アンテナ・まとめ RSS

2017年11月21日

香川ら発掘の名スカウト、ドルトムント退団決定!アーセナルのリクルート責任者に就任(関連まとめ)

香川らを発掘の名スカウトがドルトムント退団、アーセナルに加入
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000012-ism-socc
ミスリンタート.jpg

10年にわたってドルトムント(ドイツ)で優れた若手を発掘してきた名スカウト、スヴェン・ミスリンタット氏が、同クラブを退団してアーセナル(イングランド)のリクルート部門責任者に就任した。12月から正式に仕事を始める。

 ミスリンタット氏は、香川真司やピエール・エメリク・オーバメヤン、ウスマン・デンベレ(現バルセロナ/スペイン)といった若手を発掘したことで知られる。

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は「タレントの発掘と育成は我々の哲学の核となる部分であり、スヴェンには長年にわたる見事な実績がある」と喜んだ。

 なおアーセナルは、過去25年にわたって同クラブのスカウト部門を率いてきたスティーヴ・ローリー氏が、相談役としてクラブでの仕事を続けると明かしている。

【BVB09】Borussia Dortmund 779【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1510992387/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:29 | 大阪 ☀ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊サッカー協会タベッキオ会長、辞任表明も不満爆発!「ベントゥーラはリッピが選んだ」「ハーフタイム中に監督を変えるべきだった」

【サッカー】<イタリアサッカー協会会長>辞任表明も不満爆発!「ハーフタイム中に監督を変えるべきだったな」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511222489/
タベッキオ会長.jpg
1: Egg ★ 2017/11/21(火) 09:01:29.17 ID:CAP_USER9.net

イタリアサッカー協会(FIGC)のカルロ・タヴェッキオ会長は、辞任することを明らかにした。『Sky Sport』が報じている。

13日にロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフ第2戦で引き分け、2試合合計スコア0-1でスウェーデンの前に敗退し、60年ぶりの本大会出場を逃したイタリア。当初は辞任を否定したタヴェッキオ氏だが、ローマで行われた会合の中で、周りの圧力に屈する形で辞任を表明することになったようだ。なお、今後90日以内に新会長選挙が行われ、それまではタヴェッキオ氏が暫定会長になるという。

タヴェッキオ氏は辞任の以降を明らかにしつつ、他の上層部が責任を取らなかったことに怒りを感じているようだ。

「会長職を辞任する。私は他の上層部に同じように問いかけたが、続かなかった。彼らは『タヴェッキオが(ジャンピエロ)ヴェントゥーラを選んだ』と主張している。だが、それは正しくない。(マルチェロ)リッピが選んだんだ」

「私は4〜5人の素晴らしいイタリア人指揮官と会合したが、全員6月前までに就任することができなかった。私が会長だから来たがらないというのは間違いだ」

「何か不満はあるかって?そうだな…。先週月曜日のハーフタイム中に、監督を変えるべきだったな」

11/21(火) 8:16配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000040-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSG、久保建英の獲得に興味か?PSGのSDが関係者と接触 仏誌報道(関連まとめ)

【サッカー】ネイマール所属のPSGが久保建英の獲得に興味か 仏誌が報道「日本のメッシを注視」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511215487/
久保建英2017U18選手権.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/21(火) 07:04:47.88 ID:CAP_USER9.net

PSGがFC東京に所属するFW久保の獲得に興味と仏誌報道 

仏誌「フランス・フットボール」はPSGのスポーツディレクターが関係者に接触と伝える

11月1日に17歳のMF平川怜とともにFC東京とプロ契約を締結し、トップチーム昇格を果たした16歳のFW久保建英に対して、ブラジル代表FWネイマールらを擁するフランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)が獲得に興味を示しているという。フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が報じた。

久保は川崎U-12に所属していた10歳の時にバルサ下部組織の入団テストに合格。その後はインファンティルA(13-14歳)に昇格するなど順調に成長を遂げていた。しかし、FIFA(国際サッカー連盟)が18歳未満の外国人選手獲得・登録に違反があったとしてクラブにペナルティを科し、久保も出場停止という余波を受け、2015年3月にFC東京U-15むさしに加入した。

海外メディアから「日本のメッシ」と呼ばれた神童は今年10月にインドで開催されたU-17ワールドカップに日本代表として出場し、主力として16強進出に貢献。そして11月に宇佐美貴史(当時ガンバ大阪/現デュッセルドルフ)や柿谷曜一朗(セレッソ大阪)ら以来となる16歳でプロ契約を締結している。

2020年東京五輪でも活躍が期待される逸材に興味を示しているのがフランスの強豪クラブだという。「PSGが“日本のメッシ”、タケフサ・クボを注視」とのタイトルで報じたフランス・フットボール誌は、「PSGがバルセロナに取って変わるなら? ネイマールとは異なるスケールながら、2クラブはタケフサ・クボを巡って競合していることに気付くだろう」と記した。また、PSGのスポーツディレクターを務めるアンテロ・エンリケ氏が久保の関係者に接触したとしている。

今夏、ネイマールがサッカー界史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)でバルセロナから移籍するなど注目を集めているPSG。世界中から才能のある選手を青田買いするべく、久保の調査も進めている模様だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171121-00010000-soccermzw-socc
11/21(火) 7:00配信


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:34 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

香川真司ら発掘のミスリンタート氏、ドルトムント退団へ!アーセナル行き合意で正式発表間近(関連まとめ)

香川真司らの発掘者がアーセナル入り接近…ドルトムントのスカウトと合意で正式発表間近に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000030-goal-socc
ミスリンタート.jpg

やはり、ボルシア・ドルトムントのスカウト、スヴェン・ミスリンタート氏のアーセナル行きは決定的となっているようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』『キッカー』によると、その獲得に向けてアーセナルはドルトムントに異例の移籍金を支払うことになるという。

先日にイギリスメディアで報じられたミスリンタート氏のアーセナル行きは間もなく発表されるようだ。スカウトとしてここ10年間、香川真司やロベルト・レヴァンドフスキ、ピエール=エメリク・オーバメヤンやウスマン・デンベレら数々の選手のポテンシャルを見極め、獲得にあたって決定的に関与した同氏はついにドルトムントを退団するとのこと。

『シュポルト・ビルト』の報道によれば、現在ドルトムントのプロ部門を統括するミスリンタート氏は、年俸180万ユーロ、2021年までの契約でアーセナルと合意。さらに『キッカー』では、新クラブではスカウティング部門のトップに就任する同氏の獲得のために、移籍金100万ユーロが支払われることも伝えられている。

なお『キッカー』は、今後は選手や監督に限らず、スポーツディレクターやスカウトなど有望な人材もブンデスリーガからプレミアリーグに流出する可能性に警鐘を鳴らしている。移籍金が高騰する時代の中で、より効果的な補強を試みるプレミアリーグクラブの方針を指摘した。

【BVB09】Borussia Dortmund 777【jjj】
http://ikura.2ch.sc/football/kako/1510/15103/1510325617.html
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:01 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2位バレンシア、クラブ史上初8連勝!コンドグビア先制ゴラッソでエスパニョールに2-0完勝!次節首位バルセロナと直接対決

バレンシア、クラブ史上初の8連勝を達成…次節に首位バルサと直接対決
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000043-goal-socc
コンドグビア2017第12節祝福.jpg


19日のリーガエスパニョーラ第12節、バレンシアは敵地コルネジャ=エル・プラットでのエスパニョール戦を2−0で制した。

好パフォーマンスと共に怒涛の如く勝利を重ねるバレンシアだったが、キケ監督率いるエスパニョール相手には苦戦。前半にはセルヒオ・ガルシア、ダルデルにポスト直撃のシュートを放たれるなど、幾度も決定機を許した。

後半に入ってもエスパニョールに押され続けたバレンシアだが、やはり波に乗るチームは違った。66分、コンドグビアの正真正銘のゴラッソによって先制に成功。ペナルティーエリア手前にこぼれたボールを拾った背番号16が左足を振り抜くと、勢いあるボールが枠内に突き刺さった。

バレンシアは先制後に落ち着いてボールを回せるようになり、82分にはサンティ・ミナが追加点を獲得。2点リードのまま試合終了のホイッスルを迎え、クラブ史上初のリーガ8連勝を達成した。2位バレンシアは勝ち点を30として、首位バルセロナとの勝ち点4差を維持。次節にはそのバルセロナを、本拠地メスタージャに迎える。

☆☆☆VALENCIA C.F.part150☆☆☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1504796886/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:45 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

ラニエリ監督、イタリア代表監督候補に浮上「もしオファーがあれば考える」現在は仏1部ナントで指揮

【サッカー】<元レスター監督・ラニエリ氏>60年ぶりにW杯出場を逃したイタリア代表監督は「オファーがあれば考える」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511088318/
ラニエリ監督ナント.jpg
1: Egg ★ 2017/11/19(日) 19:45:18.58 ID:CAP_USER9.net

60年ぶりにW杯出場を逃したイタリアについて、後任監督の候補の一人に挙げられているフランス1部リーグ・ナンツのイタリア人、

クラウディオ・ラニエリ監督は「オファーがあれば考える」と就任に前向きな姿勢を示した。19日までにイタリア紙、コリエレ・デロ・スポルト電子版が報じた。

報道によると、同監督は「もしオファーがあればの話だが、私だけの問題じゃない。イタリアはどん底まで来てしまった。若手に興味深いプレーヤーもいるし、再浮上の道があるはずだ」と話した。

同監督は、日本代表FW岡崎慎司と共に英レスターでプレミア制覇を果たしている。

11/19(日) 19:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000110-dal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:51 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【セリエAまとめ】ローマ、ナインゴラン決勝ミドルでラツィオとのダービー戦制す!ナポリはインシーニェとジエリンスキ弾でミラン下し首位キープ!(関連まとめ)

ローマが激闘のダービー戦を制する…ナインゴランの強烈弾が決勝点
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00670555-soccerk-socc
ナインゴラン2017第12節ゴール.jpg

セリエA第13節が18日に行われ、ローマがラツィオと対戦した。

 147回目の開催となった“ローマ・ダービー”。かつてラツィオでプレーした経験を持つアレクサンダル・コラロフがローマの選手として先発出場した。

 開始2分にチーロ・インモービレがディフェンスラインの裏に抜け出しゴールネットを揺らすも、オフサイドの判定だった。一度はゴールが認められたものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で確かめることなく判定が覆った。

 両チームとも決定機を決めきれず前半を折り返した。

 49分、後半に入りローマが早速チャンスを作る。コラロフが獲得したPKを、ディエゴ・ペロッティが落ち着いて決め、激しくぶつかり合うダービー戦で大事な先制弾を決めた。さらに53分、敵陣ペナルティエリア手前でボール受けたラジャ・ナインゴランが、強烈なミドルシュートをゴール左隅へ突き刺して、早々に追加点を奪った。

 その後VARでPKを取られ1点を返されたローマだったが、1点を守りきり白熱のダービー戦を勝利した。

【スコア】
ローマ 2−1 ラツィオ

【得点者】
1−0 49分 ディエゴ・ペロッティ(PK)(ローマ)
2−0 53分 ラジャ・ナインゴラン(ローマ)
2−1 72分 チーロ・インモービレ(PK)(ラツィオ)


リーグ戦無敗のナポリがミランを撃破…インシーニェ、ジエリンスキ弾で首位をキープ/セリエA第13節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000044-goal-socc

■セリエA第13節

ナポリ 2−1 ミラン

得点者

ナポリ:インシーニェ(33分)、ジエリンスキ(72分)

ミラン:ロマニョーリ(90分)

セリエA第13節ナポリvsミランの一戦が行われた。12試合を消化して10勝2分け、無敗で首位に立つナポリが、ホームで7位ミランを迎え撃った。

試合は序盤からホームのナポリが攻勢を仕掛け、何度も好機を創出する。スコアが動いたのは33分、ジョルジーニョの浮き球スルーパスに反応し、裏に抜け出したロレンツォ・インシーニェがゴール右隅に蹴り込んでナポリが先制した。レフェリーはオフサイドのフラッグを上げたものの、VARシステムによってゴールと認められている。

1点を追うミランは前半終了間際にアタッカーのスソを負傷交代させることになり、そのままハーフタイムへと突入した。

後半に入ってもナポリペースで試合が進み、ドリース・メルテンス、インシーニェらがミラン守備陣を脅かす展開が続く。

72分にはマレク・ハムシクとの交代でピッチに登場したばかりのピオトル・ジエリンスキが最終ラインを破る。GKジャンルイジ・ドンナルンマの股を抜くシュートを決め、追加点を記録した。

そのまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、敵陣で相手のクリアボールをアレッシオ・ロマニョーリがダイレクトでネットを揺らし、ミランが土壇場で1点を返した。しかしミランの反撃もここまでとなり、2−1でナポリがミランを下している。

この結果、ナポリは勝ち点を35に伸ばして首位をキープ。一方のミランは6勝1分け6敗で勝ち点は19のまま。上位争いから遠ざかる結果となった。

セリエAを見るぞ!No.160
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1509925690/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、ハインケス監督就任後8連勝!ビダル先制弾・レバンドフスキ2ゴールでアウクスブルクに3-0完勝

サッカー=バイエルン、監督交代後は公式戦8連勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000008-reut-spo
レバンドフスキとビダル2017第12節ゴール.jpg

[ミュンヘン(ドイツ) 18日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは18日、各地で試合を行い、首位バイエルン・ミュンヘンはアウクスブルクに3─0で快勝した。

バイエルンはアルトゥロ・ビダルのゴールで先制。ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが2点を追加した。チームは先月ユップ・ハインケス新監督が就任して以来、公式戦8連勝。12試合で勝ち点29とした。


バイエルンがレヴァンドフスキの2発などで快勝し無敗継続
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=294155


▽バイエルンは18日、ブンデスリーガ第12節でアウグスブルクをアイアンツ・アレーナに迎え、3-0でバイエルンが勝利した。

▽ここまで8勝2分け1敗で勝ち点26を積み上げて首位に立つバイエルンが10位のアウグスブルク(勝ち点16)をホームに迎えた。

▽立ち上がりからバイエルンが優勢に試合を進めていくもチャンスを決めきれずにゴールレスの時間が続く。しかし30分、ボックス右でFKを獲得するとこの流れからレヴァンドフスキがヘディングシュート。ここはうまく当たらず、こぼれたボールをフンメルスが押し込みにかかるがブロックされる。しかしこぼれ球をビダルが押し込んでバイエルンが勢いのままに先制した。

▽アウグスブルクは直後の33分に相手陣内でFKを獲得。グレゴリッチュが直接狙ったが、GKウルライヒの守備範囲内に飛んだ。すると39分にはバイエルンがカウンターからビダルのスルーパスに抜け出したレヴァンドフスキがネットを揺らして2点目を奪う。

▽そのまま前半が終了するが後半も試合の大勢は変わらずバイエルンがアウグスブルクを押し込んで試合を進める。49分には右サイドのキミッヒが入れたクロスをレヴァンドフスキがダイレクトで押し込み、バイエルンが後半早々に3点目を奪った。

▽余裕の試合運びを見せるバイエルンは、さらに追加点を目指してアウグスブルクを押し込んでいく。しかし77分にロッベン、80分にビダルを下げてそれぞれトリッソとルディを投入し試合を終わらせにかかった。

▽終盤はお互いにチャンスを作り切れず。結局バイエルンが3発快勝で無敗を継続し、首位を快走している。

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 257
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1508658737/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ポグバが復帰し1G1A!イブラも途中出場で復帰しニューカッスルに4-1逆転勝利(関連まとめ)

マンUが4得点で大勝…負傷明けのポグバが1G1A、イブラは今季初出場
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00670567-soccerk-socc
ポグバ2017第12節ゴール.jpg

 プレミアリーグ第12節が18日に行われ、マンチェスター・Uとニューカッスルが対戦した。

 マンUはケガから復帰したポール・ポグバがスタメン入り。同じく負傷明けのズラタン・イブラヒモヴィッチとマルコス・ロホもベンチメンバーに名を連ねた。

 試合は14分に動く。右サイドを駆け上がったデアンドレ・イェドリンがマイナスにグラウンダーのクロスを上げると、中で待っていたのはドワイト・ゲイル。右足で合わせ、ニューカッスルが先手を取った。

 1点を追うマンUも反撃に出る。37分、右サイドでボールを持ったポグバが個人技で相手をかわし、クロスを上げる。このボールにアントニー・マルシャルがうまく反応。頭で合わせてネットを揺らし、マンチェスター・Uが試合を振り出しに戻した。

 前半アディショナルタイム、左サイドでボールを持ったアシュリー・ヤングがクロスを上げると、クリス・スモーリングが打点の高いヘディングシュートを叩き込む。マンUが前半のうちに逆転に成功した。

 後半開始後もマンUが試合の主導権を握る。54分、右サイドに流れたロメル・ルカクのクロスをマーカス・ラッシュフォードが頭で落とす。このボールをポグバが押し込み、マンUが追加点を奪った。

 71分、フアン・マタとのワンツーで抜け出したルカクがダメ押しとなる4点目を記録した。

 77分にはマルシャルとの交代でイブラヒモヴィッチが投入される。イブラヒモヴィッチは4月に行われたヨーロッパリーグで膝の前十字靭帯を負傷し戦線を離脱していたため、今シーズンの公式戦は初出場となった。

 試合はこのまま4−1で終了。ホームのマンUが圧倒的な攻撃力を見せつけ、逆転勝利を飾った。
 

【スコア】
マンチェスター・U 4−1 ニューカッスル

【得点者】
0−1 14分 ドワイト・ゲイル(ニューカッスル)
1−1 37分 アントニー・マルシャル(マンチェスター・U)
2−1 45+1分 クリス・スモーリング(マンチェスター・U)
3−1 54分 ポール・ポグバ(マンチェスター・U)
4−1 71分 ロメル・ルカク(マンチェスター・U)

† Red Devils Manchester United 1255 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1510119432/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【エジプト王サラー】リバプール、サラー2ゴールなどサウサンプトンに3-0完勝!吉田麻也は出場せず(関連まとめ)

サラー2発、コウチーニョがダメ押し!リバプールがサウサンプトンに完封勝ち…吉田は出番なし
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-01646463-gekisaka-socc

サラー2017第12節ゴール.jpg

[11.18 プレミアリーグ第12節 リバプール3-0サウサンプトン]

 プレミアリーグ第12節が18日に行われ、リバプールはホームで日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦し、3-0で3連勝とした。吉田は2試合ぶりのベンチスタートで出番はなかった。

 3連勝を狙うリバプールは、前節ウエスト・ハム(4-1)戦からスタメンを4人変更。DFデヤン・ロブレンとDFトレント・アレクサンダー・アーノルド、MFジョーダン・ヘンダーソン、MFコウチーニョがスターティングメンバーに名を連ねた。また、体調不良により病院で検査を受けたというユルゲン・クロップ監督はベンチに入っている。

 立ち上がりからリバプールが押し込む展開の中、試合は前半31分に動く。MFモハメド・サラーの右CKは相手にカットされたが、ペナルティーアーク手前でパスコースを探していたMFドゥサン・タディッチからFWロベルト・フィルミーノがボール奪取。MFジョルジニオ・ワイナルドゥムのパスをPA右手前で受けたサラーが左足を振り抜くと、ゴール左隅に突き刺さり、リバプールが先制に成功した。

 さらにリバプールは前半41分、コウチーニョが対峙した相手を抜き切る前に右足アウトでスルーパス。これに反応したサラーが完全に抜け出し、左足シュートを沈めてリードを広げる。リバプールは前半ボール支配率60%、シュートは7本(うち枠内3本)を放ち、サウサンプトンを圧倒した。

 後半は一進一退の攻防が続いたが、23分にリバプールが試合を決定づける3点目を奪う。マネのパスをPA右で受けたフィルミーノが反転から右足シュート。GKフレイザー・フォスターが弾いたボールをコウチーニョが右足で押し込み、3-0とした。直後にコウチーニョはMFエムレ・カンと代わってピッチを後にした。

 さらにリバプールは後半29分にMFアレックス・オクスレード・チェンバレン、35分にはサラーを下げてMFジェームス・ミルナーを入れる。試合はそのまま3-0でタイムアップ。リバプールはサウサンプトンに決定機を作らせず、完封勝ちをおさめた。

〓〓 Liverpool FC 〓 842 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1511015617/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、レスター下し10連勝!ジェズス先制弾とデブライネ強烈ミドルで2-0完勝!岡崎慎司は途中出場(関連まとめ)

シティが10連勝!今季7度目の完封勝ちでレスターを一蹴…岡崎は途中出場
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-01646462-gekisaka-socc
ジェズス2017第12節ゴール.jpg


[11.18 プレミアリーグ第12節 レスター・シティ0-2マンチェスター・C]

 プレミアリーグ第12節が18日に行われ、FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはホームにマンチェスター・シティを迎え、0-2で敗れた。2試合ぶりのベンチスタートとなった岡崎は、後半38分から途中出場した。

 レスターは前節、ストーク・シティ戦(2-2)からスタメン1人を変更。岡崎に代えてこの日バースデーのMFマーク・オルブライトンを先発に起用した。対する10勝1分で首位を快走するシティは、前節アーセナル戦(3-1)から2人を変更し、DFニコラス・オタメンディに代えてDFビンセント・コンパニが復帰。この日はFWセルヒオ・アグエロではなく、FWガブリエル・ジェズスがスタメンで起用された。

 前半3分にMFビセンテ・イボーラのスルーパスで裏に抜け出そうとしたFWジェイミー・バーディがコンパニのイエローカードを誘発するなど、レスターが立ち上がりからゴールに迫った。だが、試合の流れは徐々にシティに傾く。

 前半21分、左サイドのMFリロイ・サネの折り返しをMFダビド・シルバが左足ダイレクトで狙う。これはGKカスパー・シュマイケルに弾き出されてしまう。28分には、アクシデント発生。DFジョン・ストーンズが右腿裏を痛めて、DFエリアキム・マンガラとの交代を余儀なくされた。

 シティが押し込む時間が続くが、試合が動いたのは前半終了間際の45分だった。MFケビン・デ・ブルイネのリターンを受けたMFラヒーム・スターリングがPA左へスルーパス。これに反応したシルバが中央へ折り返し、ジェズスが難なく無人のゴールに流し込み、1-0で前半を折り返した。

 前半シュート0本だったレスターは後半の立ち上がりから果敢に攻め込み、3分にFKの流れからGKエデルソンが弾いたボールをDFハリー・マグワイアが右足シュート。これは右ポストを叩き、頭を抱えていると、跳ね返りからシティのカウンターが発動し、2失点目を喫してしまう。

 シティはカウンターからデ・ブルイネが左サイドへ大きく展開。サネがキープし、マイナスに折り返したボールをデ・ブルイネがPA手前で受けて左足を振り抜く。強烈なシュートが、横っ飛びしたGKシュマイケルも届かないゴール左に突き刺さり、シティが後半開始早々にリードを広げた。

 シティは高い位置からボールホルダーに対して素早くアプローチし、チャンスを作らせない。そんな中、レスターが1枚目の交代カードでオルブライトンを下げ、古巣対決となるFWケレチ・イヘアナチョを投入する。だが、少ないタッチ数でボールを回し、的を絞らせないシティを相手に徐々にボールを追えなくなり、38分には岡崎とFWイスラム・スリマニをピッチに入れた。

 対するシティは39分にスターリングを下げてMFベルナルド・シウバ、44分にはデ・ブルイネに代えてMFイルカイ・ギュンドガンを入れる余裕をみせ、そのまま2-0で勝利。今季7度目となる完封勝ちでプレミア10連勝を達成した。

【得点者】
45分 0-1 ジェズス(マンチェスター・シティ)
49分 0-2 デ・ブルイネ(マンチェスター・シティ)


BLUEMOONマンチェスターシティ 248cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1510543189/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

アーセナル、トッテナムに2-0完勝!ムスタフィ先制ヘッドとサンチェス弾でノースロンドンダービーを制す(関連まとめ)

ノースロンドンダービーはアーセナルが完勝!トッテナムは復帰のエースが不発…/プレミアリーグ第12節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000030-goal-socc

ムスタフィ2017ノーロンゴール.jpg

■プレミア第12節 アーセナル 2-0 トッテナム
アーセナル:ムスタフィ(36分)、サンチェス(41分)

現地時間18日、イングランド・プレミアリーグ第12節が行われ、アーセナルとトッテナムによる「ノースロンドンダービー」は2-0でアーセナルが完封勝ちを収めた。

インターナショナルマッチウィーク明けに組まれた大一番。前節、マンチェスター・シティ相手に完敗を喫したアーセナルにとって、チャンピオンズリーグでレアル・マドリードを下したライバルとの一戦は、今後を占う上でも重要な試合といえた。

アーセナルはこの大一番でアレクシス・サンチェス、アレクサンドル・ラカゼット、メスト・エジルを同時起用。一方、トッテナムもエースのハリー・ケインが復帰を果たし、ベストメンバーでエミレーツ・スタジアムに乗り込んだ。

立ち上がりから、この試合の重要性を感じさせるインテンシティの高い攻防が繰り広げられる中、どちらもなかなかシュートチャンスを作り出すことができない。アーセナルはラカゼット、トッテナムはケインにいい形でボールが入らず、ペトル・チェフとウーゴ・ロリスに仕事を強いる場面はほとんどなかった。

こうした拮抗した展開でのチャンスといえば、やはりセットプレー。36分、カウンターからサンチェスが倒されてアーセナルにFKが与えられる。エジルの左足でのキックをゴール前でのシュコドラン・ムスタフィが頭で合わせると、これがゴール左隅へと吸い込まれてアーセナルが先制する。

勢いに乗ったアーセナル42分、エクトル・ベジェリンのスルーパスに抜け出したラカゼットがエリア内右から折り返す。強めのボールをニアサイドでコントロールしたサンチェスが、至近距離から豪快に押し込んでアーセナルが追加点を挙げた。

2-0という思わぬ差がついた前半を終え、反撃に出たいトッテナムだが、エースのケインがローラン・コシェルニーに抑え込まれ、司令塔のクリスティアン・エリクセンもなかなか前を向いてボールを受けることができない状況は後半も変わらず。

62分にはムサ・デンベレに代えてハリー・ウィンクスを投入するが、この日のアーセナルは前線のプレスバックが非常に機能しており、サンチェスやラカゼットはもちろん、エジルもしっかりとプレスバックして挟み込み、効率よくカウンターからチャンスを作り出していく。

73分、ラカゼットに代えてフランシス・コクランを投入。サンチェスを前線に残し、アーセナルとしてはよりカウンター狙いが明確な布陣となった。一方のトッテナムは75分、負傷明けのケインを諦めてフェルナンド・ジョレンテ、デレ・アリに代えてソン・フンミンを投入する。

しかし戦況は変わらず、76分には左サイドを抜けたエジルの折り返しをゴール前でトラップしたサンチェスが至近距離からシュート。ここはGKロリスが身体を投げ出して防いだが、決まっていれば勝敗は決していた場面だった。

81分には、エリック・ダイアーのヘディングをGKチェフがファインセーブで切り抜けたが、チェフの好守に救われたのはこの場面のみ。84分にエジルを下げてアレックス・イウォビを投入したアーセナルはその後も集中した守備と効率のいいカウンターで試合の主導権を譲らず、3点目こそ奪えなかったものの無失点で試合を終わらせ、ノースロンドンダービーを制した。

【サッカー】<アーセナル>トッテナムとのノース・ロンドン・ダービー制す!リーグ戦では4季ぶりの勝利...
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511016165/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:54 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング