アンテナ・まとめ RSS

2017年11月18日

元ブラジル代表MFカカ、現在無所属も現役続行に意欲!将来はジダンのような指導者を目指す

【サッカー】無所属の35歳カカー、現役続行へ。将来は「ジダンのような」指導者に憧れ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510957563/
カカオーランド.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/18(土) 07:26:03.92 ID:CAP_USER9.net

先月MLSのオーランド・シティを退団し、無所属になった元ブラジル代表MFカカーは現役続行に意欲を見せている。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

かつてミランやレアル・マドリーなどで活躍し、2007年にはバロンドールを獲得したカカーも35歳。オーランド・シティ退団と同時に現役引退の可能性も取りざたされていた。

しかし、本人はポーランド紙『プルゼグラド・スポルトウィ』のインタビューで「僕には今契約が無い状態だが、まだ選手だと感じているし、数週間以内に将来を決める」と、現役続行の意思を示したという。

ただ、年齢のこともあってスパイクを脱いだ後のことも視野に入っているのは間違いない。カカーは「フットボールの世界にとどまりたいと思っている。おそらくは指導者かスポーツディレクターとして。監督になるのは天職だと感じなければいけないし、ジダンのようになれれば最高だね」と語っている。

自らと同じようにバロンドール受賞歴を持つレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督からは、少なからず影響を受けているようで、「選手から監督になる彼のようなキャリアは模範になっている。ジダンは選手として独特だったし、指導者になった今もそうだ。僕はモウリーニョやアンチェロッティから学んだことのすべてを生かせると思う」と、カカーは指導者としてのセカンドキャリアを思い描いている。

とはいえまずは選手としてのキャリアを続けるためのチャンスをうかがっている。特に古巣クラブなどでトレーニングを積んでいるわけではないようだが、「僕の扉はすべての場所に対して常に開かれている」と、受け取ったオファーを平等に評価する姿勢を見せたカカー。新天地にはどこが選ばれるか、しばらく注目を集めそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171118-00241707-footballc-socc
11/18(土) 7:02配信


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:38 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンUに朗報!ポグバ、イブラヒモビッチ、ロホが一斉復帰しメンバー入り

マンUに朗報! “10番”イブラ、ポグバ、ロホが復帰&メンバー入りへ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00670232-soccerk-socc
ポグバイブラロホ.jpg


負傷離脱していたマンチェスター・Uの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ、フランス代表MFポール・ポグバ、アルゼンチン代表DFマルコス・ロホの3選手が一斉に復帰するようだ。クラブ公式サイトが17日に指揮官の言葉を伝えた。

「3人とも戻ってきた」。プレミアリーグで首位と勝ち点差「8」で2位につけるマンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は負傷者についてこう語り、公式サイトも週末のニューカッスル戦に向けた招集メンバー入りするだろうと報じた。

 4月のヨーロッパリーグ準々決勝アンデルレヒト戦でひざのじん帯損傷を負ったイブラヒモヴィッチについて、指揮官は「おかえりと言いたい。今シーズンは彼抜きでの戦い方を学んだが、我々にとって重要な選手」と復帰を歓迎した。同選手は今夏の移籍市場で退団も報じられていたが、1年間の契約延長に合意。背番号を「10」に変更しており、ニューカッスル戦がそのお披露目となる可能性もある。

 ポグバは8月にクラブの月間最優秀選手賞を受賞するなど開幕から好調を続けてきたが、9月12日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節・バーゼル戦でハムストリングを負傷。モウリーニョ監督は「言いたくなかったが彼の負傷前と負傷後では、マンチェスター・Uに明らかな違いが見て取れたはずだ」と影響力の強さを強調し、「いるのといないのでは試合へのアプローチが変わる」と今後の戦い方にも影響があると語った。

 イブラヒモヴィッチと同じアンデルレヒト戦でひざのじん帯を負傷したロホについては「大きな手術を伴うけがではあったが、先週の水曜日にはU−23チームの試合にも出場している。自信を持っているし、準備もできている」と語り、試合出場に向けたコンディションまで仕上がっていると明かした。

† Red Devils Manchester United 1255 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1510119432/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:29 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラン、チェルシーMFウィリアン獲得か?チェルシーは代役にPSGルーカス・モウラ獲得狙う

【サッカー】ミラン、1月に“救世主”ウィリアン獲得へ…チェルシーは代役獲得に40億円準備
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510909478/
ウイリアンチェルシー.jpg
1: 豆次郎 ★ 2017/11/17(金) 18:04:38.73 ID:CAP_USER9.net

11/17(金) 17:58配信
ミラン、1月に“救世主”ウィリアン獲得へ…チェルシーは代役獲得に40億円準備
 チェルシーに所属するウィリアンが、今冬ミランへ移籍するようだ。イタリアメディア『カルチョ・メルカート』が報じている。

今シーズンはプレミアリーグ11試合に出場し、2アシストを記録しているウィリアンだが、現状のレギュラーはエデン・アザールとペドロの2人。第10節のボーンマス戦は5分、第11節のマンチェスター・U戦は3分と、徐々に出場時間が減ってきており、今冬に移籍を決断する可能性が高いと報じられた。

 その移籍先として、現在セリエAで7位のミランが浮上している。今夏、大幅な血の入れ替えを行い再スタートを切ったものの、10月は公式戦でわずか1勝と低迷。ミランを率いるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、1月にウィリアンを迎え入れて“救世主”になることを期待しているという。

 また、フランスメディア『Le10Sport』によると、チェルシーはウィリアンの移籍に備えてルーカス・モウラ(パリ・サンジェルマン)の獲得に動く模様。チェルシーは以前よりルーカスに関心を示しており、今冬に3000万ユーロ(約40億円)を投資して獲得に乗り出すようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00670129-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171117-00670129-soccerk-000-2-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア代表、アンチェロッティ氏が新代表監督に就任へ!早ければ20日にも正式発表か

イタリア代表新監督に名将アンチェロッティ就任へ 早ければ20日に正式発表か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171116-00010002-soccermzw-socc
アンチェロッティ笑顔.jpg

 W杯予選敗退によりヴェントゥーラ監督の解任を決定
 イタリアサッカー連盟(FIGC)は15日、ロシア・ワールドカップ(W杯)予選敗退を受けてジャンピエロ・ヴェントゥーラ代表監督の解任を正式に発表した。後任は先日バイエルン・ミュンヘンを解任されてフリーのカルロ・アンチェロッティ氏が有力と、衛星放送「スカイ・スポーツ」など伊メディアが一斉に報じている。

 イタリアは欧州予選のプレーオフでスウェーデンに2戦合計スコア0-1で敗れて敗退。W杯本戦出場を逃したのは、奇しくも今回敗れたスウェーデンで開催された1958年大会以来60年ぶりという衝撃だった。2016年の欧州選手権後から指揮を託されたヴェントゥーラ監督は、その期待に答えることができなかった。

 敗退決定直後、主将のGKジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)が涙ながらに国営放送「RAI」のフラッシュインタビューに応じるのとは対照的に、ヴェントゥーラ監督は同局のインタビューを拒否して“逃走”する始末で、その責任感のなさと行動にも多くの批判が集まった。試合終了2時間後に行った会見では、「私はまだ辞任するとは決めていない」と語っていた。

 一夜明け、FIGCのカルロ・タヴェッキオ会長は監督人事に関するミーティングを行った。「今日彼と話して、もはや君の協力と仕事は必要ないと伝えた」とヴェントゥーラ監督に直接解任を言い渡したことを明かしている。

2020年EUROに向け“フリー”の名将を招聘へ
 任命責任を問われるタヴェッキオ氏を批判する声もあるが、同氏は引き続きその座に留まることになりそうだ。伊メディア「スポーツ・メディアセット」では、イタリア選手協会会長のダミアーノ・トンマージ氏の「タヴェッキオが(会長の座を)降りることはない」というコメントが紹介されている。

 そして、注目の後任人事は、各メディア一斉にバイエルン前監督のアンチェロッティ氏の名前を挙げている。ミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリードなどの名門クラブを率いてきたその手腕が高く評価されている。現在フリーの立場ということも踏まえ、2020年の欧州選手権や22年のカタールW杯という先を見据えた絶好の人事と言えそうだ。今月20日にも正式に発表される可能性があるようだ。

☆☆☆☆ イタリア代表 AZZURRI -parte127
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1510642747/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司先発のドルトムント、シュツットガルトに1-2で敗れる…浅野拓磨は前半ATから途中出場

ドルトムント、敵地でシュトゥットガルトに敗れ優勝争いに暗雲/ブンデスリーガ第12節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000032-goal-socc

ヤルモレンコ2017第12節試合後.jpg

■ブンデスリーガ第12節

シュトゥットガルト 2−1 ドルトムント

得点者

シュトゥットガルト:アコロ(5分)、ブレカロ(51分)

ドルトムント:フィリップ(45分)

現地時間17日、ブンデスリーガ第12節シュトゥットガルトvsドルトムントが行われた。

第9節のアウクスブルク戦の勝利から1カ月以上リーグ戦で勝ち星から見放されているドルトムント。序盤こそ首位に付けていたものの、10月の大ブレーキで3位に転落している。

また、ピエール・エメリク・オーバメヤンがこの一戦では素行不良を理由にメンバー外となり、センターFWはアンドレ・シュールレが務めることになった。香川真司は左のセントラルMFとして先発出場を果たしている。

アウェーでも優勝争いに向けて負けられない一戦を迎えたドルトムントだったが、序盤から失態を見せてしまう。

開始5分、マルク・バルトラのバックパスを処理しようとしたGKロマン・ビュルキがボールコントロールを誤り、詰めてきたチャドラック・アコロにボールをかっさらわれてしまう。そのままアコロが無人のゴールに蹴り込み、シュトゥットガルトが先制した。

いきなり追う展開になったドルトムントはその後何度も決定機を迎えるも、いずれもネットを揺らすことはできず。

ようやく同点に追いついたのは前半終了間際だった。マリオ・ゲッツェの浮き球パスをシュトゥットガルトDFがハンドで止めたとして、ドルトムントにPKが与えられる。このチャンスにシュールレがキッカーを務めたものの、ゴール左を狙ったショットはGKロン・ロベルト・ツィーラーにストップされてしまう。だが、そのこぼれ球をマクシミリアン・フィリップが押し込み、ドルトムントがスコアを1−1とする。

浅野拓磨は負傷したダニエル・ギンチェクとの交代で、前半のアディショナルタイムからピッチに登場。以降、センターFWのポジションに入っている。

後半に入り51分、ベルカイ・オズジャンのラストパスを受けたヨシップ・ベルカノがシュートを放つ。そのシュートはDFダン・アクセル・ザガドゥの股の間を通り、GKビュルキがストップできず、スコアは2−1となる。なお、この時点でのシュトゥットガルトのシュート本数は2本のみ、2つのシュートで2点を奪ったことに。

その後もアウェーながら高いボールポゼッションを記録しながら敵陣を崩そうとするドルトムント、敵陣の広いスペースを生かして堅守からのカウンターを狙うシュトゥットガルトという構図でのせめぎ合いが続いたが、両チームとも追加点を奪うことができず、フルタイムを迎えている。試合を通してのボール支配率は37−63%、シュート本数は8−13本だった。

勝利したシュトゥットガルトは勝ち点を17に伸ばして暫定8位に浮上。一方のドルトムントは6勝2分け4敗となり、勝ち点20で暫定3位のままだが、優勝争いに向けて厳しい状況に追い込まれている。

ちなみに、先発出場した香川真司は63分に途中交代。一方、浅野拓磨は前半アディショナルタイムから途中出場を果たし、試合終了までピッチに立ち続けた。

【BVB09】Borussia Dortmund 778【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1510903944/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:09 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

W杯抽選会、日本の理想の組分けは?「天国」ロシアと「地獄」スペイン

【サッカー】12/2W杯抽選会 日本の理想の組分けは?“天国”呼ぶロシアと“地獄”呼ぶスペイン
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510887217/
ロシア代表.jpg

1: 豆次郎 ★ 2017/11/17(金) 11:53:37.74 ID:CAP_USER9.net

W杯抽選で第4ポットに入った日本 ロシアと同組なら「天国」か

2017年11月17日 8時14分
 18年W杯ロシア大会に出場する32チームが出そろった。15日に大陸間プレーオフ第2戦が行われ、ペルー(南米5位)が最後の出場権を獲得。ホームでニュージーランド(オセアニア1位)を2―0で下し、2戦合計2―0で9大会ぶり5回目の本大会出場を決めた。1次リーグの組み合わせ抽選会は12月1日(日本時間同2日午前0時開始)、モスクワで開催される。スポニチは日本にとって“天国”と“地獄”の組分けを予想した。

 出場32チームが決まり、次の注目は1次リーグの抽選となる。2大会ぶりの決勝トーナメント進出を目指すハリルジャパンの運命を大きく左右しそうなのが、第2ポットのスペインだ。

 抽選のポット分けは、前回ブラジル大会は第1ポットだけFIFAランク上位でシードとし、残り3ポットは地域別に分けられた。今回は10月16日時点のFIFAランクで出場全チームが“実力順”に格付けされ、日本は出場チームで最も下位の第4ポットに入ることが決まっている。1次リーグは各ポットから1チームずつの計4チームで争うため、日本は格上の3チームと対戦することになる。

 10年W杯優勝のスペインはFIFAランク8位で、開催国ロシアと同上位7位までが入る第1ポットから漏れてしまった。今欧州予選でイタリアを2位に追いやり無敗で1位通過した強豪が入った組が、今大会で最も過酷な“死の組”となることが濃厚だ。15日付のアルゼンチン紙ナシオン(電子版)は「(第1ポットの)アルゼンチン代表にとって厄介な相手となるのがスペインとイングランド」と警戒しており、日本も同組は避けたい。

 一方で“天国”となり得るのが、開催国ロシアと同組になることだ。FIFAランクのポイントが高い予選がないとはいえ同65位は出場32チームで最下位。今夏のコンフェデ杯もニュージーランドには勝ったが、ポルトガル、メキシコに連敗し1次リーグで敗退した。チームは国内組中心で、かつてのFWアルシャビンのようなスターは不在。地元の盛り上がりはいまひとつで、プーチン大統領がコンフェデ杯前に「勇者のように戦え」と“注文”を付けたほど。日本が02年大会でW杯初勝利を挙げた験のいい相手が同組となれば、かなり楽な組み合わせとなる。

 【“天国”】▽ロシア FIFAランク65位。国内組中心でスター不在。地元応援もイマイチ。▽メキシコ FIFAランク16位。つなぐサッカーは、日本の堅守速効にはまる。▽チュニジア FIFAランク28位。欧州でプレーする選手は少なく国際経験不足。

 【“地獄”】▽ブラジル FIFAランク2位。優勝候補。日本は10日に完敗し心理面も不利。▽スペイン FIFAランク8位。第2ポット最上位。優勝経験と若手が融合。▽デンマーク FIFAランク19位。第3ポット最上位。プレーオフ突破し勢い◎

http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/13902862/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、オバメヤンが懲罰的理由で次節メンバー外に…練習遅刻で処分か

ドルトムントが“懲罰的な理由で”オーバメヤンをメンバー外に…詳細や懲罰期間などは不明
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000039-goal-socc
オバメ2017練習座る.jpg

ボルシア・ドルトムントは、ピエール=エメリク・オーバメヤンを“懲罰的な理由”でシュトゥットガルト戦のメンバーから外したと発表した。

17日に行われるブンデスリーガ第12節でシュツットガルトと対戦するドルトムントは16日、公式ツイッターで「オーバメヤンは懲罰的な理由で明日の試合のメンバーから外された」として、週末の試合に欠場することを公表した。その一方で詳細や懲罰期間は明らかにしていない。

ドルトムントは現在、公式戦7試合でわずか1勝のみと不調。オーバメヤンも10月14日のライプツィヒ戦以降、ゴールから遠ざかっている。

また、ドイツ『ビルト』によると、同選手はインターナショナルブレイク中のオフを利用して、バルセロナに移籍したウスマン・デンベレの下を訪れたようで、これを「不調の原因」と指摘する声もあるようだ。

なお、オーバメヤンは昨年11月も“内部の問題”でクラブから出場停止処分を受けていた。

ドルトムント、オーバメヤンをメンバー外に…練習遅刻で処分か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00669793-soccerk-socc

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは16日、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが規律上の理由により、17日に敵地で行われるブンデスリーガ第12節のシュトゥットガルト戦に帯同しないことを発表した。

 ドイツ紙『ビルト』によれば、試合前の最終トレーニングに20分の遅刻をしてしまった模様。オーバメヤンは今シーズンすでにたびたび数分間の遅刻をしており、今回の大幅な遅刻によって、ピーター・ボス監督もとうとう処分に踏み切らざるを得なかったという。

 この遅刻とは直接関係ないものの、オーバメヤンが代表ウィークの休暇中にバルセロナで元同僚のフランス代表FWウスマン・デンベレとオフを過ごしたため、同紙は「明らかにドルトムント幹部にとっては心地良いものではないだろう」と伝えた。『kicker』誌も、これら一連の行動を「子供のようだ」と呆れたように書いている。

 オーバメヤンや香川などを発掘してきたチーフ・スカウトのスヴェン・ミスリンタート氏のアーセナル行きが本格的に噂されるなど、周囲が騒がしくなってきたドルトムント。落ち着いた状態を取り戻すためにも、まずはシュトゥットガルト戦で勝ち点3を取りたいところだ。

【BVB09】Borussia Dortmund 777【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1510325617/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:53 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

フェライニ、マンUとの契約延長を拒否…今冬の市場で移籍の可能性も

フェライニがユナイテッドとの契約延長を拒否…契約満了を前に放出される可能性も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000023-goal-socc

フェライニ2017マンU.jpg

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFマルアヌ・フェライニの去就が不透明な状況となっている。

同選手は2018年6月でマンチェスター・Uとの契約が満了となる予定。クラブ側は新契約の締結を提案していたようだが、フェライニ本人が契約延長を拒否したと複数のイギリスメディアが報じている。

また、もしフェライニがこのまま契約を更新をしない場合、移籍金の発生する冬の移籍市場で放出される可能性が高まる見通しのようだ。

1987年生まれのフェライニはスタンダール・リエージュでトップデビュー後、2008年からエヴァートンでプレー。2013年夏からマンチェスター・Uに在籍しているが、スタメンの座をつかむことができず、交代出場がメインとなっている。

今シーズンはリーグ戦第11節まで7試合3ゴールを記録しているが、そのうちスタメンは3試合のみ。なお、14日に日本と対戦したベルギー代表でフェライニは招集外となっており、現地メディアは「クラブ側はフェライニの売却を否定しているが、ロシアW杯のメンバー入りに向け、本人が出場機会を求めて移籍を決断してもおかしくない状況」と伝えている。

† Red Devils Manchester United 1255 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1510119432/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:34 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マラドーナ氏、母国がナイジェリアに敗れ激怒「俺に監督をやらせろ!!」

【サッカー】ナイジェリアに敗戦で激怒のマラドーナ氏「俺に監督をやらせろ!」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510820038/
マラドーナインタビュー.jpg
1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/11/16(木) 17:13:58.77 ID:CAP_USER9.net

ナイジェリアに敗戦で激怒のマラドーナ氏「俺に監督をやらせろ!」
17/11/16 12:06
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?230996-230996-fl
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/231000/230996/news_230996_1.jpg?time=201711161701
母国の不甲斐なさ?に激怒のマラドーナ氏

 元アルゼンチン代表監督のディエゴ・マラドーナ氏が“再登板”へ意欲をみせた。『ESPN』が伝えている。

 アルゼンチン代表は今月14日に行われた国際親善試合でナイジェリア代表に2-0からの逆転を許し、2-4で敗れた。この結果を受けて、激怒したのがマラドーナ氏だ。

「誰ならもっと勝てるかって? 結論を下そうじゃないか。俺は怒っている。威厳もへったくれもあったもんじゃない。だが選手たちは悪くない。俺に監督をやらせろ!!!」と綴った。

 歴代監督のなかで、もっとも勝率の良いマラドーナ氏。当時は24試合で18勝6敗として、75%の勝率を誇った。

 なお、2位は29試合で74%の勝率を叩き出したヘラルド・マルティーノ監督。その後ろには41試合で72%の勝率としたアレハンドロ・サベーラ監督。
ともに68試合で指揮を執り、勝率70%のアルフィオ・バシーレ監督とマルセロ・ビエルサ監督が続いている。


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:13 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアW杯、32カ国出揃いポット分けが決定!クロアチアが第2ポットへ滑り込み

【サッカー】<ポット分けも決まる!>ロシアW杯、クロアチアが第2ポットへ滑り込み
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510807344/
W杯出場4ヶ国.jpg
1: 豆次郎 ★ 2017/11/16(木) 13:42:24.88 ID:CAP_USER9.net

11/16(木) 13:32配信
ロシアW杯出場32か国が出揃う!ポット分けも決まる、クロアチアが第2ポットへ滑り込み

 ロシアW杯の大陸間プレーオフ第2戦が15日に行われ、ペルー代表(南米5位)はホームでニュージーランド代表(オセアニア勝者)に2-0で勝利。9大会ぶり5度目のW杯出場を決め、ロシアW杯出場32か国が出揃った。これにより本大会のポットも確定した。

 ポット分けは10月発表のFIFAランキングをもとに原則として上位から8チームずつ4グループに分けられる。

 各POの結果を受け、イタリア代表が敗退したことでクロアチア代表が第2ポットへ滑り込み、デンマーク、アイスランド、コスタリカが第3ポットへ。セルビアとナイジェリアは第4ポットに決まった。なお、日本はすでに第4ポットに入ることが確定していた。

W杯出場国のポット分け状況は以下のとおり

----第1ポット----
65.ロシア(開催国)
1.ドイツ
2.ブラジル
3.ポルトガル
4.アルゼンチン
5.ベルギー
6.ポーランド
7.フランス

----第2ポット----
8.スペイン
10.ペルー
11.スイス
12.イングランド
13.コロンビア
16.メキシコ
17.ウルグアイ
18.クロアチア

----第3ポット----
19.デンマーク
21.アイスランド
22.コスタリカ
25.スウェーデン
28.チュニジア
30.エジプト
32.セネガル
34.イラン

----第4ポット----
38.セルビア
41.ナイジェリア
43.オーストラリア
44.日本
48.モロッコ
49.パナマ
62.韓国
63.サウジアラビア

※数字は10月のFIFAランキング。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-01646364-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペルー、36年ぶりW杯出場決定!内田元同僚ファルファン先制弾などNzに2-0快勝!大陸間プレーオフ

【サッカー】ペルーがNZ下しW杯出場権獲得!大陸間プレーオフ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510805332/
ファルファン大陸間POゴール.jpg

1: 動物園φ ★ 2017/11/16(木) 13:08:52.50 ID:CAP_USER9.net

ペルー 2-0 ニュージーランド

28分 ファルファン
65分 ラモス

http://www.livescore.com/soccer/world-cup/inter-qualification-play-off/peru-vs-new-zealand/1-2645893/

2試合合計ペルー 2-0 ニュージーランド



【W杯予選大陸間PO】ニュージーランドの堅守を破ったペルーが36年ぶりに本大会への切符を掴む!!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171116-00032638-sdigestw-socc

 現地時間11月15日、ロシア・ワールドカップ予選の大陸間プレーオフ(PO)の第2レグが行なわれ、南米予選5位ペルーがオセアニア地区のニュージーランドを2-0で下し、ロシア行きの最後のチケットを勝ち取った。
 
 第1レグでは互いに硬さが目立ち、プレーの精度の低さなどによってスコアレスドローに終わっていた両者だったが、この日はホームの後押しを受けるペルーが立ち上がりから猛攻を仕掛ける。
 
 相手が仕掛けてくることは想定内とばかりに守備ブロックを形成したニュージーランドに対して、ペルーは再三に渡ってチャンスを創出。すると、28分に均衡を破る。
 
 右サイドを果敢に突破したクリスティアン・クエバがクロスボールをボックス内で受けたジェフェルソン・ファルファンが豪快に蹴り込んでネットを揺らしたのだ。
 
 得点に思わず涙を流した背番号10の渾身の一撃で先手を取ったペルーは、その後も気を緩めることなくボールポゼッションを高めて試合を進行。70パーセントもの支配率を維持し、相手を全く寄せ付けずに前半を終える。
 
 なんとか反撃に転じたいニュージーランドは、後半に入って得意のパワープレーでペルーゴールに迫る。50分には右サイドを崩したキップ・コルベイのクロスボールに主砲のクリス・ウッドが頭で合わせるが、相手守護神ペドロ・ガレセの好守に阻まれる。
 
 守護神の活躍でアウェーゴールを奪われる危機を逃れたペルーは、セットプレーから再び歓喜する。
 
 64分、右サイドからのCKをクエバが蹴り込むとボールはニュージーランドDFに当たって、ボックス内中央にこぼれる。すると、このルーズボールをクリスティアン・ラモスが右足で蹴り込んでゴールへ突き刺したのだ。
 
 貴重な追加点を挙げたホームチームは75分を過ぎてから守勢に回って、追いすがるアウェーチームの力技に、危なげなく対応する。
 
 最後まで主砲ウッドに目がけてボールを放り込み続けたニュージーランドだったが、時間の経過とともに焦りも生まれ、自陣に人数をかけて堅固となったペルーの守備網を打ち破ることはできなかった。
 
 ホームサポーターの大声援を受けたペルーは最後まで根気強く守り続けて、ニュージーランドをシャットアウトして見事に2-0で勝利した。
 
 来夏のロシア・ワールドカップ出場の最後の切符を勝ち取ったペルー。1982年のスペイン大会に出場して以来、36年間、世界戦とは縁遠かった南米の古豪がついに快挙を達成した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:25 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア代表、ベントゥーラ監督を解任!60年ぶりにW杯出場を逃す 後任にアンチェロッティ氏らが候補に(関連まとめ)

【サッカー】イタリアがジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督解任を発表 60年ぶりにW杯出場を逃す大失態
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1510777875/
ヴェントゥーラ監督.jpg

1: THE FURYφ ★ 2017/11/16(木) 05:31:15.33 ID:CAP_USER9.net

イタリアサッカー連盟が15日、代表チームを率いていた69歳のジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を解任したと発表した。

2016年7月、EURO2016終了後に代表チーム指揮官から退いたアントニオ・コンテ監督(現:チェルシー)の後任としてヴェントゥーラ監督が指揮官に就任。ロシアW杯欧州予選を戦いスペイン代表などと本大会出場をかけて争った。しかし、グループGで2位の成績に終わり欧州予選プレーオフにまわることになる。

欧州予選プレーオフではグループA2位のスウェーデン代表と対戦。1stレグでは0-1の成績に終わったため、2ndレグに望みをかけたが0-0の引き分けに終わっている。2戦合計0-1となったため、イタリアは1958年スウェーデン大会以来、60年ぶりのW杯予選敗退となった。

後日、ヴェントゥーラ監督は辞任の可能性を否定し続投する構えを見せた。しかし、この事態を重く受け止めたイタリアサッカー連盟は同監督の解任を決定。現時点で、後任候補としてカルロ・アンチェロッティ氏などの名前が浮上している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171116-00241268-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:58 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング