アンテナ・まとめ RSS

2018年10月13日

元仏代表アンリ氏、モナコ新監督に就任!18位低迷の古巣を救えるか?(関連まとめ)

【サッカー】<元フランス代表アンリ氏>古巣モナコに新監督として帰還! 3年契約を締結
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539423710/
アンリモナコ監督就任.jpg

1: Egg ★ 2018/10/13(土) 18:41:50.40 ID:CAP_USER9.net

モナコは13日、ベルギー代表のアシスタントコーチを務めていた元フランス代表FWティエリ・アンリ氏の新監督就任を発表した。2021年までの3年契約が締結されている。

 アンリ氏は監督就任に際して、「まず指揮を執るチャンスを与えてくれたモナコに感謝したい。モナコに帰って来ることができてとても満足しているし、もうすでに次の課題へ立ち向かおうと決意している。一緒に働くことになる選手たちと会うのが待ちきれないね」とコメントしている。

 モナコは今シーズン、リーグ・アン開幕9試合を終えて1勝3分け5敗の勝ち点「6」で18位に低迷し、11日にレオナルド・ジャルディム前監督を解任した。1998ー99シーズン以来の復帰となったアンリ氏は苦しむ古巣を救うことができるのだろうか。

10/13(土) 18:35配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00847072-soccerk-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20181013-00847072-soccerk-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:13 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプールに痛手…サラーが代表戦で筋肉系の負傷

リヴァプールに悲報…サラーが代表戦で筋肉系の負傷、離脱期間は不明
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00846793-soccerk-socc
サラー2018エジプト代表負傷離脱.jpg


リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが代表戦で負傷した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が10月12日に伝えている。

 12日に行われたアフリカ・ネーションズカップ予選でエジプト代表はスワジランド代表と対戦。この試合に出場したサラーは、CKから直接ゴールを叩き込むなど4−1の勝利に貢献した。しかし、同選手は試合終了間際にピッチ上に座り込むと、そのままピッチを去っている。

 試合後、エジプト代表のアシスタントコーチ、ハニ・ラムズィ氏はサラーの状態について次のように明かした。

「エジプト代表のメディカルスタッフによる初期の診断では、サラーは筋肉系のケガを負った。これから詳細な検査を受けるが、私の考えではそれほど重傷ではない」

 なお、エジプト代表は16日に再びスワジランド代表と対戦する予定。また、現在プレミアリーグ3位で激しいタイトルレースを繰り広げているリヴァプールにとってサラーの離脱は大打撃。20日にはハダースフィールド戦を控えている。

〓〓 Liverpool FC 〓 1002 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1539332856/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元アルゼンチン代表テベス、衝撃の発言「これまで一度もサッカーファンでは無かった」

【ゴルフ】カルロス・テベスが驚くべき告白「これまで一度もサッカーファンではなかった。」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539337636/
テベス2018リーベル.jpg
1: pathos ★ 2018/10/12(金) 18:47:16.12 ID:CAP_USER9.net

ボカ・ジュニアーズに所属するアルゼンチン人選手、カルロス・テベスは『Clarin』紙のインタビューでサッカーの試合を観る事を好まないという驚きの発言で我々を驚かせた。

「もしバルセロナとレアル・マドリーの試合が放送されていて、他のチャンネルでゴルフのトーナメントが放送されていたら、私はゴルフを観る。私はこれまで一度もサッカーファンではなかった」

テベスからメッシへの惜しみない賛辞

その理由として彼は「私はプレーするのが好きであり、観るより両足の間にボールを持つ方が好きだから」と話している。

またテベスはアルゼンチンの現状についても語った。

「私はアイドルとして政治旗を掲げる事はできない。私はどこの者でもない。それが私の立場であり、この国が良い状態にないとコメントする必要もない。もし我々がこの国が良くない状態だと認識しているならば、皆で何か行動しよう。私は政治には興味がないし、本当に何も分からない。私は午前6時に仕事に出掛け、午後7時に帰ってくる父を見て育った。彼は食べていくために働いていた。それが子供達に示すべき模範であり、教育だ」

10月26日(金)にリベルタドーレス杯の準決勝、パルメイラス戦を控えるテベスは永遠のライバルであるリーベルプレートと決勝で当たる可能性についても言及した。

「私は彼らの試合を観ないとはいえ、リーベルが良いチームである事は間違いない。だが、私は決勝について考える事はできない。それはパルメイラスへのリスペクトを欠く事になるからね」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00010005-sportes-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSG×レッドスター戦、八百長疑惑で捜査…レッドスター幹部らが自チーム5点差の敗戦に賭け大金を得る

【サッカー】PSGの「CL5点差」試合に八百長疑惑 すでに捜査開始か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539383418/
ネイマール2018CL第2節レッドスター戦.jpg

1: nita ★ 2018/10/13(土) 07:30:18.23 ID:CAP_USER9.net

2018/10/13 06:00

ベルギーサッカー界では八百長やマネーロンダリングの疑いで多くのクラブが警察当局による捜索を受けるなど衝撃が広がっている。

そうした中、PSGの試合にも八百長の疑いがかけられていると、フランス紙『L'EQUIPE』が報じた。

問題視されているのは、今月4日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ、PSG対ツルヴェナ・ズヴェズダ(レッドスター)戦だという。パルク・デ・プランスで行われた一戦は、6-1でパリが大勝している。

同紙によれば、UEFAからの警告を受けたフランス当局が捜査を始めたという。

UEFAはツルヴェナ・ズヴェズダの幹部と共犯者が、自らのチームが5点差で負けることに数百万ユーロを賭ける意思を示したというレポートを試合の数日前に受け取っていたとのこと。賭け金は500万ユーロ(6.4億円)近い金額で、数千万ユーロの利益を得たとも。

元横浜F・マリノスDFミロシュ・デゲネクも先発した試合はパリが70分までに5点を奪い、その後74分に失点。そして、81分に6点目を奪う展開だった。

ただ、ツルヴェナ・ズヴェズダ側は『L'EQUIPE』の報道に対して異議を申し立てるとも伝えられている。

https://qoly.jp/2018/10/13/cl-psg-belgrade-match-fixing-by-lequipe-iks-1



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウサイン・ボルト、絶妙ゴールなど2得点!練習試合で大活躍!お馴染みのボルトポーズで歓喜!

【サッカー】ウサイン・ボルト氏、初先発で2ゴール!練習試合で大活躍、プロ契約へアピール
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539341517/
ボルト練習試合ゴール.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/10/12(金) 19:51:57.94 ID:CAP_USER9.net

10/12(金) 19:28配信
ボルト氏、初先発で2ゴール!練習試合で大活躍、プロ契約へアピール

 8月からオーストラリアAリーグのセントラルコーストに練習生として参加している陸上男子100メートル、200メートルの世界記録保持者のウサイン・ボルト氏(32)が実戦初ゴールを含む2得点と活躍した。

 12日、地元選抜チーム・NSWユナイテッドとの練習試合に初先発。2―0で迎えた後半13分、快速を飛ばして相手DFに競り勝ちながらスルーパスを受けると、左足で豪快にゴール左隅に蹴り込んだ。記念すべき“プロ1号”。弓を引くようなおなじみの“ボルトポーズ”で歓喜した。

 後半23分には相手GKとDFが交錯してこぼれたボールを無人のゴールに蹴り込んで2点目。同30分に交代する際には、ファンからスタンディングオベーションを受けた。

 この試合に向けて「大きな試合になる。結果によってクラブが自分のキャリアの判断をするだろう」と話していたが、夢のプロ契約に向けて大きなアピールに成功した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000132-spnannex-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181012-00000132-spnannex-000-3-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

フランス代表、アイスランドと2-2ドロー!ムバッペが10代2桁ゴールの仏代表記録を達成しチームを救う

【サッカー】フランス代表、アイスランドと2-2ドロー!途中出場ムバッペが“記録樹立弾”でチームを救う
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539311188/
ムバッペ2018アイスランド戦ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/10/12(金) 11:26:28.68 ID:CAP_USER9.net

途中出場ムバッペがフランスを救う…“記録樹立弾”でアイスランドとのドローに持ち込む

[10.11 国際親善試合 フランス2-2アイスランド]

 国際親善試合が11日に行われ、ワールドカップ王者フランス代表はホームでアイスランド代表と2-2で引き分けた。

 16日にUEFAネーションズリーグ(UNL)のドイツ戦を控えるフランスは、FWアントワーヌ・グリエーズマンやFWオリビエ・ジル、FWウスマン・デンベレらを先発起用。15日にUNLでスイスと対戦するアイスランドは、MFギルフィ・シグルドソンやFWアルフレズ・フィンボガソンがスタメンに入った。

 試合はフランスペースで進んだが、先制点を挙げたのはアイスランドだった。前半30分、右サイド深くでDFプレスネル・キンペンベからボールを奪ったフィンボガソンが中央に切れ込み、ペナルティーアーク内へ送ったパスをMFビルキル・ビャルナソンが右足でゴール右隅に流し込み、先制に成功した。

 さらにアイスランドは後半13分、左CKからシグルドソンがゴール前に蹴り込むと、ニアに走り込んだDFカリ・アルナソンがヘディングシュート。クロスバー、右ポストをかすめてゴールネットを揺らし、2-0とリードを広げた。

 追い込まれたフランスは後半14分にMFトーマス・レマル、15分にグリエーズマンに代えてFWキリアン・ムバッペ、22分には追加招集のFWディミトリ・パイェと初招集MFタンギ・エンドンベレを投入。メンバーを大きく変えた。

 すると、フランスは後半41分にエンドンベレが右サイド深くでボールを奪い、PA右のムバッペにパス。ムバッペが華麗なターンから中央へ折り返すと、GKハンネス・ハルドーソンが弾いたボールがDFホルマル・エイヨルフソンに当たってオウンゴール。1-2で1点を返した。

 さらにフランスは後半45分、左CKからFWコルベイン・シグソールソンのハンドによりPKを獲得。キッカーのムバッペが右足でゴール左に沈め、2-2で引き分けに持ち込んだ。なお、データサイト『オプタ』によると、19歳ムバッペは、20歳を迎える前に10ゴールを達成したフランス代表史上初の選手となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-02734625-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:45 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モナコ、18位低迷でジャルディム監督を解任!元仏代表のアンリ氏が後任候補に(関連まとめ)

【サッカー】<モナコ >ジャルデム監督の解任を発表!後任候補にアンリ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539298933/
アンリとジャルディム.jpg

1: Egg ★ 2018/10/12(金) 08:02:13.87 ID:CAP_USER9

モナコは最近数週間のチームの成績不振を理由に監督のレオナルド・ジャルディムを解任する決断を下した。 2014年にモナコの監督に就任したジャルディムはこれまでクラブを数々の成功に導いてきた。
しかし、今シーズンは開幕スタートに失敗し、チームはリーグアンで18位に低迷している。

現在、彼の後任候補にはかつてモナコでプロデビューを果たし、指導者としてはベルギー代表でロベルト・マルティネスのアシスタントコーチを務めたティエリ・アンリの名前が挙がっている。

モナコは以下の公式声明を出した。
「2014年の夏に同クラブの監督に就任したこのポルトガル人監督は233試合で指揮を執りました。その期間、ASモナコは4シーズン連続で3位以内に入り、2016-17シーズンにはクラブ史上8度目のリーグ優勝、チャンピオンズリーグ準決勝進出を果たしました。さらに彼の指揮下でASモナコはCLベスト8(2014-15シーズン)、二度のリーグカップ決勝進出(2017、2018)も達成しています。クラブ一同、レオナルド・ジャルディムと彼のテクニカルスタッフの今後の成功を願っています」

一方、ジャルディム自身も解任後にコメントを残している。
「私はASモナコを4年以上指揮する事ができた事を誇りに思い、感謝している。私は常に全力を尽くし、情熱を持って働いてきた。我々は共に大きな勝利をつかんできた。これからもその思い出は私の中にずっととどまり続けるだろう」

10/12(金) 7:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00010002-sportes-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:38 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

カッサーノ、イタリアサッカーに苦言「レベルの低い選手が多い」

【サッカー】 元伊代表カッサーノ苦言「レベルの低い選手が多い」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539259957/
カッサーノ2018インタビュー.jpg
1: ほニーテール ★ 2018/10/11(木) 21:12:37.96 ID:CAP_USER9.net

元イタリア代表FWで現在セリエCエンテッラの練習に参加しているアントニオ・カッサーノ(36)が、現在のセリエAやイタリア代表に苦言を呈した。9日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

カッサーノは「今のセリエAはレベルの低い選手が多い」とばっさり。「私がサッカーを始めた頃、フィオレンティナは7番手だったが、ルイコスタ、バティストゥータ、エジモンドらがいた。今はユベントスだけが強力なチームになっている。ユベントスのロナウドとACミランのイグアインを除いて、あの頃のサッカーができる選手がいるだろうか」と続けた。

またイタリア代表についても「私はビエリ、トッティ、デルピエロらと一緒にプレーしていた。時にはモンテッラ、キエーザ、ディナターレが代表に招集されないこともあった。今はセリエAで2戦連続出場して1ゴールすればもう代表に呼ばれる。その理由はただ1つ。強い選手がいないということだけだ」と手厳しかった。

https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/news/201810090000566_m.html?mode=all



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:21 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1鳥栖「笑ってはいけないサッカー」終了 新体制で練習中も笑顔に(関連まとめ)

J1鳥栖「笑ってはいけないサッカー」終了 新体制でムード一変、逆転残留へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00010012-nishispo-socc
鳥栖新体制練習.jpg

 マッシモ・フィッカデンティ監督(50)を更迭したJ1サガン鳥栖が10日、約2カ月ぶりに練習を公開した。指揮を執る次期監督の金明輝コーチ(37)は「選手の力や今後の対戦相手を見ると、ネガティブになる必要はない。しっかりとコミュニケーションを取っていきたい」と、練習中から積極的に選手と1対1で対話。一体感を高め、自動降格圏内の17位から逆転残留を果たす。

 マッシモ体制では8月9日から練習の非公開が続いていたが、金明輝コーチは「一緒に残留させたいというサポーターの思いも乗せたかった。頑張れという声もチームの活力になる」と公開を決断。サポーター約50人が見学に訪れた。ウオーミングアップから選手やスタッフが笑顔をのぞかせる一幕もあり「練習中に笑ってはいけない」という空気があったという前体制の練習とは一変。原川力(25)は「前向きにというか、明るくみんなで練習できている」と雰囲気の変化を実感した。

 金明輝コーチはハードワークをして厳しく守る戦いを継続する一方で、「点を取らないと勝てない。攻撃に関わる人数やフィニッシュの精度を上げる練習をする」と説明。10日の紅白戦ではボランチに積極的な攻撃参加を促した。明るく前向きに残り5戦を戦い、最後にチームもサポーターも心の底から笑う。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11082
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1539204035/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:13 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア代表ママエフとココリン、同国政府高官のパク氏に暴行…ロシアリーグ永久追放も

【サッカー】ロシア代表のココリンとママエフが韓国系のパクを暴行する動画が公開される 永久追放も検討か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539242581/
ココリンとママエフ02.jpg
1: pathos ★ 2018/10/11(木) 16:23:01.48 ID:CAP_USER9.net

 ゼニトのアレクサンドル・ココリンとクラスノダールのパベル・ママエフが起こした暴行事件が大きな衝撃を与えている。

【動画】ココリンとママエフは椅子を使って職員に殴りかかっている
https://mundodeportivo.jp/articles/4403

 彼らはモスクワのアルバト地区中心街にあるカフェで、ロシア政府職員に暴力をふるい逮捕された。カフェの店員によると、2人は泥酔状態で入店した直後から意味不明な行動をとっていたという。

 防犯カメラの映像には、店内で食事をとっていた経済産業省高官のデニス・パクに、ココリンとママエフが殴りかかる様子が映っていた。パクは歯を折るなどの重症。2人は店内の椅子も使って暴行していた。

 デニス・パクの弁護士は、2人が韓国系のパクを馬鹿にして襲ったと語っている。またこの事件の直前にも、2人はテレビ司会者の車を破壊、運転手に暴行していたことが分かった。

 ココリンとママエフがスキャンダルの主人公になるのはこれが初めてのことではない。2016年7月、ロシア代表がユーロに敗退したあと、複数の選手たちがモナコのナイトクラブで騒ぐ動画が拡散されたが、その中心にいたのがこの2人だった。

 ロシア国家が流れるなか次々と運ばれてくるシャンパンの代金が総額25万ユーロ(約3250万円)だったことが報じられると、ロシア国民だけでなくプーチン大統領の報道官までもが非難する問題に発展している。

 今回の暴行事件を受け、ロシア・プレミアリーグは、ママエフとココリンを永久追放することを検討しているそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00010001-mdjp-socc



元ロシア代表2人が同国役人暴行で永久追放か…防犯カメラにしっかりと映る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-02694975-gekisaka-socc

 ロシアで前代未聞の事件が起きた。『BBC』によると、事件を起こしたのはゼニトに所属する元ロシア代表FWアレクサンドル・ココリン(27)とクラスノダールの同MFパベル・ママエフ(30)で、経済産業省高官のデニス・パク氏に対して暴行を働いたのだという。

 事件は8日に発生。モスクワ市内のカフェで突然パク氏の前に現れた2人は椅子や素手で殴りかかった。その様子は店内の防犯カメラにしっかりと収められている。

 両選手はその後、容疑者として地元警察に逮捕され、48時間の身柄拘束がされたという。今後は最高で7年の懲役刑が下る可能性もあるとみられている。

 ロシアサッカー界を震撼させる大事件だが、関係者は憤慨。ロシアプレミアリーグはただちに「彼らの乱暴な行動を強く非難する」と声明を発表。永久追放処分も検討されている模様だ。

 ココリンはこれまでロシア代表として43試合に出場。ママエフもこれまでロシア代表として15試合に出場している。ただし今夏のW杯には両選手とも出場していない。両選手の所属するゼニトとクラスノダールは7日に行ったリーグ第10節で対戦。ココリンは後半開始から途中出場。ママエフはフル出場を果たすと、後半36分にPKで得点していた。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア代表、ウクライナと1-1ドローで5戦未勝利…ベルナルデスキ先制弾も追い付かれる(関連まとめ)

イタリアが5試合勝利なし…ベルナルデスキ先制弾もウクライナと引き分け
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00845738-soccerk-socc
ベルナルデスキ2018ウクライナ戦.jpg


国際親善試合が10日に行われ、イタリア代表とウクライナ代表は1−1で引き分けた。

 立ち上がりから攻勢に出たイタリアは7分、ペナルティエリア中央に残っていたレオナルド・ボヌッチが右サイドからのクロスを右足ボレーで合わせるが、GKアンドリー・ピアトフの好セーブに阻まれる。24分にはニコロ・バレッラがエリア手前からミドルシュート、37分にはフェデリコ・キエーザがエリア左から狙ったが、どちらもGKにセーブされた。

 試合が動いたのは後半に入って55分、フェデリコ・ベルナルデスキが右サイドから中央に切り込んで左足一閃。ここまで好守を見せていたピアトフも反応したが、強烈なシュートを弾き出せず、強い回転がかかったボールはゴールに吸い込まれた。しかしウクライナもすぐさま反撃。62分、右CKをファーのミキタ・ブルダが頭で折り返すと、中央のルスラン・マリノフスキーが左足ダイレクトでゴール右隅に叩き込んだ。

 追いついたウクライナは71分、マリノフスキーがエリア手前のFKでクロスバー直撃の強烈なシュート。さらにその直後にゴール目の前のタラス・ステパネンコがヘディングシュートを放ったが、ゴールには結びつかず。試合は1−1のまま終了。イタリアは5試合未勝利の一方で、ウクライナは昨年11月から8試合負けなしとなった。

 イタリアは14日にUEFAネーションズリーグでポーラン代表と、ウクライナは16日に同大会でチェコ代表と対戦する。

【スコア】
イタリア代表 1−1 ウクライナ代表

【得点者】
1−0 55分 フェデリコ・ベルナルデスキ(イタリア)
1−1 62分 ルスラン・マリノフスキー(ウクライナ)

【スターティングメンバー】
イタリア代表(4−3−3)
ドンナルンマ;フロレンツィ(84分 ピッチーニ)、ボヌッチ、キエッリーニ、ビラーギ(88分 クリシート);ヴェラッティ(70分 ボナヴェントゥーラ)、ジョルジーニョ、バレッラ(78分 ペッレグリーニ);ベルナルデスキ(57分 インモービレ)、インシーニェ(78分 ベラルディ)、キエーザ

ウクライナ代表(4−1−4−1)
ピアトフ;カラヴァイェフ、ブルダ、ラキツキー(88分 クリフツォフ)、マトヴィエンコ;シドルチュク(56分 ステパネンコ);マルロス(46分 ツィガンコフ)、ジンチェンコ、マリノフスキー、コノプリャンカ(73分 ペトリアク);ヤレムチュク(76分 クラヴェツ/90分 ブトコ)

☆☆☆☆ イタリア代表 AZZURRI -parte129

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1532010630/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベルギーサッカー、八百長・詐欺疑惑で一斉捜査!昨季優勝クラブ・ブルージュの監督らを拘束!国内44カ所、海外7カ国13カ所が捜査の対象に

【サッカー】ベルギーサッカーで八百長など不正か 7カ国で捜索、監督ら拘束
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539213498/
クラブ・ブリュージュレコ監督.jpg

1: nita ★ 2018/10/11(木) 08:18:18.84 ID:CAP_USER9.net

2018年10月11日 05時10分

 【ブリュッセル共同】ベルギー捜査当局は10日、同国の主要プロサッカーチームの八百長疑惑や選手移籍に絡む不明朗な金の流れを解明するため、同国のほかフランス、バルカン諸国など欧州計7カ国の関係先を一斉捜索し、関係者多数を拘束したと発表した。

 検察の声明や報道によると、ベルギー1部リーグで前シーズン優勝したクラブ・ブリュージュのレコ監督や大物代理人らが拘束された。同チームや、森岡亮太選手が所属するアンデルレヒトの本部のほか、複数の選手や審判らの関係先も捜索を受けた。各クラブは捜査に協力するとしている。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018101101000816.html




ベルギーで八百長・詐欺疑惑の大規模捜査。森岡所属アンデルレヒトも対象に


ベルギーで大規模な八百長やマネーロンダリングなどが行われた疑いがあるとして、現地時間10日朝から警察当局による一斉捜査が開始された。ベルギー『ヘット・ニウスブラッド』など複数メディアが伝えている。

 報道によれば、過去1年間にわたって行われてきた捜査により、代理人による詐欺的行為や試合の結果に影響を及ぼす八百長行為などが行われた疑いが強くなったとのこと。これを受け10日にはクラブ事務所などへの家宅捜索が一斉に行われた。

 捜索の対象となったのはベルギーで44ヶ所。また捜査は国外にもおよび、フランス、ルクセンブルク、キプロス、モンテネグロ、セルビア、マケドニアでも合計13ヶ所が捜索されているとのことだ。

 ベルギー国内での捜索対象のうち8ヶ所は今季のベルギー1部リーグのクラブ。森岡亮太の所属するアンデルレヒトや昨季王者クラブ・ブルージュのほか、スタンダール・リエージュ、ヘンク、ヘント、オーステンデ、コルトライク、ロケレンが捜索を受けている。代理人による不正な取引が疑われる移籍関連の資料などが押収されたとみられる。

 クラブ・ブルージュのイバン・レコ監督らも警察からの聴取を受けているとのこと。アンデルレヒトなど複数クラブは、警察の捜査に全面的に協力するという声明を出している。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング