「メッシ2世」と呼ばれた8選手は今どこに?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537193966/
メッシ2世.jpg
1: Egg ★ 2018/09/17(月) 23:19:26.13 ID:CAP_USER9.net

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、10代の頃から31歳となった現在に至るまでトップを走り続けている。一方でサッカー界には、これまでたくさんの「メッシ2世」が現れては消えてきた。英メディア「GIVE ME SPORT」は「ネクスト・メッシと評された選手たちは今何をしている?」と、“ネクスト・メッシ”と呼ばれた8選手のその後を追った。

 左利きで小柄な将来有望な若手たちは、総じて「○○のメッシ」などと呼ばれる。バルセロナの下部組織で育った、J1横浜F・マリノスのFW久保建英は「日本のメッシ」と報じられ、ヴェローナの韓国代表FWイ・スンウも「韓国のメッシ」と紹介されることが多い。

 その一方で、かつてのネクスト・メッシは現在、どのようなキャリアを歩んでいるのだろうか。記事では「メッシ2世」と呼ばれた8人の“今”にスポットライトを当てている。

 イトゥルベ.jpg
かつて「パラグアイのメッシ」と呼ばれた、パラグアイ代表FWフアン・マヌエル・イトゥルベは、2014年に加入したASローマで期待ほどの結果を残せず、現在はメキシコ1部のUNAMに所属している。

アズムン.jpg
また元イラン代表FWサルダル・アズムンは、23歳という若さで同国史上5番目の得点数を記録し、「イランのメッシ」と称された。だが、グループステージで敗退したロシア・ワールドカップ後、母親がサポーターから中傷されたことを理由に代表を電撃引退している。

 
ライアン・ゴールド.jpg
スコットランド代表MFライアン・ゴールドは18歳でダンディー・ユナイテッドからポルトガル名門スポルティングに引き抜かれ、「スコットランドのメッシ」と期待を集めた。だが印象的な活躍をすることはできず、今夏にポルトガル2部のファレンセへと期限付き移籍している。

世界が注目した「ドイツのメッシ」

マリン.jpg
 元ドイツ代表MFマルコ・マリンはブレーメンでブレークし、「ドイツのメッシ」として世界中から注目を集めた。その後、チェルシーに活躍の場を求めたが、世界的なビッグクラブでの挑戦は失敗に終わった。現在、今季UEFAチャンピオンズリーグの本選出場を決めたセルビア1部レッドスター・ベオグラードでプレーしている。

フェトファツィディス.jpg
ギリシャ代表FWヨアンニス・フェトファツィディスは、10代で名門オリンピアコスの主力として頭角を現した。プレースタイルと背格好から「ギリシャのメッシ」と呼ばれたが、ジェノア移籍後は目立った活躍を見せることはできなかった。エジプトの強豪アル・アハリを経て、今夏オリンピアコスに復帰している。

ポゾ.jpg
「ミニ・メッシ」の異名を持つスペイン人のMFホセ・エンジェル・ポゾは、レアル・マドリードの下部組織育ちの22歳。マンチェスター・シティに引き抜かれ、プロデビューを果たしたものの、その後はビッグクラブに居場所を見いだすことはできなかった。アルメリアへと活躍の場を求め、今夏からラージョに加入した。

つづく

9/15(土) 16:40配信フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180915-00135699-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180915-00135699-soccermzw-000-6-view.jpg


2: Egg ★ 2018/09/17(月) 23:19:33.81 ID:CAP_USER9.net

“本家”と比肩したエジプトのスター

 ハリロビッチ.jpg
クロアチア代表MFアレン・ハリロヴィッチは、14年にバルセロナと契約して後継者に近づいた。だが「クロアチアのメッシ」は、リーガでデビューすることなくクラブを退団。現在22歳の新鋭はハンブルガーやラス・パルマスを経て、今夏にイタリアの名門ACミランの門戸を叩き、再起を誓っている。

サラー.jpg
 最後に紹介されたのは、「エジプトのメッシ」ことエジプト代表FWモハメド・サラー。記事では、リバプールでセンセーショナルな活躍を見せるウイングを最もメッシの領域に近い存在だと伝えた。2017-18のUEFA年間最優秀選手賞や、FIFA年間最優秀選手賞では、“本家”を押しのけて最終選考の3人にもノミネートされた。

 今後も、ネクスト・メッシの肩書きを背負う逸材は、後を絶たないだろう。大きな十字架を背負った選手たちの多くは、期待と重圧に押しつぶされてきた。だが、サラーのようにいまやメッシと肩を並べるようなスーパースターも生まれている。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

【セリエAまとめ】ナポリ、インシーニェ決勝ゴールでフィオレンティーナに勝利!ラツィオはエンポリに勝利!ミランはイグアイン移籍後初ゴールもカリアリとドロー セリエA第4節(関連まとめ)

サッカー=ナポリ辛勝、インシーニェが決勝ゴール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000007-reut-spo
インシーニェ2018第4節試合後.jpg

[ミラノ 15日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエAは15日、各地で試合を行い、ナポリはフィオレンティナを1─0で下した。ロレンツォ・インシーニェが後半に決勝ゴールを挙げた。

ナポリは4試合で勝ち点9とし、ユベントスと並んだ。ユベントスは16日、サッスオロと対戦する。

インテルは今季昇格のパルマに0─1で敗戦。サンプドリアはフロジノーネに5─0で圧勝した。

イグアインが移籍後初ゴールも…ミランはカリアリにドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-01900699-gekisaka-socc

[9.16 セリエA第4節 カリアリ1-1ミラン]

 セリエAは16日に第4節を行い、ミランは敵地カリアリと対戦し、1-1で引き分けた。

 第1節は延期となっているミランはここまで2試合を終えて1勝1敗。今節では4-3-3の布陣を敷き、最前線はMFハカン・チャルハノール、MFスソ、そして今夏加入のFWゴンサロ・イグアインを配置した。

 前半4分に先制を許したミランは猛攻に出るが、前半を0-1で折り返す。すると後半10分に同点に追いつく。前線でこぼれ球を拾ったイグアインがPA右を突破し、相手GKをかわしてそのままゴールに流し込んだ。

 ミランは新エースの得点も後が続かず、1-1のドローで試合終了。20日にはヨーロッパリーグのグループリーグ第1節・デュドランジュ戦が敵地で行われる。

【Partenopei】SSC.Napoli〜Part34〜
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1530263535/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也と久保裕也、共に先発しチャンスに絡むも…ブレーメンとニュルンベルクは1-1ドロー(関連まとめ)

大迫vs久保の日本人対決!! ブレーメン逃げ切れず…ニュルンベルクが後半AT同点弾
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-01896966-gekisaka-socc
大迫と久保2018第3節.jpg


[9.16 ブンデスリーガ第3節 ブレーメン1-1ニュルンベルク]

 ブンデスリーガ第3節3日目が16日に開催され、FW大迫勇也が所属するブレーメン(1勝1分)とFW久保裕也が所属するニュルンベルク(1分1敗)が対戦し、1-1で引き分けた。

 開幕2試合連続フル出場中の大迫は、この日もスターティングメンバーに名を連ね、4-3-3の左ウイングの位置に入った。同様に2試合連続フル出場中の久保も先発起用され、4-3-3の左ウイングに入ってキックオフを迎えた。

 前半15分にブレーメンが好機を生み出す。後方から送られたパスに反応した大迫が、巧みなトラップで相手をかわしてドリブルで運び、PA内のFWマックス・クルーゼへラストパス。しかし、クルーゼが左足で放ったシュートは相手選手のブロックに遭ってネットを揺らすには至らなかった。だが同26分、中盤でボールを受けたMFマキシミリアン・エッゲシュタインがPA外から強烈な右足ミドルを突き刺し、ブレーメンが先制に成功する。

 1-0とブレーメンがリードしたまま後半を迎えると、同14分にゴール前の混戦からMFオンドレイ・ペトラクがネットを揺らしてニュルンベルクが同点に追い付いたと思われたが、ここでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入。その前にニュルンベルクの選手にオフサイドがあったことが認められ、ノーゴールの判定となった。

 追加点を狙うブレーメンは後半30分、MFヌリ・サヒンのスルーパスから大迫がPA内に侵入するが、あと一歩届かずにGKファビアン・ブレドロウに処理されてしまう。後半に入って久保は攻撃に絡む回数を増やすも、同37分に送ったクロスが味方に合わないなど、なかなか好機を生み出せなかった。

 1-0のまま後半アディショナルタイムに突入すると、後方から送られたボールの流れから最後はFWバージル・ミシジャンが決めて、土壇場でニュルンベルクが同点に追い付く。さらに終了間際にはスルーパスから抜け出した久保に好機が訪れるも、左足で放ったシュートはGKイリ・パブレンカの守備範囲に飛んでしまい、試合は1-1のドローに終わった。

 大迫は後半43分までプレーし、久保は3試合連続フル出場を果たしたものの、この日は2人にゴールは生まれなかった。

大迫勇也 77

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1533997782/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング