アンテナ・まとめ RSS

2018年02月17日

プレミアWBA4選手、タクシーを窃盗…元マンUエバンスや大ベテランのバリーも関与 選手らはクラブ公式で謝罪

プレミア4選手がまさかのタクシー泥棒! 歴戦のベテランたちの愚行に英国内は…
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180217-00035785-sdigestw-socc
WBAタクシー窃盗.jpg

マクドナルドからホテルまで“足”がなかったから
 前代未聞の事件が起こったのは、現地時間の木曜日早朝だった。
 
 土曜日のFAカップ5回戦・サウサンプトン戦に向け、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)はスペインのバルセロナで3日間のミニキャンプを張った。その最終日に、チームの主軸であるジョニー・エバンス、ガレス・バリー、ジェイク・リバモアと第2GKボアズ・マイヒルの4選手が、街中で窃盗事件を犯したというのだ。高級紙『The Guardian』や国営放送『BBC SPORTS』など英国メディアが一斉に報じている。
 
 水曜日深夜に繁華街へ繰り出した4人組だったが、ほとんどの店がすでに閉店していたため、マクドナルドで数時間談笑。ホテルへ帰ろうとしたところ、移動手段が見つからなかったため運転手のいないタクシーに乗り込み、無断で運転して戻ったという。車をホテル前に乗り捨てる明らかな窃盗行為で、運転手がすぐさま通報。逮捕にこそ至らなかったが、地元の警察署で事情聴取を受けたという。
 
 4選手ともプレミアリーグを代表する選手たちだ。エバンスは北アイルランド代表でWBAのキャプテンを務め、バリーはアストン・ビラ、マンチェスター・シティで名声を築き、イングランド代表としても活躍した大ベテラン。リバモアは現役のイングランド代表MFで、35歳のマイヒルも元ウェールズ代表の守護神である。国際経験が豊富な面々のあり得ない愚行に、関係者は怒りを隠せない。アラン・パーデュー監督もそのひとりだ。
 
「いったい我々はなんのために遠征したんだ? こんなことは起こってはいけないし、まったく望ましくない。間違いないのは、彼らが外出禁止のルールを破ったこと。許される行為ではない」
 
 現在プレミアリーグで最下位のWBA。降格の安全圏まで7ポイントも開いており、まさに崖っぷちだ。ミニキャンプは直近のFAカップだけでなく、シーズン終盤の巻き返しを期すための“決起集会”の意味合いが濃かったという。それだけに指揮官パーデューは、歴戦の勇士たちの裏切り行為に激高しているのだ。
 
 クラブは4選手の共同声明を公式HPに掲載。「誰が事件に関わったのかを明らかにするのが大事だと感じ、公表に至りました。外出禁止令を破ったのは間違いなく、素直に認め、クラブとチームメイトに謝罪します」といったもの。そしてクラブは「誠心誠意、当局の捜査に協力する。4選手の処分については捜査が終わった段階であらためて発表します」と記した。
 
 当然のことながら、英国内でバッシングに晒されている4選手。パーデュー監督は「私には指導者として積み上げてきた経験がある。彼らの処分がどうなるかは分からない。だが、今一度チームを結束させ、良い方向に持っていく自信はある」と気丈に話した。

【中下位専用】ENGLAND Premier League 16
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517849819/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:49 | 大阪 ☀ | Comment(24) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジル代表、異例の速さでロシアW杯メンバー15名を発表(関連まとめ)

前代未聞!?…ブラジル代表がW杯に臨むメンバー15名を異例の早期発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00716617-soccerk-socc
ブラジル代表2018.jpg

ブラジル代表が異例の速さで、2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨む代表メンバー15名を発表した。16日付で、アメリカ紙『スポーツ・イラストレイテッド』など複数のメディアが伝えている。

 今回、ブラジル代表監督であるチッチ監督は、W杯登録選手23名のうちの15名のメンバーを異例の早期発表。多くはパリ・サンジェルマンに所属するネイマールやバルセロナに移籍したフィリペ・コウチーニョなど、代表チームに欠かせない“主力級”の選手たちだ。一方で、残り8名の代表メンバーに関しては未定としており、3カ月後に改めて正式発表する予定だと報じられた。

 ブラジル代表は5月下旬に開催国ロシア代表と強豪ドイツ代表との親善試合を行い、本大会に臨む。同代表はグループEに入り、セルビア代表、スイス代表、コスタリカ代表と決勝トーナメントをかけて争うことになっている。南米予選を12勝5分け1敗という圧倒的な強さで突破した同代表。6回目のW杯制覇に向けて、着々と準備を進めている。

 今回発表された代表メンバー15名は以下の通り。

▽GK
アリソン(ローマ)

▽DF
ダニエウ・アウヴェス(パリ・サンジェルマン)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン)
チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン)
ミランダ(インテル)
マルセロ(レアル・マドリード)

▽MF
カゼミーロ(レアル・マドリード)
レナト・アウグスト(北京国安)
パウリーニョ(バルセロナ)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)

▽FW
ネイマール(パリ・サンジェルマン)
フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)
ウィリアン(チェルシー)
ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・C)
ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10057
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1518840805/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:06 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、次節BMG戦の欠場が確実に…シュテーガー監督「今週末の試合に出すことは無い」

香川真司の次節ボルシアMG戦欠場が確実に…ドルトムント指揮官「足首にまだ問題が…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00000001-goal-socc
香川2018走る.jpg

ドルトムントは18日、ブンデスリーガ第23節ボルシアMG戦が控えている。だが、この試合で日本代表MF香川真司は、欠場することが確実となっているようだ。指揮官ペーター・シュテーガーが明言している。

香川真司は昨年12月のシュテーガー体制スタート以来、主力としてフル出場を続けていた。しかし、前節のハンブルガーSV戦では先発出場を果たしたものの、62分に負傷でピッチから退いている。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグのアタランタ戦では、香川は負傷を理由にメンバー外となっていた。

シュテーガー監督はボルシアMGを前にした会見で「シンジは足首にまだ問題を抱えており、今週末の試合で出場させることはない」と述べている。

ドルトムントはシュテーガー監督を招へいした第16節のマインツ戦から、リーグ戦で4勝3分けと無敗をキープしている。今冬の移籍市場で加わったミヒー・バチュアイがここ3試合で5ゴールを決めるなど、得点力も高まりようやく軌道に乗り始めたドルトムント。だが、香川の負傷離脱は不安材料となっているようだ。
【BVB09】Borussia Dortmund 816【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1518749149/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】ライプツィヒMFケイタvsナポリ

CL敗退組の好カードはヴェルナー2発のライプツィヒがナポリに敵地で3発先勝《EL》
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=304389
ケイタELナポリ戦.jpg

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、ナポリvsライプツィヒが15日に行われ、1-3でライプツィヒが勝利した。

▽マンチェスター・シティ、シャフタールの前に3位でチャンピオンズリーグ敗退となったナポリは、セリエAで首位に立ちユベントスと激しいスクデット争いを展開中。そのナポリは4-1で勝利した直近のラツィオ戦のスタメンから5選手を変更。インシーニェやジョルジーニョ、アルビオルらがベンチスタートとなり、出場停止のメルテンスが欠場となった。

▽一方、ベシクタシュやポルト、モナコらと同居したグループで3位に終わったライプツィヒは、ブンデスリーガで2位に浮上。そのライプツィヒは2-0で勝利した直近のアウグスブルク戦のスタメンからイルザンカーに代えてサビツァーのみを変更した。

▽開始2分、ヴェルナーに際どいシュートを打たれたナポリは、3トップに右からウナス、カジェホン、ジエリンスキと並べた。そのナポリが立ち上がりからボールを保持し、ライプツィヒがカウンターを狙う構図で試合は展開していく。しかし、攻撃の核であるメルテンスとインシーニェを欠くことから、なかなかシュートに持ち込むには至らない。

▽すると18分、ロングボールに抜け出したY・ポウルセンがボックス左まで侵攻し、シュートを浴びせる。

▽ひやりとしたナポリは20分、カジェホンがGKを強襲するシュートを浴びせたが、前半半ば以降はこう着状態が続き、静かな展開で推移。ハーフタイムにかけても互いにチャンスが生まれず前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半もライプツィヒがショートカウンターで流れを引き寄せると、51分にヴェルナーが際どいシュートを浴びせていく。

▽しかし52分、ナポリがワンチャンスを決め切った。ログの縦パスを受けたボックス右のウナスが右足でシュート。これがポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。ウナスの移籍後初ゴールで先制したナポリは、ハムシクとヒサイに代えてインシーニェとマリオ・ルイを投入。

▽だが、ここからライプツィヒが攻勢に出ると、61分に追いついた。ショートカウンターに転じ、右サイドに流れたカンプルのマイナスの折り返しをヴェルナーが受け、ゴール左へシュートを流し込んだ。

▽その後、ナポリの反撃を受けたライプツィヒだったが、74分に逆転する。ロングボールに抜け出したY・ポウルセンがボックス内まで侵攻。並走していたブルマにラストパスを送り、シュートを蹴り込んだ。

▽アウェイゴール2つを獲得したライプツィヒは、負傷明けのフォルスベリを投入。終盤にかけてはナポリの反撃を許さずにいると、終了間際に突き放した。ロングカウンターに転じ、フォルスベリが中央を持ち上がってラストパス。これをボックス左のヴェルナーが決めて3-1で勝利。来週ホームで行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを得ている。
〓〓 Liverpool FC 〓 885 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1518639753/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

バルサMFイニエスタ、中国・天津権健に来夏移籍か?年俸は3500万ユーロ(約46億円)

【サッカー】イニエスタ来夏に中国の天津権健に移籍か 年俸3500万ユーロ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518777651/
イニエスタ2017-18.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/02/16(金) 19:40:51.64 ID:CAP_USER9.net

2/16(金) 19:23配信
イニエスタ来夏に中国移籍か 年俸3500万ユーロ
アンドレス・イニエスタ

 バルセロナのスペイン代表MFイニエスタが来夏に中国の天津権健へ移籍する可能性が出てきたと、16日にスペイン紙スポルトが伝えている。既にオファーは届いており、年俸3500万ユーロを提示されているという。

 天津権健の代理人は2度スペインを訪れているが、イニエスタは現時点で決断をしておらず、3月末に返答があるとのこと。バルセロナは選手の意思を尊重することを決めている。米MLSや中東からのオファーもあるが、バルサ残留か中国への移籍の二者択一といわれている。スペイン代表に集中するため、少なくともW杯前までには決断をすると伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00127623-nksports-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180216-00127623-nksports-000-3-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:23 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、「GK界のメッシ」アリソンの獲得交渉開始!ローマは6200万ポンド(約93億円)を要求

リヴァプールが“GK界のメッシ”アリソンの移籍交渉開始も…ローマが要求する移籍金は93億円
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000008-goal-socc
アリソン2018ローマ.jpg

リヴァプールが今夏の移籍市場でローマGKのアリソン獲得に強い興味を持っていることが分かった。『スカイスポーツ』が報じた。

同メディアによると、リヴァプールはすでにローマとアリソンに関する交渉をスタートさせた。今冬の移籍市場でも同選手の獲得に向け準備していたとされるプレミアリーグのクラブは、数週間中に移籍交渉をまとめたいと考えているようだ。

しかし、ローマはアリソンを欧州最高の守護神の1人と考えているようで、このポジションとしては世界最高額となる6200万ポンド(約93億円)を要求。さらに、同クラブはレアル・マドリーやパリ・サンジェルマンらも狙うブラジル代表GKとの契約を更新する考えを持つとされている。

GKコーチが「ゴールキーパー界のメッシ」と称賛するなどイタリアで評価を上げるアリソンを多くのビッグクラブが狙っており、今夏に熾烈な争奪戦が巻き起こりそうだ。

〓〓 Liverpool FC 〓 885 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1518639753/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAZN、プレミアとリーガ全試合配信を発表!プロ野球11球団も配信

【サッカー】DAZN、プレミアリーグとラ・リーガ全試合中継を発表!サッカー中継は「一強時代」に
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518757450/
DAZNプレミアリーガ02.jpg
1: 3倍理論 ★ 2018/02/16(金) 14:04:10.82 ID:CAP_USER9.net

スポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダゾーン)』を提供するPerform Group(パフォーム・グループ)は16日、2018年放送予定のスポーツコンテンツを発表した。サッカーコンテンツでは、今まで毎節最大5試合となっていたプレミアリーグとラ・リーガのライブ中継が全試合に拡大する。

先日、ソフトバンク株式会社と『スポナビライブ』で提供するコンテンツを2018年2月9日からDAZNで提供することについて合意していたパフォーム・グループ。具体的なコンテンツは明らかにされていなかったため、発表が注目されていた。

これまで両リーグを毎節最大5試合ライブ中継していたDAZNだが、今回の提携によって配信試合数が大幅に増加。世界で最も視聴者数の多いリーグであるプレミアリーグのビッグマッチや、バルセロナやレアル・マドリーの試合を欠かさず視聴することが可能となった。

DAZNはこの2リーグ以外にも、イタリアのセリエAやドイツのブンデスリーガ、フランスのリーグ・アンを配信中。さらに、来シーズンからはUEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの中継もすでに決まっている。

2017シーズンよりJリーグの放映権を取得したことで“黒船”として注目を集めるDAZN。日本におけるサッカーの視聴サービスという点においては、「一強状態」を築きつつあると言えそうだ。

なお、DAZNはプロ野球の広島東洋カープ、東京ヤクルトスワローズ、阪神タイガース、横浜DeNAベイスターズ、中日ドラゴンズ、北海道日本ハムファイターズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスの計11球団の中継やプロバスケットボールのB.LEAGUE(Bリーグ)など、国内外130 以上のコンテンツ、年間 7,500 試合以上のスポーツを配信することも同時に発表している。

https://news.goo.ne.jp/article/goal/sports/goal-18kiuak6k5t9e1gxpckmioehzn.html


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(22) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ELまとめ】ライプツィヒ、ヴェルナー2得点でナポリに3-1快勝!イタリア勢は3チーム敗戦もミランは勝利

【ELまとめ】結果を残した南野と酒井! 強豪は順当勝利もイタリア勢は3チームが敗戦…etc.
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180216-00035744-sdigestw-socc
ライプツィヒナポリ戦.jpg

ミラン、アーセナル、A・マドリーは大勝
 2月15日(現地時間)、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦の第1レグが行なわれ、レッドスター対CSKAモスクワ戦(13日に開催されスコアレスドロー)以外の15の激闘が欧州各地で繰り広げられた。

 まず日本人選手では、ドルトムントの香川真司はブンデスリーガ第22節のハンブルク戦で足首を痛め、また風邪気味でもあることから、アタランタ戦はメンバーからも外れた。チームは苦しみながらも後半アディショナルタイムに逆転に成功して、先勝を飾っている。
 
 劇的といえば、アウェーで難敵レアル・ソシエダと対戦したレッドブル・ザルツブルクの南野拓実。76分からピッチに立った彼は1-2で迎えたアディショナルタイム4分、右からのクロスを受けてゴールネットを揺らし、チームを敗戦から救うとともに、ホームでの第2レグに向けて大きなアドバンテージをもたらした。
 
 マルセイユの酒井宏樹も、ブラガ戦ではベンチスタート。1点リードの59分に登場すると、その10分後に左サイドを突破してからのクロスでジェルマンのゴールをアシストし、守備でも安定したプレーを披露して3-0の先勝に貢献を果たしている。
 
 今ラウンド、ドルトムント対アタランタと並んで強豪対決として注目されたのが、ナポリ対RBライプツィヒの一戦。試合は互いに攻め合いながら、52分にナポリがウナスのポストを叩いてのゴールで先制するが、ライプツィヒは61分にヴェルナーのストライカーらしい素早い一撃によって同点とする。
 
 さらにライプツィヒは74分に縦パスで抜け出したポウルセンのラストパスを受けたブルーマが難なく押し込んで逆転。そして終了間際にはカウンターからヴェルナーが2点目を挙げてダメを押した。ライプツィヒにとっては会心の勝利。対して、ナポリはアウェーゴール3点を与えての敗北……勝ち上がりは難しくなった。
 
 イタリア勢はアタランタ、ナポリに加えて、ラツィオもステアウア・ブカレストとのアウェーマッチを0-1で落とした。唯一、ミランはルドゴレツを敵地で3-0の大差で下し、次ラウンド進出へ大きく前進している。

 他の強豪クラブでは、アーセナルはエステルスンズに3-0、アトレティコ・マドリーはコペンハーゲンに4-1と、それぞれアウェーで先勝。チャンピオンズ・リーグからの転入組(グループステージ3位)で敗れたのはスパルタク・モスクワ(アスレティック・ビルバオに1-3)だけだった。
 
 ニースはホームでロコモティフ・モスクワに2-3で痛い敗戦を喫したが、2点はいずれもマリオ・バロテッリによるもので、昨シーズンに続いて好調を維持している彼にとって欧州の舞台でのゴールは、イタリア代表復帰をアピールする上でも重要なものとなるだろう。
 
 次ラウンド進出の16チームを決する運命の第2レグは、2月22日に大半の試合が行なわれるが、CSKAモスクワ対レッドスター戦だけはその前日に開催される予定だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180216-00035744-sdigestw-socc&p=2

レッドスター 0-0 CSKAモスクワ
 
アスタナ 1-3 スポルティング
得点:ア=トマソフ(7分) ス=B・フェルナンデス(48分)、マルチンス(50分)、ドゥンビア(56分)
 
マルセイユ 3-0 ブラガ
得点:ジェルマン(4・69分)、トバン(74分)
 
エステルスンズ 0-3 アーセナル
得点:モンレアル(13分)、オウンゴール(24分)、エジル(58分)
 
ルドゴレツ 0-3 ミラン
得点:クトローネ(45分)、ロドリゲス(64分)、ボリーニ(90+2分)
 
レアル・ソシエダ 2-2 レッドブル・ザルツブルク
得点:ソ=オドリオソラ(57分)、ヤヌザイ(80分) ザ=オウンゴール(27分)、南野(90+4分)
 
スパルタク・モスクワ 1-3 アスレティック・ビルバオ
得点:ス=L・アドリアーノ(60分) ア=アドゥリス(22・39分)、オウンゴール(45+1分)
 
ニース 2-3 ロコモティフ・モスクワ
得点:ニ=バロテッリ(4・28分) ロ=M・フェルナンデス(45・69・77分)
 
ドルトムント 3-2 アタランタ
得点:ド=シュールレ(30分)、バチュアイ(65・90+1分) ア=イリチッチ(51・56分)
 
ステアウア・ブカレスト 1-0 ラツィオ
得点:グノヘレ(29分)
 
パルチザン 1-1 プルゼニ
得点:パ=タワンバ(58分) プ=レズニク(81分)
 
リヨン 3-1 ビジャレアル
得点:リ=ヌドンベレ(46分)、フェキル(49分)、デパイ(82分) ビ=フォルナルス(63分)
 
ナポリ 1-3 RBライプツィヒ
得点:ナ=ウナス(52分) R=ヴェルナー(61・90+3分)、ブルーマ(74分)
 
セルティック 1-0 ゼニト・サンクトペテルブルク
得点:マグレガー(78分)
 
AEKアテネ 1-1 ディナモ・キエフ
得点:A=アイダレビッチ(80分) デ=ツィガンコフ(19分)
 
コペンハーゲン 1-4 アトレティコ・マドリー
得点:コ=フィッシャー(15分) ア=サウール(21分)、ガメイロ(37分)、グリエーズマン(71分)、ビトーロ(77分)

セリエAを見るぞ!No.166 冬の王者はナポリ
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517455275/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、チームを救う劇的同点ゴール!今季EL初得点が貴重なアウェーゴールに!ザルツブルクはレアル・ソシエダと2-2ドロー(関連まとめ)

【サッカー】ザルツブルクFW南野拓実、後半ATに劇的同点弾!! 今季EL初得点が貴重なアウェーゴールに
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518731332/
南野拓実2018EL1回戦第1戦ゴール.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/02/16(金) 06:48:52.23 ID:CAP_USER9.net

2/16(金) 4:59配信
ザルツブルクFW南野拓実、後半ATに劇的同点弾!! 今季EL初得点が貴重なアウェーゴールに

[2.15 EL決勝T1回戦第1戦 レアル・ソシエダ2-2ザルツブルク]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は15日、決勝トーナメント1回戦第1戦を各地で行い、FW南野拓実所属のザルツブルク(オーストリア)は敵地でレアル・ソシエダ(スペイン)と対戦し、2-2で引き分けた。ベンチスタートとなった南野は後半31分から出場し、後半アディショナルタイムに起死回生の同点弾を決めた。

 序盤から良い攻撃の形をつくれないザルツブルクだったが、前半16分、ようやく強みである鋭い攻守の切り替えを見せる。右サイドを突破したFWファン・ヒチャンのクロスは相手DFにクリアされたが、再び高い位置でボールを奪取。ファンとFWモアネス・ダブールがつなぎ、センターバックのDFアンドレ・ラマーリョがゴールを狙った。

 すると前半27分、スコアが動く。ダブールの抜け出しで獲得した右CKをDFアレクサンドル・ウルマーが蹴り込むと、ゴール前でGKヘロニモ・ルジがパンチングをミス。ファーサイドでクリアを試みたMFミヤル・オヤルサバルが頭に当てたが、ボールはゴール方向に飛んでいき、オウンゴールとなった。

 10本のシュートを放ちながら前半を1点ビハインドで終えたソシエダはハーフタイム明け、FWファンミに代えてMFアドナン・ヤヌザイを投入。すると後半12分、ショートカウンターからMFイゴール・スベルディアが持ち上がり、右サイドのDFアルバロ・オドリオソラにパス。2人を抜いてPA内に侵入すると、強烈なシュートを叩き込み、同点に追いついた。

 その後もソシエダペースが続く。しかし、MFシャビ・プリエトの高速クロスにヤヌザイが頭で合わせたシュートはクロスバー。一方、ザルツブルクはPA内を単独突破したMFラインホルト・ヤボが倒されるシーンもあったが、シミュレーションの判定でイエローカードが提示された。

 すると直後の後半31分、ヤボに代わって南野がピッチに立つ。中盤を菱形にする4-4-2のトップ下に入り、攻撃の中核を任された。ところが同35分、ソシエダが逆転に成功する。ゴール前20m強からのFKをヤヌザイが低い左足キックで狙うと、割れた壁の間を通ったボールがそのままネットを揺らした。

 1点を追うザルツブルクだが、ボールを保持するソシエダゴールに近づけない。ところが後半アディショナルタイム、チームを救ったのは南野だった。右サイドを突破したDFステファン・ライナーの折り返しに飛び込むと、ワンタッチで右足シュート。見事なコントロールでネットを揺らし、起死回生の同点弾となった。

 南野にとってはこれが今季ELの初ゴール。そのままタイムアップの笛が吹かれ、試合は2-2のドローで終わった。第2戦は22日、ホームで行われ、2点のアウェーゴールを携えて臨む形となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-01650579-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180216-01650579-gekisaka-000-7-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ムヒタリアン躍動し2得点演出!モンレアル・エジル弾などで敵地で3-0完勝!EL決勝T1回戦第1戦

“背番号77”ムヒタリアンが躍動!アーセナルがアウェーで3-0先勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-01650577-gekisaka-socc
ムヒタリアンとモンレアル2018EL1回戦第1戦ゴール.jpg

[2.15 EL決勝T1回戦第1戦 エステルスンド0-3アーセナル]

 ヨーロッパリーグ(EL)は15日、決勝トーナメント1回戦第1戦が行われた。アーセナル(イングランド)は敵地でエステルスンド(スウェーデン)と対戦し、3-0で勝利した。第2戦はエミレーツスタジアムで22日に行われる。

 1997-98シーズン以来のEL出場となったアーセナルは、グループリーグを首位で終え、決勝トーナメントに進出。敵地での第1戦は、10日のトッテナム戦(0-1)から5人を入れ替え、GKダビド・オスピナとDFカルム・チャンバース、MFエインズリー・メイトランド・ナイルズ、FWダニー・ウェルベック、FWアレックス・イウォビが先発起用された。

 なお、今冬マンチェスター・ユナイテッドから加入した背番号7のMFヘンリク・ムヒタリアンは、前任のFWアレクシス・サンチェスがELに出場していたため、77番のユニフォームを着て出場。また、ドルトムントから加入したFWピエール・エメリク・オーバメヤンはレギュレーションにより今大会に出場することはできない。

 試合は戦前の予想通り、立ち上がりからアーセナルが主導権を握ると、前半13分に先制点を挙げる。右CKの流れからPA右のイウォビが右足を振り抜き、GKアリ・ケイタがファンブル。これを見逃さなかったDFナチョ・モンレアルが右足で押し込み、早々にスコアを動かす。さらに24分、PA右でパスカットしたムヒタリアンが中央にシュート性のクロスを入れると、DFソティリオス・パパギアンノプロスに当たったボールがゴールに吸い込まれ、オウンゴールにより2-0とした。

 2点ビハインドのエステルスンドが反撃に出る。前半28分、左サイドからDFデニス・ウィドグレンが上げたクロスをFWアルハジ・ゲロがヘディングシュート。29分には、ウィドグレンがマイナスに折り返したボールをFWサマン・ゴッドスが強烈な右足シュートで狙うが、GKオスピナのセーブに阻まれた。

 後半もアーセナルが試合を優勢に進めるが、ハーフタイムで敢行した2枚替えが功を奏したのか、エステルスンドがポゼッション率を高めていった。しかし、追加点はアーセナルに生まれた。13分、MFメスト・エジルがボールを運び、左に展開。ムヒタリアンのリターンをPA内で受けたエジルが左足でねじ込み、3-0と試合を決定づけた。

 これで余裕が生まれたアーセナルは、後半28分にDFセヤド・コラシナツ、38分にFWエディ・エンケティア(18)、39分にはMFリース・ネルソン(18)を投入する。アディショナルタイム1分には、DFエクトル・ベジェリンがPKを与えてしまうが、MFトム・ペッテションのシュートをGKオスピナがストップ。最後までエステルスンドに得点を許さなかったアーセナルが3-0で完封勝利をおさめ、大きなアドバンテージをもってホームに戻ることになった。
【Gunners】 Arsenal F.C.【part1224】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1518358622/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【救世主バチュアイ】ドルトムント、バチュアイ2ゴールなどアタランタに3-2逆転勝利!香川真司は負傷欠場 EL決勝T1回戦第1戦

香川真司は欠場。ドルトムントは新エースのAT弾で逆転勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180216-00256378-footballc-socc
バチュアイ2018EL決勝T1回戦第1戦ゴール.jpg

【ボルシア・ドルトムント 3-2 アタランタ ヨーロッパリーグラウンド32 1stレグ】

 現地時間15日にヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の1stレグが行われ、ボルシア・ドルトムントはアタランタと対戦した。試合はホームのドルトムントが3-2で勝利した。ドルトムントに所属する日本代表のMF香川真司は欠場した。

 前節のハンブルガーSV(HSV)で259日ぶりに戦列復帰を果たしたMFマルコ・ロイスなどベストメンバーで挑んだドルトムントは30分に先制する。中央を崩しDFウーカシュ・ピスチェクからのパスを受けたFWアンドレ・シュールレがゴールを決める。

 1点リードで折り返したドルトムントだったが51分に右サイドを崩され最後はMFレオナルド・スピナッツォーラがシュート、GKが弾くもこぼれ球をFWヨシップ・イリチッチが押し込み同点に追いつかれてします。さらに5分後には再びイリチッチに決められ逆転を許す。

 リードされるドルトムントだったが65分に試合を再び振り出しに戻す。左サイドでボールを受けたMFマリオ・ゲッツェが前線のFWミチ・バチュアイにパス、ゴール正面から右足で放ったシュートはゴール右上に決まり同点に追いつく。

 試合はこのまま終了かと思われた91分、右サイドからのセンタリグのクリアボールをゴール正面で拾ったゲッツェがペナルティーエリアのバチュアイにパス、ワントラップから右足で打ったシュートが決まり劇的な勝ち越しゴールを挙げる。

 ドルトムントが苦しみながらホームで勝利を収めた。なおベスト16進出をかけたセカンドレグは22日に行われる。

【得点者】
30分 1-0 シュールレ(ドルトムント)
51分 1-1 イリチッチ(アタランタ)
56分 1-2 イリチッチ(アタランタ)
65分 2-2 バチュアイ(ドルトムント)
90+1分 3-2 バチュアイ(ドルトムント)

【BVB09】Borussia Dortmund 815【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1518681076/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 05:16 | 大阪 ☁ | Comment(29) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

バイエルン、ハメス・ロドリゲスを買い取りへ!4520万ユーロ(約55億円)のオプション行使

Bミュンヘン、ロドリゲス買い取りへ 現地紙が報じる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00126663-nksports-socc
ハメス2018第18節ゴール.jpg


 バイエルンミュンヘンがコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを買い取る見通しだと、15日のスペイン紙アスが報じた。現在ロドリゲスはRマドリードから2年契約のレンタル移籍中。Bミュンヘンは来夏にも正式獲得のオファーを出すと、独紙ビルトが伝えたのを受けての報道だった。

 違約金は4520万ユーロと言われており、オプションの行使は両クラブの同意を必要とせず、Bミュンヘンがオファーを出した時点で成立するという。

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 260
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1516553699/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング