アンテナ・まとめ RSS

2018年02月15日

マンU、トッテナムDFアルデルバイレルトや岡崎同僚マグワイアらの獲得を目指す?最終ラインを改革へ(関連まとめ)

アルデルヴァイレルトがマンUへ移籍?…トッテナムの待遇に不満か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00715326-soccerk-socc
アルデルヴァイレルト2018トッテナム.jpg

トッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトがマンチェスター・Uへ移籍する可能性があるようだ。アメリカメディア『ESPN』が13日付で伝えている。

 アルデルヴァイレルトはハムストリングの負傷で3カ月以上試合を欠場していたが、1月27日に行われたFAカップ、ニューポート・カウンティー戦でフル出場し、復帰を果たしている。しかし、10日に行われたアーセナルとの“ノース・ロンドン・ダービー”や13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグのユヴェントス戦ではメンバー外となっていた。

 こういった待遇にアルデルヴァイレルトは不満を抱いているようで、この状況が改善されない限り、新契約の交渉などにも影響が出ると見られている。現在の同選手の契約には1年間の契約延長オプションが含まれており、2020年までクラブに所属することが可能だ。しかし、同契約には2500万ポンド(37億5000万円)の契約解除金が設定されているため、クラブは今シーズン閉幕時に売却を迫られる可能性もある。

 一方、マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督も来シーズンに向けて、守備陣の改良を目指しており、現在、様々なDFに目を向けている。今回、同メディアでは、トッテナムのアルデルヴァイレルトの獲得を目指していると報じられ、指揮官も移籍に関して、大いに期待を寄せているようだ。

 マンチェスター・Uはその他にも日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのイングランド代表DFハリー・マグワイアやレアル・マドリードのフランス代表DFラファエル・ヴァランらの獲得も目指しており、来シーズンに向けて大胆な補強を敢行するとみられている。

マンUのモウリーニョ監督、最終ライン改革へ スモーリング&ジョーンズ放出の意向
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000153-spnannex-socc

プレミアリーグ所属のマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督(55)が、イングランド代表DFのクリス・スモーリング(28)とフィル・ジョーンズ(25)の2人を放出する意向であると、13日付のデーリー・ミラー(電子版)が伝えた。

 モウリーニョ監督は来夏市場で最終ラインの入れ替えを決めており、0−1で敗れたプレミアリーグ第27節のニューカッスル戦でも不安定な守備を見せたスモーリングとジョーンズのセンターバックコンビを放出する意向だという。モウリーニョ監督は、17日に行われるFAカップ5回戦のハダースフィールド戦でも2人を起用しないという。

代役には、岡崎慎司が所属するプレミアリーグ、レスターのDFハリー・マグワイア(24)と、スペイン1部リーグ、レアル・マドリードのDFラファエル・バラン(24)がリストアップされている。

マグワイアレスター.jpg

† Red Devils Manchester United 1274 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1518431127/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:47 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【マネ無双】リバプール、マネのハットトリックなどポルトを5-0粉砕!敵地で大勝しCLベスト8進出に大きく前進!CL決勝T1回戦第1戦(関連まとめ)

マネがハットトリック!…攻撃陣躍動のリヴァプール、アウェイでポルトに5発大勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00715696-soccerk-socc
マネ2018CLベスト16第1戦ゴール.jpg

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦が14日に行われ、ポルトとリヴァプールが対戦した。

 先に試合を動いたのはアウェイのリヴァプール。25分、ジョルジニオ・ワイナルドゥムが強引にエリア内へ進入し、左サイドへパス。これをエリア内のサディオ・マネがダイレクトで振り抜くと、シュートはGKに反応されながらもゴールに吸い込まれた。

 先制したリヴァプールはさらに29分、ジェイムズ・ミルナーのミドルシュートが右ポストに直撃すると、エリア内中央でこぼれ球を待ち構えていたモハメド・サラーが華麗なリフティングでGKをかわし、追加点を挙げた。

 反撃したいポルトは44分、ヤシン・ブラヒミのスルーパスを受けたフランシスコ・ソアレスがエリア内でシュートを放つが、わずかに枠の左に逸れた。前半はリヴァプールの2点リードで折り返す。

 後半に入って53分、リヴァプールはサラーのパスを受けたロベルト・フィルミーノがエリア内でシュート。これは相手GKの好セーブに阻まれたが、こぼれ球をマネが押し込んで追加点。69分にはエリア内左に抜け出したミルナーの折り返しを、中央のフィルミーノが合わせてリードを4点に広げた。

 さらに85分には、マネがエリア手前中央から強烈なミドルシュートをゴール右隅に沈め、ハットトリック達成。試合はこのまま終了し、リヴァプールが敵地で5−0の大勝を収め、9年ぶりのベスト8入りに大きく前進した。

 セカンドレグは3月6日にリヴァプールのホームで行われる。

【スコア】
ポルト 0−5 リヴァプール

【得点者】
0−1 25分 サディオ・マネ(リヴァプール)
0−2 29分 モハメド・サラー(リヴァプール)
0−3 53分 サディオ・マネ(リヴァプール)
0−4 69分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
0−5 85分 サディオ・マネ(リヴァプール)

〓〓 Liverpool FC 〓 885 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1518639753/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【持ってる男クリロナ】レアル、PSGとの大一番に3-1逆転勝利!C・ロナウドは2ゴールでCL通算100ゴール達成(関連まとめ)

【サッカー】レアル、3発逆転勝利でネイマール擁するPSG下す! C・ロナウドがCL通算100得点超え
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518644848/
クリロナ2018CLベスト16第1戦.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/02/15(木) 06:47:28.39 ID:CAP_USER9.net

2/15(木) 6:36配信
レアル、3発逆転勝利でネイマール擁するPSG下す! C・ロナウドがCL通算100得点超え

【レアル・マドリー 3-1 PSG チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ】


 現地時間14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグの試合が行われ、レアル・マドリーはパリ・サンジェルマン(PSG)をホームに迎えて対戦。

 試合開始して26分、クリスティアーノ・ロナウドがゴール真正面からフリーキックを蹴ったがゴール上に外れ先制ならず。直後の28分にもC・ロナウドに決定的な場面が訪れるが、PSGのGKアルフォンス・アレオラにセーブされて得点が決まらない。

 反対に33分、クロスボールをネイマールがゴール前で落とし、後ろから走り込んできたアドリアン・ラビオが押し込んでPSGに先制点が入った。それでも45分、トニ・クロースがペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得すると、このPKをC・ロナウドがしっかりと決めてマドリーが同点に追いつく。

 続く83分、GKアレオラが弾いたボールをC・ロナウドが押し込みマドリーが逆転に成功。さらに86分、味方がゴール前に折り返したボールをマルセロがダイレクトで流し込み3点目が入った。結局、リードを守り切ったマドリーが3-1の勝利をおさめている。2ndレグは現地時間3月6日にPSGのホームで行われる予定だ。

【得点者】
33分 0-1 ラビオ(PSG)
45分 1-1 C・ロナウド(マドリー)
83分 2-1 C・ロナウド(マドリー)
86分 3-1 マルセロ(マドリー)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00256178-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180215-00256178-footballc-000-1-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:31 | 大阪 | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

レアルとPSG、今夜激突!注目はタイトルコレクターの両監督にも

レアル対PSG、注目は監督にも…“タイトルコレクター”同士の激突に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00715392-soccerk-socc
エメリとジダン.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグのレアル・マドリード対パリ・サンジェルマン(PSG)戦が14日、サンティアゴ・ベルナベウで行われる。この一戦は2016年以降、欧州主要リーグで最も多くのタイトルを獲得した監督同士の一戦でもあるようだ。13日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 ジネディーヌ・ジダン監督は2016年1月にレアル・マドリードの監督に就任すると、2016−17シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を制覇したのを皮切りに、これまで8個のタイトルを獲得。同クラブの指揮官としては、ミゲル・ムニョス氏の14個に次ぐ2番目に多いタイトル数を誇る。

 一方、PSGを率いるウナイ・エメリ監督も、2016年以降に5個のタイトルを手に入れている。セビージャを率いていた2016年5月にヨーロッパリーグ(EL)優勝を成し遂げると、同年夏に就任したPSGでは、1年目でトロフェ・デ・シャンピオン(フランス・スーパーカップ)、クープ・ドゥ・フランス(フランスカップ)、クープ・ドゥ・ラ・リーグ(フランスリーグカップ)の3冠を達成。今シーズンも、トロフェ・デ・シャンピオンを制覇した。

 同紙によると、欧州主要リーグにおいて、最近2年間で両指揮官以上にタイトルを獲得した監督はいないという。今回はまさに、欧州における"タイトルコレクター"同士の激突とも言えるだろう。

 なお、ジダン監督とエメリ監督は過去に1度だけ対戦したことがある。2016年3月20日に行われたリーガ・エスパニョーラ第30節のこと。ジダン監督が指揮するレアル・マドリードは、エメリ監督率いるセビージャをホームに迎え、4−0で快勝した。

 エメリ監督がPSGの指揮官に就任してからは、初の対戦となる今回の一戦。果たして、どちらに軍配が上がることになるだろうか。

■2016年以降の獲得タイトル
▼ジネディーヌ・ジダン監督(レアル・マドリード):8個
チャンピオンズリーグ:2015−16、2016−17
UEFAスーパーカップ:2016、2017
FIFAクラブワールドカップ:2016、2017
リーガ・エスパニョーラ:2016−17
スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ):2017

▼ウナイ・エメリ監督(パリ・サンジェルマン):5個
ヨーロッパリーグ:2015-16(注:セビージャの監督として)
クープ・ドゥ・フランス(フランスカップ):2016−17
クープ・ドゥ・ラ・リーグ(フランスリーグカップ):2016−17
トロフェ・デ・シャンピオン(フランス・スーパーカップ):2016、2017

【PSG】パリ・サンジェルマン part25
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1512553877/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナルに痛手!ラカゼットが膝を手術し4〜6週間の離脱

アーセナルに痛手、ラカゼットがひざ手術で離脱…リーグ杯決勝など欠場へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00715190-soccerk-socc
ラカゼット頭抱える.jpg

 アーセナルは13日、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが左ひざの手術を受けたことを発表した。

 アーセナルの発表によると、ラカゼットの手術は成功。4〜6週間の離脱が見込まれているという。アーセナルは今後、15日と22日にヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦でエステルスンド(スウェーデン)と対戦した後、25日にはマンチェスター・Cとのカラバオ・カップ(フットボールリーグ・カップ/EFLカップ)決勝を控えている。

 ELでは新加入のガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが出場できない中、ラカゼットも離脱を強いられることとなってしまった。

※一部編集し直しました

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1224】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1518358622/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元英代表MFメイソン、26歳の若さで現役引退…頭蓋骨骨折から復帰ならず

頭蓋骨骨折から1年超…ハルMFメイソンが26歳で引退、感謝の思いを表す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00715133-soccerk-socc
メイソンハルシティ.jpg

ハル・シティは13日、元イングランド代表MFライアン・メイソンが現役を引退すると発表した。

 メイソンは1991年生まれの26歳。トッテナムの下部組織出身で、昨シーズンからハルに所属している。2015年3月にはイングランド代表としても1試合に出場したMFだが、昨年1月22日に行われたプレミアリーグ第22節のチェルシー戦でイングランド代表DFガリー・ケーヒルと接触。頭蓋骨を骨折し、手術を受けた。同月30日に退院した後、実戦復帰を目指していた。

 今回の引退発表にあたり、ハル・シティは公式HPにて「ライアンは世界的に著名な神経学者や神経外科医の指導を受け、サッカー競技への復帰は推奨されなかった」と説明。「彼は回復の手助けとなった全ての人々に感謝の気持ちを伝えたいと考えている。この12カ月のサポートと思いやりに恩返しをしたいと思っている」とも記されている。

 なおメイソンは自身のインスタグラムを更新。以下のようなメッセージを記した画像を掲載している。

「メディカルの専門家からアドバイスを受けて、引退することとなった」

「ピッチに戻ることができるように懸命に努力をしていたけど、専門的なアドバイスを受けて、ケガのリスクを避けるために残念ながら引退しなければならなくなったんだ」

「僕の周囲にいる本当に素晴らしい関係の人々に、今もこれからも永遠に感謝しているよ。命の危険にさらされた、2017年1月のケガから回復するうえで助けてくれた人々にね」

【中下位専用】ENGLAND Premier League 16
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1517849819/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーべ、イグアインが2ゴールも痛恨PK失敗!トッテナムにケイン・エリクセン弾で追い付かれ2-2ドロー!CL決勝T1回戦第1戦(関連まとめ)

イグアイン2発もケイン&エリクセン弾で追いつく!ユーベvsトッテナムの第1戦はドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-01650519-gekisaka-socc
イグアインCLベスト16第1戦競り合い.jpg

[2.13 欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦 ユベントス2-2トッテナム]

 UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦第1戦が13日に行われ、ユベントス(イタリア)とトッテナム(イングランド)の対戦は2ー2で引き分けた。トッテナムのホームで行う第2戦は3月7日に行う。

 ホームのユベントスは4-3-3の布陣を敷く。GKジャンルイジ・ブッフォンがゴールを守り、最終ラインにはDFアレックス・サンドロ、DFジョルジョ・キエッリーニ、DFメフディ・ベナティア、DFマッティア・デ・シリオが並んだ。中盤にはMFダグラス・コスタ、MFミラレム・ピャニッチ、MFサミ・ケディラが配置され、最前線にはFWマリオ・マンジュキッチ、FWフェデリコ・ベルナルデスキ、FWゴンサロ・イグアインが起用されている。

 一方、敵地のトッテナムは4-2-3-1の布陣を敷く。GKウーゴ・ロリス、DFベン・デイビス、DFヤン・フェルトンヘン、DFダビンソン・サンチェス、DFセルジュ・オーリエが守備を固め、中盤にはダブルボランチとしてMFエリック・ダイア―、MFムサ・デンベレが並ぶ。2列目にはMFエリク・ラメラ、MFデレ・アリ、MFクリスティアン・エリクセンが配置され、最前線にはエースFWハリー・ケインを置いた。

 イグアインとケインのストライカー対決が前半からスタートする。ユベントスが前半2分に先制。中盤からピャニッチがFKを蹴ると、PA内のイグアインが後ろからのボールを右足ダイレクトボレーで合わせ、ゴール左に決める。同8分にはベルナルデスキがPA内で倒されてPKを獲得。イグアインが渾身のシュートをゴール左に決め、早々にリードを2点に広げた。

 プレミア得点ランクトップを走るケインも本領を発揮する。トッテナムは前半26分、PA左手前からのエリクセンのクロスをゴール前のケインが強烈なヘディングシュートで合わせるが、ブッフォンの好セーブに阻まれる。すると、同35分、デレ・アリのパスから裏に抜けてPA内に進入したケインは、飛び出したブッフォンをかわしてPA左から無人のゴールに左足シュート。1-2とリードを縮めた。

 終了間際にユベントスが試合を決めるチャンスを掴む。左サイドを突破したD・コスタがPA左で倒されてPK獲得。再びキッカーとなったイグアインだが、豪快な右足シュートはクロスバーを直撃し、ゴール頭上へと飛んでいった。両者譲らぬ展開のまま、前半は2-1とユベントスのリードで終了する。

 後半は互いにチャンスをつくる。ユベントスは後半12分、イグアインからパスを受けた右サイドのベルナルデスキがPA右に進入。切り込んで得意の左足シュートを放つが、GKロリスに阻まれた。すると、同26分にトッテナムが試合を振り出しに戻すゴールを決める。PA手前で獲得したFKからエリクセンが鋭い右足シュートを放つと、グラウンダーの弾道をブッフォンも止められず。値千金の同点ゴールが左隅に突き刺さった。

 激しい点の奪い合いも勝者は生まれず、2-2のまま試合は終了した。トッテナムは価値あるアウェーゴールを獲得し第2戦へと弾みをつけた一方、ユベントスはマンジュキッチが負傷で途中交代など不安材料が生まれる中、ホームでの勝利を逃した形となった。

※芸スポスレ分は見つかり次第追記します

【スカパー】ユベントス×トッテナム
http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1518549898/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☀ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ギュンドアン2ゴールなどバーゼルを4-0粉砕!CLベスト8進出に大きく前進

マンC、アウェイゴール4発でベスト8へ大きく前進…バーゼルは金星ならず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00715017-soccerk-socc
ギュンドアンCLベスト16第1戦ゴール.jpg

 チャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦ファーストレグが13日に行われ、バーゼルとマンチェスター・Cが対戦した。

 先制したのはアウェイのマンチェスター・C。14分、左CKをケヴィン・デ・ブライネがニアサイドに蹴り込むと、イルカイ・ギュンドアンがヘディングで合わせてネットを揺らした。

 リードを得たマンチェスター・Cはここから畳み掛ける。18分、左サイドの裏に抜け出したラヒーム・スターリングがゴール前へクロスを送ると、ペナルティエリア内右に流れたボールをベルナルド・シウバがワントラップから左足ボレー。このシュートがゴール左に吸い込まれ、2−0となった。

 さらに23分、高い位置でルーズボールを拾ったセルヒオ・アグエロがエリア手前中央から右足一閃。低い弾道のシュートがゴール左下に突き刺さり、マンチェスター・Cが前半のうちにリードを3点に広げた。

 後半に入り53分、マンチェスター・Cはエリア手前左で受けたギュンドアンがDFをかわして右足でシュート。弧を描いたボールがゴール右上に吸い込まれ、4点目が決まった。

 その後も試合の主導権を握ったマンチェスター・Cは追加点こそ奪えなかったものの、バーゼルにゴールを許すことなくタイムアップ。4−0の完勝でベスト8進出に大きく近づいた。

 セカンドレグは3月7日にマンチェスター・Cのホームで行われる。

【スコア】
バーゼル 0−4 マンチェスター・C

【得点者】
0−1 14分 イルカイ・ギュンドアン(マンC)
0−2 18分 ベルナルド・シウバ(マンC)
0−3 23分 セルヒオ・アグエロ(マンC)
0−4 53分 イルカイ・ギュンドアン(マンC)

BLUEMOONマンチェスターシティ 268cityzen
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1518290653/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:17 | 大阪 | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

バチュアイ、買取OPは無しも…ドルトムントCEO「獲得するチャンスはいつだって存在する」

2試合で3発のバチュアイ、ドルトムントは完全移籍での獲得を希望か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00714951-soccerk-socc
バチュアイ2018第22節ゴール03.jpg

 ドルトムントが、今冬チェルシーからレンタルで加入したベルギー代表FWミシー・バチュアイの完全移籍での獲得を画策しているようだ。12日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 ドルトムントは今冬、アーセナルへガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンを放出した。バチュアイはその後釜として加入し、移籍後2試合で3ゴール1アシストを記録するなど大活躍。これを受け、ドルトムントは同選手を完全移籍で獲得することを考えている。しかし、現在のレンタル契約には買い取りオプションがないという。

 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は、今冬の移籍交渉で買い取りオプションを付けられなかった理由などの裏話を次のように明かした。

「我々はミシー・バチュアイの契約に買い取りオプションを付けようと全力を尽くした。しかし、チェルシーがそれを認めなかった。ロマン・アブラモヴィッチ氏(チェルシーのオーナー)がノーと言えばノーなんだ」

「しかし、獲得するチャンスはいつだって存在する。ただ、彼が毎試合ゴールを決め続ければ、それは難しくなるだろう」

 今シーズン終了までのレンタル移籍でドルトムントに加入したバチュアイ。来シーズンはどこでプレーしているのだろうか。

【BVB09】Borussia Dortmund 814【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1518282405/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:46 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、ELアタランタ戦は欠場か?足首負傷と風邪で練習欠席

香川真司、ELアタランタ戦は欠場の可能性も。HSV戦で負傷交代&体調不良
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180213-00255861-footballc-socc
香川治療中.jpg


 ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表のMF香川真司が現地時間15日に行われるヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の1stレグを欠場する可能性が高まっているようだ。独紙『キッカー』が報じている。

 今季チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位に終わったドルトムントはELを戦うことが決まっており15日にホームでイタリアのアタランタと対戦する。その試合で香川の出場が危ぶまれている。

 香川は10日に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV(HSV)戦で足首の負傷のため62分で交代を余儀なくされた。同紙によると、香川は怪我の影響で12日に行われた練習にも参加しなかったようだ。また風邪も引いている事からベンチ入りの可能性が低くなっていると伝えている。

 香川はリーグ戦8試合連続先発出場を果たすなど好調を維持していただけに欠場となれば本人はもちろんチームにとっても大きな痛手となるだろう。

【BVB09】Borussia Dortmund 814【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1518282405/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:17 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

元ミランCEOガッリアーニ氏の挙げるミラン史上最高の選手は?

【サッカー】元ACミランのCEOが断言するクラブ史上最強の選手とは?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518433189/
ファンバステンミラン.jpg

1: 数の子 ★ 2018/02/12(月) 19:59:49.44 ID:CAP_USER9.net

昨年4月までミランでCEOを務めていたアドリアーノ・ガリアーニ氏が11日、イタリアメディア『ラ・7』のテレビ番組に出演し、過去のエピソードを語った。

ミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ元会長の下で、右腕を務めたガリアーニ氏がクラブの歴史を振り返った。31年間続いたベルルスコーニ体制において、ミランは通算29個ものトロフィーを獲得しているが、最も苦しめられた試合を問われると、2007年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝のリヴァプール戦を挙げた。

「おそらくアテネで開催された2007年のCL決勝だろう。2-0でリードしていたが、リヴァプールに1点返され、終盤、引き分けに持ち込まれるリスクがあった。その2年前のイスタンブール(同じくCL決勝でリヴァプールがPK戦を制し優勝)の再来のように思えたしね」

続いて、自身が考える史上最高のミラン選手については、「間違いなくマルコ・ファン・バステンだ」と断言。1987年にアヤックスからミランに加入し、スクデットを3度獲得(1987-88、1991-92、1992-93)、CLの前身であるチャンピオンズカップを2度制し(1988-1989、1989-1990)、バロンドール賞も3度にわたり受賞(1988、1989、1992)するなどタイトルを総なめにした元オランダ代表FWの名前を挙げている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000019-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:22 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラン、20歳クトローネ2ゴールなどSPALに4-0完勝!リーグ7位浮上(関連まとめ)

【サッカー】復調ミランは4発完封勝利! 20歳の生え抜きクトローネがドッピエッタ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518324086/
クトローネ2018第24節ゴール.jpg

1: 数の子 ★ 2018/02/11(日) 13:41:26.41 ID:CAP_USER9.net

[2.10 セリエA第24節 SPAL0-4ミラン]

 セリエAは10日に第24節を行い、ミランは敵地でSPALと対戦し、4ー0の勝利。12月27日のコッパ・イタリア準々決勝インテル戦(1-0)の勝利から公式戦8試合負けなし(5勝3分)と復調を見せている。

 前節・ウディネーゼ戦(1-1)はDFダビデ・カラブリアの退場から同点に追いつかれてドローに終わったミラン。しかし今節は攻撃陣がブレイクし、序盤から試合を有利に運んでいく。

 前半2分、右サイドのMFスソが精度の高い左足クロスを上げると、ファーサイドのDFアレッシオ・ロマニョーリが頭で合わせる。相手GKにはじかれるが、FWパトリック・クトローネが好反応を見せてゴールに押し込んだ。追加点を狙うミランだが、そのまま1-0で前半を折り返す。

 後半20分にミランは待望の追加点。右サイドから再三仕掛けるスソが巧みなドリブルでPA右に入り、左足シュートを放つ。相手GKに阻まれるがそこには再びクトローネ。体で押し込んだボールは一度左ポストに当たるが、再びゴールに押し込んでドッピエッタ(一試合で2得点)を決めた。

 ミランは後半28分、相手GKの味方へのアンダースローをMFルーカス・ビリアがカット。ゴール右に狙いすましたシュートを放ち、3点目を決めた。後半45分にはMFリカルド・モントリーボからのパスを受けたFWファビオ・ボリーニが、PA左からの豪快な左足ダイレクトでダメ押しの4点目。ミランは4-0のゴールラッシュで勝利を収め、暫定順位を8位から7位に上げた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-01650427-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:26 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング