アンテナ・まとめ RSS

海外サッカー

バイエルン、リバプールFWマネ獲得を公式発表!移籍金は約58億円の見通し(関連まとめ)

【サッカー】バイエルン、マネの獲得を発表! 移籍金58億円でリヴァプールから大物を補強 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1655898246/
マネバイエルン移籍.jpg
1: 久太郎 ★ 2022/06/22(水) 20:44:06.68 ID:CAP_USER9.net

バイエルンは22日、リヴァプールからセネガル代表FWサディオ・マネを獲得したことを発表した。契約期間は3年となっている。

2016年夏にサウサンプトンからリヴァプール入りしたマネは、その後の6シーズンにわたって主力として活躍。ここまで公式戦269試合で120ゴールをマークするなど、隆盛を極めるチームの中でチャンピオンズリーグやプレミアリーグ優勝を経験してきた。

クラブとの契約が2023年6月までとなっていた中、マネは新たな挑戦に出るための移籍を希望。その中で30歳アタッカーへの関心を継続してきたバイエルンは、これまで3度のオファーを提示してきた。最終的には基本の移籍金3200万ユーロ(約45億円)に、出場数に応じたボーナス600万ユーロ(約8億円)、個人とチームの成績に応じたボーナス300万ユーロ(約4億円)の合計4100万ユーロ(約58億円)で交渉がまとまった。

マネはクラブ公式サイトを通じて「FCバイエルンに来ることができて、本当にうれしい。たくさん話をしたし、最初からこの偉大なクラブからの大きな関心を感じていたので、僕にとって迷いはなかった。今がこのチャレンジにふさわしい時期だと思う。このクラブで、ヨーロッパでも多くのことを成し遂げたい」と意気込みを語った。

また、マネ獲得で重要な役割を果たしたハサン・サリハミジッチSDは「彼をミュンヘンに連れてこれたことを誇りに思う。サディオは、話し合いの最初の瞬間から、FCバイエルンでプレーすることを望んでいることをはっきりと示してくれた。彼の卓越した技術的な資質と素晴らしいメンタリティは誰もが知っている。彼は多くの貢献をし、素晴らしい構造を持つ我々のチームをリードするのに役立つだろう」と喜びを語った。

バイエルンは2021-22シーズンに史上初のブンデスリーガ10連覇を達成。ドイツの絶対王者は、今オフシーズンにもアヤックスからDFヌサイル・マズラウィとMFライアン・グラフェンベルフを獲得するなど、着々と来季に向けた補強を続けている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e422305f846b9984254326462369ef9dabf32ba5



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:16 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイマール、今夏でPSG退団の可能性も?PSG会長「話すことはできない」 歯切れ悪く

【サッカー】ネイマールが今夏退団か PSG会長「話すことはできない」 歯切れ悪く… [首都圏の虎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1655871209/
ネイマール21-22PSGボールつかむ.jpg
1: 首都圏の虎 ★ 2022/06/22(水) 13:13:29.13 ID:CAP_USER9.net

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アルケライフィ会長が所属するブラジル代表FWネイマールの去就について微妙な発言をしたとスペイン紙「マルカ」が伝えている。

 PSGでは強化トップだったレオナルド氏が今季限りで退任し、新たなスポーツディレクターにルイス・カンポス氏が就任。かねて報じられているネイマールの放出≠ェ加速するとみられており、米メジャーリーグサッカー(MLS)の名門ロサンゼルス・ギャラクシーへの移籍がささやかれている。

 そんな中、同紙によると、インタビューに応じた同会長は「ネイマールは新プロジェクトの一部なのか」聞かれると「私たちはこれらの問題についてメディアで話すことはできない。ある者は来るでしょう。そして、ある者も出ていくでしょう。しかし、それらはプライベートな交渉です」と返答したという。

 昨季に2025年6月まで年俸4000万ユーロ(約57億2000万円)以上で契約を更新したばかりの世界的なスター選手。アルケライフィ会長はエムバペと同じような期待を語ることはなく、微妙な言い回しで明確な答えを避けたともいえる。すでにクラブ側適正な金額のオファーが届けば、退団に応じる構えとも伝えられるだけに今後の動向が注目だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1d421e97f8b806b1b0a3f42ef2418c20d565795a



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルMFクロース、クラブとの契約延長を一旦保留…来季の自身のパフォーマンスで判断へ?

クロース、レアル・マドリーとの契約延長を一旦保留か…自身のパフォーマンスで判断へ?
https://news.yahoo.co.jp/articles/2a30b5d58016db063e7212f7096483afa905ba6c
クロース2022レアル拍手.jpg

レアル・マドリーとの現行契約が2023年までとなっている元ドイツ代表のトニ・クロースだが、クラブとの延長を一旦保留にしたようだ。スペイン『Cadena SER』のポッドキャスト『SER Deportivos』が伝えた。

ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデやU-21フランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガなど、若手選手が台頭するレアル・マドリー。さらに先日、フランス代表MFオーレリアン・チュアメニの獲得を成功させ、中盤のポジションも充実を見せている。その影響もあり、現在32歳のクロースは新シーズンの様子を見てから決断を下すことを希望しているようだ。

『SER Deportivos』によれば、クロースは2021-22シーズンの調子を維持できると感じた場合、クラブからの延長オファーに応じるという。クラブの責任者たちは驚きを覚えたものの、それを尊重しているとも伝えられている。

2014年夏にマドリーに加入したクロースは、これまで公式戦364試合に出場。2021-22シーズンも44試合でピッチに立った。3連覇を含むチャンピオンズリーグ4度優勝、3回のラ・リーガ制覇の中心選手として長らく活躍してきたが、2023年夏に退団する可能性はあるのだろうか。

◆◇El Blanco Real Madrid 1201◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1655600518/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ブラジル代表FWハフィーニャ獲得で正式オファーもリーズは拒否 本人の希望はバルセロナとも

アーセナル、ハフィーニャ獲得へリーズに正式オファーか…しかし本人の希望はバルセロナとも
https://news.yahoo.co.jp/articles/0008f616a9473d635bd4b1c4e57fbad3438285fd
ハフィーニャ21-22リーズ拍手.jpg

アーセナルは、ブラジル代表FWハフィーニャ獲得へ向けてリーズへ正式なオファーを送ったようだ。『The Athletic』が伝えた。

来季こそチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指し、夏の移籍市場で積極的な動きを見せているアーセナル。すでにポルトガルU-21代表MFファビオ・ヴィエイラの獲得を決め、さらにマンチェスター・シティとFWガブリエウ・ジェズス獲得へ向けて交渉を続けていることが『GOAL』の取材でわかっている。

そして、ミケル・アルテタ監督らクラブ内で高く評価されているハフィーニャの獲得へ向け、正式なオファーを提示したようだ。『The Athletic』によると、アーセナルは21日にリーズと接触し、オファー内容を伝えたという。

しかし同メディアによると、このオファーはリーズの評価額を大きく下回っており、拒否されることが濃厚な模様。また、ハフィーニャ本人はCL出場を望んでおり、第1希望はバルセロナのようだ。だが、バルセロナは財政難によって取引が複雑化しているという。

なおハフィーニャの第2希望はチェルシーであり、『The Athletic』は「CLと主要トロフィー獲得の可能性が高まる」と指摘。アーセナルとトッテナムも獲得を望んでいるが、選手の第1希望ではないようだ。


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1854】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1655743064/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 🌁 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元独代表MFゲッツェ、フランクフルト移籍が正式決定!鎌田・長谷部と同僚に(関連まとめ)

【サッカー】フランクフルト、元ドイツ代表MFゲッツェの獲得を正式発表!2025年までの契約を締結 [久太郎★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1655864824/
ゲッツェPSV.jpg

1: 久太郎 ★ 2022/06/22(水) 11:27:04.73 ID:CAP_USER9.net

長谷部誠や鎌田大地が所属するフランクフルトは現地時間21日、PSVから元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを獲得したことを発表した。契約は2025年までとなる。

ゲッツェは2020年夏にボルシア・ドルトムントからオランダのPSVへ移籍。ドイツ人指揮官ロジャー・シュミット監督の下で過ごした2シーズン、公式戦77試合に出場し18ゴール18アシストをマーク。そして、フランクフルトが契約解除条項の設定額を支払ったことで、同選手が2年ぶりにブンデスリーガへ復帰することが決定した。

今月3日に30歳の誕生日を迎えたゲッツェは新クラブの公式ウェブサイトを通じて、「アイントラハト・フランクフルトのことをものすごく楽しみにしている」などと喜びの様子でコメント。「スタジアム、ファンたち、街、すべて僕に合っている。ブンデスリーガに復帰することを心待ちにしている。その上、僕たちにはチャンピオンズリーグでプレーする機会も与えられる」とも語っている。

報道によれば、フランクフルトがPSVに支払った契約解除条項の設定額は300万ユーロ(約4億3000万円)で、選手とは基本年俸300万〜350万ユーロ(約4億3000万〜約5億円)程度+ボーナスの条件で合意に至ったという。なおPSVではほとんどの試合でトップ下でプレーしたゲッツェの加入は、ポジションが被る鎌田の去就に大きな影響を及ぼすと見られる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/93d3a727992e4158e0fd868e736c10ee3e618d67




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 🌁 | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オランダ名門フェイエノールト、日本人選手獲得に動く?小野伸二、宮市亮に続く可能性が高いと現地メディア報じる(関連まとめ)

フェイエノールトが日本人獲得に動く? 小野伸二&宮市亮に続く可能性が高いと現地報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c12cac3bdc56968211573611eca6b54b81e50db
小野と宮市フェイエノールト.jpg

オランダの名門フェイエノールトが、今夏の日本人獲得を画策しているようだ。

かつては元日本代表MF小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)や宮市亮(横浜F・マリノス)が所属し、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)を制したこともあるフェイエノールト。アヤックス、PSVと3強と呼ばれているなか、なかなかタイトル獲得ができていない。

そのフェイエノールトは浦和レッズと戦略的パートナーシップの関係にあり、外国人選手の移籍に際してのメディカルチェックの協力などをしている状況。キャスパー・ユンカーらはフェイエノールトによってメディカルチェックを受けた実績もある。

ユンカーに始まり、ヨーロッパから多くの選手を獲得している浦和だが、一方でフェイエノールトも日本のマーケットに興味を持っているとのこと。オランダ『Voetbal International』によると、日本でスカウトが動いているとのことだ。

浦和は今夏の移籍市場で、フェイエノールトのオランダ人FWブライアン・リンセン(31)の獲得に動いていることは長らく報じられており、移籍市場が開いたタイミングで加入するとされている。

今も繋がりのある中、『Voetbal International』は浦和に限った話ではないとし、日本人のどの選手がくるかは現時点では不明とのこと。ただ、宮市以来となるフェイエノールト入りの可能性は高いとしている。

オランダでは現在PSVに堂安律が所属。また、負傷でシーズンを棒に振った前田直輝がユトレヒトでプレー。降格したズヴォレの中山雄太の処遇は不透明だが、過去にも板倉滉らがプレーしており、今回は誰がヨーロッパに渡るのか注目が集まる。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレ Part14775
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1655739724/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 🌁 | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ポルトMFファビオ・ヴィエイラの獲得を公式発表!移籍金は約50億円+ボーナスの見込み

アーセナル、ポルトMFファビオ・ヴィエイラ獲得 背番号は「21」
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc1062e6bd0ebbd9933e9cdeae3e0fb69e672ed2
ファビオ・ヴィエイラ2022アーセナル加入.jpg

 アーセナルは21日、ポルトからU−21ポルトガル代表MFファビオ・ヴィエイラを完全移籍で獲得したことを発表した。

 移籍金は3500万ユーロ(約50億円)で、最大500万ユーロ(約7億円)のボーナスがつく。契約期間は「長期」とアーセナルは発表しており、背番号は「21」を着用する。

 現在22歳のヴィエイラはポルトの下部組織出身で、攻撃的なポジションでプレーするMF。2020年6月にトップチームデビューを飾ると、2021−22シーズンはポルトの主力として活躍し、公式戦39試合の出場で7ゴール16アシストを記録した。また、U−21 EURO2021ではポルトガルの準優勝に大きく貢献し、昨年9月から行われているU−21 EURO2023予選ではここまで8試合に出場して7ゴール2アシストをマークしている。

 ヴィエイラはクラブ公式サイトを通じて「アーセナルは歴史的なイギリスのクラブ。世界でも最大のクラブの一つだ。誰もが素晴らしいチームだと知っている。それがアーセナルを選択した理由の一つだ。僕はこのチームのやり方が好きだし、始動することが待ち切れないよ」と喜びのコメントを寄せている。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1854】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1655743064/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、アヤックスDFリサンドロ・マルティネスを巡りアーセナルと争奪戦か?同FWアントニーが今夏最初の補強に?上層陣がアムステルダム入りか 

ユナイテッドもリサンドロ・マルティネス獲得へ? ティンバー獲りの雲行きが怪しく
https://news.yahoo.co.jp/articles/95bd7f25657481fb5ecc65985a493436872f8bb1
リサンドロ・マルティネス21-22アヤックス.jpg

マンチェスター・ユナイテッドもアヤックスのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネス(24)を注視し始めているようだ。

エリク・テン・ハグ新監督での来季に向け、今夏の補強が噂されるユナイテッド。ここまではバルセロナからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得に全力を注ぐばかりに他の動きが乏しいが、複数のターゲットが挙がっている。

そのなかで守備強化の1stターゲットと目されるのがアヤックスのオランダ代表DFユリエン・ティンバー(20)だったが、今年11月に迫るカタール・ワールドカップを前にしての移籍に躊躇いがあるとされ、雲行きが怪しくなっている。

そこで新たに浮上したのがティンバーと同じくテン・ハグ監督の教え子であるリサンドロ・マルティネス。先んじてアーセナルの関心が取り沙汰されるが、イギリス『ミラー』によると、ユナイテッドも獲得に動く心づもりだという。

アーセナルは先週、センターバックだけでなく、左サイドバックやアンカーもこなせる同選手の獲得に向け、移籍金2500万ポンド(約41億5000万円)で入札。これはアヤックスから拒否されたが、今後も交渉を続けるとされている。

ユナイテッドが今夏最初の補強にアヤックスFWアントニー? 上層陣らがアムステルダム入りか
https://news.yahoo.co.jp/articles/02325a0e4911679a8b3f9ff0c628620ee16ab8d8
アントニー21-22ゴールパフォ.jpg

マンチェスター・ユナイテッドがようやく今夏最初の選手獲得に向かっているようだ。

イギリス『サン』によると、ユナイテッドの上層陣らは21日にアムステルダム入りし、ブラジル代表FWアントニー(22)の獲得に関してアヤックスとの交渉を完了させる見込みとのことだ。

移籍金額は4000万ポンド(約66億5000万円)となるようで、実現すれば、アヤックスからやって来たエリク・テン・ハグ新監督にとって最初の補強は自身の教え子ということになる。

アントニーは今シーズンのエールディビジ23試合出場で8得点4アシストを記録するなど、テン・ハグ監督の下で主力選手として活躍。かねてからリバプールやユナイテッドなど多くのクラブが関心を寄せており、今夏のステップアップは濃厚とされている。

テン・ハグ監督としてはユナイテッドの補強ポイントであった右サイドのアタッカーにアントニーを据え、昨季のプレミアリーグで57得点にとどまった攻撃の増進を図りたい考えとみられている。

† Red Devils Manchester United 1645 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1655500132/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:05 | 大阪 ☔ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、マンCジェズスの獲得に迫る!一方でティーレマンスの獲得の優先度は下がる

アーセナルがジェズス獲得に迫る…ボーナス付帯でマン・Cの希望額に近づける模様。一方ティーレマンスは序列低下
https://news.yahoo.co.jp/articles/6646d7cdbf400cb6db4f19915a84ec605ed01196
ジェズス21-22ゴールパフォ電話.jpg

アーセナルは、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス獲得に近づいていることが『GOAL』の取材で明らかになった。

昨シーズンのプレミアリーグで、惜しくも6年ぶりのトップ4フィニッシュを逃したアーセナル。新シーズンに向けてピエール=エメリク・オーバメヤンとアレクサンドル・ラカゼットが去り、手薄となる前線を中心に補強に動くことが予想されている。

そんなアーセナルが、この移籍市場で特に興味を持っているのがジェズス。『GOAL』の取材では、アーセナルは当初3000万ポンド(約50億円)を提示したが、マンチェスター・シティ側は5000万ポンド(約83億円)を要求したために失敗したことがわかっている。それでもアーセナルは、パフォーマンスに応じたボーナスを加える形で希望額に近い金額を支払う意志があることも明らかとなっている。

両クラブによる交渉は現在、重要な局面に差し掛かっており、近いうちに決着する可能性もある。さらに、ジェズスの代理人がこの移籍を推し進めるためにイギリスに渡ることもわかっている。

なお、今夏の移籍市場で中盤の補強も望むアーセナルはレスターMFユーリ・ティーレマンスにも興味を持っていることがわかっていた。しかし、ポルトのファビオ・ヴィエイラ獲得が決定的な同クラブは、ベルギー代表MFの優先順位を下げ、他のターゲット獲得に向かうこともわかっている。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1853】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1655543025/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、アーノルドCEO「私たちはフレンキー・デ・ヨング獲得のために尽くしている。金もある」

マン・U、アーノルドCEO「私たちはフレンキー・デ・ヨング獲得のために尽くしている。金もある」
https://news.yahoo.co.jp/articles/4465c4a8d9560d5bd5abfe28f3337fbe33f96fa2
フレンキー・デヨング21-22バルサ指示.jpg

マンチェスター・ユナイテッドのリチャード・アーノルドCEOが、バルセロナMFフレンキー・デ・ヨング獲得に動いていることを明かした。

アーノルドCEOはユナイテッドのオーナー、グレイザー一家への抗議活動を準備する同クラブのサポーターとバーで話し合い、その際にF・デ・ヨングについて語った。サポーターが撮影した映像の中で、同CEOはオランダ代表MFの獲得に全力を尽くしていることを強調している。

「私たちはその交渉を完了するために可能な限り尽くしている。終わらせようとトライしているし、金もあるが、ここでコメントできない問題もある」

「監督も彼(F・デ・ヨング)のことを求めている。彼は素晴らしい選手だよ」

なおBLMとテレビ放映権の一部売却により、2021-22シーズンの黒字で終えることが可能となったバルセロナだが、それでもF・デ・ヨングの売却は選手補強を見据えた人件費削減などで、いまだメリットが大きいとみられている。なおバルセロナはユナイテッドに移籍金8000万〜1億ユーロ+インセンティブを求めているとのことだ。

† Red Devils Manchester United 1645 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1655500132/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラ・リーガ、PSGとマンCの「継続的なFFP規則違反」を公式声明で糾弾

【サッカー】ラ・リーガが声明、PSGとマンCの「継続的なFFP規則違反」を糾弾 [数の子★]
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1655706323/
テバス会長.jpg
1: 数の子 ★ 2022/06/20(月) 15:25:23.85 ID:CAP_USER9.net

ラ・リーガは15日、パリ・サンジェルマン(PSG)とマンチェスター・Cが現行のファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)規則に「継続的に違反している」として、両クラブを糾弾する公式声明を発表した。

 PSGはカタール、マンチェスター・Cはアブダビの政府に近いオーナーがバックにつき、多額の資金を投入して欧州メガクラブの仲間入りを果たした。ラ・リーガは何度もPSGとマンチェスター・CのFFP違反を訴えており、先月にフランス代表FWキリアン・エンバペがPSGと破格の待遇で契約延長した際にも、その契約内容をめぐって欧州サッカー連盟(UEFA)やフランスの行政・財政当局、欧州連合の管轄機関に提訴していた。

 ラ・リーガは今回の声明を通じて、「彼らの行為はサッカーの生態系と持続可能性を変え、欧州の全クラブと全リーグに害を与え、サッカー単体で発生しない資金で人為的に市場を膨らませることにしかならないと考えている。これらのクラブの不正な資金調達は、直接的な資金注入、または市場の状況に対応せず経済的に意味をなさないスポンサー契約やその他の契約によって行われている」と主張。

 また、PSGのナセル・アル・ケライフィ会長がUEFAや欧州クラブ協会(ECA)などでも重役を務めていることは「利益相反の可能性」があるとし、「ラ・リーガはさまざまな選択肢を検討している」とした。

 さらにラ・リーガは、「両『国家クラブ』は過去にUEFAからFFP違反による制裁を受けたが、これは後にCASの奇妙な判決によって覆された」ともコメントしている。

 声明の最後では、「ラ・リーガの申し立て、およびこの点に関してスペインのクラブ協会がここ最近行っている声明は、データに基づき、クラブの監査済み会計を詳細に監視・分析した上でのものである」と付け加えられている。

https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20220615/1658901.html


※記事は少し古いものです。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元独代表MFゲッツェ、鎌田・長谷部所属フランクフルト移籍か?PSVの練習を欠席

ゲッツェがPSVのトレーニングを欠席、フランクフルト移籍へ加速
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b1f111f737b8bfa5074de026e8dd5e3f03db960
ゲッツェ2022PSV.jpg

フランクフルトへの移籍が噂されるPSVの元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(30)が20日のトレーニングを欠席したようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。

『キッカー』によれば同日、フランクフルトとの交渉が行われ、契約が間近に迫っているとのことだ。

ゲッツェは2020年夏にドルトムントからPSVに加入。公式戦77試合18ゴール18アシストと安定したパフォーマンスを披露した。PSVとの契約は2024年まで残っているが、その契約には400万ユーロ(約5億6000万円)で移籍可能な退団条項が存在している。

また、ゲッツェが今季限りでの退団を望んでいるとの報道もあり、今夏の移籍が既定路線となっている。

一方、フランクフルトは今夏の移籍市場で日本代表MF鎌田大地ら数選手の退団が見込まれる。財政面は依然として厳しいものの、ブンデスリーガと並行してチャンピオンズリーグ(CL)を戦うため、戦力拡充が求められている

Frankfurt 鎌田大地 part22【祝・UEL制覇】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1653212996/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)