アンテナ・まとめ RSS

2017年09月18日

【小ネタ】リーガ公式、柴崎岳と悟空をフュージョンし称賛!「バルサとレアルから得点を挙げた初の日本人」

“GAKU”と“GOKU”がフュージョン? リーガ公式「バルサとレアルから得点を挙げた初の日本人」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-01644210-gekisaka-socc
柴崎と悟空.jpg

16日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節で、バルセロナを相手に豪快なボレーシュートを叩き込んだヘタフェMF柴崎岳に対し、リーガの公式サイトは“一文字違い”の有名キャラクターになぞらえて称賛を送っている。

 リーガ公式は17日、ツイッター(@LaLiga)とインスタグラム(@laliga)に柴崎の画像を投稿。ところが、通常のプレー写真ではなく、海外でも幅広い人気を集めるテレビアニメ『ドラゴンボール』の主人公である孫悟空の髪型などが合成されている。

 これは柴崎の名前スペルが「GAKU」(岳)であることから、海外サポーターを中心に「GOKU」(悟空)になぞらえるジョークが広まっており、それを受けたものとみられる。

 画像のキャプションでは「ガク・シバサキ:公式戦でバルセロナとレアル・マドリーを相手に得点した初めての日本人プレーヤー」と記載。昨年12月のクラブW杯決勝のレアル・マドリー戦で2得点を決めた活躍も含め、柴崎の偉業を称えている。

Getafe CF 柴崎岳 Part10
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1504938245/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:37 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【セリエAまとめ】ミラン、カリニッチ2発で勝利!ナポリはメルテンスがハット達成し6-0大勝!ラツィオはインモービレ2発でジェノアに3-2勝利(関連まとめ)

ユーヴェ、ナポリ、インテルが揃って4連勝…長友は200試合達成/セリエA第4節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00644044-soccerk-socc
セリエA第4節.jpg


セリエA第4節が16日から17日にかけて各地で行われた。

 首位に立つユヴェントスは、アウェイでサッスオーロと対戦。好調のアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが今シーズン2度目のハットトリックを達成し3−1で勝利した。この活躍で得点王争いで単独トップに躍り出ている。

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルはクロトーネに2−0と完封勝利。終盤の2ゴールで開幕4連勝を飾った。また長友は後半途中に出場し、インテルでの200試合出場を達成している。

 ナポリはベネヴェント相手に6−0大勝。ベルギー代表FWドリース・メルテンスがハットトリックを達成している。

 3連勝していたユヴェントス、インテル、ナポリの上位3クラブがそろって連勝を伸ばし、勝ち点12で並んだ。そのなかで大勝したナポリが得失点差で首位に浮上している。

 セリエA第4節の結果は以下のとおり。

■セリエA第4節結果

クロトーネ 0−2 インテル
フィオレンティーナ 2−1 ボローニャ
ローマ 3−0 ヴェローナ
サッスオーロ 1−3 ユヴェントス
ミラン 2−1 ウディネーゼ
ナポリ 6−0 ベネヴェント
SPAL 0−2 カリアリ
トリノ 2−2 サンプドリア
キエーヴォ 1−1 アタランタ
ジェノア 2−3 ラツィオ

■セリエA第4節順位

1位 ナポリ(勝ち点12)
2位 ユヴェントス(勝ち点12)
3位 インテル(勝ち点12)
===========CL===========
4位 ラツィオ(勝ち点10)
5位 ミラン(勝ち点9)
===========EL===========
6位 トリノ(勝ち点8)
7位 サンプドリア(勝ち点7)※1試合未消化
8位 ローマ(勝ち点6)※1試合未消化
9位 フィオレンティーナ(勝ち点6)
10位 カリアリ(勝ち点6)
11位 アタランタ(勝ち点4)
12位 キエーヴォ(勝ち点4)
13位 SPAL(勝ち点4)
13位 ボローニャ(勝ち点4)
15位 ウディネーゼ(勝ち点3)
16位 ジェノア(勝ち点1)
17位 サッスオーロ(勝ち点1)
===========降格==========
18位 クロトーネ(勝ち点1)
19位 ヴェローナ(勝ち点1)
20位 ベネヴェント(勝ち点0)


カリニッチが泥臭く2発…ミラン加入後初ゴールで勝利に貢献/セリエA第4節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000000-goal-socc

■セリエA第4節 ミラン 2−1 ウディネーゼ

ミラン:カリニッチ(22分、31分)

ウディネーゼ:ラサグナ(28分)

セリエA第4節が17日に行われ、ミランとウディネーゼが対戦した。

前節ラツィオに敗れたミランは、ミッドウィークのヨーロッパリーグで快勝。良いチーム状態で、ウディネーゼ戦に臨んだ。スタメンには、ニコラ・カリニッチやスソ、フランク・ケシエ、ルーカス・ビリアといった選手が名を連ねている。

先手を取ったのはホームのミラン。21分に右サイドからダヴィデ・カラブリアのクロスにカリニッチが鼻先で合わせ、ネットを揺らす。今夏フィオレンティーナから加入したカリニッチは、ミランでの初ゴールとなった。

しかし、ミランのリードは長くは続かない。DFアレッシオ・ロマニョーリの不用意なバックパスを、ウディネーゼMFケビン・ラサグナがそのまま左足で叩きこむ。GKジャンルイジ・ドンナルンマのニアを破り、ウディネーゼが同点に追いつく。

31分、再びミランが勝ち越しに成功する。コーナーキックからケシエがニアでそらすと、カリニッチが嗅覚を活かして反応。1点目と同じく身体で押し込み、2点目を奪う。

後半に入ると、両チームチャンスがありながらも、GKの好守などもあり、ゴールは生まれず。ミランが前半のリードを保ち、2−1で勝利した。

開幕4試合で3勝目を手にしたミランは、5位に浮上している。次節は昇格組のSPALと対戦する。

■□■□╋ AC MILAN パート727☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1503258630/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、エバートンを4-0粉砕!ルーニー凱旋試合で終盤怒涛のゴールラッシュ(関連まとめ)

マンU、終盤に怒濤のゴールラッシュでエヴァートン撃破! ルーニーは凱旋弾ならず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00643792-soccerk-socc
ルカク2017第5節.jpg

プレミアリーグ第5節が17日に行われ、マンチェスター・Uとエヴァートンが対戦した。

 今夏にマンチェスター・Uからエヴァートンに移籍したウェイン・ルーニーは先発出場。オールド・トラッフォードの観客に拍手で迎えられた。また、逆にエヴァートンからマンチェスター・Uに移籍したロメル・ルカクも先発入り、古巣との対決になった。

 開始早々試合が動く。マンチェスター・Uが押し込む展開で、ネマニャ・マティッチが逆サイドでフリーになったアントニオ・バレンシアにサイドチェンジのパスを送る。バレンシアはワンバウンドして向かってきたボールをエリア外からボレーシュート。アウトサイドに引っ掛けた強烈なシュートがゴールに突き刺さった。

 その後はルーニーに2回、惜しいシーンがあったが決めることはできず。マンチェスター・Uはフアン・マタがポスト直撃のFKを放った。すると83分、エヴァートンが自陣でイージーなパスミス。マンチェスター・Uはこれを見逃さず、ルカクがゴール前まで持ち上がり、ヘンリク・ムヒタリアンにラストパス。左サイドを駆け上がったムヒタリアンが右足で流し込んだ。

 試合終了間際には右サイドからのクロスを押し込んだルカクが古巣相手にゴール。さらにその直後に与えられたPKをアントニー・マルシャルがきっちり沈めて勝負あり。後半に突き放したマンチェスター・Uが勝ち点「3」を獲得した。

 次節、マンチェスター・Uは23日にアウェイで吉田麻也が所属するサウサンプトンと、エヴァートンはホームでボーンマスと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・U 4−0 エヴァートン

【得点者】
1−0 4分 アントニオ・バレンシア(マンチェスター・U)
2−0 83分 ヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・U)
3−0 89分 ロメル・ルカク(マンチェスター・U)
4−0 90+2分 アントニー・マルシャル(マンチェスター・U)

† Red Devils Manchester United 1247 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1505666527/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:34 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナルとチェルシー、白熱の大ロンドンダービーはスコアレスドロー!ダビド・ルイスが一発退場

白熱の“ビッグロンドン・ダービー”はスコアレスドロー、チェルシーはD・ルイスが一発退場
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-01644198-gekisaka-socc

ダビドルイス2017第5節レッド.jpg


[9.17 プレミアリーグ第5節 チェルシー0-0アーセナル]

 プレミアリーグは17日、第5節を行った。スタンフォード・ブリッジではチェルシーとアーセナルによる“ビッグロンドン・ダービー”が開催され、互いに譲らず0-0で引き分けに終わった。

 3連勝中のチェルシーは、12日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第1節カラバフ戦(6-0)から3人を変更。DFダビド・ルイスとMFビクター・モーゼス、FWアルバロ・モラタが先発起用され、3試合の出場停止が明けたDFガリー・ケーヒルも復帰している。MFエデン・アザールはベンチスタートとなっている。

 対するアーセナルは、主力を多く温存したヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ第1節ケルン戦(3-1)から、DFエクトル・ベジェリンとDFナチョ・モンレアル、FWアレックス・イウォビを除く8人を変更。FWアレクサンドル・ラカゼットやMFアーロン・ラムジーらが先発の一方で、FWアレクシス・サンチェスがベンチ、負傷したと報じられているMFメスト・エジルはメンバーから外れた。

 入りが良かったのはチェルシーだが、徐々にアーセナルがゴールに迫る時間を長くしていくと、前半16分にパス交換から右サイドを突破したベジェリンがクロスを供給。FWダニー・ウェルベックがヘッドもゴール左に外れる。17分には、ラムジーのスルーパスをPA右で受けたベジェリンがマイナスに折り返し、ラカゼットが右足ダイレクトで狙うが、先制点とはならなかった。

 チェルシーは前半21分に決定機。センターサークル内からMFセスク・ファブレガスが左足でスルーパスを送り、FWペドロ・ロドリゲスが完全に抜け出す。そのままボールを運び、GKと1対1の状況から右足を振り抜くが、GKペトル・チェフに防がれる。アーセナルも前半41分、イウォビのパスを敵陣中央で受けたラムジーにチャンスが訪れるが、強引な中央突破から放った右足シュートは右ポストを直撃。跳ね返りにラカゼットが詰めたが、シュートは枠を大きく外れた。

 後半は意地がぶつかり合うも均衡した状況が続く。アーセナルは後半21分、ラカゼットを下げてサンチェス、チェルシーも25分にMFウィリアンに代えてアザールと、互いに“勝利へのキーマン”をピッチに送り出す。だが、28分にアーセナルをアクシデントが襲う。D・ルイスとの接触でウェルベックが右腿あたりを痛め、FWオリビエ・ジルとの交代を余儀なくされた。

 後半30分、アーセナルはPA右角あたりでFKを獲得し、MFグラニト・シャカがゴール前に放り込むと、ファーサイドに走り込んだDFシュコドラン・ムスタフィがヘディングシュート。ゴールネットを揺らしたが、オフサイドと判定され、得点は認められなかった。35分には、最後の交代カードでMFモハメド・エルネニーを投入した。

 互いに集中した守備で、なかなか得点が動かない中、チェルシーは後半42分、ハーフェーライン付近の右サイドでボールを奪われたD・ルイスが、DFセヤド・コラシナツに足裏を見せたスライディングを食らわせ、一発レッド。数的優位に立ったアーセナルが猛攻を仕掛けるが、最後までスコアは動かず、スコアレスドローに終わった。
【Gunners】 Arsenal F.C.【part1181】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1505656951/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒井宏樹、高速クロスで今季初アシスト!マルセイユのリーグ戦4戦ぶり勝利に貢献(関連まとめ)

【サッカー】<DF酒井宏樹>高速クロスで今季初アシスト!マルセイユはリーグ戦4試合ぶりの勝利
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505662471/
酒井宏樹2017第6節アシスト.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/09/18(月) 00:34:31.74 ID:CAP_USER9.net

[9.17 リーグ1第6節 ]

◆アミアン0-2マルセイユ

0 - 1 52' エンジエ
0 - 2 55' エンジエ

https://www.lequipe.fr/Football/match/406867

リーグ1は17日に第6節を行い、日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユは敵地でアミアンと対戦し、2ー0で勝利した。右サイドバックの酒井はリーグ戦2試合ぶりにフル出場。後半8分に今季初のアシストを記録した。

14日のヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ第1節・コンヤスポル戦(1-0)を勝利で飾ったマルセイユは、従来の4-3-3から4-2-3-1を採用。復調を見せているFWディミトリ・パイェをトップ下に配置した。前半は互いにチャンスをつくるが0-0で折り返す。すると後半に入り、酒井が得意の高速クロスからアシストを決めた。

後半8分、パイェのスルーパスに反応した酒井が右サイドを突破。高速クロスをPA内に放つと、相手DFとともに走り込んだMFクリントン・エンジーがお腹で押し込み、先制点を決めた。酒井のアシストは3月1日のクープ・ドゥ・フランス(国内杯)ラウンド16・モナコ戦(延長3-4)以来となった。

均衡を破ったマルセイユは後半10分にも追加点。左サイドからパイェのパスを受けたMFフロリアン・トバンがPA中央に進入して右に走るエンジーにパスを出すと、エンジーは勢いよく右足シュートを放ち2点目を決めた。そのままリードを守ったマルセイユが2-0で勝利。連敗を脱出してリーグ戦4試合ぶりの白星となった。

9/18(月) 0:19配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-01644200-gekisaka-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170918-01644200-gekisaka-000-view.jpg
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170918-00231690-footballc-000-view.jpg

酒井宏樹、先制点アシストでマルセイユの久々勝利に貢献。前節の悔しさ晴らす
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170918-00231690-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルサFWデンベレ、左脚靭断裂の大怪我で全治最大4か月の離脱

【サッカー】バルサのデンベレが長期離脱決定 左大腿二頭筋の腱断裂で全治3カ月半〜4カ月と発表
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505654416/
デンベレ2017負傷.jpg

1: pathos ★@\(^o^)/ 2017/09/17(日) 22:20:16.26 ID:CAP_USER9.net

第4節のヘタフェ戦で左ハムストリングを痛めて前半29分に負傷交代

 バルセロナのフランス代表MFウスマン・デンベレは、16日に行われた第4節の敵地ヘタフェ戦(2-1)で左ハムストリングを痛めて前半29分に負傷交代した。試合後、エルネスト・バルベルデ監督は筋肉系のトラブルであることを明かしていたが、最悪の結果を迎えてしまったようだ。バルサは公式サイトで全治3カ月半〜4カ月であることを発表している。


 デンベレは今夏、移籍金1億500万ユーロ(約136億円)+ボーナスでドルトムントから加入。パリ・サンジェルマンが期限付き移籍のFWキリアン・ムバッペの1億8000万ユーロ(約236億円)の買い取りオプションを行使するまでは、史上第2位の移籍金という高額で新天地に渡った。

 第3節の本拠地エスパニョール戦でリーグ戦デビューを飾り、続くヘタフェ戦では初の先発出場を飾ったものの、前半29分に左ハムストリングを痛めるアクシデントに見舞われてしまった。指揮官は17日に詳しい検査を行うと話していたが、同日にクラブ公式サイトで発表された検査結果は深刻なものだった。

「検査の結果、ウスマン・デンベレは左太腿の大腿二頭筋の腱の切断が認められた。来週、フィンランドのサカリ・オラバ医師のもと、手術を受けることになる。完治までの離脱期間は、約3カ月半から4カ月と見られている」

 ネイマールの後釜とまで期待された逸材が、開幕わずか4試合で年内復帰絶望の重傷を負うとは、バルサにとっては痛恨の事態だろう。順調に回復したとすれば、復帰時期は来年1月〜2月頃。20歳のアタッカーには、さらに強くなって戻ってくることが望まれる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00010026-soccermzw-socc


※一部追記しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:32 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

マンC、アグエロ圧巻ハットなどワトフォードを6-0粉砕!好調攻撃陣が大爆発

マンC、アウェイで完全勝利…好調攻撃陣が6ゴールと大爆発!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00643405-soccerk-socc
アグエロ2017第5節ハット.jpg

プレミアリーグ第5節が16日に行われ、ワトフォードとマンチェスター・Cが対戦した。

 アウェイの地に乗り込んだマンチェスター・Cは、セルヒオ・アグエロとガブリエル・ジェズスが先発出場を果たしている。

 先にチャンスを掴んだのはマンチェスター・Cだった。27分、ケヴィン・デ・ブライネのFKに、アグエロが頭で合わせて先制点を決める。その後、31分と37分にもゴールを決めたマンチェスター・Cが前半だけで3点をリードする展開に。

 後半に入っても勢いは止まらない。63分、ダビド・シルバの左からのクロスにニコラス・オタメンディが頭で合わせて4点目を記録した。さらに81分、ボールを持ったアグエロが相手DFをかわしながらペナルティーエリア内へ侵入。最後にGKの脇を抜くシュートが決まり、アグエロはハットトリックを達成した。

 さらに1点を加えたマンチェスター・Cがアウェイで大勝を収めた。前節でリヴァプールに5−0で勝利したため、2試合で11ゴールを奪っている。

 【スコア】
ワトフォード 0−6 マンチェスター・C

【得点者】
0−1 27分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
0−2 31分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
0−3 37分 ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・C)
0−4 63分 ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C)
0−5 81分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
0−6 89分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)

BLUEMOONマンチェスターシティ 236cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1505513156/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、サラー同点弾もバーンリーとホームで痛恨ドロー

リヴァプール、攻め立てるも逆転弾奪えず…ホームでバーンリーとドロー/プレミアリーグ第5節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000045-goal-socc
サラー2017第5節.jpg

■プレミアリーグ第5節

リヴァプール 1−1 バーンリー

得点者

リヴァプール:サラー(30分)

バーンリー:アーフィールド(27分)

ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ・セビージャ戦で、追いつかれて引き分けに終わったリヴァプール。本拠地アン・フィールドでの試合では、その試合からはスタメンを7人変更させた。移籍騒動や背中のケガで出遅れていたMFコウチーニョが、今季初先発を飾っている。一方のバーンリーは、前節ケガで途中交代となっていた守護神ヒートンがこの試合に間に合わず。代わりにポープがゴールマウスを守ることになった。

立ち上がりから積極的なリヴァプールは2分、ロバートソンのクロスからこの日先発のスターリッジが早速シュートを放つ。7分にもアーノルドがミドルシュートを放つなど、ゴールに近づいていく。

守備時は6バック気味に守るバーンリーに対し、ポゼッションを握るリヴァプール。22分にはスターリッジのふわりとしたクロスに、DFラインの裏に飛び出したサラーが頭で合わせるも、これは枠を捕えなかった。

しかし、先制したのはバーンリーだった。27分、大きなサイドチェンジからブレイディが頭でなかに折り返すと、ウッドが落としたところにフリーのアーフィールドが蹴りこんだ。どちらかというと劣勢だったアウェイチームが、先手を取る。

失点したリヴァプールだが、すぐに反撃。30分、ハーフェーライン付近からジャンがDFラインの裏にロングパスを送ると、抜け出したサラーがこれを収め、ゴールを奪う。わずか3分で同点に追いついた。

勢いに乗るリヴァプールは36分、エリア内に侵入したスターリッジのクロスにサラーが折り返す。しかし入って来たフィルミーノの前で、相手DFが懸命にクリアした。好調を維持する11番が、存在感を放っていく。

42分には、持ち上がったコウチーニョのパスからスターリッジがシュート。しかしこれはサイドネットにあたった。その後もサラーやスターリッジ、フィルミーノが枠内シュートを放ったが、2点目は奪えず。同点に追いついた後、相手を押し込んだホームチームだが、逆転弾を奪えず1-1で前半を折り返す。

後半も主導権はリヴァプール。54分にはジャンが強烈なミドルを放つも、相手GKのセーブに合った。59分にもスターリッジに決定機がくるも、またしても攻守に合った。

その後もリヴァプールは攻め続ける。しかし、ソランケとチェンバレンを入れて何度もビッグチャンスを作るも、ゴールを奪うことはできない。アディショナルタイムにもジャンが好機を生かせず。結局一方的に押し込んだリヴァプールだったが、最後まで追加点は奪えず。ホームで痛い引き分けとなった。

〓〓 Liverpool FC 〓 825 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1505486828/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:55 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

ブラジル代表、ネイマールら招集メンバー発表!初招集にグレミオ若手MFアルトゥールが選出

【サッカー】ブラジル代表、ネイマールらを順当に招集。初招集はグレミオの若手MF
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505513628/
ブラジル代表.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/16(土) 07:13:48.10 ID:CAP_USER9.net

ブラジル代表のチッチ監督は15日、10月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選の2試合に向けた招集メンバーを発表した。

南米予選で首位のブラジルは、2位ウルグアイと勝ち点10差をつけており、すでに本大会出場を決めている。
今回はグレミオに所属するMFアルトゥールを初招集した。

10月5日にボリビアとアウェイで、同10日にチリとホームで対戦するブラジル代表メンバーは以下のとおり。

▼GK
アリソン(ローマ)
エデルソン(マンチェスター・シティ)
カッシオ(コリンチャンス)

▼DF
ジェメルソン(モナコ)
チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン)
ダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン)
ダニーロ(マンチェスター・シティ)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリー)
マルセロ(レアル・マドリー)
ミランダ(インテル)

▼MF
アルトゥール(グレミオ)
ジエゴ(フラメンゴ)
レナト・アウグスト(北京国安)
フレッジ(シャフタール・ドネツク)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)
ウィリアン(チェルシー)
フィリッペ・コウチーニョ(リバプール)
パウリーニョ(バルセロナ)
カゼミーロ(レアル・マドリー)

▼FW
ネイマール(パリ・サンジェルマン)
フィルミーノ(リバプール)
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ)
ジエゴ・タルデッリ(山東魯能泰山)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170916-00231525-footballc-socc
9/16(土) 7:03配信


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブンデス、CL・EL不振でUEFAランキング3位に転落…プレミアが2位浮上

【サッカー】CLとELで不振のブンデス、UEFAランク3位転落…プレミアが浮上
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505484501/
ブンデス2017CLEL第1節.jpg

1: 数の子 ★@\(^o^)/ 2017/09/15(金) 23:08:21.30 ID:CAP_USER9.net

ついに開幕を迎えたチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節での散々な結果を受け、ブンデスリーガがUEFAリーグランキング2位の座をプレミアリーグへと明け渡した。ドイツ誌『Kicker』日本語版が15日に報じている。

 ブンデスリーガ勢は、CL本戦とEL本戦に各3クラブが出場しているが、グループステージ第1節で勝利を収めたのはバイエルンのみだった。CLでは日本代表MF香川真司のドルトムントがトッテナムに敗れ、ライプツィヒはモナコとドロー。ELではホッフェンハイムがスポルティング・ブラガと、日本代表MF原口元気のヘルタ・ベルリンがアスレティック・ビルバオと引き分けた。そして日本代表FW大迫勇也のケルンは、アーセナルを相手に逆転負けを喫している。

 そもそも、EL3次予選でフライブルクが敗退し、CLプレーオフではホッフェンハイムが敗れている。加えて、グループステージ第1節でも散々な成績に終わった。以上の結果、ブンデスリーガはUEFAリーグランキングで3位に転落することとなった。

 UEFAリーグランキング・トップ5は以下のとおり。

1位:リーガ・エスパニョーラ(スペイン)
2位:プレミアリーグ(イングランド)
3位:ブンデスリーガ(ドイツ)
4位:セリエA(イタリア)
5位:リーグ・アン(フランス)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00643015-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

レアルMFコバチッチ、CL初戦で右足負傷し約2カ月離脱へ

レアルに痛手、コヴァチッチが約2カ月離脱へ…CL初戦で右足負傷
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00642625-soccerk-socc
コバチッチ2017CL第1節負傷.jpg

 レアル・マドリードは14日、クロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチが右足内転筋健の部分断裂と診断されたと発表した。

 コヴァチッチは13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のアポエル戦で先発メンバーに名を連ねたが、前半途中に負傷。25分にドイツ代表MFトニ・クロースとの交代を強いられていた。翌14日にサニータス・ラ・モラレハ大学病院で検査を受け、右足内転筋健の部分断裂と診断された。

 レアル・マドリードの発表では「今後は回復状況を見守る」と記されるにとどまっているが、スペイン紙『マルカ』はコヴァチッチが約2カ月の負傷離脱を強いられる見込みだと伝えている。

 23歳のコヴァチッチは今シーズン、リーガ・エスパニョーラ第3節終了時点で2試合に途中出場していた。早期復帰が待たれるところだ。

◆◇El Blanco Real Madrid 909◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1505037300/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラン、A・シルバがハットなど5-1大勝!酒井宏樹フル出場しマルセイユ勝利に貢献!アタランタがエバートンに完勝!ラツィオがフィテッセに逆転勝利!EL第1節(関連まとめ)

【EL結果まとめ】ミラン、新戦力活躍で5発圧勝。酒井宏樹フル出場のマルセイユも勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170915-00231413-footballc-socc
酒井宏樹EL2017第1節.jpg

現地時間14日、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節の24試合が各地で開催された。

 今夏の移籍市場でハカン・チャルハノールやアンドレ・シウバなど合計11人を補強したミランはオーストリア・ウィーンと対戦し5-1の勝利をおさめた。シウバがハットトリックを達成する活躍を見せている。



 マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹はフル出場を果たし、トルコ1部コンヤスポルとの試合でチャンスを演出し、1-0の勝利に貢献した。ケルンの日本代表FW大迫勇也はアーセナル戦で途中出場しELデビューを飾ったが、チームは1-3の敗戦を喫している。

 今回行われた24試合の結果は以下の通り。

ビジャレアル 3-1 アスタナ

スラヴィア・プラハ 1-0 マッカビ・テルアビブ

ディナモ・キエフ 3-1 スカンデルベウ

ヤング・ボーイズ 1-1 FKパルチザン

ホッフェンハイム 1-2 スポルティング・ブラガ

イスタンブール・バシャクシェヒル 0-0 ルドゴレツ

オーストリア・ウィーン 1-5 ミラン

NKリエカ 1-2 AEKアテネ

アタランタ 3-0 エバートン

アポロン・リマソル 1-1 リヨン

ズリーン 0-0 シェリフ・ティラスポル

FCコペンハーゲン 0-0 ロコモティブ・モスクワ

ハポエル・ベア・シェバ 2-1 FCルガノ

ステアウア・ブクレシュティ 3-0 ビクトリア・プルゼン

レッドスター・ベオグラード 1-1 BATEボリソフ

アーセナル 3-1 ケルン

マルセイユ 1-0 コンヤスポル

ビトリア・ギマランエス 1-1 ザルツブルク

FCゾリャ・ルハーンシク 0-2 エステルスンドFK

ヘルタ 0-0 アスレティック・ビルバオ

ズルテ・ワレゲム 1-5 ニース

フィテッセ 2-3 ラツィオ

ヴァルダウ 0-5 ゼニト

レアル・ソシエダ 4-0 ローゼンボルグBK

Aシルバミラン.jpg

【サッカー】アーセナルがケルンに逆転勝利、ミランが5発大勝/EL・GS第1節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505448339/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング