アンテナ・まとめ RSS

2017年09月15日

サウジ代表ファンマルバイク監督、まさかの退任!後任は元アルゼンチン代表監督のバウサ氏

【サッカー】<サウジアラビア代表ファン・マルヴァイク監督>ロシアW杯出場決定も・・・まさかの退任!新監督はバウサ氏
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505424657/
ファンマルバイク監督.jpg

1: Egg ★@\(^o^)/ c2ch.net 2017/09/15(金) 06:30:57.55 ID:CAP_USER9.net

サウジアラビア代表を率いるベルト・ファン・マルヴァイク監督が、退任することが明らかになった。

サウジアラビア代表はロシア・ワールドカップアジア最終予選最終戦で日本に勝利し、ロシア行きを決めた。

ファン・マルヴァイクとサウジアラビア代表の契約は予選までとなっていたため、ここ数日は延長交渉が行われていた。

しかし、直後にファン・マルヴァイクの側近でもある代表のスタッフが解任され、指揮官はそれが受け入れられなかったことを退任理由として説明している。

また、サウジアラビアサッカー協会は、永久的に同国に住むことも指揮官に求めていたことが明らかになった。しかし、ファン・マルヴァイクにそのつもりはなかったようだ。

「私はここにずっとは住みたくない。(選手たちから多くの電話が来たとし、)彼らは私が退任しなければならないことを理解できないと思う。本当に私とロシアに行きたかっただろうね」

なお、新監督はアルゼンチン代表を率いた経験を持つエドガルド・バウサとなる。

9/15(金) 6:16配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000045-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170915-00000045-goal-000-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

レヴァンドフスキ、レアル移籍の噂が再燃!バイエルンの補強方針を批判(関連まとめ)

【サッカー】レヴァンドフスキ、レアル移籍の噂が再燃…バイエルンの補強方針批判で
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505312446/
レヴァンドフスキ2017ゴール.jpg

1: プエルトリコ ★@\(^o^)/ 2017/09/13(水) 23:20:46.37 ID:CAP_USER9.net

たったひとりの選手の在、不在で破綻するシステム

補強方針を巡ってクラブ首脳陣を批判したバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキだが、これによりレアル・マドリード移籍の可能性が浮上している。スペイン紙『マルカ』が12日付で報じた。

 先日、レヴァンドフスキはドイツの週刊誌『シュピーゲル』に対して「国際舞台での成功を望むのであれば、バイエルンは考える必要があると思う」と発言し、クラブの補強方針を批判。これに対してバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が「このような発言は残念なこと。彼はチームメイトへの批判も言っていたしね」と苦言を呈し、話題となっていた。

 また、同CEOはレヴァンドフスキの「アジアツアーは何の役にも立っていない」との不満についても「彼のお気に入りといわれているレアル・マドリードは、我々よりも長く、アジアに2倍の滞在日数を割いていたのだがね」と言及したが、今回『マルカ』紙はそのレアル・マドリード移籍の可能性について伝えている。

 長らくの間、レアル・マドリードはレヴァンドフスキへの関心を報じられていた。その始まりは2012−13シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝まで遡る。当時ドルトムントに所属していた同選手は、レアル・マドリードとの準決勝で4得点をマーク。この活躍がフロンティーノ・ペレス会長の目に留まり、レアル・マドリードは同選手の獲得を目指したが、先に動き出していたバイエルンが移籍を成立させ、“夢”は叶わなかった。その2年後にもレアル・マドリードは同選手の獲得に動いたが、この時はバイエルンが売却を拒否。移籍は実現を見ることなく、現在に至っている。

 だが、今回の首脳陣批判が引き金となり、レアル・マドリードへの移籍可能性が再燃している模様。「レヴァンドフスキとレアル・マドリードが共にする夢」と題して記事を組んだ同紙は、「レアル・マドリードのサポーターがレヴァンドフスキの白いシャツ姿に興奮するように、ストライカー自身もいつかスペイン王者のためにプレーしたいと思うだろう」と述べ、両者が相思相愛の関係にあると報じた。

 バイエルンでコンスタントに得点を量産してきたレヴァンドフスキだが、果たしてスペインに新天地を求めることとなるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00641855-soccerk-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:05 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CL初出場のライプツィヒ、フォルスベリ先制弾もモナコと1-1ドロー!ナポリはシャフタールに1-2で敗れる(関連まとめ)

「CL初ゴールは特別な気持ち」。ライプツィヒでクラブ史上初得点を決めた選手は?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170914-00231281-footballc-socc
フォルスベリ2017CL第1節ゴール.jpg

地時間13日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージの試合が行われ、RBライプツィヒはホームでモナコと対戦し1-1で引き分けた。

 クラブ史上初のCL出場となったライプツィヒは33分にスウェーデン代表FWエミル・フォルスベリが初ゴールを決めるも、直後に失点し初勝利とはならなかった。

 試合後フォルスベリは「ライプツィヒにとってCLで初めてのゴールを決めることが出来て特別な気持ちだし誇りに思っている。直後に失点したのは残念だったが、強豪モナコ相手に引き分けられたのは上出来だ」とコメントしている。

 次節ライプツィヒは26日にアウェイでベジクタシュと対戦する。今度はCL初勝利を挙げることが出来るのだろうか。
【CL】C・ロナウド、2ゴールで存在感を発揮! 王者マドリー、マンCが大勝スタート!! etc.
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170914-00029968-sdigestw-socc

同グループでは、シャフタール・ドネツクがホームでナポリを2-1で下している。今シーズンは開幕から公式戦での連勝を続けている好調なチーム同士の対決だったが、ナポリの記録は5でストップ。一方、シャフタールは7連勝となった。
 
 CL初出場のRBライプツィヒは、昨シーズン、快進撃を見せたモナコと1-1。エミル・フォシュベリのパワフルな一撃によるリードは守り切れなかったが、初戦で難敵相手に勝点を得たことは、少なからず今後に向けての自信となったことだろう。

【RasenBallsport】 RB Leipzig レッドブル4本目
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1493377106/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、C・ロナウド2ゴールとセルヒオ・ラモスのオーバーヘッド弾でアポエルに3-0完勝!CL第1節

C・ロナ2発にS・ラモスのオーバーヘッド弾! 王者レアル、3連覇へ快勝スタート
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00642096-soccerk-socc
Cロナウド2017CL第1節ゴール.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節が13日に行われ、レアル・マドリードとアポエルが対戦した。

 早くも開幕を迎えた今シーズンのCL。3連覇に挑む王者レアル・マドリードは初戦でアポエルをホームに迎えた。先発にはリーグ戦を出場停止で欠場しているFWクリスティアーノ・ロナウドのほか、FWギャレス・ベイルやMFイスコらが起用された。

 先制したのはレアル・マドリード。12分、左サイド高い位置でボールを受けたベイルが鋭いラストパスを通すと、ファーサイドのC・ロナウドが右足で流し込んだ。

 1点リードで後半を迎えたレアル・マドリードは51分、ベイルのクロスが相手DFのハンドを誘ってPKを獲得。これをC・ロナウドがしっかりとゴール左下に決め、リードが2点に広がった。

 さらに61分、左サイドからマルセロが上げたクロスがゴール前にこぼれたところを、攻め上がっていたセルヒオ・ラモスがオーバーヘッドで押し込み、試合を決定づける3点目となった。

 試合はこのまま終了し、王者レアル・マドリードが3連覇へ向けて好スタートを切っている。

 次節、レアル・マドリードは26日にアウェイで日本代表MF香川真司所属のドルトムントと、アポエルは同日にホームでトッテナムと対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 3−0 アポエル

【得点者】
1−0 12分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)
2−0 51分 クリスティアーノ・ロナウド(PK)(レアル)
3−0 61分 セルヒオ・ラモス(レアル)

◆◇El Blanco Real Madrid 909◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1505037300/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、コウチーニョ復帰もセビージャに終盤追いつかれ2-2ドロー!CL第1節(関連まとめ)

コウチーニョ復帰のリバプール、セビージャに終盤追いつかれCL初戦はドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170914-00231267-footballc-socc
コウチーニョ2017CL初戦.jpg


【リバプール 2-2 セビージャ チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦】

 現地時間13日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦の試合が行われ、リバプールはセビージャと対戦。一時勝ち越しに成功するも、後半に追いつかれリバプールはセビージャと2-2の引き分けに終わっている。

 試合開始して5分、セビージャのウィサム・ベン・イェデルに先制点を奪われてリードを許すが、21分にアルベルト・モレノが得点して同点に追いついた。37分には新加入のモハメド・サラーがゴールを決めて勝ち越しに成功。しかし72分、ホアキン・コレアに同点ゴールを決められてしまった。

 76分には、移籍騒動の渦中にあったフィリッペ・コウチーニョがエムレ・ジャンとの交代で今季初出場を果たす。後半アディショナルタイムにはジョー・ゴメスが2枚目のイエローカードを提示されて退場した。結局、リバプールは勝ち越し点を奪うことはできず2-2の引き分けに終わっている。

【得点者】
5分 0-1 ベン・イェデル(セビージャ)
21分 1-1 モレノ(リバプール)
37分 2-1 サラー(リバプール)
72分 2-2 コレア(セビージャ)

〓〓 Liverpool FC 〓 824 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1505311985/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ストーンズ2ゴールなど敵地でフェイエノールトに4-0完勝!CL第1節

マンチェスター・Cが敵地でフェイエノールト相手に4発大勝/CLグループF第1節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000041-goal-socc
ストーンズ2017CL初戦ゴール.jpg


■UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節

フェイエノールト 0−4 マンチェスター・シティ

得点者

マンチェスター・C:ストーンズ(2分、63分)、アグエロ(10分)、G・ジェズス(25分)

現地時間13日、UEFAチャンピオンズリーグ、グループリーグの第1節フェイエノールトvsマンチェスター・Cが行われた。

オランダ王者フェイエノールトのホームに乗り込んだマンチェスター・Cは序盤からゲームを支配し、開始2分で先制に成功する。CKの流れからジョン・ストーンズがヘディングで合わせて、マンチェスター・Cが早くも試合を先行する形に。

10分にはカイル・ウォーカーからのクロスにセルヒオ・アグエロがダイレクトシュートを叩き込み、スコアが2−0に。25分には波状攻撃からGKのディフレクトをガブリエウ・ジェズスが押し込んで、25分にしてマンチェスター・Cが3点のリードに成功する。試合は3−0のまま前半終了。

後半に入ってもマンチェスター・Cのペースで進み、63分にはケビン・デ・ブルイネのクロスにストーンズがまたしても頭でねじ込み、この試合2ゴール目を記録している。

ホームのフェイエノールトは反撃を狙うも1点が遠く、0−4でアウェーのマンチェスター・Cが勝利を収めている。なお、ボール支配率は28−72%、シュート本数は8−11本という内容だったが、フェイエノールトの枠内シュートはわずか1本だった。


BLUEMOONマンチェスターシティ 235cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1504967693/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

FA、マネを3試合出場停止処分に決定!リバプールの処分軽減の申し立ては棄却

マネ、3試合の出場停止が確定…リヴァプールの異議申し立ては棄却
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00641881-soccerk-socc

マネキック.jpg

イングランドサッカー協会(FA)は12日、セネガル代表FWサディオ・マネへの処分に対するリヴァプールの異議申し立てを棄却したと発表した。

 9日に行われたプレミアリーグ第4節で、リヴァプールはマンチェスター・Cと対戦した。先発出場したマネは37分、前線へのロングボールに反応した際、そのボールに対応しようとしたブラジル人GKエデルソンと交錯。負傷したエデルソンはそのまま交代し、マネは一発退場となっていた。

 マネには3試合の出場停止処分が下されたが、リヴァプールは一連のプレーについて故意ではなかったとしてFAに処分軽減を懇願。1試合または2試合への出場停止処分軽減を訴えていた。

 しかし、FAはリヴァプールによる異議申し立てを却下。「独立規律委員会の聴収に基づいて、主張を棄却する」と発表した。これにより、同選手の3試合出場停止が確定している。

 マネに対する出場停止処分の対象試合は以下の3試合。

9月16日 第5節 vsバーンリー(H)
9月19日 リーグ杯3回戦 vsレスター(A)
9月23日 第6節 vsレスター(A)

〓〓 Liverpool FC 〓 823 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1504994389/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ルカクとラッシュフォードがCL初ゴールでバーゼルに3-0完勝!ポグバが負傷交代 CL第1節まとめその2(関連まとめ)

ルカク&ラッシュフォードがCLデビュー弾!バーゼルに快勝でマンUが“夢の劇場”で白星発進
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-01644013-gekisaka-socc
ルカクとラッシュフォード.jpg

[9.12 欧州CLグループリーグ第1節 マンチェスター・U 3-0 バーゼル]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグが12日に開幕した。A組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)はホームにバーゼル(スイス)を迎え、3-0で勝利した。なお、第2節は9月28日に行われ、ユナイテッドは敵地でCSKAモスクワ(ロシア)、バーゼルはホームでベンフィカ(ポルトガル)と対戦する。

 昨シーズン、唯一欠けていたヨーロッパリーグを制覇し、2シーズンぶりに欧州CLの舞台に戻ってきたユナイテッド。プレミアリーグでは、9日のストーク・シティ戦こそ2-2で引き分けたものの、開幕から3勝1分と好スタートを切っている。この日のスタメンは、DFクリス・スモーリングとDFエリック・バイリーが出場停止ということもあり、ストーク戦から6人を変更。新戦力DFビクトル・リンデレフとFWアントニー・マルシャル、MFフアン・マタらがスターティングメンバーに名を連ねた。

 スイス王者のバーゼルは、ここまでリーグ戦で3勝2分2敗と思うような結果を残せておらず、直近3試合は2分1敗と調子を落としている。さらに欧州カップ戦8試合で3分5敗と勝利がなく、戦前の予想通り、試合はユナイテッドペースで進んだ。前半14分、マルシャルのパスをPA右からマタが左足アウトで中央に入れ、MFヘンリク・ムヒタリアンがフリーでヘッドもクロスバー上に外してしまう。

 ユナイテッドは先制点を挙げられないでいると、前半17分にアクシデント発生。MFポール・ポグバがボールホルダーにプレッシャーをかけた際に左腿裏あたりを痛めてしまい、MFマルアン・フェライニとの交代を余儀なくされる。22分には、マタのパスをPA右で受けたFWロメル・ルカクが縦に仕掛けて素早く中央に折り返すと、ニアでムヒタリアンが右足シュート。右ポストの跳ね返りを再びムヒタリアンが右足で狙うも決めきれず、絶好のチャンスを逃した。

 徐々にバーゼルの攻撃がシュートまでつながるようになり、ユナイテッドにとっては嫌な流れが漂い始める。だが、この流れを断ち切ったのは“ビッグマン ”だった。前半35分、ムヒタリアンが右サイドに大きく展開。右SBアシュリー・ヤングが対峙した相手DFをあわしてクロスを供給すると、ゴール前に走り込んでいたフェライニが打点の高いヘディングシュートを叩き込み、先制に成功した。

 後半は立ち上がりこそバーゼルが攻め込んだが、ユナイテッドは8分、左サイドからDFダレイ・ブリントが上げたクロスをファーサイドのルカクが頭で合わせ、2-0。欧州CLへの出場を希望し、今夏ユナイテッドに加入したルカクがデビュー戦で嬉しい初ゴールを挙げた。さらに17分、左サイドの浅い位置でFKを獲得し、ムヒタリアンがゴール前に放り込むと、これもルカクがヘディングシュート。しっかり地面に叩きつけたが、GKトマーシュ・バツリークに弾き出された。

 これで余裕が生まれたユナイテッドは後半24分にMFジェシー・リンガード(24)、32分にFWマーカス・ラッシュフォード(19)と若手を送り込む。すると39分、ワンツーでPA右に侵入したフェライニがライン際からマイナスに折り返し、ニアのムヒタリアンは合わせることができなかったが、中央まで流れたボールをラッシュフォードが右足で流し込み、3-0。ラッシュフォードも欧州CLデビュー戦で初ゴールを挙げた。

 試合はそのまま3-0でタイムアップ。欧州CLに復帰した“赤い悪魔”が、“夢の劇場”(オールド・トラッフォード)から新たな挑戦をスタートさせた。

† Red Devils Manchester United 1246 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1505181613/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【メッシ無双】バルサ、メッシ圧巻2ゴールなどユベントスに3-0完勝!昨季の雪辱果たす!CL第1節まとめその1(関連まとめ)

【サッカー/CL】GL第1節結果 バルセロナvsユベントス、ローマvsAマドリー、セルティックvsパリ、マンUvsバーゼル etc
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505251030/
メッシ2017CL第1節ゴール.jpg

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/09/13(水) 06:17:10.18 ID:CAP_USER9.net

【グループリーグ】第1節
9月12日(火)

[グループ A]
ベンフィカ 1-2 CSKAモスクワ
50' 1-0 セフェロヴィッチ
63' 1-1 ヴィチーニョ(PK)
71' 1-2 ジャマレトジノフ

マンチェスター・U 3-0 バーゼル
35' フェライニ
53' ルカク
84' ラシュフォード


[グループ B]
バイエルン 3-0 アンデルレヒト
12' レヴァンドフスキ(PK)
65' ティアゴ・アルカンタラ
90' キミヒ

セルティック 0-5 パリSG
19' ネイマール
34' ムバッペ
40' カバーニ(PK)
83' OG(ルスティ)
85' カバーニ

https://web.gekisaka.jp/livescore/list?season=14294&type=now


3: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/09/13(水) 06:18:19.05 ID:CAP_USER9.net

[グループ C]
チェルシー 6-0 カラバフ
5' ペドロ
30' ザッパコスタ
55' アスピリクエタ
71' バカヨコ
76' バチュアイ
82' バチュアイ

ローマ 0-0 A・マドリー


[グループ D]
バルセロナ 3-0 ユベントス
45' メッシ
56' ラキティッチ
69' メッシ

オリンピアコス 2-3 S・リスボン
2' 0-1 ドゥンビア
13' 0-2 ジェルソン・マルティンス
43' 0-3 ブルーノ・フェルナンデス
89' 1-3 パルド
90' 2-3 パルド



メッシ爆発のバルサ、ユヴェントス相手に昨季の雪辱を果たす!/CLグループD第1節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000038-goal-socc

■CLグループD第1節 バルセロナ 3-0 ユヴェントス

バルセロナ:メッシ(44分、69分)、ラキティッチ(56分)

チャンピオンズリーグ(CL)・グループD開幕節が12日に行われ、バルセロナは本拠地カンプ・ノウにユヴェントスを迎えた。

ユヴェントスはキエッリーニ、ケディラ、マルキージオ、マンジュキッチが負傷で欠場。加えてヘヴェデスをコンディション不良、クアドラードを出場停止で欠く。一方のバルセロナはアルカセルとラフィーニャを除き、全員を起用可能とした。

バルセロナはスペイン・スーパーカップのレアル・マドリー戦以降、初めてビッグクラブと対峙する。バルベルデ監督はこの一戦にメッシ、スアレス、デンベレの3トップを先発で起用している。

序盤、攻勢を強めたのはユヴェントスだ。6分、デ・シリオが左足で狙い、鋭いシュートがGKテア・シュテーゲンを襲う。その4分後にはピアニッチがミドルシュートを打ち、ドイツ人GKに好守を強いた。

対するバルセロナは18分、イニエスタがマテュイディに倒されてペナルティーアークでFKを得る。これをメッシが狙い、壁に当たってこぼれたボールをスアレスが右足で叩く。しかし、この場面ではGKブッフォンが立ちはだかる。

主審が前半の終わりを告げようとしたところで、試合が動く。先制したのは、バルセロナだった。44分、左サイドを駆け上がったアルバを囮にして、メッシがスアレスとのパス交換でバイタルエリアを破る。メッシの左足のシュートがベナティアの股を抜き、ネットを揺らした。これまでGKブッフォン相手にゴールを決めたことのなかったメッシだが、今回の対戦でその呪縛を破っている。

先制して気を良くしたバルセロナは51分、メッシのミドルシュートがポストに直撃。攻めに攻め続け、56分、ついに追加点を奪取する。メッシが右サイドを突破し、シュート性のクロスを送る。ユヴェントスDFが辛くもクリアしたこぼれ球を、ラキティッチが左足で押し込んだ。

カンプ・ノウのボルテージが最高潮に達する中、69分にバルセロナが3点目を手にする。カウンターからイニエスタのパスを受けたメッシが、ドリブルで中央に入って左足を振り抜く得意の形からゴール。メッシは早くも今季公式戦7得点目を挙げ、CL通算では116試合で96得点を記録している。

昨季ユヴェントスに敗れ、準々決勝で散ったバルセロナは、新たなエディションのCL開幕節で快勝して雪辱を果たした。4年ぶりの優勝に向け、素晴らしい滑り出しを見せている。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:10 | 大阪 ☁ | Comment(24) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【超級馬鹿試合】広州恒大、上海上港に4点差追い付き延長戦に!延長戦でフッキに絶妙FKきめられるもPKで再度追い付く!上海上港がPK戦の末に勝利!ACL準々決勝第2戦

ACL準決勝での日本勢の相手は上海上港に決定。広州恒大は奇跡に一歩届かず
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170912-00231078-footballc-socc
広州恒大対上海上港2017ACL第2戦.jpg

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝2ndレグの試合が12日に開催され、中国の広州恒大と上海上港が対戦した。

 中国勢対決となった準々決勝は、3週間前に行われた1stレグを予想外の結果で終えていた。アジアでも国内でも実績に勝る広州恒大が、FWフッキらを擁する上海上港にアウェイで0-4の大敗を喫し、準決勝進出はほぼ絶望的になったかに見えた。

 だがホームに戻った広州は諦めない姿勢を見せ、4点差からの逆転に向けてゴールを重ねていく。21分には相手守備陣のミスを突いて抜け出したFWアランがGKもかわして先制点。35分にも右からのクロスにアランが頭で合わせ、前半を2-0のリードで折り返した。

 83分には左からのクロスにリカルド・グラルがダイビングヘッドで飛び込み、あと1点にまで迫る。そして後半アディショナルタイムに入ったところで、ゴール前に上がったボールを再びグラルがヘディングで押し込み、ついにトータルスコアを4-4の同点に持ち込むことに成功した。

 延長戦では追いつかれた上海上港が退場者を出し、さらなる苦境に追い込まれる。それでも延長後半の110分にはフッキが強烈な直接フリーキックを突き刺してリードを奪った。

 だが延長戦ではアウェイゴールは適用されないため、広州恒大も1点を奪えば追いつける状況。118分にはPKを獲得し、リカルド・グラルがハットトリックとなるゴールを決めて再びトータルスコアを同点に戻した。

 結局2試合合計5-5のスコアで勝負はPK戦に突入。ハットトリック達成のリカルド・グラルが外してしまい、5-4で上海上港が勝利を収めた。準決勝では、川崎フロンターレ対浦和レッズ戦の勝者と対戦する。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9427
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1505222596/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:21 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

マンC、トッテナムDFアルデルヴァイレルトの獲得検討か?コンパニの後釜として確保か

現主将の後釜確保か マンCがベルギー屈指のCBに熱視線
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00010020-theworld-socc
アルデルヴァイレルト2017トッテナム.jpg

9日に行われた同リーグ第4節で、リヴァプールに5-0で勝利したマンチェスター・シティ。同節終了時点で勝ち点10の2位につけている同クラブだが、主将のヴァンサン・コンパニがふくらはぎの負傷で戦線を離脱するなど、今季や来季以降のセンターバックの陣容に不安を残している。

こうした状況のなか、同クラブが現トッテナム所属DFトビー・アルデルヴァイレルト(ベルギー代表)の獲得を検討していると、英『THE Sun』が伝えている。2015-2016シーズンよりトッテナムに在籍している同選手。的確なラインコントロールや正確なフィードで同クラブの躍進を支えているが、かねてより継続している昇給交渉が難航している現状に業を煮やし、同クラブ退団を検討していることが複数の英国メディアで明らかに。この状況に目をつけたマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が同選手をリストアップし、来夏の移籍市場での獲得に本腰を入れたという見解が同紙で示されている。

コンパニと同じくベルギー代表のセンターバックとして活躍している同選手だが、偉大な先輩がプレイする同クラブへの移籍を決断するのだろうか。同じく同選手の獲得を検討しているチェルシーとの争奪戦の行方も含め、今後も動向を注視する必要がありそうだ。

BLUEMOONマンチェスターシティ 235cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1504967693/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:51 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川同僚シュメルツァー、右足首靭帯損傷で6週間の離脱…バルトラも太腿に違和感

シュメルツァー、右足首靭帯損傷で6週間離脱へ…CL開幕控える守備陣に不安
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000008-goal-socc
シュメルツァー2017第3節負傷.jpg

ドルトムントDFマルセル・シュメルツァーは、右足首靭帯の損傷のため、6週間戦線を離脱することとなった。

主将を務めるシュメルツァーは、9日に行われたフライブルク戦で右足首にタックルを受けた。痛みに顔をゆがめながらストレッチャーで運び出されており様態が心配されていた。そして10日に行われた検査の結果、靭帯損傷の恐れが発覚し、戦線を離脱することとなった。

なお、同試合ではDFマルク・バルトラもハムストリングの違和感を訴え途中交代している。13日にトッテナムとのチャンピオンズリーグの試合を控えるドイツの強豪は、バルトラが「スカッドに含まれる」としているが、コンディションが懸念されている。大一番に向けたチームの守備陣に不安が広がっている。

【BVB09】Borussia Dortmund 739【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1504961383/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング