アンテナ・まとめ RSS

海外サッカー

レアル・マドリード、延長戦でマルセロ退場後に失点もアザール決勝ゴールでエルチェに逆転勝利!国王杯ベスト8進出

レアル・マドリー、劇的にエルチェを下してコパ・ベスト8へ!延長前半のマルセロ退場直後に先制点許すも…イスコ&アザール弾で逆転勝利
https://news.yahoo.co.jp/articles/46d03600be57eb9325e6fa36def0785371bd9113
アザール21-22国王杯4回戦シュート.jpg

レアル・マドリーは20日にコパ・デル・レイ4回戦(ベスト16)、敵地マルティネス・バレロでのエルチェ戦に臨み、2-1の勝利を果たした。

スペイン・スーパーカップ優勝によって、2年ぶりにタイトル獲得を味わったレアル・マドリー。直後に行われるこの一戦で、アンチェロッティ監督はベンゼマに休みを与えて招集外とし、GKルニン、DFルーカス・バスケス、ナチョ、アラバ、マルセロ、MFバルベルデ、カマヴィンガ、クロース、FWロドリゴ、ヨヴィッチ、ヴィニシウスを先発させた。

前半は均衡した、ともすればエルチェがリードを得てもおかしくなかった内容に。速攻をベースとするホームチームは11分、ダイアゴナルパスからホサンが右サイドを突破して、その折り返しにカリージョが合わせた。が、無人のゴールにボールを押し込むだけという状況ながら、それを枠外へ飛ばしてしまい千載一遇のチャンスを逃している。

対するマドリーはボールこそ保持するものの、決め手となるプレーを欠き続ける。エルチェの決定機でダイアゴナルパスをカットし切れなかったマルセロは、股抜きからペナルティーエリア内に侵入するなど攻撃では存在感を発揮したが、それでも点にはつながらずスコアレスのまま試合を折り返した。

後半も、マドリーがエルチェの堅守に苦戦する状況は変わらない。アンチェロッティ監督は71分にカマヴィンガ、バルベルデを下げてカセミロ、モドリッチを投入。さらに79分にはヨヴィッチをイスコに代えた。中盤に黄金トリオを揃えたマドリーはエルチェを攻め立てるようになるが、最後の詰めで精度を欠き続け、結局延長戦に臨むことになった。

延長戦開始前、アンチェロッティ監督はロドリゴとクロースを下げてアザールとセバジョスをピッチに立たせる。こうして迎えた延長前半はエルチェがフリーキックからグンバウ(ルニンがセーブ)、マドリーが速攻からカセミロ(枠外)と互いに決定機を迎えるオープンな展開となった。

そして102分、エルチェの速攻でマルセロがテテを後方から倒したとして一発退場に。このフリーキックからベルドゥが直接ゴールを狙うと、壁のアラバに跳ね返ったボールがまたベルドゥの足元に転がり、再び打ったシュートがセバジョスに当たって枠内に吸い込まれた。エルチェが10人のマドリー相手に先制している。

数的にもスコア的にも不利に立ったマドリーだったが、延長後半の108分に意地を見せた。流れるようなトランジションで中央のセバジョス、やや左のヴィニシウス、左のカセミロとボールをつないでいき、カセミロのグラウンダーのクロスからセバジョスがシュート。さらにイスコがこのシュートのコースを変えて、枠内に押し込んだ。

10人で同点に追いついたマドリーは115分、逆転までも達成してしまう。左サイドのアラバが出したスルーパスからアザールが最終ラインを突破。そのままゴール前まで前進すると、GKヴェルネルもかわして、無人のゴールにボールを押し込んでいる。マドリーは1点リードのまま試合終了のホイッスルを迎え、あまりに“らしい”逆転劇で準々決勝進出を果たした。

◆◇El Blanco Real Madrid 1155◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1642444495/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:24 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、ジョタ2発で冨安先発復帰のアーセナル下しカラバオ杯決勝進出!南野拓実は途中出場(関連まとめ)

ジョッタ2発のリバプール、冨安健洋が先発復帰のアーセナルを下しリーグ杯決勝へ!南野拓実は63分から出場
https://news.yahoo.co.jp/articles/624add69370ed9869a14ee3fd4f0b0246f070f2c
ジョタ21-22カラバオ杯準決勝第2戦ゴール.jpg

 現地時間1月20日に開催されたリーグカップ準決勝・第2レグで、アーセナルがリバプールと本拠地エミレーツで対戦。負傷明けの冨安健洋は右サイドバックで先発した一方、16日のブレントフォード戦でリーグ戦2点目を奪い、27歳の誕生日を自ら祝った後者の南野拓実はベンチスタートとなった。

 第1レグはスコアレスドローで終わったこの一戦、ホームのアーセナルは開始5分でペナルティエリア手前の好位置でFKを獲得。ラカゼットが右足で狙いすましたシュートを放つが、シュートは惜しくもクロスバーを叩く。

 迎えた19分、リバプールがついにリードを奪う。敵陣中央の左サイドでパスを受けたジョッタが、冨安を剥がして中央へ切り込み、最後はエリア手前から右足で流し込んだ。ポルトガル代表FWは、レスターとのリーグカップ5回戦で公式戦3試合連続弾を挙げて以来、約1か月ぶりのゴールとなった。

 1点ビハインドで前半を終えたホームチームは、49分に縦パスに反応したラカゼットがエリア内からシュート。しかし、クロスバーの上を越えてしまう。

 直後の51分には、リバプールに決定機が到来。ホワイトをかわし、左サイドを崩したジョッタの完璧なラストパスから、17歳のゴードンが左足で合わせるが、こちらも枠を捉えることはできない。

 追加点を狙うアウェーチームは63分に2枚目の交代カードを切り、ゴードンに代えて南野を投入。すると、その日本代表FWは69分にエリア内でこぼれ球を拾い、左足を振り抜くも、上手くミートしきれず、相手DFにブロックされる。

 それでも77分、ジョッタが勝利を大きく手繰り寄せるこの日2点目を奪う。アレクサンダー=アーノルドからの縦パス1本で抜け出し、最後は前に出てきたGKラムスデイルを上手くかわしてフィニッシュした。

 その後、危なげなく時計の針を進めたリバプールは、90分にはトーマスが2枚目のイエローカードで退場となったアーセナルに、このまま2―0で快勝。チェルシーの待つ決勝へ駒を進めた。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1387 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1642348543/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:13 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、楽天後のメインスポンサー有力候補2企業と交渉 契約金は約78億円 

【サッカー】<バルセロナ>楽天に替わるメインスポンサー2企業が有力候補!契約金は6000万ユーロ(約77億9000万円) [Egg★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1642670455/
バルセロナ旗.jpg
1: Egg ★ 2022/01/20(木) 18:20:55.92 ID:CAP_USER9

サッカースペイン1部リーグ、バルセロナが楽天に替わるメインスポンサーの交渉を進めている。バルセロナを拠点に展開するスポーツ紙スポルトによると、インターネット上での取り引きの分散型台帳ブロックチェーンや暗号資産の分野の2企業が有力候補だという。

 契約金は6000万ユーロ(約77億9000万円)。このほかに共同のプロジェクトを進め、出来高で増額されるなどの条件が追加されるとみられる。

ディリースポーツ 1/20(木) 18:14
https://news.yahoo.co.jp/articles/9671bede17981e212cdf031df35e4a2935e1f9b4




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:01 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ユベントスMFアルトゥール獲得に向け前進!19日に代理人と会談 一方ユーベは代役無しの放出に難色

アーセナルがアルトゥール獲得に前進!19日に代理人と会談…しかしユーヴェは代役なしの放出に難色
https://news.yahoo.co.jp/articles/9583498176fb4efd37a8fee532d5cf106a3f32dc
アルトゥール21-22ユベントス.jpg

アーセナルが、アルトゥールの代理人と話し合いの場を設けた。『Goal』の取材で明らかになっている。

前半戦をプレミアリーグ4位で折り返すなど、6シーズンぶりのチャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて期待が高まるアーセナル。しかし、エインズリー・メイトランド=ナイルズをローマに放出するなど、中盤のオプションに不安の残るミケル・アルテタ監督は、今冬の移籍市場で中盤の補強を熱望している。

そして、獲得に動いているのがアルトゥールだ。2020年夏にミラレム・ピャニッチと入れ替わる形でユヴェントスにやってきた同選手だが、出場機会も限定的で、十分なインパクトを残せず。選手自身もロンドン行きを熱望していることがわかっている。

そして19日、代理人のフェデリコ・パストレッロ氏がイングランドに到着し、コルニーのトレーニング施設でテクニカルディレクターのエドゥ氏と移籍に向けて話し合ったことが判明。期限付きでアルトゥール獲得を望むアーセナルは、できる限り早期にこの契約をまとめたいようだ。

しかし、ユヴェントスは今のところこの取引にゴーサインを出していない。マッシミリアーノ・アッレグリ監督は依然としてアルトゥールを戦力の1人として見なしており、代役を立てずに同選手を放出することに難色を示している。そのため、アーセナルと選手側は移籍に前向きだが、ユヴェントスとの交渉が続くことになるかもしれない。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1765】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1642573055/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、オーバメヤンにサウジ強豪アル・ナスルがオファー!10億円の買取義務付きレンタル移籍

オーバメヤンにサウジのアル・ナスルが関心…10億円の買取義務付帯するローンオファーをアーセナルに提示
https://news.yahoo.co.jp/articles/d043cf339ada8467bdbe4d7bac9748b6ecc28a7f
オバメヤン21-22アーセナル正面.jpg

アーセナルがアル・ナスルからピエール=エメリク・オーバメヤン獲得オファーを受け取ったようだ。『Goal』の取材で明らかになった。

2018年1月にドルトムントからアーセナルに加入したオーバメヤン。ここまでの4年間で公式戦163試合で92ゴールを記録し、2019年から主将を任されてきたが、昨年12月上旬に規律違反により、主将を剥奪され、以降チーム練習からも外れるなどミケル・アルテタ監督の構想外になる。

昨年末からはアフリカ・ネイションズカップに向けてアラブ首長国連邦でトレーニングをするガボン代表に合流したオーバメヤンだが、先日に新型コロナウイルス検査で陽性であることが確認され、さらにその後のメディカルチェックで心臓の問題が発覚。主将であるにもかからわず、1試合も出場しないままアーセナルに帰還した。

所属クラブ、代表で難しい時間を送るオーバメヤンだが、どうやらサウジアラビアのアル・ナスルが獲得に興味を持つ様子。同クラブが今夏の670万ポンド(約10億円)での買取義務の付帯するローン移籍のオファーを提示したことがわかった。

現時点でアーセナルはこのオファーに対して回答していないものの、クラブ首脳陣はシーズン途中にガボン代表FWを売却するかどうかを議論するようだ。クラブは今冬の移籍市場で新ストライカーの獲得を目指しており、仮にオーバメヤンを放出し、代役を確保できなければ前線のコマ不足に陥ることが予想される。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1765】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1642573055/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、所属選手がイエローカード巡り不正賭博に加担の疑い

アーセナルにスキャンダル! 所属選手がイエローカード巡る不正賭博に加担の疑い…
https://news.yahoo.co.jp/articles/d2573d5f70b8018abddc5d78d3085e3b6168cefa
アーセナル旗.jpg

アーセナルの選手にイエローカードを巡る不正な賭博行為への関与の疑いが浮上している。イギリス『The Athletic』が報じている。

『The Athletic』は19日、あるブックメーカーが今シーズンのプレミアリーグの試合で、アーセナルの選手にイエローカードが出されるか否かの賭けに対して、異常な金額が賭けられていることをイングランドサッカー協会(FA)に警告したことを報じた。

同メディアは当該選手の身元を把握しているものの、プライバシー保護の観点から現時点で名前を伏せている。

この報道を受け、イギリス『スカイ・スポーツ』はFAに対して、ブックメーカーからの警告の有無を取材したところ、FAのスポークスマンは「FAは問題の件を認識しており、調査中である」と、警告が事実であることを認めた。

一方、アーセナルは『スカイ・スポーツ』の取材に対して、現時点でコメントを拒否している。

イギリス『SPORT BIBLE』によると、スポーツベッティングが盛んなヨーロッパでは、試合結果や得点数、得点者に限らず、特定の時間にコーナーが取られる、カードが出されるなど、試合中の個々の事象を賭けの対象とする“スポットベッティング”も行われている。

そして、前述の試合結果や得点に比べ、選手個人の裁量でどうにでもなる“スポットベッティング”は、不正行為に繋がることを以前から危惧されているという。

こういった不正行為は通常、マイナーリーグや下部カテゴリーで行われることが多く、高額なサラリーを受け取るプレミアリーグのようなトップカテゴリーで行われるケースは非常に稀なことだという。

ただ、過去にイングランドではサウサンプトンのレジェンドである元イングランド代表MFのマット・ル・ティシエ氏が、現役引退後に過去のウィンブルドン戦で友人数名と共謀して、試合の最初のスローインのタイミングを賭け、不正行為が未遂に終わったことを自伝で告白。

また、2018年には元リンカーン・シティのDFブラッドリー・ウッドが、FAカップのイプスウィッチ戦とバーンリー戦で、自身にイエローカードが出されることに賭けるよう友人に伝えたとして、FAから6年間の出場禁止処分を科されたことがあった。

仮に、今回のFAの調査の結果、当該選手が故意にイエローカードを受け、不正賭博に加担したと判断されれば、長期の出場停止や罰金、クラブから懲戒解雇を言い渡されることになる。


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1765】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1642573055/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、エランガのプレミア初ゴールなどブレントフォードに3-1快勝!リーグ戦3戦ぶり勝利

エランガのプレミア初弾、ラッシュフォード3カ月ぶり弾のユナイテッドが3戦ぶり勝利《プレミアリーグ》
https://news.yahoo.co.jp/articles/bb49463ef1fde059cefe07aca9f404758c7d66f3
エランガ21-22第17節ゴール.jpg

マンチェスター・ユナイテッドは19日、プレミアリーグ第17節延期分でブレントフォードとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。

ユナイテッド内での新型コロナウイルスの感染拡大により延期となっていた一戦。

4日前に行われたアストン・ビラ戦を2-2の引き分けに持ち込まれた7位ユナイテッド(勝ち点32)は、前節負傷欠場のC・ロナウドが復帰。[4-2-3-1]で臨み、2列目には右からグリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデス、エランガと並べた。

積極的な入りを見せてきた14位ブレントフォード(勝ち点23)に対し、ユナイテッドは13分に大ピンチ。ダロトの自陣でのパスミスからボックス内のイェンセンに枠内シュートを打たれるも、GKデ・ヘアがファインセーブで凌いだ。

ひやりとしたユナイテッドは25分、ダロトが際どいミドルシュートを放ったが、32分にもピンチ。ロングカウンターを受けた流れからボックス内でのイェンセンとの一対一をGKデ・ヘアが再びファインセーブで救った。

ハーフタイムにかけては互いに好機を作れずゴールレスで前半を終えた。

迎えた後半、開始2分にユナイテッドに決定機。CKの流れからC・ロナウドのヘディングシュートがバーに直撃した。

そして55分、ユナイテッドが先制する。フレッジのフィードをボックス中央で受けたエランガがヘディングシュートで押し込んだ。

エランガのプレミア初ゴールで試合を動かしたユナイテッドは62分、リードを広げる。マクトミネイのボール奪取からカウンターに転じると、C・ロナウドのチェストパスを受けたブルーノ・フェルナンデスがボックス内へ独走。並走していたグリーンウッドへプレゼントパスを送り、ユナイテッドに2点目が生まれた。

負傷明けのC・ロナウドを下げ、ラッシュフォードを投入したユナイテッドは、そのラッシュフォードが77分に3点目。マクトミネイのボール奪取からショートカウンターに転じ、ブルーノ・フェルナンデスのラストパスを受けたラッシュフォードがシュートを決め切った。

ラッシュフォードの約3カ月ぶり弾で勝負を決めたユナイテッドは、85分にロングスローの流れからトニーにゴールを許すも、3-1で勝利。リーグ戦3試合ぶりの白星を飾っている。

† Red Devils Manchester United 1607 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1642627415/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:27 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、シャビ監督がデンベレに最後通告か「これ以上待てない。契約延長か、退団するかだ」

バルサ・シャビ監督「理解できない」契約延長しないデンベレに最後通告
https://news.yahoo.co.jp/articles/600f991a86c87b11866ba53a357f1f153b7dfe39
デンベレ21-22バルセロナ雨.jpg


バルセロナのシャビ監督(41)が、今季終了後に契約が切れるフランス代表FWデンベレに対し「契約延長するか退団するかのどちらかだ」と最後通告とも取れる発言をした。

バルセロナは20日に国王杯4回戦でビルバオと対戦する。その一戦に向けた前日会見にシャビ監督が出席。クラブとの契約が今年6月30日までの中、契約延長で合意できておらず、最近、今冬退団の移籍先候補してニューカッスル名が報じられていたデンベレの将来について、断固たる姿勢を示した。

「我々はウスマンに対して非常に複雑な状況にある。クラブはもし彼が契約延長しない場合、解決策を探さなければならないという判断を下している。今のままにしておくことはできない。我々はずっと待っていたし、マテウ(フットボールディレクターのマテウ・アレマニー)は5カ月前から選手や代理人と話し合いを続けてきたが、もうこれ以上待つことはできない。契約延長するか、選手のための解決策を探す必要がある」と強く訴えた。

このままの状況が続く場合、デンベレは残りのシーズン全てをスタンドで過ごすことになるかについては「そんな事態は想定していない。契約延長するか退団するかのどちらかだ。それ以外の解決策はない。我々はその2つの選択肢しか考えていない。我々は彼に対してハッキリと伝えてきたと思うし、私には今の状況が理解できない。なぜなら彼は契約延長を希望しているのに、その決断を下していないのだからね。そして我々には他の選択肢がない」と今冬の移籍期間中に契約延長しない場合、退団以外の選択肢がないことを強調した。(高橋智行通信員)

※レス数はやや少なめですが、ご容赦ください。

》╋||||《Blaugrana F.C.バルセロナ29》╋||||《
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1641789793/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保所属マジョルカ、ビジャレアルFWパコ・アルカセルの獲得を狙う!久保建英とは昨季チームメイト

マジョルカ ビジャレアルからFW補強か 久保の昨季チームメート
https://news.yahoo.co.jp/articles/2f944ed73dd307eab95aaffcfce200557e2cfef7
パコ・アルカセル21-22ビジャレアル.jpg

 サッカースペイン1部リーグ、マジョルカが懸案となっている前線補強でスペイン代表経験のあるFWパコ・アルカセルの獲得を狙っているという。マジョルカの地元一般紙ウルティマ・オラが伝えている。実現すれば日本代表MF久保建英にとって旧知の昨季チームメートと一緒にプレーすることになる。

 記事によると、マジョルカは前線の得点力不足を補うため実力と実績のあるストライカーを探しており、アルカセルがリストアップされたとしている。一方で高額年棒が障害になっており、その調整が交渉のカギになると考えられる。

 なお昨年夏、マジョルカにはビジャレアルから2選手、ヘタフェから1選手加入しており、久保にとっては一昨季のマジョルカで共闘した選手以外に顔見知りが多い陣容になっている。

【RCD】久保建英応援スレ part699【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1642307855/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベニテス解任のエヴァートン、ダンカン・ファーガソンコーチが暫定監督に再任

ベニテス解任のエバートン、ダンカン・ファーガソンが暫定指揮官に再任
https://news.yahoo.co.jp/articles/61ff7bdf282f35b74ebc02c3c07f8f04f6b7c5a8
ダンカン・ファーガソン.jpg


ラファエル・ベニテス監督を解任したエバートンだが、しばらくの間はアシスタントコーチのダンカン・ファーガソン氏(50)が暫定指揮官を務めることになった。

リーグ戦ここ13試合でわずか1勝という不振に陥っていたエバートンは、16日にベニテス監督を成績不振で解任した。後任候補には、元エバートン指揮官で現在はベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督や、同クラブのレジェンドでもある、ダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督が挙げられている。

だが、同じく候補に挙がったローマのジョゼ・モウリーニョ監督に断られるなど、新監督招へいに時間を要する気配のエバートンは、以前にも暫定監督を務めたことのあるダンカン・ファーガソン氏に託すことになった。

同氏は2019年12月のマルコ・シウバ監督からカルロ・アンチェロッティ監督への移行期間にエバートンを指揮。3週間もない短い期間だったが、初戦でチェルシーを下すなどファンからは好印象を持たれている。

なおアシスタントには、1986年から1997年にエバートンで活躍し、現在は同クラブのU-23で監督を務めていたジョン・エブレル氏と、クラブ通算420試合に出場し、2020年夏に引退したレイトン・ベインズ氏らが任命されている。

ダンカン・ファーガソン暫定監督の2度目となる初陣は、22日に行われるプレミアリーグ第23節のアストン・ビラ戦だ。

【The Toffees】 Everton FC part25
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1624620259/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルグアイ代表FWスアレス、アストン・ヴィラ移籍の可能性!ジェラード監督とタッグへ?神戸やインテル・マイアミ等が興味(関連まとめ)

【サッカー】FWルイス・スアレス争奪戦 J1神戸、インテル・マイアミに続きアストンビラも興味 [爆笑ゴリラ★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1642567645/
ジェラードとスアレスリバプール.jpg
1: 爆笑ゴリラ ★ 2022/01/19(水) 13:47:25.68 ID:CAP_USER9.net

1/19(水) 12:59配信
東スポWeb

バルサでも活躍した(東スポWeb)

 スペイン1部アトレチコ・マドリードのウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)がイングランド・プレミアリーグのアストンビラに移籍する可能性が出てきた。

 スペインメディア「BeSoccer」は「スアレスの未来はこの冬の市場だろうと、この夏の市場であろうと、確かなことが一つある。それはウルグアイ代表FWがAマドリードで続ける気がないということ」とし、契約満了となる2022年6月末で退団するのは確実と伝えている。

 すでに米メジャーリーグサッカー(MLS)で元イングランド代表MFデービット・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミが浮上。ブラジル1部コリンチャンスやパルメイラスも獲得に興味を示している中、同メディアによると、アストンビラのスティーブン・ジェラード監督がスアレスに興味を示しているという。

 世界最高峰リーグのクラブからオファーが届けば、11月に開幕するカタールW杯の出場を目指しているスアレスにとっては大きなプラス。さらにジェラード監督はリバプール時代にともにプレーした元チームメートで、バルセロナ時代に同僚だったMFフィリぺ・コウチーニョが加入したこともスアレスの移籍を後押しそうだ。

 その一方でスアレスは昨年10月に米「ESPN」に「悪いイメージを残さないため、別の場所で自分自身のプレーを楽しみたい。プレッシャーを感じる南米よりも米国かアジアでプレーするかもしれない」と発言。この言動から日本ではJ1神戸に獲得を期待する声が高まっているが、冬の移籍市場を含めて米国、日本、南米、欧州の各クラブよるスアレス争奪戦の行方が注目される。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220119-03937448-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b9e21e3fcb40667643b52469926b24110842bcc4



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DFコラシナツ、アーセナルと契約解除…フリーでマルセイユ移籍

DFコラシナツがマルセイユへフリー移籍…アーセナルと双方合意で契約解除
https://news.yahoo.co.jp/articles/633c1404cb4c93c18d97520c7b0722bfd8a09303
コラシナツ21-22アーセナル.jpg

アーセナルは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツと双方合意のもとで契約解除し、マルセイユへフリー移籍で加入することを発表した。18日、両クラブが公式サイトで伝えている。

 現在28歳のコラシナツは、2017年の6月にシャルケからアーセナルへ加入すると、左サイドバックのポジションを中心に公式戦118試合でプレー。昨季の後半戦は古巣のシャルケへ半年間のローン移籍をしたものの、“ガナーズ”では計5シーズンに渡って所属した。しかし完全に定位置を失った今季は、カップ戦を含めた公式戦通算でもわずか5試合のみの出場にとどまっていた。

 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表としても通算40キャップを刻み、2014年のFIFAワールドカップにも出場したコラシナツ。アーセナルで共に戦ったフランス代表MFマッテオ・ゲンドゥージらと再会することとなる新天地のマルセイユでは、背番号「23」を背負うことも決まっている。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1764】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1642413542/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:21 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)