アンテナ・まとめ RSS

2018年06月15日

アーセナル、レバークーゼンGKレノを獲得へ!チェフの後継者に

チェフの後継者に?エメリ新体制のアーセナルがレノ獲得間近か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000036-goal-socc
レノレバークーゼン.jpg


アーセナルは、レヴァークーゼンに所属するGKベルント・レノの獲得に向けた交渉を進めているようだ。『スカイスポーツ』が報じた。

アーセナルは2017-18シーズン、GKペトル・チェフを正守護神としていたが、リーグ戦では何度か“らしくない”ミスを犯すなど、36歳という年齢もあって衰えが指摘されている。

新シーズン、2017-18シーズンに退団したアーセン・ヴェンゲル前監督の後任としてウナイ・エメリ監督を招へいしたクラブは、チャンピオンズリーグ復帰に向けてGKの変更にも着手しているようで、レノの獲得に迫っているとみられている。

現在26歳のレノは2017-18シーズン、レヴァークーゼンで公式戦38試合に出場。2018FIFAワールドカップ・ロシアのドイツ代表メンバーでは最終選考で漏れたものの、定期的に代表招集を受けている。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1259】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1528636748/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯開催国ロシア、サウジを5-0粉砕!ロシアW杯開幕戦を白星で飾る!ゴロヴィンが絶妙FKゴール!(関連まとめ)

【サッカー】開催国ロシアが開幕戦制す!…サウジアラビアに5発快勝で白星スタート
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528995443/
ロシア2018W杯開幕戦ゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/06/15(金) 01:57:23.41 ID:CAP_USER9.net

6/15(金) 1:56配信
開催国ロシアが開幕戦制す!…サウジアラビアに5発快勝で白星スタート

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が14日に行われ、ロシア代表とサウジアラビア代表が対戦した。

 4年に1度のサッカーの祭典が幕を開けた。開催国のロシアはFIFAランキング70位、サウジアラビアは同67位で、出場32カ国中最下位2チームによる開幕戦となった。2大会連続11回目出場のロシアはFWヒョードル・スモロフが、3大会ぶり5回目のサウジアラビアはFWモハメド・アル・サハラウィが先発出場で、両エースがスタートからゴールを狙う。

 大会初ゴールが生まれたのは開始12分。左サイドからアレクサンドル・ゴロヴィンがクロスを送ると、ファーでフリーのユーリ・ガジンスキがヘディングシュートを沈め、ロシアに先制点をもたらした。24分にはアラン・ジャゴエフが負傷交代を強いられたが、代わって入ったデニス・チェリシェフが42分にエリア内左で冷静に相手DFをかわし、シュートをゴール左隅に突き刺して追加点。ロシアが2点リードで折り返した。

 後半に入って71分、ロシアはスモロフに代わって入ったばかりのアルテム・ジュバが、ゴロヴィンからの精確なクロスを頭で合わせ、試合を決める3点目。後半アディショナルタイムには、ジュバの落としを受けたチェリシェフがエリア内右から右足アウトサイドキックで狙うと、シュートは綺麗な弧を描いてゴール右上隅に決まった。さらに、その2分後にはゴロヴィンがエリア手前右のFKを直接決めてダメ押しゴールを沈めた。

 試合は5−0でロシアが勝利。グループA第2戦は、ロシアが19日にエジプト代表と、サウジアラビアは20日にウルグアイ代表と対戦する。

【スコア】
ロシア代表 5−0 サウジアラビア代表

【得点者】
1−0 12分 ユーリ・ガジンスキ(ロシア)
2−0 43分 デニス・チェリシェフ(ロシア)
3−0 71分 アルテム・ジュバ(ロシア)
4−0 90+1分 デニス・チェリシェフ(ロシア)
5−0 90+4分 アレクサンドル・ゴロヴィン(ロシア)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00776588-soccerk-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:27 | 大阪 ☁ | Comment(33) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

アイスランド代表、名前が「〜ソン」だらけの謎…23人中22人

【サッカー】<W杯最大のダークホース・アイスランド<>名前が「ソン」だらけの謎…23人中22人も
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528973839/
アイスランド代表.jpg

1: Egg ★ 2018/06/14(木) 19:57:19.74 ID:CAP_USER9.net

 W杯に初出場するアイスランド(1次リーグD組)は、人口約35万人ながら世界ランキング22位で、ユーロ2016(欧州選手権)では、サッカー母国イングランドを破り、ベスト8という好成績を残した。“おとぎ話”といわれたその躍進が今大会でも期待されるが、サイドストーリーもある。

 シグルドソン、ビャルナソン、フィンボガソン…これは今大会に出場するメンバーの名前だが、実に登録メンバー23人中22人の名前の末尾に「ソン」が付く。唯一の例外であるGKスクラムは、デンマークとのハーフだ。

 この“謎”について駐日アイスランド大使館に問い合わせると、「確かに『ソン』の付く名字の方は多いですが、割合はわかりません。また『ドッティル』という方もたくさんいます」と回答した。

 背景には、アイスランド独特の命名の習慣がある。アイスランド人の男性の多くは、父のファーストネームに息子を意味する「ソン」を付けて、ラストネームにする。前述したチームの司令塔は、ラストネームがシグルドソン、父のファーストネームが「シグルド」というわけ。これによって、登録メンバーのほとんどが末尾に「ソン」が付くのだ。

 ちなみに女性の場合は、娘を意味する「ドッティル」を付けるそうで、大使館が「ドッティルという方も多い」と回答していたのにも納得がいく。2018年3月に行われたサッカー女子のアルガルベ杯のメンバーは、確かに「ドッティル」だらけだった。

 サイドストーリーを持つのは選手だけではない。ハルグリムソン監督はユーロ2016で大躍進に導いたが、当時の肩書はスウェーデン人の名将ラーゲルベック監督との「共同監督」で、しかも歯科医として働きながらの監督業だった。ラーゲルベック監督の下で帝王学を学びながらの躍進だった。今大会では「監督」に“昇格”した。

 そんなハルグリムソン監督、海外メディアによると9日、ロシアに向かう空港で20年分のデータが入ったPCを紛失し、チームの出発が30分遅れる事態に。「選手たちが私を笑える状態だったのは良かった」と深刻ではなかった様子だったが、さぞヒヤリとしたことだろう。最終的には見つかったそうだ。

 アイスランド政府関連のユーチューブチャンネルでは、ヨハンネソン大統領がアイスランド代表のジャージーを着て、ボールを蹴りながら国を挙げての応援を呼びかけている。

2018年6月14日 17時5分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14864091/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:30 | 大阪 ☁ | Comment(27) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアW杯、ゴールドマンサックス社がブラジル優勝を予想!100万回シミュレーション

【サッカー】W杯、ゴールドマン・サックスはブラジル優勝を予想−シミュレーション100万回 データマイニングや計量経済学を駆使
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528940545/
ロシアW杯主要国.jpg

1: ばーど ★ 2018/06/14(木) 10:42:25.54 ID:CAP_USER9.net

・データマイニングや機械学習、計量経済学を駆使、20万の統計モデル
・ゴールドマンは14年大会でもブラジル優勝予想、実際は準決勝で敗退

サッカーの結果ほど予想が難しいものはあまりない。ゴールドマン・サックス・グループがデータマイニングや機械学習、計量経済学を駆使してこれに挑んだところよると、今週ロシアで開幕する国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップ(W杯)ではブラジルが優勝する。

ゴールドマンは20万の統計モデルや、個々の選手に関するデータ、最近のチーム成績を活用し、W杯について100万回のシミュレーションを実施。その結果、7月15日の決勝戦ではブラジルが6度目の優勝を遂げるとの予測をはじき出した。

GS予想01.jpg

ゴールドマンは2014年のブラジルW杯でもブラジル優勝を予想。実際には準決勝でブラジルはドイツに1対7と大敗し、ドイツが優勝をさらった。

他のエコノミストが編み出した予測モデルでも、ブラジルとドイツが優勝国に挙げられることが多い。ダンスケ銀行でも優勝予想はブラジル。コメルツ銀行はドイツとしているが、ゴールドマンのモデルによると、ドイツは準決勝でブラジルと対戦し、ブラジルが前回の雪辱を果たす見通しだ。

GS予想02.jpg

原題:Goldman Tips Brazil for World Cup After 1 Million Simulations(抜粋)

2018年6月12日 1:02 JST
Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-11/PA5ZGI6TTDSD01


※一部編集し直しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ウルグアイ代表MFトレイラ獲得で合意!英BBC報道

アーセナルが中盤の強化へ…ウルグアイ代表MFトレイラ獲得で合意か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00775404-soccerk-socc
トレイラサンプドリア.jpg


アーセナルがウルグアイ代表MFルーカス・トレイラの獲得に関して、同選手の所属するサンプドリアと合意に達したようだ。イギリスメディア「BBC」が12日に報じた。

 報道によると、トレイラは中盤の強化を目指しているアーセナルにとって理想的な選手であるという。また、この移籍のためにアーセナルはサンプドリアへ2600万ユーロ(約34億円)の移籍金を支払うことになる。なおウルグアイ代表として2018 FIFAワールドカップ ロシアに出場するトレイラは現在ロシアにいるため、移籍の決定は大会終了後となるようだ。

 現在22歳のトレイラは今シーズンのセリエAで36試合に出場し、4ゴールを記録した。


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1259】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1528636748/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロペテギ騒動の仕掛け人は大物代理人メンデス氏…スペイン代表番記者が裏地事情明かす 主将ラモスらはロペテギ氏のレアル監督就任を知っていた?(関連まとめ)

【サッカー】<ロペテギ問題で波紋!>主将ラモスらレアル監督就任を事前把握!スペイン代表内紛勃発か...
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528936550/
ロペテギ03.jpg

1: Egg ★ 2018/06/14(木) 09:35:50.28 ID:CAP_USER9.net

スペイン代表のフレン・ロペテギ監督がロシア・ワールドカップ(W杯)開幕前日に電撃解任されるという大激震が、世界中を駆け巡っている。騒動の発端となったのは、ロペテギ監督が来季からレアル・マドリードの指揮を執ると発表されたところにあるが、スペイン紙「マルカ」によると、この人事はクラブ、代表ともに主将を務めるDFセルヒオ・ラモスを筆頭にレアル勢は事前に知っていたと衝撃的な内容を報じている。

 レアルは現地時間12日夕方にロペテギ監督が来季の監督に就任することを発表。これに激怒したスペインサッカー連盟(RFEF)が、ルイス・マヌエル・ルビアレス・ベハル会長やかつての名選手で技術委員長を務めるフェルナンド・イエロ氏(ロペテギの後任監督就任が決定)が解任の決断に至った。その直前まで選手側からは慰留の声があがったようだが、所属クラブによってその“情報差”があったようだ。

 それは来季から新指揮官を迎え入れるレアルの選手たちだ。剛腕で鳴るフロレンティーノ・ペレス会長はすでにキャプテンであるS・ラモスに対し、ジネディーヌ・ジダン前監督の後任最右翼としてロペテギの名前を伝えていたという。

 また、S・ラモス以外にもMFルーカス・バスケス、MFマルコ・アセンシオ、MFイスコ、DFナチョ、DFヘスス・バジェホもベースキャンプ地であるクラスノダール入りした時点で情報を共有していた模様だ。

 スペイン代表を主に構成するのはレアル勢だが、MFセルヒオ・ブスケッツ、DFジェラール・ピケ、DFジョルディ・アルバ、そしてヴィッセル神戸に移籍したMFアンドレス・イニエスタらバルセロナ勢、そしてMFコケ、MFサウール・ニゲス、FWジエゴ・コスタらアトレチコ・マドリード勢、そして各国リーグのメガクラブ所属選手も多い。今回の衝撃の解任劇で、選手たちの間に溝ができる可能性も決して否定できない。

6/14(木) 6:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00111117-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180614-00111117-soccermzw-000-1-view.jpg




【現地発】スペイン代表番記者が明かす「ロペテギ騒動」の裏事情。“仕掛け人”はあの大物代理人だった
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00042098-sdigestw-socc
ロペテギをマドリーに送り込むのがメンデスの悲願。
 6月12日、レアル・マドリーが公式声明を通して発表した「ジュレン・ロペテギ、マドリー監督に就任」の一報により、スペイン代表の内外に激震が走った。ポルトガルとのグループリーグ初戦を3日後に控えた指揮官のまさかの“逃亡劇”。これにより、チームは極めて困難な状況に置かれた。
 
 ロペテギの代理人は、ジョルジュ・メンデスだ。彼が設立したエージェント会社「Gestifute」とロペテギの双方の関係者によれば、クリスチアーノ・ロナウドやジョゼ・モウリーニョらを顧客に持つ業界きっての敏腕代理人は、1年以上前から、ロペテギに対してマドリーの監督就任の話を持ちかけていた。

 ロペテギが「自分にそんな資格はない」と頑なに否定しても、メンデスは自分に任せておけば大丈夫と言わんばかりに、「これまでだって、自国の1部リーグで監督を務めたことがないにもかかわらず、ポルトガルの名門クラブ(ポルト)の監督に就任できただろ? チャンピオンズ・リーグで采配を振るえただろ?」と、不可能を可能にしてきたみずからの代理人としての圧倒的な実績を盾に、何度も諭したという。
 
 言うなれば今回は、そのメンデスの悲願が見事に達成されたわけだ。ロペテギは先週日曜日(6月10日)、この大物代理人の尽力によって、これから数週間スペイン代表の仕事と並行してこなしていくべき任務(マドリーの監督職)が用意されたことを知るに至った。

 その時点ではまだ、限られた関係者のみが知りうるトップシークレットだった。だが、その2日後、マドリーの公式発表により白日の下に晒された。そして、さらにその約1時間後、スペイン・サッカー連盟のルイス・ルビアレス会長も事実関係を認める公式文書を発表した。

「すぐに解任すべきだ!」

 連盟内部には、ワールドカップに専念すべきタイミングでみずからの利益を優先した今回の指揮官の行為を「裏切り」と見なす意見が相次ぎ、強硬派の中からは解任論を訴える者も出た。代表チームのSDを務めるフェルナンド・イエロを内部昇格させる具体案まで議題に上ったほどで、実際、それらのアイデアはのちに実行に移されている。

 その後、SDのイエロや選手たちは、12日午後の練習前にロペテギ本人から報告を受けた。完全な事後報告であり、その直前の出来事であろうイエロがロペテギを叱責する映像は、『TELECINCO』(スペインの民放TV局)のニュースでも流された。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00042098-sdigestw-socc&p=2


イエロとロペテギは長年の友人でもあるが、そのイエロですら、知っていたのはマドリーのゼネラルディレクターであるホセ・アンヘル・サンチェスが、水面下でロペテギの調査を行なっているということくらいだった。それだけに、彼は友人のまさかの決断にだれよりも心を痛めているひとりだろう。

 今回、マドリーとの交渉を担当したのはメンデスの忠実なパートナー、カルロス・ブセロだが、背後で操っていたのはボスのメンデスだ。『Gestifute』の関係者は言う。監督としてのキャリアを構築してくれたメンデスに、ロペテギはものすごく恩義を感じているのだと。今回のオファーを無下に断ることができない事情が、ロペテギにもあったわけだ。

 しかもスペイン代表には、メンデスがクライアントとして抱える選手が4人いる。正GKのダビド・デ・ヘア、MFのサウール・ニゲス、FWのロドリゴとジエゴ・コスタの4選手だ。したがって数か月前から、ロペテギ監督に対しては、ワールドカップ後のキャリアの構築を考慮しながら采配を振るうのではないかという疑惑が、主力選手の間でつねに渦巻いていた。

 そうした背景があったからこそ、ロペテギが例の「事後報告」を行なった直後には、怒りを露にした選手が続出した。所属チームでの進退問題が浮上する選手もいる中で、「W杯に専念すべき」と再三にわたって警鐘を鳴らしていたのは、だれあろう指揮官本人。それが、みずからの発言に反するような行動を起こしてしまったのだから、もはや求心力の低下は避けられなかった。
 
 今回の発表で大きな影響を受けたもうひとりの人物が、スペイン・サッカー連盟会長のルイス・ルビアレスだ。会長選に勝利してすぐに、ロペテギとの契約延長(2020年まで)を発表したのは、いまからわずか3週間前(5月22日)のことだ。

 マドリーの会長、フロレンティーノ・ペレスとも良好な関係を築いている旨を強調してきたが、蚊帳の外に置かれる格好になった今回の件により、図らずも実状はそうではないことが明らかになった。「公表するのは大会が終わってからにしてほしい」というルビアレス会長の願いも、ペレスによって完全に無視された。

 みずからの権威が失墜してしまいかねないと考えたルビアレスは、モスクワで開催されるFIFA総会への出席を急遽キャンセルし、スペイン代表がベースキャンプ地にするクラスノダールに帰還。そして、ロペテギの電撃解任を決めたのだった。

文●ディエゴ・トーレス(エル・パイス紙/スペイン代表番記者)
翻訳:下村正幸
※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙の記事を翻訳配信しています。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:14 | 大阪 ☁ | Comment(30) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

FIFA、2026年W杯は米国、メキシコ、カナダの三カ国共同開催に決定!出場国は史上最多の48カ国

【サッカー】2026年ワールドカップはアメリカ、メキシコ、カナダの3か国共催に決定! 出場国は史上最多の48か国
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528887273/
2026ワールドカップ総会.jpg

1: 3倍理論 ★ 2018/06/13(水) 19:54:33.66 ID:CAP_USER9.net

モロッコは5回目のチャレンジも…

 6月13日、ロシア・モスクワのEXPOセンターで第68回のFIFA総会が行なわれ、2026年開催予定の第23回ワールドカップが、アメリカ、メキシコ、カナダによる共同開催となることが決定した。
 
 出場国が48か国で行なわれる最初の大会ということで注目される26年の開催国争いは、北中米3か国とアフリカのモロッコによる一騎打ちとなったが、立候補国を除く各国サッカー協会による投票の結果、前者に軍配が上がった。

アメリカは1994年に「サッカー不毛の地」といわれながら大会を成功させた実績があり、メキシコも70、86年(コロンビアの代替)と2度の記憶に残る大会を開催。カナダは女子W杯を2015年に、2007年にはU-20W杯などのコンペティションで開催能力があることを証明した。
 
 開催に適したスタジアムがすでにあり、インフラ等でも信頼に足るものがあることが、高く評価されたようだ。アメリカとメキシコといえば、ドナルド・トランプ大統領が就任時に国境の壁建設を宣言したことで関係が悪化したが、W杯開催については両国で協力の約束が交わされている。
 
 一方のモロッコは、94、98、2006、10年と過去に4度、開催地として誘致を行なってきたが、どの大会でも開催の大義名分という点で、ライバル国と比べて弱さが否めず、またしても涙を飲むことに……。アメリカには94年大会に続いて2度、敗れることとなった。
 
 W杯では初の3か国共催となる26年大会、誘致段階での予定ではアメリカで60試合、メキシコ、カナダでそれぞれ10試合が行なわれ、準々決勝以降はアメリカで全試合が開催されるとされてきたが、こちらは今後の交渉次第で変更がありうる。
 
 北中米カリブでの大会となると、過去、欧州でのテレビ放映に合わせ、試合開始時間が炎天下の昼に設定されたことで、選手を消耗・疲弊させたことが問題となったが、FIFAが今後、これにどう対処するのかも注目される。
 
 ちなみに各大陸の出場枠は、欧州が16(か国)、南米が6、アフリカが8、アジアが8、北中米カリブが6、オセアニアが1と定められ、これに欧州以外の5大陸からの各1か国ずつに、さらに開催国が属する連盟から1か国を加えた計6か国によるプレーオフを勝ち抜いた2か国が加わる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180613-00042056-sdigestw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:31 | 大阪 ☀ | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペイン代表、イエロ氏が新監督就任!ロペテギ監督の電撃解任を受け(関連まとめ)

ロペテギ電撃解任のスペイン代表、後任に技術委員長のイエロ氏就任を発表
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180613-00111075-soccermzw-socc
イエロインタビュー.jpg


ロペテギ監督解任から約2時間後、元レアル主将のイエロ氏就任を発表
 スペインサッカー連盟(REFE)は現地時間13日にフレン・ロペテギ監督を電撃解任。後任監督には技術委員長であるフェルナンド・イエロ氏の就任を発表した。

 REFEは、12日にレアル・マドリードの新指揮官就任が発表されたロペテギ監督に大きな不快感を持った。そして、ルイス・マヌエル・ルビアレス・ベハル会長は13日に記者会見を開き、ワールドカップ(W杯)開幕前日というタイミングでロペテギ監督を解任したことを明かした。

 その時点では後任監督は発表されていなかったが、それから約2時間後にイエロ氏の就任が発表された。イエロ氏は現役時代にレアルの主将を務めていた。

 スペインでは、後任は技術委員長のイエロ氏かU-21代表チームのアルベルト・セラーデス監督と予想され、セラーデス氏を予想するメディアも多かった。しかし、結局はイエロ氏の就任となった。

 今年4月にバヒド・ハリルホジッチ監督を解任した日本代表に置き換えれば、立場的には西野朗技術委員長が後任監督に就任したのと同じパターンになる。

 スペイン代表の初戦は15日で、グループBの最大のライバルであり隣国ポルトガルとの“イベリア半島ダービー”でW杯の戦いをスタートする。世界中に衝撃を与えた大混乱から、優勝候補スペインは順調な大会の入りを見せることができるのだろうか。

【サッカー】スペイン代表に大激震!スペイン代表を率いるジュレン・ロペテギ監督の電撃解任が会見で発表、W杯開幕前日!★3
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528889706/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:13 | 大阪 ☀ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】スペイン代表、ロペテギ監督の電撃解任を発表!W杯開幕1日前 レアル監督就任で協会会長が激怒(関連まとめ)

【サッカー】スペイン代表に大激震!スペイン代表を率いるジュレン・ロペテギ監督の電撃解任が会見で発表、W杯開幕前日!
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1528885225/
ロペテギ会見.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/06/13(水) 19:20:25.53 ID:CAP_USER9.net

6/13(水) 19:05配信
【速報】スペイン代表に大激震!来季からレアル行き発表のロペテギ監督がW杯開幕前日に解任

ロシア・ワールドカップ開幕まであと1日となったところで、スペイン代表を率いるジュレン・ロペテギ監督の電撃解任が会見で発表された。


ロペテギは12日、来シーズンからジネディーヌ・ジダンの後任としてレアル・マドリーの指揮を執ることが発表された。しかし、同氏は5月にスペイン代表との契約を2022年まで延長したばかりだった。

そのため、ロペテギの決断に怒りを示したのはスペイン代表で側近を務めていたフェルナンド・イエロ氏やスペインサッカー連盟の会長を務めるルイス・マヌエル・ルビアレス氏。急遽会見が開かれることとなり、1時間の延期もありながら、ロペテギは去就について説明を求められることに。

会見で明らかにされたのは、ロペテギが電撃解任され、ロシア・ワールドカップでの指揮を執らないということ。本大会開幕まで1日というところで起きた“事件”であった。ルビアレス氏は「スペイン代表は全スペイン人のものだ。彼はマドリーに行ってしまった。素晴らしい仕事をしていたが、今回の彼の行動は受け入れられない」と話している。

一時はセルヒオ・ラモスやアンドレス・イニエスタといった主力選手たちがサッカー協会に掛け合ったことで、ワールドカップまでは指揮を執ることになったとも伝えられたが、選手たちの思いは届かなかったようだ。

なお、後任は未定で、ルビアレス氏は「探している最中」であることを認めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00010030-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180613-00010030-goal-000-5-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:37 | 大阪 ☀ | Comment(53) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、現スペイン代表監督ロペテギ氏が次期監督に決定!ロシアW杯後に着任(関連まとめ)

【サッカー】ジダン後任はロペテギに!レアル・マドリーが新監督を発表…スペイン代表監督がW杯後に着任へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528816301/
ロペテギ監督.jpg

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/13(水) 00:11:41.38 ID:CAP_USER9.net

【速報】ジダン後任はロペテギに!レアル・マドリーが新監督を発表…スペイン代表監督がW杯後に着任へ
6/13(水) 0:04配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000041-goal-socc

レアル・マドリーは12日、フレン・ロペテギ氏が来季から指揮を執ることを発表した。

今季限りで、前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇に導いたジネディーヌ・ジダン監督が退任したレアル。後任探しに動く欧州王者は、様々な指揮官に接触していると伝えられていた。

そして12日、レアルは来季指揮官を発表。スペイン代表としてロシア・ワールドカップに臨むフレン・ロペテギ監督が、大会終了後に着任することを明らかにした。

伝説となったジダン前監督後、後を継ぐロペテギ監督。51歳のスペイン人指揮官は、どのような結果を残せるだろうか。


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

マンC、ユーべMFドウグラス・コスタを1億ユーロ(約130億円)でオファー準備か?今月ユベントスに完全移籍したばかり

マンチェスター・Cが大型補強へ…ドグラス・コスタ獲得に130億円オファー?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00010007-goal-socc
ドウグラスコスタ208.jpg

マンチェスター・シティが、ユヴェントスに所属するブラジル代表FWドグラス・コスタの獲得に向けて大型オファーを考慮している可能性があるようだ。イタリアメディア『メディアセット』が報じている。

推進力のあるドリブルと左足での強烈なシュートが持ち味であるドグラス・コスタは、昨夏に600万ユーロ(約7億8000万円)でバイエルン・ミュンヘンからユヴェントスにレンタル移籍。ユヴェントスは今月7日に4000万ユーロ(約51億8000万円)の買い取りオプションを行使して完全移籍で獲得し、2022年6月30日までの契約を締結したことを発表していた。

しかし、そのドグラス・コスタをマンチェスター・Cが狙っているようだ。マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、バイエルンを率いていた2015-16シーズンに同選手を指導し、サイドアタッカーとして重宝した。報道によれば、イングランドで再び共闘するために1億ユーロ(約130億円)の巨額オファーに踏み切る可能性があるという。

なお、ドグラス・コスタは昨シーズン、ユヴェントスで公式戦47試合に出場して6ゴール14アシストを記録。セリエAとコッパ・イタリアの優勝に貢献している。

BLUEMOONマンチェスターシティ 282cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1528232936/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】スポルティングCPの主力5人フリー退団報道に沸き立つ各スレ(関連まとめ)

スポルティングが危機!? 主力選手数人がクラブとの契約解除を希望

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00774513-soccerk-socc

スポルティング退団候補.jpg

ポルトガルの強豪スポルティングが危機的状況に置かれているようだ。現在、数人の主力選手がクラブとの契約解除を求める文書をクラブに提出したという。スペイン紙『マルカ』が11日に報じた。

 報道によると、今回契約解除を求めているとされるのはポルトガル代表MFウィリアム・カルヴァーリョと同MFブルーノ・フェルナンデス、同FWジェルソン・マルティンス、そしてオランダ代表FWパス・ドストの4人。

 主な要因として、先月15日の練習中に発生したサポーターによる襲撃でドストら複数の選手が負傷したことと、ブルーノ・デ・カルヴァーリョ会長と選手達の間に確執があったことがあげられている。

 アーセナルが獲得に興味を示しているとされるマルティンスや、チーム得点王のドストがフリーで移籍するとなると戦力ダウンのみならず経済的にも大打撃になる。また、キャプテンのポルトガル代表GKルイ・パトリシオもすでに退団の意思を示しており、クラブには不穏な空気が漂っている。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1259】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1528636748/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング