アンテナ・まとめ RSS

海外サッカー

チュニジア代表、前回王者フランスに1-0勝利の大金星もW杯GS敗退 フランスは終了間際にグリーズマン同点弾もVARで取り消しに

【サッカーW杯】チュニジア代表、ジャイアントキリング!前回優勝フランス代表に勝利 グループリーグ敗退もスタジアムから大歓声 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1669827686/
チュニジア代表2022W杯フランス戦ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/12/01(木) 02:01:26.47 ID:0Kjg12I19.net

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループD】チュニジア−フランス(日本時間12月1日/エデュケーションシティ スタジアム)

 チュニジア代表が前回優勝で優勝候補のフランス代表に勝利、大会の中でも屈指のジャイアントキリングを成し遂げた。

 既にグループリーグ突破を決めていたフランス代表は前節から先発メンバーを10人入れ替えて、控えだったメンバーを使うターンオーバー。2試合で3ゴールを決めていたエース・エムバペもベンチでチームメイトのプレーを見守った。対するチュニジア代表は、勝たなければ敗退決定となるだけに、強豪相手に序盤からアグレッシブに攻め立てた。

 無理に攻めないフランス代表に対して、とにかく攻め立てるチュニジア代表の戦いぶりに、スタンドの声援もチュニジア代表のホームのような雰囲気に。フランス代表がボールを持てばブーイング、チュニジア代表が攻め込めば大歓声という状況で試合が続いた。前半は押されまくったフランス代表だが、ゴールは許さずそのまま0-0で前半を終えた。

 試合が動いたのは後半。58分に、再三チャンスを作っていたチュニジア代表の10番・ハズリがドリブルで1人でゴール前まで持ち込むと、相手4人との競り合いにも負けず、左足でゴール右隅に流し込んで先制ゴールを挙げた。これにはフランス代表もたまらず63分にエムバペ含む3人を入れるスクランブル。システムも変更し流れを食い止めにいった。

 その後も2人交代し、5人の交代枠をフル活用しチュニジア代表の勢いを止めにかかるとようやく試合のテンポが落ち着き始め、フランス代表にもチャンスが訪れるようになった。それでも逆転でのグループリーグ突破を目指すチュニジア代表の集中力は最後まで切れず、FIFAランキング4位で前回優勝のフランス代表を破る大金星を手にした。

 同時間に行われていた試合でオーストラリア代表が勝ったため、チュニジア代表は惜しくもグループ3位で敗退が決定。試合後は選手たちがピッチに倒れ込んだものの、スタジアムからは健闘を称える大歓声に包まれていた。
(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1ec3024c699e61543a571ede5d6482097d599496


【W杯】フランス×チュニジア…VAR判定の衝撃ドラマ 元日本代表が驚愕「こんなこと…」

https://news.yahoo.co.jp/articles/1eef7ae9cd21bdc12ea92bae964f988fa011695a

チュニジアがフランスに1-0勝利の大金星も無念の敗退
 カタール・ワールドカップ(W杯)は現地時間11月30日にグループリーグ第3戦が行われ、前回王者フランス代表はターンオーバー起用の末にチュニジア代表に0-1で敗れる不覚を取った。

 前半は0-0で終わったなか、後半13分にセンターサークル付近でMFユスフ・フォファナからボールを奪い取ったチュニジアは一気の速攻。そしてFWワフビ・ハズリがドリブルで持ち込むと左足シュートを流し込んで先制した。

 ビハインドを背負ったフランスは、FWキリアン・ムバッペやMFアドリエン・ラビオ、FWアントワーヌ・グリーズマン、FWウスマン・デンベレを投入。後半アディショナルタイムにグリーズマンがゴール前でこぼれ球を蹴り込んだ。

 土壇場で1-1の同点かと思われたが、ここでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入があり、オンフィールドレビューを実施。セットプレーのこぼれ球をグリーズマンが蹴り込んだが、そのキックの瞬間にグリーズマンはオフサイドポジションにいた。相手選手のクリアはフランスの選手との競り合いによる意図しないプレーと判断され、グリーズマンがオフサイドとなった。

「ABEMA」で試合解説を務めた元日本代表DF中田浩二氏は「こんなことがあるんですね」と驚きを露わにし、実況の山崎弘喜氏(テレビ朝日)も「衝撃の結末が待っていました!」「歴史的な大金星!」と声を張り上げた。

 結局、ゴールは取り消されてチュニジアが1-0の勝利したものの、他会場でオーストラリアがデンマークに1-0で勝利したことでチュニジアは無念の敗退が決定。一方のフランスは敗れたものの得失点差により首位通過を果たし、2位にオーストラリアが続いた。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 04:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豪州代表、レッキー決勝弾でデンマークに勝利しW杯4大会ぶりの決勝T進出!デンマークは未勝利で敗退決定(関連まとめ)

【サッカーW杯】オーストラリア、4大会ぶりに決勝T進出! レッキーが決勝弾…デンマークは未勝利で敗退決定 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1669827410/
オーストラリア代表2022W杯デンマーク戦.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/12/01(木) 01:56:50.58 ID:0Kjg12I19.net

 FIFAワールドカップカタール2022・グループD第3節(最終節)が30日に行われ、オーストラリア代表とデンマーク代表が対戦した。

 オーストラリア代表は初陣で“王者”フランス代表と対戦。開始9分でクレイグ・グッドウィンが先制ゴールを決めたものの、その後は押し込まれる展開が続き、終わってみれば1−4と大敗を喫した。続く第2節ではファジアーノ岡山で活躍しているミッチェル・デュークの得点を守り切り、チュニジア代表に1−0で勝利。勝てば文句なしで決勝トーナメント進出を決められる状況で最終節を迎えた。一方、デンマーク代表は初陣のチュニジア代表戦は最後まで得点を挙げられず、スコアレスドローで終了。第2節ではフランス代表と善戦しながらも1−2で敗れ、崖っぷちの状況で最終節に突入している。勝利した上で、他会場でチュニジア代表が引き分け以下で終わった場合、得失点差などを考えずに決勝トーナメントに駒を進めることができる。

 オーストラリア代表は前節からスターティングメンバーを1名変更。初戦はナサニエル・アトキンソン、2試合目はフラン・カラチッチが先発していた右サイドバックのポジションに、ミロシュ・デゲネクが入った。一方、デンマーク代表は前節から先発3名を入れ替え。マティアス・イェンセン、アンドレアス・スコフ・オルセン、マルティン・ブライトバイテがスタメンに名を連ねた。

 試合は序盤からデンマーク代表のペースで進む。11分、中央の縦パスをワンタッチで繋ぐと、イェンセンがフリーで抜け出す。ボックス右からフィニッシュまで持ち込んだものの、得点とはならない。19分には左サイドを駆け上がったヨアキム・メーレが深い位置まで侵入し、グラウンダーでマイナスに折り返すも、ここはオーストラリア代表の“守護神”マシュー・ライアンがセーブしてゴールを許さなかった。

 対するオーストラリア代表は数少ないカウンターでゴールを狙う展開に。41分、ボックス手前に引いてボールを引き出したデュークがミドルシュートを狙ったが、この一撃はGK正面へ。前半はこのままスコアレスで終了している。

 後半に入ると徐々にオーストラリア代表が押し上げられる時間帯を増やしていくも、基本的にはデンマーク代表が試合の主導権を握る。それでも60分、自陣ペナルティエリア内でボールを奪ったところからカウンターを発動。デュークがポストプレーで左サイドにはたくと、開いた位置でボールを受けたライリー・マッグリーが背後のスペースへスルーパスを送る。抜け出したマシュー・レッキーは2人のDFと対峙するも、深い切り返しから左足でフィニッシュ。シュートはDFの股を抜けてファーサイドに吸い込まれ、ここまで劣勢だったオーストラリア代表が先手を取った。

 その後は1点が必要なデンマーク代表が前に出るも、オーストラリア代表は中央を固め、最後の最後で自由なフィニッシュを許さない。最後の最後まで攻撃を続けたものの、デンマーク代表は最後まで1点が遠く、試合はこのままタイムアップを迎えた。

 この結果、オーストラリア代表は今大会2勝目を手にし、他会場の結果を待たずにグループ突破が確定。2006年開催のドイツ大会以来、4大会ぶりに決勝トーナメントへ駒を進めることとなった。一方、デンマーク代表は未勝利で大会を去ることが決まっている。

 決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)は12月3日からスタート。グループDを2位で通過したオーストラリア代表は3日、グループCを首位通過したチームとの一戦に臨む

【スコア】
オーストラリア代表 1−0 デンマーク代表

【得点者】
1−0 60分 マシュー・レッキー(オーストラリア代表)

【スターティングメンバー】
オーストラリア代表(4−4−2)
GK:ライアン
DF:デゲネク、サウター、ロールズ、べヒッチ
MF:レッキー(89分 フルスティッチ)、アーバイン、ムーイ、グッドウィン(46分 バッカス)
FW:デューク(82分 マクラーレン)、マッグリー(74分 ライト)

デンマーク代表(4−2−3−1)
GK:シュマイケル
DF:R・クリステンセン(46分 バー)、アンデルセン、A・クリステンセン、メーレ(69分 コルネリウス)
MF:ホイビュルク、イェンセン(59分 ダムスゴー)、スコフ・オルセン(69分 スコフ)、エリクセン、リンドストロム

https://news.yahoo.co.jp/articles/5aa086dc4a13cb84d31ef5a100568427f47c90f2



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:25 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、サウジ強豪アル・ナスルと契約秒読みか?欧米クラブもオイルマネーに勝てず

【サッカー】C・ロナウドがサウジ名門チームと契約秒読み 欧米クラブもオイルマネーに勝てず [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1669804508/
Cロナ2022W杯サムズアップ.jpg
1: 首都圏の虎 ★ 2022/11/30(水) 19:35:08.77 ID:rZ+EeOKr9.net

【FIFAワールドカップ】イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドを退団したポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(37)の新天地が間もなく決まりそうだ。

スペイン紙「マルカ」は「C・ロナウドはサウジアラビアのアル・ナスルとの契約合意が秒読みとなっている。2シーズン半の契約で、年俸の総額は給与や広告料などを含めて、1シーズン2億ユーロ(約288億円)程度になる見込みだ」と報じるなど、破格の契約内容を明かした。

 同紙によると、欧州の他クラブや米MSLの移籍も検討したが、中東マネーにはかなわなかったという。この狙いについては「キャリアの晩年とはいえ、中東のリーグからトッププレーヤーが続々と誕生しているように、盛り上がりを見せている。C・ロナウドが来れば、メディアの後押しを受けるための主役になれることがわかっているのだ」との見方を示した。

 カタールW杯に出場中のC・ロナウドは、初戦のガーナ戦で史上初の5大会連続ゴールの快挙を達成済み。悲願の初Vに向けて奮闘中だが、早くも大会後の景色もきっちり描いているようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d6da85bae518f30ef1b428abecf27d66d6d698a2




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英紙「W杯史上最悪のホスト国」勝点ゼロのカタールを一刀両断「大会で戦えるレベルまでない」

【サッカー】「W杯史上最悪のホスト国」“勝点ゼロ”カタールを英紙が一刀両断「大会で戦えるレベルまでない」 [ネギうどん★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1669795062/
カタール代表敗戦.jpg

1: ネギうどん ★ 2022/11/30(水) 16:57:42.95 ID:tAhHrSfV9.net

厳しい現実を突き付けられた。

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ(GS)最終戦が現地11月29日からスタート。連敗ですでに予選敗退が決まっていたホスト国のカタールは、W杯史上初の勝利、そして勝点獲得を目指したがW杯3度の準優勝を誇る強豪オランダの壁はあまりにも高かった。

 なんとか地元サポーターの前で勝利を届けたいカタールだが、オランダが一方的にボールを回して主導権を握ると、26分にオランダがテンポ良くパスをつなぎダフィ・クラーセンがコディ・ガクポにラストパスを供給。ガクポが持ち込んでペナルティエリア中央から右足を振り抜く。強烈なグラウンダーのシュートがゴール右下に決まり、オランダが先制ゴール。

 前半を1-0で折り返すと、49分にオランダはメンフィス・デパイがシュート。こぼれ球に詰めたフレンキー・デ・ヨングが押し込んで追加点を挙げる。反撃したいカタールはゴール前に人数が足りない場面が多く、ほとんどオランダゴールを脅かすことがなく試合終了。地力の差を見せつけられ0-2で敗戦。スタジアムは残り10分の時点で半分以上が空席となっていた。

 開催国が予選敗退するのは2010年の南アフリカ以来となるが、GS3連敗=“勝点ゼロ”で敗退したのはW杯史上初の出来事。不名誉な記録を作ってしまったホスト国に、海外メディアは厳しい評価を下す。

 英国の日刊紙『The Telegraph』は「W杯史上最悪のホスト国、カタールよさらば」と題した試合レポートを掲載。同紙のジェームズ・ダッカ―記者は、「フェリックス・サンチェス監督率いるカタールのピッチ上の欠点が、これほどまでに浮き彫りになることはないだろう。この大会で戦えるレベルまでチームを成長させるのに十分ではなかった」とW杯初出場とはいえ、あまりにも力不足であったと指摘する。

 加えてダッカ―記者は、「W杯の92年の歴史の中で、開催国がGSを突破できなかったのは2度目だが、それでも2010年の南アフリカ大会とは明確に区別する必要がある」とし、今回のホスト国の戦いを一刀両断した。
 
「南アフリカはフランス、ウルグアイ、メキシコと共にいわゆる『死のグループ』に入った。2010年のホスト国は1998年W杯王者フランスに2-1で勝利し、勝点4を得たものの、得失点差でメキシコに敗れ、ラウンド16進出を逃しただけだった。対照的にカタールは3試合で未勝利、得点1。攻撃力あるスペインやフランスを避け、オランダと同じグループだったのは良かったかもしれない」

 試合後カタールのサンチェス監督は、今回の試合は開催国として過去最悪の内容だったかと指摘されると、「統括の話は、好きなように使えばいい」と答えた。

 続けて、「ラウンド16や準々決勝に進出することを目標にしようとは思っていなかった。自分たちは何ができるかを確かめたかっただけです。セネガル戦とオランダ戦の2試合は、いい試合ができました。初戦のエクアドル戦では、自分たちのレベルに達していなかったし、望んでいたようなプレーができなかったことは分かっている」と現状を受け止めた。

 中東初のW杯開催を担ったホスト国は3試合で幕を閉じた。2026年からW杯は48チームに拡大する。次回から16カ国が参加することになれば、大会の質が低下するのは明らか。GS3連敗、失点数「7」という開催国として歴代ワースト記録を更新する不甲斐ない結果を残し、カタールは大会を去る。

構成●THE DIGEST編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/2f74cf8c4003be9f11251880e4593ca29bfda566



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オランダ代表、ガクポ3戦連続ゴール&フレンキー弾でカタール下しW杯決勝T進出!カタールは史上初の開催国3連敗、勝ち点0で終戦(関連まとめ)

【サッカーW杯】オランダはガクポ3戦連続弾含む2発でGL突破! カタールは“アジア勢”唯一の勝ち点0で終戦…史上初の開催国3連敗 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1669741253/
ガクポ2022W杯カタール戦ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/11/30(水) 02:00:53.19 ID:ljClJHLO9.net

[11.29 カタールW杯A組第3節 オランダ2-0カタール アルホール]

 カタールW杯は29日にグループリーグ最終節を行った。A組のオランダ代表とカタール代表の対戦は、オランダが2-0で勝利。2勝1分でグループ突破を決めた。一方、カタールは史上初の開催国3連敗でW杯を終えた。

 暫定首位に立つオランダは引き分け以上でグループリーグ突破が決定する。その一方で、カタールはすでに敗退が決定済みだが、開催国が3連敗で大会を去るわけにはいかない。

 カタールは前半3分に中盤でボールを奪い、FWハサン・アルハイドス(アルサッド)が右足ミドルを放つ。だが、GKのセーブに遭った。その後はオランダが短いパスからチャンスを量産。先発入りしたFWメンフィス・デパイ(バルセロナ)を中心に、相手ゴールを脅かした。

 するとオランダは前半26分に先制ゴールを奪う。左サイドからパスをつなぎ、FWコーディ・ガクポ(PSV)がデイビー・クラーセン(アヤックス)とのパス交換からドリブルで突き進む。PA内に進入したところから右足シュートを放ち、ゴール右隅に流し込んだ。

 ガクポはオランダ代表初となるグループリーグ3試合連続ゴールを達成。先制点を奪い、そのまま1-0で前半を折り返した。後半5分には右サイドのクロスをデパイがファーサイドから合わせると、相手GKのセーブに阻まれる。しかしこぼれ球をすかさずMFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)が押し込み、追加点を挙げた。

 後半20分、オランダは2枚替えでクラーセンとデパイが下がる。FWフィンチェント・ヤンセン(アントワープ)とFWスティーブン・ベルハイス(アヤックス)が入った。直後にはベルハイスがゴールを決めるが、ガクポのハンドでノーゴールの判定となった。

 オランダは最後まで気を抜くことなく、2点差を守り切った。カタールはアジア勢では唯一勝ち点を奪えず全敗で今大会を終えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fcb54c5fde10ba45aa2e60d4e1893fe2f4adad34



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イングランド代表、ラッシュフォード2発などウェールズとの英国対決に3-0快勝!首位通過でW杯決勝T進出(関連まとめ)

イングランドが英国対決を制し首位通過!スタメン起用にラッシュフォードが2ゴールで回答
https://news.yahoo.co.jp/articles/d0e3bdf7c87835a7eb8803d4109b83c5a2c4ef39
ラッシュフォード2022W杯ウェールズ戦ゴール.jpg

カタール・ワールドカップグループB最終節が行われ、ウェールズ代表とイングランド代表が対戦した。

【動画】ラッシュフォードが鮮やか2ゴール!

勝利で決勝トーナメント進出可能なウェールズはアーロン・ラムジー、ガレス・ベイル、ダニエル・ジェームズらが先発。一方、引き分け以上で突破できるイングランドはマーカス・ラッシュフォード、フィル・フォーデン、カイル・ウォーカーらが初先発となった。

序盤からウェールズがブロックを作り、イングランドがボールを支配するという展開に。10分、ハリー・ケインのスルーパスにラッシュフォードが抜け出してシュートを放つも、GKダニエル・ウォードが身を挺してブロック。イングランドの先制点は許さない。

38分にもゴール右からのコンビネーションで、フォーデンがシュートに至るも枠は捉えきれない。ウェールズが粘り強い戦いを見せ、前半をスコアレスで終える。

ウェールズは後半からベイルを下げるという決断を下す。だが、先制したのはイングランド。50分、ラッシュフォードがゴール左からのFKを直接沈め、鮮やかな得点を記録した。その直後には、ハイプレスで奪うとケインのクロスにフォーデンが押し込み、2-0とした。

55分にはムーアがミドルレンジから狙い、DFに当たったボールがゴールに飛ぶが、ジョーダン・ピックフォードがセーブした。その後、イングランドはケイン、ウォーカー、デクラン・ライスを下げ、決勝トーナメントに向けて休ませるという交代に動く。

68分にもラッシュフォードが左サイドから裏に抜け出す。最後はカットインから左足を振り抜き、GKの股を抜いて決定的な3点目を記録した。

イングランドはそのまま安定した戦いぶりで3-0と勝利。首位通過となり、決勝トーナメント1回戦でセネガルと対戦する。

イングランド決勝T進出 ウェールズとの「英国対決」制す W杯 [フォーエバー★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1669756633/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカ代表、プリシッチ決勝弾でイランとの激戦を1-0勝利しW杯決勝T進出

米国がイランとの大激戦制しB組2位通過、プリシックが千金弾 決勝T1回戦はオランダ戦【カタールW杯】 [フォーエバー★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1669756076/
プリシッチ2022W杯イラン戦勝利.jpg
1: フォーエバー ★ 2022/11/30(水) 06:07:56.10 ID:u49WrPmh9.net

11/30(水) 6:02配信

中日スポーツ
ゴールを決める米国・プリシック(AP)

◇29日 サッカーW杯カタール大会 1次リーグB組 イラン0―1米国(ドーハ)

 2位以内に入るには勝つしかなかった米国が1―0でイランを倒し、2大会ぶりとなる決勝トーナメント進出を決めた。守備を固めたイランの戦い方に手を焼いたが、ゴールの扉をこじ開けた。

【写真】股間に膝!?…先制点の場面でGKと激しく激突したプリシック

 均衡を破ったのは前半38分だった。左寄りの位置から右に展開。デストがヘッドで折り返したボールをプリシックが右足で押し込んだ。ゴール前に猛然とダッシュしたプリシックはシュートのあと、相手GKと交錯。苦痛に顔をゆがめ、得点の歓喜に酔うことはできなかった。

 前半のイランは自陣に引きこもり、攻撃にほとんど出ていかなかった。先制されたことで後半は攻めざるを得なくなったが、最後まで沈黙。得点を生み出すことはできなかった。6度目の出場だったが、今回も初の1次リーグ突破はならず。1996年から97年にかけて名古屋を率いた経歴を持つケイロス監督はガックリと肩を落とした。

 イングランドがウェールズに勝ったため、米国は2位での1次リーグ通過となった。12月3日に行われる決勝トーナメント1回戦でA組1位のオランダと対戦する。(写真はAP)

https://news.yahoo.co.jp/articles/90ce2e0502dc2411be7dd511a7ff73e71eef9892

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221130-00000015-chuspo-000-2-view.jpg?pri=l



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:25 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セネガル代表、クリバリ絶妙決勝ボレー弾でエクアドルに2-1勝利!日韓W杯以来20年ぶりのW杯決勝T進出(関連まとめ)

【サッカーW杯】セネガル、日韓大会以来20年ぶりの決勝T進出! エクアドルは無念の敗退決定 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1669741194/
クリバリ2022W杯エクアドル戦ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/11/30(水) 01:59:54.79 ID:ljClJHLO9.net

 FIFAワールドカップカタール2022・グループAの第3節(最終節)が29日に行われ、エクアドル代表とセネガル代表が対戦した。

 大会全体の開幕戦でカタール代表を2−0で下したエクアドル代表は、続くオランダ代表との一戦でも好調をキープ。終始試合を支配したものの、決定的な追加点を挙げられず、1−1のドローで終えていた。一方、セネガル代表はオランダ代表との初陣こそ終盤に力尽きて0−2で敗れたが、カタール代表との一戦を3−1で制し、グループ突破に望みを繋いだ。この試合、勝利したチームが無条件で決勝トーナメント行きの切符を掴むことができる。

 エクアドル代表は前節からスターティングメンバーを2名変更。負傷の影響が心配されていた“エース”のエネル・バレンシアも先発に名を連ね、3試合連続の今大会4ゴール目を狙う。一方、セネガル代表は前節から3名を入れ替えてこの試合に臨んだ。“守護神”のエドゥアール・メンディやカリドゥ・クリバリらがスタメン入りしている。

 試合はセネガル代表が良い入りを見せ、序盤から相手ゴールに迫る場面を作り出す。3分には左サイドからのクロスボールをボックス内で受けたイドリッサ・ゲイェが右足でフィニッシュまで持ち込むも、シュートは枠の外へ。その後もセネガル代表が攻撃する時間が続くと、42分には自陣で得たフリーキックを素早くリスタート。背後へのボールを送ると、抜け出したイスマイラ・サールがピエロ・インカピエに倒され、PKが与えられた。このPKをI・サール自身が落ち着いて沈め、セネガル代表が先手を取ってハーフタイムに突入している。

 後半に入るとエクアドル代表がメンバーチェンジ。ホセ・シフエンテスとジェレミー・サルミエントを投入すると、システム変更の影響もあってエクアドル代表が試合の流れを変えてみせると、徐々に良い形での攻撃を披露。相手ゴールに迫ると、67分には右コーナーキックを獲得した。このコーナーキックをニアサイドでフェリックス・トーレスが逸らすと、ファーサイドでフリーになっていたモイセス・カイセドが流し込む。エクアドル代表が試合を振り出しに戻した。

 対するセネガル代表は直後の70分、右サイド高い位置でフリーキックを獲得。中央へのボールからペナルティエリア内で混戦が生まれると、最後はフリーの状態でボールがこぼれてきたクリバリが右足でボレーシュート。同点弾を許した直後のプレーでセネガル代表が勝ち越しに成功している。

 その後は後がないエクアドル代表が前に出たものの、決定的なシーンは作り出せない。試合はこのままタイムアップを迎え、セネガル代表が2−1でエクアドル代表を下した。裏で行われているカードではオランダ代表がカタール代表を下したため、セネガル代表は最終節で2位に浮上。2002年に開催された日韓大会以来、20年ぶりに決勝トーナメント進出を決めた。

 決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)は12月3日からスタート。グループAを2位で通過したセネガル代表は、4日にグループBを首位通過したチームとの一戦に臨む。

【スコア】
エクアドル代表 1−2 セネガル代表

【得点者】
0−1 44分 イスマイラ・サール(PK/セネガル代表)
1−1 67分 モイセス・カイセド(エクアドル代表)
1−2 70分 カリドゥ・クリバリ(セネガル代表)

【スターティングメンバー】
エクアドル代表(4−3−3)
GK:ガリンデス
DF:プレシアード(85分 ポロソ)、F・トーレス、インカピエ、エストゥピニャン
MF:フランコ(46分 サルミエント)、グルエソ(46分 シフエンテス)、カイセド
FW:プラタ、エストラーダ(64分 レアスコ)、バレンシア

セネガル代表(4−2−3−1)
GK:E・メンディ
DF:サバリ、クリバリ、ヤコブス、ディアロ
MF:I・エンディアイエ(74分 ディエン)、シス(N・メンディ)、I・ゲイェ、P・ゲイェ、I・サール
FW:ディア(90+5分 パプ・アブ・シセ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/db8bc2a56c2eff3ca8ab8a009c3686710836d839



※カタール×オランダ戦は後程まとめます。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:43 | 大阪 ☔ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペイン代表、日本戦はブスケツら主力選手が欠場へ 決勝T見据え温存か

【カタールW杯】スペイン代表、決勝T見据えブスケツら主力選手が日本代表戦欠場へ [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1669720102/
スペイン代表2022W杯試合前.jpg

1: 爆笑ゴリラ ★ 2022/11/29(火) 20:08:22.60 ID:/ZKp7Ls69.net

11/29(火) 19:31配信
デイリースポーツ

スペイン代表、決勝T見据えブスケツら主力選手が日本代表戦欠場へ
 
 サッカー・ワールドカップ(W杯)の1次リーグE組最終戦で日本代表と対戦するスペイン代表で、複数の主力選手が欠場する見通しが出ている。スペインのスポーツ紙、マルカなど複数メディアが伝えている。

 まず温存されるとみられるのがキャプテンのMFセルヒオ・ブスケツ。ドイツ戦でイエローカードを受けており、日本戦でもう1枚もらうと決勝トーナメント1回戦で出場停止処分を受けるためベンチ待機に回るとみられている。

 さらにMFガビとMFロドリが28日の練習で別調整をしている。2選手は怪我の予防措置としての対応とみられるが、今後の回復状況を見極めた上で試合出場できるかどうかを判断すると考えられる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/af9bff8e69a5c4ac376791ae69a9dd9e94303327



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☔ | Comment(29) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア・サッカー連合、欧州からアジアへの転籍を検討

【サッカー】ロシア、アジア(AFC)への移籍を検討 [チミル★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1669637382/
ロシア代表2022.jpg

1: チミル ★ 2022/11/28(月) 21:09:42.77 ID:jz4ITYeH9.net

ロシア・サッカー連合のアレクサンデル・デュコフ(Alexander DYUKOV)会長が、同連盟の次期執行委員会会議でロシアのUEFA欧州サッカー連盟からAFCアジアサッカー連盟への転籍を検討する、としました。

※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
https://parstoday.com/ja/news/world-i107900


ロシア 欧州連盟からアジア連盟に転籍視野 デュコフ会長が認めた「検討する時期が来た」
https://news.yahoo.co.jp/articles/04fdb2cfb6bf91968cf2adbef579e2a0274a0376

 競技統括団体ロシア・サッカー連合のデュコフ会長は27日、欧州連盟(UEFA)からアジア連盟(AFC)への転籍を視野に入れていることを認めた。

 ウクライナ侵攻余波でUEFAから主催大会出場停止処分を受ける中で「数カ月前に時期尚早だと語ったが、検討する時期が来た」と発言。過去にはオーストラリアが05年にオセアニア連盟からAFCに転籍した例がある。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユベントス、会長ら役員全員が一斉辞任…虚偽会計と不正なキャピタルゲインの疑いでトリノ検察が調査(関連まとめ)

【サッカー】ユベントス会長ら一斉辞任! 虚偽会計&不正なキャピタルゲイン疑いでトリノ検察が調査 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1669684969/
ユベントス役員2022.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/11/29(火) 10:22:49.34 ID:3bHxg1wq9.net

 ユベントスの臨時取締役会が現地時間28日に行われ、12年以上チームの経営トップを務めていたアンドレア・アニェッリ会長や副会長のパヴェル・ネドヴェド氏を含め、役員全員が一斉に辞任したようだ。イタリア紙『ガゼッタ』など複数の海外メディアが報じている。

 カタールワールドカップ開催期間中、ユベントスに衝撃が走った。同メディアによると、ユベントスのアニェッリ会長、ネドヴェド副会長、CEOのマウリツィオ・アリバベーネ氏、その他の取締役会メンバー全員が辞任したという。


 ユベントスには虚偽会計と不正なキャピタルゲインの疑いがあり、トリノ検察から調査を受けていた。株主総会が2度延期されるなど混乱が生じたため、全会一致で総辞職することになったようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eefe188c91c53305626b09fb56172c855b7f763f




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(34) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポルトガル、ブルーノ2発でウルグアイに2-0快勝し決勝T進出!C・ロナウドの2戦連発は幻に(関連まとめ)

C・ロナウド、2戦連発は幻もポルトガルが連勝!ブルーノ2発でウルグアイ下して決勝T進出
https://news.yahoo.co.jp/articles/5bbb48fd6724ea8004b115de3b4d24bc715dcf49
ブルーノ2022W杯ウルグアイ戦ゴール.jpg

カタール・ワールドカップグループステージ第2節で、ポルトガルとウルグアイによる強豪対決が行われた。

【動画】ロナウドのゴール?公式記録はブルーノ・フェルナンデス

初戦でガーナを下したポルトガルは、ジョアン・フェリックスとクリスティアーノ・ロナウドの2トップに。中盤にはブルーノ・フェルナンデス、ベルナルド・シウバらが並んだ。一方のウルグアイはダルウィン・ヌニェス、エディンソン・カバーニの2トップで、フェデ・バルベルデやロドリゴ・ベンタンクールが中盤に入り、5バックを敷いている。

試合は序盤からポルトガルがボールを支配。3分にはロナウドの肩でのパスからウィリアム・カルバーリョがボレーを放つが、枠は捉えきれず。すると32分、ベンタンクールが中央から持ち運ぶと、スルスルと密集を抜けてシュートチャンスに。しかし、右足のシュートはディオゴ・コスタがセーブし、ウルグアイにとって千載一遇の好機を活かせない。

52分にはロナウドを起点に、ベルナルド・シウバからフェリックスへ。ゴール左から左足を振り抜くが、惜しくも枠は捉えきれない。54分、ブルーノ・フェルナンデスのゴール左からのクロスにロナウドが合わせに行く。ロナウドの頭にはヒットしなかったが、そのままゴールに吸い込まれてポルトガルが先制に成功した。

70分にポルトガルはラファエウ・レオンを入れると、ウルグアイもルイス・スアレスを入れて勝負に出る。すると直後、途中出場のマキシミリアーノ・ゴメスがミドルシュートを放つが、ゴール右ポストに嫌われる。78分にもFKからスアレスが振り向きざまにシュートするが、惜しくも枠には飛ばない。

ポルトガルは守護神を中心に耐えると、終了間際には相手のハンドでPKを獲得。これをブルーノが冷静に沈めて決定的な2点目を奪う。

その後、3点目にも近づいたポルトガルだが、そのまま2-0と勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。

【W杯サッカー】ポルトガルが2連勝で決勝トーナメントへ ウルグアイに1-0で勝利 [フォーエバー★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1669668969/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:32 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)