アンテナ・まとめ RSS

2019年06月11日

マンU、英代表DFマグワイア獲得に動く!レスターは116億円以上を要求!マンCとの争奪戦勃発か(関連まとめ)

守備強化を目指すマンUがレスターCB獲得に116億円以上を支払う? “隣人”シティとの争奪戦へ札束攻勢か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00059911-sdigestw-socc
マグワイア.jpg

21歳のワン=ビサカの引き抜きにも再チャレンジ!
 昨年12月にシーズン途中にもかかわらず、マンチェスター・ユナイテッドの指揮官を解任されたジョゼ・モウリーニョ前監督は、幾度となくセンターバック強化の必要性を訴えていた。その考えは、暫定指揮官として後を継ぎ、来シーズンからも正指揮官としてチームを率いるオレ・グンナー・スールシャール監督も同じようだ。

英衛星放送『Sky Sports』によれば、以前から守備強化を目指しているユナイテッドは、昨夏に続き、今夏もレスターに所属するイングランド代表CBのハリー・マグワイアの獲得を狙っている。

 レスターは昨夏と同様、マグワイアの放出を望んでいない。『Sky Sports』によれば、同クラブは「市場価値にして約8000万ポンド(約116億円)の評価を下している」と報じた。逆に言えば、このリバプールがフィルジル・ファン・ダイクの獲得時に払ったDF史上世界最高額を上回る値段を支払えば、ユナイテッドは念願を叶えられるかもしれない。

 ただ、マグワイアを狙うのはユナイテッドだけではない。“隣人”のマンチェスター・シティも、2018-19シーズンをもってクラブを退団したヴァンサン・コンパニの代役として狙っているだけにイングランド代表CBを巡る争奪戦の行方に注目が集まりそうだ。
 
 その一方で、ユナイテッドはクリスタル・パレスで頭角を現した21歳の右SBアーロン・ワン=ビサカにも関心を寄せている。

 すでに4000万ポンド(約58億円)のオファーを断られたと言われるが、『Sky Sports』は、ユナイテッドが2度目のオファーを準備中だと伝えている。

 18-19シーズンのプレミアリーグで失点数(54)がトップ10にも入らなかったユナイテッドは、再建に向けた懸案事項である守備強化を推し進めることができるだろうか。今後の動向に注目したい。

† Red Devils Manchester United 1370 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1559651440/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:34 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ベルギー代表デニス・プラートとアンデルセンに2度目の獲得オファー サンプドリアは拒否か

アーセナル、総額59億円で2度目のオファー。2枚獲り目指すもサンプドリアが拒否
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00325491-footballc-socc
デニスプラートとアンデルソン.jpg

 サンプドリアに所属する25歳のベルギー代表MFデニス・プラートと23歳のデンマーク人DFヨアキム・アンデルセンを獲得するため、アーセナルが2度目のオファーを提示したが拒否されたようだ。10日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

 最初に総額3700万ポンド(約51億円)のオファーを提示するも拒否されていた。同紙によると、今度は総額4300万ポンド(約59億2000万円)のオファーを提示したという。しかし、これも断られたようだ。サンプドリア側は総額4900万ポンド(約67億4000万円)を望んでいる模様。

 今夏の移籍市場で、アーセナルはメスト・エジルやヘンリク・ムヒタリアンなど何人かの選手を売却する可能性がある。アーロン・ラムジーもユベントスへ移籍することになり、手薄となる中盤の補強は必要だ。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1374】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1559481991/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、U21英代表ワン・ビサカ獲得の2度目のオファー準備!最初の55億円オファーはC・パレスが拒否

マンU、提示額引き上げ2度目のオファーへ。最初の55億円はC・パレスが拒否
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00325478-footballc-socc
ワン・ビサカ.jpg

 クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカを獲得するため、マンチェスター・ユナイテッドが2度目のオファーを準備しているようだ。10日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 同紙によると、ユナイテッドは最初に4000万ポンド(約55億円)のオファーを提示したが断られたという。そこで、今度は5000万ポンド(約68億8000万円)ほどのオファーを準備している模様。C・パレス側は6000万ポンド(約82億5000万円)を望んでいる。

 ワン=ビサカはC・パレスの下部組織で育ち2018年1月にトップチームへ昇格。今季は公式戦39試合に出場し4アシストを記録していた。C・パレスとは2022年6月まで契約を残しているが、今夏に移籍することになるのだろうか。

† Red Devils Manchester United 1370 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1559651440/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米GK、まさかの珍プレーが話題に「凡ミス・オブ・ザ・イヤー」

【サッカー】コロコロパスをまさか空振り…米GKの笑撃プレーに「凡ミス・オブ・ザ・イヤー」の声
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560177789/
MLS珍オウンゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/06/10(月) 23:43:09.67 ID:/aPgIgAP9.net

米MLSでGKベガのまさかの珍プレーが話題「悪夢を見た」
 米メジャーリーグサッカー(MLS)での信じられないようなGKのミスが話題を呼んでいる。味方からの何でもないパスをトラップミス。そのままゴールに入ってしまう笑撃の瞬間を、海外メディアが動画付きで公開。サッカーファンからは「プロでどうすればこんなことができるんだ」などと驚きを通り越し、呆然とするような反響の声が集まっている。
https://the-ans.jp/news/63263/3/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=63263_6

勝負にミスはつきものだが、これは……。呆れるばかりのプレーが起きたのは8日(日本時間9日)の同リーグ、サンノゼ・アースクエイクスとFCダラスの一戦だった。

 0-0の前半27分。サンノゼのGKダニエル・ベガがまさかの珍プレーを犯してしまった。自陣の左サイドの味方からコロコロとグラウンダーのパスを送られた。練習のような速度でトラップミスをするほうが難しいようなパスだったのだが、次の瞬間だ。

 次のパスコースを考えていたのか、ボールから目を切り前方へ目をやるベガ。何気ないパスを収めようとしたが、ボールは自分が思っていた場所にはなかった。自身の股の間をすり抜け、かつ自身の右足に当たりコースが変わって、ゴールに吸い込まれてしまったのだ。

ファンは嘲笑「観る前にMLSだと分かった(笑)」
 アマチュアのような信じられないようなミス。英衛星放送「スカイスポーツ」は公式インスタグラムに「“凡ミス・オブ・ザ・イヤー!” サンノゼ・アースクエイクスのゴールキーパー、ダニエル・ベガは昨日チームがFCダラスと2-2で引き分けた試合で悪夢を見た」と題し、一部始終を動画で公開。目の当たりにしたファンからは怒りを通り越し、嘲笑するようなコメントも相次いでいる。

「アメリカンフットボール…」
「MLSのゴールキーパーを端的に表した例」
「プロでどうすればこんなことができるんだ」
「起こりえること」
「観る前にMLSだと分かった(笑)」
「MLSはハイクオリティ」

 痛恨のプレーで1点を先制されたものの、その後逆転に成功。しかし、後半に追いつかれ試合は2-2のドローに終わった。勝ち点3を逃した格好で、まさに悪夢のようなワンシーンになってしまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00063263-theanswer-socc

動画instagram
https://www.instagram.com/p/Byf1_3Mglnb/?utm_source=ig_embed



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

シント・トロイデン、今夏の日本人補強は無しか?クラブ会長「昨夏は多く獲り過ぎた」(関連まとめ)

【サッカー】<ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)>今夏は日本人選手獲得なし。昨季6人所属は「多すぎた」と会長
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560163858/
STVV5人.jpg
1: Egg ★ 2019/06/10(月) 19:50:58.51 ID:6MNW0pZi9.net

ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)は、今夏の移籍市場では新たな日本人選手を獲得することは考えていないという。ダビド・メースケンス会長が地元紙『HBVL』に語ったとしてベルギー『voetbalkrant』が伝えた。

 2017年11月に日本のDMMが経営権を取得したSTVVは、積極的に日本人選手の補強を進めてきた。2018/19シーズンにはDF冨安健洋、小池裕太(3月から鹿島アントラーズに期限付き移籍)、MF遠藤航、関根貴大、FW鎌田大地、木下康介と実に6人の日本人選手が所属していた。

 チーム最多の15得点を挙げた鎌田や、不動のCBとして守備を支えた冨安などを中心に、日本人選手たちはチームの好成績に貢献。STVVは6位以内でのPO1 (優勝プレーオフ)出場こそ惜しくも逃したものの、過去9年間では最高成績となる7位でレギュラーシーズンを終えた。

 だがメースケンス会長は、「これ以上日本人選手を獲ることはない。実際のところ、昨夏は多くの選手を獲りすぎた」とコメント。「ベルギー人選手を求めている。さらに言えば(地元)リンブルフの選手を」と述べ、地元重視への方針転換を主張している。

 昨季在籍した日本人選手たちのうち、鎌田と関根はレンタル満了により一旦ドイツへ戻ることになる。高い評価を受けている冨安は他クラブへの移籍が盛んに噂され、遠藤も先月の時点でSTVV残留は「五分五分」だとベルギーメディアに話していた。

6/10(月) 19:01 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00325395-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190610-00325395-footballc-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:38 | 大阪 ☔ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベルギー代表カラスコ、アーセナル移籍が近づく プレミア初挑戦へ

カラスコがプレミア初参戦へ アーセナル加入が目前に迫る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00010002-sportes-socc
カラスコアーセナル.jpg

元アトレティコ・マドリーでプレーし、2018年3月から中国の大連一方でプレーするベルギー人MFヤニック・カラスコはアーセナルからオファーを受けており、ヨーロッパサッカー界への復帰に迫っているようだ。

アーセナルは既に冬の市場でもカラスコをターゲットにしていたが、最終的にガナーズはバルサからデニス・スアレスをローン移籍で獲得する決断を下した。

現在、ユーロ2020の予選でベルギー代表に招集されているカラスコは既に中国サッカー界欧州への復帰願望を明かしている。
「交渉は非常にうまく進んでいる。僕はこのチーム(大連一方)にとって非常に重要な選手だと認識しているが、家族、個人的な観点から僕はヨーロッパに戻りたいと考えている」

プレミアリーグへの参戦はカラスコにとって新たなチャレンジとなるだろう。
「(プレミアリーグは)よりフィジカル面が求められるが、同様に走るための多くのスペースがある」

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1375】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1559874229/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポルトガル、オランダ下しネーションズリーグ初代王者に!ベルナルド・シウバ絶妙アシストをゲデスが豪快決勝ゴール!(関連まとめ)

【サッカー】ポルトガルがネーションズリーグ初代王者に! オランダは堅守光るも攻撃不発…ゲデス豪快弾に沈む
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560129428/
ポルトガルポルトガルNL優勝02.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/06/10(月) 10:17:08.54 ID:/aPgIgAP9.net

[6.9 UNL決勝 ポルトガル1-0オランダ]

 UEFAネーションズリーグは9日、決勝を行った。ポルトガル代表とオランダ代表の対戦は、ポルトガルが1ー0で勝利。ネーションズリーグ初代王者に輝いた。

 今季からスタートしたネーションズリーグは、リーグAの各グループ首位4チームが決勝トーナメントに進出。準決勝ではポルトガルがスイスに、オランダがイングランドにそれぞれ勝利し、決勝へと駒を進めていた。

 ポルトガルは4-4-2の布陣。GKルイ・パトリシオ、DFネウソン・セメド、DFジョゼ・フォンテ、DFルベン・ディアス、DFラファエル・ゲレイロが後方に配置され、中盤はMFブルーノ・フェルナンデス、MFダニーロ・ペレイラ、MFウィリアム・カルバーリョが起用された。トップ下にFWベルナルド・シウバが入り、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWゴンサロ・ゲデスが前線に配置された。

 オランダは4-3-3の布陣を敷く。守備陣はGKヤスパー・シレッセン、DFダレイ・ブリント、DFフィルヒル・ファン・ダイク、DFマタイス・デ・リフト、DFデンゼル・ダンフリース。中盤にはMFジョルジニオ・ワイナルドゥム、MFフレンキー・デ・ヨング、MFマルテン・デ・ローンが起用され、前線はFWライアン・バベル、FWメンフィス・デパイ、MFスティーブン・ベルフワインが配置された。

 前半は圧倒的なポルトガルペース。C・ロナウドやB・シウバ、B・フェルナンデスらが中心となり、PA内外からシュートを連発させる。しかしオランダもファン・ダイクやデ・リフトを中心に跳ね返し続ける。前半はポルトガルがシュート12本、オランダはシュート0本という対照的な内容となった。

 オランダは後半からバベルに代えてMFクインシー・プロメスを投入。少しずつ勢いを取り戻しつつ、さらに後半15分にはベルフワインに代えてMFドニー・ファン・デ・ベークも入れる。

 しかし先に均衡を崩したのはポルトガル。同15分に左サイドを突破し、B・シウバがPA左に進入する。体をゴール方向に向けたままノールックでPA手前に折り返すと、パスを受けたG・ゲデスが右足ミドル。コースは甘くシレッセンの左手に触れられるが、凄まじい勢いとスピードでゴールに突き刺した。

 オランダはFWルーク・デ・ヨングなどを投入し、前線からゴールを狙うも攻撃は単発に終わる。そのままポルトガルが手堅く守り切り、1-0で終了。新たな欧州大会の歴史に名を刻んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-43468070-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:54 | 大阪 ☔ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

女子W杯 ドイツが中国に1-0勝利!ノルウェーがナイジェリアに3-0完勝!スペインは南アフリカに3-1逆転勝利

【サッカー】女子W杯GS第1節 ドイツが中国に1-0勝利!ノルウェーがナイジェリアに3-0完勝!スペインは南アフリカに3-1逆転勝利
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560037907/
ドイツフランスノルウェースペイン女子W杯.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/06/09(日) 08:51:47.46 ID:hM7VShen9.net

FIFA女子ワールドカップ フランス2019のグループステージ第1節が8日に行われた。

 ドイツは中国と対戦し、66分に19歳のMFジュリア・グヴィンがCKのこぼれ球を叩き込んで1−0で勝利。12年ぶり3度目の優勝に向けて白星スタートを飾った。

 2大会連続出場のスペインは、初出場の南アフリカと対戦。25分に南アフリカFWテンビ・クゲトラナに鮮やかな右足ミドルで歴史的なゴールを決められたが、66分にFWジェニファー・エルモソが相手のハンドで得たPKを決めて同点に追いつく。81分には南アフリカDFノサンド・ヴィラカジが2枚目のイエローカードで退場。スペインは82分、これで得たPKを再びエルモソが沈めて逆転に成功し、89分にルシア・ガルシアがダメ押しゴールを挙げて3−1で勝利した。

 ナイジェリアと対戦したノルウェーは、17分に右CKのショートコーナーでMFグーロ・レイテンがペナルティエリア右から左足シュートを押し込んで先制した。34分にはリサ・マリエ・アトランドがエリア右でレイテンのパスをダイレクトで叩き込み、直後の37分にはイザベル・ヘルロブセンのクロスが相手のオウンゴールを誘って3−0で快勝。24年ぶり2度目の世界制覇へ好スタートを切った。

■グループステージ第1節
▼6月7日
フランス 4−0 韓国(グループA)

▼6月8日
ノルウェー 3−0 ナイジェリア(グループA)
ドイツ 1−0 中国(グループB)
スペイン 3−1 南アフリカ(グループB)

▼6月9日
オーストラリア vs イタリア(グループC)
ブラジル vs ジャマイカ(グループC)
イングランド vs スコットランド(グループD)

▼6月10日
アルゼンチン vs 日本(グループD)
カナダ vs カメルーン(グループE)

▼6月11日
ニュージーランド vs オランダ(グループE)
チリ vs スウェーデン(グループF)
アメリカ vs タイ(グループF)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00946005-soccerk-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯王者フランス、トルコに敗戦!イタリアとスペインは3連勝!ドイツはベラルーシに快勝し連勝 EURO予選第3節(関連まとめ)

【サッカ】<世界王者フランス>トルコに敗れる!トルコ、ベルギー、イタリアが3連勝/ユーロ2020予選
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560032113/
トルコ2019EURO予選第3節.jpg
1: Egg ★ 2019/06/09(日) 07:15:13.35 ID:uV/tvz3k9.net

 EURO2020予選・グループH第3節が9日に行われ、トルコ代表とフランス代表のグループH上位2チームが対戦。2−0でホームのトルコが勝利を収めた。

 試合は30分、トルコがフリーキックを獲得すると、ジェンギズ・ウンデルのクロスをペナルティエリア右のマームト・テクデミルがゴール前に頭で折り返す。カーン・アイハンはヘディングでゴール中央に押し込み、トルコが先制に成功した。

 さらにトルコは40分、高い位置でドルクハン・トキョズがこぼれ球を拾うと、右サイドに上がってきたウンデルに展開。ウンデルはペナルティエリア右からゴール左に流し込み、トルコが追加点を挙げる。

 豪華メンバーを揃えたフランスはその後も得点を奪うことができず、このまま試合終了。2−0でホームのトルコがフランスに勝利した。

 次節は12日に行われ、トルコはアイスランド代表とアウェイで、フランスはアンドラ代表とアウェイで対戦する。

【スコア】
トルコ代表 2−0 フランス代表

【得点者】
30分 1−0 カーン・アイハン(トルコ代表)
40分 2−0 ジェンギズ・ウンデル(トルコ代表)

【スターティングメンバー】
トルコ代表
ギュノク;カルドゥム、デミラル、アイハン、チェリク;カラマン、カフヴェジ(80分 トゥファン)、M・テクデミル、D・トキョズ(90分 オミュル)、C・ウンデル(85分 ヤズジェ);ユルマズ

フランス代表
ロリス;ディニュ(46分 メンディ)、ユムティティ、ヴァラン、パヴァール;マテュイディ(46分 コマン)、ポグバ、グリーズマン、シソコ、ムバッペ;シルー(72分 ベン・イェデル)

【第3節終了時点でのグループH順位表】
1位 トルコ(勝ち点9/得失点差8)
2位 フランス(勝ち点6/得失点差5)
========予選突破========
3位 アイスランド(勝ち点6/得失点差−1)
4位 アルバニア(勝ち点3/得失点差0)
5位 モルドバ(勝ち点3/得失点差−6)
6位 アンドラ(勝ち点0/得失点差−6)

6/9(日) 6:54配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00946045-soccerk-socc


2: Egg ★ 2019/06/09(日) 07:15:40.79 ID:uV/tvz3k9.net

現地時間8日、UEFAユーロ2020の予選が各地で行われた。

グループHでは世界王者フランスが第3節で、アウェーでのトルコ戦に挑んだ。2連勝同士の対戦となったが、トルコは30分にカーン・アイハンが先制ゴールを決めると、40分にもジェンギズ・ウンデルがネットを揺らし、前半だけでトルコは2−0とリード

このままフルタイムを迎え、トルコがW杯王者フランスを撃破している。トルコは3連勝でH組首位に躍り出た一方、フランスは2勝1敗でグループ2位となった。

グループCではドイツが敵地ベラルーシでの2戦目に挑み、レロイ・サネ、マルコ・ロイスのゴールにより2−0で勝利を収めている。なお、グループCは3試合を消化し3連勝の北アイルランドが勝ち点9で単独首位。2試合消化のドイツは勝ち点6で2位に付けている。

グループIに属している強豪ベルギーはホームでカザフスタンと激突し、3−0で順当に勝利を収めた。

イタリアは敵地でギリシャを3−0で撃破し、これで3連勝。勝ち点を9に伸ばし、グループJ単独首位の座をキープしている。

■ユーロ2020予選の主な結果
ベラルーシ 0−2 ドイツ
トルコ 2−0 フランス
ベルギー 3−0 カザフスタン
スコットランド 2−1 キプロス
ギリシャ 0−3 イタリア
エストニア 1−2 北アイルランド
アゼルバイジャン 1−3 ハンガリー
モルドバ 1−0 アンドラ
ロシア 9−0 サンマリノ
アルメニア 3−0 リヒテンシュタイン
フィンランド 2−0 ボスニア・ヘルツェゴビナ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00010003-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

マンU、ウェールズ代表ダニエル・ジェームズを2部スウォンジーから獲得!スールシャール政権の第1号補強に

マンUがスウォンジーからウェールズ代表の快足FWを獲得!スールシャール政権の補強第1号に!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190608-00059747-sdigestw-socc
ダニエル・ジェームズスウォンジー.jpg

ギグスの下で昨年11月に代表デビュー
 現地時間6月7日、マンチェスター・ユナイテッドは、スウォンジーに所属するウェールズ代表FWのダニエル・ジェームズとの契約に関して“原則”合意に達したと公式ホームページで発表した。

「取引の詳細は、来週にアナウンスする」としており、移籍金などは明らかになっていないが、『Sky Sports』によると、総額1800ポンド(約26億円)になるのではないかと見られている。

 現在21歳のジェームズは、FAカップで対戦したマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が「信じられないほど速い」と評した快足ウイングで、攻撃的MFでも機能。18-19シーズンは、イングランドの2部リーグで33試合に出場し、4ゴール・9アシストをマークした。
 
 昨年11月に元ユナイテッドのライアン・ギグス監督の下でウェールズ代表デビューを果たし、今年3月には代表初ゴールを奪っている俊英だ。

 18年12月に誕生したオレ・グンナー・スールシャール政権では、このジェームズが第1号の補強となる。ここからユナイテッドが大刷新に動くのか――。注目が集まる。

† Red Devils Manchester United 1370 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1559651440/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、ベルギー代表アザール獲得を公式発表!移籍金は最大179億円!チェルシーの6個のタイトルに貢献(関連まとめ)

【サッカー】レアル・マドリード、アザールの加入を正式発表! 念願の移籍がついに実現!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1559938970/
アザール2019EL優勝.jpg

1: 豆次郎 ★ 2019/06/08(土) 05:22:50.99 ID:aACYsNPT9.net

6/8(土) 5:14配信
レアル、アザールの加入を正式発表! 念願の移籍がついに実現!

 レアル・マドリードはチェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールを獲得した。7日にクラブ公式HPにて発表している。なお、契約は2024年6月30日までの5年間となっている。

 アザールは2007−08シーズンにリールにてプロデビューを飾った。2011−12シーズンにリーグ戦で20ゴール18アシストと活躍した後、チェルシーへと移籍を果たした。同クラブでは8年間の在籍で352試合に出場110ゴール92アシストをマーク。2度のプレミアリーグ優勝やヨーロッパリーグ(EL)制覇など、計6度のタイトル獲得に貢献してきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00944133-soccerk-socc


アザールのレアル移籍が決定! 移籍金+ボーナスで最大179億の大型ディールと英報道
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190608-00194428-soccermzw-socc

ベイル、C・ロナウドを上回る金額となることが確定的に
 スペインの強豪レアル・マドリードは現地時間7日、イングランド・プレミアリーグのチェルシーからベルギー代表MFエデン・アザールを獲得したことを正式に発表した。

 レアルはアザールとの契約が2024年6月までの5年間であることを発表。今後、メディカルチェックを経て現地時間13日に本拠地サンチャゴ・ベルナベウでお披露目を行うとしている。

 すでにアザールのレアル行きは極めて濃厚とされていたなかでの正式発表になった。英紙「メトロ」は、その移籍金をベースが8800万ポンド(約121億円)で、成果ボーナスにより最大1億3000万ポンド(約179億円)まで上昇すると報じている。これは、レアルが獲得した選手のなかでもウェールズ代表FWギャレス・ベイルやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを上回るところまでいくのが確定的な金額になった。

 チェルシーはアザールとの契約延長を目指していたが、同紙は最終的にチェルシーが来年に移籍金ゼロでアザールを失うリスクを避け、現金を手中にする選択をしたと伝えている。チェルシーは当初アザールの移籍金に1億ポンド(約138億円)を要求していたものの、成果ボーナスを含めたところで妥協点を見つけたとされた。

 今季のレアルはロナウドがイタリア王者ユベントスに電撃移籍した後、その穴を埋めるような大型補強ができなかった。それが苦しいシーズンの原因になったという批判も受けたが、来季に向けてはまさにクラブ史上に残る大きな投資でビッグネームをいち早く獲得する形になった。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:37 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィオレンティナ、米メディアコム社CEOコミッソ氏が買収「私は常にイタリアサッカーファン」(関連まとめ)

【サッカー】<“大富豪”米メディアコム社CEO>フィオレンティーナ買収!セリエAに参戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1559916794/
コミッソCEO.jpg

1: Egg ★ 2019/06/07(金) 23:13:14.02 ID:7tsdDea/9.net

 セリエAのフィオレンティーナは6日、アメリカの放送ネットワーク企業「メディアコム」の創業者でCEO(最高経営責任者)を務めるロッコ・コミッソ氏が新オーナーとなったことを発表した。

 コミッソ氏は1949年にイタリアのカラブリア州で生まれ、12歳の時にアメリカへ移住。週に40時間ほど働きながら高校に通い、奨学金を得てコロンビア大学に入学した。

コロンビア大学で経営学の修士号を取得したコミッソ氏は、1985年にケーブルテレビ事業を中心とする企業「メディアコム」を設立した。69歳となった現在でもCEOを務め、米経済誌「フォーブス」が公表する世界長者番付では424位となっている。その資産は48億ドル(約5200億円)と伝えられている。

 コミッソ氏はサッカー経験があり、大学時代はコロンビア・ライオンズの一員としてNCAAでプレーオフに出場。大学卒業後もセミプロとしてプレーを続ける傍らで、指導者としても活動していた経歴を持っている。そして2017年に米4部相当NPSLのニューヨーク・コスモスを買収。現在もオーナーを務めている。

 新たにフィオレンティーナの新オーナーとなったコミッソ氏は、クラブの公式サイトを通じて「私は常にイタリアのサッカーのファンです。フィオレンティーナという伝統あるクラブの歴史で、次の章を描くことに貢献できる機会を得られたことに対し、信じ難いほど光栄に思っており言い表す言葉がありません」とコメントしている。

 今季は16位と低迷したフィオレンティーナは巻き返しが急務。そのためにもコミッソ氏の手腕に期待が寄せられている。

6/7(金) 23:01 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190607-00194288-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190607-00194288-soccermzw-000-1-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング